議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 南島原市

平成19年  6月 定例会(第2回) 06月08日−02号




平成19年  6月 定例会(第2回) − 06月08日−02号







平成19年  6月 定例会(第2回)



第2日 6月8日(金曜日)

 出席議員(29名)

       1番  吉田幸一郎君   16番  高木和惠君

       2番  隈部和久君    17番  松本政博君

       4番  林田久富君    18番  隈部政博君

       5番  岩永和昭君    19番  吉岡 巖君

       6番  松永忠次君    20番  浦田 正君

       7番  小嶋光明君    21番  山本芳文君

       8番  黒岩英雄君    22番  草柳寛衛君

       9番  井上末喜君    23番  梶原重利君

       10番  渡邉昇治君    24番  柴田恭成君

       11番  中村一三君    25番  宮崎義彰君

       12番  本田龍一君    26番  立石敏彦君

       13番  中村久幸君    27番  桑原幸治君

       14番  平石和則君    28番  渡部清親君

       15番  下田利春君    29番  川田典秀君

                    30番  日向義忠君

 欠席議員(1名)

       3番  白髭貞俊君

 説明のため出席した者の職氏名

市長         松島世佳君    副市長        元山芳晴君

副市長        岩本公明君    教育長        菅 弘賢君

総務部長       林田和男君    監査事務局長     吉田 猛君

地域振興部長     山口重利君    深江総合支所長    永石輝邦君

市民生活部長     山平 進君    布津総合支所長    平川忠昭君

福祉保健部長     林田謙一君    有家総合支所長    石橋忠利君

農林水産部長     田口敏之君    北有馬総合支所長   川島進一君

建設部長       日向勇次君    南有馬総合支所長   七條和久君

水道部長       松尾政光君    口之津総合支所長   本多二郎君

会計管理者      橋本文典君    加津佐総合支所長   森川重利君

教育次長       井口敬次君    衛生局長       蒲川久壽君

農業委員会事務局長  藤田信一郎君   行革担当理事     貞方 学君

                    企画部企画課長    隈部 恵君

 議会事務局出席者

      局長      中村博史君

      書記      吉岡和紀君

      書記      寺山英代君

第2回定例会議事日程 第2号

 平成19年6月8日(金)午前10時開議

日程第1 市政全般に対する一般質問



月日
質問者
質問要旨
ページ


6月8日
宮崎義彰議員

世界文化遺産について
53



行政改革について


浦田 正議員

防災マップについて
61



庁舎建設について(加津佐)


下田利春議員

環境対策について
65



産業振興について



安全対策について



市政懇談会について


中村一三議員

観光行政について
77


井上末喜議員

ゴミステーションについて
84



開田公園について


吉岡 巖議員

社会福祉協議会への補助金及び市の関与について
90



行財政改革について



水産振興について



     午前10時00分 開議



○議長(日向義忠君) 

 ただいまの出席議員数は29名です。白髭貞俊議員より欠席の届けがあっております。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。

 日程第1、これより一般質問を行います。通告の順に従って進めてまいります。まず、25番、宮崎義彰議員の質問を許します。25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) (登壇)

 皆さん、おはようございます。25番、宮崎義彰です。議長の許可をいただきましたので、通告に従い、世界文化遺産について、行政改革の2点について、市長に質問をいたします。

 第1は、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界文化遺産登録への推進について、お尋ねをいたします。

 世界文化遺産に原城遺跡等が暫定リストの国内候補入りしたことは大変喜ばしいことであり、登録されると、南島原市のPRや活性化に大きな効果があると思います。そこで、本登録に向けた取り組みが大切であります。

 長崎県では、本年度から世界文化遺産登録に向けて6人体制の世界遺産登録推進室を設置されました。また、本年4月20日には、構成資産を有する5市2町の担当者を集め、本登録に向けた日程や、国や県の役割分担を説明したとの新聞報道がありました。

 そこで、3点について質問をいたします。

 世界文化遺産登録に至るまでには、大変な事務量と専門性が必要であると言われております。本市において、世界遺産登録推進室の設置や専任職員の配置をする考えがあるのか伺います。

 2点目は、世界文化遺産登録に至るまでには、どのような手順や手続が必要であるのか伺います。

 3点目は、世界文化遺産に登録するためには、保存管理計画等の策定が必要と言われていますが、その内容はどんなものか、また、どれくらいの予算が必要なのか伺います。

 第2は、南島原市集中改革プラン(行政改革実施計画)について伺います。

 5月14日から開催された市政懇談会で、行政改革の取り組みが説明されました。再建団体に陥らないために、行政改革を行い、財政の健全化を進めなければならないことは言うまでもありません。

 そこで、次の2点について質問いたします。

 第1は、民間委託等の推進についてであります。市立保育所、市立幼稚園、市立養護老人ホームについて、19年度に「経営あり方等検討委員会」−−仮称でありますが、それを設置するとなっていますが、現在までの検討の状況はどうなっているのか伺います。

 第2点は、補助金等の整理合理化についてであります。その中で、各種イベントの補助金の見直しについて、平成19年度から可能な限り統合するとなっておりますが、検討・協議の状況はどういうふうになっているのか伺います。

 以上、大きく2点について質問をいたしましたが、答弁の内容によっては自席より再質問をいたします。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 宮崎義彰議員のご質問にお答えをいたします。

 最初に、世界文化遺産関係についてのお尋ねですが、対応業務の増加に備え、7月より文化財課に専任職員1名を増員するように考えております。

 なお、世界文化遺産登録の活用については、既に副市長、教育長、財政課、商工観光課、企画課、建設部管理課、教育委員会文化課の合同による世界遺産登録活用プロジェクトチームを設置しており、登録に向けての推進業務と並行して世界遺産登録のメリットをどのように活かしていくかについて検討していくこととしております。

 次に、登録に至る手順についてでございますが、今月下旬に開催予定のユネスコ世界遺産委員会において、暫定一覧登録が決定されます。これを受け、推薦書の作成が必要となってまいります。

 推薦書は、主に県において作成されることとなっておりますが、附属資料として、保存管理計画、ビデオ、図面、写真等を提出しなければなりません。本市としては、保存管理計画の策定、緩衝地帯の設定、まちづくり景観条例の制定とともに、史跡の所有者の方々には本登録に向けて十分なご理解をいただくことが必要になってまいります。

 推薦書を作成するには2年から3年かかると言われており、推薦書をユネスコ世界遺産委員会へ提出しますと、国際専門家会議とユネスコによる審査が行われることになります。なお、審査には1年程度の期間を要すると言われております。

 最後に、国際記念物遺跡会議「イコモス」による現地調査を含めた専門調査が実施されますが、これにも1年程度を要するとのことでございます。その翌年6月ごろ、ユネスコ世界遺産委員会において審査の上、世界遺産登録の可否が決定される運びとなっております。

 次に、保存管理計画の作成と予算化についてですが、本市にある世界遺産候補の3遺産(原城跡、日野江城跡、吉利支丹墓碑)の現状を把握し、保存と管理に万全を期すため、個別に保存管理計画を策定することが必要となってまいります。

 計画の策定につきましては、管理上の問題点を明確にして、今後の管理方針を立てるため、各分野の専門家で構成する策定協議会を設置し、文化庁や県の指導を受けながら策定作業を進めていくこととなります。

 保存管理計画の予算につきましては、策定内容の決定後、これに付随して行う調査や製本作業などの予算が必要となります。これらを含めて所要の予算を平成20年度当初予算に計上したいと考えております。

 次に、南島原市集中改革プランに関してでございますが、まず、市立保育所、市立幼稚園、市立養護老人ホームについて、経営のあり方検討委員会を設置することとなっているが、その検討状況はどうなっているかとのお尋ねですが、議員ご案内のように、市立の保育所、幼稚園、養護老人ホームについては、昨年度策定した集中改革プランにおいて、本年度中に経営のあり方検討委員会を設置し、民間移譲、指定管理者制度の導入、施設の統廃合など、経営形態の検討をした上で、来年度には、その検討結果を踏まえ、運営法人の公募などの手続に入り、2年後の平成21年度から民間移譲等を実施することといたしております。

 議員お尋ねの検討状況ですが、経営のあり方検討委員会の7月中の立ち上げに向け、現在、関係部署、すなわち福祉保健部、教育委員会及び行革推進室において検討委員会設置のための庁内準備会議を開催し、市としての基本的な立場の確認や検討委員会の委員構成など、先進地の状況調査を進めているところでございます。

 次に、補助金等の整理合理化に関し、イベント補助金に関する検討、協議状況についてのお尋ねですが、イベントにつきましては、これまで地域振興を図る上で重要な役割を果たしてきました。イベントには、歴史的背景を活かしたもの、先人や自然に感謝するもの、地場産品を活用したものなど、その地域の特色を活かし、工夫されたものがあり、古くから守り伝えられてきたものもあります。これらのイベントは、ふるさと作りに欠かせない重要なものであります。

 しかしながら、イベント数が多いことや予算が多額に上ることなど、解決しなければならない課題も多かったことから、昨年度において協議を重ね、見直しを行いました。その結果を踏まえ、イベントの統合等に関し、集中改革プランに計上するとともに、本年度から予算化を図ったところでございます。

 イベント補助金見直しの基本方針といたしまして、旧町で開催されてきたイベントは統合を図り、主たるイベントを1件とし、補助金交付の上限を1イベント500万円といたしました。

 また、予算執行の統一を図るなど、将来を見据えて南島原市らしいイベントになるよう、これまでの内容を抜本的に見直すようにいたしました。

 さらに、補助金だけに頼らず、実行委員会で自主財源を確保する努力を行うようにしたところでございます。

 なお、昨年度まで農林課、商工観光課、地域振興課の3課において予算計上していたものを、イベント全体を把握するとともに統一的な取り扱いを実施するため、地域振興課一部署で担当することといたしました。

 あわせて、イベント間のスタッフの交流を行うなど、イベント間、旧町間の壁を取り払い、市民皆様の融合が図られるような取り組みを推進しているところでございます。

 以上のような方針をもとに、本年度、イベント補助金の整理合理化を行なったところですが、まだまだ多くの課題を残しており、市を代表するイベントの創出など、今後も協議を重ね、よりよいイベントを作り上げてまいりたいと考えております。以上でございます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 市長の答弁によりまして、世界文化遺産関係のプロジェクトチームを立ち上げるということが回答されましたけれども、大変、私もそういうふうなプロジェクトチームを作って、そしてそのことによって、いろいろな遺産登録へのことがスムーズにいくようになるのではないかなと思っております。

 そこで、今度7月1日からの機構改革等によって文化課の方に1名、専任職員を配置するということで承りましたけれども、将来的にも、やはり文化課の方には1名という形でされるのか。私がなぜそれを言うかといいますと、現在、やはり職員の定数からいうと、かなり余裕といいますかね、そういう人員が要るんじゃないかと思いますが、そういうことから、将来的にはもう少しその職員を増やす考えがあるのか、お尋ねをいたします。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 現在のところ、1名増員を7月1日付で考えております。その後については、さらに推移を見ながら検討していきたいと、こういうふうに考えております。



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 ぜひ、この世界遺産に登録できるように、やはり南島原市として万全の措置をとっていただければと思います。そのためには、どうしても人員というか、それを取り扱う職員がある程度いなければ事がスムーズにいかないじゃないかと思って、ぜひ今後の推移を見ながら増員でもしていただければというふうに思います。

 続きまして、第2点目、世界遺産登録に至るまでの手順や手続、そういうことについて市長の方から詳しく説明がありまして、大体こう考えてみると、登録までには5年間ぐらいを要するんじゃないかと判断をいたしましたが、その中で、特に国指定の史跡に、その三つとも南島原市の場合はなっているだろうと思うんですが、それとあわせて、保存管理計画あるいはそのほかに周囲環境をよく調査するためのバッファーゾーンとか、あるいはまちづくり景観条例、そういうものも制定することが大切ではないかなと思っておりますが、このバッファーゾーン設定の調査や測量、そういうものに何か条件的なものがあるのかどうか、まちづくり条例の制定等について何かの条件があるのかどうか、ちょっとお尋ねをいたします。



○議長(日向義忠君) 

 教育次長。



◎教育次長(井口敬次君) 

 再度議員にお尋ねいたしますが、バッファーゾーンとかまちづくり景観条例を制定するための条件とおっしゃいましたが、その趣旨をもう一度お聞かせいただければと思います。



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 ちょっと説明不足ですみません。バッファーゾーンの設定とか、まちづくり景観条例を作るためには、やはりそこに、例えば原城の例をとってみると、その原城の周辺の環境とか、あるいは建築物とか、そういうふうなものにやっぱり何かの一定の条件があるのかどうか、そういう点をちょっと聞きたかったものですから質問をいたしました。



○議長(日向義忠君) 

 教育次長。



◎教育次長(井口敬次君) 

 先ほどのご質問の件については、今後、県、推進室がございますし、あるいは文化庁等もございますので、そういうところと協議をして、どのような中身になるのか、今後の協議の次第になってこようかと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 遺産登録関係については、5年間ぐらい必要だということですけど、そのほかに住民とのいろいろな説明とか、そういうものも大切でしょうし、いろいろスムーズにいくように、そういうプロジェクトチームの中で検討していただいて、一日も早くスムーズにいくようにしていただければと思います。

 次に、3点目の保存管理計画等についてですが、これについては策定協議会を設置するという市長の答弁で、そして平成20年度には予算計上をしたいという回答をいただきましたが、この件については、同じこういう教会群を持っております小値賀町では、必ず予算化をして私たちもやりたいという町長の報道がありました。本市としては、平成20年度からそういう形で予算化をされるということに大変私も喜ばしいことだと思います。

 だから、今までのことをまとめて、推進室の設置とかプロジェクトチームのこと、あるいは予算化の問題、そういうものも積極的に市当局としてはされようとしておりますので、非常に今後頑張っていただきたいというふうに思います。

 なお、キリスト教関連遺産についてです。この前、長崎新聞に報道されたアンケートがありましたので、一部を紹介いたしますと、「長崎県内の教会やキリスト教関連史跡などに興味がありますか」というアンケートの中で、「大変興味がある」というのが、大体そのアンケート回答者の93%ぐらいを占めております。

 それから、第2点目に、「教会やキリスト教関連史跡などをめぐる県外からの観光客の方に魅力があると思いますか」という質問に対しても、これも90%以上の人が「ある」と答え、その中にこのような理由を書いてあります。

 「世界遺産と関連づければ必ずある。キリスト教弾圧の歴史は長崎を舞台にしたものが圧倒的に多く、長崎、キリスト教、教会を関連づけて興味を持っている人はたくさんいると思う」と。それから、「長崎市及び近郊、五島、平戸、島原と、まとまって史跡群があり、観光客に対し、自然景観と相まってアピールすると思う」ということも言われております。

 それから、3点目に、大きな提案として、このようなことが書かれております。「世界遺産登録へ向けて県民あげて努力を。必ず観光客が増加します」と。次に、「世界遺産としての価値が十分あると思う。観光化され過ぎて施設が傷まないよう、保存管理を十分願いたい」と。それから、「整備、修復を行い、早期に世界遺産への登録を望む」と、こういうふうな提案も長崎新聞の報道にありましたので、あわせて、この世界文化遺産に全力をあげて推進されることを期待いたします。

 次に、行政改革のことについていたしますが、今、民間委託等の検討状況については、市長の方から、7月中に準備会議をして委員構成の立ち上げをするという答弁がありましたけれども、この中で、行政改革プランの中には、「民間を中心とする検討委員会で検討する」というふうに書いてありましたが、その構成メンバーとか、あるいはその分野には、どういう人たちが入っているのかお尋ねをいたします。



○議長(日向義忠君) 

 行革担当理事。



◎行革担当理事(貞方学君) 

 ただいまのご質問に対してお答えしたいと思います。

 7月中に立ち上げるとする経営のあり方検討委員会の構成メンバーでございますが、今、これについては3回の内部会議を行いまして検討中でございますので、まだ確として定まったものはございません。今まさに検討中でございます。

 概ね幼稚園・保育所等の検討委員会を一つ、それから養護老人ホームの検討会を一つ、二つ立ち上げられることとしております。構成メンバーにつきましては、前者、幼稚園・保育所の検討委員会が大体15名程度ではなかろうかと。また、養護老人ホームの検討会につきましては10名前後ではなかろうかというふうに考えております。

