議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成17年  5月 臨時会(第1回) 05月16日−03号




平成17年  5月 臨時会(第1回) − 05月16日−03号







平成17年  5月 臨時会(第1回)



     平成17年第1回西海市議会臨時会会議録

                    平成17年5月16日(月)午前10時00分開議

議事日程

日程第1 報告第1号 西海市役所の位置を定める条例ほか238件の条例の制定にかかる専決処分の承認について

日程第2 報告第2号 町の新設にかかる専決処分の承認について

日程第3 報告第3号 指定金融機関の設置にかかる専決処分の承認について

日程第4 報告第4号 長崎県市町村総合事務組合への加入にかかる専決処分の承認について

日程第5 報告第5号 長崎県市町村議会議員公務災害補償等組合への加入にかかる専決処分の承認について

日程第6 報告第6号 長崎市への消防事務の委託にかかる専決処分の承認について

日程第7 報告第7号 佐世保市への消防事務の委託にかかる専決処分の承認について

日程第8 報告第8号 公平委員会への事務の委託にかかる専決処分の承認について

日程第9 報告第9号 平成17年度西海市一般会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第10 報告第10号 平成17年度西海市国民健康保険特別会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第11 報告第11号 平成17年度西海市簡易水道事業特別会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第12 報告第12号 平成17年度西海市老人保健特別会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第13 報告第13号 平成17年度西海市下水道事業特別会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第14 報告第14号 平成17年度西海市宅地開発事業特別会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第15 報告第15号 平成17年度西海市交通船特別会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第16 報告第16号 平成17年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第17 報告第17号 平成17年度西海市水道事業会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第18 報告第18号 平成17年度西海市工業用水道事業会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第19 報告第19号 平成17年度西海市立病院事業会計暫定予算の専決処分の承認について

日程第20 報告第20号 西海市税条例の一部を改正する条例の制定にかかる専決処分の承認について

日程第21 報告第21号 西海市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する協議にかかる専決処分の承認について

日程第22 報告第22号 西海市設置による崎戸町ふるさと定住促進条例の失効に伴う経過措置を定める条例ほか4件の制定にかかる専決処分の承認について

日程第23 報告第23号 西海市横瀬浦公園の管理者の指定にかかる専決処分の承認について

日程第24 報告第24号 西海市西海農民センターの管理者の指定にかかる専決処分の承認について

日程第25 議案第1号 西海市長職務執行者の給与及び旅費に関する条例を廃止する条例の制定について

日程第26 議案第2号 西海市農業委員会条例の全部を改正する条例の制定について

日程第27 選挙第5号 西海市選挙管理委員会委員及び同補充員選挙について

日程第28 同意第1号 西海市教育委員会委員の任命同意について

日程第29 同意第2号 西海市教育委員会委員の任命同意について

日程第30 同意第3号 西海市教育委員会委員の任命同意について

日程第31 同意第4号 西海市教育委員会委員の任命同意について

日程第32 同意第5号 西海市教育委員会委員の任命同意について

日程第33 同意第6号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について

日程第34 同意第7号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について

日程第35 同意第8号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について

日程第36 同意第9号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について

日程第37 同意第10号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について

日程第38 同意第11号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について

日程第39 同意第12号 西海市監査委員の選任同意について

日程第40 同意第13号 西海市監査委員の選任同意について

日程第41 閉会中の継続調査申し出について

        平成17年第1回西海市議会臨時会会議録

                              (第3号)

招集年月日    平成17年5月16日

招集の場所    西海市議会議場

開会(開議)   5月16日 午前10時15分宣告(第8日)

応(不応)招議員及び出席並びに欠席議員

(凡例)◯出席 ▲欠席 ×不応招 ▲◯公務欠席

     1 堀川政徳   ◯     14 井田利定   ◯

     2 田川正毅   ◯     15 山崎善仁   ◯

     3 川岡純英   ◯     16 中里 悟   ◯

     4 浅本和夫   ◯     17 田中隆一   ◯

     5 原口龍彦   ◯     18 浅田幸夫   ◯

     6 岸浦秀次   ◯     19 田口 昇   ◯

     7 志賀正剛   ◯     20 中野良雄   ◯

     8 浅田直幸   ◯     21 北川辰夫   ◯

     9 杉澤泰彦   ◯     22 岩本利雄   ◯

     10 永田良一   ◯     23 馬場正毅   ◯

     11 森口昭徳   ◯     24 池田政治   ◯

     12 杉本秀伸   ◯     25 佐嘉田敏雄  ◯

     13 渋江一文   ◯     26 佐々木義信  ◯

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長          山下純一郎  大島総合支所長     代田末継

  教育長         佐古寶松   崎戸総合支所長     中浦久幸

  総務部長        橋口壽美夫  大瀬戸総合支所長    竹口一幸

  企画振興部長      林 俊範   総務課長        平山弘人

  保健福祉部長      平野直幸   地域振興課長      蔵前龍日出

  産業建設部部長     山瀧正久   政策企画課長      冨永敬二

  水道部長        相川徳治   税務課長        野田義博

  教育次長        山口重俊   会計課長        江木繁美

  西彼総合支所長     葉山千年   農業委員会事務局長   太田利幸

  西海総合支所長     太田孝明   市立病院事務長     森 重義

職務のため出席した者の職氏名

  事務局長        大浦正明   書記          志水鈴子

  書記          荒川康憲   書記          松山 靖

  書記          谷口高利

     午前10時15分 開議



○議長(佐々木義信) 

 みなさん、おはようございます。

 ただ今の出席議員は26名であります。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。

 日程第1.報告第1号から日程第26.議案第2号までの26件を議題といたします。

 案件に対する質疑・討論・採決は、それぞれ各案件ごとに行います。



△日程第1 報告第1号



○議長(佐々木義信) 

 日程第1.報告第1号 西海市役所の位置を定める条例ほか238件の条例の制定にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第1号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第1号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第1号 西海市役所の位置を定める条例ほか238件の条例の制定にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第1号 西海市役所の位置を定める条例ほか238件の条例の制定にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第2 報告第2号



○議長(佐々木義信) 

 日程第2.報告第2号 町の新設にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第2号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第2号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第2号 町の新設にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第2号 町の新設にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第3 報告第3号



○議長(佐々木義信) 

 日程第3.報告第3号 指定金融機関の設置にかかる専決処分の承認について質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 3番 川岡純英議員。



◆3番(川岡純英) 

 おはようございます。

 初めての質疑となりますので、よろしくお願いします。

 報告第3号 指定金融機関の設置にかかる専決処分の承認について、今回地方自治法施行令第168条第2項の規定に基づく金融機関として株式会社親和銀行となっておりますが、ここに至るまでの具体的な理由について市長にお尋ねをいたします。

 よろしくお願いします。



○議長(佐々木義信) 

 市長。



◎市長(山下純一郎) 

 提案理由の説明の中で説明をいたしているところでございますが、詳細につきましての説明は、担当部長の方から説明をいたさせます。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 指定金融機関の指定につきましては、地方自治法第235条第2項及び同法施行令第168条の2項によりまして、市町村は議会の議決を経て一つの金融機関を指定し、当該市町村の公金の収納及び支払いの事務を取り扱わせることができる旨が規定されております。

 西海市におきます金融機関の指定に関する協議につきましては、合併協議会におきます出納分科会、それから行財政専門部会及び幹事会までの事務レベルでの調整をし、旧5町の町長・議長会におきまして協議確認された調整内容につきまして合併協議会に報告し、決定がなされております。

 この金融機関の検討にあたりましては、西海市管内における支店や本店があります親和銀行、長崎銀行、十八銀行及び長崎西彼農業協同組合を選び、経営状況や合併時の公金取扱い事務の円滑な移行などを含め、総合的な審査検証が行われたところでございます。

 その結果、各金融機関とも現在の経営状況につきましては、金融機関に相応しくない状況ではないという判断をいたしております。

 旧5町の全てが親和銀行を指定金融機関として指定いたしておりましたので、合併時における公金の取扱い事務の円滑な移行ができると、且つ、親和銀行の経営状態についても指定金融機関に指定しても問題ないと判断された結果、調整結果によりまして合併時における西海市の金融機関は親和銀行ということで決定をいたしております。



○議長(佐々木義信) 

 3番。



◆3番(川岡純英) 

