議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成20年  2月 臨時会(第1回) 02月18日−01号




平成20年  2月 臨時会(第1回) − 02月18日−01号







平成20年  2月 臨時会(第1回)



     平成20年第1回西海市議会臨時会議事日程(第1号)

                         平成20年2月18日(月)

                         午前10時開会・開議

開会宣言

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定について

    (日程第3 議案第1号から日程第5 議案第3号まで)

日程第3 議案第1号 権利の放棄について

日程第4 議案第2号 権利の放棄について

日程第5 議案第3号 財産の無償譲渡について

    (日程第6 議案第4号から日程第7 議案第5号まで)

日程第6 議案第4号 西海市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第7 議案第5号 平成19年度西海市一般会計補正予算(第6号)

        平成20年第1回西海市議会臨時会会議録

                              (第1号)

招集年月日    平成20年2月18日

招集の場所    西海市議会議場

開会(開議)   2月18日 午前10時0分宣告(第1日)

応(不応)招議員及び出席並びに欠席議員

(凡例) ◯出席 ▲欠席 ×不応招 ▲◯公務欠席

     1 堀川政徳   ◯     14 杉本秀伸   ◯

     2 田川正毅   ◯     15 北川辰夫   ◯

     3 永田良一   ◯     16 井田利定   ◯

     4 森口昭徳   ◯     17 田口 昇   ◯

     5 原口龍彦   ◯     18 中野良雄   ◯

     6 岸浦秀次   ◯     19 岩本利雄   ◯

     7 志賀正剛   ◯     20 川岡純英   ◯

     8 山崎善仁   ◯     21 浅本和夫   ◯

     9 渋江一文   ◯     22 杉澤泰彦   ◯

     10 中里 悟   ◯     23 馬場正毅   ◯

     11 田中隆一   ◯     24 池田政治   ◯

     12 浅田幸夫   ◯     25 佐嘉田敏雄  ◯

     13 浅田直幸   ◯     26 佐々木義信  ◯

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長          山下純一郎  西彼総合支所長     田中福次

  副市長         橋口壽美夫  西海総合支所長     太田利幸

  収入役         岩崎源生   大島総合支所長     磯田和司

  総務部長        竹口一幸   崎戸総合支所長     大浦正明

  企画振興部長      葉山千年   民間移譲等担当理事   中浦久幸

  保健福祉部長      平野直幸   総務部理事       木山勝己

  市民環境部長      川添 昇   総務課長        繁山 均

  建設部長        代田末継   教育長         佐古寶松

  産業振興部長      山道秀孝   教育次長        林 俊範

  水道部長        西尾繁信

職務のため出席した者の職氏名

  事務局長        山口重俊   書記          山脇さおり

  書記          松山 靖

     午前10時0分 開会



○議長(佐々木義信) 

 皆さん、おはようございます。

 ただ今から平成20年第1回西海市議会臨時会を開会します。

 ただ今の出席議員は26名です。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(佐々木義信) 

 日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定によって、9番・渋江一文議員及び10番・中里 悟議員を指名します。



△日程第2 会期決定



○議長(佐々木義信) 

 日程第2.会期決定についてを議題にします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、お手元に配布しております会期日程表のとおり、本日2月18日から20日までの3日間にしたいと思いますがこれに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、会期は、本日2月18日から20日までの3日間に決定しました。

 ここで14番、杉本秀伸議員の退場を求めます。

     〔杉本秀伸議員除斥〕



△日程第3 議案第1号から日程第5 議案第3号



○議長(佐々木義信) 

 日程第3.議案第1号から日程第5.議案第3号までの3件を一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 おはようございます。

 本年最初の市議会となります第1回臨時議会を招集申し上げましたところ、御参集を賜り、厚く御礼申し上げます。

 今回は、第三セクター、株式会社大島まちおこし公社の解散に伴う関連議案3件並びに条例改正案1件及びこれに伴う補正予算案1件の計5件の議案を提出させていただいておりますので、よろしく御審議の程お願い申し上げます。

 それでは、ただ今上程いただきました議案第1号から議案第3号までの3議案について、一括して提案理由を御説明申し上げます。

 はじめに議案第1号は、平成18年度に株式会社大島まちおこし公社に対し、運転資金として貸し付けた4,200万円に係る権利の放棄についてで、現在、同公社は、経営状況の悪化と将来的な好転の見込が立たないことから、解散を前提として休業し、当該貸付金について、今後も返済の目途が全く立たない状況にあります。

 その財務状況は、現時点において債務超過の状況にあり、これを解消しない限り、特別清算による手続等、裁判所の手に委ねることとなり、解散に当たって多額の費用と相当の時間を要することとなります。

 ついては、今後の公社施設の有効活用を図るためにも迅速な清算手続きが行われるよう、貸付金に係る金銭債権の全部を放棄することとし、地方自治法第96条第1項第10号の規定に基づき、議会の議決を求めるものです。

 議案第2号は、株式会社大島まちおこし公社への出資に係る権利の放棄についてで、先に申し上げましたとおり、同公社が近く解散することに伴い、現在、西海市を除く出資者の全員が、株式、出資による権利の放棄について了解され、既に書面による通知を受けているところです。

