議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 大村市

平成15年  3月 定例会(第1回) 03月06日−03号




平成15年  3月 定例会(第1回) − 03月06日−03号









平成15年  3月 定例会(第1回)



◯出席議員は次のとおりである。

   1番  松崎鈴子君       15番  田中昭憲君

   2番  山田寿美君       16番  恒石源治君

   3番  田崎忠義君       17番  山田慶一君

   4番  里脇清隆君       18番  田中 守君

   5番  音成征彦君       19番  今村典男君

   6番  廣瀬政和君       20番  馬場重雄君

   7番  川添勝征君       21番  永石賢二君

   8番  北村誠二君       23番  山口宣彦君

   9番  田中秀和君       24番  丸谷捷治君

   10番  和崎正衛君       25番  三原十一君

   11番  山北正久君       26番  細川隆志君

   12番  富永秀男君       27番  中川志朗君

   13番  前川 與君       28番  宮本武昭君

   14番  岩永光功君       29番  永尾高宣君

◯欠席議員は次のとおりである。

   22番  田中善典君       30番  五反田良二君

◯地方自治法第 121条により出席した者は次のとおりである。

 市長       松本 崇君    都市整備部長   朝長眞夫君

 助役       中川 忠君    病院長      岡 六四君

 収入役      渕 純一郎君   病院事務部長   石丸哲也君

 大村市理事    雄城 勝君    水道事業管理者  前川 章君

 大村市技監    中村 正君    水道局次長    吉野 哲君

 総務部長     黒田一彦君    競艇事業部長   川口一典君

 企画財政部長   遠藤謙二君    教育長      西村順子君

 福祉保健部長   田中清彦君    教育次長     中村満男君

 産業振興部長   津田 学君    監査委員事務局長 田中征四郎君

 市民環境部長   伊東正人君    総務課長     福田和典君

◯本会議の書記は次のとおりである。

 事務局長     前田重三朗君   書記       三谷 治君

 次長       杉本高光君    書記       針山 健君

 議事調査係長   太田義広君    書記       久冨健一君

 書記       岸川秀樹君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          第1回定例会議事日程 第3号

        平成15年3月6日(木曜)午前10時開議

第1 第46号議案 平成15年度長崎県大村市一般会計予算

第2 第47号議案 平成15年度長崎県大村市国民健康保険事業特別会計予算

第3 第48号議案 平成15年度長崎県大村市老人保健事業特別会計予算

第4 第49号議案 平成15年度長崎県大村市介護保険事業特別会計予算

第5 第50号議案 平成15年度長崎県大村市国民健康保険大村市立病院事業会計予算

第6 第51号議案 平成15年度長崎県大村市モーターボート競走事業会計予算

第7 第52号議案 平成15年度長崎県大村市公共下水道事業特別会計予算

第8 第53号議案 平成15年度長崎県大村市農業集落排水事業特別会計予算

第9 第54号議案 平成15年度長崎県大村市簡易水道事業特別会計予算

第10 第55号議案 平成15年度長崎県大村市水道事業会計予算

第11 第56号議案 平成15年度長崎県大村市工業用水道事業会計予算



△振鈴 午前10時2分



△開議 午前10時5分



○議長(馬場重雄君) 

 おはようございます。出席議員は定足数に達しております。

 議事日程第3号により、本日の会議を開きます。

 田中善典議員並びに五反田良二議員から欠席の届けが出ております。

 議事に入ります前に、市民環境部長より発言の訂正の申し出があっております。発言を許可します。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 おはようございます。昨日の議案上程の中で、第9号議案の指定袋の説明において、1袋25枚と答弁しましたが、1袋20枚入りでございました。おわびして訂正いたします。



○議長(馬場重雄君) 

 それでは、日程第1.第46号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 登壇

 おはようございます。

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第46号議案 平成15年度長崎県大村市一般会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 第1条 歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ33,650,000千円と定めるものでございます。第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」に記載のとおりでありますが、別添資料により、後ほど御説明申し上げます。

 第2条 債務を負担する事項、期間及び限度額は、「第2表 債務負担行為」により説明をいたします。

 第3条 地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表 地方債」により御説明申し上げます。

 第4条 一時借入金の借り入れの最高額は、12,000,000千円と定めるものでございます。

 第5条 歳出予算の流用については、記載のとおりでございます。

 次ページをお願いいたします。2ページ、3ページでございます。

 第1表 歳入歳出予算でございますが、これにつきましては、前年度との比較を記載しております平成15年度会計別当初予算(案)説明資料、この薄い冊子を附属資料としてお配りしておりますが、これに前年度との比較を記載しておりますので、これにより説明をさせていただきます。

 1ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款.市税、本年度 8,600,836千円、前年度との比較が減額の 517,243千円となっております。内訳でございますが、1項.市民税、これが減額の 384,160千円でございます。個人の市民税、これが減額の84,823千円、法人の市民税の減額が 299,337千円でございます。これは景気低迷によるものでございます。2項.固定資産税、減額の 142,025千円、これは評価がえによる家屋分の減及び償却資産の減が主な理由でございます。6項.特別土地保有税、減額の19,441千円、これは税制改正により、平成15年度から、この特別土地保有税が廃止になりました。したがいまして、過年度までの滞納分のみを計上をいたしております。

 2款.地方譲与税、1項の自動車重量譲与税、これが60,000千円の増額でございます。これは税制改正により、譲与割合が従来4分の1から、今般3分の1に改正されたためのものでございます。

 3款.利子割交付金80,000千円の減額でございます。これは郵便貯金の高額利子の分がなくなってきているためでございます。

 9款.地方交付税、総額が 7,800,000千円、減額が 100,000千円でございます。内訳は普通交付税が7,400,000千円、特別交付税が400,000千円見込んでおります。普通交付税が昨年度比 200,000千円の減額、特別交付税は 100,000千円の増額としております。

 2ページをお願いいたします。

 13款.国庫支出金、2項の国庫補助金でございます。 214,443千円の減額でございますが、これは地方道路整備交付金、減額の 265,000千円、産業再配置促進補助金、これはアルカディア大村の周辺整備補助金でございますが、これが全額減の 116,200千円、これが減額の主な要因。増の要因としては玖島中、市営アパート建設補助金の増、 142,892千円などの相殺分でございます。

 14款.県支出金 204,869千円の増でございますが、主な理由としては、これはアグリ・チャレンジャー事業補助金の 318,305千円の県補助金の増、それと電源立地特別交付金、これは雄ケ原地区の周辺整備事業でございますが、これの事業終了に伴う皆減、減額の 135,805千円等の相殺分でございます。

 17款.繰入金、1項.基金繰入金、予算額が 1,846,320千円、前年度比較が 485,878千円の減額でございますが、これは目のところに説明をしているとおりでございます。この財政調整基金等繰入金 1,822,642千円、本年度いわゆる歳出超過分をこれで補てんをしておりますが、14年度末の金の残高見込み額が 2,425,194千円でございます。今年度この記載額を充当いたしますので、平成15年度当初の見込み額は 606,068千円となる見込みでございます。

 4ページをお願いいたします。

 19款.諸収入 339,676千円、前年度比較で増でございますが、これは社会福祉基金 265,523千円を出資金返還金という形で雑入に計上したものが主な理由でございます。

 20款.市債、予算額 3,377,700千円、昨年度と比較して 641,800千円の増でございますが、これは臨時財政対策債、いわゆる赤字地方債と通常言われるものでございますが、これが平成14年度は 600,000千円を計上しておりました。本年度は 1,500,000千円計上しております。この分が 900,000千円増ということでございます。これはいわゆる地方交付税補てん分をこれで一時的に地方の方で起債を起こして、後ほど国の方で交付税措置をするということで、国からの指導によるものでございます。したがいまして、建設地方債については、約 260,000千円の前年度比減でございます。

 歳入合計33,650,000千円、前年度と比較して30,000千円の増、率にして 0.1%の増でございます。

 5ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款.議会費、予算額 315,692千円、前年度と比較して15,420千円の減でございますが、これは議員定数2名減の影響でございます。

 2款.総務費の1項の総務管理費、減額の 198,375千円でございますが、主な理由は、1目の一般管理費、これが96,809千円の減でございます。これは退職手当等、あるいは各種手当等の減でございます。人件費の減でございます。11目.水資源開発費、これが減額の36,000千円でございます。これは萱瀬ダムの預託金の漸減でございます。それと、13目の土地利用対策費、これが土地開発公社貸付金の減が約70,000千円でございます。こういったものが主な理由でございます。

 4項.選挙費、これが50,314千円の増でございます。これは3目の県議会議員選挙、4目の市議会議員選挙、これと昨年ありました市長選挙、これが30,000千円予算計上しておりましたので、これの相殺分でございます。

 6ページをお願いいたします。

 3款.民生費 468,552千円の増でございます。主な内訳としては、1項の社会福祉費 299,942千円の増、これは社会福祉基金を先ほど申し上げました雑入に入れて、これをすこやか福祉基金として積み立てたもの 265,523千円が主なものでございます。2項.児童福祉費 115,267千円の増でございますが、これは2目の母子福祉費、児童扶養手当の増、 151,737千円の増が主な理由でございます。5項.国民健康保険費72,636千円の増ですが、これは主に国保会計の繰出金の増でございます。

 それと、4款.衛生費56,024千円の増でございますが、これは2項の清掃費の増でございます。62,380千円増でございますが、これは主に清掃センター処理施設の維持管理費の増でございます。

 7ページ。

 6款.農林水産業費、1項の農業費 372,517千円の増でございます。これは歳入で先ほど申し上げましたが、3目の農業振興費のアグリ・チャレンジャー支援新規補助の 337,151千円が主な理由でございます。4項の農業集落排水費、これが43,450千円増でございますが、これは農業集落排水特別会計への繰出金の増でございます。

 次ページをお願いいたします。

 8ページ、8款.土木費 818,437千円の減でございます。主な理由としては、歴史の散歩道事業の減が82,550千円、それと道路単独事業の減が80,000千円、それから久原梶ノ尾線の事業の減が 687,037千円などでございます。

 次ページの10款.教育費 197,122千円の増でございます。これは主に玖島中の改築費の増130,000千円が主な理由でございます。

 12款.公債費、予算額 4,889,485千円、昨年度と比較して25,164千円の減でございます。元金利子は記載のとおりでございます。

 次ページをお願いいたします。10ページです。

 以上、本年度歳出合計が33,650,000千円、昨年度と比較して30,000千円の増、率にして 0.1%の増でございますが、これは名目的には対前年度比30,000千円の増額予算となっておりますが、先ほど御説明申し上げましたように、社会福祉基金 265,523千円の繰り入れ、繰り出しがありますので、実質的には予算規模としては33,384,477千円の予算、これは対前年度比 235,523千円の減額、率にして 0.7%の減額予算ということでございます。

 予算書の10ページ、第2表の債務負担行為について御説明申し上げます。

 予算書の10ページをお願いいたします。

 第2表 債務負担行為でございます。

 平成15年度から新たに債務負担が生じる事項、期間及び限度額は記載のとおりでございます。

 なお、継続中のものも含めたすべての債務負担行為分については、 266ページから 269ページに記載のとおりでございます。

 11ページ、第3表の地方債でございます。

 平成15年度に新たに発生する起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は記載のとおりでございます。

