議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成20年  3月 定例会(第1回) 03月21日−06号




平成20年  3月 定例会(第1回) − 03月21日−06号







平成20年  3月 定例会(第1回)



     平成20年第1回西海市議会定例会議事日程(第6号)

                         平成20年3月21日(金)

                         午前10時開議

議事日程

    (議案第49号の撤回及び議案第64号の訂正を一括議題)

日程第1 議案第49号 平成20年度西海市交通船特別会計予算撤回の件

日程第2 議案第64号 平成19年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)訂正の件

(議案第6号から議案第67号まで一括上程・委員長報告・委員長報告質疑・討論・採決)

日程第3 議案第6号 西海市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第4 議案第7号 西海市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第5 議案第8号 西海市一般職の任期付職員の採用に関する条例の制定について

日程第6 議案第9号 西海市職員の自己啓発等休業に関する条例の制定について

日程第7 議案第11号 西海市消防団条例の一部を改正する条例の制定について

日程第8 議案第12号 西海市の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定について

日程第9 議案第13号 西海市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について

日程第10 議案第14号 西海市企業立地奨励条例の制定について

日程第11 議案第15号 西海市有墓地利用条例の一部を改正する条例の制定について

日程第12 議案第16号 西海市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第13 議案第17号 西海市後期高齢者医療に関する条例の制定について

日程第14 議案第18号 西海市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

日程第15 議案第19号 西海市食育推進会議条例の制定について

日程第16 議案第20号 西海市福祉医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第17 議案第21号 西海市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について

日程第18 議案第22号 西海市手数料条例の一部を改正する条例の制定について

日程第19 議案第23号 西海市施設民間移譲選考委員会条例の制定について

日程第20 議案第24号 土地改良事業の計画の変更について

日程第21 議案第25号 西海市漁港管理条例の一部を改正する条例の制定について

日程第22 議案第26号 西海市鳥崎釣船係留施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第23 議案第27号 西海市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について

日程第24 議案第28号 西海市公営住宅等入居者選考委員会条例の一部を改正する条例の制定について

日程第25 議案第29号 西海市崎戸炭鉱記念公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第26 議案第30号 市道の路線廃止について

日程第27 議案第31号 市道の路線認定について

日程第28 議案第32号 市道福島線物損事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて

日程第29 議案第33号 西海市水道水源保護条例の一部を改正する条例の制定について

日程第30 議案第34号 西海市教育振興基本計画策定委員会条例の制定について

日程第31 議案第35号 西海市公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第32 議案第36号 西海市歴史民俗資料館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第33 議案第37号 西海市大瀬戸コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第34 議案第38号 西海市大島離島開発総合センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第35 議案第39号 西海市大島農村勤労福祉センターの管理運営に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第36 議案第40号 西海市大島文化ホールの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第37 議案第41号 西海市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第38 議案第42号 平成20年度西海市一般会計予算

日程第39 議案第43号 平成20年度西海市国民健康保険特別会計予算

日程第40 議案第44号 平成20年度西海市後期高齢者医療特別会計予算

日程第41 議案第45号 平成20年度西海市簡易水道事業特別会計予算

日程第42 議案第46号 平成20年度西海市老人保健特別会計予算

日程第43 議案第47号 平成20年度西海市下水道事業特別会計予算

日程第44 議案第48号 平成20年度西海市宅地開発事業特別会計予算

日程第45 議案第50号 平成20年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計予算

日程第46 議案第51号 平成20年度西海市介護保険特別会計予算

日程第47 議案第52号 平成20年度西海市水道事業会計予算

日程第48 議案第53号 平成20年度西海市工業用水道事業会計予算

日程第49 議案第54号 平成20年度西海市立病院事業会計予算

日程第50 議案第55号 平成19年度西海市一般会計補正予算(第7号)

日程第51 議案第56号 平成19年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

日程第52 議案第57号 平成19年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第53 議案第58号 平成19年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

日程第54 議案第59号 平成19年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)

日程第55 議案第60号 平成19年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計補正予算(第3号)

日程第56 議案第61号 平成19年度西海市介護保険特別会計補正予算(第3号)

