議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 対馬市

平成 21年 3月定例会(第1回) 03月24日−07号




平成 21年 3月定例会(第1回) − 03月24日−07号









平成 21年 3月定例会(第1回)


──────────────────────────────────────
平成21年 第1回 対 馬 市 議 会 定 例 会 会 議 録(第16日)
                           平成21年3月24日(火曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第7号)
                       平成21年3月24日 午前10時00分開議
    日程第1 議案第14号 平成21年度対馬市一般会計予算
    日程第2 議案第9号 平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)
               歳入は、所管委員会に係る歳入
               歳出は、1款・議会費、2款・総務費
                   9款・消防費、10款・教育費
         議案第24号 平成21年度対馬市旅客定期航路事業特別会計予算
         議案第25号 平成21年度対馬市風力発電事業特別会計予算
         議案第27号 対馬市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例について
         議案第28号 対馬市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第29号 対馬市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第30号 対馬市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第31号 対馬市長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第32号 対馬市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第33号 対馬市職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第34号 対馬市自家用有償バス運行に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第35号 対馬市温泉施設条例の一部を改正する条例について
         議案第43号 対馬市合併振興基金条例の制定について
         議案第44号 長崎県市町村公平委員会の共同設置について
         議案第45号 長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について
         議案第54号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について(峰港湾)
         議案第55号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての更正について(曽地区)
    日程第3 議案第9号 平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)
               歳入は、所管委員会に係る歳入
               歳出は、3款・民生費、4款・衛生費
         議案第10号 平成20年度対馬市診療所特別会計補正予算(第4号)
         議案第11号 平成20年度対馬市介護保険特別会計補正予算(第3号)
         議案第12号 平成20年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)
         議案第15号 平成21年度対馬市診療所特別会計予算
         議案第16号 平成21年度対馬市国民健康保険特別会計予算
         議案第17号 平成21年度対馬市老人保健特別会計予算
         議案第18号 平成21年度対馬市後期高齢者医療特別会計予算
         議案第19号 平成21年度対馬市介護保険特別会計予算
         議案第20号 平成21年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算
         議案第21号 平成21年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計予算
         議案第36号 対馬市墓地、埋葬等に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第37号 対馬市介護保険条例の一部を改正する条例について
         議案第38号 対馬市国民健康保険条例の一部を改正する条例について
         議案第39号 対馬市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について
         議案第40号 対馬市精神障害者地域活動所条例の一部を改正する条例について
         議案第41号 対馬市食育推進会議条例の制定について
         議案第42号 対馬市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について
    日程第4 議案第9号 平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)
               歳入は、所管委員会に係る歳入
               歳出は、6款・農林水産業費、7款・商工費
                   8款・土木費
         議案第13号 平成20年度対馬市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)
         議案第22号 平成21年度対馬市簡易水道事業特別会計予算
         議案第23号 平成21年度対馬市集落排水処理施設特別会計予算
         議案第26号 平成21年度対馬市水道事業会計予算
         議案第46号 市道の廃止について(和板糸瀬線)
         議案第47号 市道の認定について(和板糸瀬線)
         議案第48号 市道の認定について(志賀原糸瀬線)
         議案第49号 市道の廃止について(茂木線)
         議案第50号 市道の廃止について(茂木浜線)
         議案第51号 市道の認定について(茂木線)
         議案第52号 市道の認定について(琴崎線)
         議案第53号 市道の認定について(茂木浜線)
    日程第5 請願第1号 低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する請願について
    日程第6 陳情第1号 「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書に関する陳情について
    日程第7 議案第56号 職員団体の登録に関する条例の制定について
    日程第8 発議第2号 対馬市議会委員会条例の一部を改正する条例について
    日程第9 発議第3号 対馬市議会会議規則の一部を改正する規則について
    日程第10 長崎県病院企業団議会議員の選出について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
    日程第1 議案第14号 平成21年度対馬市一般会計予算
    日程第2 議案第9号 平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)
               歳入は、所管委員会に係る歳入
               歳出は、1款・議会費、2款・総務費
                   9款・消防費、10款・教育費
         議案第24号 平成21年度対馬市旅客定期航路事業特別会計予算
         議案第25号 平成21年度対馬市風力発電事業特別会計予算
         議案第27号 対馬市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例について
         議案第28号 対馬市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第29号 対馬市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第30号 対馬市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第31号 対馬市長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第32号 対馬市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第33号 対馬市職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第34号 対馬市自家用有償バス運行に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第35号 対馬市温泉施設条例の一部を改正する条例について
         議案第43号 対馬市合併振興基金条例の制定について
         議案第44号 長崎県市町村公平委員会の共同設置について
         議案第45号 長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について
         議案第54号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について(峰港湾)
         議案第55号 あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての更正について(曽地区)
    日程第3 議案第9号 平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)
               歳入は、所管委員会に係る歳入
               歳出は、3款・民生費、4款・衛生費
         議案第10号 平成20年度対馬市診療所特別会計補正予算(第4号)
         議案第11号 平成20年度対馬市介護保険特別会計補正予算(第3号)
         議案第12号 平成20年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計補正予算               (第3号)
         議案第15号 平成21年度対馬市診療所特別会計予算
         議案第16号 平成21年度対馬市国民健康保険特別会計予算
         議案第17号 平成21年度対馬市老人保健特別会計予算
         議案第18号 平成21年度対馬市後期高齢者医療特別会計予算
         議案第19号 平成21年度対馬市介護保険特別会計予算
         議案第20号 平成21年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算
         議案第21号 平成21年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計予算
         議案第36号 対馬市墓地、埋葬等に関する条例の一部を改正する条例について
         議案第37号 対馬市介護保険条例の一部を改正する条例について
         議案第38号 対馬市国民健康保険条例の一部を改正する条例について
         議案第39号 対馬市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について
         議案第40号 対馬市精神障害者地域活動所条例の一部を改正する条例について
         議案第41号 対馬市食育推進会議条例の制定について
         議案第42号 対馬市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について
    日程第4 議案第9号 平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)
               歳入は、所管委員会に係る歳入
               歳出は、6款・農林水産業費、7款・商工費
                   8款・土木費
         議案第13号 平成20年度対馬市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)
         議案第22号 平成21年度対馬市簡易水道事業特別会計予算
         議案第23号 平成21年度対馬市集落排水処理施設特別会計予算
         議案第26号 平成21年度対馬市水道事業会計予算
         議案第46号 市道の廃止について(和板糸瀬線)
         議案第47号 市道の認定について(和板糸瀬線)
         議案第48号 市道の認定について(志賀原糸瀬線)
         議案第49号 市道の廃止について(茂木線)
         議案第50号 市道の廃止について(茂木浜線)
         議案第51号 市道の認定について(茂木線)
         議案第52号 市道の認定について(琴崎線)
         議案第53号 市道の認定について(茂木浜線)
    日程第5 請願第1号 低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する請願について
    日程第6 陳情第1号 「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書に関する陳情について
    日程第7 議案第56号 職員団体の登録に関する条例の制定について
    日程第8 発議第2号 対馬市議会委員会条例の一部を改正する条例について
    日程第9 発議第3号 対馬市議会会議規則の一部を改正する規則について
    日程第10 長崎県病院企業団議会議員の選出について
    追加日程第1 発議第4号 低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する意見書について
    追加日程第2 発議第5号 「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書について
──────────────────────────────
出席議員(25名)
1番 齋藤 久光君       2番 堀江 政武君
3番 小西 明範君       4番 小宮 教義君
5番 阿比留光雄君       6番 三山 幸男君
7番 小宮 政利君       8番 初村 久藏君
9番 吉見 優子君       10番 糸瀬 一彦君
11番 桐谷  徹君       12番 宮原 五男君
13番 大浦 孝司君       14番 小川 廣康君
15番 大部 初幸君       16番 兵頭  榮君
17番 上野洋次郎君       18番 作元 義文君
19番 黒岩 美俊君       20番 島居 邦嗣君
21番 武本 哲勇君       22番 中原 康博君
24番 畑島 孝吉君       25番 扇 作エ門君
26番 波田 政和君                
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(1名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長      永留 ?光君  次長     渋江 雄司君
参事兼課長補佐 阿比留 保君  副参事兼係長 國分 幸和君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長 ………………………………………………………………………… 財部 能成君
副市長 ……………………………………………………………………… 大浦 義光君
副市長 ……………………………………………………………………… 齋藤 勝行君
総務企画部長 ……………………………………………………………… 永尾 榮啓君
総務課長 …………………………………………………………………… 桐谷 雅宣君
市民生活部長 ……………………………………………………………… 近藤 義則君
福祉保健部長 ……………………………………………………………… 扇  照幸君
観光物産推進本部長 ……………………………………………………… 廣田 宗雄君
政策補佐官兼地域再生推進本部長 ……………………………………… 松原 敬行君
農林水産部長 ……………………………………………………………… 川本 治源君
建設部長 …………………………………………………………………… 川上  司君
水道局水道課長 …………………………………………………………… 阿比留 誠君
教育長 ……………………………………………………………………… 河合  徹君
教育部長 …………………………………………………………………… 中村 敏明君
美津島地域活性化センター部長 ………………………………………… 阿比留正明君
豊玉地域活性化センター部長 …………………………………………… 橋本 政次君
峰地域活性化センター部長 ……………………………………………… 永留 秀幸君
上県地域活性化センター部長 …………………………………………… 武田 延幸君
上対馬地域活性化センター部長 ………………………………………… 糸瀬 良久君
消防長 ……………………………………………………………………… 阿比留 健君
会計管理者 ………………………………………………………………… 森田 健一君
監査委員事務局長 ………………………………………………………… 主藤 繁明君
農業委員会事務局長 ……………………………………………………… 大石 邦一君