  270ページをお願いいたします。

 地方債の前前年度末残高額、これは平成13年度末の残高でございますが、合計で40,188,118千円でございます。前年度末、平成14年度末の残高見込み額は39,308,622千円でございます。

 で、今年度、平成15年度、新たに起債を起こす分の見込み額が 3,377,700千円、15年度に元金の償還する見込み額が 3,874,055千円ということで、平成15年度末の残高見込み額は38,812,267千円でございます。

 13ページ以降は附属資料でございます。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。

                  (降壇)



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 恐れ入ります。昨日、第14号議案で、大村市高齢者活動支援施設条例の一部を改正する条例につきまして、説明をいたしましたけれども、説明不足でございましたので、恐れ入りますが補足をさせていただきます。

 これは、伊勢町ふれあい館、そして中地区ふれあい館の施設の使用料の改正でございますが、現在、その施設の登録者は両施設合わせて、現在 300名、1日平均35名の高齢者に御利用いただいておりますが、この73%の方々が所得水準、いわゆる住民税非課税世帯による使用料の減免措置を適用し、全額免除となっておるところでございます。事業開始から3年間が経過をいたしまして、現在の市の財政状況と本事業内容の評価、加えて施設使用料の設定のあり方を検討した結果、他の施設の類似施設である老人福祉センターの利用料1日 100円、減免措置なし。それから、シーハット利用料、これは減免をしておりますが、これは 100円ですが、これとの均衡化を図り、高齢者活動支援施設の使用料も1日につき 300円から、1日につき 100円に改定させていただくとともに、これにあわせまして、所得水準による使用料の減免を規制した規則も一部改正を行い、すべての利用者の使用料を一律 100円とさせていただくものでございます。

 なお、今回の使用料改定に伴いまして、市の歳入であります使用料収入は改定前と比較しまして、年間 660千円の増になるわけでございます。大変失礼をいたしました。



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。



◆17番(山田慶一君) 

 基金残高ですけどね。例えば生活保護の認定を受ける場合に、例えば土地があれば土地を処分しなさいと、貯金があれば貯金を処分しなさいと。そうしないと生活保護の認定はできないということなんですが、大村市の場合、部長が言われたのは、その減債基金とか、財政調整基金の残高なのか、あとほかにも基金は文化とかスポーツ、すこやかとか、市庁舎の積立金とかいろいろありますよね。通常、これは条例改正をしないと取り崩しはできませんけれども、文化にしてもスポーツにしても、今まではできないと言われていたものを条例改正をして取り崩しをやっています。

 あと例えば株券だとかね−−ないでしょうけれども、土地とか、例えば市立病院の跡地とか、資産がありますよね。売却できる資産があると思います。例えば、市立病院医師住宅の跡地で古賀島の方とか、松並町とかはちょっと違いますけれども。そういうふうなあれでした場合にどれくらい今財産があるのか、大村市に。貯金とか基金ですね。

 そして、先ほど言われた24億円と6億円の内訳ですよね。基金の種類をお願いします。



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 まず、基金でございますが、先ほど私、基金の残高を申し上げたのは、いわゆる財政調整基金と取り崩しができる基金の残高を申し上げました。

 それは15年度当初予算、いわゆる18億円繰り入れますので、それを引きますと、当初予算の段階で 606,068千円残りますということでございます。

 それと庁舎建設、あとは今からは特定目的で積み立てた、いわゆる条例改正をしなければ取り崩しができない基金でございますが、庁舎建設基金が 603,067千円でございます。これは平成15年度当初予算段階でですね。それと文化振興基金が76,507千円、それとスポーツ振興基金が 107,725千円、すこやか福祉基金が 711,136千円。合計しますと、この4基金で 1,498,435千円。

 ですから、この取り崩しができる分、あるいはできない分も含めて、総額でいいますと2,104,503千円でございます。

 それと別には、競艇事業部の方の基金が15年度当初予算後 944,514千円、これは14年3月補正後で 944,514千円でございます。

 あと市有財産関係は、これはバランスシートというのを今策定中でございます。ですから、そこらあたりのすべての資産の分については、今直ちに公表できる段階ではございませんので後ほど……。

 失礼しました。財産に関する調書、これは13年度の決算で報告しておりますので、それがあるようでございます。それとあと、それにあらわれていない分のバランスシートは今策定中でございますので、後日議会の方にもでき上がり次第、報告をしたいと思っております。

 それと市が所有する、いわゆる普通財産になっている分の不用地等ですね、これについては、できるだけ売却をしていきたいと。不用地についてはですね。そういうことで、昨年度から対策会議を開きながら、その対策を講じているところでございます。



◆17番(山田慶一君) 

 社協とかなんかの方で福祉協議会ですかね、すこやか基金の7億だけでしたかね、基金は。



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 社協は、従来、社会福祉基金、先ほど申し上げた2億5,000数百万円ですね、それとあと130,000千円程度だった思いますが、いわゆる社協が管理する基金が別途あります。



◆17番(山田慶一君) 

 例えば仮に、論理的な話なんですけど、例えば赤字再建団体になるか、ならないかというときに、国が大村市のバランスシートを見たときに、こういう基金があるじゃないかと。その辺の勘案ですよね。結局、基金はどれくらい残していればいいのか。それとも、例えば赤字再建団体になろうとするときは、その基金をどういうふうに国は評価するのかですね。例えば、その辺によってこの基金をもう少し活用できると。結局、市長は3年間で財政再建をするというふうに公言されていますので、3年間すれば、黒字になっていくわけでしょうから、その間、多少これを繰り入れることができるわけだから、その辺のこういうあれを多少はことし大きく見直してきたわけですけれども、この辺の数字というのはどうなんですかね。結構、ある程度これは使えるものと見ていいわけですかね。



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 先ほどから申し上げるように、自由に使える基金は 606,000千円です。あと特定目的で、これは例えば、庁舎等建設基金ですね、これは平成9年から始めたと思いますが、これが 603,000千円あります。これは庁舎等の建設をもう当面はしないんだと。そういうことであれば、これは条例改正をすれば、取り崩しができます。

 それと、文化振興基金、スポーツ振興基金、すこやか福祉基金については、きのう申し上げたように、御説明申し上げたように、いわゆる果実運用型でやってきたけれども、今非常に金利が低い中で、所期の目的は果たさないと。そういうことから3年間当面取り崩し型にさせていただきたいと。いわゆるこれも取り崩し型にしたことで、事業をするわけですから、それは基金を3年間に限って限度額を決めましたけれども、取り崩させて対応しているということですから、結果的には同じ理屈なんですね。

 仮に、山田議員おっしゃるように、すべてを取り崩し型にして、もう目的なしに−−目的なしというのは一般財源化をしていくと、そうした場合も、先ほど申し上げたように21億しか残はないわけでございます。で、本年度、15年度のいわゆる歳出超過分、歳入不足分、これが18億ありましたから、18億穴埋め補てんをさせていただいたわけですが、この計算でいくと、21億全部取り崩し型にしたにしても、もう来年度だけしか対応できないと、そういう実態なんですね。

 ですから、私どもとしては、きのうも申し上げましたように、15年の12月議会までには、いわゆる財政健全化計画というのをつくりまして、今の歳出構造を大きく変えていくような、そういういわゆる歳入に見合った歳出構造にしていくような財政健全化計画に基づいて、健全化していきたいということでございます。



◆24番(丸谷捷治君) 

 ちょっと細かいところで見ていきますが、 203ページですね。

 ベンチャー企業創出支援事業、これについては、効率的な運用がされているのかという向きもあります。

 そこで、これまで該当した件数、その中で、いわば事業が失敗したというか、とんざした、中断した、中止したというような件数、それぞれを出してください。



◎大村市理事(雄城勝君) 

 ベンチャー企業創出支援事業費補助金でございますが、過去には、平成11年度に1件、平成12年度に1件、平成13年度に2件、計34,000千円を支出をいたしております。

 それと今回、15年度予算として、ベンチャー企業補助金を21,000千円計上させていただいておりますが、これにつきましては、2社の分を計上させていただいております。(発言する者あり)

 平成12年度に補助を実施しました企業で、現在、営業的に余り芳しくないといいますか、そのような状況がございますが、とんざしたという形ではございません。

 金額的には 4,000千円でございます。



◆24番(丸谷捷治君) 

 このベンチャー企業というのは、大きな企業の技術開発のすき間を縫って、いかに技術開発をし、それを採算ベースに乗せていくかと、商品化していくかというものだと思うんですよ。非常に限られた分野での開発運営になっていくわけですが、したがってまた、非常にいろんな制約があるし、その事業の成否というのも非常にギャンブル的といっちゃ悪いけど、リスクが非常に高いという問題があるんですよ。ですから、これの選定に当たっては本当に厳しくしないと、もしこれが失敗した場合、返還する必要もないわけですから、税金はそこでパアになるわけですね。そういう意味での選定については、厳格にしてもらいたい。本当に見通しがあるかどうかというような、その点についてはどういうような考えを持っておられますか。



◎大村市理事(雄城勝君) 

 これは長崎県の産業振興財団といいますか、その中に評価委員会みたいな組織がございます。その中で、ベンチャーに関する企業の評価といいますか、そのようなものをさせていただいております。



◆24番(丸谷捷治君) 

 同じページの一番上の「ミス大村」、男女共同参画は−−これは総務の方ですかね、市民課−−男女共同参画事業の観点から、こういうミスコン事業ということをどういうふうに考えますか。



◎産業振興部長(津田学君) 

 ミス大村は私の方の担当でございますので、お答えさせていただきますが、実は、そういう観点から、よその市町村では男性でもいいですよというようなことで、いや本当でございます、やっております。実は、これは先般の観光協会の理事会においても話題になりまして、議案として取り上げられました。そういった中で、現段階ではやはり男性というのはいかがなものかということで、当該年度も女性に絞りまして、実施をするということで、観光協会が計画をしておるところでございます。



◆24番(丸谷捷治君) 

 私が質問をしておるのは、男女共同参画事業の観点から、どう考えているかということを聞いているんですよ。この事業を行っている担当の意見を聞いているんじゃありません。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 これは、今、産業振興部長が申しましたように、男女共同参画の事業とは、これは男女共同参画というのはやはり男性と女性と一つの目的に向かって、力をあわせてやっていこうという事業でございますので、結局、男と女のそれぞれの性別の違いをどうのこうのと言うんじゃなくてですね、お互いが一緒に手を携えて頑張っていこうというのが精神でございます。そういった意味で、このミスコンの方もやはりそういった趣旨に基づいて、やっておられるものと理解しております。



◆24番(丸谷捷治君) 

 どうも男女共同参画の精神から非常に外れていますね。そういうものを商工のところで、そういう事業をやるものに対してチェックするのが、伊東さん、あなたのところですからね。よく考えてくださいよ。

 その前のページ、 201ページですが、上の方に、地方バス路線があります。前年度比で約30%減、これはその路線における利用客がふえたということなのか。これは大体秋ぐらいに精算しますね、実績でね。その点で利用客がふえたということなのか、路線の廃止があったのか、この問題が一つ。