日程第57 議案第62号 平成19年度西海市西彼杵広域連合一般事務承継特別会計補正予算(第2号)

日程第58 議案第63号 平成19年度西海市西彼杵広域連合介護保険事務承継特別会計補正予算(第2号)

日程第59 議案第64号 平成19年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)

日程第60 議案第65号 平成19年度西海市立病院事業会計補正予算(第3号)

日程第61 議案第66号 市有地明渡等請求事件に関する訴えの提起について

日程第62 議案第67号 西海市過疎地域自立促進計画の変更について

(請願第4号)

日程第63 請願第4号 児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書の採択に係る請願

(閉会中の継続調査申し出)

日程第64 閉会中の継続調査申し出

  平成20年第1回西海市議会定例会追加議事日程(第6号の追加1)

                         平成20年3月21日(金)

追加日程第1 議案第68号 平成20年度西海市交通船特別会計予算

  平成20年第1回西海市議会定例会追加議事日程(第6号の追加2)

                         平成20年3月21日(金)

追加日程第2 議案第68号 平成20年度西海市交通船特別会計予算

追加日程第3 発議第1号 児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書

        平成20年第1回西海市議会定例会会議録

                              (第6号)

招集年月日    平成20年3月4日

招集の場所    西海市議会議場

開会(開議)   3月21日 午前10時5分宣告(第18日)

応(不応)招議員及び出席並びに欠席議員

(凡例) ◯出席 ▲欠席 ×不応招 ▲◯公務欠席

     1 堀川政徳   ◯     14 杉本秀伸   ◯

     2 田川正毅   ◯     15 北川辰夫   ◯

     3 永田良一   ◯     16 井田利定   ◯

     4 森口昭徳   ◯     17 田口 昇   ◯

     5 原口龍彦   ◯     18 中野良雄   ◯

     6 岸浦秀次   ◯     19 岩本利雄   ◯

     7 志賀正剛   ◯     20 川岡純英   ◯

     8 山崎善仁   ◯     21 浅本和夫   ◯

     9 渋江一文   ◯     22 杉澤泰彦   ◯

     10 中里 悟   ◯     23 馬場正毅   ◯

     11 田中隆一   ◯     24 池田政治   ◯

     12 浅田幸夫   ◯     25 佐嘉田敏雄  ◯

     13 浅田直幸   ◯     26 佐々木義信  ◯

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長          山下純一郎  西彼総合支所長     田中福次

  副市長         橋口壽美夫  西海総合支所長     太田利幸

  収入役         岩崎源生   大島総合支所長     磯田和司

  総務部長        竹口一幸   崎戸総合支所長     大浦正明

  企画振興部長      葉山千年   民間移譲等担当理事   中浦久幸

  保健福祉部長      平野直幸   総務部理事       木山勝己

  市民環境部長      川添 昇   総務課長        繁山 均

  建設部長        代田末継   管財契約課長      川岳福夫

  産業振興部長      山道秀孝   教育長         佐古寶松

  水道部長        西尾繁信   教育次長        林 俊範

職務のため出席した者の職氏名

  事務局長        山口重俊   書記          松山 靖

  書記          山脇さおり

     午前10時5分 開議



○議長(佐々木義信) 

 皆さん、おはようございます。

 ただ今の出席議員は25名です。

 なお、5番・原口議員より遅刻の申出があっておりますので報告します。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。

 日程に入る前に諸報告として、庁舎に関する調査特別委員会から報告があっております。

 報告書については、お手元に配布のとおりです。



△日程第1 議案第49号から日程第2 議案第64号まで



○議長(佐々木義信) 

 日程第1.議案第49号 平成20年度西海市交通船特別会計予算撤回の件、日程第2.議案第64号 平成19年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)訂正の件、以上2件を一括議題とします。

 市長に撤回及び訂正理由の説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 今回、2件の議案について撤回又は訂正をお願いをいたすものでございます。

