議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 雲仙市

平成 21年 第3回臨時会(11月) 11月26日−01号




平成 21年 第3回臨時会(11月) − 11月26日−01号









平成 21年 第3回臨時会(11月)



出席議員(26名)
1番  林 田  哲 幸  君       2番  坂 本  弘 樹  君
3番  酒 井  恭 二  君       4番  平 野  利 和  君
5番  浦 川  康 二  君       6番  大久保  信 一  君
7番  深 堀  善 彰  君       8番  前 田    哲  君
9番  上 田    篤  君      10番  町 田  康 則  君
11番  森 山  繁 一  君      12番  前 川    治  君
13番  大久保  正 美  君      14番  小 畑  吉 時  君
15番  元 村  康 一  君      16番  井 上  武 久  君
17番  柴 田  安 宣  君      18番  小 田  孝 明  君
19番  岩 下    勝  君      20番  福 田  大 東  君
21番  町 田    誠  君      22番  岩 永  基 和  君
23番  中 村    勲  君      24番  中 村  一 明  君
25番  松 尾  文 昭  君      26番  石 田  ? 春  君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定に基づく出席者
       市長             奥 村 愼 太 郎 君
       副市長            金 子 知 充 君
       副市長            吉 田 博 幸 君
       教育長            塩 田 貞 祐 君
       観光物産まちづくり推進本部長 中 山 孝 君
       総務部長           境 川 秀 生 君
       市民生活部長         東 信 一 郎 君
       市民福祉部長兼福祉事務所長  酒 井 忠 信 君
       農林水産商工部長       酒 井 利 和 君
       建設整備部長         緒 方 和 人 君
       教育次長           山 野 義 一 君
       農委事務局長         富 永 篤 君
       国見総合支所長        中 山 敏 君
       瑞穂総合支所長        永 木 徳 敏 君
       愛野総合支所長        朝 永 秀 人 君
       千々石総合支所長       福 島 悟 君
       小浜総合支所長        宅 島 辰 明 君
       南串山総合支所長       井 上 洋 一 君
       代表監査委員         吉 田 正 博 君
       政策企画課長         畑 中 隆 久 君
       会計管理者兼会計課長     溝 内 正 人 君
                     

議会事務局
       局長             力 野 和 久 君
       次長             林 田 英 明 君
       参事補            関 雄 介 君
       主査             和 田 香 恵 君
       主事             松 尾 泰 浩 君
                    






          平成21年11月26日(木)議事日程

議事日程 第1号                                  
┌────┬──────┬──────────────────────┬──────┐
│日程番号│議案番号  │件          名          │備  考  │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│    │      │雲仙市議会議長選挙について         │      │ 
└────┴──────┴──────────────────────┴──────┘






議事日程 第1号の1                                 
┌────┬──────┬──────────────────────┬──────┐
│日程番号│議案番号  │件          名          │備  考  │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│2   │      │雲仙市議会副議長選挙について        │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│3   │      │議席の指定について             │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│4   │      │会議録署名議員の指名について        │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│5   │      │会期の決定について             │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│6   │      │常任委員会委員の選任について        │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│7   │      │議会運営委員会委員の選任について      │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│8   │      │議会広報編集特別委員会の設置及び委員の選任 │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│    │      │について                  │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│9   │      │島原地域広域市町村圏組合議会議員の選挙につ │      │ 
│    │      │いて                    │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│10  │      │雲仙・南島原保健組合議会議員の選挙について │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│11  │      │南高北部環境衛生組合議会議員の選挙につい  │      │ 
│    │      │て                     │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│12  │      │南高北東部環境衛生組合議会議員の選挙につ  │      │ 
│    │      │いて                    │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│13  │      │県央県南広域環境組合議会議員の選挙につい  │      │ 
│    │      │て                     │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│14  │      │県央広域圏西部地区塵芥処理一部事務組合議  │      │ 
│    │      │会議員の選挙について            │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│15  │      │長崎県後期高齢者医療広域連合議会議員の選  │      │ 
│    │      │挙について                 │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│16  │      │長崎県病院企業団議会議員の選挙について   │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│17  │      │雲仙市農業委員会選任委員の推薦について   │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│18  │議案第74号│雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一 │      │ 
│    │      │部を改正する条例の制定について       │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│19  │議案第75号│監査委員の選任について           │      │ 
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│20  │      │閉会中の継続調査申出について        │      │ 
└────┴──────┴──────────────────────┴──────┘


=午前10時00分 開会= 



◎議会事務局長(力野和久君) 皆様おはようございます。本臨時会は、一般選挙後初めての議会であります。議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うこととなっております。

 本日、御出席の議員の中で、石田?春議員が年長の議員であります。御紹介をいたします。石田?春議員の議長席への着席をお願いいたします。

 〔臨時議長 石田 ?春君議長席に着く〕



○臨時議長(石田?春君) ただ今御紹介いただきました石田でございます。地方自治法第107条の規定により、臨時議長の職務を行います。よろしくお願いします。

 これより平成21年第3回雲仙市議会臨時会を開会します。

 去る11月14日、韓国釜山市において発生しました火災事故においてお亡くなりになられた方の御冥福をお祈りするため、黙祷をささげたいと思います。皆様御起立をお願いいたします。黙祷。

