議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成18年  6月 定例会(第2回) 06月12日−05号




平成18年  6月 定例会(第2回) − 06月12日−05号







平成18年  6月 定例会(第2回)



     平成18年第2回西海市議会定例会議事日程(第5号)

                  平成18年6月12日(月)午前10時開議

   (報告第6号から諮問第2号まで一括上程)

日程第1 報告第6号 平成17年度西海市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

日程第2 報告第7号 平成17年度西海市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

日程第3 議案第77号 西彼杵広域連合規約の変更について

日程第4 議案第78号 西彼杵広域連合の解散について

日程第5 議案第79号 西彼杵広域連合の解散に伴う財産処分について

日程第6 諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦について

   (議案第80号から議案第130号まで一括上程)

日程第7 議案第80号 西海市介護保険事業計画策定委員会設置条例の制定について

日程第8 議案第81号 西海市営特定公共賃貸住宅管理条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第9 議案第82号 西海市黒口ふれあいの館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第10 議案第83号 西海市高齢者コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第11 議案第84号 西海市児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第12 議案第85号 西海市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について

日程第13 議案第86号 西海市高齢者生活支援事業実施施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第14 議案第87号 西海市デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第15 議案第88号 西海市社会福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第16 議案第89号 西海市高齢者生活支援ハウス運営事業実施条例の一部を改正する条例の制定について

日程第17 議案第90号 西海市高齢者生活支援ハウスの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第18 議案第91号 西海市在宅介護支援センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について

日程第19 議案第92号 西海市保健センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第20 議案第93号 西海市地産地消地域推進協議会条例の制定について

日程第21 議案第94号 西海市実顕農場設置条例の一部を改正する条例の制定について

日程第22 議案第95号 西海市西海農産加工センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第23 議案第96号 西海市ツーリズム推進協議会条例の制定について

日程第24 議案第97号 西海市大島町公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第25 議案第98号 西海市大島崎戸観光案内所の設置及び管理に関する条例の制定について

日程第26 議案第99号 西海市大島大釜海岸ふれあいの浜広場の設置及び管理に関する条例の制定について

日程第27 議案第100号 西海市大島多目的ホール等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第28 議案第101号 西海市西海みかんドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第29 議案第102号 西海市石原岳森林公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第30 議案第103号 西海市崎戸さんさん元気らんどの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第31 議案第104号 西海市鳥崎釣船係留施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第32 議案第105号 西海市漁民研修センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第33 議案第106号 西海市西彼漁船漁具保全施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第34 議案第107号 西海市大島漁船保全修理施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第35 議案第108号 西海市農業振興事業分担金徴収条例の制定について

日程第36 議案第109号 西海市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について

日程第37 議案第110号 西海市公営住宅等入居者選考委員会条例の一部を改正する条例の制定について

日程第38 議案第111号 西海市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について

日程第39 議案第112号 西海市営大瀬戸町駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第40 議案第113号 西海市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第41 議案第114号 西海市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第42 議案第115号 西海市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第43 議案第116号 西海市行政改革推進委員会条例の一部を改正する条例の制定について

日程第44 議案第117号 西海市公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第45 議案第118号 西海市大島離島開発総合センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第46 議案第119号 西海市大島農村勤労福祉センターの管理運営に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第47 議案第120号 西海市大瀬戸コミュニティセンターの利用等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第48 議案第121号 西海市大瀬戸青少年研修所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第49 議案第122号 西海市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第50 議案第123号 西海市立小学校及び中学校体育施設利用条例の一部を改正する条例の制定について

日程第51 議案第124号 平成18年度西海市一般会計補正予算(第2号)

日程第52 議案第125号 平成18年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

日程第53 議案第126号 平成18年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

日程第54 議案第127号 平成18年度西海市老人保健特別会計補正予算(第1号)

日程第55 議案第128号 平成18年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計補正予算(第1号)

日程第56 議案第129号 平成18年度西海市水道事業会計補正予算(第1号)

日程第57 議案第130号 平成18年度西海市立病院事業会計補正予算(第1号)

        平成18年第2回西海市議会定例会会議録

                              (第5号)

招集年月日    平成18年6月6日

招集の場所    西海市議会議場

開会(開議)   6月12日 午前10時0分宣告(第7日)

応(不応)招議員及び出席並びに欠席議員

(凡例) ◯ 出席 ▲ 欠席 × 不応招 ▲◯ 公務欠席

      1 堀川政徳   ◯     14 井田利定   ◯

      2 田川正毅   ◯     15 山崎善仁   ◯

      3 川岡純英   ◯     16 中里 悟   ◯

      4 浅本和夫   ◯     17 田中隆一   ◯

      5 原口龍彦   ◯     18 浅田幸夫   ◯

      6 岸浦秀次   ◯     19 田口 昇   ◯

      7 志賀正剛   ◯     20 中野良雄   ◯

      8 浅田直幸   ◯     21 北川辰夫   ◯

      9 杉澤泰彦   ◯     22 岩本利雄   ◯

     10 永田良一   ◯     23 馬場正毅   ◯

     11 森口昭徳   ◯     24 池田政治   ◯

     12 杉本秀伸   ◯     25 佐嘉田敏雄  ◯

     13 渋江一文   ◯     26 佐々木義信  ◯

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長          山下純一郎  大島総合支所長     代田末継

  助役          藤原敬一   崎戸総合支所長     中浦久幸

  収入役         岩崎源生   大瀬戸総合支所長    川添 昇

  総務部長        橋口壽美夫  総務課長        松本良介

  保健福祉部長      平野直幸   財政管理課長      木山勝己

  産業振興部長      竹口一幸   政策企画課長      冨永敬二

  建設部長        葉山千年   農林振興課長      松永勝之輔

  水道部長        西尾繁信   教育長         佐古寶松

  再建担当部長      山口重俊   教育委員会次長     林 俊範

  西彼総合支所長     田中福次   監査委員        山口 勇

  西海総合支所長     中田敏幸

職務のため出席した者の職氏名

  事務局長        大浦正明   書記          森林良行

     午前10時0分 開議



○議長(佐々木義信) 

 みなさん、おはようございます。

 ただ今の出席議員は26名です。

 これから、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。



△日程第1 報告第6号から日程第6 諮問第2号まで

 日程第1.報告第6号から日程第6.諮問第2号までを一括議題とします。

 質疑・討論・採決は各案件ごとに行ないます。

 はじめに日程第1.報告第6号 平成17年度西海市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告ついて質疑を行います。

 質疑ありませんか。(「はい」の声あり)