 ありがとうございました。

 その中で、西海市の資産擁護ですかね、その一つとしまして各基金というものがあると思います。

 その預け入れですね、そういうものに対しての金融機関のそれぞれの状況と言いますか、それの内容についてお尋ねします。



○議長(佐々木義信) 

 会計課長。



◎会計課長(江木繁美) 

 基金の預け入れの状況でございますけども、現在資料を持ってきておりませんけども、旧町で預け入れを各金融機関にしておりますけども、西海市になりましても基金につきましては、それぞれの旧町の金融機関に預けたままで、状況的には変わっておりません。



○議長(佐々木義信) 

 3番。



◆3番(川岡純英) 

 もしよろしければ、後もって資料等をいただければと思います。

 平成17年度よりペイオフが全面解禁となりまして、ますます資金運用の判断等は難しくなっている状況と思います。

 一般に言いますけれども、ハイリスク、ハイリターンと言われるように、リスクがなければ資産運用自体は考えられないような状況です。

 市としまして住民の利便性、安心というのを十分考慮いただきながら指定金融機関の選定及び基金を中心とする市の資産管理につきましても、今後とも慎重な判断をお願いして質疑を終わらせていただきます。



○議長(佐々木義信) 

 会計課長、後で資料を出しますか。



◎会計課長(江木繁美) 

 はい。



○議長(佐々木義信) 

 以上をもちまして、川岡純英議員の質疑を終わります。

 お諮りします

 報告第3号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第3号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第3号 指定金融機関の設置にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第3号 指定金融機関の設置にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第4 報告第4号



○議長(佐々木義信) 

 日程第4.報告第4号 長崎県市町村総合事務組合への加入にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第4号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第4号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第4号 長崎県市町村総合事務組合への加入にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第4号 長崎県市町村総合事務組合への加入にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第5 報告第5号



○議長(佐々木義信) 

 日程第5.報告第5号 長崎県市町村議会議員公務災害補償等組合への加入にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第5号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第5号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第5号 長崎県市町村議会議員公務災害補償等組合への加入にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第5号 長崎県市町村議会議員公務災害補償等組合への加入にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第6 報告第6号



○議長(佐々木義信) 

 日程第6.報告第6号 長崎市への消防事務の委託にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第6号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第6号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第6号 長崎市への消防事務の委託にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第6号 長崎市への消防事務の委託にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第7 報告第7号



○議長(佐々木義信) 

 日程第7.報告第7号 佐世保市への消防事務の委託にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第7号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第7号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第7号 佐世保市への消防事務の委託にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第7号 佐世保市への消防事務の委託にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第8 報告第8号



○議長(佐々木義信) 

 日程第8.報告第8号 公平委員会への事務の委託にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第8号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第8号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第8号 公平委員会への事務の委託にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第8号 公平委員会への事務の委託にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第9 報告第9号



○議長(佐々木義信) 

 日程第9.報告第9号 平成17年度西海市一般会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 20番 中野良雄議員。



◆20番(中野良雄) 

 報告第9号 平成17年度西海市一般会計暫定予算の専決処分の承認について質疑をいたしますけども、ご承知のとおり、西海市における財政状況が非常に厳しい状況であると聞き及んでおります。

 そういった中で補助金を25パーセントカットする中で暫定予算を組まれたと聞いております。

 そういった中で、西海市の財政状況がどのようになっているのか、把握されているのかですね。

 暫定予算を組むにあたって、あるいはこの今後の予算、本格予算を含めたところで見通しですか、そういったものについて説明をいただければというふうに思っております。

 それと補助金を25パーセントカットするということになりましたけども、額的にどのくらい、25パーセントカットされてどのくらいの額になっているのかですね。

 それと財政指数についてですけれども、予想された人件費とか扶助費、交際費、建設費いろいろあるでしょうけども、あるいはこの収入の面から言いますと地方交付税、地方税含めてですね、主な要因と言いますかね、予想よりも厳しくなっている要因が、主な要因は何処にあるのかですね、そこら辺について説明をいただければというふうに思っております。

 これが第1番目ですね。

 それと?ですけども、委員会付託が今回なされないということで、少し中身に入りますけども、40〜41ページの横瀬地区新防衛道路事業負担金、これが2億8246万円、これに関連しているかどうかですけども、していると思って質問をしておりますが、300〜301ページにかけまして道路新設改良費の中に工事請負費としまして、防衛施設周辺道路改良事業とあります。

 この事業内容と場所、期間について質問をいたします。

 3点目に諸収入、雑入の中で、1点はアグリ・チャレンジャー支援事業費県補助金ということで4020万5000円ですかね、これは中身と言いますかね、事業内容について説明をいただければと思います。

 それと2点目に産炭地域新産業創造等交付金ということで1億8400万円の交付金があっているということですが、産炭地域新産業創造等、これは基金助成事業の中での事業を行っているものと理解しますけども、これはどういった事業をなされているのか。

 これは大島町での事業だと思いますけども、事業内容についてご説明をいただければと思います。

 それと3点目に産炭地域振興活性化基金助成金を使いまして、崎戸町で事業が行われていますけども、この中身についてもご説明をお願いします。

 それから4点目に274〜275ページと284〜285ページですけども、農林水産費の中で工事請負費としまして、コミュニティ施設敷地造成事業としまして1231万6000円が予算計上されておりますけども、これに事業内容、それと場所、事業期間についてご説明をお願いします。

 それと貸付金の中に大島町おこし公社運転資金貸付金ということで3200万円の中身について事業内容、それから利用者数、期間、利率等についてですね、返済期間と利率等についてですね、どのようになっているのか説明をお願いします。

 それと5点目ですけども、住宅管理費の中に使用料及び賃貸料があります。

 借地料として1253万8000円がありますけども、場所と借用期間について説明をお願いします。

 最後に旧町借入金返済金ということで17億9500万円が計上されておりますけども、これの内容の説明と返済期間について説明をお願いします。

 以上大きく6点についてご説明をよろしくお願いします。



○議長(佐々木義信) 

 市長。



◎市長(山下純一郎) 

 20番 中野議員のご質疑にお答えを申し上げます。

 まず1点目の西海市一般会計暫定予算と西海市の財政状況及び財政指数につきましてお答えを申し上げます。

 西海市の財政状況については、平成16年度末の旧各町の積立金が全会計の総額で約50億円に対して、借金である地方債残高が約437億円となっております。

 地方税等の自主財源に乏しく、大変厳しい財政状況と言わざるを得ません。

 各種財政指数につきましては、現在、本予算の編成作業中でありまして、また、平成16年度の旧各町の決算処理が済んでおりませんので、資料ができ次第、後日お示しをしたいと思います。

 以下、各事業の内容と詳細につきましては、担当部局長より説明をいたさせます。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 本市の財政状況の見通しということでございますけども、ただ今概略については市長の方からお答えがあったとおりでございますが、特に市税などにつきましては経済状況の低迷ということもありまして、その伸びについてはかなり厳しいものがございます。

 地方交付税につきましても、三位一体改革等々合わせまして補助金等々も削減の傾向にありますので、これに比べましても旧5町の決算の15年度の比較をいたしますと、一般財源について約7億2、3千万円の減を見込まざるを得ないという状況にございます。

 そうなりますと経常収支比率につきましてもかなり警戒域にあります80パーセント超という見込みをたてなければいけませんので、それに関しましては、経常経費のとにかく削減に努めるということを第一の目標にし、新市発展のための経費にできるだけ充当を図っていきたいというふうに考えております。

 それから、補助金の25パーセント削減ということに触れられましたけども、補助金につきましては、まだ各種旧町で行ってきました内容というものの再度精査を図りまして、暫定予算編成の経費削減のあくまでも課題と言いますか、目標値で設定をしただけでありますので、詳細につきましては6月の補正予算等で当然精査をされて審査をいただくというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設部長。



◎産業建設部長(山瀧正久) 

 20番議員のご質問にお答えをいたします。

 横瀬地区新防衛施設周辺道路改良事業の事業内容と場所、事業期間についてでございます。

 収入の部で防衛道路事業負担金の2億8246万円でございますが、今年度の予定事業費が全体で3億1246万8000円でございます。本事業は基本的に100パーセント交付金で賄うものでございますが、事業の中で交付金に該当しない部分について、その差額については、市の単独費として持ち出すこととなっております。

 工事の内容につきましては、全体の延長が1940メートルでございまして、事業の期間につきましては、平成16年度から平成17年度までで、一応工期完了が6月30日に予定をいたしているところでございます。

