議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 雲仙市

平成 22年 第2回臨時会(5月) 05月18日−01号




平成 22年 第2回臨時会(5月) − 05月18日−01号









平成 22年 第2回臨時会(5月)



出席議員(26名)
1番  林 田  哲 幸  君       2番  坂 本  弘 樹  君
3番  酒 井  恭 二  君       4番  平 野  利 和  君
5番  浦 川  康 二  君       6番  大久保  信 一  君
7番  深 堀  善 彰  君       8番  前 田    哲  君
9番  上 田    篤  君      10番  町 田  康 則  君
11番  森 山  繁 一  君      12番  前 川    治  君
13番  大久保  正 美  君      14番  小 畑  吉 時  君
15番  元 村  康 一  君      16番  井 上  武 久  君
17番  柴 田  安 宣  君      18番  小 田  孝 明  君
19番  岩 下    勝  君      20番  福 田  大 東  君
21番  町 田    誠  君      22番  岩 永  基 和  君
23番  中 村    勲  君      24番  中 村  一 明  君
25番  松 尾  文 昭  君      26番  石 田  ? 春  君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定に基づく出席者
       市長             奥 村 愼 太 郎 君
       副市長            町 田 義 博 君
       副市長            境 川 秀 生 君
       総務部長           畑 中 隆 久 君
       農林水産商工部長       酒 井 利 和 君

議会事務局
       局長             力 野 和 久 君
       次長             林 田 英 明 君
       参事補            関 雄 介 君
       主査             和 田 香 恵 君
       主事             前 田 雅 廣 君

平成22年5月18日(火)議事日程

議事日程 第1号
┌────┬───────┬──────────────────────┬──────┐
│日程番号│議案番号   │件          名          │備  考  │
├────┼───────┼──────────────────────┼──────┤
│1    │       │会議録署名議員の指名            │      │
├────┼───────┼──────────────────────┼──────┤
│2    │       │会期の決定                 │      │
├────┼───────┼──────────────────────┼──────┤
│3    │発議第2号   │諫早湾干拓潮受堤防排水門の開門に反対する  │      │
│    │       │意見書(案)について            │      │
└────┴───────┴──────────────────────┴──────┘




=午前10時00分 開会= 



○議長(石田?春君) おはようございます。これより平成22年第2回雲仙市議会臨時会を開会します。

 議事日程第1号により、本日の会議を進めます。

───────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(石田?春君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、9番、上田篤議員、10番、町田康則議員を指名します。

───────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(石田?春君) 日程第2、会期の決定を行います。

 本臨時会の会期は、本日5月18日の1日間とすることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。従って、本臨時会の会期は、本日5月18日の1日間とすることに決定しました。

───────────────



△日程第3.発議第2号



○議長(石田?春君) 日程第3、発議第2号諫早湾干拓潮受堤防排水門の開門に反対する意見書(案)についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。松尾文昭議員。



◎25番(松尾文昭君) おはようございます。提案理由につきましては、意見書の朗読をもって提案理由の説明にかえたいというふうに思います。

 なお、修正、訂正分をちょっと言いますので、訂正方をお願いをいたしたいと思います。

 上から8行目の平成20年6月というのを7月に訂正ということでお願いいたしたいと思います。

 それでは朗読をいたします。

………………………………………

 発議第2号 諫早湾干拓潮受堤防排水門の開門に反対する意見書(案)について

………………………………………



○議長(石田?春君) ここで10時40分まで暫時休憩をいたします。

=午前10時06分 休憩= 

=午前10時40分 再開= 



○議長(石田?春君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

 松尾文昭議員。



◎25番(松尾文昭君) 失礼します。先程意見書については朗読をいたしましたけれども、この意見書についての提出者、あるいは賛成者について、漏れておりましたので発表をいたします。

 提案者、雲仙市議会議員、松尾文昭、賛成者、柴田安宣議員、同じく大久保正美議員、大久保信一議員、浦川康二議員。

 以上でございます。



○議長(石田?春君) これから質疑を行います。質疑の通告があっておりますので、発言を許します。9番、上田篤議員。



◆9番(上田篤君) この意見書案の文書について、その意味するところをお尋ねします。

 この意見書案の本文の一番下から3行目、有明海の漁場や農業を初め、背後地の人々の安全安心な生活を脅かすような開門を絶対に実施しないよう強く求めるという文書があります。この文書がよく理解できないのですけれども、その2つのうちのどれかということで聞きたいと思います。意味するところですけれども、その安全安心な生活を脅かさない開門方法であればいいのかと。この文書の意味するところですね。これが一つ。もう一つは、開門は必ず安心安全生活を脅かすものであり、断固反対という意味なのか、どちらなのかですね。そして、もし2であれば、必ず脅かすものであるというふうに考えているのであれば、この文書でも強調してある環境アセスメントが実施されていないもとで一体何を根拠にそのように断定するのか、お願いします。



