議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成18年  9月 定例会(第3回) 09月14日−01号




平成18年  9月 定例会(第3回) − 09月14日−01号







平成18年  9月 定例会(第3回)



     平成18年第3回西海市議会定例会議事日程(第1号)

                  平成18年9月14日(木)午前10時開会

開会宣言

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期決定について

日程第3 諸報告

   (1) 諸般の報告

   (2) 行政報告

   (日程第4 報告第8号から日程第8 報告第12号まで)

日程第4 報告第8号 財団法人西海市崎戸振興公社平成18事業年度事業計画及び予算並びに平成17事業年度決算報告について

日程第5 報告第9号 生き活き咲き都株式会社平成18事業年度事業計画及び予算並びに平成17事業年度決算報告について

日程第6 報告第10号 株式会社大島町中央商店街振興公社平成18事業年度事業計画及び予算並びに平成17事業年度決算報告について

日程第7 報告第11号 財団法人西海市農業振興公社平成18事業年度事業計画及び予算並びに平成17事業年度決算報告について

日程第8 報告第12号 平成17事業年度長崎県市町村土地開発公社決算報告書について

   (日程第9 議案第176号から日程第25 議案第192号まで)

日程第9 議案第176号 西海市長等の給与の特例に関する条例の制定について

日程第10 議案第177号 西海市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

日程第11 議案第178号 西海市バイオマス総合利活用推進協議会条例の制定について

日程第12 議案第179号 西海市環境保全型農業推進協議会条例の制定について

日程第13 議案第180号 西海市大島離島開発総合センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第14 議案第181号 公有水面埋立免許に係る埋立地の用途変更について

日程第15 議案第182号 公有水面埋立免許に係る埋立地の用途変更について

日程第16 議案第183号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について

日程第17 議案第184号 平成18年度西海市一般会計補正予算(第4号)

日程第18 議案第185号 平成18年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

日程第19 議案第186号 平成18年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

日程第20 議案第187号 平成18年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

日程第21 議案第188号 平成18年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第1号)

日程第22 議案第189号 平成18年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計補正予算(第2号)

日程第23 議案第190号 平成18年度西海市水道事業会計補正予算(第2号)

日程第24 議案第191号 西海市基本構想の策定について

日程第25 議案第192号 西海市障害福祉計画策定委員会設置条例の制定について

   (日程第26 議案第193号から日程第27 議案第194号まで)

日程第26 議案第193号 ホテル咲き都の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第27 議案第194号 西海市崎戸RV村宿泊施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

   (日程第28 議案第195号から日程第40 議案第207号まで)

日程第28 議案第195号 平成17年度西海市一般会計決算認定について

日程第29 議案第196号 平成17年度西海市国民健康保険特別会計決算認定について

日程第30 議案第197号 平成17年度西海市簡易水道事業特別会計決算認定について

日程第31 議案第198号 平成17年度西海市老人保健特別会計決算認定について

日程第32 議案第199号 平成17年度西海市下水道事業特別会計決算認定について

日程第33 議案第200号 平成17年度西海市宅地開発事業特別会計決算認定について

日程第34 議案第201号 平成17年度西海市交通船特別会計決算認定について

日程第35 議案第202号 平成17年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計決算認定について

日程第36 議案第203号 平成17年度西海市水道事業会計決算認定について

日程第37 議案第204号 平成17年度西海市工業用水道事業会計決算認定について

日程第38 議案第205号 平成17年度西海市立病院事業会計決算認定について

日程第39 議案第206号 平成17年度長崎県市町村議会議員公務災害補償等組合歳入歳出決算認定について

日程第40 議案第207号 西海市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

        平成18年第3回西海市議会定例会会議録

                              (第1号)

招集年月日    平成18年9月14日

招集の場所    西海市議会議場

開会(開議)   9月14日 午前10時0分宣告(第1日)

