議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 対馬市

平成 20年 12月定例会(第4回) 12月09日−02号




平成 20年 12月定例会(第4回) − 12月09日−02号









平成 20年 12月定例会(第4回)


──────────────────────────────────────
平成20年 第4回 対 馬 市 議 会 定 例 会 会 議 録(第2日)
                           平成20年12月9日(火曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第2号)
                       平成20年12月9日 午前10時00分開議
    日程第1 市政一般質問
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
    日程第1 市政一般質問
──────────────────────────────
出席議員(24名)
1番 齋藤 久光君       2番 堀江 政武君
3番 小西 明範君       4番 小宮 教義君
5番 阿比留光雄君       6番 三山 幸男君
7番 小宮 政利君       8番 初村 久藏君
9番 吉見 優子君       11番 桐谷  徹君
12番 宮原 五男君       13番 大浦 孝司君
14番 小川 廣康君       15番 大部 初幸君
16番 兵頭  榮君       17番 上野洋次郎君
18番 作元 義文君       19番 黒岩 美俊君
20番 島居 邦嗣君       21番 武本 哲勇君
22番 中原 康博君       24番 畑島 孝吉君
25番 扇 作エ門君       26番 波田 政和君
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
10番 糸瀬 一彦君                
──────────────────────────────
欠  員(1名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長      永留 ?光君  次長     渋江 雄司君
参事兼課長補佐 阿比留 保君  副参事兼係長 國分 幸和君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長 ………………………………………………………………………… 財部 能成君
副市長 ……………………………………………………………………… 大浦 義光君
副市長 ……………………………………………………………………… 齋藤 勝行君
総務企画部長 ……………………………………………………………… 永尾 榮啓君
総務課長 …………………………………………………………………… 桐谷 雅宣君
市民生活部長 ……………………………………………………………… 橋本 政次君
福祉保健部長 ……………………………………………………………… 勝見 末利君
観光物産推進本部長 ……………………………………………………… 廣田 宗雄君
政策補佐官兼地域再生推進本部長 ……………………………………… 松原 敬行君
農林水産部長 ……………………………………………………………… 小島 憲治君
建設部長 …………………………………………………………………… 川上  司君
水道局長 …………………………………………………………………… 一宮 英久君
教育長 ……………………………………………………………………… 河合  徹君
教育部長 …………………………………………………………………… 永留 秀幸君
美津島地域活性化センター部長 ………………………………………… 阿比留正明君
豊玉地域活性化センター部長 …………………………………………… 松井 雅美君
峰地域活性化センター部長 ……………………………………………… 阿比留博幸君
上県地域活性化センター部長 …………………………………………… 原田 義則君
上対馬地域活性化センター部長 ………………………………………… 近藤 義則君
消防長 ……………………………………………………………………… 阿比留 健君
会計管理者 ………………………………………………………………… 森田 健一君
監査委員事務局長 ………………………………………………………… 扇  照幸君
農業委員会事務局長 ……………………………………………………… 大石 邦一君


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○議長(波田政和君) おはようございます。

 報告いたします。糸瀬一彦君より欠席の届け出があっております。また小宮教義君より遅刻の届け出があっております。

 なお、議会だよりに掲載のため、一般質問登壇者の写真撮影を許可をしております。

 ただいまから本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.市政一般質問



○議長(波田政和君) 日程第1、市政一般質問を行います。本日の登壇者は5名を予定しております。

 それでは届出順に発言を許します。14番、小川廣康君。



◆議員(小川廣康君) それでは改めましておはようございます。市民クラブ所属の小川廣康でございます。議長の許可を得て、ここに行政一般に対する質問の機会を与えていただきましたことに感謝を申し上げます。

 今回は、私を含めて同じ会派、市民クラブから3名が質問に立ちます。私のすぐ後に大部議員、本日の締めくくりとして扇代表が、3名が質問に立ちます。私ども会派は財部市政を厳しくチェックしながらも、今後の市政運営に大きな期待をいたしております。どうか3名に対しまして前向きな御答弁をお願いをしておきたいと思います。

 さて、財部市政がスタートし、8カ月が経過をいたしました。経験、識見ともに豊かな教育長、副市長、補佐官と体制の整った中で将来の対馬を見据えた行政に全職員一丸となって取り組んでおられることは評価をいたします。しかしながら、長引く全国的な不況のなか、地方、特に離島の経済浮揚には、相当の努力と卓越したリーダーシップが求められてまいります。国県との連携を密に取りながら、そして大きなパイプを構築されながらこのトンネルを抜け出せることを期待をいたしておきます。

 質問に入る前に一言お見舞いを申し上げます。先月29日と今月1日に豊玉町と美津島町で相次いで建物火災が発生をいたしました。被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 ところで美津島町の火災につきましては、消防署から発生されます緊急放送がシステムのトラブルにより機能せず、近隣の消防団の出動に支障を来したものと思慮されます。原因を究明され、早急に改善されることを強く要望をしておきます。

 さて、今回は先に通告をいたしておりました未利用公有財産の活用についてと、学校教育環境の整備についての2点について、市長並びに教育委員長にその所見をお伺いを申し上げます。

 まず未利用公有財産の活用についてでありますが、市内には合併前より未利用の市有地が点在をしておりますが、その中には企業誘致等を目的に取得された土地も見受けられます。その一つである峰町のゴルフ場用地は、相手企業の都合により一時凍結されましたが、今後好転することを期待をいたしておきます。今回は旧上対馬町役場跡地と上県町佐須奈の情報プラザ建設用地、美津島町鶏知の消防署美津島出張所と隣接する農協美津島支店跡地、そして対馬老人ホーム下の市営住宅の空き家を含む残地と、最後に厳原町東里の旧火葬場、ごみ焼却場が休止状態で放置されている山林の5カ所について、今後の利用計画について市長の所見をお伺いを申し上げます。

 まず旧上対馬町役場跡地は4,662.17平方メートルを有しますが、御承知のとおり旧庁舎が建ったままの状態であり、極めて危険な状態でもあります。以前利用計画をお尋ねした折には保育園、幼稚園の建設予定地に利用したいとのことでございましたが、その計画が今どのようになっているのか、その進捗状況についてお伺いをいたします。

 次に、上県町佐須奈の情報プラザ建設用地は、9,641平方メートル、うち7,904平方メートルは借地で、毎年借地料が発生をいたしております。今後の計画があるのか、この件についてもお伺いをいたします。

 3カ所目は、主要地方道の拡幅計画に伴い、更地となりました美津島町鶏知の消防署美津島出張所と農協美津島支店跡地は約640平方メートルほど残ると思われますが、この残地利用について計画はあるのか、お伺いをいたします。

 また老人ホーム下の市営住宅の空き家が散見され、解体が困難なことは理解をできますが、4,437.6平方メートルの市有地に現在13世帯が居住されていますが、残り11世帯分は空き家であります。築50年以上経過し、危険な状態でもあります。改築も含め、今後の計画についてどのように考えておられるのかお伺いをいたします。

 最後に、厳原町東里の山林は広大な面積を有しますが、この中に旧火葬場1カ所と2カ所のごみ焼却場が放置されたままで、利用については制約がされます。この3つの施設の解体の計画はないのか、そしてその解体後の市の計画はないのかお伺いをいたします。

 以上、公有財産の未利用地の公有財産については以上でございます。

 次に、学校教育環境の整備についてでございます。教育基本法の教育の機会均等等の基本理念に基づき、学校の統廃合についてお伺いをいたします。

 対馬市教育委員会も村井教育委員長、河合教育長体制のもと、市民相互の理解と固い決意を礎に、人間尊重の理念と島の活性化を基調とした教育の島を確立し、希望に満ちたまちづくりに寄与しなければならないという対馬市の教育方針に向かって卓越した教育行政手腕を発揮され、教育の島の確立に向け努力されることを望むものであります。あすの大人を育て、将来の対馬を担う人づくりのため、学校・家庭・地域が一体となり、児童生徒が元気で笑顔あふれる島づくりのためにリーダーシップを発揮されることを確信し、本題に入らせていただきます。

 対馬市教育要覧によりますと、27の小学校でうち分校1校を含みますが、2,167名の児童が277名の教職員のもと、また19の中学校で1,068名の生徒が189名の教職員、もちろんいずれも加配教員を含めますが、この先生方のもと学校運営がなされておることがうかがえます。学校ごとの学級編成を見ますと、特別支援学級を除く学級数は小学校で140学級のうち、複式学級が35学級見受けられます。なおそのうち飛び複式学級が2学級存在をいたしております。また中学校でも2校で2学級の複式学級が発生をいたしております。特に中学校による複式教育は非常に困難だと言われております。

 本来、学校は学習とともに集団生活の中でもまれ、自分を磨き、社会性を高める場であり、子供の望ましい成長にとって非常に重要な教育機関であります。小規模ならではの、きめ細かな指導等よい面もあることは理解をいたしますが、集団が小さ過ぎると切磋琢磨するうえで障害になることも否定できません。また集団による教育活動が制限され、子供の能力を伸ばす機会を失することも考えられます。

 そこで、対馬市立小中学校適正配置基本計画が合併後樹立され、全教育委員会一丸となって取り組まれ、地域・保護者の理解を得ながら2分校が本校へ統合されました。本計画によりますと、第1次から第3次、いわゆる短期、中期、長期に区分し、統廃合を進めていくこととなっておりますが、その後、新体制になってどのような推進がなされたのか、その進捗状況と今後の見通しについて、教育長の所見をお伺いをいたします。

 以上、市長と教育委員長に質問をいたしまして、答弁の内容によっては、また本席から再質問をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) おはようございます。小川廣康議員の質問にお答えしたいと思います。

 まず第1点目の、未利用公有財産の活用についてでございます。対馬市では、厳しい財政状況のもと、市有財産の有効活用や未利用財産の売却等を積極的に推進していくことは、これからの市の財政健全化のために必要な施策であるとの観点から、平成19年7月に対馬市未利用市有地利活用基本方針を策定し、未利用財産の管理及び処分における現状と課題を明確にし、その利活用についての基本的な考え方を定めるとともに、広く住民に明らかにすることで市民共有の財産の適正な管理と公平公正で透明性のある利活用の推進を図ることを基本に取り組みを進めてきているところでございます。

 未利用財産の利用計画については、将来的な利用計画や必要性などを考慮し、総合的に判断するとしておりますが、貸し付け可能な財産については公平公正な手続を前提とし、公益性のある利用目的にはあえて限定せず、幅広い用途での貸し付けを認め、積極的な利活用を推進するものとしております。また保有する必要性のない不要財産等については、民間への積極的な売却処分を行い、未利用市有地の実効性ある利活用の推進を図ることとしております。

 ただいま議員御質問の5件の利用計画についてでございます。公有地の利用計画につきましては、平成18年8月31日と9月1日に、当時の総務文教常任委員会において公有財産の管理状況現地調査が実施され、今後の利用計画についての協議がなされているところであります。調査箇所は、全島くまなくされておりまして、議員御質問の箇所についても調査が当然行われております。

 まず旧上対馬町役場庁舎跡地についてでございます。旧上対馬町役場は昭和41年に建築され、40年以上が経過しておりまして、平成16年3月の対馬市誕生と同時に現上対馬地域活性化センターに移転したため、現在は全く使用しておらず、廃屋となっているものであります。建物は老朽化が激しく、側壁等がはがれ落ちるなど安全とは言えない状況にあり、現施設での利用は不可能と考えております。

 また当用地には小川議員のほうからお話がありましたように、将来的な利用計画として、保育所、幼稚園の併設、施設の建設が予定されていることから、なるべく早い時期での解体が必要と考えてはおります。

 次に、上県の情報プラザ建設用地についてであります。合併前に旧上県町で公民館、教育委員会事務所、社会教育関連研修施設等の施設を建設する目的で用地の造成をしたものでありますが、現在では厳しい財政事情のもと、事業費の捻出が困難であり、事業の着手ができない状況にあります。佐須奈・佐護間の国道改良、河川改修事業とあわせた事業の推進が必要でありますが、本市の財政事情をかんがみ、当分の間は事業計画そのものが難しく、進展していない現状であります。現在の使用状況については、ただいま申し上げましたように土地の造成後は特に何も使用しておりません。今後は土地の所有者である米農会との協議を図る必要があると思慮しております。

 続きまして、美津島消防出張所等の跡地についてでございます。本年度に美津島消防出張所等の解体工事が完了しましたので、今後の理由計画に向けての策定づくりが必要かと思いますが、現在進行中の県道拡幅工事の状況等を見ながら、また今後の市の利用計画とも照らしあわせ、民間等への貸し付けや売却が可能なものについては、積極的に利活用を図っていきたいと考えております。

 また同じ美津島鶏知の老人ホーム下の市営住宅用地についてでございますが、この住宅団地は昭和30年から34年にかけて約4,437平米の敷地に15棟26戸が建築された木造住宅であります。当団地は既に耐用年数の30年が過ぎ、老朽化が進み、大変危険な状態であるため、平成12年3月13日の入居者以降の入居応募を中止し、現在は15棟のうち1棟を解体し、残った14棟24戸のうち16戸が入居中であります。今後は棟単位で空き家となった場合に随時解体していく予定であります。また解体後の土地利用については、今後の利用計画ともにらみあわせながら検討していくこととしております。

 次に、厳原町東山下の旧火葬場用地及び焼却場跡地についてでございますが、両施設とも施設の用途は廃止しておりますが、建物等はそのまま残っている状況であります。旧火葬場は平成14年度に廃止し、将来的には解体する方向でありますが、跡地については現段階では利用計画はなく、また解体するにあたっては多額の費用が掛かり、補助金制度等もなく単独で負担せざるを得ない状況でありますので、財政が好転次第対応したいと考えております。

 また焼却施設の解体につきましては、解体時のダイオキシン類の飛散防止が義務づけられ、施設の密閉や防護服を来て行う作業などが必要になり、通常より一層の解体、撤去費用が掛かるということもあり、解体のめどが立っていないのが実情でございます。今後は市の利活用方針に基づき、現在把握している未利用財産の利活用等に加え、新たな遊休未利用地の実態把握に努めるとともに、売り払い価格の決定に当たっては、固定資産税評価額を基準に取引事例価格などもあわせ、民間需要も考慮したうえでの適正価格の設定などにより、民間への積極的な処分に向けての取り組みを進めてまいりたいと考えております。