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 先の臨時会等で補正に上がっとったものがですね、今回繰越明許の手続きが上がってまいっておるわけでありますけども。各款項全部合わせましてですね、進捗率が96.3パーセント、ほとんどの予算がですね消化をされておりません。まず会計年度の独立の原則からまいりますとですね、本来でありますと年度内に事業を終わってしまわなならんというのが原則でありますけれども、特例としてこういう形で繰越明許というものがですね、認められておるわけでありますが。問題はその当然理由があるだろうと思うんですね。予算執行が遅れたというのが、これは想定できますけれども、理由とですねここに国、県或いは地方債とか一般財源合わせた予算もですね、提示してありますけども、この財源的なものは確かに大丈夫であるのか、或いは流用はどういう理由でですね繰越の手続きを取らざるを得なくなったのか。大体工事の進捗、どの位を目途としてですねこの事業が済むのか、この3つについてですね説明、報告していただきたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 総務課長。



◎総務課長(松本良介) 

 まず1点目の西海市例規データーベースシステム構築導入事業でございますけども、この分につきましては、18年3月分までの条例改正等の分を入れ込んで条例例規を作るようにしておりまして、8月31日までの工期でやるようにしております。例規の製本を50部とインターネットでの閲覧ができるような形でさせていただいております。

 2番目の西海総合支所旧本館等アスベスト除去事業でございますけども、この分につきましては西海総合支所の旧本館4階コピー室の壁と天井の除去を行なっておりまして、この分につきましては5月12日に工事を完了しておりまして、検査は5月22日に終わっております。



○議長(佐々木義信) 

 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(平野直幸) 

 3行目にございます一般廃棄物処理基本計画策定事業の472万5000円についてご説明いたします。理由につきましては、ごみの分とし尿の分を総合的に策定の中に入れ込んでまいりますけども、こうした基本数値の集約、或いは下水道部の持つ総合計画との策定計画との整合性等に時間を要しました関係から、6月30日までを工期といたしております。特定財源は一般財源でございまして、あと進捗率は現在のところ6月末の検収に向けて逐次行程を点検をいたしておるところでございます。概ねそのことを確認をしながら検収するような方向で進めておるのが現状でございます。以上です。



○議長(佐々木義信) 

 産業振興部長。



◎産業振興部長(竹口一幸) 

 農林水産業の農業費のふるさと緊急農道整備事業のふるさと日守地区の農道整備改良でございます。この県は町道から農道に認定変えをさせていただいておるものでございまして、道路工649メートルほどの改良をやっていくということでございます。繰越しの理由につきましては、この道路工事をやっている箇所において上部に道路が通っておりまして、施工中または完成後に工事中に崩壊の恐れがあるということが予測立てられまして、当該箇所の設計変更及び協議に不測の日数を要しておりまして、また溜め池部跡がございまして、この設計変更についても協議にある一定の日程が要されたということでするように変更がなっておるようでございます。工期が6月下旬までを一応予定をいたしておるところでございます。ここにつきましては、舗装工がまだ残っておりまして、平成18年度で一応完了をするように予定をいたしておるところでございます。

 それから、ふるさと農道緊急整備事業の暮ヶ迫農道の整備事業の件でございますけども、ここの線につきましては用地交渉が進められておりましたけども、地主さんとの交渉が難航しておりまして、これに不測の日数が要したということで、現在用地交渉が進んでおりまして工事をやっておるということで、工期を6月の下旬までを一応予定をしておるということでございます。

 それから3点目の黒瀬漁港の再生交付金事業の方ですけども、この件につきましては一部上部工の方が少し残っておりまして、この件をやっていくわけでございますけども、繰越しの理由としましては、臨港道路が背後にある海岸保全施設の財産処分の申請の調整に少し時間が要されておりまして、工事の着手が平成18年の1月に着工するようになっておりまして、この間、あとの工期が不足をしたということで、あと残っております上部工につきましての工事を繰越しでやるということでございます。これは平成17年度で完了する予定でございますけども。完了は18年の12月の下旬ぐらいまでを一応予定をいたしております。以上です。



○議長(佐々木義信) 

 建設部長。



◎建設部長(葉山千年) 

 鳥崎海岸線海岸路肩補修事業でございますが、繰越しの理由でございますけども、海岸作業の潮待ち作業に不測の日数を要したということで繰越しになっております。完成は7月20日を予定にいたしております。市道樫浦線側溝整備事業でございますが、繰越しの理由といたしましては、設計協議に時間が要したということで繰越しをいたしておりまして、完成予定は6月16日を予定いたしております。

 次に平原線改良事業でございますが、繰越しの理由といたしましては用地交渉及び保障関係の協議に不測の日数を要したということで、完成が6月23日を予定いたしております。市道赤崎線改良工事でございます。繰越しの理由は流末計画の協議に日数を要したということで、完成予定を10月13日に予定いたしております。

 次に平原川河川改良事業でございますが、平成15年の災害の復旧及び関連事業でございますけども、繰越しの理由といたしましては農作物の収穫等の時期を考慮いたしまして、繰越しの時期を延期をいたしております。完成の時期の延期をいたしております。完成の予定は7月20日を予定いたしております。

 次に地域住宅交付金事業でございますが、繰越しの理由といたしましては、住宅の下方にあります隣家との排水関係の協議に時間を要しました関係上、繰越しをいたしておりましたが、6月9日に完成検査を完了いたしまして、工事としては完了をいたしましたので7月に広報誌を通じまして公募をする予定にいたしております。この住宅につきましては西浜の団地でございまして、12戸を新設する工事でございますけども、7月の広報で公募をする予定にいたしております。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 はい、ありがとうございました。繰越しの理由、予算等につきましてはここにも明記されてますとおり十分確保されておるようでありますから、今の説明を聴きましてですね大丈夫だという認識に立てたわけですが、ただ完成時期がですね6月、7月に集中しとるわけですね。特にこの農林水産業関係或いは土木等につきましてはですね、早速梅雨に入っておりましてですね、雨期を迎えるわけでありますから、やはり工事につきましては最大の注意を払っていただきたいと思いますし、予算につきましてもですね、工事をやって完成した、また崩れたという、過去に経過がかなりでておりますのでですね、そういった意味で無駄な一般財源等を使うことがなきようですね、注意を払っていただきたいなと、こう思いまして私の質問を終わりたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 以上で報告済みとします。

 次に、日程第2.報告第7号 平成17年度西海市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について質疑を行ないます。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 以上で報告済みとします。

 次に、日程第3.議案第77号 西彼杵広域連合規約の変更について質疑を行ないます。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 議案第77号は委員会付託を省略したいと思いますがご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第77号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行ないます。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより、議案第77号について採決します。

 お諮りします。

 議案第77号 西彼杵広域連合規約の変更については、原案どおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第77号 西彼杵広域連合規約の変更については、原案どおり可決することに決定しました。

 次に、日程第4.議案第78号 西彼杵広域連合の解散について質疑を行ないます。質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 議案第78号は委員会付託を省略したいと思いますがご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第78号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行ないます。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより議案第78号について採決します。