 〔黙祷〕



○臨時議長(石田?春君) 黙祷を終わります。御着席ください。

 また、現在治療中の方々の1日も早い回復をお祈りいたします。

 まず、議事進行上、仮議席を指定いたします。仮議席はただ今御着席の議席を指定いたします。

 議事に先立ち、市長より発言の申し出があっております。これを許します。奥村市長。



◎市長(奥村愼太郎君) おはようございます。開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日ここに改選後の初議会となります平成21年第3回雲仙市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には御健勝にて御出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。

 議員の皆様におかれましては、去る11月8日に執行されました雲仙市議会議員選挙におきまして、市民の皆様方の御信任を得られ、雲仙市第2期の市議会議員として栄えある当選をいたされました。ここに市民の皆様とともに心からお祝いを申し上げます。

 特に今回は、これまで30名でありました定数が26名となり、4名の減員となる中、大変な激戦を制しての当選となられたわけでございまして、その分議員お一人お一人には市民の皆様から厚い御期待が寄せられていると考えております。

 もとより、二元代表制のもと、議会議員は民主政治の根幹をなす民意の代表であり、これからの4年間、議員皆様におかれましても市民の皆様方の市政に対する御負託にこたえていただき、市民福祉の向上とさらなる雲仙市発展のため御活躍をいただきますよう御期待を申し上げますとともに、御指導、御鞭撻賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 不肖私も今回の市長選挙におきまして、無投票再選の栄に欲させていただき、再度市長に就任できましたことは誠に光栄に存じますとともに、その責任の重大さを痛感しているところでございます。

 私の市政に対する所信につきましては、来る12月の市議会定例会でその一端を披瀝させていただきたいと存じますが、雲仙市が誕生して4年、雲仙市の市政運営の基本となります雲仙市総合計画などに基づき、各種施策を実施してまいり、ようやく土台づくりができつつあると考えております。

 私は就任1期目の4年間を振り返りながら、初心を忘れることなく、皆様とともに手を携えて市政の発展に全力を尽くしてまいる決意でございます。

 さて、皆様方御承知のとおり、去る11月14日、韓国釜山市で起きました実弾射撃場の火災により、本市吾妻町在住の9名の方が被災をされ、うち6名の方が残念ながら帰らぬ人となられました。残る3名の方は、一命こそ取り止めておられましたが、全身のやけどにより重体、または重傷を負われております。被災された9名の皆様は中学校の同級生として、周囲からうらやましがられるほどきずなが強く、まちおこしの中核的メンバーとして活躍されましたとともに、農業の担い手などとして、そして頑張っておられました。

 今回1泊2日のツアーを楽しみに出かけられたとお聞きしておりましたが、一転、突然の惨劇に巻き込まれ、まだ小さな子どもたちを残し尊い命を一瞬にして奪われた御本人の無念や苦痛、もう会うことのできない御遺族の嘆き、悲しみを思えば言葉もございません。

 また、吾妻町はもとより、雲仙市を担う人材を今回の事故で失いましたことは、雲仙市としても大変な痛手であり、このような事態が起こり、誠に残念でなりません。市民の皆様とともに、お亡くなりになられた方々の御冥福を衷心よりお祈りを申し上げますとともに、御遺族の皆様には謹んでお悔やみを申し上げます。

 また、現在入院治療を続けられている皆様と御家族に対し、心からお見舞いを申し上げ、1日も早い御回復を切にお祈りしております。

 市といたしましては、事故当日の夜から24時間態勢で対策本部を設置し、県の御協力のもと、被災者の御家族の釜山市渡航のための準備を進めるとともに、翌15日には釜山市へ向かわれる御家族に4名の職員を同行させ、被災者の御家族の心のケアなどの支援や現地の情報収集など努めてまいったところでございます。

 また、被災者の御家族に対する心理的ケアについての講習会も実施いたしますとともに、引き続き現地におけるサポート等を行うため、現在も職員の派遣を継続しております。

 なお、入院加療のかいもなく残念ながらお亡くなりになられました被災者の御遺体の引き渡しに際し、病院側から治療費の支払いに係る公的機関の補償を求められたことから、市といたしましては、御遺体の早期帰国を果たすため、旅行会社支払いをすることについての補償を行ったところでございます。

 今後とも被害に遭われた方はもとより、御遺族や御家族に対し、市としてできる限りの支援を引き続き実施してまいる所存でございます。

 それではここで、改選後初の議会であり、新たに議員になられた方もいらっしゃいますので、本日出席しております執行部の職員及び代表監査委員を御紹介させていただきます。

 副市長の金子知充君でございます。同じく、副市長の吉田博幸君でございます。



◎副市長(吉田博幸君) 吉田博幸です。どうぞよろしくお願いいたします。



◎市長(奥村愼太郎君) 教育長の塩田貞祐君でございます。



◎教育長(塩田貞祐君) よろしくお願いいたします。



◎市長(奥村愼太郎君) 観光物産まちづくり推進本部長の中山孝君でございます。



◎観光物産まちづくり推進本部長(中山孝君) 中山です。よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 総務部長の境川秀生君でございます。



◎総務部長(境川秀生君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 市民生活部長の東信一郎君でございます。



◎市民生活部長(東信一郎君) 東です。よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 市民福祉部長兼福祉事務所長の酒井忠信君でございます。



◎市民福祉部長(酒井忠信君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 農林水産商工部長の酒井利和君でございます。



◎農林水産商工部長(酒井利和君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 建設整備部長の緒方和人君でございます。



◎建設整備部長(緒方和人君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 教育次長の山野義一君でございます。



◎教育次長(山野義一君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 農業委員会事務局長の富永篤君でございます。



