議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 南島原市

平成22年  3月 定例会(第1回) 03月01日−04号




平成22年  3月 定例会(第1回) − 03月01日−04号







平成22年  3月 定例会(第1回)



第4日 3月1日(月曜日)

出席議員(27名)

       1番  吉田幸一郎君   16番  高木和惠君

       2番  隈部和久君    17番  松本政博君

       3番  白髭貞俊君    18番  隈部政博君

       4番  林田久富君    19番  吉岡 巖君

       5番           21番  山本芳文君

       6番  松永忠次君    22番  草柳寛衛君

       7番  小嶋光明君    23番  梶原重利君

       8番  黒岩英雄君    24番  柴田恭成君

       9番  井上末喜君    25番  宮崎義彰君

       10番  渡邉昇治君    26番  立石敏彦君

       11番  中村一三君    27番  桑原幸治君

       12番  本田龍一君    28番  渡部清親君

       13番  中村久幸君    29番  川田典秀君

       14番           30番  日向義忠君

       15番  下田利春君

欠席議員(1名)

       20番  浦田 正君

説明のため出席した者の職氏名

 市長         松島世佳君    副市長        松尾義博君

 副市長        滝田泰博君    教育長        菅 弘賢君

 総務部長       水島文昌君    企画振興部長     山口重利君

 市民生活部長     井口健士君    福祉保健部長     酒井 久君

 農林水産部長     田口敏之君    建設部長       日向勇次君

 水道部長       神島道守君    教育次長       井口敬次君

 農業委員会事務局長  金崎和幹君    監査委員事務局長   川崎洋二君

 衛生局長       末吉利之君    会計管理者      白倉信吾君

 行革推進室長     宮崎 太君    財政課長       田口敏一君

議会事務局出席者

 局長         上田雅英君

 書記         宮崎昌明君

 書記         寺山英代君

第1回定例会議事日程 第4号

 平成22年3月1日(月)午前10時開議

 日程第1 市政一般質問



月日
質問者
質問要旨
ページ


3月1日
中村久幸議員

インフルエンザワクチン予防接種費用の助成について
167



ヒブワクチン予防接種費用の助成について



小児医療費助成について



乗合タクシーの試験運行等、南島原市の公共交通について


松永忠次議員

商業振興について
181



島鉄跡地の活用について



タクシー券発行について


井上末喜議員

中学校のテニスコートの整備について
191



学生の遠征について



バス停について



市長のマニフェストについて


吉田幸一郎議員

行政関係について
196



産業振興について



教育行政について


黒岩英雄議員

水道事業総合計画について
212



     午前10時00分 開議



○議長(日向義忠君) 

 ただいまの出席議員数は25名であります。浦田正議員より欠席の届けがあっております。松本政博議員、梶原重利議員より遅刻の申し出があっております。

 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。

 日程第1、これより一般質問を行います。通告の順に従って進めてまいります。

 まず、13番、中村久幸議員の質問を許します。13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) (登壇)

 皆さん、おはようございます。公明党の中村久幸です。昨日は南米チリの大地震の影響で大変な一日でした。市当局と災害対策本部の皆様のご苦労に感謝したいと思います。

 また、漁業関係者の皆様や沿岸の皆様には特にご心配されたことと思います。避難された方々もおられたと知りました。心からお見舞い申し上げたいと思います。

 さて、市民の皆様の声をお聞きしてこの4年間、毎回質問することができました。特に、安全・安心の住みよいまちづくりを目指して、さまざまな質問、提案等をしてまいりましたが、今回が締めくくりの質問となります。

 それでは、質問に入ります。

 まず最初に、昨年の3月議会から毎回訴え続けているインフルエンザワクチン予防接種費用の助成を小・中学生まで拡充することについて質問をいたします。

 この件については、昨年の3月議会、6月議会、12月議会と訴え続けてきて、今回で4回目になります。市長は3月の答弁では、近隣市とも協議して検討していくと、6月にはどこまで実現できるか、担当部署に検討させてみたいと答弁されましたが、12月になったら、困難と言わざるを得ないと。この答弁にどうしても納得がいかないということで、再度取り上げました。細部については、担当部長に後で伺うことにいたしまして、市長の基本的なことについて伺います。長崎県下の3市6町では、既に助成をしていることはご承知のことと思います。そして、市長は、市民の生命と市民の幸福を第一義とすると信じていいと、再三、私の質問に答弁されました。他市に負けない助成をするよう職員には言っていると答弁もされましたが、市長の考えを再度お聞きしたいと思います。

 次に、ヒブワクチン予防接種費用の助成について伺います。このヒブワクチンについても9月議会から訴え続けて、国への意見書も議会で採択し、提出をされました。日本の予防接種制度は大変遅れていて、多くの子供がかわいそうにワクチンで防げる病気で死亡したり、健康を損ねております。

 特に、病気が重く、死亡や後遺症例が多いのが細菌性髄膜炎、昔の名前は脳膜炎です。これを防ぐためのワクチンが今回世界から20年遅れて一昨年12月に発売されたヒブワクチンと、欧米より約10年遅れて昨年10月に国内初承認された小児用肺炎球菌ワクチンです。この細菌性髄膜炎の発症年齢は生後3カ月から5歳ぐらいまでが多く、日本でも年間600人以上の子供がかかっているとされております。そのうち、死亡する確率が5%、脳の後遺症が約25%、そのほか、軽く済んだように見えても、将来の学力低下が一部に見られることも分かっております。

 ここに2月11日付朝日新聞の記事がございますので紹介いたしますが、山口県周南市では昨年12月、ヒブが原因で細菌性髄膜炎にかかった男児1歳9カ月が亡くなった。事前に予防ワクチンを接種していなかった。男児が発熱したのは11月23日夜、38度ほどあった。総合病院へ搬送、入院が決まって病室へ移動する最中、男児は父親の腕の中でギャーと泣き、父親は大丈夫だよと声をかけた。これが親子の最後の会話となった。その夜、男児は意識がなくなった。髄膜炎と診断され、脳死状態のまま、12月1日、母親の腕の中で息を引き取った。両親はヒブの名を聞いたことはあったが、どんな病気かは知らなかった。ワクチンが定期接種だったらと行政を責めても接種させていなかったと自分たちを責めても息子は帰らない。多くの親はまさかうちの子に限ってと思うでしょう。だからこそ、定期接種化が必要だというメッセージを息子は残した気がします。

 こういう記事ですけれども、この大切な子供たちの命を守るための、このヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの予防接種、この費用の助成を平成22年度から実施できないか、市長のお考えを再度お伺いいたします。

 3点目は、小児医療費助成についてお尋ねをいたします。

 最近は乳幼児や小児医療費助成事業については、各市町村の特色を活かした事業が展開をされております。そこで、本市の状況について、乳幼児医療費助成の対象は現在どのようになっているのか、お尋ねをいたします。また、手続の方法についてもお示しください。それと、昨年度までの通院、入院など、病院の利用数はどれぐらいと把握をされているのか、お聞きしたいと思います。

 他の自治体ではゼロ歳から9歳までとか、ゼロ歳から12歳までとか、医療費の無料化をしている所が増えております。本市においても、年齢を引き上げた場合での試算を行い、対象年齢の引き上げを検討し、子供を産み育てやすいまちづくりを目指すべきと思いますが、市長の見解をお伺いいたします。

 最後に、乗合タクシーの試験運行など、南島原市の公共交通について伺います。

 昨年10月1日から3カ月間の試験運行を実施された乗合タクシーにおけるそれぞれの地域での試験運行の結果、そして、その後実施されたアンケートの集計結果と、そこから伝わる市民の思いをどう受け止めておられるのか、これまでの結果を踏まえて本市の公共交通をどうしていかれるお考えかとの質問を通告しておりました。しかし、この件は同僚議員の質問と重複をいたしますが、答弁が用意されておれば再度お聞かせ願いたいと思います。

 以上、壇上での質問を終え、あとは自席にて質問をいたします。ありがとうございました。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 中村久幸議員のご質問にお答をいたします。

 最初に、インフルエンザワクチンの予防接種に対する助成についてのお尋ねですが、議員ご承知のとおり、市の予算編成につきましては、それぞれの担当部局が財政部局に対して事業実施に必要な予算を要求し、協議を行いますが、最終的にはその状況を市長である私が判断をし、予算案を決定しているところでございますので、どうぞご理解をいただきたいと存じます。

 もちろん、命を守る予算など、真に必要な事業には当然最優先に予算を確保しなければならないと考えております。

 ご承知のとおり、新型インフルエンザワクチンの予防接種に対する助成費用につきましては最優先の事業と判断し、昨年11月の臨時議会で補正予算をお願いをし、議決をいただいているところでございます。

 なお、今議会に提出しております平成22年度当初予算につきましては、骨格予算としておりますので、独自の助成事業など政策的な経費については必要最小限のものを計上いたしております。

 次に、他市に負けない住みよいまちづくりについて私の見解をとのお尋ねですが、本市の多くの若い人たちが「働ける場があるからふるさとに残れる」「子供も何人かは育てられそうだから結婚を考えよう」「南島原市に住んでよかった」と言ってくれるのが私の願いでございます。

 本市にとって多くの若者が働ける雇用の場の確保が最重要課題であるとの思いは、市民の皆様も私も全く同じであろうと存じます。

 ご承知のとおり、今年度、日本トータルテレマーケティング株式会社において新設予定のコールセンターの誘致が実現したところですが、今後もこのような地理的な制約を受けにくいテレマーケティング業やインターネット関連業等を集中的に企業訪問をし、その誘致に全力を注いでまいりたいと存じます。

 また、企業誘致とともに、地元企業の育成支援も積極的に行なっており、21年度の主な支援事業といたしましては、サンエスファームのシイタケ菌床栽培工場が完成をし、今後、60名の新たな雇用が計画されております。

 住みよいまちとは、子育てしやすいということもあると思いますし、できる限りその環境整備への努力も必要であると存じますが、子育て世代の若者を含めて市民の営みに必要なものは、やはりまず生活の糧ではないかと考えております。そのためのさまざまな事業の取り組みや支援については、積極的に行いたいと考えております。

 これからも皆さんのお力添えをお願いをすると存じますが、今後ともよろしくお願いを申し上げます。

 次に、ヒブワクチン予防接種の助成について、来年度当初予算に計上されているのかとのお尋ねですが、このことにつきましては、先ほども申し上げましたとおり、来年度予算が骨格予算であるため、現在は計上いたしておりませんが、選挙後の予算で措置することといたしております。

 次に、小児用肺炎球菌ワクチンの接種についても補助の対象とするようにとのご要望ですが、このワクチンについては昨年10月に認可され、この春発売される予定と聞いておりますが、その接種費用に対する助成については、国や県の動向、近隣市の対応などを考慮して、今後検討してまいりたいと存じます。

 次に、小児医療費の助成について、本市でも支給対象年齢の引き上げを検討するようにとの要望ですが、桑原議員にもお答えをしたとおり、乳幼児医療費の対象年齢の拡大につきましては、長崎県では助成対象が小学校就学前の児童とされておりますので、本市においてもそれに沿って実施しているところでございます。

 また、対象年齢の取り扱いにつきましては、長崎県福祉医療制度検討協議会の専門部会で協議をされており、各市町とも松浦市を除いては現状を維持するとの意見であり、本市も同様でございます。助成対象の年齢枠を拡大するには、相応の予算が必要であり、今のところ、現行の年齢枠を維持したいと考えております。

 次に、市の公共交通に関し、乗合タクシーの実証運行のそれぞれの地域での結果についてのお尋ねですが、このことにつきましては、隈部和久議員へもお答えしたとおり、3カ月間における利用者数は全体で延べ1,032人でございます。

 地域ごとに申し上げますと、定時、定ルートで実施された加津佐町が520人で、有家町は144人、予約制で実施された地域については、口之津町が40人、南有馬町が16人、北有馬町が133人、西有家町179人、布津町では利用なしという状況でございます。

 次に、アンケート結果についてのお尋ねですが、これまでもお答えをしておりますとおり、現在、「地域公共交通活性化・再生協議会」において集計・分析が進められているところでございます。

 次に、この結果を踏まえて、今後、市の公共交通をどうしていくのかとのお尋ねですが、まずは利用実績やアンケートの集計・分析結果、そして「地域公共交通活性化・再生協議会」での今後の方向性等に関する協議に基づき、乗合タクシーの本格運行への移行について十分検討してまいりたいと存じますが、地域公共交通総合連携計画の基本理念である、便利に利用でき、持続可能な公共交通体系を目指してまいりたいと考えております。

 なお、残余の質問については、担当部長より答弁をさせていただきます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(酒井久君) 

 中村久幸議員のご質問にお答いたします。

 乳幼児福祉医療費の対象者、それから手続の方法、こういったことについてのお尋ねがございました。

 まず、乳幼児福祉医療制度は、子供の医療費に係る経済的不安を軽減することといたしまして、少子化対策を図る目的として県、それから市町が一体となって取り組んでおります。

 よって、実施主体は市でございますけれども、その財源につきましては、県の要綱に基づき補助金が支給されますことから、本市におきましては、県の要綱にのっとって乳幼児福祉医療費の対象者を小学校就学前の児童としております。

 次に、手続につきましては、出生届の際や対象児童の転入届の際に関係書類を提出していただき、受給者証の交付手続を行うことにしております。

 また、医療費助成の手続についてでございますが、対象児童が医療機関で受診した場合に、一旦医療費を支払っていただき、受診した日の翌月以降に申請書に領収書を添えまして、市役所の窓口や郵送で支給申請をしていただきますと、助成額が口座に振り込まれるということになります。

 それから、昨年、病院の利用数はということでのご質問でございましたけれども、福祉医療として申請があった件数ということでお答えをさせていただきます。昨年までの通院、入院等で乳幼児医療費助成の利用件数ということでお答えをいたしますが、平成20年度の実績で受給者数2,596人中、入院が679件、通院が1万3,210件、合計1万3,889件が助成件数となっております。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 ほかにないみたいですけれども。

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 再質問をさせていただきます。

 市長の答弁ではインフルエンザワクチンについてでありますけれども、この件について通告しておりましたとおりですけれども、この福祉保健部長にお尋ねいたしますけれども、私が昨年の3月議会から質問をしているわけですけれども、とにかく小学生以上の助成も考えていただきたいという質問を3月からいたしましたけれども、この件について、予算化を財政部局に本当に必死になって要望をされたのか、その点をお尋ねしたいと思いますが。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(酒井久君) 

 担当部局、福祉保健部から財政の部局のほうに要求をしたのかということでございますが、結論から申し上げますと、平成22年度当初予算でこの要求時点では要求をしておりません。

 その理由でございますけれども、これまでにも中村議員への答弁等で、市長のほうからもお答えがあっていると思いますけれども、乳幼児のインフルエンザの予防接種というのが、市独自の任意の予防接種となっております。

 それから、近隣市におきましても、中学生までとか小学生まで拡大した助成措置というのを実施されておりません。

 それから、我々としましては、新たに、例えば今回であればヒブワクチンとかそういうふうなワクチンにしましても、福祉保健事業にいたしましても、そういうほかの優先すべき事例との比較検討というふうなこともいたしまして、平成22年度の当初予算では要求をしなかったということでございます。

 従来どおり、季節性のインフルエンザ予防接種は、小学校就学前までの乳幼児に対して、半額の助成ということで要求をしております。

 それから、拡大した場合の必要額ということでも、最初のご質問の中にあったかと思いますけれども、小学生まで拡大した場合に、およそ990万円、それから中学校まで拡大いたしますとおよそ1,270万円、このくらいが必要額としては新たに発生するのではないかというふうに担当としては試算をしております。以上です。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 一度も予算要求されていないということですね。今まで一度もですか。その22年度というのは、今回の予算要求をしていないということですか。21年度の補正とか、その3月議会で質問した時点での財政当局にどうなのかという問い合わせもされていないということですか。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(酒井久君) 

 予算要求としてはしていないということです。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 なぜされなかったのか、今言われましたけれども、私は市民の代表として、必死の一般質問をしているわけでございます。あまりにも軽く考えておられるのじゃないですかね。やはり、一応、こういう質問があって、何とかならないかという質問をしているわけですので、財政的にどうしてもないか、市長にもこういう要望があったことに関して、何とか子供たちの命を守るための予算だということで、何とかなりませんかというような、そういう話を持っていくということはできなかったんですかね。どうですか。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(酒井久君) 