○議長(波田政和君) 教育長、河合徹君。



◎教育長(河合徹君) 失礼します。学校統廃合の進捗状況についての御質問にお答えをいたします。

 まず児童生徒数については、過疎化や少子化に伴い、減少の一途をたどっております。平成10年度4,902名が、平成20年度には3,235名と、10年間で1,667名も減少いたしまして、率にして34%の大幅減少となりました。現在の学校規模の現状を見ますと、小中学校あわせて50人未満の学校が28校、率にして61%が小規模校並びに極小規模校の学校であります。また複式学級は先ほどお話がありましたように、小学校27校中17校、中学校19校中2校と複式編制が余儀なくされており、今後の児童生徒数の推移を見てみますと、平成26年度には小学校が1,743名、中学校が1,148名、計2,891名程度となり、20年度と比較して344名の減少となる見込みであります。

 以上、児童生徒数を申し上げましたけれども、子供たちはたくさんの友だちと出会い、多くの価値観や命の大切さ、相手を思いやる心の醸成を図り、切磋琢磨することでよりよい意味での競争心を育て、学力向上を目指す教育環境づくりというのは子供の教育には大切なことであります。

 対馬市教育委員会といたしましては、平成18年度2月に対馬市立小中学校適正配置基準計画を基本計画を策定し、計画実現のため教育委員を始め、教育委員会総動員で関係地域や保護者の方々に市教委としての考えを申し上げ、御理解をいただけるよう努力しておりますが、統廃合にあたっては、児童生徒の激減や極小規模校など早急な対応が必要な学校、旧町境に位置する学校などその状況に応じて、第1次、第3次計画、先ほどお話がありました短期、中期、長期の統廃合を進めるべく努力している途中であります。適正配置の基本計画のもと、平成18年6月から対象校の保護者や地域の方々に御説明を申し上げて御理解をいただき、平成19年4月には久田小学校内山分校が、平成20年4月に豆酘小学校瀬分校がそれぞれ本校に統合したことは議員御承知のとおりであります。

 20年度は、1校当たり10名未満の学校及び中学校の複式学級編成を解消するため4校区に対し説明会を実施しておりますが、残念なことに現在まで御承諾といいますか、御理解をいただくまでには至ってない状況であります。各学校には長い間の歴史や地域との深い結びつきがあるとともに、児童生徒が減少し、小規模校という条件の中で、これまで学校の創意工夫と学校や地域の協力のもとに地域に根ざした教育が実現されてきております。少人数では多様な物の見方、考え方を学んだり、集団を通して切磋琢磨し合う機会がないとの心配がある反面、地域から学校がなくなれば、地域が寂しくなるなど関係者の方々は複雑な心境であろうと思います。

 以上のようなことを総合的に判断しますと、短期間で御理解いただくことはなかなか簡単なことではなく、市教委といたしましては、市内の子供たちがよりよい教育環境の中で教育が受けられるよう2月、3月も地区を訪問し、最大限の努力を継続してまいりたいと考えております。どうぞ議員皆様方の御支援をよろしくお願いをいたします。

 以上で終わります。



○議長(波田政和君) 14番、小川廣康君。



◆議員(小川廣康君) それでは順を追って確認をしていきたいと思います。

 まずその第1点目、公有財産の活用についてでございますが、まずその比田勝の上対馬役場跡地、当初私たちもさっき市長が答弁されましたように、所属の委員会で調査をいたしまして、その当時で解体が約4,000万円ぐらいが見込まれるんじゃないかというふうな説明でございました。しかしながら実際今、例えば旧美津島支所ですか、あそこの解体が入札して多分三千幾らだったと思いますが、解体費用ももう少し精査をしていただきたいなと、どのくらい掛かるのかですね、その上対馬役場跡地についての解体費用の概算と言いますか。

 それと冒頭申し上げましたように、跡地を幼稚園、保育所に利用したいという当時の説明でございましたけど、今幼稚園、保育所については多分借地で、借り上げのところで運営されておると思っておりますが、大体めどとしてその財政が許せばということでございますが、これは前回からそういうお答えでございました。財政が許せばやりたいということですが、果たしてそのいつごろになるのか。いつごろ財政が許されるのか。特に、今の庁舎が、市長も御存知のとおり非常に危険な状態であります。近隣に対して非常に危険な状態でありますし、特に子供あたりが自由に出入りできる可能性もございます。ですから、そういところの兼ね合いから、いつごろにできるのか、そしてもし長引くようであれば、もう少し防護策、防護について危険防止のために努力をしていただきたいと思っております。

 その2点目の佐須奈の情報プラザ建設用地ですが、先ほど言いましたようにこれが借地料が発生をいたしております。これ当初、米農会から算入については20年間無償で貸与するということが契約がなされているようですが、20年後については宅地並みの借地料を払うというような話でございました。20年後といいますと、平成の26年か7年ぐらいからその分が発生してくるんじゃないかと私はそういう認識をいたしておりますが、あそこに今駐車場といいますか、更地、空き地になっておりますが、今後使う可能性がないならば、早目に方向転換ができれば方向転換をしていただきたいなと思っておりますが、まずこの2点について再度質問をしておきたいと思います。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 1点目の旧上対馬役場の庁舎の解体の分でございますが、確かに約4,000万という数値で私のほうも報告を受けておるところであります。実際、その後精査は毎年度されてるかどうかという部分は私も詳細についてはわかりませんが、当然計画が煮詰まった段階ではきちんとした精査は行っていこうと思いますが、そんなに大差はなかろうかというふうに思います。今の2点の比田勝の分、それから佐須奈の関係でございますが、どちらもある意味財政というものが当然絡んでくるというのが当然です。ところが町全体の利用計画というものをきちんと持たないなかで計画が走っても、実施していくことが後先になってはいけませんので、今この11月から地域マネージャー制度ということで地域に入っております。たまたま上対馬と上県についてはこの地域ではありませんけども、4月以降に全地域入るということで物事を進めております。そういうなかで公有未利用地もしくは廃屋等のことも当然話題になろうと思いますし、地域の方々が本当でどのような町をつくっていくのか、仮に佐須奈であれば、あの情報プラザ以前のですね、仮称情報プラザの用地をどのように位置づけていくのかと、国道改修とあわせて、あの場所がどういう場所になっていくのかという方向性をきちんと見出したなかで年次を明示できればというふうに私は考えておるところです。



○議長(波田政和君) 14番、小川廣康君。



◆議員(小川廣康君) 上のその2点についてはもうそういうことで早急にといいますか、さっき言いましたようにまちづくり全体のいろんな構想のなかでその空き地をどうするのかということはおのずと出てくると思います。そういうことで、その件についても今後利活用を図っていただきたいと思いますが、上対馬役場跡地については危険防止のために再度チェックをお願いをしておきたいと思います。

 それから下に下がってまいりまして、美津島町の旧消防署美津島出張所跡地、そして農協に貸しておりましたその隣地の跡地でございますが、あそこは約200坪ぐらい残るんじゃないかと私はそう思っておりますが、この跡地について今のところ、担当のほうに聞きますと今のところ計画はないというようなことでございます。今後その未利用地の利用計画あたりができてくると思いますが、私の判断、考えるところに、あそこはまた公の施設が建つような場所ではないんじゃないかなというふうな気がいたしております。

 そこで御提案を申し上げておきますが、今道路拡幅で特に商店街、そして一般住宅あたりがわずかながらの土地を収用されるといいますか、市に提供されて、今着々と工事が進んでおります。新たに土地を求めたくてもなかなかないと、鶏知の町の中にはないというようなことで、私も二、三件からお尋ねがありまして御紹介をしたんですが、なかなか今言われます市の基準単価と言いますか、あのあたりで県が坪の15万ぐらいで多分交渉に入ってると思うんですが、少し入り込んだところでも12万、13万という、その土地の価格がですね。これについても少し見直しを、県が見直せば市も見直すんでしょうが、その見直しについてもお願いをしておきたいと思いますが。特に要望があっておりますのが、あそこの横に市道が入っております、市道消防署線って言っておりましたけど、あそこが幅員が2メートルほどしかない市道がございます。奥に入る道がですね。その道路の拡幅を市道の拡幅に伴いまして地域住民から要望が、当時の美津島支所に出されまして、今本庁の方にも上がっておると思います。その回答も来ておりますが、今後その土地の利用計画が決まった段階で道路の拡幅についても前向きに検討をしたいというふうな回答が来ております。

 ですから、多分あそこは分譲なり100坪の土地ですから、1筆で分譲するのか、分筆して分譲するのかわかりませんけど、そういう段階においてはそこあたりを加味しながらしていただきたいと思っております。今の現幅員が2メートルで救急車輌も入らないような状態の道路でございますので、あと1メートルぐらいちょっと拡幅していただければスムーズに救急車輌も入るんではないかと考えておりますので、その点についても検討をしていただきますようにお願いをいたしておきます。これは通告といいますか、事前に前もって出しておりませんでしたので即答はできないかもわかりませんけど、その消防署跡地、農協地跡地の利用について、今後公の施設を考えてあるのか、分譲するのか、そこあたり、もしきょう回答ができればお答え願いたいと思います。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 美津島消防署跡地につきまして、確かに616平米あるというふうに報告は受けております。まさしく約200坪という感じでございますが、この坪単価を見直すと。先ほど私、答弁のなかでも民間需要に照らしながらこれから先考えていかなければいけない部分もあると。19年の12月、それから20年の2月にかけまして、公売をかけております。そのなかで公売かけましたけども、問い合わせはあるものの応札はないという状況で、その最低制限価格を2月には売却の価格と改めまして随意契約で20年の2月に公売出しましたけども、それについても手を挙げる方がいらっしゃらないというふうな状況で推移をしてきております。それは確かに今小川議員さんがおっしゃるように価格の問題もあろうかと思っております。そのあたり、民間需要に見合ったような価格設定も私どもは考えていかねばならない時期が来たのかなとは思っておりますが、しかし一定のルールはルールで持ち合わせておりますので、そのあたり皆様方に十分に理解をしていただけるような価格単価でこれから先市有地を処分をしていきたいというふうに考えております。

 それと市道が2メーターの道路が市道消防署線があるということでございます。あの裏につきましても確かに狭隘な道路が縦断しております。混み合っておるような状況であります。当然火災等のことを考えたときに3メーターの道路ではどうもこうもならんと私は思っております。同じ道路をその土地から取るならば、建築基準法に則った道路幅員をきちんと確保していくことが大切だと思っておりますので、それは十分考慮したいと思います。



○議長(波田政和君) 14番、小川廣康君。



◆議員(小川廣康君) その点についてよろしくお願いしておきたいと思います。

 それから同じく美津島町の鶏知の老人ホーム下の、ちょっと戸数は私が確認した戸数と今答弁された戸数が若干違うようですが、私は現地を確認して、空き家というのが今の特老に入所されたり、そういう施設に入所されたりしてる方、実際空き家ですが、その人たちが復帰されるかどうかちょっとわかりませんけど、それを含めた私は空き家はそうでございました。

 しかし、先ほど入居を停止をしてる状態でございますが、これが相当、50年も経過してる住宅でございまして、特にかなり傷んでおります。これは改修も、今空き家になるのを待ってる状態ですから、改修もままならないというようなことで特に家賃が安いのも事実ですが、これをそのままずっと全所帯空き家になるのを果たして待ってていいのかという問題もあろうかと思います。そうしますと、10年、20年先、20年先までは私は何所帯かの所帯は多分残るだろうと。ですから、早目に計画を立てられてどういうふうにあそこを今後活用していくのか、今入所されてる方々を一区画に一時期移動してもらって、あそこにまた公営住宅を建てたならばまたそういうふうにするとかいうような、そして新たなほかの公営住宅に一時期移っていただくのか、そういう方向性を私は示していただきたいなと思っております。全世帯が空き家になるまで解体ができない、特に2世帯住宅といいますか、そういう住宅ですから、片方、2世帯が空かないと解体ができない状態ですので。そうしていきますと20年、30年先までかかるんじゃないかと私は考えておりますので、早急にそのときのプランを、計画を立てていただきたいなと思っております。そして改修も、現入所者に対する改修もするのかしないのか、あくまでも個人で改修をさせるのか、それでまた市の方の援助ができるのか、これが今回活性化センターのほうに応分の予算が配分されておりますので、それはセンター段階で考えていけばいいようなものですが、全体的な市営住宅のあり方について、今後その検討をしていただきたいと思います。

 それから最後の火葬場とかごみ焼却場の解体ですが、今現に補助事業がないと市長答えられましたけど、いろんな制約はあると思いますが、循環型社会形成推進交付金とかいろんな交付金制度がございますが、これについてもわずかな補助ですが、やはり今対馬島内にはそういう放置されたままの処理場がまだ数箇所ございます。ダイオキシン関係で膨大な解体費用が要するということは私も理解はできますが、特にあそこに、東里の野良のあそこの山林については風光明媚な土地でありますし、今後企業誘致等あるいはホテルの建設等について私は一番適した場所ではないかなと思っております。

 そういう観点から、早急にといいますか、これはもう財政が許さなければできないわけですが、何らかの方向であそこの活用についても検討をしていただきたいと考えておきます。もう時間がございませんので、この件については一応これでとめておきたいと思います。

 それから教育長、先ほど教育委員会のほうに質問を申し上げました。なかなか統廃合といいますか、閉校に向けての推進というのは非常に難しいことは私も理解をいたしております。小規模校のメリットはさっきも述べたように理解をいたしますが、地域から学校がなくなり、子供たちが笑顔や笑い声がなくなるのが非常に寂しい、地域にとっては寂しいものですが、やはり何よりも子供たちの教育や将来を最優先に私は考えなければいけないんじゃないかなと思っております。やはり私も美津島町時代から分校の統廃合には経験をいたしておりましたが、保護者はあまり反対はないと思うんですね。やはり一番子供の教育、いい環境で子供を教育させたいという親心としてはあまり私は抵抗がないんじゃないかと思いますが、しかしその地域の方々のやはりその寂しさというのがそこにあらわれてなかなかうまく行かないというふうな気がいたしております。

 先ほど中学校の複式学級の件も申し上げましたけど、中学校でも今19校市内に学校があるわけですが、全生徒が50名未満の学校がそのうち13校も占めておるわけですね。それをすべて大規模、中規模校とは申しませんが、市が示しておる学校の規模でも私は結構だと思いますが、やはり中学校になりますと、もちろん複式学級の授業が非常に難しいと先ほど言いましたように言われておりますし、特に中学校になりますと、やはり運動面、そして団体競技に対するすぐれた能力を持っている生徒もいるでしょうし、そういう生徒たちがそういう機会が与えられないというふうなことで、やはり子供の将来に私はいい結果があらわれないんじゃないかなと思っております。