◎農業委員会事務局長(富永篤君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 国見総合支所長の中山敏君でございます。



◎国見総合支所長(中山敏君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 瑞穂総合支所長の永木徳敏君でございます。



◎瑞穂総合支所長(永木徳敏君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 愛野総合支所長の朝永秀人君でございます。



◎愛野総合支所長(朝永秀人君) どうぞよろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 千々石総合支所長の福島悟君でございます。



◎千々石総合支所長(福島悟君) よろしくお願いいたします。



◎市長(奥村愼太郎君) 小浜総合支所長の宅島辰明君でございます。



◎小浜総合支所長(宅島辰明君) どうぞよろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 南串山総合支所長の井上洋一君でございます。



◎南串山総合支所長(井上洋一君) 井上です。よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 監査事務局長の本多周太君でございます。



◎監査事務局長(本多周太君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 会計管理者兼会計課長の溝内正人君でございます。



◎会計管理者(溝内正人君) 溝内です。よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 執行部の最後に、参事官兼政策企画課長兼男女共同参画センター所長の畑中隆久君でございます。



◎政策企画課長(畑中隆久君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 続きまして、代表監査委員であります吉田正博さんでございます。



◎代表監査委員(吉田正博君) よろしくお願いします。



◎市長(奥村愼太郎君) 以上でございます。よろしくお願いします。

───────────────



△日程第1.雲仙市議会議長選挙について



○臨時議長(石田?春君) 日程第1、雲仙市議会議長選挙についてを議題とします。

 これより議長選挙を行います。議長選挙は投票で行います。

 議場を閉鎖いたします。

 〔議場閉鎖〕



○臨時議長(石田?春君) ただ今の出席議員数は26名であります。投票用紙を配付いたします。

 〔投票用紙配付〕



○臨時議長(石田?春君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

 〔「なし」と言う者あり〕



○臨時議長(石田?春君) なしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 〔投票箱点検〕



○臨時議長(石田?春君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げますが、投票は単記無記名であります。点呼に応じて投票用紙に被選挙人の氏名を記載台において記載の上、順次投票をお願いします。

 〔事務局職員点呼・議員投票〕



○臨時議長(石田?春君) 投票漏れはございませんか。

 〔「なし」と言う者あり〕



○臨時議長(石田?春君) なしと認めます。投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 〔議場開鎖〕



○臨時議長(石田?春君) これより開票を行います。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、1番、林田哲幸議員及び2番、坂本弘樹議員を指名いたします。両名の立ち会いをお願いします。

 〔開票〕



○臨時議長(石田?春君) 開票の結果を報告いたします。

 投票数26票、これは先程の出席議員と符合いたします。そのうち、有効投票26票、有効投票のうち、石田?春14、元村康一君11票、福田大東君1票、以上のとおりでございます。

 この選挙の法定得票数は7票であります。よって、石田?春が雲仙市議会議長に当選しました。



◆26番(石田?春君) それでは、ごあいさつを申し上げます。

 ただ今議員の皆様方に信任を賜り、雲仙市議会議長を仰せつかりました石田?春でございます。改めまして衷心より感謝を申し上げる次第でございます。

 もとより浅学非才な私でございますが、前議長が築かれました輝かしい足跡を汚すことなく、市民の皆さんのために全身全霊を傾けて円滑なる議会運営と議会の充実強化のために、懸命の努力をいたす所存でございます。何とぞ議員の皆様はもとより、雲仙市長を初め執行部、そして職員の皆様方の御指導、御支援を賜りますようお願いを申し上げまして、議長就任のごあいさつとさせていただきます。(拍手)



○臨時議長(石田?春君) これをもちまして私の臨時議長としての職務を終わらせていただきます。御協力ありがとうございました。

 〔臨時議長退席、議長着席〕



○議長(石田?春君) ここで全員協議会開催のため、休憩いたします。

=午前10時29分 休憩= 

=午前10時47分 再開= 



○議長(石田?春君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、議事日程についてお諮りいたします。ただ今お手元に配付しております追加議事日程のとおり、本日の日程に追加し、議題としたいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。従って、議事日程に追加することに決定しました。

───────────────



△日程第2.雲仙市議会副議長選挙について



○議長(石田?春君) 日程第2、雲仙市議会副議長選挙についてを議題とします。

 副議長選挙は投票で行います。

 議場を閉鎖いたします。

 〔議場閉鎖〕



○議長(石田?春君) ただ今の出席議員数は25名であります。投票用紙を配付します。(発言する者あり)(「やっぱよりよき議長の補佐役を選ぶためにはもうちょっと私は時間必要と思うわけです。よければです。私の意見です。皆さんの大方の意見がどうかわかりませんけれども、今1人表明がありましたけれども、皆さんの意見がどうであるか、私の意見です」「議事進行」と言う者あり)

 全員協議会において所信表明がなかったものですから、このまま続けたいと思います。

 〔投票用紙配付〕



○議長(石田?春君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

 〔「なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) なしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 〔投票箱点検〕



○議長(石田?春君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げますが、投票は単記無記名であります。点呼に応じて投票用紙に被選挙人の氏名を記載台において記載の上、順次投票をお願いします。

 〔事務局職員点呼・議員投票〕



○議長(石田?春君) 投票漏れはございませんか。

 〔「なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) なしと認めます。投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 〔議場開鎖〕



○議長(石田?春君) これより開票を行います。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、酒井恭二議員及び平野利和議員を指名いたします。両名の立ち会いをお願いいたします。