 もう一つは、その下のところに、その下の下ですね、久原駅。

 先日、委員会でも聞きましたが、JRとの関係でちょっとぎくしゃくした面があります。しかし、こうやって毎年予算化していくということは、17年度の3月にオープンをするという前提でこういう金を出しているわけです。その前提が崩れたら大変なんですが、そのJRとの関係で17年3月オープンは絶対に動かさないと、動かないというふうな確約はできるんですね。



◎産業振興部長(津田学君) 

 バス路線の補助金の問題でございますけれども、これはこの当該予算に計上いたしておりますのは、国庫補助と県費補助の協調補助金のみについて計上をいたしております。

 現在、乗降客数が減少傾向に歯どめがかかっておりません。したがいまして、これをそのまま維持していくとするならば、膨大な金額を補助しなければ維持できません。したがいまして、乗降客調査であるとか、アンケート調査を今実施をいたしまして、集計をするようにしております。そういった中で、15年度において路線の見直し、それにかわる代替手段、こういうものを総合的に検討いたしまして、市の持ち出しが少なくなるような対策を検討していくということで計画をしております。



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 久原駅設置事業費でございます。これは実施設計委託料、あるいは土地の鑑定評価委託料等を計上させていただいている分が 9,507千円でございますが、今、丸谷議員から御指摘ありましたように当初−−当初といいますか、私どもとしては15年度実施設計をし、16年度着工をしていただいて、17年の3月には−−これは最短であればという表現を今までもしてしてきたと思いますが、17年3月に最短であれば、順調にいけば、開業見込みであると。これは当初この協議に入る前から、これは長崎支社と打ち合わせをしてきた事項でございます。

 そういうことで、私どもも17年3月の開業を目指して、今JRと協議を進めているところでございますが、これは総務文教委員会でも申し上げましたように、今、長崎支社の方からJR九州本社の方に稟議書といいますか、設置に係るお伺いが出されております。これは12月の時点で出されたわけでございます。

 そういうことで、私どもも長崎支社も、その当時の担当者からすべて担当者がかわって、その時点で九州本社の方も担当者がかわってしまっているという話を聞いたもんですから、私どもも履行していただけるように、実は長崎支社から九州本社に稟議書が上がった段階で、市長と私と本社の石原社長をお訪ねし、久原駅の設置について要請をしてまいりました。

 そのときの石原社長のお話、感触としては、非常に好意的にお話をしていただきましたし、そんなに難しい問題じゃない、負担の割合、負担の問題もできるだけJRも負担しましょうと、そういうお話もいただきました。

 そういうことで、私ども帰ってきたわけでございますが、その12月からきょうに至るまで、まだ本社の方から正式にオーケーということがおりてこないということでございます。これは私どもも14年度予算で、総務省協議の予算を協議書策定予算を 400数十万円、当初で計上させていただいて、間に合わないということで、先般の補正予算の中で、これは繰越明許をさせていただいたわけでございますが、これも今ストップをかけております。

 というのは、やはり九州本社から、ある程度正式な回答をいただけんと、余り前に進んでも、そういう協議が調わんと実際できんわけですから、そういうことで今とめている状況でございますが、これは長崎支社の方には再三問い合わせをしておりますし、九州本社の状況もですね、どうしてそういう状況なのかも含めて、今後正式に長崎支社を通じて、詰めていきたいと思っております。

 いずれにしても、平成17年度の3月の開業を目指して、今後も努力していきたいと思っているところでございます。



◆24番(丸谷捷治君) 

 最後に、 157ページですが、生活保護。前年度比、これは若干ですが、減になっておりますね。

 昨日の新聞でも、「生活保護、不況で昨年度増」というのがあります。

 これまでの決算で見たところでは、12年度の前年度比7%増です、これは大村市で。保護受給者数です。人数です。13年度と14年度−−14年度は途中ですが、その2年の前年度比伸び率はどれぐらいですか。該当者数が伸びているというのは、ちゃんとつかまえていますか。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 具体的な数字は持っておりませんが、ふえておるという状況は把握といいましょうか、そういう実態にあるということは認識をしております。



◆24番(丸谷捷治君) 

 全国的にも、12年度の前年度比の伸び率が 6.7%です。その同じ年度で大村市ではさっき言った7%増なんですよ。そして、13年度の前年度比は全国で 7.1%増。大村市はちょっとわかりませんね。そして、この新聞報道では、昨年10月現在で、前年同月比で 8.5%増。当然大村もそういう傾向にあると思うんです。それなのに、どうして減額なのかということなんですよ。この不況でね、我々のところにもこういう相談がたくさん今上がってきています。

 そういう点で、この対応をどうするのか。この減額というのは条件を厳しくして、なるべく該当させないというあらわれなのか、この意味をまず説明していただきたいと思います。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 該当させないとか、そういう観点ではなくて、あくまでも生活保護者の受給者の15年度の見込みというものを立てて、予算を要求をしたということでございます。



◆24番(丸谷捷治君) 

 その見込みを立てる場合に、どれだけ伸びていってるかということを見込んで予算化するわけですよ。年々年々この該当者の率がふえていっている。受給者がふえていっている。この傾向の中での減額なんですよ。これが増額されるのが当然の話なんだけれども、しかも、今のこの景気の動向の中でね。これが何で減額されるのか。一番暮らしの最低限のところなんですよ。ここさえも支えないような行政があってはならないんですよ。そこを問題にしておるんです。この減額どうなんでしょうか。



○議長(馬場重雄君) 

 回答を留保して、しばらく休憩します。



△休憩 午前10時50分



△再開 午前11時10分



○議長(馬場重雄君) 

 再開をいたします。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 これは予算の計上の方法の問題でございまして、平成14年度までは、過去3カ年間の実績から伸び率を算定し、計上しておりましたけれども、平成15年度は、平成14年度の10月現在の実績と3月までの見込み額を計上したものでございまして、必要な予算は随時補正等を出す所存でございます。



◆1番(松崎鈴子君) 

  153ページの件なんですが、ここに子育て支援センター事業が13,612千円あるわけですが、すこやかセンターの方はこれはわかりますが、地域子育て支援センター活動事業で10,630千円、これは2カ所分ですよね。どういう算定で出されたのか。

 今、すこやかセンターの方が非常にオーバーで、在宅の子供たちを育てるのに、保育所をつぶさなければならないという提案もされているところですが、そこには 2,980千円で、あとの2カ所には10,630千円、ここをもっと活用すれば、そういうこともないと思うんですが、この10,630千円の算定の内訳といいますか、昨年の実績等あれば出していただきたいと思いますが。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 これは国庫事業でございまして、市が事業の活動の中心となる保育所を指定して、子育て家庭に対する育児不安等についての指導と地域の子育て家庭に対する育児支援を行うことを目的とするものでありまして、南部地区を鈴田保育園へ、北部地区を昊天宮保育園へ委託して実施をしておるところであります。

 南部地区を鈴田保育園へ委託した場合の金額が 2,635,200円、北部地区を昊天宮保育園へ委託した場合は 7,994,400円ということで、合わせまして10,630千円ということでございます。



◆1番(松崎鈴子君) 

 国庫事業というのはよくわかります。だから、本当に活用されるような場に、それを設定すべきであろうかと思うんですが、南の方が何名の利用が昨年の実績としてあって、北の方がどれぐらいの利用があったのかということをお聞きしたい。

 それで、昨年の実績を見て、そこがまだ妥当だと。動かせないということですか、これはもう1回指定したら動かせないものですか。

 それとも、公立の保育所でも、こういう子育て支援事業ができるということですか。どういう内容になっているのか、ちょっと教えていただければと。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 ちょっと実績は今資料がございません。ちょっとお待ちください。



◆17番(山田慶一君) 

 松本市長の最大の選挙公約の中に、国道34号線の拡幅があったわけです。松本市長のいない8年間どうしておったのかということもありましたけれども、平成12年ぐらいからでも結構ですが、今年度の国道34号線の予算がどれくらいか、数字の説明をお願いします。



◎大村市技監(中村正君) 

 国道34号大村拡幅でございますが、平成12年度までに約 2,750,000万円、13年度が 1,518,000千円。当初は6億程度でございましたけれども、最終が 1,518,000千円、ただ用地国債がその中に5億ほど含まれています。平成14年度が 880,000千円で、用地国債が5億ということになっています。



◆17番(山田慶一君) 

 当初予算はどうですか、15年度。



◎大村市技監(中村正君) 

 15年度の当初予算については、まだ判明しておりません。私どもとしては、今年度並みの予算を確保できるように要請をしているところでございます。



◆17番(山田慶一君) 

 大体見込みはあるわけでしょう。



◎大村市技監(中村正君) 

 私どもとしては、言えるのは今年度並みをということでしか言えないという状況でございます。



◆17番(山田慶一君) 

 先ほど財政で聞いたら3億ぐらいということですが、どうですか。全然そういう、国道34号線について、国に要望をしてですね、今の段階で、今年度4月からする予算ですよ。大体予算案はもう衆議院を大体通過していると思いますけどね。その国直轄 100%ですけれども、その辺の数字は、今の段階では、全くわからないんですか。



◎大村市技監(中村正君) 

 今、国会の審議がされていますので、最終的に国の予算が決まった時点で、国のいわゆる道路局にはなると思いますけれども、その中で実施計画がされます。そのときに最終的な金額が決まりますので、我々としては今年度並み、それ以上のものをお願いしますという要望はしてまいっております。



◆17番(山田慶一君) 

 市長、これが減額されないように、要望をして頑張ってください。



○議長(馬場重雄君) 

 ほかにございませんか。

 松崎議員、答弁が要りますか。委員会付託ではだめでしょうか。(発言する者あり)

 じゃ、一応保留をしたいと思いますけれども、一応この件については、予算を終わりますので、そういうことでよろしゅうございますか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 それでは、以上をもって質疑を終結したいと思います。

 本案は各常任委員会に付託をいたします。

 なお、各常任委員会の付託内容は、お手元に配付しております分割付託表により御承知方お願いを申し上げたいと思います。

 改めて申し上げますが、ただいまの答弁については、後ほどしていただくということで、御了解をいただきたいというふうに思います。

 次に、日程第2.第47号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎市民環境部長(伊東正人君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第47号議案 平成15年度長崎県大村市国民健康保険事業特別会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

について説明いたします。

 平成15年度の予算の総額を歳入歳出それぞれ 6,856,571千円と定めるものでございます。

 第2条は、歳出予算の流用できるものについて記載しているものでございます。

 予算書の「第1表 歳入歳出予算」につきましては、2ページから5ページに記載しております。

 それでは、予算書の「第1表 歳入歳出予算」で説明させていただきます。

 2ページ、3ページの歳入でございます。

 歳入、1款.国民健康保険税 2,350,681千円。国民健康保険事業特別会計の予算編成につきましては、当該年度の医療費等の見込みによりまして、保険給付費などの歳出予算額を算出した後、それに伴う国庫支出金等の歳入の予算額を算出して、不足する額を保険税に求めるものでございます。

 2款.使用料及び手数料 981千円、これは保険税の督促手数料でございます。

 3款.国庫支出金 2,935,016千円、1項.国庫負担金 2,094,756千円、これは保険給付費、老人保健医療費拠出金、介護納付金及び高額医療費共同事業負担金の国庫負担金でございます。2項.国庫補助金 840,260千円、これは市町村間の財政力の不均衡を調整するために交付される財政調整交付金でございます。

