議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成20年  6月 定例会(第2回) 06月20日−06号




平成20年  6月 定例会(第2回) − 06月20日−06号







平成20年  6月 定例会(第2回)



     平成20年第2回西海市議会定例会議事日程(第6号)

                         平成20年6月20日(金)

                         午前10時開議

日程第1 議案第73号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての撤回の件

       (議案第69号から議案第78号まで一括上程)

日程第2 議案第69号 西海市地区集会施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第3 議案第70号 西海市地区集会施設等の指定管理者の指定について

日程第4 議案第71号 市道の路線廃止について

日程第5 議案第72号 市道の路線認定について

日程第6 議案第74号 平成20年度西海市一般会計補正予算(第1号)

日程第7 議案第75号 平成20年度西海市介護保険特別会計補正予算(第1号)

日程第8 議案第76号 工事請負変更契約の締結について(大串浄化センター機械設備工事)

日程第9 議案第77号 西海市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第10 議案第78号 平成20年度西海市一般会計補正予算(第2号)

日程第11 請願第1号 教育予算の拡充を求める意見書の採択に関する請願

日程第12 農業委員の推薦の件

日程第13 閉会中の継続調査申し出の件

日程第14 議員派遣の件

追加日程第1 発議第2号 教育予算の拡充を求める意見書

        平成20年第2回西海市議会定例会会議録

                              (第6号)

招集年月日    平成20年6月5日

招集の場所    西海市議会議場

開会(開議)   6月20日 午前9時59分宣告(第16日)

応(不応)招議員及び出席並びに欠席議員

(凡例) ◯出席 ▲欠席 ×不応招 ▲◯公務欠席

     1 堀川政徳   ◯     14 杉本秀伸   ◯

     2 田川正毅   ◯     15 北川辰夫   ◯

     3 永田良一   ◯     16 井田利定   ◯

     4 森口昭徳   ◯     17 田口 昇   ◯

     5 原口龍彦   ◯     18 中野良雄   ◯

     6 岸浦秀次   ◯     19 岩本利雄   ◯

     7 志賀正剛   ◯     20 川岡純英   ◯

     8 山崎善仁   ◯     21 浅本和夫   ◯

     9 渋江一文   ◯     22 杉澤泰彦   ◯

     10 中里 悟   ◯     23 馬場正毅   ◯

     11 田中隆一   ◯     24 池田政治   ◯

     12 浅田幸夫   ◯     25 佐嘉田敏雄  ◯

     13 浅田直幸   ◯     26 佐々木義信  ◯

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長          山下純一郎  西海総合支所長     太田利幸

  副市長         橋口壽美夫  大島総合支所長     磯田和司

  収入役         岩崎源生   崎戸総合支所長     大浦正明

  総務部長        竹口一幸   総務部理事       中浦久幸

  企画振興部長      葉山千年   総務課長        繁山 均

  保健福祉部長      林 俊範   財政管理課長      冨永敬二

  市民環境部長      川添 昇   水道総務課長      小川 学

  建設部長        代田末継   教育長         佐古寶松

  産業振興部長      山道秀孝   教育次長        吉田 浩

  西彼総合支所長     前田穂積

職務のため出席した者の職氏名

  事務局長        江木繁美   書記          早崎正樹

  書記          松山 靖

     午前9時59分 開議



○議長(佐々木義信) 

 みなさん、おはようございます。

 ただ今の出席議員は26名です。

 これから、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。



△日程第1 議案第73号の撤回の件

 日程第1.議案第73号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての撤回の件を議題にします。

 撤回の理由の説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 おはようございます。

 議案第73号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての撤回の件について、撤回理由のご説明を申し上げます。

 今回、撤回させていただこうとする議案は、本議会の初日に議案第73号として提出いたしましたあらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についてで、撤回の原因となった事由は、同議案に記載されている表の「位置」の欄で、この欄には、あらたに生じた土地の位置を示すために隣接する土地の地番を記載しておりますが、他に当該あらたに生じた土地が隣接する土地があり、その番号「7507の1及び7507の1に隣接する埋立地」の記載が漏れていたというものです。

 また、訂正ではなく撤回とさせていただきました理由は、仮に、これら記載の漏れていた地番を新たに加えるための訂正を行う場合についても、これまでの西海市における同様のケースでの手続の経過から、既になされた県公報の訂正告示を待つ必要があると考えられますが、それらの手続に要する日程等を考慮した結果、本件議案の今会期中での訂正が不可能な状況であると判断したものです。

