議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 雲仙市

平成 20年 第1回定例会(3月) 02月28日−01号




平成 20年 第1回定例会(3月) − 02月28日−01号









平成 20年 第1回定例会(3月)


出席議員(28名)
2番  大久保  信 一  君       3番  深 堀  善 彰  君
4番  進 藤  一 廣  君       5番  前 田    哲  君
6番  上 田    篤  君       7番  原 田  洋 文  君
8番  吉 田  美和子  君       9番  町 田  康 則  君
10番  松 尾  文 昭  君      11番  森 山  繁 一  君
12番  前 川    治  君      13番  町 田  義 博  君
14番  小 畑  吉 時  君      15番  佐 藤  靖 弘  君
16番  井 上  武 久  君      17番  柴 田  安 宣  君
18番  小 田  孝 明  君      19番  岩 下    勝  君
20番  福 田  大 東  君      21番  増 山  良 三  君
22番  町 田    誠  君      23番  岩 永  基 和  君
24番  荒 木  正 光  君      25番  中 村    勲  君
26番  中 村  一 明  君      27番  石 田  ? 春  君
29番  元 村  康 一  君      30番  酒 井  八洲仁  君

欠席議員(1名)
28番  坂 本    弘  君                     

地方自治法第121条の規定に基づく出席者
       市長             奥 村 愼 太 郎 君
       副市長            金 子 知 充 君
       副市長吉田博幸君教育長    鈴 山 勝 利 君
       総務部長           塩 田 貞 祐 君 
       市民生活部長         井 上 由 文 君
       市民福祉部長兼福祉事務所長  小 川 龍 二 君
       観光商工部長         東 信 一 郎 君
       農林水産環境部長       酒 井 利 和 君
       建設整備部長         島 田 英 俊 君
       上下水道局長         今 崎 正 敏 君
       教育次長           辻 政 実 君
       農委事務局長         本 田 正 好 君
       国見総合支所長        中 山 敏 君
       瑞穂総合支所長        北 平 正 美 君
       愛野総合支所長        朝 永 秀 人 君
       千々石総合支所長       福 島 悟 君
       小浜総合支所長        宮 田 修 一 君
       南串山総合支所長       富 永 篤 君
       代表監査委員         吉 田 正 博 君
       会計課長           溝 内 正 人 君
       企画課長           宮 崎 浩 善 君

議会事務局
       局長             境 川 秀 生 君
       次長             力 野 和 久 君
       係長             本 田 理 恵 君
       主査             和 田 香 恵 君
       主事             松 尾 泰 浩 君
平成20年2月28日(木)議事日程

議事日程 第1号
                                        
┌────┬──────┬──────────────────────┬──────┐
│日程番号│議案番号  │件          名          │備  考  │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│1   │      │会議録署名議員の指名            │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│2   │      │会期の決定                 │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│3   │      │議長報告                  │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│4   │      │市長施政方針                │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│5   │議案第1号 │専決処分した事件の承認について(雲仙市農  │市民生活部 │
│    │      │村地域工業等導入地区における固定資産税の  │      │
│    │      │課税免除に関する条例等の一部を改正する条例)│      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│6   │議案第2号 │長崎県市町村総合事務組合規約の一部を変更  │総務部   │
│    │      │する規約について              │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│7   │議案第3号 │雲仙市ふるさと応援寄附条例の制定について  │企画課   │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│8   │議案第4号 │雲仙市後期高齢者医療に関する条例の制定に  │市民生活部 │
│    │      │ついて                   │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│9   │議案第5号 │雲仙市特別会計条例の一部を改正する条例に  │総務部   │
│    │      │ついて                   │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│10  │議案第6号 │雲仙市手数料条例の一部を改正する条例について│建設整備部 │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│11  │議案第7号 │雲仙市学校給食センターの設置及び管理に関する│教育委員会 │
│    │      │条例の一部を改正する条例について      │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│12  │議案第8号 │雲仙市福祉医療費の支給に関する条例の一部を │市民福祉部 │
│    │      │改正する条例について            │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│13  │議案第9号 │雲仙市国民健康保険税条例の一部を改正する条例│市民生活部 │
│    │      │について                  │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│14  │議案第10号│雲仙市国民健康保険条例の一部を改正する条例に│市民生活部 │
│    │      │ついて                   │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│15  │議案第11号│雲仙市農村公園設置及び管理運営等に関する  │総務部   │
│    │      │条例の一部を改正する条例について      │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│16  │議案第12号│雲仙市工場等設置奨励に関する条例の一部を  │観光商工部 │
│    │      │改正する条例について            │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│17  │議案第13号│雲仙市リフレッシュセンターおばまの設置及  │観光商工部 │
│    │      │び管理等に関する条例の全部を改正する条例  │      │
│    │      │について                  │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│18  │議案第14号│雲仙市営住宅設置条例の一部を改正する条例  │建設整備部 │
│    │      │について                  │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│19  │議案第15号│指定管理者の指定について          │教育委員会 │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│20  │議案第16号│指定管理者の指定について          │教育委員会 │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│21  │議案第17号│平成19年度雲仙市一般会計補正予算(第6号)│総務部   │
│    │      │案について                 │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│22  │議案第18号│平成19年度雲仙市国民健康保険特別会計補正 │市民生活部 ││    │      │予算(第3号)案について          │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│23  │議案第19号│平成19年度雲仙市老人保健特別会計補正予算 │市民生活部 │
│    │      │(第2号)案について            │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│24  │議案第20号│平成19年度雲仙市簡易水道事業特別会計補正 │上下水道局 │
│    │      │予算(第3号)案について          │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│25  │議案第21号│平成19年度雲仙市下水道事業特別会計補正予 │上下水道局 │
│    │      │算(第4号)案について           │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│26  │議案第22号│平成19年度雲仙市水道事業会計補正予算   │上下水道局 │
│    │      │(第3号)案について            │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│27  │議案第23号│平成20年度雲仙市一般会計予算案について  │総務部   │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│28  │議案第24号│平成20年度雲仙市国民健康保険特別会計予算 │市民生活部 │
│    │      │案について                 │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│29  │議案第25号│平成20年度雲仙市老人保健特別会計予算案に │市民生活部 │
│    │      │ついて                   │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│30  │議案第26号│平成20年度雲仙市後期高齢者医療特別会計予 │市民生活部 │
│    │      │算案について                │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│31  │議案第27号│平成20年度雲仙市簡易水道事業特別会計予算 │上下水道局 │
│    │      │案について                 │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│32  │議案第28号│平成20年度雲仙市下水道事業特別会計予算案 │上下水道局 │
│    │      │について                  │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│33  │議案第29号│平成20年度雲仙市と畜場特別会計予算案につ │農林水産  │
│    │      │いて                    │環境部   │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│34  │議案第30号│平成20年度雲仙市国民宿舎事業特別会計予算 │観光商工部 │
│    │      │案について                 │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│35  │議案第31号│平成20年度雲仙市温泉浴場事業特別会計予算 │農林水産  │
│    │      │案について                 │環境部   │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│36  │議案第32号│平成20年度雲仙市水道事業会計予算案につい │上下水道局 │
│    │      │て                     │      │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│37  │議案第33号│字の区域の変更について           │建設整備部 │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│38  │議案第34号│字の区域の変更について           │建設整備部 │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│39  │議案第35号│市道路線の廃止について           │建設整備部 │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│40  │議案第36号│市道路線の認定について           │建設整備部 │
├────┼──────┼──────────────────────┼──────┤
│41  │議案第37号│市道路線の変更について           │建設整備部 │
└────┴──────┴──────────────────────┴──────┘

=午前10時00分 開会= 



○議長(酒井八洲仁君) おはようございます。これより平成20年第1回雲仙市議会定例会を開会します。

───────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(酒井八洲仁君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、24番、荒木正光議員、25番、中村勲議員を指名します。

───────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(酒井八洲仁君) 日程第2、会期の決定を行います。

 本定例会の会期は、本日より3月21日までの23日間とすることに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(酒井八洲仁君) 御異議なしと認めます。従って、本定例会の会期は、本日より3月21日までの23日間とすることに決定しました。

 なお、会期中の日程は、お手元に配付しております会期日程のとおりです。

───────────────



△日程第3.議長報告



○議長(酒井八洲仁君) 日程第3、議長報告を行います。

 報告事項については、お手元に配付のとおりです。

 監査委員から、平成19年度定期監査、随時監査並びに平成19年10月分から12月分までの例月現金出納検査の結果報告書が提出されましたので、その写しを配付しております。

 次に、本日までに受理しました請願・陳情等は、請願・陳情等文書表のとおり、請願2件、陳情1件となっております。

 請願第1号は教育厚生常任委員会へ、請願第2号は産業経済常任委員会へそれぞれ付託します。

 陳情第1号は産業経済常任委員会へ送付します。

 次に、大韓民国求礼郡交流訪問並びに行政調査に、副議長並びに関係議員9名を派遣しましたので報告します。なお、交流訪問並びに行政調査の詳細内容、経費等につきましては、先に配付しました報告書のとおりです。

 次に、全員協議会で報告しておりました島原地域広域市町村圏組合における電算業務及び介護保険業務の単独処理に係る要望書を、去る1月21日、奥村市長へ、さらに、1月25日、松島南島原市長並びに日向南島原議会議長へそれぞれ提出し、単独処理に係る要望を行っております。なお、南島原市への要望は、島原地域広域市町村圏組合議員4名で行っております。

 次に、議長並びに関係議員が出席しました諸事業、会議は、別紙議会関係一般報告のとおりであります。

 以上、議長報告を終わります。

───────────────



△日程第4.市長施政方針



○議長(酒井八洲仁君) 日程第4、市長施政方針について、市長より申し出があっておりますので、これを受けることにいたします。奥村市長。



◎市長(奥村愼太郎君) おはようございます。本日ここに、平成20年第1回定例市議会を召集いたしましたところ、議員の皆様には御健勝にて御出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。

 開会にあたり、市政運営についての所信を申し述べますとともに、平成20年度当初予算について、その概要を御説明申し上げます。

 右肩上がりの経済成長が過去のものとなり、国も地方も厳しい財政状況に直面している今日、合併によりまして新たに誕生いたしました雲仙市が確実に成長いたしますためには、市民の皆様との連携を密にし、新たな時代を切り開く強い意志と市民協働によります行財政運営に挑む姿勢が必要でございます。

 こうした考えのもと、私は、市長就任以来、市政の情報をできるだけわかりやすく提供し、情報の共有化を図るとともに、市民の皆様の御意見を広く市政に取り入れるなど、市政への市民参画を促進しているところであり、今後も引き続き市民主役、市民総参加を第一として市政運営に取り組んでまいります。

 また、本格的な地方分権時代を迎え、常に他の市町と比較されるという自治体間競争の時代の中にありまして、これまでの国や県から言われたことをやるというだけでなく、政策集団として、提案いたします市政の実現に向け努力をしてまいりたいと存じます。

 さらに、厳しい財政状況の中にありましても、市民の皆様の暮らしを直接お支えする事業や、将来の発展のために今手がけなければならない事業につきましては、選択と集中を念頭に積極的に推進するとともに、平成20年度からの取り組みとして、職員の創意工夫によりまして、既存の人材や施設をうまく活用し、特段の予算措置を必要としないゼロ予算事業を取り入れ、さらには、事業実施後、その成果を評価・検証し、評価結果を翌年度以降の事業などに反映する行政評価制度を導入し、市民満足度の高い成果重視の行政への転換を目指してまいります。

 加えて、職員によります公金などの横領や贈収賄、飲酒運転が相次いで判明し、市民並びに議員の皆様に御心配、御迷惑をおかけしましたことにつきましては、ここに改めて深くお詫びを申し上げますとともに、今後、再発防止に向けて、職員全員が心を一つにして、不退転の決意で臨んでまいりたいと存じます。

 また、昨年策定をいただきました雲仙市総合計画を実現していくためには、市の組織体制を施策の方向性に的確に対応させるとともに、責任と権限を明確にした組織体制へ再編することが必要であり、そのための組織改正を4月に行いたいと存じます。

 それでは、以上のような姿勢を基本としながら、新年度に取り組む主な取り組みについて、雲仙市総合計画の6つの基本方針に沿って御説明をさせていただきます。

 1、みんなでつくるまちづくり。

 市民満足度の高い成果重視の行政運営について。

 限られた財源の中で、市民満足度の高い成果重視の行政運営を実現するためには、時代に合わなくなった仕組みや考え方を思い切って見直すとともに、市民の皆様のニーズを的確に捉えて、予算を効果的に配分することが必要でございます。

 このため、市が実施しております事業につきまして、一定の指標を用いてその成果を検証した上で、必要性、効率性、有効性、公平性の観点から評価し、評価結果を翌年度以降の事業内容の見直しなどに反映する行政評価制度を導入をいたします。

 また、合併後実施した事業や施策について、市民の皆様の満足度及び重要度を調査し、調査結果を今後の事業推進等に反映させてまいります。

 住民参加型公募地方債「雲仙ゆめみらい債」の発行について。

 市民の皆様に市が行っている事業に関心を持っていただくとともに、市の資金調達に御協力いただくことを目的として、平成20年度に新たに住民参加型公募地方債「雲仙ゆめみらい債」を発行し、市民の皆様の市政への参画を一層推進してまいります。

 ふるさと応援推進事業について。

 雲仙市をふるさととして都会等でお暮らしになる方々の中には、ふるさと雲仙市を応援したいと考える皆様も多数おられるものと考えます。

 こうした皆様からお寄せいただきます寄附金については、地方自治体への寄附金を対象として住民税の税額控除を講じる、いわゆるふるさと納税制度が平成20年度地方税制改正案に盛り込まれておりますが、雲仙市といたしましては、係る寄附金を積極的に募り、貴重な財源として活用してまいりたいと考えております。

 このため、今議会にふるさと応援寄附条例の制定を提案するとともに、寄附していただいた方々に謝礼として、雲仙市の優れた商品を送付するため、雲仙ブランドを中心とした商品のお土産品の開発を行う予算を計上させていただいております。

 男女共同参画の推進について。

 雲仙市男女共同参画計画につきましては、先般策定したところでございますが、計画の初年度となります平成20年度は、企画課内に設置しております男女共同参画センターにおきまして、男女共同参画に関する情報提供や、啓発及び講座を実施いたしますとともに、関係各部局が実施します各種事業など、さまざまな機会を通じまして、計画の基本理念でございます「男女が互いを認め合い、尊重し、協力し合うまち、雲仙市」を目指し、努力してまいる所存でございます。

 滞納徴収の強化について。

 市税徴収につきましては、市民の不公平感をなくすため、滞納整理班の職員増や徴収専門員の配置などを行い、徴収体制の強化を図っているところでございますが、平成20年度は、滞納徴収をさらに充実するため、徴収専門員を増員いたします他、滞納管理システムを導入し、収納情報の一元化による滞納整理事務の適正化と効率化を図りますとともに、市営住宅使用料や保育料など税以外の徴収金についての活用の検討をしてまいります。

 電算・介護保険事務の市単独処理について。

 現在、島原地域広域市町村圏組合におきまして、半島3市で共同処理を行っております電算・介護保険業務につきましては、市民サービスの向上と経費節減等のために、市の単独処理への移行を目指しているところでございますが、議会におかれましても、両業務の単独化の方針に御理解を賜り、同意が得られていない南島原市及び南島原市議会に対し、電算・介護保険事務の単独処理に係る要望書を提出していただくなど、その推進にお力添えをいただいているところであり、大変心強く、深く感謝申し上げる次第でございます。

 平成20年度におきましても、早期の両業務単独化の実現が図られるよう、本市と同様の方針でございます島原市と連携しながら、南島原市の御理解と御同意をいただくべく精いっぱい努力してまいる所存でございますので、議会におかれましても引き続き御支援と御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 総合窓口の開設について。

 窓口業務につきましては、市民の皆様にとりまして親切でわかりやすい窓口となりますよう、平成20年4月から総合窓口を開設し、市民の皆様が各種届け出や申請、証明書の発行手続を、原則として1カ所で済ませることができるワンストップサービスを提供してまいります。

 今回の総合窓口は、第1期の総合窓口と位置付け、まずは、現在の電算システムで対応可能な業務内容により開設することとしておりますが、電算システムの単独化が実現すれば、さらに市民の皆様にとりまして利便性の高いワンストップサービスを提供してまいる所存でございます。

