議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成19年  6月 定例会(第2回) 06月25日−資料




平成19年  6月 定例会(第2回) − 06月25日−資料







平成19年  6月 定例会(第2回)



         平成19年第2回西海市議会定例会

        市政一般に対する質問一覧

              (登壇順)



月日
登壇順
氏名



6月13日(水)
1
田中隆一議員
376


2
岩本利雄議員
377


3
堀川政徳議員
378


4
中野良雄議員
379


5
浅田幸夫議員
379


6月14日(木)
1
山崎善仁議員
380


2
岸浦秀次議員
381


3
田川正毅議員
382


4
川岡純英議員
383


5
志賀正剛議員
383


6月15日(金)
1
田口 昇議員
384


2
池田政治議員
385


3
杉澤泰彦議員
385


4
杉本秀伸議員
386


5
佐嘉田敏雄議員
387



               西海市議会

+−−−−−−+

|田中隆一議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 西海市安全衛生管理規程など法令遵守について

質問の要旨

? 職員の健康的理由による休暇や退職者が顕著となっているが、労働安全衛生法の定めによる管理が全くなされていないようだが、理由について問う。

? 法の規定に基づく衛生管理者をはじめ、衛生推進者、衛生管理主任者、各所属の衛生管理担当者を置くと定めているが、この点はなぜ選任していないのか。

? 例規には法に規定する衛生委員会を置き、西海市職員衛生委員会と称するとなっているが、この委員の選任が全くされていないが、その理由と早急な対応について。

? 市長が掲げる「健康の里さいかい」の理念は市民の健康と福祉を支えることにあり、そのためのより良い公共サービスを提供していくためにも職員のやる気と健康と安全をしっかり考えていくべきと思う。来る7月の大規模な組織機構改革に備え、法令遵守はもとより、労働安全衛生体制の早急な確立のため、具体的対策を講ずるべきと思うが、所信を問う。

質問事項(2)

 旧長崎オランダ村再生構想と検討委員会について

質問の要旨

? 旧長崎オランダ村再生構想検討委員会委員の人選は、どういう基準で決定されたのか。

? 職員内部での再生プロジェクトチームの編成や市民による再生推進会議など立ち上げるべきでは。

? 今後、検討委員会のあるべき姿と方向性、そしてスケジュールについて、CASジャパン破産の経過を踏まえ、どのような教訓と反省に基づいた対策をとるべきか。

? 旧町時代の検討資料、推進委員会がまとめた資料等については、どのように処理するのか。

? オランダ村跡破産施設、有益費6億円の返還請求提訴に至った最大の原因について。又、旧町時代を含め行政当局の責任をどのように受け止めるべきと思うか。更には裁判費用について、完全勝訴の場合でも成功報酬等3500万円以上が必要となる。何らかの善処はできなかったのか。

質問事項(3)

 オランダ街道美化推進事業について

質問の要旨

? 国道206号沿線のオランダ街道美化推進事業は、今後どうしていくつもりか。

? 国道沿線のプランター花卉植栽事業については、今後どのように継続していくのか所見について。

+−−−−−−+

|岩本利雄議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 市立病院事業について

質問の要旨

? 西海市発足後3年目を迎えている西海市立病院事業は、一般会計から2億4千8百万円を繰入れなければ事業が成立しないという状況で、いっこうに改善の兆しが見えてこない。また西海市財政計画説明資料を見ると、9年後の平成28年度の見込みでも、一般会計から約1億7千万円が繰入れられている。いつまでに市立病院事業を改革しようとしているのか。

? 西海市医療検討委員会報告書によれば、人工透析医療の導入については、特に市の財政事情から必要ないと結論付けられているが、導入しないことに決定しているのか。

質問事項(2)

 消防行政について

質問の要旨

? 平成19年度一般会計予算によれば、本年度の消防費は、昨年度より微増の6億1千万円で、市民一人当たり約1万8千円である。これらの数値は、類似団体と比較してどうか。

? 本市の合併後の火災発生件数は、平成17年度が21件、平成18年度が21件で、約17日に1件の割合で火災が発生している。類似団体と比較して火災発生件数はどうか。火災発生件数の抑止目標は、あくまでもゼロ件だと考えるが、本市における防火対策は、抑止目標達成へ向けてどのように実施されているのか。

質問事項(3)

