議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 対馬市

平成 21年 12月定例会(第4回) 12月16日−04号




平成 21年 12月定例会(第4回) − 12月16日−04号









平成 21年 12月定例会(第4回)


──────────────────────────────────────
平成21年 第4回 対 馬 市 議 会 定 例 会 会 議 録(第13日)
                           平成21年12月16日(水曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第4号)
                       平成21年12月16日 午後1時00分開議
    日程第1 議案の撤回について
         (議案第99号 対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定について)
    日程第2 議案第86号 平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)
               歳入は、所管委員会にかかる歳入
               歳出は、1款・議会費、2款・総務費、9款・消防費
                   10款・教育費、13款・諸支出金
         議案第94号 平成21年度対馬市旅客定期航路事業特別会計補正予算(第1号)
         議案第95号 対馬市教職員住宅管理及び使用料条例の一部を改正する条例
    日程第3 議案第86号 平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)
               歳入は、所管委員会にかかる歳入
               歳出は、3款・民生費、4款・衛生費
         議案第87号 平成21年度対馬市診療所特別会計補正予算(第3号)
         議案第88号 平成21年度対馬市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
         議案第89号 平成21年度対馬市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
         議案第90号 平成21年度対馬市介護保険特別会計補正予算(第2号)
         議案第91号 平成21年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計補正予算(第1号)
         議案第92号 平成21年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)
         議案第96号 対馬市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例
         議案第97号 対馬市介護保険条例の一部を改正する条例
    日程第4 議案第86号 平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)
               歳入は、所管委員会にかかる歳入
               歳出は、6款・農林水産業費、7款・商工費
                   8款・土木費、11款・災害復旧費
         議案第93号 平成21年度対馬市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
         議案第98号 体験であい塾匠の指定管理者の指定について
         議案第100号 市道の認定について(内山峠線)
         議案第101号 市道の認定について(内山峠支線)
         議案第102号 市道の認定について(アノセ前原線)
         議案第103号 市道の廃止について(比田勝網代線)
         議案第104号 市道の認定について(比田勝網代1号線)
         議案第105号 市道の認定について(比田勝網代2号線)
         議案第106号 市道の認定について(比田勝網代3号線)
    日程第5 議案第99号 対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定について
    日程第6 陳情第5号 永住外国人への地方参政権付与を反対するように日本政府に求める陳情について
    日程第7 議案第107号 工事請負契約の締結について(豊玉中学校屋内運動場耐震補強・大規模改造工事)
    日程第8 発議第12号 対馬市政治倫理条例の一部を改正する条例
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
    日程第1 議案の撤回について
         (議案第99号 対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定について)
    日程第2 議案第86号 平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)
               歳入は、所管委員会にかかる歳入
               歳出は、1款・議会費、2款・総務費、9款・消防費
                   10款・教育費、13款・諸支出金
         議案第94号 平成21年度対馬市旅客定期航路事業特別会計補正予算(第1号)
         議案第95号 対馬市教職員住宅管理及び使用料条例の一部を改正する条例
    日程第3 議案第86号 平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)
               歳入は、所管委員会にかかる歳入
               歳出は、3款・民生費、4款・衛生費
         議案第87号 平成21年度対馬市診療所特別会計補正予算(第3号)
         議案第88号 平成21年度対馬市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
         議案第89号 平成21年度対馬市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
         議案第90号 平成21年度対馬市介護保険特別会計補正予算(第2号)
         議案第91号 平成21年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計補正予算(第1号)
         議案第92号 平成21年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)
         議案第96号 対馬市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例
         議案第97号 対馬市介護保険条例の一部を改正する条例
    日程第4 議案第86号 平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)
               歳入は、所管委員会にかかる歳入
               歳出は、6款・農林水産業費、7款・商工費
                   8款・土木費、11款・災害復旧費
         議案第93号 平成21年度対馬市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
         議案第98号 体験であい塾匠の指定管理者の指定について
         議案第100号 市道の認定について(内山峠線)
         議案第101号 市道の認定について(内山峠支線)
         議案第102号 市道の認定について(アノセ前原線)
         議案第103号 市道の廃止について(比田勝網代線)
         議案第104号 市道の認定について(比田勝網代1号線)
         議案第105号 市道の認定について(比田勝網代2号線)
         議案第106号 市道の認定について(比田勝網代3号線)
    日程第6 陳情第5号 永住外国人への地方参政権付与を反対するように日本政府に求める陳情について
    日程第7 議案第107号 工事請負契約の締結について(豊玉中学校屋内運動場耐震補強・大規模改造工事)
    日程第8 発議第12号 対馬市政治倫理条例の一部を改正する条例
──────────────────────────────
出席議員(22名)
1番 脇本 啓喜君       2番 黒田 昭雄君
3番 小田 昭人君       4番 長  信義君
5番 山本 輝昭君       6番 松本 臚幸君
7番 阿比留梅仁君       8番 齋藤 久光君
9番 堀江 政武君       10番 小宮 教義君
11番 阿比留光雄君       12番 三山 幸男君
13番 初村 久藏君       14番 糸瀬 一彦君
15番 桐谷  徹君       16番 大浦 孝司君
17番 小川 廣康君       18番 大部 初幸君
19番 兵頭  栄君       20番 中原 康博君
21番 島居 邦嗣君       22番 作元 義文君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長      永留 ?光君  次長     渋江 雄司君
参事兼課長補佐 長野 元久君  副参事兼係長 國分 幸和君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長 ………………………………………………………………………… 財部 能成君
副市長 ……………………………………………………………………… 大浦 義光君
副市長 ……………………………………………………………………… 齋藤 勝行君
総務企画部長 ……………………………………………………………… 永尾 榮啓君
総務課長 …………………………………………………………………… 桐谷 雅宣君
市民生活部長 ……………………………………………………………… 近藤 義則君
福祉保健部長 ……………………………………………………………… 扇  照幸君
観光物産推進本部長 ……………………………………………………… 廣田 宗雄君
政策補佐官兼地域再生推進本部長 ……………………………………… 松原 敬行君
農林水産部長 ……………………………………………………………… 川本 治源君
建設部長 …………………………………………………………………… 斉藤 正敏君
水道局長 …………………………………………………………………… 一宮 英久君
教育部長 …………………………………………………………………… 中村 敏明君
美津島地域活性化センター部長 ………………………………………… 阿比留正明君
豊玉地域活性化センター部長 …………………………………………… 橋本 政次君
峰地域活性化センター部長 ……………………………………………… 永留 秀幸君
上県地域活性化センター部長 …………………………………………… 武田 延幸君
上対馬地域活性化センター部長 ………………………………………… 糸瀬 良久君
消防長 ……………………………………………………………………… 阿比留 健君
会計管理者 ………………………………………………………………… 森田 健一君
監査委員事務局長 ………………………………………………………… 主藤 繁明君
農業委員会事務局長 ……………………………………………………… 大石 邦一君
教育委員長 ………………………………………………………………… 村井 成枝君