 また、平成20年4月から新たに、勤務時間内に来庁できない市民の皆様を対象に、予約による証明書等の発行をゼロ予算事業として実施をしてまいります。

 庁舎建設検討事業について。

 庁舎建設の検討につきましては、平成19年度から庁舎建設市民懇話会を設置いたしまして、各地域審議会の意見をもとに、雲仙市にふさわしい庁舎のあり方について、市民の皆様の意見を求めているところでございます。

 平成20年度も引き続き検討をお願いするところでございますが、庁舎建設を行う場合の財政負担等の課題に対し、市民の皆様の御意見として、庁舎建設市民懇話会に御意見を取りまとめていただき、雲仙市にふさわしい庁舎整備のあり方を検討する上での参考とさせていただきたいと存じます。

 行政改革の推進について。

 行政改革につきましては、平成19年3月に策定いたしました行政改革大綱及びその具体的な行動計画を定めた行政◎改革実施計画(集中改革プラン)に沿って改革を推進しております。

 平成19年度におきましては、職員の定員適正化に向けた職員数の削減及び新たな指定管理者制度の導入を図ったところでございます。

 平成20年度は、民間委託等の推進や事務事業の見直しなど、市の担うべき役割の重点化、行政ニーズの迅速かつ的確な対応を可能とする組織、機構の見直し、職員の定員管理及び給与の適正化、電子自治体の推進、並びに、行政評価制度の導入を図ってまいります。

 具体例といたしましては、公立保育所について、公立保育所あり方検討委員会を設置し、公立保育所の今後の運営などについて検討を行い、検討結果を踏まえ、着実に推進してまいりたいと存じます。

 なお、改革の進捗状況につきましては、市報でありますとか、ホームページなどで公表する予定でございます。

 入札制度改革について。

 入札制度改革につきましては、平成18年度に提出された入札制度検討委員会の提言をもとに、平成19年度は制限付一般競争入札の導入と、入札監視委員会の設置を実施いたしました。

 平成20年度におきましては、制限付一般競争入札を3千万円以上の工事に広げますとともに、市内営業所の入札資格要件の制定、系列会社の同一入札への参加制限等を推進し、引き続き公正な入札を目指してまいりたいと存じます。

 合併3周年記念スポーツイベント開催について。

 市民相互の交流を深め、市の一体感をさらに醸成するために、合併3周年記念スポーツイベントを開催いたします。

 まず、合併3周年当日に当たります本年10月11日、土曜日に、合併3周年記念市民体操会として、NHKラジオで毎朝6時30分から生放送で全国に向けて放送されておりますラジオ体操を、吾妻農村広場におきまして開催をいたします。

 翌12日、日曜日には、一昨年開催いたしました合併1周年記念ふれあいスポーツフェスタを継承するものとして、合併3周年記念市民運動会を、愛野総合運動公園を会場として開催をいたします。各種団体の代表者からなる実行委員会を結成し、市民挙げての運動会となるよう計画をしております。

 2、快適で住みよい暮らしづくり。

 下水処理施設整備の推進について。

 生活環境の改善と公共用水域の水質保全を目的に進めております下水処理施設の整備につきましては、千々石地区の公共下水道事業が、平成19年度をもってほぼ完了し、平成20年度は瑞穂地区第2期、吾妻地区第3期の特定環境保全公共下水道事業を引き続き整備をしてまいります。

 浄化槽市町村整備事業につきましては、瑞穂、吾妻の中山間地区を進めてまいります。

 それ以外の地区につきましては、個人設置型の浄化槽を継続して進めてまいります。

 また、下水道の供用が開始された地域におきましては、下水道の意義を御理解していただき、早期接続の減免制度や宅内改造資金の無利子融資制度をさらにPRし、加入率の向上を図ってまいります。

 なお、現在、公共下水道が未整備でございます地域につきましては、今後、引き続き調査・研究をしてまいりたいと考えております。

 安全、安心のまちづくりについて。

 雲仙市防災行政無線の統合につきましては、平成24年度の完成に向け整備をしているところでございます。平成20年度は、当初計画しておりました瑞穂地区の屋外子局・個別受信機の整備に加え、平成21年度以降に予定しておりました吾妻地区及び千々石地区の個別受信機を前倒しして整備してまいります。

 また、合併後初となります総合防災訓練を、本年11月9日に実施をいたします。市民の生命、財産を保護し、安心した生活の確保のため、消防、警察などの防災関係機関を初め、自主防災組織の方々にも御参加をいただき、住民避難訓練や高齢者、障がい者などの災害時要援護者安否確認訓練、火災消火訓練、非常食炊き出し訓練など、総合的な訓練といたします。

 また、市におきましては、本年度、災害時要援護者の方々の安心、安全の確保のため、自助、共助を基本といたしました「雲仙市災害時要援護者非難支援計画」を策定することとしておりますが、平成20年度におきましては、「どのような時に、どのように行動すればよいのか」をわかりやすくまとめました、本計画の概要版を作成し、市民の皆様全世帯へ配布することとしております。

 加えて、災害時要援護者や福祉施設、病院の所在を地図上に表示しました防災福祉マップ「雲仙市地域ささえ愛マップ」を作成をいたします。この防災福祉マップは、県内では初めて作成するものでございまして、支援をお願いする市消防団、各自治会及び消防署、警察署などに配付をし、より一層の市民の安心、安全の充実を図ってまいりたいと考えております。

 急傾斜地崩壊対策事業につきましては、愛野地域1カ所、小浜地域2カ所の3カ所を実施いたしますが、危険箇所については随時指定し、早急に対応を図ってまいります。

 河川改良事業につきましては、千々石金屋川、小浜黒谷川、南串山西浜川の3河川の整備事業を実施をいたします。

 また、地震発生によります住宅倒壊等の防止及び被害軽減を図るため、昭和56年以前に建てられました木造住宅を対象として耐震診断及び耐震改修工事を支援しておりますが、平成20年度も引き続き支援をすることとし、安全、安心の住まいづくりの充実を図ってまいります。

 さらに、住民の救命率の向上に対応するため、昨年、本庁及び各総合支所に自動体外式除細動器(AED)を設置いたしましたが、平成20年度は学校や観光施設など主な公共施設19カ所に設置をし、迅速に対応できる体制を整えてまいりたいと考えております。

 交通網の整備について。

 市内を安全かつ快適に往来できる交通網の整備につきましては、主な市道整備として、諫早湾干拓堤防道路と広域農道との連絡を図るため、市道吾妻平木場線の未整備区間を整備いたします他、国立公園でございます雲仙地区の主要市道新湯小地獄線、湯ノ里線の整備に着手をいたします。

 また、市道国見多比良土黒線浜田橋架けかえ工事につきましては、着工が1年遅れましたが、平成21年度完成に向け努力をしてまいります。

 市道整備の全体といたしましては、平成20年度は47路線の改良工事を予定いたしております。

 雲仙市交通体系の整備について。

 島原半島におきましては、昨年4月の県営バスの半島からの撤退に続き、本年3月末には島原鉄道南線の廃止が予定されており、公共交通に係る住民を取り巻く環境は大変厳しいものがございます。

 このため、市におきましては、平成19年度中に住民の生活交通の確保を図りますための雲仙市地域公共交通総合連携計画を策定し、今後、本計画に沿って、鉄道、バス及び乗り合いタクシーなど、各公共交通機関の連携を図りますとともに、市民の皆様との協働によります、さらなる効率的な交通手段等についての検討を行い、交通事業者、地域住民、行政が一体となった持続可能な交通体系の構築を目指す所存でございます。

 高度情報化の推進について。

 平成18年度に整備をいたしました光ファイバーによります高速回線網につきましては、電光表示板や「ほっと@うんぜん」などの配信サービスに有効に活用しているところでございますが、今後さらに、この高速回線網を活用して、いつでも・どこでも・誰でも情報の利活用ができますことを目指し、雲仙市に即しました地域情報化を推進しますため、平成20年度に「地域情報化計画」を策定いたします。

 また、市役所への電話につきましては、総合支所で用件が済まない場合、これまでは本庁へかけ直しをしていただいておりましたが、平成20年度に、本庁・総合支所間並びに総合支所間同士の内線化を行い、市民の皆様が市役所の本庁、総合支所のどちらへ電話をかけられましても、かけ直しをしなくても済むように整備を図ってまいります。

 自然と共存する地域づくりについて。

 本市のかけがえのない豊かな自然環境を守り、次の世代に引き継ぎますための自然と共生する地域づくりについては、EMを利用した生活排水の浄化対策や、定期的な河川の水質検査、環境カレンダーの作成、配布、さらに、市民の皆様からの要望が多い生ごみを肥料化し循環型社会の形成を促す生ごみ処理機器購入補助事業に積極的に取り組み、自然環境の保全推進に取り組んでまいります。

 また、昨年4月に、長崎大学、長崎県環境部及び雲仙市の3者によります連携、協力を協定いたしました「Eキャンレッジ」プログラムにつきまして、平成20年度は協定の目的でございます雲仙地域におきます環境教育及び環境施策の研究・充実を図るための地域の拠点を形成するため、地球温暖化防止対策行動計画の策定とともに、市内におきまして市民の皆様を対象とした大学の公開講座を実施いたします他、バイオマス資源の循環利用等の新エネルギーに関します検討を行うなど、長崎大学の学生も巻き込んだ活動を展開する予定でございます。

 3、笑顔いっぱいの健康と福祉づくり。

 健康な地域づくりについて。

 市民一人一人が心身ともに健やかな人生を送ることができますよう、平成20年度も各種健診事業、母子保健事業、予防接種事業等に取り組んでまいります。

 中でも、新規事業といたしまして、若いころから健康に関心を持っていただくことで、生活習慣病予防につなげるため、20歳から39歳までを対象にいたしました若年者健診を実施してまいります。

 また、平成19年度におきまして、市民の皆様とともに策定をしております「健康うんぜん21」を行政、市民と一体となって推進し、健康に対する意識を高めることで、健康状態、ひいては生活の質が向上するよう努めてまいります。

 さらに、運動面から健康な地域づくりを推進するための新たな住民組織として、健康推進員を養成し、既存の食生活改善促進員の活動と合わせまして、地域での健康の輪を広げていきたいと存じます。

 また、平成20年度から医療保険者に義務付けられます40歳から74歳までを対象といたしました特定健診、特定保健指導につきまして、雲仙市国民健康保険では、より多くの皆様方に安心して受診をしていただくため、御要望が多かった健診料の個人負担につきまして無料とし、受診率45%の目標達成に努力をしてまいりたいと存じます。

 安心できる高齢社会の実現について。

 高齢者ができる限り要介護状態になることなく、在宅で健康な生活を送ることができますよう、平成20年度も引き続き介護予防や健康教育に努め、相談体制の充実を図るとともに、文化、地域活動等の多様な社会活動への参加を促進するなど、高齢者の生きがい対策を推進してまいります。

 また、ひとり暮らしや高齢者のみの世帯で援助が必要な方の不安の解消、安全確保、安否確認を目的としました緊急通報体制整備事業、配食サービスを行う食の自立支援事業、高齢者の社会活動の範囲を広め自立更生を助長するため、タクシー代の一部を助成いたします高齢者交通費助成事業に引き続き取り組んでまいります。

 また、平成20年4月1日から新たに後期高齢者医療制度が始まることに伴い、雲仙市後期高齢者医療特別会計を設置することとし、今議会に関係条例を提案いたしております。

 平等な社会の実現について。

 障がいのある人もない人も、地域社会の中でともに支えあい、ともに暮らしていくことができる平等で自立を目指した社会づくりのため、平成20年度も障がい者自立支援事業を初め、各種制度のもと事業を継続してまいります。

 また、保健、医療、福祉、就労関係者等で組織をいたします自立支援協議会を平成20年度に設置し、障がいのある人のさまざまなニーズに対応できるよう幅広い分野で一体的に協議を行い、障がいのある人の自立に向けた支援の充実に努めます。

 母子及び寡婦福祉につきましては、母子・寡婦世帯の生活安定と向上を目的に、自立を支援いたしますとともに、関係機関との連携を密にし、雇用促進とあわせ児童の健やかな成長に配慮した母子・寡婦福祉の推進を図ってまいります。

 4、力強い産業と仕事づくり。

 農林水産業の振興について。

 現在、農林水産業におきましては、長期の出荷価格の低迷に加え、世界的、全国的な状況であります原油高騰が、燃油のみならず、生産資材にまで影響を及ぼし経営を圧迫している状況にございます。

 市といたしましては、市内農林水産業の活性化を維持するため、臨時的施策として、制度融資利用者の利子負担が実質無利子となりますよう、利子補給制度を創設して対応を図ってまいります。

 また、農林水産業の振興を目的に、市の単独事業として実施してまいりました「農業パワーアップ対策事業」及び農林水産業の「提案型パワーアップ対策事業」につきましては、平成19年度をもって廃止をし、平成20年度からは「雲仙市農林水産ゆめみらい事業」として再構築を行い、「担い手対策」や「ブランド化に向けた生産振興対策」、「安心安全な産地づくり」などを支援してまいりたいと考えております。

 特に、「やる気のある農林水産業者等の創意と工夫に基づく提案型の事業」につきましては、大幅に採択基準を緩和して支援してまいりたいと存じます。

 また、畜産振興では、肉牛部門での「地域一貫生産体制の確立」を目標に掲げ、新たに雲仙市内で生産された肥育素牛の導入に対する支援を行い、「雲仙牛」のブランド化を推進することにより、地域内肉用牛生産農家の活性化を図ってまいりたいと考えております。

 雲仙ブランドの確立及び流通対策について。

 雲仙ブランドにつきましては、平成20年1月11日に特許庁の商標登録を受け、ブランド確立に向け積極的に取り組んでいるところであり、平成20年度におきましては、雲仙ブランドに認定されました商品を紹介する冊子を作成し、販売促進に活用する他、雲仙観光産業との連携も行い、販売戦略を展開しながら、全国レベルのブランド確立を目指してまいりたいと存じます。

 また、新規事業といたしまして、雲仙ブランド商品を初め市内農林水産物及び加工品、商工製品を一堂に集めた雲仙市産業まつりを開催することにより、市内外に雲仙市の優れた商品をPRし、販路拡大、販売促進を図ってまいります。

 また、イタリアスローフード協会で認定を受けました「雲仙こぶ高菜」「エタリの塩辛」を初め、市内各地域で伝統的に食され継承されております食材などを集めた「伝統食フェア」を開催し、地域に眠っております食文化に光を当て、継承し、新たな品目導入や食品開発に取り組んでまいります。

 さらに、平成20年度から新たに、市内の農林水産物やその加工品を積極的に取り扱う市内の食料品店、飲食店、旅館等を「雲仙市地産地消の店」として認定し、広くPRすることにより、地産地消を推進し、農林水産業並びに食品関連産業の活性化につなげてまいりたいと考えております。

 企業誘致の推進と地場企業の育成について。

 企業誘致の推進につきましては、本市独自の奨励金制度を創設し、各種広報機関紙への掲載や企業訪問により積極的に企業側へアピールしてきたところであり、平成19年度には、1企業の規模拡大が実施され、約40名の新規雇用が見込まれるところでございます。

 また、現在、企業立地促進法に基づきます基本計画について、国の同意を得るべく準備を進めておりますが、同意後は、税の優遇、緑地規制の緩和等の支援措置はもちろんのこと、国に登録されることから、食品加工製造業や機械、電気、電子部品製造業を中心に、全国の企業へさらにアピールできるものと考えております。

 さらに、雲仙市工場等設置奨励に関する条例の奨励業種に「医療業」を加えることにより、医師の確保を図り、安心、安全のまちづくりという基本計画の推進と雇用確保に努めてまいります。

 また、新規立地企業に対し、40歳から55歳までの新規雇用があった場合、奨励金を交付するなど、中高年齢層の雇用促進を図ってまいりたいと考えております。

 一方、地場企業の育成につきましては、優れた事業計画を持って新たに事業を起こしたい、または、経営改革を行いたいという個人や中小企業を対象として、創業や経営改革に係る経費を助成する「雲仙夢トライアル事業」を創設いたしましたことにより、新事業、新産業の創出を図ってまいります。

 また、原油高騰対策につきましては、商工分野におきましても、市内中小企業者が借り入れます長崎県地域産業対◎策資金(原油高騰対策)の利子負担が実質無利子となりますよう、利子補給制度を創設して対応してまいりたいと考えております。