 そういうことで、非常に統廃合については難しい点があると思いますが、児童生徒、特に子供たちには今足踏みをしている時間はないのでありますから、やはり大変ではございましょうが、やっぱり地域住民を交えたなかで早目に統廃合を進めていただきたいと思います。そして小規模校、厳原に小規模校、これまた分校が一つ増えたわけですが、私が一昨年総務文教常任委員会に所属しておりますときに、内山分校瀬分校の統廃合を目の前に見たわけですが、特に今分校では、何て言いますか、小さい、幼いときから同じ友だち関係の中で育てられて、だから大人数の前で積極的に取り組むという姿勢が欠けてるんじゃないかなという当時の分校の先生方のお話でした。ですから、特に今厳原町に分校が1校新たに発生をいたしましたけど、やはり今後この分校の教育についても、やはり本校が久田小学校ですから、ちょっと距離的に遠いということもありますが、やはりその本校との交流学習等については、今実際これは行われているんでしょうか、その点ちょっと一つ確認をしておきたいと思います。



○議長(波田政和君) 教育長、河合徹君。



◎教育長(河合徹君) 失礼します。いろいろありがとうございました。確かに小規模校ならではの利点もありますので、なかなか地域の方の理解もこれでいいじゃないかというようなところがありまして、得られないところがあるんですが、今子供たちの、そういう小規模校の子供たちのいろんなそういう不利になるようなところを克服するために交流はどうかというお話ですが、現に下のほう、厳原町のほうでは、旧厳原町の時代から久和内院の子供たちが久田小学校に行って学習をするというようなことが年に2回程度行われております。その効果は学校長さんに聞いてみますと、子供たちが将来中学校になったら一緒になりますので、そういう点からも大変効果は上がっているというようなことを聞いております。この点につきましては、また私も輪を広げていきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(波田政和君) 14番、小川廣康君。



◆議員(小川廣康君) そのように年2回という回数を私は重ねていただきたいということを要望をしておきたいと思います。

 それから中学校の統廃合ですが、今複式学級2校ございます。この解消についても複式の解消ということは、すなわち統廃合につながるわけですが、その2学校の複式学級が発生しております2中学校の中身を見てみますと、一般教職員、俗に言う教諭が5名しか配置をされてない。そういうことで、もちろんこれは免外解消非常勤講師等でフォローはされてると思いますが、やはり複式、特に免外教諭の授業が発生しないように、そこらあたりは十分にその非常勤講師等で今後努力を、教育長の手腕で努力をしていただきたいと思っております。

 それから最後に、これは教育委員会、市長部局のほうにお願いをしておきたいと思いますが、これいつの新聞でしたか、7月ごろの新聞でございましたが、小中学校の教材費の名目で市町に配分した地方交付税のうち、教材費に充てた割合を示す予算措置率が、対馬市で46.8%、これは2006年の予算ですが、教材費は教員の参考書や理科の実験道具、体育の運動器具等に使う費用、国は小中学校の学級数に応じて配分するが一般財源の地方交付税で配分するため財政難の自治体がほかの予算に回すケースが多いということで、すなわちそういう学校教育関係に配分された地方交付税のうち46.8%しかその教育関係に回ってないと、これが県教委の発表でございます。この最高は長崎市の111%。ですから、長崎市はそれに上乗せして教育関係に配分してると、予算措置をしてるということです。この調査を受けて、文部省や県教委は適正な教材配置、そして適正な配分をするように文書で通知をしたということが報道されています。

 こういうことになりますと、財政の困難な市町においては、せっかく国が学級数等に応じて配分された地方交付税がほかの予算に回るということは、私はこの教育の格差が出てくるんじゃないかというふうな危惧をいたしております。ですから、そういうことについても21年度ですか、21年度にはもう予算の編成に入っていると思われますが、その点十分に協議といいますか、注意をしていただきたいと思います。そして教育長も市長部局のほうに強力な予算要求をとっていただきまして、学校運営がスムーズにいきますようにお願いをしておきたいと思います。

 そして最後になりましたが、私これは学校教育ですが、幼稚園教育についても一言教育長にお願いをしておきたいと思いますが、今嘱託園長の報酬は、多分10万だったと聞いております、月額ですね。果たして私はこれでいいのかなというふうな気がいたしております。嘱託用務員が多分これよりも多いいんじゃないでしょうか、報酬は。やっぱり園長として嘱託委託をするならば、やはりそこに私は責任が生じてくるんじゃないかと思っております。ですからこういうことについても私はぜひ責任を負わせるならばそれ応分の報酬を支給をしていただきたい。用務員と比較するのは失礼ですが、用務員よりも少ない報酬では、私は嘱託園長はどうかなという気がいたしておりますので、これは21年度の予算措置について、十分なる検討を市長部局のほうとお願いをしておきたいと思います。

 以上、私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 今教育予算への提言いただきました。9月の議会において、子供たちに関する予算につきましては、聖域を設けずに考えていきたいというふうに私は発言をしておりますので、そういう発言のもとに21年度、子供たちに関するものについてはそれなりの形であらわしていきたいと思います。

 ただし、先ほど交付税算入の46.8%、片や長崎市が111%というお話がございましたが、あくまで私はそういうふうな県が出す資料がおかしい、考え方がおかしいという思いを持っております。それはなぜかというと、交付税は一般財源でありまして、ひもつきのものではございません。そのとおり、交付税どおり金を使っていったら、画一的な自治体しかでき上がりません。それは決して日本全体の発展のためによろしいというふうな考えを持っておりません。交付税措置の金額、算入金額というものですべてを判断をしていく風潮がどんどん今国や県のほうがそういうふうに持って行っておりますけども、私は危険な考え方にそれはなるんではなかろうかというふうな部分を基本的な考えで持っておることも述べさせていただきます。

 以上です。



○議長(波田政和君) これで小川廣康君の質問は終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(波田政和君) 暫時休憩します。開会は11時5分から。

午前10時53分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時05分再開



○議長(波田政和君) 再開します。

 次に、15番、大部初幸君。



◆議員(大部初幸君) それでは改めましておはようございます。トップバッターの小川君がもうきょうの行程表からすべて言いましたので、私は素直に通告書に従いまして一般質問させていただきます。

 まず一つ、学校と公園のトイレの改善について、もう一つは、大船越の沖防波堤の補修についての2つを質問させていただきます。

 現在でも学校並びに公園のトイレが昔のトイレのところがあります。衛生面でも非常に悪いし、夏の暑いときは悪臭とアンモニアのために目も開けられないトイレ、またウジムシがはっているトイレもあります。水洗トイレか、せめて簡易水洗トイレに改善できないかをお尋ねいたします。

 それから大船越の沖防波堤の補修について、年月も過ぎ、市民の方々も平成16年の年、台風の多かったこと、そのうちの1つ、16号台風が対馬を通過したためにかなりの被害が出たことは、もう記憶が薄れているかもしれませんが、林業の人たちはスギ、ヒノキが風で倒れる、水産業にしては定置網を波で跡形もなく失った人、養殖生け簀が壊れ、魚が逃げてしまい、廃業に陥った人もありました。人災がなかったことが幸いだと思いますが、その台風のとき、大船越橋の下の家5軒は、家の中に波が打ち込み、家財道具を波にさらわれたり、玄関の前にとめていた車が波によって玄関を破り、家の中に突っ込んだりした被害が出ました。原因の一つとして沖防波堤のテトラポットの壊れと防波堤の沈下が考えられます。今度16号ぐらいの大きな台風が対馬を通過すれば、橋の下5軒の家は波で前回より大きな被害が出ることは間違いありません。沖防波堤の補修についてお尋ねをいたします。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 私も前触れなく答弁に入りたいと思います。

 まず公園関係のトイレについてでありますが、市内の公園関係のトイレにつきましては、現在60カ所ほどございまして、簡易水洗を含めた水洗式はそのうち40カ所ほどとなっており、くみ取り式が20カ所程度となっている状況でございます。

 現在トイレの水洗化改修計画の予定は、まちづくり交付金事業により、本年度は厳原町の今屋敷児童公園の公衆トイレを、また来年度には厳原八幡宮神社敷地内の中村公衆トイレを計画をしております。敷地内の既存の水洗式公衆トイレにつきましては、建設当初に整備されたところがほとんどで、御案内のように水洗化のためには浄化槽設置と多額の財源を要するため、これまでほとんど改善を行っていない状況であります。簡易水洗化につきましては、水洗式に比べ工事費も少なくて済むと思いますが、施設の改修に当たっては改修規模や工事費、維持管理面でのコストの問題など残されており、箇所数も多く、市の財政状況からすぐにはとりかかれない状況にはございます。

 また県の福祉のまちづくり条例及び建築基準法の関係から、適度の規模やバリアフリー化などが求められており、合併浄化槽設備も当然必要となってまいります。利用頻度の問題もありますが、たまに利用されたとしてもきれいな状況で利用できるのが好ましく、日ごろの維持管理につきましても予算の状況を勘案し、また夏場の衛生面に留意し行っていくよう考えていきたいというふうに思っております。

 次に、大船越漁港の沖防波堤の補修についてでございます。

 平成16年の台風16号で大船越の赤い橋の下の5軒に大変な被害が出たということは報告で聞いております。原因はテトラポットの一部の崩壊と防波堤の沈下と考えられるとも聞いておるところであります。この大船越漁港は、昭和28年に漁港指定を受け、順次整備が進められ、平成5年に漁港の整備を終えております。この間、防波堤は昭和59年度に着手し、延長120メーターを施工し、昭和62年度に完成しております。沖防波堤の両端の20メーターは、灯台や航路標識灯を設置するためコンクリートの直立堤でございますが、その間の100メーターが消波堤でございます。ことしの5月に沈下測量をいたしましたが、議員御指摘のとおり起点側、灯台のほうでございますが、この起点側の一部と終点側が50センチから深いところでは2メーター50センチ沈下しております。平成6年と平成17年に防波堤の設計の基礎となる沖波波高の見直しが行われております。それぞれの湾に入る波の向きや水深、海底勾配などで相違はございますが、新しい波で設計しますと、天端高は高くなるものと思われます。

 漁港基盤整備事業は平成22年度までの計画となっておりますので、この消波堤につきまして、来年は次期計画策定の年になりますので、そのなかで検討をしていきたいと思います。ところが費用対効果が当然求められますので、事業採択は大変厳しいものと思われます。沖防波堤の嵩上げとあわせて、大船越漁港の全体的な整備計画が認められるよう努力したいと考えております。人命がかかる問題でもございます。大船越の沖防の手前側にこんもりとした山がございますが、あの波返擁壁等の改修等も進めることによって、それは単独ででも物事を進めていかなければ人命にかかわることと思っておりますので十分認識しております、その件について。



○議長(波田政和君) 15番、大部初幸君。



◆議員(大部初幸君) ものすごくまとまった答弁をいただきまして(笑声)、考えが全然変わったもんでちょっと答えが迷っとるところなんですが。実際ですね、私が総務委員で皆さんのおかげで委員長させてもらって動いとるなかで、この去年の6月に私たち総務で現地調査したときに、豊玉総合運動公園体育館、日新館武道場、上県総合運動公園温水プール街灯の3施設の19年度の経費合計が2,771万7,717円あったわけでしてね、そのときに、そのときというか、私たち委員会で現地調査した結果、管理方式清掃方法の見直し等を要望した結果、すぐ執行者のほうから見直しをしていただきました。その結果が20年度は1,704万7,280円で抑えることができ、その効果の差し引き金額は1,067万437円が節減できたわけですよね。それと志多賀の廃校になっていた志多賀小学校のエアコンが、私たち総務のメンバーにやっぱり大工さん、建築がおるもんですから、久田の幼稚園のプレハブの幼稚園が暑さでたまらないという要望があってたときに、私たちの委員のほうからそういうプロ的な人がおるもんですから、志多賀の現地調査したときに、塩害対策はできとるエアコンがそのままなっとったわけですよ。それを久田の幼稚園に持っていけないかということでお願いしとったら、すぐ執行者のほうも動いていただいて、志多賀の廃校で眠っていたエアコンが久田の幼稚園に行って、また子供たちも暑さをしのがれる、また市の方も、このエアコンつけるとやっぱり160万なりすると思うんですよ。それもやっぱり浮いたというか、そのままやったらそのままになっとるやないですか。

 だから、市の財政は確かに圧迫はされてるでしょう、わかってますよ。そういう私たちはそういう現地調査でいろんな、そのまましとったら、垂れ流しって言うたら悪い言葉になるかわかりませんが、その約1,200万ぐらい浮いた金を、先ほど言うように、今学校では河合教育長に聞いたら、小綱の小学校、それから久和小学校が昔のトイレのままだそうですよ。当然これ2校とも複式学級で生徒数も少ないという現状もあるでしょうけど、やはりですね、一番やっぱり動物というものは、人間も動物ですから排便はするわけですよ。人を集めようと思ったり、やっぱり気持ちよい生活をさせようと思ったら、汚いところをきれいにするのが当然なんですよね。

 これ市長、前のときも僕は前の美津島町のときも言ったんですけど、赤字国鉄がJRになったときですね、一番先に手がけたのはトイレだったんですよ、トイレ改修。僕も小学校3年から中学まで福岡の田川で学校は卒業したんですけどね、近くに伊田駅ってあったんですけど、それは国鉄のトイレというのは本当行かれる状態やなかったですよね。もう山盛りですよ、ウジムシははってるし、本当でね、わかるでしょう、山盛りがあんまり、下足なことやけ言えんですけど、そういうトイレがほとんどやったですよ。しかし国鉄がJRに切りかわったときに、本当今JRで汚いトイレってないですよ。やはりですね、こういう一番汚いところをきれいにしていくのが私たち議員の立場でやっぱり子供たちにいい環境を与えてやるのも私たちの使命というか、そういう形だと思います。

 先ほど言うようにお金がないというのはわかりますけども、そういう私たち今総務のメンバーが一生懸命そういうところを見つけ出して管理体制も見直してもらった、宙に浮いたちゅうならば私たちの勝手な構想かもしれませんけど、そのまま垂れ流しになっとったようなお金がこういう公園とか学校に使ってもらいたいと思うわけですよ。