応(不応)招議員及び出席並びに欠席議員

(凡例) ◯ 出席 ▲ 欠席 × 不応招 ▲◯ 公務欠席

     1 堀川政徳   ◯     14 井田利定   ◯

     2 田川正毅   ◯     15 山崎善仁   ◯

     3 川岡純英   ◯     16 中里 悟   ◯

     4 浅本和夫   ◯     17 田中隆一   ◯

     5 原口龍彦   ◯     18 浅田幸夫   ◯

     6 岸浦秀次   ◯     19 田口 昇   ◯

     7 志賀正剛   ◯     20 中野良雄   ◯

     8 浅田直幸   ◯     21 北川辰夫   ◯

     9 杉澤泰彦   ◯     22 岩本利雄   ◯

     10 永田良一   ◯     23 馬場正毅   ◯

     11 森口昭徳   ◯     24 池田政治   ◯

     12 杉本秀伸   ◯     25 佐嘉田敏雄  ◯

     13 渋江一文   ◯     26 佐々木義信  ◯

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長          山下純一郎  西彼総合支所長     田中福次

  助役          藤原敬一   西海総合支所長     中田敏幸

  収入役         岩崎源生   大島総合支所長     磯田和司

  総務部長        橋口壽美夫  崎戸総合支所長     中浦久幸

  企画振興部長      葉山千年   大瀬戸総合支所長    川添 昇

  保健福祉部長      平野直幸   総務課長        繁山 均

  産業振興部長      竹口一幸   財政管理課長      木山勝己

  建設部長        代田末継   教育長         佐古寶松

  水道部長        西尾繁信   教育次長        林 俊範

  再建担当部長      山口重俊   監査委員        山口 勇

職務のため出席した者の職氏名

  事務局長        大浦正明   書記          松山 靖

     午前10時0分 開会



○議長(佐々木義信) 

 みなさん、おはようございます。

 ただ今から平成18年第3回西海市議会定例会を開会します。

 ただ今の出席議員は26名です。

 これから、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(佐々木義信) 

 日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定によって、14番、井田利定議員及び15番、山崎善仁議員を指名します。



△日程第2 会期決定



○議長(佐々木義信) 

 日程第2.会期決定についてを議題にします。

 お諮りします。

 本定例会の会期は、本日9月14日から10月3日までの20日間にしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日9月14日から10月3日までの20日間に決定しました。

 なお、会期中の日程は、お手元に配布のとおりでありますので御了承願います。



△日程第3 諸報告



○議長(佐々木義信) 

 日程第3.諸報告を行います。

 「集配局の廃止再編計画に反対する意見書」採択に関する陳情書並びに、じん肺根絶を国に求める意見書の提出に関する陳情書については、それぞれ所管の常任委員会に付託し、大瀬戸地区における幼稚園存続に関する要望書については、所管の常任委員会に諮問しましたので報告します。

 議長としての報告事項は、印刷してお手元に配布しているとおりです。

 会議の内容等についての説明は省略させていただきます。

 なお、詳細については、資料を事務局に備えておりますので、御覧いただきたいと思います。

 これについて、質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 これで質疑を終わります。

 次に、常任委員会から閉会中の継続調査の事件について、報告があっております。

 報告書については、お手元に配布のとおりです。

 次に、西彼杵広域連合議会及び佐世保地域広域市町村圏組合議会議員から報告があっております。

 報告書については、お手元に配布のとおりです。

 次に、監査委員から例月出納検査結果の報告があっております。

 報告書については、お手元に配布のとおりです。

 次に、市長から行政報告の申し出があっておりますので、これを許します。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 本日、平成18年第3回西海市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様におかれましては、御健勝にて御出席を賜り厚くお礼申し上げます。

 本日は、報告5件、一般議案32件、計37件の議案等を上程させていただいておりますので、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

 それでは平成18年第2回定例会以降の行政の諸報告を申し上げます。

 まず、総務部関連では、旧大島町臨時職員への退職慰労金支給に関し出されておりました住民監査請求について、去る5月31日に、監査委員の勧告にある損害賠償請求の措置を行わないことと決定し、通知したところですが、それに対し、6月26日に請求人から損害賠償請求履行を求める住民訴訟が提起され、7月3日に小職宛訴状が送達されました。なお、8月22日に第1回の口頭弁論が開かれております。

 8月30日には、旧西彼町において支出された遊湯館温泉排水浄化装置設置工事費に関し出されておりました住民監査請求に対し、去る7月14日に監査委員からなされた勧告を受け、来る10月31日を期限として、施工に関する事実確認を行うとともに、当初設計どおりの設備の能力を確保するための措置を施工業者に求め、その履行いかんにより、当該施工業者に対し損害賠償請求の措置を行うこと、及び当初設計の経済的合理性を検証し、そこに過剰に支払った額があると判断される場合は、併せて損害賠償の請求を行うこととして、監査委員に通知いたしました。

