議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 五島市

平成18年  9月 定例会 09月14日−03号




平成18年  9月 定例会 − 09月14日−03号







平成18年  9月 定例会



◯出席議員(26名)

     1番 清川久義君

     2番 熊川長吉君

     3番 草野久幸君

     4番 菊谷岩雄君

     5番 中村康弘君

     6番 柿森弘幸君

     7番 江川精一郎君

     8番 椿山恵三君

     9番 柿森 誠君

     10番 神之浦伊佐男君

     11番 宗 藤人君

     12番 古川雄一君

     13番 永峯 満君

     14番 橋本憲治君

     15番 江川美津子君

     16番 向原安男君

     17番 荒尾正登君

     18番 谷川 等君

     19番 田橋良康君

     20番 谷川福美君

     21番 山田権治君

     22番 仁田一成君

     23番 中尾剛一君

     24番 林 忠男君

     25番 志内勝利君

     26番 浦 藤彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(0名)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯地方自治法第121条の規定に基づく出席者

     市長             中尾郁子君

     助役             岩村 進君

     収入役            江頭憲一郎君

     富江支所長          吉田孝司君

     玉之浦支所長         柿山信行君

     三井楽支所長         原田善一君

     岐宿支所長          平田秋男君

     奈留支所長          赤瀬 博君

     総務課長           窄 善明君

     豊かな島づくり市長公室長   赤尾邦幸君

     企画課長           島  悟君

     財政課長           木戸庄吾君

     水道局長           中野基樹君

     建設課長           岸川和彌君

     都市計画課長         富山博彌君

     農林課長補佐         橋口明敏君

     水産課長           村中清志君

     商工観光課長         谷川良二君

     生活環境課長         中村健一君

     税務課長           道端金俊君

     市民課長           道下俊夫君

     社会福祉課長         手島仁助君

     長寿対策課長         近藤英海君

     健康政策課長         吉谷清光君

     教育長            末永文隆君

     教育委員会総務課長      小林正治君

     学校教育課長         山下彦幸君

     生涯学習課長         福島正市君

     監査委員事務局長       松倉正光君

     会計課長           奥野音之君

     農業委員会事務局長      松野 悟君

     選挙管理委員会事務局長    山本政義君

     消防長            江口秀美君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局

     局長             松野音幸君

     次長             山下傳一郎君

     議事係長           中里亀之君

     書記             城山玲子君

     書記             横枕孝規君

          平成18年9月14日(木)議事日程表

議事日程 第3号



日程番号
議案番号
件名
備考



 
市政一般質問について
 





番号
質問者
質問要旨



清川久義議員
1 公園及び展望所のトイレの設置について
 ? 荒神岳園地内にトイレの新設はできないか
2 市道(通学路)道路改良事業について
 ? 市道憩坂線道路の歩道を整備する考えはないか



宗 藤人議員
1 五島市における携帯電話の不通地域の解消について
 五島市の携帯電話の不通地域の解消については、公衆電話の撤去が続くなか、携帯電話の利用可能な地域を拡大する必要があり、そのことにより、地域間の情報通信の格差の是正が図られると考えるものであります。
 本市には、まだまだ携帯電話の不通地域が数多くあり、通勤等により、周辺を通る市民の人達や地区住民は大変不便をしいられているのが現状であります。
 携帯電話は、いまや市民にとって、離島であるがゆえに、生活の一部となっております。また、多くの人達が五島を訪れており、観光客及び地域住民の利便性や安全確保、また、防災及び人命救助などの観点からも、携帯電話の不通地域の解消が重要な課題であると私は考えます。
 そこで、市民の安全と安心な暮らしを守るためにも、五島市全域で、携帯電話が使用できるようにしていく考えはないか。市長の見解をお伺いいたします。



椿山恵三議員
1 環境行政
 ? 黄色のゴミ袋の導入について
 ? デポジット制度の導入について
2 市民行政
 ? e−むらづくり事業における郵便局のネットワークについて



