議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 西海市

平成18年  3月 定例会(第1回) 03月24日−05号




平成18年  3月 定例会(第1回) − 03月24日−05号







平成18年  3月 定例会(第1回)



     平成18年第1回西海市議会定例会議事日程(第5号)

                  平成18年3月24日(金)午前10時開議

日程第1 議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算(第7号)

日程第2 議案第58号 平成17年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

日程第3 議案第59号 平成17年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第4 議案第60号 平成17年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第5 議案第61号 平成17年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)

日程第6 議案第62号 平成17年度西海市交通船特別会計補正予算(第3号)

日程第7 議案第63号 平成17年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)

日程第8 議案第64号 平成17年度西海市工業用水道事業会計補正予算(第2号)

日程第9 議案第65号 平成17年度西海市立病院事業会計補正予算(第2号)

日程第10 議案第66号 西海市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

日程第11 議案第67号 西海市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について

        平成18年第1回西海市議会定例会会議録

                              (第5号)

招集年月日    平成18年3月24日

招集の場所    西海市議会議場

開会(開議)   3月24日 午前10時15分宣告(第18日)

応(不応)招議員及び出席並びに欠席議員

(凡例) ◯ 出席 ▲ 欠席 × 不応招 ▲◯ 公務欠席

      1 堀川政徳   ◯     14 井田利定   ◯

      2 田川正毅   ◯     15 山崎善仁   ◯

      3 川岡純英   ◯     16 中里 悟   ◯

      4 浅本和夫   ◯     17 田中隆一   ◯

      5 原口龍彦   ◯     18 浅田幸夫   ◯

      6 岸浦秀次   ◯     19 田口 昇   ◯

      7 志賀正剛   ◯     20 中野良雄   ◯

      8 浅田直幸   ◯     21 北川辰夫   ◯

      9 杉澤泰彦   ◯     22 岩本利雄   ◯

     10 永田良一   ◯     23 馬場正毅   ◯

     11 森口昭徳   ◯     24 池田政治   ◯

     12 杉本秀伸   ◯     25 佐嘉田敏雄  ◯

     13 渋江一文   ◯     26 佐々木義信  ◯

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名

  市長          山下純一郎  大島総合支所長     代田末継

  助役          藤原敬一   崎戸総合支所長     欠席

  収入役         欠席     大瀬戸総合支所長    竹口一幸

  総務部長        橋口壽美夫  教育長         佐古寶松

  企画振興部長      林 俊範   教育次長        山口重俊

  保健福祉部長      平野直幸

  産業建設部部長     山瀧正久

  水道部長        相川徳治

  西彼総合支所長     葉山千年

  西海総合支所長     太田孝明

職務のため出席した者の職氏名

  事務局長        大浦正明   書記          谷口高利

     午前10時15分 開議



○議長(佐々木義信) 

 みなさん、おはようございます。

 ただ今の出席議員は26名です。

 これから、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりです。



○議長(佐々木義信) 

 日程第1.議案第57号から日程第9.議案第65号までを一括議題とし、各委員長の審査報告を求めます。

 予算審査特別委員長、佐嘉田敏雄議員。



◆予算審査特別委員長(佐嘉田敏雄) 〔登壇〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                           平成18年3月23日

西海市議会議長 佐々木義信様

               予算決算審査特別委員長 佐嘉田敏雄

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第57号
平成17年度西海市一般会計補正予算(第7号)
別紙の通り修正議決すべきものと決定



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今回の修正可決となった経緯を報告します。旧大島町長と企業との間に取り交わされた紳士協定により、今回の一般会計補正予算で経常されている徳万団地敷地購入費について議論がなされた。その中の議論として、財政厳しい折になぜこの土地を購入すべきか。また購入するのであれば優先順位を計画し、きちんとした企業との契約交渉、さらには議会の協議を経て改めて提案し財政状況を見ながら購入すべきではないか。それからでも遅くはないとの見解から、この補正予算案については、賛成・反対と様々な討論がなされ、採決を行なった結果、当委員会としては修正すべきと決定した。