──────────────────────────────



○議長(作元義文君) おはようございます。本日の会議を開きます前に、議員へ連絡をいたします。各議員へ配付しておりますように、12月15日付をもって、市長より、本定例会に提出されております議案第99号に対する議案の撤回についてが提出され、同日付で議長が受け付けております。したがって、ただいまから、本日の議事日程等について議会運営委員会へ諮問したいと思いますので、議会運営委員長さん、委員会の招集をよろしくお願いいたします。

 また、議会運営委員会終了後、市長の申し出により、議員控室において全員協議会を開催いたしますので、全員の出席をお願いいたします。

 なお、傍聴者の皆様には、開会がしばらくおくれますので、御理解をよろしくお願いいたします。

 議運の委員長、よろしくお願いします。

────────────・────・────────────

午後1時00分開議



○議長(作元義文君) これから、お手元に配付の議事日程第4号により、本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案の撤回について



○議長(作元義文君) 日程第1、議案の撤回について(議案第99号、対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定についての撤回)を議題とします。

 議案第99号の撤回理由について、提案理由の説明を求めます。市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) ただいま議案となりました議案第99号、対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定についての議案の撤回についてでございますが、本議案は、今定例会初日の12月4日に御提案いたしましたところ、書類等に不備がありましたので、撤回させていただきます。よって、御承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(作元義文君) これから質疑を行います。10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) 質疑に入る前に。



○議長(作元義文君) 質疑に入る前に、10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) 本案件は、地方自治法第117条、除斥の部類に当たると思います。阿比留梅仁議員の除斥をお願いしたいと思います。



○議長(作元義文君) 事務局長に、第117条の除斥について説明をさせます。事務局長、永留?光君。



◎事務局長(永留?光君) 小宮教義議員の質問に対しまして、事務局の考え方を説明をさせていただきます。

 議案の撤回については、議案第99号に関することでありますので、今の質問では、阿比留梅仁議員が本会議での除斥が必要ではないかという御質問でございます。地方自治法の規定について事務局の考え方を申し述べさせていただきます。

 先ほども全員協議会で概略説明をさせていただきましたが、地方自治法第117条の規定では、普通地方公共団体の議会の議長及び議員は、自己若しくは父母、祖父母、配偶者、子、孫若しくは兄弟、姉妹の一身上に関する事件、または自己若しくはこれらのものの従事する業務に直接の利害関係のある事件については、その議事に参与することができないと規定をされております。

 社会福祉法人が公共施設の指定管理者の指定について議会の議決を審議されるときに、子供さんがその法人の理事長及び理事、また監事等の役員であれば、その法人に対して常時支配力を有する地位にあると解釈をされ、その議員は除斥をされなければならないと解釈をされますが、先ほども全員協議会で説明いたしましたように、阿比留議員さんの子供さんがこの法人の理事長さんであられましたけれども、12月10日で理事長を辞任されまして、また子供さん及び阿比留議員さんの奥様も理事を辞任された旨の届が市長になされて、その届が議長のほうに提出をされまして、その内容は各議員に配付していることと思います。

 したがいまして、現在、その子供さんと奥様は従業員の身分であられますので、その法人の支配力を有しないものであるというふうに解釈をされ、阿比留梅仁議員の除斥は該当しないと、議長に御相談申し上げ、議長は判断をいたしているところでございます。

 それから、この件につきましては、長崎県市町振興課行政班にも照会をさせていただきまして、今私が申し上げましたように、従業員であれば常時支配力を有しないと解釈されますと。したがって、議員の除斥は必要ではないということと、もう一点は、私が日ごろ判断に困ったときにはいつも相談をさせてもらうんですが、神奈川県在住の前全国都道府県議会議長会議事調査部長であられます野村稔先生に電話でこのことについて照会をし、御指導いただきました。

 結果、今私が申し上げました、子供さんが理事の場合及び監事の場合は、役員であるので常時支配力を有する地位にあるということで除斥は必要ですが、子供さんが従業員または平社員の場合は、その法人の支配力を有しないことから、関係する議員は除斥をされないと思いますという御指導をいただきまして、そういったもろもろを総合的に判断をいたしまして、議長と協議の結果、阿比留梅仁議員は除斥が必要ではないというふうに判断をいたしているところでございます。

 ひとつそういったことでございますので、御理解をよろしくお願いいたします。



○議長(作元義文君) 10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) ということは、役員でないから除斥の対象にならないということですか。

 先ほど申されましたけれども、社会福祉法人ですよね。これは法律による、社会福祉法による第22条の定義の社会福祉法人なのですよ。社会福祉法という法律があるんです。御案内のとおりだと思いますけど。その中にはこうなっているんです。社会福祉法の第28条、ちょっと長いんですが、中をとらえると、その他の登記事項の変更、このその他の登記事項の変更というのは、当然これは登記しなければいけませんから、法人というのは、法に従って。その中で、ここにその登記があるんです。目的、いろいろ書いてございます。その中で、役員に関する事項というのがございます。これで載せて初めて権限を得るわけです。それで、この第28条の登記しなければならない。これに載せなければならないということなんですよ。

 肝心なことはもう一つ、この2項にはこうあるんですよ。前項の規定により、登記をしなければならない事項は、こういうことですよね、理事長の変更。登記の後でなければ、これをもって第三者に対抗することができない。幾ら理事長を替えたといっても、ここに公に権限を有する者の変更がなければ社会的には認められないんですよ。社会福祉法第28条第1項第2号はそうなっているんですから。法律ですよ。これによって是非除斥をお願いします。



○議長(作元義文君) 事務局長、永留?光君。



◎事務局長(永留?光君) 先ほども申し上げましたように、事務局といたしましては、この地方自治法第117条の規定に基づきまして判断をさせていただいたところでございます。

 したがいまして、私が今申し上げました内容は、議長の判断のもとにこういうふうにしたわけでございます。したがって、この除斥に疑いがあるというふうにお思いであれば、ひとつ動議を出していただいて、議会の議決で決定するというのが本当の議会運営のあり方でございますので、そこら辺も含めてひとつよろしくお願いをいたしたいと思います。



○議長(作元義文君) 10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) 判断は議会にゆだねるということでございますから、私は除斥の動議を出させていただきます。賛同の方はよろしくお願いいたします。



○議長(作元義文君) 7番、阿比留梅仁君。



◎議員(阿比留梅仁君) 面白い判断になっていますが、その前に、99号は対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定について、この議案の撤回であって、議案の撤回が目的であり、中身の審査じゃないということをよく参酌の上に御判断ください。



○議長(作元義文君) 10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) 撤回するかしないかというお話ですが、問題は、じゃ何を撤回するのかしないのか、その内容を論議するわけですから、必然的に排除の範囲に入ると思います。

 以上。



○議長(作元義文君) ただいま小宮教義君から議案の撤回については、議案第99号に関することであるので、阿比留梅仁君が除斥の対象になるのではないかとの動議が出されました。この動議は2人以上の賛成者が必要であります。本動議に賛成する方は起立をお願いします。