 ついては、市の出資する株式127株635万円に係る権利につきましても、その累積損失の解消のため必要かつ有効であると認められることから、これを放棄することとし、地方自治法第96条第1項第10号の規定に基づき、議会の議決を求めるものです。

 議案第3号は、北海道広尾町の株式会社広尾産業流通振興公社株式の広尾町への無償譲渡についてで、株式会社大島まちおこし公社の株式20株100万円を所有する北海道広尾町におかれては、現在、他の出資者同様、その出資に係る権利を放棄する旨の通知を受けているところですが、広尾町においても厳しい財政状況の下、一方的に損失を被ることとなるため、その損失を実質補填するためにも、本市が所有する同額の広尾産業流通振興公社の株式を同町に無償で譲渡することとし、地方自治法第96条第1項第6号の規定に基づき、議会の議決を求めるものです。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 はじめに、議案第1号 権利の放棄について質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、議案第2号 権利の放棄について質疑を行ないます。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、議案第3号 財産の無償譲渡について質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 これで議案第1号から議案第3号までの質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第1号から議案第3号は、議長を除く定数25名の委員で構成する予算等審査特別委員会を設置し、付託して審査したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第1号から議案第3号は予算等審査特別委員会・定数25名を設置し、付託して審査することに決定しました。

 ここで杉本秀伸議員の退場と解きます。

     〔杉本秀伸議員入場〕



○議長(佐々木義信) 

 ただ今設置されました予算等審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によって、議長を除く議員全員を指名します。

 ただ今指名しました、予算等審査特別委員会委員は、休憩中に委員会を開催し、正副委員長の互選を行い、速やかに委員会の構成を終わるよう、委員会条例第10条第1項の規定によりここに招集します。委員会の開催場所を議員控室に定めます。

 ここでしばらく休憩します。

     午前10時8分 休憩

     午前10時8分 再開



○議長(佐々木義信) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 休憩中に、予算等審査特別委員会が開かれ、正副委員長の互選が行われましたので報告します。予算等審査特別委員会委員長に佐嘉田敏雄議員、副委員長に杉澤泰彦議員。以上で報告を終わります。



△日程第6 議案第4号から日程第7 議案第5号まで



○議長(佐々木義信) 

 日程第6.議案第4号から日程第7.議案第5号までの2件を一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 ただ今上程いただきました議案第4号及び議案第5号について、一括して提案理由を御説明申し上げます。

 議案第4号は、西海市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてで、本案は、先般、不適正な事務処理等を事由として職員の処分を行った公営住宅の不適正入居及び丸田漁港海岸保全施設整備事業における不適切な現場管理に関する責任を明らかにするため、市長及び副市長の給料の10パーセント並びに収入役の給料の20パーセントを本年3月の1箇月間減額しようとするものです。

 最後に、議案第5号は、平成19年度西海市一般会計補正予算第6号で、今回の補正は、既存の予算に661万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を197億2,938万7,000円としております。補正の内容は、前述の市長、副市長及び収入役の給料の減額に伴うもの並びに株式会社大島まちおこし公社の解散に伴う会社精算に要する経費等を助成するための補助金の追加によるものです。以上で、提案理由の御説明を終わります。よろしく御審議のうえ、御議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(竹口一幸) 

 議案第4号につきまして、補足説明をさせていただきたいと思います。西海市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例について補足説明をさせていただきたいと思います。主な内容につきましては、先ほど市長が説明いたしたとおりでございますけども先般不適正な事務処理行なった職員に対しまして処分を行ないまして、現場管理者としての責任を明らかにするために市長、副市長、収入役の給料の減額を行うものでございます。市長につきましては、給料の10パーセント、額にしまして8万3,700円。副市長につきましては、給料の10パーセント、額にしまして6万6,800円。収入役につきましては、給料の20パーセント、額にしまして12万3,400円となっております。この分を3月の1か月間、減額しようとするものでございます。ちなみに不適正な事務処理を行なった職員の処分状況につきましては、公営住宅の不適正入居に関する関係するもので、戒告1名、文書訓告7名、口頭注意5名、合計13名でございます。もう1件、丸田漁港海岸保全施設整備事業に関するものでは、戒告1名、文書訓告2名、口頭注意3名、計6名となっております。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 はじめに、議案第4号 西海市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、議案第5号 平成19年度西海市一般会計補正予算(第6号)について質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 これで議案第4号から議案第5号の質疑を終わります。

 次に議案の付託を行います。

 議案第4号は、総務文教常任委員会に付託します。

 お諮りします。

 議案第5号は、先ほど設置しました議長を除く定数25名の委員で構成する予算等審査特別委員会に付託して審査したいと思いますがこれに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第5号は予算等審査特別委員会に付託して審査することに決定しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 次回、本会議は2月20日、午前10時から開きます。

 所定の時刻までに御参集願います。

 これをもちまして、本日の会議は散会いたします。

     午前10時15分 散会