 この夏、ことしですか、豊玉中学校で消防の夏季訓練があったときも、外の中学校のトイレもですね、豊玉中の外のトイレ、普通のトイレですよね。それから峰の総合公園の公園内のトイレも普通のトイレですもんね。私、もうそれは人間ですから先ほど言うね、排便もします、いろいろしますけど、あれだけ人が集まったらですね、順番で待っとって次から次に大便にしても小便にしても入れんですよ、本当。そういうところが何カ所かありますし、先ほど市長から答弁があったように、あちらこちら改修をするということですけど、せめてですね、やっぱりこの学校関係、小綱小とか、久和小ですかね、先々はいろんな廃合とか統合問題が出てくると思いますけども、せめて簡易水洗にするだけやったら、そんなにお金かからないと思うわけですよ。現にうちの大船越中学校もですね、自分が議員になって初めてわかったんですけど、普通のトイレやったんですよ。で、議会でこの話したときに、木谷助役は、「そんなことはありません」という答弁もらったですよ。で、現地見に行ってもらってそのままですから、うちの中学校は今露出配管ですか、そのままの配管で簡易水洗を今大船越中学校してもらってるんですけど、そういう形でせめて簡易水洗にですね、公園内、学校関係、この2つを市長、何とかそういう浮かしたお金って言ったら悪いですけど、そういう形をやってください。私たち総務の組は手を挙げてやれやれち言いよるはずですよ。(笑声)お願いします。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 1,200万ですかね。



◆議員(大部初幸君) 約ですね。



◎市長(財部能成君) はい。節減に向けてさまざまなアイデアをいただき、ありがとうございます。ただし、その節減された金が総務常任委員会の金ではございませんので(笑声)、その点を十分に御理解のほどをお願いします。

 今御指摘がありました学校関係でございますが、確かに小綱と久和の小学校について、旧式のトイレということであります。簡易水洗、露出配管でもいいじゃないかという御指摘ですが、実際施工することが可能かどうか前向きに検討をしていきたいと思います。

 先ほど言いました人命の話をしましたけども、それと子供たちのことということについてはしっかり取り組んでいきますので、この今年度内もしくは当初予算等でそのあたりが一つずつでもできるように頑張っていきたいと思います。



○議長(波田政和君) 15番、大部初幸君。



◆議員(大部初幸君) そういう答弁でぜひ市長、やっていってください。やっぱり公園あたり、今韓国からとかいろんな観光客も来てますから、やはりどうしてもそういうところを使うわけですから、きれいな環境で、そしてまた学校関係は生徒にはそういう衛生面、環境面にも力を入れていただいて、簡易水洗なりできるところからやっていただきたいと思います。

 それと2つ目の、この大船越沖の沖防波堤、これ私、17年の3月か何かに1回松村町長のときお願いしたことがあるんですよ。それで今度、さっき後ろのほうから市長がかわっとるき、お前無理ぞとか言うけど、そういうことはなくてですね、ひとつ前向きな検討でお願いしたいと思います。これ先ほど市長のほうからもう詳細に明細があったとおり、確かに59年着工で62年に完成してるんですよ、1,200メーター、10億6,000万円の事業費ですけど。その後21年間が経過してですね、先ほど市長の答弁のあったとおり、もう沈下がひどいとか、2.5とか言うんですけど、僕らから見たらそれ以上沈下してると思うんですよ。前のときはですね、この防波堤が新しいときは、船越の港の中にはうねりというのがなかったんですけど、今うねりが入ってきてですね、道路に、道路ちゅうか荷揚げ場に置いてる船外機あたりが1回流れたりしたこともあるんですよね。だからそれだけうねりが入ってくるのと、このときの、その当時のこの16号台風のときに、前のも僕は行ったんですけど、本当に家の前にとめてあった車が波で家の中突っ込んでぶち壊れ、山崎さんというおばあちゃんはですね、一波で家の中にガーンと波が入ってきとるわけですよ。もうだめかなと思ったときに二波目で裏にあったサッシがバチンっち破れ、ちょっと古い家ですからね、逆に壊れて波が裏から逃げてですね、本当、床の間の前にこの前行ったんですけど、本当でですね、床の間の前にアラカブとかキビナゴがばっと並んどったんです。(笑声)いやいや、笑うけど本当ですよ、これは。まじですよ。これあったんですよ。それでですね、裏里道、市長、選挙のとき裏里道わかっとうですよ、今通学路。あの通学路にですね、バリは落ちとる、キビナゴ落ちとる、明くる日やっぱり拾いに行ったやつもおるんですよ。(笑声)それだけにですね、(発言する者あり)それだけに波が太かったということで、これ笑い事やないんですよ、本当に。市長、笑いよるけど。本当ですよ。船越の人が見たら怒りますよ、そんな笑いよったら。(笑声)これは私は真剣に言いよるつもりですからね、真剣に聞いてくださいよ。(笑声)

 そういうところで早急にこれ先ほどそういう形でやっていくっちゅうことで、私が17年にしたとき、現地に来てもらったときに、テトラポットが何か昔のやつで折れるらしいんですよね、足が、タコの足って言うんですか、肉厚が薄いのか、それは構造等はわかりませんけど。だから何かね、前のときは上に2つをとって乗せかえるというような話を僕のほうにはお聞きしてたんですけど、今度はどういう構想でやるかというのがわかればですよ、もうわからなかったらわからないでいいですけど、お願いします。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) お答えします。大部議員の話がちょっと、笑うつもりではなかったんですが、すいません、笑みがこぼれてしまって。構造、沖防の構造等については、正直言いまして、改めてきちんと計算して、どういう工法で行くかということは考え直しをしなくてはいけないと思いますので、私がここでどういう構造ということは正直言って言及はできません。ただし、それまで待っててもその間に大きな前回のようなことが起こってはいけませんので、開削されてる水路と言いますか、水路沿いのところから波が入ってこないような方策をするのがまず人命救助にいいのかなと。そのうねりが入ってきて確かに物が流されるとかいろんな被害があってるということですけども、まずもって人命の分を先にやっていきたいという思いでおりますので、御了承していただければと思います。



○議長(波田政和君) 15番、大部初幸君。



◆議員(大部初幸君) ぜひですね、市長、先ほど言うように本当、前回のような台風が来たときやったら、本当、あの下の家5軒はすごい被害が出ると思いますのでですね、早急にそういう動きをしてもらいたいと思います。本当、この防波堤は前の松村町長が船越の道路はお前と木谷がやったじゃねえかという名答弁をいただきましたけど、これは決して2人でやっていませんのでね、市長、何とか本当に前向きに検討していただきたいと思います。

 それとまた大船越の生活道路に関しましては、特別な対馬に被害がない以上はやるという市長の心強い御回答もいただきましたので、この場を借りてお礼を申し上げておきます。

 先ほど1番議員さんがかなり延長しましたので、私は2番議員で短縮をしまして、調整をしてこれで終わりたいと思います。(笑声)ありがとうございました。(拍手)



○議長(波田政和君) これで大部初幸君の質問を終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(波田政和君) 一般質問を続行します。できますか。それでは次に、9番、吉見優子君。



◆議員(吉見優子君) その前に資料配付をちょっとさせてくれませんか。



○議長(波田政和君) はい。

〔資料配付〕



○議長(波田政和君) お静かにお願いします。



◆議員(吉見優子君) 突然のことでちょっと準備が整ってるかどうかわかりませんが、頑張ってみます。私、さきに通告しておりましたように、2点ほど質問いたします。1点目は厳原中学校運動場がすごく悪いもんですから、それの整備改修をしていただきたいことと、次に裁判員制度についてお尋ねいたします。

 厳原中学校の運動場なんですが、雨が降ったら運動場に一面に水がたまりまして、時間が経過してもなかなか水が引かず、もう二、三日は運動場が使えない状態であります。そして学校教育の一番大きな運動場を使う運動会でございますが、過去5年間の統計をとってもらっておりますが、16年度から20年まで、その中で17年度の分は八幡様の大祭と重なったために土曜日に実施したということでございまして、あと4回、4年、4回はやはり雨になりまして延期されております。それも3日から4日間の延期でございまして、それも含めまして普通体育授業にもすごく支障を来しております状態なのでありますので、ぜひとも緊急に改善を要求いたします。

 昨日の補正一般の説明のなかで改修されるということで800万の補正が出ているようでございますが、さらにこのことについてはもう議員さんのほうからも、改修されるようになってるから一般質問は取り下げんかという冗談めいたことがございましたけども、さらに追及して深く追及していきたいと思いますので、よろしくお願いします。(笑声)

 それと裁判員制度でございますが、裁判員制度というのはということで、一応QアンドAをもらってきておりますので読んでみたいと思います。「裁判員制度は個別の事件について国民の皆さんから選ばれた6人の裁判員の方に刑事手続のうち地方裁判所で行われる刑事裁判に参加してもらい、3人の裁判官と一緒に被告人が有罪か無罪か、有罪の場合はどのような刑にするのかを決めてもらう制度でございます」ということです。そして、裁判員制度の目的といたしましては、「裁判の進め方やその内容、国民の視点、感覚が反映されますので、その結果、裁判全体に対する国民の理解が深まり、裁判がより身近に感じられ、司法への信頼が高まっていくことが期待されてます」ということでございます。2年ほどぐらい前からこの裁判員制度が始まるということでいろいろお聞きして報道等あってましたけれども、いよいよこの12月から裁判員制度、個人に通知もされてるようでございます。そういうことから、この裁判員制度の21年の5月21日から始まりますが、それの対馬市において裁判員がどのくらいの人数が選任されてるのか、また長崎県としても何人ほどか、そして裁判をするまでの流れはどのようになっているのか、わかればお伺いいたしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 厳原中学校運動場の整備改善についての質問が第1点でございましたが、この中学校グラウンドは昭和60年度に整備され、23年が経過しているところであり、水はけが非常に悪く、授業、それから体育行事等に影響が出ていることは議員御指摘のとおりであります。私自身十分に認識をしているところでもあります。その原因といたしましては、表層の下の客土が経年により固まり、そのため暗渠排水溝まで雨水が浸透していないことが原因ではないかと推測いたしております。そのような状況から改修の必要性につきましては早期に改善しなければならないことは痛感しているところであり、種々検討協議してきたところであります。

 しかしながら厳しい財政事情により、教育施設整備が十分に実施できない状況のなかで多額の経費が必要であり、補助対象事業とならないこと等もあり、現在まで改修に至っていなかったのが実情であります。しかし、学校教育の円滑な実施及び快適な教育環境の整備のためにも現在のように雨が降ると4日から5日使用できない状況を何とか改善しなければいけないと考え、そこで厳しい財政事情の関係もあり、全面改修とまでは行きませんが、教育活動に支障を来すことのないよう、今回の補正予算にグラウンド整備工事として800万円の予算計上をいたしております。面積として運動場の主要部分の約半分程度でしょうか、2,000平米程度を改修整備を本年度実施し、現在の状況の改善を早急に図ることといたしております。

 続きまして、裁判員制度についてのお尋ねでございますが、裁判員制度は、国民から選ばれる裁判員が刑事裁判に参加する制度で、6人の裁判員と3人の裁判官がともに刑事裁判に立ち会い、被告人が有罪か無罪か、有罪の場合どのような刑にするかと裁判官と一緒に決めてもらう制度でございます。

 御承知のとおり、裁判員制度は来年の5月21日からスタートいたしますが、一連の裁判員選任手続について流れを説明しますと、まず本年の8月下旬に裁判所から各市町村に該当人数の通知があり、これを受けて10月15日までに翌年の裁判員候補者予定者を選任をし、名簿を裁判所に通知いたしました。それを受け、裁判所は12月ごろに裁判員候補者名簿搭載者に対し、名簿に登載されたことの通知及び調査票を送付いたしております。この裁判員候補者予定者名簿から裁判員になることができないものを除いたなかから事件ごとに裁判員候補者をくじで選びます。くじで選ばれる人数は事件によって異なりますが、通常1件当たり50人から100人程度でございます。くじで選ばれた裁判員候補者には呼び出し状が送付され、選任手続の当日、裁判所に行くことになります。その際、裁判所において裁判長から候補者に対し、不公平な裁判をする恐れの有無、辞退希望の有無、辞退希望等の質問が行われ、最終候補者が決定されるそうでございます。この最終候補者からくじにより裁判員6名が選任され、審理が開始されます。

 次に、対馬市においての裁判員候補者予定者の選任の方法について御説明をいたします。対馬市の予定者数につきましては、先ほど申しました8月下旬に裁判所から通知があり、選挙人名簿から無作為に抽出した52名となっております。対馬市において、裁判員候補者になる確率は約582分の1であります。また選任方法ですが、裁判所から裁判員候補者予定者選任システムが提供されており、このシステムにより直近の選挙人名簿から無作為に選任するもので、全国の市町村でも導入されております。実際にこのシステムを利用して、平成20年9月25日に裁判員候補予定者を作成し、長崎地裁に送付したところであり、また長崎県における裁判員候補者予定者は2,000人で全有権者の595分の1、となっております。この裁判員制度は国民の皆さんが刑事裁判に参加することにより、裁判が身近でわかりやすいものとなり、司法に対する国民の皆さんの信頼の向上につながることが期待されており、国民が裁判に参加する制度は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア等でも行われているところでございます。

 以上でございます。



○議長(波田政和君) 9番、吉見優子君。



◆議員(吉見優子君) では、1点目の運動場の改修の件についてお尋ねいたします。

 補正で800万ついておりますが、グラウンドの運動場の総面積というのは大体どのくらいあるのか、そして改修されようとしている面積は大体どのぐらいあるのかお尋ねいたします。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) グラウンドの総面積につきましては、教育部局のほうから回答をさせますが、改修しようとしている面積につきましては、2,000平米を予定をしておるところでございます。ただし運動場の主要な部分の約半分程度がこれで賄えるんではないかというふうに私は思っておるところです。



○議長(波田政和君) 教育部長、永留秀幸君。



◎教育部長(永留秀幸君) 総面積につきましては、9,000平米を超えてると、9,000平米程度と思っております。



○議長(波田政和君) 9番、吉見優子君。



◆議員(吉見優子君) 今お手元にお配りしております資料ですが、これは11月の10日ごろに私、このことで質問しようと思いましたので、厳原中学校に行って要望上、資料を出してくださいということで出してもらった資料がこれなんです。