 この道路につきましては、LCAC(エルキャック)施設の誘致に伴うということで、住宅地を通らない道路の使用、そこの改良ということでいたしているところでございます。

 先ほど申し上げましたように、延長が1940メートルでございますが、内容的には掘削工、盛土工、そういったものが大部分を占めている事業でございます。

 以上でございます。

 引き続きまして、アグリ・チャレンジャー支援事業につきましては、西彼町の花卉農家6戸と2法人の出資により、農業法人 有限会社フラワーウィング長崎を設立し、ガーデニング用ポット花苗、年間100万ポットを生産目標に栽培を行っているところです。

 総事業費7051万4000円、国庫補助金3355万5000円、県補助金665万円、補助金総額4020万5000円、地元負担金3030万9000円をかけ、ハウス2棟7932平方メートルを建設し、現在、花の栽培を行っているということでございます。



○議長(佐々木義信) 

 大島総合支所長。



◎大島総合支所長(代田末継) 

 3点目の産炭地域新産業創造等基金助成事業について、説明をしたいと思います。

 ご承知のように、国の産炭地域臨時措置法が平成13年度で失効していることはご高承のとおりであります。

 しかし、県内の産炭地域を見てみますと、依然として人口の減少とか弱い財政力、炭坑跡地の未利用等の色々な問題を抱えているため、産炭地域臨時措置法に対抗するために平成9年に国の指導により、長崎県産炭地域振興事業団が設立されております。

 この助成事業は、今長崎市となっておりますけど旧伊王島町、高島町、外海町、崎戸町、大島町、大瀬戸町の区域において、新産業の振興、雇用の拡大等を伴う事業に対し助成するもので、その助成額は、当該事業から補助金、起債等を控除した額に4分の3を乗じて得た額以内となっております。

 この産炭地域新産業創造等交付金助成金を利用させていただき、大島町では、16年度に高齢者生活支援ハウス(ほっとハウス)の整備を行いました。

 高齢者生活支援ハウスの概要でありますが、居住部門とデイサービス部門に分かれており、まず、居住部門は、60歳以上の独居老人や高齢夫婦世帯等の中で家族が近くにいない、在宅での生活に不安がある方が安心して生活できるバリアフリーの居室20室を確保しており、居室は個室を原則としておりまして、一室の面積は18平方メートル以上ということで居室部分のほかに洗面所、トイレ、収納スペース、調理設備なんかを設けております。

 生活援助員を24時間態勢で常駐させ、入居者の日常生活の援助や各種相談、助言、更には緊急時の対応、保健福祉サービスの手続き代行等を行なっております。

 利用者については収入によって一定の居住部分と言いますか、利用料が納めるほかの光熱水費とか食費ですかね、こういうのは実費を負担することになっております。

 デイサービス部門では、介護保険の認定を受けた方のデイサービス事業を行い、認定外の方の介護予防事業として生きがい活動支援通所事業、通称、生き生きデイサービス事業も行うこととしております。

 この生活支援ハウスは4月1日に開所し、すでに居住部門は20人が入居されております。

 本施設の整備により本市の高齢者福祉、介護保険施設は一層充実したところであります。

 以上で、産炭地域新産業創造等交付金の事業内容についてのお答えといたします。



○議長(佐々木義信) 

 崎戸総合支所長。



◎崎戸総合支所長(中浦久幸) 

 産炭地域振興活性化基金助成金についてお答えします。

 平成16年度に旧崎戸町において実施した事業に対する財団法人長崎県産炭地域振興財団からの助成金でありまして、内訳としましては、井上光晴文学室整備事業に580万4000円、スケッチのまちづくり推進事業に167万8000円、ウォーターデッキステーション改修工事に855万7000円、エントランス公園整備工事に36万7000円、漁村活性化推進事業に25万円となっております。

 以上です。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設部長。



◎産業建設部長(山瀧正久) 

 次に、コミュニティ施設敷地造成事業の事業内容と場所、事業期間に関するご質問にお答えいたします。

 コミュニティ施設敷地造成事業につきましては、平成16年度防衛施設周辺民政安定施設整備事業補助金を活用し、温浴施設整備するために行っている工事であります。

 事業内容としましては、土工体積970立方メートル、重力擁壁延長16メートル、L型擁壁延長23.65メートル、逆T擁壁延長19メートル、縁石工延長69.6メートルで、場所については西海市西海町木場郷473番地3、みかんドーム横となっております。

 また、事業期間については平成17年2月1日より5月30日までとなっております。

 次に、貸付金、大島まちおこし公社運転資金貸付金に関するご質問にお答えいたします。

 株式会社大島まちおこし公社は、地元産わけめを原料とする水産物の加工と、農水産物の流通を通して農水産業の振興を図るため、昭和61年12月に第3セクター方式により設立されたものです。

 設立当初は、約400トンの原料わけめの水揚げがあっておりましたが、近年の気象条件の変化や漁業者の高齢化、加えて外国産の安い原料わけめの増加等により年々減少し、最近では最盛期の4分の1、約100トンの水揚げにとどまっております。

 従って、経営状況も徐々に悪化し、行政からの多額の補助金と借入金により何とか運営してきたというのが現状であります。

 このため、経営内容を改善するべく、平成16年度には大島まちおこし公社経営改善検討委員会の答申を受け、株式の減資を行い、町の持ち株比率を50パーセント以下にするとともに、冷凍麺の製造計画等をたて、町からの補助金を当てにしないことを前提とした経営の建て直しを図ってきているところであります。

 しかしながら、経営改善の中途にあることから、行政からの補助金は支出しないことといたしましたが、3200万円の運転資金については、従来どおり貸し付けることとしたものです。

 貸付期間は1年間であります。

 利率については、平成16年度は0.52パーセントでありましたが、本年度については、市中金利との関係もあり、現在調整中であります。

 次に住宅の借地料でございますが、借地の場所は、西海町3団地、大島町13団地、崎戸町4団地、計20団地の借地料でございます。

 借用期間につきましては、それぞれ1〜5年の更新で契約締結をしております。

 以上で私の答弁とさせていただきます。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 次に、旧町借入金返済金の内容と返済期間等について、お答えします。

 4月1日の市町村合併に伴いまして、合併前の5町の会計は3月31日をもって打ち切り決算ということになっております。

 歳計現金の不足を補うために金融機関等から一時的に借入をおこなっております。

 通常年度であれば5月31日までの出納整理期間内に返済され、歳入歳出予算に計上されないものですが、今回、合併に伴いまして新市の歳出予算に計上して返済するというものであります。

 借入金返済金17億9500万円の内訳は、旧西彼町分が2億5000万円、旧大島町分が5億5000万円、旧崎戸町分が4億9500万円、旧大瀬戸町分が5億円となっております。

 借入期間につきましては、4月15日まででありまして、既に返済済みとなっております。

 借入の利率につきましては、旧4町とも1.875パーセントということでございます。

 なお、旧西海町の分につきましては、基金からの繰入金で賄っておりまして、返済金ではなく、平成17年度の暫定予算の中に積立金として計上しておりますので参考にして下さい。



○議長(佐々木義信) 

 20番。



◆20番(中野良雄) 

 どうもありがとうございました。

 西海市の暫定予算につきましては、6月の本格予算を見てみないとはっきりしたところが分からないということですから、来月の6月定例議会に示されるというふうに思いますけども、今言ったようなことで資料を含めて後日いただけるということですから、再質問については留めておきますけども、状況としてシミュレーションが平成16年の9月に示され、その時には、歳入歳出合計大体17年度で215億ぐらいと言われておりましたけども、そうすると大体そういうシミュレーションでいけるという判断に立っているのかですね、それもってまだやってみないと分からないということなのかですね、そこら辺りをひとつお聞きしたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 予算規模の総額につきましては、ただ今議員指摘のとおり210億ということを基本として調整を図っていきたいとうことで検討をいたしております。



○議長(佐々木義信) 

 20番。



◆20番(中野良雄) 

 わかりました。

 それと補助金を25パーセント削減ということで聞いているんですけども、6月議会で再度質問と言いますか、資料が出てきた中で聞かなければ分からない面があるんでしょうけども、額的に大体やってみないと分からないということでしたけども、25パーセント削減してどのくらいの削減額を見込んでいるのかですね、分かりますかね。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 補助金の25パーセント削減ということにつきましては、先ほど申しましたとおり、これにつきましては精査をしなければいけないということを基本的に考えております。