 以上で予算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(佐々木義信) 

 以上で予算審査特別委員長の報告を終わります。

 総務常任委員長、志賀正剛議員。



◆総務常任委員長(志賀正剛) 〔登壇〕

 おはようございます。当総務常任委員会に付託されました議案61号また第62号の報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                           平成18年3月23日

西海市議会議長 佐々木義信様

                    総務常任委員長 志賀正剛

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第61号
平成17年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)
原案可決


議案第62号
平成17年度西海市交通船特別会計補正予算(第3号)
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 なお、常任委員会の審査経過報告書は、お手元に配布のとおりです。



○議長(佐々木義信) 

 以上で総務常任委員長の報告を終わります。

 産業建設常任委員長、田口 昇議員。



◆産業建設常任委員長(田口昇) 〔登壇〕

 おはようございます。産業建設常任委員会に付託されました事件の報告を申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                           平成18年3月23日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  産業建設常任委員長 田口 昇

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第59号
平成17年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第60号
平成17年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第63号
平成17年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)
原案可決


議案第64号
平成17年度西海市工業用水道事業会計補正予算(第2号)
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 なお、産業建設常任委員会における審査経過報告書につきましては、お手元に配布をしておりますのでお目通しいただきたいと思います。これで報告を終わります。



○議長(佐々木義信) 

 以上で産業建設常任委員長の報告を終わります。

 次に、文教厚生常任委員長、杉澤泰彦議員。



◆文教厚生常任委員長(杉澤泰彦) 〔登壇〕

 文教厚生常任委員会に付託されました議案第58号、議案第65号の審査についてご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                           平成18年3月23日

西海市議会議長 佐々木義信様

                  文教厚生常任委員長 杉澤泰彦

              委員会審査報告書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                 記



事件の番号
件名
審査の結果


議案第58号
平成17年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
原案可決


議案第65号
平成17年度西海市立病院事業会計補正予算(第2号)
原案可決



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 審査経過につきましては、お手元に報告書を配布しとりますのでよろしくお願いします。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 以上で文教厚生常任委員長の報告を終わります。

 これより、予算審査特別委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、総務常任委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、産業建設常任委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 次に、文教厚生常任委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 以上で各委員長報告に対する質疑を終わります。

 次に議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算(第7号)について討論を行いますが、通告があっておりません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算(第7号)ついて、採決します。

 採決の方法は起立で行います。

 本案に対する委員長の報告は、修正です。

 本案は委員長の報告のとおり可決することに賛成の方は、起立願います。

     〔賛成者起立〕

 起立、多数です。

 したがって、議案第57号 平成17年度西海市一般会計補正予算(第7号)については、委員長の報告のとおり可決されました。

 次に議案第58号 平成17年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について討論を行いますが、通告はあっておりません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第58号 平成17年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について、採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第58号 平成17年度西海市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)については、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。

 次に議案第59号 平成17年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について討論を行いますが、通告はあっておりません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第59号 平成17年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について、採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第59号 平成17年度西海市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)については、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。

 次に議案第60号 平成17年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について討論を行いますが、通告はあっておりません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第60号 平成17年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第3号)について採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第60号 平成17年度西海市下水道事業特別会計補正予算(第3号)については、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。

 次に議案第61号 平成17年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)について討論を行いますが、通告はあっておりません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第61号 平成17年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)について、採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第61号 平成17年度西海市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)については、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。

 次に議案第62号 平成17年度西海市交通船特別会計補正予算(第3号)について討論を行いますが、通告はあっておりません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第62号 平成17年度西海市交通船特別会計補正予算(第3号)について、採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第62号 平成17年度西海市交通船特別会計補正予算(第3号)については、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。

 次に議案第63号 平成17年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)について討論を行いますが、通告はあっておりません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第63号 平成17年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)について採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第63号 平成17年度西海市水道事業会計補正予算(第3号)については、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。

 次に議案第64号 平成17年度西海市工業用水道事業会計補正予算(第2号)について討論を行いますが、通告はあっておりません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第64号 平成17年度西海市工業用水道事業会計補正予算(第2号)について採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第64号 平成17年度西海市工業用水道事業会計補正予算(第2号)については、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。

