議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成18年  3月 定例会(第1回) 03月27日−資料




平成18年  3月 定例会(第1回) − 03月27日−資料







平成18年  3月 定例会(第1回)



          平成18年第1回西海市議会定例会

            市政一般に対する質問一覧

              (登壇順)

+−−−−−−−−+

| 1.渋江一文議員|……………………………………………………………………… 360

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

| 2.川岡純英議員|……………………………………………………………………… 362

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

| 3.山崎善仁議員|……………………………………………………………………… 364

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

| 4.堀川政徳議員|……………………………………………………………………… 366

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

| 5.田川正毅議員|……………………………………………………………………… 368

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

| 6.浅田幸夫議員|……………………………………………………………………… 370

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

| 7.中野良雄議員|……………………………………………………………………… 373

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

| 8.永田良一議員|……………………………………………………………………… 375

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

| 9.杉澤泰彦議員|……………………………………………………………………… 376

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

|10.田中隆一議員|……………………………………………………………………… 377

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−−+

|11.佐嘉田敏雄議員|…………………………………………………………………… 378

+−−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

|12.田口 昇議員|……………………………………………………………………… 380

+−−−−−−−−+

+−−−−−−−−+

|13.岸浦秀次議員|……………………………………………………………………… 382

+−−−−−−−−+

               西海市議会

+−−−−−−−−+

| 1.渋江一文議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 県が導入予定のドクターヘリ事業と市の対応について

質問の要旨

 県は、救命救急医が現場到着時から治療しながら搬送できる救急搬送用「ドクターヘリ」を本年12月頃から導入する考えを明らかにしている。離島や半島の多い長崎県においては医師不足で救急態勢がぜい弱であったが、ドクターヘリの導入により、医療過疎地域での救命率向上への大きな期待がされる反面、問題点もあるものと思われる。そこで次のことについて伺う。

 ?要請マニュアルについて。

 ?ヘリポートの施設について。

質問事項(2)

 離島医療について

質問の要旨

 現在、西海市立松島診療所においては、14年間島の医療に携わっていただいた医師が退任し、2月9日から3月31日まで約50日間代理の医師により昼間のみの診療だけが行なわれ夜間診療ができない状態にある。島民の間には不安が募っているが、夜間診療の対応はどのように考えているのか。

質問事項(3)

 旧大瀬戸町が電源開発松島火力発電所から譲渡された旧開発電気寮の利活用について

質問の要旨

 この施設は昭和57年に松島火力発電所の完成と共に管理部門の従業員の寮として当時建てられたものである。寮の統合と共に旧大瀬戸町に平成16年度に譲渡されたものである。旧大瀬戸町時代に利活用について様々な議論がなされ現在に至っているが、西海市となった今、この施設を市長はどのように利活用するのか伺う。

+−−−−−−−−+

| 2.川岡純英議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 西海市総合計画に向けた平成17年度の具体的進捗状況及び平成18年度における考えについて

質問の要旨

 平成18年度は、西海市総合計画ができあがることとなるが、総務・企画振興・保健福祉・水道・教育委員会の各部門別の具体的な平成17年度の進捗状況及び平成18年度における考えはどうか。

質問事項(2)

 防犯対策にかかる、外灯整備について

質問の要旨

 このことは、平成17年第2回定例会においても質問し、数箇所の実施について確認しているが、現在までの進捗状況及び今後の対応はどのように考えているか。

質問事項(3)

 小学校入学にかかる、発達促進児等への対応について

質問の要旨

 近年、発達促進児の数が増加傾向にあり、市内幼稚園及び保育園において、小学校入学を控えた子供たちへの不安が高まっている。認定手帳を持った子供については、事前の準備も行なわれているが、判定対応が本市においては十分でなく、入学して学校による状況判断後の対応となっており、その間対象となる子供は、通常の学校生活を送ることとなり子育ての見地から適当とは考えられない。判定機関の充実により、事前に判断し適切な教育を施すことが、義務教育における行政の責任と考えられるがどうか。

質問事項(4)

 学童保育の充実の考えはないか

質問の要旨

 学童保育の利用児童は、保護者の共働き等により、年々増加しているが、施設及び対応が十分でない。対象児童は、今後益々増えていく状況の中で対応を市としてはどのように考えているか。

+−−−−−−−−+

| 3.山崎善仁議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 川内、皆割石地区の海岸埋め立てによる街づくりについて

質問の要旨

 この件については、旧西海町の議会でも要望したが、当時は自治体の違う西彼町と西海町にまたがっていることや、護岸工事そのものが農林水産省と国土交通省の管轄の違い等もあり、なかなか難しいとの答弁を受けたと記憶している。

 この地区の振興のため何とか事業の推進ができないか質問する。

 今、湾の中の状態を見ると、おそらく10年前よりはるかに沖合まで土砂の堆積が進んでいる。あと3メートル程度埋め立てたならば、国道並の高さになり、事業経費も考えているほどかからないと思う。

 川内、皆割石地区は公園や広場もなく、地域活動にかなりの不便をきたしている。ぜひ、この事業に取り組み、将来的には小迎交差点の渋滞解消のバイパス道路建設に繋げて貰いたいが、このことも含めてのこの地域の街づくりのビジョンについて伺う。

質問事項(2)