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○議長(波田政和君) 報告いたします。小宮政利君及び小西明範君より遅刻の届け出があっております。

 なお、広報つしまに掲載のため、議場内での市長の閉会あいさつの写真撮影を許可しております。

 ただいまから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案第14号



○議長(波田政和君) 日程第1、議案第14号、平成21年度対馬市一般会計予算を議題とします。

 本案について、平成21年度一般会計予算審査特別委員長の審査報告を求めます。平成21年度一般会計予算審査特別委員長、齋藤久光君。



◎議員(齋藤久光君) おはようございます。平成21年度一般会計予算審査特別委員会審査報告書、本委員会において会議規則第37条の規定に基づき、当委員会に付託されました議案第14号、平成21年度対馬市一般会計予算についての審査内容を、同規則第103条の規定により報告します。

 当委員会は、3月17日と18日の2日間、議場において担当部長と関係職員の出席を求め細部にわたり審査を行いました。

 17日は島居邦嗣委員が、18日は扇作エ門委員と小宮政利委員がそれぞれ欠席しましたが、いずれも定足数に達しており委員会を開催いたしました。

 審査概要と特に質疑、意見が集中した点は以下のとおりであります。

 まず、歳入については、国の緊急経済対策費が組み込まれた地方交付税の増額等について、市税、特に景気低迷による税収と現年課税の市民税、固定資産税の徴収率、同滞納額の内容、徴収率の改善策等について、また、定額給付金と地域振興券について、公債比率、地方債残高等、市債発行額と返済計画についての質疑応答が主なものであります。

 次に、歳出で主な内容は次のとおりです。

 1款議会費では、費用弁償や議員報酬、全国市議会議長会の事業内容などについて質疑がありました。

 2款総務費では、1項7目企画費のわがまち元気創出支援事業、新規ビジネス応援事業の内容について、また、対馬市地域交通検討委員会に関し、路線通学バスの補助金を含む総合的な見直しの必要性、福岡事務所の場所変更についてなど質疑が行われました。ほかに、定額給付金の口座振込と現金支払いの申請と支払い開始時期、地域振興券の発行、CATVの文字放送時の音声同時放送の今後の方向性、また、CATVの全体計画の今後の動向についてなどがありました。

 3款民生費では、1項5目老人福祉費、特別養護老人ホームへの待機者数の把握と対応改善策、民間委託の検討を要望、2項2目児童福祉施設費、保育所の保育士の高年齢層に対する市の対応について、また、保育所の年末年始時休園の改善と今後の方針。

 4款衛生費では、1項1目保健衛生総務費、長崎県病院企業団への負担金、上対馬病院と中対馬病院への補助金の確認と入院病棟の確認、2項2目塵芥処理費では、クリーンセンターの運転維持管理委託料並びに機械器具保守点検委託料、ごみ袋販売代金徴収方法等、3目し尿処理費では、厳美清華苑予備貯留槽増設工事、脱水ポンプの故障と保守点検委託料に関する質疑が行われました。

 6款農林水産業費1項1目農業委員会費では、美津島町高浜地区の農地への企業進出に伴う用途転用の確認について、3目農業振興費では、ツシマジカとイノシシの増頭による被害状況と有害鳥獣被害防止対策事業の今後の計画等、2項2目林業振興費では、対馬の自然保護と観光を考慮した松の保護へ松くい虫駆除の推進、3項1目水産業総務費では、対馬無線漁業協同組合による対馬海域外国船操業対策への下海域、上海域の見張りの必要性、2目水産業振興費では、漁業施設整備事業による美津島町尾崎地区マグロ養殖に伴う冷凍施設の工事の概要と計画、漁業再生支援交付金による上対馬町泉地区への高速冷凍施設CASの計画、新規就業漁業者に伴う指導用船借り上げの事業内容などを質疑。

 7款商工費では、各種イベントへの補助金充実と適正化、企業誘致について質疑がありました。

 8款土木費では、厳原港国際ターミナルの建設に伴う駐車場の移転、急傾斜地工事に対する国の採択基準と市の事業基準及び分担金比率等、街路事業による厳原八幡神社の鳥居、公衆トイレ、石垣塀の改修工事の事業内容、地籍調査の入札参加資格業者の実態と今後の入札への方向性。

 9款消防費では、救急救命士の現況、研修計画と適正配置、備品及びポンプ車の入札に関する指名競争入札、救急無線とトンネル内の対応。

 10款教育費では、1項3目教員住宅管理費、旧教員住宅、危険住宅の処置管理の対応、6項2目上県プールの件に関する管理と嘱託職員、委託職員の業務内容と配置、3目学校給食費、6町の学校給食は学校給食会が運用するので、勤務条件など統一方向性へ改善するよう指摘。ほかに、厳原町金石城の管理運営と今後の運営改善計画、多目的広場の有料化に対し、無料化による利用者拡大の改善がありました。

 以上、追加資料の提出を求めながら審査した結果、議案第14号は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 理事者におかれましては、冷えきった経済不況の中、市民の生活への安心確保に速やかな予算の執行に当たられますよう強く要望いたします。これで、平成21年度一般会計予算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(波田政和君) これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第14号、平成21年度対馬市一般会計予算を採決します。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、議案第14号は委員長報告のとおり可決されました。

 なお、お諮りします。平成21年度対馬市一般会計予算が可決されたことに伴いまして、平成21年度対馬市一般会計予算審査特別委員会を終結したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、平成21年度対馬市一般会計審査特別委員会は終結することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第2.議案第9号・第24号・第25号・第27号〜第35号・第43号〜第45号・第54号・第55号



○議長(波田政和君) 日程第2、総務文教常任委員会に付託した議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)から議案第55号、あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての更正について(曽地区)までの17件を一括して議題とします。

 なお、念のために申し上げます。各常任委員会に分割して付託しております議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)は、産業建設常任委員長の審査報告の後に一括して審議することにいたしますので御了承を願います。

 各案について、総務文教常任委員長の審査報告を求めます。総務文教常任委員長、大部初幸君。



◎議員(大部初幸君) おはようございます。ただいまより総務文教常任委員会審査報告を行います。

 平成21年第1回対馬市議会定例会において、会議規則第37条の規定により、本委員会に付託されました案件は、議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)のうち、歳入は、所管委員会に係る歳入、歳出は、1款議会費、2款総務費、9款消防費、10款教育費、13款諸支出金、議案第24号、平成21年度対馬市旅客定期航路事業特別会計予算、議案第25号、平成21年度対馬市風力発電事業特別会計予算、議案第27号、対馬市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例について、議案第28号、対馬市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例について、議案第29号、対馬市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例について、議案第30号、対馬市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第31号、対馬市長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、議案第32号、対馬市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、議案第33号、対馬市職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、議案第34号、対馬市自家用有償バス運行に関する条例の一部を改正する条例について、議案第35号、対馬市温泉施設条例の一部を改正する条例について、議案第43号、対馬市合併振興基金条例の制定について、議案第44号、長崎県市町村公平委員会の共同設置について、議案第45号、長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について、議案第54号、あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について(峰港湾)、議案第55号、あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての更正について(曽地区)、以上の計17件でございます。その審査の経過と結果を、同規則第103条の規定により御報告いたします。

 当委員会は3月19日、豊玉地域活性化センター3階第1会議室において、全委員出席のもと、松原地域再生推進本部長、永尾総務企画部長、廣田観光物産推進本部長、近藤市民生活部長、阿比留消防長、中村教育部長、豊玉地域活性化センター橋本部長、上県地域活性化センター武田部長並びに各次長、課長、副本部長の出席を求め慎重に審査をいたしました。

 議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)のうち、まず歳入の主なものは、地方交付税が2億3,387万2,000円の増額、総務費国庫補助金は、国の一次補正である地域活性化、緊急安心実現総合対策交付金3,000万円が計上されています。

 次に歳出の主なものは、1款議会費では、議員報酬等の減により257万7,000円の減額であります。

 2款総務費では、庁舎等改修工事の814万1,000円の減、まちなか活性化基本計画策定委託料に340万円の増額、CATV施設整備工事の1億7,186万2,000円の減額が主なものであります。