 4款.県支出金25,286千円、これは高額医療費の発生による保険者財政運営の不安定を緩和するため、県において一定の支援措置を講ずるものでございます。

 5款.療養給付費交付金 945,750千円、これは退職者医療制度に係る支払基金からの交付金でございます。退職者医療制度で負担する支出から、退職者等の保険税等の収入を控除した額が交付されます。

 6款.共同事業交付金71,403千円、これは高額な医療費の支出が保険者の財政を圧迫するため、それを緩和する目的で、県内の各保険者が共同で行う高額医療費共同事業の交付金でございます。

 7款.財産収入、存目でございます。

 8款.繰入金 509,360千円、1項.他会計繰入金 509,359千円、これは国民健康保険の事務費に係る一般会計の負担、出産育児一時金の3分の2の額、財政安定化支援事業、保険基盤安定負担金及び保険者支援制度−−これは新設でございますが−−これを一般会計から繰り入れるものでございます。2項.基金繰入金、これは存目でございます。

 9款.繰越金2千円、存目でございます。

 10款.諸収入18,091千円、1項から3項までの記載のとおりでございます。

 次に、4ページ、5ページをお願いします。

 歳出でございます。

 1款.総務費40,307千円、1項.総務管理費、これは国民健康保険の事務費及び国保連合会の負担金でございます。2項.徴税費、これは保険税の賦課及び徴収に係る経費でございます。3項.運営協議会費でございます。4項.医療費適正化事業費、これはレセプト点検、医療費通知等に係る経費でございます。

 2款.保険給付費 4,303,905千円、1項の療養諸費、これは医療機関に支払う療養給付費と治療装具代など被保険者に払い戻す療養費及びレセプト審査手数料でございます。2項の高額療養費、これは被保険者の医療費負担が一定額を超えた場合、償還払いとして支給するものであります。3項.出産育児諸費、これは被保険者が出産した場合に支給するものでございます。4項.葬祭諸費でございます。5項.移送費でございます。

 3款.老人保健拠出金 1,988,381千円、これは老人保健の医療費を賄うため、医療保険者が拠出する額でございます。

 4款.介護納付金 317,172千円、介護保険第2号被保険者の保険料負担として納付いたします。

 5款.共同事業拠出金 101,145千円、これは高額医療費共同事業への拠出金でございます。

 6款.保健事業費41,558千円、これは医療費の増加に少しでも歯どめをかけるべく国の補助金を受けて、人間ドックなどの健康診査、健康教育、健康相談等の保健事業を行い、被保険者の健康づくりの推進を図るための経費及び針灸施術費でございます。

 7款.基金積立金、存目でございます。

 8款.諸支出金 4,102千円、これは保険税の還付金等でございます。

 9款.予備費60,000千円でございます。

 以上、歳入歳出ともに予算総額を 6,856,571千円とするものでございます。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。

                  (降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

 本案は民生委員会に付託します。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 先ほどの松崎議員の御質問の件ですが、昊天宮ですね、延べ人員で 1,998名の利用でございます。それから、鈴田ですね、これが 3,000名ということでございます。(発言する者あり)はい、延べです。昊天さんは 1,998名( 131ページで訂正)。(発言する者あり)



○議長(馬場重雄君) 

 福祉保健部長、もう少し精査をしてから答弁をお願いします。午後からで結構ですので、よろしくお願いをいたします。

 次に行きまして、日程第3.第48号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎市民環境部長(伊東正人君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第48号議案 平成15年度長崎県大村市老人保健事業特別会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

について説明いたします。

 平成15年度の予算総額を歳入歳出それぞれ 7,176,173千円と定めるものでございます。

 予算書の「第1表 歳入歳出予算」につきましては、2ページ、3ページに記載しているとおりでございます。

 その説明の前に、老人保健特別会計の仕組みを申し上げますと、歳出に要する費用は支払基金交付金、国庫支出金、県支出金、繰入金、繰越金、諸収入ですべてが賄われております。この点が財源不足を保険税に求める国保制度とは大きく異なるところでございます。

 それでは、2ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 歳入、1款.支払基金交付金 4,713,496千円、これは老人保健が負担する医療費の額、歳出で申しますと、2款の医療諸費の医療費給付費と医療費支給費の合計額、この額の3分の2相当額及び審査支払手数料の全額が社会保険診療報酬支払基金から各保険者の老人保健拠出金を財源として、交付されるものでございます。

 2款.国庫支出金 1,614,027千円、1項の国庫負担金 1,612,545千円、これは老人保健が負担する医療費の額の34%、または38%相当額の3分の2を国が負担します。2項の国庫補助金 1,482千円、これはレセプト点検等に対する国庫補助金でございます。

 3款.県支出金 403,136千円、これは老人保健が負担する医療費の額の34%、または38%相当額のうち、県が負担する額であります。負担率は国庫負担を除いた額の2分の1となります。

 4款.繰入金 441,190千円、これは老人保健が負担する医療費の額の34%、または38%相当額について市が負担する額で、負担率は国庫負担を除いた額の2分の1と、老人保健事業の実施にかかわる職員の人件費及び事務費を一般会計から繰り入れるものでございます。

 5款.繰越金、存目でございます。

 6款.諸収入 4,323千円、1項の延滞金及び加算金、存目でございます。2項の雑入 4,321千円、これは交通事故等の第三者納付金、返納金及びレセプト点検員の保険料負担額を計上いたしております。

 続きまして3ページ、歳出でございます。

 歳出、1款.総務費39,655千円、これは老人保健事業を実施するための職員の人件費及び事務費でございます。

 2款.医療諸費 7,136,316千円、これは老人保健が負担する医療費及びレセプトの審査手数料でございます。

 3款.諸支出金、存目です。

 4款.予備費 200千円でございます。

 以上、歳入歳出ともに予算総額 7,176,173千円とするものでございます。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。

                  (降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

 本案は民生委員会に付託します。

 日程第4.第49号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第49号議案 平成15年度長崎県大村市介護保険事業特別会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

について御説明いたします。

 平成15年度長崎県大村市介護保険事業特別会計につきましては、歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ 3,656,726千円とするものでございます。

 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、2ページの「第1表 歳入歳出予算」をお願いいたします。

 まず、歳入でございます。

 1款.保険料 600,836千円は65歳以上の第1号保険者の1万 5,140名分の保険料でございます。

 2款.使用料及び手数料 165千円は督促手数料でございます。

 3款の国庫支出金、1項.国庫負担金 695,113千円は介護給付費国庫負担金でありまして、2項の国庫補助金 213,667千円は調整交付金、事務費交付金及び介護支援特別事業等国庫補助金でございます。

 4款.支払基金交付金 1,112,181千円は40歳から65歳未満の第2号被保険者の保険料でございます。

 5款の県支出金、1項.県負担金 434,446千円は介護給付費県負担金で、2項の県補助金 2,424千円は介護支援特別事業等県補助金でございます。

 6款.財産収入の1項.財産収入68千円は介護保険基金預金利子でございます。

 7款の繰入金、1項.一般会計繰入金 577,076千円は介護給付費、職員給与費及び事務費の一般会計からの繰入金で、2項.基金繰入金18,754千円は介護保険基金からの繰り入れでございます。

 8款の繰越金1千円は存目でございます。

 9款の諸収入、1項.延滞加算金及び過料3千円も存目でございます。2項.貸付金元利収入1千円は介護サービス費貸付金元金収入の存目でございます。3項.雑入 1,991千円は嘱託員の厚生年金保険料本人負担分等でございます。

 以上が歳入でございます。

 次に、歳出でございます。

 4ページと5ページをお願いいたします。

 1款.総務費、1項.総務管理費 136,775千円は一般職12名分の給与費及び事務費等でございます。2項.徴収費 3,661千円は賦課徴収費及び滞納処分費でございます。3項.介護認定審査会費33,364千円は審査会運営費及び認定調査費でございます。4項.趣旨普及費 487千円は広報活動費でございます。5項の介護保険運営協議会費 652千円は運営協議会の委員報酬等でございます。

 2款.保険給付費、1項.介護サービス等諸費 3,287,839千円は要介護者の居宅及び施設介護サービス給付費で、2項.支援サービス等諸費 160,789千円は要支援者の居宅支援サービス給付費でございます。3項.その他諸費 5,504千円は審査支払手数料で、4項.高額介護サービス費等21,442千円は要介護者、要支援にかかわる高額介護サービス費等でございます。

 3款.財政安定化基金拠出金 3,639千円は県に設けられている財政安定化基金への拠出金で、拠出率は 0.1%でございます。

 4款.保健福祉事業費 500千円は高齢者の健康維持と要介護化予防を目的とした筋力トレーニングであります。シルバーパワーアップ事業費でございます。

 5款の基金積立金68千円は介護保険基金預金利子を積み立てるものでございます。

 6款.諸支出金6千円は高額介護サービス費貸付金等の存目でございます。

 7款.予備費 2,000千円でございます。

 以上、歳入歳出 3,656,726千円でございます。

 以上、よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。(降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

 本案は民生委員会に付託します。

 日程第5.第50号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎病院事務部長(石丸哲也君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第50号議案 平成15年度長崎県大村市国民健康保険大村市立病院事業会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

 第1条は省略いたします。

 第2条 業務の予定量は記載のとおりであります。なお、患者数でございますが、前年度当初予算比マイナス 1.2%となっております。第2項の建設改良事業は超音波診断装置ほかの医療機器購入費でございます。

 次に、第3条 収益的収入及び支出の予定額であります。病院事業収益は 5,148,771千円で、対前年度予算 3.2%の減でございます。この減の理由といたしましては、前年度で3条予算に計上しておりました一般会計からの繰入金の一部を企業債償還元金の補てんとして、金額で 118,145千円を4条予算に組み替えしたためでありまして、これを除外いたしますと、対前年度予算比 1.0%の減となります。内訳は第1項から第3項までの記載のとおりでございます。

 病院事業費用は5,419,565千円で、対前年比1.3%の減であります。内訳は第1項から第3項まで記載のとおりでございます。収入と支出の差はマイナス 270,794千円でございます。

 第4条は資本的収入及び支出の予定額でございます。資本的収入は 456,840千円で、前年度比41.1%増でございます。この増の理由は、先ほど述べましたように、3条予算から4条予算への組み替えによるものでございます。その内訳は、第1項から第5項までのとおりで、記載のとおりでございます。資本的支出は 456,838千円で、医療機器機械購入費と企業債の償還金でございます。

 次のページをお願いいたします。

 第5条は企業債です。

 第6条 一時借入金、前年度並みでございます。

 第7条 議会の議決を経なければ流用することができない経費でございます。

 第8条 一般会計からの補助金の額を定めたもので、記載のとおりでございます。

 第9条 棚卸資産の購入限度額でございます。金額は前年度並みでございます。

 第10条 重要な資産の取得及び処分、内容は記載のとおりでございます。

 以下は附属書類でございますので、説明を省略させていただきます。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。

                  (降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

 本案は民生委員会に付託します。

 日程第6.第51号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎競艇事業部長(川口一典君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第51号議案 平成15年度長崎県大村市モーターボート競走事業会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 1ページをお願いいたします。