 人口定住促進対策について

質問の要旨

 合併後の西海市でも、年々人口減少を予測している。

 そこで私は、大きな効果は期待出来ないにしても、何らかの対策をし、人口減少を最小限に抑える必要があると思う。

 条件さえ整えば田舎に暮らしたいと思う都会の人は多い。いろいろな施策があると思うが、1つの提案として市外からの定住者専用のための住宅建設を進めることである。

 1つの提案をする。

(1)150坪あまりの土地を買い上げ、宅地を造成し、夫婦と子供1人程度が住める800万円から1000万円程度の住宅を建設する。(菜園付き住宅)

(2)住宅のオーナーを市民から募集し、建物の建設費の半分にあたる500万円を出資してもらう。あとの半分の建設費と宅地造成は市が負担する。

(3)出資したオーナーは居住者から毎月5万円の家賃収入を15年間受け取る。(5万円×180か月=900万円の家賃収入は市が保障する。)

 15年間の補修は、市が行う。

(4)この住宅に市外から定住した人に対し、15年間居住したら、土地、建物とも無償で譲渡する。この時点でオーナーの権利も消滅する。

(5)テストケースとして、3戸ほどのモデル建設をまずはやってみる。

 以上、1つの提案であるが、いろいろ法律的なことや問題点もあると思うが、まずは行動を起こすことだと思う。

 他に、もっといい、施策や進めようとしていることがあるなら報告を求める。

+−−−−−−−−+

| 4.堀川政徳議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 監査請求について

質問の要旨

 旧大島町臨時職員に対して退職金が支給された事で監査請求があっているが、市長の基本的な考えについて。

質問事項(2)

 臨時職員賃金について

質問の要旨

 一部の臨時職員に対して10月から賃金が変わっているが、この事に対する市長の基本的な考えは。

質問事項(3)

 自治組織について

質問の要旨

 今後の基本的な考えについて。

質問事項(4)

 産業廃棄物処理計画について

質問の要旨

 計画状況と市の考えは。

質問事項(5)

 一般廃棄物処理基本計画について

質問の要旨

 基本的な考えと計画の策定状況。

+−−−−−−−−+

| 5.田川正毅議員|

+−−−−−−−−+

質問の事項(1)

 公民館活動推進のための施策について

質問の要旨

 公民館活動を中核とした地域活性化を政策の柱として謳っているが、これまで具体的な施策がなされていないように思える。これまでの取り組みと今後の方針について。

質問の事項(2)

 「すてきに年を重ねるための運動教室」の普及について

質問の要旨

? 現在、市内数箇所で「転倒予防教室」が旧町時代から継続して開かれている。特に雪浦診療所においては「すてきに年を重ねるための運動教室」と名称も新たに、盛んな活動がなされているようである。介護予防事業として有効であると思うが、この事業に対する認識と今後西海市全域で行なう考えはないか。

? 公民館単位で取り組む考えはないか。

質問の事項(3)

 芸術・文化活動の育成支援と組織化について

質問の要旨

? 芸術・文化活動において、小中高における一貫教育と地域間交流に取り組む考えはないか。

? 社会人においては各地で多くの団体が精力的な活動を行なっているが、活動推進また市民融和のためにも組織化が必要と考えるが、いかがか。既に音楽団体では動きがあるようであるが、市の対応は。

質問の事項(4)

 住民監査請求に対する対応について

質問の要旨

 去る1月23日、旧大島町臨時職員60人に対して支払われた退職金(約3400万円)を公金の不当支出として監査請求がなされたが、市長の考えは。

質問の事項(5)

 「臨時職員」に対する認識と今後の雇用体制について

質問の要旨

 地方公務員法では臨時職員の任用は6か月以内であり、更新も6か月以内と制限されている。西海市の臨時職員採用において、この法律に抵触することがないようにすべきと考えるが、いかがか。

質問の事項(6)

 西海市の借地に対する今後の方針について

質問の要旨

 西海市においては、公共施設が借地に建設されている状況が見受けられる。今後、どのような対応をされるのか。

+−−−−−−−−+

| 6.浅田幸夫議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 総合支所の組織機能の見直しについて

質問の要旨

? 西海市行政改革推進委員会の中間報告の「組織の効率化」の中で、「各部署における企画立案の機能の強化を図る必要性があり、可能な部分から各支所の機能を本庁に移管することが望ましい」との中間報告について、市長の考えを伺いたい。

? 特に大瀬戸総合支所に関しては、西海市行政改革推進委員会の中間報告でも、「その機能を本庁に吸収することで、十分に住民サービスを展開できるものと思われ、早期に本庁に統合を求める」と指摘されていることに関して、市長の考えを伺いたい。

? 各総合支所の産業建設課、水道課を本庁に集約すれば、その機能と事業の円滑な運営が期待できる。その受け皿施設として、今年2月で営業が廃止された九州電力跡地等の活用は考えられないか、市長の考えを伺いたい。

質問事項(2)

 公の施設の管理及び指定管理者制度について

質問の要旨

 平成15年9月2日に地方自治法第244条の施設の管理が、これまでは公共団体や公共団体が2分の1以上出資する法人に限定されていたが、株式会社も含む「指定管理者制度」に変更された。この結果、議会の議決を経て民間会社を含む「指定管理者」を選定することとなった。また、それ以外の施設についても、今後の指定管理の方針を市長に伺いたい。

