議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 大村市

平成12年 12月 定例会(第5回) 12月19日−06号




平成12年 12月 定例会(第5回) − 12月19日−06号









平成12年 12月 定例会(第5回)



◯出席議員は次のとおりである。

   1番  松崎鈴子君       16番  恒石源治君

   2番  山田寿美君       17番  富永秀男君

   3番  田崎忠義君       18番  宮本武昭君

   4番  里脇清隆君       19番  田中 守君

   5番  田中昭憲君       20番  今村典男君

   6番  廣瀬政和君       21番  永石賢二君

   7番  永尾高宣君       22番  田中善典君

   8番  北村誠二君       23番  山口宣彦君

   9番  田中秀和君       24番  丸谷捷治君

   10番  和崎正衛君       25番  音成征彦君

   11番  山北正久君       26番  馬場重雄君

   12番  山田慶一君       27番  中川志朗君

   13番  前川 與君       28番  細川隆志君

   14番  岩永光功君       29番  川添勝征君

   15番  三原十一君       30番  五反田良二君

◯欠席議員は次のとおりである。

   なし

◯地方自治法第121条により出席した者は次のとおりである。

 市長       甲斐田國彦君  病院長      岡 六四君

 助役       島 信行君   病院事務部長   津田 学君

 収入役      松添友武君   水道事業管理者  前川 章君

 総務部長     渕 純一郎君  水道局次長    吉野 哲君

 財政部長     中村 明君   競艇事業部長   川口一典君

 福祉保健部長   安武和雄君   教育長      清原章宏君

 商工部長     遠藤謙二君   教育次長     野中照明君

 農林水産部長   大和紀元君   監査委員事務局長 田中清彦君

 環境部長     高辻一郎君   企画調整課長   朝永 定君

 建設部長     雄城 勝君   総務課長     石丸哲也君

◯本会議の書記は次のとおりである。

 事務局長     前田重三朗君  書記       三谷 治君

 次長       竹尾敏行君   書記       針山 健君

 議事調査係長   杉本高光君   書記       南 領一君

 書記       岸川秀樹君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          第5回定例会議事日程 第6号

        平成12年12月19日(火曜)午前10時開議

第1 第97号議案  大村市の地下水を保全する条例(総務文教委員会審査報告)

第2 第98号議案  大村市男女共同参画推進センター条例(総務文教委員会審査報告)

第3 第99号議案  大村市ボランティアセンター条例(総務文教委員会審査報告)

第4 第 101号議案 中央省庁等の改革に伴う関係条例の整理に関する条例(総務文教委員会審査報告)

第5 第 102号議案 土地改良事業の施行について(経済委員会審査報告)

第6 第 100号議案 大村市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例(建設環境委員会審査報告)

第7 第 103号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第3号)(総務文教、厚生、経済、建設環境委員会審査報告)

第8 第 104号議案 平成12年度長崎県大村市国民健康保険大村市立病院事業会計補正予算(第1号)(厚生委員会審査報告)

第9 第 105号議案 平成12年度長崎県大村市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)(経済委員会審査報告)

第10 第 106号議案 平成12年度長崎県大村市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)(建設環境委員会審査報告)

第11 第 107号議案 平成12年度長崎県大村市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)(建設環境委員会審査報告)

第12 第 108号議案 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(総務文教委員会審査報告)

第13 第 109号議案 大村市福祉医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例(厚生委員会審査報告)

第14 第 110号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第4号)(総務文教、厚生、経済、建設環境委員会審査報告)

第15 第 111号議案 平成12年度長崎県大村市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)(厚生委員会審査報告)

第16 第 112号議案 平成12年度長崎県大村市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)(厚生委員会審査報告)

第17 第 113号議案 平成12年度長崎県大村市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)(建設環境委員会審査報告)

第18 第 114号議案 平成12年度長崎県大村市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)(建設環境委員会審査報告)

第19 第 115号議案 教育委員会委員の任命について

第20 諮問第3号  人権擁護委員候補者の推薦について

第21 議会第7号議案 輸入野菜急増による野菜農家の経営危機打開に関する意見書

第22 議会第8号議案 リバース・モーゲージ制度の確立を求める意見書



△振鈴 午前11時7分



△開議 午前11時10分



○議長(音成征彦君) 