 はじめに、議案第49号 平成20年度西海市交通船特別会計予算撤回の件については、本件議案に係る予算書中、一般会計繰入金の額を5,692万9,000円と誤って記載しており、これを5,701万5,000円に改めるものであります。このため差額8万6,000円を増額することとし、これに伴い、歳入歳出予算の総額を含む広範囲の変更を要することとなったために、今回、一旦本件議案を撤回させていただき、所要の変更を行った上で、後刻、改めて追加議案として提出させていただくために撤回を請求させていただくものです。

 次に、議案第64号 平成19年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)訂正の件については、本件議案書の1ページ目に掲げております補正予算(第3号)の第2条において、収益的収支のうち収入の予定額に係る補正内容を掲げているところ、その本文においては「支出の予定額を次のとおり補正する」と誤って記載しており、今回、これを「収入の予定額を次のとおり補正する」と改めるための訂正をお願いするものであります。

 以上で、撤回及び訂正理由についてのご説明を終ります。

 今後は、議案の作成に当たって更に確認を徹底し、このような遺漏の無いよう努めたいと存じております。お詫びを申し上げますとともに、これらの議案の撤回及び訂正についてご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 撤回、訂正理由の説明が終わりました。

 お諮りします。

 ただ今議題となっております議案第49号 平成20年度西海市交通船特別会計予算撤回の件、議案第64号 平成19年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)訂正の件は、許可することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第49号 平成20年度西海市交通船特別会計予算撤回の件、議案第64号 平成19年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)訂正の件は、許可することに決定しました。

 次に市長より、議案第68号 平成20年度西海市交通船特別会計予算の提出がありました。

 これを日程に追加し、追加日程第1として議題にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、日程に追加し、議案第68号を追加日程第1として議題とすることに決定しました。

 追加日程及び追加議案配布の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 それでは、追加日程第1.議案第68号 平成20年度西海市交通船特別会計予算について議題とします。

 市長に提案理由の説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 ただ今、追加議案として上程いただきました議案第68号について、提案理由のご説明を申し上げます。

 平成20年度の西海市交通船特別会計予算につきましては、先程、議案第49号について撤回のご承認をいただき、一旦取り下げさせていただいたところでございますが、議案第68号は、これを改めて提出させていただくものです。予算の内容について改めてご説明させていただきますが、今回は、予算の総額を歳入歳出それぞれ1億1,304万9,000円といたしております。歳入の主な内容は、使用料及び手数料4,703万1000円、一般会計繰入金5,701万5,000円となっております。また、歳出の主な内容は、事業費9,677万1,000円となっております。以上で、追加議案の提案理由のご説明を終わります。よろしくご審議の程お願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 議案第68号は、総務文教常任委員会に付託します。

 ここで、委員会審査のためしばらく休憩します。

     午前10時12分 休憩

     午前10時41分 再開



△日程第3 議案第6号から日程第62 議案第67号まで



○議長(佐々木義信) 

 休憩を閉じて、休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第3.議案第6号から日程第62.議案第67号までを一括議題とし、各委員長の審査報告及び少数意見の報告を求めます。

 はじめに、総務文教常任委員会委員長の報告を求めます。

 総務文教常任委員会、岩本利雄委員長。



◆総務文教常任委員会委員長(岩本利雄) 

 おはようございます。委員会審査報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                          平成20年3月21日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  総務文教常任委員長 岩本利雄

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第6号
西海市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第7号
西海市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第8号
西海市一般職の任期付職員の採用に関する条例の制定について
原案可決


議案第9号
西海市職員の自己啓発等休業に関する条例の制定について
原案可決


議案第11号
西海市消防団条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第12号
西海市の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定について
原案可決


議案第13号
西海市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第14号
西海市企業立地奨励条例の制定について
原案可決


議案第34号
西海市教育振興基本計画策定委員会条例の制定について
原案可決


議案第35号
西海市公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第36号
西海市歴史民俗資料館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第37号
西海市大瀬戸コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第38号
西海市大島離島開発総合センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第39号
西海市大島農村勤労福祉センターの管理運営に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第40号
西海市大島文化ホールの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第41号
西海市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第48号
平成20年度西海市宅地開発事業特別会計予算
原案可決


議案第59号
平成19年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第66号
市有地明渡等請求事件に関する訴えの提起について
原案可決


