議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 対馬市

平成 19年 3月定例会(第1回) 03月06日−02号




平成 19年 3月定例会(第1回) − 03月06日−02号









平成 19年 3月定例会(第1回)


──────────────────────────────────────
平成19年 第1回 対 馬 市 議 会 定 例 会 会 議 録(第2日)
                           平成19年3月6日(火曜日)
──────────────────────────────────────
議事日程(第2号)
                       平成19年3月6日 午前10時00分開議
    日程第1 議案第9号 平成19年度対馬市診療所特別会計予算
    日程第2 議案第10号 平成19年度対馬市国民健康保険特別会計予算
    日程第3 議案第11号 平成19年度対馬市老人保健特別会計予算
    日程第4 議案第12号 平成19年度対馬市介護保険特別会計予算
    日程第5 議案第13号 平成19年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算
    日程第6 議案第14号 平成19年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計予算
    日程第7 議案第15号 平成19年度対馬市簡易水道事業特別会計予算
    日程第8 議案第16号 平成19年度対馬市集落排水処理施設特別会計予算
    日程第9 議案第17号 平成19年度対馬市旅客定期航路事業特別会計予算
    日程第10 議案第18号 平成19年度対馬市風力発電事業特別会計予算
    日程第11 議案第19号 平成19年度対馬市水道事業会計予算
    日程第12 議案第20号 対馬市職員定数条例の一部を改正する条例について
    日程第13 議案第21号 対馬市市長及び助役の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について
    日程第14 議案第22号 対馬市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について
    日程第15 議案第23号 対馬市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
    日程第16 議案第24号 対馬市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例について
    日程第17 議案第25号 対馬市酒井豊育英資金貸付基金条例の一部を改正する条例について
    日程第18 議案第26号 対馬市手数料条例の一部を改正する条例について
    日程第19 議案第27号 対馬市分担金徴収条例の一部を改正する条例について
    日程第20 議案第28号 対馬市児童厚生施設条例の一部を改正する条例について
    日程第21 議案第29号 対馬市精神障害者地域活動所条例の一部を改正する条例に               ついて
    日程第22 議案第30号 対馬市子どもデイサービスセンター条例の一部を改正する条例について
    日程第23 議案第31号 対馬市副市長定数条例の制定について
    日程第24 議案第32号 対馬市安全・安心まちづくり推進条例の制定について
    日程第25 議案第33号 対馬市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について
    日程第26 議案第34号 対馬市に収入役を置かない条例の廃止について
    日程第27 議案第35号 対馬市保健師等養成奨学資金貸与条例の廃止について
    日程第28 議案第36号 対馬市離島農業活性化基金条例の廃止について
    日程第29 議案第37号 辺地に係る公共的施設の総合的な整備計画について
    日程第30 議案第38号 対馬市厳原自動車教習場の指定管理者の指定について
    日程第31 議案第39号 対馬市パークゴルフ場の指定管理者の指定について
    日程第32 議案第40号 対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定について
    日程第33 議案第41号 長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の一部を変更する規約について
    日程第34 陳情第1号 対馬沿岸および浅茅湾内の地先において外国人が夜間釣りをする事を禁止する陳情について
    日程第35 陳情第2号 「核兵器全面禁止、廃絶国際条約の締結促進を求める意見書」採択についての陳情について
    日程第36 陳情第3号 住民の暮らしを守り、公共サービス拡充を求める陳情について
    日程第37 陳情第4号 トンネルじん肺根絶対策を国に求めるための陳情について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
    日程第1 議案第9号 平成19年度対馬市診療所特別会計予算
    日程第2 議案第10号 平成19年度対馬市国民健康保険特別会計予算
    日程第3 議案第11号 平成19年度対馬市老人保健特別会計予算
    日程第4 議案第12号 平成19年度対馬市介護保険特別会計予算
    日程第5 議案第13号 平成19年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算
    日程第6 議案第14号 平成19年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計予算
    日程第7 議案第15号 平成19年度対馬市簡易水道事業特別会計予算
    日程第8 議案第16号 平成19年度対馬市集落排水処理施設特別会計予算
    日程第9 議案第17号 平成19年度対馬市旅客定期航路事業特別会計予算
    日程第10 議案第18号 平成19年度対馬市風力発電事業特別会計予算
    日程第11 議案第19号 平成19年度対馬市水道事業会計予算
    日程第12 議案第20号 対馬市職員定数条例の一部を改正する条例について
    日程第13 議案第21号 対馬市市長及び助役の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について
    日程第14 議案第22号 対馬市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について
    日程第15 議案第23号 対馬市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
    日程第16 議案第24号 対馬市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例について
    日程第17 議案第25号 対馬市酒井豊育英資金貸付基金条例の一部を改正する条例について
    日程第18 議案第26号 対馬市手数料条例の一部を改正する条例について
    日程第19 議案第27号 対馬市分担金徴収条例の一部を改正する条例について
    日程第20 議案第28号 対馬市児童厚生施設条例の一部を改正する条例について
    日程第21 議案第29号 対馬市精神障害者地域活動所条例の一部を改正する条例について
    日程第22 議案第30号 対馬市子どもデイサービスセンター条例の一部を改正する条例について
    日程第23 議案第31号 対馬市副市長定数条例の制定について
    日程第24 議案第32号 対馬市安全・安心まちづくり推進条例の制定について
    日程第25 議案第33号 対馬市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について
    日程第26 議案第34号 対馬市に収入役を置かない条例の廃止について
    日程第27 議案第35号 対馬市保健師等養成奨学資金貸与条例の廃止について
    日程第28 議案第36号 対馬市離島農業活性化基金条例の廃止について
    日程第29 議案第37号 辺地に係る公共的施設の総合的な整備計画について
    日程第30 議案第38号 対馬市厳原自動車教習場の指定管理者の指定について
    日程第31 議案第39号 対馬市パークゴルフ場の指定管理者の指定について
    日程第32 議案第40号 対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定について
    日程第33 議案第41号 長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の一部を変更する規約について
    日程第34 陳情第1号 対馬沿岸および浅茅湾内の地先において外国人が夜間釣りをする事を禁止する陳情について
    日程第35 陳情第2号 「核兵器全面禁止、廃絶国際条約の締結促進を求める意見書」採択についての陳情について
    日程第36 陳情第3号 住民の暮らしを守り、公共サービス拡充を求める陳情について
    日程第37 陳情第4号 トンネルじん肺根絶対策を国に求めるための陳情について
──────────────────────────────
出席議員(24名)
1番 小西 明範君       3番 小宮 教義君
4番 阿比留光雄君       5番 三山 幸男君
6番 小宮 政利君       7番 初村 久藏君
8番 吉見 優子君       9番 糸瀬 一彦君
10番 桐谷  徹君       11番 宮原 五男君
12番 大浦 孝司君       13番 小川 廣康君
14番 大部 初幸君       15番 兵頭  榮君
16番 上野洋次郎君       17番 作元 義文君
18番 黒岩 美俊君       19番 島居 邦嗣君
20番 武本 哲勇君       21番 中原 康博君
22番 桐谷 正義君       24番 畑島 孝吉君
25番 扇 作エ門君       26番 波田 政和君
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(2名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長      大浦 義光君  次長     永留 ?光君
参事兼課長補佐 豊田  充君  副参事兼係長 三原 立也君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長 ………………………………………………………………………… 松村 良幸君
助役 ………………………………………………………………………… 永尾一二三君
総務部長 …………………………………………………………………… 中島  均君
総務部次長(総務課長) ………………………………………………… 斉藤 勝行君
政策部長 …………………………………………………………………… 松原 敬行君
市民生活部長 ……………………………………………………………… 山田 幸男君
福祉部長 …………………………………………………………………… 勝見 末利君
保健部長 …………………………………………………………………… 阿比留輝雄君
観光商工部長 ……………………………………………………………… 長  信義君
農林水産部長 ……………………………………………………………… 神宮 忠彌君
建設部長 …………………………………………………………………… 清水 達明君
水道局長 …………………………………………………………………… 斉藤 清榮君
教育長 ……………………………………………………………………… 米田 幸人君
教育次長 …………………………………………………………………… 日高 一夫君
美津島支所長 ……………………………………………………………… 松村 善彦君
豊玉支所長 ………………………………………………………………… 松井 雅美君
峰支所長 …………………………………………………………………… 阿比留博幸君
上県支所長 ………………………………………………………………… 山本 輝昭君
上対馬支所長 ……………………………………………………………… 梅野 茂希君
消防長 ……………………………………………………………………… 阿比留仁志君
監査委員事務局長 ………………………………………………………… 阿比留博文君
農業委員会事務局長 ……………………………………………………… 瀬崎万壽喜君
代表監査委員 ……………………………………………………………… 中島 孝欣君
監査委員 …………………………………………………………………… 桐谷 正義君


──────────────────────────────

午前10時00分開議



○議長(波田政和君) おはようございます。これからお手元に配付の議事日程第2号により本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.議案第9号



△日程第2.議案第10号



△日程第3.議案第11号



△日程第4.議案第12号



△日程第5.議案第13号



△日程第6.議案第14号



△日程第7.議案第15号



△日程第8.議案第16号



△日程第9.議案第17号



△日程第10.議案第18号



△日程第11.議案第19号



○議長(波田政和君) 日程第1、議案第9号、平成19年度対馬市診療所特別会計予算から日程第11、議案第19号、平成19年度対馬市水道事業会計予算までの11件を一括して議題とします。

 各案について提案理由の説明を求めます。保健部長、阿比留輝雄君。



◎保健部長(阿比留輝雄君) ただいま一括議題となりました議案第9号、対馬市診療所特別会計予算から議案第13号、対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算について、概要を5件続けて御説明申し上げます。

 議案第9号、平成19年度対馬市診療所特別会計予算について御説明いたします。

 第1条で、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億1,781万9,000円と定めるもので、対前年度比3.14%の減でございます。

 2項で、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 歳入について御説明いたします。

 8ページをお願いします。診療収入は1億3,967万5,000円で、国民健康保険診療報酬収入、社会保険診療報酬収入、老人保健診療報酬収入、一部負担金収入、その他の収入でございます。使用料及び手数料は113万1,000円で、診療所の各種証明手数料等でございます。県支出金は2,791万5,000円で、僻地医療対策費補助金9カ所分でございます。繰入金は3,908万3,000円で、赤字補てん分として一般会計からの繰入金を計上いたしております。