 おはようございます。出席議員は定足数に達しております。

 議事日程第6号により本日の会議を開きます。

 日程第1.第97号議案から日程第4.第 101号議案までの4件を一括議題とします。

 総務文教委員長の報告を求めます。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△総務文教委員会審査報告



△第97号議案 大村市の地下水を保全する条例



△第98号議案 大村市男女共同参画推進センター条例



△第99号議案 大村市ボランティアセンター条例

及び



△第101号議案 中央省庁等の改革に伴う関係条例の整理に関する条例

の4件を一括して報告します。

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対し、まず第97号議案 大村市の地下水を保全する条例の質疑を行います。



◆2番(山田寿美君) 

 提案の折にもちょっと質問いたしましたが、今回は非常に初めての提案でありまして、その辺で無理もないかもしれませんが、大村市の将来を考えた場合には、どうしても制限といいますか、そういったのが出てくるんじゃないかというふうに思います。そういった面では、市としては将来をどう考えておるのか、審議の中で明確な回答はあったんでしょうか。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 

 まず、議会の冒頭の上程の折にも出ました、要するに制限というですか、罰則的なものがついてないということについての関連かと思いますが、現在、現状の段階では大村市の地下水が非常に危機に瀕しているというですか、危機的状況であるというふうなことはとらえていないと。ただ、将来に向けて現状をやっぱり把握しておく必要があると、それに向けて今後この条例に基づいて、その各企業いわゆる井戸の所有者、あるいは今後井戸を掘ろうという方々が、この条例に基づいてきちっと届け出あるいは報告をしてくださるだろうというふうなことで、今後の推移を見守りながら、将来に向けてその点について、今御質問の点については検討の課題であろうかというふうなことであります。



◆2番(山田寿美君) 

 ぜひ、これは真剣に検討してもらいたいというふうに思います。

 17条に関連してですけど、枯渇が著しく云々と書いてあるわけですけど、この辺についてはっきりした市の目安といいますか、このくらいを枯渇とするだとか、そういった何か数字的なものが出たでしょうか。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 

 結論から言いますと、明確な回答というものは得られておりません。委員会の審議の中で、平成6年ですか、全国的に水不足のときに、状況はこの17条に当てはまるのかというふうなことでの質問も出たんですけれども、それについてもなかなか明快な、そうですというふうなことではありませんでした。



◆2番(山田寿美君) 

 私は常々思ってるんですけど、1回は大村市の中に井戸を掘っておられる、現在使っておられない方はいいかもしれませんが、そういった方の一斉調査をしてでも、やはり現状把握というのを現実的にしとかんと、推量だけで、推定だけでしても余り意味がないんじゃないかというふうに思います。

 ですから、そういった面の調査というのは、この条例が出たのと関連してされる意向があるようでしたでしょうか。その辺はどうでしょうか。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 

 調査といいますか、これに基づいて前回、今回アンケートという形でまずある程度把握をしている部分がありますが、それに 100%というわけではありませんけれども、これをいわゆる広報等をして、皆さんに自主的に協力をお願いするというというような形のところでしか出てきておりません。だから、細かい部分までは、その辺の難しい部分もあるかと思いますけれども、ある程度やっぱり自主的な部分もあろうかと思います。



◆12番(山田慶一君) 

 98号議案、



○議長(音成征彦君) 

 まだです。



◆12番(山田慶一君) 

 まだですね。



○議長(音成征彦君) 

 次に、第98号議案 大村市男女共同参画推進センター条例の質疑を行います。



◆12番(山田慶一君) 

 企画の課長の発言では、登録したところはいいんですよということでしたけれども、他の自治体では、PTAとか健全協は登録されているということですが、明確に基準を持っとかないと、いや申し込んだら、じゃあどこでも受け付けますよという答弁はおかしいと思うんですよ。一定の基準で他の自治体とかなんかを調べて、条例を提案するときに、こういう団体は他市ではボランティア団体として認められているんだと、一定の基準を設けて、いや申し込めばだれでもいいんですよみたいな答弁は、ちょっといいかげんだと思うんですが。(「99号」と呼ぶ者あり)