 市立関係、それから民間関係の幼稚園・保育所のバランスでございますが、今のところは五分五分より若干民間の方の方が多いのかなというふうな状況でございます。

 保育所・幼稚園の関係の方、保護者の方以外にも学識の経験者、大学の先生でありますとか、あと、いろいろな例えば公的な団体ですね、PTA関係とか、そういった方も民間ということに入れますと、実際には民間が相当多くなるのではないかと考えているところでございます。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 まだ最終的な決定がなされておりませんので、一応大まかに、大体今の進捗状況については分かりました。そうしますと、大体20年度以降、この民間委託の大体の方向性がはっきりするということで確認してようございますか。



○議長(日向義忠君) 

 行革担当理事。



◎行革担当理事(貞方学君) 

 民営化等々の状況がいつ方向性が定まるかということでございますが、これにつきましては、今年度中にこの経営のあり方委員会というのを、できれば答申をいただきたい、報告をいただきたいということで考えておりますので、それを踏まえまして、最終的には市長の方で判断、決断をしていただくことになりますが、今年度中には方向性については定めてまいりたいと考えているところでございます。



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 20年度から大体その方向性ということで確認をしとっていいと思います……ですね。



○議長(日向義忠君) 

 行革担当理事。



◎行革担当理事(貞方学君) 

 再度、ご確認も兼ねましてご説明をいたしますと、19年度中、本年度中にこの検討委員会の方から答申ないし報告をいただきます。ここで一定の方向性が示されると思います。これを踏まえまして、最終的な判断は市長の方ですることになります。これは19年度中だと考えております。

 それ以降、並行する部分もございますが、まずは保護者の方等々に実際に個別にご説明をしなきゃいけません。そういったものも、場合によっては19年度中からと考えておりますし、また、20年度に入りましたら、そのような個別母体の保護者等々へのご説明のほかに、今度は受け入れを、仮に民間移譲となりましたら−−結論はまだ決まっておりません−−受け入れ先の法人等を募集しなければいけません。そういったものの募集手続に入るのが20年度ですね。

 そういったことで、方向性としては19年度中に市の方向性を定め、実際にそこで定まった方向性、方針について20年度で必要な手続を行い、最終的には21年度からこれを実施するというようなことでスケジュール的には考えているところでございます。



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 それでは、次に2点目の補助金等についてですが、この前の予算でおよそ3,700万円の当初予算がイベント関係の補助金として決定をいたしましたが、この中で、最終決定後に公表するということに説明をいただいたと思うんですが、まだ今の段階では、どこのイベントになん……ていうことは、まだ分からないわけですね。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 現状では、もうおよその割り当てといいますか、それをしております。

 明細を申し上げたいと思います。深江地区で、六兵衛どん祭りと深江産業祭りを統合しまして430万ですね。布津地区でサマーフェスティバルと生き生きふるさと祭りを統合しまして400万。有家地区は浜んこら祭り500万、西有家地区はみそ五郎祭りに400万、北有馬地区は、よさこい北有馬祭りと日野江ひろば、フェスティビタスナタリスの三つを統合しまして400万、南有馬地区は原城一揆まつりに500万、口之津地区はマリンフェスタ・イン口之津と夏の水着大会、そして口之津おくんちを統合しまして450万。最後に、加津佐地区は夢・手づくりふれあい祭りに450万というふうな割り振りになっております。



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 今年度分の大体配分は分かりました。そこで、このイベント関係については、やはり将来的に何か本庁において検討委員会とか、そういうものを立ち上げる考えがあるのか伺います。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 18年度までは支所で当然していただきました。そして19年度も、機構改革が7月でございますので、それの前段まで基本的には支所で進行していただいて、支所で完結する祭り、それから支所で起案をしていただいて、7月以降は本庁の所管になって、支所と本庁で一体となってする祭りですね、そういった部分で、今ちょうど過渡期でございます。そして、20年度からは、やはり本庁の方でということに一括して、体制も整いますので、本庁の方になると思います。

 そして、やはり、今、市長の答弁にございましたけれども、市を代表するイベントとしての位置づけというのは現状しておりませんので、そういった部分の位置づけをしまして、そしてまた、当面、各町−−これはもちろん行革の関係のことでもあったわけですけれども、各町、今年度は基本的には額の制限とイベントの数の集約というものをしていただいたわけですけれども、これからはまた、市を代表するイベントというものを作り上げていかなければならないということで、その位置づけというものを決めていただくのを、どういった方向で決めていただくか、それはまた今後早急に検討をして、イベントのあり方も検討したいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 今、検討委員会を質問した理由は、あの行政改革の計画によると、将来的にはPR効果の高い大規模なイベントと、それから地域の歴史や伝統を守り伝える祭りを将来的にはこうしたいということが載っておりましたもんですから、これをやはりどこが検討し、計画を立てるのかなということがありましたものですから質問したわけです。

 市の考えとしては、平成20年度あたりで一応その方向性に持っていくということで確認してようございますか。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 平成20年度といいますよりも、イベントも時とともに変わりますので、19年度体制が整って、まず検討委員会となるのか、それとも市長の判断ということになるのか、そういったこともまだ方向性は決めておりませんけれども、19年度中に整理をして、そして、即それが20年度に順次、20年度に市を代表するイベントが一つでなければならないということでもないと思いますので、そこら辺のところは、代表するイベントが幾つになるのか、まず、できれば20年度中には一つでも代表するイベントをと考えておるわけですけれども。



○議長(日向義忠君) 

 25番、宮崎議員。



◆25番(宮崎義彰君) 

 この行政改革についての答弁をいただきまして、大体私も理解できました。

 最後にですが、行政改革をするということについては、大きな痛みを伴いますけれども、やはりムダを省き、財政運営の点検や検証を行なって、一日も早く健全なあれに持っていって、新しい事業とかそういうものができるように努力を、お互いしていきたいということを願い、私の一般質問を終わります。



○議長(日向義忠君) 

 これで、25番、宮崎義彰議員の質問を終わります。

 次に、20番、浦田正議員の質問を許します。20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) (登壇)

 おはようございます。20番、浦田正です。議長に通告いたしました、今回は私は防災と加津佐総合支所の建替えの問題、2点について質問いたします。

 私は、昨年の9月一般質問の中で、ハザードマップを作成し、市に配布してほしいとお願いをし、市長も早急に作成を約束されました。今回の防災マップができたと思います。しかし、私がお願いしました防災マップとは違っていました。

 長崎海洋気象台の資料では、1922年(大正11年)には死者が出た島原地震が起きています。県は、島原地震を起こした地下活断層が連動し、マグニチュード7.7の地震が起きた場合、建物の倒壊や斜面被害等による死者2,001人、建物被害は3万4,000棟に及ぶとしています。

 地震はどこでも起きる、何の前触れもなく突然襲ってきます。そこで、市長にお尋ねします。今回の配布されたマップは、内容的には一般常識にとどまっているように思いますが、市長の見解を求めます。

 次の質問に移ります。

 3月の議会におきまして、加津佐総合支所の建設移転補正予算が可決されました。ところが、地元住民、特に商店街の人たちから、「移転しないで現在の場所に残してほしい」との意見が多数あり、私のもとに寄せられました。これは、答申が出た時点で住民に対して全く説明がなかったからではないでしょうか。

 また、加津佐町でのタウンミーティングの中で、市長は「予算は議会が通したのだから」と説明をされていましたが、予算は市が議会に提出したものですから、市側が議会に提出される前に住民の意向や考えなどを配慮された上でのものであったのかどうか、市長に見解を求めます。

 壇上での質問は以上です。自席で再質問は行います。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 浦田正議員のご質問にお答えをいたします。

 最初に、防災マップについて、行政面の指導がなされていないように思うが、とのお尋ねですが、災害による被害を最小限にとどめるためには、市民自らが「自分の身は自分で守る」という防災の基本に立ち、日ごろより災害に対する備えを心がける必要がございます。

 さらに、災害発生時には自らの身の安全を守るように行動することが重要であることから、市では、市民及び各組織等を対象に、風水害や地震の災害に関する知識と防災対応を、啓発・指導することにしております。

 その啓発活動の一環として、住民の適切な避難や防災活動に資する防災マップを作成し、本年3月末に全世帯に配布したところでございます。

 この防災マップは、市内の避難施設・災害危険箇所や風水害・地震に備えた防災情報を分かりやすく記載しており、各家庭あるいは自主防災組織等において、このマップを活用し、避難場所や避難所への経路確認、その他防災対策について話し合いを行なっていただくなど、平素から災害に備えるため防災意識の高揚を推進してまいります。

 市におきましても、警察、消防等の協力のもと、風水害、地震などを想定し、避難所への集合、初期消火訓練、救急救命講習などの防災避難訓練を地区ごとに実施してまいりたいと考えております。

 次に、加津佐庁舎の建設について、答申が出された後、住民に説明もなく進められてきたようだが、大きな問題ではないかとのお尋ねですが、庁舎建設予算については既に平成18年度の補正予算として議決をいただいておりますし、建設場所等については、旧加津佐町の庁舎建設検討委員会の答申も尊重したいと考えております。そのため、加津佐町で開催された市政懇談会においても、このような私の考えについて説明をさせていただいたところでございます。

 今後は、予算の執行に責任を持つ者として、粛々と移転改築を進めさせていただきたいと考えております。以上でございます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 市長から答弁をいただき、ありがとうございます。

 次に、災害時、住民には自主防災を呼びかけてありますがということですけど、現状では、自治会の連絡とかいろんなものが不可欠だと思いますが、その辺の対応と対策はされておるのか、お聞きいたします。



○議長(日向義忠君) 

 総務部長。



◎総務部長(林田和男君) 

 自主防災組織のいわば充実ということだろうと思うんですが、今度の機構改革がございます、7月1日付で。−−ご承知のとおりですね。それで、各総合支所ごとに、まずは対応ということになるかと思いますので、組織改編後、すぐさま、特に自主防災組織のあり方、それから活動の推進ということで進めていきたいというふうに考えております。



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 先ほど市長からの答弁がちょっとあったようですが、次に、災害時の防災ヘリ、救急医療ヘリのドクターの発着場所についてお尋ねいたします。

 市内に何カ所あるのかということですけど、各町の防災担当者等はきちんと把握され、関係機関との話し合いはされているのか。もし、できているのであれば、今回の防災マップに記載ができたのではないでしょうか。その辺、お聞きいたします。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 県の防災ヘリの離着地ですか、適地として12カ所指定を受けており、また、昨年12月から運航を開始したドクターヘリにつきましては、運動公園や各町の学校運動場など14カ所が離発着場所として指定を受けております。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 先ほど、庁舎建設の件なんですけど、私は、3月の議会で市長が補正予算を提出された時点で、議会も住民も詳しい説明もなく話が進められてきたということなんですけど、だから住民の方から請願が出されたのではないでしょうか。市長が政策として議会に提出されたからは、反対するにも、住民にとっては手が届かないところにあります。答申だけではなく、もう少し慎重審議を行い、汚点を残さないためにも市長の舵取りが重要であります。加津佐を左右する大問題でありますので、市長もご承知のとおりと思いますが、その辺の見解を、市長、求めます。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 いち早く、すなわち危険な庁舎ということでございます。そしてまた、そのことについて、築79年経過をいたしておりますので、いずれにしても、これは緊急に庁舎……建て替えなければいけない、こういうふうな見解で従来からおりました。

 また、その過程において、諸々あったことも存じ上げ、きょうもまた浦田議員さんにご指導いただきましたように、諸々の問題点は抱えながらも、本質的な行政需要、すなわち今、何を、どこで、どうしなければいけないか、このこと、すなわち地域住民の福祉の向上のために、今どうしなければいけないかという総合的な観点から、庁舎を諸々から判断、決断をして決定をし、そしてまた議会に上程をして決定をしていただき、また、委員会の方でもそのことに関しては不採択というふうなことで決定をなされておりますので、いずれにしましても、予算執行責任者として、粛々として移転、新築に向けての作業を進めて市民の期待に応えたいと、こういうふうに思っております。よろしくお願いいたします。



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 関連で加津佐支所長にお尋ねをいたします。

 庁舎移転問題の中で、総務委員会が開催され、中央公民館を仮庁舎という説明があったと思いますけど、中央公民館の利用者数は1万8,000あまり利用され、住民に対して迷惑がかかるので、仮庁舎としては使用できないという発言がありました。その辺、加津佐支所長から数字等を言われましたので、何年度の数字なのか、その辺をお伺いいたします。



○議長(日向義忠君) 

 加津佐総合支所長。



◎加津佐総合支所長(森川重利君) 

 お答えいたします。

 私が把握した1万8,000の人数というのは、16年度末の記録でございます。以上です。



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 私も、今ここにサークル別集計表というのをいただいておりますので、その中で見れば、合併協議会がその中に入っていたということで、合併協議会の回数が182回、5,460人が使用されたということですけど、その中で1万2,714名が、ふだん使用されたという数と思います。それで、18年度は1万2,495名が使用されたということなんですけど、その辺に対しての19年度と庁舎問題の中で、何で16年度の使用状況が出てきたのか、その辺についての説明をお願いいたします。



○議長(日向義忠君) 

 加津佐総合支所長。



◎加津佐総合支所長(森川重利君) 

 私の方の調査の段階では、もちろん公民館の事務局から数は聞いたわけですけど、16年度末の状態しか分かりませんということで、16年度末の数字を活用させていただいた次第です。



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 何で19年度に建設されるのに16年度の数字が出てくるのか。普通ならば18年度の、そこに数字が出てくるんじゃないかと思いますけど、いかがですか。



○議長(日向義忠君) 

 加津佐総合支所長。



◎加津佐総合支所長(森川重利君) 

 そこに数の違いが2,000、3,000あっても、果たしてその利用、活用について不便を被るのは住民でありますので、数が少々違っても、住民の理解を求めるのは少々困難だという気がいたします。



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 ちょっと私はそこら辺は理解できないと思うんですが、再度お願いします。



○議長(日向義忠君) 

 総合支所長。



◎加津佐総合支所長(森川重利君) 

 何度も申しますけど、私どもの調査段階では、1万8,000というその数字しかつかめておりませんので、浦田議員が言われる、今の一番最新の数字を把握することができておれば、その数字で判断したと思いますけど、いずれにしても住民の理解をどのように求めるか、果たして1万8,000あるいは1万4,000の利用者がおる段階で、住民の方がそれを庁舎として使うことに賛成くださるかどうかということでございます。



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 その辺について、18年度は1万2,495名、16年度が1万2,714名でしょう。その差というのは219名なんですよ。その辺は、そういう中でどういう判断をされたのかということです。



○議長(日向義忠君) 

 加津佐総合支所長。



◎加津佐総合支所長(森川重利君) 

 数の問題を言われますけど、何度も申しますとおりに、判断する時期に把握した人数は−−私の判断の時期に知ったのは、1万8,000だったと。浦田議員さんは一番最新の利用者数を言われますけど、それだけ1万人以上の活用者がおるのに、果たしてそれを庁舎として使うのはどうかなということでございます。



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 私は、庁舎とは言っておりません。仮庁舎ということだったんでしょう、これは。



○議長(日向義忠君) 

 加津佐総合支所長。



◎加津佐総合支所長(森川重利君) 

 仮庁舎としても、今から庁舎を建てるにしても、約1年間、そこを仮庁舎として使わんばでけんわけですよ。ですから、それだけ今まで利用されている方々に、1年間の不自由をかける、不便をかけると。そのようなことが住民の方に理解できるかどうかということでございます。



○議長(日向義忠君) 

 20番、浦田議員。



◆20番(浦田正君) 

 分かりました。

 私は、今後の市の財政等を考えて、特に箱物を造る場合は、市有地活用が、長い目で見た時、経費節減、維持管理等の面から見ても、計算をし進めていただきたいと思います。以上で私の質問は終わります。



○議長(日向義忠君) 

 これで、20番、浦田正議員の質問を終わります。

 ここで11時10分まで休憩します。

     午前10時57分 休憩

     午前11時10分 再開



○議長(日向義忠君) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、15番、下田利春議員の質問を許します。15番、下田議員。



◆15番(下田利春君) (登壇)