(1)〈資料1−9〉既に指定管理者制度に移行済みの4施設について。

? 公募によるものであるか。

?公募によるものであれば、それぞれの公募の方法、公募団体。

?公募したことによる委託料の減額はあったか。

(2)〈資料1−1〉先の2月の臨時会で条例の一部改正を行なった5施設について、現在どこまで作業が進んでいるか。

? 公募の周知(公募期間)。

? 選定委員会の設置。

? 選定基準の設置。

? 6月議会で指定管理者を決めるとの事であるが、4月〜6月までの予算執行はどうするのか。

(3)〈資料1−1〉指定管理者制度を導入する施設(施設ごと22施設・複数で一括して公募する13施設)のうち、未だ30施設について条例が改正されていない。法的には18年9月から実施することになっているが、事務作業が遅れている理由は。

(4)〈資料1−2〜資料1−3〉公募せずに特定の団体を指定する施設(56施設)について、その実施時期は。

(5)〈資料1−3〉民営化及び民間移譲が望ましい施設(15施設)について。

? 移譲先の選定方法。

? 民営化及び民間移譲の時期。

? 現在、施設に働く市職員の身分の取り扱いについて、職員組合との協議はされているか。

(6)〈資料1−4〜資料1−9〉直営が望ましい施設(208施設)について

? 西海市管理公社で行なっている施設は。

? 学校給食調理場が含まれていないが、行政改革推進委員会では、運営については離島を除く施設は早い段階で一本化することが望ましい。また、委託先については既存の給食会のほか、民間業者を幅広く募集し、保護者等を入れたオープンな選考会で決定することが望ましいとの指摘があっているが、市長の考えを伺いたい。

? 将来、指定管理が望まれる施設は。

質問事項(3)

 教職員住宅空き家の民間利用について

質問の要旨

 西海市の教職員住宅の利用状況は、別紙(資料−2)のとおりとなっている。その中で空き家戸数は、西彼町22戸のうち2戸、西海町は33戸のうち4戸、大島町は32戸のうち17戸、崎戸町は40戸のうち4戸、大瀬戸町は42戸のうち19戸である。

 特に大島町と大瀬戸町は空き家率が、大島町54%、大瀬戸町45%と高く、利用者が減少している。この中には永年利用されていない住宅も多く見受けられる。

 住民からはこの空き家を民間の住民にも利用できないか要望が上がっている。少子化のため児童数が減少し、複式学級を余儀なくされている小学校も出てきている。

 そのためにも若い夫婦を対象に、空き家の民間利用ができないか市長の考えを伺いたい。

+−−−−−−−−+

| 7.中野良雄議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 子どもを守る安全対策について。

質問の要旨

? 子どもを守るため保護者やPTA並びに学校が連携し、携帯電話を利用した通報連絡ネットワークづくりを。

? 子どもたちの安全確保のため防犯街灯の整備と維持管理への補助制度の継続を。

質問事項(2)

 養護老人ホーム緑風園の管理経営について

質問の要旨

? 土、休日は調理員が無配置のため看護師や寮母等が調理している。このことに対し県の監査指導を受けていると聞くが、改善策は講じているのか。

? 園長が平成17年度から民間委託となっている。業務上の責任体制並びに管理運営面から適当ではないと思うが、今後の方針は。

? 老朽化した備品の整備について、特に空調設備は使用不可能なものもある。入園者の生活環境改善のため早急な整備が必要である。

? 緑風園の予算は一般会計に計上されているが、事業内容からして特別会計が適当と考えるが。

質問事項(3)

 市民の安全対策について

質問の要旨

? 水道水源の水質保全を図るため、水源保護区域を指定している。今後の西海市の水源確保のために、水源保護区域の拡大を図るべきと考えるが。

? 公害を防止し市民の健康を守り、生活環境を保全するため、公害防止条例に基づいた事業者との公害防止協定は確実に締結されているのか。

? 事業者から事業所設置の届出書が提出されているのか。

質問事項(4)

 西海市公共施設等管理公社の法人化について

質問の要旨

 西海市公共施設等管理公社の法人化を図り、施設管理と合わせ非常勤職員の身分保障を図るべきと考えるが。

+−−−−−−−−+

| 8.永田良一議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 農業振興について

質問の要旨

? 西彼農業機械銀行と西海機械利用組合との一本化は。

? 西海市認定農家の統合について。

? 旧農業改良普及センター跡地に農業振興公社の移転活用計画は。

? 産炭地域新産業創造等基金助成事業の内容について。

質問事項(2)

 各学校施設について

質問の要旨

 各学校内の危険箇所の調査は出来ているか。

+−−−−−−−−+

| 9.杉澤泰彦議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 コミュニティバス研究その後の経過について

質問の要旨

 西海市の一体化を進めるために、市内間交通網の整備、充実が必要であることから平成17年6月定例会においてコミュニティバスの運行について質問したところである。

 17年度は研究のための予算を組んでいるとのことであったが、年度末を迎えた今、どのような協議、研究がなされたのか、また、運行について目途はついたのか、その後の経過を伺いたい。

質問事項(2)