○議長(音成征彦君) 

 次に、第99号議案 大村市ボランティアセンター条例の質疑を行います。



◆12番(山田慶一君) 

 その企画の課長の発言の中では、申し込まれたところは登録しますというような発言でしたが、明確にやはり行政の方が基準を持ってて受け付ける、はねるということがあってしかるべきだと思うわけですが、その辺のPTAとか健全協とか、他の自治体では認められているみたいですけれども、その辺の判断はどういうふうになったでしょうか。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 

 まずボランティアという表現で、ボランティアの活動というのは非常に幅の広いものだというふうなことだと思います。だから、実際に地域の中だけで活動されている地域ボランティアもあるでしょうし、いろんな活動、例えば個人を対象として1人で頑張っておられる方もおられるでしょうし、それはもう幅の広いものである。そういう中で、今も言われたPTAあるいは健全協についてもその目的等について、ぜひともこういうふうに登録をしておこうということであれば、それは受け付けるということであります。そしてその制限をするようなものではありません。



○議長(音成征彦君) 

 次に第 101号議案 中央省庁等の改革に伴う関係条例の整理に関する条例の質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

           〔総務文教委員長降壇〕

 これより、まず第97号議案 大村市の地下水を保全する条例の討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第97号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第97号議案は委員長報告のとおり決定します。

 次に、第98号議案 大村市男女共同参画推進センター条例の討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第98号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第98号議案は委員長報告のとおり決定します。

 次に、第99号議案 大村市ボランティアセンター条例の討論を行います。



◆11番(山北正久君) 

 私は、第99号議案の委員長報告に対しまして、常任委員会の中でも一部意見を付して賛成をいたしましたので、この本会議におきましても要望を付しながら、賛成討論をいたしたいと思います。少し長くなりますが、御了承いただきたいと思います。

 今日、物より心の価値が尊重される社会の構築が叫ばれる中にあって、国民あるいは市民のボランティア活動への関心と、その意欲の高まりは目をみはるほどであり、本市は他市に先駆けて平成4年6月5日にボランティア福祉都市を宣言し、県内外の自治体から注目を浴びたところであります。

 以来、本市においては、社会福祉協議会が中心となり、聴力障害者に対する手話通訳奉仕や要点筆記、視力障害者に対する点字翻訳等、多岐にわたる福祉ボランティアが展開されているところであり、そのような中、97年の国連総会において2001年をボランティア国際年と定め、その目的はボランティアへの理解を深め、参加促進される環境を整備し、ボランティアのネットワークを強化し、活動を促進することであるとしており、このために各国政府、国連諸機関、政府間組織、ボランティア組織及びNGO、その他のコミュニティーを基盤とした市民団体が協力することとしております。特に我が国はボランティア国際年の提唱国ということから、政府機関を中心とし、全国の各自治体においても自主的な企画の推進が期待されており、本市も例外ではありません。

 本市におけるボランティア団体は、福祉ボランティアが大多数を占め、団体総数34団体、個人44人を含め登録総員数は 2,272人であると承っておりますが、この方々からは、子供から高齢者に至る市民各層がボランティア活動に参加でき得るための活動の拠点となる施設の設置が以前から待ち望まれており、この点からは、今回上程されました大村市ボランティアセンター設置条例は、その妥当性を認め、賛成するものであります。

 しかしながら、別名地域交流館として大村市男女共同参画推進センターとその事務所や会議室を共有するという点については、その運用にいささかの疑問と不安材料を持つものであり、また懸念するものであります。

 私は、今回の条例案は一時的な避難措置であるとの認識に立ち、将来にわたっては、ぜひボランティアセンターは独立して設置すべきであると考えます。なぜならば、21世紀におけるボランティア活動は福祉ボランティアのみならず、自然環境保護、教育文化、地域生活関連、被災者支援、平和、人権、国際交流等の多分野において展開され、その規模、登録人数が増加することは明らかであります。