 ……(録音漏れ)……長崎市長選の選挙期間中において凶弾により亡くなられた前長崎市長のご冥福をお祈りするとともに、今後、このような事件が起きないよう念願するものであります。

 今回、私の質問は、環境対策、産業振興、安全対策、市政懇談会の以上4件について通告をいたしております。

 初めに環境対策について、4点、お尋ねをいたします。そのうち3点はゴミ問題であります。どこの自治体も、不法投棄や悪臭対策、ゴミの減量対策に悩んでいるところであります。ゴミを減量することで収集経費の軽減、焼却燃料の節約にもなり、環境保全に寄与するものであります。ゴミに対する意識の高揚が求められているものであります。

 1点目に、ゴミ収集のあり方についてお尋ねをいたします。

 昨年12月定例会において、ゴミ袋の料金統一が承認され、去る4月1日より施行、実施されましたが、3カ月の準備期間を含め、問題はなかったのか。あるとしたら、現状の問題点としてどんなことがあるのか。現状の問題点と対策についてお尋ねをいたします。

 2点目に、燃えないゴミ収集と資源ゴミ、リサイクル対策であります。

 現在、深江・布津、南部衛生組合とそれぞれ収集方法が違うと思うが、今後統一をされるのか、それとも現状のままお続けになるのか、お伺いをいたします。

 次に、環境課においてEM菌のぼかし作りの講習会を開催しているが、このEM菌は既に島原市、旧有明町、旧瑞穂町、諫早市など、EM菌を利用し、水質浄化、有機農業、ゴミの減量化対策などに取り組んでいます。ぼかし作りの講習会を開くことでゴミの減量化にもなり、市としての取り組む価値は十分あると思うが、講習会の内容と今後の計画についてお尋ねをいたします。

 4点目は、19年度より新しい制度、農地・水・環境保全向上対策が施行されます。この制度は、地域ぐるみで総合的な環境保全向上活動を支援するものであります。今後の周知対策、推進対策についてお尋ねをいたします。

 次に、産業振興ということでお尋ねをいたしますが、その中の農産物流通対策についてお尋ねをいたします。

 現在、地元地方卸売市場に出荷し、生計を立てている農家も多いが、食文化の変化による農産物離れや後継者問題、さらに量販店の進出で小売店の売り上げが減少し、農産物の仕入れ先である地方卸売市場の活気がないと言われております。打開策としては商店街の活性化、地産地消の推進など、農業、商工業、観光を一体化した政策が重要と考えるが、市長の所見をお尋ねいたします。

 次に、安全対策について2点お尋ねをいたします。

 まず、防災についてですが、梅雨の後半になると集中豪雨による土砂災害、がけ崩れ、川の氾濫などの災害が発生するが、危険箇所の把握と現地視察調査状況についてお尋ねをいたします。

 2点目は信号機設置についてですが、合併により深江町、布津町が島原警察署管内から南島原署管内に移行されたが、信号機設置をはじめ交通安全対策の引き継ぎは十分になされていると思うが、深江町、布津町の移行により、信号機の設置優先準備も変わってくると思うが、申請数及び今後の計画についてお尋ねをいたします。

 最後に、市政懇談会についてお尋ねをいたします。

 旧8町別に開催され、市長、副市長、管理職、各支所の会場担当の職員の皆様は本当にお疲れさまでございました。この場を借りまして、労をねぎらわさせていただきます。市民の声を拝聴し、市政に反映させたい意思は十分に伝わったと思います。

 そこで、今回、市政懇談会において、どんな意見が多かったのか、それに対する市長の考えを、1〜2点でも結構ですのでお知らせをお願いします。

 以上で壇上からの質問は終わりますが、詳細については自席より行います。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 下田利春議員のご質問にお答えをいたします。

 最初に、ゴミ収集のあり方に関し、問題点と今後の計画についてのお尋ねですが、指定可燃ゴミ袋の料金を統一したことにより、ゴミ処理手数料の収入が大幅な減額となることが見込まれます。また、深江町・布津町管内と有家町から加津佐町までの6町の管内ではゴミの収集方法が異なっていることから、統一に向けての調整が必要と存じます。

 その対策といたしまして、収集改革プランに示しておりますとおり、ゴミ処理に係る経費節減に努めてまいります。

 また、旧町それぞれの方法を引き継いでおります一般廃棄物処理施策の統一を図るため、一般廃棄物処理基本計画を早急に策定し、本市の廃棄物の適正処理に努めてまいります。

 次に、燃えないゴミ収集とリサイクル対策についてのお尋ねですが、地球規模での環境に対する関心が高まる今日、ゴミ減量化、資源化、再利用の推進がますます重要であることから、循環型社会推進に向けた取り組みが求められております。

 このようなことから、燃えないゴミについても、再資源化可能なもの、埋め立て処分されるものとの分別に対しての啓発を行なってまいります。

 また、リサイクル・ゴミ減量化対策として実施しております古新聞等の古紙類回収や容器リサイクル法に基づく品目の回収につきましても、なお一層の推進に努めてまいります。

 次に、EMぼかしの講習会を開催しているが、現状と今後の計画はどうなっているか、とのお尋ねですが、平成18年度に保健環境連合会の事業により、家庭から出る生ゴミの自家処理を推進することで市の生ゴミ減量化を図ることを目的に、保健環境連合会会員と婦人会連絡協議会を中心に北有馬町と加津佐町の2カ所で講習会を実施いたしました。

 今後は、環境保全及び生ゴミの減量化を図るため、関係各団体と連携し、市民皆様への啓発を図っていくことといたしております。

 次に、平成19年よりの制度、農地・水・環境保全向上対策事業の現状についてお尋ねですが、本事業は、農地・環境の良好な保全とその質の向上を図る大きな対策として、農業者だけでなく、地域住民、自治会、関係団体などが幅広く参加する活動組織と5カ年間の協定を行い、農業施設を長もちさせるようなきめ細かな手入れや農村の環境を保全するための活動に支援を行うものでございます。

 現在の取り組み状況としましては、深江町の島原・深江環境資源保全推進会のほか4地区において活動を進めております。

 今後の活動組織の拡大については、23年度までの途中参加もできることとなりましたので、交付金の対象となる農用地が面的に集約できる地区を中心に啓発活動を行い、事業の推進を進めてまいります。

 次に、農産物の流通対策についてのお尋ねですが、生産者から消費者への農産物の流通経路につきましては、卸売市場、小売店を経由した一般的な農産物の流通、生産者、生産者団体と生活協同組合、小売店等との契約取引による流通、インターネットや直売所などを活用した生産者、生産者団体と消費者との直接取引による流通など、さまざまな形態により農産物が流通している状況にあります。

 生産者から消費者への農産物の流通は、合理的な価格で安定的に供給されることが基本であり、これは、このような多様な形態による農産物の流通と、これを補完する国の価格安定制度などにより達成されるものと考えております。

 議員ご指摘の地域の卸売市場、小売店を経由した農産物流通量の減少は、消費人口の減少、外食や加工食品の利用割合の高まり等の食の外部化、ほかの産地で生産された農産物の流入などが、その主な要因として考えられますが、市場に農産物を出荷している農家への対策としては、地域で生産された農産物の地域内での消費拡大が重要と考えております。

 そのため、市では、地域のニーズを的確に捉えて生産を行う取り組みと、地域で生産された農産物を消費しようとする取り組みの両面を持つ地産地消を推進し、地域農産物の消費拡大を図りたいと考えております。

 次に、安全対策に関し、まず、危険箇所の把握と現地視察状況についてのお尋ねですが、梅雨入りを前に、がけ崩れなどの自然災害が発生しやすい箇所を、各支所単位で、それぞれの災害危険箇所の現地調査を実施し、確認したところでございます。

 また、市全体としては、5月16日、災害危険予想箇所を、振興局、警察、消防、関係部課及び各支所担当者が参加し、深江、西有家、南有馬の各1カ所及び加津佐2カ所の合計5カ所の現地視察を行い、状況把握をしたところでございます。

 次に、信号機設置についてですが、信号機の設置は県の公安委員会が行うものであり、自治会や学校などからの設置要望が市にあった場合、南島原警察署を通じ、県公安委員会へ進達をいたしております。

 平成18年度中に市内で設置された信号機は2カ所で、これは合併前の旧町からの要望に基づくものでございます。合併後の信号機の要望につきましては、18年度に3件、19年度は現在までに2件で、計5件の要望があっており、その都度、速やかに南島原警察署に要望書を進達いたしております。

 これを受け、南島原署交通課から、現地調査の結果、うち4件については設置に相当すると認められたため、県公安委員会へ上申したとの報告をいただいております。これらについては、公安委員会の調査を経て、設置相当と認められれば、今後、公安委員会の計画により順次設置されるものと思われます。

 次に、市政懇談会に関し、市民の意見で多かったものに対する私の考えはとのお尋ねですが、今議会冒頭のあいさつでも申し上げましたが、今月14日から30日まで、昨年度に引き続き、8町において市政懇談会、タウンミーティングを開催いたしました。

 今回は、特に市政最大の課題である行財政改革に関し、財政上の必要性と主な取り組み内容について、私から、延べ400名を超える市民の皆さんに直接ご説明し、ご理解とご協力をお願いいたしました。

 今回の市政懇談会で多く寄せられた意見でございますが、全会場を通して多かったのは、やはり現在の市政の重要課題である島鉄廃止問題と行政改革でございました。

 島鉄の問題につきましては、路線の存続を要望される意見が多数を占めている状況でしたが、島鉄から九州運輸局に対し廃止届が提出され、路線を残すためには多額の赤字補填が必要となるなど、現時点では非常に厳しい状況でございます。

 一方で、乗客の減少など諸般の情勢を考えれば路線廃止もやむなしとの意見も散見されましたが、私としましては、今後も存続の可能性がある限り、島鉄をはじめ県や島原市、雲仙市など関係機関と粘り強く話し合いを続け、何とか存続できないか努力をしてまいりたいと存じております。

 次に、行政改革につきましては、その必要性についてある程度認めつつも、市民に負担を求めるだけでなく、私を含め市職員自らコスト削減に取り組むよう叱咤激励する意見が多くございました。

 私としましては、今回の行革の大前提として、160名を超える職員数の削減や職員に支給するさまざまな手当の削減など、大幅な人件費の削減、市職員が使用する経常的経費の節減など、まず市職員から始めるんだという私の姿勢についてご説明をし、一定のご理解を賜ることができたのではないかと感じております。

 なお、そのほか要望にわたるご意見といたしまして、ゴミ収集のステーション方式の見直しや福祉タクシーの実現、納税申告体制の改善など、さまざまな生の声を聞かせていただきました。これら一つひとつのご意見、ご要望につきましては、見直すべきは見直し、改善すべきは改善するなど、よりよい南島原市政の実現に向け、大いに参考とさせていただきたいと存じます。

 以上でございます。残余の答弁につきましては担当部長より答弁させていただきます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 市民生活部長。



◎市民生活部長(山平進君) 

 下田議員さんの質問にお答えいたしたいと思います。

 まず、第1点目のゴミの現状の問題点と対策、袋を統一したことについての現状と対策ですけど、先ほど市長の答弁のとおりでございますけど、具体的に若干触れてみますと、ゴミの減量化・リサイクルというのは、今後、地方自治体に課せられた非常に重要な問題だというふうに捉えております。

 市の方でも、先ほど市長の答弁にもありましたように、一般廃棄物処理基本計画というのを19年度に−−本年度中に策定する予定でございます。

 従来までは、それぞれ旧町単位の一般廃棄物処理基本計画をそのまま引きずったような形で来ておったということで、19年度において市全体の基本計画を策定するということで考えております。

 その中で、具体的な目標数値、あるいは減量化を10%削減するのか、20%削減するのか、リサイクルを10%向上していくのか、その辺の具体的な数値目標というか、そういうふうなところも盛り込んで、市としての基本計画を作っていきたいというふうに考えております。

 深江・布津地区と加津佐から有家までの収集のやり方が違うということですが、何年ごろまで続くのかということですけど、これは県の広域化計画によりまして、平成30年に県央の方に一緒になるようになっております。今現在、ご存じのとおり、布津・深江については県央の方と、加津佐から有家までは直営で南有馬衛生センターの方で処理しておりますけど、平成30年を目標というふうな形になっております。

 それから、もう1点のEM菌を利用した講習会の内容と今後の計画についてということですけど、先ほど、実績については答弁のとおりでございますが、これは補助事業で取り組んだわけです。正式名称は市町村循環型社会形成推進事業補助金といいまして、30万円いただいたわけですけど、昨年、18年度におきまして、北有馬町と加津佐町の方で婦人会の方を中心に講習会をしております。これは当然、生ゴミの堆肥化の促進というふうなことで、米ぬかとEM菌を活用した堆肥作りというふうな形で、液肥の作りということで、発酵液の作り方の講習会、それから、ぼかし種作りの講習会。北有馬の方が50名の参加を得ております。加津佐町が60名というふうな形で参加を得ております。

 当然、下田議員さんのご指摘のとおり、今後、ゴミの減量化にいかに取り組むか、それで、先ほど言われたように衛生費の経費削減あるいは環境保全につながると、それはもう当然のことです。

 今現在、ゴミの収集を週に2回やっております、加津佐でですね。それを2回のところを堆肥化というふうな形で減量化に取り組むと、1回で済むようであれば、当然、衛生経費のコスト削減あるいは焼却炉の耐用年数の延長と、そういうことにつながるんじゃないかということで、今後、雲仙市、島原市、当然、現在無料で配布しておりますね。雲仙市の方は、機械を2台購入して、市民の皆さんに無料配布している。雲仙市は業者の方と共同で作りながら無料配布しておる、そういうふうな状況でございます。

 当然、うちの方が若干遅れておりますけど、このゴミの堆肥化というのは、やはり今後取り組む必要があるということで、EM菌の活用の意義というのは非常に大きいと思います。

 ですから、19年度においても、とりあえず講習会を、30万いただいて、もらうように申請はしておりますけど、果たしてこれがつくかどうか分かりませんけど、いずれにしろ今後はこういうふうなEM菌の活用といいますか、やっぱり取り組んでいく必要があるんではないかというふうに考えております。以上です。



○議長(日向義忠君) 

 15番、下田議員。



◆15番(下田利春君) 

 まず、1点目に質問をいたしましたゴミ収集問題でありますけれども、市長から答弁がありましたように、ゴミの統一化によって収集収入がかなり減り、一財から出さなければならないということの問題は、これは当初から分かっていることであります。

 先ほど問題点として上げていただきましたけれども、今までは南部衛生組合の方はゴミステーションまで持っていかなくてよかったと。やはり年老いた人がステーションまで持っていくのには、大変不便でもあるということで、「ステーションまで持っていかにゃんなら前に戻していただきたい」というような意見は、かなり私たちも聞いております。

 これは決まったことだから、どうしろ、こうしろじゃありませんけれども、やはり今回の一番のゴミ収集、ゴミ袋の統一化問題において問題だったのは、先ほどからもいろんな問題でも出ておりますけれども、市民への周知といいますか、説明不足、「こうしたら、こういうふうになります」ということも、やはり一つは説明すべきじゃなかったかというのを、私は今、思っているところです。

 そこで、そしたら一つだけちょっと、これは担当部長でも結構ですけれども、お答え願いますけど、ゴミ袋の値段の根拠、これは何でしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 市民生活部長。



◎市民生活部長(山平進君) 

 まず、第1点目のゴミステーションについての市民への周知が不足してなかったかということですけど、これは、4月の自治会長会議におきまして、各支所の方でそれぞれ自治会長さんを通じてステーション設置についての説明をお願いし、なおかつ調査をお願いしたわけですね。これは6月……今月末までに出してもらうようにしております。当然、布津・深江の方がステーション方式でございますので、こちらの方は、加津佐から有家までは一部ステーションも入っておりますけど、全体を見た場合はこういう収集がしたいということで、これは合併後に5年以内に協議会の方で調整するというふうな形でなっております。ですから、当然、ステーション方式に切り替えていくと。そのための今現在、調査をやっております。

 その調査の上がってきた段階で、例えば高齢者のひとり暮らしとか、いろいろあるかと思いますけど、一律にステーションを設置するのも問題もあろうかと思うんですけど、とりあえず基本的にはステーション方式に切り替えて、あと、細部については状況を把握しながら検討するということで考えております。