議案第67号
西海市過疎地域自立促進計画の変更について
原案可決



 今回当委員会に付託されました案件につきましては、ただ今の報告通り、全て原案可決でありますが、審査の経過のなかで主なものを1点報告いたします。

 議案第41号西海市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを審議する中で、不適切な答弁があり委員会が紛糾し、事態を収拾するための暫時休憩を余儀なくされました。結果は、委員会に諮りその発言を会議録から削除するということになりました。委員会が慎重審議を期している中において、緊張感を欠いた理事者側の答弁になってしまったことは、大いに反省をしていただきたい。これまでにも委員長報告として提出議案については、委員会開会前に担当部署内はもちろんのこと、関連部署においては事前協議を十分実施し、答弁については、その統一見解に基づいたものであるべきとの要望をしてきましたが、結果として改善されていません。二度とこのようなことが発生しないように、事前協議を充分に行い、万全な体制で、委員会に臨むよう再度要望いたしました。以上報告を終わります。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、総務文教常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、厚生常任委員会委員長の報告を求めます。

 厚生常任委員会、山崎善仁委員長。



◆厚生常任委員会委員長(山崎善仁) 

 おはようございます。続きまして厚生常任委員会の報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                          平成20年3月19日

西海市議会議長 佐々木義信様

                    厚生常任委員長 山崎善仁

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第15号
西海市有墓地利用条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第16号
西海市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第17号
西海市後期高齢者医療に関する条例の制定について
原案可決


議案第18号
西海市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第19号
西海市食育推進会議条例の制定について
原案可決


議案第20号
西海市福祉医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第21号
西海市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第22号
西海市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第23号
西海市施設民間移譲選考委員会条例の制定について
原案可決


議案第43号
平成20年度西海市国民健康保険特別会計予算
原案可決


議案第44号
平成20年度西海市後期高齢者医療特別会計予算
原案可決


議案第46号
平成20年度西海市老人保健特別会計予算
原案可決


議案第50号
平成20年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計予算
原案可決


議案第51号
平成20年度西海市介護保険特別会計予算
原案可決


議案第54号
平成20年度西海市立病院事業会計予算
原案可決


議案第56号
平成19年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第60号
平成19年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第61号
平成19年度西海市介護保険特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第62号
平成19年度西海市西彼杵広域連合一般事務承継特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第63号
平成19年度西海市西彼杵広域連合介護保険事務承継特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第65号
平成19年度西海市立病院事業会計補正予算(第3号)
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上でございますが、内容につきまして簡単に報告をさせていただきます。

 当委員会に付託されました条例及び予算等の説明を求め、質疑を行いました。付託された案件はすべて原案可決でありますが、主なものを報告します。

 議案第15号 西海市有墓地利用条例の一部を改正する条例の制定については、「西彼町58か所、大島18か所、大瀬戸45か所の計121か所であるが、西海町と崎戸町はどうなるか」という質疑に対しまして、「西海町はまだ墓地の把握ができていないので調査の委託をする。崎戸町は総合支所で調査する」と答弁がなされました。

 議案第16号 西海市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてですが、「指定管理するメリットが見えない。管理公社の職員を指定管理者が引き続き雇用することを条件にすべきなど意見や、長年地域や西海市のために貢献された方との最後のお別れであり、市が管理した施設で荼毘に付すのが良い」などの意見が多く出されたが、答弁としては「平成21年度の4月1日からできるようにしたいが、無理にするつもりはないので実施にあたっては、十分検討、管理公社の職員の受け入れも要請する」との答弁がなされました。

 委員の要望としては、西海市大瀬戸斎場並びに西海斎場の管理を指定管理者に行なわせることについては、民間活力を活用することにより、管理経費の削減と行政サービスの維持向上並びに行政運営の効率化・簡素化を図ることでなければならない。また、現在、当該施設は西海市公共施設等管理公社で管理委託を行っているが、指定管理者制度の導入に伴い、管理公社の職員削減を図ることは必然である。よって、指定管理者の指定手続きを進めるにあたっては、管理公社職員の処遇を含め、以上の点を踏まえ十分な協議と検討を行うべきである。との意見も出されました。なお、この議案のみが挙手によって採択され、「少数意見の留保」が出されました。