 ボランティアの先進地、新潟県新発田市、人口8万 2,000人においては、市民の方々の要望を受け、平成3年4月1日供用開始、鉄筋コンクリート2階建て、建設面積約 1,100平方メートル、総事業費 360,000千円の巨費を投じ、相談室、集会室等の各種14室を備え、ボランティアセンターの活動の拠点とされており、平成10年度のボランティア登録数は団体60、個人16、男性 4,589人、女性 6,565人、総員数1万 1,150人であり、何と市民の8人のうちの1人がボランティア登録をされており、その中でも特筆されることは、啓発普及の分野で、ジュニアボランティアの養成のため、市内の小学校・中学校・高校にボランティア協力校の推進と福祉教育の推進を実践。さらにはボランティア基金を設立し、広く職域・個人に対して協力を呼びかける等の地域社会とのネットワークづくりに努め、まさにボランティア活動の先進地として注目を浴びておられるところであります。

 以上の観点から、本市においてもボランティアセンターの独立した拠点設置を早急に要望する意見を付しながら、本案に賛成をするものであります。



○議長(音成征彦君) 

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第99号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第99号議案は委員長報告のとおり決定します。

 次に第 101号議案 中央省庁等の改革に伴う関係条例の整理に関する条例の討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 101号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 101号議案は委員長報告のとおり決定します。

 日程第5.第 102号議案を議題とします。

 経済委員長の報告を求めます。



◆経済委員長(前川與君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△経済委員会審査報告



△第102号議案 土地改良事業の施行について

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上でございます。



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

             〔経済委員長降壇〕

 これより討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 102号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 102号議案は委員長報告のとおり決定します。

 日程第6.第 100号議案を議題とします。

 建設環境委員長の報告を求めます。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△建設環境委員会審査報告



△第100号議案 大村市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

           〔建設環境委員長降壇〕

 これより討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 100号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 100号議案は委員長報告のとおり決定します。

 日程第7.第 103号議案を議題とします。

 総務文教委員長の報告を求めます。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△総務文教委員会審査報告



△第103号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第3号)中、総務文教委員会付託分

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。



◆12番(山田慶一君) 

 66、67ページの10款の第2項学校建設費、それについて具体的に説明をお願いします。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 

 まず、委託料の分ですけれども、これは西大村小学校の運動場整備を計画しておりまして、その全面改修でありますが、その分の測量と基本設計の予算であります。

 それから、次の工事請負費については、これはいわゆる毎年学校からの改修の予算の要望が上がってくるわけですけれども、突発的なものについて処理してきたため、通常の本年度計画している分に予算が足りないということで追加をお願いする分。それからもう一つは、PCBの蛍光灯が調査をした結果、四つの小学校で計 280本が見つかりまして、その分の取りかえの予算であります。



◆12番(山田慶一君) 

 その緊急を要するところの学校の施設改修ですね、具体的な内容をお願いします。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 

 まず、三城小学校のプールのボイラーと、それから西小の通学路の街灯、それから鈴田小学校の入り口のカーブミラー等が緊急に要望が出てきた分ですので、どうしても必要性があるということで対応した分であります。



◆12番(山田慶一君) 

 トイレ等の改修は入ってませんでしょうか。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 

 聞いておりません。



◆12番(山田慶一君) 

 こういった入札になると思いますけれども、執行残が出ますよね。執行残が出て、そういったものについては、例えば市長も、もうこの時期、多分西中のトイレも見ておられると思いますけれども、教育長もですね。

 そういった、もう40年もたって全然されていないものについては執行残が出た場合、1穴どれくらいするのかわかりませんが、その額も教えてほしいと思いますが、その辺は1穴どれくらいするんでしょうか。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 

 委員会では、そこまでは審議はしておりません。



○議長(音成征彦君) 

 これをもって質疑を終結します。

           〔総務文教委員長降壇〕

 次に、厚生委員長の報告を求めます。



◆厚生委員長(岩永光功君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△厚生委員会審査報告



△第103号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第3号)中、厚生委員会付託分

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

             〔厚生委員長降壇〕

 次に、経済委員長の報告を求めます。



◆経済委員長(前川與君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△経済委員会審査報告



△第103号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第3号)中、経済委員会付託分

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上であります。



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

             〔経済委員長降壇〕

 次に、建設環境委員長の報告を求めます。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△建設環境委員会審査報告