 従いまして、一旦この議案を撤回させていただくこととして、西海市議会会議規則第19条の規定に基づき請求させていただくものです。

 なお、本件議案の提出に当たっては、平成19年9月18日付け県公報で告示された内容に基づいて作成しているところですが、市としては、前述のように、その県公報についても訂正の上、告示がなされる必要があると考えており、その訂正された県公報の告示を受けて、再度、本件議案を議会に提出させていただく予定にしております。

 今後は、議案の作成に当たって十分な確認を行うよう徹底し、このようなことの無いよう努めたいと存じております。

 お詫びを申し上げるとともに、撤回させていただくことについてご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 撤回の理由の説明が終わりました。

 お諮りします。

 ただいま議題となっています議案第73号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての撤回の件を、承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第73号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての撤回の件を承認することに決定しました。



△日程第2 議案第69号から日程第10 議案第78号まで

 「日程第2.議案第69号 西海市地区集会施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」から「日程第10.議案第78号 平成20年度西海市一般会計補正予算(第2号)」までの9件を一括議題とし、各委員長の報告を求めます。

 はじめに、総務文教常任委員会委員長の報告を求めます。

 総務文教常任委員会委員長、岩本利雄議員。



◆総務文教常任委員会委員長(岩本利雄) 〔登壇〕

 みなさん、おはようございます。委員会審査報告をいたします。

 平成20年6月19日 西海市議会議長 佐々木義信様 総務文教常任委員長 岩本利雄 委員会審査報告書。本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

 記 事件の番号 件名 審査の結果の順に報告いたします。議案第69号 西海市地区集会施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について 原案可決。議案第70号 西海市地区集会施設等の指定管理者の指定について 原案可決。議案第77号 西海市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について 原案可決でありますが、議案第69号と議案第70号に対する要望が出されておりますので報告いたします。

 この2つの議案は、いずれも西海市地区集会施設に関する議案でありますが、それらの施設の呼称は、旧町からそのまま引き継がれており、統一されておりません。また、先の当委員会で、行政区役職名の呼称についても旧町のままで、統一するよう要望しておりましたが、いまだ実施されておりません。議案第70号は3つの地区集会施設の指定管理者の指定についての議案でしたが、それらの3つの施設とも施設とその管理団体の呼称はつぎのようにまちまちでございます。施設の呼称では白浜集会所、下岳活性化センター、寄船公民館、その管理団体の呼称は白浜実行組合、下岳郷自治会、寄船行政区班といった表現になっております。これらの呼称については各旧町それぞれの地域行政運営において慣れ親しまれており、これを改革することは困難でありますが、統一することによってより早く市としての一体感の醸成が期待できると考えます。総務部が主体となり関連団体と協議し、地区集会施設や行政区役職名等の呼称統一を目的とした検討委員会或いは協議会等を早急に立ち上げてほしいとの要望が出されております。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 以上で総務文教常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、産業建設常任委員会委員長の報告を求めます。

 産業建設常任委員会委員長、北川辰夫議員。



◆産業建設常任委員会委員長(北川辰夫) 〔登壇〕

 おはようございます。

 平成20年6月20日 西海市議会議長 佐々木義信様 産業建設常任委員長 北川辰夫 委員会審査報告書 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。記 事件の番号 件名 審査の結果の順に報告します。議案第71号 市道の路線廃止について 原案可決。議案第72号 市道の路線認定について 原案可決。議案第76号 工事請負変更契約の締結について(大串浄化センター機械設備工事) 原案可決。

 議案第71号 市道の路線廃止については、道路としての機能をなくした路線及び広域農道との交差等により部分的に機能を停止した路線の市道廃止の議案であるが、審査をする中で、市道黒崎日蔭線については採石場の開発区域内であるため、市道を廃止した後に払い下げを予定しているとの説明があった。同市道には民有地も隣接しているため、払い下げに当たっては、地権者とのトラブルが発生しないよう地権者と十分協議し同意を得たうえでの対応をとるようにとの要望が出された。

 議案第76号においては、単独工事については意思と能力があったら共同企業体の協定書第16号の2から5号までについてを確定されるということで単独でも事業ができるということでございます。以上、報告を終わります。



○議長(佐々木義信) 

 以上で産業建設常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、厚生常任委員会委員長の報告を求めます。

 厚生常任委員会委員長、山崎善仁議員。



◆厚生常任委員会委員長(山崎善仁) 〔登壇〕

 おはようございます。

 平成20年6月19日 西海市議会議長 佐々木義信様 厚生常任委員長 山崎善仁 委員会審査報告書 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。事件の番号 議案第75号 平成20年度西海市介護保険特別会計補正予算(第1号) 審査の結果 原案可決でございます。

 この補正でございますが、地域包括支援センターへ現在、社会福祉協議会から職員が出向しているわけでございますが、今回5月末をもって職員が出向を解かれまして社会福祉協議会に戻るということで、新たに市で非常勤職員を雇用するという、そのための補正でございます。