 第1条は省略させていただきます。

 第2条 業務の予定量でございますが、記載のとおりでございます。日数に直しますと、大村市開催分が 144日、長崎県5市6町競艇組合受託事業が24日、第2号特別競走が12日の 180日分、8大特別競走等の場間場外発売ですが、14年度は単売、併売を含め77日間実施しております。15年度は場間場外発売を 108日間、そのうち単売をナイター発売の8日間を含む73日間を予定しておりますので、合計いたしますと 253日間の発売日数ということになります。

 地区内外場間場外発売委託事業として、第37号議案でお願いいたしました、第7回競艇祭競走を常滑市に6日間、東京都4市競艇事業組合に3日間、浜名湖競艇企業団及び下関市にそれぞれ2日間、開設51周年記念競走を阿左美水園競艇組合、東京都4市競艇事業組合及び丸亀市にそれぞれ6日間、尼崎市に3日間、北九州市に2日間の発売をお願いするものでございます。

 第3条 収益的収入及び支出の予定額でございますが、収入、第1款.モーターボート競走事業収益33,916,539千円、内訳といたしまして、第1項から第3項までございます。主なものとしまして、第1款.営業収益33,681,981千円、主に舟券収益の分でございます。これは1日平均売り上げ115,000千円を見込んでおります。

 支出、第1款.モーターボート競走事業費用34,291,919千円、内訳として、第1項から第4項までございますが、主なものとしまして、第1項.営業費用34,268,113千円を計上しております。

 事業収益33,916,539千円に対し、事業費用34,291,919千円でございますので、差し引き375,380千円の損益予算となっております。

 第4条 資本的収入及び支出でございますが、資本的収入及び支出に不足する額 161,035千円は、記載のとおり補てんするものでございます。

 収入でございますが、第1款.資本的収入として1千円、これは固定資産売却代金でございます。

 支出でございますが、第1款.資本的支出 161,036千円を計上しております。第1項から第3項までございますが、主なものとしましては、第1項の建設改良費61,035千円で、これは実況放送用第1マークカメラ改修工事11,400千円、特観席系統空調取りかえ工事29,222千円でございます。それと第3項.予備費 100,000千円でございます。

 第5条の議会の議決を経なければ流用することができない経費といたしましては、記載のとおりでございます。

 第6条 たな卸資産購入限度額でございます。

 以下、附属書類でございますので、よろしく御審議のほど、お願いいたします。(降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。



◆10番(和崎正衛君) 

 1点だけお聞きします。

 今年度末の予定が大体 330億円になるわけですね。売り上げがですね。それでこの予算でいきますと、それよりさらに多く、9億の予算を組んで33,916,539千円という予算を組んでおられます。

 そして、なおかつ今度は支出の方になりますと34,291,919千円、大体3億 7,000万ぐらいの赤字予算になっておるんですね。

 中身を見ますとね、建設改良費もぐっと落ちとるんですけども、建設改良費に60,000千円、それから予備費に1億の予備費を入れても、差し引きますと、大体2億ぐらいの赤字をもくろんだところの予算になっておるわけですけれども、普通の家庭では想像もつかない予算なんですよ。赤字を見越して家計を組むということは、どっかを圧縮しなくちゃいかんわけですね。このしわ寄せはどこに来るんですかね。

 例えばね、今、簡単に建設改良費の60,000千円の中に、第1カメラを取りかえて10,000千円、空調を取りかえて10,000千円と言いましたけども、その実態はどうあるんですか、今。もう今にもかえなくちゃレースに差し支えがあるんですか。こういうところの精査というんですか、できるだけ繰り延べをして、生き延びていくということをされて、なおかつこういう赤字予算になったのかね、そのあたりの説明をお願いします。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 今年度の赤字予算と損益予算を組みました分につきましては、従来から平成14年度を含めまして、4年間という形の状況の中から赤字をつくってきております。そういう中から、売り上げベースをあくまで現況の部分に合わせたという中の予算計上という結果になっております。

 そういう中で、あくまでうちの現在、どうしても古い場でございますので、施設改善という形の部分も非常にやっていかなくてはならない状況の中から、どうしても取りかえていかなければならないというカメラ、あるいは空調関係、そこら辺に重点的に経費を絞っていったというふうな形でございますので、ただまだ古うございますので、ほかの部分もかなりかえろという形が出てきております。そういう中でも、あくまで建設改良費については、絞り上げたところの予算計上ということでございますし、どうしてもかえなくちゃいけないという部分だけ、今回計上させていただいたというところでございます。



◆10番(和崎正衛君) 

 私の間違いですかね、ことしの3月末の予定では 330億は間違いないんですか。これは私の間違いですかね、大体予定は。売り上げ予定……。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 現在、一応補正でお願いしました1日売り上げ122,000千円という形でお願いしておりますが、現在のところ 120,000千円ちょっとというところになっておりますので、若干また落ちかげんかなという部分はございます。



◆10番(和崎正衛君) 

 とすれば、これよりも落ちるということですね。330億よりも落ちるという考え方でいいんですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 今言われたのは補正の部分だと思いますけれども、補正の部分については、若干落ちるだろうという考えでおります。



◆10番(和崎正衛君) 

 それを見通しての9億の上積みなんですよね、売り上げが。入場者はふえても、1人当たりの購入単価っていうんですか、購入単価というんですかね、1人がそのレースに使う、1日に使うお金はだんだん下がっていっておる現状の中で、これだけの予算を組むということは、もう初めから無理な予算を組んでおるんじゃないかなと思うんですよ。とすれば、この建設改良費の今明らかになった20,000千円のほかのあとの40,000千円はどうなっています。カメラが10,000千円、空調が10,000千円と言われませんでしたかね。空調はどうしてもやらなくちゃいかん工事なんですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 空調関係にしましては、どうしてもやらなくちゃいけないという形で考えております。というのは、これは特観席でございますので、非常に故障が多いというようなことでございますし、機種も古うございますので、ここについてはすべて取りかえたいと。なおかつ有料席でございますので、その分についての取りかえは是非行っていきたいということで考えています。



◆10番(和崎正衛君) 

 一つ答えが返ってきた。私は空調というのはね、もう何十年ももてる品物だと思っているんですよ。ガスだけかえればですね。塩害地域であるから塩で害されて、それが十分に果たさないということもあるんですけど。

 現在、暖房、冷房、規定の温度ができないというなんですか。そういうことで取りかえるということなんですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 そういうことでございます。



◆10番(和崎正衛君) 

 わかりました。

 もう一つ、あとの40,000千円は何にお使いになるんですか、建設改良費の。空調は10,000千円と言われませんでした。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 先ほど申しました実況放送用カメラと、それから審判操作卓 6,000千円、それからあと艇庫側の冷温水発生機取りかえという形になっております。



◆10番(和崎正衛君) 

 もう一度お願いします。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 先ほど申しました実況放送用1マークカメラ改修工事、それから審判操作卓、それから特観席系統空調取りかえ工事、それから艇庫側冷温水発生機改修、それから新プロペラ加工室新築工事ということになります。



○議長(馬場重雄君) 

 ほかに。



◆17番(山田慶一君) 

 ボートの問題は市の財政状況と密接不可分でですね、ボートが落ち込めば、市民も困るということなんですけれども、その予算の、例えば一般会計では、何万円単位まで出たりするわけですけれども、例えばここの5ページ、実施費は 210億ですか、 216億、特別発売実施費 118億、総係費ですか、3億幾らですかね。全然詳細が見てわからないわけですよ。どれくらい前年度と比べて節減をして、どうなのかというのが、こんなぶっ込みで、結構当初予算とそんなに変わらないのを、こう簡単に1項目でくくっておるでしょう。審議できませんよ、はっきり言って。詳細を委員会等に出して、もしくは議会でも説明資料を出すのが筋じゃないですか。どうですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 精細につきましては、委員会に提出いたしますので、議員の皆様にもお配りしたいと思います。



◆17番(山田慶一君) 

 今回、当初議会でも五役の賃金カット初め、市職員の通勤費、住居費のカット、国に準じて退職金の各年度の2%上積みですか、そういう意味で、市職員に対しても、幹部職員に対しても痛みをされています。

 ボートにしても、10%の賃金カット、希望退職者等で痛みがあるわけですけれども、実際に市長も選挙公約で、私は大村市のカルロス・ゴーンだと言われたわけですが、実際にもう少し努力できないわけですかね。節減できるところがないわけですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 15年におきまして、節減した部分をわかる範囲内で説明したいと思います。

 職員5名減、58,000千円、広告宣伝費、これを84,000千円、5市6町配分金21,000千円、バス委託料15,000千円、漁業補償 1,000千円、従業員厚生費 1,310千円、従業員関係の賃金関係で、これは退職餞別金を含みますが 229,000千円、そういう形の中で節減を図っております。



◆17番(山田慶一君) 

 できれば委員会だけじゃなくて、委員会で審議するわけですけど、資料をやっぱりこんなにボートが一番大きい問題ですよ、今財政的には。

 だから、全協でボートを含めた、ボートを筋とした、基本としたずうっとこれまでの財政状況の説明があったわけですよ。

 だから、今、主な項目は言われましたけれども、例えば、通常考えれば民間では、人件費が一番大きいわけですよね。これまで従事員さんに対しては、痛みを分かち合ってこられましたけれども、今言われた職員に対しては、今回大幅な減になっていますが、その従事員の減は今年度はないんですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 従事員さんにつきましては、15年度にあくまで定限年齢でやめていかれる部分の形だけしか考えておりません。



◆17番(山田慶一君) 

 定年は今何歳ですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 63歳11カ月でございます。



◆17番(山田慶一君) 

 この辺は努力できないんですか。通常市の職員並みにできないんですか。その辺を圧縮すれば、黒字になるんじゃないですか、持ち出しじゃなくて、赤字予算じゃなくて、どうなんですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 現在、うちの方も競艇事業経営再建計画という形を考えております。そういう中で、現在従事員の方にも、こういう形の部分をお願いしますよというふうな申し入れを行っております。その中には、もちろん賃金のある程度またカットをお願いすると。それから、定限年齢、各種手当の廃止、そういう部分を全部含んだところの申し入れをやっておりますので、この部分については現在交渉中でございます。なおかつ、うちでやっておりますメンテ、あるいは委託の警備−−ガードマン関係ですね。それから清掃関係、ここら辺についてもすべて交渉中でございますし、ガードマン、清掃については、時間差出勤ができないかというふうなところまで詰めたところの交渉をやっておりますので、若干赤字としては詰まっていくだろうという努力はやっております。



◆17番(山田慶一君) 

 現在、従事員さんは何名おられます。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 今現在 328名でございますが、あと希望退職が5名出ておりますので、15年4月1日につきましては 323名というふうに考えております。



◆17番(山田慶一君) 

 田中昭憲議員からもあっておりましたけれども、他の競艇場では、大村市と同じぐらいの売り上げを上げるところで 200何名のところがあるわけでしょう。絶対 328名要るんですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

  300何名要る、要らんという問題じゃないと思います。あくまで労使間の交渉でやっていくわけですから、そこら辺を何名要るとかという形は、私はお答えできません。



◆17番(山田慶一君) 

 じゃ全然ね、実施をするに当たって、通常は例えば、土木だったら土木で、きょう3人派遣せんばいかんと、そんだけの工事量があると、ぎちぎちでやっているわけですよ。そうでしょう。