△第103号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第3号)中、建設環境委員会付託分

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。



◆8番(北村誠二君) 

 第 103号議案中、47ページ4款2項2目の塵芥処理費中、工事請負費については、倉庫はつくらないという意思表示だと理解いたしておりますが、委託料中の45リットル指定袋 271万 1,000枚、20リットル用指定袋77万 6,500枚の製作費が含まれていると聞いておりますが、この枚数は1年分なのでしょうか。そしてまた、製作枚数を決定した根拠は何なのかをお伺いいたします。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 

 今の袋のことですね、ごみ指定袋。これは補正予算の分の作成量でございます。そして今言われた……それでいいんかな。いいですか。補正ですから1年分じゃございません。何枚分。−−ちょっと待ってよ。合計の 421万 9,500枚でございます。大が 308万 1,000、小が 113万 8,500枚、これはPR袋も含んででございます。



◆8番(北村誠二君) 

 現在、ごみの収集は1週間に2回行われておりますが、各家庭等々でお伺いしますと、1回に出す量は20リットル分で十分であるときもあるという声が多く聞かれております。それで、この枚数も前々回ですか、の議会で了承はしておると思うんですが、その後の経過等々を考えますと、20リットルと45リットルの製作枚数を逆にした方がいいんじゃないかというふうに考える次第であります。そういう意見は出なかったんでしょうか。

 そしてまた、単身者や高齢者にとっては20リットルの袋でも大き過ぎるという声も聞かれております。現在の条例には45リットルと20リットルしか規定されていませんので、将来10リットル用の袋をつくった方がいいんじゃないのかなという話は出てきませんでしたでしょうか。

 使う側の立場に立って取り組むというふうなお考えが、理事者の方から出たもんかどうか、そこら辺をちょっとお伺いします。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 

 その10リットルとかそういう話は出てません。ただ、補正予算で組んでこれだけ枚数をつくるということで、一応つくってますと。新年度でその状況を見ながら、枚数の、小さい方が多く出るごとあれば、そっちの方に考えるということは聞いております。



◆12番(山田慶一君) 

 補正だから1年分でないということですが、何カ月分ですか。



○議長(音成征彦君) 

 細川委員長、明確に答弁をお願いいたします。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 

 この補正をとるときに、たしか月は答弁されたと思うんですよね。(「明確に」と呼ぶ者あり)明確に。ちょっと確認して言います。(「ちょっと理事者に」と呼ぶ者あり)



◎環境部長(高辻一郎君) 

 作成の時期はどこまでの分かということでありますけれども、一応、2月から販売をいたします。8月分までのストックまで含めてということで、予算は計上しているところでございます。



◆12番(山田慶一君) 

 この前町内会で忘年会があった折に、町内会にもお話はいっているみたいですけれども、この町内会でこれを扱った場合には、町内会にその利益ですか(「手数料」と呼ぶ者あり)、手数料がもらえるということですが、この辺はきちんと町内会へ説明はあっているわけですか。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 

 この販売の店舗とか募集したところで説明していると思います。町内会にもいってると思います。



◆24番(丸谷捷治君) 

 同じページの一番上ですが、需用費で▲の18,000千円というのがありますね。

 同じこの議案で、総務文教委員会でこういう問題があったんですよ。消防自動車を購入したんですが、当初予算が85,000千円だったと。落札の結果は39,900千円で済んだと。この予算というのは見積もりでこういう予算を計上したと思うんですが、余りに予算と落札額が違うわけですよね。

 そこで、このページの▲の18,000千円ですが、たしかこれは当初39,700千円の予算に対して入札が19,500千円ですか。そのために▲の18,000千円が出てきたということだろうと思います。半分ぐらいで済んでおるんですね、予算の。