 合併協議会の中での調整方針といたしまして、補助金につきましては、旧5町の総額を超えない範囲とか、従来の補助率を基本とするというふうな調整方針がほとんどでございますけども、まだその辺につきましては通常の経費の削減ということと、あるいは補助金の支出の方法によりまして、既にその目的を達成しているものを、そういう別のものを十分精査をして、ということで、今ご質問されております総額的にどれくらいということについては、具体的な数字については把握いたしておりません。



○議長(佐々木義信) 

 20番。



◆20番(中野良雄) 

 工事請負費のコミュニティ施設造成事業の中で、今の説明ではみかんドームとスポーツガーデンの間に敷地造成をしていると。

 目的については温浴施設を計画しているということですが、具体的に今回の暫定予算は敷地造成ということですけども、温浴施設についての計画と言いますか、規模、そこら辺が分かっていればご説明願います。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設部長。



◎産業建設部長(山瀧正久) 

 この事業につきましては、国の防衛庁の平成16年度の事業として既に認可していただいて取り組んでいる訳でございますが、17年度につきましては、箱物を立ち上げなければならないということで、非常にこの合併がございまして箱物の工期が憂慮されておるところでございます。

 そういったことで、まず16年度の繰り越し事業という形の中で敷地については早めにやっていこうということがこの工事でございます。

 ご理解をいただきたいと思います。

 施設の規模につきましては、一応建物の延べ面積で申し上げれば1813平方メートルの施設でございまして、温浴施設と言いながらもコミュニティという施設の名称を付けさせていただいておりますが、これは高齢者対応あるいは児童生徒の対応という形の中で防衛の補助金を噛み合わせているということでご理解を賜りたいと思いますが、内容的には多目的室とか研修室、それからトレーニングルーム、それと大浴場あるいは歩行浴、そういった健康に繋がるような施設も計画をいたしているところでございます。

 この1813平方メートルについては、一応2階建てということで、みかんドームと同じ敷地の高さが通常1階ということで、少し下がっている敷地の関係で、その下を地下1階という形で整備をさせていただいているところでございます。

 施設の内容については以上です。

 事業費については、一応現在設計も出来上がっておりますが、今度みなさん方には正式に次の議会の中できちっと予算を計上した段階で公表させていただければありがたいというふうに思っているところです。



○議長(佐々木義信) 

 20番。



◆20番(中野良雄) 

 ちょっと後先になりますけども、産炭地域新産業創造等交付金につきましては、現在の説明では「ほっとハウス」ということで、いわゆる独居老人あるいは夫婦世帯の人達を対象に居住の部分とデイサービスの部分の整備をしているということで、これの運営は何処がやっているんですかね。



○議長(佐々木義信) 

 大島総合支所長。



◎大島総合支所長(代田末継) 

 大島町内にあります三井松島関連の大島商事株式会社に委託しております。



○議長(佐々木義信) 

 20番。



◆20番(中野良雄) 

 最後に大島町おこし公社運転資金ということで、当初平成6年に地元産わかめを生産して、それを販売するということでしょうけども、現在わかめだけをやっているのか、そのほかにもやっているのかと、今後補助金に頼らないようなやり方で努力すると言っておりますけども、今年度3200万円の補助をせざるを得ないということですが、それで大体経営の安定というのは見込める予定なのかどうかをですね。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設部長。



◎産業建設部長(山瀧正久) 

 まちおこし公社につきましては、基本的にわかめを原料としてやっているところでございます。

 その次に出てくる一番の問題、この貸付金も含めて非常に厳しいという判断をさせていただいております。

 このことにつきましては、時間をいただきながら、要するに西海市となった時点で各町に法人がそれぞれございますので、こういった法人の見直しを図ると同時に1市としての法人がこれだけ数多くいるのかどうか、こういったことも含めましてこの1年間ぐらいをかけて検討をさせていただければ非常にありがたいというふうに思っておりますが、一応4月21日にはこの公社の代表取締役あるいは業務課長をおいでいただきまして、経営内容について再建計画を作っていただきたいということも申し添えておりますし、先程申し上げましたように、こういった法人というそのものの全体を見直して、やはり一番大事なのは商品を如何に販売していくかということだろうというふうに思っておりますので、そういった販路開拓あるいは大村湾で捕れております黒なまこの活用がこういった公社でできないものか、そういったことも含めて検討させていただきたいということでお答えにさせていただきます。



○議長(佐々木義信) 

 20番。



◆20番(中野良雄) 

 全体的にまだ分からない面がありますけども、6月定例議会では関連をして本格予算の中で委員会の中で更に審議ができるんじゃないかと思いますので、以上を以て質問を終わります。



○議長(佐々木義信) 

 以上をもちまして、中野良雄議員の質疑を終わります。

 お諮りします

 報告第9号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第9号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第9号 平成17年度西海市一般会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第9号 平成17年度西海市一般会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。

 ここで暫時休憩します。

     午前11時13分 休憩

     午前11時21分 再開



○議長(佐々木義信) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第10 報告第10号



○議長(佐々木義信) 

 日程第10.平成17年度西海市国民健康保険特別会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第10号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第10号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第10号 平成17年度西海市国民健康保険特別会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第10号 平成17年度西海市国民健康保険特別会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第11 報告第11号



○議長(佐々木義信) 

 日程第11.報告第11号 平成17年度西海市簡易水道事業特別会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第11号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第11号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第11号 平成17年度西海市簡易水道事業特別会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第11号 平成17年度西海市簡易水道事業特別会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第12 報告第12号



○議長(佐々木義信) 

 日程第12.報告第12号 平成17年度西海市老人保健特別会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑は省略します。

 お諮りします

 報告第12号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第12号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第12号 平成17年度西海市老人保健特別会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第12号 平成17年度西海市老人保健特別会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第13 報告第13号



○議長(佐々木義信) 

 日程第13.報告第13号 平成17年度西海市下水道事業特別会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 20番 中野良雄議員。



◆20番(中野良雄) 

 先ず初めに債務負担行為ということで記載されておりますけども、限度額が示されておりませんけども、分かっていれば限度額がどのようになっているのかですね。

 次に36〜37ページの地域し尿処理事業費の補償費、補填費ですかね、賠償金の中で旧大島町借入返済金1億5000万円ということですが、この事業内容と返済期間についてお尋ねをしたいと思います。

 次のページに合併浄化槽の推進事業の中で、計画数についてどのくらい上げているのかよろしくお願いします。



○議長(佐々木義信) 

 答弁を求めます。

 水道部長。



◎水道部長(相川徳治) 

 先ず1点目の債務負担行為に関するご質問でございますが、この債務負担行為の内、旧大島町生活排水設備改造資金の融資に対する利子補給金につきましては、旧大島町生活排水処理施設整備計画区域内において大島町便所水洗化等改造資金に関する規則に基づき、改造工事に必要な資金の融資斡旋及び当該融資に係る利子補給を行うもので、平成7年度から実施しております。

 償還期間としましては、最長72月、6年で償還するものでありまして、平成20年度まで利子補給を行うものであります。

 平成16年度末で52件に対して44万676円を利子補給いたしております。

 続いて、債務負担行為の内、旧崎戸町生活排水設備改造資金として各金融機関の融資金に対する債務負担についてですが、崎戸町江島漁業集落排水処理事業が平成9年度より供用開始し、この区域において崎戸町生活排水設備改造資金に関する規則により便所等の改造工事をするものに対し、その改造工事に必要な資金の融資斡旋及びその融資を行う取扱い金融機関等への利子補給並びに助成金を行うことで下水道の復旧促進を図る目的としております。

 予算につきましては、平成16年度末2件分で2万1000円を計上させていただいております。

 なお、当事業により融資の利子補給につきましては、平成17年度で終了することとなっております。

 次に、37ページでございますが、2点目の地域し尿処理事業補償補填及び賠償金の事業内容と返済期間につきましてお答えします。

 旧大島町において塩田漁港漁業集落環境整備事業、大島漁港漁業集落環境整備事業及び馬込地区コミュニティ事業が実施されております。

 いずれも一般的に言う下水道事業でございまして、また旧大瀬戸町では昭和46年度地域し尿処理施設の供用を開始し、現在も運転中であります。

 当該年度予算執行につきましては、出納整理期間を含め5月末日までに行わなければならない訳でございますが、市町村合併によりまして平成16年度は予算執行が3月末日で終了することになりました。