 お諮りします。

 議案第78号 西彼杵広域連合の解散については、原案どおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第78号 西彼杵広域連合の解散については、原案どおり可決することに決定しました。

 次に、日程第5.議案第79号 西彼杵広域連合の解散に伴う財産処分について質疑を行ないます。

 質疑ありませんか。



○議長(佐々木義信) 

 19番、田口議員。



◆19番(田口昇) 

 ただ今、広域連合につきましての解散が議決されましたけども、それに伴う財産の処分という形で今回提案がなっておりますけども、この土地の問題ですけども約10ヘクタール造成をし、防災工事をした部分が2ヘクタールがあるわけなんですけども、これをこの議案で見ますと、土地につきましては1市2町の共有所有とする、その100分の45が西海市とそれぞれ2町にまたがるわけなんですけども。この土地の今後の利活用をどう考えておられるのか。併せまして財産の取得になるわけですので、この財産の取得、財産台帳はあって表示をする場合にどのような形で表示をするのか。ここにあるように1市2町の共有の100分のいくらという形で表示をなされるのか。或いはまたこの財産を将来、処分利活用する場合の権限、他の2町、時津、長与との協議があろうかと思いますけども、そこらについて利活用するというときの判断で、どういう形での手順でやっていけるのか、またその活用策をどのように考えておられるのかお尋ねをいたしたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 

 土地の活用につきましては今のところまだ確とした利用計画はなされておりません。何度か一般質問の中でも申し上げておりますが、今、ごみ処理についての今後の計画につきましては検討中でございまして、もし新たなその計画がはじまるとするなら、この土地の利用というものも考えられるわけですが、現在のところまだ確とした計画はなされてないところでございます。私からは以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 19番、田口議員。



◆19番(田口昇) 

 この地に係るアクセス道路という形でクリーンセンター線、或いは、ふるさと農道という形で12億以上の予算を投じてアクセス道路ができておるわけでございますし、過去にもこの場所を買って農業振興等も含めてやってみたいなという形の話も若干出たような感じもしますけども、特に会社辺りの農業法人、企業辺りが入って農業を展開したいという形の場合で、特にオランダ村辺りで大葉という形での企業が参入をしておりますけども、そういう形での農業面での法人の参入といいますか、そういう計画もちょっと話しを聞いた経過がありますし、やはりできればこれだけの財政を投じて道路を完成しておりますし、併せて地域の振興策も考えるならば雇用拡大等も含めて早期にこの土地の利活用を考えなければいかないときに来てるんじゃないかと思いますし、併せまして特に基本構想或いは基本計画等が今回まとめられようとしておりますけども、そういう中に組み入れてやるという考えはないのか。併せまして他の2町との協議を今後どのような形でもたれようとしておるのか重ねてお尋ねをしたいと思います。併せまして、あの地区に地域振興という形で1000万、4000万という形での地域振興策があったわけなんですけども、地元の風早のみなさん方も雇用の創出を大変願っておられるようでございますし、そこらにつきましてお考えがありましたらお尋ねしたいと思いますし、併せましてごみ焼却関係では一般廃棄物処理債ですかね、起債を起こして用地買収をやっておられますけども、この起債につきましては全部償還が終わっておるわけなんですかね。



○議長(佐々木義信) 

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 

 先ほど申し上げておりますが、まだこの利用計画については確とした計画は立てておりません。何度か申し上げておりますけれども、新たな産業を興す分野としては電源開発さんにお願いをしている炭化事業実証実験、これが今まだ事業化できるかできないかというのがはっきりしておりませんから、この事業の展開ができるという判断がですね、ついたらこの土地の活用についても考えるということを申し上げておるわけでございまして、今後この利用活用につきましては、長与と時津は西海市のそういった新たな展開というものを見ながら話し合いに応じるということになっているところでございます。



○議長(佐々木義信) 

 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(平野直幸) 

 1点目、2点目のことについては市長が概ねお答えをさせていただいた分でございますけども、起債償還の件でございますが、今後道路に要した起債については年次計画で1市2町で負担が発生するということで、今後も償還は続くということでございます。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 19番、田口議員。



◆19番(田口昇) 

 質問の中であと1点ほど返事が返ってきていないわけなんですけども。この財産台帳等に表示をする場合の表示の仕方というのは、この1市2町の何分の何という形でいいんでしょうかということをちょっと尋ねましたけども、そこらが返ってきていない部分がありましたし。併せてアクセス道路につきましてもそれぞれ旧西彼町、今、西海市が建設をしまして起債償還を行なっておるわけなんですけど、そこらについてはちょっと以前確認はとっとるかなと思う感じがしますけども、起債の償還につきましてはそれぞれの債務負担行為を各町とっていただいて、返済に充てるということのようでしたけども、そこらも1つ確認をしたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 まだ財産台帳の掲載の部分ですけども、主目的は明記されていない状況ですので、普通財産ということになると思いますが、トータルの面積の表示をいたしましてそれぞれの持分を表示する台帳の掲載になるというふうに考えています。



○議長(佐々木義信) 

 保健福祉部長。



◎保健福祉部長(平野直幸) 

 広域連合の事業として債権、債務と言いますか、そういったものも今回の解散によってそれぞれどちらも1市2町が承継をする形になります。したがいまして、広域連合の事業で投資してきた事業を起こしてきた起債についても年度計画で債務負担行為の償還計画を1市2町とも諮っていくというのが今後計画の金額など等が明確にしていくというふうな方向性になってまいります。以上です。



○議長(佐々木義信) 

 他に質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 議案第79号は委員会付託を省略したいと思いますがご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第79号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行ないます。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより、議案第79号について採決します。

 お諮りします。

 議案第79号 西彼杵広域連合の解散に伴う財産処分については、原案どおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第79号 西彼杵広域連合の解散に伴う財産処分については、原案どおり可決することに決定しました。

 次に、日程第6.諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦について質疑を行ないますが、本案は人事案件でありますので、個人の人権にかかわる発言がないようお願いします。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 諮問第2号は委員会付託を省略したいと思いますがご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、諮問第2号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行ないます。

 討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより、諮問第2号について採決します。

 お諮りします。

 諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦については、支障なしとすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦については、支障なしとすることに決定しました。



△日程第7.議案第80号から日程第57.議案第130号まで

 次に、日程第7.議案第80号から日程第57.議案第130号までを一括議題とします。

 議案に対する質疑はそれぞれ各議案ごとに行います。

 はじめに、日程第7.議案第80号 西海市介護保険事業計画策定委員会設置条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はありません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第8.議案第81号 西海市営特定公共賃貸住宅管理条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はありません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第9.議案第82号 西海市黒口ふれあいの館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はありません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第10.議案第83号 西海市高齢者コミュニティセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第11.議案第84号 西海市児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第12.議案第85号 西海市立保育所条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第13.議案第86号 西海市高齢者生活支援事業実施施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第14.議案第87号 西海市デイサービスセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第15.議案第88号 西海市社会福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第16.議案第89号 西海市高齢者生活支援ハウス運営事業実施条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第17.議案第90号 西海市高齢者生活支援ハウスの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第18.議案第91号 西海市在宅介護支援センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第19.議案第92号 西海市保健センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程程第20.議案第93号 西海市地産地消地域推進協議会条例の制定について質疑を行ないます。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 9番、杉澤泰彦議員。



