議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 雲仙市

平成 21年 第2回臨時会(5月) 05月29日−01号




平成 21年 第2回臨時会(5月) − 05月29日−01号









平成 21年 第2回臨時会(5月)


出席議員(28名)
2番  大久保  信 一  君       3番  深 堀  善 彰  君
4番  進 藤  一 廣  君       5番  前 田    哲  君
6番  上 田    篤  君       7番  原 田  洋 文  君
8番  吉 田  美和子  君       9番  町 田  康 則  君
10番  松 尾  文 昭  君      11番  森 山  繁 一  君
12番  前 川    治  君      13番  町 田  義 博  君
14番  小 畑  吉 時  君      15番  佐 藤  靖 弘  君
16番  井 上  武 久  君      17番  柴 田  安 宣  君
18番  小 田  孝 明  君      19番  岩 下    勝  君
20番  福 田  大 東  君      21番  増 山  良 三  君
22番  町 田    誠  君      23番  岩 永  基 和  君
24番  荒 木  正 光  君      25番  中 村    勲  君
26番  中 村  一 明  君      27番  石 田  ? 春  君
29番  元 村  康 一  君      30番  酒 井  八洲仁  君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定に基づく出席者
       市長             奥 村 愼 太 郎 君
       副市長            金 子 知 充 君
       副市長            吉 田 博 幸 君
       総務部長           境 川 秀 生 君

議会事務局
       局長             力 野 和 久 君
       次長             林 田 英 明 君
       参事補            関   雄 介 君
       主査             和 田 香 恵 君
       主事             松 尾 泰 浩 君









平成21年5月29日(金)議事日程
                    
議事日程 第1号                                
┌────┬──────┬──────────────────────┬──────┐
│日程番号│議案番号  │件          名          │備  考  │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│1   │      │会議録署名議員の指名            │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│2   │      │会期の決定                 │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│3   │議案第33号│雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の  │総務部   │
│    │      │一部を改正する条例の制定について      │      │
└────┴──────┴──────────────────────┴──────┘

議事日程 第1号の1                               
┌────┬──────┬──────────────────────┬──────┐
│追加日程│議案番号  │件          名          │備  考  │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│1   │発議第3号 │雲仙市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に  │      │
│    │      │関する条例の一部を改正する条例について   │      │
└────┴──────┴──────────────────────┴──────┘




=午前10時00分 開会= 



○議長(酒井八洲仁君) おはようございます。これより平成21年第2回雲仙市議会臨時会を開会します。

 議事に先立ち、市長より発言の申し出があっておりますので、これを許したいと思います。奥村市長。



◎市長(奥村愼太郎君) おはようございます。開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日ここに、平成21年第2回雲仙市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には、御健勝にて御出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。

 お許しをいただきましたので、固定資産の課税誤り及び職員の不祥事について、御報告とお詫びをさせていただきます。

 既に御承知のことと思いますが、このたびの平成21年度評価がえに際し、雲仙市として統一した評価基準によります評価の実施に伴い、すべての固定資産の見直しを行いました結果、固定資産税のうち、土地と家屋の一部について、長年にわたりまして誤った課税がなされていたことが判明をいたしました。今回の課税誤りによります還付金、返還金等につきましては、早急に納税者の皆様に返還できますよう全力で作業を進めております。

 また、過少に賦課されておりました納税者の皆様につきましては、本来であれば、これを法の限度において追徴課税することになりますが、税に対する信頼確保、納税の混乱を招かないこと及び現下の経済状況にかんがみ、過少分の税額相当額を市税条例に基づきまして、申請により減免を行うこととさせていただきました。

 今回の課税誤りによりまして御迷惑をおかけいたしました納税者の皆様へ深くお詫びを申し上げます。

 また、職員が自ら管理しておりました任意団体のお金を私的に着服した件につきまして、去る4月17日、停職6カ月の懲戒処分といたしました。着服額は全額返済されてはおりますが、このような事態が再び発生したことは、市民の皆様の行政に対します信頼を裏切る行為であり、改めてお詫びを申し上げます。