 議案書のミスについて

質問の要旨

 前回3月定例会において、議案書配布後の議案書のミスは、全部で何か所あったのか。平成18年第3回定例会一般質問において、職員の資質に関する項目の中で、議案書のミス防止対策について市長の答弁をいただいたが、その効果が未だに出ていない。議案書ミスゼロに向けて、今後の実効ある対策は。

+−−−−−−+

|堀川政徳議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 旧大島町臨時職員に対する退職慰労金支給に関する判決について

質問の要旨

? 裁判の判決に対する基本的な考えについて。

? 何のために控訴を行なうのか。

? 控訴を行なうのに市民の理解は得られると思うか。

質問事項(2)

 実施計画について

質問の要旨

 西海市総合計画の実施計画の策定状況は。

質問事項(3)

 防災について

質問の要旨

? 梅雨時期の前に危険箇所の把握と災害時の対応策は。

? 消波堤の改修及び設置の考えは。

? ドクターヘリの市内への出動状況は。

質問事項(4)

 墓地について

質問の要旨

 市有墓地以外の墓地の管理に関する基本的な考えは。

+−−−−−−+

|中野良雄議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 雪浦診療所の今後のあり方について

質問の要旨

 医療検討委員会は、雪浦診療所の公立診療所としての役割は終えたとして廃止することが望ましいとの答申を行なっている。施設については、新しいことから指定管理者制度の導入、民間移譲などの活用について検討を求めている。雪浦地区民にとって雪浦診療所は重要な公立の医療施設であり、医師確保による充実が求められている。雪浦診療所の今後のあり方について伺う。

質問事項(2)

 投票区見直しの撤回について

質問の要旨

? 4月の県議会議員選挙から投票区の見直しが行なわれたが、元に戻す考えはないか。

? 開票事務の迅速化が求められているが、4月の県議会議員選挙ではどのような施策が講じられ、開票時間は短縮されたのか。

質問事項(3)

 嘱託職員の報酬見直しについて

質問の要旨

 嘱託職員のうち、看護助手並びに介護員の報酬が低く抑えられていると考えるが、増額する考えはないか。

+−−−−−−+

|浅田幸夫議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 旧大島町臨時職員退職金支給に関する裁判判決の処理について

質問の要旨

? 平成19年4月24日の判決に対し、市長は、判決を不服として5月8日に控訴した。判決をどのように受け止めたか。その理由について。また、議会、市民の理解が得られると思うか。

? 市長は全員協議会で、自身の進退をかけてこの問題に対処するとの発言があったが、仮に控訴棄却また敗訴となった場合、どのような責任を取るのか。

質問事項(2)

 雪浦診療所の運営について

質問の要旨

? 平成19年4月25日の医療検討委員会から提出された答申書について、市長の考えを伺う。

? その中で雪浦診療所は廃止することが望ましい。或いは民間移譲など、施設の活用について検討が望ましいとされているが、民間移譲など指定管理も含め早急な対応が必要では。

? 民間の受け皿がない場合の対応策は。

質問事項(3)

 ながさき森林環境税について

質問の要旨

? 今年4月から導入された「ながさき森林環境税」について、どのような事業の取り組みを考えているのか。

? 公募事業について、募集期間が4月2日から5月31日までとなっているが、西海市内で応募した団体がいくつあって、内容はどのようなものか。

? 5年間の期限付きの税であり、事業である。水源涵養林の整備には短すぎる。今後西海市として、「水源税」などに取り組む考えはないか。

+−−−−−−+

|山崎善仁議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 行政コスト削減と選挙事務のスピード化について

質問の要旨

 三位一体改革等により、地方交付税の減額など大変厳しい財政状況となっているが、今後どのような行政コスト削減を行なうのか数字に表れる具体的な対策は何か。

 また、選挙投票時間が午後6時から午後8時に延長されて久しくなるが、期日前投票が比較的簡単にできるなか、市民の誰の声を聞いても投票時間の短縮を求める声がある。他の自治体も実施しており、次の選挙から投票時間短縮は絶対に行なうべきだ。更に、開票事務のシステムが旧態依然のやり方で、変わったことは投票用紙の計数機の導入くらいである。開票時間短縮に向けてどのような目標と対策を考えているのか。

質問事項(2)

 西海市の基幹産業である農業育成と基盤整備事業の今後について

質問の要旨

 農業が基幹産業でありながら、西海市の基盤整備が非常に遅れているが、今後の対策と支援をどう進めるのか。また、農業従事者の高齢化や後継者不足などで、これからの西海市の農業がますます衰退して行く恐れがあるが、ブランドの育成など、どのような対策を考えているのか。