◆9番(杉澤泰彦) 

 93号につきまして質問いたします。これは新たなですね、条例制定ということで基本的な捉え方について伺います。まず第1条についてですね、西海市における郷土食文化の伝承を図るとともに、総合的に地域の食文化を活用して地元農産物を利用した料理を普及推進するためということになっておりますけども、これは郷土料理等の発掘また及び開発などを行なって広く市民に普及させ、また学校給食等でのですね、利用など行いですね、その地元農産物の消費量の拡大を図ると。そうしながら、引いてはですね、食文化を通して地元の食文化への誇りを市民が持つというようなことだと思うんですが。そういう中でですね、もう一歩踏み込んだ形でグリーンツーリズム、スローツーリズムなどが言われておりますけども、都市部の人たちへの食の提供というような、繋げていくというような捉え方なのかもお聴きしたいと思います。例えばですね、地元の飲食店、民宿、旅館、ホテルなどにおいても地元の食材を使った地産地消というですね、食材を使った料理を積極的に提供して行き、1つの観光資源としてですね料理の提供もということも視野に入れておられるのか伺います。



○議長(佐々木義信) 

 答弁を求めます。

 産業振興部長。



◎産業振興部長(竹口一幸) 

 基本的にはただ今、杉澤議員のお尋ねのあったとおりでありまして、ゆくゆくは都市部の方々にもグリーンツーリズム事業と一緒になってタイアップしてやりたいということがございます。答弁の要旨をまとめておりますので、読ませていただきたいと思います。基本的なものでございますけれども、私たちの祖先は気候風土、微生物等を巧みに利用して地域食材による多様な食文化を育んでまいりました。西海市の各地に様々な伝統食や郷土料理がありますが、目に触れ、味わう機会が次第に減少してきております。これらの伝統ある郷土料理は、先人の深い知恵と豊かな経験に支えられて淘汰されずに現在に至っている安全な食べ物であります。改めて伝統食の知恵や食べ物を大切にする精神を見直し、次世代に繋いでいくために平成17年度において西海市郷土食文化活用支援事業推進協議会を設置いたしております。それによりまして郷土食の発掘を行い、レシピ等を作成いたしております。レシピ等につきましては議員たちに配布されているか分かりませんが、このようなレシピでございます。後でよければ配布させていただきたいと思います。また2月に実施いたしました西海ツーリズム・シンポジウムにおいて活動発表と試食会を行なっているところであります。今年度は継続事業として郷土食の家庭料理への普及や学校給食への取り組みなどを図ることとしておりまして、また市内観光施設や宿泊施設などにもレシピを提供し、市の推進しているツーリズム事業におきましても食のアイテム、田舎グルメとしてピーアールができるものと考えておるところでございます。先のことと繋がりますけども、議案第96号で提案をさせていただいております西海市ツーリズム推進協議会、これにおきましても平成17年度に策定いたしました西海市スローツーリズム推進事業基本構想に基づきまして今年度実施活動を行なうこととしておりますが、ツーリズム事業における魅力あるメニューのひとつとして郷土食を提供できますよう本委員会との連携を図ってまいりたいと考えておるところでございます。以上が基本的な考え方で今後進めさせていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(佐々木義信) 

 9番、杉澤議員。



◆9番(杉澤泰彦) 

 後段の方でですね、私は主張したい部分ですね、ちょっと出てきたもんですから、これはもうひとつ確認ということで言わせていただきますけども、ここに議案第96号が出ているわけですね。議案第96号におきましてですね、西海市ツーリズム推進協議会条例制定が提案されておるわけですけども、これはもう西海市のですね観光振興及び都市との交流を図るためということになっております。当然ですね、このツーリズム推進協議会の中でも地産地消と呼ぶかどうかは別としまして、地元の食材を使ったですね、観光資源の発掘ということはもう議題に当然上がってくると思うわけですね。だから議案第93号と議案第96号の中には非常に重複する場面が出てくるんじゃなかいかなと思うわけですね。そこでですね、議案第93号におきましては、その組織においてはその市民から農業協同組合、改良普及センターと協議会に所属する事項に関し識見を有する者という形になっております。議案第96号におきましては、明らかに第三次産業的な人選がなされておるわけですね。そこでですね、メンバーにおいてもある程度このツーリズム推進協議会と地産地消のですね、推進協議会ですね、このメンバーはある程度重複するような人選をとった方が効果的だと思うんですね。そういう点においてですねどのように考えておられるか伺います。



○議長(佐々木義信) 

 産業振興部長。



◎産業振興部長(竹口一幸) 

 言われる通り議案第93号、この地産地消の分と議案第96号のツーリズム事業、これはひとつの連携を持って進めた方が議員仰せのとおり非常に効果が出るということでございます。それぞれのメンバー構成につきましては、それぞれちょっと違いますけども、特に93号の地産地消推進協議会の方につきましてはどちらかと言いますと、生産者の方が中心になってこようかと思います。また一部には旅館業の方とか栄養指導をされる方々も入っていただいた方がこちらの方としても良いかなと思っております。だからこの辺のところでこの旅館業とか栄養士さん、調理師さん、この辺のところとツーリズム事業、この辺少し重なる部分もありますし、また観光ということで最終的にツーリズムに繋がっていきますので、できますならば第三次産業の方とのこの辺の連携というのは図るような人選も行なってみたいと考えておりますので、これを完全にお互いが独立したものということじゃなくて、最終的には一緒のものとして進めていった方がより効果的なものが成果が出るんじゃないかと思っております。一応検討させていただきたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 19番、杉澤議員。



◆9番(杉澤泰彦) 

 今の部長の説明で大体分かったんですが、やっぱりですね、今回二つとも条例制定ということで、非常に良い企画だと思うわけですね。やっぱり横の連携がとれるようなものにしていく必要があるんじゃないかと思っております。そのためにもですね、メンバーの方にとっては非常に時間的な苦労があると思うんですが、例えばですね、地産地消推進協議会のメンバーの内、何名かがですね、ツーリズム推進協議会のメンバーの方にも入るような人選またはツーリズム推進協議会のですね、メンバーをまた今度地産地消の方に何名か入ってくるというような形で横の連携が密になるようなですね、人選にしたらどうかなと思っておりますので、これは要望としておきます。以上です。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、9番、杉澤泰彦議員の質疑を終わります。