 10ページをお開きください。繰越金は50万円で、前年度繰越金でございます。諸収入は951万5,000円で、予防接種委託料及び投薬容器代と鴨居瀬住民センター電気料をあわせて計上いたしております。

 続きまして、歳出について御説明いたします。

 12ページをお開きください。総務費は一般管理費として1億5,461万8,000円で、嘱託職員、看護師報酬、職員給料、共済費等を計上いたしております。賃金は、臨時雇分362万8,000円、報償費は嘱託費2名分と4,122万円を計上いたしております。委託料は、医師派遣委託料2,434万1,000円。

 14ページをお開きください。使用料及び賃借料は、車借り上げ料等214万1,000円と、負担金等を計上いたしております。医業費は6,260万1,000円で、医業用機械器具費、医業用消耗機材費と医業用衛生材料費を計上いたしております。なお、説明書末尾に16ページ以降に、給与費に関する明細書を添付しておりますので、あわせて御参照願います。

 以上で、平成19年度対馬市診療所特別会計予算の概要でございます。

 次に、議案第10号、平成19年度対馬市国民健康保険特別会計予算について御説明いたします。

 第1条で、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ57億196万9,000円と定めるもので、対前年度比5.15%の増でございます。2項で、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 第2条で、一時借入金の限度額を前年度と同額の5億3,000万円と定めるものでございます。

 歳入について御説明いたします。10ページをお願いします。

 国民健康保険税は、16億3,908万8,000円で、対前年度比2.45%の減でございます。一般被保険者医療給付費分、介護給付費分、現年分及び滞納繰越分含めて14億9,013万2,000円で、退職被保険者分1億4,895万6,000円、いずれも現年滞納分を計上いたしております。国庫支出金は18億876万3,000円、対前年度比4.90%の減でございます。このうち、国庫負担金の療養給付費負担金と老人保健医療費拠出金あわせて12億8,262万2,000円でございます。

 12ページに移ります。介護納付金負担金1億1,359万4,000円、高額医療費共同事業負担金3,755万7,000円を計上いたしております。国庫補助金は4億8,858万4,000円で、普通調整交付金とシステム開発等を計上いたしております。

療養給付費交付金は4億6,943万1,000円で、11.41%の増でございます。県支出金は、県負担金で3,755万5,000円、高額医療費共同事業負担金に対する県の負担金を計上いたしております。県補助金は2億5,084万8,000円で、普通調整交付金及び特別県調整交付金でございます。

 14ページをお開きください。共同事業交付金は8億7,423万1,000円で、高額療養費共同事業交付金及び保険財政共同安定化事業交付金を計上いたしております。繰入金は5億3,527万4,000円で、国庫基盤安定繰入金、職員給与等繰入金、出産一時金等繰入金、財政安定化支援事業繰入金など、一般会計からの繰入金4億8,527万4,000円を計上いたしております。

 16ページに移ります。基金繰入金は、財政調整基金から5,000万円を繰り入れるものでございます。繰越金は8,500万1,000円で、療養給付費交付金、繰越金とその他の繰越金を計上いたしております。

 続きまして、20ページからの歳出について御説明いたします。

 総務費は7,675万3,000円で、このうち一般管理費は事務的経費、電算システム保守料、国保ライン保安業務委託料、第三者行為救済事務負担金など、あわせて4,360万8,000円、連合会負担金は被保険者数割等で278万7,000円、医療費適正化特別対策事業は、レセプト点検委託料など1,139万4,000円を計上いたしております。

 22ページをお願いします。総務管理費の合計は5,778万9,000円となっています。徴税費は1,875万1,000円で、保険税賦課徴収に要する経費と、納税組合交付金、過年度還付金等を計上いたしております。保険給付費は33億4,650万5,000円、対前年度比1.13%の増でございます。このうち療養費は30億740万3,000円で、一般被保険者療養給付費24億8,058万7,000円と退職被保険者の療養給付費4億9,405万3,000円など計上いたしております。

 24ページに移ります。高額療養費は3億円で、一般被保険者の高額療養費と退職被保険者の高額療養費を前年度の実績をもとに計上いたしております。

 出産育児諸費は、出産一時金90件の見込みで3,150万円を計上いたしております。

 26ページに移ります。葬祭諸費は380件見込みの760万円を計上いたしております。老人保険拠出金は9億947万円を計上、介護納付金は3億4,902万5,000円、共同事業拠出金は9億698万7,000円、高額医療費拠出金と保険財政共同安定化事業拠出金でございます。

 28ページに移ります。保険給付費は1,165万7,000円で、保健衛生普及費と疾病予防費は基本健診及びがん検診受診分を計上いたしております。基金積立金ですが、財政調整基金の積立金で56万9,000円、公債費は一時借入金利子を前年度と同様100万円を計上いたしております。

 30ページをお開きください。予備費は1億円を計上いたしております。なお、説明書の末尾32ページ以降に、給与費に関する調書等を添付いたしておりますので、あわせて御参照願います。

 以上、平成19年度対馬市国民健康保険特別会計の概要でございます。

 引き続き議案第11号、平成19年度対馬市老人保健特別会計予算について御説明いたします。

 第1条で、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ42億266万5,000円と定めるもので、対前年度比2.22%の減でございます。2項で、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 歳入について御説明いたします。8ページをお開きください。支払い基金交付金は21億4,809万9,000円で、医療費交付金21億3,350万1,000円、審査支払い手数料交付金1,459万8,000円などでございます。

 国庫支出金は、13億5,873万1,000円で、国庫負担金13億5,733万4,000円は、医療給付、医療支給費負担金などでございます。国庫補助金は、医療費適正化事業補助金139万7,000円、県支出金3億3,933万4,000円は、医療給付費、医療支給費負担金などを計上いたしております。

 10ページをお願いします。繰入金は3億5,649万5,000円、一般会計から医療給付費、医療支給費、事務費繰入金等でございます。

 歳出について御説明いたします。

 12ページをお開きください。総務費は1,846万4,000円で、一般管理費は職員人件費、共済費、旅費等を計上いたしております。医療諸費は41億8,409万8,000円で、老人医療に係る医療給付費、医療支給費、いずれも国保分、社保分を計上いたしております。医療支給費も国保分、社保分同様に計上いたしております。

 14ページをお開きください。審査支払い手数料は、国保、社保、柔道整復師等13万4,500件で1,459万8,000円でございます。

 なお、説明書の末尾16ページ以降に、給与費に関する調書等を添付いたしておりますので、あわせて御参照願います。

 以上、平成19年度老人保健特別会計予算の説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第12号、平成19年度対馬市介護保険特別会計予算について御説明いたします。

 第1条で、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ30億2,202万7,000円と定めるもので、対前年度比2.56%の増でございます。2項で、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 第2条で、一時借入金の限度額を前年度と同額の2億円と定めるものでございます。

 歳入について御説明いたします。10ページをお開きください。

 保険料は4億5,382万1,000円で、そのうち介護保険料の現年分特別徴収保険料は3億7,263万6,000円で、第1号被保険者分でございます。現年分普通徴収保険料は7,918万5,000円で、滞納繰越分、普通徴収保険料は200万円の計上でございます。国庫支出金は8億3,779万7,000円で、国庫負担金は5億6,879万4,000円で、介護給付費負担金で給付費の市町村特別給付費を現実額の定率20%を計上いたしております。国庫補助金の調整交付金は2億4,607万円で、地域支援事業交付金、介護予防事業分で568万円、地域支援事業交付金の包括支援事業と任意事業分の1,725万3,000円でございます。

 12ページをお開きください。支払い基金交付金は8億8,867万5,000円、県支出金は3億6,712万円で、介護納付費負担金などでございます。繰入金は4億7,454万円を一般会計から繰り入れております。

 続きまして、歳出について御説明いたします。

 16ページをお開きください。総務費は1億914万9,000円で、うち一般管理費は8,246万1,000円で、職員給料、手当、共済費、郵送料等を計上。うち委託料で事務処理システム保守委託料151万2,000円、介護認定審査会支援システム保守料123万9,000円などがあります。徴収費は136万円で、保険料納付費、納入通知書等印刷料、保険料徴収に関する費用等でございます。

 18ページをお開きください。介護認定審査会費は2,478万9,000円で、委員報酬、医師による意見書作成手数料などが主なものでございます。

 20ページに移ります。保険給付費28億4,397万4,000円で、対前年度比2.27%の伸びとしております。介護給付費等諸費は23億3,655万2,000円で、居宅介護サービス給付費負担金、要介護度1から5までの方の負担分でございます。国保連合会請求分福祉用具購入費、住宅改修費等分でございます。介護予防サービス等給付費は3億708万円で、居宅介護予防サービス給付費負担金も、介護サービス給付費と同様に国保連合会請求分福祉用具分、住宅改修費分等でございます。その他の諸費は386万4,000円で、国保連合会に委託している審査支払い手数料分でございます。高額介護サービス費は4,158万円、特定入所者介護サービス等諸費は1億5,425万円でございます。

 22ページに移ります。財政安定化基金拠出金は292万7,000円、24ページをお開きください。地域支援事業費は、介護予防等事業費として2,272万1,000円、介護保険地域支援事業特別会計へ繰り出し、包括的支援事業任意事業費は、包括的支援事業費として4,260万1,000円を介護保険地域支援事業特別会計へ繰出分の計上でございます。

 なお、説明書の末尾26ページ以降に、給与費明細書等を添付しておりますので、あわせて御参照願います。

 以上で、平成19年度介護保険特別会計予算の説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第13号、平成19年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算について御説明いたします。

 本会計は、国の補助基準で19年度が介護保険給付費の2.3%、20年度が3%の運営費で実施する旨、決定がなされている関係上、本年度は給付費の2.3%を基本に予算計上し、運営することを踏まえて御説明申し上げます。

 第1条で、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億858万5,000円と定めるもので、対前年度比3.04%減でございます。2項で歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 第2条で、一時借入金の限度額を1,000万円と定めるものでございます。

 歳入について御説明いたします。8ページをお願いします。

 繰入金は7,464万5,000円で、一般会計繰入金が932万3,000円、介護保険特別会計繰入金は6,532万2,000円でございます。諸収入は3,384万円で、介護保険サービス事業収入3,360万円等でございます。繰越金を10万円計上いたしております。

 続きまして、歳出について御説明いたします。10ページをお願いします。地域支援事業費は8,698万5,000円で、地域支援事業運営管理費等諸費7,974万4,000円は、地域包括支援センター運営管理費用、報酬、地域包括支援センター3カ所分の職員給料、手当、共済費等及び電話使用料システム構築、対馬市社会福祉協議会より派遣いただく職員5名分の経費等を計上いたしております。