 また、同日、旧西彼町漁協による水産関係事業補助金不正受給問題で、本市の現役職員や退職職員を含む5名の関係者が逮捕されました。

 本件は、今年2月24日、本市において前西彼町漁協組合長を詐欺罪で告訴し、西彼町漁協においても同3月6日同じく前組合長を告訴していたものです。この事件で、西海市の職員が関与し逮捕される事態に至ったことに大変困惑しております。この場をお借りしまして、議員各位をはじめ、住民の皆様に改めてお詫びを申し上げます。

 次に、消防関係ですが、西海市消防団は、市民の生命財産を火災等の災害から守るため、団長を中心に防災訓練に励んでいるところであり、6月には、各方面団で、消防の基礎となる礼式、ポンプ操作、救急救命訓練を行い、団員の意識、技術の向上を図り、消防団の強化に努めています。

 また、8月6日には、長崎県消防ポンプ操法大会に、西海市消防団の代表として、西海方面団第9分団が出場しましたが、本年2月から、佐世保市東消防署西彼出張所の指導を受けながら、約半年間にわたり厳しい訓練を行い大会に臨みました。結果は、日頃の訓練の成果を発揮したものの、残念ながら上位入賞を果たすことはできませんでした。火災の発生状況につきましては、6月から8月まで1件の火災が発生しておりますが、発見、通報が早かったことと、常備消防と消防団の迅速な対応により大火には至りませんでした。今後も防火活動に一層努めてまいります。また、本年度第1回防災会議を6月27日に開催し、昨年度作成した地域防災計画書について御審議いただき、市行政機構改革に伴う計画書の一部変更を行いました。

 次に、本年3月に大綱及び集中改革プランを策定しました行政改革につきまして、指定管理者制度の導入や職員数の削減など、可能な施策から順次実行に移すとともに、今後4年度間における具体的な取組内容の策定を行っております。特に、事務事業及び補助金につきましては、庁内のプロジェクトチームにより調査研究を行い、その報告を基に指針を策定し、見直し作業を進めている最中であります。また、組織機構・定員管理につきましても、同プロジェクトチームにおいて、調査研究を重ねております。

 これら行政改革の具体的な取組み内容につきましては、今年度中に取りまとめをおこない、改革の着実な進捗を図ってまいります。また、行政改革の大きな推進施策の一つであります行政評価制度につきましては、本議会に提出いたしております、平成18年度補正予算案第4号にかかる新規事業より導入いたしており、今後とも制度の改良を図りながら、新規事業を中心に実施してまいる予定です。

 続いて、企画振興部関連では、合併前の旧大島町が姉妹町締結をしていた北海道広尾町と、改めて西海市として姉妹市町提携を行うこととし、その調印式を7月10日に広尾町で行いました。今後も観光、青少年等の人的交流や、お互いの農水産品等の物流など、新たな交流を促進させ、地域活性化を図ってまいります。

 保健福祉部関連では、まず、保健関係で、7月25日第1回医療検討委員会を開催し、公立医療機関のあり方について諮問を行いました。また、平成20年度から75歳以上の後期高齢者を対象とした、新たな高齢者医療制度が創設されることに伴い、都道府県単位をくくりとして、全市町村が加入する広域連合を設立し、制度運営を行うこととなっております。このため、長崎県では7月に広域連合設立準備委員会を設置し、県及び市町から職員が派遣され、広域連合設立に向け準備が進められているところであります。広域連合設立時期は平成19年1月を目途に進行し、本市においては、来る12月議会に関係議案の上程を予定いたしております。

 福祉関係では、今年度も各地区等において敬老の日を中心に敬老会が開催されます。

 西海市における9月1日現在の65歳以上の高齢者数は、1万196人で、高齢化率30.1パーセントとなっています。なお、西海市における満100歳以上の人は、9月1日現在17名で、男子2人、女子15人となっております。