 ほかに質疑ありませんか。



○議長(佐々木義信) 

 2番、田川議員。



◆2番(田川正毅) 

 これは産業建設常任委員会で審議するわけですけども、基本的なこととしてですね、この地産地消に対する考えですね、この中で地元農産物ということを限定されているわけですけども、果たして水産物はどうなのか。地産地消で水産をどう考えているのかですね。そしてこの人選についても漁協関連等に入っていないわけですけども、水産でやる場合はもうひとつ農産の地産地消推進協議会、或いは次は水産部の方で同じような組織を作るのか。地産地消ということについてですね。これは農業と限定されてますので、その点についてなぜ水産関係がここに入っていないのか、或いは先ほど言ったように水産は新たにまた条例制定をするのかですねお尋ねします。



○議長(佐々木義信) 

 産業振興部長。



◎産業振興部長(竹口一幸) 

 基本的にはこの地産地消、水産物も含んだところで検討をさせていただきたいと思っております。農産物ということで記載をしておりますけれども、この構成メンバーの中には漁業関係者の方々も入っていただこうかなということで、一応考えております。市民か、協議会ともこちらの方でそれぞれの立場の方で入っていただくような基本的なものを考えております。地産地消と言いますのはもちろん議員仰せのとおり、特に地元で取れたもの、料理も農産物だけでは料理が成り立ちませんので、当然私たちの西海市は豊かな水産物もたくさんございますので、このようなところを含めたところで水産の方も入れたところでこの推進協議会というのは立ち上げていこうということで考えております。ちょっと表現にまずい面があるようでございますけども、基本的には水産も入れるようにしております。



○議長(佐々木義信) 

 2番、田川議員。



◆2番(田川正毅) 

 表現にまずい部分というよりもですね、やはり農水産物とかですね、そういうふうな書き方できちんと条例ですので、そして条例で制定されるとこういうふうにですね、委員ですね、委員も農業ばっかりですよね。基本的に市民の中に漁業者もいるよとか、そういう曖昧な表現、運用によって対応するとかですね、そういうことじゃなくて、農水産業ですね、そこらへんきちんと西海市の今後、地産地消推進していく上で重要な会になると思いますので、協議会にですね。であればいっそですね、もう一回検討する必要があるんじゃないかなと思うんですけど、いかがでしょうか。



○議長(佐々木義信) 

 産業振興部長。



◎産業振興部長(竹口一幸) 

 この推進協議会がですね、去年から立ち上がっておりまして、2年間の一応時限立法でやっていくということでございまして、大体今までが農業を、17年度につきましては農業を主体に進められているようですけど、今度最終年度で集大成を図るということでございますので、本年度1年間限りの条例と協議会となっておりますので、この辺の中で弾力的な運用を図らせていきまして水産の方も一緒に検討をさせていただければと考えております。以上です。



○議長(佐々木義信) 

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第21.議案第94号 西海市実顕農場設置条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第22.議案第95号 西海市西海農産加工センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないます。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 17番、田中隆一議員。



◆17番(田中隆一) 

 議案第95号でありますけども、議案第94号の条例の一部改正との関連もございます。併せてということにもなろうかと思いますので、質疑をさせていただきたいと思いますけれども、今回この議案第95号はいわゆる西海市のいわゆる西海農産加工センターの設置及び管理に関する条例の一部改正をして、いわゆる市長が議案の説明を先にしておりますけども、指定管理者に管理を行なわせるための条例改正ということであろうかと思います。そこでですね、特にこれまでの経営、管理につきましてですね、お尋ねをしたいわけでございます。前もって資料の請求をさせていただきまして、ここには15年度から17年度の会計処理、実顕農場も合わせましたですね、会計処理の内容について出していただいております。今朝これも目にさせていただいておりますけども、どうも私どもの認識としますと不具合な点がですねあるような気がいたします。歳入にしましても歳出にしましてもですね。そこでですね、まず最初にお聴きしたいのは、この西海市の旧西海町の頃から運用をされてきておるわけですが、この加工センターの責任者はどなたになっておるのか。それからこれは17年度の暫定予算、或いは本予算、当初予算にも上がっておりますが、西海グリーンファームという名前で上がっておりますが、これはこれと一緒なのかですね、まずその2点をお聴きしたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 答弁を求めます。

 産業振興部長。



◎産業振興部長(竹口一幸) 

 西海加工センターの責任者ということでございますけれども、西海加工センターはですね、西海町の特産品でありますゆで干し大根を原料とした惣菜の開発と商品化のために、平成3年に西海町農産加工センターとして第三セクターで設置されておりますけれども、その後、事業の見直しによりまして平成7年に閉鎖をされております。その後、遊休施設の利用のために加工グループによる味噌の製造を翌年度からはじめておりますけれども、平成12年度に実顕農場の基盤整備の完了を機としまして平成14年度から西海グリーンファーム運営協議会という組織を立ち上げておりまして、農産加工センターと実顕農場の管理を一体として行なっているということでございます。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 質問の趣旨がちょっと分かりにくかったんじゃないかなと思いますが、今グリーンファームの経緯については分かりました。この西海加工センター及び94号に出ております実顕農場等のですね、設置責任者は第三セクターで設置されと言いますか、責任者はどなたになっているのかということがちょっと良く聞き取れませんでしたので。



○議長(佐々木義信) 

 産業振興部長。



◎産業振興部長(竹口一幸) 

 ここはですね、西海グリーンファーム運営協議会に委託をしておりまして、この会長さんが平成15年4月から富浦さんという方が会長さんになっておられまして、この中で活動をされておるようでございます。運営委員の中には当時の西海町長、経済課長、担当者、JA大西海、いろいろRV西海代表、ファジェンダ西海、三つ葉グループ、学識経験者の方々で構成を当時はされているようでございます。以上です。