 次に議案第65号 平成17年度西海市立病院事業会計補正予算(第2号)について討論を行いますが、通告はあっておりません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第65号 平成17年度西海市立病院事業会計補正予算(第2号)について、採決します。

 本案に対する委員長の報告は、原案可決です。

 お諮りします。

 本案は委員長の報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第65号 平成17年度西海市立病院事業会計補正予算(第2号)については、委員長の報告のとおり可決することに決定しました。

 次に日程第10.議案第66号から日程第11.議案第67号を一括議題とします。

 提案理由の説明を求めます。

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 〔登壇〕

 ただ今一括して上程いただきました2件の議案について、提案理由をご説明申し上げます。

 はじめに、議案第66号 西海市職員の給与の関する条例の一部を改正する条例の制定については、人事院勧告に準じた一般職の給与に関する法律等の改正に伴い、西海市職員の給与も国公職員に準拠することとして、改正を行うものであります。主な改正点は、人事評価制度を視野に入れた給料表の改正と、平均で4.8パーセントの減額改正であります。

 続いて、議案第67号 西海市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定については、特殊勤務手当につきまして、見直しを行うもので、今回、火葬業務手当について改正を行うものであります。よろしくご審議のほど、お願い申し上げます。



○議長(佐々木義信) 

 提案理由の説明が終わりました。

 質疑・討論・採決は各議案ごとに行ないます。

 はじめに、議案第66号 西海市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告はありません。

 ほかに質疑ありませんか。

 20番、中野議員。



◆20番(中野良雄) 

 議案第66号の説明を受けました。今日配布をして中身について若干確認をしたいところがあります。今回成績評価制度を導入するということでの提案が主な理由だろうというふうに思います。そこでこの評価制度についてもう少しですね、分かりやすくどういうことを考えているのかですね説明をしてほしいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 答弁を求めます。総務課人事班長。



◎総務課人事班長(垣内英利) 

 評価制度につきましては、導入を18年度中に管理職の部分、それから19年度から一般職についても評価制度を導入するというふうな方向で考えております。内容につきましては、評価を「A・B・C・D・E」の5段階に、人事院の方から基本的な考え方として指針を示された分でさっき言いましたようにABCDEというふうな評価の形になろうかと思います。「極めて良好・特に良好・良好・やや良好でない・良好でない」というふうに大きくなろうかと思っております。以上です。



○議長(佐々木義信) 

 20番、中野議員。



◆20番(中野良雄) 

 公務員にどのように評価をですね、今言うようにAからEまでですね評価をしていこうかということで、18年度から管理職をということであります。人事院勧告等に基づいた条例の一部改正と思いますけども、公務員にですねこういう評価制度が馴染むのかどうかですね、どういった評価をしていこうとしているのか。例えば私たち一般会社からいくとですね、いろいろ売り上げとか何かそういうものが評価の基準というものがありますですたいねそういうどういうふうなですねその基準をもって評価をしようとしているのかですね。大変、評価をする場合のですね難しい点が出てくるだろうと思います。それで18年度管理職ということでありますけども、県においてもですねはじめての導入ということもあって猶予期間をおいていると聞いておりますけども、そういう条例は制定をしたとしてもですね、はじめてそういう条例を、評価制度を導入すると、そういうこともあってですね、猶予期間をおく中でですね慎重に対応すべきではないかというふうに思いますけども市長の考え方はどうでしょう。



○議長(佐々木義信) 

 山下市長。



◎市長(山下純一郎) 