 いずれにしろ調査を上げていただいて、ステーション、どうしてもできないというふうな所もあろうかと思います。そういうふうな場合は、また検討したいというふうに思います。ですから、今後、そういうふうな形で環境審議会あたりも協議をしていただきながら、方向性といいますか、その辺は市民の皆さんには、方向づけはちゃんとしたいというふうに考えております。

 それから、もう1点の根拠ですね、袋の値段の根拠はどこにあるかということですが、これは、ゴミ収集処理経費、大体キロ当たりどのくらい掛かるものか。全国的にいきますと、大体ゴミ処理の経費は処理経費の1割から3割が適当じゃないかということで、全国的に決定されております。

 もう1点は、近隣市町村のゴミ袋の価格との調整、この2点をやっぱり考慮、配慮しながら、最終的には大を20円、小を15円というような形に決定しております。ですから、本来はその辺の1割から3割の幅ですから、若干高目に設定してもよかったんでしょうけど、やっぱり最終的には、先ほど言いましたように近隣市町村との調整ですね、南島原市、雲仙市との絡み、その辺も考慮しながら決定しております。



○議長(日向義忠君) 

 15番、下田議員。



◆15番(下田利春君) 

 近隣市との関係も必要かもしれませんけれども、やはり今まで800円と、布津町は150円だったかな、190円だったか、それは差があったけど、私が今言ったのは、ゴミ袋だけの値段なのかというように、やはり取る市民の方もいらっしゃるんですよ。だから今ちょっとお聞きしたわけで、ゴミを処理するためには、やはりゴミを出して持って行ってもらう受益者負担というのが当然、これは本来の目的であって、そのために計算をして10枚800円というのが南部衛生組合で決まった、当然のことであろうし、布津町・深江町においては、今まで町単位の施設が残っており、それで、その当時からの引き継ぎだった。これはもう安い方が市民の皆様にもいいんですけれども、いろんな問題点を、最低の限度で問題点が出るような対処をするために、やはり説明をもう少ししてほしかったなということです。

 そういうことで、ゴミ問題については今言われたように、5年だったですかね、調整するということが合併協で決まったわけだったので、そんなに急ぐ必要もなかったろうし、今後その期間内に、いろんなまた問題点などはよく意見を収集していただいて、その審議会あたりででも検討していただいて、なるべく不満がないような対策を立てていただきたいと思っております。

 次に、燃えないゴミ、資源ゴミということでちょっとお尋ねしましたけれども、これは一つは30年までですか、こっちの方が、南部衛生組合が動くということで、こちらの方はみんな1カ所に、町内何カ所かに集めていらっしゃるようでございます。深江町は、「分け兵衛」というところに入れて、そこで分けていらっしゃるようですけれども、このゴミ対策、リサイクル、ゴミ減量化、こういう問題は何が一番大切かといったら、分別収集なんですよね、はっきり申し上げまして。分別と収集をいかにして綿密に行うか、これによってゴミの減量化は決まるわけなんですよ。

 たまたま私、この前、横浜市長の話を−−たまたま会う機会があったもんで−−お聞きしたんですけれども、大都会ではゴミの減量化は絶対無理だと言われていたと。それを5年計画を立てて3年で達成したと。これは何だったか。15種類……あの横浜市でですよ、あの大都会の中で15種類、分別収集を行なったと。そして徹底的に、市民の皆様に協力してもらうために、1万回の説明会を目標として行なったと。それを2年半で30%成功したということも、ちょっとお聞きしました。これは参考までです。

 そういうことで、今回、私が申し上げたいのは、ゴミ袋が今2種類ですよね、でしょう、燃えるゴミと燃えないゴミ。旧布津町においては、5種類分けてたんですよね、ペットボトル、空き缶、空き瓶、その他のプラスチック、これだけ完璧に分けてたんですよ。

 この前、私、ゴミ袋がちょうどなかったから買いに行って、燃えるゴミだけの袋しかないもんで、「おい、ほかのゴミ袋、切れとるぞ」と言うたら、いや、もうないんですよと、統一化と。

 私は、今この分別収集が一番叫ばれている時代に、あえて何で2種類にしたんだろうかと。布津町時代、こうしていっぱい取り組んでた、これは大変いい事業だと思ってるんですよ。これは今、布津町の人たちが、燃えないゴミは一緒にいいんだろうと勘違いしていらっしゃる方がいっぱいいらっしゃいますよ。これはもう絶対、布津町においては、ゴミは、燃えないゴミ、ペットボトルとか瓶とか一緒にほうり込んで出る可能性があります。

 だから、ゴミ問題のリサイクルについても、今後、審議会あたりで検討しておくと言われてるなら、分別収集の大事さというのは、これは本当に今一番大事なことなんですよ。その袋あたりも検討するように。どうですかね、今、できる、できんは別として、ちょっと考えていただけないでしょうか、その点について。



○議長(日向義忠君) 

 市民生活部長。



◎市民生活部長(山平進君) 

 下田議員の、今、不燃物ゴミ袋の関係ですけど、確かに布津町の場合は数多く、資源ゴミは袋数が区分けがなっとったわけですね。不燃物袋については、合併協議会で合併前に決定されたわけですね。合併する前に、合併協議会の方で一つの不燃物袋が決まったわけです。そういうことですので、今回、4月からの分については、不燃物袋には空き瓶、空き缶というふうな形で、それぞれ分別収集にご協力くださいというふうなのは表に表示しております。ですから、当分は、こういうふうな形でいきたいというふうに考えております。



○議長(日向義忠君) 

 15番、下田議員。



◆15番(下田利春君) 

 分別収集は、私は置くなって言ってるんじゃなくて、やはり、こうした袋をこうして分けていただいておったら、持ち運び、また中間の業者も持っていくのにも大変便利なんですよね。だから、そういうことで何とかそういうことも今後の課題にしていただけないのかということをお願いしているんであって、今、分別収集自体が、全部持っていって、瓶は瓶、缶は缶と分けてもらってるということも調べております。

 そういうことで、そうした分かりやすい、市民の一人ひとりのレベルでいろいろ協力してもらうということが一番分かりやすいわけなんですよ。後の手間もかかりませんので、一応そういうことも部長、念頭にいただいて、協議でもしていただければと思っていますので、よろしくお願いをいたしておきます。

 不法投棄についてもちょっとお聞きしたいんですけど、ちょっと時間がないですね。もう次に行きます。不法投棄についても、今後、監視の目だけはちょっと強めていただきたいと、これは要望としてお願いをいたしておきます。

 3点目に、EMぼかしについてお願いしたいわけですけれども、北有馬町で50名、加津佐町で60名ということで、県からの30万の補助があったということで実施したということをお聞きしておりますけれども、やはり島原あたりが、もう新聞紙上で政策にはっきり載せてるんですよね。そうした面で、やはりこれは先ほども部長の方からも、ほかの市の取り組みについても、いろいろ調べていらっしゃいますので、もうあまり申し上げませんけれども、やはり先ほど部長、言われましたように、ゴミ、これは今、週2日集めてますか。これは10日に1回でも、このEMぼかしを利用したら、全然問題ないんですよ。これは市長も部長も、部長はEMの方はちょっと体験されたことありますか。そのEMで何か処理したとか。市長は。ないでしょうね。ありますか。

 そしたら、ここにサンプルを持ってきてるんですけど、ちょっと議長、席離れてよろしいですか、サンプルを渡しますけど。



○議長(日向義忠君) 

 はい、どうぞ。



◆15番(下田利春君) 

 ちょっと、においだけ、ちょっと聞いていただけますか。すみません。

 これは、もう10日経った残飯なんですよ。10日経った残飯だったら、もう持っていただけで臭くてどうもならないでしょう。これはEMで処理してるんですよ。だから、今、部長が言われたように、これは家庭の部屋の中に入れとっても、残飯、大丈夫です、10日間ぐらいでも。だから、今まで臭いから、やっぱり回収を余計してくれということを言ってるんですよ。

 こういうことで、ぜひ、ゴミのですよ、これは本当に市全体に広がったら、生ゴミゼロ運動につながります。

 だから、そういうことで今後、計画はしていくべきだろうということですので、EMについては、もう部長も知っていらっしゃるし、市長の方もちょっと経験があると言われておりますので、もうこれ以上は申しませんけれども、何とか私たちも、今、どんな市民の方に浸透してるのかということで調べるために、ずっとペットボトルで無料配布してるんですよ。

 今、1,000本ほど無料配布しましたけれども、やはり私たちは興味ある人間だけでカンパしてやってるもんで、無料配布というのをいつまでも続けるわけにはいかないんですよ。だから、せめて婦人会あたりのゴミのぼかしを作った講習会を1回開いていただいて、ゴミがいかにしたら少なくなるかということに取り組んでいただきたいと思うんですよ。これはよろしくお願いをいたしておきます。

 次に、産業振興で農産物流通ということでお聞きしましたけれども、今、大変な油の高騰などで、農業者、漁業者、商工業者も大変苦慮しているわけですけれども、やはりそうした関係で、なかなか遠い所には運んでいけないという事情も今、出てきております。

 特に今回、私が指摘するのは、いろんな農業の認定を持っていらっしゃる方とか、流通組織を確立していらっしゃる方は問題ないんですよ、あまり。しかし、地元の青果市場に出荷して生計を立てていらっしゃる方がいっぱいいらっしゃいます。これは大変難しい問題ですけれども、そのためには、南島原市の商業施設を、先ほど市長も言われましたように、小売店が元気をつけてくれなければ、なかなか地元の青果市場が活性化しないんですよね。だから、そういう点でまちづくり事業あたりを、今、加津佐あたりでやってるんですかね、そういうのを全市に広げていただいて、商店街の活性化対策とか、そういう事業を推進してもらわなければ、今後、農業をやめる人が加速していきます。

 それと、その人たちがやめれば、耕作放棄地が増えていきます。だから総合的な対策を、今どうこうじゃなくて、総合的に農業、商業、観光を含めたそういう形を念頭に置いた政策を、ぜひ今後は計画も必要じゃないかと思いますけれども、市長、その点についていかがお考えでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 全くそのとおりだと思います。どういう形にしていくか、非常に重要な問題であるし、また大変難しい問題だなと、こういうふうな思いでおります。いい知恵、そしていいものがあればぜひ提案をいただき、いっしょになって頑張っていきたいと、こういうふうな思いでおります。



○議長(日向義忠君) 

 15番、下田議員。



◆15番(下田利春君) 

 これは本当に難しい問題で、どうしろ、こうしろという、なかなか案も私たちも出ないんですけれども、そういう観点から、やはり今後も何かあった時は、頭の中の隅に置いて対策を立てていただかなければ、農業が第一産業でありますので、南島原市は特に影響が大きいわけですので。

 例えば観光農園の取り組みとか、そしてまた丸一日島原観光史跡、南島原観光史跡めぐりとか、そしたら、有家町が行なっております「蔵めぐり」ですか、ああいうのを、南島原市に来た観光客は南島原市で一日過ごせるような対策をとっていただければ、商業者も助かるし、また農産物の一つでも売れていくと思いますので、これは一つの例ですけどね、そういう観点でひとつ今後の政策も取り組んでいただきたいと思います。

 次に、安全対策ということで2点お伺いをいたしましたけれども、支所単位で危険箇所の確認をされたと、それと本庁関係でされたということですけれども、今まで旧町あたりの危険物の視察なんかをする時は、ほとんど一定の所が多かったわけなんで、あと、私たち議員の係の方で、ほかの所も回ってみようやというて、お互い話し合って回ったこともあるんですけれども、今回、私がこれを取り上げたのは、そうした旧町からのずっとやってきた事業で、ある程度の危険場所は、市としてはもう認識されていると思うんですよね。把握されていると思います。

 今回、私が提案するのは、小学生、中学生から見た危険箇所。例えば、通学時に危ない目に遭ったことはないのか、そしてその人たちが危ないと思っていることはないのかと、そういうことを今回、小学校、中学校あたりで計画をして、そしたら新たな安全対策にもあたると思うんですけれども、そうしたことについて、教育長、いかがでしょうかね。



○議長(日向義忠君) 

 教育長。



◎教育長(菅弘賢君) 

 まさにおっしゃるとおりでございます。それで、各学校におきましては、毎学期が始まる前に、必ず子供たちが通学してまいります通学路を点検して、自然的な危険箇所、あるいはやぶ等が茂っていて見通しが悪くて、何らかの人為的な事故が起きやすい所等を点検いたしております。

 そして、その危険箇所の改善等に努めますとともに、保護者の方々にもお願いを申し上げまして、地域の方々へもお願いを申し上げまして、子供たちを見守っていただきますように、そのような取り組みをいたします。そして、子供たちにも、自分の身は自分で守るということをまず自覚をしていただいて、集団登下校を行うとか、そのようなものも今現在、各学校へはお願いをいたしておるところでございます。



○議長(日向義忠君) 

 15番、下田議員。



◆15番(下田利春君) 

 やはり大人から見た目と子供から見た目、これはもう全然違うと思うんですよ。

 一つの例をあげれば、大人たちは何とも思わんかもしれないけれども、部活で遅くなって、どうしても1カ所だけ危険な場所があるとか、それぐらいだったら大人でも逆に分かるんですよね。あそこは通る時、通学路が暗いから何とかしたらどうだろうかと。そういう目じゃなくて、本当に通学して登下校の時に危ないことがなかったのかということの聞き取り調査、例えばアンケートでもいいじゃないですか。これは何も金がかかる仕事でもないし、ただ子供たちが、自分たちがどんな危険な目に遭ったと、そういう把握だけでもいいと思いますけれども、これをぜひ、これはアンケートじゃなくても聞き取り調査でもいいと思うんですよ。そういうのを通達で、例えば夏休み前あたりでもいいし、ひとつ教育長、口頭でもいいですけど、調査なんかしていただけないでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 教育長。



◎教育長(菅弘賢君) 

 はい、そのように取り組ませていただきます。



○議長(日向義忠君) 

 15番、下田議員。



◆15番(下田利春君) 

 子供たちの意見をよく採り入れて、ぜひ子供たちが安全な登下校ができるような態勢作りに、ぜひ努力をしていただきたいと思います。

 次に、信号機設置についてお尋ねをしたわけですけれども、信号機設置については、市や警察が決めるもんじゃなくて、市長から答弁のとおりでありますけれども、やはり今、信号機設置というのは、どうしても危険度が高い所とか、そういう優先順位を決めていくと思うんですけれども、例えばつけたくても本当につけにくいというような地形といいますか、そういうのもあるんですよね。だから、そういうことで、なかなかつかない所もある。また、つけたいけれども、土地を−−通り抜けの十字路はいいんですよ。三角になってT字になってる所の横断歩道でも、例えばつけようと思った時には、待避場所の土地を提供していただかなければ、これ信号機はできないそうなんですよ。だから、そういう問題もありますけれども、とにかく、ぜひ要望のあった所を何とかつけて検討していただくような状態にまでは、市の方がある程度は説明すべきと思ってますので、よろしくお願いをいたしておきます。

 今、あがっている所でも死亡事故があってる所もありますので、ぜひ、それは県の方にも上げたということもお伺いをいたしておりますので、今後そうした警察に上げるところまでの要望があった所は、それは万全な体制でぜひ臨んでいただきたいと思います。

 これで私の一般質問を終わりますけれども、いよいよ7月1日より機構改革による新体制でスタートするわけですけれども、これを機に実のある行政改革になるよう、職員の意識改革を含め、少しでも市民の負担が軽くなるような努力を期待いたしまして、私の質問を終わります。



○議長(日向義忠君) 

 これで、15番、下田利春議員の質問を終わります。

 ここで1時半まで休憩いたします。

     午後0時00分 休憩

     午後1時30分 再開



○議長(日向義忠君) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、11番、中村一三議員の質問を許します。11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) (登壇)

 11番、中村一三、議長のお許しを得ましたので、通告書に従いまして一般質問をいたします。私は、今回1点のみ、観光行政について質問をいたしますが、理事者の方には分かりやすいご答弁をお願いいたします。

 平成19年度当初予算で、観光協会の補助金、昨年は1,547万円がついておりましたけども、今回は予算化されておりません。観光協会とは、観光事業の健全な発達と振興及び地域の活性化を図り、もって生活、文化及び経済の向上発展に寄与することを目的とした組織であり、地域の観光振興のためには必要不可欠なものであると認識をしております。