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 富浦さんという方がこの西海グリーンファームの代表だということでございます。富浦さんという方は私はよく存じないわけでありますけども、この富浦さんは元々ツーリズム協会の職員であられたと思うんですね。ツーリズム協会の職員で出向されてここに出ておられて、当然給料はツーリズム協会で支払われておるわけですね。農産加工所に行かれて、そこから10万の給料を払っておられたと聞いております。実際の手取りの給料は25万ぐらい貰っておられるわけですが、あとの15万はですね、ツーリズム協会からカラ出張で出とるわけですね。全く働いてないのにですね。こういう方がここの農産加工センターの責任者ということでよろしいんでしょうかね。14年度からといわれましたけど、どうも、そこらが私どもとしては理解できません。この富浦さんという方を代表だということにつきましてはですね。現在の部長はそこら辺については詳しくないだろうと思いますので。詳しい方が辞めておられますから聞くよしもありませんけれども、この14年度当初の繰越金が15年度に全く上がっとりませんね。これを見てみますと16年度から繰越金が出とります。そして、売上金もですね、17年度はかなり上がっとりまして収入も50パーセント上がっとるわけですね。これは細かな経理の状況がこれだけでは細目が分かりませんので、これが信用に値するのかどうか、精査が必要だろうと思いますけども、この14年度には今、話題になっとるこの豚疾病対策協議会から60万円でとるんですね。ここらの経理もおかしい。そして、西海グリーンファームというところから豚疾病の方にまた、あとの方で繰り入れてきとりますね。これを見てみますと。期せずして銀行口座を見てみましたらそういう内容になっとります。これは、どうなっているのかなと。ここらの経理が非常に不透明であります。その一つとしましてですね、私どもが平成17年度の当初予算を審議させていただきましたが、ここでは西海グリーンファームの管理委託料という形で暫定予算合わせますと630万円出とるんですね。この経理を見てみますと300万円しか入ってませんね。これは、あとの入った委託料はどがんなったとでしょうかね。それなりの理由があろうと思いますが、もし分かっとればそこいらの歳入の違い、町委託料となっていますけれども、恐らく17年度は市の委託料と思いますね。ここらの説明はどうされますでしょうか。



○議長(佐々木義信) 

 産業振興部長。



◎産業振興部長(竹口一幸) 

 630万円の委託料が出されているということで、実は、私も事実確認ができておりませんので、今、調べておりますけれども。この辺の差330万円、ちょっと調べておりますのでしばらく時間をいただきたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 詳しくは委員会に付託されるわけですから掘り下げて、ここらについても協議を、ぜひ委員会のみなさん方にしてほしいなと思うわけですけれども。常々、この加工センター、西海グリーンファームの経理が非常に不透明だと、こう言われておるわけですね。その証拠が今朝いただいた資料の中にも端的に現れてきとるわけですね。14年度以前、豚疾病対策のお金を60万円、これに繰り入れんばならんようなですね、経理状況だったのか。委託料はむしろその当時が大きいんですよね。西海町から出とった委託料は大きいんですよ。17年度はかなり収入が上がっとりましてですね、支出も平行して上がっとりますけれども、こういう実績が上がってきておると。それと非常にこれは、このグリーンファームの代表者が富浦さんということを初めて聞いたのですけれども、富浦さんですよね。富浦さん。現在、あそこにはパートの方々合わせて、かなりの方が就労されております。私は、現実に働いておられる方からですね。実は、2か月前からちょっとお話を聞いとりまして、私が聞いたのじゃない。向こうからそういうお話がありまして、賃金を全くもらっとりませんと。私は半信半疑でおったんですけれども、再度、実は、今日の総括質疑をしとるもんですから、その後どうですかと昨日確認をさせていただきました。3か月給料が出とりませんと。ある人は去年の10月からもらってない方がおるんですね。もう、辞めんばしょうがないと言っとられました。公的な団体が委託したこのグリーンファーム。しかも、人件費がですよ。働いた代償の給料がでてないんですよ。ここらについては、部長にいろいろお伺いしてもわからんだろうと思いますから、この現象を市長どう考えられますか。



○議長(佐々木義信) 

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 

 経理内容がちょっとはっきりしないという点は、私もある程度、察知をしておりまして、早急に、この問題解決については前部長とも話しをするようにということで今、申し付けておるところでございます。もうしばらく、このことについては、私も責任があることでございますからきちんとした形で皆さん方にも報告できるようにして行きたいと思っとりますので、時間をお貸しいただきたいと思っています。



○議長(佐々木義信) 

 農林振興課長。



◎農林振興課長(松永勝之輔) 

 先程の暫定予算と17年度当初予算の件でございますが、暫定予算には150万円計上されております。その後、本予算ということで480万円計上しておりますが、これは暫定予算を含んだものでございまして、480万円の年度計上ということになります。その内に3月の補正で、正確な数字を若干忘れましたが130何万減額をしております。よって、17年度中のグリーンファームとの契約額は、暫定で50万円契約しまして、その後150万円と100万円契約しとりますので300万円の契約となります。

 以上です。



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 補正で減額したということでありますからそこらは決算の中で分かると思いますけども、いずれにしましてもですね、このグリーンファームの運営、賃金の支払いのあり方、先程、富浦さんの件がでましたけれども、ツーリズム協会がほんなもんなのか、グリーンファームがほんなもんなのかですね。一向に両方にまたがっておられてですね、いわゆるツーリズム協会では全く仕事をされなくて、そっちから給料を出しておるという事実は確かでありますので、ここらは市長も約束をされたように非常に売り上げ処理、売り上げ処理ですよ。売り上げ処理の内容が非常に問題点が有りはしないか。しかも、辞められた前部長が、かなりここらは指導されておるわけですね。RV直売所、大宮直売所等々にもここからかなりのものが出とりますし、あるいは、東京でのピーアール等につきましても観光協会合わせてですね、ここの品物で売り上げで上がっとりますね。こういうものもすべて、前部長、課長のですね、裁量でかなり指導がなされておるわけですから、そこらへんについて責任持ってですね、市長がお答えになられたように、もうこれ以上ここでは掘り下げた論議は不可能と思いますので、ぜひ、やってほしいなとそのように思います。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、田中隆一議員の質疑を終わります。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第23.議案第96号 西海市ツーリズム推進協議会条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 ここでしばらく休憩します。

     午前11時3分 休憩

     午前11時14分 再開



○議長(佐々木義信) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。次に、日程第24.議案第97号 西海市大島町公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第25.議案第98号 西海市大島崎戸観光案内所の設置及び管理に関する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第26.議案第99号 西海市大島大釜海岸ふれあいの浜広場の設置及び管理に関する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第27.議案第100号 西海市大島多目的ホール等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第28.議案第101号 西海市西海みかんドームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第29.議案第102号 西海市石原岳森林公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第30.議案第103号 西海市崎戸さんさん元気らんどの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第31.議案第104号 西海市鳥崎釣船係留施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第32.議案第105号 西海市漁民研修センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第33.議案第106号 西海市西彼漁船漁具保全施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第34.議案第107号 西海市大島漁船保全修理施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第35.議案第108号 西海市農業振興事業分担金徴収条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第36.議案第109号 西海市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第37.議案第110号 西海市公営住宅等入居者選考委員会条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第38.議案第111号 西海市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第39.議案第112号 西海市営大瀬戸町駐車場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第40.議案第113号 西海市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないます。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 9番、杉澤泰彦議員。



◆9番(杉澤泰彦) 

 この議案につきましては、提案理由の中で単身赴任手当を支給される職員で配偶者が居住する住宅について、支給されるべき住居手当の額を国家公務員に準じた額にするためということになっとりますが、具体的な内容、説明をお願いします。



◎総務課長(松本良介) 