 9款消防費では、医薬材料費に375万4,000円が計上され、これは救急隊員用の新型インフルエンザ対策用資機材を購入するものであります。また、消火栓設置負担金が800万円の減額となっております。

 10款教育費では、負担金、補助及び交付金において、離島留学生の途中退学に伴う減額と日韓交流教育促進事業補助金等の実績により、163万2,000円の減、土地開発基金からの買い戻しによる阿連小学校用地購入費に2,083万4,000円が計上されています。

 議案第24号、平成21年度対馬市旅客定期航路事業特別会計予算については、予算総額3,595万9,000円の計上で、歳入の主なものは、事業収入335万9,000円、赤字航路に対する航路事業国庫補助金1,526万3,000円等であります。

 歳出の主なものは、職員及び船員の人件費等2,342万3,000円、旅客船の運行に必要な燃料費、修繕料等751万6,000円であります。

 議案第25号、平成21年度対馬市風力発電事業特別会計予算について、予算の総額は歳入歳出それぞれ4,846万円で、歳入の主なものは、売電事業収益の3,300万円、財政調整基金繰入金の1,500万円であります。

 歳出の主なものは、風力発電施設の維持管理費ですが、発電量の回復を図るための修繕料1,500万円が計上されています。

 議案第27号、対馬市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例については、豊玉町廻に3月25日をもって移動通信用鉄塔施設が完成し、これによって対馬市の無線基地局は21局となり、この施設を追加しようとするものです。

 議案第28号、対馬市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例については、長崎県との公平委員会の事務の委託期限がこの3月31日で満了となることから、4月以降については、「長崎県市町村公平委員会」を共同で設置し、公平委員会に係る事務処理を行うように予定されていますので、それに伴い条例の一部を改正するものです。

 議案第29号、対馬市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例については、人事院勧告で、公務員の給与及び勤務時間の改定の勧告が行われましたので、国に準じた改正を行おうとするものであります。

 議案第30号、対馬市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例については、この条例につきましても議案第29号と同様、勤務時間に関する改正であります。

 議案第31号、対馬市長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例については、平成19年度より市長を始めとする常勤特別職の給与の削減が行われていますが、現在の財政状況等を勘案し、平成21年度も継続して行おうとするものであります。市長については、合併時の30%削減の56万円に、副市長、教育長は20%削減し、それぞれ48万9,600円、47万2,000円としようとするものであります。

 議案第32号、対馬市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、教育委員会事務局の指導主事の給与を県条例に準じて、また対馬市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正に伴い改正しようとするものであります。

 議案第33号、対馬市職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例については、平成19年度より市長を始めとする常勤特別職の給与同様、一般職の給与を削減していますが、現在の財政状況等を勘案し、平成21年度も継続して給料月額から100分の5を削減しようとするものであります。

 議案第34号、対馬市自家用有償バス運行に関する条例の一部を改正する条例については、交通弱者に対しての交通手段確保のために、市が所有するスクールバスの空き時間を利用して運行している対馬市自家用有償バス運行事業に新たに「三根志越線」を追加しようとするものであります。

 議案第35号、対馬市温泉施設条例の一部を改正する条例については、現在、対馬市温泉施設の利用料金が入湯税を含む利用料金と入湯税を含まない利用料金と混在しており、利用者の混乱を避けるためにも整合性を図る必要があり、今回、入湯税抜きの利用料金に統一、改正しようとするものであります。

 議案第43号、対馬市合併振興基金条例の制定については、市町村の合併の特例に関する法律第11条の2に規定する合併特例債を財源とする基金を設置するため、地方自治法第241条第1項の規定に基づき基金条例を制定しようとするものであります。

 議案第44号、長崎県市町村公平委員会の共同設置について、これは長崎県市町村総合事務組合を代表団体として、本市、壱岐市、西海市、雲仙市、南島原市の6団体で公平委員会を共同で設置し、経費の節減と人材の確保を図るものです。

 議案第45号、長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更については、この4月から「長与・時津環境施設組合」が長崎県市町村総合事務組合に加入をし「議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する事務」を共同処理することから、長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数がふえるため、地方自治法第290条の規定に基づき変更するものであります。

 議案第54号、あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について(峰港湾)についてでありますが、地方自治法第9条の5第1項の規定により、峰港湾内に新たに生じた土地を確認し、同法第260条第1項の規定により、字の区域を変更するものであります。

 議案第55号、あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての更正について(曽地区)については、埋立地の面積積算時に一部遺漏があり、誤りのまま竣工認可を受けていることが判明したことから、地方自治法第9条の5第1項の規定により更正するものであります。

 以上、議案第9号、議案第24号、議案第25号、議案第27号から議案第35号、議案第43号から議案第45号及び議案第54号から議案第55号までの計17議案につきましては、慎重に審査を行った結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 以上で総務文教常任委員会の審査報告といたします。



○議長(波田政和君) これから、議案第9号を除く16件の委員長報告について一括質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第24号、平成21年度対馬市旅客定期航路事業特別会計予算、議案第25号、平成21年度対馬市風力発電事業特別会計予算、議案第27号、対馬市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例について、議案第28号、対馬市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例について、議案第29号、対馬市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例について、議案第30号、対馬市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第31号、対馬市長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、議案第32号、対馬市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、議案第33号、対馬市職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、議案第34号、対馬市自家用有償バス運行に関する条例の一部を改正する条例について、議案第35号、対馬市温泉施設条例の一部を改正する条例について、議案第43号、対馬市合併振興基金条例の制定について、議案第44号、長崎県市町村公平委員会の共同設置について、議案第45号、長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更について、議案第54号、あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について(峰港湾)、議案第55号、あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更についての更正について(曽地区)までの16件を一括して採決します。この採決は起立によって行います。各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(波田政和君) 起立多数であります。したがって、各案はそれぞれ委員長報告のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第9号〜第12号・第15号〜第21号・第36号〜第42号



○議長(波田政和君) 日程第3、厚生常任委員会に付託した議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)から議案第42号、対馬市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定についてまでの18件を一括して議題とします。

 各案について、厚生常任委員長の審査報告を求めます。厚生常任委員長、初村久藏君。



◎議員(初村久藏君) おはようございます。厚生常任委員会審査報告書、平成21年第1回対馬市議会定例会において、会議規則第37条の規定により、本委員会に付託されました案件は、議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)のうち、歳入は、所管委員会に係る歳入、歳出は、3款民生費、4款衛生費。

 議案第10号、平成20年度対馬市診療所特別会計補正予算(第4号)、議案第11号、平成20年度対馬市介護保険特別会計補正予算(第3号)、議案第12号、平成20年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)、議案第15号、平成21年度対馬市診療所特別会計予算、議案第16号、平成21年度対馬市国民健康保険特別会計予算、議案第17号、平成21年度対馬市老人保健特別会計予算、議案第18号、平成21年度対馬市後期高齢者医療特別会計予算、議案第19号、平成21年度対馬市介護保険特別会計予算、議案第20号、平成21年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算、議案第21号、平成21年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計予算、議案第36号、対馬市墓地、埋葬等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第37号、対馬市介護保険条例の一部を改正する条例について、議案第38号、対馬市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、議案第39号、対馬市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について、議案第40号、対馬市精神障害者地域活動所条例の一部を改正する条例について、議案第41号、対馬市食育推進会議条例の制定について、議案第42号、対馬市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について、以上の計18件でございます。その審査報告を同規則第103条の規定により、次のとおり報告いたします。

 当委員会は、3月19日、豊玉地域活性化センター3階第2会議室において、上野委員は遅刻、宮原委員は早退でありましたが、近藤市民生活部長、扇福祉保健部長並びに各担当次課長の出席を求め、慎重に審査を行いました。

 議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)、歳入は、所管委員会に係る歳入、歳出は、3款民生費、4款衛生費であります。

 歳入の主なものは、14款国庫支出金、1目民生費国庫負担金の社会福祉費負担金で、特別障害者手当給付費負担金と自立支援費負担金の減額であります。

 歳出の主なものは、3款民生費、19節負担金、補助及び交付金の子供デイサービスセンター運営費補助金200万円を補正するもので、これは、当初予算に計上していなかったため、今回補正するものであります。

 4款衛生費、1目保健衛生総務費の負担金、補助及び交付金、1,639万2,000円は、上対馬病院産婦人科会計の赤字補てん負担金の赤字額全体の3分の2となる1,850万5,000円を計上し、その他の負担金が211万3,000円減額されたことによるものであります。

 また、4目環境衛生費の19節負担金、補助及び交付金1,479万6,000円の減額は、不況の関係で、合併処理浄化槽を設置される家庭が少なくなってきたことが大きな要因であると思われます。2項清掃費2目塵芥処理費13節の委託料3,649万7,000円の減額は、塵芥収集委託料入札の執行残3,169万円と再商品化委託料480万7,000円の減額であります。