 議案第17号は、高齢者の医療の確保に関する法律の改正及び長崎県後期高齢者医療広域連合の設立に伴い、西海市における後期高齢者医療の円滑な実施を確保するため、事業運営に当り、新たに後期高齢者医療に関する条例の制定をするものであるとの説明を受けた。質問としては「西海市の75歳以上の対象者は何人か」との質問に対し「2月末で2,850人」との答弁があった。

 議案第50号 平成20年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計予算については、予算総額を歳入歳出それぞれ2億3,005万6,000円とし、今回の歳出の主なものは改修工事費の2,791万5,000円との説明がなされました。主な工事は空調関係との答弁がありました。職員の補充はどうなったかの質問に対し「いろいろありましたが非常勤の職員も了解いただき、介護員の給与も12万円から12万8,000円に上げることができた」との答弁がありました。

 議案第54号 平成20年度西海市立病院事業特別会計当初予算につきましたは、収益的収入総額が6億4,042万2,000円で医業収益が4億122万5,000円との説明があり、大きな事業として、訪問リハビリ推進事業を行い、江島、平島をはじめ実施する。2番目は給食の適時適温の開設を実施する。これは昼食を12時丁度と夕食を6時にするものです。3番目は老朽化している機器の整備をするなどの説明がありました。

 以上、概略で議案の主なものだけを報告させていただきますので、詳しい内容については後日配布されます報告書を一読いただければと思っております。以上で報告といたします。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、厚生常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に議案第16号 西海市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について、田口 昇議員から少数意見の報告を求めます。

 17番、田口 昇議員。



◆17番(田口昇) 

 おはようございます。ただ今厚生常任委員長から報告がありましたとおり、少数意見の留保をしておりましたので、ご報告申し上げます。

 まず、報告の前にこの西海斎場の管理についてでございますけども、平成18年度の決算で見ますと荼毘に付した件数が西海斎場が321件、大瀬戸斎場が121件ということで、この現在の管理につきましては、大瀬戸斎場が西海市公共施設等管理公社の職員が2名、西海斎場につきましては公社職員1名とシルバー人材センター、民間のグループの方で管理がなされておりますし、決算でいきますと管理費としまして、大瀬戸斎場が約507万、西海斎場が878万、合計の1,385万、約経費がかかっております。この中で火葬使用料として393万9,000円が歳入手数料として上がっております。そういう中で少数意見の報告に移らせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           少数意見報告書

 3月13日の厚生常任委員会において留保した少数意見を下記のとおり会議規則第39条第1項の規定により報告します。

                 記

1 議案番号 議案第16号

  件名 西海市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

2 意見の要旨 ?斎場の管理について指定管理者制度導入へ移行する条例の一部改正であるが、現状と導入後の行政経費削減(公社職員定数減、人件費抑制)の効果が見えない。

        ?斎場施設は、特殊な公の施設であり、長年家族や地域、西海市のまちづくりに貢献された方々の人生最後の旅立ち、ダビに付する場、競争の原理、指定管理者制度導入より厳粛な内に感謝を込めてお送りする西海市直営の管理が望ましい。

        ?指定管理者制度導入の時期が平成21年4月1日からと予定されているが、その効果と必要性について慎重に精査すべき、時期尚早である。

平成20年3月17日

西海市議会議長 佐々木義信様

(厚生常任委員長経由)

               厚生常任委員会委員  田口 昇(印)

                     賛成者  永田良一(印)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐々木義信) 

 以上で少数意見の報告を終わります。

 次に、産業建設常任委員会委員長の報告を求めます。

 産業建設常任委員会、北川辰夫委員長。



◆産業建設常任委員会委員長(北川辰夫) 

 おはようございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                          平成20年3月21日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  産業建設常任委員長 北川辰夫

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第24号
土地改良事業の計画の変更について
原案可決


議案第25号
西海市漁港管理条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第26号
西海市鳥崎釣船係留施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第27号
西海市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第28号
西海市公営住宅等入居者選考委員会条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第29号
西海市崎戸炭鉱記念公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第30号
市道の路線廃止について
原案可決