 西海市の特色ある教育について

質問の要旨

 昨年、12月18日に西海市、中・高保護者教職員合同研修会が開催された。教育長が基調提案で主張されていた校種を超えたスクラム教育は今後の西海市において、是非、取り入れるべき教育モデルであると思われる。

 提案の中で五島市の奈留島による中高一貫教育の成功例を紹介されたが、西海市においては、それ以上に期待が持てるとのことであった。特に大崎高の場合、潜在的な効果が大きいとの判断をされていたが、早速、18年度から中高一貫教育にむけて何らかの取り組みをすべきである。加えて、小中学校の連携もこれまで以上密にする必要がある。考えをお聞きしたい。

+−−−−−−−−+

|10.田中隆一議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 市政に対する信頼回復並びに醸成について

質問の要旨

? 行政職員の不祥事が社会問題化している矢先、本市においても臨時職員の不祥事が発覚し対応が求められるが、所見を問う。

? 西海ツーリズム協会への消費税、延滞税、無申告加算税など追徴課税について責任の所在は。

? 地方自治法、地方公務員法に伴う条例、規則、規程の周知徹底と綱紀粛正についての考えを問う。

質問事項(2)

 教育行政一般について

質問の要旨

? 学習指導要領の改訂により、総合学習の時間の見直しなどが提起されているようだが、市教育委員会として今後の具体的対応と教育長の所見、また市内学校現場の反応について。

? 幼児、小学生児童が凶悪犯罪に巻き込まれる事件が後をたたないが、市内各小学校、幼稚園において登下校時の安心安全対策はいかに。

? 小中学校における不登校、ひきこもりの実態と対応策について。

? 教育予算の効果的な事務処理の遅延について苦情が聞かれる。特に社会体育関係、私立幼稚園等運営費補助金の支払事務遅延の理由と対応について。

+−−−−−−−−−+

|11.佐嘉田敏雄議員|

+−−−−−−−−−+

質問事項(1)

 LCAC施設建設について

質問の要旨

? LCAC施設建設工事の進捗状況と今後の見通し、防衛施設局から示された工事の工程に変更はないのか。

? LCAC運行、運用における米海兵隊の配置人員と施設の内容は。

? 新防衛道路が西ノ又線から旧横瀬グラウンドまで約2キロの工事が完成しているが、貯油所ゲートまでの区間が未整備である。この問の道路改良は急務と思うが、どのような対策を考えているのか。

質問事項(2)

 防衛施設周辺の生活環境の整備(周辺対策事業)と基地対策室の設置について

質問の要旨

 防衛施設の設置、若しくは運用により生じる障害の防止等のため、周辺地域の生活環境の整備について必要な措置を講じて、関係住民の生活及び福祉の向上に寄与するということで、その目的がある。基地が所在することに伴って起こる住民生活への影響を勘案して、いわゆる基地対策としての補助金、交付金である。

? 障害防止工事の助成、第3条の取り組み指定はできないか。

? 第8条、民生安定施設整備への助成、第9条、特定防衛施設周辺整備調整交付金の交付指定は受けている。第8条、第9条の補助事業の年次計画、実施事業は策定しているのか。

? 防衛施設周辺の対策事業やLCAC運用と貯油所施設に関すること、または米兵による事件、事故等々について、防衛施設局との協議、連携といった基地に対する現実的な対応をするため、情報を常にとる体制は必要と思う。基地対策室の設置について考えを伺う。

質問事項(3)

 西海市立横瀬保育所の建設について

質問の要旨

 旧西海町で15年度から公設民営ということで社会福祉法人「西海市社会福祉協議会」に運営委託がなされている。横瀬保育所については、施設の老朽化が進んでおり、幼児教育の環境面や職員の働きの場としても快適とは言えない。保護者からも建設要望の声も多く、その対策は必要である。地域の子育て支援、学童保育さらには地域の福祉向上の拠点として活用ができる施設建設が望まれるが市長の考えを伺う。

質問事項(4)

 地域コミュニティーの活性化策について

質問の要旨

? 2007年問題と言う言葉をよく耳にするようになった。1947年〜49年生まれの団塊世代が一線から引退し始める年で消費、生活スタイルなどで大きな変化が起こってくると予想されている。本市は豊かな自然と大地、さらには地域コミュニテーにおける人情味の深い地域である。新たな成長の発進基地として「退職後は我が地方で」と、その良さを売り込むといった幅広い魅力の創造を考えるべきと思う。心の豊かさを工夫するような生活、地方で生き方を見つけ、今の生活も良いものだと自信をもって言える地域づくりが求められていると思う。「退職後は我が地方で」「出身地の田舎で暮らそう」を掲げ、取り組む考えはないか。

? こうした事業を展開するには自治体もさることながら、基となるのは地域コミュニティーの活性が求められるが、公民館活動の補助事業、支援策はどのように取り組むのかを伺う。

+−−−−−−−−+

|12.田口 昇議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 合併協定書の検証

質問の要旨

 法定協議会での45項目にわたる協議事項が確認され合併協定書への調印、平成17年4月1日西彼北部5町合併、西海市がスタートまもなく1年、振り返って協定事項の主な点について検証し、これまでの経過及び今後の方向づけについて。

