議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 大村市

平成14年  9月 定例会(第5回) 09月03日−02号




平成14年  9月 定例会(第5回) − 09月03日−02号









平成14年  9月 定例会(第5回)



◯出席議員は次のとおりである。

      1番  松崎鈴子君      16番  恒石源治君

      2番  山田寿美君      17番  山田慶一君

      3番  田崎忠義君      18番  田中 守君

      4番  里脇清隆君      19番  今村典男君

      5番  音成征彦君      20番  馬場重雄君

      6番  廣瀬政和君      21番  永石賢二君

      7番  川添勝征君      22番  田中善典君

      8番  北村誠二君      23番  山口宣彦君

      9番  田中秀和君      24番  丸谷捷治君

      10番  和崎正衛君      25番  三原十一君

      11番  山北正久君      26番  細川隆志君

      12番  富永秀男君      27番  中川志朗君

      13番  前川 與君      28番  宮本武昭君

      14番  岩永光功君      29番  永尾高宣君

      15番  田中昭憲君      30番  五反田良二君

◯欠席議員は次のとおりである。

      なし

◯地方自治法第 121条により出席した者は次のとおりである。

   市長      甲斐田國彦君   都市整備部長    朝長眞夫君

   助役      島 信行君    病院事務部長    石丸哲也君

   収入役     松添友武君    水道事業管理者   前川 章君

   大村市理事   雄城 勝君    水道局次長     吉野 哲君

   大村市技監   中村 正君    競艇事業部長    川口一典君

   総務部長    黒田一彦君    教育長       清原章宏君

   企画財政部長  遠藤謙二君    教育次長      中村満男君

   福祉保健部長  田中清彦君    監査委員事務局長  田中征四郎君

   産業振興部長  津田 学君    総務課長      福田和典君

   市民環境部長  伊東正人君

◯本会議の書記は次のとおりである。

   事務局長    前田重三朗君   書記        三谷 治君

   次長      杉本高光君    書記        針山 健君

   議事調査係長  太田義広君    書記        久冨健一君

   書記      岸川秀樹君

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              第5回定例会議事日程   第2号

           平成14年9月3日(火曜)午前10時開議

第1 市政一般質問



△振鈴 午前10時



△開議 午前10時3分



○議長(馬場重雄君) 

 おはようございます。出席議員は定足数に達しております。議事日程第2号により本日の会議を開きます。

 田中昭憲議員から遅刻の届けが出ております。

 なお、病院長から欠席の届けが出ております。

 日程第1.市政一般質問を行います。

 最初に、16番恒石源治議員の質問を許可します。恒石源治議員。



◆16番(恒石源治君) 登壇

 皆さんおはようございます。きょうは9月議会の一般質問の初日と、折しも私が1番に当たったようでございます。議運の時間の都合で、自分が引けたか引けないかわからんけど、私が引けば3番ぐらいに当たっていたんじゃないかなという気がしておりますけど、何しろ1番に当たった以上は1番、これはもうしようがないことでございます。

 それと、いろんな都合で資料が十分につくる時間がとれなくて、急遽ゆうべ夜遅くにやっとでき上がったという現状でございますけど、市長初め関係担当者の方に、毎回お願いしているように明快な答えをいただけば、今回5人、あと4人、4人ですか、日程も17日が12日に終わると短縮されておりますけど、一般質問も短くということで各同僚議員の御意見もありますから、できますれば答えを短く明快に、市民のためになる返答をいただけば、もう時間的には30分もかからんのではないかなと。しかし、27番議員と26番議員が、時間引っ張ってごねごねごねごね言えよという意見もございますけど、私にしましたら早く終わるものは終わった方がいいんじゃないかなという考えに基づいて質問をしたいと思っております。

 毎回同じ質問になりますけど、答えがはっきりした答えにいまだになっていないということで、同種の質問になります。

 まず1点目、高良谷牧場の開発についてですけど、開発といいますか、今まで過去に数十年遊ばせていた大村市の所有山林があるということで、大村市の活性化、また子供たちの、お年寄りたちの憩いの場として活用したらどうかという趣旨で遊園地をつくると。また、それに伴って地元の雇用問題、大村市の特産品の販売といいますか、そういうこと、いろんな意味でも、つくる価値があるんではないかと。

 前回もこの席で詳しくは言ってないと思いますけど、萱瀬地区において約80数名の方に現地を見ていただいて、ここにそういう遊園地をつくりたいという夢を持っていますということで見ていただきました。80数名の方の返事は、そこで出た返事は、こういう風光明媚なところで、距離的にも高速道路、広域農道から近いということで、どうせ数十年遊ばせていたんだったら、あと20年、30年遊んでいたつもりで、土地の無料提供ということがありますけど、それはいいんじゃないかと。ぜひ頑張ってできるように努力してくれという意見でまとまった次第でございます。そのときは萱瀬地区の方だけに限定されましたけど、その前も、その後も市内の方々に、私の知り合いが大多数ですけど、こういう考えを持っているという話をしましたけど、いや、そんなものはもうつくらん方がいいよという方は、まだ現在のところ1名もいらっしゃいません。ほとんどの方が、それはいい、やってくれという声が出ております。

 それに基づいて過去、もうきょうで7回目ですかね、ここで質問に立っているわけですけど、先月、市の方から、担当者の方から話し合いをしたいということで話し合いに臨みましたけど、その担当者の方の返答が、部長含めて3名か4名だったと思いますけど、1人の方がPFIでは遊園地事業はできないという言葉が出ましたので、私も過去に東京に2回か3回行きまして、本当にこの事業でできるのか、いろんなところに行って話をお聞きしたり、また、いろんなことを調べた結果が、できるということに基づいて東京からも3回、4回と現地も見ていただいて、これならできますよということでもう3年を過ぎましたけど、ずうっとお願いしてきたわけでございます。

 市長は、企画調整課が私の代理として窓口にしますからということで話をやってきたわけですけど、市長自身におかれましても、これがPFI事業としてできるかできないか。また、このPFIがどういうものかという勉強をされたか、調査をされたか、その辺をお聞きしたいと思います。

 それと、できるということであれば、今まで6回も7回も、また議会じゃない場所でも数回お願いをしてきたわけですけど、いまだにやろうという返事がいただけないのは、少年野生の森が原因であると、3月議会ですかね、答弁ありましたけど。少年野生の森も、私の聞き及んでいるところによりますと、もうこの不景気なときに利益を生まない事業はいっときだめだという議会の反対もあるふうに聞いております。どうしてもやらなくちゃいかん事業は、教育問題、福祉問題含めまして、これはやるべきだと私も思います。しかし、昔から子供たちの遊び場は、我々子供のときは、そこにあるシーハットの体育館じゃないけど、そういうものはなかったわけです。野で遊び、川で遊び、海で遊び、自然の中で遊んでみんな大人になってきておるわけです。これが急にそういう施設がないと遊べないという状況にはなってないと思います。自然の中の遊びが一番大事ではないかなと私は思います。

 そういう観点から言いましても、少年野生の森、箱物をつくってそこに宿泊して勉強しなくても本当に昔の林間学校ですか、いろんなところに泊まりがけのあれは、やろうと思えば今でも公民館を使ったりいろんなことを各子供会ではやっておられます。そういう中で、少年野生の森をつくる予定地の近くでは遊び場はまずいという答弁でしたけど、その野生の森もいまだいつできるか、これもはっきりしていない。その状況の中で、高良谷牧場に遊園地をつくるという私の発想でのお願いが回答が得られないという、その野生の森問題だけじゃなく、ほかに理由があるのかないのか、どうしてこれができないのか、その辺をはっきりきょうはお聞きしたいなと思う気持ちで質問に立っております。

 以上、高良谷牧場の遊園地の問題につきましては、もうこの事業を市としてやるのかやらないのか、決断をはっきりしてもらわんと、私もこれ同じことをもう3年間言い続けてきたわけで、もう3年過ぎました。だから、同じことばっかり言ってばかじゃないかと、同僚議員ももうほとんどの方がそう思っているんじゃないかなと思って、しかし、これはどうしてもやりたいと、やりたいからここに立っておるわけで、その辺は皆さんもよかったら大村市民のため、子供たちのために、だれか1人ぐらいいいことはやれよという議員が出てきてもおかしくないんじゃないかなと思います。できましたら協力をお願いしたいと思います。

 次に、これまた萱瀬地区の問題ですけど、郡川にかかる橋のかけかえについてです。

 これも過去にお願いしてきたわけですけど、事情は市政懇談会から始まったわけですけど、久良原橋はできました。その次、椎葉橋というときに、萱瀬小学校の前の朝追岳橋が児童たちが橋を渡るのに危ないと。狭いし、歩道もないということで、順番を朝追岳橋に優先順位を譲ってくれんかという萱瀬地区の方々の声が多かったもので、中岳町の方に椎葉橋の順番だけど、朝追岳橋を先にといういろんな話をした結果が、中岳町も子供のことが優先するということで朝追岳橋ができたわけですけど、その後、椎葉橋については予定がないと。調査はされたみたいですけど、かけると、耐用年数が、上部工だけやりかえるとか、強度の問題とかいろんな調査をされたみたいですけど、もう上部工のかけかえはできないと、基礎から、橋台からやり直さんといかんというような結果が出たように聞いております。しかし、その後、橋のかけかえをやるという方向性はまだ出てないわけでございます。

 それと、これ引き続きになりますけど、石割場橋の問題ですね。これ朝夕行ってみられたらわかりますけど、九電工が国道から雄ケ原に移転した、その以前にコマツ電子の従業員さん、特に彼杵地区とかあっちの方が、広域農道から坂口の農協のところまで出らずに手前から左折されて石割場橋を渡って登っていくというコースを通る車が結構多いわけですね。それで、地元の方とのトラブルも結構出ておるみたいでございます。

 それで、橋のかけかえが無理なら道路の拡幅と。若干昨年やってもらいまして、20メートルぐらいやってもらったわけですけど、まだあれでは不十分だという地元の要望も出ております。突き当たりのところまであと七、八十メートル、60メートルか80メートルか、そのくらいじゃないかと思いますけど、拡幅をして、橋だけは狭いけど、先は広くするとか、できますれば荒瀬橋はもう昔に広い大きな橋になっているわけですから、石割場橋もかけかえるという予定に入っていたわけですので、この際、石割場橋も順番でかけてもらえるもんか、かけかえをやってもらえるかどうか、その辺の答弁もいただきたいと思います。

 続きまして、市道萱瀬の田下の先から橋を渡って右折する南川内に行く道路の拡幅問題ですね。

 これを一昨年あたりから拡幅をお願いしているわけですけど、予算がないということで、そしたら離合場所だけでも先につくってもらえないかと。実際走ってみられたらわかると思いますけど、上から車来たら、もう全然かわらんですね。バスなんか来たら、離合場所をつくったところでもかわしづらいという状況です。天気のいいときはそうでもないけど、夕暮れどきの暗くなりかけたときとか、雨降りとか、そういうときが本当に私も走ってみて非常に危ない。いつ事故が起きてもおかしくない。地元の方の、これは南川内だけじゃなく萱瀬全体の方が、この道路は早急にやってもらえないかという声は以前からずっと続いておるわけです。

 上にシャクナゲ公園があります。1回そこに来た人も、道路が狭いと、あそこの道路があんなじゃ、ちょっと行きたくないと。これは私の友人ですけど、矢上の方ですけど、長崎大学の教授たちと鳥甲に毎年昔来ていたある会社の社長が言ってましたけど、あの道路はどうにかならんとやろうかと。あの道路が広かれば、本当高速おりてすぐやし、毎年来たいと、そういう声も出ておりました。

 シャクナゲまつりも年々そういうことが影響、それだけじゃないかもしれませんけど、観光客のお客さんの数が減っているんじゃないかなという気がします。五太郎林道から昔のバスの終点、橋のところまでを広げたら、もっともっと市外のお客さんも来てくれて、祭りのときだけになるかもしれませんけど、いろんなことができるんじゃないかなというふうな気がいたします。

 福祉を含めましていろんな事業で予算がかかるというのはわかりますけど、やっぱり道路事情という問題は生活していく上では一番大事なことであると思います。そういうことから前も、今の市長か前市長かわかりませんけど、地元の方の話では、シャクナゲ公園の上の方の道路整備が終わったら下の方も続けてやりますということを言われたというのを最近半月ぐらい前ですかね、私が南に登ったときにそういう話も聞いたわけです。そういう約束事があれば、生活用道路ですので、何とか五太郎林道から橋の何号橋というんですかね、昔のバスの終点のところまで拡幅をできるだけの予算をつけていただければ、計画的にやっていただければでき上がっていくと思います。その辺の今後計画を立ててやってもらえないか、もらえるかどうか、これはほんと地域の人たちはそれを楽しみにしているわけですので、できればできるかできないかの答弁をいただきたいと思います。

 私のお願いは以上です。

 市の方も不景気、不景気と、全国的にこれ一緒ですけど、その中で何を優先してやっていかなくちゃいかんか、その辺を真剣に考えていただいて、まあ真剣には考えてもらっているんでしょうけど、いろんな意味において優先するべきことは優先する。また、やりましょうと言うたことはやっていただくということで、できるものはできる、できないものはできないと、そういうふうな御返事をいただければ結構です。

 以上。あとは自席で質問させていただきます。

                  (降壇)



◎市長(甲斐田國彦君) 登壇

 おはようございます。恒石議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、高良谷牧場につきましてですが、この整備については、補助事業としては終了をしたところでございますけれども、まだ畜舎の整備とか、あるいは小動物をそろえたところのふれあい牧場として引き続きここの整備をしていきたいと。そういうことの中で、あの高良谷牧場からの景観もすばらしい。そして、市民が小動物等々と触れ合って過ごせる場所として整備していくということがあそこの整備する一つの目的になって、現在も散策道路等も整備されておりますので、そういうふうなこととあわせてやっていきたいと、そのように思っております。

 これまで議員が提案をされております高良谷牧場の構想でございますけれども、これまで関係課で鋭意協議をさせて検討させておりますけれども、現時点では非常に難しいんではないかと、私は判断をいたしております。

 このPFI方式でできないということを担当からの話があったということでございますが、民間が実施主体となるということではできないということだと思います。市がこれを実施するという、市が実施主体となるということであれば、PFI方式というのはこれは可能であります。ただ、そのPFI方式でやる場合に、市が市民のために、あるいは市のために何をやるのかということが一つの市の事業としてこれがまずは確立されなければならない。市のために優先してやるべきものであるのかどうかというのが、このPFI方式でやる一つの大きな目的でもあります。公共資金の最も有効な運用というのが、このPFI方式の一つの眼目でもあります。

 そういうことで、この点について今後どうするかということでございますけれども、問題はPFI方式というのが、そのPFI方式の導入そのものが目的化されてしまいますと、このPFIに適した事業が他の事業に優先してしまうということになりかねない。そういうことで、真に必要なものというものがいわば外されてしまうということになりかねないということで、まずは市の事業としてどれを優先させるかということが全体として検討されなければならないと、そういうことの中でのPFI方式の導入であろうと、私は考えているところでございます。

 次に、椎葉橋のかけかえでございますが、6月議会にも議員の御質問がございましたけれども、市内には老朽化の著しい橋、あるいは自動車が大型化した、あるいは交通量が増大をしたということで幅員が狭くなっている、あるいはこれがボトルネックになっているというようなそういうところで車両の通行、あるいは歩行者の安全に支障を来している橋というのが幾つもあるわけでございまして、これを優先順位をつけて今後とも整備をしていかなければならないわけであります。

 萱瀬地区の市政懇談会で長年にわたってかけかえの要望がなされている椎葉橋でございますが、この橋につきましては整備を行うべき橋の一つであるということは承知をしているところでございます。これを今かけかえるかどうかということについては、これが非常に事業費を多く必要とする事業でもございますので、今後、市内のそれぞれの橋の優先順位を見きわめながらこれを整備していきたいと、そのように考えているところでございます。

 次に、石場橋のかけかえにつきましては、平成15年度から国道 444号の荒瀬工区が拡幅改良に着手をするということになっておりますので、この荒瀬工区の完成後の交通状況等の推移も見ながらかけかえの整備計画も検討しなければならないと、そのように考えております。しばらくは現在の橋を大事に使ってまいりたいと、そのように考えております。

 次に、市道南川内線の拡幅工事につきましては、これも市政懇談会等におきまして再三にわたり拡幅改良の要望があっているところでございますが、この拡幅改良は地形上極めて多額の事業費を要するということでもございます。そしてまた、現在の交通量、沿線の開発状況からして本格的な改良整備というのは現時点では困難であるということで、まずは退避所、離合場所の設置ということで対応しているところでございます。そこで、平成12年度に地元の関係者と現地の立ち会いを行いまして、まずは5カ所の離合所を設置したところでございますけれども、平成13年度についても再度の要望がなされました。また、さらに地元の関係者との現地立ち会いも行いまして、本年度に実施することを決定いたしているところでございます。

 他の足らざる点につきましては、部長からお答えを申し上げます。(降壇)



◆16番(恒石源治君) 

 今の市長の答弁では、高良谷がいろんなふれあい牧場とか、そういう計画があるからできないと。しかし、遊歩道にしても、私もちょいちょい登ってますけど、だれも行ってないんですよね、人が。だから、今度本当に役所の市長含めて担当者の方が遊歩道が利用されているということであれば、今度1回立ち会いで私もついていきたいなと。私が行ったときは日曜なんかも、こういうところで話をする以上は確認という意味で登りましたけど、人は来てませんよ。

 それと、ふれあい牧場というのは小動物、何か聞いた話では、フェスティバル的なものをやる計画だと。それと遊園地をつくるという意味は全然違うわけですよね。ふれあい牧場というのは、今の牛の放牧場での計画だと思うんですけど、この高良谷に遊園地をつくるということができないと−−できないというか、やらないというか、その中での私がポニーを飼ったりいろんな意味で子供たちを自然に親しませるということをずうっと言い続けてきたわけですけど、そのふれあい牧場もいいです。いいけど、それを年に1回とか、秋と春と2回やるか、年に1回かわかりませんけど、そういうものより大村市民の8万 7,000市民がいつでも行ける、また市外から人を集客といいますか、来ていただく、市外の方にも来ていただく、そういう大村市の活性化を考えてのお願いなんですよ。その意味からいきますと、動物のふれあい牧場をやるというのは、大村市内の方は一部は来ると思いますけど、牛やウサギやらそれを見にわざわざ行こうかという人は、果たして大村市の人口の何%の方が行かれるか。これを計画された担当部長か市長か、どちらでもいいですけど、大体どのくらいの人たちの参加を見込まれていますか、まずそれから1点お願いします。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 私は、ふれあい牧場の整備をやっておるから遊園地の事業ができないということを申し上げたわけではありません。現在、高良谷牧場でそういうことが進められているということであります。

 それから、遊歩道等につきましては、まだあそこの小動物等の畜舎の整備とか、あるいは触れ合う小動物等の導入とかがまだなされておりませんし、これからこの遊歩道等と一体となったところのふれあい牧場ということが今後整備されるものだと、今後のことでございますので、今そういうことがない段階でまだ市民が、あそこにそういう遊歩道ができていることすら知らない市民も多うございます。こういう点では今後のことだと、そのように思っております。



◆16番(恒石源治君) 

 その趣旨はわかりました。私が今最後にお尋ねした、どのくらいの方たちがそれを望んでおるというか、行かれるか、その予定というか、集客力といいますか、どのくらい見込んでますか。



◎産業振興部長(津田学君) 

 現段階では何名というような予想をしておりませんけれども、PRに努めてたくさんの市民の方においでいただくように努力してまいりたいと思います。



◆16番(恒石源治君) 