中村康弘議員
1 企画、総務、財政、生活環境行政について
 ? 外国船座礁事故、流木漂着事件等の現状と国・県への対応、要請について
 ? 国境警備・防衛・国土保全・不審船対策等、島民・国民保護の為、国策による管理監督道路の建設を大至急働きかけるべき
 ? 綱紀粛正について
  ・五島市告示第128号(市職員の懲戒処分の基準)並びに訓令第12、13号(懲戒取扱規程)の内容及び職員の資質の向上、信頼回復策及び職員採用方法の実態は
 ? 平成19年度以降の当初予算額と定員適正化計画について
2 商工観光、教育行政について
 自然に恵まれた五島市。スポーツ、音楽等(総じて文化)でバランスのとれた心身ともに豊かで、癒しの島づくりを
 ? アイアンマンジャパン、夕やけマラソン、椿まつり及び各町イベントの総括(特に経済PR効果)と課題
 ? 全国・九州大会スポーツ、文化の活躍状況
 ? 「五島市歌」愛唱のための普及策及び「子もり歌の流れる島づくり」の具現化
 ? 文化財保護体制は充分か、学芸員の不足はないか



江川美津子議員
1 長寿対策行政
 ? 安心して介護・介護予防サービスを利用できるようにするために
  ア 税負担軽減制度などの周知徹底
  イ 要介護度「軽度者」への福祉用具貸与について
  ウ 療養病床の全廃・削減対策
2  市民アンケートから
 ? バス・船の接続など交通の利便性の改善を
 ? 福祉医療を現物給付制度に
 ? 学校・支所地区の図書室の充実を
 ? 公民館講座の充実を
 ? 地産地消の推進状況は



                         =午前10時01分 開議=



○議長(浦藤彦君) おはようございます。

 出席議員は定足数に達しました。

 議事日程第3号により、直ちに本日の会議を開きます。



△日程第1 市政一般質問について

 前日に引き続き、一般質問を行います。

 まず、1番 清川久義議員。



◆1番(清川久義君) (登壇)おはようございます。

 通告に従いまして一般質問を行います。

 五島市は合併後、「しまの豊かさを創造する海洋都市」を基本理念として新たなまちづくりへと出発し、現在、e−むらづくり地区計画も順調に推移し、活力ある五島市が実現できるものと大きな期待をしているところであります。また、情報基盤の整備により、観光客等の誘致も要因になり、交流人口増加による地域活性化も図られているものと考えます。私は、こうした観点から、岐宿町荒神岳園地整備について質問に入らせていただきます。

 荒神岳は、御承知のとおり、俳人大野きゆうさんが、「ひばり野やここら島とも思われず」と詠んでいるように、五島の穀倉地帯でもある山内盆地を見晴らす雄大な景観を呈しており、頂上には句碑も建立されております。地域住民の憩いの場として広く利用され、また、管内保育園、小学校児童の学習遠足の場としても活用されておりますが、施設整備が不十分で、特に園地内にはトイレがなく、不便を強いられているのが現状であります。

 地元坂ノ上町内会が事業主体となり、コミュニティ助成金を活用した自主的なトイレ設置を計画しております。市行政としての支援協力体制について、どのような考えをお持ちであるかお尋ねいたします。

 次に、市道における道路改良工事と歩道設置について質問をさせていただきます。

 市民にとって安全で快適な町、地域に愛着と誇りを持てる町、さまざまな人々が共存できる町などを目指していく上で、最も身近で生活に密着した生活基盤を支える施設が道路であり、そうしたまちづくりの基本こそ道路行政、道路政策であると考えます。

 これまで旧1市5ヵ町の積極的な取り組みにより、市・町道を含む五島市の公道の整備も進んできました。また、安全で快適なまちづくりも大きく進展してきており、その努力と成果について一定の評価と感謝を申し上げます。車社会の中で、一人の市民がドライバーになる、また、その他の交通機関を利用する立場になる一方で、自転車や車いすなどを含む歩行者の立場になるという二面性、また、道路をいかに効率よくスムーズに運行させるかという使命と、それぞれの地域に暮らす市民にとっていかに快適で安全な施設を得るかというまちづくりにおける道路、あるいは道路行政の重要性を考えたとき、まだまだ課題が多いというふうに感じております。課題が多いということは、言いかえれば今後もさらに積極的に取り組んでいかなければならない最重要課題の一つだと考えております。