 地域雇用創造推進事業(新パッケージ事業)について。

 本事業につきましては、昨年9月に厚生労働省から採択をされ、平成21年度までの3カ年の予定で、各種の人材育成講座を開催することとしております。

 本年度は農業振興分野で2コース、観光振興分野で4コース、誘致企業・地場産業振興分野で2コースの計8コースの講座を開催し、101名の受講生の参加を得ているところでございます。

 平成20年度は、さらに近年増加傾向にございます外国人観光客に対応できる語学を習得していただくため、「外国語講座」を追加して開催をいたします。

 本事業を通じ、さまざまな分野で優秀な人材を育成し、雇用の創出に努めてまいりたいと存じます。

 5、新しい観光・交流による活力づくり。

 地域資源を生かした観光の振興について。

 農林水産業と並ぶ本市の基幹産業でございます観光につきましては、過去11年間下降傾向にございました雲仙・小浜温泉の宿泊客が、平成19年度には対前年1.7%向上し、ようやく下降傾向に歯止めがかかりました。そのため、平成18年度を底とし、さらに観光客、宿泊客の増加を図るべく、平成20年度は、雲仙市観光協議会の組織強化と事業の充実を支援してまいります。

 まず初めに、組織強化につきまして、事務局長クラスの専任スタッフを全国公募し、外部から招聘いたします。

 事業につきましては、観光課との業務分担を明確にし、観光課は観光施策の企画部門を、観光協議会は宣伝活動をそれぞれ主として担当し、取り組んでまいります。

 また、平成20年度は、外国人観光客、特に韓国及び中国からの誘致に積極的に取り組んでまいります。

 韓国につきましては、昨年5月に韓国求礼郡との姉妹締結を行い、官民ともに交流が活発に図られているところでございますが、平成20年度はさらに観光、農業、スポーツ、文化及び福祉など民間レベルの交流を広げてまいります。

 中国につきましては、本年5月に北京で「日本国長崎県フェア」が開催されますが、雲仙市もこれに参加し、フェア来場者に雲仙市をPRするとともに、大手旅行会社等を訪問し、中国人観光客の誘致を図ってまいります。

 同時に、友好交流を中心とした自治体同士の接触も今後模索をしてまいります。

 また、平成20年度は、5月に1万2千人規模の第108回日本外科学会が、11月には2万人規模のカトリック列福式が長崎市で開催されます。いずれも長崎市だけでは客室が大幅に不足いたします。この不足分をできるだけ数多く雲仙市に取り込むべく努力をしてまいります。

 さらに、今年10月には本市におきまして第14回全国棚田(千枚田)サミットが開催をされます。全市を挙げて歓迎体制をとり、このビッグチャンスを逃さず本市の観光PRに全力を注いでまいります。

 地域間を結ぶ基幹交通網の整備促進について。

 農林水産業、観光業を初めとする雲仙市の産業の発展に大きな効果が期待をされます「地域高規格道路島原道路」及び一般国道57号森山拡幅につきましては、国や県と連携し、早期実現に向け引き続き積極的に取り組んでまいります。

 また、昨年12月22日に暫定開通いたしました「諫早湾干拓堤防道路」につきましては、その利便性を広く宣伝し、隣接する諫早市はもとより、島原半島が一体となって、JR九州、地元バス会社、旅行代理店との連携を強化し、新しい観光ルートの開発を進めてまいります。

 地域間交流の推進について。

 本年1月、長崎県内で初めてサッカーJ2「モンテディオ山形」の長期キャンプを誘致することに成功いたしました。今後、このキャンプを平成20年度以降も継続していただくよう努力しますとともに、これを機にキャンプ応援団など山形県の皆様との交流を進めてまいりたいと存じます。

 また、姉妹都市でございます霧島市との交流につきましては、3月30日に開催されます第2回雲仙クロスカントリー大会に、霧島市から10数名の中学生を派遣していただく予定でございますが、今後さらに市民間交流を促進してまいりたいと存じます。

 韓国求礼郡との交流につきましては、昨年5月の姉妹結縁の締結後、これまでに、両議会の相互訪問や雲仙温泉におきます雲仙&求礼郡祭の開催、本市の農産加工組合の訪問、研修など、官民ともに活発な交流が図られているところでございます。

 平成20年度は、姉妹結縁締結1周年の記念の年になることから、求礼郡での記念式典の開催及び答礼訪問や、民間交流を予定いたしております。

 さらに、市議会の求礼郡訪問の際、求礼郡守から申し入れがございました4月の「押し花展」、7月の「サッカー交流」の求礼郡開催の実現に努めてまいりたいと考えております。

 良好な景観づくりについて。

 雲仙市には、風光明媚な自然景観や個性ある美しい街並みなど、良好な景観が市内各所に残っておりますが、市といたしましては、この貴重な財産を大切に次の世代に引き継ぐことが必要であると考えております。このため、平成20年度から、景観計画の策定及び景観条例の制定に取り組んでまいります。

 また、平成18年3月、市の花にミヤマキリシマを、市の木にヤマボウシを制定いたしましたが、そのPRと普及を図りますとともに、美しいまちづくりを推進するため、平成20年度から市内で住宅を新築された方にミヤマキリシマ及びヤマボウシの苗木を、雲仙市内へ転入された方にミヤマキリシマの苗木を贈呈し、庭に植えていただいたり、窓辺に飾っていただくなどにより、美しい集落を創造する「ミヤマの里づくり事業」を推進してまいりたいと存じます。

 また、雲仙古湯地区では、住民によります手づくりの観光まちづくりを目指して、住環境の改善を含めた再生調査を実施され、まちづくりの住民協定を結ぶなど、街なみ環境整備に向けた取り組みが進められており、市も支援をしてきたところでございますが、平成20年度からは、国の補助事業でございます街なみ環境整備事業によって排水路及び通路の整備、道路の美装、建物の修景整備助成などに取り組んでまいります。

 なお、建物の修景整備につきましては、整備年度ごとに建物修景デザインコンテストを実施をし、市内及び市出身建築士の設計力の向上や市内建設業者の事業量の確保、並びに良好な景観形成の促進を進めてまいります。

 国民宿舎「望洋荘」の施設改修について。

 国民宿舎「望洋荘」につきましては、本年度、施設改修の調査設計を行いますとともに、改修後10年間の財政見通し並びに建設財源の検討を行ってまいりましたが、時宜に応じた料金改定、各種割引制度の創設など積極的な誘客対◎策を行った結果、平成18年度に比べ、1月末累計で、宿泊者が1,105名(20.9%)、休憩者が2,177名(2.5%)の利用増となったところであります。この動きをさらに促すため、平成20年度に大浴場1階への露天風呂の増設や全トイレの改修など、大規模な施設改修に取り組みたいと存じます。

 施設改修後は、積極的なPRに努め、平成22年度の目標を、宿泊利用者1万人、休憩利用者12万5千人と設定をし、利用者増を図ってまいりたいと存じます。

 6、明日を担う人づくりと誇りあるふるさとづくり。

 健やかな子育て対策について。

 児童福祉につきましては、急速な少子化の進行を踏まえ、次代を担う子ども達が健やかに生まれ育つ環境の整備を図るため、各種施策を推進してまいります。

 子育て家庭への支援といたしましては、仕事、育児の両立と地域の子育て支援のための「子育てサポートセンター事業」を引き続き実施するとともに、ゼロ予算事業として、携帯電話のメール機能を活用して子育て情報の発信を行う「子育てサポートメール便事業」や、家庭で不用になりました子育て用品の情報を提供いたします「子育てお宝用品紹介事業」に取り組んでまいります。

 児童保育につきましては、延長保育や一時保育などの保護者のニーズに的確にお応えしますとともに、障がい児保育につきましても、引き続き取り組んでまいります。

 なお、昨年設置いたしました「要保護児童対策地域協議会」などの関連機関との連携をさらに推進し、増加傾向にございます児童相談に対し早期対応、早期解決に努めてまいります。

 特色ある学校教育の推進について。

 平成18年度から展開をしております、雲仙市スクールサポーター事業につきましては、学習活動のつまずきの解消や学習意欲の向上、校外学習における安全確保等、学習活動への支援のみならず、学校図書館の環境整備も含め、児童の読書意欲の向上に大いに成果を上げ、県内各地域から注目を集めているところでございます。

 平成20年度におきましては、これまでの小学校のみの配置から、県内で初めて市単独予算で市内全小、中学校にスクールサポーターを配置し、学校教育法の改正により明確に位置付けられました教育上特別の支援を必要とする児童生徒に対しての障がいを克服するための教育と、子どもたちの読書活動の一層の充実を図っていく所存でございます。

 また、雲仙市には、現在、市立図書館1館と、6つの公民館等図書室がございますが、平成20年度には、平成18年度に整備いたしました光ファイバーによります高速回線網を活用し、これらの施設を結ぶシステムを構築してネットワーク化を図ってまいります。これによりまして、インターネットを利用して、市内のどの図書室からでも、市内はもとより県内の公立図書館等の蔵書を検索することが可能となり、市民の皆様の利便性の向上が図られるものと存じます。

 また、雲仙市の小、中学校には、国のダイオキシン対策強化によって使用できなくなった焼却炉が、小学校に12基、中学校に6基残っておりますが、平成20年度から順次清掃撤去することといたし、平成20年度には全焼却炉18基の設計委託と小学校の3基の清掃撤去に取り組みをいたします。残りの焼却炉につきましても、平成23年度までにはすべて清掃撤去してまいります。

 平成20年度当初予算(案)について。

 以上の取り組みを主な内容として編成いたしました平成20年度当初予算の総額は、一般会計255億8,119万6千円で、前年度に比べまして0.3%の減となっております。また、特別会計及び企業会計を含めた全会計合計は382億2,885万円で、前年度に比べ13.8%の減となっております。

 なお、公共事業につきましては、国が3%の減とし、他の地方公共団体も抑制基調にございます中、本市の一般会計では、設計費等の委託料、工事請負費、用地費及び補償費等の工事関連費を3.7%増とし、一定の事業量を確保いたしております。

 また、平成19年度に引き続き多額の財源不足が見込まれたため、財政調整基金4億円、減債基金15億円を取り崩して不足額を補てんいたしております。

 次に、前定例会以降の市政に関します主な事項などについて御報告を申し上げます。

 職員の不祥事について。

 平成19年12月31日に島原地域広域市町村圏組合(介護保険課)に派遣をしておりました本市職員が、飲酒運転により逮捕されるという事態が発生をいたしました。

 平成18年11月22日に雲仙市職員の交通違反の懲戒処分基準に関する規則を制定をし、職員に対しまして飲酒運転を絶対しないように常々指導しており、年末の仕事納め式の際にも綱紀粛正を指示し、文書通達も行ったばかりの時に、あってはならない事態が発生したことは、雲仙市及び職員に対します市民の皆様の信頼を著しく傷つけるもので、誠に残念であり深くお詫び申し上げる次第でございます。

 当該職員につきましては、同規則に基づき、直ちに当日付で懲戒免職処分といたしました。さらに、収賄罪で逮捕起訴されておりました本市職員の最終公判が平成20年1月29日に行われ有罪判決が下されたため、同日付で懲戒免職処分といたしました。

 このように、職員の不祥事が続いたことに対しまして、改めまして心よりお詫びを申し上げます。今後、三役はもとより、職員に対してさらなる綱紀粛正について徹底を図り、市民の皆様から信頼されるよう全力で取り組んでまいります。

 学校給食における食品の安全確保について。

 中国製ギョーザによります中毒問題につきましては、吾妻・愛野学校給食センターで、11月8日に調理をいたしました給食、6校分1,477食で、ジェイティフーズの自主回収対象の製品を使用していたことが判明をいたしました。幸い、児童生徒に対します被害はあっておりませんでしたが、去る2月1日、市教育委員会を通じまして、各学校給食センターに対し、中国で加工・製造された食品を使用しないこと、また、中国産の野菜などについても、安全性が確認されるまでの間、使用を控えるよう指示したところでございます。

 今回の事例を踏まえ、今後とも、食品の安全性の確保に万全の注意を払い、学校給食におけるなお一層の衛生管理の徹底に努めてまいります。

 仁田峠循環自動車道路の市道認定について。

 仁田峠循環自動車道路につきましては、平成18年度に長崎県から、観光振興の観点から無料開放を前提として雲仙市へ移管したい旨の申し入れがなされております。

 市といたしましては、市道として供用するための再整備費や維持管理費等の財源、また無料開放した場合の誘客効果など総合的に検討いたしました結果、市道として認定、管理することが妥当であると判断いたしましたので、現在、南島原市長に対し、南島原市の行政区域となっております道路の一部については、区域外認定の承認をお願いしているところでございます。

 仮設観光直売所について。

 昨年末の諫早湾干拓堤防道路の暫定供用開始に伴い、市内物産のPRとイメージアップ及び直売所経営のデータ収集を目的に開設いたしました「雲仙市仮設観光直売所」につきましては、開設から約2カ月が経過したところでございますが、出店事業者の皆様の御協力のもと、順調に進められているところでございます。

 現在、出店事業者でもいろいろな試みを実施されるなど、販売努力もあり、1月末日までの1日平均の販売額は約41万円、1日平均の推定来客者数は1,080人と伺っております。3月23日までのわずか3カ月間と短期間ではございますが、販売データやアンケート結果などにより、今後の直売所開設等の参考になるデータ収集ができるものと考えております。

 第10回全国和牛能力共進会の開催地決定について。

 平成24年秋に長崎県で開催されます第10回全国和牛能力共進会につきましては、当初、雲仙市単独で要望しておりました雲仙市内開催を、島原半島内開催へ変更し、島原市及び南島原市とともに強力に県に対して要望してまいりました。昨年末の開催地決定の予定を大幅に延期して検討されました結果、去る2月7日の第4回長崎県実行委員会において、メーン会場を佐世保市、サブ会場を島原市とすることが決定されました。雲仙市といたしましては、今後は、第10回全国和牛能力共進会長崎大会の成功に向け最善を尽くしてまいりたいと存じます。

 市議会議員の皆様、並びに市民の皆様の御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。

 以上をもちまして、平成20年度の主要施策並びに前定例会以降の主な事項等についての説明を終えさせていただきます。

 今後とも市民の皆様と対話を進め、協調、協働いたしまして、さらなる雲仙市発展に全力で取り組んでまいりますので、議員各位を初め市民の皆様方の御理解と御協力を心からお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) ここで、11時20分まで休憩いたします。

=午前11時05分 休憩= 

=午前11時20分 再開= 



○議長(酒井八洲仁君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

───────────────



△日程第5.議案第1号



△日程第6.議案第2号



△日程第7.議案第3号



△日程第8.議案第4号



△日程第9.議案第5号



△日程第10.議案第6号



△日程第11.議案第7号



△日程第12.議案第8号



△日程第13.議案第9号



△日程第14.議案第10号



△日程第15.議案第11号



△日程第16.議案第12号



△日程第17.議案第13号



△日程第18.議案第14号



△日程第19.議案第15号



△日程第20.議案第16号



△日程第21.議案第17号



△日程第22.議案第18号



△日程第23.議案第19号



△日程第24.議案第20号



△日程第25.議案第21号



△日程第26.議案第22号



△日程第27.議案第23号



△日程第28.議案第24号



△日程第29.議案第25号



△日程第30.議案第26号



△日程第31.議案第27号



△日程第32.議案第28号



△日程第33.議案第29号



△日程第34.議案第30号



△日程第35.議案第31号



△日程第36.議案第32号



△日程第37.議案第33号



△日程第38.議案第34号



△日程第39.議案第35号



△日程第40.議案第36号



△日程第41.議案第37号



○議長(酒井八洲仁君) 日程第5、議案第1号から日程第41、議案第37号までの37議案を一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。市長。



◎市長(奥村愼太郎君) 提案理由を申し上げます。

 まず最初に、私から今回審議をお願いしております案件につきまして概略を申し上げます。

 今回お願いいたしておりますのは、条例に関するものとして、雲仙市ふるさと応援寄附条例など、新たに条例制定するものが2件、地方自治法の一部改正に伴う条例改正等が11件、平成19年度補正予算に関するものが6件、平成20年度当初予算に関するものが10件、指定管理者の指定など、その他のものが7件、及び組合規約の変更が1件、以上、合計37案件でございます。

 案件の詳細につきましては、それぞれ担当部長等から御説明をさせますので、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 議案第1号についての説明を求めます。井上市民生活部長。