 そこで、消防自動車の問題は済みましたが、このごみの袋の問題で、この予算の見積もり方、ここにちょっともう少し問題があり、メスを入れるべきことではないんだろうかということなんですよ。もし、予算どおりに落札されておれば、それだけ税金のむだ遣いじゃないかという議論もされるわけです。たまたま半分以下で済んだからよかったものの。それで振り返ってみますと、予算の計算の仕方、ここにやはり再考する余地があるんじゃないでしょうか。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 

 我々の委員会では、最初のときに予算組みするときに、恐らく何社かお聞きになったと思うんですよね、単価の面を。それはあくまでも見積もりの段階だと思います。入札になれば、それぞれの企業のやはり競争ですので、幾らでせろとは言われないと思います。これはそのときの企業の入札の金額だと思いますので、我々は節約できたなというふうに考えております。



◆24番(丸谷捷治君) 

 たまたまその競争で、いわゆるたたき合った結果、これだけ下がったということだけで済まされるんでしょうか。

 予算の計算の仕方にも問題がなかったのかどうかが、私は出発点として考えなきゃならないと思うんですよ。余りに落札金額と違うじゃないかと。これは、同じ議案の中で消防自動車の問題もあったもんですから、やはりそこをもう一度考える必要があるんじゃないかと思うんですよ。ごみ袋の問題ではどうでしょうか。ただ単に競争があったからだけで済まされるでしょうか。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 

 委員会ではそこまではしてないんですよね。それ、まあ……、そういうことです。委員会ではそのことについては出てません。今の質問に対しては。



◆24番(丸谷捷治君) 

 これは消防自動車とこのごみ袋の問題ということで、ちょっと付託した議案が、委員会が違いますからね。ちょっと市長、その点どうでしょうかね。予算をつくっていく場合に、その問題というのはやはり同じ議案に二つ出ているからね、もう一度考えて見る必要があるんじゃないでしょうか。

 市長、どうですか。



○議長(音成征彦君) 

 委員長に対する質疑を行っていただきたいと思いますけれども。(「委員長ができないからですよ」と呼ぶ者あり)御意見は、あれば討論等でお述べいただく機会もございますんで、この際、市長に委員会で審議してない分の御質問というのは御遠慮願いたいと思いますが。委員長が答えられるような形で御質問をしていただければと思います。

 委員会でしてないことは委員長は答えられませんから、あくまでも討論で、また御意見を添えていただく機会はあると思うんですよ。今は委員長に対する質疑を行ってますので、よろしく御協力をお願いしたいと思います。(発言する者あり)いえ必要があれば、認めますけれども(発言する者あり)いえいえ議長が認めるかどうかということです。(発言する者あり)

 これをもって質疑を終結します。

           〔建設環境委員長降壇〕

 これより各委員長報告に対する討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 103号議案に対する各委員長の報告は原案可決であります。本案は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 103号議案は各委員長報告のとおり決定します。

 日程第8.第 104号議案を議題とします。

 厚生委員長の報告を求めます。



◆厚生委員長(岩永光功君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△厚生委員会審査報告



△第104号議案 平成12年度長崎県大村市国民健康保険大村市立病院事業会計補正予算(第1号)

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

             〔厚生委員長降壇〕

 これより討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 104号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 104号議案は委員長報告のとおり決定します。

 日程第9.第 105号議案を議題とします。

 経済委員長の報告を求めます。



◆経済委員長(前川與君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△経済委員会審査報告



△第105号議案 平成12年度長崎県大村市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上であります。



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

             〔経済委員長降壇〕

 これより討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 105号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 105号議案は委員長報告のとおり決定します。

 日程第10.第 106号議案及び日程第11.第 107号議案の2件を一括議題とします。

 建設環境委員長の報告を求めます。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△建設環境委員会審査報告



△第106号議案 平成12年度長崎県大村市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

及び



△第107号議案 平成12年度長崎県大村市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

の2件を一括して報告します。

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

           〔建設環境委員長降壇〕

 これより、まず第 106号議案 平成12年度長崎県大村市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)の討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 106号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 106号議案は委員長報告のとおり決定します。