 議案第113号の具体的内容について説明いたします。住居手当は実際居住している借家等の家賃を支払っている職員を支給対象にしておりますが、今回新たに単身赴任手当受給者の配偶者等が居住する借家について、その家賃支出による経済的負担が大きなものになっている事情を考慮し、また、その負担軽減の趣旨で国においても設けられている手当でありますので西海市においても国に準じた形で条例の整備を図るものであります。

 既婚者で借家をしている職員が単身赴任した場合、配偶者が居住している住居に対して、住居手当が今の西海市の条例では支給できないようになっていますので国に準じまして本来の算定方法で算出した住居手当額の半額を支給することができるよう整備するものでございます。

 なお、該当者が江島出張所に勤務しております2名の方が該当する形になります。



○議長(佐々木義信) 

 9番、杉澤議員。



◆9番(杉澤泰彦) 

 第15条ですね、職員給与に関する条例の第15条の確認ですが、まず、この中に家賃が2万3000円以下と、2万3000円を超えるものというふうな規定がありますけれども、確認ですけれども、例えば2万3000円以下という場合は、2万3000円と住宅費がかかるとするとそれから1万2000円を控除した額ということになりますので、2万3000円から1万2000円引いて、1万1000円の支給という捉え方でよろしいわけですか。続けます。2万3000円を超した場合ですね、例えば、家賃が2万4000円の場合は、2万3000円を控除した額の2分の1に1万1000円を加算ということはですよ、例えば2万4000円としますと2万4000円から2万3000円を引いて1000円ですね、その2分の1というのは500円ですね。これに1万1000円を加えるということは1万1500円というような理解でよろしいんですか。それから最後にですね、その控除した額の2分の1が1万6000円を超える場合とは、1万6000円に1万1000円を足した分ということで限度額は2万7000円という捉え方でよろしんでしょうか。これを配偶者の居住する住宅にも適用するという捉え方なんでしょうか。



○議長(佐々木義信) 

 総務課長。



◎総務課長(松本良介) 

 今、職員の住居手当の計算に関しましては、議員がおっしゃった通りで結構でございます。配偶者等の住居手当については、その額の2分の1ということでございます。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、杉澤泰彦議員の質疑を終わります。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第41.議案第114号 西海市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第42.議案第115号 西海市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第43.議案第116号 西海市行政改革推進委員会条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第44.議案第117号 西海市公民館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第45.議案第118号 西海市大島離島開発総合センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第46.議案第119号 西海市大島農村勤労福祉センターの管理運営に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第47.議案第120号 西海市大瀬戸コミュニティセンターの利用等に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第48.議案第121号 西海市大瀬戸青少年研修所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第49.議案第122号 西海市体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないます。

 通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第50.議案第123号 西海市立小学校及び中学校体育施設利用条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第51.議案第124号 平成18年度西海市一般会計補正予算(第2号)の質疑を行ないます。

 質疑の通告がありますので、発言を許します。

 17番、田中隆一議員。



◆17番(田中隆一) 

 平成18年度の今回補正予算第2号が上がっとるわけですが、その中で4款、1項、6目、病院事業費としてですね、今回1450万9000円という多額の補正が上がっとるわけですけれども、単純な質問ですのでね、その内容を説明していただきたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 答弁を求めます。

 再建担当部長。



◎再建担当部長(山口重俊) 

 ただ今のご質問お答えいたしたいと思います。この主なものは5月1日採用いたしました内科医師の人件費が主なものでございます。それと別途、補正予算の中でお願いいたしております病院経営改善のためのコンサル料金ですね、この予算が両方合わせまして約1780万円強ございます。その後、人件費につきましては、職員分の給与改定伴う減とか、あとは福岡医科歯科大に医師の派遣の協力金ということで、毎月10万円、年額120万円払っとった分をこれをゼロにした関係で、あと、小さい予算項目に亘って調整いたしておりまして、差し引き増減、1450万9000円増ということで、主に人件費とコンサル料ということでご理解いただければよろしいかと思います。



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 医師を今回採用されたということで、その方の人件費が一つですね。それと病院の再建対策のためのコンサル委託料というわけですけれども、その他に福岡医科歯科大学に、いわゆる医師派遣のために毎月10万円振り込んどったのをそれを今回廃止するということでありますけれども、そこらの説明をもう少し詳しくしてください。



○議長(佐々木義信) 

 再建担当部長。



◎再建担当部長(山口重俊) 

 それでは、予算の項目毎に説明したいと思います。まず、給料ですけれども、内科医師分とその他の職員分の給与改定の差し引きで医師分が487万2000円、職員分の減額分が93万円で394万2000円の増。職員手当ですけれども、内科医師分が医師手当、これ毎月55万円お支払いしとりまして、これの11か月分ですね、605万円。それに期末勤勉手当が169万1000円ございまして、それから先程の一般職員分の手当の給与改定伴う減額ですね。これが職員手当分の増が774万1000円ございまして、減が32万6000円、741万5000円の増。賃金でございますけれども内科医師、4月24日から勤務をいただいて、この間は一応、臨時の医師の手当ということで25万6000円計上させていただいております。それから別途、事務職、実は4月1日で、市の職員であります薬剤師の助手と検査技師の助手を市長部局の方に異動させております。これの補充、臨時職員の経費として176万5000円、2人分でございます。トータルで202万1000円で、差し引きマイナスの方が。実は、内科医師を雇用したことによりまして、非常勤の医師を雇っておったんですけれども、この分の不要経費1091万円ですね、差し引きまして888万9000円の減額。それから報酬ですけれども実は今年の4月1日からですね、介護助手であるとか、先程申し上げました薬剤助手、レントゲン助手、検査の助手等をですね、民間の業者に委託をすることで計画をいたしておりましたけれども、雇用の形態の関係で3年経ちますと3か月間の雇用期間の空間、いわゆる3か月間休んでもらわないといけないということで、それが労基法で分かったものですから、従来の通り嘱託と臨時でやらせていただくということで、その分を委託料の方から組替えをいたしまして、人数で20名です。3607万円、それが予算組替えによる増になっています。それから法定福利費は、内科医師の分とそれから先程申し上げました嘱託、臨時の分の20名分、それから職員の給与改定分の増に伴いましてトータルで701万円、これがまるまる組み換え増になっております。それから、次の経費の中の旅費交通費ですけれども、これは、先程申し上げました嘱託、臨時分のいわゆる2キロメートル以上の通勤距離のある嘱託、臨時に対して支給します交通費が、年間通しまして57万2000円。これは純増になっとります。それから賃借料で、実は、寝具とかリネンの用具を全部民間の業者に委託しておるわけですけれども、これを3月に見積もり入札をやりました結果、17年度の業者と18年の業者変わっとりますけれども、年間通しまして150万円の減額ができております。それから、その他に、市外から来ていただいている非常勤医師のタクシー代、年間150万円ありましたけれども、これが内科医師を採用したことによりまして不要になりまして、両方合わせまして300万円の減になっとります。それから委託料ですけれども、CTスキャナーの保守委託料が今年は必要ないということが分かりまして90万円減額しております。それから歯科技工士の委託を見込み減ですけれども20万円、合わせまして110万円。それから先程から申し上げております臨時と嘱託のこれは民間に委託する予定にしておりました3242万5000円をカットしまして、トータル3409万7000円ですね。その他に委託料としまして、新たに発生しました支出が先程申し上げましたコンサルの委託料、これは見込み計上ですけれども松浦市民病院のコンサルが一昨年行なわれとりまして、これを参考にして上げさせていただいております。その他、給食業務を嘱託、臨時から完全な委託に切り替えました関係で年間経費1200万円と消費税ですね。当初臨時嘱託分で上げとりました1041万4000円の差額の218万6000円を新規で計上させていただきまして、増分がトータル668万6000円、減が3409万7000円で2741万1000円の減になります。それから負担金補助及び交付金ですけれども、減の要素だけですけれども先程申し上げました歯科医師の派遣経費、協力費ですけれども120万円、これがまるまる減額になっとりましてトータルで申し上げますと新たに歳出が必要になったものが6497万2000円、それから減額が5046万3000円で差し引き1450万9000円の増ということで今回助成をお願いしたいということで補正を計上いたしております。