 〔開票〕



○議長(石田?春君) 開票の結果を報告いたします。

 投票総数25票、これは先程の出席議員と符合いたします。そのうち、有効投票21票、無効投票4票、有効投票数のうち、松尾文昭君14票、岩永基和君1票、福田大東君1票、柴田安宣君1票、元村康一君1票、小畑吉時君1票、大久保正美君1票、前川治君1票、以上のとおりでございます。

 この選挙の法定得票数は7票であります。よって、松尾文昭君が雲仙市議会副議長に当選されました。

 ただ今副議長に当選されました松尾文昭君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 松尾文昭君、当選の承諾及びあいさつを登壇の上、お願いをいたします。



◆25番(松尾文昭君) おはようございます。ただ今皆様方の御同意をいただきまして副議長という職をいただきました。本当にありがとうございました。

 これから副議長として議長を支え、市民の開かれた議会運営員として努めてまいりたいというふうに思っています。どうか今後とも皆さん方の御協力を切にお願いを申し上げ、簡単ですけれども、就任のあいさつにかえたいと思います。よろしくお願いいたします。(拍手)

───────────────



△日程第3.議席の指定について



○議長(石田?春君) 日程第3、議席の指定を行います。

 議席は、会議規則第4条第2項により、議長が定めることになっております。

 議席の番号と議員の氏名を事務局長から発表させます。力野事務局長。



◎議会事務局長(力野和久君) それでは、議席番号を発表いたします。

 1番、林田哲幸議員、2番、坂本弘樹議員、3番、酒井恭二議員、4番、平野利和議員、5番、浦川康二議員、6番、大久保信一議員、7番、深掘善彰議員、8番、前田哲議員、9番、上田篤議員、10番、町田康則議員、11番、森山繁一議員、12番、前川治議員、13番、大久保正美議員、14番、小畑吉時議員、15番、元村康一議員、16番、井上武久議員、17番、柴田安宣議員、18番、小田孝明議員、19番、岩下勝議員、20番、福田大東議員、21番、町田誠議員、22番、岩永基和議員、23番、中村勲議員、24番、中村一明議員、25番、松尾文昭副議長、26番、石田?春議長。

 以上です。



○議長(石田?春君) ただ今発表いたしましたとおり、議席を指定いたします。早速、指定された議席へ移動をお願いします。

 〔議席移動〕

───────────────



△日程第4.会議録署名議員の指名について



○議長(石田?春君) 日程第4、会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、1番、林田哲幸議員、2番、坂本弘樹議員を指名します。

 なお、会議録署名議員が会議に欠席した際の予備署名議員には、3番、酒井恭二議員、4番、平野利和議員を指名します。

───────────────



△日程第5.会期の決定について



○議長(石田?春君) 日程第5、会期の決定を行います。

 本臨時会の会期は、本日11月26日の1日間とすることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。従って、本臨時会の会期は本日11月26日の1日間とすることに決定しました。

 なお、会期中の日程はお手元に配付しております会期日程のとおりです。

 ここで全員協議会開催のため休憩いたします。

=午前11時09分 休憩= 

=午後1時41分 再開= 



○議長(石田?春君) 再開をいたします。

───────────────



△日程第6.常任委員会委員の選任について



○議長(石田?春君) 日程第6、常任委員会委員の選任についてを議題とします。

 常任委員会の定数は委員会条例第2条により、総務常任委員会は8人、文教厚生常任委員会及び産業建設常任委員会は9人となっております。

 お諮りします。常任委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、総務常任委員会、石田?春、町田誠、小田孝明、前川治、森山繁一、町田康則、酒井恭二、坂本弘樹議員の8名です。文教厚生常任委員会、松尾文昭、中村勲、岩下勝、柴田安宣、大久保正美、深掘善彰、浦川康二、平野利和、林田哲幸議員、以上9名、産業建設常任委員会、中村一明、岩永基和、福田大東、井上武久、元村康一、小畑吉時、上田篤、前田哲、大久保信一議員の9名をそれぞれ指名したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。ただ今指名いたしました以上の諸君をそれぞれの常任委員会委員に選任することに決定しました。

 ここで、正副委員長互選等のため、委員会条例第10条第1項の規定により、各常任委員会を招集しますので、しばらく休憩いたします。

=午後1時44分 休憩= 

=午後3時05分 再開= 



○議長(石田?春君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

 各常任委員会において正副委員長が互選されましたので、結果を報告いたします。

 総務常任委員会委員長、町田康則議員、副委員長、町田誠議員、文教厚生常任委員会委員長、中村勲議員、副委員長、大久保正美議員、産業建設常任委員会委員長、元村康一議員、副委員長、小畑吉時議員、以上のとおりであります。

───────────────



△日程第7.議会運営委員会委員の選任について



○議長(石田?春君) 日程第7、議会運営委員会委員の選任についてを議題とします。

 お諮りします。議会運営委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、町田康則議員、森山繁一議員、中村勲議員、岩下勝議員、元村康一議員、小畑吉時議員、松尾文昭議員、以上7名を指名したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。ただ今指名いたしました以上の諸君を雲仙市議会運営委員会委員に選任することに決定しました。

───────────────



△日程第8.議会広報編集特別委員会の設置及び委員の選任について



○議長(石田?春君) 日程第8、議会広報編集特別委員会の設置及び委員の選任についてを議題とします。

 お諮りいたします。議会活動状況及び議会に関する諸事項を広く市民に周知することを目的に、委員9名をもって構成する議会広報編集特別委員会を設置したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。議会広報編集特別委員会を設置することに決定しました。

