議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成19年  9月 定例会(第3回) 10月02日−07号




平成19年  9月 定例会(第3回) − 10月02日−07号







平成19年  9月 定例会(第3回)



     平成19年第3回西海市議会定例会議事日程(第7号)

                         平成19年10月2日(火)

                         午前10時開議

    (日程第1 議案第66号から日程第14 議案第104号まで)

日程第1 議案第66号 西海市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第2 議案第70号 公有水面埋立免許出願について

日程第3 議案第71号 公有水面埋立免許出願について

日程第4 議案第72号 公有水面埋立免許出願について

日程第5 議案第95号 工事請負契約の締結について(大串浄化センター機械設備工事)

日程第6 議案第96号 工事請負契約の締結について(大串浄化センター電気設備工事)

日程第7 議案第97号 工事請負契約の締結について(瀬戸浄化センター機械設備工事)

日程第8 議案第98号 工事請負契約の締結について(瀬戸浄化センター電気設備工事)

日程第9 議案第99号 市道杉山線物損事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて

日程第10 議案第100号 市道上岳母衣崎線物損事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて

日程第11 議案第101号 西海市大島相撲場物損事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて

日程第12 議案第102号 西海市大瀬戸プール児童負傷事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて

日程第13 議案第103号 西海市大瀬戸プール児童溺水事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて

日程第14 議案第104号 平成19年度西海市一般会計補正予算(第3号)

日程第15 請願第2号 悪質商法を助長するクレジットの被害防止に関する請願

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     平成19年第3回西海市議会定例会追加議事日程(第7号の追加1)

                         平成19年10月2日(火)

                         午前10時開議

追加日程第1 発議第10号 割賦販売法の抜本的改正に関する意見書

         平成19年第3回西海市議会定例会

                              (第7号)

招集年月日    平成19年9月11日

招集の場所    西海市議会議場

開会(開議)   10月2日 午前10時0分宣告(第22日)

応(不応)招議員及び出席並びに欠席議員

(凡例) ◯出席 ▲欠席 ×不応招 ▲◯公務欠席

     1 堀川政徳   ◯     14 杉本秀伸   ◯

     2 田川正毅   ◯     15 北川辰夫   ◯

     3 永田良一   ◯     16 井田利定   ◯

     4 森口昭徳   ◯     17 田口 昇   ◯

     5 原口龍彦   ◯     18 中野良雄   ◯

     6 岸浦秀次   ◯     19 岩本利雄   ◯

     7 志賀正剛   ◯     20 川岡純英   ◯

     8 山崎善仁   ◯     21 浅本和夫   ◯

     9 渋江一文   ◯     22 杉澤泰彦   ◯

     10 中里 悟   ◯     23 馬場正毅   ◯

     11 田中隆一   ◯     24 池田政治   ◯

     12 浅田幸夫   ◯     25 佐嘉田敏雄  ◯

     13 浅田直幸   ◯     26 佐々木義信  ◯

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長          山下純一郎  西彼総合支所長     田中福次

  副市長         橋口壽美夫  西海総合支所長     太田利幸

  収入役         岩崎源生   大島総合支所長     磯田和司

  総務部長        竹口一幸   崎戸総合支所長     大浦正明

  企画振興部長      葉山千年   民間移譲等担当理事   中浦久幸

  保健福祉部長      平野直幸   総務部理事       木山勝己

  市民環境部長      川添 昇   総務課長        繁山 均

  建設部長        代田末継   教育長         佐古寶松

  産業振興部長      山道秀孝   教育総務課長      中島義則

  水道部長        西尾繁信   監査委員        山口 勇

職務のため出席した者の職氏名

  事務局長        山口重俊   書記          谷口高利

  書記          松山 靖

     午前10時0分 開議



○議長(佐々木義信) 

 皆さん、おはようございます。

 ただ今の出席議員は26名です。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。



△日程第1 議案第66号から日程第14 議案第104号



○議長(佐々木義信) 

 日程第1.議案第66号から日程第14.議案第104号について一括議題とし、各委員会委員長に委員会審査報告を求めます。

 はじめに、厚生常任委員会委員長の報告を求めます。

 厚生常任委員会委員長、山崎善仁議員。



◆厚生常任委員会委員長(山崎善仁) 〔登壇〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成19年10月1日