 財政部局あたりとは、そういう協議はいたしました。

 ただ、先ほど言いましたように、全体的な施策全般、こういうものを考えたときに、担当としては、そういう考えも、必要ではないかという考えもご説明はしたところなんですけれども、やはり先ほど言ったような状況、理由等で、やはりそれ以上突っ込んでのお願いができなかったということが現状でございます。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 やはり、この担当部局の福祉保健部の方が子供たちの命を考えてくれなければ、どこが考えてやれるのかと思いますし、それでは、財政部局のほうにも相談はされたということですので、財政課長にお尋ねをいたしますけれども、このワクチン助成費用、これ相談があったときに、先ほど990万と言われましたけれども、このワクチン費用の助成を考えた場合、とにかく、ただそれだけの本当に金額が捻出できないのか。いろんな事業をされてますけれども、三百何十億という予算の中から、ほかのすべての事業が最優先されて、本当に大切な子供の命を守る予算に回す予算が、本当に捻出できないのか、財政部局のほうでですね。その点をお尋ねしたいと思いますが、どうですか。



○議長(日向義忠君) 

 財政課長。



◎財政課長(田口敏一君) 

 今、福祉保健部長のほうから財政当局と協議・相談をしたということの答弁がありましたけれども、財政課としましては、基本的には相談・協議の後に補正なり当初の予算要求というものが原課から上がってきた段階で、その必要性、緊急性、それからその目的など、いろいろなことを財政課でまず査定をするということでございまして、この季節性のインフルエンザのみを財源がないからとかいうような取り扱いはしておりません。

 全事業、当初予算、補正予算を含めまして、全事業を一件一件、先ほど言いましたように、内容、目的等を審査した上で、部長、副市長、市長に上げていくということでございますので、季節性インフルエンザだけをもって、予算を、財源がないというようなことをしていないということでご理解いただきたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 ということは、結局、ワクチン接種費用の助成も財政でしたいけれどもということは、結局、担当部局の要請が、そういう予算化のちゃんとした要請がなければ審査できないし、予算化できないということなんですね。

 ということは、審議はされたけれども、予算要求はされていないということですよ。私も当初、実は財政部局にもお聞きしたんですよ、本当にこの予算がないのかと。そしたら、いや、私たちから、それに使ってくださいというわけにはいかないと、担当部局から予算の要求がなければ、そういう予算はつけられないんだと。ですから、結局、担当の福祉保健部のほうから予算要求はされていないということなんですよ。あまりにも軽視じゃないですか。どうなんですか。予算要求をちゃんとされて、それでするとちゃんと審議をされていただけるんですから、予算要求をしていただきたいと思いますがどうですか。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(酒井久君) 

 予算要求をしなかったということについては、そういう財政課長のほうからもありましたように、協議をお願いしましたけれども、最終的には担当部局である福祉保健部のほうで当初予算に計上をしなかったと、そういう判断をしたということでございます。

 これについて、とにかく相談だけではなくて、計上して要求をして、そこで本当に必要な予算であるということを所管部局として、もっともっと強く訴えるべきではないかというご指摘、ご質問でございますけれども、これにつきましては、先ほど理由の中でも申しましたように、乳幼児に対するインフルエンザの予防接種というのが、これはちょっと若干考え方が高齢者とは違ってまいります。先ほどちょっと触れましたけれども、任意の予防接種ということで、そういうことで、予防接種そのものが大体予防接種法という法律で位置づけられているのは、もう議員もご承知のとおりだと思います。そういう中にインフルエンザというのも入っておるんですけれども、このインフルエンザというのが、予防接種法では高齢者インフルがその対象になっておりまして、乳幼児インフルエンザについてはその法律で定められた予防接種ではございません。これはあくまでも個人の判断で、ワクチンの有効性であるとか、危険性というようなことも含めて、そういう考え方になっておるんだろうと思うんですけれども、あくまでもこれは個人の判断で任意で受けてくださいという性格のものでございまして、そういうことから、高齢者インフルについては、国あたりから補助金−−補助金といいますか、これは交付税措置になるんですけれども、そういうことで財源措置があるわけですが、乳幼児のインフルについては、全く市単独での助成ということになっているというふうなこと。それから、先ほど言いましたように、確かに議員ご指摘のとおり、県内では3市6町だったと思いますが、小学生まで、あるいは中学生まで広げた助成というのがされているところもございます。

 しかし、近隣市においては、それも小学校就学前までというふうな状況もございまして、本市としては、担当としては、最終的には当初予算に要求をしなかったということでございます。

 このあたりについては、これまでにも再三、市長からも答弁があっておりますけれども、近隣市とやはり協議を続けながら、ご指摘の要求をして、市の子育て支援策の一つとしてぜひ取り組んでほしいというご要望にどういった形でこたえていただけるか、近隣市ともよく話し合って進めてまいりたいと、担当としてはそういうふうに考えております。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 近隣市、近隣市と言われますけれども、近隣市はどこですか。雲仙市と島原市だけが近隣市ですか。県下でも3市6町も現にもう前からやっているわけですから、できないことはないと思いますし、先ほど言われたこの予防接種法に言われていると言われましたけれども、実際、1962年と書いてありますけれども、このころから、インフルエンザは、すべての学童・生徒を対象に集団接種がされておったわけですけれども、高齢者が一番やっぱりこのインフルエンザに対しての、特に65歳以上の高齢者とか、今、乳幼児、妊婦とか、特別な疾患を持った方が危険だと、やはり死亡する危険性が数倍から数百倍にも増加するということを言われているとおり、高齢者が一番対象には、インフルエンザで亡くなる方が多いというのも高齢者でありますので、そうだと思いますけれども、この高齢者などのハイリスク群には脅威ですけれども、だれがインフルエンザウイルスの感染を受けやすいかということを考えると別の問題になると。感染経験の少ない学童、生徒が最もインフルエンザにかかりやすく、彼らが集団生活をする学校がウイルスの主な増幅場所であり、したがってインフルエンザは学童・生徒によって、学校から社会や家庭へと広がっていくと、こういう考えがあります。大体、これが今、私たちも考えてもそうだとは思いませんか。

 ですから、子供たちは、やはりこの学校の生徒がやっぱりかかって家庭に持っていって、高齢者に移して、高齢者がかかって死亡するという、そういう経緯がもう今は全体的に知られていると思うんですよ。皆さんもご承知だと思うんですね。ですから、やはり小・中学生のインフルエンザをなくすことによって、高齢者全体もなくすことができるというようになるわけですから、そういうことでありますので。

 しかし、今の答弁を聞いておりましても、市長、市長は、この3月からの、6月の答弁でも言われたように、検討させるし、担当部署に検討させてみたいと言われましたけれども、その結果はお聞きになっていないんですか。検討した上で予算要求もされていないというわけですけれども、その点はどうでしょうか、市長はご存じなかったんですか。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 協議をしたり、あるいはいろいろ検討したことは事実知っております。予算要求は上がってきていないとも知っています。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 では、市長のお考えとしても、今の予算の中から、このワクチン助成の予算ももう捻出、財政部局のほうでは捻出すればその部分は実はできるだけぐらいの予算はあるんだということですけれども、市長自身がそれはしなくていいというような、そういう判断をされたということですか。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 これから検討させてみますから、諸々、いろんな問題がいろんなふうにございます。それで、共産党の桑原さんもおっしゃったけれども、たったこのくらいだからできるじゃないかとおっしゃる。しかし、全部の施策というものを、本当に総合的に判断しながら、そしてまた、市の実情、そしてこれから将来、諸々考えながら、総合的に市職員も一生懸命やっています。そういう意味合いにおいて、私、今おっしゃるようなことも、これから含めて全力でいろんな意味で検討してまいりたいと思いますので、どうぞご理解をいただきたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 私が先ほど壇上で言ったように、市長は私に再三、信じていただいて結構ですと。私の再三の質問に答えられましたので、そう信じておりますけれども、そしたら、これは私が、3年前に市長にお尋ねして、それからずっと信じてこようと思ってきた質問ですので、もう一度、3年前と同じ質問を市長にさせていただきたいと思います。

 市長は、この南島原市にとって何が一番大切なものと、この一番大切なものは何だと思われますかと、3年前したと思いますが、そのお答えをもう一度お願いします。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 私が常に念頭にあるのが、3年前にどうお答えしたかちょっと記憶していませんが、市民一人ひとりの幸せの追求だと、福祉の向上、まさに本当に安心して暮らせる、そういう市を作っていきたいと、こういうのが私の思いでございます。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 そのときに、躊躇はされましたけれども、市民の生命、それで市民の命を守るのと、市民の幸福を第一に考えていくと言われました。私は、市長の根幹にその思いがあるのであれば南島原市はよくなるし、また、こういう私たちが要求しているインフルエンザ、やっぱり子供たちの生命を守るという、そのことに関しては、何よりもまた最優先をされて取り組まれると信じて、再度質問をさせていただいているわけです。

 ですから、やはり本当に市長の根幹にそういう市民の幸福、市民の生命を守るということを第一に考えておられるのであれば、よくこの子供たちを守ることによって、また家庭のお年寄りも守ることになるということになりますので、どうかぜひこの件につきまして、何とか次の−−今回は骨格予算ということで、次に新規とかそういう予算は考えられるということですので、ぜひそのときに検討していただいて、予算化をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いしておきます。

 どうですか、市長、それでは今私が言いましたように、市長の根幹にその守るということがあれば、考えていただけると思いますけれども、どうでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 私どもが今南島原市でやっている事務事業というのは、一千二百有余ございます。その中で、それぞれの政策をどういう形で地域住民の幸せ実現のために具現化していくかというあれがございますので、ただ1点だけとらえて、これを最優先だから、これをこうだというふうな答でなくて、みんな本当に大事なことだと思うし、また根底には、中村先生のおっしゃるように、私もそれぞれの地域、そしてまた、少子高齢化になっております。子供たちを大事にしなきゃいけない、そしてどうやったらその子供たちがすくすくと育ち、またたくさんの子供を産める環境を作れるかと、諸々施策において、そっちのほうにもシフトを十分留意しながら考えてやっていかなきゃいけないと、そういう思いは十分ございますので、どうぞ、そういう意味において、今後ともどうぞご協力、ご理解をいただきたいと、こう思います。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 市長の根幹に、市民の幸福を第一に考えるという根幹があれば、必ずこれも実現していただけると思いますので、よろしくお願いします。これぐらいにしておきます。

 次に、ヒブワクチンについてですけれども、ヒブワクチンは先ほど言われたように、次の予算化に考えているということでありましたけれども、もう一度、福祉保健部長のほうからちょっとお聞きしたいと思いますけれども、これは一応、予算化をされる予定になっているということですね。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(酒井久君) 

 先ほど市長のご答弁にもありましたように、これにつきましては、当初予算に計上しております。

 先ほどの答弁にありましたように、骨格予算であるということで、今回の新年度の予算には計上されておりませんけれども、肉づけ予算として、6月補正でお願いすることになると思います。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 ありがとうございます。

 ただ、この小児用肺炎球菌ワクチンというのは、今回、市長の答弁ではちょっと検討をするということでありますけれども、これはご存じだと思いますけれども、3種混合ワクチンともこのヒブワクチンとも小児用肺炎球菌ワクチンも、同時接種できるという画期的なワクチンでありますので、ですから一緒にできるということもありますので、ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチン、これは一緒にはできないんでしょうかね。一緒に予算化できますか。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(酒井久君) 

 議員ご指摘のとおり、事業の目的とか効果、それから接種の時期とか回数、これはヒブとほとんど変わりませんので、議員がおっしゃることはよく分かるんですけれども、何分、このワクチン自体が小児用肺炎球菌ワクチンというのが、市長の答弁にもありましたように昨年の10月に承認をされたばかりということで、我々のほうに参っている情報もごくわずかということでございます。ワクチンの販売もまだではないかというふうに思っております。

 そういうことで、今年度の当初予算ではなかなかこの事業を具体的に上げるということはできませんでした。

 担当としましては、国・県の動向、それから製薬会社、製造の間に合うといいますか、十分に供給できる体制がとれるか、そういったところもよく情報収集いたしまして、今後検討してまいりたいというふうに考えております。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 分かりました。

 私もまだ発売されているかどうかというのも、ちょっと確認はできておりませんので、そこはあれですけれども、どっちみち今年の後半には受けられるような感じにしたいということもありまして、できれば一緒にしていただければと思ったんですが、実際、この髄膜炎のほうの原因としてが、このヒブによるのが55%であって、この肺炎球菌によっての原因が19.5%でしたか、これを合わせて大体髄膜炎の中の75%の原因がこの二つによって起こるのがもう確認されておりますので、この両方は同時にされるのが一番効き目があるということでありますので、ぜひ、もう少し検討をされた上でですけれども、発売された後にはぜひ一緒にできるような体制をとっていただきたいと思います。

 それともう一つ福祉保健部長にお尋ねしますが、昨年の6月議会でヒブワクチンのことをまだ知らないお母さん方がおられると思いますのでと、受けられるようになったこと、また一つの命を守るための手段がここにあるぞという情報を配信していただきたいと言っておりましたけれども、この点については、周知の方法を何かされましたか。



○議長(日向義忠君) 

 福祉保健部長。



◎福祉保健部長(酒井久君) 

 ヒブワクチンを受けられるようになったことについて、ちょっと私もこの場では確たる記憶がございませんけれども、今回、新年度、22年度で予算がつきまして、実施できるということになりましたら、それについては当然市民のほうにも周知をしたいと。その方法としては、対象者が限られますので、小さい子供さんということになりますから、その乳幼児の健診の時期とか、市のホームページとか、広報紙はもちろんでございますけれども、そういう母子保健事業、福祉事業、こういった場で、周知を図っていきたいと、そういうふうな考えでおります。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 ぜひ、周知のほう、よろしくお願いいたします。

 そしたら、次の小児医療費ですけれども、これは桑原議員さんが言われたときの答弁もありましたので、私も重複するなと思いながら質問したわけですけれども、やはりこれも昨日も福祉保健部長が発表されておりましたように、多くの自治体がされているということを発表されましたように、今どんどん各自治体が取り組んでいる事業でもありますので、この少子化対策に取り組んでいる本市にとっても、子育て支援についての取り組みというのは、全体、今のワクチンの件に関してもですけれども、やはり、子育てしやすい取り組みというのは、若い子育て中のご夫婦はもちろんですけれども、これからのご夫婦にとってもやはり魅力的な南島原として若い人たちに定住をしていただくとか、また他市からの移住も考えてもらえるというような、未来を見据えた事業だと思いますので、積極的に取り組んでいただきたいと思いますし、先ほど市長が言われたように、本当に今回のコールセンターの誘致、また菌床シイタケもそうですけれども、多くの雇用、何百人もの雇用を、これが期待されておりますけれども、果たして、ただ仕事には来るけれども、定住を決めるのは仕事だけじゃなく、やはり住みやすいか、また暮らしやすいのかということであると思います。

 ですから、雇用にしても、島原市や雲仙市に住んで、仕事に来るようになるのではないかと、そういう心配はないですか、市長。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 全くそういう心配はしておりません。むしろ、積極的に、南島原市に、もちろん南島原市の皆さん方にお勤めいただきたいと、これが私の一番の願いですけれども、近隣の市町村からも私は島原半島全体の浮揚のために、私は一向に構わないと、こういうふうに思います。ただ、条件その他がいろいろ変わってまいりますけれども。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 一向に構わないというのはどうかと思いますけれども、私はやはり、南島原市に若い人たちがやはり定住して、若い人たちが残っていただく。そういう雇用の場もそうですけれども、農業後継者にしろ、やはり今の地場産業の後継者育成から考えても、やっぱり若い人たちが南島原市に残ると、残っていただくということをやっぱり念頭に置いた事業というのは大事だと思うんですが、その点もお考えではないですか。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 一番最初申し上げたでしょう。南島原市住民が勤めるのがベストだと。しかし、島原半島全体浮揚、拒否するという手だては全くないと思います。私はそういう考え持っておりません。そういう意味で、それは雲仙からだって、島原からだってお勤めになっても私はいいと、こういうふうに思っております。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 もちろん、拒否するんじゃなくてですけれども、ただ、やっぱり地元に若い人が住みやすいまちをつくっていただきたいということでありますので、この件もまた後で聞きますけれども。