 予定が立ってないというのが現状ですね。いろんな道路問題、いろんな市民の方の要望が予算がないという中で、国の補助、県の補助をいただいての事業でしょうけど、先ほど私が主質問のときに話したように、予算がなかったら、ないなりの計画を考えていただかないと、市民はそれだけ不自由するわけですよね。不便さが出てくるわけですよ。まず、小動物を見に行くより、やっぱり道路がないところに道路をつくってもらいたいとか、そういうことを考えてもらわないと生活の利便性が果たせないと、その辺の考えは持ってらっしゃいますか。どちらを先に、生活が先か、小動物とかそういう−−最初の出発が国の補助事業かもしれませんけど、牛の委託問題とか、そこから高良谷の利用が始まっておるわけでしょうから。

 それに牛も、私がこの高良谷の問題を取り上げた時点では、牛の畜産農家に聞いても預けとうないという声が聞いたし、また農協もやめたいというような話も聞いたわけですよね。もう一、二カ月になりますけど、大村市農協と諫早市農協が合併しまして、諫早の理事さんに聞いたら、採算の合わんことはもうやめてもらわんば困るという話も出たわけです。だから、今後は、今やっている既存の事業はすぐやめるということはないでしょうけど、農協においても採算性のないことはできないという理事の声が出ていると。大村市だけの話では通用しなくなってきておるわけですから、その辺も含めまして高良谷のあの60ヘクタールですか、土地をそういうものだけの利用を考えているわけですか、市長。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 今、ふれあい牧場としての機能を果たさせようとしているところを、これが高良谷牧場全体をそれにしようということではありませんが、あの雄大な広がりの中で、いわば近年特に重要視されておりますアニマルセラピー、小動物等と触れ合うことによって精神をいやされるというようなそういうことを求める市民が多くあるということで、大自然の中でのそういう触れ合いというものをやるのに適したところである。しかも、これがそれほど莫大な経費を要するものではない。議員がおっしゃるように、これについては、何名来てくれたらこれがペイできるとかなんとかというものではございませんで、私は市民のそういう心をいやす、あるいは豊かな市民生活を送る上においてのそういう施設は選択肢がたくさんあった方がいいんではないかというふうに思っております。ただ、高良谷牧場の一角にそういうものがあるということは、私は非常に市民のためになる事業だということでこれを採用させていただいたわけでございます。

 そして、あわせて牛の放牧につきましては、これは一つの事業として、畜産振興の事業としてこれはやっているものでございまして、これも一つは雄大な自然の中の一つのアニマルセラピーの、触れ合うことはできないかもわかりませんけれども、牛に触れ合うことはできないかもわかりませんけれども、そういう牧場が展開しているということも一つの効用を増すそういう施設であろうと、そのように考えております。



◎産業振興部長(津田学君) 

 牧場に対する牛の預託の数のお話がございましたけれども、昨年は1日平均73頭ということで、ちょっと少のうございました。公共牧場の機能強化ということが終わりまして、施設設備等も立派になりましたもんですから、14年度になりましてからは大幅にふえまして、現在 110頭程度にふえております。各農家にもお願いをいたしまして預託頭数の増加に努めているところでございます。

 以上でございます。



◆16番(恒石源治君) 

 牛の放牧の片隅にふれあい動物、小動物が触れ合うことができる場所があると。それは今の牛だけの放牧だけで、そういう子供たちが遊びに行ったりそういう触れ合わせるという場所がないよりはあった方が確かにいいです。それは私も認めます。しかし、先ほどから言いますように、これはほかの問題とごっちゃになりますけど、予算がないから橋も大事に使って辛抱してくださいよ、我慢してくださいよという中で、ふれあい牧場も市の予算がゼロではできんはずですよね。市の金も当然税金をつっ込んでつくるわけです。また、県の補助、国の補助といっても皆さん県税、国税払っておるわけですよね。だから、そういう税金の今、県も国も市も当然ですけど、税金がない、足らない状況の中で何が必要かを真剣に考えて優先順位を決めてくださいという先ほどのお願いは、そういうものも含めてのお願いなんですよ。だから、私が高良谷にふれあい牧場をつくって、どのくらいの方が大村の市民を含めて市外からも観客といいますか、観客数といいますか、どのくらいの人が来ていただけるかと、その予定は立てていらっしゃるかと聞いたのは、必要性を考えた上での質問なんですよ。だから、金があり余って大村市の財政も裕福だと、国も幾らでも補助金を出しますよと、助成しますよという状況の中でなら、それは確かに市長考えておられる立派なことです。しかし、予算がないならないで、何が大事で何が先にやらんといかんか、その辺を考えてやってもらえないかという質問なんですよ。それについてどうですか。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 議員がおっしゃるのは当然でございます。ただ、生活基盤整備、社会資本と言ってもいいと思いますけど、そういうことだけをやるというのが市の事業でもないわけでございまして、総合的に市民が豊かに過ごせるための施策というのは必要でございます。そしてまた、投下する財政の規模というのは、これは橋をかけたり道路をつくったりとすることとこのふれあい牧場を整備するということと、これはそんな比較するほどの大きな事業ではございません。だから、これをやめたから橋のかけかえができるというものでもございません。ただ、本当に必要なものと、こういう厳しい財政状況の中で本当に必要なものはどれかということを優先順位をつけながら、そしてまた特にこういう経費が多くかかるものにつきましては、国、県の補助事業を有効に活用しながらやっていくというのが、これが財政の運営の基本だと、私はそのように思っております。



◆16番(恒石源治君) 

 さっきも言ったように、市長わかるんですよ。わかりますけど、実際にやっておられることが今市長のおっしゃるとおりにやってもらえれば、考えていただければ、私が質問することもないようにできるんじゃないかなと思うんですよ。確かにそりゃ橋の工事金とふれあい牧場の工事金といったら全然比較できないと思います。しかし、例えば橋が1億円かかったとします。ふれあい牧場は10,000千円か20,000千円だったとします。しかし、橋の場合は、折れたら大変な事故につながるわけですよね。人命、生命にかかわるわけです。だから、10,000千円、20,000千円のお金を貯蓄というか、5年間ためれば1億円になるわけです。そしたら起債でもやろうかとか、5年かけてたまるという、民間だったらそういう計算をするわけですよね。だから、橋が高いから、ふれあい牧場は安いからやるんだと。しかし、そういう問題じゃないと思うんですよ。安かっても高かっても、必要なものは我々一般市民買うわけですよね。必要ないものは、ぜいたく品は景気が悪いときは買わないわけですよ。その辺を考えてやっていただきたいということをお願いしておるわけですよ。

 だから、その辺市長、ふれあい牧場は安いからやるんだと、それと高良谷の遊園地と私が言ったから、それに代替えとして考えていらっしゃるかもしれませんけど、私の考えるのは、ふれあい牧場だけじゃなく大村市民を含めて市外からも人を集めた方がいいなと。雇用の問題、活性化の問題、これは毎回言っておると思いますけど、そういうものを含めてお願いしておるわけですよ。だから、その辺をもう1回しつこいようですけど市長、すべてを私が言っていることを、もう市長は十分わかっていると思うんですよ、私の言いたいことは。含めてですよ、最後の質問になります、本当にこの問題についてはですね。もう1回お願いします。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 私は、橋をかけかえるのが高いからやらない、ふれあい牧場は安いからやるんだと、そういうことを申し上げているわけではございませんで、それぞれ必要なところについては、多額の経費がかかるものについても、市民の安全等々を考えてやるべきものについてはやっていくと、これはしっかりやっていかなければならないと思っております。

 ただ、市内に老朽化の著しい橋とか、あるいはなかなか自動車も満足に−−満足にというか、危なくて通りにくいとか歩行者に対する影響が大きいとかという橋梁がまだたくさんあるわけでございまして、それはやっていくけれども、優先順位をしっかり見定めてこれはやっていくと。やらないということではございませんで、この優先順位というのを十分私どもも全体的な観点から、あるいは緊急度合いの高いところから、市民の安全ということで考えて検討した場合に、これはすぐにでもせんといかんとか、そういうことを十分検討しながらやっていくと、そういうものから優先してやっていくということを申し上げております。ただ、椎葉橋にしましても、石場橋にしましてもかけかえを地元が要望されている点につきまして、私どもは十分それは認識しているつもりであります。



◆16番(恒石源治君) 

 私は、遊園地の問題と思ったら、橋の問題に変わりましたけど、橋も大事ですから、遊園地も今後計画的に真剣に考えて取り組んでいかれるかどうか。

 それと橋の問題ですね。椎葉橋、石割場橋。石割場橋の老朽化が一番ひどいと思います。行かれればわかると思いますけど。これは狭いし古いし、強度的な問題ももう耐用年数を恐らく過ぎているんじゃないかなと思われます。その辺をしっかり考えていただいて、順位からいけば椎葉橋ですけど、石割場橋が私は先にせんと危ないぐらいじゃないかなと思われます。しかし、これは上からという順番が位置づけられて久良原、椎葉橋が飛んで朝追岳橋、次は椎葉橋に戻るのが常識的判断だと思いますので、椎葉橋で結構です。椎葉橋、石割場橋と、これ継続してやっていただけますか。計画的にやっていただけますか。

 市長覚えてらっしゃるかどうかわからんけど、8年ほど前ですかね、萱瀬の出張所で市政懇談会で、年次計画でやるようにしますと、野生の森と一緒のときです、おっしゃったわけですけど、市長も忙しく、それだけの問題に取り組んでいるわけじゃないから、人間忘れて当然だと思います。しかし、地区の方も私もそれは覚えているわけですよね。だから、年次計画でやるとおっしゃったことを計画的にやっていただけますか。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 先ほども何回も申し上げますように、この橋梁につきましては市内にも他にそういう危ないところ、あるいは早急にかけかえを要するところがあります。その一つとしての認識はいたしております。8年前といいますか、7年半前に地元からの要望があった折に、地元からは上の方からかけかえてほしいというたしか要望であったと、そのように思っております。そういうことの中で、通学ということの中から、まずは朝追岳橋の方を先にというふうに、その後に変わった経過もございます。

 そしてまた現時点でいきますと、椎葉橋と石場橋との比較をしますと、その当時からしますと石場橋の方はかなり交通量が増したという実態もございます。橋に連なるあの道路、北の方から橋の方に来る道路が狭くなったよという強い要望もあったりしておるわけでございまして、そういう点で少しく状況は変わったなと思いますけど、この二つの橋が地元からの強い要望でかけかえの要望がなされておるということについては十分理解をしておりまして、その点について、年次計画の中でこのかけかえについて、今後ともその中に入れて検討していくということは従前と変わらないわけでございます。



◆16番(恒石源治君) 

 それでは、この二つの橋については年次計画で、市内いろんなところの橋があるとおっしゃいましたけど、できれば具体的に場所を聞きたいなと思います。それは後で結構ですけど、危険度で言うたら、石割場橋にあれだけの交通量があるところでの危険率の高い橋は、大村市内に私の認識ではないと思われますので、優先順位はまず1番になるんじゃないかなと。しかし、中岳町の方に対して、そっちが先というのは常識的に守らんといかんじゃないかなと思いますので、それはもう萱瀬の方たちとの話し合いで優先順位は、1番、2番の順位はどっちでも結構ですので、年次計画でやっていただけるものと理解して、この質問を終わります。

 続きまして、南川内の道路ですね。これも先ほどちょっとだけ市長おっしゃいましたけど、離合場所を5カ所とおっしゃいましたけど、正確に言えば4カ所ぐらいしか役を果たしてないんですよ。その4カ所もバスとか大きな車が来たら、乗用車もスピードがちょっと出ておったらぶつかるぐらいの、かわせないぐらいの離合場所しかないんですよね。それと、工事が金がかかる、難工事になると。それはがけの方は金もかかります。難工事になります。しかし、登って左側はあれ市有林ですよね。確かに防風林とかいろんな国の問題があるのはあるでしょうけど、それは解除できるんですよ。だから、大村市の自分の土地を削っていけばいいだけだから、金はそうかからんわけですよね。時間はかかりますよ、防風林解除とか、その手続は当然かかると思いますけど、そういう手続をされて市の自分の市有地を削り取って広げていく、そういう工法での拡幅というのはやってもらえんでしょうか。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 保安林解除とか、そういうものがあるということはあるわけでございますが、それは申請をすれば解除はできるものでございます。そういうことで、多大な工事費がかかるということにつきましては、両側を削ったりブロック積みあたりをついたり、土とめ工をするということになりますと両側、どちらも余り変わらないような事業費がかかるわけでございます。そういうことで、一応暫定的に離合所対応をしておいて、部分的にも安全対策を図っていこうということで考えております。



◆16番(恒石源治君) 

 ブロックは確かに金はかかりますよね。削る分にはそんなにかからんでしょう。のりにして削って、登って左側ですね。ずっと削ってのりにしていけば、そんなに金はかからんじゃないですか。右側はさわらんでもいいと思うんですよ。どうですか、部長。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 掘削、削ってということでは、現在の工法では許可ができないというふうなことで、転石の落石防止策とか、そういうものを施してやらないと十分な施設ではないということでございます。そういうことで、安全対策等も考えて事業費がかかるということでございます。



◆16番(恒石源治君) 

 あの左側の山の斜面の角度ですね。あれは今拡幅してもしなくても、現状でもそんなに変わらない角度で済むと思うんですよ。ただ、山が奥にちょっと切り取るだけで。今、部長が言うのは切り取ったら角度が変わる。勾配差がつくような地形だったらわかりますけど、あれはなだらかに奥に入っていってますから、そこに今、道路幅が3メートルか4メートルと思いますけど、そのあれにあと3メートル、4メートル奥に入っても、そう危険度は変わらんと思いますけど、どうですか。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 議員言われることもわかりますが、現在も落石あたりで危険なような部分については取り除いておりますけれども、それを人の手を加えるとなると、また岩石あたりが緩んでそういうものが危険になるという可能性もございますので、その点につきましては十分検討をしなくてはならないということでございます。



◆16番(恒石源治君) 

 それでは再度、これ確認ですけど、もしあと3メートル、7メートル道路にするにはあと3メートルとれば十分と思うんです。それで、危険性がないと、それはのりで済むと、仮に岩が何カ所かあるとしてもそれは方法はあると思うんですよ。落としてしまうかとめるかはできると思うんですよ、あの斜面だったら。角度が全然緩やかですから。

 それと、もし離合場所を、私がお願いしたいのは、離合場所をつくるときにもうちょっと広く、大型と大型でもかわるぐらいの離合場所でないと、部長ももうわかっていると思いますけど、あの今の今度つくった離合場所ですね、12年度、13年度、13年度1カ所やったんですかね。あの離合場所程度じゃなく、もうちょっと広く距離的に長くすれば、事故率も下がると思うんですよ。それと、カーブのところ、この角だけはとってもらいたいと、地元の要望があった箇所が1カ所ありますね。そこを早急に削れば見通しがよくなるという場所が1カ所、わかっていると思いますけど、その辺やってもらうごとお願いできませんか。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 地元の皆さん方と立ち会いを再度いたしまして、そういう危険な箇所については工夫をしながら、安全対策等も考えて離合所設置をしてまいりたいと考えております。

 また、本年度予定しておりますので、本年度の分についてもそういう考え方で工夫をしてまいりたいと思います。



◆16番(恒石源治君) 

 最後ですけど、本年度は離合場所の計画ですか、何カ所程度か、よかったら時期的なものとですね。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 時期的は3月いっぱいにということで考えておりますけれども、箇所数については一応2カ所程度考えております。(「終わります」と呼ぶ者あり)



○議長(馬場重雄君) 

 以上をもって恒石源治議員の質問を終わります。

 暫時休憩します。



△休憩 午前11時



△再開 午前11時7分



○議長(馬場重雄君) 

 再開いたします。

 次に、1番松崎鈴子議員の質問を許可します。松崎議員。



◆1番(松崎鈴子君) 登壇

 皆さんこんにちは。議席は1番ですが、きょうの発表順番は2番になりました。社民・改革会派の松崎でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 このごろびっくりしたことに総理が訪朝されるという。有事法案を制定するより国交の正常化による平和外交の方が我が国にとっても、また北東アジアにとっても平和をもたらす原点になるのではないかと、私もこの訪問が本格的な外交交渉の一歩となるよう祈りたいと思っているところです。

 また、もう一つびっくりしたことが長野県の知事選挙でございます。議会と行政というか、議長といいますか、知事といいますか、これがこれほどこじれにこじれた中で、民意と行政とギャップが大きかったのかなと。どう判断すればいいんだろうという思いで、私も議会に籍を置きながら、我々は何の民意を反映しているんだろうかと自省しているところでございますが、本市も市民の考え、行政のあり方を十分踏まえていっていただきたいなということで、そういう立場でも答弁をいただきたいということで、質問に入らせていただきます。

 項目1の企画行政でございます。

 細目1で、各地区ごとに何々地区振興会というのがありますが、どういう趣旨でつくられたものか私も不勉強で、私のところにも地区振興会があるんですが、一切知らないままに来ておりますので、これが行政と関係があるのか、つながりがあるのかないのか。私どもの町内会では、開発振興会費として1戸当たり毎年 100円ずつ納めております。私のところで3万数千円が納められているわけですけれども、ただ、我々のような一般会員には、その活動内容とか会計の使途報告とかもう全然届いていません。町内会長さんは御存じなのかもしれないなと思いますが、町内会費の会計報告に載っているので、ああ、こんなのがあるんだなということはわかります。

 今の状況でいくと、市としてこの会をどのように認知されて、どうあるべきだと考えられているのか。たった1年に1戸当たり 100円だから、そんなかた苦しいこと言わなくていいんじゃないかというのではなくて、地区の振興ということから、その地区が一つにまとまらなくてはいけないんじゃないかということでつくられたんじゃないかなと思いますが、何か行事をするに当たってその地区が一つにまとまらなくても多数−−少数かもしれませんが、リーダー格の方々の意見等々でいろんな行事が進められていく、そのようなことについて行政がそれを承知して文書を受け付けていく、そういうことが果たしていいのかどうか、どう考えていらっしゃるのかということをまず1点お聞きします。

 それから、総務行政ですね。項目2です。

 細目1、地縁団体認可後に申請内容に変更が生じた場合に、変更届を出さないとどのようになるのか。

 認可後、市は認可申請書類内容に変更が生じたとき、総会において構成員の3分の2以上の賛同を経て提出するようにという説明文書が出されています。しかし、申請をされた町内会にはどのようにこれを説明されているのか。また、この自治法の中でもちゃんと、告示後に変更があったときは、当団体の代表者が届出書に変更があった旨を証する書類を添えて届けなければならないんです。市町村長は、変更があった旨の告示を行わなければならないとなっています。新たに市町村長の規約変更の認可を得た後にまた改めて告示をしなければならない。

 他の市では、認可後の手続という項目があり、規約変更と認可申請書もつけられているところもあります。変更が普通あるものだと思いますが、そのところは各町内会にどのように行われているのかをお尋ねします。

 細目2、地縁団体の印鑑登録の証明書の発行記録開示はされるのか。されるとすれば、どの方々までされるのか。開示できないとすれば、なぜその方々にはできないのか。

 3月の議会でお尋ねしたときに、認可団体はその時点で61団体、印鑑登録をされた団体は35団体、この団体は、代表者がもし印鑑証明書をとることがあったら、資産を購入するときか処分するときか、そういう不動産を動かすときであると思います。公正な不動産管理のためにも、関係者のどの範囲まで開示されるのかということをお聞きいたします。