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 あんまり詳しく説明していただきましてですね、非常にかえって分かりづらい点もあったわけですけれども。一点だけ、コンサル委託料にこの内から、松浦の市民病院を参考にということでございましたけれども、どれ位、わかっとれば見込んどるのか、それだけちょっと教えてください。人件費等の操作については分かりました。



○議長(佐々木義信) 

 再建担当部長。



◎再建担当部長(山口重俊) 

 約450万円です。



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 福岡の歯科医師の方に毎月10万円、給料の他に別途送金しとったという、大学でしょうけれども、これを今回中止になった主な理由はなんでしょか。



○議長(佐々木義信) 

 再建担当部長。



◎再建担当部長(山口重俊) 

 年間120万円のいわゆる協力金だったんですけれども、実際、先生の手に入ってないというのが実情だったんですね。大学に入っていた。実際、来ていただいておりますのは、大学から派遣されておりますけれども、先生の収入に全くなっていなかったということで、先生に幾ばくかのお金を払いたいということで、120万円の内、24万5000円、賃金に別途計上をさせていただいております。



○議長(佐々木義信) 

 以上で、田中隆一議員の質疑を終わります。

 ほかに質疑ありませんか。

 11番、森口議員。



◆11番(森口昭徳) 

 通告をしてなかったのですけれど、非常に気になるところがありまして、1、2点確認面で質問いたしたいと思います。商工費のホテル咲き都清算補助金というところがありますけれど、4600万円ですね。これは、ホテル運営会社の崎戸町振興公社を解体するための清算金だと考えておるわけですけれども、そこで、確認のためにお聞きしますけど、公社、外郭団体の公社に対して支出する場合は、その会社が総務省の総務大臣の認可を受けている団体でなければいけないというような規定があるようなというふうに本に書いてあるわけですけれども。それに関して、今のところ確認を取ってますけど総務大臣に対する認可がとれているかどうかというのは今確認中なんですが、そこのところは当局としてどのように考えられているか質問いたします。



○議長(佐々木義信) 

 崎戸総合支所長。



◎崎戸総合支所長(中浦久幸) 

 ご質問にお答えいたします。総務大臣認可を受けた団体ではないのかということですけれども、この分につきましては、財団法人西海市崎戸振興公社は、寄附行為で成り立っておりまして、長崎県知事の許可を受けてする団体でございます。財団法人で成り立っておりますので、必ずしもそれに当てはまらないことになります。



○議長(佐々木義信) 

 11番、森口議員



◆11番(森口昭徳) 

 この書類をずっと見ますとですね、総務大臣の許可が要るということがですね、そう認識するわけでございますけれども。当局側がですね、長崎県知事でいいと言われればですね、ここは、先の方の委員会で審議することでありますのでよろしくお願いしたいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 以上で質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第124号は、議長を除く定数25名の委員で構成する「予算審査特別委員会」を設置し、付託して審査したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第124号は「予算審査特別委員会・定数25名」を設置し、付託して審査することに決定しました。

 名簿を配布させますのでしばらくお待ちください。

     〔名簿配布〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          予算審査特別委員会

               平成18年6月12日設置



委員名


佐嘉田敏雄
池田政治


馬場正毅
岩本利雄


北川辰夫
中野良雄


田口 昇
浅田幸夫


田中隆一
中里 悟


山崎善仁
井田利定


渋江一文
杉本秀伸


森口昭徳
永田良一


杉澤泰彦
浅田直幸


志賀正剛
岸浦秀次


原口龍彦
浅本和夫


川岡純英
田川正毅


堀川政徳
 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐々木義信) 

 お諮りします。

 ただいま設置されました予算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によって、お手元に配りました名簿のとおり指名したいと思います。

 ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、予算審査特別委員会の委員は、お手元に配りました名簿のとおり選任することに決定しました。

 ただいま選任しました予算審査特別委員会委員は、休憩中に委員会を開催し、正副委員長の互選を行い、速やかに委員会の構成を終わるよう、委員会条例第10条第1項の規定によりここに招集します。委員会の開催場所を議員控え室に定めます。

 ここでしばらく休憩します。

     午前11時44分 休憩

     午前11時44分 再開



○議長(佐々木義信) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 休憩中に、予算審査特別委員会が開かれ、正副委員長の互選が行われましたので報告します。

 予算審査特別委員会委員長 佐嘉田敏雄議員

 予算審査特別委員会副委員長 中野良雄議員

 以上で報告を終わります。

 次に、日程第52.議案第125号 平成18年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)の質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第53.議案第126号 平成18年度西海市下水道事業特別会計予算(第1号)の質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第54.議案第127号 平成18年度西海市老人保健特別会計補正予算(第1号)の質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第55.議案第128号 平成18年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計補正予算(第1号)の質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第56.議案第129号 平成18年度西海市水道事業会計補正予算(第1号)の質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、日程第57.議案第130号 平成18年度西海市立病院事業会計補正予算(第1号)の質疑を行ないますが、通告による質疑はあっておりません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 これより議案第80号から議案第130号までの各議案の委員会付託を行います。

 お手元に配布のとおり、議案第124号を除く、議案第80号から議案第130号はそれぞれ各常任委員会に付託します。

 なお、本日採決した案件以外につきましては、22日の本会議で委員長報告・質疑・討論・採決を行ないます。

 以上をもちまして本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれをもちまして、散会といたします。

     午前11時57分 散会