 ただ今設置されました議会広報編集特別委員会の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、小田孝明議員、酒井恭二議員、坂本弘樹議員、浦川康二議員、平野利和議員、林田哲幸議員、中村一明議員、上田篤議員、大久保信一議員、以上9名を指名したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。ただ今指名いたしました以上の諸君を雲仙市議会広報編集特別委員会に選任することに決定しました。

 ここで、議会運営委員会及び議会広報編集特別委員会の正副委員長互選のため、委員会条例第10条第1項の規定により、議会運営委員会及び議会広報編集特別委員会を招集します。

 委員会開催のため、休憩をいたします。

=午後3時10分 休憩= 

=午後3時37分 再開= 



○議長(石田?春君) 休憩前に引き続き会議を再開します。

 議会運営委員会及び議会広報編集特別委員会における委員長、副委員長互選の結果を報告します。

 議会運営委員会委員長、岩下勝議員、副委員長、森山繁一議員、議会広報編集特別委員会委員長、小田孝明議員、副委員長、上田篤議員、以上のとおりであります。

───────────────



△日程第9.島原地域広域市町村圏組合議会議員の選挙について



○議長(石田?春君) 日程第9、島原地域広域市町村圏組合議会議員の選挙についてを議題とします。

 本組合は、常備消防及び救急業務、電算業務、介護保険業務等について、雲仙市他2市で共同処理するため組織された組合で、同組合の規約に基づいて5名以内の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦の方法によることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。従って、選挙の方法は指名推薦とすることに決定しました。

 指名の方法については、議長が指名することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議長が指名することに決定しました。

 同組合議員に、石田?春議員、松尾文昭議員、森山繁一議員、前田哲議員、深掘善彰議員を指名します。

 ただ今議長が指名しました各議員を島原地域広域市町村圏組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました各議員が島原地域広域市町村圏組合議会の議員に当選されました。

 会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

───────────────



△日程第10.雲仙・南島原保健組合議会議員の選挙について



○議長(石田?春君) 日程第10、雲仙・南島原保健組合議会議員の選挙についてを議題とします。

 本組合は、医療法に規定する病院の経営及び管理運営等に関する事務について、雲仙市と南島原市で共同処理するために組織された組合で、同組合規約に基づいて4名の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦の方法によることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。従って、選挙の方法は指名推薦とすることに決定しました。

 指名の方法については、議長が指名することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議長が指名することに決定しました。

 同組合議員に、町田誠議員、福田大東議員、井上武久議員、町田康則議員を指名します。

 ただ今議長が指名しました各議員を雲仙・南島原保健組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました各議員が雲仙・南島原保健組合議会の議員に当選されました。

 会議規則第32条第2項の規定により、告知いたします。

───────────────



△日程第11.南高北部環境衛生組合議会議員の選挙について



○議長(石田?春君) 日程第11、南高北部環境衛生組合議会議員の選挙についてを議題とします。

 本組合は、し尿等の収集業務、処分業務等について、雲仙市と島原市で共同処理するため組織された組合で、同組合の規約に基づいて2名の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦の方法によることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、選挙の方法は指名推薦とすることに決定しました。

 指名の方法については、議長が指名することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議長が指名することに決定しました。

 同組合議員に、小田孝明議員、深掘善彰議員を指名します。

 ただ今議長が指名しました各議員を南高北部環境衛生組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました各議員が南高北部環境衛生組合議会の議員に当選されました。

 会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

───────────────



△日程第12.南高北東部環境衛生組合議会議員の選挙について



○議長(石田?春君) 日程第12、南高北東部環境衛生組合議会議員の選挙についてを議題とします。

 本組合は、一般廃棄物の収集及び運搬業務、ごみ処理施設の解体及び廃止に係る事務について、雲仙市及び島原市で共同処理するため組織された組合で、同組合の規約に基づいて2名の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦の方法によることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、選挙の方法は指名推薦とすることに決定いたしました。

 指名の方法については、議長が指名することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議長が指名することに決定しました。

 同組合議員に、平野利和議員、坂本弘樹議員を指名します。

 ただ今議長が指名しました各議員を南高北東部環境衛生組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました各議員が南高北東部環境衛生組合議会の議員に当選されました。

 会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

───────────────



△日程第13.県央県南広域環境組合議会議員の選挙について



○議長(石田?春君) 日程第13、県央県南広域環境組合議会議員の選挙についてを議題とします。

 本組合は、ごみ処理施設の設置・管理及び運営等に係る事務について、雲仙市他3市で共同処理するため組織された組合で、同組合の規約に基づいて3名の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦の方法によることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、選挙の方法は指名推薦とすることに決定しました。

 指名の方法については、議長が指名することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議長が指名することに決定しました。

 同組合議員に、柴田安宣議員、町田康則議員、上田篤議員を指名します。

 ただ今議長が指名しました各議員を県央県南広域環境組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました各議員が県央県南広域環境組合議会の議員に当選されました。

 会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

───────────────



△日程第14.県央広域圏西部地区塵芥処理一部事務組合議会議員の選挙について



○議長(石田?春君) 日程第14、県央広域圏西部地区塵芥処理一部事務組合議会議員の選挙についてを議題とします。

 本組合は、ごみ処理施設の解体及び廃止に係る事務について、雲仙市及び諫早市で共同処理するため組織された組合で、同組合の規約に基づいて1名の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦の方法によることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、選挙の方法は指名推薦とすることに決定いたしました。