議案第31号
市道の路線認定について
原案可決


議案第32号
市道福島線物損事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて
原案可決


議案第33号
西海市水道水源保護条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第45号
平成20年度西海市簡易水道事業特別会計予算
原案可決


議案第47号
平成20年度西海市下水道事業特別会計予算
原案可決


議案第52号
平成20年度西海市水道事業会計予算
原案可決


議案第53号
平成20年度西海市工業用水道事業会計予算
原案可決


議案第57号
平成19年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第58号
平成19年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第4号)
原案可決


議案第64号
平成19年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上の審査の中で、議案第32号の審査の中で、市道における物存事故が数回起きておるので、市道の点検を早急に行い、補修することを要望する。以上報告を終わります。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、産業建設常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、予算審査特別委員会委員長の報告を求めます。

 予算審査特別委員会、佐嘉田敏雄委員長。



◆予算審査特別委員会委員長(佐嘉田敏雄) 

 予算審査特別委員会の報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                          平成20年3月19日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  予算審査特別委員長 佐嘉田敏雄

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第42号
平成20年度西海市一般会計予算
原案可決


議案第55号
平成19年度西海市一般会計補正予算(第7号)
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上報告いたします。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、予算審査特別委員会委員長の報告を終わります。

 次に、総務文教常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、厚生常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に少数意見の報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕

 質疑を終わります。

 次に、産業建設常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「はい」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 3番、永田議員。



◆3番(永田良一) 

 ちょっとお聞きしたいことがございます。議案第45号 平成20年度西海市簡易水道特別会計の水道事業の収入のことですが、現在水道料金の改正があっておりますが、全地区の墓地のことについてお伺いをいたします。墓地のメーターというのが全地区の箇所におきまして設置なされているものかということをまずお聞きをしたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設常任委員会委員長。



◆産業建設常任委員会委員長(北川辰夫) 

 審査の中で報告を受けた分に対しての設置がなされていない場所というのは、西海町で墓地で39、公園広場で12か所、神社で16か所、計67か所。崎戸町の防火水槽の7か所で74か所になっております。



○議長(佐々木義信) 

 3番、永田議員。



◆3番(永田良一) 

 74か所の設置場所があるわけですけども、これは4月1日からの使用料で5月に徴収ということになりますが、この間、4月分につきましての使用料を、取り付け可能か、3月中に取り付け可能であるのかということと、その料金ですね、今まで基本料金を納めていただくというこの条例と言いますか、これを基本料金の半分をいただくということになりかねないと思いますけども、付けきれなかった場合にですね、どのように協議なされたものかということをお聞きしたいと。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設常任委員会委員長。



◆産業建設常任委員会委員長(北川辰夫) 

 水道部長の説明によりますと、3月中には取り付けを完了させますということでございます。それと料金についてはですね、前にも審査したわけでございますけども、減免措置をとらせていただいて、要望としては年間2分の1という形で要望をするということでございますので、結論はあとは市長の采配のもとにと思っております。



○議長(佐々木義信) 

 3番、永田議員。



◆3番(永田良一) 

 もう1件。公園或いは公民館ですね、それと指定管理者に委託している公園の場合には、その料金ということは管理者が払うように、収集はどういうふうになっとでしょうか。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設常任委員会委員長。



◆産業建設常任委員会委員長(北川辰夫) 

 指定管理者、公園等を受けた指定管理者ですから、指定管理者が払うということになると思います。



○議長(佐々木義信) 

 他に質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、予算審査特別委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 以上で、議案第6号から議案第67号までの各委員長報告及び少数意見の報告に対する質疑を終わります。

 これから、議案第6号から議案第67号までの討論を行ないますが、通告による討論はありませんので、これで議案第6号から議案第67号の討論を終わります。

 これから、議案第6号から議案第67号までの60件を一括して採決します。

     〔「異議あり」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 17番、田口 昇議員。



◆17番(田口昇) 

 一括して採決に入られるわけですけども、その前に先ほど少数意見の留保をしとりましたので、反対討論までは出しておりませんでしたけども、議案第16号 西海市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案どおりとは不服でございます、異議がございます。お取り計らいをお願いします。