質問事項(3)

 みかんドーム横の掘削した温泉の今後の活用について

質問の要旨

 旧西海町議会において採択された温浴施設の建設が宙に浮いた状態になっているが、市民の中から何らかの形で活用すべきとの声も多く聞かれる。この良質温泉の活用をどう考えているのか。

+−−−−−−+

|岸浦秀次議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 西海・西彼クリーンセンターについて

質問の要旨

? 現在、両クリーンセンターは、耐用年数を過ぎたものを補修して使用しているが、安全性について。

? 周辺への環境影響調査の方法と結果について。

? ごみ焼却場新設の計画を行なっていると思うが、内容、完成時期等を伺いたい。

質問事項(2)

 市内業者育成について

質問の要旨

? 市内の資材業者・建設業者育成について市長の基本的な考えは。

? 工種別発注についての考え方と指名基準は。

? 市内に支店を置く業者、また本店を置く業者について行政としての考え方は。

? LCAC施設建設工事の進捗状況について。

質問事項(3)

 ブロードバンドについて

質問の要旨

 現在の状況と接続時期について。

+−−−−−−+

|田川正毅議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 動物愛護のまちづくり

 ・ドッグラン施設の設置促進について

 ・学校教育における動物飼育の促進について

質問の要旨

? 日本のペットの数は、15歳以下の子どもの数より多くなっている。ペットが自由に遊べる広場(ドッグラン)の設置は西海市の観光開発に大きく貢献すると考える。市長の見解を伺う。

? 動物を飼うことは、子どもの情操教育に大きな効果があると考える。市内公立校における現状と目的、効果、今後の方針について。

質問事項(2)

 海洋環境整備について(昆布等の海藻栽培)

質問の要旨

 地球温暖化対策・海洋資源保護及び開発につながる昆布等の海藻の栽培推進を提案する。

  ・新たな漁礁設置の可能性について。

質問事項(3)

 大島まちおこし公社の運営について

質問の要旨

 平成18年度の当初予算で大島まちおこし公社に対し運転資金として4200万円が貸付けられたが、未だに返還されていないと聞く。

  ・返済の可能性と当公社の設立目的・運営状況の説明と今後の方針について

+−−−−−−+

|川岡純英議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 公用施設等の有効活用について

質問の要旨

 教育委員会の旧西海町本庁舎移転等、公用施設の有効活用に努めているが、市所有のバス等についての使用状況及び今後の住民利用にかかる考え方(社会スポーツ団体等の遠征使用等)について

質問事項(2)

 西海市特産品のアピール方策について

質問の要旨

 アンテナショップ「旬さいかい」の開業時の目的及び開業から現在までの状況・今後の考え方について

質問事項(3)

 ごみ処理施設の考え方について

質問の要旨

 今後の市内ごみ処理方法の考え方及び大島生ごみ施設の目的と現状について

+−−−−−−+

|志賀正剛議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 市有地の有効活用について

質問の要旨

 西海市には未使用の市有地が数多く存在していると思う。市が事業計画をしている土地は別として、未使用の荒地同然の土地は管理するのも大変だと思う。こうした未使用地の有効活用を図る計画はないか伺いたい。

 例えば、一般市民・グループ・団体等或いは、今後も増えるであろう団塊世代の熟練退職者などへ一定の条件を提示し、賃貸とか購入していただくとか、地域の特性と人材という資源を活用し、旧町それぞれの町の中で物づくりからまちづくりへの支援を図るべきである。

質問事項(2)

 産炭地域活性化基金を利用した事業計画について

質問の要旨

産炭地域活性化基金の廃止に伴い、基金を管理する県産炭地域振興財団は、関係市町村に対し新たな助成メニューを示している。西海市としての産炭地域活性化基金の事業計画状況はどのようになっているのか伺いたい。

質問事項(3)

 治山事業における安全・環境衛生について

質問の要旨

 崎戸町本郷地区にある崩落防止のために建設されたコンクリートの壁・フェンスは、昭和57年から昭和58年に県工事で行なわれている。その背後に古タイヤが設置されてあり、雨が降れば水が溜まり大量の蚊が発生し、近隣住民は対応に苦慮している。地区住民の健康と環境・衛生のためにも至急の対応が必要だと思う。