 指名の方法については、議長が指名することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議長が指名することに決定いたしました。

 同組合議員に、前川治議員を指名します。

 ただ今議長が指名しました前川治議員を県央広域圏西部地区塵芥処理一部事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました前川治議員が県央広域圏西部地区塵芥処理一部事務組合議会の議員に当選されました。

 会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

───────────────



△日程第15.長崎県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について



○議長(石田?春君) 日程第15、長崎県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙についてを議題とします。

 本広域連合は、高齢者の医療の確保に関する法律に規定する後期高齢者医療制度に関する事務を共同処理するため、雲仙市を含む長崎県の全市町で組織された地方公共団体であり、同広域連合規約に基づいて1名の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦の方法によることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、選挙の方法は指名推薦とすることに決定しました。

 指名の方法については、議長が指名することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議長が指名することに決定しました。

 同広域連合議員に、中村勲議員を指名します。

 ただ今議長が指名しました中村勲議員を長崎県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました中村勲議員が長崎県後期高齢者医療広域連合議会の議員に当選されました。

 会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

───────────────



△日程第16.長崎県病院企業団議会議員の選挙について



○議長(石田?春君) 日程第16、長崎県病院企業団議会議員の選挙についてを議題とします。

 本企業団は、医療法に規定する病院の経営及び病院に併設して行う訪問介護ステーション事業等に係る事務について、長崎県及び雲仙市他5市町で共同処理するために組織された企業団で、同企業団規約に基づいて1名の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦の方法によることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、選挙の方法は指名推薦とすることに決定しました。

 指名の方法については、議長が指名することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議長が指名することに決定しました。

 同企業団議員に、松尾文昭議員を指名します。

 ただ今議長が指名しました松尾文昭議員を長崎県病院企業団議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました松尾文昭議員が長崎県病院企業団議会の議員に当選されました。

 会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

───────────────



△日程第17.雲仙市農業委員会選任委員の推薦について



○議長(石田?春君) 日程第17、雲仙市農業委員会選任委員の推薦についてを議題とします。

 お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦の方法によることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、選挙の方法は指名推薦とすることに決定しました。

 指名の方法については、議長が指名することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議長が指名することに決定しました。

 雲仙市農業委員会選任委員に、岩永基和議員を指名します。

 ここで、岩永基和議員の一身上に関する事件であるため、岩永基和議員の退席を求めます。

 〔岩永基和君退場〕



○議長(石田?春君) お諮りします。ただ今議長が指名しました岩永基和議員を雲仙市農業委員会選任委員に推薦することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました岩永基和議員を雲仙市農業委員会選任委員に推薦することに決定しました。

 岩永基和議員、入場です。

 〔岩永基和君入場〕



○議長(石田?春君) 次に、雲仙市農業委員会選任委員に小田孝明議員を指名します。

 ここで、小田孝明議員の一身上に関する事件であるため、小田孝明議員の退席を求めます。

 〔小田孝明君退場〕



○議長(石田?春君) お諮りします。ただ今議長が指名しました小田孝明議員を雲仙市農業委員会選任委員に推薦することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました小田孝明議員を雲仙市農業委員会選任委員に推薦することに決定しました。

 小田孝明議員の入場(発言する者あり)失礼しました。

 〔小田孝明君入場〕



○議長(石田?春君) 次に、雲仙市農業委員会選任委員に柴田安宣議員を指名します。

 ここで、柴田安宣議員の一身上に関する事件であるため、柴田安宣議員の退席を求めます。

 〔柴田安宣君退場〕



○議長(石田?春君) お諮りいたします。ただ今議長が指名しました柴田安宣議員を雲仙市農業委員会選任委員に推薦することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、ただ今指名しました柴田安宣議員を雲仙市農業委員会選任委員に推薦することに決定しました。

 〔柴田安宣君入場〕



○議長(石田?春君) ここで、16時5分まで休憩をいたします。

=午後3時52分 休憩= 

=午後4時05分 再開= 



○議長(石田?春君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

───────────────



△日程第18.議案第74号



○議長(石田?春君) 日程第18、議案第74号雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。奥村市長。



◎市長(奥村愼太郎君) 提案理由を申し上げます前に、本日新しく御就任されました石田?春議長並びに松尾文昭副議長には御就任誠におめでとうございます。大変な重責ではございますが、健康に御留意をいただき、職務を全うされますよう御祈念申し上げます。

 それでは、提案理由を申し上げます。

 御提案申し上げますのは、一般職及び特別職の職員の給与に関する6本の条例の一部を改正しようとする条例の制定でございます。

 詳細につきましては、担当部長から説明をさせますので、よろしく御審議賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(石田?春君) 境川総務部長。



◎総務部長(境川秀生君) それでは、御説明をさせていただきます。

 議案集の1ページをお開きください。議案第74号雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。

 提案理由にも記載しておりますとおり、平成21年8月11日付の人事院勧告を受け、国家公務員の給料及び期末勤勉手当がいずれも引き下げられることに伴い、本市においても同様の措置を講じるため、雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を制定することについて、議会の議決を求めようとするものでございます。