 以上で厚生常任委員会に付託されました審議の内容の報告といたしますが、全般にわたっては後日資料を配布いたしますので一読お願いいたします。



○議長(佐々木義信) 

 以上で厚生常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、予算審査特別委員会委員長の報告を求めます。

 予算審査特別委員会委員長、佐嘉田敏男議員。



◆予算審査特別委員会委員長(佐嘉田敏雄) 

 おはようございます。予算審査特別委員会の報告をいたします。

 平成20年6月19日 西海市議会議長 佐々木義信様 予算審査特別委員長 佐嘉田敏雄 委員会審査報告書 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。記 事件の番号 件名 審査の結果の順に報告いたします。議案第74号 平成20年度西海市一般会計補正予算(第1号) 原案可決 議案第78号 平成20年度西海市一般会計補正予算(第2号) 原案可決。以上、報告をいたします。



○議長(佐々木義信) 

 以上で予算審査特別委員会委員長の報告を終わります。

 これで各委員長の報告を終わります。

 これから各委員長報告に対する質疑を行ないます。

 まず、総務文教常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、産業建設常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

 1番、堀川議員。



◆1番(堀川政徳) 

 72号についてですが、この路線についてメーター数が全くわからないんですけども、わかっておられれば教えていただければと思います。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設常任委員会委員長。



◆産業建設常任委員会委員長(北川辰夫) 

 審査の中で資料が出されましたので、後で資料を提出させていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。



○議長(佐々木義信) 

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、厚生常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、予算審査特別委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 以上で、各委員会委員長報告に対する質疑を終わります。

 議案第69号から議案第78号までの9件に対する討論の発言通告はありません。

 これで討論を終わります

 これから、「議案第69号 西海市地区集会施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」から「議案第78号 平成20年度西海市一般会計補正予算(第2号)」までの9件を一括して採決します。

 「議案第69号 西海市地区集会施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」から「議案第78号 平成20年度西海市一般会計補正予算(第2号)」までの9件に対する各委員長の報告は、原案可決です。

 お諮りします。

 議案第69号から議案第78号の9件は、各委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、「議案第69号 西海市地区集会施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」から「議案第78号 平成20年度西海市一般会計補正予算(第2号)」までの9件については、各委員長の報告のとおり可決されました。



△日程第11 請願第1号



○議長(佐々木義信) 

 次に、日程第11.請願第1号 教育予算の拡充を求める意見書の採択に関する請願を議題とします。

 総務文教常任委員会委員長の報告を求めます。

 総務文教常任委員会委員長、岩本利雄議員。



◆総務文教常任委員会委員長(岩本利雄) 〔登壇〕

 請願審査報告をいたします。

 平成20年6月19日 西海市議会議長 佐々木義信様 総務文教常任委員長 岩本利雄 請願審査報告書 本委員会に付託された請願を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第134条の規定により報告します。受理番号 請願第1号 件名 教育予算の拡充を求める意見書の採択に関する請願 審査の結果 採択でございます。

 この請願を審査する中で委員会より次のような意見がありましたので報告いたします。この請願は教育予算の拡充を求める意見書の採択に関する請願で、昨年度も同一人からほぼ同様な趣旨の請願が提出され採択された経緯がございます。今回の請願には4項目の請願が出されており、その中の1つに教職員の人材を確保するため、教職員給与の財源を確保、充実することという請願項目があります。この請願項目に対する背景には教職員の待遇改善を意図するものがあるのではないだろうか、そうであるとすれば本市の先生が子どもたちに対し、真剣に向き合っているかどうかを検証する必要がありはしないか、という次のような意見が出されております。

 1点目は、本市の多くの教職員は長崎市等の市外からの通勤者であります。このことは子どもたちとのふれあいの場を制限しているのではないだろうか。市内に居住し、朝も晩も休日もできるだけ多く子どもたちとふれあっていただきたい。田舎に住んで、時には田植えにも参加し、自ら体験した上で自然食とか地産地消を推奨してもらいたい。

 2点目は早寝・早起き・朝ごはんを子どもたちに推奨しているが、これは教育者として率先垂範すべき事項であります。果たして本市の先生は実行しているのだろうか、などでございます。

 当委員会としては請願者に対し紹介議員を通じてそのような意思を伝えていただくのと同時に、当委員会や西海市議会からの要望書を提出できないか等の研究をこれからしてみたいと考えております。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 総務文教常任委員会委員長の報告が終わりましたので、これから委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論を終わります。