 12ページをお願いします。介護予防事業費は661万9,000円で、介護予防委託料240万円、特定高齢者把握事業委託料130万円等及び評価事業費104万8,000円は、介護予防実績に対する国の評価に対するシステム使用料を計上いたしております。包括的支援事業、任意事業は62万2,000円で、高齢者虐待関係等の協議会開催経費及び任意事業費等でございます。

 14ページをお願いします。介護予防支援費は2,160万円で、居宅介護支援事業所に委託分11カ所を予定していますが、その経費を計上いたしております。

 なお、説明書の末尾16ページ以降に、給与費に関する調書等を添付しておりますので、あわせて御参照願います。

 以上、議案第9号、平成19年度対馬市診療所特別会計予算から議案第13号、平成19年度対馬市介護保険地域支援事業特別会計予算までの5件の当初予算の概要説明とさせていただきます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) 福祉部長。



◎福祉部長(勝見末利君) ただいま議題となりました議案第14号、成19年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計予算の概要を御説明申し上げます。

 平成19年度対馬市の特別養護老人ホーム特別会計予算は、次に定めるとこによります。

 第1条、第1項歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ4億7,077万3,000円と定めております。第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。

 歳入予算でありますが、8ページから9ページにかけて3款繰入金1項他会計繰入金1目一般会計繰入金1億2,203万円計上いたしております。介護給付費収入の不足額を一般会計から繰り入れるものであります。

 4款繰越金1項繰越金1目繰越金、前年度繰越金見込額を100万円計上しております。

 5款諸収入1項介護給付費収入1目特養浅茅の丘サービス費収入1億5,150万1,000円計上しております。短期入所生活。介護収入、施設介護サービス費収入及び不足給付収入を見込んでおります。なお、施設介護サービス費収入については、要介護状態区分により定員50名分の収入見込み額を1億2,776万5,000円であります。2目特養日吉の里サービス費収入1億5,082万2,000円計上しております。浅茅の丘サービス費収入と同様の短期入所生活介護収入等を見込んでおります。なお、施設介護サービス費収入については、要介護状態区分により定員50名分の収入見込み額を1億2,734万6,000円であります。

 2項自己負担金収入1目特養浅茅の丘自己負担金収入2,167万円計上しております。短期入所生活介護収入、10ページから12ページにかけて施設介護サービス費収入、食事サービス費収入及び住居費収入を見込んでおります。2目特養日吉の里自己負担金収入2,209万2,000円計上しております。特養浅茅の丘特養自己負担金収入と同様の短期入所生活介護入所等を見込んでおります。3目介護保険利用者負担軽減措置分収入159万8,000円計上しております。

 3項雑入1目雑入6万円計上しております。自動販売機設置料を見込んでおります。

 歳出予算でありますが、12ページから13ページにかけて1款民生費1項社会福祉費1目特養浅茅の丘管理費2億1,779万4,000円計上しております。前年度と比較すると、910万7,000円の減であります。正職員4名の退職に伴う嘱託職員の補充と、調理業務を委託にしたことによるものであります。

 また、15ページの15節工事請負費76万8,000円計上しております。内装改修工事700万円、厨房調理台取りかえ工事68万2,000円予定をいたしております。2目特養日吉の里管理費1億8,550万4,000円計上しております。前年度と比較すると192万円の減であります。正職員1名の退職に伴う嘱託職員の補充と、調理業務を委託したことによるものであります。

 18ページから19ページにかけて2款公債費1項公債費1目元金5,423万3,000円、2目利子1,324万2,000円計上しております。

 20ページから26ページにかけて給与費明細書を掲げております。

 28ページから29ページにかけて、地方債の全然年度末における現在高並びに前年度末及び当該年度末における現在高の見込みに関する調書を掲げております。

 以上が平成19年度対馬市特別養護老人ホーム特別会計予算の概要であります。何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) 水道局長、斉藤清榮君。



◎水道局長(斉藤清榮君) ただいま一括議案となりました議案第15号、議案第16号、議案第19号の3件は、水道局所管の議案でございますので、続けて御説明させていただきます。

 議案第15号、平成19年度対馬市簡易水道事業特別会計予算は次のとおり定めるところによります。

 歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ9億3,921万2,000円と定めるものであります。歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」のとおりであります。

 第2条の地方債でありますが、地方自治法第230条の第1項の規定により、起こすことのできる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第2表のとおりにいたしております。

 次に一時借入金でありますが、第3条で最高限度額を1億5,000万円と定めております。

 予算の概要を説明申し上げます。9ページをお開き願います。歳入についてでありますが、1款分担金及び負担金535万6,000円は、水道利用新設加入金消火栓設置事業に係る負担金であります。2款使用料及び手数料は、その主なものが水道使用料で、あわせて4億7,408万3,000円であります。3款国庫支出金1億1,000万円は、簡易水道事業の統合整備事業の料金で、施設の統合整備を図るものであります。

 11ページをお願いいたします。6款繰入金2億2,321万2,000円は、一般会計から公債費償還高料金対策として財政措置を受けるものであります。7款繰越金、前年度からの繰越金100万円を計上いたしております。8款諸収入1,556万円、市道等整備に伴う水道管移設工事に対します補償費の計上であります。9款市債1億1,000万円、簡易水道事業債として計上いたしております。詳細は4ページ、第2表に掲載をいたしております。

 次に、歳出予算について説明申し上げます。13ページをお願いします。1款簡易水道費1項水道管理費1目一般管理費1億7,372万9,000円は、職員給与に係る経費、12節役務費は水質検査料、13節委託料は検針並びに料金徴収業務等の委託に係る経費が主なものでございます。

 15ページをお願いいたします。2目施設管理費1億2,494万7,000円は、上水道施設等の光熱水費管理業務委託料維持補修に係る経費が主なものであります。2項1目水道建設費2億5,844万6,000円は、簡易水道施設整備事業に係ります工事費、事務費等の事業費の計上で、19年度の主な事業は美津島町の今里、尾崎地区の西地区、上対馬町の舟志、大増地区の豊南地区でそれぞれ統合及び改良整備事業と市道整備等に伴う水道管移設工事に取り組むものであります。

 17ページをお願いいたします。2款公債費3億8,109万円は、長期債償還の元金利子、一時借入金の利子をそれぞれ計上いたしております。3款予備費100万円の計上であります。

 19ページからは職員給与に係る明細書、24ページには地方債に係る調書をそれぞれ添付いたしております。

 続きまして、議案第16号、平成19年度対馬市集落排水処理施設特別会計予算は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,887万円と定めるものであります。歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」のとおりであります。

 歳入について説明申し上げます。6ページをお願いいたします。

 1款使用料及び手数料は216万9,000円で、下水道使用料を計上いたしております。3款繰入金1,640万円は、一般会計から公債費償還、下水道管理費の対策として財政措置を受けるものであります。5款諸収入30万円、下水道加入金、前年の消費税還付金を計上いたしております。

 次に、歳出予算について説明申し上げます。8ページをお願いします。

 1款下水道事業費の1項下水道管理費1目一般管理費10万1,000円は、下水道使用料の検針及び集金委託料であります。2目施設管理費493万6,000円は、処理場中継ポンプ等の光熱水費、くみ取り料、施設の保守点検委託料に係る経費が主なものであります。2款公債費1,383万3,000円は、長期債償還の元金と利子をそれぞれ計上いたしております。

 10ページには、地方債にかかります調書を添付いたしておりますので、御参照願います。

 次に、議案第19号、平成19年度対馬市水道事業会計予算について提案理由を説明申し上げます。

 予算書1ページをお願いいたします。平成19年度対馬市水道事業会計の予算は次に定めるところによります。

 19年度の業務の予定量を次のとおり予定いたしております。給水戸数6,677戸、年間総配水量218万7,386立方メートル、1日の平均総給水量は5,993立方メートルであります。主な建設改良事業の事業費として1億3,428万1,000円、その概要は施設の整備事業として老朽管の布設がえ工事で4,000万円、野良地区の上水道拡張事業として9,428万1,000円を予定いたしております。

 次に、第3条でありますが、収益的収入及び支出の予定額を次のとおり定めるものであります。収益として水道事業収益2億7,421万円、費用として水道事業費用2億6,164万円。第4条で資本的収入を4,700万円、資本的支出を1億7,144万7,000円と、それぞれ予定額を定めております。資本的収入額は、資本的支出額に対し不足する額1億2,444万7,000円は、当年度消費税、資本的収支調整額653万5,000円、後年度分損益勘定留保資金7,915万9,000円、減債積立金3,171万6,000円、建設改良積立金703万7,000円で補てんするものであります。

 2ページをお願いいたします。第5条の企業債でありますが、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を定めており、本年度は野良地区の上水道拡張事業に対しまして4,700万円の借り入れを予定いたしております。

 次に、第6条で一時借入金の限度額を1億円と定めております。第7条は支出予定の各項の経費の流用についての規定を、第8条は議会の議決を経なければ流用できない経費の指定を、第9条につきましては、棚卸資産の購入限度額を1,000万円とそれぞれ定めるものであります。

 以上、地方公営企業法第24条第2項の規定により提案申し上げるものであります。

 なお、地方公営企業法第25条に規定されております予算に関する説明書は4ページから、また参考資料として予算補足資料を末尾に添付いたしております。

 以上で議案第15号、議案第16号、議案第19号の提案理由の説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) 政策部長、松原敬行君。



◎政策部長(松原敬行君) 議案第17号及び第18号の2件について提案理由の御説明をいたします。

 まず、議案第17号、平成19年度対馬市旅客定期航路事業特別会計予算についてであります。

 平成19年度対馬市の旅客定期航路事業特別会計の予算は、次に定めるところによります。

 歳入歳出予算第1条第1項、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ3,084万4,000円と定めるものであります。第2項歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。

 歳入について御説明いたします。8ページをお開き願います。1款事業収入1項事業収入の391万2,000円は、旅客及び貨物運賃を計上いたしております。2款国庫支出金1項国庫補助金の1,000万円及び3款県支出金1項県補助金の1,000万円は、赤字航路事業に対する国及び県からの補助金であります。4款繰入金1項他会計繰入金683万1,000円は、一般会計からの繰り入れでございます。

 10ページをお願いいたします。5款財産収入1項財産運用収入は基金の利子を、6款の繰越金は前年度繰越金10万円を計上いたしております。

 次に、歳出について御説明いたします。12ページをお開き願います。

 1款総務費1項総務管理費の2,240万2,000円は、職員及び船員の人件費並びに事務費、旅客船協会等の負担金を計上いたしております。2款施設費1項施設費の834万2,000円は、旅客船の運行に必要な燃料費、修繕費等が主なものであります。4款予備費として10万円計上いたしております。