 議案第10号、平成20年度対馬市診療所特別会計補正予算(第4号)は、増額補正で、歳入は、1款診療収入1項外来収入についてそれぞれ最終収入見込額として、その増減により1,310万4,000円を計上し、6款諸収入1項1目雑入については、豊玉診療所における予防接種等の105万5,000円の増額であります。

 歳出の主なものは、23節償還金、利子及び割引料886万3,000円の増額、これは、平成19年度分のへき地医療対策費補助金を実績報告したことによる増額であります。

 また、2款医療費1項3目医業用衛生材料費1,106万円の増額については、医薬品代の見込み分で、豊玉診療所が204万円、仁田診療所に係る分が1,162万円増額で、一重診療所、賀谷診療所、鴨居瀬診療所、今里診療所、4診療所では260万円の減額、合計で1,106万円の増額であります。豊玉診療所と仁田診療所については、診療収入が増加している状況から、医薬品代が増額されるものであります。

 議案第11号、平成20年度対馬市介護保険特別会計補正予算(第3号)、介護報酬改定に伴うシステム改修と、平成21年度から介護従事者の処遇改善のために行われる介護報酬改定に伴う上昇分を抑制するために必要な経費として、国からの経費を積み立てるもので、歳入歳出それぞれ2,348万8,000円の増額補正であります。

 議案第12号、平成20年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)、主な減額は、正職員、嘱託職員の代替賃金の不用額による減額補正で適正な補正予算計上であります。

 議案第15号、平成21年度対馬市診療所特別会計予算、前年度予算額より2,952万7,000円の増額の3億5,312万5,000円であります。

 主な歳入は、外来収入と繰入金であり、外来収入については豊玉管内、仁田管内診療所受診者数の増を見込んでおります。

 歳出の主なものは、一般管理費の嘱託職員報酬と職員給与、出張診療等医師派遣等委託料とレセプトオンラインシステム導入に伴う保守点検委託料等であります。

 また、委員からは、19節負担金、補助及び交付金の佐賀診療所、三根診療所、峰歯科診療所については、医師研究等補助金となっているが、他の診療所については、運営費等補助金となっているので、統一してはどうかとの意見がありました。

 議案第16号、平成21年度対馬市国民健康保険特別会計予算、歳入歳出それぞれ53億550万円であります。

 歳入の主なものは、1款国民健康保険税、3款国庫支出金であります。歳出については、保険事業費として、特定健康審査等事業費の受診率目標を35%見込んであります。

 議案第17号、平成21年度対馬市老人保健特別会計予算、平成20年4月より後期高齢者医療制度へと移行しており、本年度予算は、老人保健制度で受給された方で、月遅れの請求等に対しての見込み予算計上であります。

 議案第18号、平成21年度対馬市後期高齢者医療特別会計予算、歳入歳出それぞれ3億1,637万円であります。

 歳入の主なものは、1款後期高齢者医療保険料であります。歳出について、職員給与を平成20年度1名から平成21年度2名によるものと、広域連合と市とのネットワーク回線による負担金及び広域連合への納付金であります。

 議案第19号、平成21年度対馬市介護保険特別会計予算、前年度予算額より1億5,832万円の増額であります。

 歳入の主なものは、徴収保険料と国庫支出金、支払基金交付金であり、歳出は、職員給与9名分と介護認定審査会委員報酬44名分、介護サービス給付費であります。

 議案第20号、平成21年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算、前年度予算額より209万2,000円増額の1億1,594万5,000円であります。

 歳入の介護保険特別会計繰入金は、平成21年度からの第4期介護保険事業計画の保険給付費の3%が基本となっております。歳出は、地域包括支援センター3カ所の運営に要する経費及び介護予防支援費等であります。

 議案第21号、平成21年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計予算、前年度予算額より2,078万7,000円増額の4億7,951万8,000円であります。

 歳入の主なものは、一般会計繰入金1億2,988万3,000円と介護給付費収入3億182万1,000円で、歳出の主なものは、嘱託職員報酬、職員給与、賄材料費であります。

 委員より、市の施設の運営について、平成17年度当初の行革大綱では、2施設のうち1施設については民営化するという方向でありましたが、方針に変わりはないかという質問がありましたが、今の段階では、見直しについての具体的な変更等は出されていないとのことであります。

 議案第36号、対馬市墓地、埋葬等に関する条例の一部を改正する条例について、公益法人制度改革関連3法、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、民法第34条の規定により設立された公益法人に係る根拠規定が見直されることから所要の改正を行うものであります。

 議案第37号、対馬市介護保険条例の一部を改正する条例について、介護保険条例第4条の保険料率について、第4期の介護保険事業計画の策定により、保険料基準額を月額4,560円とするものであり、この保険料率は、介護保険法施行令第39条に基づいて改正を行うもので、現行6段階の保険料の区分を8段階に細分化し、保険料負担の軽減を図ったものであります。

 議案第38号、対馬市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、里親と平成21年4月1日から制度開始される小規模住居型児童養育事業者に委託されている児童は、扶養義務者のない者として、国民健康保険上は、被保険者としないことを規定するものであります。

 議案第39号、対馬市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について、デイサービスセンター「御嶽の里」及び「なるたき園」について、平成16年3月1日に条例を制定した時点から、条例の利用者定数を介護保険通所介護事業所指定の定員とが相違していたため改正を行うものであります。

 議案第40号、対馬市精神障害者地域活動所条例の一部を改正する条例について、本条例では、精神障害者地域活動所が厳原町の「きらり」、上県町の「さわやか」の2施設で、精神障害者を対象としたものですが、障害者自立支援法により、身体・知的・精神の3障害の利用が可能となることから支援センターに変更するものであります。

 議案第41号、対馬市食育推進会議条例の制定について、平成17年6月10日に成立した「食育基本法」において、その第33条に「市町村は、その市町村の区域における食育の推進に関して、市町村食育推進計画の作成及びその実施の推進のため、条例を定めるところにより、市町村食育推進会議を置くことができる。市町村食育推進会議の組織及び運営に関して必要な事項は、市町村の条例で定める」との規定をもとに、対馬市食育推進会議条例を制定するものであります。

 議案第42号、対馬市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について、平成20年10月30日に政府与党において、「介護従事者の処遇改善のための緊急特別対策」として、平成21年度から介護報酬改定率を3%とすることが決定され、その介護報酬改定に伴い、介護保険に係る第1号被保険者の介護保険料の増額が見込まれるため、増加額を軽減するための財源に充てるため、基金を制定するものであります。

 また、この基金は、平成24年3月31日でその効力を失うものであります。

 以上で、議案第9号、議案第10号から議案第12号、議案第15号から議案第21号、議案第36号から議案第42号までの計18議案については、慎重に審査を行った結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で厚生常任委員会の報告といたします。



○議長(波田政和君) これから、議案第9号を除く17件の委員長報告について一括質疑を行います。質疑はありませんか。22番、中原康博君。



◆議員(中原康博君) 委員長に尋ねます。議案第18号ですね。対馬市の後期高齢者医療の約3億円ほど出ております。これに関しまして、今対馬のために今日を築いていただきました高齢者が、75歳以上の該当される方が何名おられるのかお尋ねをしたいと思います。



○議長(波田政和君) 厚生常任委員長、初村久藏君。



◎議員(初村久藏君) そこまではちょっと、何名かはちょっと審査しておりません。わかりません。



○議長(波田政和君) 22番、中原康博君。



◆議員(中原康博君) やはり大事なことですので、委員長、そういったことはせっかくの委員会をされてあるなら、そのためにこういった3億もの予算が組み込まれておると思いますので、してあると思うんですけどね。



○議長(波田政和君) 22番、中原康博君。もうそれでよろしいんですか、それで。答えさせますか。

 暫時休憩します。

午前10時55分休憩

………………………………………………………………………………

午前10時56分再開



○議長(波田政和君) 再開します。

 厚生常任委員長、初村久藏君。



◎議員(初村久藏君) お答えをいたします。

 2月末時点で5,215名だそうです。よろしいですか。(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(波田政和君) ほかにありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) これで討論を終わります。

 これから議案第10号、平成20年度対馬市診療所特別会計補正予算(第4号)、議案第11号、平成20年度対馬市介護保険特別会計補正予算(第3号)、議案第12号、平成20年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第3号)、議案第15号、平成21年度対馬市診療所特別会計予算、議案第16号、平成21年度対馬市国民健康保険特別会計予算、議案第17号、平成21年度対馬市老人保健特別会計予算、議案第18号、平成21年度対馬市後期高齢者医療特別会計予算、議案第19号、平成21年度対馬市介護保険特別会計予算、議案第20号、平成21年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算、議案第21号、平成21年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計予算、議案第36号、対馬市墓地、埋葬等に関する条例の一部を改正する条例について、議案第37号、対馬市介護保険条例の一部を改正する条例について、議案第38号、対馬市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、議案第39号、対馬市デイサービスセンター条例の一部を改正する条例について、議案第40号、対馬市精神障害者地域活動所条例の一部を改正する条例について、議案第41号、対馬市食育推進会議条例の制定について、議案第42号、対馬市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定についてまでの17件を一括して採決します。この採決は起立によって行います。各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(波田政和君) 起立多数であります。したがって、各案はそれぞれ委員長報告のとおり可決されました。