 それがボートの場合は、仕事の量とは関係ないんだと、組合との交渉だと、そういうことですか。



◎競艇事業部長(川口一典君) 

 そういうふうに一概にとっていただければ、こっちの方も困るんですが、現在、お願いして賃金カットもやっておりますし、雇用調整もやった中でやっておるわけでございますから、今のところは労使間うまくやっているということで御理解いただきたいと思います。



◆17番(山田慶一君) 

 例えば、定年制にしてもですよ、おかしいでしょう。市の職員には痛みをずっと、住居手当も、定年だって60歳ですよ。

 ところが、それも交渉中、そして仕事の量とね、今の人員が余っているかどうかというのは言えないということでしょう。

 市長、どうですか。市長お願いします。



◎市長(松本崇君) 

 今、事業部長がお答えしたとおりですけどね。ボート事業については、過去の流れというものもあるし、市の職員やなんかと比較が難しいんですね。そこを御理解いただきたいと思います。

 それと、労使間でやっぱり交渉した中で、労使一体となって、この厳しい状況を乗り越えなきゃいけないという状況にありますので、それで、それも御理解いただくならば、今、部長が答えたように 323名に15年度からなりますし、幾らかでもですね、何人でやるという、そういうきちっとした数字は出ませんけれども、これはあくまでも交渉の問題ですから、鋭意交渉をして、少しでも1人でも2人でも削減をしていく、効率化していく、その努力をしていきたいというふうに思います。



◆17番(山田慶一君) 

 そりゃ、何でも努力したいで終われば、しないのと変わらんですよ。市長の選挙公約はボート再建だったんですよ。だから、一般会計にしても幹部職員5名の賃金を10%、めったにないことですよ。住居手当、通勤手当分、市職員に対してはカットしているわけですよ。

 そして、ほかの議員さんはどう思われるかわかりませんけれども、ボート事業部長の答弁はおかしいですよ。仕事の量と現在の人が足りているかどうかというのは言えないと、わかんないと、労使交渉によるというような言い方ですよ。おかしいじゃないですか、市長。本当にボートを再建する気があるならば、従事員さんの痛みも分かち合ってもらうように、市長はリーダーシップをとってボートを再建すべきですよ、どうですか。



◎市長(松本崇君) 

 ですからね、先ほど部長も答えたように、できる限りの努力をして、先ほど答弁聞かれたと思いますけどね、もう市の事業部の職員を5人カットしているわけですよね。まだずっとこれはカットしていくんです。そういう痛みですね。そしてそこでカットしたからといって、今度は嘱託は要るわけだから、その分だけカットした5人分がそのまま浮くわけでもないんです。

 あとずっと、さっき言ったとおり削減、削減でですよ、これはもう広告宣伝費なんかでも、これは大幅な削減ですよね。あらゆるところにメスを入れて、今やっているわけです。

 で、適正な人員というものはどうなのかということについても、この1年かけてですよ、急にですね、もう私が市長になって、とにかくボートを再建しようという意欲−−意欲、努力だけじゃなく現実やっているんですよ。まだ1年間の間にやるんですよ。だから、もうしばらく、1年間時間をかしてほしいと思います。



◆17番(山田慶一君) 

 市職員は29名から23名へ減です。パーセントで幾らですか。大幅な減ですよ。今までは29名いなければできなかった仕事を6名も減員して仕事をさせるわけでしょう。−−6名て書いてありますよ。少なくとも、やはり従事員に対しても、選挙で協力云々は抜きとしてですよ、やはり本当にボートを再建する気があるならば、やはりここにも踏み込んでやっていかないと、ずるずるいったら結果的に難しい場面が出てくると思うんですよ。

 だから結果的に、事業部長、もう少し具体的な数字を上げて、例えば 63.11カ月というのを何歳で考えているわけですか。(「議事進行」と呼ぶ者あり)



◆16番(恒石源治君) 

 ボートの特別活性化委員会の委員として、この問題に取り組んだ関係で、今、山田議員の質問に対して、部長の答弁は一生懸命やっておるなと思われます。その中で、私の担当した経費削減の中でガードマンの見直しと、そういう問題、清掃業者等の見直しと、従事員さんとの話もお願いして継続してやっていると、その努力を認めてやらんと、きょう言うてあしたというわけにはいかない問題があると思います。

 この委員会の中で私も従事員さんの問題については、多い少ないはそれは問題あるかもしれないけど、今までそこで職場として働いておった方をすぐ切るべきではないと、私はそういう意見を委員会でもはっきり言ってきましたから、ここでも言いますけど、民間も努力しとるからボートも努力すべきところはすべきだと思いますけど、そういう意味合いにおいて、頑張っていることは頑張っているという認めた中での質問にせんと、これは終わらないと思います。

 以上です。



○議長(馬場重雄君) 

 恒石議員、ただいまの発言は議事進行でございませんので、次回からはよろしくお願い申し上げたいと思います。



◆11番(山北正久君) 

 1点だけ、今、ボート特別委員会の話が出ましたけれども、予算上程ですから、私も今議会で勇退をいたしますので、あえて今3月当初です。それで4月から、この予算が動くわけですね、可決をされますとね。

 それで、問題となっておりました委託管理業務、あるいは保守管理業務、非常に随契が多かった。ですから、その分を今からそれは交渉が始まっていくと思うので、その辺のところを踏まえてしっかり、いわゆる赤字予算なんですから、これは赤字予算は10番議員が言いましたように、考えられないことです。しかし、これをあえて出されたというところに大変な、いわゆるボート事業部の実情があると思うんです。そういう関係から、その辺を強くひとつ従事員一丸となってやられるように、この機会に要望しておきます。



○議長(馬場重雄君) 

 要望ですね。

 以上をもって質疑を終結します。

 本案は経済委員会に付託します。

 暫時休憩します。



△休憩 午後0時10分



△再開 午後1時7分



○議長(馬場重雄君) 

 再開をいたします。



◆17番(山田慶一君) 

 モーターボート競走事業会計予算の質疑の中で、私の発言の中で、同僚議員の固有名詞を出して不穏当な部分があったので、ここで深くおわびし、陳謝します。どうもありがとうございます。済みませんでした。



○議長(馬場重雄君) 

 日程第7.第52号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 登壇

 予算書の後半にあります、公共下水道のページをお願いいたします。

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第52号議案 平成15年度長崎県大村市公共下水道事業特別会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 平成15年度長崎県大村市の公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算、第1条 歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ 3,965,010千円と定めるものでございます。これは前年度比、減の1.66%でございます。2項につきましては、次のページで説明させていただきます。

 第2条の債務負担行為につきましても4ページ第2表で、また第3条の地方債につきましては、5ページの第3表の方で説明をさせていただきます。

 次のページをお願いいたします。

 第1表 歳入歳出予算。

 歳入でございます。

 1款から7款までそれぞれ記載のとおりでございますが、主なものについて説明をさせていただきます。

 1款.分担金及び負担金、負担金66,595千円、これは下水道事業受益者負担金でございます。

 2款.使用料及び手数料 1,135,028千円、主なものは1項.使用料 1,135,003千円でございますが、これは前年度比4.45%の増でございまして、現年度分を99%の収納率で予定しております。

 3款.国庫支出金 305,081千円、これは主に一般管渠の布設工事、処理場の汚泥処理施設工事の国庫補助金でございます。

 4款.繰入金 1,681,092千円、これは一般会計からの繰入金でございます。

 5款.繰越金、存目でございます。

 6款.諸収入、2項.雑入 119,143千円、これは主に道路改良工事にかかわる下水道管移設の補償工事でございます。

 7款.市債 658,070千円。

 歳入合計 3,965,010千円でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款.総務費、1項.総務管理費 646,229千円、主なものは給与費、管渠の維持管理費、処理場の運転維持管理費等でございます。

 2款.建設費、1項.建設費 1,263,103千円、これは管渠布設工事。これは汚水管延長が 2,960メートル、雨水管布設が 1,403メートル、あと処理場、汚泥処理施設の電気設備及び機械施設の整備が主なものでございます。

 3款.公債費 2,054,678千円、これは起債の元利償還金でございます。

 4款.予備費 1,000千円でございます。

 歳出合計 3,965,010千円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 第2表 債務負担行為、企業会計移行準備業務委託、期間を平成15年度から16年度までといたしまして、限度額を29,715千円でございます。大村浄水管理センター汚泥処理施設機械・電気設備増設工事、平成15年度から16年度までとし、限度額を 290,000千円とするものでございます。

 次に、第3表でございます。

 地方債でございます。

 起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。

 以下、附属資料でございます。よろしくお願いいたします。(降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。



◆10番(和崎正衛君) 

 ほとんど前年度と変わりないんですけどね、建設費が大幅に減っていますね。10%にならんとする建設費が減っているんですけれども、これは収入の、国庫の方からの収入が減になっている関係、この予算関係でですかね。補正を組んだところで、15年度いっぱいとなれば前年度と余り変わらない建設費が生まれてくるというふうに理解していいのか、もう建設費はこれだけ削減されたということで見ていいのかですね。というのは、やっぱりこのあたりが地元の業者の泣きどころなんですよね。この点をお願いします。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 大村市の財政状況からでもございますし、また、前倒し金ということで、補正でいただいております。補正予算でお願いをいたしました分は、毎年前倒し、前倒しといただいておりまして、そう影響はないわけでございます。そういうことで、予算の組み方によって、財源関係を勘案しまして、工事費が幾らか下がっているという状況でございます。



◆10番(和崎正衛君) 

 もう一度確認します。ややこしい説明で、私もややこしい質問をした関係上、わからなかったと思いますけどね。要は、この建設費が前年度比に比べて落ち込むという見方でいいんですか。それが大体どのくらいなんです。ここには、はっきり 8.6%の落ち込みというふうに書いてございますけれども。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 補正を含めて、そういうことで幾らか下がっているということでございます。



○議長(馬場重雄君) 

 これをもって質疑を終結します。

 本案は建設委員会に付託します。

 日程第8.第53号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 登壇

 予算書の農業集落排水のページでございます

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第53号議案 平成15年度長崎県大村市農業集落排水事業特別会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 平成15年度長崎県大村市の農業集落排水事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算、第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ 436,784千円と定めるものでございます。

 2項につきましては、次のページで説明させていただきます。

 次のページをお願いいたします。

 第1表 歳入歳出予算。

 歳入でございます。

 1款.分担金及び負担金、1項.分担金 3,372千円、これは前年度比84.3%の減でございます。これは供用7地区全域の賦課が完了いたしまして、平成11年度から平成14年度までの賦課分の分割納付 195件と、過年度賦課農業集落排水事業分担金でございます。

 2款.使用料及び手数料、1項.使用料52,920千円、これは前年度比19.1%の増でございます。使用戸数を前年度比 250戸増を見込み、 1,697戸といたしまして、使用料の内訳として、現年度分52,820千円、これは徴収率を99%、過年度分 100千円を予定しております。2項.手数料30千円は料金の督促手数料でございます。