西海市議会議長 佐々木義信様

                           厚生常任委員長 山崎善仁

             委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第66号
西海市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 以上で厚生常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、産業建設常任委員会委員長の報告を求めます。

 産業建設常任委員会委員長、北川辰夫議員。



◆産業建設常任委員会委員長(北川辰夫) 〔登壇〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成19年10月1日

西海市議会議長 佐々木義信様

                         産業建設常任委員長 北川辰夫

             委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第70号
公有水面埋立免許出願について
原案可決


議案第71号
公有水面埋立免許出願について
原案可決


議案第72号
公有水面埋立免許出願について
原案可決


議案第95号
工事請負契約の締結について(大串浄化センター機械設備工事)
原案可決


議案第96号
工事請負契約の締結について(大串浄化センター電気設備工事)
原案可決


議案第97号
工事請負契約の締結について(瀬戸浄化センター機械設備工事)
原案可決


議案第98号
工事請負契約の締結について(瀬戸浄化センター電気設備工事)
原案可決


議案第99号
市道杉山線物損事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて
原案可決


議案第100号
市道上岳母衣崎線物損事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 審査の内容は資料を配布しておりますので、ご覧ください。

 以上です。



○議長(佐々木義信) 

 以上で産業建設常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、総務文教常任委員会委員長の報告を求めます。

 総務文教常任委員会委員長、岩本利雄議員。



◆総務文教常任委員会委員長(岩本利雄) 〔登壇〕

 おはようございます。委員会審査報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成19年10月1日

西海市議会議長 佐々木義信様

                         総務文教常任委員長 岩本利雄

             委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第101号
西海市大島相撲場物損事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて
原案可決


議案第102号
西海市大瀬戸プール児童負傷事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて
原案可決


議案第103号
西海市大瀬戸プール児童溺水事故に係る損害賠償の額を定め、和解することについて
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 詳細につきましては、お手元に審査の経過報告書を配布しております。

 以上。



○議長(佐々木義信) 

 以上で総務文教常任委員会委員長の報告を終わります。

 次に、予算決算審査特別委員会委員長の報告を求めます。

 予算決算審査特別委員会委員長。佐嘉田敏雄議員。



◆予算決算審査特別委員会委員長(佐嘉田敏雄) 〔登壇〕

 おはようございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成19年10月1日

西海市議会議長 佐々木義信様

                      予算決算審査特別委員長 佐嘉田敏雄

             委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第104号
平成19年度西海市一般会計補正予算(第3号)
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上、報告します。



○議長(佐々木義信) 

 以上で予算決算審査特別委員会委員長の報告を終わります。

 各委員会委員長の報告は終わりました。

 これより各委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 はじめに、厚生常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、産業建設常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、総務文教常任委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 次に、予算決算審査特別委員会委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 以上で、各委員会委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより各議案に対する討論を行ないますが、通告はあっておりません。

 これで討論を終わります。

 これより、議案第66号から議案第104号について一括して採決します。

 お諮りします。

 議案第66号から議案第104号は、各委員会委員長の報告のとおり、可決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第66号から議案第104号は、各委員会委員長の報告のとおり可決することに決定しました。



△日程第15 請願第2号



○議長(佐々木義信) 

 次に、日程第15.請願第2号 悪質商法を助長するクレジットの被害防止に関する請願を議題とします。

 厚生常任委員会委員長の報告を求めます。

 厚生常任委員会委員長、山崎善仁議員。



◆厚生常任委員会委員長(山崎善仁) 〔登壇〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               平成19年10月1日

西海市議会議長 佐々木義信様

                           厚生常任委員長 山崎善仁

              請願審査報告書

 本委員会に付託された請願を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第134条の規定により報告します。

                 記



受理番号
付託年月日
件名
審査の結果


請願第2号
平成19年9月11日
悪質商法を助長するクレジットの被害防止に関する請願
採択



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 年齢性別を問わず、クレジット被害が発生・多発をいたしております。この被害を未然に防止し消費者に対し安心・安全を確保する観点から採択することに決定をいたしました。

 以上報告いたします。



○議長(佐々木義信) 

 厚生常任委員会委員長の報告が終わりましたので、これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから、請願第2号を採決します。