◎市民生活部長(井上由文君) 議案集の1ページをお開きください。議案第1号専決処分した事件の承認について御説明を申し上げます。

 雲仙市内に工場等を新設または増設することを奨励し、産業の振興と雇用の増大を図るため制定されております雲仙市工場等設置奨励に関する条例は、平成19年3月議会において改正され、条例の対象となる工場等の追加及び用語の定義が整理されたところでございますが、これに伴い、対象工場等の固定資産税の課税免除等を規定しております3つの条例につきましても、所要の改正を行う必要があるため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成20年2月4日付で専決処分を行いましたので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認を求めようとするものでございます。

 議案集の3ページをお開きください。条例改正の内容につきましては、第1条では、雲仙市農村地域工場等導入地区における固定資産税の課税免除に関する条例の第2条で引用し、課税免除の根拠となります雲仙市工場等設置奨励に関する条例の条番号が、第2条第1号から、第2条第2号に改められたことにより改正したものでございます。

 また、第2条の雲仙市過疎地域における固定資産税の課税免除に関する条例及び第3条の雲仙市半島振興対策実施地域指定による固定資産税の不均一課税に関する条例につきましても、同様の改正を行ったものでございます。

 本条例の施行日につきましては、雲仙市工場等設置奨励に関する条例の施行日に合わせ、平成19年4月1日から適用するとしたものでございます。

 以上で、議案第1号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第2号についての説明を求めます。塩田総務部長。



◎総務部長(塩田貞祐君) 議案第2号長崎県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約について説明を申し上げます。

 議案集の4ページをお開きください。平成20年4月1日から、五島市が交通災害共済に関する事務を、長崎県市町村総合事務組合で共同処理することに伴い、長崎県市町村総合事務組合の共同処理する団体に変更が生じ、規約の一部を変更することとなるので、その協議について、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めようとするものでございます。

 条例改正の内容につきまして説明を申し上げますので、別添で配付いたしております新旧対照表の提出議案参考資料その1の4ページをお開きください。

 変更の内容は、組合の共同処理する事務と団体を定める別表第2において、五島市が長崎県市町村総合事務組合で交通災害共済に関する事務を共同処理することから、表中上から5段目、第3条第11号の欄から五島市の記載を除くべく変更しようとするものでございます。

 なお、変更後の規約につきましては、規則において定めるところにより、平成20年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上で、議案第2号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第3号についての説明を求めます。宮崎企画課長。



◎企画課長(宮崎浩善君) 議案集の6ページをお開きください。

 議案第3号雲仙市ふるさと応援寄附条例の制定について御説明申し上げます。

 雲仙市の出身者等がふるさと雲仙への思いを持ち、本市のまちづくりを応援したいという意志により寄附をされる場合に、寄附金の円滑な受け入れ及び管理を行うとともに、その意志を具体化するため、雲仙市ふるさと応援寄附条例を定めることについて、議会の議決を求めようとするものでございます。

 それでは、条例の内容につきまして、条を追いながら御説明申し上げます。

 7ページをお開きください。第1条は、本条例の目的について規定するものでございます。

 第2条は、第1条の目的を具体化するための事業を規定するものでございます。

 第3条は、基金の設置について規定するものでございます。

 第4条及び第5条は、寄附金の指定と寄附者に対する報告並びに寄附者の意向に対する配慮について定めるものでございます。

 第6条から第9条は、基金の積み立て、管理及び処分等に関し規定するものでございます。

 第10条は、繰替運用について。

 第11条は、委任に関する条項でございます。

 また、本条例につきましては、附則において定めておりますとおり、平成20年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上で、議案第3号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第4号についての説明を求めます。井上市民生活部長。



◎市民生活部長(井上由文君) 議案集の9ページをお開きください。議案第4号雲仙市後期高齢者医療に関する条例の制定について御説明申し上げます。

 平成20年4月から後期高齢者医療制度が実施されることに伴い、高齢者の医療の確保に関する法律の規定に基づき、後期高齢者医療の運営に関し必要な事項を定める必要があることから、雲仙市後期高齢者医療に関する条例を制定することについて、議会の議決を求めようとするものでございます。

 それでは、条例の内容につきまして、条を追いながら御説明申し上げます。次のページをお開きください。

 第1条は、本条例の趣旨について規定しようとするものでございます。

 第2条は、保険料の徴収及び法令に規定されている資格の得喪失の届け出に関する事務の他、各種申請書の受け付け及び通知書の引き渡し等、雲仙市において行う事務について規定しようとするものでございます。

 第3条は、保険料を徴収すべき被保険者について規定し、第4条は、普通徴収に係る保険料の納期について、7月から翌年3月までの9期を定めることなどを規定しようとするものでございます。

 第5条、第6条及び第7条は、市が行う必要な調査に従わなかった者及び不正行為により保険料等の徴収を免れた者等に対する罰則について定めようとするものでございます。

 第8条は、委任条項でございます。

 また、附則におきまして、第1条で、本条例を平成20年4月1日から施行することとし、第2条で、平成20年度における被扶養者であった被保険者に係る保険料の徴収について、納期の特例を定めようとするものでございます。

 以上で、議案第4号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第5号についての説明を求めます。塩田総務部長。



◎総務部長(塩田貞祐君) 議案集の13ページをお開きください。議案第5号雲仙市特別会計条例の一部を改正する条例について御説明を申し上げます。

 高齢者の医療の確保に関する法律第49条及び地方自治法第209条第2項の規定に基づき、雲仙市後期高齢者医療特別会計を新たに設置するとともに、各号を予算会計順に合わせるため、雲仙市特別会計条例の一部を改正することについて、議会の議決を求めようとするものでございます。

 条例改正の内容につきましては、先程と同じ新旧対照表で説明をいたしますので、提出議案参考資料その1の5ページをお願いいたします。

 今回改正しようといたします条例の内容は、第1条で規定します本市特別会計第3号に雲仙市後期高齢者医療特別会計を加え、各号を予算会計順に合わせる他、全体で8特別会計にするものでございます。

 なお、本条例の施行日は、附則において平成20年4月1日としようとするものでございます。

 以上で、議案第5号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第6号についての説明を求めます。島田建設整備部長。



◎建設整備部長(島田英俊君) 議案集の15ページをお開きください。議案第6号雲仙市手数料条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 提案理由にも記載しておりますとおり、採石法に基づく岩石採取計画の認可等に係る事務及び砂利採取法に基づく砂利採取計画の認可等に係る事務の権限移譲に伴い、雲仙市手数料条例の一部を改正することについて、議会の議決を求めようとするものでございます。

 次のページをお開きください。なお、提出議案参考資料その1の6ページから8ページにも新旧対照表を添付しております。

 条例改正の内容につきましては、別表第1、市が手数料を定めるもの、この中の10、動物の使用、それから、11、その他、この間に挿入するものでございまして、「採石法に基づく岩石採取計画の認可申請、変更認可申請の手数料並びに砂利採取法に基づく砂利採取計画の認可申請、変更認可申請に係る手数料」を加えるものでございます。

 なお、手数料の金額につきましては、現在の県の手数料が国の政令に準じて設定されていることから、本市においても、国に準じて定めることといたしております。

 改正後の条例につきましては、附則において定めるところにより平成20年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上で、議案第6号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第7号についての説明を求めます。辻教育次長。



◎教育次長(辻政実君) 議案集の18ページをお開きください。議案第7号雲仙市学校給食センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 学校給食につきましては、児童生徒の心身の健全な発達に資するため、学校教育活動の一環として現在、国見学校給食センター、瑞穂学校給食センター、吾妻愛野学校給食センター、南部学校給食センターの4給食センターで完全給食が行われているところでございます。現在、児童生徒数の減少に伴い、学校給食センター事業の効率化を図るため、雲仙市瑞穂学校給食センターを平成20年3月31日付をもって用途廃止をするものであり、同廃止に伴い、雲仙市学校給食センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正することについて、地方自治法第96条の規定により議会の議決を求めようとするものでございます。

 なお、条例改正の内容につきましては、新旧対照表で御説明いたしますので、提出議案参考資料その1の9ページをお開きください。

 条例の改正の内容につきましては、第2条の表中、雲仙市瑞穂学校給食センターの項を削ろうとするものでございます。

 なお、改正後の条例につきましては、附則において定めるところにより、平成20年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上で、議案第7号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第8号についての説明を求めます。小川市民福祉部長。



◎市民福祉部長(小川龍二君) 説明をさせていただきます前に、資料の訂正をお願いいたします。

 申しわけございません。提出議案参考資料その1の10ページをお開きください。雲仙市福祉医療の支給に関する条例新旧対照表でございます。よろしゅうございますか。右側の改正案の欄の下から4行目でございます。アンダーラインの部分でございますが、高齢者の医療の確保に関する法とございますが、「法」の後に「律」の文字を挿入していただきますようお願いいたします。律という字を挿入いただきます。申しわけございません。

 それでは、議案集の20ページをお開きください。議案第8号。



○議長(酒井八洲仁君) ちょっと待って。わかりましたか。(「はい」と言う者あり)はい、どうぞ。小川市民福祉部長。



◎市民福祉部長(小川龍二君) 議案第8号雲仙市福祉医療の支給に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 提案理由にも記載しておりますとおり、これまでの老人保健法による老人保健制度から、平成20年4月より高齢者の医療の確保に関する法律による後期高齢者医療制度へ変わることに伴い所要の整備を図るため、雲仙市福祉医療の支給に関する条例の一部を改正することについて、議会の議決を求めようとするものでございます。

 なお、条例改正の内容につきましては、新旧対照表で御説明いたしますので、提出議案参考資料その1の10ページをお開きください。

 改正の理由としましては、後期高齢者医療制度へ移行することに伴う法律の改正により、第2条第9項中老人保健◎法(昭和57年法律第80号)第28条第1項を、高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第67号第1項に、並びに、第3条第2号及び第4条第2項中、老人保健法第28条第1項を、高齢者の医療の確保に関する法律第67条第1項に改めようとするものであります。

 長崎県の市町村福祉医療費の支給に関する条例準則の一部改正により、第5条第4号中「第3項」を「第4項」に改め、同条第5号中「第4項」を「第5項」に改めようとするものであります。

 なお、福祉医療費の給付内容等につきましては、これまでと同様変更はございません。

 なお、改正後の条例につきましては、附則において定めるところにより平成20年4月1日から施行し、同日以後の診療に係る医療費から適用しようとするものでございます。

 以上で、議案第8号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第9号、議案第10号についての説明を求めます。井上市民生活部長。



◎市民生活部長(井上由文君) 議案集の22ページをお開きください。議案第9号雲仙市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本案は、健康保険法等の一部を改正する法律及び国民健康保険法施行令の一部を改正する政令が本年4月から施行され、国民健康保険税の納税義務者が老齢年金等を受給している場合で、一定の要件に該当する場合は、年金から天引きする特別徴収の方法で徴収することとなったことに伴い、雲仙市国民健康保険税条例の一部を改正する必要が生じたため、議会の議決を求めようとするものでございます。

 なお、条例の改正の内容につきましては、新旧対照表で御説明いたしますので、提出議案参考資料その1の12ページをお開きください。

 第9条第1項は、従来からの納期を普通徴収による納期として規定しようとするものでございます。

 次のページで追加します第9条の2につきましては、保険税の徴収について、特別徴収と普通徴収の方法により徴収することを規定しようとするものでございます。

 第11条第1項は、徴収の特例を、普通徴収に限定する改正でございます。

 次の14ページでございますが、第11条の2は、特別徴収の方法により徴収となる対象者の規定。第11条の3は、特別徴収義務者が年金保険者であることの規定。

 第11条の4は、特別徴収義務者が徴収した税の納期限についての規定を追加しようとするものでございます。

 15ページの第11条の5は、特別徴収対象被保険者が資格を喪失した場合における特別徴収義務者の免除及び市長への通知義務の規定を追加し、第11条の6は、既に特別徴収対象被保険者であった者に係る仮徴収の規定でございます。

 続いて、16ページでございますけれども、第11条の7は、新たに特別徴収対象被保険者になった者に係る仮徴収の規定、さらに、17ページでございますけれども、第11条の8は、特別徴収対象被保険者が年金給付の支払いを受けなくなったこと等により、特別徴収ができなくなった場合には、普通徴収へ繰り入れる規定及び超過徴収分の充当に関する規定について、それぞれ追加して規定しようとするものでございます。

 また、18ページでございますけれども、第12条の改正は、引用する条番号の整理でございます。

 以上の改正は、附則に定めるところにより平成20年4月1日から施行しようとするものでございますが、改正後の条例の適用は、平成20年度以降の年度分の税とし、第11条の7の規定については、平成21年度以降の年度分の税に適用しようとするものでございます。

 以上で、議案第9号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、議案集の26ページをお開きください。議案第10号雲仙市国民健康保険条例の一部を改正する条例についての御説明を申し上げます。

 国民健康保険法及び国民健康保険税条例の一部改正に伴い、出産一時金及び葬祭費の支給について、他法を優先すること。また、保健事業について、特定健康診査等に係るものを追加することについて、議会の議決を求めようとするものでございます。

 なお、条例改正の内容につきましては、新旧対照表で御説明いたしますので、提出議案参考資料その1の19ページをお開きください。

 第5条の改正は、保険医療機関で受診した場合の一部負担金について、70歳以上の前期高齢者に関する根拠規定が、国民健康保険法施行令から国民健康保険法に移ったことにより、第4号の全部を改めるものでございます。

 第6条及び第7条の改正は、葬祭費の支給につきまして、国民健康保険法以外の健康保険法等の規定によって給付を受けることができる場合には、出産一時金と同様、支給を行わないことを規定しようとするものでございます。

 20ページの第8条につきましては、法改正により、特定健診・特定保健指導が医療保険者に義務づけられたことに伴い規定内容を整理するものでございます。

 次のページの第12条の改正でございますが、第5条で国民健康保険法の定義を行ったことによる字句の整理でございます。

 なお、以上の改正は、附則におきまして平成20年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上で、議案第10号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○議長(酒井八洲仁君) ここで1時まで休憩いたします。

=午前11時50分 休憩= 

=午後1時00分 再開= 



○議長(酒井八洲仁君) 午前中に引き続き会議を開きます。

 議案第11号についての説明を求めます。塩田総務部長。



◎総務部長(塩田貞祐君) 議案書の28ページをお開きください。議案第11号雲仙市農村公園設置及び管理運営等に関する条例の一部を改正する条例について御説明を申し上げます。

 提案理由にも記載しておりますとおり、旧吾妻町時代に団体営中山間地域整備事業並びに農村総合整備事業モデル事業によって整備されました農村公園の管理について、牧場の里あづま公園、岩戸渓流公園、牛口地区西公園を追加するため、雲仙市農村公園設置及び管理運営等に関する条例の一部を改正することについて、議会の議決を求めようとするものでございます。

 なお、条例改正の内容につきましては、新旧対照表で御説明を申し上げますので、提出議案参考資料その1の22ページをお開きください。第3条の表中、雲仙市農村公園の位置につきまして、「雲仙市瑞穂町西郷字岩戸河内地内」を、「雲仙市瑞穂町西郷字岩戸河内2338番」に改め、牧場の里あづま公園、岩戸渓流公園、牛口地区西公園の3項を加えるものでございます。第4条につきましては、第4条の第1項中に、「公園内の散策、広場等の利用規制等は特に定めないが、施設を利用しようとする者はあらかじめ市長の許可を受けなければならない」となっております。これを、「公園は広く自由な利用に供するものとするが、公園の全部または一部を独占して利用しようとする者はあらかじめ市長の許可を受けなければならない」に改め、さらに、23ページをお願いいたします。同条第4項第3号の中、「認めた時」となっておりますのを「認める時」に改めるものです。

 なお、改正後の条例につきましては、附則において定めるところによりまして公布の日から施行しようとするものでございます。

 以上で、議案第11号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第12号、議案第13号についての説明を求めます。東観光商工部長。



◎観光商工部長(東信一郎君) 議案集の30ページをお開きください。議案第12号雲仙市工場等設置奨励に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 市の基本方針に、安心・安全のまちづくり、健康な地域づくりを掲げておりますが、県内医療圏での医師数、人口10万人当たりは159人と、全国平均の210人に比べ大きく下回るもので、深刻な問題であります。この問題を企業誘致の中で捉え、雲仙市工場等設置奨励金の対象業種に医療業を加えることにより、医師の確保、雇用の増大を図り、また地場産品の消費拡大へもつなげるため、雲仙市工場等設置奨励に関する条例の一部を改正することについて議会の議決を求めようとするものでございます。