 また、障害福祉においては、10月1日の障害者自立支援法の施行に向けて準備を進めています。

 長寿介護課関係では、先の第2回定例会において御審議いただきました西彼杵広域連合の解散について、平成18年8月9日付けで県知事より解散許可の通知がなされました。市では、西彼杵広域連合からの円滑な事務承継に向け、広域連合を含め構成団体との協議を進め、また平成19年4月からの介護保険事業単独実施に向け、西海市第3期介護保険事業計画策定事務に着手したところです。

 環境衛生課関係では、7月に大量の漂流木が西海市の沿岸にも漂着し、翌月にかけて、漁協において回収作業が行われましたが、新たな流木の回収作業として、9月7日に西海大崎漁協崎戸支所において、崎戸地区の海岸に漂着した流木約300本を回収いたしております。その処理につきましては、去る8月25日に御議決をいただいた補正予算に基づき、再資源化を目的として、10月から実施する予定で準備を進めております。

 また、運搬が困難な場所の流木については、県の通知に基づき、管理者責任のもと野外焼却を実施することとしております。

 続いて、産業振興部関連ですが、商工観光関係で、7月22日と23日に長崎さるく博を記念して「全国ペーロン選手権大会」が長崎港で行われ、西海市から3チームが出場しました。中学校対抗レースの部に「大瀬戸中学校」、一般対抗レースの部に市の大会で優勝した雪浦チームを主体とした「おおせとチーム」が挑み、健闘したものの惜しくも決勝進出はなりませんでしたが、職域対抗レースに出場したJ−POWERグループは決勝レースで5位の成績を収めました。

 工事等発注状況は、次のとおりです。

 ・平島漁港地域水産物供給基盤整備工事

    落札額  7909万7550円

    落札業者 (株)西海興業亀岳支店

 ・丸田漁港海岸保全施設整備工事

    落札額  3772万3350円

    落札業者 須田建設工業(株)

 ・平島漁港地域水産物供給基盤整備工事(その2)

    落札額  1億5120万円

    落札業者 大島・黒瀬建設工事共同企業体

 ・西海市アンテナショップ改修工事

    落札額  268万8000円

    落札業者 吉田建設 

 農林振興関係では、7月28日西彼農村環境改善センターにおいて、西彼町管内認定農業者及び農業関係各部会の皆様39名の参集をいただき、かねてより懸案でありました西海市西彼町認定農業者協議会の設立総会が開催されました。今後は、西海町及び大瀬戸町認定農業者協議会による西海市認定農業者連絡協議会設立にむけ、長崎農業改良普及センターの御指導をいただきながら、年内には発会できるよう努力してまいります。

 8月17日には、同じく西彼農村環境改善センターにおいて、長崎県農政課の小寺鳥獣害対策専門員を招いて、鳥獣被害対策研修会を開催しました。イノシシに対する電気柵の効率的設置方法やイノシシの習性について専門員の研究、経験に基づいた講話がなされ、約60名の参加がありました。今後は他の地区においても要望があれば開催する予定でいます。

 また、6月24日から25日の豪雨により、西彼町で1件、西海町で3件、大瀬戸町で2件の計6件の農地災害が発生しています。被害額については、約800万円となります。林道についても1件の災害が発生していまして、被害額は約390万円でございます。

 林道災害につきましては、8月28日に査定を終えていますが、農地災害につきましては、10月18日受検の予定であります。

 続いて、建設部関連では、6月議会後の土木管理班の主な業務としては、市道及び市管理河川の占用申請受付、現地立会い、許可書の発行を行っております。長崎県より委託を受けております国道206号道路緑化維持管理工事として、植木の剪定及び草切り等を発注いたしております。

 住宅管理班の主な業務としては、市営住宅使用料の納付書作成、発行、徴収入居者の家賃滞納徴収督促状発送を行なっております。

 市営住宅駐車場補修工事は、7月に完成し8月から駐車場使用料を徴収いたしております。

 市営住宅入居者募集24戸を7月10日から8月1日まで募集を行い、8月8日に抽選会を開催し、入居者が決定いたしております。

 建設課関係では、4月9日から12日までの大雨により被災した市道中郷北線外4路線の災害査定が8月1日・2日の両日に実施されております。

 また、6月22日から7月5日までの大雨によりまして市道8か所の路肩等が崩れ、被害総額1200万円の災害を受けております。そのうち補助対象となる4か所についての災害査定が9月下旬に実施される予定になっております。