 3款.繰入金、他会計繰入金 380,459千円、これは一般会計からの繰入金でございます。

 4款.繰越金、5款.諸収入の延滞金加算金及び過料につきましては、存目でございます。

 歳入合計 436,784千円。

 次に、歳出でございます。

 1款.総務費、1項.総務管理費 202,970千円、この主なものは給与費、農業集落排水の供用7地区での管渠、処理場の維持管理費でございます。

 2款.公債費 232,814千円、これは起債の元利償還金でございます。

 3款.予備費 1,000千円。

 歳出合計 436,784千円。

 以下、附属資料でございます。

 よろしく御審議をお願いいたします。(降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。



◆27番(中川志朗君) 

 1点お尋ねします。この集落排水、萱瀬の上下やったですかね−−に始まって、14年度の三浦で終わりだろうということで、この予算を見ても5款ですか、もう前年度比 100%減というふうな予算計上ですね。それで、まあ終わりだろうと思うんですけど。この後、農業集落排水、公共下水道で取り込めないところ、まだ若干部落はあるみたいですけど、その計画はもうないんですか。これで完全に農業集落排水の事業はもう終わりと理解していいんですかね。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 7地区一応計画いたしまして、事業にしましては完了ということでございます。

 しかしですね、大村市は人口が増加していまして、家屋も公共下水道、農業集落排水以外にも建ってきております。そういうことで、その増強工事といいますかね、強化事業あたりを将来的にはやる予定でしなければいけないというふうなことも考えております。



◆8番(北村誠二君) 

 二つになりますが、歳入の繰入金ですね、これは純然たる 100%を市の財源からですか、例えば国からの助成とかそういうものは一切含まれないということですか。



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 繰入金で、まず繰入総額が 380,459千円ですね。交付税措置をされる分が 130,544千円でございます。ですから、いわゆる市税と一般財源として超過負担する分が 249,915千円、これが市の純然たる持ち出し金ということでございます。



◆8番(北村誠二君) 

 そうしますと、使用料、手数料で大体52,950千円の収入ですが、公債費が 232,000千円ありますよね、本年度は。これは本年度で終わりなのか、まだずっと続いていくのか、どこまで続くのか、教えてください。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 これは、公債費は起債の借入金でございまして、長期的に返還していくということで、分割払いでございます。



◆8番(北村誠二君) 

 そしたら当然、使用料、手数料だけではずっと足りていきませんから、他会計繰入金というのがまだどんどんどんどん入ってくるわけですね。入ってくるといいますか、それが出ていくわけですたいね、一般会計の方から。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 実際を言えば、そういうことになります。



◆10番(和崎正衛君) 

 今の北村さんの質問で関連ですけどね、今はっきりしたんですよ。市の単独持ち出しが2億ありますね、 240,000千円。それから借金の返済が大体 230,000千円、5億ぐらいあるわけですね。そしたら、収入は50,000千円しかない。それで5億は純然たる市の会計から持ち出していかにゃいかんわけですね。

 下水道の料金と農業集落排水事業の恩恵をこうむっておられる方の料金の割合ですね。例えば借金が10としますよ。料金が10%とします。そういう比率は下水道も農業集落排水も同じぐらいの比率になっているんですか。

 というのは、この53,000千円の、集落から得られる手数料が妥当なのかどうなのかという論議もしなくちゃいかんわけですよね。将来これは減ることはないですよ、ふえることばっかりなんですから。そのあたりは、下水道を利用されている方と農業集落排水を利用されている方の案分ですね、料金の妥当性というのをはじいてみられたのか。どういうふうに料金設定がなされているのか、そのあたりがちょっとわからないので。簡単にいいですよ。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 公共下水道に関しましては、将来的に企業会計に向けて、今検討をしております。

 そういうことで、農業集落排水につきましては、これは農林水産省管轄になりますけれども、採算性を考えれば、到底、料金が3倍、4倍取っても間に合わないような状態なんですよ。

 現在のところ、大村市では公共下水道と農業集落排水事業の料金につきましては、ほとんど同じような料金体制でいっております。

 そういうことで、どう説明したらいいかちょっと私も難しいことですけれども、農業集落排水の採算性を考えれば、到底維持できないと。料金で採算性を考慮した場合には、営業ができないというふうなことでございます。



◆10番(和崎正衛君) 

 私は、それで採算をとれというんじゃないんですよ。同じ市民であって、下水道料金と農業集落を受けている方との料金が格段と差があったらおかしいんですけどね。

 とすれば、農林省−−こっちは何と言うんですか、今は国土−−との兼ね合いだけの問題であれば、もうこういうものは下水道に放り込んでしまって、一緒に企業会計できないものか、そのあたりの国の打診とかなんとかできないんですか。そうしないとこれは圧迫してきますよ、ずっと単独でいけばですね。どういうふうに考えておられますかね。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 その件は、現在のところ、縦割り行政でいっておりますけれども、将来的には、農業集落排水も公共下水道に入れ込むというふうなこともぼちぼち話があっておりますので、将来的にはそのようなことになる可能性はあります。



◆2番(山田寿美君) 

 附属資料によりますと、職員が13年度から14年度ですか、本年度と書いてありますからよくわかりませんけれども、1名ふえておるようになっているんですが、この事業全体がもう終わりの段階になって、1名ふえているというところの理由をちょっと説明してください。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 建設事業は終わりますけれども、まず維持管理事業はまだずっと続くわけでございます。

 それと、現職員で予算を計上させておりますので、4月になりますと定期異動もありますので、その辺で調整をさせていただくような考え方で、お願いしたいと思います。



○議長(馬場重雄君) 

 以上をもって質疑を終結します。

 本案は建設委員会に付託します。

 日程第9.第54号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎水道局次長(吉野哲君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第54号議案 平成15年度長崎県大村市簡易水道事業特別会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 1ページをお願いいたします。

 1ページ、第1条は歳入歳出予算の総額を 156,990千円と定めるものでございます。

 2ページをお願いいたします。

 歳入歳出予算でございます。

 まず、歳入でございますが、1款1項.負担金は工事負担金でございます。

 2款1項.使用料は簡易水道使用料でございますが、対前年度 2,451千円、11.1%の増となっております。2項.手数料は工事検査手数料でございます。

 3款1項.他会計繰入金は一般会計からの繰入金でございます。

 5款1項.雑入は加入金及び地方消費税還付金でございます。

 以上、歳入合計 156,990千円でございます。

 3ページをお願いいたします。

 歳出でございますが、1款1項.簡易水道事業費は簡易水道の維持管理費にかかわる経費で2,643千円、 3.8%の減となっております。

 2款1項.公債費は市債の元利償還金で、対前年度11,911千円、15.3%の増となっております。

 以上、歳出合計 156,990千円でございます。

 なお、前年度との比較増減率につきましては、別途資料でございます会計別当初予算事業説明資料に記載してありますので、御参照いただければと思います。

 以下、附属資料でございますので、省略させていただきます。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。

                  (降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

 本案は建設委員会に付託します。

 日程第10.第55号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎水道局次長(吉野哲君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第55号議案 平成15年度長崎県大村市水道事業会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 1ページをお願いいたします。

 第1条は省略させていただきます。

 第2条は業務の予定量を定めたもので、記載のとおりでございます。給水戸数は対前年度 0.9%の増、年間給水量及び1日平均給水量はそれぞれ2.2%、 2.5%の減となっております。

 第3条は収益的収入及び支出の予定額を定めたものであります。

 収入の第1款.水道事業収益は対前年度31,115千円、 1.7%の減となっております。第1項から第3項まで記載のとおりでございますが、収入の大部分を占めます水道料金収入は15,123千円、 0.9%の減となっております。これまで横ばい状態ながらも増加をしておりましたが、本年度はマイナスの計上となりました。

 支出の第1款.水道事業費用は53,702千円、2.5%の減となっております。第1項から第4項まで記載のとおりでございますが、主なものは物件費387,402千円、5.8%の減、減価償却費 709,592千円、0.6%の増、企業債利息 519,512千円、4.4%の減などとなっております。

 なお、損益計算上では、単年度 356,661千円の損益となり、累積欠損金は 752,695千円となる見込みでございます。

 第4条は資本的収入及び支出を定めたものでございまして、収支で不足する額を記載のとおり補てんするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 収入は、第1款.資本的収入が対前年度28.8%の減となっております。第1項から第7項まで記載のとおりでございますが、主なものは、第1項.企業債が97,400千円、36.3%の減、第5項.工事負担金30,860千円、22.9%の減などとなっております。

 支出は、第1款.資本的支出が対前年度10%ちょうどの減となっております。第1項.建設改良費 128,461千円、26.8%の減、第2項.企業債償還金は元金でございますが、49,755千円、16.3%の増、第3項は予備費 1,000千円で、前年度と同額でございます。

 第5条は企業債の限度額を記載のとおり定めたものでございます。

 第6条は一時借入金の限度額を 500,000千円と定めたものでございます。

 第7条は予算の流用について定めたものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 第8条は一般会計からの補助金の額を定めたもので、記載のとおりでございます。

 第9条はたな卸資産の購入限度額を60,000千円と定めたものでございます。

 以下は附属書類でございますので、省略させていただきます。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。

                  (降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。



◆10番(和崎正衛君) 

 収入給水収益、ずっとアップの形で予算を組んできたんですね、毎年。数%の売り上げ増の見方で。ことし、それをダウンさせたことは、プラス・マイナスすれば倍のダウンになるわけですけれども、それはどういう見解で、どういう資料に基づいて、そういうふうにダウンしたものを出されたんですかね。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 平成11年度以降、伸び率がほぼ横ばい状態、 0.2%とか、その程度の伸びを示してきていたわけですけれども、昨日、補正予算を議決いただきましたけれども、平成14年度の実績を平成13年度の実績と合わせてみますと、約 0.2%程度の落ち込みになっております。そういった中で、今の状況からしますと、大口需要者の需要量が年々下降線をたどっておりますので、そういったものを勘案しまして、今年度、対前年度マイナスの予算を組ましていただいております。



◆10番(和崎正衛君) 

 この当初予算をつくったのが先ですか、補正予算をつくったのが先ですか。

 今、補正予算の結果で、 0.2の落ち込みのどうのこうのと言われるけど、この当初予算をつくった時間的なものと、僕が心配するのは、売り上げ収入がここでこういうふうに起算をしたから、収入が減るから、料金値上げをするというような礎をつくっとるんじゃないかと懸念して、追及しているんですよ。その点、もう少し具体的に説明してくださいよ。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 時期を申せば、補正予算が後に着手はしております。

 ただ、状況的には、それぞれ平成14年度の実績の状況を見ながら進めておりますので、実績としましては、平成14年度の11月の使用料の収入見込みぐらいまでをそれぞれ勘案して、予算を作成しております。



◆17番(山田慶一君) 

 8ページと9ページですけど、その職員数なんですが、8ページでは、多分職員が47で、嘱託が2名だと思うんですよね。それで9ページでは、職員数が49名、これは同じことなんですか。



◎水道事業管理者(前川章君) 

 これは8ページの分は、3条予算と4条予算に分けて、47名と2名の配分でございます。計の49名ということで、9ページの49名とは同じということです。



◆17番(山田慶一君) 

 ということは、9ページの職員の中に嘱託職員が2名いるわけですか。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 いや、人員的には49名で変わっていないと思いますけども。



◆17番(山田慶一君) 

 嘱託職員、検針は嘱託だと思うんですが。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 検針は嘱託ではございません。委託をしております。