 なお、条例改正の内容につきましては、新旧対照表で御説明いたしますので、提出議案参考資料その1の24ページをお願いいたします。24ページでございます、よろしいでしょうか。改正しようといたします条例の内容は、第2条第2号中の「旅館業」の次に「医療業」を加えようとするものでございます。

 なお、改正後の条例につきましては、附則において定めるところによりまして平成20年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上で、議案第12号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、議案集の32ページをお開き願いたいと思います。議案第13号雲仙市リフレッシュセンターおばまの設置及び管理等に関する条例の全部を改正する条例について御説明申し上げます。

 提案理由にも記載しておりますとおり、現条例では指定管理者が直接的な管理者となる記述となっておりますので、市長管理を明確にした上で読み替え規定を設け、直営、指定管理者、どちらでも対応できる規定とするため、雲仙市リフレッシュセンターおばまの設置及び管理等に関する条例の全部を改正することについて議会の議決を求めようとするものでございます。

 次のページをお開きください。条例改正の内容につきましては、利用許可、使用料、指定管理者の業務等の市長及び指定管理者の関係を明確にした上で読み替え規定を設けるなど条例の全部を見直し、直営及び指定管理者のどちらでも対応可能な規定として定めようとするものでございます。

 以上、改正後の条例につきましては、附則において定めるところによりまして平成20年4月1日から施行しようとするものでございます。

 以上で、議案第13号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第14号についての説明を求めます。島田建設整備部長。



◎建設整備部長(島田英俊君) 議案集の37ページをお開きください。議案第14号雲仙市営住宅設置条例の一部を改正する条例について御説明を申し上げます。

 提案理由にも記載しておりますとおり、昭和61年4月より旧千々石町において県より有償にて借り受け、森馬団地として設置していた県立小浜高等学校校舎を平成19年3月31日に返還したことに伴い、地方自治法第244条の2の規定に基づき、雲仙市営住宅設置条例の一部を改正することについて議会の議決を求めようとするものでございます。

 次のページをお開きください。条例改正の内容につきましては、条例別表1公営住宅中、名称及び位置の森馬団地、雲仙市千々石町己943番地3を返還したことに伴い削除しようとするものでございます。

 なお、改正後の条例につきましては、附則において定めるところにより公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用しようとするものでございます。

 以上で、議案第14号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第15号、議案第16号について説明を求めます。辻教育次長。



◎教育次長(辻政実君) 議案集の39ページをお開きください。議案第15号指定管理者の指定について御説明申し上げます。

 雲仙市瑞穂すこやかランドふれあい会館他4施設の指定管理者が平成20年3月31日をもって指定期間が満了するため、今回指定管理者を公募し、選定委員会において特定非営利活動法人V・ファーレン長崎スポーツコミュニティが選定されたので、当団体を指定管理者として指定することについて、地方自治法第244条の2第6項により議会の議決を求めようとするものでございます。

 次のページをお開きください。その指定期間につきましては、平成20年4月1日から平成24年3月31日までの4年間を期間として指定するものでございます。

 以上で、議案第15号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

 次に、議案集の41ページをお開きください。議案第16号指定管理者の指定について御説明申し上げます。

 雲仙市国見総合運動公園、遊学の里くにみについては、初めての指定管理となるものでございますが、今回指定管理者を公募し、選定委員会において特定非営利活動法人V・ファーレン長崎スポーツコミュニティが選定されたことに伴い、指定管理者を指定することについて、地方自治法第244条の2第6項により議会の議決を求めようとするものでございます。

 次のページをお開きください。その指定期間につきましては、平成20年4月1日から平成23年3月31日までの3年間を指定しようとするものでございます。

 以上で、議案第16号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第17号についての説明を求めます。塩田総務部長。



◎総務部長(塩田貞祐君) 議案集43ページをお願いいたします。議案第17号平成19年度雲仙市一般会計補正予◎算(第6号)案について御説明を申し上げます。

それでは、予算書の1ページをお開きください。今回の補正予算は、第1条に記載いたしておりますとおり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ6億9,138万5千円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ261億6,069万1千円にしようとするものでございます。第2条の繰越明許費及び第3条の地方債の補正につきましては、別表で御説明を申し上げますので5ページをお開きください。第2表、繰越明許費でございます。6款農林水産業費1項農業費の元気な地域づくり交付金事業から9款消防費1項消防費の防災・消防施設整備事業までの16事業につきましては、年度内にその支出が終わらない見込みのため、翌年度に繰り越して使用することができる経費を定めようとするものでございます。6ページをお開きください。第3表、地方債補正でございます。起債の目的欄に記載いたしております辺地対策事業債から災害復旧事業債までにつきまして、起債対象事業費の増減によりそれぞれ限度額を変更しようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明をいたしますので、別冊で配付いたしております提出議案参考資料のそ◎の2、平成19年度雲仙市補正予算(案)資料第6回補正をお願いいたします。

 1ページを見てください。平成19年度第6回補正予算(案)の概要でございます。一般会計の今回補正額は先程も御説明いたしましたが、6億9,138万5千円の減額補正で、補正後予算額を前年同期と比較いたしますと、率にいたしましては同率となっております。今回の補正予算は、下段の3、今回補正の留意点に記載しておりますとおり、事業費の精算及び年間所要額の精査により増減が生じたもので、及び年度内に完成しない見込みの事業について繰越明許費を計上しようとするものでございます。

 次に、2ページをお願いいたします。上段の歳入でございますが、補正予算額の欄にありますように、今回の補正予算は、10款地方交付税から21款市債までの歳入で合計6億9,138万5千円を減額計上しようとするものでございます。次に、下段の歳出でございますが、同じく補正予算額の欄にありますように、2款総務費から14款諸支出金までの歳出合計6億9,138万5千円を減額計上しようとするものでございます。

 3ページをご覧ください。補正予算の主な項目といたしまして、上段に歳入、下段に歳出の主なものを記載いたしております。また、表の右端の欄には予算書のページをそれぞれ記載いたしております。

 それでは、歳入歳出の主なものから、左の番号を追って御説明を申し上げます。

 まず、ナンバー1の10款地方交付税は、普通交付税の額の確定により8億9,115万4千円を追加計上しようとするものでございます。

 次に、ナンバー5の15款県支出金は、新生活交通確保支援事業補助金は、市内における総合的かつ効率的な交通体系を構築する雲仙市地域交通計画の策定について、県の補助決定を受けたことにより189万6千円を新規計上しようとするものでございます。

 ナンバー11、ナンバー12の18款繰入金につきましては、普通交付税の追加計上や歳出事業費の減額に伴い、財政調整基金繰入金で4億円を、減債基金繰入金で6億4,275万3千円をそれぞれ減額計上しようとするものでございます。

 次に、ナンバー13、20款諸収入の物品調達問題協力金は、合併前の旧町や合併後において不適切な会計処理の問題を受け、平成12年度以降の旧町の三役、教育長、さらに雲仙市特別職及び職員からの協力金1,248万円を新規計上しようとするものでございます。

 歳入予算についての説明は以上で終わらせていただきます。

 次に、下段の歳出予算の主なものについて御説明を申し上げます。

 まず、ナンバー16、2款総務費の地方バス路線対策事業、これは地域住民の生活に必要な生活交通路線の維持確保を図るため、県営バス及び島鉄バスの赤字補てんを行う補助金の増額分といたしまして2,575万4千円を追加計上しようとするものでございます。

 次に、ナンバー17の2款総務費の庁舎建設検討事業は、中期財政計画に基づき、庁舎の整備に係る資金の一部に充てるための積立金として1億円を追加計上しようとするものでございます。

 次のナンバー21です。6款農林水産業費の有害鳥獣被害防止対策事業は、農産物の被害防止対策として実施いたしておりますイノシシの捕獲駆除について、捕獲頭数の増加見込みによる捕獲奨励金の増額分といたしまして100万円を追加計上しようとするものでございます。

 最後に、28番の8款土木費の県営事業地元負担金は、主として県営事業であります吾妻浜の田海岸保全事業について、県の補正予算措置に伴う地元負担金の増額分といたしまして1,995万円を追加計上しようとするものでございます。

 以上で、議案第17号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第18号、議案第19号について説明を求めます。井上市民生活部長。



◎市民生活部長(井上由文君) 議案集の44ページをお開きください。議案第18号平成19年度雲仙市国民健康保◎険特別会計補正予算(第3号)案について御説明申し上げます。

予算書の1ページをお開きください。今回の補正予算は、第1条に記載しておりますとおり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,900万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ76億9,664万8千円にしようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたしますので、別冊で配付しております提出議案参考資料その2の平◎成19年度雲仙市補正予算(案)資料第6号補正をご覧いただきたいと存じます。

 1ページでございますけれども、平成19年度第6回補正予算(案)の概要でございます。一般被保険者及び退職被保険者等の医療費の増嵩に伴う療養給付費の増により国民健康保険特別会計の今回の補正額は7,900万円の増額で、補正前の現年予算額と合算いたしますと76億9,664万8千円となります。補正後の予算額を前年度の同期と比較いたしますと、率にいたしまして7.9%の増となります。

 次に、4ページをお開きいただきたいと存じます。まず、上段の歳入でございますが、補正予算額の欄にありますように、今回の補正予算は、3款国庫支出金及び8款繰入金の合計7,900万円を財源としてお願いするものでございます。次に、下段の歳出でございますが、補正予算額の欄にありますように、2款保険給付費につきまして7,900万円を追加計上しようとするものでございます。

 次に、5ページをご覧ください。補正予算の主な項目としまして、上段に歳入、下段に歳出の主なものを記載しております。また、右側の欄には予算書のページを記載しております。

 それでは、歳入予算の主なものから、左側のナンバーに沿って御説明を申し上げます。

 まず、ナンバー1の3款国庫支出金では、一般被保険者の医療費の増加に伴う療養給付費負担金2,668万5千円を増額計上しようとするものでございます。

 次に、ナンバー2、ナンバー3の3款国庫支出金では、一般被保険者の医療費の増加に伴う普通調整交付金1,505万円及び経営市政良好として交付される特別調整交付金2,400万円をそれぞれ追加しようとするものでございます。

 次に、8款繰入金につきましては、額の確定によりナンバー4の保険基盤安定繰入金で2,143万円を追加計上し、ナンバー5の財政安定化支援事業繰入金では769万8千円を減額しようとするものでございます。

 次に、下段の歳出予算でございますが、ナンバー6の2款保険給付費の一般被保険者療養給付費で、一般被保険者分の医療費が前年度同時期と比べて約4.6%の伸びがあるため、7,900万円を増額計上しようとするものでございます。

 続きまして、議案集の45ページをお開きいただきたいと存じます。議案第19号平成19年度雲仙市老人保健特別会◎計補正予算(第2号)案について御説明申し上げます。

それでは、予算書の1ページをお開きいただきたいと存じます。今回の補正予算は、第1条に記載しておりますとおり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2億898万8千円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ68億2,591万2千円にしようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたします。先程の別冊の資料をご覧いただきたいと存じます。

 まず、1ページでございますけれども、平成19年度第6回補正予算(案)の概要でございますが、現在までの実績に基づく年間の老人医療費の減額等が見込まれるため、老人保健特別会計の今回の補正予算額は2億898万8千円を減額しようとするものでございます。補正前の現計予算額と合算いたしますと68億2,591万2千円となります。補正後予算額を前年度の同期と比較しますと、率にいたしまして4.5%の減となります。

 次に、6ページをお開きください。まず、上段の歳入でございますが、補正予算額の欄にありますように、今回の補正予算は、1款支払い交付金から4款繰入金までの合計2億898万8千円を減額しようとするものでございます。次に、下段の歳出でございますが、補正予算額の欄にありますように、1款医療諸費及び2款諸支出金までの合計2億898万8千円を減額しようとするものでございます。

 次に、7ページをご覧ください。補正予算の主な項目としまして、上段に歳入、下段に歳出の主なものを記載して、それぞれ右側の欄には予算書のページを記載しております。

 それでは、歳入予算からその内容について御説明申し上げます。今回の補正予算は先程も申し上げましたが、現在までの実績に基づく年間医療費の減額等が見込まれるため、歳入予算でもそれぞれの負担割合に応じて減額するもので、ナンバー1の1款支払い基金では1億3,040万円を、ナンバー2の2款国庫支出金では5,240万円を、ナンバー3の3款県支出金では1,310万円を、ナンバー4の4款繰入金につきましては1,308万8千円をそれぞれ減額しようとするものでございます。

 次に、歳出予算につきましては、ナンバー5の1款医療諸費の老人医療給付費では減額見込み額を2億2,100万円としまして予算を減額しようとする一方、ナンバー6の現物支給となります老人医療費支給費では1,200万円の追加計上をしようとするものでございます。

 以上で、議案第18号及び議案第19号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第20号から議案第22号までの3件についての説明を求めます。今崎上下水道局長。



◎上下水道局長(今崎正敏君) 議案集の46ページをお開きください。議案第20号平成19年度雲仙市簡易水道事◎業特別会計補正予算(第3号)案について御説明申し上げます。

それでは、予算書の1ページをお開きください。今回の補正予算は、第1条に記載しておりますとおり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,198万9千円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ10億9,587万3千円にしようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたしますので、別冊で配付いたしております提出議案参考資料その2◎の平成19年度雲仙市補正予算(案)資料第6回補正をご覧ください。

 1ページは、平成19年度第6回補正予算案の概要でございます。今回の補正予算は、単独事業等の実績に伴う減額分を補正しようとするものでございます。簡易水道事業特別会計の今回補正額は1,198万9千円の減額で、補正前の現計予算額と合算いたしますと10億9,587万3千円となります。補正後の予算額を前年度の同期と比較いたしますと、率にいたしまして61.7%の増となります。

 次に、8ページをお開きください。まず、上段の歳入でございますが、補正予算額の欄にありますように、今回の補正予算は、1款水道事業収入、3款繰入金と5款諸収入及び6款市債の合計1,198万9千円を減額しようとするものでございます。次に、下段の歳出でございますが、補正予算額の欄にありますように、1款水道事業費と2款施設費の合計1,198万9千円を減額しようとするものでございます。

 次に、9ページをご覧ください。補正予算の主な項目としまして、上段に歳入、下段に歳出の主なものを記載しております。また、右側の欄には予算書のページを記載しております。

 それでは、歳入予算の主なものから、左側のナンバーを追って御説明申し上げます。まず、ナンバー1の水道事業収入では、水道加入金163万8千円を増額し、ナンバー2の3款繰入金では一般会計繰入金221万円を、ナンバー3の5款諸収入では消費税還付金223万8千円を、ナンバー4の6款市債では愛野簡易水道事業債910万円をそれぞれ減額しようとするものでございます。

 次に、歳出予算につきましては、ナンバー5の1款水道事業費では水道料金業務委託契約の減額による執行残161万4千円を、愛野簡易水道浜地区水道配水管布設替え工事の実績による執行残で、ナンバー6、7の2款施設費合わせて1,037万5千円を減額しようとするものでございます。

 以上で、議案第20号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、議案集の47ページをお開きください。議案第21号平成19年度雲仙市下水道事業特別会計補正予算(第4号)案について御説明申し上げます。

 それでは、予算書の1ページをお開きください。今回の補正予算は、第1条に記載しておりますとおり、既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ831万9千円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ25億5,595万2千円にしようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたしますので、別冊で配付いたしております提出議案参考資料その2◎の平成19年度雲仙市補正予算(案)資料第6回補正をご覧ください。

 1ページは、平成19年度第6回補正予算案の概要でございます。今回の補正予算は、入札執行残額及び工事未執行による残額等、支出実績により予算を減額しようとするものでございます。下水道事業特別会計の今回補正額は831万9千円の減額で、補正前の現計予算額と合算いたしますと25億5,595万2千円となります。補正後の予算額を前年度の同期と比較いたしますと、率にいたしまして2.8%の減となります。

 次に、10ページをお開きください。まず、上段の歳入でございますが、補正予算額の欄にありますように、今回の補正予算は、1款分担金及び負担金から7款繰入金までの合計831万9千円の減額をしようとするものでございます。次に、下段の歳出でございますが、補正予算額の欄にありますように、2款公共下水道事業費、3款農業集落排水事業費の合計831万9千円を減額しようとするものでございます。

 次に、11ページをご覧ください。補正予算の主な項目としまして、上段に歳入、下段に歳出の主な内容について記載しております。また、右側の欄には予算書のページを記載しております。