 通常は5月末まで歳入があり、各種使用料、国県からの補助金が4月以降にずれ込み入金がございます。

 それをもって歳入歳出の収支を図るものでございますが、先に申し上げましたとおり、3月末日で収支を行わなければならないため、歳出予算が不足することになります。

 そのため一時借入を行い、歳出予算の不足に充てさせていただいております。

 収支の主な内容につきましては、馬込地区のコミュニティ事業補助金、財政融資資金借入金償還金及び3月分の使用料が4月になって入金がある関係での返済金であります。

 返済につきましては、いずれも4月15日に返済済みでございます。

 これは一般会計と同じでありまして、金利につきましても同じく1.875パーセントとなっております。

 次に3点目の浄化槽整備推進事業の事業内容と計画数等についての質問にお答えいたします。

 浄化槽は各家庭で生活排水の処理を行い、清らかな水として自然に戻すものであり、健全な水環境の形成に大きな役割を果たすものであります。

 旧町におきましてその推進に浄化槽市町村整備推進事業、浄化槽設置整備事業の国庫補助事業を利用して浄化槽の整備を図ってきたところであります。

 浄化槽市町村整備推進事業につきましては、環境省所管事業として平成15年度から実施され、旧町におきましても浄化槽の設置及び管理に関する条例に基づき、市町村が設置要望の各戸に浄化槽を設置し、維持管理を行い、水道使用料に応じた使用料を納付していただいております。

 また、浄化槽設置整備事業につきましては、これも環境省所管の事業でありまして、平成6年度から実施いたしております。

 当事業は、市町村が設置者に対して費用の一部を助成するものでございます。

 計画といたしましては、旧西彼町が340基、旧西海町が1100基、大島町86基、崎戸町100基、大瀬戸町が789基を計画し、平成15年度から平成21年度までの予定で計画をいたしております。

 以上でございます。



◆20番(中野良雄) 

 再質問ありません。



○議長(佐々木義信) 

 以上をもちまして、中野良雄議員の質疑を終わります。

 お諮りします

 報告第13号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第13号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第13号 平成17年度西海市下水道事業特別会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第13号 平成17年度西海市下水道事業特別会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第14 報告第14号



○議長(佐々木義信) 

 日程第14.報告第14号 平成17年度西海市宅地開発事業特別会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第14号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第14号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第14号 平成17年度西海市宅地開発事業特別会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第14号 平成17年度西海市宅地開発事業特別会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第15 報告第15号



○議長(佐々木義信) 

 日程第15.報告第15号 平成17年度西海市交通船特別会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第15号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第15号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第15号 平成17年度西海市交通船特別会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第15号 平成17年度西海市交通船特別会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第16 報告第16号



○議長(佐々木義信) 

 日程第16.報告第16号 平成17年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第16号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第16号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第16号 平成17年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第16号 平成17年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第17 報告第17号



○議長(佐々木義信) 

 日程第17.報告第17号 平成17年度西海市水道事業会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第17号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第17号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第17号 平成17年度西海市水道事業会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第17号 平成17年度西海市水道事業会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第18 報告第18号



○議長(佐々木義信) 

 日程第18.報告第18号 平成17年度西海市工業用水道事業会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第18号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第18号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第18号 平成17年度西海市工業用水道事業会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第18号 平成17年度西海市工業用水道事業会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第19 報告第19号



○議長(佐々木義信) 

 日程第19.報告第19号 平成17年度西海市立病院事業会計暫定予算の専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第19号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第19号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第19号 平成17年度西海市立病院事業会計暫定予算の専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第19号 平成17年度西海市立病院事業会計暫定予算の専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第20 報告第20号



○議長(佐々木義信) 

 日程第20.報告第20号 西海市税条例の一部を改正する条例の制定にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第20号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第20号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第20号 西海市税条例の一部を改正する条例の制定にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第20号 西海市税条例の一部を改正する条例の制定にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第21 報告第21号



○議長(佐々木義信) 

 日程第21.報告第21号 西海市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する協議にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第21号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第21号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第21号 西海市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する協議にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第21号 西海市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する協議にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第22 報告第22号



○議長(佐々木義信) 

 日程第22.報告第22号 西海市設置による崎戸町ふるさと定住促進条例の失効に伴う経過措置を定める条例ほか4件の制定にかかる専決処分の承認について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 報告第22号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第22号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第22号 西海市設置による崎戸町ふるさと定住促進条例の失効に伴う経過措置を定める条例ほか4件の制定にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第22号 西海市設置による崎戸町ふるさと定住促進条例の失効に伴う経過措置を定める条例ほか4件の制定にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第23 報告第23号



○議長(佐々木義信) 

 日程第23.報告第23号 西海市横瀬浦公園の管理者の指定にかかる専決処分の承認について質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 9番 杉澤泰彦議員。



◆9番(杉澤泰彦) 

 報告23号の質疑と言いますか、指定管理者の選定の方向性、西海市のこれからいろんな指定管理者の選定が行われていくと思うのですが、その方向性についてお聞きいたします。

 平成15年の地方自治法の改正によりまして、公の施設の管理につきましては直営で管理するか、若しくは法人その他の団体であって、当該地方公共団体が指定する指定管理者に管理させると、二者選択となっております。

 また、指定管理者の指定は、期間を定めて行うということにもなっております。

 加えまして、西海市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第5条におきましては、指定管理者の指定を民間からの公募によらず西海市が出資する法人若しくは公的団体を指定管理者に指定することができるとしております。

 そこで2点お伺いします。

 第1点目ですが、これは報告第23号の点なんですが、指定の期間が何年間なのかということでございます。

 それから2点目は、その期間終了後の西海市出資団体は指定管理者として継続的にしていくのか、それとも民間からの公募も視野に入れて取り組むのか、その点をお聞きしたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 市長。



◎市長(山下純一郎) 

 詳細につきましては、担当部局から説明をいたさせます。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設部長。



◎産業建設部長(山瀧正久) 

 報告第23号にかかる指定管理者の制定に関するご質問でございますけども、西海市横瀬公園の管理者の指定に係る専決処分の承認につきましては、提案理由の趣旨説明の中で申し上げたとおりでございます。

 そこで新たに西海市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例及び西海市横瀬浦公園の設置及び管理に関する条例に基づき、西海ツーリズム協会を指定管理者に指定する専決処分を行ったところであります。

 西海市横瀬浦公園の設置及び管理に関する条例第8条、指定管理者の指定と候補者の選定等が規定されており、また第6条に指定管理者の管理の期間が定められており、その期間は指定を受けた日が月の初日である場合にはその日から、当該年度末までとされておりますが、但し書き規定により再指定を妨げないと規定をされております。

 一方、西海市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第5条に公募によらない指定管理者の候補の選定等が規定されており、その趣旨は地域等の活力を積極的に活用した管理を行うことにより、事業効果が相当期待できると認めるときは第2条に規定する公募によることなく市長は公共的団体を指定管理者の候補として選定できると規定をされております。

 そこで地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をさせていただいたものでございますが、ご質問にありましたとおり、指定の期間は1年間ということにいたしております。

 この横瀬浦公園に関して申し上げさせていただきますと、施設そのものが非常に大きな施設でございまして、全体面積が2万8987平方メートルございます。

 その中に近隣公園という部分で1万8490平方メートル、それから屋外運動場部分で1万487平方メートルがござまして、常時管理につきましては南蛮船の来航地であるという、そういった歴史的な背景もございまして、常時1名を配置いたしております。

 またボランティアのガイドにつきまして6名程度地域の人達にお願いをいたしておるところでございます。

 将来的に亘りまして考えてみますと、町が設置した、当然町が管理すべき公園を安価に管理委託できるということで、西海ツーリズム協会にもお願いをしておりますが、その効果は平成16年度を見てみますと、非常に上がっております。

 そういったことも含めまして、契約年度は1年の更新となっておりますけども、できる限り地域の中で管理できていければ非常に良いのではないかなというふうに思っているとこでございます。

 以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 9番。



◆9番(杉澤泰彦) 

 今、西海市条例による出資団体の指定管理者になる条件を言われましたけども、それは今の答弁の中でございましたように、地域等の活力を積極的に活用した管理を行うことによって事業効果が相当程度期待できるときと認めるときということが書かれてありますが、または公募による民間からの申請がなかったとき若しくは民間の事業者が事業計画書に沿った管理を安定して行う能力がないと認められる時や管理に関わる経費の縮減が期待できないときなどを定めております。