 それで、今言われました運動場の面積9,000平米で改修するのが大体2,000平米ということでございますが、結局運動場を800万で、これから総面積とすると私は大体1万平米ぐらいということでお伺いしておりましたが5分の1程度の改修かなと思っております。それで、中学生はやっぱりもう体を持て余して体の成長期でありますので、運動場全部を昼休みのなか走り回って、暴れ回ってすると思うんですよね。そういう意味からしまして、この2,000平米の改修というのはちょっと子供の遊ぶ範囲からして運動場を使用する範囲からして、改修する面積としては少ないんじゃないかなと思っておりますし、今ここに資料を差し上げましたこの絵のほうを見ていただきたいんですが。

 これはことし20年の9月11日の14時58分に撮影されたものでございます。このときの降水量等調べてみましたら、13時に2ミリ程度降っとるんですね。そして、14時に3.5ミリ降ってるんです。合わせてまた5ミリ程度の雨量なんですね。そしてその前の時間帯と前日を調べてみましたら、前日も1滴も降ってないんですよ。それでこの一、二時間の間に5.5ミリ降ったなかでのこの撮影なんです。確かにごらんのように、もう本当、湖ですよね。

 それで私、今年度の運動会に御招待をいただいておりましたので、このとき中止ということで、見に行ってみました。今年度は9月の21日でございまして、中止ということで私、11時ごろ見に行ってみたんですけども、この写真どころじゃないんですね。この写真は周囲が若干砂が見えてる運動場の肌がちょっと見えてる状態なんですが、私が見にいったときはですね、もうこういうどころじゃないんですよ。ひとつも足を一歩も踏み入れられないような本当全くの湖。それを見ましてですね、もう私、市長の家まで電話するのどうかと思ったんですが、この場面を見てもらうのが一番いいんじゃないかと思いまして市長の家に電話いたしまして、「見に来てくださいよ」ということで電話しました。そしたら、見にきてくださったようでございます。

 それで一目瞭然わかられたと思うんですが、このときの雨量をまた調べてみました。確かにこのときはこの撮影よりも若干雨量が多いようでございまして、9月の21日運動会の当日でございます。朝、深夜の3時ごろに0.5ミリ、深夜の4時、やはり0.5ミリ、そして6時、7ミリ、7時に4ミリ、8時に1.5ミリ、9時に1.0ミリ、10時に0.5ミリと、この8時間の間に15ミリほど降ってるようでございます。そして、これも前々日ずっと調べましたが、1滴も降ってないんですよ。そういう状態のなかで、たった8時間もの時間の間に15ミリしか降っていない状態で、もう湖同然ですよ。びっくりしました。そして延期になりました9月の25日、4日間、当日入れまして5日間の延期でしたけれども、その間にずっとその後21日から22日、25日までの、また雨量をずっと調べてみましたが、それこそ全然降ってないんですね。それでもなおかつ25日の当日は、やはり砂を少しまいて運動会が開催されたような状態でございます。本当、これを今聞かれたなかで大変なこのグラウンド整備がされてないっちゅうことがおわかりになるかと思います。

 で、この800万をですね、今年度に補正上げるよりも、ただ5分の1か4分の1かの改修だけで、この運動場はまた一番小っちゃな狭い運動場ですね。運動場に比べて生徒数は一番対馬市の中で一番多い230人程度おられます。そのなかでの5分の1、4分の1の改修というのはとてもじゃない、これを改善するのには値しないと思うんですが。子供たちがやっぱり一生懸命走り回ってするもんですから、隅々までやっぱり使うと思うんですよ。ここにも書いておりますように、もう冬の間でも乾いてもう霜とか何とかでべちゃべちゃになって隅々も本当、滑ったり転んだり大変な状態だそうでございます。そして、部活もありますが、ソフトテニスと駅伝、サッカーなどがあるようですが、ほとんどが使えない状態で、厳中のグラウンドを借りてるようでございまして、その間も生徒も自転車とかで往復してるわけですよね。すごくそういう意味では危ないと思います。できれば、この800万の補正をもう今回やめてもらって、全体的にもう1回本当見直してもらわないと、かえってちょこちょこすると、かえって大きなお金になると思うんですよね。思い切った施策をお願いしたいんですが、どうでしょうか。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 来年の当初の約束は全くできません。今の経済不況のこの最中にですね、どのような形で地方交付税が本当に入ってくるのか、総理大臣もさまざまなことを言っておられますが、二転三転しておりますので、私は今あるうちにやれる範囲でと思って800万、2,000平米、確かに全体1万平米のうちの5分の1かもしれません、面積としては。しかし、あの厳原中学校のグラウンドの形状というのは、わかってありますように川沿いにずっとありますから、きちんとした整形された土地ではございません。使える部分というのはやはり1万平米は全くございません。それと1万平米のうちに既に校門から、新しい正門から入って校舎に入る右下にテニス場がございますが、そこについてはもう既に処理が以前終わっているところでございますので、あながち1万平米の2,000平米というふうな考え方にはならないかというふうに思います。

 そういうなかで、この2,000平米を決定しましたのは、私どもお金がない市ということで職員が建設部の職員と教育部の職員がそれぞれ出まして、実際暗渠排水が埋められているであろうというところを職員が掘って確認をしました。その結果、きちんと排水管が、暗渠排水管が機能すると、表土をやりかえればできるんだと。そして、今粘土層の土が表層の下にございます、その土を2,000平米の主たるところ以外のところに勾配をつけて、外周の側溝に、側溝とか川に流し込めるようにしていこうという知恵を職員たちが出してくれました。金がないうえに職員が一生懸命知恵を出した。結果として主要な真ん中の部分を暗渠排水に乗る、その部分を乗せればあとは外に流せるという計算をしてくれたうえでの800万だというふうに私は大変職員に感謝をしてこの800万は計上させていただいたところであります。必ずや、職員の自分らで汗をかいて一生懸命考えついた策でございますので、雨はきちんととどまることなく流れていくものというふうに私は思っております。



○議長(波田政和君) 9番、吉見優子君。



◆議員(吉見優子君) 運動場のこのような状態を一番よく御存じなのは、今まで厳中の校長をされておりました現教育長でございますが、どのようにお考えでございましょうか。



○議長(波田政和君) 教育長、河合徹君。



◎教育長(河合徹君) 失礼します。振られるかなと思って心配をしておりましたが(笑声)。実は今この工事計画を見ておりますと、大体真ん中辺のところでありまして、ここのところに排水が、排水溝が集中してるということで、私自身としてはもう厳原町の時代からお願いをしておりまして、そして雨が降ったらなかなか四、五日はもう無理だということであきらめておりまして、次の校長さんにはうちの学校は勉強するのは簡単だよというような話を引き継ぎ事項でしたぐらい、特に雨が降りましたら「厳中プール」と子供たちも言っておりましたけれども、そういう状況になったことは間違いございません。

 ただ、この今度の計画を見てみますと、3,000万ぐらいあれば全面改修できるというようなお話ですけれども、現に今困っておりますので、もうつくかつかないかわからない3,000万よりもつくとわかっている800万で当座やっていただいたほうがいいんじゃないかというふうに、私個人としてはずっと以前から熱望しておりましたので、1日でも早い改修をというようなお願いをしたいというふうには思っています。

 以上です。



○議長(波田政和君) 9番、吉見優子君。



◆議員(吉見優子君) 今、教育長が言われましたように、「厳中プール」という名前がついてるぐらいに本当悪いんで、それだけは皆さんわかっていただきたいなと思っております。この800万の補正、確かに私もよくつけてもらってるなということは感謝しとるんですけど、また結果を見ながら、どうしてもまたしにくい状態があれば、できる状態のときにまた考えていただきたいと思います。

 次に、裁判員制度の関係ですけれども、裁判をする事件なんですが、このようになっております。刑事訴訟事件になった事件を裁判するということなんですが、それはどんなことかと言いますと、人を殺した場合とか、それが殺人罪ですね。それから強盗や人にけがをさせ、あるいは死亡させた場合のことをする裁判、強盗致死傷害ということでしょうか。3番目に人をけがをさせ、その結果死亡させた場合、傷害致死。それからひどく酒に酔った状態で自動車を運転して人をひき、死亡させた場合、危険運転致死。それから人が住んでいる家に放火した場合、現住建造物等放火事件。それから身代金を取る目的で人を誘拐した場合、身代金目当て誘拐。子供に食事を与えず、放置して死亡させた場合、保護責任者遺棄致死などが挙げられております。

 こういう状態のなかで、なかなか皆さんほど遠いことを体験──体験っていう言い方おかしいんですけども、そういうことを裁判員ということでするわけですが、その中でやっぱ一応考えられるのが、日当とか旅費、そんなものは支給されるんでしょうか。

 それと休暇の問題なんですが、サラリーマンの場合は年休とかにするのか、特別休暇であるのか、それと一度裁判員になったら来年度のまた12月にあると思うんですが、そのときはまた1回経験した人にも来るんでしょうか。そして、今度は行政の窓口は大体これはどこになるのか、お伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 裁判を市民の手に取り戻すために始まる裁判員制度でございます。そのなかで、日当、旅費、それから休暇等についてお尋ねですが、私も正確なことは承知しておりません。旅費等については出るというふうに聞いております。ただし日当についてはどうかなと、それは国民のある意味責務という部分も出てくると思っておりますので、日当はいかがなもんかというふうに思います。

 さらに休暇についても、その会社等さまざまな企業にお勤めの方についても国民の義務ということになってくれば休暇等を当然特別休暇といいますか、そういう形でするのが私は正しいかと思いますが、実際今回の制度でどのように運営されていかれるのかについて、ちょっと勉強が及んでおりませんで、大変申しわけなく思っております。少なくともこの窓口でございますが、この選任手続の分につきましては、選挙人名簿等の問題がございますので、選挙管理委員会といいますか、総務のほうが担当を今やっておるところでございます。

 すみません、よくわからない部分がいっぱいありまして。



○議長(波田政和君) 9番、吉見優子君。



◆議員(吉見優子君) そうですか。ちょっと私も私なりにちょっと調べてきたんですが、日当と旅費とかは出るそうでございます。日当は大体1万円ぐらい程度ということなんですが。そして、対馬の場合は出稼ぎに行かれとる人が多いようでございますので、その点も聞いてみましたら、出稼ぎ行かれたところから裁判所、長崎県の地方裁判所ですから、そこまでの旅費、日当出るということでございました。

 休暇の問題は、それぞれ企業の方々にお願いして気持ちよく出られるようなふうな形をとってくださいということでございまして、行政の窓口はまた今言われましたように総務課ということですので、若干少し勉強していただきたいかなと思っております。よろしくお願いします。

 それとですね、通告はしてなかったんですけど、ちょっと時間があるもんですから。一番今市民の方が聞きたいことであろうかと思っているんですけども。九州郵船のビーナスの関係で議長さんにちょっとお願いしたいんですが、質問外の質問なんですが、ちょっと時間がありますから、させていただけないでしょうか。



○議長(波田政和君) 答弁をする側に、どうですか。(発言する者あり)吉見議員さんの通告外ですので別の日に通告していただけませんか。



◆議員(吉見優子君) 答弁できません。やはりですね、きのうの私、市長の一番初めのあいさつのなかでいろいろ書いてあるのかなと思ってたんですけども、ただ概要的なこと何も書いてなかったもんですから、市民の方が一番、その後九州郵船で一番気になってることだろうと思いましたので、今後の九州郵船に対する市のほうといいますか、どのような方向で進められているのか、聞きたいんじゃないかと思います。そういうことで、答弁できる範囲で結構なんですが、簡単に。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) この問題につきまして、けさ議長のほうに11日に、一般質問等が終わりましてから全員協議会を開催をしていただきたいということでお願いをしているところです。その場で詳細について説明等をしたいと思っておりますのでよろしいでしょうか。



○議長(波田政和君) 9番、吉見優子君。



◆議員(吉見優子君) わかりました。じゃあ、何せ今言いましたように、市民の方が一番気になってることでありますので、できるだけ早く言える範囲のことは事あるごとと言ったら何ですが、市民の方に知らせてほしいと思います。

 以上で私の質問を終わります。



○議長(波田政和君) これで吉見優子君の質問は終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(波田政和君) 昼食休憩とします。開会は13時10分から。

午後0時02分休憩

………………………………………………………………………………

午後1時08分再開



○議長(波田政和君) 再開します。

 次に、6番、三山幸男君。



◆議員(三山幸男君) 皆さんこんにちは。きょうの一般質問者は時間を大幅に残して終わっているようですので、私もできるだけ短くしたいと思いますので、市長、お疲れのところ大変だとは思いますが、しばらくの間おつき合いをお願いをいたします。

 それでは通告に従いまして、市政一般に質問をさせていただきます。

 平成19年度の対馬市の各会計の決算を見ますと、市税を始めとして国民保険税、介護保険特別会計、水道会計等で大幅に滞納がふえております。現在、対馬市は、基幹産業である農林漁業の価格の低迷や燃油の高騰で働けど働けど採算が取れない状況が続いております。また対馬の経済を長い間支えてきた公共事業の大幅な削減などで対馬の景気が落ち込んでいる大きな要因であると思います。しかしながら市の貴重な財源を確保するということ、あるいは税の公平負担の原則からして市税の滞納などは見逃すことはできないと思います。今回は2項目について市長と教育委員長にお尋ねをいたします。

 まず1点目に、国民健康保険料の滞納についてお尋ねをいたします。

 平成19年度一般会計、特別会計の決算書を見ますと、対馬市は市税または国民健康保険税の徴収率がともに県下23市町の中でワーストワンとなっております。特に国民健康保険の滞納率は25.6%となっており、この数字から見ますと4人に1人は保険証を持たないのではないかと危惧しておりますが、もしそうだとしたら異常と思いますが、今後の対策や対応などお尋ねをいたします。

 次に、教育委員長にお尋ねをいたします。県教委の公立高校再編計画について、11月20日の西日本新聞に「1島1校は維持する」と、「通学不便校、不便地域の高校については閉校対象とする」というようなことが新聞に載っておりました。また27日の新聞では、「離島に新たな閉校基準、通学不便地域が対象、関係者に不安の声がある」と載っておりました。県教委は西暦2011年から10年間の公立高校の再編基準を盛り込んだ第2期県立高校改革基本方針の素案を固めたとあり、1島1校は当面統廃合の対象外とし、通学不便さを抱える離島の学校は新たに閉校の検討の対象とするとあります。市には説明などあったのか、ただし通学不便さを抱える地域の高校では1学年1学級で存続するともありました。平成19年度の中学校を卒業した生徒が370名で、そのうち364名が高校に進学をしております。進学率は98.4%と高く、ほぼ全員が高校に進学しているのが現在の対馬市の状況ではないでしょうか。また別の関係者から今月15日には市内の中学校やPTAに対して説明会があると聞いております。今後の対応についてお尋ねをいたします。