○議長(佐々木義信) 

 ただ今議案第16号に対し異議の申出がありましたので、まず議案第16号について採決を行います。

 採決の方法は起立によって行います。

 議案第16号 西海市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決することに賛成の方はご起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(佐々木義信) 

 起立多数です。

 したがって、議案第16号 西海市斎場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。

 次に議案第16号を除く、議案第6号から議案第67号について採決を行います。

 お諮りします。

 議案第16号を除く、議案第6号から議案第67号は、各委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第16号を除く、議案第6号から議案第67号は、各委員長の報告のとおり、可決することに決定しました。



△日程第63 請願第4号



○議長(佐々木義信) 

 日程第63.請願第4号 児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書の採択に係る請願を議題とします。

 総務文教常任委員会委員長の報告を求めます。

 総務文教常任委員会、岩本利雄委員長。



◆総務文教常任委員会委員長(岩本利雄) 

 請願審査報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                          平成20年3月21日

西海市議会議長 佐々木義信様

                 総務文教常任委員長 岩本利雄

              請願審査報告書

 本委員会に付託された請願を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第134条の規定により報告します。



受理番号
付託年月日
件名
審査の結果


請願第4号
平成20年3月4日
児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書の採択に係る請願
採択



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本請願について少し報告させていただきます。

 本請願は先の12月定例会で不採択になったものが、請願者により一部修正され再提出されたものであります。今回3月13日と3月17日の2回にわたって、審査を実施いたしました。2回目には請願者2名を、当委員会にきていただき、請願者からの説明を受けて質疑を行うことにより、請願に対する本来の審査ができたものと思っております。本請願を単に採択するだけに留まらず、この請願の目的を達成させるための方策として、委員から、先ずは特区として西海市からお願いすべきだ、実践的に地域ぐるみで成果が得られるような取り組みをすべし等、建設的な発言があったことを申し添えておきます。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、総務文教常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論を終わります。

 これより採決をおこないます。

 本案に対する委員長の報告は採択です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり採択することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、請願第4号 児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書の採択に係る請願は、委員長の報告のとおり採択することに決定しました。

 次に、議案第68号 平成20年度西海市交通船特別会計予算、岩本議員ほか2名より発議第1号 児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書の提出がありました。

 以上2件を日程に追加し、追加日程第2及び追加日程第3として、議題にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、日程に追加し、議案第68号を追加日程第2とし、発議第1号を追加日程第3として議題とすることに決定しました。

     〔追加日程・議案配布〕



○議長(佐々木義信) 

 資料の配布もれはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



△追加日程第2 議案第68号



○議長(佐々木義信) 

 追加日程第2.議案第68号 平成20年度西海市交通船特別会計予算を議題とします。

 はじめに、総務文教常任委員会委員長の報告を求めます。

 総務文教常任委員会、岩本利雄委員長。



◆総務文教常任委員会委員長(岩本利雄) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                          平成20年3月21日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  総務文教常任委員長 岩本利雄

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第68号
平成20年度西海市交通船特別会計予算
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 この審査の過程につきまして少しばかりご説明をいたします。前回の一般会計の当初予算の繰出金に対する交通船特別会計の繰入金が8万6,000円誤差があるということで、それを修正いたしました。皆様方のお手元に議案第49号 平成20年度西海市交通船特別会計予算撤回と再提出に伴う新旧対照表があると思います。この中の一番下ですね、2目11節事業費ですね、この消耗品6万7,000円。ここで8万6,000円これに追加して、ここを追加した関係上歳入歳出及び関連する項目をこの新旧対照表に基づいて訂正をいたしております。以上で報告を終わります。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、総務文教常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論を終わります。

 これより採決をおこないます。

 本案に対する委員長の報告は原案可決です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第68号 平成20年度西海市交通船特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。



△追加日程第3 発議第1号



○議長(佐々木義信) 

 追加日程第3.発議第1号 児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書を議題とします。

 提出者に趣旨説明を求めます。

 提出者、岩本利雄議員。



◆19番(岩本利雄) 