 この件に関しましては、同日付で全職員に綱紀粛正を行ったところであり、さらに、任意団体の経理に関する職員の役割状況の把握や多重債務に関する研修会を行うなど、再発防止に努めているところでございます。

 公務内外を問わず、市民の行政に対します信頼を回復するため、厳正な服務規律の確保に努め、職員一人一人が全体の奉仕者であることを自覚し、倫理の保持に一層努めてまいる所存でございます。誠に申しわけございませんでした。

 それでは、先般の第1回議会定例会以降、4月1日付の人事異動によりまして新たに発令し、本日出席しております幹部職員を御紹介をさせていただきます。総務部長の境川秀生君でございます。

 以上でございます。

───────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(酒井八洲仁君) 議事日程第1号により、本日の会議を進めます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、10番、松尾文昭議員、11番、森山繁一議員を指名します。

───────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(酒井八洲仁君) 日程第2、会期の決定を行います。

 本臨時会の会期は、本日5月29日の1日間とすることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(酒井八洲仁君) 御異議なしと認めます。従って、本臨時会の会期は本日5月29日の1日間とすることに決定しました。

 なお、会期中の日程はお手元に配付しております会期日程のとおりです。

───────────────



△日程第3.議案第33号



○議長(酒井八洲仁君) 日程第3、議案第33号雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、提案理由の説明を求めます。奥村市長。



◎市長(奥村愼太郎君) 提案理由を申し上げます。

 今回御提案申し上げますのは、本年6月に支給する一般職及び特別職の職員の期末手当及び勤勉手当の額を暫定的に減額する特例措置を講じるための条例制定1件でございます。

 詳細につきましては、担当部長から説明をさせますので、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 境川総務部長。



◎総務部長(境川秀生君) おはようございます。それでは、議案集の1ページをお開きください。

 議案第33号雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、御説明を申し上げます。

 提案理由にも記載しておりますとおり、平成21年5月1日付の人事院勧告を受け、国が本年6月に支給する国家公務員の期末手当及び勤勉手当の額を暫定的に減額する特例措置を講ぜられたことに伴い、本市においても同様の措置を講じるため、雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を制定することについて、議会の議決を求めようとするものでございます。

 2ページをお開きください。雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例(案)でございます。

 この条例は、関係します3条例を一括して改正する条例で、第1条、雲仙市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正。第2条、雲仙市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正。第3条、雲仙市特別職の職員の給与に関する条例の一部改正でございます。

 各条例の改正内容につきましては、参考として、提出議案参考資料の新旧対照表を提出しておりますが、具体的には、本日配付いたしました議案第33号参考資料に沿って御説明申し上げます。

 議案第33号参考資料をご覧ください。1枚物でございます。資料中段の改正の主な内容に記載しておりますとおり、雲仙市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正では、一般職員について、平成21年6月に支給する期末手当を0.15月分、勤勉手当を0.05月分、また再任用職員について、平成21年6月に支給する期末手当及び勤勉手当に関し、それぞれ0.05月分を減額する改正を行うものです。

 次に、雲仙市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正では、特定任期付職員について、平成21年6月に支給する期末手当を0.15月分減額するものでございます。

 次に、雲仙市特別職の職員の給与に関する条例の一部改正では、特別職について、平成21年6月に支給する期末手当を0.15月分減額するものでございます。

 なお、平成21年6月のみの特例措置であるため、条例の本則は改正せず、条例の附則を追加し、改正するものでございます。

 なお、この条例につきましては、附則において定めるところにより、公布の日から施行しようとするものでございます。

 以上で、議案第33号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○議長(酒井八洲仁君) ここで議事整理のため11時まで休憩いたします。

=午前10時10分 休憩= 

=午前10時43分 再開= 



○議長(酒井八洲仁君) それでは、会議を再開いたします。

 これから質疑を行います。質疑の通告はあっておりません。これで質疑を終わります。

 本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(酒井八洲仁君) 御異議なしと認めます。従って、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論の通告があっておりますので、発言を許したいと思います。