 それでは、時間もありませんので最後に一つ、乗合タクシーの件で担当部長にお尋ねしたいんですけれども、エリアごとのタクシー会社へ委託をされたと思うんですけれども、今回の委託料や費用がどれだけかかったのか、旧町ごとに分かれば教えていただきたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 旧町ごとには把握をしておりませんけれども、定時・定ルート、デマンド、それぞれの合計が、定時・定ルートは約400万ぐらいですね。デマンドは20万強というぐらいの額でございます。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 この金額は、8町総額で、3カ月間の総額がこれだけということですか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 今言いましたのは、10月から12月までの3カ月間の分でございます。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 これを各タクシー会社、全部タクシー会社だったのでしょうか。タクシー会社へこれだけ支払われたと判断してよろしいですか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 はい。運行はタクシー会社に委託をしておりますので、運行の委託経費ということですね。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 そのタクシー会社は、各町ごとに全部のタクシー会社、何社ぐらいのタクシー会社だったでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 確かな記憶はございませんけれども、9社ぐらいあったと思います。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 私の予想よりも安かったという気はします。タクシー券等から見たときにどうかという気持ちがありましたので、お尋ねしたんですが、そういうことであれば、ただ、私、これは提案と考えていただいても結構ですけれども、タクシー会社に委託をして、また前日までに予約を入れておくと、こういう方法でするのであれば、各停留所を決めるというではなく、やはりお年寄りの方が停留所までやっぱり行けないという声が大分多かったんですね。ですから、こういうタクシー会社に委託して、前日までの予約をとるのであれば、ある程度、戸口から戸口までというような運行が考えられないのか。そのような運行になると、かなりの利用者数が増えていくと思うんですけれども、その辺、検討、どうなんでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 基本的には、公共交通というようなことですので、門口までというようなことは考えておりません。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 ほかの自治体でやっているデマンド交通というのを、私ももう大分前に調べたときには、そこの方法は戸口から戸口というやり方のデマンド交通というのを結構やっている自治体が多いんですよね。そうすると、9人乗りぐらいのやつだとほとんど家のほうまで迎えに行けるということもあって、何軒かの方が予約をされていると、それをずっと何軒かを連れて回って、5人なら5人揃った時点で車を出して、乗せてどこどこまで、目的地の所まで連れていくというような、そういう予約制のデマンド交通をやっている自治体があったものですから、そこら辺は考えられないんでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 この公共交通再生協議会の部分には、交通空白地帯というようなことを検討してまいりましたけれども、おっしゃるような理由の方は、空白地帯に走らせていない地区でもございます。そうすると、そういった方法は、現国道沿いとか、そこら辺で251関係は島鉄バスが走っていますし、そういった部分の沿線の方々については、当然そういったことはもうされないわけですね。遠い人はバス停まで来ていただく、鉄道の場合は当然駅まで来ていただくと。議員がおっしゃるような方々の部分については、また公共交通という部分じゃないところでの協議というのは考えられるかもしれませんけれども、公共交通といたしますと、どうしても一定の停留所を決めて運行させていただくということで考えております。



○議長(日向義忠君) 

 13番、中村議員。



◆13番(中村久幸君) 

 そうですね。公共交通として考えた場合はそういうことです。私は、タクシー券がどうしてもできないというような話であれば、そういうデマンド交通方式があれば、タクシー券じゃなくても、お年寄りが利用できるなということで、提案をしたいと思ったんですけれども、そういうことであれば、タクシー券についてもやはり何とか捻出を考えていただきたいと私も要望したいと思います。これはもう、これまで同僚議員が皆さん要求をされているとおり、もう答弁は分かっていますので、答弁は要りません。要望をしておきたいと思います。

 この4年間、私のさまざまな質問に対して、誠実、また丁寧に答弁をしていただきました理事者の方々に感謝申し上げて、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(日向義忠君) 

 これで、13番、中村久幸議員の質問を終わります。

 ここで11時10分まで休憩します。

     午前10時59分 休憩

     午前11時10分 再開



○議長(日向義忠君) 

 休憩を解き再開いたします。

 次に、6番、松永忠次議員の質問を許します。6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) (登壇)

 皆さん、おはようございます。6番、松永忠次です。

 今定例会は、任期満了に伴う最後の一般質問であります。今回で私は16回目の質疑回数であるわけでありますが、4年前、南島原市を住みよい南島原市にしようと思い、あなたの声を市政へという理念のもと、市政に対し真摯に携わってきたわけであります。市当局への多数の難題な質問事項もありましたが、部局等に対しまして多大なご協力と助言をいただいたことを、この場を借りて厚くお礼申し上げます。

 本題に入ろうと思いましたが、今回で私の市議のいすも分かりません。ですので、過去の質問等を幾つか取り上げた64項目も重複しておりますが、かいま見たいと思っております。

 一つ、加津佐町の小学校トイレ等の修復等について、また日野江城破壊、不法投棄の問題等について、またエコパーク論所原の指定管理者契約等の問題について、また加津佐町庁舎移転・改築問題等の諸々の問題について、堂崎出張所廃止問題等について、また暫定世界遺産問題等について、市長のマニフェストでの福祉タクシー券等の問題等について、幼稚園、保育園等の民営化問題について、いろいろ多数ありましたが、そんな中で島原半島の生活の交通網等であります100年の歴史を持つ島原鉄道南線の廃止は我々が議会議員として、また地域発展を阻害する判断を下した我々議会、首長ではなかったでしょうか。

 先祖歴代の人々の、また子や孫たちに地域発展のための交通形態を止めたこの責任は、重大な過失であったと私は思います。我が議会議員及び首長の一生の汚点ではなかったであろうかと、私は今でも悔やまれてなりません。

 そんな地域でありながらも、今回、唯一の明るい話題があります。それは、先般長崎県知事選がありました。我が南島原出身の、我がふるさと、地元有家の中村法道氏の新知事誕生であります。

 長崎県発展のため、いや、島原半島発展のため、ご尽力なされるものと大いに期待したい一人でもあります。

 それでは、一般質問に入ります。今回は3項目について質問をいたします。

 商業振興についてであります。「ありえ蔵めぐり」であります。この事業は、旧有家商工会を前身に、県の魅力創出事業で実施された事業だと思っておりますが、今年度3カ年で補助金等の事業が打ち切られると思いますが、市はどのような対応を考えておられるのか、お伺いしたいと思います。

 次に、島鉄跡地の活用についてであります。島鉄跡地の活用検討委員会の答申は3月だと聞いておりますが、どのような答申が出されているのか、お伺いしたいと思います。

 次に、タクシー券発行についてでありますが、先ほどから中村議員のほうからも質問がありましたので重複しますが、地域公共交通活性化・再生協議会の3カ月間の実施であったが、現状と今後の対応はどうなるのか、お伺いしたいと思います。

 以上、壇上からの質問を終わり、あとは自席にて再質問をしたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 松永忠次議員のご質問にお答いたします。

 最初に、有家地区で行われる蔵めぐりについてのお尋ねですが、この蔵めぐりにつきましては、県の補助制度である二十一世紀まちづくり推進総合補助金を活用して、平成19年度から21年度までの3カ年、有家地区の蔵を中心として周遊できるまちづくりをテーマに、有家「蔵めぐり」魅力創出事業として、県とともに支援しておりますが、今年度が最終年度となっております。

 この補助事業は単なるイベント開催に対する支援ではなく、将来的に持続可能なまちづくりの観点での支援とされております。

 この地区は、古くから南目第一の町、庄屋の町として栄え、酒蔵、みそ・しょうゆ蔵、素麺蔵などの産業遺産と、温泉神社、専念寺、キリシタン遺構などの歴史遺産を拠点として位置づけ、地元商工業者と市民ボランティアガイドによるおもてなしのまちづくり体制を構築することで、散策、回遊できるまちづくりを推進することを目的とした事業となっております。

 お尋ねの今後の対応についてですが、この3年間、本市の新たな観光の魅力を発信して、県外、市外からの観光客に喜んでいただいておりますので、これらを踏まえ、どのように支援できるか、検討してまいりたいと存じます。

 次に、島原鉄道の跡地に関して、島原鉄道跡地等活用検討委員会の答申についてのお尋ねですが、このことにつきましては、先日もお答えをしたとおり、現在まだ協議・検討を進めていただいている途中でございます。

 委員の皆様からは、リサイクルロードやウオーキングロード、バス専用道路、高規格道路の用地、またヒマワリや桜の植栽、老人会や子供会の菜園として利用するなど、さまざまな意見が提案されております。

 次回以降、費用対効果も含めて検討いただき、本年度中には検討委員会としての意見を報告をしていただく予定でございますので、そのご意見を尊重しながら、市としての方向性を検討していきたいと考えております。

 次に、タクシー券の発行についてのお尋ねですが、議員ご承知のとおり、地域公共交通活性化・再生協議会においては、今年度、交通空白地区における移動手段の確保という観点から、乗合タクシーの実証実験を実施し、その後、市民アンケート調査に取り組んでいただいているところでございます。

 市といたしましては、まず、これらの結果を踏まえ、乗合タクシーの本格運行について検討してまいりたいと考えております。以上でございます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 まず最初に、後のタクシーからいきましょうかね。下のほうから、3番の質問からいきます。

 先ほどから中村久幸議員のほうからも再三質問があったんですが、この中で、再確認ですが、予算を400万と、あと20万という答弁がありましたが、再確認ですが、もう一つちょっと、9社のタクシー会社に対しての400万ですか、それともデマンド式20万がありますが、ちょっとこの辺、もう一度、ちょっとご説明願いたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 予算ではございません。実績ということですね。実績で先ほど述べました数字が全7地区、7町分のすべての部分でございます。約400万と20万と申し上げたところです。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 また再度確認ですが、使用者数というか、ご利用者数、ちょっと教えていただけないでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 利用者数は先ほど市長が答弁をいたしましたけれども、全体で1,032人ということですね。地区ごとは、定時ルートの加津佐町が520人でございます。同じく定時ルートの有家町が144人です。それから、予約制、デマンド制ですけれども、口之津町が40人、南有馬町16人、北有馬町133人、西有家町が179名、布津町が利用者なしと。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 ということは、今の420万円から利用者数を引けば、1人頭4,069円かかるんですね、大体。

 これ、多いか少ないかは市民の判断と思いますが。私は、この再生協議会の中で、先ほどからおっしゃったように、雨の日は、今日も、雨の日はその場所に行かんばいかん。バス停に行かんばいかん。そういう利用方法と、弱者対策というか福祉ですね、過去3年ぐらい高齢者タクシーをお願いしたいという多数の議員のほうから、市当局にお願いがあったと思います。

 市長自らもここに、お年寄りに優しい、暮らせる福祉タクシーチケットや民間活用のいわゆるコミュニティバス、これを交通対策にあげておられますが、タクシー券をやるということは、民家から民家に移動するのが、私は弱者に対しての活性化したやり方じゃないかと私は思っております。

 先般、市長は、タクシー券はばらまき対策だという答弁がなされましたが、あれはどういう意味でしょうか。ちょっと、もう一遍お聞きしたいんですが。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 断定的にそういうふうにしているわけじゃないんです。結局、行政サービスというですかね、公共サービス、弱者対策、そういうものをどこまでどういうふうに本当に行政目的に達するために行政サービスをどこまで提供できるかというのが、そういう意味合いにおいて、果たしてそうやってばらまくことがそうなのかなと、私はちょっと違うような気がすると、そういう表現で私は申し上げたつもりでおります。



○議長(日向義忠君) 

 松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 で、ようございました。というのは、現に南島原は、旧町3町はタクシー券を配っていた。現に今でも75歳以上の方には、500円つづり券を20枚を現に今でも配っておられるんですよ、他の市は。そして、雲仙市のほうも、70歳から年60枚を料金の3割以内の補助金を対象に配布されているんです。

 ということは、島原半島は一つだと市長は常々おっしゃっておられますね。雲仙市も島原市も配布をしておいて、現に実施されているんです。その中で、南島原市はないというのは、常日ごろ市長さんがおっしゃっておる島原半島は一つだ、サービスも一つだ、就職あっせんもどこから来ても一緒だというような、そういうお気持ちであられるならば、市長、ここで一発、おお、この次は出すぞ、そういう答弁を求めたいと思いますが、どうお考えでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 その辺を含めた上でこの実証実験をスタートしたんではなかったかと、こういうふうに思っております。

 おっしゃる意図、意味は分かりますけれども、よくよく検討、実証実験の結果を踏まえた上で最終的には判断をしてまいりたいと、こういうふうに思っております。



○議長(日向義忠君) 

 松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 ということは、この前よりちょっと前を向いた答弁に聞こえるんですが、ともかく、我々も残り少ない任期ですよ、市長交えてですね。そういう中で、市民に明るい材料……。このマニフェストというのは、契約書なんですよ。契約書。選挙のための契約書じゃないんですよ。実施するための契約書と私は思うんですが。

 その中でもう一つお聞きしたいんですが、私は、今回のこのタクシー券は、もう先ほどから何遍も言うように、皆さん、7〜8名の方がずっと言っておられましたよ。市長自らも言っておられました。

 この500円券で1,000円、2,000円走れるんですよ。そういうことを考えれば、もう実施するのが当たり前じゃないかと、そこまで現実的にいっているじゃないかと私は思いますが。

 次にいきます。島鉄跡地の活用についてであります。

 ちょっと聞きます。これも、先ほどからの答弁が、3月までに答申が出るとおっしゃっていますが、もう3月1日ですよ。これはどういう、今、進んでおるんですか。答はみんな一緒と思いますが、ちょっとその辺を前向きにちょっと答弁をお願いしたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 前向きといいましても、あと2回、検討委員会が予定をされておりますので、今はまだ市長が答弁をしましたとおり、いろんな部分を整理して、次の委員会でそれなりの方向性を出してもらって、そして最終的にはまた3月末ぐらいにも答申を出すというような状況でございます。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 私たちは何のためにこの質問の項目を事前に出すのか。この答弁は、質問は答弁にならんばいかんとですよ。あと2回する。我々はこの次の17日で議会は終わるんですよ。あとは全協とかあると思いますが、何のための通告なんですか、これは。我々は。あやふやの答弁で、ああ、そうですかと言えますか、我々が。

 5万4,000人の代表で我々はこの席にお世話になっているんですよ。分かりますか。我々は何のために通告するんですか、こういう項目を。既得権か、早う、あと2回せーにゃんねって、前倒しして答弁していいんじゃないんですか。あと2回しますのでと。前向きじゃないですよ、この市は。思いませんか。何のために通告ですか、我々は。こういう質問をしますよ、どうなりますかって言っているんだから。どう思われますか、部長。市長、どっちでもいいです。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 それは議会の質問は、一般質問で通告をされる、当然権利がございましょうけれども、私たちは、その質問された内容を調査研究をしなければならない部分であれば、当然、調査研究をしますし、委員会とかそういった部分につきましては、委員会は委員会としての日程もございますので、前倒しできるということであれば、当然それはする場合もありましょうけれども、それをしていなかったからといって、前向きでないということには私はならないと思いますけれども。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 ということは、次回からは前向きに、もう事前にできるものはできるようにお願いしたいと思っております。お願いします。

 もう何度も、この島鉄跡地の問題は答が出ませんので、次いきたいと思います。

 長崎県、二十一、蔵めぐりですね。このまちづくりの推進補助金等についてでありますが、蔵めぐりは、これは5年前から行われていると思いますが、市当局としてはお客さんというか、そういう集客数をご存じですか。ちょっとお聞きしたいんですが。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 私の段階で集客数の確認は承知をしておりません。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 ちなみに、私が調べております。言います。これは、21年度、今年ですね。これ、蔵めぐり、年3回あります。5月、10月、2月、年3回やっているんです、大体実施がですね。その中で、今年は1万4,000人です、2日間で。1から5の蔵まで合わせて、同じ人がスタンプラリーのときに回られるんですね。その中で、1万4,000人の集客力がありました。

 この予算をお聞きしたいんですが、予算、お幾らですか、ちょっとお聞きしたいんですが。市の予算、県の予算、個人負担、事業者ですね、ちょっとお聞きしたいです。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 全体の事業費が200万、県の補助が100万、市の補助が50万と、それから実施団体が50万というようなことでございます。



○議長(日向義忠君) 

 松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 ということは、県が2分の1、市が4分の1、五つの事業所から4分の1ということで、個人が50万、市が50万、県が100万という理解してようございますか。ちょっとお願いします。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 はい、そのとおりです。



○議長(日向義忠君) 

 松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 ということは、費用対効果等も含めて、売り上げはどのくらい上がっていると思いますか。市は50万出しているんだから、あくまで補助事業として出している、その中で把握されていると思いますが、ちょっと分かればお知らせ願いたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 売り上げの数字につきましては承知をしておりません。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 分かりました。大体、2日間で600万近くいっていると思います。費用対効果が、売り上げがですね。大体、何円まで出ていないんですが、500〜600万の売り上げは上がっているというお話でありました。

 ということは、この地域において、それだけ活性化事業をやっているんですよ。また、出店店数は分かりますか、五つの蔵の出店店数。ちょっとお伺いしたいんですが。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 大きくは五つの蔵ですので、五つの蔵以外については、何店かというのは、私は承知をしておりません。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 ということは、全然把握していないということですね。予算、極端に言えば、このありえ蔵保存会の皆さんが実施しているんですが、補助金をやればそれでいいのかなと。ちょっとその辺が。観光交流まちづくり推進事業の一環なんですね、これは。県のほうには、申請はせんでいいんですかね、ちょっとこれお聞きしたいんですが。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 当然補助事業ですから、私は承知をしておりませんけれども、小さい所まではですね。担当といたしましては、補助申請の段階で精査をしますし、そして、当然、精算の実績を受けた後は、その整理をきちっとすると。当然、県にもしなければなりません。そういう状況ですので、たまたま私が承知をしていないから、市としてきちっとしたことをしていないかというとそうではございませんので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 たまたまそこに資料がないというだけですね。はい、分かりました。