 暫時休憩します。再開は11時10分からします。

午前10時59分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時10分再開



○議長(波田政和君) 再開します。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案第9号・第13号・第22号・第23号・第26号・第46号〜第53号



○議長(波田政和君) 日程第4、産業建設常任委員会に付託した議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)から議案第53号、市道の認定について(茂木浜線)までの13件を一括して議題とします。

 各案について、産業建設常任委員長の審査報告を求めます。産業建設常任委員長、三山幸男君。



◎議員(三山幸男君) 産業建設常任委員会審査報告を行います。平成21年第1回対馬市議会定例会において、会議規則第37条の規定により本委員会に付託されました案件は、議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)、歳入は、所管委員会に係る歳入、歳出は、6款農林水産業費、7款商工費、8款土木費、議案第13号、平成20年度対馬市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)、議案第22号、平成21年度対馬市簡易水道事業特別会計予算、議案第23号、平成21年度対馬市集落排水処理施設特別会計予算、議案第26号、平成21年度対馬市水道事業会計予算、議案第46号、市道の廃止について(和板糸瀬線)、議案第47号、市道の認定について(和板糸瀬線)、議案第48号、市道の認定について(志賀原糸瀬線)、議案第49号、市道の廃止について(茂木線)、議案第50号、市道の廃止について(茂木浜線)、議案第51号、市道の認定について(茂木線)、議案第52号、市道の認定について(琴崎線)、議案第53号、市道の認定について(茂木浜線)の計13議案であります。

 その審査の経過と結果を、同規則第103条の規定により御報告いたします。

 当委員会は、3月19日豊玉地域活性化センター3階小会議室において、全委員出席のもと、市長部局より永尾総務企画部長、廣田観光物産推進本部長、川上建設部長、川本農林水産部長、並びに各担当次課長などの出席を求め、慎重に審査いたしました。

 議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)、歳入は、所管委員会に係る歳入、歳出は、6款農林水産業費、7款商工費、8款土木費、歳入では、13款使用料及び手数料の土木使用料におきまして、舟志地区の残土処分場への搬入土砂の増に伴う残土処分場使用料496万4,000円の増額が主なものであります。

 歳出は、6款農林水産業費では、農業費のうち農業振興費の負担金補助及び交付金で、狩猟免許登録料補助金の撤廃による203万1,000円の減額による220万2,000円の減額、林業費のうち林業振興費の負担金補助及び交付金において、シイタケ生産推進補助金1,020万円の増額、大型生産団地導入支援事業補助金524万6,000円の減額など、あわせて537万4,000円の増額、また水産業費のうち負担金補助及び交付金では、国の二次補正予算枠で要望しておりました農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業として、上対馬町泉地区に予定をしているCAS冷凍システムを導入した水産物加工施設の設置関係の交付金3億2,092万円の予算計上と各事業費の精算による減額など、合わせて3億1,567万8,000円の増額が主なものです。

 また、第3表債務負担行為補正は、担い手として地域が支えようとする漁業者などに対し貸し付けられた資金について、長崎県漁業信用基金協会が中小漁業関連資金融通円滑化事業により保証を行い、代位弁済をした場合の長崎県漁業信用協会への補助金として、期間を平成20年度から平成31年度までと定め、平成20年度以降における総額3億6,040万7,000円の範囲内の保証に対し、求償権の9分の2以内に相当する金額とするものです。

 8款土木費では、住宅費のうち住宅管理費公有財産購入費で、旧町時代に土地開発基金で購入した市営住宅用地を買い戻すため、用地購入費として4,337万5,000円、その他同じ内容での用地購入費等の追加が主なものです。

 議案第13号、平成20年度対馬市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、1款簡易水道費、2款水道建設費とも、減額は見込み修正によるものです。

 議案第22号、平成21年度対馬市簡易水道事業特別会計予算、議案第23号、平成21年度対馬市集落排水処理施設特別会計予算、議案第26号、平成21年度対馬市水道事業会計予算の3議案につきましては、財政状況の厳しい中において、適正な予算計上がなされており、適切かつ効率的な予算の執行を望むところです。

 議案第46号から議案第48号までの3件、及び議案第49号から議案第52号までの5件につきましては、それぞれ市道のバイパス的道路改良工事により生じました、同一区域内の市道の廃止及び認定についての関連議案であります。

 議案第46号、市道の廃止について(和板糸瀬線)、議案第49号、市道の廃止について(茂木線)、議案第50号、市道の廃止について(茂木浜線)については、道路改良工事の完了により、道路法第10条第3項の規定により廃止するものです。

 議案第47号、市道の認定について(和板糸瀬線)、議案第48号、市道の認定について、(志賀原糸瀬線)、議案第51号、市道の認定について、(茂木線)、議案第52号、市道の認定について(琴崎線)、議案第53号、市道の認定について(茂木浜線)については、道路法第8条第2項の規定により新たに市道に認定するものであります。

 以上、本委員会に付託されました議案第9号、議案第13号、議案第22号、議案第23号、議案第26号及び議案第46号から議案第53号までの計13件につきましては、慎重に審査し、採決の結果、いずれも賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 以上で産業建設常任委員会の審査報告といたします。



○議長(波田政和君) これから議案第9号を除く12件の委員長報告について、一括質疑を行います。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第13号、平成20年度対馬市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)、議案第22号、平成21年度対馬市簡易水道事業特別会計予算、議案第23号、平成21年度対馬市集落排水処理施設特別会計予算、議案第26号、平成21年度対馬市水道事業会計予算、議案第46号、市道の廃止について(和板糸瀬線)、議案第47号、市道の認定について(和板糸瀬線)、議案第48号、市道の認定について(志賀原糸瀬線)、議案第49号、市道の廃止について(茂木線)、議案第50号、市道の廃止について(茂木浜線)、議案第51号、市道の認定について(茂木線)、議案第52号、市道の認定について(琴崎線)、議案第53号、市道の認定について(茂木浜線)までの12件を一括して採決します。この採決は起立によって行います。各案に対する委員長の報告は可決であります。各案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(波田政和君) 起立多数であります。したがって、各案はそれぞれ委員長報告のとおり可決されました。

 次に、各常任委員会に分割して付託しておりました議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)について質疑を行います。質疑はありませんか。13番、大浦孝司君。



◆議員(大浦孝司君) 2ページの報告の中で、上対馬町泉の地区にCASの冷凍システムを導入し、これを3億2,000万相当の予算が計上されております。担当部長が来ております関係で、この説明の中で年間売り上げの目標と、それからこれは市場に出さないということで魚を直接……



○議長(波田政和君) 委員長、それ産建に聞いてるんですか。



◆議員(大浦孝司君) 委員長です。



○議長(波田政和君) もうそれは終わってますけどね。(笑声)(「9号やろ」と呼ぶ者あり)



◆議員(大浦孝司君) いいんじゃないですか。9号ですよ。補正予算、20年度。(発言する者あり)いや、9号でしょう。議案第9号でしょう。



○議長(波田政和君) 暫時休憩します。

午前11時24分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時25分再開



○議長(波田政和君) 再開します。

 13番、大浦孝司君。



◆議員(大浦孝司君) 再度申し上げます。

 年間の売り上げ目標、それと市場を通さないということになりますが、この取引先をどのように説明があっておるか。それと特にその魚種、どういう魚をそういう瞬間冷凍に持っていこうとするのか。それとその漁民がこの泉地区以外からのそういうふうな提供が収集が、全島的な中でどういうふうな計画になっているか。これは担当部長及び課長の説明があっておれば委員長の方に説明をお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(波田政和君) 産業建設常任委員長、三山幸男君。



◎議員(三山幸男君) 大浦議員の質問にお答えをいたします。

 委員会におきましては、そのような詳細な部分については審査いたしませんでした。ただ、CASの冷凍システムというのはどういうものかということで、そういうことについての意見は出ましたが、内容について詳細なそういうあたりは審査いたしておりません。



○議長(波田政和君) 13番、大浦孝司君。



◆議員(大浦孝司君) それならばちょっと休憩でよろしいでしょうか。いいですか、議長。



○議長(波田政和君) はい。暫時休憩します。

午前11時26分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時29分再開



○議長(波田政和君) 再開します。

 22番、中原康博君。



◆議員(中原康博君) 産建の委員長に尋ねます。同じく2ページの農林水産業費で下から3行目、3億1,567万8,000円の増額が主なものです。とあります。私の手元にある一般会計補正予算書にありますならば、補正額は3億963万6,000円でないかなと思いますけれども、約604万2,000円の差があります。これはどこに、どのような違いがあるか説明を願いたいと思います。