 原案に反対者の発言を許します。6番、上田篤議員。



◎6番(上田篤君) 6番、日本共産党の上田篤です。私は、議案第33号雲仙市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、反対する立場から討論を行います。

 反対する理由は2つです。1つは、今回の人事院勧告がルール違反だという点です。雲仙市もこの人事院勧告を受けて今回の議案が提案されておりますが、通常は、公務員の夏のボーナスは、その年の7月までの1年間の民間給与実態調査、これに基づく人事院勧告で決められています。

 しかし今回は、人事院はこのルールを破って、4月に臨時調査を実施しました。しかも、通常では1万1千企業を対面調査するのに、今回は2,700社を対象に郵送調査しただけ。非常にサンプル数が少ない。しかも、これまでにボーナスを決定した企業は1割しかないという状況です。この調査がいかにずさんかということが、この点でもわかると思います。これを国会で聞かれた人事院の谷総裁は、全体を反映したかと言えば、そうではないと認めています。こういう調査で、多くの労働者に影響を与えるこのような提案をされることは、私は納得できません。

 2つ目は、景気悪化に水を差すことにつながるという点です。雲仙市も数日前完売された商品券の発行を初め、本当に身を切る努力をしている現在です。このようなずさんな調査による勧告の影響を受ける労働者が全国では600万人に上ると言われております。そして、これを突破口にして、民間の一時金引き下げ、この口実に使われることも予想されます。また、これから審議が始まる地域別最低賃金改定にも冷や水を浴びせるものになるという指摘もあります。

 経済の6割を占めるという個人消費が、この今回の人勧実施によって、そして雲仙市の引き下げによって、ますます内需が低く、弱くなってしまうということが私は心配です。

 一方では、15兆円もの大型補正を組んで景気回復と言いながら、一方で、道理もない、このような労働者の賃金引き下げを行う人勧は到底認められませんし、それに伴って出された今回の議案についても私は賛成できません。

 以上のような理由から反対いたします。



○議長(酒井八洲仁君) これで討論を終わります。

 これから議案第33号を採決します。議案第33号を原案どおり可決することに賛成の方は起立願います。

 〔賛成者起立〕



○議長(酒井八洲仁君) 起立多数です。従って、議案第33号は原案どおり可決することに決定しました。

 ここでしばらく休憩いたします。

=午前10時49分 休憩= 

=午前10時50分 再開= 



○議長(酒井八洲仁君) 再開します。

 次に、議事日程についてお諮りします。ただ今お手元に配付しております追加日程のとおり、本日の日程に追加し議題といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(酒井八洲仁君) 御異議なしと認めます。従って、議事日程に追加することを決定しました。

───────────────

追加日程第1.発議第3号 



○議長(酒井八洲仁君) 追加日程第1、発議第3号雲仙市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。福田大東総務常任委員会委員長。



◎総務常任委員長(福田大東君) 発議第3号雲仙市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 提案理由の説明を行います。

 景気悪化により、民間企業における夏季一時金の大幅な減少が見込まれるため、人事院より勧告が行われ、国家公務員は特別措置として、暫定的に平成21年6月支給の期末手当及び勤勉手当の支給割合を変更することが閣議決定されたこと、及び市においても同様の措置を行われたことに伴い、本市議会においても同様の措置を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 全会一致で御賛同いただきますよう、よろしくお願いをいたします。



○議長(酒井八洲仁君) これから質疑を行います。質疑の通告はあっておりませんので、これで質疑を終わります。

 本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(酒井八洲仁君) 御異議なしと認めます。従って、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論の通告はあっておりません。これで討論を終わります。

 これから発議第3号を採決します。発議第3号は原案どおり可決することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(酒井八洲仁君) 御異議なしと認めます。従って、発議第3号は原案どおり可決することに決定しました。

───────────────



○議長(酒井八洲仁君) これをもちまして、平成21年第2回雲仙市議会臨時会を閉会といたします。大変お疲れさまでございました。

=午前10時52分 閉会= 




地方自治法第123条の規定によりここに署名する。

 議  長  酒 井 八洲仁

 署名議員  松 尾 文 昭

 署名議員  森 山 繁 一