 以上、2点でありますのでよろしくお願いをいたします。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 三山議員の御質問にお答えさせていただきます。

 まず国民健康保険税の滞納についてでございます。

 平成19年度特別会計歳入歳出決算書におきまして、対馬市の市税、国民健康保険税の徴収率は非常に遺憾ながら御指摘のとおり、県下23市町の中でワーストワンであります。市税、現年分の徴収率は94.95%、滞納分の徴収率は11.13%、市税、現年滞納分の合計徴収率は82.45%です。また国民健康保険税の徴収率は現年分の徴収率につきましては89.28、滞納分の徴収率は11.94、現年・滞納分の合計の徴収率は66.31%です。

 御指摘の滞納率の25.6%でございますが、この数字は分母分子の分子のほうですけども、分子の滞納世帯に過去の転出、死亡及び世帯変更世帯数が含まれており、現在の滞納被保険者世帯数よりも過大な数値となっております。正確には、平成20年5月末日現在で16.75%でございます。

 滞納の主な理由といたしましては、議員御指摘のとおり水産業の不振、公共事業の減によります雇用機会の減等でございます。

 それに伴う保険証につきましては、平成20年5月末現在、国民健康保険加入世帯9,563世帯のうち、毎年更新分の通常の保険証を交付している世帯は8,916世帯であり、交付率は93.2%にあたります。滞納額が多い人でも、納税誓約の履行により、また子供、さらには重病患者等を抱える保険証につきましては、納税相談後短期の保険証を交付しております。短期保険証の発行件数は314世帯であり、交付率は加入世帯の3.3%、それから資格証の発行件数は333世帯であり、交付率は加入世帯の3.5%にあたります。

 現在の対策といたしまして、臨戸徴収とは別に、庁舎内において夜間及び土曜日、さらに日曜日の納税相談期間を設けたり、重点地区を設定し、臨戸徴収を行い、納税相談、滞納処分の実施をしており、長崎県からも税の専門職員を派遣していただき、職員は滞納処分の実地指導を受けながら懸命に努力をいたしております。

 特に大口滞納者に対しましては、給料、預貯金、生命保険、不動産等の財産調査を行い、随時公売等の滞納処分を実施して国民健康保険税等の徴収率の向上に取り組んでいるところでございます。

 以上でございます。



○議長(波田政和君) 教育長、河合徹君。



◎教育長(河合徹君) 失礼します。長崎県教育委員会では、県立高等学校教育の改革や、適正配置等に関する基本的な考え方を示した長崎県立高等学校改革基本方針、計画期間が平成13年から22年度までですが、それに基づいて第1次から第4次にわたる実施計画を作成しています。

 ここで中学校の主体的な学校選択を促す諸制度の改善や、社会の変化等に対応した教育内容の充実、新しいタイプの学校の設置など新たな教育システムの整備を図るとともに、時代の要請等に対応した専門的学科の改編等や県立高校の再編整備が進められてきております。

 また11月26日に発表されました第2期長崎県立高等学校改革基本方針素案では、今まで進めてきた第2期長崎県高校改革推進会議の答申、これは20年10月21日を踏まえて作成をされております。内容につきましては、「第1章、今後の県立高等学校改革の方向性」、第2章が「制度・システムの改編等」、第3章が「県立高等学校の再編整備について」から構成されておりまして、計画期間は2011年、平成23年度から2020年度、平成32年度までの10年間となっております。

 またこの第2期基本方針等についての地区別説明会が議員御指摘のように来る12月15日、月曜日、豊玉文化会館で18時30分から開催する旨、県教育委員会より連絡があり、市教委から関係者に対して案内を行ったところであります。今後における高等学校改革の基本的な考え方についての説明、意見交換等がされるものというふうに思っております。

 高校の存続についての取り組みは6月の定例議会でも一般質問がありましたけれども、8月6日に財部市長とともに県教育委員会に出向きまして、寺田教育長に対馬の地理的特性による広い通学区域や交通事情等につき説明をいたしまして、存続を強くお願いをしてきたところであります。また今後におきましても、存続を目指し、教育活動の連携だけでなく、島内3校の特色ある学校づくりを支援する教育行政施策の工夫に努めてまいりたいというふうに考えております。

 県の今後の動向を注視しつつ、島内三高等学校の存続に向けまして、6月の議会でも答弁をさせていただきましたように、中高一貫教育の導入も視野に入れながら、関係機関への要請も積極的に働きかけていく所存でございます。

 以上でございます。



○議長(波田政和君) 6番、三山幸男君。



◆議員(三山幸男君) 市長、教育委員長、あとは一問一答でお願いをいたします。

 まず国民健康保険の滞納についてでありますけれども、市長は先ほど答弁のなかで言われましたように、市の職員は努力している、それは私も評価したいと思います。確かに市税についてもいろんな公共料金につきましても相手があってすることですので、すぐ出向いたから徴収ができるというもんではないと思いますが、今後ともなお一層の努力をお願いをいたします。

 私が新聞の切抜きを持ってますけども、県下のなかで、やはり対馬市がダントツだという言葉がいい言葉かどうかわかりませんが、対馬市がトップであるというのはやはり私どもが見るなかでやはり気が引けるところがあるんです。私だけじゃないと思うんですよ。で、そのなかでですね、例えば滞納世帯率といいますか、これによりますと対馬市が25.6%、松浦市が23.4%、大村市が22.8%と続いてますが、この中で保険証のない世帯数というのが、例えば対馬市の場合で422という数字を私、こう見たわけですね。で、これを見ますと、やはり対馬市の現在の世帯数からすると約4分の1の割合で保険証がないんじゃないか。私が言いたいのは、今の市民の生活というのは、先ほど申しましたように、一次産業の価格の低迷なり、あるいは燃油の高騰で収入がない、あるいは公共事業等の削減で働きたくても雇用の場がないというような状況を考えると、同情できるようなところもあるんですけども、もし万が一そういう家庭で病人とか何かが出た場合、そういう人方が本当に病院に行って満足な治療ができるのかなということをひとつ懸念していることがあるんです。ですから、先ほど市長の答弁にありましたように、個別に相談してもらったり、あるいは短期的な保険証を出したりということは当然されているでしょうけども、ただ数字だけ見ますと4人に1人しかないのは異常である。この辺は何とか解決するよう、やはり市に対しては市長を始め市の職員がそういうことには全力で取り組んでほしいというのが私の気持ちですので、その辺のことからまず質問をさせていただきます。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 新聞報道等で25.6%という数字が確かに出ておりますけども、先ほどの答弁で申し上げましたとおり、過去において転出されている世帯、それから死亡されてる世帯等々を差し引きますと16.75%ということです。確かにこの新聞報道でいきますと、4件に1件は保険証が発行されてないという形には確かにそんなふうに見えろうかと思いますが、決してそういうことではございませんので。そして442件が保険証のない世帯数というふうに報道されております。これにつきましても保険証が発行されてない世帯は333件ということでございます。これは5月末の数字です。

 ところが、この数字はともかくとしまして、確かに経済が冷え込むなかで滞納がどんどんふえていくというふうなとこは正直否めない事実だと思っております。どうかしてそのあたりに対して、きちんとした方向というのを出さなければいけないという思いは当然考えております。国のほうが二次補正等の今予定をされてるようですけども、そういうのがあれば、私どもも恐らく通常の補助よりも有利な形で補正予算は手厚くされてるのが普通でありますので、私どもの財政の許す範囲で一生懸命そういうのにも手を挙げていきながら、現在の経済不況というのから少しずつでもよい方向に行けるように頑張って、若干の雇用の増にでもつながればというふうに考えております。



○議長(波田政和君) 6番、三山幸男君。



◆議員(三山幸男君) まず例えば家庭に収入が入ってきませんと、支払う金もどうしても必要経費からして公共料金とか税金とかというのはどうしても後手後手に回る、出費の中でですね、後手後手に回る可能性はあるわけですけれども、ただ対馬市ということを考えてみますと、当然税の公平な負担ということがうたわれるわけですから、収入が少ない家庭でも、あるいは多い家庭が今あるかどうかわかりませんけれども、所得の大きい小さいは別として、やはり公平に負担をしていただくのが当然のことだと思うんです。そのためにはですね、やはり現在は世界的に同時株安とか、あるいは同時不況とか、そういうことで特に対馬から2,500人とも3,000人とも言われてます季節労働者に行ってる人たちでも、例えば大手企業が契約社員とか期間工の雇用を打ち切っている状況のなかですので、対馬から行ってる人もそういうような人員整理に遭う可能性もあるし、もう既に遭ってるかもわかりません。そういうことを考えるとですね、企業誘致は無理でしょうけども、島内でやはり雇用のできる場、こういうものに市長、これからは力を注いでいただいて、少しでも市民がこの愛する郷土対馬で生活ができるように最善の努力をしてほしいと、そう思ってます。

 特に、今回私が言ったのは国民保険税のなかで、極端に言えば4世帯のうちに1世帯、4人に1人ぐらいは持たないんじゃないかという新聞の報道、数字を見たときに感じましたので、何とかしてこういう4人の1人をですね、少しでも少なくする方法はないのかな、そのためには市職員が英知を結集して、当然努力はしてもらわなきゃいけませんし、足を運んでもらって苦言を言われたり、嫌なことを言われるかもわかりませんけれども、やはり保険料なり各公共料金は支払ってもらわないと市がこれから先やっていけない状態になりますので、その辺はぜひ肝に銘じて、これから、真剣には今までも対応してるでしょうけども、最大の努力をお願いするものです。

 次に、教育長にお尋ねをいたします。新たな素案が出たからといって、すぐそれが実現するとは思っておりません。県教委は当然少子高齢化の時代のなかで、当然高校とか何かの統廃合は必要なことだと思うんです。ただ教育長の答弁のなかでも先ほどもありましたように、やはり対馬の地域性ということを考えていただきませんと、先ほど私が対馬の市内で19年度に卒業された中学生が370人でしたか、このうち364名の子供たちが高校に進学をしてるわけですね。こういうことを考えますと、ほぼ100%に近い数字が出てますので、やはりこういう子供たちの後をこれからの子供たちも追うと思います。そういうことを考えますと、やはり今対馬に3校の高校があってこれだけの進学率があると思うんです。これがもし2校なり1校になりますと、この98.4%というのは恐らく下がってくると思うんです。それにやはり子供が進学したくても現在の対馬市の経済状況とか何か考えますと、当然下がってくる可能性もありますし、親の負担がふえるのは当然のことになってくるような気がするんです。ですから、先ほど教育長は何とか存続をさせるように今後検討したいということですので、それでこの教育長の考えとしてはいいのかもわかりませんが、やはり新聞なんかを見て、あるいは報道を聞いて、聞いた関係者はやはり一様にそういう不安を持ってるわけですので、教育長のそういう考えを再度お尋ねをいたします。



○議長(波田政和君) 教育長、河合徹君。



◎教育長(河合徹君) 確かに対馬の場合は高校が3つないと通学距離が大変遠いわけですね。そのことも県教委のほうでこの前市長と一緒に参りましたときも話をいたしました。90何%という進学率があるけれども、もしこれが2校や1校になったら70%台になりますよ、もう対馬で70%になったら対馬からいわゆる中学生の進学率がぐっと落ちてしまうと、そういうことのないようにぜひお願いをしますというような話はしてきております。

 ただ今回新たにこの改革が説明会がありますので、そのなかでどういうふうな説明があるか、私どももよく聞いて、県がどういう方向性を持って説明に来てるのか、その辺をしっかり見て、あとはそれに合った形で私どももやっていかなければならないというふうに現在のところは思っております。

 以上です。



○議長(波田政和君) 6番、三山幸男君。



◆議員(三山幸男君) ちょっと夕べ私もある学校関係者の先生とお話をさせていただいて、今月の15日に県教委が対馬に来て説明会があるという話は、その人からお聞きしました。どういう関係者が集まるんですかとお尋ねしたときに、各市内の各中学校、PTA関係者、そういうようなお話でしたので、その今回県が提示した第2期の公立高校の再編計画の素案が説明されるんだろうというようなことは私も聞いたわけですけども、そのなかでもやはり教育長を始め、学校関係者が対馬の実情は今さら説明しなくても県教委の先生方も御存じだと思うんですけども、やはり何とか3校を残していただいて、各学校にそれぞれ、例えば今みたいな3校とも普通高校ではなかなか残る道も難しいかもわかりません。ですので、3校の中の1校ぐらいはやはり特色があるような、そういう対馬でないとできないような高校、そういうような高校に、できることであればそういうふうな特色を生かした学校として存続をしてほしいなという気持ちを持っておりますので、今後についてもその説明会次第でしょうけども、何としても対馬の実情を県教委にお願いをしていただいて、3校残してほしいということを要望いたしまして、私の一般質問を終わりたいと思います。(拍手)



○議長(波田政和君) これで三山幸男君の質問を終わりました。

………………………………………………………………………………



○議長(波田政和君) 一般質問を続行します。25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) 何か質問者がさばけた人ばっかりなもんですから、時間がたっぷり、きょうは早く終わりそうにあります。それでは、私一般質問に入る前に、市長、21年度の職員採用について、私も心から市長に賛意をあらわしたいと思います。私もこの件についてはですね、平成16年、合併当時の議会で質問したことがあります。若い人たちから夢も希望もとるようなことをしてはいけないと。数名でいいからやっぱり採用すべきだということを言いましたけど、合併当時でありますのでやっぱ職員が多いということで職員削減のほうが優先しました関係上、この四、五年ですかね、採用できなかった。本当に私はこの件については心から賛意を送ります。

 市長、それでは質問に入ります。あなたが就任されてから約9カ月経過いたしました。あなたは市民の大多数の方から支持され、見事市長に当選されました。市長になったときには、この疲弊する対馬市を活性化したい、また元のように再生したいと、強い思いをもって就任されたと思います。市長を見ておりますと、その意気込みは感じております。米国のサブプライムローン問題に端を発した金融不安、今や世界中が金融危機に直面し、世界大恐慌と言われるなか、地方にとっては大変な時代を迎えようとしております。市民皆同じ考え、同じ気持ちで毎日を暮らしていることと思います。一体対馬はどうなるかと。そこで私は2件について質問をしたいと思います。