 項目3で、住民基本台帳ネットワークシステムについてです。

 この法律の目的に、「住民の利便を増進するとともに、国及び地方公共団体の行政の合理化に資することを目的とする。」となっています。牛は10けた、人間は11けたという笑い話もあるようでございますが、11けたも覚えも切らんし、どうもこうもならんところですが、この住民基本ネットで市民が受ける利便性はどのようなものが考えられるか。また、行政の合理化はどのように進められていますか。

 市町村のまた責務として、住民に関する記録の管理が適正に行われるように必要な措置を講ずるよう努めなければならないとなっています。個人の情報保護のために、どのような手だてをとっておられるのか。個人情報保護の一つの手段としてログの開示があると思うんですが、それはなされるのかなされないのか。

 もう一つは、来年8月から第2次サービスでICカードを希望者には千数百円で発行されます。そのカードには住民票の記載事項のすべて、例えば戸籍、国保、介護保険、国民年金、児童手当、もうすべてのもろもろなどが入らないのか入るのか。それによってどう情報が保持されるのか。このシステムは全国どこからでもとれるわけです。自分の情報がどこからとられたかもわからないうちにとられているということもあり得るわけです。北海道からとられてもいいし、沖縄からとられてもいいわけです。そうすると、市としてはこの個人の住民基本個人情報に関する条例などを考えて、いかに個人の情報を保護するかということを努められるお考えがあるのかないのか。国会では、個人情報保護法案がとうとう通りませんでしたので、このところもあわせて、できればお考えがあればお聞かせいただきたいと思います。

 パンフレットの中に、これは「住民票コードは、今後、行政機関への届出・申請の際に求められることがあります」と明記されていました。これ総務省のだったと思うんです。どのようなときにそういうことがあるのか。きょうの新聞でも見ましたが、おたくの子供さんの何とかで生年月日と何とかが要りますからという怪電話が走っているという、そういうこともありますので、非常に市役所があたかもかけているようなことで聞き出すということもなきにしもあらず。ここに来れば見れることですからとおっしゃるかもしれませんが、そういうこともありますので、これとこれのときには聞くことがありますよということを市民にはっきりしておいた方がいいと思うんです。そういうことでお尋ねします。

 項目4、福祉保健行政についてです。

 細目1、介護保険相談員の活動についてお尋ねをいたします。

 介護保険の相談、問題点をどのように把握してらっしゃるか。把握していらっしゃれば、どのような問題点があるのかということをお知らせいただければと思います。市民の立場に立った相談内容がこれから2003年に向かって介護保険の見直しに生かされなければならないと思うんです。

 行ってお会いしたいねと思って行くんですが、なかなかいらっしゃいません。ということは、相談業務に走り回っておられるんだろうと思います。こういう多忙であられるならば、増員ということも考えていただかなければならないんじゃないかと思ってお尋ねをいたします。ケアマネジャーもいるじゃないかとおっしゃいますが、ケアマネジャーの方もすごくハードで、またこの方々は一つの企業に属していらっしゃいますので、その立場である程度相談業務を行われると思いますので、やはりこういう市民の中間的立場に立った、市民側に立った方々の相談業務というのが非常に重要になると思いますので、このところをよろしくお願いいたします。

 細目2、これまで無認可保育所の第2、第3子も保育料を無料化にすることをお願いしてきましたが、いろいろな条件が合わないと言われました。その条件とは何かということをお尋ねします。

 今私としては、介護デイサービスもありますが、幼児デイサービスも実施していただきたい。24時間保育に追われている人たちを子育てから週何回かはほっとして自分がリフレッシュしたり、学習したりする時間も与えていただければ、非常に今幼児虐待という問題もありますが、そういうことも解消する一因になるのじゃないかと思うので、無認可保育所というのはそういう意味では非常に重要です。いろんな意味で、産後の肥立ちが悪くて自分で育てるのに非常に困るという人についても無条件で預かってくれるということもあります。だから、そういう意味でも、ぜひこの無認可保育所の第2子、第3子、これ第3子は県でも出しているんですね。県の方からも補助が出ていると。私はこれはインターネットで見ましたら、市独自のものだけでもないんだということを思いましたけれども、ぜひそういうことで、どういう条件があるのか。認可並み保育所の条件が出されるとするならば、施設設備に対しても認可並みの無認可保育所への補助金等々を出された上でそういう条件を出されるのが正当じゃないかと思うんです。施設に対するこれは補助じゃないんです。子育てをしている家庭に対する補助なんです。そして、少子化対策の一環ともなる補助だと思いますので、ぜひそこのところも考えていただいて御答弁をお願いしたいと思います。

 それから最後に、項目5、教育行政についてです。

 細目1、平和教育についてです。

 先日、アメリカが臨界前核実験を行いました。その前に市長は、抗議の打電を打っていただきました。非常に敬意を表するものであります。本当に初めての実験前の抗議打電ではなかったかなあと、私はこれ思い違いかもしれませんけれども、本当に敬意を表し、これからもぜひ続けていただきたいと思います。

 この夏、また子供たちには各学校で平和教育が行われたのじゃないかと思います。年間を通して何らかの形で平和教育が実施されていると思うんですけれども、戦争体験者は高齢化し、現場の教職員の方々は若くなって全然わからない。そういう中で語り継ぐことがだんだん困難になってきています。大村の戦争の歴史についても同じようなことが言えると思うんです。その資料などもだんだんだんだんなくなっていっていると思います。ぜひ授業にも使えるような資料など整備していただきたいということで質問するのであります。

 細目2、学校の廊下のパソコンプリンター設置についてです。

 これは次長に聞きましたら、学校が飛ばす方のプリンターを要求したんだとおっしゃったんですが、防災上、保守の点からしても廊下に設置するというのはいかがなものでしょうか。子供たちがいざとなって火災というときに走った場合に、本当にそれで大丈夫なのかなという声が現場の中から上がりましたので、一応これは教育委員会というより、何か財政措置をしてもらわないと、ちょっと高いところに設置するにしてもお金がかかるんじゃないかと思いますので、そこら辺あわせて考えていただければと思います。

 また、学校の教室の中というのはいろんな道具がありまして、多分室内には置けないので廊下に置いた、二、三教室飛ばすためにそうなるんだろうと思うんですけれども、新築される玖島中学校については、そういう配慮された設計がなされているのかどうか。これからITの時代だと言いながら、IT機器をどこに置くかとかそういうものが考えられているのかどうかということで、考えていられないとすれば、これからでも間に合うのじゃないかと思うので、防災の点から一つお伺いするものでございます。

 以上、主質問を終わります。(降壇)



◎市長(甲斐田國彦君) 登壇

 松崎議員の御質問にお答えをいたします。

 基本的な点について私からお答えをし、個々具体的な問題、手続等の問題につきましては、各部長からお答えを申し上げます。

 まず、住民基本台帳ネットワークシステムの問題点について、まずは個人情報の保護をどのような手だてをとっているかというお尋ねがございました。この住基ネットというのは8月5日からスタートしたんですけれども、稼働直前になって非常に国民的な関心を呼んだ問題がございます。特にセキュリティーの問題が中心になったわけでございますけれども、大村市におきましても、訓令によりましてセキュリティー会議を立ち上げました。そして、大村市の住基ネットに対する体制を整えたところであります。

 具体的に申し上げますと、管理要領、そして手順書等を定めたわけでございます。どのようなことかといいますと、まずは本人確認情報等の管理、それから操作をする者を識別するカード、そしてパスワードの管理、それから入退室の管理、そのほか操作する者の識別カードの管理の手順書というものを要領等で定めまして、遺漏のないようにしているところでございます。

 具体的に一つだけ例をとって申し上げますと、住基オンラインのサーバーがあります電子計算室には、限られた担当者数人しか入室できないということにしております。しかも、その担当者が入るときには指紋照合によってチェックされた者だけが入ることができるというふうになっておりまして、この個人情報を取り出したり、あるいはそれに係るディスクの持ち出し等ができないようになっております。

 そういうことから、議員が御指摘のように条例制定いかんというお話でございましたけれども、この住基の個人情報保護につきましては、法律で細かく整備されておりまして、先ほど言いましたように、市としましてもこれにつきましては管理を細かく規定をし、万全を期しております。そういうことでそれぞれの規定を設けておりまして、しっかり管理されているわけでございます。そういうことで、今のところ住基セキュリティーに係る条例の制定というのは考えていないわけであります。

 次に、介護相談員についてのお尋ねがございました。

 誤解、あるいは情報不足ということから、非常に不満を持っておられる、あるいは不安を持っておられるそういう被介護者、あるいは事業所の利用者等々と、それから事業所との間に立って中立の立場で話をよく聞いて相談を受けると、そういうことが介護事業を本当に有効なものにできるという判断から、私としては平成13年度に他市に先駆けてこの介護相談員という派遣制度を実はつくったわけでございます。ただ、これにつきましては非常に利用者、そして事業所の方々からも大変好評を得ているところでございます。具体的に活動状況につきましては部長からお答えを申し上げますが、今後の問題として、なおこれを充実する必要があるという判断に立てば、これは充実をしていきたいと、そのように考えております。

 他の点につきましては、部長からお答えを申し上げます。(降壇)



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 まず、地域振興会というのはどういう団体を考えているかという御質問でございます。

 当市においても、市内の各地区に地域振興会的な組織として何々地区開発振興会という団体が組織をされておりまして、例えば市政懇談会時には、この振興会が各町内会の要望を取りまとめて市に対して要望がなされていると、そういった役割も果たしていただいているところでありまして、市としては、この地域振興会というのは地域の振興を進めていく団体として高く評価をしているところでございます。

 御質問の件でございますが、この開発振興会というのは、一般的にはその地区全体が一体として地域の振興を図るという目的を達成するため、地区民の合意のもとに任意に組織され、活動されている団体だと認識しているところでございます。



◎総務部長(黒田一彦君) 

 地縁団体認可後の変更があったとき、届け出をしないとどうなるかという御質問でございます。

 市が地縁団体の認可をした場合には、もう御承知のとおり、地方自治法第 260条の2第10項の規定によりまして、当該地縁団体の名称、規約に定める目的、区域、事務所、代表者の氏名など、住所、その他の事項を告示することになっております。そして、認可を受けた地縁団体は、これらの告示された事項に変更があったときは、変更があった旨を証する書類を添えて市長に届け出なければならないとされております。そこで、市としましては、各地縁団体においてこの届け出を滞りなく行っていただくため、告示した事項に変更があった場合は市に届け出をしていただくように、地縁団体の総会の時期に総務部長名で通知文を出して変更の届け出をしていただくように促しているところでございます。

 以上でございます。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 地縁団体の印鑑登録証明書の発行録の開示についてでございます。

 印鑑票、その他認可地縁団体の印鑑登録、または証明に関する書類につきましては、閲覧に供してはならないと条例で規定をしておりまして、登録者本人を含めて公開はいたしておりません。ただし、司法機関からの捜査、あるいは訴訟等にかかわって文書の提出を求められたときは、これは応じることになります。

 次に、大きな2番目でございますけれども、住民基本台帳ネットワークシステムの問題点ということで、残りの6問について答弁させていただきます。

 ICカードは最終的にどれだけの情報が入力されることになるのかという御質問でございます。

 来年8月から導入する住民向けICカードに記録される情報は、住民票コードとパスワードでございます。そのほかについては市町村が条例で定めることで利用できることになっておりまして、我が国は電子政府、電子自治体を目指しておりまして、どういった情報を取り入れられるのかを今後研究してまいりたいと思います。

 次に、2番目の質問は、ログの開示はどうするのかということでございます。

 ログとは、操作履歴のことでございますけれども、これには保護すべき情報、個人情報やセキュリティーに関する情報が含まれていることから、今後、国も開示のためのシステムを開発する方向で準備を進めております。本市はその辺の動向を見定めてまいりたいと思います。

 次に3番目は、住民の利便性は実際にどれだけ図られるのかという御質問でございます。

 主に四つほど答えさせていただきますと、1番目としまして、住基ネットでは国、県の行政事務、例えば恩給とか共済年金の支給において段階的に住民票の提出が不要となります。

 2番目としまして、来年8月から住民票の写しの広域交付、これは全国の役場から自分の住民票がとれるというものでございます。これが開始される予定でございます。

 3番目としまして、同じく8月から希望者にはICカードの交付が始まりまして、受領者が転出する場合、所定の付記転出届を転出地へ事前に郵送をしていただければ、転入の際の転出手続が省略化されます。

 4番目としまして、住基ネットを基盤とした電子申請が予定されておりまして、将来的には自宅にいながらにしてさまざまな手続が可能となります。

 次に、4番目でございます。地方自治と言いながら、国による全国民の管理になるのではないかという御質問でございます。

 国、県の行政事務では、住基ネットにより本人確認を行うだけでございます。行政事務のデータは各行政長がそれぞれ保管し、保有するデータは目的外の利用が禁止されておりまして、横断的に収集するようなシステムにはなっていないところでございます。

 次に、5番目でございます。行政の合理化に資するという、その目的にありますけれども、どれくらいの合理化が図られるのかという御質問でございます。

 この住基ネットシステムは、市町村の事務量は増加をいたしますが、国、県は住民票のコードにより検索を行い、本人の生存確認と所在を確認するために大幅に省力化できるものと思われます。将来的には、窓口申請が電子申請に順次変わっていけば、住民の利便性とともに行政事務の全体の省力化に結びつくものと思われます。

 最後の質問でございますが、市から個人に住民票コードを尋ねる場合はどんなときがあるかということでございます。

 市町村におきまして個人に尋ねることがあるとすれば、それは住民票コードを変更時に記入していただくことがあります。また今後、国、県の行政事務の窓口や郵便により、本人確認情報検索のために住民票コードの記録を求められることがあろうかと思います。

 以上でございます。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 3番目の介護相談員の活動状況でございます。

 平成13年度は、相談員の派遣事業所18カ所、延べ 331件を訪問しております。

 主な相談内容といたしまして、介護保険制度について25件、介護サービス内容について18件、サービス事業所に対して18件で、サービス事業所からの相談も4件受けておるところでございます。

 相談に対する対応といたしまして、制度についての相談はパンフレット等で説明をいたしております。サービスに関する相談は内容を吟味し、利用者の気持ちを事業所に伝えておるところでございます。なお、相談員のみで判断できない件につきましては、課内で検討して対応しておるところでございます。

 今後も利用者の方が気軽に相談できるように心がけるとともに、事業所やケアマネジャー等とのパイプ役になることでサービスの質の向上と利用者が満足できるサービスを受けることができるように、事業所の協力を得ながら介護相談員派遣事業の充実をさらに図ってまいりたいと考えております。

 続きまして、無認可保育所の件ですが、ちょうど議員、昨年の9月議会にも御質問されておるんですが、私も何遍となく拝見をさせていただくんですが、答弁がなかなか前向きにないということで申しわけなく思いますけれども、現在、市内には認可外保育施設が11カ所ございますが、認可保育所と同じく保育サービスの一翼を担っていただいているところであります。

 認可外保育施設への入所につきましては、認可保育所と違い、保育に欠ける児童という制約はないわけであります。

 また、保育料につきましては、認可保育所では、市で定めた保育料で統一されていますが、認可外保育施設では、それぞれ独自の保育料が設定されております。さらに、その保育料の算定につきましても、認可保育所では、入所児童の年齢やその世帯の構成、その世帯の所得額などにより保育料を決定していますが、認可外保育所では、入所児童の年齢で保育料が定めてあります。このように認可保育所と認可外保育所との間で保育に欠けるなどの入所条件や保育料の額及び保育料の算定方法など条件が異なっているのが実情であります。

 このような中で、これら条件が認可保育所と同様の状態にするところから考えていかないと、預けていらっしゃる方との均衡の問題もございますので、第2子、第3子の保育料無料ということは、現状では大変難しいと考えておるところでございます。

 以上でございます。



◎教育長(清原章宏君) 

 松崎議員の平和教育にかかわっての問題、それから大村の戦史にかかわって、その資料を残す対策についての御質問がございました。

 大村市におきましても、8月9日の平和記念日を中心にそれぞれの学校がその学校、地域に合った平和教育を実施しております。今年度もそれぞれの21校の学校の実態調査もいたしました。その具体的な例として申し上げますと、議員も御承知のように、地域の戦争体験の語り部をお招きしてお話を聞くとか、これはことしは小学校3校、中学校3校が行っておりますが、この8月9日を前に事前学習として小学校1校、中学校1校が講師を招聘してお話をお聞きいたしております。そのほかビデオや映画を視聴するとか、平和の詩を朗読するとか、あるいは平和宣言、平和を願う歌をみんなで歌うとか、こういう内容を工夫してそれぞれの学校が実践をしております。そのほかに平和に関する教育につきましては、年間計画に基づいてそれぞれの学校が実施をしているところであります。

 これらの取り組みのほかに、御承知のように大村大空襲がございました。この大村大空襲を中心として平和学習を取り入れている学校も数校ございます。また、人権週間と合わせてそれを行っている学校もございます。戦後57年をもう経過いたしておりまして、議員も御承知のように、御指摘されましたように、だんだんだんだんそういうことを御存じの方が少なくなってきているという現状であります。

 大村市教育委員会といたしましても、教育ボランティア、地域に生かすそういうボランティアの方々についても募集をいたしておりまして、その中にも語り部として6名、それから退職校長会から4名の方、そのほかにも1名、合計11名の方が登録をしていただいております。それから、そのほかに大村の戦史を語ると、あるいは受け継ぐということから大村市も「放虎原は語る」というものを出しております。これは多くの学徒動員の方々とか、いろんなの方々のそういう体験記をまとめたものでございます。そのほかには萱瀬地区が出しておる「かくて今日が」ということで萱瀬地区で経験をされた方々、これをまとめたものもございます。そのほかに第21海軍航空廠、ここにお勤めの方々の記録、これをまとめた回想、こういうものもございます。さらには、肥前を探る会、ここに松井保男さんという方がいらっしゃるそうなんですが、この方が書かれた「近代史のなかの大村」、こういう中にもそのものが記されておりますので、こういうふうなものを学校にも御紹介しながら取り組みをしていただきたいと、このように考えているところですが、先ほど言いましたボランティア、こういうようなものにも戦争体験を語っていいですよという方々がいらっしゃいます。11名の方が登録していただいておりますので、こういう方々のお話を今後ビデオに撮るとか、いろんなそういうことをしながら今後の資料として活用していきたい、このようなことも検討しているところでございます。

 その他パソコンについては、次長の方からお答えをいたします。



◎教育次長(中村満男君) 

 小学校、中学校のパソコン整備に関しまして、プリンターを廊下に置いたりしておりまして、子供たちの生活上支障を来すことが考えられるという御指摘でございます。廊下に置いておりますのは従前からのコンピューター教室用のプリンターではございませんで、今年度各普通教室等に配置をしておりますパソコン用のプリンターでございますが、これにつきましては、当初は各教室のパソコンと並べてカラーインクジェットプリンターを配置する計画を持っておりました。ところが、各学校の指導教諭の代表者の方々から、各教室のパソコン1台1台にプリンターを置く必要まではないと。パソコン6台から7台に1台の割合で各フロアの廊下とか特別教室、空き教室等にインクジェットプリンターじゃなくて高性能のレーザープリンターを配置するようにと、そういう強い要望を受けております。教育委員会といたしましてはその要望を尊重しますとともに、レーザープリンターは大変高価ではございますけれども、パソコン6台から7台に1台であれば導入経費としては変わりませんし、また用紙代やトナー代等のコスト面ではすぐれているということもありまして、各学校側の意見を聞いた上で、可能な限りその要望に沿った形で配置をしたものでございます。御理解いただきますようお願いいたします。