○議長(波田政和君) 産業建設常任委員長、三山幸男君。



◎議員(三山幸男君) 中原議員の質問にお答えをいたします。

 もし私のこの書いている部分で間違いがあれば修正をさせていただきたいと思います。予算書を見て書いたつもりですけども、間違いがあれば修正をさせていただきます。(「そりゃあおかしいんじゃない」と呼ぶ者あり)(発言する者あり)(「議長、議長」と呼ぶ者あり)



○議長(波田政和君) はい。ちょっと待ってください。それでいいですか。(「暫時休憩をお願いします」と呼ぶ者あり)暫時休憩します。

午前11時30分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時34分再開



○議長(波田政和君) それでは、再開いたします。

 産業建設常任委員長、三山幸男君。



◎議員(三山幸男君) 先ほどの中原議員の質問に再度お答えします。

 各事業の精算による減額等はということで、私の委員長報告が間違っているのではないかということでしたけれども、今確認したところ間違っておりません。報告したとおりです。



○議長(波田政和君) ほかにありますか。(「ありません」と呼ぶ者あり)はい。ほかに質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第9号、平成20年度対馬市一般会計補正予算(第7号)を採決します。この採決は起立によって行います。本案に対する各委員長の報告は可決であります。本案は各委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(波田政和君) 起立多数であります。したがって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第5.請願第1号



○議長(波田政和君) 日程第5、請願第1号、低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する請願についてを議題とします。

 総務文教常任委員長の報告を求めます。総務文教常任委員長、大部初幸君。



◎議員(大部初幸君) 総務文教常任委員会審査報告書、平成21年第1回対馬市議会定例会において、会議規則第37条の規定により、本委員会に付託されました「請願第1号、低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する請願について」の審査の経過と結果を同規則第103条の規定により報告いたします。

 当委員会は、3月19日、豊玉地域活性化センター3階第1会議室において、委員全員出席のもと慎重に審査を行いました。

 皆様も御承知のとおり日本経済の景気後退、地方財政の悪化により、公共事業の激減は全国の建設業者は言うまでもなく、島内の中小建設業者にも多大な影響を及ぼしております。公共事業の減少に伴う過当競争から、業者は低価格での受注を余儀なくされており、経費の確保もできないほどの企業経営も強いられています。申すまでもなく、対馬における建設業は基幹産業と言っても過言ではなく、雇用の確保、地域経済の振興に多大に寄与しており、建設業者の破綻は地方の衰退へと直結するものと思われます。

 既に、長崎県では公共工事における最低制限価格を85%から90%に引き上げております。倒産の増加や安全管理のしわ寄せ、さらなる雇用情勢の悪化が想定される中、本請願の趣旨は十分理解ができます。

 ただし、委員会におきましては、意見書(案)の第2項「島内本社の指名をお願いしたい」という項目に関しましては、委員から島内に本社がある業者に加え、島外に本社がある業者でも、対馬において20年以上の実績のある業者、さらには地元に貢献度の高い業者を優先的に指名に入れるべきではないだろうかとの強い意見が出され、今後、市長部局においては慎重に対応していただくことを要望し、委員会におきましては、総合的に判断した結果、「請願第1号、低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する請願について」は、採択すべきものと決定をいたしました。

 以上で総務文教常任委員会の審査報告といたします。



○議長(波田政和君) これから委員長報告に対する質疑を行います。17番、上野洋次郎君。



◆議員(上野洋次郎君) 大部委員長に1件聞きたいと思いますけども、今回の請願の趣旨の中で、基礎価格の引き上げと、次に島内本社の指名と、もう1件総合評価落札方式についても(発言する者あり)、総合評価落札方式についてですね、(「はい」と呼ぶ者あり)長崎県と同様の取り扱いをお願いしたいということなんですけれども、今の委員長のこの報告書の中ではそのことが全く載っていませんので、そのことに対してどのような質疑があったのか、質疑があったら説明をお願いいたします。



○議長(波田政和君) 総務文教常任委員長、大部初幸君。



◎議員(大部初幸君) 上野議員の質問にお答えします。請願で今言われるとおり3つの項目があったわけですが、今言われる1点、3点目に関しましては、県の条項、いろんなそのとおりでいこうということで委員の方は何らその特別な意見は出ませんでした。

 ただ、先ほど委員長報告させていただいた中で、島内業者を指名から、地元の本社企業ということだけが委員会の方では持ち上げられまして、島内本社だけということになれば今まで貢献度の高い企業とかも、何十年もおる業者が、本社が対馬にないだけで指名から外すということはいかなるもんだろうかというのが大きく取り上げられまして、この分だけは委員長報告にさせていただきました。20年もたっていけば地元社員にしても雇用されている社員にしても、もうほとんど地元の雇用だからそういう条項でどうだろうかということだけでした。



○議長(波田政和君) 17番、上野洋次郎君。



◆議員(上野洋次郎君) そうすると、説明ではもう1点、島内業者というのが、委員会では20年ぐらいおったらいいと、そういう報告なんですけれども、今、対馬市の入札要項の中でですよ、今10年、または8年以上の雇用と私は聞いておりますけども、20年という、その20年というのはどこから委員会の中ではそういう考えが出たのか、説明をお願いします。



○議長(波田政和君) 総務文教常任委員長、大部初幸君。



◎議員(大部初幸君) 20年というのはですね、今一番問題になっているのが皆さん、この請願の趣旨というのが、どうしても島内企業が今圧迫されておりますね。当然よそから来られた業者に仕事をとられて、地元の人が黙って泣き泣き指をくわえるという結果が出ております。そういういろんな中で、20年もたっている業者であれば、もう地元企業とみなしてもいいんじゃないかという意見のもとで、できるだけ地元に貢献している業者を島内本社という形で同様にみなしていったらどうだろうかということです。

 だから、今上野委員が言われる意図もよくわかるわけです。委員の方といたしましても当然雇用問題とか、地元の業者を助けるべく考えは皆一緒だと思います。そういうつもりで、いろんな意見の中で、先ほどから言いますように20年もたてば、もうそれなりの地元に貢献もしてるし、同様扱いしてもいいんじゃないだろうかと意見のもとで20年ということをしました。

 まだ、何年かで今実際残ってる、ごく浅いと言ったら不平も出るでしょうけども、対馬に進出してきて間もない人がどんどん仕事をとっていって地元の企業が泣いているというのを防ぐために、こういう20年以上というのを委員会の方で要望が出たわけです。だから、これから出たからといって私たちがそれをしなさいというあれもありませんので、市長部局の方に、よく考えてこれからの入札をしてくださいということを要項に入れたわけです。

 以上です。



○議長(波田政和君) ほかにありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから請願第1号、低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する請願についてを採決します。この採決は起立によって行います。本案に対する委員長の報告は採択であります。請願第1号を採択することに賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(波田政和君) 起立多数であります。したがって、請願第1号は採択することに決定しました。

 昼食休憩とします。開会は13時から。

午前11時46分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時00分再開



○議長(波田政和君) 定刻になりましたので再開します。

────────────・────・────────────



△日程第6.陳情第1号



○議長(波田政和君) 日程第6、陳情第1号、「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書に関する陳情についてを議題とします。

 総務文教常任委員長の報告を求めます。総務文教常任委員長、大部初幸君。



◎議員(大部初幸君) こんにちは。総務文教常任委員会審査報告書、平成21年第1回対馬市議会定例会において、会議規則第37条の規定により、本委員会に付託されました陳情第1号「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書に関する陳情についての審査の経過と結果を同規則第103条の規定により報告をいたします。

 当委員会は3月19日、豊玉地域活性化センター3階第1会議室において、委員全員出席のもと慎重に審査を行いました。

 「協同出資・協同経営で働く協同組合」は、組合に参加する人すべてが、協同で出資し、協同で経営するという、協同で働くという形をとっており、「働くこと」を通じて「人と人とのつながりを取り戻し、コミュニティーの再生を目指す」活動を続けています。そして、この組合は、企業で正規に雇用されない若者や退職した高齢者が集まり、働きやすい職場を自分たちでつくる新しい働き方として期待されています。今回の陳情は、「労働者として法的保護を受けられるような社会的認知をしてほしい」と法律の整備を求めているものであります。

 本委員会におきましては、本陳情の趣旨は十分理解できるものであり、よって、陳情第1号「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書に関する陳情については、採択すべきものと決定をしました。

 以上で、総務文教常任委員会の審査報告といたします。



○議長(波田政和君) これから委員長報告に対する質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから陳情第1号、「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書に関する陳情についてを採決します。この採決は起立によって行います。本案に対する委員長の報告は採択であります。陳情第1号を採択することに賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(波田政和君) 起立多数であります。したがって、陳情第1号は採択することに決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第7.議案第56号