 将来におきまして、これらを十分満たす民間の事業者は出現する可能性も大でございます。

 そしてそれが行財政改革に大いに寄与するところがあるとすれば、西海市の方向性は示さなければならないと思いますけども、再度質問します。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設部長。



◎産業建設部長(山瀧正久) 

 ただ今ご質問があったとおり、広く公募をするという余地は十分残されておると思いますけども、平成17年度でここに関わる1名の人につきまして約260万円程度の予算を組んでおりますが、この施設そのものが収益事業を伴わない事業でございます。

 民間の会社等も含めて公募によるとした場合に、これ以下で受けていきましょうという方がおられたら、それは当然そういった方向性というものも考えていかなければならないと思いますけども、町が設置して地域振興のためにあるという施設であるとしたら全ての公募そのものが適当かどうかということの判断もあるのではないかというふうに思っておりますし、現在、西海ツーリズム協会というメンバー16名ぐらいおりますけども、そういった組織、公的な組織の中で一体性のあるきちっとした管理をしていくほうが非常に良いのではないかというふうに思っているところでございます。

 以上です。



○議長(佐々木義信) 

 9番。



◆9番(杉澤泰彦) 

 出資団体が指定管理者になること自体に異議がある訳ではないですが、ただ逆に公共の施設の管理につきましては、その目的、住民の福祉向上の実現という点を考えますと、指定管理者を指定するよりも、むしろ自治体直営方式の方が良い場合もある訳ですね。

 しかしながら、例え行政効率が悪かったにしても守っていかなければならないというものもございます。

 しかしながら、今回の地方自治の改正によります公の施設の管理、指定管理者ですね、これが民間の参入を前提にしているということを考えるならば、民間の事業者が選定に対する条件を満たしているということであったならば、今後いろんな場合も出てくると思うのですが、優先されてしかるべきではないかと思う訳でございます。

 それから、今日報告第9号の答弁の中でもございましたように、法人等の見直しが必要だということも言っておられました。

 最後に関連でございますけども、今後の方向性として、西彼町のオランダ村についても今後どのような指定管理者選定を考えておられるのか、その点をお聞きして質疑を終わりたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 産業建設部長。



◎産業建設部長(山瀧正久) 

 行政の効率化ということで考えていきますと、ご質問のとおりでございます。

 いずれにしても、先程申し上げましたように、町づくり公社等を含めあるいは財団法人等も多数市の中にはございますので、そういったところの効率化ということも当然考えていかなければならないというふうに思っておるところでございます。

 オランダ村の管理については現在資料を持ち合わせておりませんので、どういった管理の委託をしているのか今ここでは答弁できませんけども、少なくとも公の施設が収益事業を営むような、そういったものであるとしたらやはりそれは当然民間の参入も視野に入れながら財政の効率化を図るということについては十分今後検討していかなければなりませんし、また、たまたま今回この後の報告第24号にも出ておりますけども、2件だけが指定管理者制度を採っておりますけども、その他の多くのこういった施設については同じテーブルに乗せて十分検討させていただくということでお答えとさせていただきます。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 オランダ村の内容について分かる範囲で若干説明をしておきますが、オランダ村の場合は各企業に敷地、施設の提供というのは貸し付けをいたしております。

 共益の部分といいますか、山林とか町道が入っておりますので、そういうふうなところの適正管理をするということで今1名の委託をして委託料で支払っているという状況でございます。



○議長(佐々木義信) 

 以上をもちまして、杉澤泰彦議員の質疑を終わります。

 お諮りします

 報告第23号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第23号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第23号 西海市横瀬浦公園の管理者の指定にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第23号 西海市横瀬浦公園の管理者の指定にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第24 報告第24号



○議長(佐々木義信) 

 日程第24.報告第24号 西海市西海農民センターの管理者の指定にかかる専決処分の承認について質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 9番 杉澤泰彦議員。



◆9番(杉澤泰彦) 

 報告24号につきましても報告23号と同旨趣でございますので、この質疑は取り下げたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 以上をもちまして、杉澤泰彦議員の質疑を終わります。

 お諮りします

 報告第24号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第24号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより報告第24号 西海市西海農民センターの管理者の指定にかかる専決処分の承認について、採決します。

 お諮りします。

 本案は承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、報告第24号 西海市西海農民センターの管理者の指定にかかる専決処分の承認については、承認することに決定しました。



△日程第25 議案第1号



○議長(佐々木義信) 

 日程第25.議案第1号 西海市長職務執行者の給与及び旅費に関する条例を廃止する条例の制定について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 議案第1号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、議案第1号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより議案第1号 西海市長職務執行者の給与及び旅費に関する条例を廃止する条例の制定について、採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、議案第1号 西海市長職務執行者の給与及び旅費に関する条例を廃止する条例の制定については、原案のとおり可決されました。



△日程第26 議案第2号



○議長(佐々木義信) 

 日程第26.議案第2号 西海市農業委員会条例の全部を改正する条例の制定について質疑を行いますが、通告はありませんので、質疑を省略します。

 お諮りします

 議案第2号は、委員会付託を省略することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、議案第2号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより議案第2号 西海市農業委員会条例の全部を改正する条例の制定について、採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、議案第2号 西海市農業委員会条例の全部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 ここで暫時休憩します。

     午後0時6分 休憩

     午後1時32分 再開



○議長(佐々木義信) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第27 選挙第5号



○議長(佐々木義信) 

 日程第27.選挙第5号 西海市選挙管理委員会委員及び同補充員選挙について議題とします。

 お諮りします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推薦にしたいと思います。

 ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、選挙の方法は指名推薦で行うことに決定いたしました。

 重ねてお諮りします。

 指名の方法については、議長が指名することにします。

 ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、議長が指名することに決定しました。

 西海市選挙管理委員会委員に朝長佑吉君、岩崎修一君、谷岸純雄君、森崎五郎君の4名の方を指名します。

 お諮りします。

 ただ今議長が指名しました4名の方を西海市選挙管理委員会委員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、ただ今指名しました朝長佑吉君、岩崎修一君、谷岸純雄君、森崎五郎君の4名の方が、西海市選挙管理委員会委員に当選されました。

 次に、西海市選挙管理委員会委員補充員には、次の方を指名します。

 第1順位 中里親晴君、第2順位 坂口重人君、第3順位 大石健次君、第4順位 川本恆平君、以上の4名の方を指名します。

 お諮りします。

 ただ今議長が指名した4名の方を西海市選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、ただ今指名しました第1順位 中里親晴君、第2順位 坂口重人君、第3順位 大石健次君、第4順位 川本恆平君の4名の方が、西海市選挙管理委員会委員補充員に当選されました。



△日程第28 同意第1号



○議長(佐々木義信) 

 日程第28.同意第1号 西海市教育委員会委員の任命同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 それでは、西海市教育委員会委員の任命同意につきまして、説明を申し上げます。

 合併時における教育委員会委員の取り扱いにつきましては、西海市のように新設合併による場合、地方教育行政の組織及び運営に関する法律施行令第18条により、旧自治体の委員であった者のうちから、合併後最初に行われる市町村長選挙後に最初に招集される議会の会期末までを任期として、臨時に選任することとされており、西海市におきましても、旧町の各教育長様5名の方に、本議会の末日を任期としまして、委員に就任していただいたところでございます。

 本件は、この臨時の委員の方々の任期終了に伴い、新たに5名の方々の任命について、同意を求めるものでございます。

 議員各位ご高承のとおり、青少年による重大事件を例に取るまでもなく、昨今の教育を取り巻く状況は複雑かつ高度化しており、地方自治体における教育行政は、ますます、その重要性を増しております。

 このため教育委員には、優れた人格と豊富な経験、教育、学術及び文化に対する深い知識が求められるものと存じます。

 今回、同意第1号から第5号として提出いたしました、5名の方におかれましては、いずれも人望が厚く、豊富な知識と経験を有する方であり、同委員として適格であると確信するものであります。

 なお、同令第17条の規定に基づき、それぞれの任期を、朝川則子氏は1年、川添照子氏は2年、鶴崎伸也氏は3年、寺本温氏は4年、佐古寶松氏は4年とさせていただきます。

 以上何とぞ、ご同意賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第1号は、委員会付託を省略したいと思います。

 ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第1号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」との声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第1号 西海市教育委員会委員の任命同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 議場の出入口を閉じます。

     〔議場を閉める〕



○議長(佐々木義信) 