 平成17年度分の繰り越し6事業のうち5事業が完成し1事業のみ施工中でありますが順調に進捗いたしております。また、平成18年度事業につきまして、これまでに発注いたしました箇所は順調に進捗いたしております。

 残りの本年度工事等につきましても、早期発注できるよう努力いたします。

 続いて、教育委員会関連については、次のとおりです。

 6月3日・4日、西海市中学校総合体育大会(球技)が市内各中学校を会場として開催された。また、6月22日には、西海市中学校総合体育大会(陸上)が大瀬戸総合運動公園で開催されました。

 7月、第1週を中心とした期間では、長崎っ子の心を見つめる教育週間が市内全26の小・中学校で行われ、保護者や地域の方々が自由に学校を訪れ、授業参観をしたり児童生徒とふれあい、交流を深めました。地域で育つ、地域の子どもたちとしての児童生徒に関心をもってもらう良い機会となりました。

 7月26日、市議会6月定例会で、市内社会教育施設及び社会体育施設の使用料の統一に関する議案が可決されたことを受け、教育委員会で減免規程等について協議を行いました。

 7月29日・31日、長崎県中学校総合体育大会に西海市の中学生294名が参加し、県下の中学生とともに元気に競技に臨みました。入賞につきましては、バドミントン女子3位、ソフトボール女子3位、個人戦ではバドミントン女子が3位となり九州大会出場という成績をあげております。

 7月26日より8月28日まで西海市の教職員の資質向上のため、夏季研修会が8回に分けて行われました。

 8月7日、崎戸学校給食共同調理場の閉鎖に伴う大島学校給食共同調理場の工事が開始されました。9月末完成予定で、完成後は崎戸町・大島町分を合わせて調理する共同調理場となる予定です。

 8月22日、市職員を対象として、西海市職員文化財研修会を開催した。

 8月23日・25日、西海市内中学生の英語力の向上を目的として、西彼青年の家を会場に「中学2年生のための英語合宿」を開催した。

 最後に、水道部関連では、簡易水道事業において、国庫補助事業による西彼北部簡易水道改良事業の工事5件、大瀬戸多以良地区簡易水道改良事業の工事1件、県営農道工事に伴う大瀬戸江切地区配水管布設替事業1件の発注をいたしました。

 上水道事業においては、大島馬込地区コミプラ整備事業に伴う配水管布設替事業について、下水道整備事業の進捗状況に併せて発注する予定としております。また、その他の配水管布設替事業につきましても、安心、安全、安定の水道行政を念頭に早期発注を心がけ、老朽施設の整備並びに将来計画を推進して参ります。

 下水道事業においては、平成17年度繰越事業の大串浄化センター1期工事、大串処理区管渠施設38工区工事、瀬戸浄化センター1期工事、大島の漁業集落環境整備事業においては、本年8月をもって工事はすべて完了いたしました。

 本年度工事につきましても、すでに発注した瀬戸浄化センター2期建設工事、大串浄化センター2期建設工事、馬込地区下水処理施設土木・建築工事及び機械・電気工事につきましては、天気にも恵まれ順調な進捗状況にあります。

 また、それぞれの地区の管渠施設工事につきましても、今月中の発注予定で、現在作業を進めているところであります。

 市町村型合併浄化槽につきましても、平成18年8月末日現在で48件を受け付けており、申請者の設置希望時期に合わせて発注・施工を行っております。

 以上、平成18年第2回定例会以降の事務事業の状況の報告を申し上げました。

 厳しい財政事情のもとではありますが、今後とも市民の皆さんの声にしっかり耳を傾けながら、引き続き西海市のまちづくりに取り組んでまいります。

 ここに議員各位を始め、市民の皆様の御理解と御支援を心からお願い申し上げまして、行政報告とさせていただきます。



○議長(佐々木義信) 

 以上で諸報告を終わります。



△日程第4 報告第8号から日程第8 報告第12号まで



○議長(佐々木義信) 

 日程第4.報告第8号から日程第8.報告第12号までを一括議題とします。

 説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 本議会に提出いたしました報告案件及び議案について、提案理由とその主旨を御説明申し上げます。