 そして、今から、今後の見通しはということで、私は思うんですが、今年度内で、3カ年で一応この事業は切れると思うんですが、市当局はどうお考えでしょうか。対応するという、どういう対応の仕方をなされるのか、ちょっとお聞きしたいんですが。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 県の補助事業の部分につきましては、ちょうど3年間と、二十一世紀まちづくり推進総合補助金というのが3年間で終了ということでございますので、それと連携した市の補助金というのが、今回も一緒になって終了するわけですけれども、今後は基本的には市長が答弁しましたように、イベントといいましても、単にイベントだけということでしたら、なかなか難しい面もあろうかと思いますけれども、いろんな地域の活性化、それからやはり産業の振興とか、そういった部分も含んでおりますので、これはもう市長が今後十分検討をしたいという答弁をしましたけれども、私たちといたしましても、そういった方向で何かできないのかと。何かできるといいましても、ソフト的な部分は当然できるわけですけれども、PRをしたりとか、そういったPRの方法もホームページ等云々でするとか、ポスター、チラシの配布とか、そういった部分はご協力はできますけれども、あと、金額的な補助の部分について具体的に、そこまでは今後、それはもう十分検討をさせていただきたいと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 市長は常々、観光の振興、地域の振興とか諸々あげておりますので、この辺は十二分に検討していただき、そしてまた、この県の事業以外もほかの、この県の活用法があると思いますが、その辺はお調べになっておられますか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 その辺は、建設部長がおりますけれども、建設部の中での部分もございましょうし、また私たちといたしましても、これは観光の部分でのあれですけれども、ほかの部分がないのか、県の分がないのか、そこら辺は十分研究をさせてもらいたいと思います。あと、建設部長が少し答弁をすると思いますので。



○議長(日向義忠君) 

 建設部長。



◎建設部長(日向勇次君) 

 蔵めぐりの事業のことではございませんが、その地区ということで、県の事業で美しいまちづくり事業というのがございます。

 それで、蔵を中心とした地域でございますが、温泉神社から下りまして、壱之蔵から四之蔵付近、五の蔵は入っておりませんが、その一帯が美しいまちづくり事業の中で重点支援地区ということで、平成21年度からでございますが、まちづくり推進協議会というのを地元で作っていただきまして、住民協定といいますか、そういう自分たちの取り決めを決めていただいたということでございます。

 そうしますと、どういうふうになるかといいますと、そのまちの景観、修景といいますけれども、例えば屋根のこととか、あるいは塀とか、そういう部分を含めまして、そういう住民協定を結んだ中であれば、そういう事業に対しまして補助があるということでございます。

 その補助については、県の補助でございますが、県と市と地元と3者協働でそういう景観事業に取り組むと。この事業を平成22年度より予定をしております。現在、補助金の中身について、要綱を策定をしている最中ではございますが、できれば平成22年度から取り組んでいきたいと、こういうふうに考えております。

 それで、この事業でございますが、総枠といたしまして、県からの補助が受けられますのは7年間。7年間で総額5,000万というふうな、現在、枠がございます。この事業を使いまして、この地区につきましては、修景事業を住民の方と一緒になってやっていきたいと、こういうふうに考えております。



○議長(日向義忠君) 

 松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 ありがとうございます。

 ということは、これを検討して、今、四之蔵ありますね、四つの蔵ですね。これを実施する予定ですか、ちょっと今もう申請してあるんですか、ちょっとお聞きしたいんですが。



○議長(日向義忠君) 

 建設部長。



◎建設部長(日向勇次君) 

 この事業につきましては、先ほど言いました壱之蔵から四之蔵、あるいはその上のほうの温泉神社付近までにつきましては、県のほうに申請をしております。その中で、予定でございますが、平成22年度からそういう事業に取り組んでいきたいということで考えております。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 ということは、それと今の蔵を合体させた事業はできると、活用していいんですか。これはこれで別というあれじゃないと思いますが、ちょっとお聞きしたい。



○議長(日向義忠君) 

 建設部長。



◎建設部長(日向勇次君) 

 なぜ、この地区が重点地区になったかといいますと、先ほど議員おっしゃるように、以前から蔵を中心としたまちづくりが行われていたと、旧有家町時代からそういうイベントもなされて、そういう取り組みがなされていたと。そして、現在でもその地区といいますと、市内でもまれな昔からのそういう蔵を中心とした、まだまち並みが残っていると、そういう観点からこの地区が選ばれたわけでございます。

 それで、建設部のほうですが、あくまでも修景事業ということですので、景観事業ということですので、イベントとタイアップするというふうな事業ではございません。私どものほうはあくまでも修景事業だということで、その中で、蔵めぐり、現在行われておりますイベントに対しての補助があるかというと、それはございません。



○議長(日向義忠君) 

 松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 分かりました。

 これはあくまでも産業振興じゃなくて、環境の問題ですね。ということは、それに合算して、市の独自の制度というのはできますか。市長、どうお考えでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 市の制度ができないかということですか。両方一緒にして。(発言する者あり)それはちょっと制度的にはどうなんだろう。ちょっと、部長のほうから答弁できますか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 制度として、当然いろんな制度は市独自でいろんなものを作ろうと思えば作れると思いますけれども、具体的に、この部分をイベント部分について、絡めて補助ができるような制度とおっしゃるんだろうと思いますけれども、その部分は、先ほど言いましたように、そこら辺も含めて検討させていただきたいということでございます。



○議長(日向義忠君) 

 6番、松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 先ほどから私、制度と言いましたけれども、制度じゃなくて、仕組みと思ってください。仕組み。

 蔵を守る、活性化をする、南島原全体の商業の拠点として、私が言っているのは、何でかというと、この五つの蔵には、全部で口之津のお店屋さんとか、深江からとか、あらゆる所から、14ですか、マッサージ師屋さんとか、いろんな方々が蔵のほうに賛同されているんですよ。五つの蔵に配分されているんですよ。だから、これを検討するじゃなくて、活用法をぜひやってもらいたいと思います。

 それともう一つ、一番思うのは、このイベント的な問題で、市のほうとしては、今50万、この蔵に補助をやっておられますが、今、1万4,000人のあれを効果として、大体50万を割ったら、44円ぐらいの1人頭の費用対効果でお客さんが来るという試算になるんですが、ちょっと昨日も原城のマラソンがあったんですが、これは全然違う、これは市の健康増進と一つの祭ですから、一緒にはされないと思いますが、ちょっとこれもお聞きしたいんですが、昨日実施された原城マラソンの参加数と経費部分をちょっと教えていただきたいと思いますが、ちょっとようございますか。



○議長(日向義忠君) 

 教育次長。



◎教育次長(井口敬次君) 

 昨日の第20回の原城マラソン大会につきましては、1,486名の方が参加をされております。

 なお、第20回大会の今まだ決算が出ておりませんので、予算額でございますけれども、総額で727万5,000円でございます。

 ちなみにまた、19年度の決算を申し上げたいと思います。19年度の決算につきましては、総額で555万4,074円でございます。当初、このうち、充てます財源といたしまして、500万円の市からの補助をいただくことになっておりましたけれども、最終的には決算の段階で残高が出ましたので、お戻しをいたしまして、最終的には336万2,110円を補助金としていただいております。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 松永議員。



◆6番(松永忠次君) 

 大体これを比較して、ひねくれ者の松永がと言われるかもしれませんけれども、金は金ですよ。ちょっと費用対効果を今計算したんですが、大体1,486名ですね。1人頭2,261円の健康増進事業となると思いますが、私はだから、産業の活性化、このイベントが悪いと言いませんよ、いいことなんですが、比較するなと言うかもしれませんが、これは一つの補助金だから、我々議員としては、せんばいかんと思う。産業的な活性化、健康増進という全然違う部門かもしれないけれども、ともかく、市長、この辺も見直して、全体的な活性化、そういうものも見ていただきたい。

 イベントはイベントで結構と思います。でも、あらゆる問題に対してまだこの南島原は山積が多いと思いますよ。

 そういうことを交えれば、イベントは今からはもう各町じゃなくして、一つずつとするとか、もう一つにまとめてやるとか、二つにするとか、そういう方向性で大体削減をしていただきたいと思うし、また農業振興もしていただきたいと思うし、とにかく今から、とにかくまだ不景気になります、今から。そういうことを交えれば、この蔵めぐりでも、予算をくれと言っているじゃない。ただ、そういう市の姿勢を、頑張れよというようなアドバイス的、予算的措置をしていただきたいと願って今回の一般質問を終わりたいと思います。

 どうもお世話になりました。



○議長(日向義忠君) 

 これで、6番、松永忠次議員の質問を終わります。

 ここで、1時30分まで休憩します。

     午前11時53分 休憩

     午後1時30分 再開



○議長(日向義忠君) 

 休憩前を解き再開いたします。

 次に、9番、井上末喜議員の質問を許します。9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) (登壇)

 議長のお許しをいただきましたので、ただいまから、9番、井上の一般質問を始めさせていただきたいと思います。

 市議になって4年間、最後の一般質問でございます。もう、1回首を縦に振ってもらえれば、長々としません。なるべく早く終わりたいと思っておりますので、どうかいい答弁をよろしくお願いいたします。

 1点目、口之津中学校のテニスコート整備について。

 「部活で使うテニスコートの乾きが悪く、1回雨が降ると3〜4日ぐらい乾かないので、早く乾くよう整備してくださるように教育委員会に頼んでください」と頼まれたので、教育委員会の若い人に雨が降ると3〜4日も乾かないそうだから、何とかしてくださいと言ったら、「日が当たらんけん、乾かんとでしょう」で終わりました。

 日は当たらなくても、排水工事がよくできていれば、曇りの日でも乾くんじゃなかろうかと思っております。

 それではあまりにもテニス部の生徒がかわいそうです。雨が降って3日も4日も練習ができない、これでは上達もしないし、やる気も起きないのではないでしょうか。

 いいコートがあるんだから、排水工事をし、水はけをよくして、部活で体力を作り、勉学に励んでいただきたいと考えておりますが、教育長のお考えをお聞かせください。

 2点目、小学生、中学生の遠征について。

 長崎県大会などで、小学生や中学生が九州大会や全国大会の切符を手にした選手への援助はしているのか、いないのか、お聞かせください。

 もし、援助をしているのなら、九州大会で幾らか、また全国大会で幾らか、監督、コーチも援助があるのか、お聞かせください。

 3点目、バス停について。

 たびたびの一般質問で大変申しわけございませんが、久木山バス停の上り側線は壁つきで大変いいのができました。お礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

 あと、下り線側と口加高校前バス停の完成とベンチの設置を切にお願いいたします。

 部活で疲れているため、コンクリートに直に座ってバス待ちをしている光景を見かけることがちょくちょくあります。いすがあれば少しでも疲れをいやすことができるのではないでしょうか。

 また、サンピア前のバス停にも屋根つきでベンチを置いてもらいたいという市民の声があります。屋根つきでないと雨でぬれたり、霜でぬれていて、腰かけられないという交通弱者の声が私の耳もとに入りました。どうか、よろしくお願いいたします。

 4点目、市長は3年10カ月前にマニフェストを掲げられましたが、何%実現できたのか、お知らせください。

 それから、もう少し日にちがございますが、どうしてもやり遂げたいことも、ついでにお聞かせくださいますよう、重ねてお願いいたします。

 壇上での質問はこれで終わりますが、あとは自席にて再質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 井上末喜議員のご質問にお答をいたします。

 最初に、バス停における学生の登下校時の対策についてのお尋ねですが、バス停の上屋につきましては、議員ご承知のとおり、島原鉄道南線の廃止後、設置が可能なバス停を対象に、順次整備を進めているところでございます。

 今年度は、県においてバスベイの整備が済んだバス停を中心に、移設・建てかえ等も含めて8カ所を整備をいたしております。今後も、設置が可能な場所については計画的に整備を進めたいと考えておりますが、設置に関しては法的な規制などもございますので、そのことについてご理解をいただきたいと存じます。

 次に、私のローカルマニフェストについて、その何%が達成できたのかとのお尋ねですが、先日もお答をいたしましたが、実施可能なものは早急に着手するとともに、市の総合計画に取り込み、その進捗管理といたしまして毎年度、点検をしているところでございます。

 現時点での達成度合いにつきましては、おおよそ9割程度は実行中でございます。

 私からの答弁は以上でございます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 教育長。



◎教育長(菅弘賢君) (登壇)

 井上末喜議員のご質問にお答を申し上げます。

 口之津中学校テニスコートの整備についてのお尋ねでございますが、今年度の文教委員会の学校訪問の折に要望がなされておりましたので、所管課において現場を確認し、施設整備計画の一つに位置づけました。

 しかしながら、議員ご承知のとおり、市内学校は老朽化している施設が多く、緊急を要する改修等が毎年多数発生をいたしますので、現在のところ、当該テニスコートの整備ができ上がっておりません。

 今後、関係各課と協議を進めてまいりますので、いましばらくのご猶予をいただきますようお願いを申し上げます。

 次に、全国大会と九州大会の場合の遠征時にはどれくらいの補助があるのかというご質問にお答え申し上げます。

 まず、中学生の部活動につきましては、南島原市中体連に係る県・九州・全国大会出場補助金交付要綱により、補助金を交付いたしております。

 補助金の対象となる経費は、選手、監督、コーチ及びマネジャーが、大会参加に要する経費のうち、交通宿泊費、道具輸送に要する経費、弁当代、参加料、その他市長が必要と認める経費でございます。

 補助額は、10分の10を限度として、予算の範囲内で市長が定める額となっております。

 次に、小・中学生の社会体育活動についてご説明を申し上げます。

 社会体育につきましては、南島原市小・中学生スポーツ大会出場補助金交付要綱により、九州大会、全国大会に出場する個人及び団体に対して補助金を交付いたしております。

 なお、県大会でありましても、離島で開催がなされる場合には、補助金の対象といたしております。補助金の対象となる経費は、交通費、宿泊費、食事代でございます。

 補助額は、必要経費の2分の1以内で、市長が定める額となっていますが、一つの大会当たり100万円を限度といたしております。

 以上で答弁を終わらせていただきます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 口之津のテニスコートですね、今、説明を聞いてよく分かったんですが、なるべく早目に整備をしていただいて、十分な部活動ができるようにお願いしたいと思います。

 やっぱり3日から4日乾燥しないというのはあまりにも長過ぎて、普通だったら、雨がやんだらもうすぐにでもできるようなグラウンドもありますし、なるべく乾きのよくなるような施工法でひとつよろしくお願いしておきます。

 それから次ですが、遠征費ですね、九州とか、長崎県大会、離島なんかであるので、2分の1の補助で十分だと思うんですが、全国大会の補助のほうがよく分からなかったもので、もう一回、次長でもいいのでよろしくお願いします。



○議長(日向義忠君) 

 教育次長。



◎教育次長(井口敬次君) 

 先ほど教育長から答弁をいたしましたように、小・中学生の社会体育で行く分につきましては、先ほど申し上げましたように、全国大会であっても、九州大会であっても、2分の1以内でございます。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 全国大会で2分の1というのは、かなりの選手に負担がかかると思うんですが、このところは、3分の2とか、旧口之津町時代には、九州大会が2分の1、全国大会が3分の2だったと思っているんですが、そのくらい出して補助をしてもらうと、大変行きやすいんですね。それで、小学生の場合は特に親も一緒についていくものですから、経費がかさんでしまって、選手ばかりじゃございませんので、やっぱりその付き添い人が小学生の場合は要るんですね。都会に初めて行ったら、方角も分からんし、団体であったら、監督、コーチだけじゃ目が行き届かないで、駅なんかで人込みしている時なんかは、反対側に歩いていく子もいるもので、その点の配慮はできないものでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 教育次長。



◎教育次長(井口敬次君) 

 議員がおっしゃることは十分に分かるわけでございますけれども、やはり私たちもこの補助金交付要綱に定めまして、やはり一定の補助率を設けざるを得ないと、もうその2分の1というのがやはり最大限だと私は思っております。

 なお、その小・中学生が社会体育で参加する場合におきましても、監督さん、コーチの方の費用につきましても補助の対象にしているところでございます。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 全国大会に行く時なんかは、去年だったですか、加津佐の子供さんたちが、加津佐の拳心館という道場の子供さんたちが全国大会に長崎県代表でいらっしゃったときに、カレーライスとかいろんなものを売って旅費の足しにして行っておられます。