 16ページ以降には、給与費明細書等を添付しておりますので、御参照方をお願いいたします。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますようにお願いいたします。

 続いて、議案第18号、平成19年度対馬市風力発電事業特別会計予算についてであります。

 平成19年度対馬市の風力発電事業特別会計の予算は、次に定めるところによります。歳入歳出予算第1条第1項歳入歳出の総額は、歳入歳出それぞれ3,464万5,000円と定めるものであります。第2項歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によります。

 歳入について御説明いたします。8ページをお開き願います。

 1項売電事業収益1項営業収益1目売電収益3,360万円は、過去3年間の売電実績等をもとにして算定をいたしております。2款繰越金は前年度と同額の100万円を計上しております。4款財産収入1項財産運用収入は、財政調整基金の利子を計上しております。

 続いて、歳出でございますが、10ページをお開き願います。1款電気事業費1項営業費1目一般管理費1,364万1,000円は、風力発電施設の適正な維持管理に必要な経費等を、2項営業外費用51万5,000円は、消費税を計上いたしております。2款公債費は1,498万9,000円、3款諸支出金1項基金費の450万円は、財政調整基金への積立金として、また4款予備費として100万円計上いたしております。

 14ページ以降は給与費明細書と地方債の前々年度末における現在高並びに前年度末及び当該年度末における現在高の見込みに関する調書を添付いたしておりますので、御参照方お願いをいたします。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いいたします。



○議長(波田政和君) これから各案に対する一括質疑を行います。5番、三山幸男君。



◆議員(三山幸男君) 議案9号と10号について、市長の見解をお尋ねをいたします。

 第9号の診療所特別会計につきましてでありますけれども、関連で上県町の診療所、仁田診療所の先生が今年度いっぱいでやめられるというお話を聞いております。市の方も当然それなりの対応をして、住民の健康には万全の対策をとっておられると思いますけれども、19年度以降どのような対策をとられようとしているのか、まず1点お尋ねをいたします。

 続きまして、議案第10号の国民健康保険特別会計につきまして、私18年度予算審査のときに兄弟に不幸がありまして、議会を欠席をさせていただきました。17年度決算審査のときに気がついたわけですけれども、国民健康保険の中で健康優良世帯表彰ということがありました。

 市の財政が大変厳しい中で廃止をせざるを得なかったとは思いますけれども、国民健康保険を完納されて、医療機関を全く利用されてない世帯が322世帯あったわけですね。こういうようなことは、特別に表彰することではないでしょうけども、それでなくてもある一方では、国民健康保険税を滞納してる方もいらっしゃるわけですから、やはりこの辺平等にするためにも、優良な世帯には表彰は続けるべきではなかろうかと私思っておりますが、市長の見解をまずお尋ねをいたしたいと思います。



○議長(波田政和君) 保健部長、阿比留輝雄君。



◎保健部長(阿比留輝雄君) 市長にという話でしたけれども、私の方でよろしいでしょうか。



◆議員(三山幸男君) はい。



◎保健部長(阿比留輝雄君) まず、診療所の関係ですけれども、2月13日だったと思われます。突然佐須奈の診療所の豊田先生から診療所を閉じたいという連絡が参りました。どういうことかというふうに調べてみましたら、当時上県町の豊田先生の契約で、1カ月前に申し出ればいいというふうに、退職についてはそういう契約がなされていた関係上、1カ月前に突然言われたんだろうというふうに考えております。

 それで、突然そういうことになったもんですから、我々としてはもうすぐ医者を探すということも、これはもう不可能ですから、どういう対応をしようかということで、その日以降ずっと奮闘してまいりましたが、なかなかいい方策ができませんので、現在のところは内定ですけれども、上対馬病院の方にお願いをして、佐須奈と佐護を出張診療でお願いしたいということで内定をいただいている状況です。

 まだ地域の方にいろいろお話をしてない関係上、詳細についてはここで差し控えたいというふうに考えますので、委員会等で詳細については説明したいと思いますので、よろしくお願いします。

 2件目の国民健康保険の優良世帯の表彰なんですけれども、確かに必要性はあるということで、旧町時代からこれは行っていたことですけれども、最近はそれもすべての町で行っていたわけじゃないんですけども、ある町、2町かぐらいを行ったのを引き継いで行ったということですけれども、最近は旧町時代より税収がたくさん落ちてるんですよ。それで、その落ちた関係で、県から国から未納に対するペナルティをいただいている状況なんです。それで、国民健康保険の方の財政が苦しいもんですから、毎年当初は1億円でしたけれども、それ以降は5,000万ずつ基金を取り崩して運営している状況なんです。

 そういうことで、そういう上にペナルティを課せられるもんですから、またもう一つ税金を賦課を上げなくちゃいけないという、そういう悪循環の繰り返しになるもんですから、300世帯ぐらいの方ですけれども、ちょっと優良表彰というのをやめたらどうかと、そういう結論に達して現在やめてる状況でございます。



○議長(波田政和君) 5番、三山幸男君。



◆議員(三山幸男君) 部長に答弁いただきまして、部長、私が一番知りたかったのは、仁田の診療所のことをお尋ねしたかったんですけど、今佐須奈と佐護、佐須奈の診療所、佐護の出張所には上対馬病院から先生が派遣されるということで、実は私は1月30日でしたか、臨時議会のあくる日に上県のある方が私のところまでおいでいただきました。その中で、仁田の診療所が今年度いっぱいで先生がいなくなると。私たちが上対馬病院に利用するためには、交通費から相当な負担がかかるというようなお話をお聞きしたわけです。2月のいつでしたか、対馬新聞の読者投稿欄にも、そういうお尋ねをする投稿がありまして、市長なり助役なり、あるいは議員なりだれでも知ってる方があれば教えてほしいというような記事が載っておりましたし、やはり地域医療で今まで従来診療所があって、急になくなるというのは、住民の不安をあおるような気もいたしますので、その辺できたら万全の対応、対策をとってほしいと思っております。

 国民健康保険の優良世帯については、これだけ厳しい財政状況の中で、復活していただくのは難しいでしょうけども、やはり滞納税が多くあるなら、滞納税をまずなくすよう努力をしていただいて、やはり322世帯ですけども、こういう人が国民年金の財政からもし例えば1万円、3万円と持ち出すようなことになれば、もっと苦しいわけですから、その辺また財政状況が許すようなことでも、時期でもあれば、そういうことをぜひ復活を視野に入れてほしいと思ってます。

 とりあえず仁田の診療所についてお尋ねをいたします。



○議長(波田政和君) 保健部長。



◎保健部長(阿比留輝雄君) 仁田の診療所の件につきましては、仁田診療所の吉田先生とお話をいたしております。週3回、水・木・金を長崎の方から仁田まで来ていただくということで、一応お願いをして了承をいただいております。

 木曜日に鹿見診療所、9時から12時、金曜日に伊奈診療所、9時から12時、仁田診療所は水・木・金の9時から17時と木曜日の14時から17時、金曜日の14時から17時という一応の契約まではしてませんが、内定をいただいておるということで御了解いただきたいというふうに考えます。



○議長(波田政和君) 5番、三山幸男君。



◆議員(三山幸男君) よくわかりましたので、できるだけその方向で住民に不安を与えないように、よろしくお願いをいたします。



○議長(波田政和君) 市長、松村良幸君。



◎市長(松村良幸君) おおむね今部長の方から話があったとおりですが、まず前段のというよりも、前段後段どっちかになってしまいましたが、健康優良ですね、健康推進という増進ということの観点から立ちまして、たしか旧美津島でそれやってたと思います。豊玉と2町じゃなかったかと思いますがね、先ほど部長の説明したとおりですが、ある程度ここ一両年の間で俗に言うプライマリーバランス、収支が均衡の状態ができますと、そういったことを一つずつまたやっていく。

 例えば、要らんことでしょうが、職員採用につきましても660名以下という数値設定をして平成22年、そういった目標が達成されますと、またこれも少しずつ考えていかなきゃいかん。何分今改革の連続ですから、今そういった手綱が緩められないだけに、これはある程度のところに来るまでは、皆さんに痛みを分かち合ってもらわにゃいかんということで、皆さん方よく御承知のとおり、改革はもう痛みを伴います。痛みを伴うということは、皆それをやっぱ強烈に憎まれ役に徹したリーダーシップを発揮しないと、これはできません。

 あなたがおっしゃるように、かつて美津島では金婚式もやっておりました。全員50年を迎えられた、結婚したね、町の方で行政で。そういったことも今できる状況じゃありませんので、そういういろんなまだまだ福祉施策につきましても、我慢をしてもらってるわけですが、一両年たちますとある程度さっき言いました収支均衡の形ができますので、それから徐々に一つずつできることから財政再建を進めながら、行財政改革を進めながら、そういったことにもやっぱり出ていける余裕が出てくるんじゃないかと、このように思っております。

 それから、診療所につきましては、先ほど部長から話したとおりでありますが、これもいろんな形がありまして、最終的にはこの2月の末でしたかね、末じゃったかな、佐須奈。佐須奈と佐護の小宮政利議員がよく御承知でしたが、末だったと思いますね。時間がとれてからということで、ちょっと時間が手いっぱいでしたから、夜走っていきましょうということで、佐須奈の日高区長さん、それから副区長の小宮区長さん、それから川崎老人クラブ会長、それから今林前会長と、そして後は佐護の小宮正利総区長さんと、もう一つの副区長さん、それだけの人と代表的な人と会いまして、部長と課長と、あるいは支所長と一緒にお話をしたんですが、皆さんと一緒に思ったんですけど、代表の人ということで、今それは部長が話したとおりであります。

 加えて、吉田先生がああいった形ですから、本当に両先生とも地元に大変密着されてて、いい関係が、要するに皆さんが信頼されたお医者さんだけに、ちょっと困ったんですが、吉田先生は前からの話でしたけど、なかなか御承知のとおり、今医者余りと言われながらも、全国の過疎地、辺地、離島、豪雪山村、こういうこの辺地、僻地にはお医者さんが来ません。これが今日本でも大問題になっておりますし、御承知のとおりの状況でして、医師の問題が今全国的にクローズアップされてることも事実です。