○議長(波田政和君) 日程第7、議案第56号、職員団体の登録に関する条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。総務企画部長、永尾榮啓君。



◎総務企画部長(永尾榮啓君) ただいま議題となりました議案第56号、職員団体の登録に関する条例の制定について、その提案理由と内容を御説明申し上げます。

 本案は、本日可決いただきました議案第44号長崎県市町村公平委員会の共同設置について関連するものでございまして、議案第44号で共同設置を認可されました長崎県市町村公平委員会の代表団体である長崎県市町村総合事務組合が長崎県と協議し、総務省に確認を求めましたところ、共同設置いたしました公平委員会は、地方自治法第252条の12で定められたことにより、その事務の管理、執行に関する条例、規則等の適用につきましては、構成団体の委員会とみなされるため、職員団体の登録には公平委員会を構成する各自治体がそれぞれ職員団体の登録に関する条例を整備しなければならないことが判明いたしました。

 公平委員会の共同設置規約の施行日を平成21年4月1日といたしている関係上、職員団体の登録に関する条例につきましても同日施行とする必要がございますので、本日追加議案として提案させていただいたところであります。

 それでは条例の内容について御説明申し上げます。

 第1条は目的でございまして、地方公務員法第53条第1項、第5項、第6項、第9項及び第10項の規定に基づき、職員団体の登録に関し必要な事項を定めようとするものであります。

 第2条は職員団体の公平委員会への登録の申請について、第3条は公平委員会の職員団体への登録の通知について、第4条は職員団体への規約等の変更または解散の届け出について、第5条は公平委員会の職員団体への効力停止及び取り消しの通知について、第6条は公平委員会規則の委任について、附則で、条例の施行日を平成21年4月1日と定めようとするものであります。

 以上で、提案理由の説明を終わります。よろしく御審議のうえ、御決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) これから質疑を受けます。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第56号は、会議規則第37条第2項の規定によって委員会への付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、議案第56号は委員会への付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第56号、職員団体の登録に関する条例の制定についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、議案第56号は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第8.発議第2号



○議長(波田政和君) 日程第8、発議第2号、対馬市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本案について、提出者の趣旨説明を求めます。5番、阿比留光雄君。



◎議員(阿比留光雄君) ただいま議題となりました発議第2号、対馬市議会委員会条例の一部を改正する条例についての提案理由を御説明申し上げます。

 本条例の一部改正は、議員定数減に伴う次期選挙後の常任委員会の委員定数変更及び地方自治法の一部を改正するに伴い、委員の選任方法の改正を行うものであります。

 それでは発議案を読み上げます。

 発議第2号、平成21年3月24日、対馬市議会議長波田政和様、提出者、対馬市議会議員阿比留光雄。賛成者、対馬市議会議員大部初幸、同、初村久藏、同、三山幸男。

 対馬市議会委員会条例の一部を改正する条例について、上記の議案を、別紙のとおり地方自治法第112条第2項及び会議規則第14条の規定により提出します。

 対馬市議会委員会条例の一部を改正する条例(案)、対馬市議会委員会条例(平成16年対馬市条例第237号)の一部を次のように改正する。

 第2条第1号中「9人」を「8人」に、同条第2号中「8人」を「7人」に、同条第3号中「9人」を「7人」に改める。第8条第1項に次のただし書きを加える。ただし、閉会中において、議長が委員を指名することができる。

 附則、この条例は平成21年6月1日から施行する。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(波田政和君) これから質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第2号は、会議規則第37条第2項の規定によって委員会への付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、発議第2号は委員会への付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから発議第2号、対馬市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、発議2号は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第9.発議第3号



○議長(波田政和君) 日程第9、発議第3号、対馬市議会会議規則の一部を改正する規則についてを議題とします。

 本案について、提出者の趣旨説明を求めます。5番、阿比留光雄君。



◎議員(阿比留光雄君) ただいま議題となりました発議第3号の対馬市議会会議規則の一部を改正する規則についての提案理由を御説明申し上げます。

 本規則の一部改正は、議員定数減と地方自治法の一部改正に伴い、規則中の字句の改正を行うものであります。

 それでは発議案を読み上げます。

 発議第3号、平成21年3月24日、対馬市議会議長波田政和様、提出者、対馬市議会議員阿比留光雄、賛成者、対馬市議会議員大部初幸、同、初村久藏、同、三山幸男。

 対馬市議会会議規則の一部を改正する規則について、上記の議案を、別紙のとおり地方自治法第112条第2項及び会議規則第14条の規定により提出します。

 対馬市議会会議規則の一部を改正する規則(案)、対馬市議会会議規則(平成16年対馬市議会会議規則第1号)の一部を次のように改正する。

 第14条中「3人以上」を「2人以上」に改め、同条に次の1項を加える。2、委員会が議案を提出しようとするときは、その案を備え、理由をつけ、委員長が議長に提出しなければならない。第16条中、「他に3人以上」を「2人以上(提出者を含む)」に改める。第17条及び第18条中「3人以上」を「2人以上」に改める。第19条に次の1項を加える。3、委員会が提出した議案につき第1項の承認を求めようとするときは、委員会の承認を得て委員長から請求しなければならない。第35条中「3人以上」を「2人以上」に改める。第37条第1項中「第134条」を「第135条」に改め、同条第2項中「提出者の説明または委員会への付託」を「前2項における提出者の説明及び第1項における委員会への付託」に改め、同項を第3項とし、第1項の次に次の1項を加える。

 2委員会提出の議案は委員会に付託しない。ただし、議長が必要があると認めるときは、議会の議決で議会運営委員会に係る議案は議会運営委員会に、常任委員会又は特別委員会に係る議案は常任委員会又は特別委員会に付託することができる。第57条、第70条、第71条、第76条及び第77条中「3人以上」を「2人以上」に改める。第98条第2項中「法第109条の2第3項」を「法第109条の2第4項」に改める。第143条及び第155条中「第37条(議案等の説明、質疑及び委員会付託)第2項」を「第37条(議案等の説明、質疑及び委員会付託)第3項」に改める。

 附則、この条例は平成21年6月1日から施行する。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(波田政和君) これから質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第3号は、会議規則第37条第2項の規定によって委員会への付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、発議第3号は委員会への付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから発議第3号、対馬市議会会議規則の一部を改正する規則について採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、発議第3号は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第10.長崎県病院企業団議会議員の選出について



○議長(波田政和君) 日程第10、長崎県病院企業団議会議員の選挙を行います。

 長崎県病院企業団規約第7条第1項の規定に基づき、対馬市の場合、選挙する議員の数は2人となっております。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決定しました。

 長崎県病院企業団議会議員2人を指名します。長崎県病院企業団議会議員に扇作エ門君、作元義文君、以上2人を指名します。

 お諮りします。ただいま指名しました2人を長崎県病院企業団議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、扇作エ門君、作元義文君が長崎県病院企業団議会議員に当選されました。

 ただいま長崎県病院企業団議会議員に当選されました扇作エ門君、作元義文君が議場におられます。会議規則第32条第2項の規定によって当選の告知をします。

 暫時休憩をします。(「おめでとうございます」と呼ぶ者あり)(笑声)

午後1時21分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時37分再開



○議長(波田政和君) 再開します。

────────────・────・────────────



△追加日程第1.発議第4号



○議長(波田政和君) お諮りします。各議員へ配付のとおり追加議事日程として、議題とすることに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、議事日程に追加して議題とすることに決定しました。

 追加日程第1、発議第4号、低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する意見書についてを議題とします。

 本案について提出者の趣旨説明を求めます。15番、大部初幸君。



◎議員(大部初幸君) 発議第4号、対馬市議会議長波田政和様、提出者、対馬市議会議員大部初幸、賛成者、対馬市議会議員初村久藏、同、三山幸男、同、阿比留光雄。

 低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する意見書について、上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条第2項及び会議規則第14条の規定により提出をします。

 低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する意見書(案)、今日の島内中小建設業界の現状は、公共事業の激減による過当競争の激化から低価格での受注を余儀なくされているため、経費の確保ができない中での企業経営を強いられているところであります。

 申すまでもなく、地方における建設業は基幹産業であり、雇用の確保、地域経済の振興に多大なる寄与をなしており、建設業者の破綻はその影響力が広範囲に及ぶため、地方の衰退へと直結するものであります。

 このたび長崎県においては、過当競争により最低制限価格付近での応札が多いことで、倒産の増加や安全管理面へのしわ寄せが生じていること。さらに雇用情勢が一段と悪化する状況を考慮して、平成21年2月1日以降に入札公告、または入札執行通知する工事から、公共工事における最低制限価格を85%から90%に引き上げることになりました。よって、対馬市におかれましても、島内中小建設業界の危機を御理解いただき、長崎県と同様の措置を講じられますよう、次の事項につきまして強く要望いたします。