○議長(石田?春君) 松尾文昭議員。



◎25番(松尾文昭君) 今、開門することによって脅かされるかということ、脅かさない開門方法はないのかということですけれども、意味としては、2番の開門は、必ず脅かすものであり、断固反対するということなのですけれども。それはどういうことかと言いますと、調整池に潮が入ることによって、そこに営農されておる営農者については、死滅状態になると。潮を入れるだけでも、その水というものは使えなくなるということと、背後地の防災機能が維持できないということが大きな2つの理由でございます。

 以上です。



○議長(石田?春君) 上田篤議員。



◆9番(上田篤君) 今の説明を聞きましたけれども、この文書でも、今問題としている文書の上のほうに、防災や農業、漁業、環境等への影響を正確に検証するための環境アセスメントの実施が不可欠というようになっているんです。ですから、このアセスメントがなくて、今出てないわけですよね。それでさっきの塩害とか水の問題を言われましたけれども、一体それは何を根拠にそう言っているのかを私聞いたんです。どういう理由かじゃなくて、根拠は一体何なのかということを聞いたんですけれども、どうでしょうか。



○議長(石田?春君) 松尾文昭議員。



◎25番(松尾文昭君) お答えいたします。

 国は、環境アセスメントの結果を踏まえてということを言っているわけですね。その環境アセスメントがはっきりしないうちに開門をして調査しようと。することについては絶対反対だということは、先程述べたとおり、潮を入れることによって営農がつぶれる。背後地のそういった防災機能が低下するということでございます。

 以上です。



○議長(石田?春君) 上田篤議員。



◆9番(上田篤君) 松尾議員が言っている中身は理解できるんですけれども、それを一体どういう機関の、どういう人の研究成果というか、それを根拠にして言っているのかということを聞いているわけです。そういう塩害は問題ないという人もいるわけですから、実際いろんな資料に出ていますからね。何を根拠に言っているのかということを聞いているんですよ。



○議長(石田?春君) 松尾文昭議員。



◎25番(松尾文昭君) 何を根拠にということで、今潮水を入れても被害がないというようなことを言われましたけれども、潮を入れることによって農地が死滅するんだということは、この間5月1日に営農支援センターを調査した折に、よく説明を聞いたというふうに思うんですけれども、あの調整池については、すべて本明川の河口敷までが調整池として営農の用水路として利用されている。その利用されている調整池が、潮を入れることによって被害がないと言われましたけれども、入れるだけでも用水としては全然機能しないということと、排水が全然不可能と、死んでしまうということでございます。

 以上です。(「わかりませんけど、終わりでしょう」と呼ぶ者あり)



○議長(石田?春君) これで質疑を終わります。

 本案については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論の通告があっておりますので、発言を許します。

 まず、原案に反対者の発言を許します。9番、上田篤議員。



◎9番(上田篤君) 9番、日本共産党の上田篤です。私は、諫早湾干拓潮受堤防排水門の開門に反対する意見書(案)に反対の立場から討論を行います。

 これまで諫早湾干拓事業に関わっては、3つの裁判が行われてきました。福岡高裁では、開門を求める長崎、佐賀、福岡、熊本4つの県民が関わるよみがえれ有明裁判、また、長崎地裁から高裁へ行ったと聞いておりますが、諫早湾干拓事業への長崎県からの公金差し止めを求める裁判、そして長崎地裁では、小長井、佐賀県太良町大浦の漁民の小長井・大浦開門要求裁判です。それに加えて、今年3月11日、新たに瑞穂漁協組合員と国見漁協組合員が、それぞれ開門を求めた裁判に立ち上がりました。これで諫早湾内のすべての漁港から開門を求める漁民が裁判に立ち上がったことになりました。

 これまで、諫早湾内の漁民は、全員が開門反対と言ってきた。長崎県や農林水産省の言い分を事実をもって打ち砕くものです。また、諫早湾内の3漁協組合員の6割に当たる103人が開門を求める署名を行い、4月14日に原告弁護団がこの事実を公表して赤松農林水産大臣に提出しました。

 私が重要だと思うのは、漁民側が漁業と農業と防災の両立のために、早期の開門調査実施を求めていることです。決して農業はどうなってもいいとは言っていないことです。私は、改めてそれぞれの主張を見てみましたが、農業と漁業の両立は可能なことがよくわかりました。