 今回もまた、そんなふうにして何か売って、全国大会かどこかに行かれるんじゃないでしょうか。それは私よく知らないんですが、やっぱり品物、物品を売って、旅費の足しにしていらっしゃいます。

 子供たちが全国大会に長崎県代表で行くということは名誉なことですので、そこのところ、2分の1をもう少し上げてもらうとかしてもらいたいんですが、市長、どんなでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 スポーツ振興関係の補助に類するんじゃなかろうかと思いますが、いま一度、ちょっと検討させてください。



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 検討してもらって結構ですが、顔がほころびるような回答をよろしくお願いいたします。

 次ですけれども、バス停ですね。

 バス停は、口之津のその口加高校前と久木山バス停は歩道が主みたいなんですね。そしたら、振興局のほうと相談してもらってしてもらえば、早期にできるんじゃないかと思っております。

 それから、サンピアの前は、これはゆうべもちょっと聞いたんですが、交通弱者の人が利用されるんですね。買い物に来たり何かしてですね。この人たちが、いすがぬれているから座れずに立って待っとらすとは、見兼ねて、かわいそうですので、ぜひ屋根つきでベンチがぬれないようなものをしてもらいということだったんですが、そこのところはやっぱり年寄りが主なものですから、交通弱者ですね、至急にしてもらいたいんですが、どんなでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 諸々の要件が該当するところは、ほとんど最大限短期間のうちに終了してきたと思っております。

 ただ、いろんな部分で市長が答弁にございましたけれども、法的な問題、歩道の幅の問題、詳しいことは、あと建設部長に答弁をお願いしたいと思いますけれども、根本は用地の問題ですね。それから、歩道に関する上屋をはめた時のそういった法的な規制の問題、それはベンチを置くことも含めてですけれども。そういった部分の中で、ちょっと、要望箇所について遅れているところがありますけれども、できるだけ私たちは早急に改善を図っていきたいという気持ちでおります。



○議長(日向義忠君) 

 建設部長。



◎建設部長(日向勇次君) 

 歩道におけるベンチの問題でございますが、法的なことを申しますと、道路法の中で道路構造令というのがあるわけでございますけれども、その中で、人が歩く幅は75センチ取りなさいということが定められておるわけでございます。それをやりますと、1メートル50と。そうすれば、1メートル50歩道があればいいじゃないかということになりますが、歩道には道路標識を立てるスペースも確保されるようになっておりますので、それが50センチということで、2メーター。2メーターが歩道幅ということになりますので、その2メーターの後ろにベンチを置く分は差し支えないと、そういうことになっております。



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 久木山バス停は歩道は多分3メートルぐらいあると思うんで、広い場所ができる所からしていっていただいて、サンピアの前がいくらか狭いかなとは思うんですが、反対側のほうはちょっと敷地があると思います。サンピアの対面のほうですね。こういう所から順次していってもらって、いすはあるけれども、露とか雨とかでぬれていて座れないとか、そういった苦情がないように、できれば屋根つきで、片屋根で歩道が十分使われるような仕方でいいと思うんですけれども、そこのところをちょっとできるだけ急いでもらってしてもらいたいと思います。

 企画部長さんのそのように、一生懸命してくださっているのはよく分かるんですが、やっぱりバス停のいすを待ち切らんやったり、口加高校前のバス停には、この間も見たんですが、10人ぐらい待っているという中で、6人は舗装の上に直に座って、もう暗い中に待っているんですよ。そうすると、舗装の上は冷たくもあるだろうし、それでもなおかつ座っているということは、部活で疲れ切って座って待っているんだと思っております。だから、そっちのほうもできるだけ早くよろしくお願いしておきます。

 答弁をもう一回お願いします。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 県との関係もございまして、県もいろんな部分の中で、バスベイ、歩道の整備、一生懸命していただいております。そして、そういったバスベイができた後にうちの上屋ということになりますので、市としても全力で努力をしたいと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 9番、井上議員。



◆9番(井上末喜君) 

 冒頭にも申し上げましたとおり、4年間させてもらっとって最後の一般質問ですので、部長さんともやんこら言う気もないし、市長にも言う気はございません。

 これで終わらせていただきます。どうもありがとうございました。あとはよろしく早目にお願いします。



○議長(日向義忠君) 

 これで、9番、井上末喜議員の質問を終わります。

 次に、1番、吉田幸一郎議員の質問を許します。1番、吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) (登壇)

 1番、吉田です。まず、質問に入る前に通告書の行政関係についての欄の指名業者の何がしとある文章の「指名」が名前の「氏名」になっており、指名するの「指名」に訂正をお願いいたします。

 また、産業振興関係の欄では、漁業振興、観光振興、バイオマスタウンとの順序で質問いたします。

 市政一般質問も本日で3日目となり、類似した質問もありますが、私なりの視点で質問したいと考えていますので、ご理解いただき、市長、理事者の皆様には明解で分かりやすい答弁をお願いします。

 行政関係で質問します。

 平成18年に南島原市は誕生いたしました。しかしながら、新市に先送りされた課題も多く、まず行政改革大綱を策定し、集中改革プランに取り組まれ、機構改革や行財政改革に取り組まれております。

 分庁方式に始まり、現在では西有家、有家、南有馬の各庁舎に部署を集約し、本庁の機能充実と強化をされ、現在の市政を執行されています。

 しかしながら、そのほかの五つの町の支所では職員の人員が削減され、地域の市民は町が衰退するのではないかという不安と、行政サービス、住民サービスに対する不満をよくお聞きいたしました。

 本市では均衡ある発展を掲げ、8町が対等合併いたしました。市民の懸案事項に対する解決策の施策を行われてきたと思いますが、現在まで市政を執行されてこられて、市長はどのような感想をお持ちか、お聞かせください。

 また、今後の均衡ある発展に関する計画や事業があればお聞かせください。

 産業振興関係について質問します。

 本市では行財政改革に積極的に取り組まれています。私も行財政改革は大義であり、必要であると考えています。

 しかしながら、行財政改革だけでは、本市の発展はないと考えております。行財政改革と地域振興の二つは、同時進行で取り組まなければなりません。地域振興策には、物産振興、観光振興、企業誘致とありますが、まず物産振興の一つである漁業振興関係で質問します。

 漁業振興につきましては、種苗放流などの漁場環境回復事業や新世紀水産育成事業や漁港整備など、重点施策として積極的に取り組んでいただきありがとうございます。

 また、赤潮対策の早急な対応や、3分の2の助成、そして本年度から環境生態系保全活動に対する補助など、新しい施策にも取り組んでいただきありがとうございます。

 しかしながら、現在、漁業を取り巻く環境は漁獲量の低下や価格の低迷、それに伴う後継者不足など、大変厳しい状態にあります。

 今後の漁業振興についての課題と今後の対策をどのように考えておられるのか、市長のご所見をお聞かせください。

 観光振興も地域振興には重要です。本市は島原半島世界ジオパーク認定や、世界遺産登録候補への取り組み、また南島原市ひまわり観光協会の設立に取り組まれ、さまざまな振興策に取り組んでおられますが、現状と今後の取り組みをお聞かせください。

 バイオマスタウン構想については、今後の計画と現状の課題を通告しておりましたが、浦田議員の一般質問での答弁と同じであれば割愛していただいて結構です。

 バイオマスタウン構想につきましては、産業振興や地域活性化、環境対策などに関して再質問したいと考えていますので、よろしくお願いいたします。

 次に、教育行政について質問いたします。もう皆さんもテレビや新聞などにより、ご存じであると思いますが、現在、安価で芝生化ができるようになり、校庭や公園の芝生化の整備が全国的に広がっています。

 芝生化の意義といたしましては、健康保全上の効果や環境保全上の効果、教育上の効果、学校周辺地域への砂ぼこりの解消や、芝生化を通じた地域コミュニティーの構築など、さまざまな効果と実績が言われています。

 南島原市では、平成20年から全国的に先駆けて鳥取方式による芝生化が民間の保育園で取り入れられ、急速に広がっております。そのほか、市外や県外からの園庭視察や問い合わせなど、反響も大きいようです。

 現在では、市内九つの保育園が庭園の芝生化に取り組まれています。そして、本年度南有馬小学校でPTAのご努力により校庭芝生化が実現しております。しかしながら、管理運営には苦慮されており、どうしても行政の支援は不可欠であると考えています。

 現状を踏まえたところで、市長と教育長のご所見と、今後、どのように考えておられるのか、お聞かせください。

 以上で、演壇での質問を終わります。再質問は自席にて質問いたします。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁を求めます。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 吉田幸一郎議員のご質問にお答をいたします。

 最初に、行政関係について、これまで市政を行なってきた感想を聞きたい。また、今後、計画している事業などはあるのかとのお尋ねですが、早いもので、市長就任後4年が経ち、この間の感想を正直に一言で申しますと、まさに将来の発展のための基盤づくりの4年間であったということでございます。

 草柳議員にも申し上げたとおり、就任直後の市の財政は非常に厳しく、また10年後、合併の特例措置が切れた時は30億円以上の交付税が削減され、このままでは行政を維持していくことが困難であるということでございました。

 このため、私は、旧町から新市への引き継ぎをスムーズに行うこと、改革によって財政を立て直しの道筋を立てることを最優先に、市の基礎づくりに取り組んでまいりました。その結果、市民の要望、期待に応えたいとの私の思いは、逆に皆様には行政改革による痛みをお願いせざるを得ず、非常に歯がゆい思いでございました。

 しかしながら、この4年間の議会をはじめ市民皆様のご協力により、わずかではありますが、ようやく財政状況にも好転の兆しが見え、コールセンターの誘致や世界ジオパークの認定など、これまでの取り組みが徐々に実を結びつつあります。

 また、市内を見ましても、旧町を越えたつながりが育まれつつあると、私としては、ようやく本絡的に南島原市のまちづくりに取り組める時期が来たと、そういう思いでございます。

 今後、基幹産業の振興はもちろん、企業誘致、観光振興、世界遺産登録など、まずは総合計画に掲げた10項目のプロジェクトを中心に、まちづくりを展開していきたいと考えております。

 具体的な例を申しますと、世界遺産登録につきましては、今後、態勢を強化し、是が非でも登録ができるよう、さらに力を入れて取り組んでまいります。

 そして、登録が成った暁には、構成資産を活用したさまざまな事業を展開をし、世界に向けて南島原市をアピールしていきたい、そう考えているところでございます。

 また、広く情報の収集に努め、先駆的なまちづくりに積極果敢に取り組んでまいりたいと考えております。

 次に、バイオマスタウン構想の今後の計画と、現状での課題についてのお尋ねですが、構想の策定作業につきましては、バイオマスタウン構想検討委員会からの素案の報告をいただき、既にパブリックコメントを終え、現在、国との事前協議を行なっているところでございます。

 今後は、国の助言などを踏まえ、検討委員会において最終的な構想案をご検討をいただき、3月中に国に提出したいと考えております。

 議員ご承知のとおり、バイオマスの発生量は家畜排せつ物が全体の6割を占めるなど、稲わらやバレイショ茎葉などと合わせ、畜産系のバイオマスが多く発生しており、特にこれらのバイオマスの利活用の促進と改善が課題となっております。

 また、バイオマスを持続的に利活用していくためには、その発生、収集、変換、利用の各段階が有機的につながり、全体として経済性のある循環システムを構築することが重要ですが、これらの課題につきましては、国や県の助言を得ながら、検討委員会においてさらに検討を進めていただき、構想案を策定したいと考えております。

 次に、今後の漁業振興策についてのお尋ねですが、水産業を取り巻く環境は、水産資源の減少や魚価の低迷、漁業者の高齢化、後継者不足など多くの課題を抱えております。

 これらの問題を解決するためには、まず「獲る漁業」から「つくり育てる漁業」への転換、漁業生産量を増加させることが重要であると考えております。

 現在、イカやタコなどの人工産卵施設の設置や、抱卵ガザミの産卵について支援をし、また漁協が行う種苗放流などの事業に対し助成をいたしておりますが、今後も継続して支援を行い、資源の回復を図りたいと存じます。

 あわせて、島原半島南部漁協で魚価の向上を目指して取り組まれている直接取引事業などにも支援をしてまいります。

 また、漁港事業をはじめ生産基盤の整備を行うとともに、労働環境を改善することにより、高齢者の漁業就業時の安全性の確保や、後継者不足の解消を図りたいと思っております。

 さらに、環境・生態系保全活動支援事業として、各活動組織が取り組まれている藻場、干潟、浅場などの保全活動や、県営事業で行なっている海底耕うん事業などは、水産資源の保護・培養に大きな役割を果たしていることから、市といたしましてもできる限りの支援を行なってまいりたいと考えております。

 次に、観光振興の現状と今後の取り組みについてのお尋ねですが、ご承知のとおり、本市におきましては、平成19年度に観光地づくり実施計画を策定しており、これには大きく分けて2本の柱を掲げております。

 まず一つ目の柱は、「おもてなし」強化事業でございます。本市は、昨年8月に、日本第1号として世界ジオパークネットワークに加盟をした島原半島ジオパークや、世界文化遺産の登録を目指している国指定史跡の三つの構成資産など、数多くのすばらしい観光素材を有しており、現在、その素材を案内できる態勢づくりに取り組んでおります。

 また、その一環として、市商工会や南島原ひまわり観光協会では、素材別のガイドではなく、市内全域を案内できるガイドの育成に努められております。

 具体的には、キリシタン文化や島原の乱にまつわるドラマを、地元のガイドの方にリレー形式で解説してもらいながらめぐるしまばら巡礼と、本市の代表的な特産品であります島原手延べ素麺を使って、それぞれのお店で考案された「そうめん鉢」プロジェクトを展開されております。

 「そうめん鉢」は、素材になる島原半島のものを使い、器にはキリシタン文化の象徴である花クルスを描いたオリジナルの陶磁器が使われております。

 既に活動していただいております地元観光ガイドの会の方々のご活躍に期待するところでございます。

 また、観光ガイドの育成と同時に、市民の皆様にも世界文化遺産の構成3資産をもっと身近に感じて、その重要性を再認識していただき、市民のだれもが、訪れたお客様をおもてなしができる態勢づくりを目的として、市民を対象にふるさとを再発見する、もっと南島原ツアーなどに取り組んでおります。

 二つ目の柱は、第二のふるさとづくり推進事業であり、観光と基幹産業の農林水産業を組み合わせた、グリーンツーリズムやブルーツーリズムと言われる旅行形態の事業を推進しております。

 これらの観光には、これまでと違って、歴史や文化、自然、食等を体験、また学習し、地域住民と触れ合うことが求められておりますが、本市は、このようないわゆるグリーンツーリズムなどを推進するにふさわしい地域であると考えております。

 また、国が推進する「子ども農山漁村交流プロジェクト」や、都市部の体験型旅行に移行している中学生や高校生の修学旅行の受け皿として、農林水産業を活用した体験型観光の受け入れ態勢づくりにも取り組み、修学旅行などの誘致を推進してまいりたいと考えております。

 私からの答弁は以上でございます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 教育長。



◎教育長(菅弘賢君) (登壇)

 吉田幸一郎議員のご質問にお答を申し上げます。

 校庭の芝生化について、今後どのように考えるかというお尋ねでございますが、ご承知のとおり、昨年、南有馬小学校のグラウンドが、県の補助を受け、保護者、関係団体の取り組みとして、芝生化がなされました。

 親父の会を中心とする保護者の皆様方の、子供たち、先生方と一体となった熱心なお世話により、芝は無事に根づいているようでございます。

 校庭の芝生化は、真夏日の照り返しを和らげて気温を下げ、舞い上がる砂じんを防止し、子供たちに素足で遊ぶ楽しさを味わわせるなど大きな利点がありますが、一方で、植栽や維持管理に要する人的、金銭的な負担などの条件をクリアしなければなりません。

 校庭の芝生化につきましては、保護者や地域の協力が不可欠であり、学校の実態やさまざまな要件を考慮して、最終的には各学校の判断にゆだねたいと考えております。

 教育委員会は、学校からの芝生化の希望に対しましては、でき得る限りの支援をいたしてまいります。

 次に、多目的に利用できる芝生化や緑化されたグラウンドや公園などの今後の計画は、また必要性をどのように考えているのかお聞かせくださいというご質問にお答えを申し上げます。

 現在、有家の総合運動公園サブグラウンドの整備工事を行なっており、今年度末には完成を予定いたしておりますけれども、来年度は、このサブグラウンドにポット苗方式による芝生の植栽を計画いたしております。

 芝生化は、子供たちや地域の方々の心の安らぎや、健康増進、あるいはコミュニティーの場の提供など、さまざまな効果が期待できますので、今後ともに、関係各部署と協議を進めてまいりたいと考えております。

 以上で答弁を終わらせていただきます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 1番、吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 均衡ある発展というところでは、今から進めていきたいという答弁をいただきました。なるべく、端であるという深江、加津佐町あたりの意を酌んで、平均的な事業で進めていっていただきたいなと思っております。