+−−−−−−+

|田口 昇議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 西海市における今後予定される大型建設事業の実施計画について

質問の要旨

 西海市は、合併後、厳しい財政状況の中で当初予定されていた「新市建設計画」が大幅に修正、抑制されてきた。昨年9月「西海市総合計画」が策定、それに伴う財政計画も発表された。大型建設事業実施年次、事業費規模、場所、課題等について問う。

? 市民環境部

 ごみ焼却施設

  広域か、単独か、旧施設の処分方法等も含む。

 し尿処理施設

? 産業振興部

 バイオマス事業

? 建設部

 公営住宅建設

  新設、建替え、駐車場整備等も含む。

? 教育委員会

 耐震診断、改修事業等

? 新庁舎建設

 建設の是非の判断時期、手法等も含む。

 以上、西海市の財政計画に盛り込まれた主な大型事業に対する取り組みを質問するが他に予定される新規事業があれば伺う。

+−−−−−−+

|池田政治議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 損害賠償請求履行請求事件について

質問の要旨

 事件の経緯と控訴の真意を問う。

+−−−−−−+

|杉澤泰彦議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 水産振興策について

質問の要旨

? 西海市における水産業の課題をどのようにとらえているのか。

 ・短期的視点に立って

 ・長期的展望でとらえて

? 西海市における漁業振興は、漁業従事者のモチベーションの大小が大きく作用する。行政として、従事者のやる気の喚起についてどのように考えているのか。

? 水産振興にかかわる、いろんな事業が予算化されているが、これまでの成果は。また、事業に対する西海市の基本的な姿勢、かかわり方、役割をどのように考えているのか。

質問事項(2)

 江島、平島可燃物ごみの搬送について

質問の要旨

 焼却場の閉鎖により、今年から江島、平島の可燃物ごみが海上運搬されているが、夏場をむかえ、臭気などの問題はクリアされているのか。また、新たにはじまった江島における生ごみ処理の現状と今後の課題は。

質問事項(3)

 文化交流の活発化、「西海学」の確立について

質問の要旨

 以前、提唱した郷土芸能大会の開催について、その後どのようになっているのか。また、西海市の歴史、文化遺跡等を通して「西海学」を確立し、市民的広がりを目指す考えについて。

+−−−−−−+

|杉本秀伸議員|

+−−−−−−+

質問事項(1)

 市立病院の経営について

質問の要旨

? 今年の4月から市立病院の再建担当部長制が廃止となったが、再建計画や再建の見通しは。

? 市立病院の運営状況はどうなっているのか。療養病床や診療科別の状況は。

? 現在、泌尿器科が休診になっているが、その理由は。

? 病院の給食が年内に外注されるということだが、その真意は。

? 市立病院の運営委員会と病院経営の関係は。

質問事項(2)

 市の遊休施設について

質問の要旨

? 市内にある市所有の遊休施設はどのようなものがあるか。利用可能なものと、そうでないもの、或いは、利用目的があるものとないものなど、区別して整理してほしい。

? 大島町にある旧観光物産センターの利用はどうなっているのか。

? 大島若人の森の宿泊研修施設の改修予定や利用計画はどうなっているのか。

? これらの施設を交流事業の拠点として利用するなど、多様な活用方法を検討してはどうか。

質問事項(3)

 (大島町臨時職員退職慰労金)住民訴訟判決を受けての市の対応について

質問の要旨

? 一審判決に対する控訴の理由は、市の主張の要旨の説明を求める。

? 今後、西海市において、雇用に関する同様の問題が発生する可能性はないか。

+−−−−−−−+

|佐嘉田敏雄議員|

+−−−−−−−+

質問事項(1)

 ふるさと創生基金の活用について

質問の要旨

 それぞれのもっている地域の特性を生かし、創意工夫して、活性化を図り、人をつくる一体感の醸成に努める基金として、地域活性化のための自治会活動基金を創設して活用できないか。又、この自治会活動基金は、その地域が自由につかえる基金とすべきと思うが市長の考えを伺いたい。

質問事項(2)

 行政対象のトラブル防止対策について

質問の要旨

 「一度つまずくと話がこじれてしまう。」又、不当要求や脅迫的な暴言など、窓口業務をめぐるトラブルで突然態度を一変させる市民等のトラブルは現場の職員にとっては、大変な思いであろうと思う。