 先程も意見書の提案者からありました農業用水の問題とか、塩害とか、あるいは漁業被害などについても、それを防ぐ手立てはあるということがわかりました。この方向を目指さない限り、農民と漁民との間で、本来ならなくてもいい対立が半永久的に続き、雲仙市の発展にとっても阻害要因になるのではないかと私は心配をします。

 意見書の中で、環境アセスメントがかぎを握っているかのように書かれておりますが、これに大きな問題があります。国は、環境アセスメント終了まで6年はかかると言っているようですが、裁判の中でも、そのころには漁民はいなくなってしまうという悲痛な声も出されています。討議の際にもらいましたこの理解しがたい長崎県の主張というパンフレットにも、このアセスメントについて触れてありまして、強引に事業を推進してきた農政局が主体となって実施するアセスメントに、科学的、客観的、客観性を望むのは不可能であるという記述がありますが、私も同感するところです。

 これまで多くの専門家の研究成果もあります。この開門調査によって、万が一の事態にならないように備えるのは、これは当然のことですが、もし万が一そういうことになった場合、当然国が責任を持って保障するのが当然のことではないでしょうか。

 長崎県知事選挙の最中に、朝日新聞が世論調査を行いました。これは長崎県です。開門調査に賛成が40%、反対は25%という結果でした。また、事業が始まって直後の1998年、今から12年前ですが、この時にも世論調査がありました。長崎県では事業推進賛成が18%、中止見直しが72%です。全国では事業推進8%、中止見直し79%という結果でした。このような国民の声を無視して進められてきたのが今の諫早湾干拓事業です。国の税金、県の税金を使う以上、このような国民・県民の声を無視、あるいは軽視しては、私はならないと思います。

 一日も早い開門が必要だし、それは可能だと私は思いますので、この意見書案に反対するものです。

 同僚議員の皆さんが御賛同くださいますようにお願いいたしまして、私の討論を終わります。



○議長(石田?春君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。5番、浦川康二議員。



◎5番(浦川康二君) 5番、浦川康二です。私は、諫早湾干拓潮受堤防排水門の開門に反対する意見書に賛成の立場で討論します。努めて簡潔に申し上げたいと思います。

 諫早湾干拓事業は、幾多の経緯を経て、昭和61年から防災対策と用水が確保された優良農地造成を目的として事業が着手されました。防災対策では、背後地の防災、特に高潮防止、洪水防止、排水改良等が重視をされ、昭和32年の諫早大水害の洪水量や、伊勢湾台風級の台風による高潮の災害を防ぐことのできる防災機能を目指されております。農地造成につきましては、高生産性農業の育成と環境保全型農業を目的に、調整池は干拓地の農業用水のみに使用するとされております。

 着工後の経緯としまして、平成14年には環境への配慮と工事厳守のため、干拓規模を農地面積を計画の2分の1、672haに縮小し、平成20年3月に完成したものであります。

 現在は、41経営体が入植され、順調に農作物が生産をされております。また、背後地の約3,500haの農地におきましても、排水が改良され、高潮の被害もなく、農地の汎用化による転作や施設栽培が拡大をしております。

 また、漁業につきましても、堤防締め切り後の漁場環境に適合した漁場の構築に多大な努力がなされております。

 このような中で、平成20年7月の常時開門を命じた佐賀地裁の判決が示された際、国はこれを不服として控訴をし、開門調査のアセスメントに向け準備が進められております。理解できないのは、常時開門を不服として控訴をしている国及び与党が、諫早湾干拓事業検討委員会を設置し、検討結果の報告書で開門調査を行うことが至当であると赤松農相に提出していることであります。

 このような国の矛盾ある行動に、地元住民は開門調査を決定されるのに対し、不安な毎日を過ごしている状況でございます。干拓事業が完成をし、事業目的である背後地の防災機能の発揮と優良農地による高品質の作物も順調に生産をされています。開門されることにより、地域住民の安全安心な生活、農業・漁業・自然環境に影響を及ぼすことは明確であります。

 このことから、本意見書に信念を持って賛成するものであります。議員各位の御賛同を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(石田?春君) 次に、6番、大久保信一議員。



◎6番(大久保信一君) 6番、大久保信一でございます。私は諫早湾干拓潮受堤防排水門の開門に対し、反対する意見書に賛成の立場で討論をいたします。

 諫早湾沿岸は、集中豪雨による洪水や台風による高潮に長い間苦しめられてきました。それにより、多くの生命や財産を失い、多大な農業の被害を受けてきた地域であります。その地域の悲願であった諫早湾干拓事業は、昭和61年度に着手をされ、約21年間の長い年月をかけて平成19年度に完了し、平成干拓農地においては、現在既に大規模で先進的な環境保全型農業が展開されております。背後地においても排水不良や塩害もなくなり、施設園芸、ブロッコリー等の野菜の作付も拡大をし、高潮洪水被害等から解消され、安心安全な生活がようやく確保されているところであります。