 均衡ある発展のところで少し再質問をさせていただきたいと思います。

 集中改革プランにより入札改革を行われ、入札の競争性、透明性、公平性による適正化を図られていることと思います。

 入札結果のホームページでの公開は、早々に施行していただき、ありがとうございました。

 本市では市内業者優先で指名を行われており、私もある程度必要であると考えております。指名入札業者の指名は、平均的な指名が行われているのか、感想をお聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 総務部長。



◎総務部長(水島文昌君) 

 感想ということで、私がお答えしていいのか、ちょっと迷うところではございますけれども、指名回数につきましては、発注する工事の種類、例えば、土木とか、建築とか、電気、管工事、いろいろございますし、また事業の金額と申しますか、予定価格等もございます。そうした場合に、やはりランクづけがございますので、A、B、C、Dとかそういうランクづけがございますので、その辺で必ずしも平等と、すべての業者に均等にというわけにはいきませんけれども、やはりあと地域性ですね、この工事は例えば旧A町であればその地域、その周辺を主体に選ぶというようなこともございます。いろんな地域特性とか、例えば災害等が発生した場合は、その災害地域がどうしても工事が多くなるとか、そういう部分がございます。

 そういうことで、すべて回数を均等というわけにはいきませんけれども、地域特性や金額、指名の回数等を、工事業種も合わせたところで諸々考えまして、均等になるように努めているのは事実でございます。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 1番、吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 そのようなことでありますと、工事の量とかの地区別でいくと、やはり工事が多い所なんかも出てくるということになってくると思います。

 それで、簡単に例をあげますと、今度、市の水道事業総合計画が進められると思うんですが、そのようになりますと、必然的に南のほうの工事が多くなるということになってくると思います。

 そうでありますと、地域特性を考えて、その地域の業者を指名していくということになりますと、南島原市の北部の業者はなかなか指名に入ってこない可能性があるんじゃないかと思いますが、そこら辺はどのように考えられているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 吉田議員、当然考えていらっしゃると思いますが、旧町でバランスよく、そういう感覚というですかね、新市一つなんだという概念でもって、物事を考えていただきたいなと。実は私も非常にそのことは、吉田議員ご指摘のとおり、非常に心を砕くというか、そういう意味での配慮をしなきゃいけないのと思いながらも、しかし新しい市1市なんだと。そして、それぞれが各町でやってきた仕事は違います。よって、今おっしゃったような水道事業等についても、局部的にはこちらは満たされていると、向こうは満たされていないと、そこの均衡をどうやって図っていくかということで、問題はそういう問題が出てくるんですけれども、いずれにしても、お願いをしたいのは、どうぞ新しい市1市、一つの市でこれから、みんなで協力しながらやっていくんだと、そういう思いを実は住民の皆さん方にも、そしてまた議員の皆さん方にもお願いをし、また職員にもそんな概念、いわゆる考えでもって、新市一体ということでお願いをしたいと思います。

 もちろん、局地、すなわち加津佐、深江等についても、それなりの気持ちの上での配慮をしながら、そういう概念でおりたいと思いますので、どうぞよろしくご指導お願いします。



○議長(日向義忠君) 

 1番、吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 市が一つであるということは私もそう思っております。そうであるのであれば、そのような市をあげての工事のときはある程度平均的に市の業者を回していただきたいなと思っております。

 この先、水道料金の統一なども考えていきますと、どうしても深江地域、布津地域なんかはどうしても上がってくるんではないかと。また、ごみ袋等の値段も上がりましたし、そのようなところも我々、その地域の議員はよくお話を聞きますので、その辺も含めたところで平均的に事業を進めていっていただきたいなと思います。

 これは今年の例なんですけれども、私も20年度の9月に平均的な事業をと言ったときに、市長はこれからきちんと2年経った後だから、さあ、これからという形で進めていきたいということを言われ、21年度の新規の道路整備事業の内訳では、深江町から加津佐まであまり変わらない事業が出ていたというのも実際でございます。

 そのような感じで、ある程度の事業はやっぱり平均的に進めていっていただきたいなと思っております。

 次に、私は、既存施設の有効活用も質問をしてまいりました。その中で、口之津第3小学校ではコスモス会の有効活用や、小学校のアーカイブス事業などで利用され、有効活用されております。

 また、今回、深江庁舎の2階には、日本テレマーケティングの企業誘致を市長をはじめ職員の皆様のご尽力のもと誘致ができ、大変ありがたく思っております。

 また、そのテレマーケティングの誘致により、地元でもよかった、働きたいという意見をよくお聞きいたします。

 そのようなことで、ちょっとテレマーケティングについて質問をさせていただきたいと思います。

 市長は26日の一般質問の中で、誘致効果として、3億5,000万ぐらいあるんではないかということを言われ、5年後には5億円ぐらいの経済効果があるんではないかということをおっしゃられたと思いますが、具体的にどのような経済効果になるんだろうかというのが分かればお聞かせ願いたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 具体的に経済効果というのは、当然、私たちの手前の段階では試算をいたします。ただ、試算をした数値を持ってきておりませんので、数字は申し上げられませんけれども、概略、その効果を申し上げますと、まず基本的に南島原市の方が100%、最終300名お勤めになれば、300名の給与というのが支給をされると。基本的には300というような数字で説明をさせていただきたいと思いますけれども、そうしますと、その給与をもらわれた方々が当然消費をされる。大概、若い人であれば、ほとんど消費に回るであろうと。その消費の品物は、食料品、衣類、それから通勤もされればガソリンも購入をされるであろうと。当然、周辺で弁当も買われるかもしれませんとか、それから、当然、市といたしましては、その方々につきましての人口の増ということになりますので、いろんな財政上の試算をする上で、企業がなかったならば都会に出ていかれたであろうということで、その人たちが流入だというようなことで、逆の意味で人口の増と考えますと、いろんな交付税等の算定の部分でも表れてきましょうし、税の部分での収入も表れてきましょうし、それからコールセンターじゃなくて、企業一般の場合は、ほかの企業ということも考えますと、例えばその企業が物品を調達、購入をすると。今回、テレマーケティングの場合は、ほとんどが通信料ということになりますので、そういった部分では地元からということにはならないかもしれませんけれども、いろいろ、諸々、経済の活性化という部分は、波及部分について、想定できない部分もひょっとすればあるかもしれませんけれども、現実的にはそういった部分については、確実に入ってくるんじゃないかと思っています。

 それから、詳しい試算といいますか、これはあくまで見込みですけれども、そういったことは後で報告をさせていただきたいと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 1番、吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 分かりました。地域活性化につなげていっていただきたいなと思っております。

 そこで、もう少しテレマーケティングの申し込みなどのことについてちょっと質問させていただきたいと思います。

 今、申し込みの広報と申し込みはどのようにして、どこで受け付けをされているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 当然、申し込みの場合は、ハローワークを通じてということになります。企業でございますのでね。そして、当然、ハローワークの場合に、企業からの申し込みの依頼があっておりますし、それから市といたしましても、そういった部分についての回覧等を通じて、回しているということで、それから今後は、段階的な部分で計画はいろんな方の議員さん方の答弁の中で、20年度は180だと、それから3年後は300名だと、そして当初は50名体制だとか、そういったことを申し上げておりますけれども、企業ですので、なかなかそこら辺が若干日程的には前後する場合もあるかもしれませんけれども、ただ、総数的には300を目標にされておりますので、随時、市としても、広報のお助けをしたがよいと判断した場合は、自治会回覧等を通じてお願いをしたいと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 1番、吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 市民の方が、ハローワークだけであると、自分は深江なんで、島原に行くのはあまり遠いという感じはしないんですけれども、どうしても加津佐とか、口之津、南有馬の人からしますと、なかなか遠いんではないかというのも考えております。

 そこで、支所である程度の説明はできるような体制はとられているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 基本的にはこれは説明というのは、電話でもできるものと思っております。難しいことではございません。ただ、ハローワークの紹介がないと受け付けができないというシステムですので、どうしても、当然、この企業だけじゃないんですけれども、雇用の1次的な窓口はハローワークとなっておりますので、最終的にはハローワークまでお出かけをいただいてもらうというのは、仕方がないのかなと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 1番、吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 支所で市民にある程度の説明は行えるということでよろしいんでしょうか。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 当然、支所でも、窓口の段階で、そしてもっと詳しい部分をとなった場合は、本庁の職員がご連絡を差し上げるということをしたいと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 1番、吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 採用のところについてもよく話が出てきていると思うんですが、2月17日の長崎新聞には、長崎キヤノンの新規採用枠は長崎7割、佐賀3割で採用していきたいというような感じで掲載されていたんですが、やはり市も誘致奨励金を出しているわけであり、県と一緒に行われて誘致できたというのも分かりますが、市としても、企業のほうになるべくであれば7対3ぐらい、いわば8対2ぐらいで採用できないのかという要望はされないのか、そこら辺をお聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 それは私たちの希望としては、何対何ということじゃなくして、できるだけ多くの方を南島原市から雇用していただきたいと、そういうご要望は申し上げております。



○議長(日向義忠君) 

 1番、吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 それは私もそのように思います。それで、市としては、このようにしてすべて配分されておるので、島原、雲仙じゃそのような配分はなかなかされていないと思うんで、それはやはり勤められる人はそのような感じで、必然的に南島原市の人が多くなってくるんではないかと私も思っております。

 次に、現在、深江支所の駐車場は大体130台ぐらい駐車できるんではないかと思うんですが、その130台で今後180人から300人が雇用になられるという予定になっているんですが、2交代制ということも聞いていますし、できるんではないかと思うんですが、そこには図書館や公民館もあると思うんですが、そこら辺の利用者が困らないような対策は取られているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 具体的には私たち企画振興部、管財の関係の総務部、それから伝承館、図書館等の教育委員会、三つの部署で最終的な調整を明日の議会が終了した時点で調整をして、そして当然第一義的には、市民の、お客様の駐車場、それから事務上のお客様ですね、それから図書館の利用者、公民館の利用者の方、それから当然市の職員、そういった部分の総合的に配慮をして、関係部署で協議をして、トラブルのないような方向でいきたいと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 せっかく、企業誘致でうれしい話でありますので、きちんとそこら辺の対応は取っていっていただきたいなと思います。

 また、イベントが伝承館なんかではよく講演会とか何とかあると思いますので、そこら辺も加味されたところで計画を作っていってほしいなと思います。

 次に、テレマーケティングが庁舎2階に入ると思うんですが、そこでの電気代は支所とはきちんと分けられてされるようになっているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 そういった電話の関係とか電気とか、そういった部分につきましては、案分ということにもなりませんので、基本的に最初の受け付けの部分の配線を別にするというような方向で工事も予定しております。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 分かりました。

 せっかく来たので、うれしい話であり、地域活性化も期待されますので、まだ諸問題などあると思いますが、後で企業間との諸問題が出てこないように、よく話を詰めて、こんな場合はこのようにして対処してくださいというのも、きちんと話をしていっていただきたいなと思います。

 次に、26日の滝田副市長の答弁で、本市で今後の企業誘致は情報関連企業が有力ではないのかという答弁をされたと思うんですが、私もそのような考え方はあるんですが、特に情報関連企業でございますと、まだ南島原市は光ファイバーの普及も通っていないと思うんですが、そこら辺の設置というか、計画というか、そこら辺の考えはどのようになっているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 当然、光ファイバー云々につきましては、市がするものではございません。民間のNTTであるのか、ひまわりであるのか、そういった部分については、整備につきましては、会社といいますか、そういった段取りもありましょうけれども、できるだけそういった情報関連に来ていただくときに、光ファイバー等についてのあれが十分な対応ができるように、お願いをしたいと思っております。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 民間企業と連結して、今後の南島原市の振興を考えましても、必要な整備事業になっていくと思いますので、検討いただき、早目に進めていっていただきたいなと思います。

 次に、パブリックコメントについて、少し質問させていただきます。

 パブリックコメントとは、公的な機関が規則や命令などの類のものを制定しようとするとき、広く公に意見、情報、改善策などを求める手続ということになっていると思うんですが、本市でのパブリックコメントの回数は大体何回で、何件行われているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 パブリックコメントの手続を制定いたしましてから、延べ17回実施をしております。それから、意見は62件の意見をちょうだいをしております。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 このパブリックコメントというのは、大体1回3.6件ぐらいの意見しか行われていないというような感じで捉えられると思うんですが、またその3件か4件ぐらいが多いものか少ないものか、そこら辺はどのように行政側は考えられているのか、執行側は考えられているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 平均するとそういった件数ですね。全然ないときもございます。それから、一番多いときには、固まって31件といった、ゼロというのもあったりとか、いろいろありますけれども、ただ、これは手続要綱にのっとって、基本的な条例の制定、市政に関する基本的な部分、市民生活に関する部分、市民等に義務を課したり、権利を制限すると、そういった条例の制定とか、市の基本的な政策を決める部分、いろんな等々の部分について、パブリックコメントを約1カ月間かけるわけですけれども、内容によっては、ひょっとしたら市民の方もあんまり興味がないというような内容もございます。

 ただしかし、それは市としては重要なことということで、手続、パブリックコメントをしますけれども、そういった関係で、若干、意見について、数の多い少ないがあるんじゃないかなと思って、これがどうかということを言われると、特段、今のところ、このくらいの状況かなというような認識でございます。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 やはり、なかなか、パブリックコメントと言われても、皆さんが分かりにくいのではないかと思います。意見公募手続とか大体言われていると思います。神奈川県では、県民意見反映手続とか言われているようでございます。

 この行政手続法の定めには大体地方自治体は適用されていないというのもあると思いますので、なるべくであれば、市民の皆さんが分かりやすいように、できやすいような体制を作っていただき、今後、皆さんの意見の聴取を進めていっていただきたいなと思いますが、どのようにお考えか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 できるだけ、市民の意見が多く寄せられるような方法を取っていきたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 よろしくお願いいたします。

 次に、バイオマスタウン構想について質問いたします。

 バイオマスタウン構想は、大体、産業振興や地域活性化、環境対策などが含まれてくるんではないかと思います。今度、3月に構想を策定し、県のほうに提出するということでございましたが、その認定後はどのような、国からの支援などがあるのか、そこら辺が分かればお聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 農林水産部長。



◎農林水産部長(田口敏之君) 

 このバイオマスタウン構想につきましては、今月末をもって農政局を通じまして国のほうに申請する状況でございます。

 全国各市町村でタウン構想が策定をされて事業展開が進む中でございますけれども、このバイオマスタウンにつきましては、当然に地域での利活用、あるいはバイオマスの利活用をする事業展開に資する目的で構想を策定、地域での利用量とかを盛り込む構想になっております。

 その構想の中で、各循環型社会を目指した事業展開ができる品物といいましょうか、本市におきましては、農畜産、農林が盛んでございますので、そういう利活用が十分にできるのか、あるいは循環型で経済性を伴う事業展開ができるのかということを総合的に判断をし、その利用方法等を定めたのが構想ということでございます。

 今後、その中で本市が持っておりますバイオマスの利活用方法等の事業展開につきましては、その中身を精査した中でされるものと考えております。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 3月に提出して、その認定後、大体支援が何らか、バイオマス利活用交付金とか何かそういうのがついてくると思うんですが、そこら辺の大体どのようなことが支援が受けられるんではないかというのは、ここに市が出しております中間報告書の中から作った上で認定して出したら、こういうのが出て、支援が受けられますよということになると思うんですが、どのような支援が受けられるのかなと思うんですが、その支援をちょっとお聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 農林水産部長。



◎農林水産部長(田口敏之君) 

 このバイオマスの展開でございますけれども、国の現在2分の1の補助制度、バイオマスディーゼル、あるいはそういう堆肥化する事業、メタンあるいはガスとか、そういう利活用方法もいろいろな方法がございます。

 この中で、国が今、現在示している補助事業としましては、2分の1があろうかと、補助としては、私は記憶しているところです。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 2分の1であると私も思っております。また、バイオマスタウン構想の先進地域に認められますと、3分の2以内になるということで、インターネットで引いたらそのように書いてありましたので、なるべくよいバイオマスタウン構想を策定していただきたいなと思います。

 バイオマスタウン構想は、先ほどから言われました原料や調達、製造販売などを策定して出すということでございますが、どうしてもまちづくりなんかも関係してくると思います。農林のだけではなくて、まちづくりや地域振興策としても、バイオマスタウン構想を利用していかないと、今後意味がないんではないかと私は思います。

 それで、企画部としては、大体どのようなバイオマスタウン構想に対するビジョンというか、考え方を持っておられるのか。また、環境問題のほうでいけば市民生活のほうに係わってくると思うんですが、バイオマスタウンの構想の捉え方は、両部ではどのようなとらえ方をされているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 企画振興部長。