  職場遂行上の支障にもなりかねない問題である。

? 未然防止対策マニュアルは規定されているのか。

? 納税や水道料金といった各種公共料金の滞納、廃棄物や環境対策などトラブルが発生しがちな部署に警察OBを配置し、その他部署においても問題が起きた場合、現場に駆けつけるといった自衛策をとるべきではないのか。

質問事項(3)

 西海市まちづくり基本条例(自治基本条例)の制定について

質問の要旨

 西海市のまちづくりを進める上での市民共通のルールである市民がまちづくりの主役(主体)として行動するまちづくり基本条例を制定して、市民が住むこと、生活するそのものが誇りに思える「暮らしづくり」を発展させることが新市西海市に課せられた大きな課題と考える。まちづくりの大切な基盤が「情報共有」と「市民参加」で市民が主役でなければならない。市民一人ひとりが自ら考え行動することによる「自治」が基本と考えるが、「情報共有」と「市民参加」を一体のものとして、まちづくり基本条例を制定してはどうか。市長の考えを伺いたい。

     平成19年第2回西海市議会定例会 発言通告表(質疑)



発言議員
発言種別
発言要旨
答弁を求める者


11番
田中隆一議員
質疑
1.議案第58号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について
  関係資料に付随する問題について。
市長


2.議案第59号 平成19年度西海市一般会計補正予算(第1号)について
  歳入 民生費負担金2065万6000円、歳出 児童福祉総務費 19節 負担金補助金及び交付金2065万6000円減額の内容について。
市長


17番
田口 昇議員
質疑
議案第59号 平成19年度西海市一般会計補正予算(第1号)について
 26頁〜27頁 長崎県知事選挙委託金返還金の内容について。
 28頁〜29頁 さいかい子育てあんしん応援補助金について。
市長


3番
永田良一議員
質疑
議案第59号 平成19年度西海市一般会計補正予算(第1号)について
歳入 諸収入 雑入 2280万円 産炭地域活性化基金助成金の内容説明
歳出 土木費 河川費 河川改良費 3420万円 松島西泊地区排水路整備事業の工事内容の説明
市長



           西海市議会 各委員会名簿

                      (平成19年5月9日現在)



議会運営委員会(9人)
総務文教常任委員会(8人)


委員長
杉本秀伸
委員長
岩本利雄


副委員長
森口昭徳
副委員長
田川正毅


委員
岩本利雄
委員
池田政治


委員
北川辰夫
委員
浅田幸夫


委員
田口 昇
委員
中里 悟


委員
山崎善仁
委員
浅田直幸


委員
杉澤泰彦
委員
川岡純英


委員
浅田直幸
委員
堀川政徳


委員
堀川政徳
 
 





産業建設常任委員会(9人)
厚生常任委員会(8人)


委員長
北川辰夫
委員長
山崎善仁


副委員長
馬場正毅
副委員長
永田良一


委員
佐嘉田敏雄
委員
中野良雄


委員
田中隆一
委員
田口 昇


委員
渋江一文
委員
井田利定


委員
杉本秀伸
委員
杉澤泰彦


委員
森口昭徳
委員
岸浦秀次


委員
志賀正剛
委員
原口龍彦


委員
浅本和夫
 
 





議会広報特別委員会(10人)
LCAC等防衛施設に関する調査特別委員会(8人)


委員長
浅田幸夫
委員長
岸浦秀次


副委員長
中里 悟
副委員長
浅本和夫


委員
佐嘉田敏雄
委員
佐嘉田敏雄


委員
井田利定
委員
岩本利雄


委員
渋江一文
委員
山崎善仁


委員
森口昭徳
委員
永田良一


委員
永田良一
委員
杉澤泰彦


委員
原口龍彦
委員
川岡純英


委員
浅本和夫
 
 


委員
川岡純英
 
 





行財政改革等に関する調査特別委員会(9人)
庁舎に関する調査特別委員会(9人)