 それから、このたび校舎改築に着手しております玖島中につきましては、プリンターの設置場所等はまだ決定はしておりませんで、今後、学校側と協議をしていくことになりますが、玖島中の場合は余裕教室、特別教室等も設計をしておりまして、プリンターの設置場所等については支障ないものと考えております。



◆1番(松崎鈴子君) 

 漸次1点目から再質問をさせていただきますが、この振興会というのは、そしたら要するに地区全部、8町内あれば8町内がまとまっていろんなことをするということが主ですよね。例えば、何かをするときに、8町内あるのに7町内で実施計画を出された場合に、市としてはそれをよしとして受け付けるのかどうか、そこら辺はどうお考えでしょうか。



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 この地域振興会というのは、先ほど申しましたように、あくまでも任意に各地区の地域振興を図るために組織された団体で、市政懇談会時等は各町内会の各地区、例えば竹松開発振興会であれば竹松地区の町内会のそれぞれの要望を取りまとめて市に要望なされると、そういった役割を果たしていただいておりますし、また各地区のいろんな要望についても、この振興会において市に対して要望がなされているところでもあるわけです。その中の運営が実際例えば8町内あるのを7町内だけされるとか、そういうことは私どもあり得ないだろうと認識をしておりますが、ただ、先ほど申し上げたように、これは市がつくった組織ではなくて、あくまでも自発的に地区において地域の振興を図るという目的で組織された団体ですので、その運営のあり方まで私どもは関与をいたしませんし、そういった指導をしているところではないということでございます。



◆1番(松崎鈴子君) 

 運営のあり方まで関与はしないということですが、そこら辺の関係とは密着に結びついているんだと思いますが、はっきり言いますと、今度は助役のおかげでそういう町内会分断が起こらなくて済んだと思っているんですが、本当に奔走していただいた助役には感謝を申し上げるわけですけれども、5町内あって、4町内でそこの地区のコミュニティーセンターをつくるというのに、1町内が賛同しないから4町内でいいじゃないかということで出された。出されたものを市は受け付けた。受け付けてみれば4町内しか町名は書いてないわけですから、それが何町内あるかは市はとっくに御存じだと思うんですけれども、そういうことが平気で受け付けがなされて補助金申請がなされた。そういうことが本当に地区の振興会を発展する意味で妥当であるのかどうか、そこら辺の判断は一切行政はしないということですね。



◎助役(島信行君) 

 この問題につきましてはいろいろと経緯がございまして、申請が出された段階で、我々としましては関与はいたしませんが、少なくとも望ましい姿としましては、その地域全町内が加盟をしまして、一緒になって申請を上げてくることが一番望ましいわけでございますけれども、実は今御指摘の問題につきましては、5町内の中で今回加入を見送られた町内もそれを同意をされて一つの事業をなされるということで合意があったということでございましたので、決して好ましい姿ではありませんけれども、そういうことであれば市としてはやむを得ないのじゃないかということで手続を鋭意、本当に鋭意進めてきたところでございます。もちろん、その間もその地域の人たちとの協議は重ねてまいりましたけれども、最終的にやはり1町内が外れることは、今後50年、 100年後を考えた場合に適当ではないんじゃないかというような御指摘も急遽浮上してまいりまして、その結果、急いで再度関係する町内が全部集まっていただきまして再三にわたりまして協議をした結果、地域の方から今回の計画についてはしばらく見送りたいと。いわゆるすべての町内が地域振興会という中で力を合わせてやっていけるようになるまで事業を見送りたいということでございました。

 したがいまして、結論から申しますと、受理したではないかということにつきましては、地域の方から加入しない町内の合意を得ていますということでございましたので、それを確認した上で作業を進めてまいったと、こういうことでございます。



◆1番(松崎鈴子君) 

 たとえそういうことが、これからもあるかもしれませんね。富の原コミュニティーセンターをという要望が竹松地区の懇談会であってましたので、これからまた出てくるかもしれません。そんな中で、もしそういうことがあったときに、外れている当該町内会に対して市が、いや、これはやっぱりその地区の振興会のコミュニティーセンターであるならば外れるということはおかしいじゃないかと考えるのが、私が行政だったらそう思います。そこに行って、町内としてどうなのかということぐらいはやっぱり当たるべきじゃないかと。それが行政のあり方じゃないかと思うんですが、今後そういう、例えば申請を持ってこられた方々の言われることのみを考えてそういう外れていても、しかもこれが地域振興会費を使ってあったんですね、申請書にはね。ということは、横山頭なら横山頭の外れているその町内会が出した会費も使ってあったんですね。そういうことを考えれば、どうですかぐらいのことはやっぱり、結果的にはそうなりました。私は、ちょうど竹松の住民センターで市長が答弁されたことで、おっと思ってびっくりしまして、横山頭の人に知っていますかということで聞きましたけれども、そういうことでわかってきたわけですけれども、本当にこれがわからなかったらもう4町内ですよ。そこに東大村地区コミュニティーセンターと名前つくんですよ。5町内あってですね。だから、そういうことができるということ自体が、行政がそんなことを考えているということ自体が行政としてはおかしいんじゃないかと。私が行政だったらそういうことはやらないと思いますよ。

 今度は助役のおかげでそういうことになりましたが、今後こういうことがあったときには当該外れている町内会に対してもきちんと情報を得るぐらいのことはやっていただきたいということを要望して、時間がございませんので次に参りますが、変更を出さなかったときどうなるんですかと。非常に地縁団体でこれ大変ですよ。代表者が変わっても出さんばいかんわけですね。そうすると、私の町内 1,500名の構成員だそうです、町内会長に聞いたら。もう既にそのときの申請をされた町内会長さんはお亡くなりになって、いらっしゃいません。多分私がとった時点でもその方になってましたので、うちは変更届を出してないと思うんですが、資産がなくなっても出さない、そういうことでもずうっと市はそれを認可し続けてそのままでいいのかと、間違いが起こっているということを知り続けてもそれでいいのかということをお聞きしたんですけど。



◎総務部長(黒田一彦君) 

 ただいまの、先ほど冒頭申し上げましたように、大村市といたしましては団体の総会時前に変更があった場合には届けはしてくださいという通知文を出しております。そのほかに、もし市が告示された事項に変更があったことを、また何らかの方法により知り得た場合がございます。そのときは必要な届け出を行うよう通知指導を行っておりますので、これはあくまでも団体からの申請がなければ受理できませんので、どうしてもそういうことがないように市としても各地縁団体に対しては変更届け出をお願いしますということを通知連絡しているということでございます。



◆1番(松崎鈴子君) 

 そうすると、町内会がしない限り市はそれをずっと認め続けていくということになりますが、そうした場合に、そこの中で非常に問題が起こったとしたときに行政訴訟を起こすしかないんだろうけれども、これ市長選の前に出なければいいなあと私も思っていますが、一市民がそういう訴訟を起こさなければ自分たちの権利も守られないようなことでは非常に問題が起こると思うんですよ。だから、これは変更を出さない町内会に対しては何らかの措置をするような市の条例か何かをつくらないと、いつまでもそのままになっていく。そして、その代表者が、これは市民課にもかかわりますが、かわらない限り、死んだとしても、その方が代表者である限りその方のところに例えば印鑑届をしていれば印鑑もあるし、その方が印鑑証明もとることができる、そして不動産を動かすこともできる、そういうことにならないですかね。そういうことになると、非常にまた問題が発生してくる。だから、これは条例で決まっているから印鑑証明書とったことは開示できないとおっしゃいますが、どの条例になっているんですかね。ちょっと二つまたがってしまっているんですが、一つは黒田部長の方に、そういうことで何らかの手だてをするお考えがあるのかないのか。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 今の件につきましては市の条例で定めておりますけれども、その以前の段階としまして、平成4年に自治省の方からそういう通達がありまして、いわゆる閲覧の禁止ということで、「市町村長は、認可地縁団体印鑑登録原票その他認可地縁団体印鑑の登録又は証明に関する書類を閲覧に供しないものとする。」というように定めができております。



◎総務部長(黒田一彦君) 

 変更があった場合の届け出として別添書類を添付ということをお願いする分もございます。その内容には、規約変更の内容及び理由を記載した書類、それともう一つ、規約変更を総会で議決したことを証する書類を添付書類としてつけてくださいとありますので、その団体がその総会を開く開かないというのは、変更の議決をしていただかなければ、市としては受理し、または告示することはできないということになっておりますので、あくまでも市としてはその団体に変更があった場合には届けをしてくださいという通知書は渡しております。それは後の問題として、その団体の問題でありますので、市としてはそれだけはお願いしておりますので、その先の問題はそれの団体でしていただかなければどうしようもないというふうな考えを持っております。



◆1番(松崎鈴子君) 

 どうしようもないから市民が行政訴訟も起こさざるを得ないと、そういうことになるという結果になるわけですけれども、それをしないための、これたしか怠った場合は 500千円かなんかの罰金ということも補則でうたってあったかと思うんですよ。だから、そういうこともきちんとして市の条例かなんかで届けをきちんと出してくださいと。総会を開いてきちんと出してくださいということを決めないといけないんじゃないかということを言っているわけですよ。そういう手だてをとってほしいと。きょうはもう時間がありませんので。

 また、印鑑登録証明書が閲覧できない。本人も閲覧できない。これとったということは、そしたらもう全然わからんずく印鑑証明をとられた記録ありますかと3月に聞いたときは、ありますと言われましたもんね。とられたと。それは不動産を取得するためにとられたかもしれない。しかし、例えば何千坪と持っているその団体がそれをとって抵当に入れるなり売却するなりしても、構成員もわからないままに終わるということですね、それじゃね。そういうことでなりますね。その代表者の方が黙って1人行かれた、その方も構成員の方も地権者も見れないということになると、全然わからないうちにできるということになりませんか、どうですか。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 基本的には、これは閲覧は禁止なんですけれども、できませんけれども、交付は受けることはできるわけでございます。



◆1番(松崎鈴子君) 

 だから、公正な資産の取引のために交付はできて閲覧はできないと。今、情報開示の時代にこんなのはおかしいと思うんですよ。そこのところをもう一回次の機会にでもまたやりたいと思います。きょうは時間がありませんので、どうすれば公正な取引に資することができるかということは考えていただきたいと思います。

 先ほど住民基本ネットワークについても、市町村の業務は非常に忙しくなるけど、国とか県は楽になるだろうと。じゃ、市は全然人員も減らなければ合理化もできないということですか。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 今回、住民基本台帳のこのシステムを立ち上げるときに、ことしの4月からその専用の担当の職員、係長級でございますけれども、1名を配置して現在それに携わっておるわけでございます。



◆1番(松崎鈴子君) 

 ということは、人員はふえたということですね。

 セキュリティーの問題で、市民課が市民課じゃなくて非常に市民から遮断しなければならないような状況になるんじゃないかと思うんですが、そこら辺は国の総務省とか県とかは非常に理解できているのかできていないのか。そういう意見を言う場があるのかないのか。

 そしてもう一つは、この資料の提供というのが住民基本台帳法にあるわけです。その中で、37条の中で「国の行政機関又は都道府県知事は、それぞれの所管事務について必要があるときは、市町村長に対し、住民基本台帳に記録されている事項に関して資料の提供を求めることができる。」となっているんですね。そうすると、例えば私なら私の資料を国が必要ですから出してくださいと言われたときに、うちの場合は「広報おおむら」に出てましたが、これこんな小さい字で書いて皆さんわかるかと思うんですが、26項目にわたってコンピューターシステム記録項目と利用状況というのが出されてましたね、7月号でですね。これ全部コンピューターに入っているわけですね。例えば、私なら私の情報が。国が必要だということで、これとこれとこれを出しなさいと言われたときには、出すということになるんですね。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 今回は住民基本台帳法に基づくものでございまして、いわゆる6項目だけでございます。その20何項目というところは今のところ入っておりません。



◆1番(松崎鈴子君) 

 4項目だけだったら何千万も使って何でこんなことをするんですか。大村市だけだって何千万使いましたか、このシステムをつくるのに。そんなことじゃないんですよ。要するに、これは市町村の問題じゃなくて国が情報を集めるためのシステムじゃないかと私は思うんですよ。だから、この37条があるのじゃないですか。そして、第2次のICカードには、先ほどおっしゃったようにいろんな情報が入れられる。今は 8,000字とか言ってますが、例えばこの1ページ分が全部その中に入る可能性は十分あると言われる。そうすると、1年間の期間の中で行政としてやっぱりそういう危機感も持ってどうなるのかと。たった4項目で国も何億、市も何千万、このシステムをつくるときに一番最初40,000千円ぐらいたしか予算が上がっておったと思うんですが、それから削減されたということですので、30,000千円ぐらい使っているのかもしれません。ことし 7,700千円ぐらい上がってますね。そういう金を使ってたった4項目を認証するためにこういうシステムをつくるというお考えですか。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 確かに今回の予算は約30,000千円弱でございますけれども、基本的には国の法律に基づきまして全国的にこれをつないで、それを今後、電子政府、電子自治体ということを求めていくための、まだ今の段階での準備といいますか、いわゆるそのための材料提供といいますか、ちょっと言葉が悪いですけれども、そういった形で今後50年、 100年の大計を見たときにこれがそういった形で進んでいくということで、今回は踏み切っているわけでございます。



◆1番(松崎鈴子君) 

 だから、その電子政府を目指しているわけでしょう。本当は地方分権でしょう。市町村がきちっと握っとかんばでしょう、この大村市民のことなんか。国から言われて、はい、それじゃこれだけ出しますと、そんな、これだったら国が1億 2,000万の人の全部を握ってしまって、地方の行政はそれに従って人員も配当して一生懸命提供してと、そういう政府になるんですか。どういう政府を、電子政府というのが私は想像できませんけれども、非常に頭悪いですから。そこのところどういうふうに考えてらっしゃるんですか。4項目だけじゃないわけでしょう、電子政府となると。どういう政府ですか。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 確かにおっしゃるように、いろんなデータは入れることはできるわけでございますが、やはりそのためにはシステムづくりがまず必要になってくるわけです。例えば市役所の中でも、今うちの方で考えているのは、いろんなまだ一つの構想ですけれども、例えば図書カードとかシーハットの利用のいろんなデータ、いろんなそういったデータを中に入れることができるんですが、やはりそういうためにはそれだけの、まずよその動向、そしてまた何といいますかね、それぞれの予算を含めたところで総合的に考えていかなければ、これはやはりそれを目指すためにはそういった形で進めていきたいと考えております。



◆1番(松崎鈴子君) 

 そういう一括管理をして非常に問題になった国もありますね。いろんなことで情報が出て、例えば今度の防衛庁の個人情報が漏れたという問題、また、いろんなところで情報が漏れて、四日市なんかでも自分の情報がどれだけとられているかということが、やっとそこは開示をすることができたので、自分の情報がどれだけとられたかということがわかって、調べたけれども、結局だれが情報を出したかという行政の方の管理が全然できてなくて、どこの課で何が必要でだれがとったかということはわからずじまいというのがあります。そういう政府になるんだったら非常に怖いです。自分の情報がひとり歩きします。あの人は税金幾ら納めているとかいってまちじゅううわさになっておるのに、本人が知らなかったとか、そういうものもありますので、これはもう時間足りませんから、まただれかほかの方も質問されると思いますけれども、いろんな面から考えて、政府に言っていくところは言っていって、ICカードができるまであと1年ありますので、物を言っていただきたい。物を言えば予算が来ないという非常に何か両てんびんもあるようですが、そこのところははっきり言っていただかないと困ります。

 それから、介護相談員の件ですが、非常に重要なお仕事をされているということはよくわかりましたので、ぜひ緊急雇用対策ででも増員をされて、情報をしっかり握られて改革に向かって進んでいただきたい。

 もう一つは、無認可保育所の条件をさっき言われました。それだけ条件を言うのならば、施設設備に対しても認可保育所と同じような補助金を出されるお考えがありますか、部長。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 施設設備ですか。施設はもちろん今、県が30数万ですか、市が10何万、合わせて 500千円やっております。



◆1番(松崎鈴子君) 

 そういうことじゃなくて、認可保育所並みの補助金を出して初めて認可保育所並みの条件を言うことができるわけでしょう。違いますか。幼稚園だって公立並みの授業料にするために、第2子、第3子の授業料補助をしているわけでしょう。そういう考え方、市民の立場に立った考え方ができるのかとか、それとも認可保育所の立場に立った考え方でこの問題を考えていくのかというその考え方を聞いているんですよ。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 考え方は従前から変わってないということを申し上げておるわけでございます。



◆1番(松崎鈴子君) 

 今、政府も、非常に24時間保育をしている専業主婦の保育の面について、やっぱりこれから考えていかなくては少子化対策はあり得ないだろうと。働く女性だけのものではないだろうということを言われています。保育に欠けるとおっしゃいます。私びっくりしました。65歳になっても保育をせんばいかんごとなっておっとですね。65歳まではですね、同居していれば。何という、私はそんなことはできないと思いましたね。そういう条件はまだ残っているんでしょう、違いますか。同居していれば。



◎福祉保健部長(田中清彦君) 

 保育の入所条件は、これはもうずっと以前から変わってないわけでございます。



○議長(馬場重雄君) 

 これをもって松崎鈴子議員の質問を終わります。

 暫時休憩します。



△休憩 午後0時7分



△再開 午後1時5分



○議長(馬場重雄君) 

 再開をいたします。

 次に、11番山北正久議員の質問を許可します。



◆11番(山北正久君) 登壇

 皆さん御苦労さまでございます。旗進会会派所属の山北正久でございます。

 今回の質問もまた6項目8細目の多岐にわたる質問をいたしますので、答弁は簡潔かつ明快にお願いを申し上げます。

 市民の皆様方におかれましては、御多忙な中を本日も傍聴にお出かけをいただき、まことにありがとうございました。

 さて、何かと物議を醸しております小泉純一郎首相の構造改革、その路線が設計段階から基礎工事段階に入ると位置づけられました第 154通常国会は、その会期を大幅に延長、実に6カ月と12日、 192日の日程を要し、去る7月31日、波乱含みの中、郵政4法など 105法案を成立させ、閉幕をいたしました。

 改革関連法では、改正健康保険法を代表として医療制度改革関連法、信書便法、郵政族議員の猛烈な反対を受けました郵政関連法、道路関係四公団民営化推進委員会設置法等が成立したことを受け、小泉首相は声を高くして、改革は順調に進んでいると強調されている場面をマスコミを通して聞き、また、読むにつけ、政権与党の党員として地方議会の末席にある本議員さえも、今回の改正法案の一部は、真に国民のためになり得るのかと、いささか疑問視しているところであります。

 中でも特に医療制度改革関連法は、サラリーマンらの医療費の自己負担率を現行2割から3割に引き上げるものであり、結局、国民の負担増を強いる結果となったことは、極めて残念なことであります。

 また、今国会はスキャンダル国会、不祥事国会、アリ地獄国会と、国民から酷評されましたように、秘書給与流用疑惑、公共工事の口きき疑惑等、政治と金絡みのスキャンダルに明け暮れた国会となり、複数の超大物議員が辞職、逮捕されるという事態に発展いたしましたことは、ゆゆしき問題であり、国会は国民に対し、大いなる反省と一日も早い信頼回復に努めなければならないと強く要求するものであります。

 それでは、項目1.企画財政行政について質問をいたします。

 細目1.大村市歌、校定福田清人氏、作曲信時潔氏の市民への啓蒙啓発については、本議員も、過去平成11年3月、同13年11月の市政一般質問で質問してきたところであり、さきの6月議会においても13番議員からも質問がなされ、その結果、市庁舎の始業開始時のメロディー放送や、市主催の各種行事等で歌われるようになり、市民の皆様の認知度も向上しているように思われます。小・中学校を含めたさらなるPRを引き続きお願いするものであります。