 次に第 107号議案 平成12年度長崎県大村市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)の討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 107号議案に対する各委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 107号議案は委員長報告のとおり決定します。

 日程第12.第 108号議案を議題とします。

 総務文教委員長の報告を求めます。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△総務文教委員会審査報告



△第108号議案 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

           〔総務文教委員長降壇〕

 これより討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 108号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 108号議案は委員長報告のとおり決定します。

 日程第13.第 109号議案を議題とします。

 厚生委員長の報告を求めます。



◆厚生委員長(岩永光功君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△厚生委員会審査報告



△第109号議案 大村市福祉医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

             〔厚生委員長降壇〕

 これより、討論を行います。



◆24番(丸谷捷治君) 

 老人保健法改悪は医療費抑制、つまりお年寄りに病院に行くなということをねらったものです。今でも高い介護保険料と利用料、この上に、これまでの何倍もの医療費がかかって、持っているお金の制限で病気を我慢するという、人道的にも許せないような事態を今つくっています。こんなひどい制度を医療費無料化の福祉医療に連動させて一律に自己負担を増額させるのは、少子化対策に逆行するものであります。また、障害者や母子家庭など所得の低い人たちにも重い負担をかけることになります。今、福祉医療の福祉の看板がだんだん急速に色あせてきています。ここで歯どめをして、真に福祉の意味を守るために、私はこの議案に反対をいたします。



○議長(音成征彦君) 

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 109号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。委員長報告に賛成の方は御起立願います。

  〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって第 109号議案は委員長報告のとおり決定します。

 しばらく休憩いたします。



△休憩 午前11時53分



△再開 午後1時3分



○議長(音成征彦君) 

 再開します。

 日程第14.第 110号議案を議題とします。

 まず、総務文教委員長の報告を求めます。



◆総務文教委員長(里脇清隆君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△総務文教委員会審査報告



△第110号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第4号)中、総務文教委員会付託分

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

           〔総務文教委員長降壇〕

 次に、厚生委員長の報告を求めます。



◆厚生委員長(岩永光功君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△厚生委員会審査報告



△第110号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第4号)中、厚生委員会付託分

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

             〔厚生委員長降壇〕

 次に経済委員長の報告を求めます。



◆経済委員長(前川與君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△経済委員会審査報告



△第110号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第4号)中、経済委員会付託分

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−

 以上であります。



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

             〔経済委員長降壇〕

 次に、建設環境委員長の報告を求めます。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△建設環境委員会審査報告



△第110号議案 平成12年度長崎県大村市一般会計補正予算(第4号)中、建設環境委員会付託分

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

           〔建設環境委員長降壇〕

 これより、各委員長報告に対する討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 110号議案に対する各委員長の報告は原案可決であります。本案は各委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 110号議案は各委員長報告のとおり決定します。

 日程第15.第 111号議案及び日程第16.第 112号議案の2件を一括議題とします。

 厚生委員長の報告を求めます。



◆厚生委員長(岩永光功君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△厚生委員会審査報告



△第111号議案 平成12年度長崎県大村市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)

及び



△第112号議案 平成12年度長崎県大村市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

の2件を一括して報告します。

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

             〔厚生委員長降壇〕

 これより、まず第 111号議案 平成12年度長崎県大村市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)の討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 111号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 111号議案は委員長報告のとおり決定します。

 次に、第 112号議案 平成12年度長崎県大村市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)の討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 112号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 112号議案は委員長報告のとおり決定します。

 日程第17.第 113号議案及び日程第18.第 114号議案の2件を一括議題とします。

 建設環境委員長の報告を求めます。



◆建設環境委員長(細川隆志君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△建設環境委員会審査報告



△第113号議案 平成12年度長崎県大村市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

及び



△第114号議案 平成12年度長崎県大村市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

の2件を一括して報告いたします。

 イ.審査結果 原案可決

 ロ.審査経過 議案の内容について慎重に審査した結果、可決すべきものと決定した。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(音成征彦君) 

 ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

           〔建設環境委員長降壇〕

 これより、まず第 113号議案 平成12年度長崎県大村市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)の討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 113号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 113号議案は委員長報告のとおり決定します。