 また、今般、南島原市の原城跡と日野江城跡を含む長崎の教会群とキリスト教関連遺産が文化庁の世界遺産暫定一覧表に記載することが適当とされる文化遺産として認定され、これらの文化財としての重要性が認められております。

 原城及び日野江城跡の世界遺産登録を現実のものとし、観光資源として有効活用していくためにも、この観光協会という組織を設立し、検証を行なっていくことが急務だと思われます。

 そこで、今後の観光協会の位置づけをどのように考え、運営していかれるつもりなのか、また、観光振興の指針となる南島原市観光づくり実施計画の策定に取り組み、年内に公表ということで観光協会の設立に向けた取り組みをされていると思いますが、どのように進められておるか、お尋ねをいたします。

 また、以下の点についてお聞きします。

 1、観光協会の設立の時期。

 2、観光協会の名称は公募か委員会の多数決か。私、個人的意見としましては、世界遺産に鑑み、「原城観光協会」が一番いいと思うが、どのように思われるのか。

 3、協会長の人選は。また、一番大事な事務局長はどうされるのか−−公募か。職員も数名要ると思いますが−−どのようにして決められるのか。

 また、事務局の事務所はどこに構えられるのか、お尋ねをいたします。

 市長は、今回、4月14〜15、2日間、原城観光協会が主催した原城一揆まつりに、慰霊祭等に参加されたと思います。原城一揆まつりの主なる目的は原城跡の顕彰であり、原城観光協会を中心として、地域の大切な資源である原城跡に並々ならぬ思いを寄せるボランティア住民の活力でこれまで継続をされております。

 先般開催されました原城一揆まつりの予算は1,320万です。しかしながら、市の財政健全化計画においてイベント等の補助金を見直すとされており、およそ500万の上限が引かれつつあります。各地域のイベントに一律にその上限を適用した場合、従来のような規模の原城一揆まつりの実施は事実上困難であると思われます。

 行財政改革の必要性は十分に承知をしておりますが、先の質問でも取り上げました原城跡の重要性を鑑みた場合、必要不可欠なイベントです。世界遺産登録に向け、ぜひとも欠かせないこの一大イベントをどのような形で今後行うのか、お聞かせください。

 以上で壇上での質問を終わり、答弁によりましては自席より質問いたします。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 中村一三議員のご質問にお答えをいたします。

 最初に、観光協会の予算についてのお尋ねですが、平成18年度当初予算に計上しておりました1,547万円は、それぞれの観光協会運営費及びイベント開催のための事業費補助金の合計額であります。19年度予算につきましては、18年度に計上しておりました補助金のうち、イベント開催に要する事業費補助金について、地域振興課の予算に計上いたしております。

 次に、観光行政についてのお尋ねですが、現在、平成18年10月13日に公布された長崎県観光振興条例に基づき、南島原市観光地づくり実施計画策定委員会を立ち上げ、南島原市の観光振興の指針を示す観光地づくり実施計画の策定に取り組んでいるところでございます。既に委員会を3回開催しており、今後は委員会に部会を設けて、テーマ別に協議をしていくことといたしております。

 部会の編成は、西洋文化が流入しキリシタン文化が広がり、島原の乱で終焉し、移民政策が始まり現在に至る歴史背景をテーマとしてご協議いただく歴史・文化部会。全国的に観光の形態が名所及び旧跡を周遊するだけでなく、歴史、文化、自然、食等を体験し、または学習し、地域住民と触れ合う、心に響く観光が求められていることから、体験型観光をテーマとしてご協議いただく体験観光部会。そして、観光振興の牽引役となる観光協会の設立の意義、また、必要であれば活動方針等をテーマとしてご協議いただく企画部会を設置予定であります。

 なお、議員お尋ねの観光協会の設立の時期やそのあり方については、当部会の協議事項としておりますので、今後、部会の中で協議していくこととなりますので、よろしくご理解を賜りたいと存じます。

 次に、原城一揆まつりについてのお尋ねですが、まず、イベント補助金に関する原則的な考え方につきましては、先ほど、宮崎議員のご質問にお答えしたところですが、原城一揆まつりにつきましても、少なくとも今年度においては他のイベントと同様の取り扱いとなりますので、ご理解をいただきたいと存じます。

 さて、原城一揆まつりは今年度で16回を数え、これまで多くの皆様のお力添えによりまして、年々盛大に開催されてまいりました。議員ご指摘のとおり、歴史的背景や世界遺産登録に向けても必要不可欠なイベントであり、南島原市、春の一大イベントであると認識をいたしております。特に追悼行列や追悼祭については、犠牲となられた方々への鎮魂を祈念する思いも込められており、極めて意義深いものではなかろうかと存じます。

 次に、補助金に上限を設けた場合、従来規模のイベント開催は困難ではないかとのご質問ですが、これまで協議を重ねてきた中で、そのイベントの目的に沿った内容となっているか、そのイベントの柱は何なのか、予算の執行においても不要な支出を行なっていないかなど、抜本的に内容を見直して取り組むよう意思統一を図ったところでございます。

 また、イベントを確立するにあたり、初期の段階で投資が必要な場合、例えば備品購入等が考えられますが、このような場合、予算が不足すれば国や県の補助事業を積極的に採り入れて対応していく考えでおります。

 いずれにしましても、19年度の原城一揆まつりは終了しておりますので、来年度に向けて実行委員会の皆さんと協議を重ね、すばらしいイベントになるよう取り組んでまいりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

 残余の質問につきましては、担当部長より答弁をさせます。以上でございます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 補助金の内訳は午前中の宮崎議員の方にお答えをしましたけれども、その趣旨といいますか、今、決めてますけども、ちょっと補足をさせていただきたいと思いますけれども。

 まず、統合するイベントにつきましては、決まった所もありますし、現在、各実行委員会で調整中の所もございます。

 それと、これらの内訳は補助金のベースの数字でありまして、各実行委員会で自主財源がある所は、事業費としては増えてくるということになりますので、申し添えたいと思います。

 それから、観光協会につきましての市長の答弁の中で、設立時期、そしてそのあり方ということがありましたけれども、設立時期は、基本的には目標としては20年4月1日からはもう発足をしていただきたいと。そして、観光協会自体は基本的には市が、任意の団体でございますので、市がどうだこうだということで最終的に決定するということにはなりませんので、相談をしながらということになろうと思いますので、申し添えたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 ありがとうございました。南島原市の観光協会が今まで部会が3回あった中で、大体20年度の4月1日を目標にしているということを今お聞きしました。

 そうすると、今、観光協会は多分、加津佐町、口之津町、南有馬町、北有馬町、西有家町の5カ町あると思いますが、現在、機能している観光協会、要するに担当の職員がおる原城観光協会、これの今後の動向はどういうふうに考えておられるか、ちょっと知っている限りでよろしくお願いします。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 観光協会自体のありようといいますか、それはそれぞれの観光協会が主体的な方向で運営をされておりますので。ただ、事務局的な部分は、議員がおっしゃったように、運営費の補助を合併前にやっていたのは南有馬町だけでございます。ほかは、先ほど市長の答弁にありましたように、イベントの補助金という名目で観光協会にほとんど支出をしている状況です。

 それから、加津佐町から西有家町まで旧5町の中での観光協会が、現状どのような形にされているのか、例えば極端な場合、解散をされたとか、そういった部分についてのお話はまだ聞いておりませんので、ちょっとお答えいたしかねるところでございます。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 観光協会の補助金についてですが、多分、加津佐町、口之津町は、観光協会の連盟の負担金ですかね、多分、今回でやめておられると私は認識しておりますが、原城観光協会、一揆まつりが4月14〜15日あったんですけども、その予算の執行が多分6月で終わりなんですよね。6月で総会が終わると。そういった時に、6月に終わった時に、今度7月1日からの観光協会の補助金が何もなかったら、多分そこで消滅はすると思いますが、その辺の指導とか取り組みとか、観光協会の方から何らお話は行ってないんですかね。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 観光協会の、今、南有馬町も基本的にはほとんどイベントを主体とした観光協会だと思います。原城一揆まつり、それからフロムライフですか、すばらしい祭りがありますけれども、その事業費も相当太いですよね。そういった部分の中で、そして、あと、もちろん啓発的な部分とか、いろいろされている部分があろうかと思いますけれども、今、もう7月ですけれども、当分の間は、私たちの考えとしましては、今までは、6月いっぱいは観光は当然、支所の経済課の業務でございます。本庁は商工観光課ですけれども、ほかの4町はイベント云々のありようが少し違いますから、観光協会の業務の多寡が違うかもしれませんけれども、何とか市の職員の体制の中で支援できる部分はしていくということで、ともかく19年度いっぱいはそういったことで乗り切っていければと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 しかし、これも観光協会が、6月に総会が今度あると思いますが、今後において原城観光協会は7月からまたスタートするわけですよね。予算がないのに、事実上、もう解散をしろということじゃないかというふうに私は受け止めておるんですよ。

 というのは、一応、観光協会の事務職が1人おるんですから、専任の職員が。そこで、お金もない、何もないということは、もうやめろということに私は思うわけですけども、地域振興課が今度管轄ですけども、その辺はどういうふうに今後……もうやめろということですかね。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 観光協会の職員の方の給与の大半は教育委員会から出てるわけですよね、ほとんどが。そして、観光協会から出てるのは本当わずかということで、そこら辺につきましては、例えば1,200万−−1,320万と言われましたけれども、120万は一夜城の特別な県の寄附の部分で、恒常的には1,200万でされておるわけですよね。その1,200万の中云々、かれこれから何とかやりくりしてでもできないだろうかなということは考えておったわけですけれども。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 いや、私たちは、旧南有馬町の時には、一応、賛助会員というて−−役場の課長さんとか商工会の会員さんとか、あるいは法人からボランティアでお金を回収して、それで観光協会をして、それで町の方から補助金をもらって運営をしてきたんですよ。

 そしたら、今度、町から市になったわけですが、今度、市の管轄になって、観光行政の中で補助金も何もなくということは、来年の4月1日まで、どうすればいいんですかね。ちょっと私、お尋ねします。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 観光振興策は市の行政の一つだろうと思うわけですけれども、たとえ観光協会に事務局長さんがいらっしゃらなくなったとした場合に、そこら辺が完璧にはいかないかもしれませんけれども、行政の他の4町の場合と同じように、他の4町はほとんど事務局は支所でやっていただいてますので、そういったことででも補えればと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 ということは、今後においては、支所の方でこの問題は対応するということですね。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 支所の方でということ、基本的にいえば支所、本庁……所管は本庁ですので、連携を取りながら、支所も7月以降は人員が少なくなるわけですので、やはり本庁には増員ということでございますので、その区分の分担は人的な割合の中でやっていきたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 ちょっとしつこいようですけども、ただ、やはり観光協会が、今ずっと一生懸命、ボランティアでも観光ガイドとかいろいろしておるんですよ。ということは、観光協会の事務局あたり、いわば会長さんあたりからも、多分相談があっていると思うんですよね。

 原城というのは、やはり一つの、8カ町を見た時に、今後において原城を売り出すという意味において、それも観光協会も何も支援をしない、支所でする、本所ですると、ボランティアも要らないということで、私は今の答弁をそういうふうに受け止めるんですけども。本当に、それで市としては受け止めていいんですか。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 観光協会の中で、原城ボランティアガイドさんがいらっしゃいます。この方々においては、人材育成の補助を活用したりして研修をしていただくとか、そういったこともしておりますし、合併協議の中の経過の中で、18年度までは観光協会に補助をつけるが、19年度はその限りではないというようなことの中で、こういった予算の計上をしておるわけでございますので、ご理解をお願いしたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 朝からも宮崎議員も言ったとおり、今、原城−−世界遺産ですね、そういった非常に今大事な時期を迎えておるんですよ。というのは、やはり観光協会の会長さんとか副会長さん、ボランティアの人も、一生懸命になって原城を売り出そうというふうにして、住民が一体となって南有馬町あたり皆してはおるんですよ。そういった時に、予算もつけずに何をしろと、私は言うかなと思うんですよ。

 支所と本所で、あんたたちは今やると言うたけども、実際、今度の総会の6月30日かぐらいに終わり−−出納閉鎖が6月30日までですから−−7月に総会がありますけども、そこで解散をした場合に、協力を得られるというふうに思っておるんですか、その点、1点だけ。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 南有馬町で原城一揆まつりとフロムライフ、すばらしい祭をされてきていただいておりますけれども、今後は南有馬町の祭じゃなくして、方向性として「全市をあげて」というような方向性に、できるだけ早くなっていけばという思いでおりますので、やっていけるかどうかとか、そこら辺については、本来、任意団体のことですので、いける、いけないというようなことは、私の方では、ちょっと答弁をできかねると思いますけども。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 いろいろ分かるんですよ、気持ちは。ただ、やはりこれだけ地元の皆さんが、歴史に鑑みて一揆まつりを盛り上げておるんですよ。そういった時に、予算もつけんで、そぐらかすようなことは、絶対、私は、やる気をそらすという意味において疑問に思うんですよ。

 確かにこの専門部会の開催あたり、3回ほど、今、市長が言われたとおり、されたことは知っております。いろいろ歴史部会とか体験観光部会とか企画部会−−こういった立派なものができておるんですよ。できておるのは承知しております。

 ただし、私が言いたいのは、20年の4月1日に、今、言われたとおり、大体スタートをすると。では、この1年間はどういうふうに、そのまま、ほんなら本所、支所がこれを観光協会の引き継ぎをされるおつもりなのか、その辺を、ちょっとぴしっとしていただかないと、皆さんだれも−−地元住民とかボランティアの人たちは動きませんよ。その辺を市長、もう一回お願いします。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 ご承知のとおり、南島原市も合併をして1年3カ月弱、そして商工会も先だって合併になりました。観光協会については、あった町、なかった町、いろいろありますが、そのことも含めて、実は観光協会もネーミングは原城というふうなことでおっしゃってましたけども、いずれにしましても、おっしゃるとおり世界遺産登録、すなわち歴史的にすばらしい価値、意義のある原城、日野江、そしてまたキリシタン墓碑ということで国内のノミネートをされました。

 しかも、富士山、飛鳥文化、そして富岡製糸場といっしょになってキリスト教遺跡群団ということで登録されましたので、わが南島原市にとりましても、これ以上の歴史的な遺産はないと、世界的な評価を受ける寸前であります。

 よって、このことに対して、いかにしてそのことを、今、中村議員おっしゃるとおり、南島原市打って一丸となって、このことについては全精力をあげて頑張っていかなければいけないという思いがあります。ただ単に南有馬観光協会ですか、このことの存在自体を云々しているというよりも、あえて、むしろこれをどうやって本当に、先ほど申しました、わが持っている日本で最大の遺産と言ってもいいかもしれない、そういうものに仕上げていく、そしてまた、そのことを観光振興にどうやって活かしていけるかということの端緒についたところでございます。

 中村議員さんのおっしゃることはよく分かりますけども、市といたしましても、このことにつきまして、できれば、いわゆる全市あげて原城観光協会とかいうのが、われわれ行政サイドとは別の組織としてそういうものが立ち上がる、そういうふうな動きがあっていただければいいな。そしてまた、中村議員さん、そして議員の皆さん方にも、そのことについてもお力添えをいただければと、そういうふうに今、思っております。

 何はともあれ、おっしゃる思い、願いというのはいっしょのような気がいたします。何とかそういう中にあって、このことを実現に向けて頑張っていきたいなと、こういうふうな思いでおりますので、どうぞご理解を賜りたいと存じます。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 市長の気持ちもよく分かるんですよ。分かるんですけども、言えば、今回までイベントを、原城一揆まつり等も非常にボランティア色が強いんですよ、一夜城しかり、皆さんが本当に手弁当で、いろんな商工会の青年部と婦人部とか一体となって、地域を巻き込んだ祭、イベントを実施してるんですよ。