 そこで、他市においては、市章とともに市歌として制定、条例化され、例規集にも記載されております。通告書では、市歌を制定していないと指摘しておりましたが、1952年、昭和27年2月11日の市制施行10周年記念の折、条例として制定済みとのことでありましたので、この項目では、例規集に未記載でありますので、ぜひ記載し、後世にわたり継承すべきであるとの点に絞って質問をするものであります。市長の積極的な見解をお伺いするものであります。

 細目2.文部科学省事務次官は、平成13年12月12日、全国の公・私立大学長を初め、各都道府県知事、教育委員会、独立行政法人である国立青年の家、博物館、美術館等、図書行政と関係のあるすべての出先機関に対し、子どもの読書活動の推進に関する法律の施行についてを通知いたし、その制定の目的、内容及び留意事項、そして、異例とも言うべき、衆議院文部科学委員会における附帯決議文まで添付して、その取り組みについて指導をしております。このことは近年、児童・生徒の読書離れが著しく、読書活動において学び得る感性や表現力、さらには想像力等が低下し、不登校や問題行動に走る子供たちが増加していること等を懸念し、読書離れを抑止するために、新たに制定された法律であり、平成14年から18年までの5カ年間にわたり、学校図書並びに図書館等の図書を購入するために交付税措置が改正されたもので、その基準財政需要額は、平成14年度大村市内小学校 212学級で 4,970千円、中学校 100学級で約 4,460千円でありますが、本年度当初予算においては、その一部が一般会計に繰り込まれており、満額支出されておりません。なぜ本来の用途目的に沿った予算措置がなされなかったのか、市立図書館分もあわせて、財政課に質問するものであります。

 次に、項目2.総務行政について質問いたします。

 細目1.大村市内に所在する自動車車検取り扱い工場は約65社であり、そのうち31社が市に対し指名願を提出されておられると聞いておりますが、いずれの会社も昨今の長引く景気低迷と、車検代行店等の新規進出により、受注競争が激化、大変厳しい経営状態であると伺っております。

 そこで、本市所有の車両保有台数、本庁関係及び清掃、水道、病院、競艇事業部、消防分団等、出先機関を含めた台数の状況と、それぞれの車検の指名発注は公平になされているのか、一部には随時契約で発注されているとの指摘もあり、その実態はいかがなものか、また、指名願を提出する方法すら知らない業者もおられますので、積極的な啓発が必要と考え、その見解をお伺いするものであります。

 項目3.市民環境行政について質問いたします。

 細目1.近年、配偶者からの暴力が社会問題となっており、平成12年度の国内における婦人相談所及び婦人相談員の受けた来所による相談件数5万 4,835件であり、そのうち夫等の暴力を主訴とするものが 9,176件あり、相談理由の16.7%を占めていること等を背景として、政府は平成13年4月6日に配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律、いわゆるドメスティック・バイオレンス法を成立させ、本年4月1日から全面的に施行されたことにより、婦人相談所の設置、機能の強化、被害者や同伴者の一時保護施設の確保、カウンセリング等のための心理療法担当職員の配置、その体制の早急なる整備等の促進を求めており、また、被害者の保護支援については、相談の受け付け、保護、自立支援に向けて、福祉、医療、保健、警察、司法等の関係機関の連携、すなわちネットワークづくりが必要とされており、その対策は急務と考えます。本市においては、どの程度の進捗がなされているのかお尋ねをするものであります。

 項目4.都市整備行政について質問をいたします。

 細目1.本市観光の中心的存在となっている大村公園は、桜と花ショウブの開花シーズンは、市民はもとより、県内外から多くの花見客が見物に訪れ、にぎわいを見せていることは御承知のとおりであります。しかしながら、公園内を巡回する遊歩道は、バリアフリー化されているものの、泥舗装のため、車いすは通りにくく、車いすを必要とされる方々の同伴者は汗だくになりながら、車いすをエスコートされているようであり、その様子を見られた複数の市民から、車いすが利用できる遊歩道に改善できないものかとの要望を受け、ノーマライゼーションの観点からも、ぜひ検討を要する問題であると考え、質問をするものであります。この点、市長の積極的な答弁を期待いたします。

 細目2.市道久原梶ノ尾線の早期完成は、国道34号線の慢性的な交通渋滞の解消策として待ち望まれているところでありますが、先月、その北部路線である坂口−松原間の一部路線変更が発表され、小路口工区、竹松工区の地権者には説明をされたところでありますが、このことを耳にされた福重、松原両地区の方々は、寝耳に水と怒り心頭、なぜ、市は当初計画路線にあったものを消しゴムを消すように、いとも簡単に消したのか、何十年も開通を楽しみに待っていた地域民を裏切る行為だとか、当初の計画図面上、地権者となるべき予定者の方からは、「おいは頭にきとる。歯がゆうして、のさんばい。これは明らかに詐欺じゃなかか」との抗議文が私の事務所に郵送されてきました。

 以上のことからもわかりますように、都市計画の路線変更については、慎重を期すべきであり、当初の計画路線にあった地区の方々には、行政として説明責任が大いにあると考えます。今回の地区住民の抗議に対して、どのような措置をとられるのか。この点は行政の長である市長に対し、責任ある答弁を求めるものであります。

 項目5.教育行政について質問をいたします。

 細目1.日本国憲法第26条は、すべての国民はひとしく、その能力に応ずる教育を受ける権利を有するとし、また、教育基本法第3条では、すべての国民はひとしく、その能力に応ずる教育を受ける機会を与えられなければならないものであって、人権、信条、性別、社会的身分、経済的地位、または門地によって、教育上差別されないとうたっております。

 子供が学校を長期に休むことには多くの事情があります。例えば、コミュニケーションのつまずきや学校生活の不適応によるもの、心身の障害、病気療養やけがによる入院治療で通学できない、あるいは家から出られない引きこもりが年ごとに増加しており、本市も例外ではありません。義務教育には、法で機会均等が確保されておりますが、この子供たちは学習意欲があっても学校以外の場で学習を受ける場は限られております。このような児童・生徒に対し、教育権に基づく学習機会を保障するために、在宅学習支援制度、すなわちホームスタディ制度を本市においても実施されるように提案をいたし、教育長の積極的な見解をお伺いするものであります。

 最後の項目6.市長の政治姿勢について質問をいたします。

 細目1.来る9月29日、8年ぶりに実施される大村市長選挙は、ただいま現職、前職2名の立候補予定者で熾烈な前哨戦が展開されており、久しぶりににぎわいを見せております。現職には3県議とこの議場にいらっしゃいます同僚議員の7割に当たる21名の議員さんが、友好市議団として名を連ね、その応援に回っておられるようであります。本議員はその中には入っておりませんが、選挙応援は自由でありますので、あえていろいろと申し上げることはございません。

 しかしながら、選挙の基本は公明、公正であると思います。特に現職甲斐田陣営のスローガンは、市民が信頼できる清潔、公正、活力ある市政ということでありますので、あえて市長にお尋ねをいたしますが、ただいま展開されている前哨戦の中で、あえて立候補予定者の人権を冒涜し、プライバシーを侵害するようなひきょうきわまりない怪文書が、現在もなお不特定多数の家に投げ込まれております。その内容たるや、甲斐田市長を最大限に持ち上げるだけ持ち上げ、相手立候補予定者は極悪人扱い、この怪文書を投げ込まれた有権者の方々は、怒り心頭であり、これでは公正な選挙ができないと嘆いておられます。

 このような卑劣きわまりない行為に対して、市長選挙に臨まれる当事者として、どのような見解であるのか、また、その公明、公正な選挙のあり方についてお伺いをするものであります。

 以上、主旨質問を終わり、再質問は自席にていたします。御清聴ありがとうございました。

                  (降壇)



◎市長(甲斐田國彦君) 登壇

 山北議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、大村市歌の件でございますが、議員御指摘のように、この大村市歌は50年前の昭和27年に市制定の10周年記念事業として市歌を募集したということで、東彼杵郡の下波佐見町の本山さんという方の入選作品が、この大村市歌として採用されたというものでございまして、以来、歌い継がれてきております。

 多少内容が変更されたものもあるようでございますが、市民に非常に親しまれております。そしてまた、大変内容も立派なものでありまして、私は市歌として誇り得るものであると、そのように考えております。

 市役所におきましても、ことし7月から就業5分前に庁内放送で市歌を流して、普及に努めているところでございます。

 この市歌はさまざまな会合等で歌われておりまして、市民の皆様の身近なものとして親しんでいただいております。おっしゃるように、例規集には市の木とか、市の花というのが載っておりますが、それと同じように、この市歌も同様に掲載をしたいと、このように考えます。

 次に、大村公園についてのお尋ねがございました。

 平成2年度から平成13年度にかけまして、この公園全体整備として花と歴史の城址整備事業というものを実施してまいりまして、その中で特にバリアフリーを考慮したところの園路の整備についても取り組んでまいったところであります。

 そういうことで、園内の全体を回る園路のバリアフリー化はほぼ完了いたしております。しかし、この園路の舗装でございますけれども、これが植物の育成保護、あるいは足に優しい散策道ということの配慮から、ほとんどを真砂土系の舗装がされているところでございまして、こういう点でこの真砂土系の舗装と、それから、コンクリートの間でややふぐあいが生じたりする面が出てきていることは確かでございます。そういう点で、公園利用者の安全と、そして、車いす利用の立場に立った園内の再点検を行いまして、今後とも適切な維持管理、補修をしまして、名実ともに大村市民のシンボル公園として、内外に誇れる公園になりますように整備していきたいと思います。

 市長選挙についてのお尋ねがございました。

 市長選挙に限らず、この選挙は公明、公正であるべきであるということは、議員の御指摘を待つまでもなく、私もそのようにしっかりと認識をいたしております。

 議員御指摘の文書につきまして、私も拝見をいたしましたが、この件について私は一切関与をいたしておりません。また、私の後援会等にも問い合わせも確認をいたしましたが、一切関与していないという回答でありました。

 今後とも公明正大に選挙について臨んでまいりたいと、このように考えております。(降壇)



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 まず、小・中学校の図書整備についてでございます。

 この図書整備費については、本市においては市独自の施策として、平成11年度から平成13年度までの3カ年を学校図書費の重点整備期間と位置づけまして、交付税で措置される額以上の予算額を重点配分してきたところであります。

 議員御指摘の今年度の当初予算編成時において、どうして措置しなかったのかと、予算化しなかったのかという御質問でございますけれども、当初予算編成時において、確かに教育委員会から国の動向等につきましては、申し入れがあっておりましたし、私どもも聞いていたところでございますけれども、本年度の当初予算編成時点では、国の財政措置が明確ではない状況であったわけで、そういうことで通常ベースで予算化させていただいたというところでございます。

 その後、国の財政支援措置が普通交付税算入方式で実施されるということはわかりましたし、7月の交付税算定において算入額が確定しましたので、本議会に補正予算案として追加予算を盛り込んでいるところでございます。

 また、市立図書館の図書費については、今年度も含め、これまでも交付税措置額以上の図書費を予算化しているところでございます。

 なお、国が平成14年度から18年度までの5カ年間を重点期間として定めているところでもありますので、毎年度の国の財政措置を見きわめながら、今後も重点的に予算配分をしてまいりたいと思っているところでございます。



◎総務部長(黒田一彦君) 

 続きまして、総務行政について、車検の指名発注は公平になされているか。また、指名願未提出の会社にも啓発すべきではという御質問でございます。

 まず、車検の指名公平でございますけれども、これは4月1日現在での市保有の公用車は共用車40台、専用車 110台の計 150台を持っております。これには水道局、病院、ボートを除いております。公用車の車検、点検につきましては、市に指名申請登録がしてある業者の中から不公平がないように、公用車車検業者一覧表を作成いたしまして、公平に振り分け、依頼をしております。

 ちなみに、ことし4月から8月までの発注件数でございますけれども 110件、中身は車検46件、点検64件となっております。車両整備として指名申請登録がされている業者は31社でございますけれども、車両整備専門の19社の中で依頼をしております。この31と19の12社の差でございます。この内訳を言いますと、ディーラー8社があります。これは公用車の購入先ということで、その整備、点検については除いております。また、電装会社2社、これは公用車の電装関係を専門に修理、発注をするということで除いております。また、ガソリンスタンド1社、これはガソリンスタンドは現在長崎県石油協同組合大村支部の傘下のされている市内の12社、ガソリンスタンド場所といたしまして23カ所ございますので、この分につきましては、ガソリンを給油しているということで、この合わせて12社は一応修理、点検には省いているところでございます。

 また、指名申請を提出されていない業者もあるようですので、指名申請登録をされた業者の中から車検、点検依頼をしておりますので、平成15年度の申請をしていただきたいと思っております。このお知らせにつきましては、事前に「広報おおむら」、あるいはケーブルテレビ等で告知をしておりますので、ごらんになっていただきたいと思いますし、また、不明な点につきましては、市役所の契約管財課でしておりますので、電話でもお尋ねいただければ、指名願を提出いただきたいと思っております。

 以上でございます。



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 市民環境行政について、ドメスティック・バイオレンス法の成立における体制の整備等についてという御質問でございます。

 先ほど議員の御指摘のDV法、ドメスティック・バイオレンス法でございますけれども、平成13年の10月に施行されまして、法律のねらいといたしましては、配偶者からの暴力にかかわる通報や相談、あるいは保護や自立支援の体制を整備することによりまして、暴力の防止及び被害者の保護を図るものでございます。

 法第2条におきまして、地方公共団体は配偶者からの暴力を防止し、被害者を保護する責務を有するとなっております。長崎県におきましては、婦人相談所の中にことしの4月から配偶者暴力相談支援センターの機能を持たせ、法律により、婦人相談員の配置や一時保護施設の確保、並びに心理療法担当職員の配置等の業務に当たっておられます。

 さて、本市の男女共同参画推進センターにおきましては、教育や広報、啓発、並びに相談員を配置し、被害者の相談に対応しているところでございます。困難な事例や緊急を要する場合につきましては、県の配偶者暴力相談支援センターと連携をとり、対処するようにしております。現在、大村市男女共同参画プランの見直しを行っておりますけれども、平成16年度からスタートするこの計画の中には、女性に対する暴力の根絶に向けた広報、啓発及び関係機関とのネットワークづくりのための施策を盛り込むことにしておりまして、あらゆる機会をとらえて一層の広報、啓発を今後とも行っていきたいと考えております。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 都市計画街路久原梶ノ尾線の竹松−松原間の路線についてでございます。

 久原梶ノ尾線につきましては、昭和42年に久原から鬼橋町までを都市計画決定をしております。当時、久原梶ノ尾線は山手を通る国道34号のバイパスとして位置づけ、名称を久原梶ノ尾線とし、鬼橋から梶ノ尾までは破線で表示していたものであります。破線での表示は、あくまでも将来構想としていたもので、法的規制は何もかかっておりませんでした。届け出も必要ないということで説明をしてきております。一部で誤解を招いたとの御指摘でもありますが、事前に相談や確認等をしていただければ、誤解はなかったものと思われます。

 今回、久原梶ノ尾線の大村方面−−武部、赤佐古、須田ノ木地区でございますが−−の完成のめどがある程度たったことにより、竹松方面への計画をいたしました。これにつきましては、県道認定により、県営事業として着手していただくよう、再三にわたりお願いしてまいりました。その中で将来の市内交通量の配分と周辺土地開発等の関係から、県道としては久原から池田、鬼橋町を経て、沖田町の郡中学校横の国道34号までとなったところであります。

 なお、これらの経過等につきましては、去る7月18日から地元及び一般市民を対象に説明会を3回開催し、説明をしたところであります。



◎教育長(清原章宏君) 

 不登校児童・生徒にかかわってのホームスタディ制度を実施すべきだという御提案でございました。

 この児童・生徒の不登校問題、大変大きな問題でございまして、本市におきましても、児童・生徒の不登校は実際におります。しかし、他県、全国的な傾向と比べますと、この一、二年は減少傾向にあります。つまり、平成12年度は小学校、中学校合わせまして87名、これは30日以上の欠席であります。平成13年度は67名、このようになっておりますが、その傾向にある子供はまだおります、これ以外にも。そういう子供も含めて、この児童・生徒の不登校に学習を保障するということは大事なことだというふうに考えます。

 引きこもりということでありますが、この引きこもりの定義につきましては、6カ月以上自宅に引きこもり、家族以外と交流しない、社会参加しない状態が持続しており、分裂病などの精神病でないと考えられる者と定義されております。この定義からいきますと、大村市の児童・生徒にはそういう該当する児童・生徒はいないということであります。

 しかし、30日以上の欠席者がおるということは、現実ありますので、そういう子供たちに対しては担任が勤務外に、時間外に家庭訪問したり、それに本人に会えないときには、学校で作成いたしましたプリント等を置いて、学習指導に役立てるというふうなこともやっておりますし、担任はもとよりのこと、民生委員、児童委員、主任児童委員の方々のお力もかりて、家庭訪問等もいたしておりますし、さらにスクールカウンセラー、心の教室相談員、学校生活相談員などの方々のお力もおかりしているところであります。

 御提案のスクーリングサポート制度ということにつきましてですが、これにつきましては、文部科学省もこれに本腰になって取り組むようになりました。文部科学省は平成15年度からスクーリングサポートネットワークを整備するという方針を固めて、これを全国に 460カ所設置するということになりました。このうちの60カ所は広域的なもの、そして、 400カ所が地域的なものということであります。これは今申しました引きこもりの子供とか、そういう家庭におる子供たちの教育を何とか保障しようということで、既存の適応教室や教育センターをネットワーク化することで、指導教室に通う子供以外にも支援を広げる、こういうことを目的としているものであります。

 したがいまして、本市におきましても、少年センターに適応指導教室を設置しておりますので、この中でヤングスタッフとか、そういうふうなものを充実することによって、これに対応できるのではないかということで、今後検討していかなきゃいけない問題だというふうに考えております。



◆11番(山北正久君) 

 それぞれ明快なる答弁をいただき、ありがとうございました。あと27分35秒、大事に使いたいと思っておりますが、まず、最後の質問項目にありました市長の政治姿勢についてから再質問いたします。

 ただいま私がこの質問文を読み上げまして、当然のことながら、市長、一切関与していない、後援会も関与していない。これは当然の答弁であります。かかわっていたら大変なことでございます。これは選挙違反につながります。

 そこで、私はやはり−−ちょっと黙って聞いてください。私はこの種のものが大村市内に出回っている。これは非常に今回はクリーンな選挙をということで期待をしておりました。正々堂々と、たった2人の立候補予定者しかいないわけですから、正々堂々とやっていただくだろうというふうに実は期待をしておった。もし、これに関連する方がこのケーブルテレビ等を見ておられれば、即刻おやめをいただきたいんですが、市長の口からもやはりこういうものを出すべきでないという発言が実は欲しいから質問したんです。一切関係ありません、後援会も関与していない。これは当たり前のことですよ。どうですか、見解は。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 先ほど申しましたように、この市長選挙に限らず、このような選挙においては、公明正大に、また、このような文書を出すことなく、正々堂々と政策を論議して戦うというのが、私は選挙のあるべき姿と、そのように思っております。したがいまして、この種の文書が出ることについては、私自身もどこから出たかわかりませんが、非常に困ったものだと、そのように考えております。



◆11番(山北正久君) 

 大変困ったものなんですね。本当にまじめに、いわゆるお二人の方の資質、あるいは政治的手腕、そういうものを判断しながら選挙はやるべきでありますから、この種のものがありますと、歪曲した形で市民に伝わっていく。これを実は私は申し上げておるわけです。