〔賛成者起立〕



○議長(作元義文君) この動議は2人以上の賛成者がありますので、成立しました。

 阿比留梅仁君を除斥することについての動議を議題とします。

 地方自治法第117条の規定によって、阿比留梅仁君の退場を求めます。

〔7番 阿比留梅仁君 退場〕



○議長(作元義文君) 早速この動議について採決を行いたいと思います。この採決は起立によって行います。

 ただいまの出席議員は20名であります。お諮りします。阿比留梅仁君を除斥することについて、賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(作元義文君) 起立多数であります。したがって、阿比留梅仁君を除斥することは可決されました。

 阿比留梅仁君の入場を求めます。

〔7番 阿比留梅仁君 入場〕



○議長(作元義文君) 阿比留梅仁君に申し上げます。本案に対する阿比留梅仁君を除斥することについては可決されましたので、告知いたします。

 阿比留梅仁君の退場を求めます。

〔7番 阿比留梅仁君 退場〕



○議長(作元義文君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) 反対討論です。ちょっと待ってください。



○議長(作元義文君) 暫時休憩します。

午後1時16分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時16分再開



○議長(作元義文君) 再開します。



◎議員(小宮教義君) すみません、遅くなりました。

 私は、この議案については、撤回については反対の立場でございますので、反対の立場で申し上げます。

 私もこの議員をさせていただいて長いことになりますが、その中で、この撤回議案というのを初めて目にするわけでございます。まずもって、こういうことがあってはならない。しかし、こういうふうに撤回ということが出てきております。この案件については産業建設常任委員会が2日間にわたって慎重に慎重を重ねて審査をし、そして委員会ではこれまた全会一致、否決という結果を得たわけでございます。

 私ども、市民から負託を受け、それぞれの方がこの会場におられるわけです。私どもがまず第1とすることは、議会が民主主義のルールによって成り立っておるということでございます。例えば、このような撤回ということがまかりとおるようになれば、今後とも都合都合にあわせて撤回の手続をとれば、私ども議員、議会そのものは全く無用なわけでございます。必要ないわけであります。こういう事例をつくると今後も大変なことになるわけでございます。

 皆さんがよくお手元にお持ちの議員必携がございますが、ここには、この撤回についてこのように明記しております。この議員必携というのは私はいつも見るわけです。皆さんもよく見ておられますが、非常に参考になるものです。

 この中に、この撤回ということにこう書いてございます。まず、撤回というのは地方自治法に定めがない。これはそうなんでしょう。しかし、大事なところはここにあるんです。撤回について、その申し出の理由が根拠薄弱であったり、市町村の提案したもので否決または修正が予想されるために急きょ撤回または修正を申し出たような事例の場合には、議会として十分に検討して、自主性のある判断を行うべきだと、この議員必携はそううたっておるわけでございます。

 皆様はそれぞれ市民から選ばれた方でございますから、私が申すこともございませんが、これは今後の対馬市議会の前途を決めるといっても過言ではない。そういった意味で、ぜひ皆様方の撤回に反対をするという立場の御協力を賜りたい。

 以上であります。



○議長(作元義文君) 賛成の討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第99号、対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定についての議案を撤回することについて採決をいたします。この採決は起立によって行います。

 お諮りします。議案第99号、対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定についての議案を撤回することに賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(作元義文君) 起立多数であります。したがって、議案第99号、対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定についての議案を撤回することについては、可決されました。

 阿比留梅仁君の入場を求めます。

〔7番 阿比留梅仁君 入場〕

────────────・────・────────────



△日程第2.議案第86号・第94号・第95号



○議長(作元義文君) 日程第2、総務文教常任委員会に付託した議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)から、議案第95号、対馬市教職員住宅管理及び使用料条例の一部を改正する条例までの3件を一括して議題とします。

 なお、念のために申し上げます。各常任委員会に分割して付託しております議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)は、産業建設常任委員長の審査報告の後に一括して審議することにいたしますので、御了承願います。

 各案について総務文教常任委員長の審査報告を求めます。13番、初村久藏君。



◎議員(初村久藏君) 皆さん、こんにちは。総務文教委員長が体調不良のため、副委員長の初村が報告をいたします。よろしくお願いいたします。

 総務文教常任委員会審査報告書、平成21年第4回対馬市議会定例会の初日において、会議規則第37条の規定により、本委員会に付託されました案件については、議長あてに報告しており、既に皆様のお手元に配付されております。その経過と結果を同規則第103条の規定により報告いたします。

 当委員会は、平成21年12月9日、全委員出席のもと、豊玉地域活性化センター3階大会議室において、議会事務局、市長部局、監査委員事務局、消防本部、教育委員会の説明員の出席を求め慎重に審査をいたしました。その結果を、報告書の2ページの19行目から報告いたします。

 議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会に係る歳入の主なものは、8款国有提供施設等所在市町村助成交付金159万2,000円、9款地方特例交付金1,678万6,000円がそれぞれ額の決定による追加、10款地方交付税3億2,206万8,000円の追加、14款国庫支出金2項国庫補助金1目総務費国庫補助金において地域活性化経済危機対策臨時交付金6,600万円の追加、7目消防費国庫補助金において防災情報通信設備整備事業交付金900万円の追加、16款財産収入2項財産売払収入1目不動産売払収入において、旧下原診療所跡地の長崎県への土地建物売払収入323万5,000円の追加、20款諸収入4目雑入において、旧美津島有線テレビ施設撤去に伴う九州電力の電柱共架料金の返還金130万7,000円、指定管理者から支払われるCATV5カ所のサブセンターの電気料として420万円、市町村振興協会基金配分金616万7,000円の追加が主な内容でございます。

 歳出の主な内容については、1款議会費は、13節委託料で会議録調製委託料53万6,000円の追加、14節使用料及び賃借料でコピー使用料21万2,000円の追加が主な内容となっております。

 次に、2款総務費は、1項総務管理費1目一般管理費の9節旅費で職員派遣及び一般職・特別職旅費等463万6,000円の追加、5目財産管理費の11節需用費で厳原町椎根児童遊園遊具修理代、美津島、上対馬地域活性化センター管内の住民センター等の修繕料として123万5,000円の追加、15節工事請負費で、本庁玄関手すり改修工事等332万円の追加、18節備品購入費で各庁舎の地デジ対応テレビ21台の購入費として276万4,000円の追加、7目企画費の18節備品購入費でCATVセンター施設のCWDM装置の予備ユニット購入費及びスクールバス購入費として2,129万8,000円の追加、19節負担金、補助及び交付金で、地方バス路線維持費補助金、航路運賃割引事業補助金として1億2,331万5,000円の追加、10目諸費11節需用費で市内の防犯灯電気料及び修繕料として156万3,000円の追加、4項選挙費9目市議会議員選挙費は、確定による459万円の減額が主な内容となっています。

 次に、9款消防費1項消防費4目防災対策費の15節工事請負費で、災害・有事における情報発信のための全国瞬時警報システム整備工事として1,200万円の追加が主な内容となっております。