 次に第 114号議案 平成12年度長崎県大村市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)の討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 114号議案に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 114号議案は委員長報告のとおり決定します。

 日程第19.第 115号議案を議題とします。

 提案理由について理事者の説明を求めます。



◎市長(甲斐田國彦君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△第115号議案 教育委員会委員の任命について

   −−−−−−−−−−−−−−−−−

 教育委員会委員の任命について説明いたします。

 12月26日をもって任期満了となる奥村喜八郎委員の後任として、坂元威佐氏を任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条の規定により同意を求めるものであります。

 なお、履歴事項についてはお手元に差し上げております履歴書のとおりでありますので、よろしくお願いいたします。(降壇)



○議長(音成征彦君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。第 115号議案は同意することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、第 115号議案は同意することに決定します。

 日程第20.諮問第3号を議題とします。

 提案理由について理事者の説明を求めます。



◎市長(甲斐田國彦君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について

   −−−−−−−−−−−−−−−−−

 人権擁護委員候補者の推薦について説明いたします。

 平成13年3月31日をもって3年の任期が満了となります山口清委員を引き続き推薦いたしたく、ここにお諮りするものであります。

 なお、履歴事項については、お手元に差し上げておりますとおりでありますので、よろしくお願いいたします。(降壇)



○議長(音成征彦君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。諮問第3号は同意することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、諮問第3号は同意することに決定します。

 日程第21.議会第7号議案を議題とします。

 提案理由について提出者の説明を求めます。



◆10番(和崎正衛君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会第7号議案 輸入野菜急増による野菜農家の経営危機打開に関する意見書

 上記議案を別紙の通り大村市議会会議規則第14条の規定により提出します。

 平成12年12月19日

       大村市議会議員 和崎正衛

          同    山北正久

          同    松崎鈴子

          同    山田慶一

          同    三原十一

          同    富永秀男

          同    今村典男

          同    川添勝征

 大村市議会議長

  音成征彦殿

 (提案理由)

 輸入野菜急増による野菜農家の経営危機打開対策として、野菜経営安定制度の創設やセーフガードの機動的な発動など必要な対策を講ずるよう本意見書を提出します。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−

 本意見書の内容はお手元に配付してあるとおりであります。

 なお、意見書の送付先は、内閣総理大臣、農林水産大臣、通産大臣、外務大臣、衆議院議長、参議院議長あてであります。

 御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(音成征彦君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

               〔提出者降壇〕

 これより討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。議会第7号議案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、議会第7号議案は原案のとおり決定します。

 日程第22.議会第8号議案を議題とします。

 提案理由について提出者の説明を求めます。



◆20番(今村典男君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会第8号議案 リバース・モーゲージ制度の確立を求める意見書

 上記議案を別紙の通り大村市議会会議規則第14条の規定により提出します。

 平成12年12月19日

       大村市議会議員 今村典男

          同    富永秀男

          同    松崎鈴子

          同    三原十一

          同    山北正久

          同    和崎正衛

          同    馬場重雄

 大村市議会議長

  音成征彦殿

(提案理由)

 リバース・モーゲージ制度は、年金以外の収入がなく、充分な生活費や医療・介護費等が得られず困窮している高齢者世帯や、現在以上の生活向上を望む高齢者世帯にとっては必要な制度といえます。高齢者が安心して老後生活を送るための費用を得る手段の一つとして、わが国においてもこの制度を早急に確立されるよう本意見書を提出します。

   −−−−−−−−−−−−−−−−−

 本意見書の内容はお手元に配付してあるとおりであります。

 なお、意見書の送付先は、内閣総理大臣、建設大臣、厚生大臣あてであります。

 よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(音成征彦君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

               〔提出者降壇〕

 これより討論を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって討論を終結します。

 採決します。議会第8号議案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、議会第8号議案は原案のとおり決定します。

 以上で全部の日程を終了したので、平成12年第5回大村市議会定例会を閉会します。



△閉会 午後1時18分



 上記会議録を調製し署名する。

    議長    音成征彦

    署名議員  山田寿美

    署名議員  恒石源治