 それでは、歳入予算の主なものから御説明いたします。左側のナンバーを追って御説明申し上げます。まず、ナンバー1及びナンバー2の分担金及び負担金は、収入実績により吾妻地区下水道分で360万円の増額を、千々石地区下水道分で500万円の減額をするものでございます。ナンバー3及びナンバー4の繰入金は歳入歳出の調整を行うための繰入金で、公共下水道費繰入金で523万5千円を、愛野地区農業集落排水費繰入金で338万4千円を減額するものでございます。

 次に、歳出予算の主なものについて御説明いたします。ナンバー5の公共下水道事業費は雲仙地区下水道管理費で、支出実績による需用費及び委託料の減額、入札執行残による委託料の減額等、合わせて493万5千円を減額しようとするものでございます。ナンバー6、ナンバー7の農業集落排水事業費は愛野西部、愛野東部地区農業集落排水管理費で、修繕箇所の精査による修繕料の減額及び入札執行残による委託料の減額、合わせて338万4千円を減額しようとするものでございます。

 以上で、議案第21号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、議案集の48ページをお開きください。議案第22号平成19年度雲仙市水道事業会計補正予算(第3号)案について御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、水道事業の消費税納付見込み額の増額について補正するものでございます。消費税の申告納付は、収入に含まれる消費税額と支出に含まれる消費税額の差額を申告納付するものでありますが、予算編成時に見込んだ消費税を予算執行状況により変動する見込み額に補正するものでございます。

 予算書の3ページをお開きください。国見上水道事業につきましては、消費税申告納付見込み額274万円、吾妻上水道事業につきましては、消費税申告納付見込み額282万円をそれぞれ増額しようとするものでございます。

 次に、4ページをご覧ください。小浜上水道事業につきましては、消費税申告納付見込み額700万円に対する予算不足額53万円、小浜簡易水道事業につきましては、消費税申告納付見込み額210万円をそれぞれ増額しようとするものでございます。

 以上で、議案第22号の説明を終わらせていただきます。議案20号、21号、22号、それぞれよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第23号についての説明を求めます。塩田総務部長。



◎総務部長(塩田貞祐君) 議案集の49ページをお願いいたします。議案第23号平成20年度雲仙市一般会計予算(案)について御説明を申し上げます。

 予算書の3ページをお開きください。平成20年度雲仙市一般会計予算は第1条に記載いたしておりますとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ255億8,119万6千円に定めようとするものでございます。第2条の債務負担行為及び第3条の地方債につきましては後ほど別表で御説明を申し上げます。次に、第4条の一時借入金につきましては、年度途中におきまして一時的に歳計現金に不足を生じた場合の一時借り入れの最高額を30億円に定めようとするものでございます。第5条の歳出予算の流用につきましては、予算の執行上必要がある場合に限り流用ができるよう、あらかじめ各項の人件費の流用について予算で定めようとするものでございます。

 8ページをお願いいたします。第2表、債務負担行為でございます。これは農村環境計画策定事業から景観計画策定事業までの8事業につきまして、債務を負担する行為をすることができる期間及び限度額を定めようとするものでございます。9ページをご覧ください。第3表、地方債でございます。起債の目的欄に記載いたしております辺地対策事業から臨時財政対策債までにつきまして、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定めようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明申し上げますので、別冊で配付いたしております提出議案参考資料その◎2の平成20年度雲仙市当初予算(案)資料をご覧ください。

1ページは平成20年度当初予算(案)の概要になっております。一般会計の当初予算額は先程御説明いたしましたが、255億8,119万6千円で、前年度当初と比較いたしますと、率にいたしまして0.3%減となります。

 次に、前年度からの増減理由を御説明いたしますので、4ページをお開きください。若干字が小さいので御迷惑かけますが、よろしくお願いいたします。ここには歳入予算の主な増減理由を記載いたしております。

 主なものといたしまして、1市税は、原油高騰による経費の増やたばこ売上本数の減に伴い市民税や市町村たばこ税の減が見込まれることから、前年度比1.5%減の35億9,221万2千円を計上しようとするものでございます。

 次に、10地方交付税は、国の地方財政計画で特別枠として地方再生対策費が計上され、合併市町に配慮して配分されることに加え、公債費に対する交付税措置額の増加が見込まれることから、4.6%増の102億1,502万5千円を計上しようとするものでございます。

 次に、15県支出金は、平成19年度の農業関係の大型補助事業が完了したことから、31.9%減の18億2,956万2千円を計上しようとするものでございます。また、平成20年度も前年度に引き続き多額の財源不足が見込まれましたので、財政調整基金と減債基金から19億円を取り崩すこととして不足額を補てんいたしました。このため、18繰入金で11.2%増の19億6,310万9千円を計上しようとするものでございます。

 次に、歳出につきましては、性質別歳出の状況を御説明いたしますので、6ページをお願いいたします。ここも若干字が小さくて御迷惑かけます。よろしくお願いいたします。

 1人件費は、特別職を含む職員給与費で、前年度比4,809万9千円の減が見込まれる一方、近年の行政対象暴力の増加に対応するための危機管理対応職員の配置や小・中学校に配置しているスクールサポーターの増員により嘱託職員報酬の増が見込まれるため、総額では前年度比1.0%減の40億9,308万5千円を計上しようとするものでございます。

 次に、3公債費は、今後発生いたします利子償還の軽減を図るため、平成19年度は補正予算で計上し、繰り上げ償還を平成20年度当初予算に5億4,186万5千円計上したことから、13.9%増の45億6,586万7千円を計上しようとするものでございます。

 次に、12普通建設事業費は、歳入の県支出金でも説明をいたしましたが、農業関係の大型補助事業の完了に伴い23.8%減の33億7,480万7千円を計上しようとするものでございます。しかしながら、公共事業につきましては、国が3%の減とし、他の地方公共団体も抑制基調にある中ではありますが、本市の一般会計では、設計費等の委託料、工事請負費、用地費及び補償費などの建設工事関連費を3.7%増といたしまして、一定の事業量を確保いたしております。

 次に、19ページをお開きください。平成20年度の当初予算の主な事業でございます。19ページです。まず、?の雲仙ゆめみらい事業でございますが、本市のキャッチフレーズであります「四季ゆたかきらめく雲仙ゆめみらい」を込められた、豊かな歴史、自然あふれる雲仙地域が一体となって夢あふれる郷土となるようにとの願いを実現するため、新たに取り組む事業といたしまして、雲仙ゆめみらい事業債発行事業から雲仙夢トライアル事業までの5つの事業を本年度の目玉事業として計上いたしております。

 次に、?の主な事業の一覧でございますが、先程の5つの雲仙ゆめみらい事業を含めて、平成20年度に取り組む主な事業を掲載しております。表中右側の欄には予算書のページ及び本資料のページを記載しておりますので、特に注目していただきたい事項につきまして後ほど御説明をさせていただきます。

 次に、22ページをお開きください。?ゼロ予算事業でございます。これも平成20年度の目玉となる取り組みといたしまして、既存の人材や施設をうまく活用し、特段の予算措置を必要としない、いわゆるゼロ予算事業26件を予定いたしております。この中で本市ならではの取り組みといたしまして、既に平成19年度から取り組んでおりますナンバー6の雲仙市スイーツ調査隊事業やナンバー7の小浜ちゃんぽん普及事業についても引き続き取り組むことといたしております。また、平成20年度から新たに取り組むもので特色があるものといたしましては、ナンバー1の時間外窓口開設事業といたしまして、勤務時間内に来庁できない市民の皆様を対象に、予約により証明書等の発行を行う事業や、ナンバー3の子育てお宝用品紹介事業として、市民の皆様の不用となった子育て用品を電話や電子メールを通じてあっせん紹介する事業、さらにはナンバー5の雲仙市PR映像プロデュース事業といたしまして、市職員手づくりによる雲仙市のCM制作などに取り組んでまいります。

 それでは、雲仙ゆめみらい事業の主な主要事業について御説明いたしますので、25ページをお開きください。雲仙ゆめみらい債発行事業でございます。これは、県内の市町では本年4月に発行を予定いたしております佐世保市に続くものでございますが、住民参加型公募地方債を発行いたしまして、市民の皆様に市の事業に関心を持っていただくとともに、行政への参加意識を高めていただくものでございます。発行総額1億円、5年満期、一括償還で、利率は同時期に発行されます5年国債をやや上回る利率とする予定でございます。本年12月の発行を目指して準備を進めてまいります。

 29ページをお開きください。総合窓口設置事業でございます。これは、来庁される市民の皆様が届け出、申請書の受付及び証明書の発行等の手続を1カ所の窓口で済ませることができるワンストップサービスを提供するため、本庁及び各総合支所に総合窓口を設置するものでございます。

 30ページをお願いいたします。ふるさと応援推進事業でございます。これは、いわゆるふるさと納税制度が平成20年度地方税制改正によって導入される予定でありますことから、雲仙市でも積極的に寄附を募るための事業でございます。

 37ページをお願いいたします。災害時要援護者支援事業でございます。これは、平成19年度に策定した雲仙市災害時要援護者避難支援計画の概要版を作成いたしまして、市内全域へ配布いたしますとともに、高齢者や障害者などの災害時要援護者や福祉施設、病院などの所在を地図上に表記いたしました防災福祉マップ「雲仙市地域ささえ愛マップ」を作成いたしまして、警察署や消防署などの防災関係機関へ配付するものでございます。特にこの防災福祉マップの雲仙市地域ささえ愛マップにつきましては、県内では初めて雲仙市が作成するものでございます。

 次に、48ページをお開きください。若年者健診事業でございます。これは、平成20年度から40歳以上を対象とした特定健診が各医療保険者に義務付けられますが、この特定健診の対象とならない20歳から39歳までの若年を対象として健康診断を行おうとするものでございます。

 次に、53ページをお開きください。雲仙市地産地消推進事業でございます。これは、雲仙市内の農林水産物やその加工品を積極的に取り扱う市内の食料品店、飲食店、旅館などを「雲仙市地産地消の店」として認定いたしまして、市の広報紙やホームページを通して広くPRすることによりまして地産地消を推進し、農林水産業並びに食品関連産業の活性化を図るものでございます。

 54ページをお願いいたします。全国棚田サミット開催事業でございます。本年10月16日から18日までの3日間、◎本市と長崎市の共催で第14回全国棚田(千枚田)サミットを開催いたします。本市では10月17日に千々石町岳棚田見学会やメーンイベントとなる全体交流会、分科会を開催いたしまして、翌18日に分科会発表、共同宣言後、閉会式を開催いたします。絶好の機会でございますので、全市を挙げまして歓迎体制をとり、本市の魅力を積極的にPRすることといたしております。

 55ページをご覧ください。雲仙市農林水産ゆめみらい事業でございます。これは、本市の基幹産業であります農畜産業の活性化を目指す市単独の補助事業でございます。平成19年度をもって廃止いたしました農業パワーアップ対策事業の後続事業となりますが、新規事業では特に畜産分野において、新たに雲仙市内で生産された肥育素牛の導入に対する支援を行い、肉牛の地域一貫生産体制の確立を目指すとともに、雲仙牛の販路拡大のための試食会や消費者へPRする牛肉フェアを開催することによりまして雲仙牛のブランド化を推進することといたしております。

 56ページをお願いいたします。雲仙市農林水産ゆめみらい事業提案型でございます。先程の55ページの事業が、補助金の対象となる事業メニューを市があらかじめ示すものに対しまして、この提案型は、やる気のある農業・林業・水産業者などの創意と工夫に基づく提案型の事業計画を支援するものでございます。

 57ページをご覧ください。原油高騰対策資金利子助成事業でございます。これは、原油高騰の影響を受けている雲仙市内の農林水産業者が制度資金を利用される場合、利子を全額補助するものでございます。

 60ページをお開きください。60ページは、同様の事業を商工分野で実施するもので、こちらの事業も利子の全額を補助するものといたしております。

 次に、61ページをご覧ください。雲仙夢トライアル事業でございます。これは雲仙市内において、高い技術とすぐれた事業計画により新しい事業に取り組みたいが、いわゆる元手がなく、事業をあきらめておられる個人や中小企業者の方々に開発資金を補助し、もって新規事業、新産業の創出や元気な地場企業の育成並びに雇用の創出を図ろうとするものでございます。

 71ページをお願いいたします。ミヤマの里づくり事業でございます。本市におきましては、平成18年3月に市の花にミヤマキリシマを、市の木にヤマボウシを選定いたしましたが、そのPRと普及を図るとともに美しいまちづくりを推進するため、市内に住居を新築された方にミヤマキリシマ及びヤマボウシの苗木を、また、市に転入された方にミヤマキリシマの苗木を贈呈し、庭に植えていただいたり、窓辺に飾っていただき、雲仙市の景観を創造していく事業でございます。

 最後に、83ページをお開きください。図書管理システム整備事業でございます。これは、国見地区にある雲仙市図書館と市内6カ所にある公民館図書室を平成18年度に整備いたしました光ファイバーによる高速回線網を活用してネットワーク化するため、図書管理システムを構築するものでございます。これにより市内のどの図書室からでも、市内はもとより、県内の公立図書館等の蔵書を検索することや市内の他の施設の蔵書を予約することが可能となります。

 以上で、議案第23号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) ここで15分休憩いたします。2時20分開会します。

=午後2時03分 休憩= 

=午後2時20分 再開= 



○議長(酒井八洲仁君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第24号から議案第26号までの3件についての説明を求めます。井上市民生活部長。



◎市民生活部長(井上由文君) 議案集の50ページをお開きください。議案第24号平成20年度雲仙市国民健康保◎険特別会計予算(案)について御説明を申し上げます。

国民健康保険制度は、だれもが安心して医療を受けることができる国民皆保険体制の基盤を支える制度として重要な役割を担っているところでございますが、国民皆保険を堅持しながら、医療制度を将来にわたり持続可能なものとしていくため、平成18年6月の医療制度改革関連法の制定などにより医療制度の構造改革が行われており、平成20年度からはそれぞれの保険者に対し、40歳以上の被保険者を対象とした特定健診・特定保健指導が義務付けられているところでございます。

 雲仙市国民健康保険におきましては、医療費が年々増加する一方、厳しい地域経済の状況の中で税収の増加が見込めない状況にあり、非常に厳しい財政運営を強いられているところであります。こうした状況を踏まえ、平成20年度雲仙市国民健康保険特別会計予算は、医療費適正化対策、国民健康保険税の適正賦課と収納率向上対策及び医療制度改正対策等を事業計画の基本方針として定め、一般会計の予算編成に準じて編成したものでございます。

 それでは、予算の内容について御説明いたします。予算書の151ページをお開きください。平成20年度雲仙市国民健康保険特別会計予算は、第1条に記載しておりますとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ69億2,280万3千円に定めようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたしますので、別冊で配付いたしております提出議案参考資料その2◎の平成20年度雲仙市当初予算(案)資料をご覧ください。

1ページでございますけれども、平成20年度の当初予算(案)の概要でございます。国民健康保険特別会計につきましては69億2,280万3千円で、平成19年度当初と比較いたしますと、率にいたしまして7.2%の減となります。

 次に、7ページをお開きください。(「参考資料です」と言う者あり)7ページは2つございますけども、後ろの方の7ページでございます。よろしいでしょうか。まず、上段の歳入の主なものについてでございますが、1款国民健康保険税15億8,480万2千円につきましては、75歳以上の被保険者が後期高齢者医療制度に移行することなどにより、前年度と比較いたしますと、3億6,129万8千円、率にいたしまして18.6%の減を見込んでおります。また、賦課額につきましては、平成20年度から始まる後期高齢者医療制度に対して医療保険者から支援することとされていることから、従来の医療給付分から区分し、後期高齢者支援金分を新たに計上しようとするものでございます。

 3款国庫支出金から7款共同事業交付金までにつきましては、医療費の支払い等、歳出の経費に充てるための財源として、国、県及び社会保険診療報酬支払い基金等から交付される額につきまして、それぞれの款における見込み額を計上しようとするものでございます。なお、4款療養給付費等交付金につきましては、退職被保険者の65歳以上74歳までが一般被保険者に変更されますことから、前年度と比較し、56%と大きな減を見込んでおります。また、5款前期高齢者交付金につきましては、65歳から74歳までの被保険者の国保と被保険者保険間の不均衡を是正するために交付される支払い基金からの交付金を新たに計上しようとするものでございます。

 9款繰入金4億9,158万5千円につきましては、低所得者に対する保険税の減額等に伴う国からの財政措置による一般会計繰入金3億6,458万5千円と合わせ、財源不足を補うため、財政調整基金からの繰入金1億2,700万円を計上しようとするものでございます。