 次に、10款教育費5項社会教育費2目公民館費の11節需用費で図書館システム導入に係る消耗品費、電気料不足分等321万3,000円の追加、13節委託料で図書館システム構築委託料263万6,000円の追加、18節備品購入費で図書館システム導入に伴うパソコン購入費106万7,000円の追加、6項保健体育費1目保健体育総務費19節負担金、補助及び交付金で県大会等出場のためのスポーツ活動振興補助金232万8,000円の追加、2目体育施設費11節需用費で厳原総合運動公園テニスコート外3施設の修繕料等205万1,000円の追加、15節工事請負費で美津島体育館屋根改修工事費の不足分311万1,000円の追加、3目学校給食費11節需用費で豊玉学校給食調理場のシステム洗浄機外調理器具の修繕料等で105万円の追加が主な内容となっております。

 次に、13款諸支出金2項公営企業費1目旅客定期航路事業繰出金28節繰出金で旅客定期航路事業特別会計繰出金として83万7,000円計上するものです。

 また、各費目で計上されております人件費については、人事院勧告による減額分、人事異動による調整分及び共済組合負担金の負担率変更によるものであります。

 なお、委員からの質疑で、2款総務費1項総務管理費1目一般管理費10節交際費の追加補正60万円に対する委員会での詳細な内容の説明要求に対し、「教育委員会より、対馬国史に対する予算要求があり、市立の小中学校及び図書館等への配布分」については備品購入費として計上、外部に、「対馬を理解していただくための寄贈配布分」については交際費として計上しており、鈴木靖将画伯からの絵画「防人の島」の寄贈に係る諸経費についても、鈴木画伯みずから滋賀県大津市からレンタカーで4日間かけ対馬市交流センターまで持参していただいたことに対する必要経費が多費目にわたるため交際費で計上したとの説明を受け、これが妥当と考えて了承いたしました。

 議案第94号、平成21年度対馬市旅客定期航路事業特別会計補正予算(第1号)の歳入は、4款繰入金1項他会計繰入金1目一般会計繰入金1節一般会計繰入金で83万7,000円の追加、6款繰越金1項繰越金1目繰越金1節前年度繰越金で30万9,000円の追加であります。

 歳出の主な内容は、1款総務費は人事院勧告による減額及び共済組合負担金の負担率の変更による人件費の調整が主な内容です。

 次に、2款施設費1項施設費1目施設管理費11節需用費でクラッチ交換及びバッテリー交換の修繕料106万7,000円の追加、燃料費の減44万9,000円、14節使用料及び賃借料で傭船料26万円の追加、15節工事請負費で貝鮒地区の乗降用手すり設置工事費として20万8,000円の追加が主な内容となっております。

 議案第95号、対馬市教職員住宅管理及び使用料条例の一部を改正する条例は、経年劣化による腐食及び破損等により入居不可能な住宅、危険な状態の住宅の解体等によるもの及び普通財産への所管換え等により廃止し、教職員住宅の適正な管理を行うため所要の改正を行うものであります。

 また、条例制定当初から数件の教職員住宅の表記に誤りがあったものをあわせて訂正するものであります。

 内容としましては、厳原管内14棟16戸、美津島管内3棟3戸、上県管内2棟2戸、上対馬管内3棟3戸で、合計22棟24戸について解体及び普通財産への所管換え等により廃止し、削除するものであります。

 なお、5棟の建築年度の訂正、3棟の住所地番の訂正を行うものであります。

 以上、本委員会に付託されました議案第86号、議案第94号及び議案第95号の3議案につきましては、慎重に審査し、採決の結果、いずれも賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上で総務文教常任委員会の審査報告といたします。



○議長(作元義文君) これから議案第86号を除く2件の委員長報告について一括質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第94号及び議案第95号についての2件を一括して採決します。お諮りします。各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 異議なしと認めます。したがって、各案はそれぞれ委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第86号〜第92号・第96号・第97号



○議長(作元義文君) 日程第3、厚生常任委員会に付託した議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)から、議案第97号、対馬市介護保険条例の一部を改正する条例までの9件を一括して議題とします。

 各案について厚生常任委員長の審査報告を求めます。16番、厚生常任委員長、大浦孝司君。



◎議員(大浦孝司君) 厚生常任委員会の審査を報告します。

 平成21年第4回対馬市議会定例会の初日において、会議規則第37条の規定により、本委員会に付託されました案件は、議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)のうち、歳入は所管委員会に係る歳入、歳出は3款民生費、4款衛生費、議案第87号、平成21年度対馬市診療所特別会計補正予算(第3号)、議案第88号、平成21年度対馬市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議案第89号、平成21年度対馬市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第90号、平成21年度対馬市介護保険特別会計補正予算(第2号)、議案第91号、平成21年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計補正予算(第1号)、議案第92号、平成21年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)、議案第96号、対馬市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例、議案第97号、対馬市介護保険条例の一部を改正する条例、以上、補正予算7件、条例改正2件の審査の経過と結果を、同規則第103条の規定により、次のとおり報告いたします。

 当委員会は、12月9日に豊玉地域活性化センター3階小会議室において、全委員出席のもと、市長部局より近藤市民生活部長、扇福祉保健部長並びに各担当課長の出席を求め、付託議案について慎重に審査をいたした結果を次のとおり報告します。

 議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)、歳入は所管委員会に係る歳入、歳出は3款民生費、4款衛生費であります。

 歳入の主なものは、14款1項1目国庫支出金2,190万4,000円の増額は、社会福祉費負担金の障害者自立支援給付費の増額に伴う自立支援費負担金の国庫負担分であります。

 15款県支出金1項1目の民生費県負担金1,245万2,000円の増額は、障害者自立支援給付費の県費負担分の追加であります。2項2目民生費県補助金344万1,000円は、障害者福祉医療費と福祉のまちづくり推進事業補助金の歳出増額計上に伴う県費負担分を追加計上であります。

 歳出の主なものは、3款民生費1項社会福祉費1目社会福祉総務費6,464万6,000円の増額補正であります。また、20節扶助費の自立支援給付費4,980万9,000円は、通所利用者の増と報酬単価の見直しによるものであります。5目老人福祉費28節繰出金2,006万1,000円は、特別養護老人ホーム特別会計外3特別会計への繰り出しで、地デジ対応テレビの購入と浅茅の丘空調設備改修工事等の追加計上であります。2項2目の児童福祉施設費の備品購入費は、保育所のテレビ48台分でありますが、これは経済危機対策臨時交付金による説明でありますが、委員の意見として、1台10万円を超える予算対応に、チューナーの取り付けをすれば既存のものが活かされ、1万円程度で済むのではとの指摘がございましたが、市の方針としては、新しいものはそのような処理とし、古いものは買い換えるとのことであります。

 4款衛生費については、新型インフルエンザワクチン接種に関するものであります。2目予防費13節委託料2,890万5,000円は、各医療機関への軽減対象者4,700人分を見込んでおります。