◎企画振興部長(山口重利君) 

 企画振興部としてどのように捉えておるかと、それはもうおっしゃるように、地域産業の活性化という部分もありましょうし、ただ具体的な部分で私の所管でもありませんので、今はただそれがバイオマスタウン構想という部分が早く立ち上がって、そしてそれを利用された産業という部分が環境の産業というのが発展をして、最終的にエコとして十分市民の役に立つ構想としてなっていけばなと、そういったことで、具体的に私たちが事務として関与を私自身がしておりませんので、そういった状況でございます。



○議長(日向義忠君) 

 市民生活部長。



◎市民生活部長(井口健士君) 

 私どもの立場といたしましては、今回のバイオマスタウン構想を策定する段階で、生ごみ関係の賦存量も調査がなされております。したがいまして、先般の質問にもございましたけれども、私、今後、生ごみを有効的にそういったバイオマスタウン構想の中で処理していくということで、ごみの減量化につなげていきたいというふうに考えております。以上です。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 循環型社会、いわば循環型社会の中を構築していく上でのバイオマスタウン構想が必要になってくるんではないかと思います。

 また、ある所では、そのバイオマスタウン構想を利用して、安心・安全の食づくりというのも行われている所もあります。

 そのような中で、私はやはり、まちづくりという方向でも捉えてバイオマスタウン構想はとっていかないと、農林水産部だけの今の管轄で行われていると思うんですが、それではなかなかうまい具合なまちづくりに利用できないんではないかと思います。

 そのようなところ、やはり横断的な班を作る、専門的ないわば班にするというのも必要になってくると思いますが、市長はどのように今の意見を聞いて思われるのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 吉田議員のおっしゃるとおり、まちづくりの大きな要素の一つとして、循環型社会を作り上げるということでバイオマスタウン、そして今、我々が今その切り口としてスタートをしたのが、いわゆる農業生産地です、ここは。農業生産地であるがゆえに、畜産物の排せつ物とか、あるいはバレイショの廃棄の問題とか、あるいは森林の間伐、そういう不良な間伐をしたものとか、いわゆる農業あるいは農林業に関する、まつわるいわゆるバイオマスタウンの材料というんですかね、そしてもちろん人間の出した、今、市民生活部長が言いましたそういう生ごみ等もあわせて、そういうものをどうやって循環型社会、そういう機能を持ち合わせた事業展開ができていくかと。そして、そういう事業化とタイアップしながら、我々は、国あるいは県、そして我々バックアップすることによって、そういう企業が立地をできる環境づくりのスタートについたと、こういうことでございます。どうぞ、その辺のことをご理解いただきたいと思うんですが、そしてその工場を作ることによって、また雇用の機会も生まれていくと、おっしゃるとおり循環をしていくと、そういうふうな仕組み作りのベースを基盤を今、やっと、本当に遅ればせながらスタートを切らせていただいたと、こういうことでございますので、どうぞご理解いただきたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 基盤ができたということですので、とにかく、どのような利用をしていくんだ、将来はこのように利用していくんだという、将来のビジョンがないと、基盤だけではなかなか難しいと思うんで、よければ、そのようなところも総合計画と絡めたところで出していただいて、よりよいタウン構想に進めていっていただきたいなと思います。

 次に、漁業振興について質問いたします。

 昨年の9月ぐらいから、島原の要望で、県の要望などでお知りになったかと思いますが、島原市ではビゼンクラゲ対策として、約500万ぐらいの予算がついております。実際、今はもうちょっと少し少なくなってきて、今被害はというと、そこまで今のところは聞こえてこないようになってきたんですが、まだ今後も、本年の後半ぐらいになると、やはり大量発生する可能性もあるんではないかと思います。

 そこで、今後、今年ももしそのようになったときには、被害調査などをして、県のほうに要望していただいて、対策を練ってほしいなと思うんですが、その辺は水産部長はどのようにお考えか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 農林水産部長。



◎農林水産部長(田口敏之君) 

 島原市で発生をいたしておりますビゼンクラゲの対策のご質問でございます。この問題につきましては、本市の管内におきましても、漁協あるいは漁業者から現場の生の声を聞いたりとか、聞き取り調査をしたところでございまして、漁法の関係あるいは水域的なこともあって、本市には島原市ほどの影響はあっていないという状況で、今、その推移を見守っている状況でございます。議員ご承知のとおり、この島原市の対策については、県の事業で行われておるところでございます。

 この昨年発生しました赤潮被害でありますとか、あるいは諫早、雲仙市でありましたヒトデの大量発生、今回のクラゲの大量発生とか、市町を越えた広域的な被害が発生をいたしております。

 今後もそういう中で、クラゲ対策も当然に上がってこようかと思いますので、県が事業主体となって行えるような事業、広域的でございますので、県のほうに要望をしていきたいというふうに考えております。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 漁協のほうとも連絡を取り合って、出てきたときには、すぐにしていただけるというようなことでお願いいたします。

 次に、南島原市は観光振興のほうでイルカウオッチングなどがあり、そのようなことで、観光のほうで恩恵を受けているんですが、今、漁業者からはイルカの被害が非常に聞こえてくるようになりました。イルカが年じゅう回遊してくると、魚がとれない、それで、いっちょん釣れんごとなったという話も聞きますので、そのような対策を市のほうで県のほうに要望してどのようにかできないものかと思うんですが、その点はどのようにお考えか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 農林水産部長。



◎農林水産部長(田口敏之君) 

 このイルカ対策につきましては、漁業者の皆様、漁協の皆様から、漁業被害があっているという話も私のほうも耳にいたしております。

 当然、状況等につきましても、県と十分な協議をしながら、対策でありますとか、協議をさせていただくという状況でございます。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 とにかく、自然相手のイルカなんで、うまい具合いかないかもしれませんけれども、これは実際に重要な問題になってきていますので、できればよい対策を作っていただきまして、取り組んでいただきたいなと思います。

 また、9月議会でFRP廃船リサイクル事業の提案というか、どのようになっていくのかというのをお聞きしたんですが、現在、どのような進み方になっているのか、よければお聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 農林水産部長。



◎農林水産部長(田口敏之君) 

 この事業につきましては、島原市がモデル的な実証事業として現在進めている状況でございまして、その中でどういう取り組みが市としてもできるのか検討して、今後の実証試験を見ながら検討していくという状況でございます。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 廃船処理はもう多額な費用がかかり、それはもう個人で行うのが本当だとは思うんですが、なかなか今の現状、皆さん困っておられますので、島原市で行われているようなFRPの廃船リサイクル事業を南島原市でも行なっていただきたいなと思います。

 次に、校庭芝生化について質問いたします。

 現在、南島原市では土のグラウンドも入れ替えられたと思うんですが、土のグラウンドの砂の入れ替えは大体幾らぐらいかかっているのか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 教育次長。



◎教育次長(井口敬次君) 

 土のグラウンドを入れ替えたというのは、近々では多分あんまりなかったように思っております。

 したがいまして、どれくらいかかるのかというのは、ちょっと今、お答えできる状況ではございません。



○議長(日向義忠君) 

 吉田議員。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 どうしても砂が風で飛んだりすると、砂を入れなくてはならないと思うんで、グラウンドもある程度の砂の補給なんかでお金がかかってくると思います。

 よく芝では維持管理が大変だ大変だと言われますが、そのような点で考えますと、そうそう芝生化が維持費がかかるということでもないと思います。

 一応、南島原市のグラウンドは、小学校で総面積12万、中学校で9万、大体約21万平方メートルだとお聞きしました。

 苗が大体1平方メートル100円でできるという話をお聞きしています。それでいきますと、南島原市の全校庭をしましても、2,188万円ぐらいに苗代はなると思います。

 2,188万で芝生化ができるんですよね、実際のところ。それには、維持管理がどうしても年間かかってくると思いますので、それを維持管理でいけば、大体150万円ぐらいだと試算されております。

 そのようなことを考えますと、まんざらできない範囲の額ではないとは私は思うんですが、そのようなところで市長はどのようにお考えか、お聞かせください。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 今、吉田議員さんの試算の結果を聞きまして、ああ、そのくらいでできるのかと思いながらも、それは教育委員会のほうの考えもありますけれども、私自身としては、積極的に芝生化を進めてみたいなという思いが常々ずっとありますものですから、もちろんグラウンドに限らず、それぞれのところを何とか緑地化できないかと、最終的な市の目標であるいやしの島、いやしアイランドという形で、まさに芝生にすることによって、情操教育、心の教育、あるいは環境の緑化、美化、そういう諸々の波及効果も考えれば非常に大きいし、決して今おっしゃった金額は大きいものとは思わないし、積極的に検討していきたいと、こんなふうに思っています。



◆1番(吉田幸一郎君) 

 これで、1番、吉田の一般質問を終わります。



○議長(日向義忠君) 

 これで、1番、吉田幸一郎議員の質問を終わります。

 ここで、3時まで休憩いたします。

     午後2時51分 休憩

     午後3時00分 再開



○議長(日向義忠君) 

 休憩を解き再開いたします。

 次に、8番、黒岩英雄議員の質問を許します。8番、黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) (登壇)

 8番、黒岩英雄でございます。ただいまより一般質問をさせていただきます。

 先月、2月15日10時より市水道部より、市議全員協議会におきまして、南島原市水道事業統合計画の説明がありました。今議会の議案5号として上程されているようでございます。

 今回の市水道事業統合計画の内容としては、北有馬から加津佐までを一つのブロックとして考え、事業予定期間は平成22年度より28年度までの6カ年で、事業費としては約50億ぐらいとお聞きしております。

 我々市議会も全員協議会で統合計画を初めて知りましたが、時間もありませんし、詳しく具体的な説明がありませんでしたので、ここで一般質問をさせてもらいますが、地元議員でもよく分かりませんでしたので、詳しく説明をお願いしたいと思います。

 まず第1点に、計画の段階で水源の地元住民に十分な説明はされたのか。

 第2に、北有馬地区から南有馬、口之津、加津佐地区方面へ配水となっておりますが、北有馬地区全体への説明は考えていないのか、なぜ今までできなかったのか、お聞きしたいと思います。

 第3に、水量問題と、しっかりした環境アセスメントの上ので、南島原市水道事業統合計画だと思っておりますが、なぜ情報を公開しないのか、市長にお伺いしたいと思います。

 農業は水なりという観点から考えてみますと、例えば南島原市総合計画の中では、農業経営の安定と生産性の向上を図るため、かんがい配水施設及びため池等の農業生産基盤の整備を強く推し進めます。

 2点目が、かんがい配水施設整備事業では、農業を営む上で欠かせない水を安定供給するかんがい施設等の整備を推進するとともに、経営安定等のための配水路の整備を行うなど、農業経営の体質強化と担い手農家の生産性の向上に資する生産基盤の整備を総合的に実施しますとありますが、肝心かなめのもととなる水源に影響はないのか。また北有馬余剰水と発表されておりますが、北有馬のどこにどれぐらいの量の水があるのか。北有馬町の地形は七峰七谷と昔からよく言われております。現在の状況として、上水用のボーリング等が何基あるのか、また農業用のボーリング等が何カ所あるのか、調査した上で今回の計画を立てられたものと思っております。

 特に北有馬地区住民への環境アセスメントの情報を公開し、住民への説明を重ね重ねお願いしたいと思いますが、市長のお考えをお伺いしたいと思います。

 以上で壇上での質問は終わり、あとは自席にて再質問させていただきます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 これより答弁をお願いします。市長。



◎市長(松島世佳君) (登壇)

 黒岩英雄議員のご質問にお答えいたします。

 最初に、水道事業総合計画について、地区説明会を実施したのか、またその内容はとのお尋ねですが、地区説明会については実施をいたしておりませんが、より多くの市民の皆様のご意見を計画に反映させるため、昨年の8月にパブリックコメントの一環として、水道事業総合計画の素案をホームページに掲載をし、市民皆様のご意見を伺ったところでございます。

 また、総合計画案に沿った水道統合事業の評価のため、事業評価委員会を設置してご審議をいただき、その評価を受けております。

 次に、水量に問題はないのかとのお尋ねですが、総合計画において、欠かせない水源の確保につきましては、第1に、既設のもので水量が豊富な水源はその能力を見直し、取水可能な余剰水を他の不足する地域に充てることにいたしております。

 また、その既設水源で水量が不足するものにつきましては、新規に良質な水源の開発を行う必要がありますので、今年度において試掘ボーリングを実施し、十分な水量を確保したところでございます。

 なお、ボーリングの試掘に際しましては、周辺の水源に影響が及ばないような場所を選定し、実施いたしております。

 なお、残余のつきましてにつきましては、担当部長より答弁をさせていただきます。(降壇)



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 水道事業総合計画の北有馬地区について、具体的な説明をとのお尋ねでございますので、お答えをいたします。

 水源につきましては、北有馬町内に新規のボーリングを掘削をいたしております。

 また、既存水源につきましては、水質の悪化により、整備に多額の費用を要することから、坂下水源を廃止をいたしまして、廃止による不足水量は新規の水源から送水するよう計画をいたしております。

 また、北有馬町の折木地区は、平成19年度に水質悪化により折木地区の水源を廃止し、矢代地区と割石原地区を統合する施設の整備を行なっておりますが、今回の総合計画でも一部の改良を計画をいたしております。

 また、坂下地区と谷川地区の簡易水道は、施設統合のため施設の更新や改良工事の計画をいたしております。

 その他の地区は、パソコンから施設の状況が監視できる遠方監視装置の整備を計画をいたしております。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 8番、黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 まず、影響はないと、市長は今言い切りましたので、例えばこの水源には水源保護条例というようなのがあるとお聞きしましたけれども、これは大体、大まかにでいいですけれども、どういった条例かお聞きしたいんですけれども。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 水源保護条例でございますけれども、これは市内のほうで定めておりますのが1カ所でございます。これは、市の水道の水源からの制限ということで設けております。以上でございます。



○議長(日向義忠君) 

 8番、黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 市内では1カ所ということですね。

 それでは、今、壇上で質問しましたけれども、余剰水、どのような水を余剰水と言われますか。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 余剰水についてのお尋ねでございますけれども、余剰水につきましては、今そこの地区を計画をしております給水量がございます。取水量ですね。その水量と実際使った量の差額がございます。その差額の分を余剰水ということで表現をいたしております。



○議長(日向義忠君) 

 8番、黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 全協で私たちに渡されましたけれども、北有馬からずっと加津佐、口之津、南有馬、こう配管が北有馬から全部行くようになっているんですね、水が。

 それで、北有馬の出場所(でばしょ)は全部余剰水って書いてあるわけですよ。余剰水。今のでは私はちょっと答弁にはならんと思いますけれども、余剰水、要するにそこの地域の人たちが言う余り水、で水道部が見て、いや、これ余っとると勝手に言われても、それはちょっと意味が違うと思うんですけれども。

 私が考える余剰水というのは、川がありますよね、河川が。川には必ずいかりがあります。それで、一番最後の下流のいかり、堤防、いかり、そこを過ぎて海に流れますよね、最後は。私は、それが余剰水と思いますけれども、違いますか。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 確かにそういう例も余剰水という言い方をいたしますけれども、今回のこの余剰水といいますのは、ただいま説明をいたしましたとおり、当初計画をいたしておりますそこの水道を供用開始するときの水量、それからの計画の水量、実際使っている水量、これが差が出てまいります。

 どうしても、当初の計画では将来の人口まで見込んだところの計算で、その量を計算をいたしますので、水量的には多目の水量になっております。それを実際給水した場合はこれだけの量が出るということで、その差額分の量が余剰水ということで、今表現をいたしております。



○議長(日向義忠君) 

 黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 私は、地下水は余剰水じゃないと思う。そこの地域の資源だと思うんですね。資源。そしたら、そうして考える場合は、今水道部長は水道部としての立場の水の確保のことだけを言われる。

 しかし、地下水は農業でくみ上げるそのボーリングも同じ水なんですよね。地元の人に言わせると同じ水なんですよ。そういった意味で、今、農業用のボーリングはどれぐらいありますかと一応お聞きしましたので、農林部長、分かる範囲で結構です。分かっていれば、ひとつお答え願いたい。



○議長(日向義忠君) 

 農林水産部長。



◎農林水産部長(田口敏之君) 

 今ちょっと手元には把握をしておりません。ただ、現在実施をされております北有馬地区の圃場整備につきましては原山地区、もう完了しましたけれども、それと釘山地区が、かんがい配水を伴った圃場整備の実施、あるいは実施をされた所ということで、数的にはどのくらいあるかということは承知をいたしておりません。



○議長(日向義忠君) 

 黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 農林部長は口之津やったですかね。合併前の北有馬の産業経済課ですか、ここに長くおった人は大体、農業用のボーリングが北有馬の町内に何カ所あるか、大体分かると思いますけれども、すごいんですよ、ボーリングの数は。あらゆる所に農業用のボーリングを掘っていますよ、今。