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、

 7番 志賀正剛議員、8番 浅田直幸議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より順次点呼し、投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔なし〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 7番 志賀正剛議員、8番 浅田直幸議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第1号 西海市教育委員会委員の任命同意については同意することに決定しました。

 議場の出入口を開きます。

     〔議場を開く〕

 ここで暫時休憩します。

     午後1時48分 休憩

     午後2時26分 再開



○議長(佐々木義信) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第29 同意第2号



○議長(佐々木義信) 

 日程第29.同意第2号 西海市教育委員会委員の任命同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 ただ今上程いただきました同意2号から同意第5号につきましては、先程同意1号に合わせて説明を申し上げましたので、省略させていただきたいと思います。

 それでは第2号について説明を申し上げます。

 川添照子さんでございます。

 生年月日は昭和27年2月21日生まれの53歳でございます。

 住所が西海市西海町太田和郷3887番地でございます。

 職業が農業で教育委員の略歴はございませんけども、公職として平成14年7月20日から平成17年3月31日まで西海町農業委員をお務めになられております。

 その他、平成11年から長崎県グリーンライフアドバイザーを今日まで歴任、平成12年からは西海町食と農を考える女性の会の会長としてご活躍、平成17年3月からは男女共同参加推進委員エキスパート登録講師としてご活躍をいただいております。

 平成13年度には長崎県農業賞を受賞するなど、幅広く農業の分野においてもご活躍をいただいておりまして、この度教育委員として推薦を申し上げご同意をいただくものでございます。

 どうかひとつよろしくお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第2号は、委員会付託を省略したいと思います。

 ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第2号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」との声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第2号 西海市教育委員会委員の任命同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 議場の出入口を閉じます。

     〔議場を閉める〕



○議長(佐々木義信) 

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、

 9番 杉澤泰彦議員、10番 永田良一議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より点呼に応じ順次投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 9番 杉澤泰彦議員、10番 永田良一議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第2号 西海市教育委員会委員の任命同意については同意することに決定しました。



△日程第30 同意第3号



◎市長(山下純一郎) 

 日程第30.同意第3号 西海市教育委員会委員の任命同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 選任同意3号でございます。

 氏名が鶴崎伸也氏、生年月日が昭和48年6月12日生まれの31歳でございます。

 住所が西海市大島町4522番地、職業は教会司祭で略歴は大島町の教育委員として平成16年7月1日から平成17年3月31日までのお務めでございます。

 その他の公職はございませんけれども、平成8年3月に慶應義塾大学をご卒業になり、平成13年3月には福岡サン・スピル大神学院をご卒業になられております。

 その後、平成14年4月からは浦上カトリック教会の助任、平成15年4月からは飽ノ浦カトリック教会助任、平成16年4月より太田尾カトリック教会の主任として今日までお務めになられておられる訳でございます。

 人格識見本当にすばらしい方でございまして、これからの西海市が目指す教育方針に則ってもっとも適任ということでご推薦を申し上げる次第でございます。

 どうかひとつご同意をお願い申し上げる次第でございます。

 以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 これより同意第3号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第3号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」との声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第3号 西海市教育委員会委員の任命同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 議場の出入口を閉じます。

     〔議場を閉める〕



○議長(佐々木義信) 

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、

 11番 森口昭徳議員、12番 杉本秀伸議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より順次点呼に応じ投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 11番 森口昭徳議員、12番 杉本秀伸議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第3号 西海市教育委員会委員の任命同意については同意することに決定しました。



△日程第31 同意第4号



○議長(佐々木義信) 

 日程第31.同意第4号 西海市教育委員会委員の任命同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 同意4号でございます。氏名が寺本温氏、生年月日が昭和31年8月28日生まれで、現在48歳の方、住所が西海市崎戸町蠣浦1270番地、職業は幼稚園理事長、公職歴等は平成11年5月から保護司お務めになられておられます。

 昭和54年3月に大谷大学文学部宗学科をご卒業になり、昭和55年3月が大谷大学の聴講として勤務されております。

 昭和55年4月から真宗大谷派真蓮寺、崎戸の現在の寺院でございます。

 昭和55年4月から真蓮寺学園の崎戸幼稚園の書記、昭和58年8月が真蓮寺学園の崎戸幼稚園の副園長に就任、平成3年9月が日豊教務所(大分県)に勤務になられております。

 平成10年9月が真蓮寺学園崎戸幼稚園の再就任になられております。

 平成16年4月から真蓮寺学園崎戸幼稚園の理事長として今日までお務めになられておられる訳でございますが、幼児教育の傍ら各地域において僧侶としての布教活動も熱心になされております。

 大変人格、識見共に高潔な方でございまして、この度西海市教育委員会の委員としてご就任をしていただくということでお願いを申し上げる次第でございます。

 どうかひとつご同意方をよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第4号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第4号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」との声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第4号 西海市教育委員会委員の任命同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、13番 渋江一文議員、14番 井田利定議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より順次点呼に応じ投票〕

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 13番 渋江一文議員、14番 井田利定議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第4号 西海市教育委員会委員の任命同意については同意することに決定しました。

 議場の出入口を開きます。

     〔議場を開く〕



△日程第32 同意第5号



○議長(佐々木義信) 

 日程第32.同意第5号 西海市教育委員会委員の任命同意について議題とします。

 暫定教育長であります佐古寶松君の退席を求めます。

     〔退席〕



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 第5号でございますが、氏名が佐古寶松氏、生年月日は昭和12年7月9日生まれの67歳でございます。

 住所が西海市大瀬戸町多以良内郷1599番地2でございます。

 昭和36年3月に長崎大学学芸学部をご卒業になり、昭和36年4月からは長崎県教職員として奉職がなされております。

 大島第三小学校を皮切りに勝山小学校、長崎大学附属小学校、長崎教育委員会指導主事、愛宕小学校長、長崎市教育委員会学校教育課長、県教育庁学校教育課参事、教育指導監、桜町小学校長の勤務を終えられて、平成12年6月からは崎戸町教育委員として平成17年3月までお務めになり、その間、教育長をお務めになられております。

 その後、市町村合併、平成17年4月1日からは暫定教育長として西海市教育委員会委員教育長として今日に至っておられる方でございます。

 この度新市の発足と同時に私の掲げる教育方針に基づき、もっとも適任であるということからご推薦を申し上げてご同意をお願いするものでございます。

 どうかひとつお願いを申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第5号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第5号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」との声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第5号 西海市教育委員会委員の任命同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 議場の出入口を閉じます。

     〔議場を閉める〕



○議長(佐々木義信) 

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、

 15番 山崎善仁議員、16番 中里悟議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より順次点呼に応じ投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 15番 山崎善仁議員、16番 中里悟議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第5号 西海市教育委員会委員の任命同意については同意することに決定しました。

 議場の出入口を開きます。

     〔議場を開く〕



○議長(佐々木義信) 

 佐古寶松君の退席を解きます。

     〔着席〕



△日程第33 同意第6号



○議長(佐々木義信) 

 日程第33.同意第6号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 同意第6号の西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意についてご説明を申し上げます。

 本件につきましては、地方税法第423条第3項の規定に基づき、西海市固定資産評価審査委員会委員として川崎俊隆氏を選任したいので議会の同意を求めるものであります。

 同法第423条第1項の規定により、市町村には固定資産評価審査委員会を設置するものと定められており、その役割は固定資産課税台帳に登録された価格について、住民から不服の申し出があった場合に、審査決定を行うものであります。

 このため同委員には公正かつ厳格な人格と固定資産評価に関する深い知識が求められるものでございます。

 川崎俊隆氏におかれましては、旧町におきまして同委員を務められ、優れた人格と豊かな知識を有する方であり、同委員として適格であると確信するものであります。

 以上何とぞ、ご同意賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第6号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第6号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第6号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 議場の出入口を閉じます。

     〔議場を閉める〕



○議長(佐々木義信) 

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、17番 田中隆一議員、18番 浅田幸夫議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より順次点呼に応じ投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 17番 田中隆一議員、18番 浅田幸夫議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第6号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意については同意することに決定しました。



△日程第34 同意第7号



○議長(佐々木義信) 

 日程第34 同意第7号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 同意第7号の西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意についてご説明を申し上げます。

 本件につきましては、地方税法第423条第3項の規定に基づき、同意第6号と同じく西海市固定資産評価審査委員会委員として山本耕作氏を選任いたしたいので議会の同意を求めるものでございます。