 なお、生活保護世帯及び住民税の非課税世帯が該当となります。

 これらの財源は、国2分の1、県4分の1、市町村4分の1の負担割合となっております。

 2項清掃費2目塵芥処理費13節委託料のうち、機械器具法令、保守点検1億2,486万2,000円の増額については、従来とは異なり、対馬クリーンセンター保守点検委託料について、当初予算で前期分が計上され、今回、後期分を計上するものでありますが、この目的は、プラントメーカーのペースにならないよう、今年度より財団法人日本環境衛生センターに精査業務を委託し、細部予算の妥当性をチェックし経費の削減を図ろうとするものとのことでありますが、その成果として約2,000万円の削減ができたとの説明を受けたところでありますが、これを評価するとともに、なお一層の努力をお願いするところであります。

 議案第87号、平成21年度対馬市診療所特別会計補正予算(第3号)、歳入歳出総額で1,377万7,000円を増額補正するものであります。補正の内容については、人件費の補正と診療所の医療機器の購入と修繕料の追加、地デジ対応テレビ及びチューナー、医師送迎用の公用車等の購入費、医薬品等医薬材料費の不足額を追加計上するものであります。

 また、これらの補正財源については、診療収入と地域活性化経済危機対策臨時交付金を財源とする一般会計繰入金を主な充当財源とするものであります。

 議案第88号、平成21年度対馬市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、歳入歳出総額で2,615万9,000円を増額補正するものでありますが、補正の主な内容については、一般被保険者高額療養費と後期高齢者支援金の支出見込み額を追加計上するものであります。

 歳出に対する財源については負担ルールに基づく国庫負担金、それと国・県補助金と歳出の予備費を減額補正することで対応するものであります。

 議案第89号、平成21年度対馬市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、歳入歳出総額で72万2,000円を増額補正するものでありますが、補正の内容については、人事異動による職員手当等及び基礎年金負担率の増による共済費を増額計上するものであり、財源については一般会計からの繰入金を充当するものであります。

 議案第90号、平成21年度対馬市介護保険特別会計補正予算(第2号)、歳入歳出総額で1,714万3,000円を増額補正するものでありますが、補正の主な内容については、特例介護予防サービス給付費、高額介護サービス費、特定入所者介護サービス費等の保険給付費の見込み額を追加計上するものであります。

 歳出に対する財源については、介護給付費負担金の国・県負担金、調整交付金、支払基金交付金と一般会計繰入金が負担ルールにより充当されています。

 また、歳入において、低所得者の増加等で介護保険料収入を減額補正しており、収入不足分は介護給付費準備基金を繰り入れて補てんするものであります。

 議案第91号、平成21年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計補正予算(第1号)、歳入歳出総額で298万8,000円を増額補正するものでありますが、補正の主な内容については、人件費の人事院勧告と基礎年金負担率の増による予算額の増減、職員及び介護認定調査員用のパソコン購入費、介護支援サービス事業のケアプラン作成委託料を追加計上するものであります。

 歳出に対する財源については、前年度繰越金と介護保険サービス事業収入が充当されています。

 また、一般会計繰入金の減額については、前年度繰越金を一般財源として充当したことによるものであります。

 議案第92号、平成21年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)、歳入歳出総額で3,365万8,000円を増額補正するものでありますが、補正の主な内容については、人事院勧告による職員手当等の減及び基礎年金負担率の増による共済費の増額と、地域活性化経済危機対策臨時交付金事業による地デジ対応テレビ購入費と空調設備等の施設整備改善工事の追加、また日吉の里短期入所者の利用見込み増による介護用品等の追加補正であります。

 歳出に対する補正財源は、一般会計繰入金と繰越金及び短期入所生活介護収入を充当するものであります。

 議案第96号、対馬市後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例、現在の厳しい経済社会情勢に影響を受け、保険料等の支払いに困窮している事業主等に配慮し、納期限から一定期間の日数については延滞金利率を軽減することを目的とした「社会保険料の保険料に係る延滞金を軽減するための厚生年金保険法の一部を改正する法律」が平成22年1月1日に施行されることに伴い、後期高齢者医療においても同様の取り扱いが行えるよう、条例の一部を改正するものであります。

 議案第97号、対馬市介護保険条例の一部を改正する条例、介護保険条例につきましても、後期高齢者医療に関する条例と同様、延滞金を軽減するため、第9条を改正するものであります。

 以上、議案第86号から議案第92号、議案第96号及び議案第97号について慎重に審査を行った結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 以上、厚生常任委員会の審査報告といたします。



○議長(作元義文君) これから議案第86号を除く8件の委員長報告について一括質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第87号、議案第88号、議案第89号、議案第90号、議案第91号、議案第92号、議案第96号及び議案第97号の8件を一括して採決します。お諮りします。各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 異議なしと認めます。したがって、各案はそれぞれ委員長報告のとおり可決されました。

 暫時休憩します。開会を2時10分から。

午後1時57分休憩

………………………………………………………………………………

午後2時10分再開



○議長(作元義文君) 開会します。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案第86号・第93号・第98号・議案第100号〜第106号



○議長(作元義文君) 日程第4、産業建設常任委員会に付託した議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)から、議案第106号、市道の認定について(比田勝網代3号線)までの10件を一括して議題とします。

 各案について産業建設常任委員長の審査報告を求めます。17番、産業建設常任委員長、小川廣康君。



◎議員(小川廣康君) 産業建設常任委員会の審査報告を申し上げます。

 平成21年第4回対馬市議会定例会の初日において、会議規則第37条の規定により本委員会に付託されました案件のうち、議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)、歳入は、所管委員会に係る歳入、歳出は6款農林水産業費、7款商工費、8款土木費、11款災害復旧費、議案第93号、平成21年度対馬市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第98号、体験であい塾匠の指定管理者の指定について、議案第100号、市道の認定について(内山峠線)、議案第101号、市道の認定について(内山峠支線)、議案第102号、市道の認定について(アノセ前原線)、議案第103号、市道の廃止について(比田勝網代線)、議案第104号、市道の認定について(比田勝網代1号線)、議案第105号、市道の認定について(比田勝網代2号線)、議案第106号、市道の認定について(比田勝網代3号線)の10議案について、その審査の経過と結果を、同規則第103条の規定により報告をいたします。

 当委員会は、12月9日、豊玉地域活性化センター3階第2会議室において、全委員出席のもと、市長部局より一宮水道局長、川本農林水産部長、斉藤建設部長、永尾総務企画部長、廣田観光物産推進本部長、美津島及び上対馬の地域活性化センター部長並びに担当課長の出席を求め、慎重に審査をいたしました。

 議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)のうち、歳入については、12款分担金及び負担金において、漁港整事業分担金の追加、農地農用施設災害復旧事業分担金の減額で、差し引き7,000円の追加、14款国庫支出金2項国庫補助金では、5目商工費国庫補助金において32万8,000円の減額、6目土木費国庫補助金で400万7,000円の追加、15款県支出金2項県補助金では、4目農林水産業費県補助金で530万4,000円の減額、9目災害復旧費県補助金で819万4,000円の減額で、いずれも事業費の確定によるものであります。

 また、16款財産収入2項財産売払収入では、3目出資金返還収入の100万円の追加であります。20款諸収入4目雑入では、1,847万9,000円追加のうち771万1,000円が所管に係るものであります。21款市債では、4目農林水産業債で7,700万円の追加、9目災害復旧債で460万円の減額であります。