 お手元にあります意見書を朗読することによって発議に代えたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

発議第1号

                          平成20年3月21日

西海市議会議長 佐々木義信様

                提出者 西海市議会議員 岩本利雄

                賛成者 西海市議会議員 田川正毅

                賛成者 西海市議会議員 池田政治

     児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書

 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

   児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書(案)

 児童・生徒数が減少する中で、「長崎県立高等学校改革基本方針」に沿った第2次実施計画で長崎式見高校など6校の募集停止、統廃合が実施された。全ての子どもたちに豊かな高校教育を保障するためには、地域の子どもが、「安心して通える地元の高校」で学びたいという願いと、子どもたちを安心して育てたいという父母・住民の願いに応えるために、地元の高校を存続させることが重要である。

 ところが、貴委員会は、2007年度中に「高校改革第4次実施計画」を策定し、2009年度(平成21年度)に野母崎高校、松浦東高校、富江高校の募集停止、さらに2010年度(平成22年度)に猶興館高校大島分校を募集停止しようとしている。「長崎県立高等学校改革基本方針」の「学校の適正配置」によれば、将来的に児童生徒が急減する地域の高校の多くが統廃合の対象となる怖れがある。

 西海市の学年別児童生徒数は今後、中学校3年生(350人)、小学校6年生(334人)、小学校3年生(289人)、小学校1年生(270人)と急激に減少してくる。今後9年間の減少は実に2学級分にも相当する。高校への進学は市内と市外の出入りがあるので機械的には計算できないが、市内の中学校3年生は、40人学級ならば9学級に相当し、小学校1年生が進学するときには7学級に減少する。これを30人学級とするならば、小学校1年生が高校に入学するときにも、9学級を維持することが可能になる。

 子どもたちの教育をめぐる状況は深刻さを増している。今、求められているのは全ての子どもたち一人ひとりに、行き届いた高校教育を保障することではないか。しかしながら、都市部周辺地域の小規模高校では児童生徒の減少による学級減により、「教科によって専門教諭がいないため、一部の授業が開設できない」、「教員数不足のため、部活動など教育活動が制限される」といった教育条件での「地域格差」が現れている。このように、都市部と周辺地域の高校での教育条件に格差が生じることは「教育の機会均等」の理念に反することであり、その解消は急務である。この「格差」の解消のために、それらの小規模高校の1学級の定員を30人以下とすることが必要である。30人以下学級とすることで学級数・教員数の維持につながり、その小規模高校の子ども一人ひとりに対する教育条件の改善が図られることになる。

 また、1学級の定員を30人以下にすることで、統廃合をせずに地域の高校を存続させることも可能となる。地域住民の多くは、30人以下学級を実現し、教育の危機を打開すると同時に、地域の教育力、地域の活性化につながる高校を存続させることを願っている。

 このような観点から、本議会は貴委員会に対して、下記のことにとり組まれるよう要望する。

                 記

 児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校の1学級の定員を30人以下にすること。

 以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出する。

平成  年  月  日

                         西海市議会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐々木義信) 

 趣旨説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 お諮りします。

 発議第1号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、発議第1号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論を終わります。

 これより採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案どおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、発議第1号 児童・生徒が急減する怖れのある地域で、高校30人以下学級の早期実現を求める意見書は、原案どおり可決することに決定しました。

 なお、意見書につきましては、関係機関に西海市議会の名を以って送付しますのでご了承願います。



○議長(佐々木義信) 

 暫時、休憩します。

     午前11時32分 休憩

     午前11時33分 再開



○議長(佐々木義信) 

 休憩を閉じて、休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第64 閉会中の継続審査申し出



○議長(佐々木義信) 

 日程第64.閉会中の継続審査申し出について議題とします。

 議会運営委員会委員長及び各常任委員会委員長から会議規則第102条の規定により、お手元に配布した申出書のとおり、閉会中の継続調査申し出があります。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員長及び各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議会運営委員会委員長及び各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 これをもちまして、平成20年第1回西海市議会定例会を閉会します。

     午前11時34分 閉会

会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

              議長

              署名議員

              署名議員