 そういう中で、吉田先生、佐須奈の豊田先生、公設民営なんですが、やっぱり直営診療という形ででもとらざるを得んということになると、かえってそうしたことによって医者の確保ができる可能性もなきにしもあらずということです。そういうものもありますから、それに加えて後はこの前から検討しておりましたスクールバスの医療バスへ向けた無料診療バスと言いましょうかね、そういったことを今進めておりますので、またこれは仁田のプールとも連動も考えながら、これは40人乗りのバスが1台と、あと嘱託の運転手が2人、それから監視員が2人おります。そういう中で、ここのどうしていくか。プールの利用者のことも考えながら、いずれにいたしましてもこれをどうするかということ。

 あとはスクールバスのちょうど8時過ぎから12時ちょっと過ぎまであきますので、送った後はですね。その後、上対馬病院の無料医療バスに仕立てるかと、今それ検討を始めてる。これも早急にやっていきます。対応策はそういったことで、いろいろ考えております。とにかく医者が不足してるということでございますので、その点は十分検討いたしておりますので、皆さんの納得のいく形での御理解を得ながら、できると思います。これは将来的には、そういった無料の医療バスということを、あるいは巡回バスの形がとれる場合も出てくるでしょう。

 今度瀬の方が、──瀬はいつからかね、教育長。瀬の方が廃校。(「20年度」と呼ぶ者あり)20年ですね。あそこにもバスをどうしようかということですが、この点につきましても、巡回バス、あるいは辺地バス、過疎バスで買いますと、そういったことも含めて、場合によっては嘱託の運転手さんでそういう巡回バスまでいけるかどうか、こういった検討も今盛んにいたしておりますので、近々その形をつくっていこうと思います。後のことも、できるだけ皆さんの理解が得られるような形で、いろんなことを考えていっておりますので、もうしばらく時間を貸していただきたいと。そのことは地元の皆さんにはお話をいたしておるところです。

 以上です。



○議長(波田政和君) ほかにありませんでしょうか。21番、中原康博君。



◆議員(中原康博君) 水道事業に対しましてお尋ねをいたそうと思います。

 18年度の補正予算では、漏水調査費200万円減になっておりましたけれども、今回500万円また計上されております。旧町の峰町の場合はと申しますと、ほとんど職員がやっておったと認識しておるわけでございますが、これは旧厳原町を指してあるものか、どこを指してあるものか説明を願いたいと思います。



○議長(波田政和君) 水道局長、斉藤清榮君。



◎水道局長(斉藤清榮君) お答えいたします。

 簡易水道事業特別会計の予算措置でございますので、美津島から上対馬までの5所管内の漏水調査を、過去は箇所づけ等をいたしておりましたけれども、臨時っていいましょうか、そういう漏水で大きく出たところを臨機応変に5支所管内分を対応する予定をしております。

 以上です。



○議長(波田政和君) 21番、中原康博君。



◆議員(中原康博君) それでは、職員ではやらないで、どこかの水道屋に委託するということでございますか。



○議長(波田政和君) 水道局長、斉藤清榮君。



◎水道局長(斉藤清榮君) 失礼します。ええ。職員で対応する部分と、今予算措置をしとる分については、おっしゃられるように外部発注をする予算措置ですので、そういう形になりますが、状況に応じて職員でできる部分と、外部委託をするというような形の中で、今回の予算措置の分は外部委託の分を考えております。

 以上です。



○議長(波田政和君) これで質疑を終わります。

 議案第9号から議案第19号までの11件を、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付のとおり議案付託表どおり各常任委員会に付託します。各常任委員長の審査報告は、3月19日に行います。

 暫時休憩します。開会は11時15分から、よろしくお願いします。

午前11時06分休憩

………………………………………………………………………………

午前11時15分再開



○議長(波田政和君) 再開します。

 水道局長より先ほどの答弁の訂正の申し出があっておりますので、許可します。水道局長、斉藤清榮君。



◎水道局長(斉藤清榮君) 失礼します。21番議員さんの質問に対しまして、ちょっと私の方が勘違いして誤っておりますので、訂正させていただきます。

 簡易水道事業の方には、先ほど言われますように補正減額をしておりまして、19年度当初には調査委託料は計上しておりません。職員でやるという方向です。上水の水道事業の方には、厳原地区になりますけれど、本管等漏水調査委託料として500万計上させていただいております。厳原の分についても、委託職員や職員等を先にして調査をするわけですけれども、支所についてもそういう方向で取り組むという方向を持っております。こういう方向で訂正させていただきます。御迷惑をかけました。



○議長(波田政和君) 何かあれば、よろしいですか。

────────────・────・────────────



△日程第12.議案第20号



△日程第13.議案第21号



△日程第14.議案第22号



△日程第15.議案第23号



△日程第16.議案第24号



△日程第17.議案第25号



△日程第18.議案第26号



△日程第19.議案第27号



△日程第20.議案第28号



△日程第21.議案第29号



△日程第22.議案第30号



○議長(波田政和君) 日程第12、議案第20号、対馬市職員定数条例の一部を改正する条例についてから、日程第22、議案第30号、対馬市子どもデイサービスセンター条例の一部を改正する条例についてまでの11件を一括して議題とします。

 各案について提案理由の説明を求めます。総務部長、中島均君。



◎総務部長(中島均君) ただいま一括議題となりました議案第20号、議案第21号、議案第22号、議案第23号の4件につきまして、提案理由とその内容を御説明申し上げます。

 議案第20号、対馬市職員定数条例の一部を改正する条例につきまして、本市の職員数は平成18年3月に策定いたしました定員適正化計画に基づき、当分の間保健師、栄養士及び消防吏員を除き、退職者不補充とすることにしております。

 平成22年4月1日の職員数の目標を660名以下とするよう定めております。今回定数の改正をお願いいたしております消防部門につきましては、直結する部署であるため、組織力を低下させることは避けなければなりません。現在の消防組織、1本部、1本署、6出張所でございますが、将来的には1本部、下、中、上の3ブロックに集約することも検討中でございます。この新たな組織案に適する消防職員定数を83人とし、消防並びに救急力の向上を図ることにしております。

 消防吏員の退職については、平成26年度末まで年平均1.75人でございますが、平成27年度末で14人、平成29年度末で10人という大量退職の年度を控えております。大量退職が予定されている年度または前年度に定数に見合う職員採用を行うことは、年齢構成をゆがめるために消防吏員は採用後、消防学校に6カ月間の研修を受けることが必要でございます。長時間職場をあけることにより、組織の機能低下を招くなど、弊害が多くなります。このため、消防吏員の大量退職を控える平成29年度までの約10年間において、退職に伴う職員採用を計画的に行い、年齢構成の平準化を図り、適正な定員管理とするため、一時的に定数の増となることから、附則で消防職員の定数に関する特例を設け、平成29年度までの定数をそれぞれ定めております。

 附則で、地方自治法の一部を改正する条例で、吏員とその他の職員の区分及び事務吏員と技術吏員の区分を廃止し、一律に職員とすることになったため、関係条例を改正するものでございます。

 以上で説明を終わります。

 続きまして、議案第21号、対馬市市長及び助役の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について、その提案理由と内容を御説明申し上げます。

 平成18年に地方自治法の一部が改正され、助役制度がこの3月で廃止になり、新たに副市長制度を設ける改正が行われました。これは、地方公共団体が所管する行政分野、また財政規模を拡大し、さらに地方分権改革によります地方公共団体がみずから判断し得る分野が拡大していることを踏まえ、市長を支えるマネージメント機能の強化を図る必要からでございます。このことによりまして、市長は政策の決定に専念する一方、副市長は担当分野の政策の執行に当たることとなります。

 条文中、助役を副市長とする改正を行うものでございます。あわせて第1条の地方自治法第204条の後に第3項を加え、第3条の給料月額の別表を廃止し、本則の中に組み込むものでございます。

 また、第4条を簡潔に表記し、第5条につきまして具体的にわかりやすく表記するとともに、特別職の役職加算率を県下、他市の状況を勘案し、100分の25を100分の20に引き下げるものでございます。

 附則で、条例の施行日を平成19年4月1日と定めております。

 続きまして、議案第22号、対馬市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由と内容を御説明申し上げます。

 議案第21号、対馬市市長、助役の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例にあわせた表記とするため、一部改正でございます。

 第1条では、教育公務員特例法の条番号の修正を行い、第4条を簡潔に表記し、第5条につきまして具体的にわかりやすく表記するとともに、特別職の役職加算率を県下、他市の状況を勘案し、100分の25を100分の20に引き下げるものでございます。

 附則で、条例の施行日を平成19年4月1日と定めております。

 続きまして、議案第23号、対馬市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、その提案理由と内容を御説明を申し上げます。

 第14条第3項の扶養手当の改正は、平成18年公務員給与改定の勧告に基づきまして、国全体として進められております少子化対策に対応するものとし、3人目以降の扶養親族である子等の扶養手当額を1,000円引き上げ、1人目、2人目の子と同額とするものでございます。

 また、教員特別手当に係る第19条の2、第2項及び別表第5の改正は、制度自体が国にはないため、長崎県人事院規則にあわせた改正を行うものでございます。

 附則で、施行日を平成19年4月1日と定めております。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) 政策部長、松原敬行君。



◎政策部長(松原敬行君) 議案第24号及び第27号の2件について、提案理由の御説明をいたします。

 まず、議案第24号、対馬市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例案についてであります。

 本件は、本年度移動通信用鉄塔施設整備事業により、上対馬町芦見、一重、小鹿、峰町の志越、豊玉町嵯峨の5地区に携帯電話の通話が可能となる基地局が設置されますので、この基地局の追加に伴う改正案でございます。

 現在、移動通信用鉄塔施設整備事業により、13の基地局が設定されておりますが、これに今回の5基地局を追加することにより、携帯基地局は18となります。

 附則といたしまして、この条例は平成19年4月1日から施行することにいたしております。

 続きまして、議案第27号、対馬市分担金徴収条例の一部を改正する条例案についてであります。

 今回の改正案は、移動通信用鉄塔施設整備事業、つまり携帯電話の基地局整備にかかわる地方単独事業分の追加でございまして、従来は国庫補助事業で基地局の整備を図ってまいりましたが、本年度から鉄塔施設の事業費が5,000万以下の場合、主要単独事業で整備を進める国の方針であり、そのことに伴う改正であります。本市の場合、本年度整備を進めております水崎基地局が該当することになります。

 負担割合でございますが、電気通信の設備費用を除く鉄塔設備と用地費に要する事業費に対しまして、県が16分の7、市が同じく16分の7で、残りの8分の1を電気通信事業者が負担することになるものであります。