? 新市の事務所の位置、総合支所方式。

  新庁舎の建設の方向づけ。

? 事務機構及び組織。

  新市における事務機構組織の整備方針。

? 新市建設計画(財政計画)。

  合併特例債の未発行について。

? 職員の身分の取り扱い。

  定数、給与の適正化。

? 各種団体への補助金、交付金等の取扱いについて。

? 納税関係の取扱い。

  納税報奨金等について。

質問事項(2)

 公立公民館及び自治公民館の活動と運営について

質問の要旨

 高齢化社会の中で余暇時間の増加とともに心の豊かさを求めるニーズが高まっている。生涯学習に対する要望も多様化している。いつでも、どこでも、だれもが参加できる学習の場、地域の事は地域で話し合い実践を行う場こそ公民館活動である。組織のリーダーの育成と助成措置について。

質問事項(3)

 西彼町漁協の補助金不正受給について

質問の要旨

? 補助金返還命令に対する漁協の対応。

? 補助金の使途に対する調査。

? 今後の対応と漁業振興策について。

+−−−−−−−−+

|13.岸浦秀次議員|

+−−−−−−−−+

質問事項(1)

 平成18年度予算案について

質問の要旨

? 財政的にきびしい中において重点的に取り組み、予算化できた施策は。

? 土木費の落ち込みが大きいが、来期以降の予算規模の見込みは。

質問事項(2)

 LCAC(防衛施設局)工事関連について

質問の要旨

? これから建設工事が本格化していく中で諸問題に対応できる専任の職員の育成が必要だと思うが、市長の考えは。

? 今後6年〜7年位で150億円程度の工事費であると聞いている。西海市の建設工事が減少する中で市内業者にとり経済波及効果の大きい工事であると思うが、市としての取り組み方は。

質問事項(3)

 指名入札制度及び契約規則について

質問の要旨

? 現在、地域性を考慮しない指名入札が見受けられるが、市長の考えは。

? ランダム制度導入の経過と運用について。

     平成18年第1回西海市議会定例会 発言通告表(質疑)



発言議員
発言種別
発言要旨
答弁を求める者


17番議員
 田中隆一
質疑
1.議案第46号 平成18年度西海市一般会計予算
  ? 予算規模において下方修正の理由。
  ? 市税について。
     対前年比マイナス6.2%、1億8311万1000円減額の根拠
  ? 地方交付税について。
     前年並、構成比上昇の理由
  ? 人件費
     当初財政計画比大幅な人件費増となっている。原因と長期財政計画見直しの必要性について
市長


2.議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算
(第7号)
  ? 8款土木費,7項住宅費
     徳万団地敷地購入費
  ? 10款教育費,4項幼稚園費
     私立幼稚園運営費補助金
市長
教育長


11番議員
 森口昭徳
質疑
1. 議案第46号 平成18年度西海市一般会計予算
  ? 4款衛生費,1項保健衛生費,6目病院事業費
     平成18年度の病院事業の収支等業績の見通しについて。
  ? 6款農林水産費,2項林業費,2目林業振興費,13節委託料 松くい虫防除事業委託料
     平成17年度の事業成果について。
市長


10番議員
 永田良一
質疑
1. 議案第46号 平成18年度西海市一般会計予算
  281ページ 7款商工費,1項商工費,2目商工振興費,21節貸付金 産業振興資金貸付金 1億円
市長


2.議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算
(第7号)
 10款教育費,4項幼稚園費,1目幼稚園費,19節負担金補助及び交付金 幼稚園教育振興費補助金
  ? 私立幼稚園の経営内容と今後の見通しは。
  ? 幼稚園教育に対する市長の考え。
教育長
市長


19番議員
 田口 昇
質疑
1.議案第18号 西海市ゲートボール場の設置及び管理に関する条例の制定について
2.議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算
(第7号)
 ? 41ページ 21款諸収入,4項貸付金元利収入,1目貸付金元利収入,1節貸付金元金収入 ▲500万円
 ? 93ページ 8款土木費,7項住宅費,1目住宅管理費,17節公有財産購入費 4725万円
3.議案第46号 平成18年度西海市一般会計予算
  新市財政計画との整合性について、次のことについて伺う。
  歳入全般(市税、地方交付税、市債他の見通しについて)
  歳出全般(平成18年度中の予算総額の見通しについて)
市長


12番議員
 杉本秀伸
質疑
1.議案第46号 平成18年度西海市一般会計予算
  歳出 3款民生費,1項社会福祉費,7目地域支援事業費
  地域包括支援センターの業務内容と各町にある保健センターの運営について。
2.議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算
(第7号)
  ? 歳入 21款諸収入,5項雑入
  産炭地域新産業創造等基金助成金の減額 ▲5400万円の内容について。
  ? 歳出 6款農林水産費,3項水産業費,2目水産振興費
  ・水産加工処理施設整備事業補助金 ▲7500万円
  ・水産物鮮度保持施設整備事業補助金▲7600万円
  の理由と今後の産炭地の基金活用の影響について。
市長


20番議員
 中野良雄
質疑
1.議案第20号 西海市国民保護協議会条例の制定について
  西海市国民保護協議会の構成、期間、設置目的について。
2.議案第21号 西海市国民保護対策本部及び西海市緊急対処事態対策本部条例の制定について
  国民保護現地対策本部の役割と構成について。
3.議案第25号 西海市医療検討委員会条例の制定について
  具体的な諮問内容について。
4.議案第32号 西海市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
  選定委員会の構成について。
5.議案第46号 平成18年度西海市一般会計予算
 ?2款総務費,1項総務管理費
  職員研修の具体的内容について。
 ?4款衛生費,2項清掃費
  リサイクル対策について。(主要事業5ページ)
 ?6款農林水産費,3項水産業費
  大島まちおこし公社の運営状況について。
市長