 また、11款繰越金1億899万7千円につきましては、前年度繰越金を見込み計上しようとするものでございます。

 続きまして、下段の歳出でございますが、1款総務費6,303万9千円につきましては、事務執行に要します経費の他、納税組合奨励費及び医療費適正化対策費等を計上しております。

 2款保険給付費につきましては、退職被保険者が一般被保険者となる制度的なものにより、目間での増減はあるものの、44億1,129万3千円と、ほぼ前年度並みの額を見込み計上しようとするものでございます。

 3款老人保健拠出金1億8,158万円につきましては、老人医療制度が廃止され、後期高齢者医療制度が始まることから、前年度3月分の概算拠出金等を計上しようとするもので、前年度と比較いたしまして86.4%の大きな減となります。

 4款前期高齢者納付金から6款病床転換支援金までにつきましては、後期高齢者医療制度等の医療制度改革に伴い新たに生じる経費について計上しようとするものでございます。

 7款介護納付金3億8,172万6千円につきましては、40歳から64歳までの介護2号保険者に係る納付金を、8款共同事業拠出金9億6,470万5千円につきましては、市町間の国保税の平準化や財政の安定化を図るための経費を計上しようとするものでございます。

 また、9款特定健康診査費6,620万1千円につきましては、増嵩する医療費に対処するため、40歳以上74歳の被保険者を対象にメタボリックシンドロームに着目した健康診査と保健指導を実施するための経費につきまして本年度から新たに計上しようとする他、不測の事態に備え、13款予備費で8,262万5千円を計上しようとするものでございます。

 なお、88ページには特定健康診査等事業の事業概要等につきまして掲載しておりますので、後ほど御参照いただきますようお願いいたします。

 続きまして、議案集の51ページをお開きいただきたいと存じます。議案第25号平成20年度雲仙市老人保健特別会◎計予算(案)について御説明申し上げます。

昭和58年2月に創設されました老人医療制度は、高齢化の進展に伴い医療費の一層の増大が見込まれる中、国民皆保険制度を将来にわたり持続可能なものとするため、平成20年度からは現役世代と高齢者でともに支え合う後期高齢者医療制度として生まれ変わることになります。現行の老人医療による給付は平成20年3月診療分までとなり、本予算につきましては、その1カ月分の医療給付費に係る概算国費、県費交付金等の収支を計上しようとするものでございます。

 それでは、予算の内容について御説明いたします。予算書の207ページをお開きください。平成20年度雲仙市老人保健特別会計予算は、第1条に記載しておりますとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ9億2,036万円に定めようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について説明いたしますので、先程の別冊で配付しております資料をご覧いただきたいと存じます。

 まず、1ページでございますけれども、平成20年度当初予算案の概要でございます。先程から説明しておりますとおり、老人保健につきましては平成20年度からは後期高齢者医療制度に移行することから、3月診療分の1カ月分のみの計上となりますので、平成19年度当初予算と比較いたしますと、率にいたしまして86.9%の減となります。

 次に、8ページをお開きいただきたいと存じます。まず、上段の歳入でございますが、老人保健事業に係る医療費の財源としましては、1款から4款までに計上しております予算額のとおり、歳出の医療諸費の見込み額9億2,035万7千円につきまして、社会保険診療報酬支払い基金50%、国33.34%、県及び市の一般会計繰入金をそれぞれ8.33%の負担割合を基本に計上しようとするものでございます。続きまして、下段の歳出でございますが、歳出のほぼ全額を占めております1款医療諸費につきましては、3月の1カ月分の医療費見込み額9億2,035万7千円について計上しようとするものでございます。

 続きまして、議案集の52ページをお願いいたします。議案第26号平成20年度雲仙市後期高齢者医療特別会計予算(案)について御説明をいたします。

 先程の議案第25号の説明でも申し上げましたが、高齢化の進展に伴い医療費の一層の増大が見込まれる中、国民皆保険制度を将来にわたり持続可能なものとするため、現役世代と高齢者でともに支え合う後期高齢者医療制度が創設されました。運営につきましては、県下23市町が加入する長崎県後期高齢者医療広域連合が行いますが、構成市町においても保険料徴収等の事務を行うことになります。本予算につきましては、法令等の規定に基づき特別会計を設置して、保険料収入及び所要経費につきまして所要額を計上しようとするものでございます。

 それでは、予算の内容について御説明いたします。予算書の229ページをお開きください。平成20年度雲仙市後期高齢者医療特別会計予算は、第1条に記載しておりますとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4億8,607万3千円に定めようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要につきましては、先程の別冊によって御説明を申し上げます。まず、1ページでございますけれども、平成20年度当初予算案の概要でございますが、?の後期高齢者医療特別会計は本年度から新たに設置するもので、平成19年度予算額の記載はございません。

 9ページをご覧いただきたいと思います。まず、上段の歳入でございますが、1款後期高齢者医療保険料につきましては、非保険者の特別徴収及び普通徴収の保険料でございます。3億2,471万8千円を見込み計上しようとするものでございます。3款繰入金につきましては、低所得者に対する保険税の減額等に伴う国からの財政措置による一般会計繰入金として1億6,134万8千円を計上しようとするものでございます。

 続きまして、下段の歳出でございますが、1款総務費につきましては、一般管理事務及び徴収事務経費として776万円を計上しようとするものでございます。また、2款後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、歳入となった保険料、保険基盤安定繰入金及び共通経費につきまして、広域連合へ納付する額として4億7,830万6千円を計上しようとするものでございます。

 以上で、議案第24号から議案第26号までの説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願いいたします。



○議長(酒井八洲仁君) それでは、次に、議案第27号、議案第28号について説明を求めます。今崎上下水道局長。



◎上下水道局長(今崎正敏君) 議案集の53ページをお開きください。議案第27号平成20年度雲仙市簡易水道事◎業特別会計予算(案)について御説明申し上げます。

それでは、予算書の255ページをお開きください。平成20年度雲仙市簡易水道事業特別会計予算は、第1条に記載しておりますとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8億8,418万4千円に定めようとするものでございます。第3条の地方債につきましては、259ページ、第3表に記載しておりますとおり、起債の目的欄の地方債資金によって執行する事業について、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定めようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたしますので、別冊で配付いたしております提出議案参考資料その2◎の平成20年度雲仙市当初予算(案)資料をご覧ください。

1ページは平成20年度当初予算(案)の概要でございます。簡易水道事業特別会計につきましては8億8,418万4千円で、平成19年度当初と比較いたしますと、率にいたしまして7.6%の減となります。

 次に、10ページをお開きください。まず、上段の歳入でございますが、1款水道事業収入につきましては2億8,995万2千円で、下水道工事の保証金及び加入金の増を見込んでおり、前年度と比較いたしますと、2,987万7千円、率にいたしまして11.5%の増となります。

 次に、2款国庫支出金につきましては、6,668万8千円で、瑞穂西郷地区簡易水道統合整備事業が完了することで国庫補助金の減を見込んでおり、前年度と比較いたしますと、9,983万6千円、率にいたしまして60%の減となります。

 次に、3款県支出金につきましては、水道基本計画及び水道ビジョン策定に伴い県交付金1,200万円を新規に見込んでおります。

 次に、4款繰入金につきましては1億5,262万4千円で、市債の繰り上げ償還に伴う繰り入れ基準額の減少によるもので、前年度と比較いたしますと、5,418万7千円、率にいたしまして26.2%の減となります。

 次に、7款市債につきましては3億5,310万円で、新規事業として国見南部地区簡易水道整備事業による市債の増額を見込んでおり、前年度と比較しますと、3,750万円、率にいたしまして11.9%の増となります。

 続きまして、下段の歳出でございますが、2款施設費が2億7,545万7千円で、前年度と比較いたしますと、2億4,562万円、率にいたしまして47.1%の減となります。

 次に、3款公債費が4億149万2千円で、前年度と比較いたしますと、1億6,577万円、率にいたしまして70.3%の増額となっております。なお、前年度に引き続き公営企業債借換事業として2億330万4千円を繰り上げ償還いたします。

 次に、歳出予算の主なものについて御説明いたします。91ページをお開きください。水道ビジョン統合計画策定事業は、水道事業の現状分析と将来予測を行った上で水道事業のあるべき将来像を設定し、これを実現するための基本方針、施策を明らかにするため策定し、これまで以上に安全でおいしい水を安定的に供給することを目的としております。事業費は1,415万9千円で、財源内訳は県交付金が1,200万円、残りの215万9千円は一般財源となっております。

 92ページをお開きください。国見南部地区基幹改良整備事業は国庫補助事業の新規事業であります。国見南部地区簡易水道は配水管、機械及び電気施設の老朽化が進み、有収率の低下が要因となっています。この事業は国庫補助事業による5カ年計画で、今回は初年度の事業でございます。事業費は1億3,770万3千円で、財源内訳として国庫補助金4,204万8千円、市債9,180万円及び他会計繰入金367万9千円となっております。

 以上で、議案第27号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、議案集の54ページをお開きください。議案第28号平成20年度雲仙市下水道事業特別会計予算(案)について御説明申し上げます。

 それでは、予算書の291ページをお開きください。平成20年度雲仙市下水道事業特別会計予算は、第1条に記載しておりますとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ23億1,373万9千円に定めようとするものでございます。第3条の地方債につきましては、295ページ、第3表に記載しておりますとおり、起債の目的欄の地方債資金によって執行する事業について、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定めようとするものです。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたしますので、別冊で配付いたしております提出議案参考資料その2の平成20年度雲仙市当初予算案資料をご覧ください。

 1ページは平成20年度当初予算案の概要でございます。下水道事業特別会計につきましては23億1,373万9千円で、平成19年度当初と比較いたしますと、率にいたしまして6%の増となります。

 次に、11ページをお開きください。まず、上段の歳入でございますが、2款使用料及び手数料につきましては1億3,780万9千円で、平成20年度に新たな地区の供用開始や各地区の接続率向上により下水道使用料の増を見込んでおり、前年度と比較いたしますと、1,587万6千円、率にいたしまして13%の増となります。

 次に、4款県支出金につきましては5,682万5千円で、瑞穂地区公共下水道事業費の増額による県促進交付金の増額で、前年度と比較いたしますと、1,400万2千円、率にいたしまして32.7%の増となります。

 次に、5款財産収入につきましては265万2千円で、下水道整備基金利子の増額により117万2千円、率にいたしまして79.2%の増となります。

 次に、9款諸収入につきましては3,001万4千円で、消費税還付金の増額により420万円、率にいたしまして16.3%の増となります。

 次に、10款市債につきましては6億8,810万円で、千々石地区の事業は終了したものの、吾妻、瑞穂地区の事業費の増額及び公営企業借換債により1億1,150万円、率にいたしまして19.3%の増となります。

 続きまして、下段の歳出でございますが、1款総務費が2億3,670万1千円で、前年度と比較いたしますと、5,808万1千円、率にいたしまして32.5%の増となります。

 次に、3款農業集落排水事業費が3,419万3千円で、310万3千円、率にいたしまして10%の増となります。

 次に、6款公債費が6億2,944万2千円で、5,659万1千円、率にいたしまして9.9%の増となります。

 次に、歳出予算の主なものについて御説明いたします。87ページをお開きください。市債繰り上げ償還借換事業は、過去に借り入れた高金利の市債について、繰り上げ償還及び借換により後年度の公債費負担の軽減を図ることを目的に、平成20年度下水道事業特別会計では8,936万5千円を計上いたしております。

 次に、93ページをお開きください。瑞穂地区特定環境保全公共下水道整備事業は、瑞穂町栗林地区、馬場地区、高田地区、岡地区他、同ページ下段、全体事業費の当該年度に記載のとおり、全体で処理区域7ha、管渠延長6,800m、マンホールポンプ3基を整備するものでございます。事業費は4億5,132万6千円で、財源内訳として国庫補助金2億円、市債2億2,800万円他を予定しております。

 次に、94ページをお開きください。吾妻地区特定環境保全公共下水道整備事業は、吾妻町中阿母地区、布江地区、三室地区、阿母崎地区他、全体で同ページ下段全体事業費の当該年度に記載のとおり、全体で処理区域40ha、管渠延長9,600m、マンホールポンプ7基を整備するものでございます。事業費は7億5,237万7千円で、財源内訳として、国庫補助金3億3,300万円、市債3億5,760万円他を予定しております。

 以上で、議案第28号の説明を終わらせていただきます。27号、28号ともよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第29号についての説明を求めます。酒井農林水産環境部長。



◎農林水産環境部長(酒井利和君) 議案集の55ページをお開きください。議案第29号平成20年度雲仙市と畜場特別会計予算(案)について御説明申し上げます。

 それでは、予算書の335ページをお開きください。平成20年度雲仙市と畜場特別会計予算は第1条に記載しておりますとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億356万8千円に定めようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたしますので、別冊で配付しております提出議案参考資料その2の平◎成20年度雲仙市当初予算(案)資料をご覧ください。1ページ、平成20年度当初予算案の概要でございます。と畜場特別会計につきましては2億356万8千円で、平成19年度当初と比較いたしますと、率にいたしまして1.1%の増となります。

 次に、12ページをお開きください。まず、上段の歳入でございますが、1款事業収入につきましては1億9,711万2千円で、前年度と比較いたしますと、361万3千円、率にいたしまして1.8%の減となります。次に、3款繰越金につきましては455万8千円で、前年度と比較いたしますと、455万7千円の増となります。続きまして、下段の歳出でございますが、1款総務費が1億7,632万6千円で、前年度と比較いたしますと、280万4千円、率にいたしまして1.6%の増となります。

 次に、歳出予算の主なものについて御説明いたします。95ページをお開きください。雲仙市食肉センター運営事業は、運営費に4,275万円、食肉センター業務運営委託料、汚泥及び汚物処理委託料及び内臓処理業務委託料などの業務委託料に1億2,230万円などとなっております。

 以上で、議案第29号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第30号について説明を求めます。東観光商工部長。



◎観光商工部長(東信一郎君) それでは、議案集の56ページをお願いをいたします。よろしいでしょうか。議案◎第30号平成20年度雲仙市国民宿舎事業特別会計予算(案)について御説明申し上げます。

 それでは、予算書の365ページをお開きください。平成20年度雲仙市国民宿舎事業特別会計予算は第1条に記載しておりますとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億205万7千円に定めようとするものでございます。第2条の地方債につきましては、368ページ、第2表に記載しておりますとおり、起債の目的欄の地方債資金によって執行する事業について、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定めようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたしますので、別冊で配付いたしております提出議案参考資料その2◎の平成20年度雲仙市当初予算(案)資料をご覧いただきたいと思います。1ページは平成20年度当初予算案の概要でございます。国民宿舎事業特別会計につきましては3億205万7千円で、平成19年度当初予算と比較いたしますと、率にいたしまして74.2%の増となります。

 次に、13ページをお開きいただきたいと思います。まず、上段の歳入でございますが、1款国民宿舎事業収入では、本年の工事施工に伴う約1カ月間の休業が見込まれるものの、利用客の増が見込めることから1億4,115万4千円を計上しており、前年度と比較いたしますと、752万6千円、率にたしまして5.6%の増を見込んでおります。次に、3款繰入金では、歳入歳出の調整を行うための財源として、前年度並みの3,941万6千円を見込んでおります。次に、6款市債では、施設の大規模改修に充てる財源といたしまして、新たに過疎対策事業債1億2,090万円を計上するものでございます。

 続きまして、下段の歳出でございますが、1款国民宿舎事業費では、1カ月間の休業を見込んだ運営経費及び施設の大規模改修工事に伴う設計管理業務委託料及び工事請負費を新たに計上するため3億150万7千円を見込んでおり、前年度と比較いたしますと、1億2,869万2千円、率にいたしますと74.5%の増となっているものでございます。

 次に、歳出予算の主なものについて御説明いたします。96ページをお願いをいたします。よろしいでしょうか。国民宿舎「望洋荘」施設改修事業は、建築後42年経過し、老朽化した施設をリニューアルするもので、主な改修内容は、まず大浴場改修として、1階露天風呂の新設や浴場内の改修、次に1階から3階までの全トイレ改修、次に1階改修として、廊下、ホール、各広間、脱衣室等の内装改修、その他外部改修として、外壁改修及び源泉タンクの改修や配管換えなどを予定しているところでございます。このための設計管理業務委託料及び工事請負費合わせて1億4,892万3千円を計上するものでございます。リニューアル後は積極的なPR活動による誘客を行い、経営改善を図るとともに、市民の皆様はもとより、市外の利用者の方々にも健康増進の場、癒しの場を提供してまいります。