 附則としまして、この条例は公布の日から施行するものであります。

 以上、2件の提案理由の説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いをいたします。



○議長(波田政和君) 教育次長、日高一夫君。



◎教育次長(日高一夫君) ただいま議題となりました議案第25号、対馬市酒井豊育英資金貸付基金条例の一部を改正する条例について、その提案理由及び内容について御説明申し上げます。

 本案は、対馬市保健師等要請奨学資金貸与条例で、奨学資金の貸付対象とされていた保健師等を要請する学校に在学する者に対して、新規の奨学資金の貸付ができなくなるため、対馬市酒井豊育英資金貸付基金条例の貸付対象とする学校の範囲を広げることにより、酒井豊育英資金を貸付できるようにするものであります。

 このため、条例第3条第2号を改正し、貸付対象の学校をこれまでの大学及び短期大学に加え、職業や実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図ることを目的とした学校として、学校教育法第82条の2に規定する専門課程の専修学校を同号イとして加えるものです。

 また、同号アでは短期大学の文言が削除してありますが、条文中の大学の規定には短期大学が含まれていることを申し添えます。

 第5条の改正は、現在月額5万円の定額である奨学金の額を、貸付対象の学校の範囲が拡大することにより、学校の種別や基金の額の範囲内で弾力的な運用ができるように5万円以内とし、上限額を定めるものです。

 なお、この条例は平成19年4月1日から施行するものです。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願いいたします。



○議長(波田政和君) 市民生活部長、山田幸男君。



◎市民生活部長(山田幸男君) ただいま議題となりました議案第26号、対馬市手数料条例の一部を改正する条例につきまして、提案の理由及びその概要を説明申し上げます。

 本案は、住民基本台帳の一部の写しの閲覧に関する手数料の算定基準、印鑑登録証に関する規定及び廃棄物処理に関する手数料につきまして、所要の改正を行うものでございます。

 第3条第5号の改正につきましては、閲覧手数料の算定基準を現行1世帯当たりとなっておりますことから、これを1人当たりに改めるものでございます。

 また、別表第1に規定いたしております印鑑登録証の再交付手数料500円を、印鑑登録証交付手数料とし、その金額を300円に改めるものでございます。

 なお、廃棄物処理に関する手数料につきましては、対馬市一般廃棄物処理施設条例にその手数料の規定がございますので、別表から削除する改正でございます。

 以上で、議案第26号、対馬市手数料条例の一部を改正する条例につきましての説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) 福祉部長、勝見末利君。



◎福祉部長(勝見末利君) ただいま議題となりました議案第28号、対馬市児童厚生施設条例の一部を改正する条例案の提案理由と、その内容について御説明申し上げます。

 今回の改正は、合併時に対馬市児童厚生施設の名称及び位置の調整不十分により、洩れていたことが判明いたしましたので、追加をするものであります。

 第2条は、名称及び位置の規定であります。第2条の表中、下から3行目に名称、久原児童館、位置、対馬市上県町久原255番地を追加するものであります。

 この条例の施行日は、公布の日から施行することといたしております。

 続きまして、議案第29号、対馬市精神障害者地域活動所条例の一部を改正する条例案の提案理由について、その内容について御説明を申し上げます。

 今回の改正は、対馬市精神障害者地域活動所の活動助成金といたしまして、長崎県精神障害者地域活動助成事業費補助金で運営されてきましたが、障害者自立支援法の制定により、平成18年度から障害者自立支援法の適用施設となったことから、一部を改正するものであります。

 第1条は、設置に関する規定を定めたものであります。この設置目的を障害者自立支援法の施行により、障害者自立支援法に基づく地域活動支援センターの整備及び運営に関する基準の規定により、障害者等が地域において自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、創造的、活動的または生活活動の機会の提供及び社会との交流の促進を図るため、対馬市精神障害者地域活動所を設置すると定めたものであります。

 この条例の施行日は、公布の日から施行することといたしております。

 続きまして、議案第30号、対馬市子供デイサービスセンター条例の一部を改正する条例案の提案理由とその内容について御説明申し上げます。

 今回の改正は、対馬市子どもデイサービスセンターの利用者負担の根拠法令等が、支援費制度から障害者自立支援法の適用となったため、一部を改正するものであります。

 第6条は、利用者負担の算定方法を指定したものであります。対馬市支援費支給条例規則第9条により、決定された額と定めておりましたが、支援費制度が廃止され、障害者自立支援法の施行に伴い、同法施行令第17条に規定する負担上限月額を限度に、国が定める報酬単価に1割を乗じた額とすることに改めるものであります。

 この条例の施行日は、公布の日から施行することといたしております。

 以上が議案第28号、議案第29号及び議案第30号の条例の提案理由及びその内容であります。何とぞよろしく御審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) これから各案に対する一括質疑を行います。質疑はありませんか。9番、糸瀬一彦君。



◆議員(糸瀬一彦君) 教育次長にお尋ねします。酒井豊氏の育英資金の財資はどれぐらいあるんですかね。それと、対象学生がどれぐらいおるか教えてください。



○議長(波田政和君) 教育次長、日高一夫君。



◎教育次長(日高一夫君) 運用資金は、酒井豊さんの基金が1,000万円、一般財源が500万の計1,500万円で運用しています。

 なお、18年度残高見込額は284万6,000円でございます。

 なお、今現在貸し付けを受けていらっしゃる方が14名いらっしゃいます。

 以上でよろしいでしょうか。



◆議員(糸瀬一彦君) はい。



○議長(波田政和君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第23.議案第31号



△日程第24.議案第32号



△日程第25.議案第33号



○議長(波田政和君) 日程第23、議案第31号、対馬市副市長定数条例の制定についてから、日程第25、議案第33号、対馬市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定についてまでの3件を一括して議題とします。

 各案について提案理由の説明を求めます。総務部長、中島均君。



◎総務部長(中島均君) ただいま一括議題となりました議案第31号、議案第32号、議案第33号の3件につきまして、提案理由とその内容を御説明申し上げます。

 議案第31号、対馬市副市長定数条例の制定について、地方自治法の一部を改正する法律が平成18年6月7日に公布され、平成19年4月1日から施行されることに伴い、関係条例を制定または改正するものでございます。

 今回助役制度の見直しが行われ、市町村の助役にかえて副市町村長を置くこととされ、またその定数は条例で定めることとされております。

 まず、今回の改正の趣旨及び背景についてでございますが、改正法は第28次中央制度調査会の答申を受けたもので、地方の自主性、自立性の拡大を図るための措置として講じられたものでございます。

 市町村の規模、その所管する行政分野の事務事業は、平成の大合併を経て大幅に拡大し、中央分権改革によりその役割と責任を増大していることから、組織運営面における自主性、自立性の一層の拡大を図りながら、そのマネージメント機能の強化を図ることが必要となっている現状を踏まえ、現行の助役制度に比べ権限がより強化された副市町村長を置くこととされたものでございます。

 次に、副市町村長の職務でございますが、町の補佐や職員の担任する事務の監督といった現行の職務に加え、町の命を受け政策及び企画を司ること並びに町の権限に属する事務の一部について委任を受け、みずからの権限と責任において事務を執行することが明確に位置づけられております。

 この規定により副市長は、これまで市長が担ってきた市全体を視野に入れた事務方で行い得るレベルを越える高度な政治的な判断及び関連する重要企画の一部分について、市長の意向、判断の範囲内においてみずからの担任事項とし、処理できることが明確にされたものでございます。

 なお、経過措置といたしまして、改正法の施行の際、現助役である者は施行日に副市長とし、選任されたものと見なされることとなっております。その者の任期につきましては、助役としての任期と同一期間とされております。

 第2条で、副市長の定数を定め、附則で条例の施行日と関係条例にあります助役を副市長及び会計管理者に改めるものでございます。

 続きまして、議案第32号、対馬市安全・安心まちづくり推進条例の制定について、提案理由の御説明を申し上げます。

 近年、振り込め詐欺や空き巣、車上ねらいなど、私たちの身近で発生する犯罪が増加傾向にあります。また、全国的に子供が犯罪に巻き込まれる痛ましい事件が後を絶たない一方、子供による悲惨な事件が発生しております。子供を犯罪の被害者や加害者にさせない取り組みが重要な課題となっております。

 このような状況を踏まえ、長崎県では平成17年11月に犯罪のない日本一安全・安心な長崎県を目指すことを目標とする「長崎県犯罪のない安全・安心まちづくり行動計画」が策定されました。少年犯罪や身近な犯罪を未然に防ぐためには、警察の取り締まりのみによるものではなく、行政や地域社会が一緒になって取り組むことが一層大切なこととなると思われます。このようなことから、本条例を制定しようとするものでございます。

 まず第1条で、目的といたしまして基本理念を定め、市や市民等の役割を明らかにするなど、市民が安全で安心して暮らすことができる犯罪のない社会の実現を図ることとし、第2条は基本理念といたしまして、1項で市、市民及び事業者が連携を図りながら、共同して推進していくこと。第2項では、安全で安心なまちづくりが次世代へ提唱される必要性を盛り込んでおります。

 第3条第1項は、市の責務とし、安全で安心なまちづくりを推進するための必要な環境整備等の実施、2項では市民等の意見を反映させることに努め、第3項では関係機関等の密接な連携を図ることに努めについて規定しております。

 第4条、第5条は、同じく市民の責務、事業者の責務を規定しております。

 第6条は、市民の皆さんが活動に積極的に取り組み、お互いが助け合いの精神に根ざした良好な地域社会づくりに努める旨を規定いたしております。

 第7条は、市民等に対する支援とし、市が情報の提供や技術的助言等を行うことを規定しております。

 第8条は、子供等に配慮した施策の実施、そして第9条で委任事項を規定するものでございます。

 なお、附則でこの条例は平成19年4月1日から施行すると規定いたしております。

 続きまして、議案第33号、対馬市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例についての提案理由を御説明申し上げます。

 長期継続契約とは、地方自治法第234条の3の規定に基づく契約でございます。この規定によりますと、これまで電気、ガス、水道の供給契約や電話、インターネット等の電気通信役務の提供を受ける契約または不動産の貸借契約等については、翌年度以降にわたる契約が認められておりました。地方自治法の改正によりまして、このほかにも政令で定める契約については、条例で定めた場合、長期契約ができるようになりましたので、第1条で趣旨を定め、第2条で長期継続契約ができる種類を定めております。

 また、附則で条例の施行日を定めております。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いいたします。