 ?10款教育費,2項小学校費
  西海市小学校体育大会開催について。
           (主要事業10ページ)
教育長



       平成18年第1回西海市議会定例会議案付託表



付託委員会
議案番号
件名


総務
議案第18号
西海市ゲートボール場の設置及び管理に関する条例の制定について


総務
議案第19号
西海市行政財産使用料条例の制定について


総務
議案第20号
西海市国民保護協議会条例の制定について


総務
議案第21号
西海市国民保護対策本部及び西海市緊急対処事態対策本部条例の制定について


総務
議案第22号
西海市合併市町村振興基金条例の制定について


産業建設
議案第23号
西海市浄化槽整備推進基金条例の制定について


文教厚生
議案第24号
西海市健康づくり推進協議会条例の制定について


文教厚生
議案第25号
西海市医療検討委員会条例の制定について


文教厚生
議案第26号
西海市障害程度区分認定審査会の委員の定数等を定める条例の制定について


総務
議案第27号
西海市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について


総務
議案第28号
西海市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について


総務
議案第29号
西海市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について


総務
議案第30号
西海市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について


総務
議案第31号
西海市証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について


総務
議案第32号
西海市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を改正する条例の制定について


総務
議案第33号
西海市地区集会施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について


総務
議案第34号
西海市消防団条例の一部を改正する条例の制定について


産業建設
議案第35号
西海市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について


産業建設
議案第36号
西海市営特定公共賃貸住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について


産業建設
議案第37号
西海市横瀬浦公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について


産業建設
議案第38号
西海市崎戸炭鉱記念公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について


文教厚生
議案第39号
西海市福祉医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について


産業建設
議案第40号
西海市地域下水道条例の一部を改正する条例の制定について


産業建設
議案第41号
西海市西彼農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について


総務
議案第42号
西海市西海農民センター指定管理者の指定について


産業建設
議案第43号
西海市横瀬浦公園指定管理者の指定について


産業建設
議案第44号
公有水面埋立免許出願について


産業建設
議案第45号
あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について


予算審査特別
議案第46号
平成18年度西海市一般会計予算


文教厚生
議案第47号
平成18年度西海市国民健康保険特別会計予算


産業建設
議案第48号
平成18年度西海市簡易水道事業特別会計予算


文教厚生
議案第49号
平成18年度西海市老人保健特別会計予算


産業建設
議案第50号
平成18年度西海市下水道事業特別会計予算


総務
議案第51号
平成18年度西海市宅地開発事業特別会計予算


総務
議案第52号
平成18年度西海市交通船特別会計予算


文教厚生
議案第53号
平成18年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計予算


産業建設
議案第54号
平成18年度西海市水道事業会計予算


産業建設
議案第55号
平成18年度西海市工業用水道事業会計予算


文教厚生
議案第56号
平成18年度西海市立病院事業会計予算


予算審査特別
議案第57号
平成17年度西海市一般会計補正予算(第7号)


文教厚生
議案第58号
平成17年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)


産業建設
議案第59号
平成17年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


産業建設
議案第60号
平成17年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第3号)


総務
議案第61号
平成17年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)


総務
議案第62号
平成17年度西海市交通船特別会計補正予算(第3号)


産業建設
議案第63号
平成17年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)


産業建設
議案第64号
平成17年度西海市工業用水道事業会計補正予算(第2号)


文教厚生
議案第65号
平成17年度西海市立病院事業会計補正予算(第2号)



                           平成18年3月23日

西海市議会議長 佐々木義信様

                    総務常任委員長 志賀正剛

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第61号
平成17年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第62号
平成17年度西海市交通船特別会計補正予算(第3号)
原案可決



                           平成18年3月23日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  産業建設常任委員長 田口 昇

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第59号
平成17年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第60号
平成17年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第63号
平成17年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第64号
平成17年度西海市工業用水道事業会計予算(第2号)
原案可決



                           平成18年3月23日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  文教厚生常任委員長 杉澤泰彦

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第58号
平成17年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
原案可決


議案第65号
平成17年度西海市立病院事業会計予算(第2号)
原案可決



                           平成18年3月23日

西海市議会議長 佐々木義信様

               予算決算審査特別委員長 佐嘉田敏雄

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第57号
平成17年度西海市一般会計補正予算(第7号)
別紙の通り修正議決すべきものと決定



議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算(第7号)に対する修正案

 議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算(第7号)の一部を次のように修正する。

第1条中 「507,000千円」を「554,250千円」に、「23,012,000千円」を「22,964,750千円」に改める。

第1表 歳入歳出予算補正の一部を次のように改める。

(歳入)                        (単位:千円)





補正前額
今回補正額
合計


11.地方交付税
 

7,780,360
152,574
199,824
7,932,934
7,980,184


1.地方交付税

7,780,360
152,574
199,824
7,932,934
7,980,184


歳入合計

23,519,000
▲554,250
▲507,000
22,964,750
23,012,000



(歳出)                        (単位:千円)