 記、1、低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げをお願いしたい。2、島内本社の指名をお願いしたい。3、総合評価落札方式についても長崎県と同様の取り扱いをお願いしたい。平成21年3月24日、長崎県対馬市議会、提出先、対馬市長財部能成様。

 以上です。



○議長(波田政和君) これから質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第4号は、会議規則第37条第2項の規定によって委員会への付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、発議第4号は委員会への付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから発議第4号、低入札価格調査対象外基礎価格の引き上げ等に関する意見書についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、発議4号は原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△追加日程第2.発議第5号



○議長(波田政和君) 追加日程第2、発議第5号、「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書についてを議題とします。

 本案について提出者の趣旨説明を求めます。15番、大部初幸君。



◎議員(大部初幸君) 発議第5号、対馬市議会議長波田政和様、提出者、対馬市議会議員大部初幸、賛成者、対馬市議会議員初村久藏、同、三山幸男、同、阿比留光雄。

 「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書について、上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条第2項及び会議規則第14条の規定により提出をします。

 「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書(案)、日本社会における労働環境の大きな変化の波は働くことに困難を抱える人々を増大させ、社会問題となってきました。また、2000年ごろからの急速な構造改革により経済や雇用、産業や地方など、さまざまな分野に格差を生じさせました。働く機会が得られないことで、ワーキングプア、ネットカフェ難民、偽装請負など新たな貧困と労働の商品化が広まっています。また、障害を抱える人々や社会とのつながりがつくれない若者など、働きたくとも働けない人々の増大は日本全体を覆う共通した地域課題です。

 一方、NPOや協同組合、ボランティア団体などさまざまな非営利団体は、地域の課題を地域住民みずから解決することを目指し事業展開をしています。この一つである協同労働の協同組合は、働くことを通じて人と人とのつながりを取り戻し、コミュニティーの再生を目指す活動を続けており、上記の社会問題解決の手段の一つとして大変注目を集めております。

 しかし、現在この協同労働の協同組合には、法的根拠がないため、社会的理解が不十分であり、団体として入札、契約ができないことや、社会保障の負担が働く個人にかかるなどの問題があります。

 既に欧米では労働者協同組合、ワーカーズコープ、ワーカーズコレクテイブについての法制度が整備されています。日本でも協同労働の協同組合の法制度を求める取り組みが広がり、1万に及ぶ団体がこの法制度化に賛同し、また国会でも超党派の議員連盟が立ち上がるなど、法制化の検討が始まりました。

 雇用、労働の問題と地域活性化の問題は不離一体です。だれもが希望と誇りを持って働く仕事を通じて、安心と豊かさを実感できるコミュニティーをつくる、人とのつながりや社会とのつながりを感じる、こうした働き方を目指す協同労働の協同組合は、市民事業による市民主体のまちづくりを創造するものであり、働くこと、生きることに困難を抱える人々自身が、社会連帯の中で仕事をおこし、社会に参加する道を開くものです。

 国においても社会の実情を踏まえ、課題解決の有力な制度として、協同労働の協同組合法の速やかなる制定を求めるものです。

 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出します。平成21年3月24日、長崎県対馬市議会、提出先、衆議院議長様、参議院議長様、内閣総理大臣様、厚生労働大臣様、総務大臣様、経済産業大臣様。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(波田政和君) これから質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております発議第5号は、会議規則第37条第2項の規定によって委員会への付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、発議第5号は委員会への付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから発議第5号、「協同出資・協同経営で働く協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、発議5号は原案のとおり可決されました。

 お諮りします。本議会における議決の結果、条項、字句、数字、その他において整理を有するものがあるのではないかと思料されます。その整理権を会議規則第43条の規定によって議長に委任願います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 異議なしと認めます。したがって、整理権を議長に委任することに決定しました。

────────────・────・────────────



○議長(波田政和君) 以上で、本日の議事日程は全部終了しました。

 市長よりあいさつの申し出があっておりますのでお受けいたします。市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 閉会にあたりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 本定例会におきまして、3月9日から16日間の長きにわたりまして慎重に御審議いただき、提案申し上げましたすべての議案につきまして御決定賜り、厚く御礼申し上げます。

 本定例会にて議決いただきました案件につきましては、適正な事務処理に努めまして、速やかに対処してまいりたいと存じます。本定例会における議員皆様からの貴重な御意見につきましては、市政に反映させるべく一生懸命取り組んでまいる所存でございます。今後ともども議員皆様の御指導、御協力、よろしくお願い申し上げます。

 話はかわりますが、昨日の新聞に、日本の復活のかぎは地域力にあるという記事が掲載されておりました。その記事によりますと、

 日本経済の正念場と言われる今、日本復活のかぎとなるものは何か。それは中央だけでなく各地域の独自性がより一層発揮され、新しい需要の創造など国内外での相乗効果を生むことだ。地域の独自性には中央から離れていたからこそはぐくまれてきた特有の歴史や文化があり、それぞれ違った生活環境に支えられた伝統、食文化、観光資源、技術力などがある。

 こうした地域本来が持つ伝統的な潜在力に、新しくその地域を訪れる人々や企業などがもたらす最先端の独自力が効果的に反応し、次世代につながる地域の底力を生み出し続けていく。

という内容でありました。まさしく対馬市の再生を図るうえでもっとも大事なことだと私自身思ったところであります。

 さて、対馬市も合併後はや5カ年を過ぎ、6年目を迎えようといたしております。議員皆様の任期も残すところ2カ月余りとなり、市議会議員の選挙日程も過日、選挙管理委員会におきまして決定されております。今任期を最後に政治の世界から退かれようとされる皆様におかれましては、対馬市の土台づくりの激動のときに議会人として参画され、御尽力くださいまして大変ありがとうございました。そして、お疲れさまでございました。

 今後におかれましても健康に十分留意され、いつまでもお元気に過ごされ、今まで同様、対馬市の発展のためにどしどし御意見くださいますようお願いいたします。また、再び政界へ挑もうとされていらっしゃる方におかれましては、見事勝ち抜かれ、再び対馬市のためにお力添えを賜りますようよろしくお願いいたします。

 最後に、私ごとで大変恐縮ではございますが、昨年9月、人間ドックに行きまして健康チェックを受けてまいりました。日ごろより健康には人一倍注意していたつもりではありますが、結果、甲状腺に異変が発見されました。その後の再検査、精密検査の結果、甲状腺腫瘍と診断がくだされ、来月6日より切除手術のため2週間の入院加療が必要となりました。幸いにも病状は極めて軽いということであります。切除してしまえば、まったくその後の心配はないという主治医のお話でもありまして、私自身まったく心配しておりません。議員皆様を始め市民の皆様、どうぞ御安心くださいますようお願い申し上げます。

 市民の皆様が大変なこの時期に、このようなことで計らずも皆様に心配をおかけすることになりまして大変申しわけなく思っております。私の入院中においても市政を停滞させることのないよう、副市長を中心に職員が一丸となって頑張ってくれるものと信じております。現在は情報化の時代でございまして、私への連絡はいつでもとれるような体制となっておりますので、かかるようなことは一切心配をいたしておりません。

 議員皆様を始め、市民の皆様には御迷惑、御心配をおかけいたしまして大変申しわけございませんが、治療後は、以前にも増して健康には十分に心を配り、市民の皆様の負託にこたえるべく一生懸命市政に奮闘努力してまいる所存でございます。どうぞ御期待いただきますよう、お願いいたします。

 最後になりますが、皆様の御健勝と、ますますの御活躍を祈念申し上げまして、閉会のあいさつといたします。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(波田政和君) 閉会に当たり一言ごあいさつを申し上げます。

 3月9日に開会いたしました平成21年第1回対馬市議会定例会は、16日間の会期の中で、市長の施政方針説明、市政一般質問、補正予算、平成21年度当初予算、条例の制定、改廃、長崎県病院事業団議会議員の選挙等、議案全般にわたり終始熱心に御審議いただき、ここに滞りなく閉会の運びとなりました。議員各位はもとより、市長を始め市幹部の方々の御協力に対して心から御礼を申し上げます。

 また、審議の過程で出されました貴重な御意見が、今後の行政運営に十分活かされることを期待いたします。

 さて、定数26人での議会も最後の定例会でありました。議員各位には、合併後、最初の対馬市議会議員選挙において、当選をされて以来4年間の議会活動の中で、新生対馬市の基盤を築くため、真剣に取り組んでこられました。引き続き市政発展のため、なお一層御尽力を賜りますようお願い申し上げます。

 さらに、今後皆様の御健勝、御多幸を御祈念申し上げ、閉会のあいさつといたします。

 会議を閉じます。

 平成21年第1回対馬市議会定例会を閉会します。お疲れさまでした。

午後1時56分閉会

──────────────────────────────



   会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。


                  議  長 波田 政和

                  署名議員 兵頭  榮

                  署名議員 上野洋次郎