○議長(波田政和君) これから各案に対する一括質疑を行います。質疑はありませんか。22番、桐谷正義君。



◆議員(桐谷正義君) 議案第31号についてお尋ねいたしますが、今総務部長の説明の中で、これ言われなかったのでお尋ねいたしますが、助役を副市長にする場合、対馬市の場合は助役が収入役も兼掌しておったということになるんです。

 ところが、今回のどうも読んでみると、その収入役を兼掌しとった分に関しましては、会計管理者ができると、これは職員だと思うんですが、その収入役のやりよったことは会計管理者がやるという、職員がやるということになると、こう考えられるんですが、会計管理者っていうのは、対馬市の職員の身分として部長級なのか、それより1ランク上におるのか、その辺のことをちょっとお尋ねいたします。

 以上。



○議長(波田政和君) 総務部長、中島均君。



◎総務部長(中島均君) 今の御質問でございますが、会計管理者の身分につきましては、今組織等の見直しを行っております。そういうふうな中で、この会計管理者を部長職に置くのか、課長職にとどめるのか、そこら辺につきましては、組織の中の一応検討事項で、今後4月1日までに何とか組織の中で決めたいというふうに考えております。



○議長(波田政和君) 22番、桐谷正義君。



◆議員(桐谷正義君) そこがよく決まらんうちに助役を副市長にかえるというのは理解できるんですが、対馬市の場合、助役が収入役を兼掌しておるという実情から、できればその収入役の分は会計管理者がすべて受け持つと認識をするんですが、その辺は、その審査の段階前にははっきりせん中では、なかなか審査が助役を副市長はいいんですが、兼掌してる分がそれに引っかかって、対馬市の場合引っかかってしまっておるので、その辺の審査が非常に厳しい面があると思うんですが、その兼掌しておるがゆえに。どうなんですか。



○議長(波田政和君) 総務部長、中島均君。



◎総務部長(中島均君) 議案の中で収入役を置かない条例の廃止の中で、また具体的に説明しようかと思っておったわけですが、この兼掌事務につきましても、今議員さんがお指摘のように、うちの場合は収入役が兼掌いたしております。そういうような中で、今度の地方自治法の改正の中で、特別職である収入役を一般職である会計管理者に置くこととされたという旨の改正法の中で、私たちといたしましては、その会計管理者を部長級にするのか、課長級にするのかというのを、今から調整の段階でということで考えております。

 ですから、あとの議案の34号のときに、具体的にまた説明しようかと思ったんですけれども、今おっしゃいましたように、あくまでも今度の改正につきましては、一般職に置きかえるということで字句の地方自治法の改正がされておるということに私の方は理解いたしております。

以上です。



○議長(波田政和君) ほかにございませんか。21番、中原康博君。



◆議員(中原康博君) 議案第32号についてお尋ねをいたします。

 この安全・安心まちづくり推進条例案を出してあります。大変いいことであろうかと思いますけれども、もう少し具体的にどのような進め方を、これが決まればしていかれるのか、お尋ねをしたいと思います。



○議長(波田政和君) 総務部長、中島均君。



◎総務部長(中島均君) 御質問の32号の安全・安心の推進条例でございますが、これも一応県の方から、一応県下の状況等の紹介がございまして、具体的に警察、それから民間サイドの運行業者といいますか、そういうような形の内容になろうかと思いますけれども、また条例の制定が一応可決されましたならば、県、それから警察、それから運行業者等の話し合いで、内容については決めていきたいというふうに考えております。



○議長(波田政和君) ほかにございませんか。9番、糸瀬一彦君。



◆議員(糸瀬一彦君) 総務部長、33号の2条の2項、計上的かつ継続的に役務の提供を受けるが、これ具体的に言うと嘱託か何かの職員のことですかね。そういう人を毎年契約するのを、継続的な業務であれば何年か、3年か5年でというような話ですか。ちょっと説明をお願いします。



○議長(波田政和君) 総務部長、中島均君。



◎総務部長(中島均君) 2条の2号ですかね、2条の2号につきましては、主に庁舎等の清掃業務、それから常駐等の警備業務、これにつきましては施設の管理業務等で長期契約ができるということで、今度の地方自治法の改正になっております。



◆議員(糸瀬一彦君) だから、例えば何年か、5年だっていうようなことでできると。



◎総務部長(中島均君) そうです。



◆議員(糸瀬一彦君) わかりました。



○議長(波田政和君) ほかにございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいまから昼食休憩といたします。開会は13時から、よろしくお願いします。

午前11時54分休憩

………………………………………………………………………………

午後0時59分再開



○議長(波田政和君) 再開します。

────────────・────・────────────



△日程第26.議案第34号



△日程第27.議案第35号



△日程第28.議案第36号



○議長(波田政和君) 日程第26、議案第34号、対馬市に収入役を置かない条例の廃止についてから、日程第28、議案第36号、対馬市離島農業活性化基金条例の廃止についてまでの3件を一括して議題とします。

 各案について提案理由の説明を求めます。総務部長、中島均君。



◎総務部長(中島均君) ただいま一括議題となりました議案第34号対馬市に収入役を置かない条例の廃止について、提案理由の説明を申し上げます。

 この議案につきましては、地方自治法の改正が平成19年4月1日から施行されることに伴い、関係条例を廃止するものでございます。

 今回は改正法により、特別職である収入役を廃止するとともに、一般職である会計管理者1人を置くこととされたものでございます。

 まず、今回の改正法の趣旨及び背景についてでございますが、地方自治法においては、会計事務の適正な執行を確保するため、職務上独立した権限を有する会計機関として収入役を設け、出納その他の会計事務を担うこととされております。

 しかし、会計事務の電算化の進展、監査制度や情報公開制度の充実等により、必ずしも特別職たる収入役制度によらず、会計事務の適正な執行を確保することが可能と考えられるようになり、自治体といたしましても、収入役が形を変えた長の補佐役として、本来の職務とは直接関係ない役割を担っているケースが見受けられ、長や助役に収入役の事務を兼掌させる団体も増加しております。

 このような背景と現状を踏まえ、改正法により収入役制度を廃止し、引き続き会計事務の適正な執行を確保するため、一般職である会計管理者を1人置くこととされたものでございます。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いいたします。



○議長(波田政和君) 保健部長、阿比留輝雄君。



◎保健部長(阿比留輝雄君) ただいま一括議題となりました議案第35号、対馬市保健師等養成奨学資金貸与条例を廃止する条例について、提案理由の説明を申し上げます。

 この条例は、合併前の旧6町の奨学資金貸与条例を参考に、合併と同時に平成16年3月1日に策定され、保健師等を養成することを目的とするとともに、将来対馬市内に保健師等の職務に従事しようとする者に対し、奨学資金を貸与することにより、その就学の便宜を図り、島内における保健師等の充実に資することを目的として設立されたものでございます。

 平成18年11月現在、奨学資金の貸与を受けている者が11名で、それ以外に自己で保健師等養成学校に就学している者も多く、これらの公費での人材は十分養成できているものと思慮されます。

 また、卒業後の就職についても、資格を生かした対馬市内での職業も少なく、島外での就職を余儀なくされ、貸与目的を生かした条例にはほど遠い状況にあります。

 附則で、平成19年4月1日から施行する旨と、施行日の前日までに貸与を決定した保健師等養成奨学資金の取り扱いについては、その償還が完了するまでの間、なお従前の例によるとの経過措置を残して、本条例の廃止をお願いするものでございます。

 御審議の上、決定いただきますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) 農林水産部長、神宮忠彌君。



◎農林水産部長(神宮忠彌君) 議案第36号、対馬市離島農業活性化基金条例の廃止について、提案理由の説明をいたします。

 対馬市離島農業活性化基金は、対馬地域の農林業の振興を図ることを目的として、平成13年度に長崎県2,500万円、合併前の6町が2,500万円を拠出し、総額5,000万円の基金として対馬総町村組合条例で設置され、平成16年3月の合併に伴い、対馬市の基金として承継いたしておりましたが、平成17年度末をもって5年間の事業期間を満了しましたので、条例の廃止をしたく提案するものであります。

 基金の運用につきましては、対馬全体の農林業振興につながる事業を実施する団体を助成することとし、対馬地域離島農業活性化推進部会で事業計画を審査し、長崎県と協議の上、補助の交付を決定いたしております。事業実施期間中に交付をいたしました団体は、対州そば振興協議会、シイタケ振興対策協議会などの7団体に交付いたしております。

 以上で提案理由の説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(波田政和君) これから各案に対する一括質疑を行います。質疑ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第29.議案第37号



○議長(波田政和君) 日程第29、議案第37号、辺地に係る公共的施設の総合的な整備計画についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。政策部長、松原敬行君。



◎政策部長(松原敬行君) 議案第37号辺地に係る公共的施設の総合的な整備計画について、提案理由の御説明をいたします。

 本件は、辺地に係る公共的施設の総合的な整備計画を別紙のとおり策定することにつき、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第1項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 今回提案しております2辺地計画は、18年度を初年度とする22年度までの新規の5カ年計画を策定するものであります。

 以下、各辺地ごとに事業の内容を御説明いたします。

 まず、上対馬町豊辺地でありますが、総合整備計画書案の3の公共的施設の整備計画を見ていただきたいと思いますが、消防施設の項で老朽化に伴う鰐浦地区の消火栓設置事業でございます。事業費が650万円で、一般財源650万円のうち、辺地対策事業債650万円以内を充当するものであります。

 次に、厳原町内山辺地でありますが、これは本年4月1日から久田小学校内山分校が本校へ統合されることによる児童の通学のためのスクールバス購入及び車庫建設事業であります。事業費は600万円で、特定財源135万円、一般財源465万円のうち、辺地対策事業債460万円以内を充当するものであります。

 以上で提案理由説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定いただきますようにお願いいたします。



○議長(波田政和君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第30.議案第38号



△日程第31.議案第39号



△日程第32.議案第40号



○議長(波田政和君) 日程第30、議案第38号、対馬市厳原自動車教習所の指定管理の指定についてから、日程第32、議案第40号、対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定についてまでの3件を一括して議題とします。

 各案について提案理由の説明を求めます。総務部長、中島均君。



◎総務部長(中島均君) ただいま一括議題となりました対馬市厳原自動車教習所の指定管理の指定についての提案理由と、その内容を御説明申し上げます。

 市が設置しております対馬市厳原自動車教習所の管理につきましては、より効率的、効果的な管理を行うため、平成18年10月10日から平成18年11月9日まで募集をいたしました。その結果、1社から申請があり、選定委員会で審査した結果、株式会社共立自動車学校に決定いたしました。このため、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 なお、指定の期間につきましては、平成19年4月1日から平成24年3月31日までの5年間としております。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) 教育次長、日高一夫君。