 先ほど言われた1,200万の予算の中で、今回500万になるわけですが、その前日の慰霊前夜祭あたりも、今度、その中において慰霊祭も含めてその予算なのか、もう1点、その辺も含めてお願いします。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 イベントの予算の方ですけれども、基本的には総額ということで。ただし、市長の答弁にありましたように、南有馬町のということじゃなくして、市の一大イベントの一つということの位置づけを早い機会にしていただくとするならば、それから投資的な経費という部分が不足するようであれば国・県の補助金、そういった部分を最高限に活用して市長はやっていくというようなことで指示をされておりますので、ご理解をお願いしたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 分かりました。ただし、やはり今後、この1年間、もう少し聞く耳を持って、多分、観光協会の方もお見えになると思います、どうするのか、ということで多分来ると思いますけども、今度、市の観光協会が出た時に、そしたら原城を中心としない観光協会なのか、原城を中心とした協会を作るのか、その辺、地域振興部と市長あたりが一体となってすると思いますけども、今、一揆まつりの入場者数、どのくらい来ておられるかご存じですか、地域振興部長。市長でもいいですけど。



○議長(日向義忠君) 

 地域振興部長。



◎地域振興部長(山口重利君) 

 入場者数については、私も今、ちょっと承知をしておりませんので、ご報告をいたしかねますけども。



○議長(日向義忠君) 

 11番、中村議員。



◆11番(中村一三君) 

 その辺も知っとってください。今回は、1万3,000人の方が1日で来られたんですよ。昨年は1万人入場されたんですけども、3,000人も1年間のうちに入場して、やはり原城という一つの城跡を、いろんなイベントを見て、今だんだん気運が高まっている状況なんですよね。そういったことも含めて、やはり今後においても、あと今年度予算、8カ月、7カ月しかありませんけども、少しは市の助成というのも必要と思いますので、よくご理解をいただいてお願いをしたいというふうに思います。

 私の質問はこれで終わります。



○議長(日向義忠君) 

 これで、11番、中村一三議員の質問を終わります。

 次に、9番、井上末喜議員の質問を許します。9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) (登壇)

 議長のお許しをいただきましたので、ただいまより一般質問をさせていただきます。

 1点目、ゴミステーション方式について。

 南島原市にあっては、島原半島一高齢化が進む中、逆行してゴミステーション方式の話がどんどん進み、収集場所の話が自治会にあり、自治会としては困ったあげく収集場所を見つけ、報告が市役所に6月末ごろまでにはあると思いますが、なぜそんなに急ぐのか、何か理由があるのか。

 住民サービスとか市民が住みやすいまちづくりとか、話を聞いていると、ごもっともな話ばかりでございます。話と実際は違うような気がしていますが、考え過ぎでしょうか。

 私の周りの人たちにゴミステーション方式のことを聞いてみたが、ゴミ袋は少し高くても今のような収集の方法がいいという人が100%でした。これは私の聞いた周りの人のパーセントです。議長、ちょっと静かにさせてください、16番議員。



○議長(日向義忠君) 

 16番議員。



◆9番(井上末喜君) 

 もう、耳ざわりでですね、言いたいことを忘れてしまいます。(発言する者あり)うるさい。(発言する者あり)やかましい。

 このような考え方の人がたくさんいる中に、何でゴミステーション方式が先行するのか、私には納得いきません。ゴミ袋が安くなればいいという議員もいました。うるさい議員がいました。ところが、先は考えずに、先走りばかりして、こういうことに、私が一般質問するようなことになりました。余分なことまで言ってしまってですね、これ、書いとらんやったですね。

 アンケートを取るなり、何か具体案を出し合って、市民の納得のいくような答弁を、市長、お願いいたします。

 2点目、開田公園の遊具の取りつけを前回も前々回もお願いいたしておりましたが、まだ一つも据えつけてありません。どんなに立派な公園でも、人のいない公園では、公園の意味がないと思います。遊具でも取りつけていただいて、子供から老人まで楽しく元気に明るく遊び、健康でいつまでも長生きしてもらいたいと心から願う者の一人でございます。どうか市長、遊具の3基ほどでも取りつけをと思っておりますが、いかがでしょうか。

 簡単ですけど、以上、壇上からの質問は終わり、答弁次第では自席から質問さしていただきます。よろしく答弁をお願いいたします。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 井上末喜議員のご質問にお答えをいたします。

 ゴミステーション方式、これ、どういうふうなことかと、こういうことでございますが。いずれにしましても、わが南島原市、布津、深江がゴミステーション方式を採用しております。あと6町が、今、現在のままですが、いずれにしましても統一してやらなければいけないと、こういうことで、実はそれぞれの自治会の皆さん方のご意見を拝聴したいと、こういうことでステーション方式ということでやっているわけでございます。詳細については、後で部長に説明をさせますが。

 ゴミステーションに関し、設置場所についてのお尋ねその他でございますが、現在、市のゴミ収集車が収集コースとしております道路に面した場所を基本とし、ステーションを設置し、道路交通上、支障がない場所を各自治会で確保していただくようお願いをしているような状況が今現在でございます。おっしゃるようなお気持ち、十分、分かりますが、今現在がそういう状況でございます。

 続いて、口之津町の開田公園の遊具についてのお尋ねでございますが、概要については、昨年6月定例市議会での議員からの一般質問にもお答えをしたとおりでございますが、本公園は、平成元年度より計画され、都市計画事業の都市公園事業として採択され、実施された都市公園となっております。

 私も現地をよく知っておりますが、個人的には、現在のままの状況が周囲の景観、口之津町の雰囲気に合っており、市内の公園の中でも趣のある……違った……非常に都会的な雰囲気のある、よい公園ではないかと思っております。

 お聞きしたところ、小さいお子さんを連れた家族連れの方が、数多くご利用いただいてるようでございます。今後、公園の利用形態を見ながら、慎重に、井上末喜議員の思いも、できるかどうか検討を続けていきたいと思いますので、どうぞご理解をよろしくお願いします。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 なかなかなご返事ありがとうございました。

 まず、ゴミステーション方式からいきたいと思いますが、これ、リサイクルを考えたりとか、それにゴミの減量化、それと、今度は市民生活部長の話では、パッカー車の人員を1人減らして、1人の運転手のみの収集のような話をこの前聞きました。そしたら、その運転手の労働の過労ですね……1人では、その方の面と、それから、住民のやっぱり説明不足もあるんですね。

 いきなりこの案を出されたもんで、自治会の自治会長さんたちは、「どの場所に、どがんすればよかっじゃろかい」とか、寄って話をしたところ、高齢化でゴミを持って遠くまでは行けないと。「一輪車を買うて、今から練習ばしとかないかんとじゃなかろか」と言う人もおられれば、「年とればバランスが取りにくいから、一輪車は転んでけがしたら大ごとだから、乳母車ば買わにゃんじゃろかい」と。3〜4年先の、これ、話なんでしょう。それを、もう今から心配されてるんですよ。これ、説明不足がたたってるんじゃないかと思います。説明をよくして、それからの話だったら、「どがんなったやろかい、まだそれは完全に決まっとらんとやろかい」という望みもあって、今から心配なされていないんじゃないかと思うんですけど。

 それから、これは市民部長にちょっとお尋ねしたかとですけど、パッカー車で今の現状の収集と、そのゴミステーションの収集と、どのくらいの経費の差額があるものか、それを教えてもらいたいです。よろしくお願いします。



○議長(日向義忠君) 

 市民生活部長。



◎市民生活部長(山平進君) 

 まず、ステーション方式の関係ですけど、現在、先ほど、午前中にもちょっと説明しましたけど、市内ではステーション方式と、それから個別収集が二通りあるわけですね。布津・深江地区におきましてはステーション方式ということで、民間の許可業者で、入札でしていただいております。非常に経費が安くかかっております。

 それと同時に、加津佐から有家までは、これは16年度の決算でございますが、ゴミ収集に係わる経費が1億4,000万かかっております、収集だけで。ですから、当然、これは将来的には行政改革、集中改革プランにも載せておりますけど、22年度以降は許可業者、民間業者も導入していきたいと、加津佐から有家地区をですね、そういうふうな形を考えております。

 当然、その前提といたしまして、合併協議会の中で、ゴミ袋の統一、価格統一は3年以内、それから収集方法については5年以内こういうことで確認がされております。

 ということで、私たちの考えでは、23年の4月1日からは、基本的にはゴミステーション方式に切り替えていきたいと。と同時に、先ほど言いましたように、許可業者も導入しながら、さらなる経費、コスト削減に向けて努力していきたいということで考えております。

 確かに住民への説明不足−−説明がなされなかったということですけど、今回、4月の自治会長会議にそういうふうな形で調査をお願いしておりますので。確かにその点で、住民へのその辺の周知徹底がちょっと不足したかなという感じは持っておりますけど、いずれにしろ調査をしていただいて、その後、各自治会長さんから調査が上がってきますので、そのあたりをまた細部については検討しなから、先ほど言われた、高齢化率が非常に高うございます。特に口之津町の場合は30%を超えておりますので、当然その辺を一律にはステーションをすべて満遍なく導入というのはいけない場所もあろうかと思います。その辺は、細部についてはケース・バイ・ケースで、状況を見ながら検討していきたいというふうに思います。

 それから、1人の運転手ということは、これは例えば一つの例をあげて私がちょっと説明……タウンミーティングだったと思うんですけれど。確かにステーション方式に統一されますと、今は個別収集ですから、当然、運転手が1人乗りまして、助手の方がパッカー車の援助の形でしてると思うんですけれども、ステーション方式にしますと、そこに一旦車を停車して、そこで運転手が1人でやれると、そういうふうな場合にも可能かなと。これはあくまでも民間の業者がやっておりますので、そういうことも可能かなと。それで、さらなるコスト削減につながるんじゃないかというふうな説明をしたわけです。以上です。



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 高齢化からいけば、口之津は高齢化率33%という南島原一高い高齢社会です。これ33%ですね、30%とおっしゃいましたけど。確かに高齢化率は高いです。その中で、削減をされるためのゴミステーション方式と私は捉えているんですけど、これをゴミステーション方式じゃなくて、今の現状のままで民間委託をする方法も視野に入れて考えを進めてもらわないと、ただ価格を下げるためだったら、全然、住民のこと……さっき私が言いましたように、住民サービスとか市民のサービスに努めていますっておっしゃってますけど、税金は上がる、介護保険もよその町より高い、全然、何もサービスになっていないじゃないですか。ただ、維持費を要らないようにするだけの策と考えるんですが、どうでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 市民生活部長。



◎市民生活部長(山平進君) 

 住民サービスがまず第一番目だと思いますけど、先ほど、布津・深江はある程度、全域にステーションが設置されておりますけど、有家から南有馬はですね、有家西、有家南で、これ一部にステーションが、3カ町で約300個程度設置されております。ですから、この3カ町については一部ステーション方式と。あと、未設置の地区が北有馬、口之津、加津佐ということで、そういうことで経費の削減に向けてやるということですけど、確かに個別収集が一番、住民からいった場合はサービスがいいということになろうかと思うわけですけど、これは最終的には、このゴミについては市が責任を持って収集にあたると。市民の方も、市の行政に協力するというふうな法律があるわけですよね。

 そういうことで、ある程度、市の方針がそういうふうな形で方向づけがされますと、市民の方もそれぞれ大変でしょうけど、これもコスト削減……



○議長(日向義忠君) 

 16番、私語を慎んでください。話しておるでしょう、今。(高木議員の発言あり)次、話されたら、退場してもらいます。

 はい、どうぞ。



◎市民生活部長(山平進君) 

 どこまでしゃべっとったか……ちょっと……そういうことです。



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 布津と深江はゴミステーション方式があるので、ゴミ袋の値段とか、違わなきゃおかしいと思うんです。それは違っていいと思うんですよ。向こうの方はゴミステーション方式で、こっちが50円した時分に向こうは70円とかですね。幾らか、その20円のゴミ袋を50円に上げて、今の現状で維持できないものか。

 それと、経費削減ばかりじゃなくて、市民のゴミの出し方も考えてもらって、ひざが悪いとか腰が痛いとか、高齢化で、出すのが重いのを持ち切らんとか、そういう人のことも考えて配慮してもらいたいんです。

 そこのとこはどがんでしょうか。両方はかりにかけて、ずっと進めていくような考え方ではどんなでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 市民生活部長。



◎市民生活部長(山平進君) 

 ゴミ袋の値段を布津、深江は20円ということで、こちらの方はちょっと上げてはどうだろうかというふうな意見だと思いますけど。同じ市民ですので、合併協議会の中でも、そういうふうな形で3年以内に価格面については統一する、調整するというような形で申し合わせ事項がなっております。

 そういうことで、早急に、1年以内にこういうふうな形で統一になったわけですけど、ただ、今言ったように、収集の方法が統一されてないと。これも5年以内にということですから、当然これは後の行政改革との絡みもありますので、当然、市民全体としての収集方法は統一すべきじゃないかということで、細部については、とりあえず調査の段階ですので、今年また環境対策審議会あたりを開きますので、その中で細部についていろんな意見が出るかと思います。

 皆さん方、議員さんたちが言われたようなことも重々私も分かります。高齢化ということで、なかなか一人でゴミ袋を下げてどうのこうの、それは分かります。そういうことも含めて、今後また環境対策審議会の中で検討していきたいというふうに考えております。



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 もう一つ、これで最後にしたいと思いますけど、これも市民部長にお伺いしたいんですけど、このゴミステーション方式というのは、15軒前後を対象にということをこの前聞きました。15軒のゴミ収集場所といったら、かなりのスペースが要ると思います。口之津は道路改良、かれこれちょっと、地域も狭いし道路も狭いんですね、改良あたりもまだ完全には行き届いておりません。そういう中で、溝の上へは個人のものは置いたらいかんとかいうて、個人の以外だったら、市のは置いていいのかと心配される方もいらっしゃいます。

 それで、ゴミを出しにいったり、その狭いとこに設置した所でゴミを出したり、出した後、帰る時とか、事故の心配もなされています。広いとこで、道路から入り込んでするとこがあればいいんですけど、そういう場所は口之津は物凄く少ないと思います。そういうところは、どんなでしょうか、考えられたことはありますか。



○議長(日向義忠君) 

 市民生活部長。



◎市民生活部長(山平進君) 

 確かに町単位でその辺の道路条件というのは違うと思います。拡張されてる町もあったしですね、合併前に。道路整備がうまくいってない所もあったということで、いろいろ条件がそれぞれ違うと思います。

 ですから、その辺を、自治会長さんあたりに調査を頼んでおりますので、どうしても設置できない場合はそういうふうな理由、どういうことでちょっとここには設置できませんよ、というような形で報告をしてもらうようにしておりますので、その辺を書いて出していただきたいと。

 最終的に、先ほど言ったように、細部についてはまた今後、中身については現状を把握しながら検討していくということで、大体10世帯から15世帯に1ステーションというふうな基本的な考えを持っておりますので。

 ちなみに布津、深江の場合が平均して16世帯に1個の平均で設置されておりますので、こちらの方は10世帯から15世帯ということで考えておりますけど、その辺は細部については、先ほど言いましたように、現状を把握しながら検討していきたいというふうに思います。とりあえず自治会長さんから報告を受けてからのことだというふうに考えておりますけれど。



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 その現状のままの維持も頭に入れて、できればそっちの方を強く要望したいんです。それから検討を進めていただきたいと思います。以上、これで終わります。どうもありがとうございました。



○議長(日向義忠君) 

 これで、9番、井上末喜議員の質問を終わります。

 2時35分まで休憩します。

     午後2時22分 休憩

     午後2時35分 再開



○議長(日向義忠君) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、19番、吉岡巖議員の質問を許します。19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) (登壇)

 議長のお許しを得ましたので、一般質問を3〜4点させていただきたいと思います。

 その前に、一言、市長にお願いでございますけれども、先般の総務委員会の中でもいろいろ桑原議員等からもご意見がございましたけれども、満足な答弁ということはできませんでしたけれども、しかし、一人の意見は意見として、住民の一人ひとりの意見は意見として十分、心に受け止めて、加津佐支所の建設に向かって、男子一生、脱兎のごとしという言葉がございますように、信念を持って堂々と、加津佐支所職員の願望であります望みを受け止めて実行していただきたいと思います。