補正前額
今回補正額
合計


8.土木費
 

1,644,058
▲57,873
▲10,623
1,586,185
1,633,435


7.住宅費

344,798
20,801
68,051
365,599
412,849


歳出合計

23,519,000
▲554,250
▲507,000
22,964,750
23,012,000



(参考)平成17年度 西海市一般会計補正予算(第7号)修正案に関する説明書

            歳入歳出予算事項別明細書

1 総括

(歳入)

                            (単位:千円)




補正前額
今回補正額
合計


11.地方交付税

7,780,360
152,574
199,824
7,932,934
7,980,184


歳入合計

23,519,000
▲554,250
▲507,000
22,964,750
23,012,000



(歳出)

                            (単位:千円)




補正前額
今回補正額
合計
補正予算額の財源内訳


特定財源
一般財源


国県支出金
地方債
そのほか


8.土木費

1,644,058
▲57,873
▲10,623
1,586,185
1,633,435

13,388

▲85,400

400
13,739
60,989


歳出合計

23,519,000
▲554,250
▲507,000
22,964,750
23,012,000

▲198,373

▲106,000

▲361,452
111,575
158,825



2 歳入

 款11 地方交付税

   項1 地方交付税                 (単位:千円)




補正前額
今回補正額
合計

説明


区分
金額
 


1.地方交付税

7,780,360
152,574
199,824
7,932,934
7,980,184
1.地方交付税
152,574
199,824
普通交付税




7,780,360
152,574
199,824
7,932,934
7,980,184
 
 
 



3 歳出

 款8 土木費

  項7 住宅費                    (単位:千円)




補正前額
今回補正額
合計
補正額の財源内訳


特定財源
一般財源

説明


国県支出金
地方債
そのほか

金額
 


1.住宅管理費

81,802
0
47,250
81,802
129,052

1,276

1,017
 
▲2,293
44,957
17.公有財産購入費
0
47,250
徳万団地敷地購入費




344,798
20,801
68,051
365,599
412,849

23,095

▲28,100

4,300
21,506
68,756
 
 
 



                           平成18年3月24日

西海市議会議長 佐々木義信様

                    総務常任委員長 志賀正剛

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第18号
西海市ゲートボール場の設置及び管理に関する条例の制定について
原案可決


議案第19号
西海市行政財産使用料条例の制定について
原案可決


議案第20号
西海市国民保護協議会条例の制定について
原案可決


議案第21号
西海市国民保護対策本部及び西海市緊急対処事態対策本部条例の制定について
原案可決


議案第22号
西海市合併市町村振興基金条例の制定について
原案可決


議案第27号
西海市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第28号
西海市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第29号
西海市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第30号
西海市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第31号
西海市証人等の実費弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第32号
西海市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第33号
西海市地区集会施設等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第34号
西海市消防団条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第42号
西海市西海農民センター指定管理者の指定について
原案可決


議案第51号
平成18年度西海市宅地開発事業特別会計予算
原案可決


議案第52号
平成18年度西海市交通船特別会計予算
原案可決



                           平成18年3月24日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  産業建設常任委員長 田口 昇

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第23号
西海市浄化槽整備推進基金条例の制定について
原案可決


議案第35号
西海市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第36号
西海市営特定公共賃貸住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第37号
西海市横瀬浦公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第38号
西海市崎戸炭鉱記念公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第40号
西海市地域下水道条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第41号
西海市西彼農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第43号
西海市横瀬浦公園指定管理者の指定について
原案可決


議案第44号
公有水面埋立免許出願について
原案可決


議案第45号
あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について
原案可決


議案第48号
平成18年度西海市簡易水道事業特別会計予算
原案可決


議案第50号
平成18年度西海市下水道事業特別会計予算
原案可決


議案第54号
平成18年度西海市水道事業会計予算
原案可決


議案第55号
平成18年度西海市工業用水道事業会計予算
原案可決



                           平成18年3月24日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  文教厚生常任委員長 杉澤泰彦

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第24号
西海市健康づくり推進協議会条例の制定について
原案可決


議案第25号
西海市医療検討委員会条例の制定について
原案可決


議案第26号
西海市障害程度区分認定審査会の委員の定数等を定める条例の制定について
原案可決


議案第39号
西海市福祉医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について
原案可決


議案第47号
平成18年度西海市国民健康保険特別会計予算
原案可決


議案第49号
平成18年度西海市老人保健特別会計予算
原案可決


議案第53号
平成18年度西海市特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘特別会計予算
原案可決


議案第56号
平成18年度西海市立病院事業会計予算
原案可決



                           平成18年3月24日

西海市議会議長 佐々木義信様

               予算決算審査特別委員長 佐嘉田敏雄

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第46号
平成18年度西海市一般会計予算
原案可決



                           平成18年3月24日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  文教厚生常任委員長 杉澤泰彦

              請願審査報告書

 本委員会に付託された請願を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第134条の規定により報告します。