◎教育次長(日高一夫君) ただいま議題となりました議案第39号、対馬市パークゴルフ場の指定管理者の指定について、その提案理由及び内容について御説明申し上げます。

 現在の対馬市パークゴルフ場の管理につきましては、平成16年第2回定例議会で可決いただき、平成16年7月1日から平成21年3月31日までの間、財団法人美津島町振興公社が指定管理者として指定されておりましたが、平成19年3月31日をもって指定管理者の指定取り消しの申請がありましたので、これを受け申請どおり指定取り消す旨の回答を行い、新たな指定管理者の募集をいたしました。

 その結果、4社から応募がありましたので、対馬市公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例施行規則第4条による指定管理者選定委員会が開催され、候補者が対馬市上対馬町琴1169番地、社会福祉法人米寿会に選定されました。指定管理者の指定につきましては、地方自治法第244条の2第6項及び対馬市公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例第7条第1項の規定により、議会の議決を経る必要があるため、提案するものであります。

 なお、指定の期間は平成19年4月1日から平成24年3月31日までの5年間としております。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願いいたします。



○議長(波田政和君) 農林水産部長、神宮忠彌君。



◎農林水産部長(神宮忠彌君) 議案第40号対馬ふるさと伝承館の指定管理者の指定について、提案理由の説明をいたします。

 対馬ふるさと伝承館は、平成17年4月1日から平成22年3月31日までの間、財団法人美津島町振興公社を指定管理者に指定いたしておりましたが、指定管理者より本年3月31日をもって指定の解除をしたい旨の申し出書の提出があり、新たに指定管理者を指定する必要が生じましたので、募集公告をいたしましたところ、3社から応募がありましたので、1月27日と2月2日の両日、規則に基づき指定管理者選定委員会が開催され、社会福祉法人米寿会を指定管理候補者に選定いたしました。

 指定管理者の指定につきましては、地方自治法第244条の2第6項及び対馬市公の施設指定管理者の指定手続等に関する条例第7条第1項の規定により、議会の議決を得る必要があるため、提案するものであります。

 なお、指定の期間は平成19年4月1日から平成24年3月31日までの5年間といたしております。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願いいたします。



○議長(波田政和君) これから各案に対する一括質疑を行います。質疑ありませんか。3番、小宮教義君。



◆議員(小宮教義君) 議案の39号と40号についてお尋ねしますが、対馬市パークゴルフ場の指定管理者の指定ということですが、先ほどの話ですと、申し込みが4社あったんですかね。4社ですかね。4社のうちのこの米寿会がなったということですかね。40号の分については、3社の申し込みがあったんですかね。そして、またこれも米寿会がされるんですね。4社、3社の申し込みがあっておるんですけれども、委員会を開いてされたんでしょうが、物事を決めるときには基準というものがあろうかと思うんですが、どういった基準で決定をされたのか。両方とも。



○議長(波田政和君) 教育次長、日高一夫君。



◎教育次長(日高一夫君) お答えいたします。

 パークゴルフ場についてお答えいたします。選定委員会においては、組織体制の整備、サービス向上、利用拡大の計画等のお聞きし、また市の費用負担の有無等について慎重にお聞きしました。その結果が、先ほど申しました米寿会さんに決定されたところであります。



○議長(波田政和君) 農林水産部長、神宮忠彌君。



◎農林水産部長(神宮忠彌君) ただいまの御質問にお答えいたします。

 ふるさと伝承館の指定管理につきましては、議員おっしゃりますように3社の応募があっております。その中から、先ほど申しましたように情勢に基づく審査委員会を開催いたしまして、決定したわけでありますが、審査の中で募集要綱に定める期限に必要書類の提出があってるかと。それから、同じく募集要領等に定める必要な書類が提出されておるか。

 それから、条例の第4条で、その施設に対しての基準に照らした審査をしなさいということになっております。それでいきますと、まず第1項目に利用者の平等な利用の確保及びサービスの向上が図れるのであるか。公の施設の効用を最大に発揮し、その管理の効率化が図れるものであるか。公の施設の管理は安定しておるかの人員、その他の経営能力を有しているか、このようなことを審査するようになっております。

 したがいまして、そのあたりの条件を総合的に審査をいたしまして、それからそれぞれ3社からの提案の説明を受けまして、慎重審議の結果決定をいたしております。

 以上です。



○議長(波田政和君) 3番、小宮教義君。



◆議員(小宮教義君) あれですかね、この39号、40号については、4業者、3業者の方が応募されたと。そして、その4業者、3業者の方の出席を求めて、話も聞いたということですね。はい。これは、後で各委員会で審議されるわけですが、私どもの総務の方でも審議の対象になっておりますんで、十分審査していきたいと思います。わかりました。



○議長(波田政和君) 22番、桐谷正義君。



◆議員(桐谷正義君) 同じく今3番議員と同じ案件でありますが、39号、40号で財団法人美津島の振興公社が指定管理者をやめたということなんですが、それは理由は市の考え方があるのか、あるいは振興公社自体がどうも問題があるのか、その辺はやめた理由は何なのかということがわかれば、お知らせ願いたいと思いますが。

 それから、今3番議員が聞いた中で、これ審査対象になると思いますが、総合的に判断されたということですが、指定管理者になった人が米寿会ですが、金額的に指定管理を受ける場合に、一番安かったのかどうかということがわかれば、お知らせください。



○議長(波田政和君) 美津島支所、お願いします。美津島支所長、松村善彦君。



◎美津島支所長(松村善彦君) 先ほどの財団法人の取り消し理由の件ですけども、御存じのとおりに、指定17年4月から指定管理をしていたんですけども、御存じのように決算状況を見てみますと、赤字がずっと続いております。そういう関係で、財団法人といたしましても、これでは余りちょっと赤字は重なるということで、取り消しをしたとこでございます。



○議長(波田政和君) 教育次長、日高一夫君。



◎教育次長(日高一夫君) パークゴルフ場の補助金についてお答えいたします。

 米寿会さんの補助金はゼロであります。



◆議員(桐谷正義君) 一番安かったちゅうとは、どこが一番安かったか。



○議長(波田政和君) 農林水産部長、神宮忠彌君。



◎農林水産部長(神宮忠彌君) ただいまの御質問の提案があったのは、補助金の件でございますが、提案の中では3社3様それぞれございまして、米寿会さんがちょうど真ん中ぐらいということでございますが、一番安い提案があった法人につきましては、その歳入見込みの根拠とか、そういった必要書類とかが十分にそろってなかったという面もございまして、いろいろ先ほど申しましたように、総合的な計画を見まして条例の設置条例の設置目的とか、そういったのに一番総合的な判定結果でマッチしているのはどこかという判断のもとに決定をいたしております。



○議長(波田政和君) 22番、桐谷正義君。



◆議員(桐谷正義君) 財団法人美津島振興公社の今の答弁を聞いたわけですが、そのパークゴルフ場の補助金に赤字を出したということ。全体の赤字と部分的な振興公社あるんですが、伝承館とともどもに赤字がその補助金では出てやれんから外したというふうに理解すりゃ、今の答弁ではいいんですか。ちょっともう一度答弁をよろしくお願いします。



○議長(波田政和君) 美津島支所長、松村善彦君。



◎美津島支所長(松村善彦君) そういうことで御理解を願いたいと思います。



○議長(波田政和君) ほかにございませんか。22番、桐谷正義君。



◆議員(桐谷正義君) 当初予算にパークゴルフ場管理委託料が125万円組んでありますが、今のとではゼロだと、こうなっておりますが、なぜ予算に上げたのか。ゼロやったらゼロとなぜしなかったのかっちゅうのは、その辺はどうなんですか。ちょっと。



○議長(波田政和君) 教育長、米田幸人君。



◎教育長(米田幸人君) お答えいたします。

 時期的な問題がございます。当初予算というのは、早くから準備をいたしまして、ただこの議決をいただけませんと、正式な管理者の指定はできませんので、そういう意味で当初予算ではこのことを予想せずに組んでおりました。今回、全く今の質問ですと、補助金がないということですが、結果としては米寿会さんは市から補助金をいただけずに経営はできますということでありますので、ゼロになるということでございます。御理解いただきたいと思います。



○議長(波田政和君) これで質疑を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第33.議案第41号



○議長(波田政和君) 日程第33、議案第41号、長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の一部を変更する規約についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。総務部長、中島均君。



◎総務部長(中島均君) ただいま議題となりました議案第41号、長崎県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び規約の一部を変更する規約について、提案理由の御説明を申し上げます。

 平成19年3月31日をもって北松特別養護老人ホーム一部事務組合、伊万里・北松地域広域市町村圏組合及び西彼杵広域連合が解散することになり、長崎県市町村総合事務組合を組織する組合市町村からこれらの組合を脱退させるものでございます。

 また、平成19年4月1日から県央地域広域市町村圏組合、長崎県南部広域水道企業団及び長崎県後期高齢者医療広域連合が長崎県市町村総合事務組合へ加入することに伴い、長崎県市町村総合事務組合を組織する組合市町村数を増加するための規約を変更するものでございます。

 また、消防組織法の一部を改正する法律及び地方自治法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、本組合規約の一部を改正するものでございます。その協議につきまして、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わります。よろしく御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(波田政和君) これから質疑を行います。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(波田政和君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 議案第22号から議案第41号までの22件を、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付のとおり議案付託表どおり、各常任委員会に付託いたします。

 各常任委員長の審査報告は、3月19日に行います。

────────────・────・────────────



△日程第34.陳情第1号



△日程第35.陳情第2号



△日程第36.陳情第3号



△日程第37.陳情第4号



○議長(波田政和君) 日程第34、陳情第1号、対馬沿岸及び浅茅湾内の地先において外国人が夜間釣をすることを禁止する陳情についてから、日程第37、陳情第4号、トンネルじん肺根絶対策を国に求めるための陳情についてまでの4件を上程します。

 ただいま上程いたしました陳情については、お手元に配付の陳情文書どおり、それぞれ所管の常任委員会に付託します。

 委員長の審査報告は3月19日に行います。

────────────・────・────────────



○議長(波田政和君) 以上で本日の議事日程は全部終了しました。あすは定刻から本会議を開き、市政一般質問を行います。本日はこれにて散会します。お疲れさまでした。

午後1時30分散会

──────────────────────────────