 この方も旧町におきまして同委員を務められて優れた人格と豊かな知識を有する方であります。

 同委員として適格であると確信するものでございますので、何とぞご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第7号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第7号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第7号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、

 19番 田口昇議員、20番 中野良雄議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より順次点呼に応じ投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 19番 田口昇議員、20番 中野良雄議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第7号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意については同意することに決定しました。



△日程第35 同意第8号



○議長(佐々木義信) 

 日程第35.同意第8号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 同意8号の西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意についてご説明申し上げます。

 本件につきましては、地方税法第423条第3項の規定に基づき、同意第6号と同じく西海市固定資産評価審査委員会委員として山口敏博氏を選任いたしたいので議会の同意を求めるものでございます。

 同氏におかれましても旧町におきまして同委員を務められ、優れた人格と豊かな知識を有する方であります。

 同委員として適格であると確信をするものでありますので、皆様方のご同意をお願いを申し上げる次第でございます。

 よろしくお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第8号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第8号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第8号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、21番 北川辰夫議員、22番 岩本利雄議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より点呼に応じ順次投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 21番 北川辰夫議員、22番 岩本利雄議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第8号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意については同意することに決定しました。



△日程第36 同意第9号



○議長(佐々木義信) 

 日程第36.同意第9号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 同意第9号の西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意についてご説明を申し上げます。

 本件につきましては、地方税法第423条第3項の規定に基づき、同意第6号と同じく西海市固定資産評価審査委員会委員として松尾初義氏を選任したいので、議会の同意を求めるものでございます。

 この方につきましても、旧町におきまして同委員を務められ、優れた人格と豊かな知識を有する方であります。

 同委員会委員として適格であると確信するものでありますので、何とぞご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第9号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第9号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第9号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、23番 馬場正毅議員、24番 池田政治議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より点呼に応じ順次投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 23番 馬場正毅議員、24番 池田政治議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第9号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意については同意することに決定しました。



△日程第37 同意第10号



○議長(佐々木義信) 

 日程第37.同意第10号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 同意第10号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意についてご説明を申し上げます。

 本件につきましては、地方税法第423条第3項に規定に基づき、同意第6号と同じく西海市固定資産評価審査委員会委員として築山樂氏を選任したいので、議会の同意を求めるものでございます。

 この方につきましても、旧町におきまして同委員を務められ、優れた人格と豊かな知識を有する方であります。

 同委員会委員として適格であると確信するものでありますので、何とぞご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第10号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第10号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより同意第10号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、25番 佐嘉田敏雄議員、1番 堀川政徳議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より点呼に応じ順次投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 25番 佐嘉田敏雄議員、1番 堀川政徳議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第10号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意については同意することに決定しました。



△日程第38 同意第11号



○議長(佐々木義信) 

 日程第38.同意第11号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 同意第11号の西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意についてご説明を申し上げます。

 本件につきましては、地方税法第423条第3項に規定に基づき、同意第6号と同じく西海市固定資産評価審査委員会委員として池田憲三氏を選任したいので、議会の同意を求めるものでございます。

 この方につきましても、旧町におきまして同委員を務められ、優れた人格と豊かな知識を有する方であります。

 同委員会委員として適格であると確信するものでありますので、何とぞご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第11号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第11号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論を終わります。

 これより同意第11号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、

 2番 田川正毅議員、3番 川岡純英議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より点呼に応じ順次投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 2番 田川正毅議員、3番 川岡純英議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第11号 西海市固定資産評価審査委員会委員の選任同意については同意することに決定しました。



△日程第39 同意第12号



○議長(佐々木義信) 

 日程第39.同意第12号 西海市監査委員の選任同意について議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 同意第12号 西海市監査委員の選任同意について、ご説明申し上げます。

 地方自治法第195条第1項の規定により、地方公共団体には、監査委員を置くと定められており、その職務は、財務に関する事務の執行及び経営にかかる事業の管理を、また必要により、事務の執行を監査するものであります。

 しかしながら、合併時におきましては、市長職務執行者は監査委員を任命できないとする行政実例に基づき、西海市においては、監査委員を選任いたしていませんでした。

 議員各位ご高承のとおり、監査委員は、同法第195条及び第196条の規定に基づき、人格が高潔で、かつ、地方自治体の財務、実務に関し優れた見識を有するものの中から、市町村長が、議会の同意を得て選任するもので、本件により、西海市監査委員のうち、識見監査委員として山口氏を選任いたしたいので、議会の同意を求めるものであります。

 今回、提出いたしました、山口勇氏におかれましては、旧大瀬戸町においても町議会議員より選任の監査委員を務められており、地方財務に精通されております。

 同氏は、人格が高潔で、優れた見識と豊富な経験を有する方であり、西海市の監査委員として適格であると確信するものであります。

 以上、何とぞ、ご同意賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第12号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第12号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論を終わります。

 これより同意第12号 西海市監査委員の選任同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 ただ今の出席議員は25名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、4番 浅本和夫議員、5番 原口龍彦議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より点呼に応じ順次投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 4番 浅本和夫議員、5番 原口龍彦議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数25票、有効投票25票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成25票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第12号 西海市監査委員の選任同意については同意することに決定しました。

 議場の出入口を開きます。

     〔議場を開く〕



△日程第40 同意第13号



○議長(佐々木義信) 

 日程第40 同意第13号 西海市監査委員の選任同意について議題とします。

 除斥のため田中隆一議員の退席を求めます。

     〔退席〕

 提案理由の説明を求めます。

 市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕〕

 同意第13号の、西海市監査委員の選任同意について、ご説明申し上げます。

 本件は、同意第12号同様の理由に基づき、監査委員を選任させていただくものでありますが、議員各位ご高承のとおり、監査委員の定数2人のうち1人は、当該市町村の議会議員の中から選任することになっております。

 よって、本件により、西海市監査委員のうち議会選出の監査委員に、田中隆一議員を選任させていただきたいので、議会の同意を求めるものであります。

 今回、同意第13号として提出いたしました田中隆一議員におかれましては、旧西彼町におきましても長年町議会議員を務められており、地方行政に明るく、優れた人格の持ち主であります。

 田中議員におかれましても、人格が高潔で、優れた見識と豊富な経験を有する方であり、西海市の監査委員として適格であると確信するものであります。

 以上、何とぞ、ご同意賜りますようお願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行います。

 本案は、人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 同意第13号は、委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、同意第13号は、委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論を終わります。

 これより同意第13号 西海市監査委員の選任同意について、採決します。

 採決は無記名投票をもって行います。

 ここで念のためご注意申し上げます。

 賛否を表明しない投票及び賛否が明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により、否とみなします。

 議場の出入口を閉じます。

     〔議場を閉める〕



○議長(佐々木義信) 

 ただ今の出席議員は24名であります。

 立会人は、会議規則第31条第2項の規定により、6番 岸浦秀次議員、7番 志賀正剛議員の両名を指名いたします。

 それでは投票用紙の配布をいたします。

     〔投票用紙配布〕



○議長(佐々木義信) 

 投票用紙の配布漏れありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱の確認を行います。

     〔投票箱の点検〕



○議長(佐々木義信) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 問題を可とする者は賛成と、問題を否とする者は反対と記載し、事務局長の点呼に応じ、順次投票をお願いします。



◎事務局長(大浦正明) 

     〔1番議員より点呼に応じ順次投票〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 これより開票を行います。

 6番 岸浦秀次議員、7番 志賀正剛議員、開票の立会をお願いします。

     〔開票〕



○議長(佐々木義信) 

 開票の結果をご報告いたします。

 投票総数24票、有効投票24票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、賛成24票、反対0票、以上のとおりです。

 ただ今報告のとおり、賛成多数であります。

 従って、同意第13号 西海市監査委員の選任同意については同意することに決定しました。

 議場の出入口を開きます。

     〔議場を開く〕

 田中隆一議員の除斥を解きます。

     〔着席〕



△日程第41 閉会中の継続調査申し出



○議長(佐々木義信) 

 日程第41.閉会中の継続調査申し出について議題とします。

 議会運営委員長から会議規則第102条の規定により、お手元に配布した申出書のとおり、閉会中の継続調査申し出があります。

 お諮りします。

 議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 従って、議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 以上をもちまして、本臨時会の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 これをもちまして、平成17年第1回西海市議会臨時会を閉会といたします。

     午後4時6分 閉会

会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

              臨時議長

              議長

              署名議員

              署名議員