 そこで、実は公正とは、公正というのをよく使っておる。公正とはどういう内容ですか、市長。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 表に出しても恥ずることない、正しいものというふうに理解をいたしております。



◆11番(山北正久君) 

 そのとおりですね。いわゆるこれには、私も実は余りこの公正というのは辞書で見たことないんですが、久しぶりに市長のスローガンでありますから、興味を持ちまして引っ張りました。特定の人だけの利益を守るのだけではなく、だれに対しても公平に扱う様子の意味ですね。まさにそのようにやっておられると信じなきゃいかんと思うんですが。

 ところで、実は今回、さまざまないわゆる市長選の憶測も流れております。今回、長野県知事選が結果が出ました。この結果についてはどのような感想をお持ちですか。いわゆる市民派と、それから、いわゆる党利党略、あるいはいろんな組織がついてあった選挙、こういう二つパターンに分かれた選挙じゃなかったかなと。例えば、二人を絞ってみれば、長谷川さんという方と、それから、田中さんという、そういう形で見てみれば、その感想についてはどうですか。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 長野県県民が田中氏を知事としてふさわしいとして判断をしたことだと思っておりまして、私自身のことにつきましては、私自身からはこれについてコメントは避けさせていただきたいと思います。



◆11番(山北正久君) 

 そうでしょうね。コメントをすれば、またいろいろ揚げ足取られますから。近来の首長選挙等々を見てみますと、いわゆる過去は組織型の選挙が多かったんですが、最近は組織型の選挙というのは極めて不利な戦いをするような状況が出てきております。大村ではどのような結果が出るのかわかりません。お二人の候補がどのような形でやっていらっしゃるかは、市民が知っておるところであって、私もここであえて申し上げませんけれども、やはり選挙というものはお一人お一人の判断でやるものである、ということですね。これは十分に市民の方、有権者の方はおわかりでございます。

 そこで、先ほどの問題ですが、市長みずから後援会にこういう怪文書が出ておるようだと。それで、私は実はこの怪文書を私のうちにはさすがに投げ込まれておりませんけれども、ある議員のうちには投げ込まれております。それで、この内容を見ますと、先ほど申し上げたように、市長を精いっぱい持ち上げておる内容ですから、市長を支援しておられる方だと思うんですが、この中で「次期はさらなる果実が期待されます」「果実」という言葉が載っているんですね。これは一般の方々は、この「果実」という言葉についてはほとんど御存じない。これは行政用語、行政用語なんですね。それから「ベンチャー企業のしやすさ」とか、非常に「百条委員会」とか、こういう内容なんですね。こういうものはやはり私の考え方、個人的な考え方ですが、行政にタッチをされた、経験のある方であろうというふうに判断するわけですが、なお、私はもしそういうことであるならば、やはり市長がこれからこういうものはもうやめてくださいと、当事者としてやっぱり言うべきではないかと思うんですが、その点どうですか。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 先ほど申しましたように、この文書については、私自身も、後援会自体も全く関与しておりませんし、私自身もこれについて、どのような経過があったのか関知しておりません。その内容について、私がここでいろいろ申し上げることについては、差し控えさせていただきたいと思います。



◆11番(山北正久君) 

 だから、内容は私がこういう内容ですよと申し上げた。市長も見たでしょう。我々から判断すれば、これは一般の人が書いた、素人が書いたものじゃないといいますか、行政出身でなければ書けない内容だということを言っているわけです。

 そして、実はこれ、ぜひ私は要望ですが、後援会の中でいろんな戦略会議が行われると思いますが、この種の内容については、ぜひやめてくれということを、あなたからやはり言うべきだと思うんです。公正な選挙をやるためには、やはり当事者として両立候補予定者が当然言うべきことなんです。その辺どうですか。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 後援会の内部において、これは後援会が選挙に向けて後援会活動をやろうとした当初から、この種のことについては、公明正大、明正選挙でやっていこうということを申し合わせをしております。



◆11番(山北正久君) 

 ぜひそのようにお願いをしたいと思います。あしたからはこのような、ひきょうきわまりない文書が投げ込まれないように期待をしておきたいと思います。

 それから、もう一点、実は3期出馬を表明されましてから、これは当然のことですが、夜の会合等に大変出席が多いというふうに私もそのように見ておりますし、市長自身もそのように思っておられたと、当然のことだと思うんですが、ここで公式行事には当然公用車、あるいは公設秘書が随行をする。そして、公用車を使う。しかし、公式行事以外ではこの公用車の使用はあっておりませんね。確認です。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 何をもって私の行動に公式とするのか、非公式とするのか、よくわかりませんが、少なくとも私個人の私の行動、あるいは後援会活動といいますか、その意味での行動について公用車を使用するということはございません。



◆11番(山北正久君) 

 公式とはってのは、行政のかかわっているものという判断ですよ。そうでしょう。そのほかは私的なことはみんな後援会活動じゃないですか。

 そこで、公設秘書に対してはどうですか。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 公設秘書というのは、秘書課長ないしは秘書係長のことを指しているかと思いますが、全く同様であります。



◆11番(山北正久君) 

 この辺はいろいろ私の方に指摘が来ましたから、あえてこれを申し上げておるわけでありまして、ぜひその辺は分別ある市長というふうに私は認識をしておりますから、今後もそのようにお願いを申し上げたいということを申しております。

 いずれにしましても、この怪文書、大変ひきょうきわまりない。これはここにいらっしゃる議員さん方も当然のことながら、市民が声を大にして、この怪文書については排斥をするように、機会あるごとに、あるいは集会あるごとに市民の皆さんにお訴えをしていく。これがまさに公明正大な選挙を推進するということにつながっていくのではなかろうかというふうに思いますので、どうかその点は議員さん方も含めてお願いを申し上げたいと思います。

 とりあえず、この市長選の政治姿勢については以上で終わりますけれども、間もなくでございますから、どうぞその辺については十分に健康に留意をされながら、お互いに頑張っていかれることを希望しておきます。

 それでは、その他の再質問をいたします。

 この市歌については大変市が積極的に取り組んでいただいてありがたいと思っておりますが、さきの13番議員の質問に対しまして、公民館、あるいは社会教育施設等に歌詞を配るということで答弁なさっております。これ歌詞は配っておられますね。一部には配っておられるようなことも聞きました。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 早速、各公民館等に配っております。しかし、ちょっと小さいなという気がしないでもございません。もっと後ろの方からでも、あるいはお年寄りの方でも会合のときに見えるような、そういうようなものにまたよくしていきたいと、そのように考えております。



◆11番(山北正久君) 

 そうですね。確かに小さいそうでございます。これはぜひ改善をお願いしたい。

 それと、もう一点は、テープを、カラオケテープでもいい、テープをお願いしたいと、これは複数の公民館長から実は要望を受けました。その点、どうですか、総務部長。



◎総務部長(黒田一彦君) 

 この件につきましては、一応教育委員会の方の社会教育ということで、公民館活動の中で答弁させていただきます。



◎教育長(清原章宏君) 

 市歌の曲につきましては、さきに出しました大村の方言の中に市歌を入れておりますので、これをそれぞれ配付しているというふうに考えております。

 なお、そのCDで対応できないということであれば、それを吹きかえてテープに起こすことも可能かというふうに考えます。



◆11番(山北正久君) 

 それはやっぱり方言集はだれもかれも持っていないんですよ。だから、公民館長が公民館に一つは欲しいと。ダビングができない公民館長もいらっしゃるわけでしてね、その辺の配慮をお願いしたい。

 そこで、学校にこの歌詞の配付、これはオタマジャクシがあれば、学校の先生が大半の方がお弾きになるだろうと思いますが、松崎先生は苦手のようでございますが、この辺どうですか、学校への啓発は。



◎教育長(清原章宏君) 

 学校は、子供たちへもこの歌は知ってもらいたいという気持ちはありますが、その歌詞の内容的なものについて十分理解できるかということになると、非常に難しい面もあります。

 かつて市の小学校の音楽会とか、そういうところの全員合唱でこれを取り上げたこともございますし、最近ではこのCDを学校に配りまして、中学校で取り上げるとか、そういうことはあっておりますので、十分理解できるような体制をとれれば、子供たちにも十分普及できるというふうに思っております。

 ただ、これを内容を変えるということはできませんので、その付近は考えていかなきゃいけないと思います。



◆11番(山北正久君) 

 これは今の時代の子には内容を教えるだけの価値がある内容ですよ。そうでしょう。だから、むしろこれは積極的にやっていく必要があると思うんですよ。ちょうど50年前にできた歌詞でありますから、自然豊かな大村の時代につくられているわけですから、なおさらのことこの内容についてはやっぱり説明をし、学校でも啓発をしていく必要があるというふうに指摘をしておきます。

 それから、読書推進に関する法律は、私が指摘をしたからということでなくて、ちゃんと国からの予算措置ができたらということでありますが、これは課長と実はちょっと議論をした経緯があります。それで、私も強く言いました。これは本会議でやるから、もうあんたといろんな見解の相違はやらんよというような経緯が実はあったんです。

 それで、私はこの際にちょっと申し上げておきたいんですが、この補助金等にかかわる法律がありますね。企画財政部長、この辺御存じでしょうね、当然ね、企画財政部長ですから。知らないと言えば失礼になりますから。補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律という法律がございます。これは自治法の中で。この目的は、これは全体のいろんな補助金がありますから、これはあえてここで申し上げておるんですが、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律第1条の目的、補助金等の不正な使用の防止、予算執行等が位置づけられ、その11条では、いやしくも補助金等の他の用途への使用、すなわちその交付の目的になっている以外には使用してならないという、そういうしっかりうたってありますから、その辺を踏まえて私は少し文句を言いたかったんです。ただ、過去も実はこの種のものがあったんです。あなたが企画財政部長になる前にもね。ややもすると、図書行政というのは置いてけぼりを食うてしまうような内容の中で、先ほど申し上げたように、国が向こう5カ年間やっていくんだということであります。

 そこで、市長、国が読書離れを防ぐために、抑止するために、このような法律をつくったわけですね。新たにまたつくった、ここであえて。趣旨は私が申し上げたとおり。そこで、図書館の建設、改築を望む声が非常に多い。市民からもそうですが、利用者も非常に多い。そして、この議会の中でも複数の議員から図書館の建設については、改築については要望があっておりますが、これは年次計画でやっていく考えはないですか、市長。もう簡単にいいですから。やるか、やらんか。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 この種の建物を年次計画というのは、ちょっとないわけでございますけれども、ただ、私は図書館の充実というのは、これは文化度のバロメーターでもあるということで、現在の図書館でいいというふうには私は思っておりませんし、満足していないものであります。

 この増築なり、改築なり、いずれにしましても、早急に財政事情の許す時点においてしなければならないものだと、そのように理解をいたしております。



◆11番(山北正久君) 

 年次計画というのは、私は財政が苦しいから、そういう基金的なものをつくっていってみたらどうかという趣旨の発言ですから、御理解をいただきたい。

 それから、先ほどのこの車検の方の関係でありますが、これはもうまさに公平にやっておるという答弁でありました。消防分団の自動車は随契やっていませんね。その辺の確認だけ。



◎総務部長(黒田一彦君) 

 消防車の分団の所有につきましても、契約管財課で一括して車検整備をしております。



◆11番(山北正久君) 

 ぜひそのようにお願いを申し上げたいと思います。

 非常に業者さん皆、大変な実態であられますので、たとえ1件でも納税をされているわけですから、でき得れば、車検整備の整ったところにはお願いしてもいい。だから、先ほどの指名を啓発しなさいというのは、そういう意味です。

 それから、このDV法については、これからの問題でありまして、ある同僚議員から「山北は声の暴力をやっているんじゃないか。嫁さんに対して」。確かにそれは私もそのような経験もあります。異議なしという声もありますが、これはこの法が定めましたので、私も鋭意これは努力をしていきたいというふうに、この問題は取り上げなかった方がいいかな、よかったかなというふうに思ったりもしているんですが、ぜひこの問題については、今からどんどんどんどんふえてまいりますから、市民環境部におかれましては、積極的に取り組んでいただくということでお願いをしておきます。

 大村市内においては、まだまだそんなに件数は多くないと。ただ、プライバシーに関する内容でございまして、潜在的なものが非常に多いというふうに聞いております。

 そこで、やはり民生委員さん等々の連携も必要になってくるというふうに思いますので、まさにこれは潜在的なものが多いということです。そういうことですので、あえて今回この新しい法律について取り上げをさせていただきました。積極的な取り組みをお願い申し上げます。

 それから、項目4の都市整備行政。

 公園内、私も実は改めて公園内を歩いてみました。確かにバリアフリー化はしてある。先ほど市長がおっしゃったような舗装になっております。若干、小さい子供たちも滑りやすく、夏場なんか、乾燥していますから、そういう部分もあるのかなと思ったり、また、そして、段差がかなりまだありますよ。段差、かなりあります。これは1回確認してもらえばわかります。数えても随分ありました。

 それから、あわせて階段のところにやはり、階段を通れば近い、階段をおりると近いんですが、スロープがないために、遠回りをしなきゃいかんというような状況が見受けられておりますので、県下に誇る大村公園でございますから、少なくともこの整備については、先ほど申し上げたような趣旨でお願いをしておきたいと思っております。

 項目が大変多いもんですから、早口でまいります。

 さて、この市道久原梶ノ尾線、これは朝長部長、突っ込むなとおっしゃったんだけど、突っ込みたくなるような答弁なんですよ。「事前に確認をいただければ、誤解はなかった」と、これは事前に確認をだれがしますか。市政だよりで路線変更というのはあった、やっておるということは承知をしておりますが、市政だよりはみんながみんなが見てはいないわけでありましてね。それで、私は実にここにこういう地図を持っております。これは都市計画が作成したカラー刷りの地図。これにははっきり点線で書いてあるわけです。そうすると、行政がこういうものを、例えば、事前に出したり、あるいはこういうものを書きますと、市民は、ああここを通るんだなというような錯覚に陥るのは当然なんです。だから、今後、この点線等については、こうやって事前に掲示するものというのはどうなのかと思うんですが、ただ、今回、こうやって抗議文という形で来ておりますので、この説明責任は私はあると思うんですよ、地区の方々についてはね。これはやるんですか、やらんのですか。もうこのままほっていっちょくということですか。その辺を聞きたい。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 そういう投書あたりもあっておりますけれども、実際、市政だよりあたりでも広報をしておりまして、竹松出張所とか、そういうところでも説明会を開催したという経緯もございます。そういうことで、個人的にはやっぱり説明会をしてくださいということに対しては、ちょっと現在のところ対応する方法がないということで考えておりますが、どうしてもということになれば、個人的にでも出向いていって、話をしたいというふうに考えております。



◆11番(山北正久君) 

 そんな答弁するから、突っ込みたくなるわけですたい。都市整備部長、あなたの地元からですよ、抗議は。その辺をしっかり考えてくださいよ。この間、大村市全域で、シーハットで7月18日、小路口地区が7月23日、竹松地区が7月25日、私は25日に行きました。一般市民は当然来ておりません。全部地権者ばかり。当然のことじゃないですか。これは大村市全域は行っておりませんから、一般の方が来られたかどうかわかりません。ただ、この種のものの変更については、やはり線引きをした地域の方には回覧板なり、何かを通じて連絡をする義務があるはずですよ。説明責任というのはそこを言っているんです。個人的に説明せろと言っているわけじゃないんですよ。だから、誤解があっておるわけですよ。

 今後、これは大村市が今後発展をしていきます。人口も住宅もどんどんふえ、そうすると、市道はもとより、都市計画道路もどんどんこれからは整備をしていかなきゃいかん。これは全市的に大きな問題提起というふうに私はとらえておるから、声を大にして言っておるんです。

 市長、どうですか。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 地域の人たちがそういう久原梶ノ尾線ということで、梶ノ尾というのは、これは松原の梶ノ尾でございますから、都市計画の街路として、それが延伸されてくるものだと、そういう理解をしていたことは間違いないだろうと思います。そういう点で、県道として今後整備する路線だけではなくて、実はこれについては都市計画道路としての計画は変更されたということは、地域の人たちにやはり説明をする必要があろうかと思います。機会を見て、これは説明をしてまいりたいと思います。



◆11番(山北正久君) 

 これは選挙もあることですから、市長、早くやった方がいいですよ。先ほど抗議文はあなたの手のもとにちょっと渡しておる。あなたのことも書いてあるわけです。だから、そういう内容を見ればわかるでしょう。ちょっと急いでやった方がいいと思いますよ、これは。怒り心頭は大変なものです。ぜひ市長、積極的にそこは、さっとあなたが指示すれば、さっと動くんです、部下は。部長の判断だけではできないわけでありまして、ぜひお願いを申し上げたいと思っております。

 それから、もう一点、この路線はせんだって坂口沖田線というふうになるような話を聞きました。そこで、沖田までが開通した後、今、市長がおっしゃった梶ノ尾までは将来的にはあり得ますか、あり得ませんか。そのイエスか、ノーだけで結構です。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 先ほど、いわゆる県営事業、県道として認定をしてもらう都市計画道路につきましては、これは既に先ほどの説明のとおり、郡中学校のところまで行くということになるわけでございます。従前、終点を梶ノ尾線ということで破線でもってある程度大まかに示された場所につきましては、県と技術段階でいろいろ話をする中で、高低差の関係がございまして、あそこに書かれているようにすうっといくような、そういう道路は実際はできないわけでございまして、こういう点も一つは今回県道としては無理だという、一つの技術的な観点もあったわけでございます。将来的にこれがそのような形の市道が必要であるかどうかというのは、全体的な道路網の構成について検討する中で、今後はその辺についてよく吟味しなければならないことであろうというふうには思っております。



◆11番(山北正久君) 

 これはもうはっきりだめだと、今、計画はないと、高低差もあるということですから、これはもうないというふうに判断する。そうするならば、やはり説明責任はぜひありますから、ぜひそれは早くやっていただきたいというふうに思います。

 時間がありませんので、最後に、ホームスタディ制度、スクーリングサポート、これは国が、いわゆる都市圏だけ取り組む問題ではないんですね。それで、大村市には該当しないというふうにおっしゃいましたけれども、今後の状況下におけば、対象になる子は少ないかもわかりませんが、積極果敢に教育委員会取り込んで、この部分については我々議会も勉強していくということです。

 以上で終わります。



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 先ほど山北議員から補助金等の問題、御質問というか、指摘をされたんですが、今回、図書費として措置されたのは、普通交付税として措置をされたわけですね。従来から普通交付税として措置をされておるわけで、この普通交付税というのは、いわゆる一般財源ですので、必ずしもこの普通交付税を図書費に充てなければいけないと、そういった性質のものではないということでございます。

 補助金は当然そういうことで使途目的が決まって補助がされるわけですから、ですから、私ども今までそういうことで確かに普通交付税として措置された分を必ずしも守っていない点もありましたが、先ほど申し上げたように、11年から13年は普通交付税を上回って予算化してきた経緯もありますし、そういうことで御理解いただきたい。

 ただ、この法律の趣旨を私どもは法律の趣旨にのっとって今回できるだけそういうふうにして予算化させていただこうということで、予算配分したということですから、そういうことで御理解いただきたいと思います。



○議長(馬場重雄君) 

 これをもって山北正久議員の質問を終わります。

 暫時休憩します。



△休憩 午後2時7分



△再開 午後2時17分



○議長(馬場重雄君) 