委員長
田口 昇
委員長
中里 悟


副委員長
岸浦秀次
副委員長
中野良雄


委員
浅田幸夫
委員
池田政治


委員
田中隆一
委員
馬場正毅


委員
渋江一文
委員
井田利定


委員
杉本秀伸
委員
志賀正剛


委員
杉澤泰彦
委員
原口龍彦


委員
田川正毅
委員
浅本和夫


委員
堀川政徳
委員
川岡純英



             予算審査特別委員会

                       平成19年6月18日設置



委員名


佐嘉田敏雄
池田政治


馬場正毅
岩本利雄


北川辰夫
中野良雄


田口 昇
浅田幸夫


田中隆一
中里 悟


山崎善仁
井田利定


渋江一文
杉本秀伸


森口昭徳
永田良一


杉澤泰彦
浅田直幸


志賀正剛
岸浦秀次


原口龍彦
浅本和夫


川岡純英
田川正毅


堀川政徳
 



       平成19年第2回西海市議会定例会議案付託表



付託常任委員会
議案番号
件名


厚生
議案第54号
西海市安全・安心まちづくり推進条例の制定について


総務文教
議案第55号
西海市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例及び西海市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の制定について


厚生
議案第56号
西海市有墓地利用条例の一部を改正する条例の制定について


産業建設
議案第57号
西海市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について


産業建設
議案第58号
あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について


厚生
議案第60号
平成19年度西海市老人保健特別会計補正予算(第1号)


産業建設
議案第61号
平成19年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第1号)


総務文教
議案第62号
西海市出張所設置条例の一部を改正する条例の制定について


産業建設
議案第63号
工事請負契約の締結について(瀬戸浄化センター建築工事)


総務文教
議案第64号
動産の取得について(SAN導入事業)



                         平成19年6月22日

西海市議会議長 佐々木義信様

                 総務文教常任委員長 岩本利雄

             委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第55号
西海市特別職の職員で常勤のものの給与に関する条例及び西海市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第62号
西海市出張所設置条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第64号
動産の取得について(SAN導入事業)
原案可決



                         平成19年6月22日

西海市議会議長 佐々木義信様

                産業建設常任委員長 北川辰夫

             委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第57号
西海市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第58号
あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について
原案可決


議案第61号
平成19年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
原案可決


議案第63号
工事請負契約の締結について(瀬戸浄化センター建築工事)
原案可決



                         平成19年6月22日

西海市議会議長 佐々木義信様

                   厚生常任委員長 山崎善仁

             委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第54号
西海市安全・安心まちづくり推進条例の制定について
原案可決


議案第56号
西海市有墓地利用条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第60号
平成19年度西海市老人保健特別会計補正予算(第1号)
原案可決



                         平成19年6月22日

西海市議会議長 佐々木義信様

                 予算審査特別委員長 佐嘉田敏雄

             委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第59号
平成19年度西海市一般会計補正予算(第1号)
原案可決



発議第4号

                         平成19年6月25日

西海市議会議長 佐々木義信様

                提出者 西海市議会議員 岩本利雄

                賛成者 西海市議会議員 北川辰夫

                賛成者 西海市議会議員 山崎善仁

       あらゆる暴力行為の根絶と追放に関する決議

 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      あらゆる暴力行為の根絶と追放に関する決議(案)

 平成19年4月17日、長崎県市長会前会長である故伊藤一長・前長崎市長が暴力団員により銃撃、殺害されるという凶暴極まりない事件が発生した。

 故伊藤氏が長崎市長を務めた3期12年間における長崎市政の発展は言うに及ばず、長崎県市長会の牽引役として、平成8年4月からおよそ11年間の永きにわたり地方自治の興隆等に尽力された功績には計り知れないものがある。

 民主主義と地方自治の原点である選挙期間中に起こった今回の暴挙は、卑劣極まりない暴力行為であり、断じて許されるものではない。

 よって、西海市議会は、警察をはじめとする関係機関に、このような不幸な事件が繰り返されぬよう、徹底した捜査と取り締まり、再発防止に取り組まれることを強く要望するとともに、市民が安全に、かつ、安心して暮らすことができる社会を実現するため、理不尽な暴力、威圧的行為、違法又は不法な不当要求行為といった「行政対象暴力」など、あらゆる暴力行為の根絶と追放について決意をもって臨むことをここに表明する。

 以上、決議する。

 平成  年  月日

                              西海市議会

発議第5号

                         平成19年6月20日

西海市議会議長 佐々木義信様

                提出者 西海市議会議員 浅田幸夫

                賛成者 西海市議会議員 田口 昇

                賛成者 西海市議会議員 中野良雄

                賛成者 西海市議会議員 堀川政徳

       住民訴訟に対する控訴の取り下げを求める決議

 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     住民訴訟に対する控訴の取り下げを求める決議(案)

 この事件は、平成18年3月6日西海市監査委員が、損害賠償請求の手続きを西海市長に勧告した。西海市長はこの勧告を受け入れず、平成18年5月31日西海市監査委員に勧告に応じない旨通知し、西海市監査委員は原告らに対して、このことを通知した。