 これから、請願第1号 教育予算の拡充を求める意見書の採択に関する請願を採決します。

 この請願に対する委員長の報告は、採択です。

 お諮りします。

 この請願は、委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、請願第1号 教育予算の拡充を求める意見書の採択に関する請願は、委員長の報告のとおり採択することに決定しました。

 ここでしばらく休憩します。

     午前10時20分 休憩

     午前10時21分 再開



△追加日程第1 発議第1号



○議長(佐々木義信) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 岩本利雄議員ほか2人から、発議第2号 教育予算の拡充を求める意見書の提出がありました。

 これを日程に追加し、追加日程第1として議題にしたいと思います。

 ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 発議第2号を日程に追加し、追加日程第1として、議題とすることに決定しました。

 追加日程第1.発議第2号 教育予算の拡充を求める意見書を議題とします。

 本案について趣旨説明を求めます。

 岩本利雄議員。



◆19番(岩本利雄) 〔登壇〕

 発議第2号 平成20年6月20日 西海市議会議長 佐々木義信様 提出者 西海市議会議員 岩本利雄 賛成者 西海市議会議員 田川正毅 賛成者 西海市議会委員 池田政治 教育予算の拡充を求める意見書 上記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

 教育予算の拡充を求める意見書(案)

 子どもたちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤づくりにとってきわめて重要なことである。現在、多くの都道府県で、児童生徒の実態に応じ、きめ細かな対応ができるように少人数教育が実施されていることは、保護者や子どもたちに大変有益であるとされている。

 しかし、義務教育費国庫負担制度の国庫負担率が2分の1から3分の1に縮小されたことや地方交付税削減の影響、厳しい地方財政の状況などから、地方公共団体が独自に少人数教育を推進することには限界がある。

 このため、学校施設などを含めて教育条件の地域間格差も拡がりつつある。

 一方、就学援助受給者の増大に現れているように、低所得者層の拡大・固定化もすすんでいる。

 地方公共団体の財政力や保護者の家計の違いによって、セーフティーネットとして子どもたちが受ける「教育水準」に格差があってはならない。

 日本の教育予算は、国内総生産(GDP)比に占める教育費の割合や教職員数などに見られるように、経済協力開発機構(OECD)諸国に比べて脆弱と言わざるを得ない。

 教育は未来への先行投資であり、子どもたちがどこに生まれ育ったとしても、ひとしく良質な教育が受けられる必要がある。

 このため、教育予算を国全体として、しっかりと確保・充実させる必要がある。

 よって、次の事項を実現されるよう要望する。記

 1.きめが細かい教育の実現のために、義務制第8次・高校第7次教職員定数改善計画を実施すること。

 2.義務教育費国庫負担制度について、国庫負担率を2分の1に復元することを含め、制度を堅持すること。

 3.学校施設整備費、就学援助・奨学金など教育予算の充実のため、地方交付税を含む国の予算を拡充すること。

 4.教職員の人材を確保するため、教職員給与の財源を確保・充実すること。

 以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出する。

 長崎県西海市議会。

 以上であります。



○議長(佐々木義信) 

 趣旨説明が終わりましたので、これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 お諮りします。

 発議第2号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、発議第2号は委員会付託を省略することに決定しました。

 次に討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから、発議第2号 教育予算の拡充を求める意見書を採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、発議第2号 教育予算の拡充を求める意見書は、原案のとおり可決されました。

 なお意見書につきましては、関係省庁に西海市議会の名をもって送付しますので、ご了承下さい。



△日程第12 農業委員の推薦の件



○議長(佐々木義信) 

 日程第12、農業委員の推薦の件を議題とします。

 お諮りします。

 議会推薦の農業委員は4人とし、池谷文子さん、森口京子さん、吉田年位さん、椿 政子さん、以上の方を推薦したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議会推薦の農業委員は4人とし、池谷文子さん、森口京子さん、吉田年位さん、椿 政子さん、以上の方を推薦することに決定しました。



△日程第13 閉会中の継続調査申し出の件



○議長(佐々木義信) 

 日程第13.閉会中の継続調査申し出の件を議題とします。

 議会運営委員会委員長及び各常任委員会委員長から会議規則第102条の規定により、お手元に配布した申出書のとおり、閉会中の継続調査申し出があります。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員長及び各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議会運営委員会委員長及び各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。



△日程第14 議員派遣の件



○議長(佐々木義信) 

 日程第14.議員派遣の件を議題とします。

 お諮りします。

 議員派遣については、お手元に配布のとおり「長崎県市議会議員研修会」に議員全員を派遣することにしたいと思います。

 ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、お手元に配布のとおり「長崎県市議会議員研修会」に議員全員を派遣することに決定しました。

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 これをもちまして平成20年第2回西海市議会定例会を閉会します。

     午前10時29分 閉会

会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

              議長

              署名議員

              署名議員