 公務員制度にこれが似合うのかどうかということでございます。確かにおっしゃりますとおりどう評価するかとは非常に厳しいことだろうと思っております。商社マンのように売上高に順ずるものか、そういうことであれば公務員というものはそういうものに匹敵しないわけでありまして、非常に評価は難しいわけでございます。しかしこれは時代の流れと言いましょうか、やはり厳しい時代にあって国民に対する職員の指針というのは当然重たいものがございます。したがって厳しい態度で臨んでいただくと、地域住民の福祉のために国民の福祉のためにがんばっていくぞというやはり職員の考えというものをですねひとつ強く持っていただかなければいけない。そのためにはやはり厳しいけれどもこういった査定をさせていただいて給与に反映をするということ、或いは階級に反映をするということをしてやっていかないと、はやりこれからの時代を乗り切っていけないという判断の基にこれを運用させていただく次第でございます。時期につきましては今申し上げましたように幹部職員においては18年度から実施をすると。一般職においては19年度から実施するという形で一般職においては猶予期間を1年間設けておるところでございます。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 20番、中野議員。



◆20番(中野良雄) 

 その猶予期間のことなんですけども、県においてもですねはじめての導入ということもあって3年間猶予期間を設けてですね18年度ですか、今年度からしよっとかな、から実施というようなことを聞いております。そういうことも含めてですね、大変これは大事なことでありますしですね、評価をする側としても或いはその十分監視、監視というのはいけませんけども評価する意味でですね慎重に対応してほしいと思いますので、18年度からということですけども、そこらを含めてですね再考をお願いして、これはお願いにしておきます。よろしくお願いします。



○議長(佐々木義信) 

 ほかに質疑ありませんか。

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 今回ですねこの66号を追加で出されたわけですが、かなり分厚い議案書なんですよね。しかもページも打ってないしですよ、ただ今の市長の説明、要点について説明をされましたけどもこれだけの資料ですので私たちも十分目を通したいわけですね。ですからもう少し準備がですね、早めにできなかったものなのか。今の同僚議員の質問等についての内容が何処にこう書いてあるのかですね、全く探すにも探されないような資料なんですよね。非常に不備な議案書じゃないかと直感いたしました。まずそのことに対するこれは総務部が近々に作られた資料でありましょうけども、やはり将来に向かってですね市長の今の説明にもあったように職員給与の評定の問題につきましてもですね、或いは今後職員の定数をどう将来的に変えていくのかという問題等についてもですね、やはり市民の皆さんたちのですね非常な関心ごとだと思うんですよね。行革の立場からもですね非常にそういった基礎的な大事な議案でありますので、やはりこれだけの議員にですね十分熟知するだけの期間をやっぱりおいてほしいと思います。それについてどうでしょう。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 資料のページ数についての欠落につきましては、ご指摘のとおり議案として不備だったということでお詫びを申し上げたいと思います。内容につきましては再度項目について説明はいたしたいと思いますけども、この制度につきましては市長の提案理由の説明にもありましたとおり、国の人事院勧告におきます給与制度の大改革ということで、人事評価制度を視野に入れた中での給与の改定ということもありまして、当然の如く本市の職員組合の方ともその切り替えにつきましては合意に至らなければ提案できないということで、直近まで調整を進めていたという経過がございます。そういう中で国の指導、閣議決定でもありますけども、国が実施していてそれの準拠する形での地方公共団体についても4月1日からの制度改正については当然努力をしなければいけないという限られた期間の中での提案という形になりましたので、それにつきましてはみなさん方に十分なる審査の時間が取れなかったということに対してはお詫びを申し上げたいと思います。内容については担当の方から説明をいたしますので、よろしくお願いします。



○議長(佐々木義信) 

 総務課人事班長。



◎総務課人事班長(垣内英利) 