 この時点で西海市長が勧告を受け入れ、損害賠償請求の手続きをとっておれば、原告らの訴訟は無かったものと解する。

 一審判決は「旧大島町の内規による臨時職員退職慰労金の支出は違法と言うべきであり、これは地方公務員法及び地方自治法に違反することは明らかである」としている。

 いかなる理由があったにせよ、法を遵守するという、地方公共団体の本質が問われており、妥当な判決である。第一審で敗訴した時点で判決を受け入れるべきであり、裁判費用など無駄な公費を使うことには市民の理解も得られない。

 以上のことから、住民訴訟(長崎地方裁判所平成18年(行ウ)第9号損害賠償請求履行請求事件)に対する、平成19年5月7日の控訴は取り下げるべきである。

 以上、決議する。

 平成  年  月日

                              西海市議会

発議第6号

                         平成19年6月25日

西海市議会議長 佐々木義信様

                提出者 西海市議会議員 岩本利雄

                賛成者 西海市議会議員 田川正毅

                賛成者 西海市議会議員 池田政治

   教育予算の充実、次期教職員定数改善と未来を担う子どもたちの教育を守る義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書

 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   教育予算の充実、次期教職員定数改善と未来を担う子どもたちの教育を守る義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書(案)

 義務教育は、憲法の「教育の機会均等」と「義務教育無償の原則」に基づいて、子どもたち一人ひとりに国民として必要な基礎的資質を培い、日本の未来を担う子どもたちを心豊かに育てる使命を負っている。豊かな教育の保障は国の社会基盤形成の根幹となり、義務教育の全国水準の維持向上や機会均等の確保は国の責務でもある。

 しかし、義務教育費国庫負担制度は、堅持されたものの、平成18年度から義務教育費の負担率が2分の1から3分の1に下げられ、文部科学省の一般会計予算も前年度比マイナス10.5パーセントになった。また、県市町が教育施策を進めるために不可欠な地方交付税交付金も削減された。県市町ともに財政の厳しい中、全国的な教育水準の確保や地方財政をこれ以上圧迫させないためには、国の義務教育の負担率を2分の1に復元すべきである。

 加えて、社会の変化とともに子どもたち一人ひとりを取り巻く環境も変化して、教育諸課題や子どもの安全確保等の課題が山積している。子どもたちの健全育成をめざす豊かな教育を実現させるためには、子どもたちの教育環境の整備を一層進める必要がある。また、教育における地方分権は時代の重要な要請であり、地方において地域の実情に応じた多様な教育が可能となるよう、きめ細かな取り組みが一層必要になる。

 教育予算は未来への先行投資であり、子どもたちに最善の教育環境を提供して行くことは社会的な使命である。

 よって、国においては、次の事項について実現されるよう強く要望する。

                 記

1.義務制第8次・高校第7次教職員定数改善を進め、学校現場に必要な教職員の人員・人材を確保すること。

2.義務教育費国庫負担制度については、国の負担率を2分の1に復元することを含め、制度を堅持すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成   年   月日

                           長崎県西海市議会

           閉会中継続審査申出一覧表



委員会名
事件


厚生常任委員会
後期高齢者医療制度の保健事業にはり・きゅう・マッサージの導入を求める要望書



           閉会中継続調査申出一覧表



委員会名
事件


議会運営委員会
(1)議長の諮問にかかる次の議会(定例会までの間の臨時会を含む)の会期、会期日程等議会運営の基本に関する事項
(2)(1)以外の議長の諮問にかかる事項
(3)議会運営に関する事項について


総務文教常任委員会
(1)財政の充実・強化について
(2)入札制度について
(3)教育委員会所管の施設について


産業建設常任委員会
(1)佐世保港横瀬地区埋立地の利用計画について
(2)下水処理施設の整備計画について
(3)松島、崎戸地区のボタ流出対策について
(4)第三セクターに対する出資・貸付金の実態について


厚生常任委員会
(1)可燃物ごみ処理施設計画について
(2)市立病院の経営改善状況について



             議員派遣について

長崎県市議会議員研修会

  (1) 目的    研修及び講演会

  (2) 派遣場所  諌早市「諌早観光ホテル 道具屋」

  (3) 期間    平成19年8月1日(水)

  (4) 派遣議員  議員全員