 で、この職員数は市の職員数を計上しております。



◆17番(山田慶一君) 

 委託職員は何名ですか。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 検針委託を5名、それと1社でございます。



◆17番(山田慶一君) 

 検針委託を5名と、その後がよくわかりませんでした。

 そうするとね、今までは職員の中で検針もやってて、その人数が出ていたわけですよね。そしたら、結果的には水道で働いている職員数というのは、今まで職員でやっていたことは重要な仕事ですので、54名という認識でいいですか。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 人員的には、昨年と変わっておりません。ちょっと宙には覚えておりませんけれども、検針の委託をしたのは、もっと前でございます。



◆17番(山田慶一君) 

 それで、簡水と合併ということで、簡水との合併にかかわる職員が何名ということで、例えば、以前の簡水と合併する前の職員数と比べて、結局財政厳しい折ですね、人員削減の努力が見えた部分を、人数を教えてください。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 これは昨年の予算のときに御説明をしたと思いますけれども、簡水、工水を水道局の方で事務をするようになりました。

 そういった中で、水道事業、工水事業、それと簡易水道事業の三つを行うのに対しまして、職員53名で対応をしております。



◆17番(山田慶一君) 

 その49とか53、どこに53が出てくるわけですか。結局、この……。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 簡易水道事業会計で2名、工業用水道事業会計で2名、水道事業会計で49名を組んでおります。



◆17番(山田慶一君) 

 ということは、49名で水道をやられていて、その簡水の部分の職員とはもう全然関係なくて、結局、その努力された部分がちょっとあるのかどうかということですよ、職員数で。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 これは水道局で、水道局も努力したといえば努力したと思いますけれども、市全体の中で、従来簡易水道課9名でやっておりました簡易水道事業、工業用水道事業を水道局で行うことによって、全体で53名の、いわゆる人数で対応するということでございます。

 それと、それぞれ2名ずつ張りつかせておりますけれども、その2名はそれぞれ工業用水道事業のみ、簡易水道事業のみをするのではなくて、53名全員で、その3会計の事業について事務を行うというふうなことにしております。



◆17番(山田慶一君) 

 ということは、その水道職員は49名だけど、今、水道局にいる職員は簡水と工水から出向かなんかとにかく来て、実際は53名、あすこにおられるということですね。そんな中で、事務を若干努力されていると。

 ところが、ボート場とかなんかでは、ことし今6名ですか、前年度も川口部長努力されていますよね、削減を。多分8名かそれくらいされていると思うんですよ。以前はその人数でできたものを2割5分ぐらいの、約3割近くの減で対応されておるわけ、ボート場は。

 そうすると、水道の方は、そういう努力を全然されていないわけですよね。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 それは昨年度も努力をいたしましたし、今後も人数をこのまま将来的にもこの人数でいくというものではなくて、適正な人員配置につきましては、今後もその適正配置に向けて努力をしていくということでございます。

 ただ、事務を昨年4月に引き継ぎましたので、いろんな引き継ぎの中で、考えられなかったような状況がいろいろ出てきております。そういったものを勘案して、今1年経過しようとしておりますので、その1年間を踏まえて、そういった人体制、人員的な体制につきましては、検討してまいるというふうに考えております。



◆17番(山田慶一君) 

 ボート場では、管理課長が長らくおられなかったんで、それは実際はもうおられなくてもいいということで、そのまま減になったわけですが、現在、県議員に出られる候補もいて、その職員が1名減になっているはずです。その1名はおられなくても、仕事は2カ月間はできるわけですよね。そういうものはやっぱり減にするべきだと要望します。

 もう1点ですけれども、8ページ。

 特殊勤務手当です。減額はされていますけれども、本庁の職員と企業手当等で違いがありましたけれども、これは本庁と横並びになりましたか。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 特殊勤務手当につきましては、まだ企業手当等、本庁と横並びになっていない部分がございます。

 ただ、昨日の住居手当とか通勤手当につきましては、同額でございます。



◆17番(山田慶一君) 

 給与の平均も出ていますので、企業手当等で、本庁の職員と水道の職員では、幾ら年間違うわけですか。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 ちょっとあれですけれども、約10千円程度は違うんじゃないかというふうに考えております。



◆10番(和崎正衛君) 

 大事なことを確認しておきます。

 これは初めて載った議案と思うんですよね。10ページの資料ですね。

 これは水道局管理者と組合の努力によってというよりも、当然早くしなくちゃいかんやったことだと思うんですけどね。この意味は、一般会計制度との異同て書いてあっですね、扶養手当同じ、住居手当同じ、通勤手当同じということは、今回こういうふうに同じにするということですね。今までは違っていたという理解でいいんですか。あえてここに書いてあることやから……。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 この手当につきましては、従来から同じでございます。



◆10番(和崎正衛君) 

 もう一回確認、次長、先ほど扶養手当は違っているというような、企業会計の方と一般会計の方は違っているというような、山田議員の答弁の中にあったようですけど。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 私がちょっと音声というんですか、聞き取りにくかったと思いますけれども、私は企業手当というふうに申したつもりでございます。



◆10番(和崎正衛君) 

 とすれば、その他の手当は一般会計制度と同じということは、書かなくてもいいんですよね、これ。

 そいで、もう一回確認したいのは、今度、条例変更が出てますね、住居手当と通勤手当。これは本庁並みにいくということですね。

 そしたら、水道で違うのは、代表的な特殊勤務手当と代表的なて、あたかも書いてあったですけど、非代表的な手当がまだあるんですか、いっぱい。そのあたりをはっきりしときましょうよ。代表的なこと二つ書いてあっですけど。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 水道局の特殊勤務手当につきましては、先ほど申しました企業手当と、それと徴収員手当、それと検針手当、それと変則手当でございます。



◆10番(和崎正衛君) 

 委員会に明らかに出してください。ここんにきは、はっきりさせておきましょうね。代表的な特殊勤務手当の名称ちゅうけど、非代表的な特殊勤務手当でも、税金、この収益から出ていることは間違いないんですよ。そいで、今ちょろっと言葉じりをつかまえるようだけれども、何かまだお金を使う、扱うのに取り扱い手当を出しておるような手当が出ていますね。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 徴収の手当と申しますのは、一般会計で税務課の職員に手当として特勤手当が支給されている部分と同じでございまして、水道局独自という部分につきましては、企業手当と、それと検針、検針の場合はほとんどが委託でしておりますけれども、委託者が例えば病気とか、けがで検針できなかった場合に、職員がする際に1日当たり幾らということで出ますけれども、それと浄水場の変則勤務の手当でございます。



◆10番(和崎正衛君) 

 これ、意見になるかどうかわかりませんけれどもね、私、だから委員会に出してくださいよ。

 浄水場の特殊勤務手当、夜勤から3勤交代とかなんとかあっとでしょう、これは。そういう手当については何も言わないんですよ、それは特異な勤務ですから。

 だけど、水道局というのは水を売って幾らかもらって、そして、それによってあなたたちの給料が払われるけんね。それに対して、徴収するのにお金がかかるとかなんとか、ここに予算が組んであること自体がおかしいんです。徴収も検針も、メーターを見なければ幾らかわからんわけですから。おれの仕事じゃないわいというて、それを特別にしたけんて、その手当をもらうちゅうのもおかしいんですよ。だから、そういう手当の種類もね、あからさまに今回、委員会に提出をお願いします。いいですか。



◆17番(山田慶一君) 

 確認ですけれども、企業手当というのは、水道局に勤めると、24時間万が一のときには出動しなければならないと、消防署とか……。そういうふうな手当でしたかね。

 例えば、本庁なんか安全対策なんかも台風とかなんかのときには24時間体制ですよね。そういう手当ですかね、企業手当というのは。



◎水道局次長(吉野哲君) 

 そういった意味も含められております。



◆17番(山田慶一君) 

 その企業手当以外にそういうふうな手当って出てますか、別に。



○議長(馬場重雄君) 

 今、和崎議員の質問の中にあったとおりでございますので、委員会に詳しい資料を提出をいただけるということでございますので、委員会にお任せをいただければというふうに思います。

 ほかにございますか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

 本案は建設委員会に付託します。

 日程第11.第56号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎水道局次長(吉野哲君) 登壇

   −−−−−−−−−−−−−−−−



△第56号議案 平成15年度長崎県大村市工業用水道事業会計予算

   −−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 1ページをお願いいたします。

 第1条は省略させていただきます。

 第2条は業務の予定量を定めたもので、記載のとおりでございます。

 第3条は収益的収入及び支出の予定額を定めたものであります。

 収入の第1款.工業用水道事業収益は、対前年度 8,893千円、 6.2%の減となっております。第1項から第3項までの記載のとおりでございますが、料金収入は、今議会にお願いしております料金改定に伴い、16,697千円、17%の大きな増となっております。

 支出の第1款.工業用水道事業費用は15,425千円、 9.1%の減となっております。第1項から第4項まで、記載のとおりでございますが、主なものは、物件費65,229千円、23.3%の増、減価償却費57,385千円、 0.3%の減、企業債利息44,342千円、 3.2%の減などとなっております。

 なお、損益計算上では、対単年度49,303千円の損益となり、累積欠損金は 244,393千円となる見込みでございます。

 第4条は資本的収入及び支出を定めたもので、収支で不足する額を記載のとおり補てんするものでございます。

 次のページをお願いします。

 収入は、第1款.資本的収入が対前年度 7.5%の減となっております。第1項から第3項まで、記載のとおりでございます。

 支出は、第1款.資本的支出が対前年度41.4%の減となっております。第1項.建設改良費は固定資産購入費のみで21,911千円、96.4%の減、第2項.企業債償還金は、企業債の元金償還金でございますが、 1,450千円、 5.4%の増、第3項は予備費でございます。

 第5条は予算の流用について定めたものでございます。

 第6条は一般会計からの補助金の額を定めたもので、記載のとおりでございます。

 第7条は棚卸資産の購入限度額を 1,000千円と定めたものでございます。

 以下は附属書類でございますので、省略させていただきます。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。

                  (降壇)



○議長(馬場重雄君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これをもって質疑を終結します。

 本案は建設委員会に付託します。

 先ほどから、松崎議員の質問に対する答弁を留保しておりましたが。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 先ほどの地域子育て支援センターの前年度の実績ですが、鈴田保育園ですね、数字を逆に言っておりました、済みません。

 登録者数が 105世帯、参加者延べ数 1,998人、内訳が母親は 860名、子供 138人。

 それから、昊天宮ですが、登録者数が 135世帯、参加者延べ数 3,408人、内訳が母親 1,631人、子供が 1,777名。

 それから、要望があればつくるかという御質問だったですね、それよろしいんですかね、はい。



◆1番(松崎鈴子君) 

 これは、すこやかセンターと重複登録ができますか、できませんか。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 重複はやはりできないと思います。



○議長(馬場重雄君) 

 松崎議員、よろしゅうございますか。(発言する者あり)



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 できるそうです。



○議長(馬場重雄君) 

 以上で、本日の日程はすべて終了をいたしました。

 本日はこれで散会をいたします。



△散会 午後1時55分

 上記会議録を調製し署名する。

    議長    馬場重雄

    署名議員  音成征彦

    署名議員  今村典男