 本案に対する委員長の報告は、採択です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり採択することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、請願第2号 悪質商法を助長するクレジットの被害防止に関する請願は、委員長の報告のとおり、採択することに決定しました。

 次に、山崎善仁議員他2人から、発議第10号 割賦販売法の抜本的改正に関する意見書の提出がありました。

 これを日程に追加し、追加日程第1として議題にしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、日程に追加し、発議第10号を追加日程第1として議題とすることに決定しました。

 ここで追加日程及び議案配布のため、しばらくおまちください。

     〔追加日程及び議案配布〕



△追加日程第1 発議第10号



○議長(佐々木義信) 

 追加日程第1.発議第10号 割賦販売法の抜本的改正に関する意見書を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 提出者、山崎善仁議員。



◆8番(山崎善仁) 〔登壇〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

発議第10号

                               平成19年10月2日

西海市議会議長 佐々木義信様

                提出者 西海市議会議員 山崎善仁

                賛成者 西海市議会議員 田口 昇

                賛成者 西海市議会議員 中野良雄

        割賦販売法の抜本的改正に関する意見書

 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

       割賦販売法の抜本的改正に関する意見書(案)

 クレジット契約は、代金後払いで商品が購入できる利便性により消費者に広く普及している一方で、強引・悪質な販売方法と結びつくと高額かつ深刻な被害を引き起こす危険な道具にもなるものである。現在、クレジット会社の与信審査の甘さから、年金暮らしの高齢者に対し、支払能力を超える大量のリフォーム工事、呉服等の次々販売が繰り返されたり、年齢・性別を問わず、クレジット契約を悪用したマルチ商法・内職商法その他の詐欺的商法の被害が絶えないところである。このようなクレジット被害は、クレジット契約を利用するがゆえに悪質な販売行為を誘発しがちとなるクレジット契約の構造的危険性から生じる病理現象であると言える。経済産業省の産業構造審議会割賦販売分科会基本問題小委員会は、このように深刻なクレジット被害を防止するため、平成19年2月から、クレジット被害の防止と取引適正化に向けて割賦販売法の改正に関する審議を進めており、本年秋には法改正の方向性が示される見込みにある。今回の改正においては、消費者に対し、安心・安全なクレジット契約が提供されるために、クレジット会社の責任においてクレジット被害の防止と取引適正化を実現する法制度が必要である。よって、西海市議会は、国会及び政府に対し、割賦販売法改正に当たっては次の事項を実現するよう強く要請する。

                 記

1〔過剰与信規制の具体化〕

 クレジット会社が、顧客の支払能力を超えるクレジット契約を提供しないように、具体的な与信基準を伴う実効性ある規制を行うこと。

2〔不適正与信防止義務と既払金返還責任〕

 クレジット会社には、悪質販売行為等にクレジット契約を提供しないように、加盟店を調査する義務だけでなく、販売契約が無効・取消・解除であるときは、既払金の返還義務を含むクレジット会社の民事共同責任を規定すること。

3〔割賦払い要件と政令指定商品制の廃止〕

 1〜2回払いのクレジット契約を適用対象に含め、政令指定商品制を廃止することにより、原則としてすべてのクレジット契約を適用対象とすること。

4〔登録制の導入〕

 個品方式のクレジット事業者(契約書型クレジット)について、登録制を設け、契約書面交付義務及びクーリング・オフ制度を規定すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

                               長崎県西海市議会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑を終わります。

 お諮りします。

 発議第10号は、委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、発議第10号は委員会付託を省略することに決定しました。

 次に討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより、発議第10号を採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、発議第10号 割賦販売法の抜本的改正に関する意見書は、原案のとおり可決することに決定しました。

 なお意見書につきましては、関係省庁に西海市議会の名を以て送付しますので、ご了承下さい。



△日程第16.閉会中の継続調査申し出



○議長(佐々木義信) 

 日程第16.閉会中の継続調査申し出を議題とします。

 議会運営委員会委員長及び各常任委員会委員長から会議規則第102条の規定により、お手元に配布した申出書のとおり、閉会中の継続調査申し出があります。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員長及び各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議会運営委員会委員長及び各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 これをもちまして平成19年第3回西海市議会定例会を閉会します。

     午前10時19分 閉会

 会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

              議長

              署名議員

              署名議員