受理番号
付託年月日
件名
審査の結果


請願第1号
平成18年3月8日
市町村の実状に応じたきめ細かな教育が可能となるよう、次期定数改善計画の実施を求める意見書の採択に関する請願
採択



発議第1号

                           平成18年3月27日

西海市議会議長 佐々木義信様

                提出者 西海市議会議員 浅本和夫

                賛成者 西海市議会議員 志賀正剛

                賛成者 西海市議会議員 田口 昇

                賛成者 西海市議会議員 杉澤泰彦

       庁舎に関する調査特別委員会設置に関する決議

 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

       庁舎に関する調査特別委員会設置に関する決議

 次のとおり、庁舎に関する調査特別委員会を設置するものとする。

                 記

1.名称     庁舎に関する調査特別委員会

2.設置の根拠  地方自治法第110条及び西海市議会委員会条例第6条

3.目的     庁舎に関する調査

4.期間     平成18年3月27日から調査終了まで

5.委員の定数  9名

6.その他    本委員会は、閉会中もなお継続調査とする。

発議第2号

                           平成18年3月27日

西海市議会議長 佐々木義信様

                提出者 西海市議会議員 杉澤泰彦

                賛成者 西海市議会議員 渋江一文

                賛成者 西海市議会議員 浅本和夫

     子どもたちが安全に過ごせる地域づくりを推進する決議

 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   子どもたちが安全に過ごせる地域づくりを推進する決議(案)

 子どもたちは将来を約束された、かけがえのない地域の財産である。今、幼い命や、これからまさに羽ばたこうとする若い命を無残にも奪い取る事件が多発している。登下校中、見知らぬ暴漢によって殺害された悲惨な事件、信頼すべき顔見知りや隣人の大人によって殺害された痛ましい事件などが全国各地で報道されている。それぞれの事件における、被害者が受けた恐怖、痛み、そして尊い生命が断ち切られた無念さは、我々の言葉をもって意を尽くすことはできない。また、残された遺族の悲しみを思うとき、今後、このように卑劣な事件が起こることを決して許してはならない。

 現在、学校現場では集団下校を実践し、また、通学路のうち盲点となる区間の検証とその対応に取り組んでいる。子どもたちにも危険の回避、遭遇時の対応が指導されている。今後も地域住民の協力を得ながら、安全教育が徹底されることを心より願うものである。

 西海市では現在、子どもに対する凶悪犯罪は発生していないが、これからも、本来地元が有している「地域力」を十分に生かし、子どもたちの安全を確保していかなければならない。そのためには、まず、犯罪を起こさせない地域の中の意識づくりが重要である。学校での安全性は言うまでもなく、犯罪を発生させない地域環境づくりを目指し、市民1人ひとりが子どもの安全に対し、高い意識を持つ必要がある。子どもたちが安全に過ごせる環境をつくることを西海市の最大目標の1つとし、全市民が一丸となって取り組まなければならない。

 西海市議会は行政、学校、家庭、地域社会と一体となり、子どもたちが安心して暮らせる西海市の実現に向け、全力で取り組むことを決意し、ここに表明する。

 以上、決議する。

平成  年  月  日

                              西海市議会

発議第3号

                           平成18年3月27日

西海市議会議長 佐々木義信様

                提出者 西海市議会議員 杉澤泰彦

                賛成者 西海市議会議員 渋江一文

                賛成者 西海市議会議員 浅本和夫

   市町村の実情に応じたきめ細かな教育が可能となるよう、次期定数改善計画の実施を求める意見書の提出について

 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   市町村の実情に応じたきめ細かな教育が可能となるよう、次期定数改善計画の実施を求める意見書(案)

 子どもたちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤づくりにとってきわめて重要なことである。教育義務は憲法の要請に基づき、子どもたち1人ひとりが国民として必要な基礎的資質を培うためのセーフティーネットであり、義務教育の全国水準の維持向上や機会均等を確保するのは国の債務である。

 かつ、教育における地方分権は、時代の重要な要請であり、地方において地域の実情に応じた多様で、きめ細やかな教育が可能となるよう、各地方自治体の取り組みがいっそう必要となっている。

 しかし、公務員の「総人件費改革基本指針」の中では「特に人員の多い教職員について、自然減を上回る純減」が提起された。財政縮減を重視するのみでは、様々な地域的事情や課題を抱えた地方の教育が縮小され、切り捨てられることに繋がりかねない。

 全国知事会や全国市長会等も要望しているように、「次期教職員定数改善計画の早期策定」や「教職員配置の更なる充実」が必要である。

 教育予算は未来への先行投資であり、子どもたちに最善の教育環境を提供していくことは、社会的な使命である。

 よって、国におかれては、義務制第8次・高校第7次教職員定数改善計画を実施すること。

 また、自然減を上回る教職員定数の削減を行なうことなく、学校現場に必要な教職員の人員・人材を確保することを実現されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成  年  月  日

                              西海市議会

          閉会中継続調査申出一覧表



委員会名
付託事件


議会運営委員会
(1)議長の諮問にかかる次の議会(定例会までの間の臨時会を含む)の会期、会期日程等議会運営の基本に関する事項
(2)(1)以外の議長の諮問にかかる事項
(3)議会運営に関する事項について


総務常任委員会
行財政(臨時職員、公共施設等管理公社等)について


産業建設常任委員会
(1)指定管理者制度の導入について
(2)危険箇所の状況について


文教厚生常任委員会
(1)改正介護保険法の研究について
(2)市内公立幼稚園及び私立保育園施設等の現状について
(3)市内ごみ処理施設の現状について