 歳出については、6款農林水産業費で6,247万6,000円の追加、7款商工費は549万8,000円の減額、8款土木費では528万円の追加、11款災害復旧費では1,379万5,000円の減額であります。

 今回の補正は、各款ともに人事異動と人事院勧告による給料、職員手当等が主な補正でありますが、6款農林水産業費では農業振興費のイノシシ捕獲補助金で500万円の追加、水産業総務費で水産加工施設地域総合整備資金貸付金の7,300万円の追加、漁港管理費で維持補修工事費の1,168万1,000円の追加が主な補正であります。7款商工費では、観光費で美津島町振興公社の解散に係る清算補助金480万円の追加、8款土木費では住宅管理費の公共建築物耐震診断調査委託料で1,473万4,000円の追加が主な補正であります。

 議案第93号、平成21年度対馬市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)は、職員の異動による給料、職員手当等の追加補正であります。

 議案第98号、体験であい塾匠の指定管理者の指定については、匠運営協議会を指定管理者として指定しようとするものであります。

 議案第100号から議案第106号までの7件は、いずれも県道及び臨港道路の新設、改良によりそれぞれ認定、廃止しようとするものであります。

 本委員会に付託されました以上の議案につきましては、慎重に審査し、採決の結果、いずれも賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 以上で産業建設常任委員会の審査報告といたします。議員各位の御賛同、よろしくお願いいたします。



○議長(作元義文君) これから議案第86号を除く9件の委員長報告について一括質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第93号、議案第98号、議案第100号、議案第101号、議案第102号、議案第103号、議案第104号、議案第105号及び議案第106号の9件を一括して採決します。お諮りします。各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 異議なしと認めます。したがって、各案はそれぞれ委員長報告のとおり可決されました。

 次に、各常任委員会に分割して付託した議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)について一括質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 お諮りします。これから議案第86号、平成21年度対馬市一般会計補正予算(第5号)を採決します。お諮りします。本案に対する各委員長の報告は可決であります。本案は各委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 異議なしと認めます。したがって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議員に申し上げます。日程第5につきましては、日程第1の議案の撤回について、議案第99号、対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定についての撤回が可決されたことにより、審議の必要がなくなりました。したがって、日程第5を欠番にすることについてお諮りします。日程第5については、後の日程が3件もあることから、欠番にしたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 異議なしと認めます。したがって、日程第5は欠番とすることに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第6.陳情第5号



○議長(作元義文君) 日程第6、総務文教常任委員会に審査を付託しております陳情第5号、永住外国人への地方参政権付与を反対するように日本政府に求める陳情についてを議題とします。

 本案について総務文教常任委員長の審査報告を求めます。13番、総務文教常任副委員長、初村久藏君。



◎議員(初村久藏君) 委員長体調不良のため、副委員長の初村が報告いたします。

 総務文教常任委員会審査報告書、平成21年第4回対馬市議会定例会の初日において、会議規則第37条の規定により本委員会に付託されました案件については、議長あてに報告しており、既に皆様のお手元に配布されております。その経過と結果を、同規則第103条の規定により報告いたします。

 当委員会は、平成21年12月9日、全委員出席のもと、豊玉地域活性化センター3階第1会議室において慎重に審査をいたしました。その結果を報告書の2ページの3行目から報告いたします。

 陳情第5号、永住外国人への地方参政権付与を反対するように日本政府に求める陳情については、平成17年11月7日受付の陳情第9号、永住外国人住民の地方参政権確立のための意見書採択を求める陳情について、対馬市議会は、永住外国人の地方自治体参政権確立に関する意見書(案)を採択し、平成17年12月16日、地方自治法第99条の規定により意見書を内閣総理大臣、法務大臣、外務大臣、総務大臣あてに提出している経過を踏まえ、対馬市議会における偉大な先人の英知を尊重することを考慮し、慎重に審査をするため、閉会中の継続審査とすることに決定しました。

 以上で総務文教委員会の委員長報告といたします。



○議長(作元義文君) これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから陳情第5号、永住外国人への地方参政権付与を反対するように日本政府に求める陳情についてを採決します。お諮りします。本案に対する委員長の報告は閉会中の継続審査とするものであります。本案は委員長報告のとおり閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 異議なしと認めます。したがって、本案は委員長報告のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第7.議案第107号



○議長(作元義文君) 日程第7、議案第107号、工事請負契約の締結について(豊玉中学校屋内運動場耐震補強・大規模改造工事)を議題とします。

 本案について提出者の説明を求めます。建設部長、斉藤正敏君。



◎建設部長(斉藤正敏君) ただいま議題となりました議案第107号、工事請負契約の締結について、その提案理由と内容を御説明申し上げます。

 本案は、豊玉中学校屋内運動場耐震補強・大規模改造工事に係る工事請負契約の締結であります。別紙入札結果一覧表のとおり、去る平成21年12月8日、16社を指名いたしましたが、そのうち6社が辞退したため、10社により指名競争入札を執行いたしました。その結果、株式会社中原建設代表取締役糸瀬安則氏が落札されましたので、契約金額1億3,947万1,628円(うち消費税相当額664万1,506円)をもって請負契約を締結いたしたく、議会の議決を求めるものであります。

 工事概要につきましては別紙添付の参考資料及び平面図等をご覧いただきたいと思います。

 建築面積1,275平方メートルで、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造2階建ての既設屋内運動場の耐震補強工事として鉄筋コンクリートの躯体の補強工事29平方メートル、屋根鉄骨の補強工事1,100平方メートル並びに大規模改造工事として屋根の葺替1,250平方メートル、屋根防水の改修629平方メートル、外壁の改修1,688平方メートル、内装の改修、床962平方メートル外を施工しようとするものでございます。

 なお、工期につきましては、平成22年3月31日までとしております。

 以上、簡単でございますが、提案理由の説明を終わります。御審議のうえ、御決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(作元義文君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。14番、糸瀬一彦君。



◆議員(糸瀬一彦君) 2点ぐらい質問したいと思います。

 金額がえらい大きな金額ですけど、工期は十分見込めるんでしょうか。

 それから、一般競争入札にされた理由もちょっと教えてください。指名にされた。



○議長(作元義文君) 建設部長、斉藤正敏君。



◎建設部長(斉藤正敏君) ただいまの工期の件について回答いたします。

 工期につきましては、契約締結後に請負業者が、開始の日から30日以内に計画工程表を提出するよう対馬市建設工事施行規則の中で決まっておりますので、その計画工程表が提出次第、請負業者と一緒に検討していきたいと思っております。まだ3月末までは一応百数日ありますので、事務手続上、3月31日とさせていただいております。



○議長(作元義文君) 総務企画部長、永尾榮啓君。



◎総務企画部長(永尾榮啓君) 契約の方法につきましては私のほうから御説明申し上げます。

 本事業は、通常の国庫補助事業もございますけど、20年、21年に国が実施されました経済危機対策の一部を充てております。今回、対馬市におきましては経済危機対策の事業につきましてはすべて指名競争入札を実施いたしておりますので、本事業も指名競争入札で実施させていただきます。