 はじめに、報告第8号から報告第12号までの5件について御説明いたします。

 まず、報告第8号から報告第11号は、地方自治法第243条の3第2項の規定により、財団法人西海市崎戸振興公社、生き活き咲き都株式会社、株式会社大島町中央商店街振興公社及び財団法人西海市農業振興公社の平成18事業年度計画及び予算に関する書類並びに平成17年度事業決算について、別紙のとおり報告するものです。

 報告第12号は、長崎県市町村土地開発公社から平成17事業年度収支予算の報告を受けたので、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき報告するものです。



○議長(佐々木義信) 

 以上で説明が終わりました。

 補足説明がありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 以上で報告第8号から報告第12号は報告済みとします。



△日程第9 議案第176号から日程第25 議案第192号まで



○議長(佐々木義信) 

 次に日程第9.議案第176号から日程第25.議案第192号までを一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 続いて、議案第176号から議案第192号までについて御説明いたします。

 まず、議案第176号は、西海市の財政状況に鑑み、市長等4役の給与を減額する条例の制定を行うもので、内容は、市長は給与の10パーセント、助役・収入役・教育長の給与の5パーセントをそれぞれ減額するものです。

 議案第177号は、健康保険法等の一部改正により平成18年10月から70歳以上の被保険者の自己負担割合の変更及び出産育児一時金の支給額の引き上げに伴い、国保条例の一部を改正するものです。

 議案第178号は、平成17年度に策定した西海市バイオマスタウン構想に基づき、本年度、具体的実施計画を策定するため、西海市バイオマス総合利活用推進協議会を設置することとし、そのための条例整備を行うものです。

 議案第179号は、西海市における環境保全型農業の確立及び環境汚染の防止並びに堆厩肥の有効利用を図るとともに、地域の実情に応じた持続性の高い農業生産方式について検討、推進するための機関として西海市環境保全型農業推進協議会を設置することとし、そのための条例整備を行うものです。

 議案第180号は、市内公民館や公民館類似施設全16施設ついて、本年10月1日より、休館日、開館時間、使用料の減免規程等、全施設統一した内容に改めたことに伴い、大島離島開発総合センターについても、同様の取扱いを行うための条例の一部改正を行うものです。

 議案第181号の公有水面埋立免許に係る埋立地の用途変更は、平成10年西海町議会議案第45号で議決を受けた佐世保市が行う埋め立てに関するものでありますが、今回、横瀬港ターミナル施設を建設するにあたり、埋立地の用途変更を行う必要があるため、佐世保市へ異議ない旨答申いたしたく、公有水面埋立法第13条ノ2第2項により準用される同法第3条第4項の規定により議会の議決を求めるものです。

 議案第182号の公有水面埋立免許に係る埋立地の用途変更は、平成10年西海町議会議案第46号で議決を受けた佐世保市が行う埋め立てに関するものでありますが、今回、横瀬港ターミナル施設を建設するにあたり、埋立地の用途変更を行う必要があるため、佐世保市へ異議ない旨答申いたしたく、公有水面埋立法第13条ノ2第2項により準用される同法第3条第4項の規定により、議会の議決を求めるものです。

 議案第183号は、西海市西海町黒口郷において、公有水面埋立てによりあらたに土地が生じ、字の区域の変更を要することになったので、地方自治法第9条の5第1項及び同法第260条第1項の規定により、議会の議決を求めるものです。

 議案第184号は、平成18年度西海市一般会計補正予算第4号で、今回の補正は、既存の予算に7億6666万円を追加し、歳入歳出予算の総額を194億6080万8000円といたしております。補正の主な内容は、リサイクル推進事業、道路橋梁維持費、道路新設改良費、災害復旧事業、下水道事業特別会計への繰出金を計上いたしております。これに伴う財源といたしましては、国・県支出金、市債などを充当いたしております。

 議案第185号は、西海市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)で、国保事業勘定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億6757万7000円を追加し、補正後の予算総額を41億4210万5000円としております。補正の主な内容は、国保法改正に伴い、本年10月から実施される保険財政共同安定化事業の保険者拠出金として2億7160万2000円を歳出に計上し、歳入には同事業に対する交付金を同額計上しております。更には17年度医療費実績による国庫負担金・交付金等の精算交付、剰余金の基金積立金を計上しております。