 以上で、議案第30号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第31号についての説明を求めます。酒井農林水産環境部長。



◎農林水産環境部長(酒井利和君) 議案集の57ページをお開きください。議案第31号平成20年度雲仙市温泉浴◎場事業特別会計予算(案)について御説明申し上げます。

それでは、予算書の397ページをお開きください。平成20年度雲仙市温泉浴場事業特別会計予算は第1条に記載しておりますとおり、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1,067万8千円に定めようとするものでございます。

 次に、歳入歳出予算の概要について御説明いたしますので、別冊で配付しております提出議案参考資料その2の平◎成20年度雲仙市当初予算(案)資料をご覧ください。1ページ、平成20年度当初予算(案)の概要でございます。温泉浴場事業特別会計につきましては1,067万8千円で、平成19年度当初と比較いたしますと、率にいたしまして8.2%の減となります。

 次に、14ページをお開きください。まず、上段の歳入でございますが、1款使用料及び手数料につきましては936万円で、前年度と比較いたしますと、84万円、率にいたしまして8.2%の減となります。続きまして、下段の歳出でございますが、1款温泉浴場事業費が1,064万8千円で、前年度と比較いたしますと、92万9千円、率にいたしまして8%の減となります。

 次に、歳出予算の主なものについて御説明いたします。97ページをお開きください。市営共同浴場「浜の湯」運営事業は、維持管理費を424万3千円、運営委託事業を515万4千円及び施設整備事業に125万円等を計上しようとするものでございます。

 以上で、議案第31号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第32号について説明を求めます。今崎上下水道局長。



◎上下水道局長(今崎正敏君) 議案集の58ページをお開きください。議案第32号平成20年度雲仙市水道事業会計予算案について御説明申し上げます。地方公営企業法の適用を受けますところの水道事業会計予算案につきまして御説明申し上げます。

 それでは、別冊になっております水道事業会計予算書の1ページをお開きください。第2条に記載しております事業の予定量といたしまして、給水戸数を8,495戸、年間総給水量を298万1,899m3、1日平均給水量を8,170m3といたしております。第3条において定めます収益的収入及び支出の予定額は、収入総額を4億1,411万1千円、次のページとなりますが、支出総額を3億6,656万3千円と定めております。第4条において定めます資本的収入及び支出の予定額は、収入総額を9,578万8千円、4ページとなりますが、支出総額を2億3,762万9千円と定めております。すみません、3ページにもう一度戻っていただきたいと思いますけども、3ページの第4条でございますけども、資本的収入が資本的支出に対して不足する額1億4,184万1千円は、損益勘定留保資金、減債基金積立金及び建設改良積立金によって補てんすることとしております。次に、5ページをお開きください。第5条において定めます公営企業債については、国見の市道馬渡線に布設しております老朽化した配水管の布設替え工事3,108万8千円の工事費を起債事業で行おうとするもので、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定めるものであります。

 以上で、議案第32号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、議案第33号から議案第37号までの5件についての説明を求めます。島田建設整備部長。



◎建設整備部長(島田英俊君) 議案集の59ページをお開きください。議案第33号字の区域の変更について御説明申し上げます。

 本地区は、南串山町において平成17年度に里地棚田保全整備事業として事業採択され、南串山町内3地区、板引平田地区、下河地区、内平地区の農道整備、圃場整備を行うもので、事業費1億1,700万円、事業年度を平成18年度から平成19年度の2カ年度で終える事業でございます。本年度においては圃場整備につきまして0.8ha、板引平田地区で0.1ha、下河地区で0.3ha、内平地区で0.4ha、農道では1,090m、板引平田地区で287m、下河地区で425m、内平地区で378mの整備が完了しました。御承知のように、圃場整備は狭小の農地を成型し用排水路の分離と地区内道路の整備を行うことにより、農業機械の大型化、労働力の軽減と農業生産性の効率化を図る事業でございますが、本事業の実施に伴い字の区画を60ページの別紙変更調書のとおり変更する必要が生じましたので、地方自治法第260条第1項の規定により議会の議決を求めようとするものでございます。

 次に、議案第34号字の区域の変更について御説明申し上げます。

 議案集の61ページをお開きください。本地区は、平成9年度に受益面積100ha、事業費20億円で県営担い手育成圃場整備事業国見中部地区として着工しましたが、農業情勢の変化や地区内に多数点在する遺跡の調査費及び保護盛土の増加に伴い平成14年度に計画変更を行いました。平成18年度までに85.1haの面整備はすべて完了しており、既に地区特産のイチゴを主体とした営農を行っております。先程も申し上げましたように、この圃場整備は狭小な農地を成型し、用排水路の分離と地区内農道の整備を行うことにより、農業機械の大型化、労働力の軽減と農業生産性の効率を図る事業でございまして、本事業の実施に伴い、字の区域を62ページから70ページの別紙変更調書のとおり変更する必要が生じましたので、地方自治法第260条第1項の規定により議会の議決を求めようとするものでございます。

 議案第35号市道路線の廃止について御説明申し上げます。

 議案集の71ページをお開きください。本案は、同一路線で複数の等級により路線管理を行っている国見町、瑞穂町及び南串山町の路線について、等級ごとの路線管理を行うための47路線の廃止と県営守山土地改良事業の施行による1路線の廃止及び溜水・妙見地区県営畑地帯総合整備事業の施行による16路線の廃止を行うため、道路法第10条第1項の規定に基づき、市道路線を廃止することについて、同条第3項において準用する同法第8条第2項の規定により議会の議決を求めようとするものでございます。

 次に、議案集の76ページをお開きください。議案第36号市道路線の認定について御説明申し上げます。

 本案は、先程説明いたしました、同一路線で複数の等級により路線管理を行っている国見町、瑞穂町及び南串山町の路線について、等級ごとの路線管理を行うための95路線の再認定と、溜水・妙見地区県営畑地帯総合整備事業の施行による9路線の認定及び宅地造成により生じた3路線の認定を行うため、道路法第8条第1項の規定に基づき、市道路線を認定することについて、同条第2項の規定により議会の議決を求めようとするものでございます。

 次に、議案集の83ページをお開きください。議案37号市道路線の変更について御説明申し上げます。

 本案は県営守山土地改良事業により廃止した市道吾妻原口線の一部を市道吾妻、吾妻・瑞穂町境線とする路線の延長と、市道小浜諏訪池1号線を南串山町境まで延長した部分について市道として路線の変更を行うため、道路法第10条第2項の規定に基づき、市道路線を変更することについて、同条第3項において準用する同法第8条第2項の規定により議会の議決を求めようとするものでございます。

 以上で、議案33号から議案37号までの説明を終わらせていただきます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井八洲仁君) ここで3時半まで休憩いたします。

=午後3時18分 休憩= 

=午後3時30分 再開= 



○議長(酒井八洲仁君) 休憩前に引き続き再開いたします。

───────────────

追加日程第1.発議第1号 



○議長(酒井八洲仁君) 議事日程についてお諮りいたします。ただ今お手元に配付しております追加日程のとおり本日の日程に追加し、議題としたいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(酒井八洲仁君) 御異議なしと認めます。従って、議事日程に追加することを決定しました。

 追加日程第1、発議第1号道路特定財源の確保に関する意見書についてを議題とします。

 提案理由の説明を求めます。松尾文昭建設常任委員長。



◎建設常任委員長(松尾文昭君) 発議第1号道路特定財源の確保に関する意見書について、本件の提案理由の説明につきましては、別紙意見書(案)の朗読をもってかえさせていただきます。

 道路特定財源の確保に関する意見書(案)。

 道路は、国民生活や経済・社会活動を支える最も基礎的な社会基盤であり、活力ある地域づくりを推進し、安全で安心できる国土の実現には、国民共通の社会基盤である道路を計画的に整備することが重要である。

 しかしながら、その整備状況はいまだ十分とは言えず、道路整備をより一層推進することは国民が等しく熱望しているところである。特に私たちが住む雲仙市は、長崎県の南東部、島原半島の北西部に位置し、主要道路は半島を一周する国道251号と半島を縦断する国道389号と国道57号があり、これを県道、市道が補完している状況であるが、主要県道の整備等早急に道路ネットワークを構築する必要が迫られている。また、高速道路インターチェンジまでの時間短縮を図り、九州の主要都市や本州へのアクセスとなる地域高規格道路島原道路や国道57号森山拡幅の早期完成を待ち望んでいるところである。

 このようなことから、道路整備に対する市民の要望は極めて強いものがあり、これらの道路は真に必要な道路である。よって、国におかれは、地方の現状を十分に踏まえ、引き続き道路整備の促進が図られるよう次の事項について強く要望する。

 (1)地方の体系的な道路整備網の着実な整備を図るため、暫定税率を含めた現行の税率水準を維持し、必要な道路整備財源を確保すること。

 (2)自治体財源の運営に支障が生ずることのないように、関連法案を年度内に成立させること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成20年2月28日、長崎県雲仙市議会。

 議員各位の御同意をいただき、全会一致で御決定いただきますようお願いして、提案理由の説明といたします。

 なお、意見書の提出先は、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、国土交通大臣、衆議院議長及び参議院議長でございます。

 以上でございます。



○議長(酒井八洲仁君) これから質疑を行います。質疑の通告があっておりますので、これを許したいと思います。6番、上田篤議員。上田篤議員。



◆6番(上田篤君) 今の意見書案の中にありました暫定税率についてお尋ねします。今日昼のニュースで金子知事が、この暫定税率が廃止をされると、長崎県は約160億円と言いましたかね、損失をこうむることになると、大変だという話でした。雲仙市の場合、大体どれぐらいになるか試算されてますか。



○議長(酒井八洲仁君) 松尾文昭建設常任委員長。



◎建設常任委員長(松尾文昭君) ただ今の質問にお答えをいたします。

 道路特定財源の暫定税率廃止に伴う本市の影響額について、財政担当の説明では、見込みで2億1,900万円の減額となっておるということでございます。

 以上でございます。



○議長(酒井八洲仁君) いいですか。上田議員。



◆6番(上田篤君) わかりました。



○議長(酒井八洲仁君) これで質疑を終わります。

 本案については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(酒井八洲仁君) 御異議なしと認めます。従って、委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論の通告があっておりますので、発言を許します。まず、原案に反対者の発言を許します。6番、上田篤議員。



◎6番(上田篤君) 日本共産党の上田篤です。私は、道路特定財源の確保に関する意見書(案)に反対する立場から討論を行います。

 先程建設委員長の方から意見書についての提案説明がありました。この中身については、私もその多くの部分について賛同できるものです。例えば、「道路は国民生活や経済・社会活動を支える最も基礎的な社会基盤である」、これは当然です。また、「この社会基盤である道路を計画的に整備することが重要である」、これにも私は異議ありません。その下にある雲仙市を取り巻く道路情勢についての認識についても、私も異議はありません。

 しかし、これと道路特定財源の確保と、あるいは暫定税率の維持とは切り離して考えるべきものだと私は考えます。この道路特定財源や暫定税率については国会でも激しい議論が交わされており、多くの国民も注目をしています。まず私は、最初に基本的なところを押さえておくことが大事だと思います。この道路特定財源は道路を造るためにしか使えないという税金です。約5兆数千億円あると言われています。今から55年前の1953年、昭和28年につくられました。当時は国道、県道の舗装率が5%以下で、整備を急ぐためには安定した財源が必要との理由だったそうです。今では舗装率は90数%になっております。また、暫定税率は本来の税率に、ガソリンでいうと、1L当たり25円上乗せされているものです。そして、これが全国での無駄な道路建設を加速する役割を果たしてきました。これも今から34年前、1974年に始まり、30年以上も続いています。当初は2年間の暫定措置だったということです。「暫定」という言葉は「しばらくの間」という意味ですから、どう考えても長過ぎると思います。

 私たち日本共産党は、道路特定財源は一般財源化するべきだと考えています。暮らしや福祉、医療、年金にも使える、もちろん道路建設にも使える、必要に応じて国も地方もそれぞれ判断できるようにしようということです。つい1週間前の2月22日、衆議院の予算委員会が開いた中央公聴会で、前鳥取県知事である慶應義塾大学大学院の片山善博教授は、「自治体にとって道路も重要だが、決して道路だけではない」と述べ、教育など財源を必要とする多くの課題があることを指摘しました。自らの県知事時代の取り組みを語りながら、道路特定財源を維持するのは意味がないと訴えました。これは県知事という経験を踏まえての発言だけに、私たちもしっかりと耳を傾けるべき意見だと思います。

 暫定税率の上乗せ分は無駄な道路造りの自動装置を一層加速するものですから、廃止するべきです。廃止したら、地方には大打撃になるという記事が新聞にも載っておりましたし、先程昼のニュースでも言っておりました。確かに計算上はそうなるでしょうが、こういう不正常なものはどこかで正さなければ、将来のことを考えるならば、より以上に私たちに負担になるものだと考えます。道路を造るための必要な財源は、道路特定財源を一般財源化した中から、あるいはこの間削られた地方交付税を実態に合ったものにするなどで生み出すべきではないでしょうか。

 暫定税率を廃止することは、一方では私たちにとって減税となります。格差と貧困がますます広がる中で、ガソリンの税金が下がるかどうかは私たちの暮らしにとって大変大事な問題だと思います。今は特にこの雲仙市のような地方では、1家に二、三台の車は当たり前になっています。1台が1日に20km走るとすると、1カ月に600kmです。1Lで15kmの燃費だとすれば、月に40L使うことになります。40Lの25円で千円です。3台ならば3千円、1年間では3万6千円です。これはかなり大きな減税額と考えてもいいのではないでしょうか。実際はこれよりも大きな金額になるのではないかと思います。雲仙市は1万6千世帯です。1万世帯が車を保有していると仮定するならば、先程のごく大まかな計算ですけれども、3万6千円の1万世帯、3億6千万円です。確かに先程説明があったように、市にとっての損害額として2億1,900万円あると言われましたが、もし暫定税率を廃止すれば、2億円から3億円は市民が苦しまなくて済むと私は考えます。

 最後に、時事通信社がまとめた世論調査結果があります。揮発油税、ガソリン税の暫定税率維持を含む租税特別措置法改定案について、賛成が33.4%、反対が44.4%、反対が賛成を11.0ポイント上回りました。わからないは22.2%でした。この結果は全国の調査ですから、雲仙市のものとはもちろん違うかもしれませんが、私は、この結果は多くの国民の気持ちをかなり正確に反映しているのではないでしょうか。

 以上のような理由から、私はこの意見書(案)に反対いたします。議員各位の御賛同をお願いいたしまして、私の反対討論を終わります。



○議長(酒井八洲仁君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。5番、前田哲議員。



◎5番(前田哲君) 5番、前田です。発議第1号道路特定財源の確保に関する意見書について賛成の立場で発言をいたします。

 現在国会において、道路特定財源の暫定税率延長などを内容とする関係法案の審議が行われております。万が一、暫定税率が廃止されるようなことになれば、全国の地方自治体に1兆6千億円とも言われる減収が生じ、道路建設のみならず、他の分野にも多大な影響を受けるものと考えられます。

 本市雲仙市においても、厳しい財政状況の中、先程松尾委員長より答弁がありましたとおり、概算の数字でありますが、2億数千万円の減収になると試算をされております。その交通手段のほとんどが自動車利用である雲仙市にとって、道路の必要性は極めて高く、主要道路の整備、災害時の迂回路の確保など、多様な交通ネットワークを構築することは安心・安全なまちづくりの観点からも急務であります。必要な道路はその整備を急がなければなりません。大幅な収入減を避けるために、先程提案いたしました意見書を関係各省庁に送り、国に対して強く働きかけなければならないものと存じます。

 去る26日には長崎県下23の市長、町長の総意として暫定税率維持の緊急アピールが採択されております。議員各位の御賛同をお願いし、賛成討論といたします。



○議長(酒井八洲仁君) これで討論を終わります。

 これから発議第1号を採決します。発議第1号は原案どおり可決することに賛成の方は起立願います。

〔賛成者起立〕



○議長(酒井八洲仁君) 起立多数です。従って、発議第1号は原案どおり可決することに決定しました。

───────────────



○議長(酒井八洲仁君) 以上で、本日の日程はすべて終了しました。

 次の本会議は3月3日定刻より開きます。

 本日はこれで散会といたします。

=午後3時50分 散会=