 そこで、1級幹線でもあります市道憩坂線道路の改良工事及び歩道整備についてお尋ねいたします。

 市道憩坂線は、日常生活や経済活動を支えるとともに、地域間の連携や交流を活性化させる重要な役割を担っておる市道であります。しかし、道路幅員が狭く、側溝帯の整備が不十分なため、大型車両、バスなどの離合の際には、歩行者ともども非常に危険な状態であることから、旧岐宿町においては改良促進のため県道昇格もなされました。しかし、道路法第7条の諸要件に合致しないこととなり、やむなく運動を中断した経緯もあります。その後、岐宿町の事業計画において、平成17年度着工予定でありましたが、合併後、五島市財政悪化に伴い事業凍結がなされていると聞いております。今後の整備計画や方向性についてどのように考えておられるのかお尋ねいたします。

 以上、壇上からの質問を終わります。(降壇)



◎市長(中尾郁子君) (登壇)おはようございます。

 1番 清川久義議員の質問にお答えをいたします。

 まず、荒神岳園地内にトイレの新設はできないかとのお尋ねでございました。

 この公園につきましては、五島市の中心部、山内盆地の一角の小高い丘、荒神岳を地元町内会の自主的な活動によりまして地域公園として整備を行っております公園で、地域住民や小学生などがコミュニティ広場として利用されているところでございます。私も何度かお昼弁当をこの丘で食べたことがございます。ここからの眺めは、山内盆地を一望にした大変眺望のいい公園であると私自身も思っております。

 しかし、山頂の広場付近にはトイレがなくて、不便を強いられていると伺っておりました。地元町内会としては、国のコミュニティ助成事業補助金を活用してトイレの設置ができないかと考えておられまして、その採択に向け支援をお願いしたいとの御要望と理解をいたしました。トイレの必要性につきましては十分認識しております。

 御提案のコミュニティ助成事業補助金は、長崎県全体の枠の中で、各地域からの要望箇所、事業内容などを採択基準に審査が行われ決定されることになっておりますが、五島市といたしましては、市の中心に位置することなど内容を十分考慮しながら調整を図り、事業採択に向け努力をしてまいりたいと考えております。

 次に、市道憩坂線道路の歩道を整備する考えはないかとのお尋ねでございました。

 市道憩坂線は1級幹線でございまして、延長1,733メートル、幅員5メートルで、昭和40年代に国の補助事業として全線を整備しておりますが、社会情勢も変わり、離島においても車社会時代となり、大型車両の通行も多くなっておりますので、車道と歩道の区別をした方がより安全と思われます。今後、交通量調査など、現地をよく踏査してみたいと考えております。前向きに検討させていただきます。(降壇)



◆1番(清川久義君) それでは、自席から再度質問させていただきます。

 1点目、公園及び展望所のトイレ設置についてでありますが、市長より前向きな回答をいただきありがとうございます。

 中身について財政課長にお尋ねいたします。当時、岐宿町企画課長でありました当時に、このトイレ設置、また公園整備については、いろいろ課長も骨を折っていただいて頑張っていただいた経緯を私も知っております。その中身について、もう少し課長、説明をお願いしたいと思います。



◎財政課長(木戸庄吾君) 旧町時代の仕事の中身についてということでございますが、当時、ただいま議員がおっしゃいましたように、企画課の仕事を担当しておりまして、平成14年から15年にかけて地域住民の皆様から非常に強力な要望があったということは記憶しております。しかし、既に大変重要な合併の調整に入っておりまして、特に、「合併前の新規事業の採択等については控える」という申し合わせを首長間でしたところでございまして、極力新規の事業については旧町の間実施できないということで、合併後、特例債等があるので、時期がくればせざるを得ないような事業じゃないかということで合併に突入したというふうに記憶しております。



◆1番(清川久義君) 続いて商工観光課長にお尋ねをいたします。

 ただいま市長の答弁でも申したように、山内穀倉地帯は五島でも本当に広い穀倉地帯であります。これを市の観光行政の中の観光マップに掲載することはできないかお尋ねをいたします。