 以上でございます。



○議長(作元義文君) ほかに質疑はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第107号は、会議規則第37条第3項の規定によって委員会への付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 異議なしと認めます。したがって、議案第107号は委員会への付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第107号、工事請負契約の締結について(豊玉中学校屋内運動場耐震補強・大規模改造工事)を採決します。お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 異議なしと認めます。したがって、議案第107号は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第8.発議第12号



○議長(作元義文君) 日程第8、発議第12号、対馬市政治倫理条例の一部を改正する条例を議題とします。

 本案について提出者の趣旨説明を求めます。10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) ただいま議題となりました発議第12号、対馬市政治倫理条例の一部を改正する条例について、その提案理由と内容について御説明を申し上げます。

 発議第12号、平成21年12月10日対馬市議会議長、作元義文様、提出者、対馬市議会議員、小宮教義、賛成者、対馬市議会議員、兵頭栄、同、桐谷徹、同、阿比留光雄、同、齋藤久光、同、黒田昭雄、同、脇本啓喜。

 対馬市政治倫理条例の一部を改正する条例について、上記議案を別紙のとおり地方自治法第112条第2項及び会議規則第14条の規定により提出をいたします。

 提案理由、対馬市政治倫理条例の公正公平を図るため、地方自治法第244条2第3項による指定管理者も含めた条例の改正をするものであります。

 では、その内容について御説明を申し上げます。

 対馬市政治倫理条例の一部を改正する条例(案)

 対馬市政治倫理条例(平成17年対馬市条例第1号)の一部を次のように改正する。

 第3条第1項第3号中「第6条」を「第8条」とする。

 第5条第1項中「企業(以下「関係企業」という。)は、」を「企業及び法人(以下「関係企業」という。)は、」に改める。

 第16条を第18条とし、第13条から第15条までを2条ずつ繰り下げる。

 第12条中「第9条」を「第11条」に改め、同条を第14条とする。

 第11条を第13条とし、第10条を第12条とする。

 第9条第6項中「第8条第1項」を「第10条第1項」に改め、同条を第11条とする。

 第8条第1項中「第3条及び第5条」を「第3条、第5条、第6条及び第7条」に改め、同条を第10条とする。

 第7条を第9条とし、第6条を第8条とする。

 第5条の次に次の2条を加える。

(指定管理者の指定に関する遵守事項)

 第6条 前条第1項に規定する企業又は議員、市長等若しくはその配偶者若しくは1親等の親族及び2親等の親族が役員をしている法人その他の団体は、法第244条の2第3項に規定する指定管理者とならないように努めなければならない。

(社会福祉法人等の役員の就任に関する遵守事項)

 第7条 議員、市長等は市から補助金等(対馬市補助金等交付規則(平成16年対馬市規則第37号)第2条第1項に規定するものをいう。)の交付を受ける社会福祉法人、学校法人、NPO法人その他の法人について、報酬を受領する役員に就任しないように努めなければならない。

 附則として、この条例は、平成22年4月1日から施行する。という内容でございます。

 この12月の定例議会におきまして、ぜひ結審していただけるようにお願いを申し上げます。

 以上であります。



○議長(作元義文君) これから質疑を行います。質疑はありませんか。3番、小田昭人君。



◆議員(小田昭人君) 1点だけお尋ねします。

 この改正につきましては、市長、副市長及び教育長も入っておられますが、理事者側と相談されたのかどうか、また、されなかった場合、このような関係機関に議員発議で一方的に議案が発動されるかどうかをお尋ねいたします。



○議長(作元義文君) 10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) まず1点目の、これについて理事者と相談をされたのかされなかったのかということでございます。この点につきましては、今回の議会において私が一般質問においてその内容を細部にわたって質問をさせていただきました。それによって十分なる理解を得られたと理解をしている次第でございます。

 それでよろしゅうございますか、とりあえずは。もう一点ございましたか。そういうふうなことでございます。(発言する者あり)



○議長(作元義文君) 3番、小田昭人君。



◆議員(小田昭人君) 議員発議であっても、その他利害関係のある改正であれば、そこに相談した上ですべきなのか、相談しないで議員発議で条例改正案をしていいのかをわかりませんでしたからお尋ねしました。



○議長(作元義文君) 10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) 失礼いたしました。

 利害関係が発生するであろう方たちにも御相談を申し上げたかという点でございますね。確かに範囲としては広うございます。あくまでもこれにつきましては、議員も御案内のとおり、私どもがこの議員になるという時点において立候補者説明等でもそうですが、この分についての説明も十分に承っております。それを熟知しての今の議会であろうかと思っています。

 それで、関係者等にでございますが、あくまでもこれは倫理という点におきましての申し合わせ事項に準ずるというふうな考えでございますので、議員発議として出させていただいた次第でございます。御理解のほどを賜りたいと思います。



○議長(作元義文君) 17番、小川廣康君。



◆議員(小川廣康君) 1点だけ提出者にお尋ねをしたいと思いますが、改正案の中で、第7条に改正案がうたわれておりますが、最後のほうのくだりのNPO法人その他の法人について報酬を受領する役員に就任しないようにという云々がうたわれておりますが、例えばこのその他の法人というのは、確かにとらえ方によってはかなり広い範囲になろうかと思います。事例を申し上げますと、例えば対馬市内でいいますと、例えば漁協さん、森林組合さん、あるいはJAさん、農協さん、その他の非常勤の理事、役員についてもおのずと費用弁償以外に非常勤でも役員報酬が発生をしていると思うんですが、そのあたりもこの条文では、これを就任しないように努めなければならないということをうたわれておりますが、そこあたりの範囲についてはどのようにお考えになっているのか、1点お尋ねをしておきたいと思います。



○議長(作元義文君) 10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) その他の法人の解釈をどうかという質疑でございます。法人でございますから、議員御指摘の例えば農業協同組合とか漁協とか、それは協同組合という法人でございますので、このその他の法人の適合を受けるものと御理解を賜りたいと思います。



○議長(作元義文君) いいですか、17番。ほかに質疑はありませんか。3番、小田昭人君。



◆議員(小田昭人君) 対馬市政治倫理条例第5条で、本条の一番問題点は、禁止は請負契約であります。よって、委託契約はされるわけでございますので、疑惑を持たれるように規制するようにあれば、この請負契約の条文を委託契約とかほかの契約についてもうたう必要があろうかと思いますけど、提案者の理由をお聞きしたいと思います。



○議長(作元義文君) 10番、小宮教義君。



◎議員(小宮教義君) この5条の請負契約ですね。これは私が先ほど向こうの席で御説明申し上げましたが、質疑ということで御理解賜りたいと思うんですが、一般質問じゃございませんので。せっかくでございますからお答えさせていただきます。

 この請負契約ということでございますが、この請負契約というのは、民法上、商法上の規定がございます。議員御指摘のこの請負というのは、工事契約等じゃないかと、契約という話でございますが、この文面に公共工事等とうたっております。これについては、この工事契約等も含む業務委託も入っておりますので、これも含めた工事請負というふうに御理解をしていただきたいと思います。