 だから、農林部長にそういう相談がなかったということは、環境アセスメント、これは作っていないんですか。この計画を作るにあたって。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 今回の計画でございますけれども、今回の計画につきましては、今までの既存の水源の見直し、また水源のある所からない所への水の水源の安定した送水、そういったことを目的といたしまして、計画をいたしております。

 農林部長のほうに、農林サイドのほうに相談がなかったかということでございますけれども、今回、新規にボーリングをいたしましたのが1基でございます。あとはそのままの既設の水道水源を使うということで計画をいたしておりますので、その相談はいたしておりません。



○議長(日向義忠君) 

 黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 だから、言っていますでしょう。地下水は水道課だけの問題じゃないって私は言っているんですよ。

 今、1基、新設をしたと言われていましたですから、それのほうにちょっと移ってみましょうか。

 じゃ、この計画は、1基でも掘ろうと計画してその地区に相談にこの間はちょっと行ったと、それはいつごろ行かれたんですか。ある所にですよ。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 今ちょっとはっきりした日にちはちょっと記憶しておりませんけれども、昨年の9月ごろだったと思いますけれども、北有馬の新規ボーリングにつきましては、論所原地区の市有地、旧北有馬町の町有地になりますけれども、そこのほうに掘削をいたしております。

 その場所の選定の理由でございますけれども、これにつきましては、地元、矢次地区という地区がございますけれども、そこ周辺に計画をいたしまして、地元説明会を開催をいたしまして、その地元説明会での意見等をお聞きをいたしまして、現地調査、水源調査及び周辺集落への距離等を総合的に判断をいたしまして、今の場所を決定をいたしました。以上です。



○議長(日向義忠君) 

 黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 そうですね。矢次の方でしょう、おそらくね。相談に行かれたのは。で、最初言われたのは、市が提示したのは、その横の横道。横道に掘らせてくれろと。そしたら、その自治会の人たちは、市が「どこか、いい所はないか」と市が尋ねたと。そしたら、もっと上にいい、どうせするなら勾配もあるし、いい所あるんじゃないのと言われたと。その場所はもう、また角が立つから言いません、私は。言いません。しかし、今度、これが計画案が出てから私が見せたら、あら、これは前谷の人たちは知っとらすとやろかね、了解しとらすとやろかねというような話だったんです。

 それで、今度は前谷の人にこれを見せに行ったら、何にも市からの説明はないと。それで、いろいろ聞いてみたら、そこら辺には、立て続けに今度は3本今掘っとる。農業用でもある民間法人が井戸を掘っとる。その場所というのは、北有馬には県行造林というのがありますね、県行造林というのは、農林部長、どういった性質の造林ですかね。



○議長(日向義忠君) 

 農林水産部長。



◎農林水産部長(田口敏之君) 

 急に県行造林のことがお尋ねでございます。これは、県の管理区分の森林ということだろうと思います。



○議長(日向義忠君) 

 黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 県が土地を借りて造林をするということですね。だから、今回の場合は市の土地に旧町でいえば町の土地を借りて県が造林をして、それの売り上げは配分、いろいろ経費を引いて半分ずつというような造林の仕方だと思いますけれども、要するに土地が市のだと。だから、土地の上に家を建てるとか何とかは、それは自分の土地に建てるんだから、許可は要らんでしょうけれども、しかしボーリングを掘る、もうそれ、自分の市の土地だから、掘るのはいいだろうけれども、水を上げるというふうになると、地域の人に絶対影響が来ると考えなかったんですかね。どうですかね、そこら辺のところは。今、市長は影響はないと言われましたけれども。もう一度そこら辺のところ。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 ボーリングの場所の選定につきましては、先ほども申し上げましたとおり、地元説明会での意見、これを聞いております。それと現地調査、また水源の調査、それと先ほど申されました釘山とか前谷地区への集落への距離、これをいろいろ考えまして、今の場所の決定をいたしております。



○議長(日向義忠君) 

 8番、黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 地元住民の調査を行なって、どの自治会ですか。どこの自治会、どこの地域。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 議員申されますとおり、地元の説明会、これは前谷等には行なっておりません。現地調査と申しましたのは、その場所のここがいいかどうかの調査をしたということでございます。



○議長(日向義忠君) 

 黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 肝心かなめの地元にはせずに、要するに専門家の地理院か、何と言うんですかね、あれは。土地分布図とか、その地理院の専門家のようなそういう方に相談して場所を設定したと、しかし地元の人には説明はしとらんと、そういう意味でいいんですか。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 水源の影響範囲でございます。これにつきましては、先ほど申しましたとおり、周辺集落への距離、これを一番目安としております。これは一番近い所で、矢次地区、これが現在掘っているボーリングから800メーターございます。それと、前谷までは1,100メーターの距離がございますので、影響は少ないということで考えております。



○議長(日向義忠君) 

 黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 だから、何度も言っていますよね。それは水道用の上水のボーリングの位置を言っているんでしょう。農業用もあるんですよ。だから、前谷地区に上水がありますよね、市の水道の井戸ポンプが。それが旧町のときに、旧町が先にそこに堀ったわけですよ。堀った。それで、農業用の井戸をそのある程度の距離の所に県事業で掘ろうとした。そしたら、そこは近過ぎるからだめだとはねられた。

 それで、逆も言えるんですよ。農業の人が先に掘っとったとするでしょう。その近くにいくら市の土地だからといって掘って、それは強行するんですか、もしそういう場合が出てきた場合は。

 だから、全く自分たちの水道部の水だけしか考えていない。今の話を聞くと。

 大体、環境アセスメントがないというんです。50億ですよ、50億、予算が。どういう調査をして、余ったちょっとの水を50億かけて、加津佐、口之津まで送るんですか。

 これを見たら10年後、20年後、30年後は、全部北有馬から送るような配線をするんでしょう。そういう計画しか見えないですよ。50億もかけて。

 今はそうかもしれんけれども。だから、これじゃ説明になりませんよ。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 ただいま50億ということで、計画のことでございますけれども、一応66億、今予定をいたしております。

 それと、水源につきましては、周辺の調査と申しましたけれども、周囲は全部山でございます。ほとんど800メーターから1キロメートルは全部山で、そういった農業用水はないということで一応確認をいたしております。

 それと、申し訳ありません。北有馬町から水源をやるということで、余剰水をやるということで、ご質問でございますけれども、これにつきましては、委員会でもご説明を申し上げておりますが、南有馬町からも北有馬からも余剰水を抜いて約1,000トンの水を口之津、加津佐のほうにも回します。そういったことで、あっちの余剰水とか、下の余剰水とか、そういったことを計画をいたしてしております。

 それと、市内全体の、8町ですけれども、これも水道を全部連絡管で結んでしまって、それぞれの水のやりとり、こういうことも一応計画に入れております。以上です。



○議長(日向義忠君) 

 黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 60億を50億にするのを、私も相当いろいろ計算してもらったんですよ。なぜかと。10億は東部のほうでしょう。私は、東部のことは何にも言っとらん。北有馬からの4カ町のことが、約50億になるということでしょうが。

 東部が大体10億かかるんでしょう。だから、約っていつも言うでしたい。おたくの部下が約って言うから、私も約ばつけよる。でしょう。

 それで、余剰水があと、南有馬から一部運ぶんだと言われました。土地は南有馬ですよ、確かに土地は。例えば、じゃ今度は山じゃなくて、平場のほうにいきますか。南有馬干拓、これは副市長が多分よくご存じかな。干拓にボーリングを掘りましたよね、干拓に。干拓のボーリングは圧力が強いやつをぼんぼん上げた。そしたら、どこに影響がきたか。北有馬小・中学校、轟川、谷川地区あたりのわき水がかれたり、少なくなったり。これは干拓は国家事業です。だから、国が多分補償していると思いますよ。補償、もらった人が言っているんですから。

 そのとき、松尾副市長はどういう立場におられたか分かりませんけれども、もしご存じだったら、知っている限りのことを知りたいんですけれども。



○議長(日向義忠君) 

 松尾副市長。



◎副市長(松尾義博君) 

 その干拓の水のことにつきましては、よく承知をいたしておりません。その前でございますが、私、少々風邪ぎみでございますので、声がちょっと悪いと思いますが、お聞き苦しい点ございましたらご了承いただきたいと思います。

 この確かに、8番、黒岩議員がおっしゃるように、地下水のことですから、それは私ども専門家じゃございませんで、どういうふうに、どういうことになってくるかということは、なかなか分からないわけでございます。あたかも北有馬のご心配になる向きは十分分かります。そうした場合に、付近の住民の方々の水がどういうふうに枯渇をしていかないかなということは私もよく分かりますし、皆さん方にご迷惑をかけないようにということで、水道部といたしましても、当初計画をいたしておりました所につきましては、昨年の9月に説明会をしたらば、ここはどうにもならんというふうなことであったと。

 方々探しまして、今までの例、それから専門家等のご意見等も聞きながら、これは今までの例から申し上げますと、約800メートルぐらい離れた所なら大丈夫であろうと。既存のそういうボーリングも含めて、大丈夫だというふうなことでございます。

 そういうふうなことから、いかにもその市有地であろうとも、そういうこともかんがみまして、現在、北有馬の論所原、通称論所原ですかね、そちらに試掘をさせていただいたと、掘らせていただいたと、確保したということでございますが、これもその一つの皆さん方に困らないようにと、この困っている所に痛みを分かち合うといいましょうか、そういうことがないようにと、さらにそれに万全を防ぐために、南有馬町から、余剰水というのは、甚だ表現が悪いかもしれませんが、過去、もう10年、20年ぐらい、ずっと南有馬町で水道水で使っているボーリングをした所がございます。

 まだ、今使っておりますけれども、これこそ私は余剰水だと思いますが、ずっとすたっているという所がございます。この水をどうにかできないかと、水道部長のほうに私もそういうことでいたしました。

 しかし、これではまた、この余っている水以外にも確保しておかなければどうしても安心ができないということで、北有馬町のほうにさせていただいた次第でございます。

 したがいまして、地下水でございますので、今後どういうふうに変わっていくかということにつきましては、それは保証はできませんけれども、やっぱり今困っている住民の皆さん方に、これは安定的に水を供給しなければいけないということで、過去の例、専門的な方々のご意見を聞きながら、北有馬町の論所原に掘らせていただいて、そしてその南有馬町からの余剰水、これはもう目に見えてずっと、素人ですから分かりませんが、ずっとそれを汲らないと、砂をかむというわけですよ。こんなにもう川に流さんでいいんじゃないかと。私はもう素人ですからあれですが、そうしないと、機械にかんでしまうと。だから、そういうふうな水を取って全部使う。そういうことで、南有馬町からと北有馬町からとあわせて口之津、加津佐の方面に送るというふうなことで確保したということでございます。

 この前の2月15日に全員協議会でご説明させていただいたのも、そういうご説明でなかったかというふうに思うわけでございます。

 どうか、そういうことで口之津町、加津佐町の方面、あるいは皆さん方のそういう連絡管をつなぎながら、一番困っているご家庭に、また未普及地帯の皆さん方に困らないように水を供給しようと、こういう考えでございますので、どうぞご理解いただきますようにお願いを申し上げたいと思います。



○議長(日向義忠君) 

 黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 それは、水がない所は、水がどうか確保できるようにせんばいかんと思います。それは分かります。

 だったら、住民の人が納得できるような環境アセスメントをするなり、説明を十分するなりして事を進めんば、私たち議員でもぱっと見せられて、1カ月で採決しろと言われても、どう、町民の方に説明できますか。

 専門家、専門家って、住民が説明したって、住民は反対側を言うとるでしょう。論所原じゃなくて、反対側を。場所は。全く地域の住民には説明せずに、専門家で分析して、いや、それはいいんです、私がここで言うだけで終わればね。住民の人が、いや、それはもう副市長が言わすごったいと、北有馬の人が何も言わっさんなら、それはもうそれで結構、私もね。住民の人が何も言わっさんやったらそれでいいんですけれども、ただ私が地元として育ってきて、いろいろ水の事情は、ある程度は知っているつもりですので、一応こういう質問をしているんです。

 例えば、8月の雨が少なくなったときに、北有馬の川、有馬川大きいですよ。各段階にいかりがあり、一番最後のいかりは鉄橋の所にあるあのいかりですよね。じゃ、8月にあそこから、余り水が出ていますか。出ていませんよ。あそこだって干上がるんですよ。

 だから、あちこちで今ボーリングをいっぱい掘っているんです、農家の方は。地下層なんですよ、地下層。それは全部つながっているんですよ。

 それで、今、副市長は、南有馬から送ります、南有馬からも送りますとこう言われた。確かに南有馬ですよ、川の左側であるけれども、福祉センターはね。福祉センターは確かに南有馬ですよ。あれは、しかし層は北有馬から来ている層がほとんどですよ。

 容量、水が出るからといってぼんぼん掘ったら、こういう例があるそうなんですよ。1回どこかのボーリングを上げていて、それに塩水が入ったら、その地域の地下水にはみんな塩水が入って上がるそうなんですよね。

 だから、上げる量も、北有馬、今掘れば出るんですよ。出ます。出るけれども、必ず資源ですので減っていきます。だから、そういうのを考えた場合、一番上、頭からじゃんじゃん取っていかれれば、下はちっとずつ少のうなっていきます。それは、10年後、20年後、孫の代にはね。

 だから、そういうのをちゃんと調査して、調査用紙もない、アセスメントもないんでしょう。口頭だけでしょう、大丈夫ですよ、大丈夫ですよって。私たちもあんた、町内へ帰って、大丈夫ですよ、大丈夫ですよ。これ口だけですか。

 20年後、30年後は、あんた地下水はいっちょん出んごとなったと。

 だから、心配するとは分かると言わすなら、心配せんでいいような調査書を出してもらいたい。

 私たちも、これは1年、1年以上、1年か何年かかかって調べねば、なかなか農業のボーリングの本数も分からんような状態ですよ。

 それで、何でその地域の地下水の状態が分かるんですか。専門家の人は、それは農業用水のポンプの井戸の数なんか調べておりませんよ。層だけでしょう。

 だから、一応、今日はもう最後ですのでこのぐらいにしておきますけれども。そう簡単にね。もう一回だけお願いしておきますけれども、アセスメントがもしなかったら、作る計画はないのか。どうですかね。



○議長(日向義忠君) 

 水道部長。



◎水道部長(神島道守君) 

 ただいまのご質問でございますけれども、これにつきましては地元周辺につきましても、よく調査を今からもしていきたいということで考えております。



○議長(日向義忠君) 

 市長。



◎市長(松島世佳君) 

 黒岩さんのおっしゃったこと、よく分かります。私自身も実は水源の森ということで、上原40町に、5年にわたって植樹をしようということで、ブナとかドングリとか、いわゆる水源を涵養する林を作ろうということで、実はイオン環境財団のほうにお願いをして、できるように3月9日には調印式だと、この前も申し上げました。

 今、黒岩議員がおっしゃった、例えば北有馬地区に、それがたまたま上原ですから、山頂の一番頂上です。

 幸いなことに北有馬町、あるいはこの東部地区については、水源がある程度豊富でという認識を持っております。おっしゃるような危惧というもの、当然ないとは言いません。北有馬地区においてもですね。

 そういうことであるということであれば、私は水というのは命の水、まさに一番大事な問題です。そのことについても、水源涵養すべく、8町のそれぞれの山頂、あるいは林、いわゆる県行造林という話が出ましたけれども、昔、かつて日本は県行造林について、経済林重視で植林をしてまいりました。しかし、これは決して水をためる森ではなかった。すなわち、杉とかヒノキというのは水源の森としては決してふさわしくない林、森なんですよね。

 だから、私もこれから、たまたま、イオンのお力を借りて水源の森、CO2削減、まず環境問題に関しての上原地区に植樹をしますけれども、全市にわたってそういう悠久の未来に向かっての水源の確保ということ、そのことを十分視野に入れながら、さまざまな現実的な施策を展開をしていきたいと、こういうふうに思っておりますので、どうぞ黒岩先生におかれてもご理解をいただきたいと、よろしくお願いをいたします。



○議長(日向義忠君) 

 8番、黒岩議員。



◆8番(黒岩英雄君) 

 大体のところはどういったいきさつかというところだけは分かりましたけれども、内容的なことは、まだまだ今からだと私は思っております。

 ですので、来月の17日、最終、採決、上程される、それまでにできれば取り下げてもらいたいなというのをお願いして、質問を終わらせてもらいます。



○議長(日向義忠君) 

 これで、8番、黒岩英雄議員の質問を終わります。

 本日の日程はすべて終了しました。

 次の本会議は明日2日、定刻より開きます。

 本日はこれにて散会といたします。

     午後3時44分 散会