 第1に、地域マネージャー制度についてお伺いをいたします。市長も議会で説明もされておりますが、私はこの地域マネージャー制についてはまだぴんと来ない。自分なりにまだ十分に理解もしておりません。もう一度要点に限り説明をお願いしたいと思います。この件については余り時間もとりたくありませんので、1回で私がわかるような説明をお願いしたいと思います。(笑声)

 次に、第一次産業の振興について、市長の見解をお聞きしたいと思います。私は漁業の将来について大変憂いております。漁価の低迷、従事者の高齢化等いろいろな問題点もありますが、今のまま推移しますと、対馬から若い従事者がいなくなり、漁業従事者がなくなってしまうんじゃないかと大変心配をしているものであります。どうかして後継者を残すといいますか、後継者をつくっていかなければ対馬の将来はないと思います。生産基盤づくりも大切です。それと並行して後継者づくりもそれ以上に大切な問題であると思います。私も私なりにいろいろ考えておりますけど、なかなかこの問題は難しく、いい知恵も浮かんできません。この件に対して、市長はどのような見解をお持ちなのか、お聞きしたいと思います。

 次に、林業振興についてお伺いします。今林業を取り巻く環境は非常に厳しいことは、私が言うまでもなく、よく周知のことであります。このままの状態が続きますと、産業という言葉から林業は消えてしまいかねません。これは対馬だけの問題ではなく全国的な問題であり、市だけではどうすることもできないことはわかっておりますが、市でできることはしなくてはならないと思います。林業全般については時間の都合上、全部聞くのは無理ですから、2つ、2件に絞ってお聞きしたいと思います。

 対馬の山には広葉樹がかなりの面積あります。その中の一部はシイタケ原木として利用しておりますが、シイタケ原木以外の木をチップ材として利用するために、志多賀地区にある鹿ノ浦の峰港湾にチップ工場を誘致する考えはありませんか。対馬には樽ケ浜にチップ工場はありますが、上地区から遠いため利用しにくい面があります。鹿ノ浦の峰港湾はその面からも適地であり、上地区の浮揚のためにも企業誘致に取り組んでもらいたいと思いますが、市長の率直な見解をお聞きしたいと思います。

 2つ目に、シイタケ栽培に対する市の取り組みについてお伺いをいたします。

 五、六年前からシイタケの価格も幾らか持ち直し、シイタケ林家も少しはやる気も出しております。またそれと並行するように公共事業等の減少からシイタケ参入業者も何社かあり、経営規模も大きく魅力もあるため県も大規模生産者を対象とした行政を敷いているように思います。私は、それが悪いと言っているのではありませんが、それはそれでいいと思います。しかし、以前から対馬シイタケを守ってきた林家も大事にしてもらいたいのです。今シイタケ種駒にはどの生産者にも補助はありますが、以前あった防風ネット、また散水セットについては全く補助がありません。いわば小規模栽培林家には、ほとんど種駒以外は補助はないということです。県でできなければ市で補助を考えたらどうですか。それが地場産業を守り育てることだと思いますが、市長の見解をお聞きしたいと思います。

 以上、対馬の将来を左右する漁業と林業をいかに振興させることが最も大事なことだと思います。市長の誠意ある答弁を期待します。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 扇議員の御質問にお答えさせていただきます。

 まず第1点目の地域マネージャー制度について、一度でわかるように説明をしてくれと。一度で私が皆さんに理解をしていただけるように上手にしゃべれるかどうかはちょっと自信はありませんが、一生懸命誠意ある回答をしたいと思っています。

 行政主導で今まで行ってきた取り組みというのが限界を迎えたという状況は、皆様はもうわかってあると思います。そういうなかでこれから先、市民と行政が一体となった取り組みが必要なんだと、それも理解していただけると思いますが、今まで以上に市民と行政が同じ目線に立ち、問題意識を共有し、そしてともに考え、ともに行動することが必要不可欠であり、常に変化している社会に即応できる市役所をつくることが何よりも急がれるというふうに考えております。この制度は市職員が地域のマネージャーとして地域の皆さんと一緒に汗を流し、地域課題の解決やその地域の元気な地域づくりのため、話し合い、さらに行動する制度として取り組むものです。さらに地域と行政の架け橋的な存在として、また行政と市民の信頼関係の担い手としての役割を担うものでもございます。既に11月より市内6つの校区にて取り組みを開始しているところであります。6校区に対し73名の地域マネージャーを任命し、これは当然職員でございますが、73名の地域マネージャーが各校区での説明会を始め、11月27日の、これは小茂田浜地区ですが、厳原の、小茂田浜地区での話し合いを皮切りに、翌日28日には豊玉の千尋藻地区、今月5日では豊地区、12月8日の志多賀地区と各行政区において地域の課題や活性化のための話し合いが行われており、今後市民と行政が一緒になって疲弊した地域を元気にしていくための協議を重ねていくことになります。

 本制度の今後の具体的な流れでございますが、目標といたしましては、各行政区で官民が一体となった話し合いにより、地域課題を解決するための取り組みや、地域資源を活用した取り組みなど、地域が元気になるための各種のハード、ソフトの施策を盛り込んだ地域の計画を策定していくこととなります。そのような計画ができ上がった地域においては、その事業内容により、市はもちろんのことですが、国県を始め行政関連財団、企業系の財団、また大学を含めた産学官の連携などあらゆる補助、助成制度等を活用して官民協働により策定した地域計画の実現を図っていきたいと考えております。既に国県の各機関におきましては、本制度の説明を行い、協議段階からの各種支援や新規補助制度の創設を要請をしているところであります。商業地域、漁村地域、農村地域、その他の地域と各行政区、校区において活用できる助成制度は異なりますが、現時点では国や県の制度として地方の元気再生事業、さらにまちづくり交付金事業、集落活性化推進事業、強い農業づくり交付金事業などを、財団関係としましては、財団法人自治総合センターのコミュニティー助成事業や財団法人地域活性化センターの活力ある地域づくり支援事業など、その他トヨタ財団助成金など大手民間企業の助成制度などの活用が可能と考えております。もちろん当市のわが町元気創出支援事業やコミュニティービジネス振興事業補助金など既存の補助制度の活用、拡充やより使いやすい制度への検討等も進めてまいります。

 今御説明いたしました制度以外にも国等の動向を常に把握し、地域の話し合いの進行状況を把握しながら、あらゆる方面にアンテナを張り、私が先頭に立って計画の実現を図っていきたいと考えております。

 なお、現在市の事業を進めていくうえでの上位計画であります振興実施計画につきましても、これまで各部局が地域の実情を把握し、実施事業の優先順位等を検討しながら策定する手法でございましたが、地域マネージャー制度により、地域の皆様と行政職員が協働により策定した地域計画に基づき、計画を策定していく手法に見直していきたいと考えており、市民協働により策定した計画の実現に向けた取り組みを行ってまいります。

 さきの9月議会での閉会あいさつで述べましたように、地域マネージャー制度の導入は、確かに壮大な社会実験なのかもしれません。しかし、何かに着手しないと対馬は変わりませんし、変われないと考えています。協働型市政への改革と創造に挑戦し、地域再生のために一生懸命汗を流す覚悟でありますので、議員皆様のさらなる御協力をお願いをいたすものであります。

 次に、第一次産業、特に漁業、それから林業についての振興について、御質問が2点目にございました。対馬におきましては、農林水産業が基幹産業であることは周知のとおりであります。近年の農林水産業は生産額の減少や、それに伴い就労者の減少、高齢化、後継者不足などに加えて燃油並びに肥料の高騰などが顕著にあらわれ、一段と厳しい現状にあります。

 このような状況下でありますが、今後は地域の課題を基盤施設の整備と生産拡大に直結した施策の展開と対馬の多様な自然の恵みを生かした新たな商品開発や販路開拓、観光産業等の積極的な連携を図り、体験型観光やグリーンツーリズムなどの市場開拓や自由で創造的な産業として展開していかなければならないと考えております。農林水産業は基本的にみずからの責任において、みずからが所得を求めていく姿に変わっていかねばならないと思っておりますが、直ちに利益を出すことは大変難しく、容易ではございません。

 このような観点から、癒しの島づくりと交流人口の拡大を図り、第一次産業と観光産業の連携を保ちながら農林水産業の振興、地場産業の育成強化、地域経済の活性化及び対馬市の均衡ある発展に努めてまいりたいと考えております。

 続きまして、漁業についてでありますが、遠隔離島である地理的なハンディー、市場への輸送と鮮度維持等に係るコストをいかに軽減できるかが最も重要と考えます。漁業者の皆様に安全に安心して操業できることと、漁獲物をいかに高値で買い取っていただけるかを望んでいるはずであります。その代表が漁業協同組合であり、昨年4月に合併が行われ、15から12の組合になりましたが、まだ12組合あるとも言えます。島内に漁協は一つが望ましいと思いますが、現状は困難であり、4から5漁協への合併を行政も推進するべきとの意見も聞きます。合併には時間を要するので、各漁業施設の共同利用から取り組み、流通再生の共同化を図るためにも製氷等の拠点施設を廃止すべきではとの御意見もあります。ごもっともな意見ばかりでございます。組合長さん方の意見を拝聴しながら、その点を1歩ずつでも進めていければというふうに考えております。

 現在市が取り組んでいる事業は、漁協の施設整備補助、漁港漁場の整備、漁業者への各種資金等の利子補給、離島漁業再生支援交付金の活用、後継者対策、磯焼け対策、各種団体への補助等でありますが、製氷施設等の老朽化による改築が3カ所、養殖マグロの生産拡大によるえさ用の保管施設の容量不足の改善、集出荷用機械類の更新等の要望が多くあっています。厳しい財政状況ではございますが、国県の制度を活用し、積極的におこたえしていきたいと考えています。

 また上対馬地区において、漁業者等による大規模な水産加工施設の設置計画もあると聞いております。さらに昆布等の養殖依頼が企業からあっておりますが、細部につきましては具体化してからお話をしたいというふうに考えます。

 次に、林業の振興でございますが、御承知のとおり、素材生産量は年々増加傾向にあるものの、施業方針の大幅な変更によりまして主伐から間伐に移行しております。今後も木材の需要を見極めながらブランド化を図り、販路開拓、販売拡大に努めていきます。

 1997年の京都議定書で我が国は国際公約として二酸化炭素などの地球温暖化効果ガスの排出量を6%削減するとし、そのうち森林からの削減を3.8%とするとしており、対馬市の森林づくりが、森づくりが地球温暖化効果ガスを吸収し、温暖化対策を講じております。このことは森林面積89%を保有する対馬にとって追い風ととらえ、カーボンオフセットによる施策を模索するために対馬市の発案により長崎県環境部を中心に関係部局と研究会を立ち上げております。今後何らかの答えが見出せるものと考えております。

 またシイタケについてでございますが、平成17年度には75トンまで衰退しておりました「対馬しいたけ」の生産高を「対馬しいたけ復活プラン」と称しまして、平成22年度までの5カ年計画で150トンまで復活させるために、関係各位協力のもと、強力に推進してまいります。シイタケの市場価格は、中国の残留農薬の影響によりまして食の安全安心に消費者の関心が強まり、平均4,000円から5,000円台を保っております。今後も生産をますます拡大し、二次製品の開発、雇用の拡大に努めていきたいというふうに考えます。

 さらにこの林業の分野におきまして、チップ材の加工場というお話がございました。既にこのチップの件につきましては、島外からチップ工場をやってみたいということで現地に入ってこられた方も1社あります、確かに。これから先、先ほど申し上げましたカーボンオフセットの制度の中に、CO2を焼却するんではなくて、焼却してまた出すんではなくて、再利用することによってCO2を固定化していく方法としてチップ材とかいろんな方法があろうと思います。そのあたりをこのカーボンオフセット研究会のなかでですね、どれだけCO2吸収が進むものか研究して、さらに外からの、カーボンオフセットによって外からのお金を引き出して、それを林業振興、さらに藻場の再生等に使っていきたいというふうに私は基本的に思っておるところです。カーボンオフセットで一定の方向が出るのは、恐らく今年度内を、今環境部と対馬市とではそういう考え方で進めております。若干今年度内からまだもう少しかかるかもしれませんけども、全体の、特に第一次産業、全体にかかわる問題だと思っておりますので、このカーボンオフセットをしっかり取り組んでいきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(波田政和君) 25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) まずマネージャー制度からちょっとお聞きしたい。お聞きします。今市長は、要するに地区で何かあればそこに職員を派遣し、担当職員を派遣し、その管轄の、その意見を集中していろいろその地域のいろいろな事業に取り組んでいきたいという、ソフト面もハード面もということ言われましたね。今までは地区には区長がおりましてですね、区のいろいろ要望事項とかいろいろな面を取り上げて、区長が市のほうにやっぱ陳情とか何かしていたわけですね。それとどのような違いがあるのか、ちょっとそこちょっと教えてください。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 今までは確かに今議員さんがおっしゃられるように、区長さんが市の方に陳情要望されておりました。確かにそういう手法というのもあるわけですけども、ややもするとその陳情要望というのは、その地域の全体計画というのを抜きにして、市民の皆さんが困った案件だからということで上がってくるケースが多々ございます。困ってる案件について陳情要望されるお気持ちは十分にわかりますけども、これから先は同じそのようなハード事業でありましても、自分らの地域の生き残り方というものをしっかり見据えた全体計画をつくる必要があると。そのなかでその今までのできなかった問題というやつを入れ込んで、その事業が全体地域にとってどのように生かされていくかということを、絵を見せてもらわないといけないと私は思いますし、その地域が自分たちの絵を描くことによってその事業は生きてくるというふうに考えます。そしてなおかつ全体を描くことによって、自分らがその地域内の優先順位というのをきちんと見出せると思います。住民の方がですね。そのことを市職員がマネージャーとなってお手伝いをしていくというふうな考え方で私は地域マネージャー制度を組み立てておるところであります。



○議長(波田政和君) 25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) 何か私もわかったようなわからんような、何か理解に正直言って苦しいんですよね。わかりませんが、この問題はあんまりもう私がちょっと物わかりが悪いということでちょっとあれしましょう。(笑声)