 それでは内容について少しご説明を申し上げます。

 人事評価に関する分の条例改正でございますけども、第6条の第5項から第9項を改めるという件になります。第5項に職員の昇給は規則で定める日に当日前1年間におけるそのものの勤務成績に応じて行なうものとするということで、ここに勤務成績に応じて行なうということが謳われております。それから第6項、前項の規定により職員を昇給させるか否か及び昇給させる場合の昇給の号数は同項に規定する期間の全部を良好な成績で勤務した職員の昇給号数を4号級とすることを標準として規則で定める基準にしたがい決定するものとするということで、通常1年間を勤務良好で勤務をした場合の昇給を4号級ということになっております。それから7項ですが、55歳以上の職員につきましては4号とあるのを2号級ということで、55歳以上につきましては2号級の昇給抑制がかかっております。8号の職員の昇給はその属する職務における最高の号級を加えておこなうことができないということで、これまで最高号級を超えて特別に昇給する分もあったわけですが、今回の改正で最高号級に達した場合はそこでストップという形に改正をされます。第9項、第5項から前項までに規定するもののほか、職員の昇給に関し必要な事項は規則で定めるということで、これは細かい部分の規則への委任事項でございます。それから次のページから以降は給料表でございます。給料表とそれから附則、それから切替表、いわゆる現給料表から新給料表への切り替えのやり方を書いた文でございます。以上でございます。



○議長(佐々木義信) 

 17番、田中議員。



◆17番(田中隆一) 

 細かな内容についての質疑ではありませんけども、総務部長のただ今の説明でありますと、西海市職との協議が合意に達した時点でしか出せなかったと、それはそういう事情についてはわからんことはありませんけれども、職員組合との合意の内容についてですね私たちも知る権利があるわけですね。その結果この議案に集約されているということでありましょうけども、要点は要するに職員の勤務評価が今回の大きな焦点になっておるということでありますけども、管理職は18年度からと、中間管理職については18年度からと。それは評定をされる人はどなたなんですか。そして職員を評価される方はどなたが直属の上司ということになろうかとは思いますけども、そういう基準はどのようになっておるんでしょうか。それを教えてください。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 それぞれその上司ということになりますので、部長級については当然特別職が行なう形になりますし、課長については直轄の部長、それから一般職については所管の課長ということになると思います。



○議長(佐々木義信) 

 19番、田口議員。



◆19番(田口昇) 

 1点だけ確認をさせていただきたいと思いますけども、今回今日付けで提案がなされておりますこの66号につきまして、職員組合との合意が掲示されたという形での提案ということでございまして、先般から私どもに提案されておりますこの当初予算、それぞれ款ごとに職員の給料或いは手当が計上されているわけなんですけども、これは既に3月の7日時点で提出をされているわけなんですけども、今回合意に基づいてこの今回提案されるこれは人事院勧告に基づくわけなんですけども、給与が4.8パーセント減額という形で先ほど報告があっておりましたけども、今回提案されている当初予算の給料或いは手当等は、今回提案をされている66号が決まる前の段階での予算編成なのか或いはこれが見込まれる中での提案だったのか、確認だけさせていただきたいと思いますけども。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 旧制度によける12月時点での予算計上、人件費についての計上ということになっております。



○議長(佐々木義信) 

 19番、田口議員。



◆19番(田口昇) 

 確認をさせていただきますけども、今回この66号が議決をされますと、今後調整をしながら補正という形で修正されるのかを確認したいと思います。



○議長(佐々木義信) 

 総務部長。



◎総務部長(橋口壽美夫) 

 総枠的には当然変更が補正予算で提案をしなければいけない状況になると思いますけども、その前に4月1日の機構改革に向けてあまり時間の猶予もありませんけども、人事異動等がありますし、含めたところでの補正予算での対応をしていきたいというふうに考えております。



○議長(佐々木義信) 

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 議案第66号は委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第66号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行ないますが、通告はありません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより議案第66号について採決します。

 お諮りします。

 議案第66号 西海市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案どおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第66号 西海市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案どおり可決することに決定しました。

 次に、議案第67号 西海市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行ないますが、通告はありません。

 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 議案第67号は委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第67号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行ないますが、通告はありません。

 ほかに討論ありませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 討論なしと認めます。

 これより議案第67号について採決します。

 お諮りします。

 議案第67号 西海市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案どおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐々木義信) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第67号 西海市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案どおり可決することに決定しました。

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 次回、本会議は3月27日、午前10時から開きます。

 所定の時刻までにご参集願います。

 なお、本日採決した案件以外につきましては、27日の本会議で委員長報告・質疑・討論・採決を行ないます。

 本日はこれをもちまして、散会します。

     午前11時0分 散会