 再開いたします。

 発言の申し出がございますので、許可します。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 先ほど山北議員に対する答弁の中で、山北議員が久原梶ノ尾線の以北についてはもう消えたという表現をされましたが、そういうことではなくて、県道として郡川の方にタッチするということが変更になりましたので、従前から計画をしておりました点につきましては、今後、市道としてどのような形でのものができるのかどうか、あるいは線形として、あるいは将来的にそれが必要であるかどうかということは、当然ながら地元の町内会長会、あるいは振興会等々、皆さん方とのお話も聞きながら、調整をする必要があると。その点は残っているということでございますので、消えたという単純なことではございませんので、念のために回答させていただきます。



○議長(馬場重雄君) 

 次に、26番細川隆志議員の質問を許可します。



◆26番(細川隆志君) 登壇

 私の前に質問された山北議員は、同じうし年でございます。同じうし年でこうも違うのかなと、片や突っ込む、突っ込む、突っ込む、片やあしたもあるさというような2人の違いというものは、皆さんようおわかりだと思います。そして、前を見れば、傍聴者は一人もいないと。大変寂しい一般質問ですけど、やらせていただきます。

 まず、教育行政についてでございます。

 本年度より学校5日制導入により、子供たちが生きる力を養うために、学校、家庭、地域が一体になり、健全な子供を育てる方法として、去る夏休みの期間中、西大村小学校PTA主催で、全国でも他に例を見ないと言ってもいい、西小寺子屋を4日間開催されました。この内容は16分科会に分かれ、子供たちが自分の好きな学習を選んでやるということで、竹細工、木工、紙粘土、生け花、習字、しゃぼん玉づくり、一輪車乗り、星の観察、本の読み聞かせ、おもしろ科学、水泳、パソコンなど、それぞれ参加した子供たちの上級生が下級生の面倒を見ながら、目を輝かせている姿を見ました。

 私も2日間、竹細工と木工工作コーナーの担当として参加させていただきました。先生方もほとんど参加していただいたようでございます。西小の先生方は子供たちのことを一番に考えていただいているんだなと感謝をしたものでございます。市長、教育長も見学に来られましたが、この西小寺子屋に対して感想をお願いいたしたいと思います。

 私も西小寺子屋に参加し、パソコン教室をのぞいてみましたが、多くの子供たちが参加し、1台のパソコンに2人から3人で使用している姿を見て、本年度当初予算にたしか市内小・中学校のパソコン台数をふやすための予算が出ていたように思いますが、その進捗状況をお伺いいたします。

 市長は、平成14年度の施政方針の中に、地域情報化の推進を上げられたインターネットなど情報通信技術、ITを駆使した電子市役所の実現を目指し、市民がいつでも、どこでも必要なサービスが受けられる環境整備の推進に積極的に取り組んでいくと掲げられました。その事業としてオフィスパーク内に建設した産業業務機能支援中核施設内にすべての市民が気軽にパソコンやマルチメディアに触れ親しみ、研修できる情報交流プラザを開館されました。利用状況は現在のところ何人ぐらいでしょうか。

 高度なITを最大限に活用し、行政事務の効率化、高度化、住民サービスの向上、情報格差の是正などに積極的に取り組みが進んでいると思います。8月30日の新聞紙上において、平成15年の政府の概算予算の中に 180億円の情報技術通信整備に予算が請求されていることはe政府−−これは電子のeを取って−−e政府、e自治体の社会づくりの本格的な始動を確信しているところでございます。

 市長の一番すぐれている点は、先見性の確かさと職員の中で評判でございます。将来を見据え、市内全小学校、中学校でのインターネットの活用など新しい情報教育の充実に努められるとともに、子供たちが早くからパソコンに触れ親しまれるよう、学習時に1人1台の学習、学校5日制導入により、就業時間の減少からも緊急に準備することが大切だと思います。

 次に、学童保育についてでございます。

 まだまだ働きながらいろんな事情で子育てに不安を抱えている親はたくさんいらっしゃいます。むしろふえている状況ではないでしょうか。そこで、特に心配なことは、子供たちの生活面や学校終了時の放課後の安全性ではないでしょうか。本年度より学校5日制の実施により、親としてはますます心配の種が大きくなっているようです。いつの世でも子供は宝物です。少子化の中で夫婦共稼ぎ、あるいは父子、母子家庭など大きな実情を抱えている親にしては、行政の手厚い手助けが必要になってまいります。また、心から願っていると思います。

 西小校区に平成13年10月、学童保育の開設の声があり、平成14年3月22日よりスタートしております。くすのき児童クラブより市長へ7月に父兄の会より委託契約のお願いの陳情が提出されていると思います。このくすのき児童クラブの開設により、子育てで悩んでおられる親たちに元気と安心を与え、子供たちに健全育成に大きな役割を果たしております。市として友の会の陳情に対してどのように受けとめられているかお聞きいたします。

 3番目、山田の滝の整備についてでございます。

 本年度、山田の滝の上流で養豚業を営んでいた畜産業者外2カ所の土地を買い入れをされました。この土地の買い入れは、西大村小学校の校歌の2番に歌われている山田の滝を昔のように治水と水質をよみがえらせたい住民にとっては朗報でした。今回、買い入れされた土地の利用法、岳ノ木場公園、生活環境保全林(すわの森公園)との兼ね合いの山田の滝周辺整備、上流、下流を一体化とした計画はあるのか。

 今回、買い入れた土地の上に養豚業2社とこれから新しくされると考えられる業者に対しては、私どもがどうこうの言えることではなく、平成11年11月1日に家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律が施行されました。その法律が5年の経過措置がありまして、平成16年にそれが切れます。むしろ今後のために県内でも模範になる豚舎になるよう、整備を導入していただき、市としても指導をよろしくお願いしたいと思います。地元でも山田の滝を守る会を発足しようという強い意見が出ていますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 以上で主質問は終わりたいと思います。(降壇)



◎市長(甲斐田國彦君) 登壇

 細川議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、西小寺子屋についてでありますが、私も夏休み期間2回ほど実は見学をさせていただきました。子供たちが地域の方々の指導の中で、本当に教室、あるいは運動場、あるいは中庭等々で生き生き、目を輝かせながら取り組んでいる姿は大変印象的でございました。私自身は子供たちが高学年から低学年まで、いわゆる異学年同士の触れ合いというものが、今の時期に非常に少なくなっているということですので、そういう意味でも非常に意義があるんではないかということと、それから、PTAの皆さんだけでなく、地域の高齢者も含めまして、地域の大人がこの催しに積極的に参加をしていただいておりまして、子供との交流を本当に密なものにしながら、心温かいものが実は私も感じられました。

 そしてまた、さまざまな子供たちがやることが多い、メニューが多いわけでございますけれども、中には今の子供たちが非常に不得意としている、自分の手で物をつくるという、そういうふうなものも中にございまして、大変これは、いわば家庭でも教えていないようなこと、学校でも教えられていないようなことをこういう場で子供たちが参加をするというのは大変意義があるんではないかなと、そのように思っております。

 そして、これが夏休みだけではなくて、できれば土曜、日曜、いわゆる週5日制の土、日の活用にもこれが発展していけばいいがなという感想を持った次第であります。

 それから、大村市情報交流プラザの件でございますが、これにも小・中学生、あるいは高校生も含めまして、夏休みということもあったと思いますけど、非常に盛況でありまして、評判もよかったと、そのように思っております。今後もこの週5日制、土、日の活用にもこれがつなげていければと、そのように考えているところであります。

 なお、この点につきましての詳しいことは部長からお答えを申し上げます。

 次に、学童保育についてのお尋ねがございましたが、私どもは保護者が仕事で昼間家庭にいない小学校の低学年児童の健全育成のためには、やはりこれを放置するということではなくて、放課後対策事業として、いわゆる児童クラブの活用というのが大切だと、そのように考えておりまして、現在、市内には市が父母の会に委託をして実施をしております児童クラブが9カ所、保育園でお願いをして実施しているクラブが6カ所、合わせて 588人の学童が利用をしているものでございます。

 この補助対象の児童クラブの設置につきましては、これまで大まかでありますけれども、1小学校区に1カ所というのをある程度原則として進めてきましたけれども、新たに同じ校区内に別のクラブが実は出てまいりました。あるいは今後出ることが予想されます。そういうことの中から、今後も学校の規模、あるいは学童保育を必要とする児童の数等によっては、十分新たにこのようなクラブが出てくることも予想されるわけでございますので、1校区1クラブというのは今後見直す必要があるんではないかなと、そのように考えているところであります。

 ただ、新しい児童クラブを設置するということに対しましては、既存の、特に保育園が事業として行っております児童クラブ、これに大きく影響するということが十分考えられます。そういうことで、既設の児童クラブとの調整が必要であろうと、そのように思っております。

 そしてまた、これを助成をするということになりますと、この学童クラブを行う施設として防火、あるいは避難対策などの安全、あるいは衛生面でこれがいいかどうかということも、これは私どもとして見ながら、これも指導をする必要があるんではないかなと、そのように思っております。そういうことの中から、これは助成をしていく、こういうことで検討する必要があると、そのように考えております。

 実は西大村小学校区にくすのきクラブという児童クラブがもう既に設置されておりますけれども、先ほど新設ということで申し上げましたが、この既設の児童クラブとの調整を図る必要もありますけれども、さらに先ほどの申し上げました児童の安全、衛生の面について指導をしながら、どのような助成がいいかということを鋭意検討してまいりたいと思います。

 山田の滝周辺の整備についてでございますが、城ノ尾地区の23.2ヘクタールを環境保全地域として計画を立てていることにつきましては、既に予算措置の折に御説明を申し上げたところでございますが、これは隣接するすわの森、あるいは山田の滝風致地区と当然のことながら連携をした水環境、あるいは生活保全林づくりというような点に意を用いたところの市民が触れ合う場所、そのような場所として整備をしていく必要があるということで、関係部局が一体となった協議の場を設けて、総合的に検討をさせているところであります。

 城ノ尾地区には現在2戸の養豚農家がありますが、この地区の環境整備のためにこれら養豚場を含めまして、あと17.5ヘクタールの用地を確保したいと、そのように考えているところであります。この2軒の養豚場に対しては、平成16年度から適用されます家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律というのが時限として出てきます。こういうことで、これを遵守した養豚経営をしていただくよう、関係機関とともに指導を行っておりますが、できればこの地区から出ていっていただくという形での指導ができないか、この点につきましても、関係者と十分協議を進めてまいりたいと思います。

 いずれにしましても、この地域を環境保全地域としてやるについて、特にこれを効果あらしめるためには、場合によっては、条例化による保全地域の指定というものも検討する必要があるんではないかなというふうに考えているところであります。できればそのような方向で検討をいたしたいと思っております。

 なお、この山田の滝を含みます大上戸川の河川整備につきましては、引き続き県に対して要望していきますが、滝を訪れる人のためにも10台程度の駐車場用地を本年度に確保したいところであります。ただ、この山田の滝及びこの川、滝のすぐ下流につきましては、川床がかなり汚染をされておりまして、今直ちにこれをきれいにするということは大変難しい面もあるわけでございますが、昔の子供たちが大いに楽しんだかっぱ天国のにぎわいというものを取り戻すように努力をしてまいりたいと、そのように考えているところであります。(降壇)



◎教育長(清原章宏君) 

 細川議員から西小寺子屋についての感想を求められました。

 この西小寺子屋につきましては、西大村小学校では、5月の下旬からこの企画を思い立ち、PTA、それから、地区懇談会、あるいは地区の健全協、こういうところでも御協議いただき、地域ぐるみでこれをやっていただいたということで、大変評価されるものだというふうに思っております。学校、PTA、地域が一体となって、ともに開かれたものだったというふうに思いますし、それぞれの教育力が発揮されたものというふうに思います。

 西大村小学校の児童は 788名であります。この 788名が事前にこの参加希望をとりましたところ、延べ人数ではありますけれども、 1,550名ほどの参加希望がありました。その中でアンケート等も実施をしてもらっておりますが、4年生以上の参加者のほとんどが「この寺子屋は楽しかった」「今後もやってほしい」こういう感想でありました。この寺子屋には地域の方は自分の特技とするものを持ってこられて、12名の方、それから、保護者の方は52名の方が指導者として子供の指導に当たっておられますし、そのほかにも保護者の参加があったように思っております。

 市長も申されたんですが、今後、これが5日制に対応できた土曜日の企画となればいいなということで、この企画については機会あるごとに私はほかの学校にもこの行事については紹介をしてきたところであります。

 ここに地域の方のアンケートの感想がありますので、ちょっと御紹介をしたいんですが、その企画の中で参加された、指導された方は、「楽しくつくれました。満足した顔、作品をつくった自信の姿等を見ることができ、疲れも吹っ飛び、私自身も感動でした。西小は学校から大きく門戸を地域に開いてくださり、21世紀を担う子供たちに視野を広げてくださった活動に感服しております」こういうふうな温かい感想が多数寄せられております。さらにこれが発展することを私は願っております。

 以上です。



◎教育次長(中村満男君) 

 小・中学校のパソコンの整備計画についてのお尋ねがございました。

 教育用のコンピューター導入、整備につきましては、すべての小・中学校のコンピューター教室に児童・生徒2人に1台と教師用1台を整備いたしております。その総台数は小学校 286台、中学校 123台となっております。また、インターネットへの接続につきましても、既に13年度までに完了をいたしております。さらに、今年度からすべての学級のあらゆる授業におきまして、教師及び児童・生徒がコンピューターを活用できる学習環境の構築を目指すという目的で、コンピューター教室につきましては、児童・生徒1人に1台、また、各普通教室へも2台、特別教室へは各学校6台設置へ向け整備をスタートしたところでございます。中学校につきましては16年度までに、小学校につきましては17年度までに完了する予定でございます。



◎企画財政部長(遠藤謙二君) 

 大村市情報交流プラザの利用状況でございます。

 御存じのように、大村市情報交流プラザ、ことしの7月13日にオープンをしたところでございます。現在、8月31日現在ですが、ですから大体1カ月半のまず登録者数です。登録者数は全部で 1,224名でございます。19歳以下の登録者数が 273名ということで、大体全体の22.3%程度でございます。次に、利用者数です。利用者数につきましては、7月が 883名、これは1日平均で申し上げますと55.2人。8月が 2,006名、1日平均74.3人ということで、合計しますと、 2,889人、67.2人ということでございます。

 ただ、この延べ人数でございますけれども、これは1日1人2時間を単位としておりますので、時には4時間使われる方は2名として算定をしているということでございますけれども、おおむねそういった状況でございます。

 これもオープンスペースとIT研修室と二つあるわけですが、オープンスペースというのは、インターネット体験コーナーであるとか、ビデオ編集スタジオ、あるいはグラフィックアートスタジオ、情報バリアフリースタジオとか、立ち寄りオフィス、こういったものがオープンスペースという呼び方をしているわけですが、このオープンスペースが 1,440名の利用でございます。IT研修室が 1,449名、そういった利用状況でございます。



◆26番(細川隆志君) 

 まず、西小の寺子屋についてでございます。

 今時期の親というのは、非常に忙しくて、子供にかまってやれない割には責任を人になすりつけるという傾向があるんじゃないかなと。そういったときに、このような行事をしていただき、そして、親としては当然です、しかし、今回の場合は先生方が非常に参加をしてくれたということは、やはり学校の先生というのは、私はいつの時代でも聖職だと思っております。やはり子供を導く、それが先生の役割だと思います。そういった中で、この機会に、西小がよかったからじゃなくて、ある程度この大村地区でそういった行事をするときにはまず先生も一緒になってやっていただくように教育委員会の方から指導をしていただければなと思っておりますけど、どうでしょうかね。



◎教育長(清原章宏君) 

 まさに細川議員がおっしゃるとおりでありまして、学校からはいろんなことを保護者の方々、地域に協力を求めてまいります。それに対してやはり教員はそれにこたえなきゃいけないし、みずからそれに出ていくというのが、そういう姿勢が私は大事だというふうに思っておりますので、そういうことについては常に私は校長を通じてお願いをしているところであります。



◆26番(細川隆志君) 

 きょう朝のテレビで、ある先生のことがちょっと放送されたんですけど、学校を退職されて、次の就職場所がなかったと。その先生が中国に1年間、英語の先生だけど日本語を教えに行くという放送がありました。それはその先生が子供に対して理解をしていただく、子供に対して勉強を教えるんじゃなくて、理解をするような教え方が好きなんだと。要するにいわゆる我々の時代には一つの問題があって、その問題について応用問題とかいろいろありましたですね。今はないような気がします。ある程度規格的な問題が出て、それを解ききればいいというようなことだけど、そういった今の先生方の批評といいますか、1割がただ単に先生になったと。あと9割のうちの半分が、まあ職業的にも安定しているからということもあると。そして、あと残りの5割の中で2割ぐらいですかね、本当に子供たちに愛情を注いで教えると。あと3割の方はある程度教え込む、命令というですかね、それがある程度好きじゃなくて、そういう懸念もあるというような評価を出していましたけど、これが果たして当たっているかどうかわかりませんけど、やはりこの週5日制になって、就学の時間というのが非常に短くなった。そういった中で、本来の子供の姿といいますか、それが大事な今時代になっているんじゃないかなと思うわけですけど。

 教育委員会として、今の大村市の先生方の評価といいますか、それをちょっとお聞きをしたいと思います。



◎教育長(清原章宏君) 

 評価といたしますと、私は先生方を信用して信じておりますので、マイナスという評価は私は出すことはできません。それは当然のことだというふうに思いますが、ただ、私はせんだって、若手の教諭の研修会を実施いたしました。これは新規採用から5年まで、それと、臨時的任用の先生方、小学校、中学校全部集めて研修会、これは二、三年前からやっていることなんですが、その中ででも教師のあり方ということについて、私自身の経験も含めてお話をしたんですが、どうも最近は横並びといいますか、個性がないんじゃないかというふうなことも私は申し上げました。昔は名物先生と、言葉は悪いんですが、非常に個性豊かで子供に慕われる先生、こういう先生がおりました。今も確かにおります。その中でせんだって大村で開かれました「日本の子どもたち」、あの映画が再上映されました。あれは中央小学校の実話でありますけれども、その先生は私の小学校時代の隣の学級の先生でありました。その先生のことも私はお話をしました。その先生は、ある面では反面教師、言葉は悪いんですが、反面教師と言われたと、自分も述懐をしておられるんですが、真正面から子供に立ち向かった。それが今もなお続いている。84歳ですが、満州から引き揚げてこられた。この記事が全国版にも載っております。それほど教え子が慕ってくるという、そういう先生になってほしいということも私は含めて申し上げたところです。

 ですから、先ほどから申し上げました。先生方評価をしておりますけれども、それなりにもっともっと自分の個性というものを子供に真正面からぶつける、そういう先生であってほしいというふうに私は考えております。



◆26番(細川隆志君) 

 まことに答えにくい質問をして、申しわけございませんでした。

 これと同様の質問でございますけど、市長の方にちょっとお伺いします。やはり役所の方も若い人たちの本当にやる気のある人といろいろおると思います。そういった中の職員との対話と申しますか、そういう時間をつくられているのかどうか、ちょっとお聞きをしたいと思います。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 今、私は役所の場合にいろいろサービスを行う場合に、市役所の論理ということではなくて、市民の論理に立って仕事をする。そういうことで、いきいき市役所推進本部というのをつくりまして、どういうことをやるかというのは、若い人たちが希望した、若い人たちをそのメンバーとしてプロジェクトチームをつくってやっておって、そういうことの中で私は管理職の人との若い人との対話というのが、こういうことの中でも出てくるであろうと思います。