 次にはですね、この市長はそこで、演台でいろいろもろもろ政策も言われましたけど、そういうことは別として、私はこの四方を海に囲まれた対馬の将来をやっぱり心配しているわけですよ。いろいろな施策を取り入れてどうこうしたってですね、やっぱ若い漁業後継者がいなければ何もならないんですよ。だからこれは確かに難しい問題なんです。だからね、私はここで市長のこの問題に対して見解をね、市長に示せと言ってもね、これなかなか難しいことはわかっております。しかし、きょうはやっぱり今後の対馬を考えた場合にはこの問題はやっぱり避けて通るわけにはいかないと思います。だから、問題提起の面もありまして、きょうは私はこの質問をしているわけでございます。ちょっとその点について、市長、この演台じゃ、全然後継者問題に触れてなかったですから、ちょっと一言。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) すべての産業において後継者問題は今対馬は抱えていると思います。ところが基幹産業でありますこの第一次産業の後継者問題はさらに深刻な状況であるというのはもう御指摘のとおりです。どうすれば後継者が育っていくのかということだと思いますけども、この対馬での産業のありようというものをきちんと考えねばならないと私は思っております。農業は耕地面積が少のうございますので置いておきまして、今回は置いといて、水産業とそれと林業につきましては、当然大きなウエートを対馬では占めると私は思っております。  私が何でカーボンオフセットって言うのかっていうことですけども、これは山だけのような感じの話になっておりますけども、森林にこれから先たくさんの公共投資というのがなされる時代が来るというふうに私は考えております。特定間伐促進計画等もこれから先つくり込んでいくわけですけども、この特定間伐促進計画のもととなったのは、京都議定書のそのCO2吸収量をふやしていくという考えがもとにございます。このCO2吸収量をきちんとふやすことは、私は対馬が生き残っていくためのチャンスだというふうにとらえております。カーボンオフセットという制度を組み立てていくことによって、林業のみならず水産業の分野ですね、藻場をつくらなければならないと。藻場もCO2の吸収量は森林以上に大きなものがございます。CO2をある意味表に出しながら、藻場を再生していく道を探せば、おのずと水産業の魚類等も、今枯渇傾向がありますが、その復活に向けても私は大きな手助けになる制度だと思っておりまして、カーボンオフセットに取り組んでおります。

 今山を生かすことによって海をよみがえらせていこうという一つの循環の中に私はカーボンオフセットがあるというふうに思っております。これから先、私は一生懸命カーボンオフセットに取り組むなかで、もう一つはカーボンオフセットの制度というのが会社、企業等の、特にCO2を排出される企業、もしくは排出されなくても社会貢献活動としてCO2削減に協力をしていく企業、世界の中でですね。CSRって社会貢献活動言いますが、そのCSR等に興味のある企業等は世界にごまんとあろうと思いますので、私どもがまずもって先にこのカーボンオフセットというものを取り組みながら、対馬の森を、そして海の藻場の再生に向けて企業からさまざまな資金が流れる仕組みをつくることがその事業に対して回っていくことになりますので、その制度に今躍起になって取り組んでおるところです。

 これでありましたら、仮にですけども林業事業等が国県合わせて68%の補助率でございます。残りの32%については民有林を所有者等が負担をしなければならないということになりますけども、そのあたりを軽減をしていく方法で民有林整備等をどんどん進めていく。民有林の間伐等を進めていけばですね、間伐にさまざまな形で雇用が生まれてくると思いますし、そこに事業が発生するというふうに思っております。そういう形の制度を取り組んでいく、国県にはもう金がそんなにありませんので、ないならばほかの金を引っ張り出すための制度構築をしていこうというのが主旨でございますので、それが将来の私は後継者対策になるんじゃないかという思いでおります。



○議長(波田政和君) 25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) あんまり範囲を広げてですね、いろいろ話しよったら時間が幾らあっても足りませんからね、ちょっときょうの私の質問に絞ってですね、ちょっと答弁もお願いしたいと思うんですよ。カーボンオフセット、きのう初めて聞いた名前ですからね、私たちもまだよく理解しておりませんけど。私はきょうの林業のほうでは、例えばチップ工場を誘致することについてどうなのかとか、例えばシイタケ補助率がどうなのかと私は質問してるわけですよ。それについてですね、もっと具体的に市長も答弁をしてもらいたいと思いますね、再度。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) チップ工場の誘致は、先ほど言いましたように現地視察に1社お見えになられました。それについては来たということは事実でございます。その後こちらのほうにまだ返答も何も返ってきておりませんが、要するにチップ工場が先なのか、カーボンオフセットの制度が先なのかと、いろんな問題があろうかと思います。チップ工場だけをつくろうとしても、その資金をどのようにして組み立てていくかということも当然出てくると思います。そういうなかで私はカーボンオフセットとかそういう制度の中でCO2を固定化させることができるチップ工場等についてですね、そういう資金が回ってくるような制度をつくるのも早道なんじゃないかというふうに思います。



○議長(波田政和君) 25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) 市長は理想的な考えを私は言ってあると思うんですね。しかし、今林業全般にわたって、間伐はどうや、気温なんかどう、そんなの大体わかるんですよ。しかしね、補助金ばっかりの、やっぱり林家も補助金ばっかり頼りの仕事はやっぱりこれは面白くないと言いますかね、それだけじゃ物足らないんですよ。やっぱり何かして働いて、それをやっぱり生活に充てたいと、かなりそんな人もおられるんですね。だから市長は今カーボンオフセットを利用してどうやこうや、チップ工場を利用してつくったらどうかと言われますけどね、これは市で何も工場をつくるとにわざわざ資金を出せと言ってるわけじゃないんですよ。ただそういう企業があれば誘致したらどうですかと。ましてあの鹿ノ浦の峰港湾ですね。あそこは一体何に市長は利用されると思っておられるんですが。ちょっとそこお聞きします。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 峰港湾の問題ですが、一番苦慮している、利用計画で苦慮している港湾です。今のあの沖防波堤、本当で港湾としてあれが使えるのかというのが最初の疑問です。そういう中であそこにものを誘致をしたとしても使えない港湾であっては何も意味がないと。もっと北側に本当は沖防が要るんじゃないかとか、いろんなそれが先じゃないかとか、使えないような港湾のなかで、今の状況ではですよ、私はあれを完成港というふうな考え方をしてない気持ちがございます。本来の意味の完成港になったときにあそこの利用計画というものは出てくるんじゃないかというふうに思います。



○議長(波田政和君) 25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) あのですね、完成港とそれは思うか思わんか、それは市長の判断でいいんですけどね、現在今あそこにやっぱり公社の材を、間伐材を、あそこは現実に現在積み出しておるんですよ。毎日毎日利用するわけじゃありませんからね。例えば、チップ工場もしもあそこにつくったとしても、毎日毎日船で積み出すわけじゃありませんから、やっとチップ材がたまって、それを年に何回か船で積み出すばっかりですからね。その完成港、市長がそう考えてる完成港考えたらですよ、それいつでき上がるんですか。そこが待てますか。それでも今何も利用目的もなかったら、皆さんが皆、この産業団体、例えばそういう方が利用したいという要望あれば、そういうこともひとつ考えたらどうかなと私は思いますけどね。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) まずもって私のほうにその考えがあるかということでございますので、現時点においては、まだそこまでそういう環境が整ってないからすぐにそういう工場等をそこにですね、というのは私は自分自身の中では考えておりませんが、今扇議員がおっしゃられるように、そういうふうな今の状況であっても、自分たちは土地を借りてでもやりたいという方がいらっしゃれば、それはお話には十分に、話し合いには乗るつもりはございます。



○議長(波田政和君) 25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) もしもそういう方がもしも今後出てこられたときはですね、やっぱり市としてやっぱり地元産業を守るために、振興するためにひとつ協力を私はしてもらいたいと思いますね。

 次に、シイタケ問題ですね。今種駒はどのシイタケ生産者にもやっぱり補助はあるんですよね。10万個以下は1円、10万個超えたら1円50銭という補助があるんですけどね。あと大きい、例えば乾燥機に補助せいとか、そういうことは今私は財政も苦しいときですからね、そんなことは言いませんけどね。例えば防風ネットとか、散水施設とか、これは防風ネットはやっぱりね、種駒打てばやっぱり毎年利用しますからね、それも周囲に張りますから、ネットをですね。そういうわずかなお金で産業を守るためにはそれぐらいの金を惜しんで、私幾ら財政が厳しいといったってね、使うときは私は使わないかんと。助成するときは助成しなくちゃいけないと私は思うんですよ。これが1年に1億も5,000万もという金は私は要らないと思うんですけどね。何でその県が補助はないことを市で独自でそれを取り組んでいかないのか、その点はちょっと私はどうも納得できないんですがね。ちょっと教えてください。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) このシイタケ問題については、まずもって量的なものを確保しないと対馬産としてきちんと売り出すことができないという状況まで落ち込んだ、75トンまでですね、そこがまずもって大きな問題でありまして、それをまず復活させることが先だということで復活プランに今取り組んでいる最中でございます。やっと75トンが、若干ですけども戻り始めてるというところ、その量的なものを確保することが私は先だと思っております。一生懸命取り組んでいただいておられます。小規模、確かに小規模なシイタケ農家さんも一生懸命やっておられますが、このシイタケにつきましても、大きな問題は、私は庭先でどんどん出て行って、対馬産として物事がなってない現実もございます。対馬産のシイタケをきちんとつくり出す方策を先にして名前を売り、そして高い値段で買っていただくと、零細のシイタケ農家さんもそれに追随していくという形をしないといけないというふうに私は思っております。私自身も東京のホテル等でシイタケの原木等を陳列して、それを食材として使ってもらうように働きかけもしております。まずもって、売って、知ってもらって、そして値段を上げて皆さんが意欲的にシイタケを増産していただけるように、私はする必要があるんじゃないかなというように思います。



○議長(波田政和君) 25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) 市長は何か、若い市長だから、もっと物わかりが私はいいかなと思ってましたけど、私とちょっと食い違いがありますね。その量も大事ですよ、その量、市長が言うように昔の生産量に乗せるためにはね、そういう補助をするべきじゃないかと、いわゆるね、そのネットとか、散水施設とか、市でできるようなね、市が本当あんまりお金が小額で済むような補助だったらね、そういうのを出したらどうですかと、そのある程度の生産者を軌道に乗せるため。

 またね、この今小規模林家は、今後シイタケが幾ら、例えば幾ら安くなってもね、この人たちは継続するんですよ。継続をするんですよね、そういう人たちは。しかし、今新しい大型大規模生産者、私は別にそれがどうやこうや言いませんけどね、もしもシイタケ単価にガタ落ちしたらね、やっぱりすぐ手を引く可能性もあるんです。この小規模林家、生産林家がですね、シイタケ林家が、このシイタケは守ってるんですよ、今守ってきたんですよ。そこをよく考えて、やっぱりネットとか、例えば私は10万個以下でも同じ種駒でも10万個打つ人と、例えば9万個打つ人、これ50銭違いますね、一つに。私は一緒の単価でもいいと思いますよ、駒は。5万個打つ人も1円50銭、10万個打つ人も1円50銭。そこで50銭の差をつけることは私は要らないと思うんです。

 だからそういう、今市長が言ってるように量を、だんだんだんだん昔のシイタケ生産量に戻すためにも、防風ネットとか散水施設は必要なんですよね。それを自分で買う、やっぱり防風ネットはまあそんなに高価な品じゃありませんけど、散水施設なんかはやっぱりある程度お金を踏みますから、個人で買えといってもなかなか買えない面があります。またそれをするためにはその協業体をつくれとかいう話もありますけどね、協業体ができる地域とできない地域あるんですね。だから、大きな金も要らないし、一つの海に次ぐ林業、第二の産業としてそれぐらいの補助は私は市は出すべきだと思いますが、再度答弁をお願いします。



○議長(波田政和君) 市長、財部能成君。



◎市長(財部能成君) 今おっしゃられる部分を補助制度として組み立てた場合、どれぐらいの金額になるかというのが私の中で今頭に浮かびません、全体でですね。そのあたりの係数等をきちんと把握をした後に一定の答えは出したいというふうに思います。今私もお話を聞くなかで、よく1反当たりなり1町歩当たりなり、どれぐらい掛かるのかというのを今私はつかんでおりませんので、そのあたり、それからどのぐらいの実際希望があるのかと、対馬全体でですね。もう一つは以前やってた方が一度やめてあって復活される場合に、防風ネットは無理でしょうけども散水施設等について使えないものなのかどうかですね。以前導入されてた人方がですね。そのあたりもまた考慮もしていかんばいかんかなと思いますし、今ここでそれの即答というのを私はしきらん状態でございますのでお許しいただきたいと思います。



○議長(波田政和君) 25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) またちょっと話がちょっとシイタケ以外に変わりますけど、林業推進協議会ってありますね、林業推進協議会。この林業推進協議会はね、年に今何回ぐらい開催されてあるのか、そこでどんな話が出てるのか、ちょっともしもそういう会合が開催されておれば、ちょっと教えてください。



◎市長(財部能成君) 林業推進協議会につきましては部長のほうに答弁をさせます。



○議長(波田政和君) 農林水産部長、小島憲治君。



◎農林水産部長(小島憲治君) 長崎県の林業推進。市では私は……



○議長(波田政和君) 25番、扇作エ門君。



◆議員(扇作エ門君) 部長、それはね、市の林業推進協議会ってありますから、また確認をしとってください。そしてね、その協議会でやっぱり協議会にそういう林家の方も数名入れて、やっぱりいろいろなね、やっぱり要望事があればそれがいいか悪いかは別として聞くことも私は大事だと思っております。

 もう時間もなくなってきましたら、市長ね、これはわしも偉そうなこと言いますけどね、市長も言われんでも知ってあると思いますけど、産業あって人は住み、人が住んで福祉があるんだと、産業あって人は住み、人が住んで福祉があると。やっぱりね、産業のないところには人は住めませんからね、ほかのことは別としても産業振興には本当、今までの市長が、力を入れた市長たちはですね、それ以上に、それの倍の、3倍でもいいですからね、産業振興のためには力を私は発揮してもらいたいと思います。

 以上で私の質問を終わります。



○議長(波田政和君) これで扇作エ門君の質問を終わりました。

────────────・────・────────────



○議長(波田政和君) 本日予定しておりました登壇者5名の市政一般質問はすべて終了しました。

 あすは定刻より市政一般質問を続行します。

 本日はこれにて散会します。お疲れさまでした。

午後2時27分散会

──────────────────────────────