 直診勘定では、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1224万2000円を追加し、補正後の予算総額を2億6472万3000円としております。補正の主な内容は、退職、異動に伴う医師等の報酬の増額及び医療用機器等の購入費等で、歳出増額分の財源として一般会計からの繰入金及び過疎債を予定しております。

 議案第186号は、平成18年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算第2号で、982万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ11億1873万円といたしております。補正の主な内容は、西彼八木原地区大石送配水施設整備事業、石綿セメント管撤去事業、未給水地域解消事業(西彼八木原郷皆割石地区)の新規事業費を計上いたしております。なお、これに伴う財源は、繰越金により調整いたしております。

 議案第187号は、平成18年度西海市下水道事業特別会計補正予算第2号で、888万6000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ21億2441万3000円といたしております。補正の主な内容は、農業集落排水施設や漁業集落排水施設及びコミプラ施設の維持管理・補修等に伴う事業費の増額並びに馬込地区コミプラ事業の工事請負費の減額等を計上いたしております。なお、これに伴う財源は、国庫支出金、繰入・繰越金及び市債等により調整いたしております。

 議案第188号は、平成18年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第1号)で、今回の補正は、743万円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1889万4000円といたしております。補正の内容は、パールタウンせいひ宅地販売収入見込増加による歳入及び合併浄化槽設置補助金に伴う歳出の増額補正を行うものです。なお、これに伴う剰余金は、繰出金により調整いたしております。

 議案第189号は、平成18年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計補正予算第2号で、今回の補正は、1079万1000円を追加し、補正後歳入歳出の予算総額を2億2249万3000円といたしております。補正の主な内容は、平成17年度決算額の確定により剰余金が出ましたので、繰越金1057万1000円を計上しました。また、歳出では、施設の老朽による空調機更新工事費144万5000円及び財政調整基金への積立金を計上いたしました。なお、これに伴い、予算計上しておりました財政調整基金積立金からの繰入金を増額し調整いたしております。

 議案第190号は、平成18年度西海市水道事業会計補正予算第2号で、今回の補正は、資本的収入及び支出についてであります。はじめに、資本的収入につきまして、建設改良費の財源として企業債及び負担金の増額補正1659万4000円を予定しており、補正後の資本的収入総額は、1億102万9000円を見込んでおります。次に、資本的支出についてであります。建設改良費において、水道施設整備費の増額見込みであり、増額補正1582万4000円を予定しており、補正後の資本的支出総額は、1億9060万4000円を見込んでおります。なお、今回の補正による資本的収支の不足額8957万5000円につきましては、損益勘定留保資金より補てんを行い、収支の均衡を図る予定であります。

 次に、議案第191号の西海市基本構想の策定については、本市が平成17年4月1日、西彼北部地域5町の合併により誕生し、西海市の今後10年間のまちづくりの方向を定める必要があることから、今年1月に基本構想、基本計画を包含した西海市総合計画を調査審議する西海市総合計画審議会を条例に基づき設置をいたしました。総合計画審議会におきましては、本市の課題、人口等の推移、産業経済状況などを踏まえ、取り組むべき政策などについて熱心な御議論をいただき、各地域審議会での御意見等も踏まえて、4月19日には総合計画の基本構想の部分について答申をいただきました。市といたしましては、市内13会場で市政懇談会を開催し、この答申内容に基づいて、現在の市が抱える課題、財政状況やこれからのまちづくりの考え方について御説明し、多くの御意見を賜り、内容を検討の上、必要に応じて今回御提案する基本構想の最終案にも反映させているところであります。また、この基本構想に掲げる将来像を達成するために、まちづくりの具体化ということで、各分野毎の施策体系や具体的な施策内容を明示する基本計画につきましても、同様に各地域審議会での御意見も賜り、去る8月25日付けで総合計画審議会から答申をいただき、最終的な調整を行いました。今回の総合計画案は、先ず序章、策定にあたってということで、計画策定の意義と西海市の特性や課題、第1章・西海市基本構想、第2章・西海市基本計画の構成となっており、合併後の新しい時代環境に対応する西海市のいろんな行財政運営における最上位に位置づけられるものであります。御審議いただく基本構想では、多くの西海市民が守り育てたい豊かな自然環境と、暖かい人情に包まれた故里の素晴らしさをいつまでも大切にしながら、豊かな心を育み、愛着と誇りを持ち、安心して快適に暮らし、いつまでも働くことができる元気な産業が発展するまちづくりを里づくりと位置づけ、将来像に健康の里さいかいを標榜しております。これは健康が福祉の充実、産業の発展をもたらし、住民1人ひとりが郷土に誇りと愛着を持ち、活力に満ちて暮らせることが、地域発展の原動力でもあるという考えからであり、健康な人、健康な自然、そして健康な産業。この3つの健康が実感できる里づくりを目指すということで、西海市は、豊かな自然に感謝しながら、市民1人ひとりの参画を基本に、夢と希望と活力に満ちた力強い未来を創造していこうというものであります。そして将来像を実現するため、第1に暮らす・地域資源を活かした住みたくなる里づくり、2番目に働く・いつまでも働ける元気な産業が息づく里づくり、3番目に学ぶ・生きがいと未来を創造する教育の里づくり、そして最後に安心する・安心して産み育て、豊かに暮らせる里づくりの4つの基本目標を掲げており、これらがつながりを持つことにより、あらゆる施策が有機的に連携し、新しい付加価値や効果を生み出すような里づくりを展開して参りたいと考えております。以上、基本構想についての概要の説明を終わります。