 それとあわせて私はいつも新年度の予算要求のときに、ただ役職者がこれとこれとをやるということだけではなくて、若い人たちが何をやりたいのかという、そういうものをひとつぜひ吸い上げて予算要求をしていただきたいということもやっておるわけですが、議員御指摘のような形で若い人と、それから、ベテラン職員、これは私も含めて、役職職員がどういうふうに若い人たちを指導していくのか、指導する中で、自分自身もやはり向上しなければならないわけでございますので、そういう点では私はぜひベテランと若い人との交流を進めて、ひとつ活性化をしていくという方向でやっていきたいと思っております。



◆26番(細川隆志君) 

 なぜそれを聞いたかと申しますと、常々私も議会にここに来て11年過ぎます。そういった中でこの議場を見ている限りでは、議員の質問に対して非常に部長たちの意見というのが余り返ってこない。ある意味では御無理ごもっともの点のような感じのする答弁がございます。ここは僕は議場だ、議論をする場と思います。だから、議員が質問したことについては、真っ向からある程度は反論してもいいんじゃないかなと。そういった議会であれば、やはり大村はまだ発展すると思います。そういった人材を育成してほしいなということで、今の質問をしたわけでございます。どうかよろしくお願いをしたいと思います。

 次に、学校のパソコン。今の教室ではたしか20台入っているんですかね。



◎教育次長(中村満男君) 

 児童・生徒2人に1台、それと教師用ですから21台になります。



◆26番(細川隆志君) 

 大体1学級約40人だと思います。それを40台にするのには二つの教室の広さが要るというわけですね。そういった中で、私が西小のパソコンのあるところを見た限りでは、突き当たりなんですね。それで、廊下をつぶして、あの枠を外せば、すぐでもできるんじゃないかなと。そういう学校があるんじゃないかなと思います。そういうのを調べて、できれば一刻も早くしていただきたいなという気持ちでおりますけど。



◎教育次長(中村満男君) 

 パソコン教室のスペースの問題ですけれども、2人に1台から1人に1台となりますと、中学校のパソコン教室の場合はおおむね 130平米程度ございますので、対応できますけれども、御指摘にありましたように、小学校の場合は1クラスの教室のスペースですから、狭隘となる学校も出てまいります。今年度は中学校2校、小学校5校に導入を予定しておりますが、御指摘がありましたように、校舎の一番端っこの方にコンピューター教室がございまして、廊下等のスペースを活用できる学校につきましては、活用いたしまして、解消に努めたいと考えております。



◆26番(細川隆志君) 

 はい、ありがとうございました。

 次に、くすのき児童クラブのことでございます。

 このクラブは、今18人ぐらいだと思います。その中で非常に私が感心したのは、私ども地区に西大村浮立というのがございます。その浮立にその子供たちを参加させて、地区の芸能に対して参加させると。そうした中で、その結果を慈恵荘に慰問に行っているという姿、これを見たときに、指導の先生方が非常にすばらしいなという気がいたしました。

 それと、もう一つは、この寺子屋にも積極的に参加をさせていただいております。やはり親が届かない点を十分にやっているクラブだなという私自身見た目で、改めてこういうふうに質問したわけでございます。その点も踏まえて検討というか、いい方向で検討していただければなと思います。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 くすのきクラブにつきましては、私も2回ほど参りまして、その実態もいろいろお聞きしておりますけれども、野外の活動というのが非常にユニークで、非常に評判がいいということもございまして、日を追って児童の数がふえているということもあります。ただ、現在の部屋が少し手狭であるということとあわせて、先ほど言いました安全面でどうかなという点もございますので、私はそういうことを指導しながら、ぜひ以前は市で建物を建てたりしていないときには、民家を借りて、非常に苦労しながら学童クラブを運営をしておられたこともあるわけでございますが、私はその例もございますので、これについては支援をしていくという立場から検討していきたいと、そのように思っております。



◆26番(細川隆志君) 

 それでは、最後に、山田の滝の周辺のことについて質問します。

 あの周辺のちょっと地図をいただきまして、見るところによると、岳ノ木場、そして、すわの森、そして、現在、大村市が買っている土地。その間に森林か何かわかりませんが、そういうのがあります。個人のものだと思います。こういうのを一体に買われて、何というか、林業構造改善事業ですか、そういったのに当てはめていただければ、かなりいい地区の公園ができ、雇用の場ができ、そして、治水にも非常に役立つんじゃないかなと思います。一遍にはできないと思いますけど、できればそういう方向で開発をしていただければ、これも一つの水系というのは大上戸川に流れる水ですので、やはり農業にするにしても大事な部分ですので、水を守る点でも、緑を守る点でも大変重要な場所だと思いますので、そういったことで、それを頭に入れて、できるだけ市のお金を使わないで、国のお金を出すように、市長の得意の分野でしていただきたいなと思いますので、よろしくお願いをいたします。

 以上です。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 今の件でございますけれども、実は既に林業構造改善事業、広く意味はそうですけけれども、その一環としての補助事業制度に乗れないかということでありますが、今、岳ノ木場公園の東側にすわの森というのがあります。私も最近2回ほどあそこに行きましたが、これも今、林を整備しております。私は市民の手近なところで、市民が休養できる森林を、森林浴ができるといいますか、そういうふうな環境保全林というようなものが必要であろうと思っておりますので、そういうことでそれを利活用していく事業として、ひとつ取り組んでまいりたいと、そのように思っております。



○議長(馬場重雄君) 

 これをもって、細川隆志議員の質問を終わります。

 暫時休憩します。



△休憩 午後2時59分



△再開 午後3時10分



○議長(馬場重雄君) 

 再開いたします。

 次に、19番今村典男議員の質問を許可します。



◆19番(今村典男君) 登壇

 時間がそう要しない質問と思っておりまして、残り時間で手ごろかな思っておりましたら、議長が休憩、水を入れてくれました。同僚議員はこの炎天下で中途半端に帰すなと、1時間しっかりやれという激励をいただいたりしております。議会というのはなかなか自分の思うようにいかないものだと、そういう気がいたします。

 では、通告した項目について質問をいたします。

 最初に、福祉保健行政についてであります。

 これは福祉医療助成制度について質問をいたします。大村市にも重度の心身障害者、障害児、あるいは乳幼児の医療費について助成をしている福祉医療費助成制度がございます。特に乳幼児の助成につきましては、6歳未満児ということで、我が国のトップといいますか、最初に6歳未満児まで対象を広げたということで、大村市は全国に福祉のまちとしての地位を不動のものにしたと、そういう評判をいただいているところであります。

 実はこの質問の中で質問をいたしますのは、この制度の中には精神障害者の方々が対象になっていないということであります。精神障害者の方々が法定外の一般の、つまり、風邪やけが、歯の治療などで通院、あるいは入院をする場合には、2割ないし3割の一部自己負担が必要なわけであります。こうした障害者の方々はなかなか就業することが困難であり、収入、所得の面においても非常に恵まれない、そういう方々が多いわけであります。当然、家族の方々も大きな負担を背負っておられるわけであります。こうした負担を軽減するという意味において、また、障害者相互の公平性を考える上で、精神障害者の方々の医療費助成制度の適用をぜひ求めたいと、こういう質問でございます。財政困難の折でありますけれども、こうした弱者の方々への福祉サービスというのは、行政として当然進めていかなければならないものと、このように考え、市長のお考えをお尋ねするものでございます。

 次に、市民環境行政、かつては清掃行政などと言っておりましたが、機構改革によって長たらしい部署の名前になっております。市の方で可燃ごみ−−通常生ごみと言っております−−収集をしておりますけれども、これが月曜日の収集日になっている区域にありましては、いわゆる日曜日と祝祭日がダブった場合に、翌日の月曜日が休日になる日がございます。年によって違いますが、6日、7日、8日ぐらいはこうした振りかえ休日になっているようであります。こうした地域の方々から要望を聞いたわけであります。自分たちの地域はこうやって月曜日休日のときには、ごみの回収が行われない。私たちの地域だけがこういうことになっておるという苦情めいた話でありまして、このローテーションを年ごとに変えていくなり、全市的に公平な収集に変えてもらえないかと、そういうお声を聞いたことがあるわけであります。

 考えてみますと、全市的に収集日のローテーションを変えていくとなりますと、また煩雑になりましょうし、どうしたものかなという思案を自分なりにしておりました。ところが、全国的に見ますと、かなりの自治体にあって、こうした祝祭日と重なった場合の月曜日休日の場合に、収集を行っている自治体がかなりの数あるように聞いております。

 そういうことで、大村市にありましても、このような振りかえの休日、月曜日に収集ができないものかどうかお尋ねをするわけでございます。これも特定の地域の方々だけが何か不公平感が残ると、そのような指摘でありますので、御検討をいただければと思います。

 次に、都市整備行政についてであります。

 草場小路地区急傾斜対策事業工事が進められております。この地域は都市景観条例が制定されまして、今、条例だけが制定されて、この運用について都市計画課ではいろいろ進めておられますけれども、当面、ことしの10月からということでありますが、大型の建築物、そして、特定用途の建築物が特定地域に施行される場合に事前届け出制度、事前協議制度というのが10月からスタートするということであります。つまり、都市景観条例がやっと動き出すところまで来たというところであります。

 こういう状況の中にあって、今後、地区指定などを含めて、その地区の景観形成をどのようにしていくか、そうしたことを協議し、策定をしていく段階に入ったと言われております。そういう中にあって、この草場小路地区もその地区指定の範囲に含まれようかと思います。そうした地域の中で住民の安全性を確保するために、防災事業として、急傾斜地対策事業が進められております。私もこの景観条例制定を提案した議員でありますが、こうした地域でこの事業が行われていることも承知をしておりながら、市民の指摘を受けるまでうかつであったと思っております。こうした景観形成が求められている区域の中で、大きなのり面の工事が行われるわけであります。これについてどのような景観と防災、安全性との整合性が図られていくのかという問いかけを受けたわけであります。

 そこで、既に今年度の事業として進められておりますけれども、今からでも遅くはないわけでありますが、こうした景観形成との整合性について役所内部で本当はすり合わせ協議が行われた上で施工されるのが望ましいと思うわけであります。しかしながら、現在進められておりますので、まだ未着工の部分につきましては、横の連絡をとり合って、景観の形成に資するような工法を取り入れられないものか、設計変更ができないものかどうかお尋ねをいたします。

 なお、加えて、その末端といいますか、来年度の事業計画あたりは、円融寺庭園の史跡に隣接をしているようであります。史跡、文化財とこうした防災工事というものの整合性、接点というものもまた考慮しなければならないと思います。この辺について役所のそれぞれ横の連携がとれているのかどうか、そうしたことについてお尋ねをいたします。

 10月から進められる民間市中の工事につきましては、先ほど申し上げたように、事前協議届け出制度がスタートをいたします。景観条例によれば、豊かな自然と歴史に恵まれた大村にふさわしい都市景観の形成を図り、もって潤いのある魅力的なまちづくりに寄与することを目的として、条例が定められております。中で第3条には、それぞれの責務がうたわれております。まず、市の責務として、大村市の責務がうたわれております。3項に「市は道路、公園その他の公共施設の整備等を行う場合には、都市景観の形成に先導的役割を果たすよう努めなければならない」このような定めがあります。当然、市民、あるいは事業者にあってもそれぞれ果たすべき務めが定められているところであります。

 この防災工事の擁壁工事が景観条例で定めるところの工事に該当するかどうかは別といたしまして、写真で該当地域を定めた写真を見せてもらいましたけれども、かなり遠隔地からも相当大きな面として人の目に映ります。そうしたことから、当然、市が果たすべき役割、しかも行政として先導的な役割を果たす使命があろうかと思うわけであります。こうしたことについての整合性についてお尋ねをするものでございます。

 以上です。(降壇)



◎市長(甲斐田國彦君) 登壇

 今村議員の御質問にお答えをいたします。

 私からは福祉医療費のことについてお答えをし、他の面につきましては、技術的な問題もございますので、部長からお答えを申し上げます。

 ことしの5月から精神障害者の通院医療費の公費負担というのが、実は5%だけで自己負担ということになりました。申請窓口の業務だとか、あるいは精神保健福祉手帳の申請窓口の業務とか、あるいは居宅生活支援事業など、こういう事務が実は市町村に移譲されまして、現在、大村市でやるということになっておるわけでございますが、大村市関係では、4月1日現在で精神保健福祉手帳交付者というのは 107名いらっしゃいます。それで、医療公費負担の受給者が 600名でしたが、その後、新たに手帳交付者27名、公費負担受給者50名が増加をしております。また、居宅生活支援事業としては、ホームヘルプサービス3名、ショートステイ1名、グループホーム10名ということで、今、その事業の該当者がいらっしゃるわけでございます。

 確かに御指摘のとおり、この精神障害者に対します福祉サービス、医療費の助成につきましては、身体障害者、あるいは知的障害者と同様な措置がなされておりません。これは私の考えですけれども、身体障害者や知的障害者というのは、障害が固定したものでございまして、これらの障害者の方々は一般的にはなかなか定職につけないというようなことがあるということ、そして、一方、精神障害者の方は、疾病として治療中の者が多いという、そういうふうな差異が実はあるということで、議員が御指摘のような、他の医療費の助成というのはなされていないんではないかなと、そのように思っております。

 これを市独自で福祉医療費として新設するかどうかについては、これはもっと検討していく必要があるんではないかなと思いますし、県としても、このような助成措置を講ずるということについて現在検討をどうもされていないというように思っております。ただ、私どもとしては、これは8市等で構成します長崎県福祉医療費制度検討協議会というのがございますので、この中でこの種の制度についてどうするかということも提案をして、協議をしてまいりたいと、そのように考えております。(降壇)



◎市民環境部長(伊東正人君) 

 市民環境行政について。

 月曜日の振りかえ休日がふえたので、振りかえ休日の月曜日も収集できないかという御質問でございます。

 この件につきましては、昨年6月議会で8番議員から、また、9月議会でも17番議員からも一般質問があったところでございます。燃やせるごみ、いわゆる可燃ごみでございますけれども、この収集についてでございますが、本市における収集体制は月・木、火・金、水・土コースの3体制でございます。そのうち日曜日が祝日に当たる場合は自動的に月曜日が振りかえ休日になるため、現状では御指摘のように、どうしても月・木コースの地域はほかのコースと比べ、収集しない日が多く、結果的には平等とは言えず、多少御迷惑をおかけしておるところでございます。

 具体的にはことしの場合は5月、9月、11月と3回ありますので、このような日が該当することになるわけでございます。そこで、これを解消するために、振りかえ休日日に限り、収集体制ができないかということでございますが、この件につきましては、早急に検討させていただきたいと思います。

 なお、週2回の収集日がいずれも祝日に当たる場合は、どちらか片方の休みの日においては既に実施しているところでございます。また、ことしの対応といたしまして、2週続けて月曜日が休みとなった4月29日に続きまして、市の広報紙でもお知らせしていますように、今月の23日、月曜日の秋分の日でございますけれども、この日は収集をさせていただくことにしております。

 以上でございます。



◎都市整備部長(朝長眞夫君) 

 草場小路の急傾斜地対策工事と円融寺周辺の景観と安全面の整合性についてでございます。

 急傾斜地崩壊対策事業は、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律に基づき、急傾斜地の崩壊による災害から国民の生命の保護を旨とし、急傾斜地の崩壊の未然防止と被害の軽減を目的とした事業であります。

 まずは、安全を前提として事業を実施いたしております。御指摘の草場小路地区は斜面の高さが20メーターであり、国庫補助事業により県営事業として平成12年度から実施しており、平成15年度には完了を予定しております。

 議員御指摘の景観につきましては、安全と景観は一部相反する面もありますが、現場打ちのり枠工で施工しており、のり面には植栽をし、景観を考慮した施工を行っております。

 指摘をいただきました景観については、平成14年10月から景観に大きな影響を与える大規模な建築物や特定路線沿線に建設される特定商業施設について届け出を行う制度を運用する予定であります。円融寺側の工事箇所につきましては、景観を十分考慮し、安全な工事を進めてまいりたいと考えております。



◆19番(今村典男君) 

 福祉医療についてであります。

 席に戻ってきたばかりで、ちょっと市長が最初に答弁されたことがよく理解できなかったんですが、精神障害者の福祉医療については、5%の御負担でもって可能であると、そういう意味の答弁だったと、ちょっと確認をしたいと思います。



◎市長(甲斐田國彦君) 

 精神障害者の場合の精神疾病について公費負担がなされておると。その際、5%自己負担がありますということでございます。



◆19番(今村典男君) 

 つまり、法定のといいますか、そういったものだと思います。一般の疾病については当然ないということでありまして、前から精神障害者に対する施策としては、どうもバランスが悪いということが言われております。大村市の単独でということになりますと、いろいろ苦しい事情もわかります。市長が答弁いただきましたように、県にもどうか働きかけていただきまして、また、市長会等においても協議をしていただくということでありますので、担当部長におかれましても、今後、検討していただいて、何とか早い時期に実現できるように取り組みをいただければと思います。この点、検討ということでありますから、要望で終わりたいと思います。

 可燃物の収集日につきましても、検討ということでありますので、検討していただきまして、市民サービスの向上を図っていただきたい。これも要望をして、この件は終わります。

 問題の3番目の景観と安全、防災ということであります。写真もこのような工法ですということで見せていただきました。格子状の升をつくって、力骨をつくって、その四角い面の中も、かつてはコンクリート張りであったものがほとんどのようでありますけど、ここの場合にあっては、その升の中はグリーンの植栽によって覆われると、そういう工法ということでありますが、これが景観に配慮をした最良の工法ということであれば、これでやむを得ないかと思いますが、もう一つは、円融寺の方は専門外といいますか、よく私わかりません。文化財といいますか、史跡といいますか、そういったものとの接点といいますか、接線といいますか、触れ合うところだと思いますので、その辺の配慮については、景観という切り口では語れないところがどうかと思います。その辺については、教育委員会の領域ではなかろうかと思いますが、委員会としてはこの辺についてどのようなお考えをお持ちか伺ってみたいと思います。



◎教育次長(中村満男君) 

 この旧円融寺庭園付近の急傾斜地対策事業につきましては、先日、担当課、道路河川課の方から文化振興課の方に情報がもたらされておりまして、その計画図面を見ますと、急傾斜地対策事業区域の一部が国指定の旧円融寺庭園の石垣の一部に及んでおります。文化財保護法では、指定区域内で工事等を実施する場合には、事前に協議を行うこととなっております。また、指定区域の外でありましても、文化財の保存に大きな影響を及ぼす工事につきましては、同様の手続が必要となっております。

 急傾斜地対策事業につきましては、安全対策上必要な事業でございますし、速やかに県並びに文化庁にも計画の概要を伝えた上で、担当課と協議に入りたいと、そのように考えております。



◆19番(今村典男君) 

 必要な事業であると。にもかかわらず、場所が場所であると、そういう非常にもどかしいようなことでありますけれども、どうか両面をきちっと踏まえたことで、折り合いのつくような、安全性もきちっと確保されると、しかも、文化財、史跡等の整合性もとれると、なお、周辺の、恐らく地区指定が行われるであろう周辺景観にも配慮をした工事ということで検討していただいて、整合性のとれる事業として取り組みを進めていただきたいと思います。これ私自身も反省をしておりますが、気づくのがちょっと遅かったという気がいたしますし、役所内部でこうしたことはきちっと事前に整合性を持って、連携をとりながら、取り組みをしていただきたいということを要望して、日の高いうちに帰るのがつらいとおっしゃっている向きには申しわけないですけど、質問を終わります。



○議長(馬場重雄君) 

 これをもって今村典男議員の質問を終わります。

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。



△散会 午後3時35分

 上記会議録を調製し署名する。

    議長    馬場重雄

    署名議員  里脇清隆

    署名議員  田中 守