 一方で、この地域は河川が少なく、その上短いため、雨はすぐ海に流出し、農業用水を地下水に頼っていたため、地盤沈下が進んでいます。調整池の淡水化により、水の反復利用が可能になり、地下水の利用率も減り、農業用水の不足が解消されていたところであります。また、有明海のノリは、平成12年度の不作を除き、豊作で推移しているとお聞きをしております。タイラギ、カキ等も豊作で、特に平成21年度は吾妻先の海岸にも天然のカキも近年に見られないほど大きく育っております。有明海も回復の兆しが見えてきたところであります。しかし、佐賀地裁で開門の調査の判決が示され、平成20年7月10日に当時の農林水産大臣が開門調査を実施した場合、どのような変化や影響を生じるかについて調査、補足、評価を行い、必要に応じて、その影響を回避、提言する措置、環境アセスメントを行うこととしている中、今回政府・与党検討委員会の開門調査ありきではなく、諫早湾干拓の調整池を唯一の犯人とするのではなく、本当の有明が再生のため、筑後川大堰、熊本新港、三池炭鉱海底陥没埋め立て埋め戻し工事、ノリの酸処理、そして有明海に流入河川の水質など、さまざまな要因について調査分析もせず、アセスメントで懸念される開門調査の影響、被害を科学的に検証しない中で、開門調査で直接被害を受ける地元住民、地元農業者の生活を脅かすような開門には絶対反対であります。よって、この意見書提出に賛成をするものであります。議員皆様方の御賛同をよろしくお願いをいたします。



○議長(石田?春君) これで討論を終わります。

 これから発議第2号を採決します。発議第2号を原案どおり可決することに賛成の方は起立を願います。

 〔賛成者起立〕



○議長(石田?春君) 起立多数です。従って、発議第2号は原案どおり可決することに決定しました。

 お諮りします。本臨時会における議決事件について、その条項、字句、数字その他整理を要するものについては、会議規則第43条の規定によりその整理を議長に委任されたいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、これらの整理を要するものについては、議長に委任することに決定しました。

───────────────



○議長(石田?春君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 これをもちまして、平成22年第2回雲仙市議会臨時会を閉会します。お疲れさまでございました。

=午前11時07分 閉会= 



地方自治法第123条の規定によりここに署名する。



 議  長  石 田 ? 春



 署名議員  上 田   篤



 署名議員  町 田 康 則



























































































































諫早湾干拓潮受堤防排水門の開門に反対する意見書



 平成20年3月に完成した国営諫早湾干拓事業は、幾多の豪雨や高潮により尊い生命や財産を奪われ多大な農業被害などを受けてきた雲仙市民にとって永年の悲願であった。

 平成9年の潮受堤防の締め切り後は、その防災効果が遺憾なく発揮され、地元住民はようやく安心して眠ることができるようになったと喜んでいる。また、新干拓地では意欲ある農業者による大規模営農が開始され、背後地においても農地の汎用化による転作や施設栽培が拡大している。

 平成20年7月の常時開門を命じた佐賀地裁の判決が示された際に、国はこれを不服として控訴し、開門調査の環境アセスメントの準備が進められている中で、平成22年4月28日に政府・与党の諫早湾干拓事業検討委員会は「開門調査を行うことが至当と判断する」との報告書を赤松農相に提出した。

 このような国の動向は、地元住民にとって開門への不安を煽るだけであり、決して容認されるものではない。

 平成14年の短期開門調査では、有明海全体への影響は認められないといった結果がすでに報告されており、有明海疲弊の原因を解明するためには有明海全体の検証が必要である。

 地元住民は開門が及ぼす堤防内外への被害を懸念しており、防災や農業、漁業、環境等への影響を正確に検証するための環境アセスメントの実施が不可欠と考えている。

 よって、国におかれては、雲仙市の実情と考えを十分に理解していただき、有明海の漁場や農業をはじめ、背後地の人々の安全・安心な生活を脅かすような開門を絶対に実施しないよう強く求める。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。



 平成22年5月18日



長崎県雲仙市議会  



 

  内閣総理大臣  鳩山 由紀夫 様

  農林水産大臣  赤松 広隆  様

  環境大臣  小沢 鋭仁  様

  内閣官房長官  平野 博文  様

  衆議院議長  横路 孝弘  殿

  参議院議長  江田 五月  殿