 議案第192号は、障害者自立支援法第88条の規定に基づく西海市障害福祉計画の策定にあたり、福祉、保健、医療の関係者及び学識経験者の意見を聴き、本年度中に平成18年度から平成20年度までの第1期にかかる計画を策定するため、西海市障害福祉計画策定委員会を設置するものです。



○議長(佐々木義信) 

 以上で議案第176号から議案第192号の提案理由の説明が終わりました。

 補足説明ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 ここで地方自治法第117条の規定によって、7番、志賀正剛議員及び8番、浅田直幸議員の両名の退場を求めます。

     〔退場〕



△日程第26 議案第193号から日程第27 議案第194号まで



○議長(佐々木義信) 

 次に日程第26.議案第193号から日程第27.議案第194号までを一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 議案第193号のホテル咲き都の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、ホテル咲き都は、去る7月1日から指定管理者による営業を行っているところですが、幅広い営業活動を行うため、宿泊や会場の利用料金の見直しを行うものです。

 議案第194号の西海市RV村宿泊施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、RV村宿泊施設においても、同様に7月1日から指定管理者による管理を行っているところですが、民間会社の視点に立った利用料金の改定を行うものです。



○議長(佐々木義信) 

 以上で議案第193号から議案第194号の提案理由の説明が終わりました。

 補足説明ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 ここで7番、志賀正剛議員及び8番、浅田直幸議員の退場を解きます。

     〔着席〕



△日程第28 議案第195号から日程第40 議案第207号まで



○議長(佐々木義信) 

 次に日程第28.議案第195号から日程第40.議案第207号までを一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 議案第195号から議案第205号までの11議案は、西海市の一般会計、特別会計及び企業会計の平成17年度決算について、監査委員の審査意見書を添え、議会の認定に付すものです。

 議案第206号は、平成17年度末で解散した長崎県市町村議会議員公務災害補償等組合の歳入歳出決算につきましては、決算書を調製する段階で、既に組合が解散し存在しないことから、地方自治法第292条において準用する地方自治法施行令第5条第3項の規定に基づき、組合を構成していた団体において調製し、監査委員の意見を添えて、各団体の議会において認定を受けることとなっており、今回、本案を提出するものです。

 最後に議案第207号は、西海市職員の給与に関する条例について国家公務員に準じ、私疾病による病気休暇が90日を越えた場合の給与の半減に関する規定、懲戒免職処分を受けた職員等の期末手当の差し止め及び刑事事件で起訴された職員等の期末手当の一時差し止め等について新たに規定するための改正を行なうものです。

 以上で、提案理由の御説明を終わります。よろしく御審議の程お願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 以上で議案第195号から議案第207号の提案理由の説明が終わりました。

 補足説明ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 以上をもちまして本日の日程は全部終了しました。

 議案第176号から議案第207号までの質疑の発言希望者は9月20日、正午までにその質疑をお手元の所定の用紙に記入の上、議会事務局まで通告願います。

 次回、本会議は9月19日、午前10時から開きます。

 所定の時刻までに御参集願います。

 本日はこれをもちまして、散会といたします。

     午前10時48分 散会