 2ページをお開きください。雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例(案)でございます。

 この条例は、関係します6本の条例を一括して改正する条例で、第1条及び5ページの第2条は、雲仙市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正、6ページの第3条は、雲仙市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正、7ページの第4条及び第5条は、雲仙市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正、8ページの第6条は、雲仙市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正、第7条及び第8条は、雲仙市特別職の職員の給与に関する条例の一部改正でございます。また、9ページの附則第4項において、関連があります雲仙市職員の育児休業等に関する条例の一部改正をしようとするものでございます。

 なお、各条例の改正内容につきましては、かなり幅広くなっている関係で、別冊で配付いたしております提出議案参考資料に掲載しております議案第74号参考資料に沿って説明を申し上げますので、1ページをお開きください。

 資料下段の●改正の主な内容でございます。

 1の雲仙市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正につきましては、まず?行政職給料表の改正でございますが、一般職の職員の給料を若年層を除き0.2%減額しようとするため、資料4ページから7ページに掲載しております別表のとおり改正しようとするものでございます。

 次に、1ページに戻っていただきまして?の期末勤勉手当の支給割合の改正につきましては、12月に支給する期末手当を0.1月分、勤勉手当を0.05月分減額し、6月に支給する期末手当を0.15月分、勤勉手当を0.05月分減額しまして、合わせまして年間で0.35月分を減額しようとするものでございます。

 また、再任用職員の期末勤勉手当につきましても記載しておりますとおり減額しようとするものでございます。

 2ページをお開きください。次に、?の平成21年12月に支給する期末手当の特例措置につきましては、今年12月の期末勤勉手当について先程御説明いたしましたとおり支給割合を減額する他、民間との年間の給与差を均衡させるための措置として、平成21年12月の期末手当から減額して調整する特例措置を規定しようとするものでございます。

 次に、?でございますが、時間外勤務手当の支給割合について、人事院より平成22年4月から施行される改正労働基準法に準じた改正を行うよう勧告があったことにより、1カ月の時間外勤務が60時間を超えた場合の時間外勤務手当の支給割合を現在の100分の125から100分の150に、また、その勤務が午後10時から翌日午前5時までの間である場合については100分の150から100分の175に引き上げるよう規定しようとするものでございます。

 続きまして、2の雲仙市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正では、ただ今説明いたしました時間外勤務手当の引き上げにかえて代休を指定することができる制度を新設しようとするものでございます。

 続きまして、3の雲仙市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正の内容でございますが、任期付職員につきましても一般職の職員同様、給料表及び期末手当の額及び支給月数を?、?に示しておりますとおり減額しようとするものでございます。

 続きまして、4の雲仙市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部改正の内容でございますが、平成18年3月に交付した雲仙市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を改正するものでございます。

 平成18年4月の給与構造改革により、給料が平均4.8%減額された時に、改正前の給料が据え置かれている職員に対して、その据え置き額を0.24%減額する規定を追加しようとするものでございます。

 3ページをお開きください。続きまして、5の雲仙市特別職の職員の給与に関する条例の一部改正の内容でございますが、特別職の期末手当の支給割合を合わせて0.2カ月分減額しようとするものでございます。

 最後に、6の雲仙市職員の育児休業等に関する条例の一部改正の内容でございます。

 2ページで説明いたしました1カ月60時間を超えた場合の時間外勤務手当の支給割合について、育児短時間勤務職員等に対しましても同様の割合で支給することについて、読みかえる規定を追加する改正でございます。

 なお、本条例の新旧対照表につきましては、提出議案参考資料の8ページから32ページに掲載しておりますので、御参照をいただきたいと思います。

 以上で、議案第74号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(石田?春君) ここで議事整理のため、しばらく休憩をいたします。

=午後4時16分 休憩= 

=午後4時45分 再開= 



○議長(石田?春君) 会議を再開します。

 これから質疑を行います。質疑の通告があっておりますので、発言を許します。9番、上田篤議員。



◆9番(上田篤君) 議案第74号について質疑を行います。

 一つは、人事院勧告が出された場合、地方自治体でも必ずそれに同調しなければならないのか。

 もう一つは、この条例改正により給与総額がいくら減額されるのか。特にこの一般職の職員の給与に関する条例の改正に関わる部分です。お願いします。



○議長(石田?春君) 境川総務部長。



◎総務部長(境川秀生君) それでは、お答えをいたします。

 まず、1点目の人事院勧告が出された場合、雲仙市のような地方自治体も必ず同調しなければならないかというお尋ねでございますけども、この人事院勧告はあくまでも国家公務員を対象として出されるものでございます。ですから、必ずしも同調しなければならないということではありません。しかし、この勧告につきましては、事業規模50人以上、民間企業約5万200件のうちから無作為に抽出した1万1,100の事業所を対象に調査をして、民間の給与を出しております。こういったものに対しては、本市においては人事委員会がありませんので、こういった民間事業所の調査を行っておりますために、人事院が行いました全国の事業所の民間給与に応じた勧告に準じてこれまでも今回も給与改正を行っているところでございます。

 次に、2点目のこの条例改正により給与の総額、いくら減額されるのかということでございますけれども、まず一般職の職員でございますけども、全体で約5,620万円が一般職でございます。それから、特別職が約66万円、合わせて5,700万円程度を想定いたしております。



○議長(石田?春君) 次に、3番、酒井恭二議員の発言を許します。酒井恭二議員。



◆3番(酒井恭二君) 参考資料で説明してあります2ページの下のほうにあります雲仙市一般職の給与に関する条例の一部改正をする条例の一部改正です。そこで平成18年4月の給与構造改革というようにありますけれども、それを含めてもう少し理解できるように説明していただきたいと思います。