 細部にわたっては、まず請負とは何かということでございますが、これにつきましては、民法上の規定がございます。大きく分けますと、13種類ございます。その中に請負というのも入っております。

 ちなみに申し上げますが、商法502条による5項には作業または業務の請負もこれに含むという法的な解釈もなされておられますので、御理解賜りたいと思います。



○議長(作元義文君) いいですか、3番。ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 この案件につきましては、議員提出議案として12月10日付をもって、提出者及び賛成者7名の連名によって議長に提出をされました。それを受け、12月14日招集の議会運営委員会に審議の方法等を諮問した結果、この条例は議員及び市長等にかかわる条例であることから、市長部局の意見も聞く配慮が必要ではないか、また、この条例の改正は、平成22年4月1日から施行するとの案でありますので、慎重に審査する期間が必要であるとのことなどによりまして、所管であります総務文教常任委員会に付託のうえ、閉会中の継続審査とすることに議会運営委員会では決定をしていただいたところでありますので、議会運営委員会の決定を尊重いたしまして、この案件の委員会付託について採決をいたしたいと思います。

 この採決は起立によって行います。お諮りします。本案は議会運営委員会の決定のとおり総務文教常任委員会に付託のうえ、閉会中の継続審査とすることに賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(作元義文君) 起立少数であります。したがって、本案は総務文教常任委員会に付託のうえ、閉会中の継続審査とすることは否決されました。

 本案は、総務文教常任委員会に付託のうえ、閉会中の継続審査とすることは否決されましたので、本会議において審議を行います。

 これから討論を行います。討論はありませんか。反対討論はありませんか。7番、阿比留梅仁君。



◎議員(阿比留梅仁君) 私は、この本会議において、倫理条例たるものが議員の暴挙により可決される、また慎重に審議せずに採決されることを反対いたします。

 と申しますのは、対馬市の議会というものは多くの方々の意見を聞き、そして議決、議員の皆様が対馬市のために、市民のために英知を掲げて討論されるべきことだと思います。この倫理条例においては、日本には法律というものがあります。そもそも倫理とは何か、私はモラルを守ることが一番大切なことだと思います。議員が、ある場所で、君たちは女性に裸になって博多駅で対馬市のビラを配りなさいとか、そういうことこそ倫理の問題だと思います。そういう提出者の中で関係法に議論もせずにこのようなむちゃくちゃな条例がその場で審議もなく可決されることを私は反対するものの1人でございます。

 以上でございます。



○議長(作元義文君) 次に、賛成の討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(作元義文君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 暫時休憩します。

午後2時52分休憩

………………………………………………………………………………

午後2時52分再開



○議長(作元義文君) 再開します。

 本案は起立採決によって行います。お諮りします。これから発議第12号、対馬市政治倫理条例の一部を改正する条例を採決します。お諮りします。本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(作元義文君) 起立多数であります。したがって、本案は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



○議長(作元義文君) 以上で、本日の議事日程は全部終了しました。

 市長よりあいさつの申し出があっておりますので、お受けします。市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 閉会にあたりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 本定例会におきましては、12月4日から本日までの13日間にわたり、慎重に御審議いただきましてありがとうございました。おかげさまで、提案申し上げました議案につきましては御決定賜り厚くお礼申し上げます。

 また、当方の準備不足から、一部の議案を取り下げるという事態が生じたことにつきましては、大変御迷惑をおかけし、申しわけなく思っているところでございます。今回取り下げました案件につきましては、次の議会へ提案できるよう検討を加え、利用される市民の目線に立った運営について最大限の努力をいたしたいと存じますので、御理解くださるようお願いいたします。

 今定例会における議員皆様からの慎重な御意見につきましては、市政に十分反映できるよう一生懸命取り組んでまいる所存でございますので、議員皆様の御協力・御指導方よろしくお願い申し上げます。

 また、先の議会にて事業予算を議決いただいておりました厳原港国際ターミナルの建設事業につきまして、その状況を御報告いたします。

 同事業は、韓国からの観光客等の出入国の利便性の向上、ウエルカムゲートとしてのおもてなしの施設として建設予定であり、平成21年度国庫補助対象事業として整備することで進めておりますが、設計及び本体の補助申請事務やCIQ等の関係機関との協議に時間を要したため、年度内完成が見込まれず、翌年度への繰り越し事業としての承認申請を現在行っているところであります。予定としましては、来年夏の完成・供用開始に向け事業推進を図っていく予定でございますので、御理解くださるようお願いいたします。

 また、ここで、先に報じられました対馬北部衛生センターの職員による不祥事につきまして、市民の皆様におわびを申し上げます。

 報告によりますと、職員は数年前より無資格でありながらイノシシやシカの捕獲用わなを仕掛けたり、また昼休みの休憩時間や年次休暇を取得したりして解体処理するなどの行為を繰り返し行ってきております。かかる行為は、鳥獣保護法などに違反する行いであるばかりか、市民の公僕であるべき市の職員としての自覚に欠けているものであり、大変遺憾に思う次第でございます。

 市といたしましても、司法当局の対応を待ち、厳正に処分を行ってまいりたいと考えております。再三にわたる市職員の不祥事に対しまして、市民の皆様に深くおわび申し上げるところでございます。どうも申しわけございませんでした。

 これから日に日に寒さが厳しくなってまいりますが、議員皆様には、健康には十分留意され、風邪など召されないようお願いいたします。

 ことしも余すところあとわずかとなってまいりました。来る平成22年の新年を御家族とともに健やかに迎えていただき、新年が皆様にとりまして最高の年となりますよう御祈念いたします。

 また、年が変わりまして1月5日に消防出初め式を、1月10日に成人式をそれぞれ予定しております。新年早々大変お忙しいところではございましょうが、議員皆様には御出席賜りますようお願いいたします。

 これから年末年始を控え、何かと無理が生じる時期ではございますが、議員皆様には御健勝にて、ますます御活躍されますよう祈念申し上げまして、閉会のあいさつといたします。どうもありがとうございました。



○議長(作元義文君) 12月4日に開会をいたしました平成21年第4回定例会は、13日間の会期の中で、各議案等を終始熱心に御審議をいただき、本定例会が滞りなく閉会することができました。議員各位はもとより、市長始め市幹部職員の皆様の御協力に対し、心からお礼を申し上げます。

 また、審議の過程で出されました貴重な意見が今後の行政運営に十分反映されることを期待いたします。

 また、今後の議案提出におきましても、慎重に審査をして上程されますよう苦言を呈しておきたいと思います。

 さて、平成21年も余すところ15日となりました。平成22年の新春を御家族ともども健やかにお迎えいただき、来る年が皆様にとりまして最高の年となりますように御祈念を申し上げまして閉会のごあいさつといたします。

 会議を閉じます。

 平成21年第4回対馬市議会定例会を閉会します。大変お疲れさまでございました。

午後2時59分閉会

──────────────────────────────



   会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。


                  議  長 作元 義文

                  署名議員 兵頭  栄

                  署名議員 中原 康博