 それでは、私の一般質問に入らせていただきます。

 社会福祉協議会の補助金及び市の関与についてお尋ねいたしますけれども、私が先の議会でも質問いたしておりましたが、職員の給料問題でございますけれども、これ福祉保健部長も同席の上でも、それと農業委員会の事務局長の藤田局長も同席した中で、再三、職員の給料の値上げが、理事会、評議員会にも諮られず、会長が勝手に決裁して去年の11月に値上げをし、それから4月にさかのぼって支払ったという問題で、それはおかしいんじゃないかと。株式会社であれば取締役会で協議して決議するものであって、また、理事制を敷いておるならば理事会等で協議してするものであるべきものが、理事会でも協議をされず、そのまま会長が決裁をして、職員の給料、金額にして約10万前後ということを上げて、社会福祉協議会の職員の中からも、いろんな不評を買っていたわけでございますけれども。

 その後、林田部長、藤田局長とも同席の中で、いろいろご意見を申し上げてまいりましたところ、一向に社協の改善がなされた結果が見られないということで、再度、市長に対しては、補助金を1億数千万出している以上、どのような関与をしているのか、指導を行なっているのか、その後、どのようなところを改善、指導したのかということについてお尋ねしていきたいと思っております。

 2番目に、行財政改革についてお尋ねいたしたいと思いますが、今、財政改革の中でも行政改革を行なって、行政審議委員会等も設置されてやっていかれる中で、外部から見ておりますと、コンパクトになり過ぎはしないかというような懸念もされて、何でもかんでもというように縮小、縮小、打ち切りというようなことばかりが目に入ってまいりますけれども、しかし、長期的な投資はどのようなところを計画されておるのか、また、財政難のところはどのような行財政改革でやっているのか、また足らないところはどのようにして補えばいいのか、どう考えて行財政改革に取り組んでいかれるのか。また、今現在、将来的な投資はどのような財政投資を計画しているのか、その点について詳しく説明していただきたいと思います。

 また、長期的な南島原市の発展のためには、例えば島原市等については、もうスポーツの面でいえば野球場、サッカーグラウンド、陸上競技場、テニスコート等、ある程度の設備は揃っておりますが、南島原市に対しては一向に、県体を誘致するにしても幾つかの町にまたがらなければできない。全国大会等を呼ぶにしても会場ができない、宿舎がない、ホテルがないということだらけでございますけども、やはり、よその人間を南島原市に呼んで、まちの活性化を図るためには、どのような計画を立てているのか、その点についてもお尋ねしたいと思っております。

 3番目に、水産振興についてでございますけれども、先般の一般質問の中で市長にも重ねてお願いをしておりました堂崎避難港についてでございますけれども、やはり県が玉虫色の念書を書いておりますけれども、しかし、書いた事実は事実でございますし、その点について、市としては県に対してどのような要望、取り組みをなされておるのか。現在、避難港として使用できない港ばかりでございまして、布津町、堂崎、有家町についての漁港というのは、台風時については全く使用できない状態でございます。その点については、やはり漁業振興のためにも早急な避難港の建設をお願いしておるものでございますけれども、その点について。

 それと、漁場造成についてはどのような計画を立てているのか、また、漁業者が高齢化していく中で、高齢者対策事業についてはどのような事業を計画されておるのか、その点について詳しくお尋ねしたいと思います。

 あとは自席で質問をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 吉岡巖議員のご質問にお答えをいたします。

 最初に、社会福祉協議会への補助金及び市の関与についてのお尋ねですが、南島原市社会福祉協議会は、本市からの運営費補助金のほか、寄附金や各種の福祉事業の実施による収入などにより運営をされております。議員お尋ねの補助金につきましては、平成19年度は18年度より1割削減して予算化をいたしております。

 また、社会福祉協議会への市の関与でございますが、社会福祉協議会は法人格を有した団体であり、評議員会、理事会という機関がありますので、改善すべき事項についてはこの機関で協議され、議決されているものと考えております。

 次に、行政改革を実施することによってどのように変わるかとのお尋ねでございますが、議員ご案内のように、今回の行政改革には聖域を一切設けないという方針のもと、計画期間を10年間として策定した財政健全化計画において、市が発注する建設工事については、平成22年までの4年間は普通建設事業費を30億円程度に圧縮し、毎年度の起債額と一般財源を削減するとともに、後年度の公債費を抑制することとしているところでございます。

 国、県が公共工事を大幅に削減している中、市までも建設事業を抑制するということで、地場の建設業界がさらに厳しい経営状況に置かれますことについては、私としても十分認識をいたしております。また、それが一因となって地域経済全体が疲弊してしまうのではないかと憂慮をいたしております。よって、今般の財政健全化計画においても、23年度からは建設事業費を35億円に5億円増額することとしているところでございます。

 行革は、今まさにスタートしたばかりです。今後とも、総人件費の大幅な削減をはじめ徹底して行政経費の削減に努め、可能な限り一般財源を捻出することで計画どおり建設事業費の増額を図り、少しでも地域経済の人支えができるよう努力してまいりたいと存じます。

 次に、堂崎港の避難港建設についてのお尋ねですが、新年度になり、現状で採択される新規事業の創設を注視しておりましたが、残念ながら、地元漁協から費用対効果に関する有益な基礎資料の提出がなければ事業採択申請ができない状況は、県の方向、変わってはおりません。地元漁協の資料をいろんな角度から精査してみましたが、過去数年において漁船数、組合員数及び漁獲高ともに減少し、年齢構成も高齢化しており、現状では事業採択に必要な有益な基礎資料として揃えるのができない状況にあるようでございます。

 市としましては、種苗放流事業補助金、新水産業育成事業補助金等を拠出し、資源の回復を図り、漁獲高の増収とそれに伴う後継者の育成、ひいては漁業者の増加等につなげ、費用対効果の有益な基礎資料が準備できるよう側面から支えていきたいと考えております。

 今後とも、県当局とできる限り機会を設け協議を重ね、情勢の変化等により対象となる事業が創設された場合は、新規採択に向け真摯に取り組んでまいりたいと存じております。以上でございます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 今、市長からは全般的な説明がございましたけれども、保健福祉部長に、今まで再三、部長と社協の方には意見を申しておりましたけれども、何回意見を申し入れても改善されない点がございます。

 また、職員の給料の値上げについても、林田部長が、私のところにも報告はなく値上げしておるというようなことでございますけれども、その点について、理事会があるのに理事会にも諮らずやったということについては、会長自体が決裁を勝手にやったということでございますけれども、その点については、補助金をやったから、向こうは法人だから口出しはできない、手出しはできないと。それでは補助金の投げ捨てになりはせんかと思いますけれども、その点について、林田部長、どのような対応策を考えておられるのか、どのような指導を考えておるのか。

 先般、私が伊藤会長、太田福祉協議会の局長とも話をされましたけれども、なかなか話が進展せず、3月までにはどうかするけんと。上げた給料は、一旦上げたらどうもでけんとか、理事会自体がどう考えておられるのか。その点、評議員会の中ではいろいろ私も意見を申しておりましたけれども、ただ、その中で、それはおかしいと。理事会でも、それは林田部長もお聞きのとおり、同席の評議員会、理事会一緒の中でも、意見を申されたのは松浦監査委員だけであって、ほかの人は黙って座って、ただ、何のための理事か、何のための評議員かということで私も立腹いたしました。

 このような中で、社協の運営に関して、南島原市も夕張になりはせんかという噂も流れとると、先般の市長の開会式のあいさつの中でもございましたけれども、夕張、南島原市よりも、3月の決算報告の中で、社協の、400万あまり減収されておるのは、これは何ですかと尋ねたところ、利用者が減少したためですと。なら、800万近くの補正は、あと400万近くのこれは何ですかと聞いたら、人件費ですと。収入が減少しとる中で、人件費を増額して補助を組んどると。その点でおかしいんじゃないかと意見を申し上げましたところ、一向に改善の余地もなく、上げた給料は下げられんからと。理事会で諮って上げられたなら、私もこういう問題は取り上げられませんけれども、理事会にも諮らずやられた中で、それはもう、林田部長も藤田所長も一番ご存じのはずでございますけれども、これに対してはどのような指導をされるのか、お尋ねいたします。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(林田謙一君) 

 まず初めに、ちょっと誤解があるようで、ちょっとお話をしておきますが、私があたかも知らなかったというふうなお話をしたというふうにお話しされましたが、それは昨年の、吉岡議員が一般質問をされる直前でございます。その後には、理事会、評議員会、合同会議の中で説明を受けておりますので、その辺のところのお話をしたいと思います。

 昨年、18年ですね、12月の議会で、吉岡議員がこの社協の問題の給与についてということで一般質問をされました。それを受けて、確か12月9日だと思います、役員、理事会あるいは評議員会の合同会議が社協でありまして、その時に同席されたと思うんですが、そこで説明を受けられたというふうに私は思っております。

 それから、さらに本年の2月21日にも理事会、評議員会の合同会議がありまして、内容説明がありましたので、そこで理事、役員ですね、それから評議員会が、そのことについて、職員の給与についてということも経過説明もあり、中身の説明もありましたので、了承されたというふうに認識をいたしております。

 その折に資料も渡されたので、お持ちかと思うんですが、社協の今後のそういう事業の展開についてということで、社協は主には福祉サービスの事業と介護のサービスの事業をしております。補助を出しておりますのは、福祉のサービスの事業に対して、人件費的な補助をいたしております。

 そういう中で、福祉のサービスの事業についての書面が出されておるんですが、ちょっとお読みします。

 「この福祉のサービス事業の場合には、行政と調整をして補助金の範囲で運営を行います。運営上、支障を来す場合は、規定の見直しも行い、諸手当等も視野に入れて調整を図ります」というふうな文面でのお答えがあっております。

 それから、余談ですけども、介護サービス事業については、「事業の運営、収支」−−これは事業所としての事業の運営、収支でございますが−−「を調整するのは当然でありますが、介護保険事業関係だけではなく、各種の委託事業の推進を積極的に展開をし、職員が安心して仕事ができるように精進いたします」というふうに書かれております。

 それから、最後に、取り組みについては「社協本来の地域密着型の福祉の推進に福祉、介護の各分野から業務を全うし、社協が地域住民になくてはならない存在になりますように努力をいたします」ということで、合同会議でそういうお話があり、書面を渡されてますので、了承されたと認識をいたしております。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 林田部長、本音で説明していただきましょうか。理事会で了承された、12月に。給料を上げて、それで11月から4月にさかのぼって実行されたと。12月に理事会と評議員会を開いてて、それは私が申し入れてから、理事と評議員と一緒に寄せろって、支所長も寄せろと私が申し入れて、あなたと藤田所長がされたことじゃなかですか。それで、私にも報告が……後に、これ値上げしたって、なして、あなたはきれいかことば言うとか、あったことば、なぜ言いきらんとか。藤田所長、そうでしょう。

 それで、理事会でも了承されて。実行した後に理事会に事後報告で……済む問題と済まん問題とがあるでしょうが。なぜ、あったことば、あんたも言わんとか。おかしかとじゃなかですか。私にも報告のせずにおって、こういうことばして、そしてまたその次にも、理事と評議員とあなたとも藤田所長とも相談してから、また寄っていただいたでしょうが。それでも話は進まんじゃったでしょうが。

 あなたの説明ば聞いとっとっと、私の今、意見ば言いよっとっと、テレビで見とる南島原市住民の方は、どっちが本当かって、聞いとるだけで迫力で違うぞ。うそば言う人間な、こそこそしか言わん。本当のことば言う人間は、自信ば持ってから、こうやってから言いよる。

 市長、こういうことに対してね、やっぱり職員に対しては、控え目で当たりさわらずというふうな答弁はやめさせて、現実に合ったような答弁をするような教育をせにゃいかん、職員には。

 あなたたちがそういう考えで職務ばやってるものなら、私も考えがある。これだけ財政難の南島原で生き抜くためには、何ば一番最初に手ばつけたがよかか分かっとるでしょうが。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員、社協の内部のことについては、すいませんけど、補助金の……。



◆19番(吉岡巖君) 

 教育がなっとらんけん、今ちょっと指導ばしてやいよっと。

 そして、今の状態なら、補助金の投げやりよりも、投げ捨てじゃないですか。そういう理事会にも諮らんで、理事会で承認しますて、そういううそば言うて、あんたは。12月20何日に、私があなたとも話して、藤田所長とも話した中で、また、理事、評議員に寄っていただいた中の協議じゃなかったですか。

 あなたがそげんことば言うなら、西有家であなたと藤田所長、伊藤会長、園田福祉事務所の協議会の会長、山本次長がおった中で、そんなら、会長が言うたことば言いましょうか。

 12月の……



○議長(日向義忠君) 

 すいません、19番、吉岡議員、その辺で、一応、すみません。



◆19番(吉岡巖君) 

 なら、話を変えます。



○議長(日向義忠君) 

 はい、変えてください。



◆19番(吉岡巖君) 

 12月の理事会、評議員会の中で、改善の申し入ればしたところ、伊藤会長は、こう言われたでしょうが。「本所の局長になられんじゃった人間が、私に告げ口して、議会で一般質問ばさせた」って。会長たる立場で言う言葉じゃなかでしょう。あなたも聞いとられたでしょう。藤田所長も聞いとらしたでしょう。「改善をします」と言うどころか、逆に「8町の中の7人の支所長が私に告げ口して一般質問をさせた」と、そういうことば理事会と評議員会の中で言われて、一向に改善ばしとらんと。それも了知されましたと。了知も何もされとらんじゃなかですか。あの時も話は進まず、うやむやで解散して。今後、どのような指導を部長としては取っていかれるのか。

 ちょっと待ってください。それと、合併前に北有馬でも、理事会でも諮らずに職員の給料を上げとったと。それはどのような対応をされたのか、ちょっと参考までに、北有馬支所長、よろしくお願いします。



○議長(日向義忠君) 

 北有馬総合支所長。



◎北有馬総合支所長(川島進一君) 

 突然のことなので、ちょっと戸惑ってますけども、この件については、昔のことなので、詳細に覚えておりません。

 それと、担当課が福祉課というふうなことで、私は当時、総務課長でしたので、その内容については詳しく知りません。

 ただ、少しだけ知っていることについてご報告しますと、北有馬町では、当時、社協に福祉サービスの人件費分について補助を出しておりました。その件については、当然、財政が逼迫しておりましたので、その福祉サービスの人件費分だけというふうなことで出しておったんですが、その中で、社協の職員の給与等について確認が取れない部分がありましたので、その確認が取れてから補助金は支出をするということで延ばしたというような経緯はございます。

 その間、理事会、評議会等に諮られて適正な処理をされて、その後、補助金については残りの残余分を支出をしたというふうなことは記憶に残ってますが、それ以上のことは、ちょっと記憶にありません。すみません。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 理事会において協議されずに支払われてた給料については、どのような対応をされておったのか、やり過ぎた給料については返還されたのかどうか、その点について簡単に説明をお願いいたします。



○議長(日向義忠君) 

 北有馬総合支所長。



◎北有馬総合支所長(川島進一君) 

 返還があったというふうに思ってます。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 どうもありがとうございました。ということでございますので、しかし、やはり理事制を敷いておったならば、理事会の協議というものは最重要でございますけれども、それをなされずに支払われたということは、藤田所長と林田部長、あなたたちが一番ご存じのはず。だから私は、こうやって食ってかかったわけですよ。

 だから、その点については、今後どのような対応を取られるのか、部長。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(林田謙一君) 

 先ほどの話をよく聞いていただきたいんですが、18年の12月の議会で吉岡議員が一般質問をされましたね。だから、その時点で私は知らなかった、というふうなお話をしたということですよね。それ以降、すぐに、先ほど言った、2回、合同の会議が開かれた。それは、「おいが言うたけんじゃろもん」と言われましたけども、そういうことで開かれたわけですよ。

 その中で、理事は私一人じゃありませんので、理事は10人、評議員は21人おるわけですから、その大半で了承をされたという認識をせざるを得ないと思いますけども、その全体の中でそういうふうに了承をされたということを私はお話をしただけで、私が、どうのこうのということではありません。

 ですから、まずは、吉岡議員がおっしゃるように、最初に議決機関である理事会にも諮り、評議員会にも諮るべきじゃないかと、当然のことでございます。だから、そういうことをされてなかったのは好ましくないよということではございますが、その後に、そういう経過報告、それから、どのようなことでその部分の調整をされたかというお話があったことに対して、了承されたというふうに認識をすべきであるというふうにお話をしただけでございます。

 それから、給与の体系は、ご存じのとおり、8町が合併、社協の−−私たちも同じですけども、統一が諮られてなくて、給与表にも載ってない職員さんもいらっしゃったというふうなことから、やはり同じラインで、同じ給与の設定をすべきじゃないかと。