 そして、この改正の意義というか、趣旨を説明していただきたいと思います。

 以上です。



○議長(石田?春君) 境川総務部長。



◎総務部長(境川秀生君) それでは、参考資料2ページ、4の平成18年4月の給与構造改革でございますけども、これにつきましては、この平成18年4月に議員も御承知のように、公務員、あるいは一般の給与所得、これの差額といいますか、公務員はこれまで高齢になればなるほど高かった。それで若い人ほど低い。民間はそれが逆になっていたということで、この平成18年4月に高くなっているものを落とそうと、そして低いのを上げようという改正がこの平成18年4月に給与構造改革において行われたわけです。その時に高かった職員をそのまま下げないで現給補償をされている職員がいるわけです。その職員が今おりますけども、その職員の給料についても今回0.24%減額をさせていただきますというふうな改正でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(石田?春君) これで質疑を終わります。

 本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論の通告があっておりますので、発言を許します。

 まず、原案に反対者の発言を許します。9番、上田篤議員。



◎9番(上田篤君) 9番、日本共産党の上田篤です。私は議案第74号に反対の立場から討論を行います。

 反対する理由は2つあります。

 まず1つは、今回のこの改正が政治の失政のツケを労働者、地方公務員に転嫁するものであるということです。この議案には、趣旨として、景気悪化により民間企業における給料、一時金の減少が見込まれるため人事院はということで資料にも説明がありますが、この景気悪化というのは地震とか台風のような天災ではありません。これまでの自民党や公明党の政権が景気を悪くしてきた、そういう人災であり、政治の失敗であると私は思います。そのしりぬぐいを公務員の人件費削減に求めるのは、これは間違いだと思います。11月20日、国会で原口総務大臣も民間で働く人たちが苦しいから公務員も同じように給与を減らすべきだという単純な議論は危険であるというような発言もしております。

 もう1点は、先程答弁がありましたように、雲仙市だけでも5,600万円以上の給与が減額されるということですが、これは景気をさらに悪化させるものになると私は思います。GDP、国内総生産の6割は個人消費が占めると言われております。この個人消費の大半を占める給与を引き下げれば、ますます個人消費は冷え込んでくると、これはいろんな専門家もテレビや新聞で指摘をしております。給与を引き上げて個人消費を温めることこそ景気回復のかぎであると私は思います。今回のような地方公務員の給与の引き下げは、これに逆行するものであり到底認めることはできません。

 以上のような理由から、私は反対するものです。議員皆さんの御賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(石田?春君) これで討論を終わります。

 これから議案第74号を採決します。議案第74号を原案どおり可決することに賛成の方は起立願います。

 〔賛成者起立〕



○議長(石田?春君) 起立多数です。従って、議案第74号は原案どおり可決することに決定しました。

 お諮りします。本日の会議時間は、会議規則第9条第2項の規定により延長することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。よって、会議時間を延長することに決定しました。

───────────────



△日程第19.議案第75号



○議長(石田?春君) 日程第19、議案第75号監査委員の選任についてを議題とします。

 本案につきましては、福田大東議員の一身上に関する事件でありますので、地方自治法第117条の規定により、福田大東議員の退席を求めます。

 〔福田大東君退場〕



○議長(石田?春君) 提案理由の説明を求めます。奥村市長。



◎市長(奥村愼太郎君) それでは、提案理由を申し上げます。御提案申し上げますのは、人事に関するものとして任期満了に伴う議会選出の監査委員の選任でございます。

 詳細につきましては、担当部長から説明をさせますので、よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○議長(石田?春君) 境川総務部長。



◎総務部長(境川秀生君) それでは、議案集の11ページをお開きください。議案第75号監査委員の選任について御説明を申し上げます。

 今回御提案申し上げております監査委員につきましては、提案理由に記載しておりますとおり、雲仙市議会議員のうちから選任する監査委員について、新たに福田大東氏を選任することについて、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めようとするものでございます。

 以上で、議案第75号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますよう、お願いを申し上げます。



○議長(石田?春君) これより質疑を行います。質疑はありませんか。

 〔「なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) これで質疑を終わります。

 お諮りします。議案第75号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。議案第75号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

 〔「なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 討論なしと認めます。

 これから採決を行います。議案第75号は原案どおり可決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、議案第75号は原案どおり可決することに決定しました。

 〔福田大東君入場〕

───────────────



△日程第20.閉会中の継続調査申出について



○議長(石田?春君) 日程第20、閉会中の継続調査申出についてを議題とします。

 各常任委員会委員長、議会運営委員会委員長、議会広報編集特別委員会委員長から、会議規則第98条の規定に基づき、お手元に配付のとおり、閉会中の継続調査申出書が提出されております。

 お諮りします。それぞれの委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 御異議なしと認めます。従って、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 お諮りします。本臨時議会における議決事件について、その条項、字句、数字、その他、整理を要するものについては、会議規則第43条の規定により、その整理を議長に委任されたいと思いますが、異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(石田?春君) 異議なしと認めます。従って、これらの整理を要するものについては議長に委任することに決定しました。

───────────────



○議長(石田?春君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 これをもちまして、平成21年第3回雲仙市議会臨時会を閉会いたします。

=午後5時01分 閉会= 




地方自治法第123条の規定によりここに署名する。

 臨時議長  石 田 ? 春

 議  長  石 田 ? 春

 署名議員  林 田 哲 幸

 署名議員  坂 本 弘 樹