 先ほど来言われるように、事業がうまくないと落とすべきじゃないかとか、いろんなものも出てくるんですが、同じラインにしてないと、そういう調整も図られませんので、だから、そういう意味での調整をやられたというふうに認識をしておりますし、その辺の今回のライン引きが問題であると言われるならば、その辺のところを社協自身が考えられて、先ほど市長も答弁しましたように、議決機関があるので、その辺のところでちゃんと調整すべきじゃないかというふうに思われるということです。

 それから、ちなみに19年度の今回の補助金につきましては1,000万以上の減額をしておりますので、さらに苦しい状況での社協の運営はしなければいけないというふうになろうかと思いますので、その辺は重々、中身を私たちも19年度の予算につきましても精査し、その中での減額でしたので、社協さんも大変だと思います。だから、その辺の運営の中で考えられていかれるというふうに考えておりますので、よろしくお願いをしたいというふうに思います。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 部長が今のような答弁をしていただければ、私も何も言う必要はなかったわけでございますけれども。しかし、12月の一般質問をするまでは部長が知らなかったというのは本当でございます。しかし、その中で、社協の職員が給料を値上げする時は、やはり担当部の方にも一言報告をすべきじゃないかという考えで部長はおられたわけでございますけども、それの報告もなくして11月に執行してるわけでございますので、それはおかしいと。

 先ほど、旧町の問題が、ちょっと失礼ではございましたけれども、引き出しておりますけれども、理事会で協議してないものについては事後報告を認めたとか、認められたとか、あの時は認めもしてないわけでございまして、そのような給料規定でも、局長は6等級、次長は5等級、おまけに社会福祉士の資格も持たんと。それで、次長が8年ですか、局長はまだ4〜5年しかなっとらんと。なったもんなら、2年でも局長に座ったなら、6等級ばもろてよかとかと。そういう給与規定の悪用されるような条例は、そういうことは早く改善しなさいと。そうしないといけないですよと。いい人ばかりでなくして、悪い人は自分の都合のいいように悪用すると、そういうことを申し上げておりましたけれども、一向に、その件についても改善されておらんと。

 あなたたちは、役場に入って今まで一生懸命こつこつまじめに勉強して、住民のために仕事をしてこられた。しかし、社協というところの体質は、今まで町長選挙があるたびにころころ変わってみたり、いろいろなってきておる。その中で、職員の方は一生懸命仕事をしとる。局長は、どこから来たんなというごと、ぽっと来て座って、よか給料ばもろとると。そういうことは、もう今の時代ははやらんと。しちゃいかん、させちゃいかんです。

 林田部長、あなたたちが、今、南島原が合併して1年、今から100年先のことば考えて作り上げていかにゃならん。その点については、布津町の場合は歴代の町長がしっかりしとらしたもんですから、ちゃんと社協の職員は生え抜きが育ってきたら、ずっと外部からは持ってこんような作り方をしてあった。やはり、いい所の行政というのは見習うて指導していかないかん。

 それで、理事会にも諮られずに支払われた分については、どのような対応を指導されるのか、これは問題ですよ。現に例にあげたところが返還されとると。それについては、社協がしないならば、行政が補助母体としてどのような指導をされるのか。

 私は、社協の予算は1割減額したから厳しいですよと。私は、社協の予算は減額どころか増やしてやれよと。しかし、人件費にやるようなことはするな。住民サービスに使うための是正をしろと。老人会あたりも、何でもいっしょ。あれも減った、これも減ったと。慰霊祭等にでもいっしょ。盆の15日に布津町がやっておるのは、もう80、90になった人が静かに寂しそうに、忠霊塔の前でしとらす。ああいうやつにでも、もう少し手心を加えて、もう少し本当に、「市になったら、慰霊祭も、ようしてくれらす」というごたるやり方ができるような指導をしていかねば。1割減額しましたって、部長、それじゃいかん。

 人件費にばかり食わせたけんてちゃ、何も市民のためにはならん。それについてはやはり手厳しい対応をきちんとけじめをつけて、いつまでにその結果が報告してもらえるのか、ご答弁願いたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(林田謙一君) 

 先ほどからお話ししてますように、理事会の中で私は一員です。だから、理事会の中で、そういう部分についての追及があったりすれば、またそれは別問題でしょうけど、それの資金について、要請があったり、不当なやり方、支出があったりということであれば、補助金についての返還とかそういう部分も伴うんでしょうが、適切にその中で処理されている部分で、運営をされている中では、それをどうするというふうなことは直ちにできる問題ではないというふうに思います。

 それと、社会福祉協議会の事業そのもの、先ほど言いましたように、福祉の事業の人件費そのものというふうな形で、今まで旧8町でもやってますし、事業の補助は社協の部分については、そういう補助のやり方をどこもされているというふうに思いますが、きょうも、余談ですけども、訪問介護あたりのコムスンの問題がありましたよね−−大きく、きょうは新聞等も賑わしておりますが−−そういう地域のお年寄りの介護、それからお世話、そういう部分について、一番担うのは社会福祉協議会でございます。実際は訪問介護等もやっておりますし、そういう地域のお年寄りに密着して事業の展開をやっていただきたいというふうに思いますし、そういう、私たちの行政で手の届かない事業を展開していただきたいというふうに思ってますので、その辺のところは、やはり社協も私たちも、育てていかなければいけないし、事業費の部分についての不正があれば追及しなければいけないんですが、今すぐどう、というふうな部分についての問題点をすぐに洗い出すという部分については、私は持ち合わせておりません。

 そういうふうなことで、やはり社協の事業も理解していかなければいけないし、社協の運営も、それは厳しい状況になっていきますので、自分たちが自らそういう事業の展開を考えられてるというふうに思っています。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 部長も、何か答弁に苦しいような答弁をしておられるようでございますけども、しかし、理事会に諮らずにしたということは事実でございますし、また、林田部長、藤田所長自体も、当時それはもうご存じのはずでございますし、その点については、また社協の理事でもございますし、早急に理事会の招集をかけて、やはり理事会で協議しないことに対しての実行については、一度、元に戻して、それからまた常識範囲内のやはり給料の賃上げというのも、それはなされるべきじゃないかと思いますので、その点については早急な理事会の開催をされて協議していただきたいと思います。それが結果が出次第、報告をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いしときます。この点ばかりで時間を費やしてしまいますので。

 それから、行財政改革について説明を詳しくしていただきたいと思いますけども、よろしくお願いいたします。



○議長(日向義忠君) 

 行革担当理事。



◎行革担当理事(貞方学君) 

 説明を詳しくということでございますが、議員お尋ねになったことは、大きなところ、政策的なところにつきましては市長の方から答弁したとおりでございまして、あと、個別具体的な、例えば他自治体にある運動場、公園等々がこの南島原市には、まだ整備されてないのではないかというようなことにつきましては、今、総合計画を今年度策定中でございますので、そういった中で個別具体的に協議、また民間の委員さん方、そういった審議会を作っておりますので、そういった中で協議されることであると思います。そういったところで、具体的に、また今後協議されていくということになると思っております。

 いずれにいたしましても、市長の方からは、財政健全化計画、10カ年の計画につきまして、22年度までは30億円で辛抱していくが、それから以降については5億円増額をし、その増額をした分を向こう5年、6年と頑張って確保していきたいというような答弁がなされたわけでございますので、そのような増額された中で、議員がおっしゃられたようないろいろな施設整備についても、総合計画の中で出されたようなものについて整備が図られていくものと思います。

 私の方からは、これ以上の具体的な答弁というのは立場上もできませんので、何とぞご容赦を願いたいと思います。私からは以上です。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 今、貞方理事が、何かいつもの答弁と違うて控え目な答弁でございますけれども。私がさっき演壇のところでお尋ねしたのは、投資をされておる、将来的な南島原市が活性化につながるような投資はどのような投資を考えておられるのか、それをお尋ねしてるわけでございます。



○議長(日向義忠君) 

 行革担当理事。



◎行革担当理事(貞方学君) 

 今回の行政改革で、大きな目標として考えているところは、まず、ムダな経費、それから削れるところの経費については大幅に削減をいたしますと、58億円ほど10年間で削減いたしますと。その上で、できるだけ住民サービスを落とさないように、その財源を確保するためにそれを使います、というようなことを行革の目標としておるわけでございまして、当然、その住民サービスを落とさないというような中には、いろいろな公共施設の整備も入っているものと考えております。それをどのように使うかは、先ほどご説明しましたように、行革の財政健全化計画の範疇ではなくて、やはりどのように使うかというものにつきましては、今策定中であります本市の総合計画の中で方向性を定め、やっていくものだと考えておりますので、誠に申し訳ございませんが、私の方から答弁するような内容の事柄ではないと考えております。何とぞご理解を賜りたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 今、貞方理事の答弁では、いろんな経費を削減してやっていくというだけであって、私がお尋ねしておるのは、南島原市が活性化するためには、どのような投資をやって、その後どのような結果が出てくるのか、長期計画の中で何を計画されておるのか。何でも行革で削減、削減ばかりしか答弁をいただいておりませんけれども、それでは南島原市は氷河みたいになってしまうわけでございます。

 行革の中で、この事業、あの事業、公共事業を30億円に削減したと、削減ばかりでございますが、しかし、何かをしないと、南島原市のために、「南向きに、ぬくもりのあるまちづくり」と、キャッチフレーズはすばらしいですけども、言えば日陰の、北風のビュービュー吹くごたる町になってしまいよるわけでございます。業者あたりでも、いっしょ、倒産とか破産とか夜逃げとかと、そういうことばかり起きかねないわけでございます。

 削減も結構でございますけれども、しかし、長期的な展望で、やはり町が育っていく、また地域の子供たちが育って、地元で働けるような事業も育てていかなければいけないわけでございますけど、今の状態なら職場を失うし、目の前が真っ暗になる計画ばかりでございますけれども、やはり南島原市の中で合併してよかったと。今は批判されても結構でございます、あのばかがとか、貞方かと言われても結構です。将来的に5年後、10年後、あの時、貞方理事がやはりこの計画を立ててくれてよかったと、そういうふうな計画はないのか、それをお聞きしてるわけでございます。



○議長(日向義忠君) 

 岩本副市長。



◎副市長(岩本公明君) 

 私の方から少し答弁させていただきたいと思います。

 貞方理事の方は行革担当の理事でございますので、答弁としては、まずは財政基盤を、今、将来に向かって安定して南島原市が立っていくために財政基盤を固める、そのために行革大綱を作り、それからプランを作り、それを実施に移していくというのが彼の職務でございますので、まずは将来にわたる基盤作りをしているということでご理解いただきたい。

 その行革については、今、議員おっしゃいましたとおり、なかなか明るいものではございません。人の削減であったり、サービスを場合によっては我慢していただく、そういうものも含まれてきます。そこから一般的な活力を出せということには、なかなかつながらない。

 ただ、今、行おうとしているのが、今、貞方理事の方からもお話ししましたとおり、行財政改革という基盤を固めて、そして将来の財源の見通しを立てて、そして、そこに総合計画というのを乗せていく作業を今進めているところでございます。ただ、時代が要請してますとおり、何でもできるという時代ではございません。財源も、今から増える、国から持ってくる財源も増えるということはほとんど期待は薄い状況でございます。

 そうであれば、総合計画というものを立てて、そして南島原市を将来どういう形に持っていくか、その中で重点とすべきものは何か、そして、当面5年、そして10年する中で何が重要かということを選択していく。そして、その選択していくことが、皆さんからいただく税の効率的な執行にどうやって結びついていくか。そしてさらに、おっしゃるとおり、活性化のためには何をせんばいかんか、それを市民にも今、聞いているところでございます。

 そのために、3月中に4,500人の皆さんに、約1割の皆さんに−−18歳以上ですね、アンケートもいたしました。そこでいろんなお答えが出てきております。一番してほしいのは何か、それは雇用の確保だと。この地域で生まれた人がこの地域で生活できるようにしてほしいと、それが一番大きく出てきたような気がいたします。

 そこで、ちょっと長くなりましたけれども、とにかく行財政基盤を固め、その上で、今作り上げようとしている総合計画、この中で何をしていくかということを皆さんに聞きながら、活性化のための方針を作っていく。その中で事業を選択していく、そういう作業を今しております。ぜひ、その中で議会、市民の皆さんのご意見を賜りながらしていきたいと存じますので、その点よろしくお願いいたします。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 岩本副市長の丁寧な答弁で、期待をしていきたいと思いますけれども、しかし、金はない、何をすればいいのかという中での手探り状態で行革を進めていかれるわけですから、大変難しいと思いますけれども、削減されるのにも相当の決断が要ろうかと思います。しかしその中で、削減ばかりでなくして、借金をして将来の南島原市をつくる礎となることも、また一つの手段でございますので、その点、両刀使い分けて南島原市民のために、すばらしい計画を作っていただくことをお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。あまり長くなりますので、もう、この点については……。

 強いて言えば、有家の総合グラウンドあたりも改修して、もう少し市民体育祭でもあそこで開けるような、市民が全部あそこに一堂に集って市民体育祭でもやれるような施設に改修をする計画も頭の中に入れていただければと思っておりますので、よろしくお願いしときます。

 それから、水産振興についてでございますけれども、これは農林水産部長にお尋ねしますけれども、先ほどの避難港については市長から答弁がございましたので、その点については、もう堂崎漁港とは言わずに、有家、布津を含めた地域住民のための避難港としての資料等を早急に作り上げていただいて、台風時でも安心して避難できる、そういう避難港建設に向けて努力をしていただきたいと思っております。

 それと、水産振興の中で、放流事業等も市長がやっておると言われて、それは以前からもずっと有明海栽培事業が行われているわけでございますけれども、藻場造成とか、そういういろんなものについて、漁礁の投入も行われておりますけれども、どのような19年度の計画を立てておられるか。それと、高齢者対策事業について、8町の中で、今年はどこの漁港でそのような事業を行われておるのかお尋ねしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(日向義忠君) 

 農林水産部長。



◎農林水産部長(田口敏之君) 

 水産振興につきましてお答えをいたしたいと思います。

 先ほど、堂崎港の避難港建設につきましては市長が申し上げたとおりでございます。今後とも県当局と協議を重ねていきたいと考えております。

 私の方からは、漁場造成事業について数点、お答えをいたしたいと思います。

 19年度の事業といたしまして、議員もご承知のとおり、種苗放流事業、これは有明海栽培漁業推進協議会、それと橘湾栽培漁業推進協議会、この2団体に負担金として交付をしております。

 それと、ハード事業でございますけども、今年度、本市が実施する事業名をお知らせいたしたいと思います。

 まず、地域水産物供給基盤整備事業でございますが、深江漁港の改修事業でございます。もう1カ所は、貝崎漁場の漁礁設置事業でございます。それと、これも布津町でございますけども、布津町漁港海岸保全事業、これは湯田地区でございますが、昨年度に引き続きまして実施をするという計画でございます。

 もう1事業でございますけど、漁村再生交付金事業といたしまして、南有馬漁港、下水道処理場周辺でございますが、その事業を計画いたしております。

 それともう1点、高齢者対策というお尋ねがございましたけども、物揚げ場等につきましては干満の差が非常に多うございます。その対策ですけども、荷揚げ等が容易にできるような浮き桟橋的な、これは、深江町の漁港がそういうシステムになっておりますので、そういう観点から高齢者の対策ということを考えておる次第でございます。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 19番、吉岡議員。



◆19番(吉岡巖君) 

 高齢者の対策事業は、今後は主な漁民の要望になってくるんじゃないかと思っております。現在、後継者不足と高齢化という中で、漁家低迷の中で苦しい漁家経営をやっておるわけでございますので、60歳か70歳まででも仕事ができるようなやはり漁港整備というものを考えてお願いしたいと思っております。

 もう時間も来ましたけれども、市長におかれましても、今、私が申しましたとおり、やはり職員の答弁というものは、玉虫色じゃなくして、本音できちっと物の言えるような指導をやっていただきたいと思います。

 これで私の一般質問を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。



○議長(日向義忠君) 

 これで、19番、吉岡巖議員の質問を終わります。

 本日の日程はすべて終了いたしました。

 次の本会議は6月11日定刻より開きます。

 本日はこれで散会といたします。

     午後3時33分 散会