議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 大村市

平成28年 12月 定例会(第6回) 12月05日−01号




平成28年 12月 定例会(第6回) − 12月05日−01号









平成28年 12月 定例会(第6回)



             平成28年第6回

          大村市議会定例会会期及び日程

1.会期

  12月5日から12月21日まで(17日間)

2.日程



月日

種別
内容
開会時刻


12月5日

本会議
議案審議(委員会付託)
午前10時


12月6日

休会
議案調査
 


12月7日

本会議
市政一般質問
午前10時


12月8日

本会議
市政一般質問
午前10時


12月9日

本会議
市政一般質問
午前10時


12月10日

休会
 
 


12月11日

休会
 
 


12月12日

本会議
市政一般質問
午前10時


12月13日

本会議
市政一般質問
午前10時


12月14日

委員会
付託案件審査
午前10時


12月15日

委員会
付託案件審査
午前10時


12月16日

委員会
付託案件審査
午後1時


12月17日

休会
 
 


12月18日

休会
 
 


12月19日

休会
議事整理
 


12月20日

休会
議事整理
 


12月21日

本会議
議案審議(委員会審査報告)
午前10時



     平成28年第6回大村市議会定例会上程案件及び処理結果



件名
付託
決定


月日
委員会
月日
結果


第85号 議案大村市工場立地法に基づく準則を定める条例
12月5日
経済建設
12月21日
原案可決


第86号議案 機構改革に伴う関係条例の整理に関する条例
12月5日
総務
12月21日
原案可決


第87号議案 大村市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
12月5日
総務
12月21日
原案可決


第88号議案 一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例
12月5日
総務
12月21日
原案可決


第89号議案 大村市税条例等の一部を改正する条例
12月5日
総務
12月21日
原案可決


第90号議案 大村市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例
12月5日
厚生文教
12月21日
原案可決


第91号議案 大村市工場設置奨励条例の一部を改正する条例
12月5日
経済建設
12月21日
原案可決


第92号議案 大村市農業委員会の選挙による委員の定数及び選挙区に関する条例等の一部を改正する条例
12月5日
経済建設
12月21日
原案可決


第93号議案 長崎県市町村総合事務組合の規約の変更について
12月5日
総務
12月21日
原案可決


第94号議案 工事請負契約の締結について
12月5日
経済建設
12月21日
原案可決


第95号議案 平成28年度大村市一般会計補正予算(第4号)
12月5日
分割
12月21日
原案可決


第96号議案 平成28年度大村市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)
12月5日
厚生文教
12月21日
原案可決


第97号議案 平成28年度大村市水道事業会計補正予算(第2号)
12月5日
経済建設
12月21日
原案可決


第98号議案 大村市職員の勤務時間その他の勤務条件に関する条例等の一部を改正する条例
12月13日
総務
12月21日
原案可決


第99号議案 教育委員会委員の任命について
−−
−−
12月21日
同意


第100号議案 平成28年度大村市一般会計補正予算(第5号)
−−
−−
12月21日
原案可決


報告第18号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更契約を締結することについて)
−−
−−
12月5日
報告


報告第19号 専決処分の報告について(損害賠償の額を定め和解することについて)
−−
−−
12月5日
報告


請願第3号 新たな体育館の建設及び武道館の建替えを求める請願の件
12月5日
総務
12月21日
採択


請願第4号 若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める請願の件
12月5日
総務
12月21日
不採択


陳情第12号 宇宙船地球号を守る為の陳情・地球社会建設決議陳情の件
−−
−−
12月5日
報告


陳情第13号 市道整備に関する陳情の件
−−
−−
12月5日
報告


議会第5号議案 地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書
−−
−−
12月21日
原案可決


議会第6号議案 大村市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例
−−
−−
12月21日
原案可決



     平成28年第6回大村市議会定例会市政一般質問通告表



月日
質問
順位
通告者
発言の項目



12月7日

宮田真美
1 市長の政治姿勢について
 (1) 国連において決議された核兵器禁止条約を交渉する国際会議の開催に対し、日本が反対したことへの平和都市大村の市長としての見解について
 (2) ヒバクシャ国際署名への賛同・協力について
  ?平和首長会議の採択に対する見解について
  ?平和首長会議に加盟する市として、署名運動への具体的な協力について
2 商工行政について
 (1) 住宅リフォーム助成制度の復活について
3 教育行政について
 (1) 就学援助について
  ?支給時期を現行の5月から3月に変更することについて
  ?支給額の増額について
 (2) いじめ問題対策について
  ?教職員が子どもたちと向き合う時間をより多く確保するための具体的な手立てについて
  ?教職員の多忙解消の具体策について
 (3) 部活動について
  ?休養日設定の実態について
  ?事故の補償について
43



田中博文
1 防災行政について
 (1) 公衆電話回線の採用・導入について
 (2) 公衆無線LANの現在の設置状況と今後の見直しについて
2 安全対策について
 (1) 自動車運転免許証更新時の適性診断の強化と若年層への拡大について
 (2) 自動車運転免許証の自主返納者への特典と優遇措置について
3 動物愛護対策について
 (1) 飼い猫の定義について
 (2) 避妊、去勢時の助成について
 (3) 仮称「ノラえもん救助募金」の設立について
4 教育行政について
 (1) 図書館への読書手帳の導入について
5 若者支援について
 (1) 低所得による無保険者救済措置について
53



村上信行
1 新幹線工事における地元対策について
 (1) 木場トンネル三城口の工事対策における第6回地元対策協議会の進展状況について
 (2) 開業までにFGT(フリーゲージトレイン)の開発が間に合わないような状況の中、今後の新幹線に対する考えについて
2 教育行政について
 (1) 現在の学校2学期制の検討のあり方について
  ?アンケート調査の実施時期について
  ?アンケート調査の結果の公表時期について
  ?3学期制への変更希望が多かったときの変更時期について
  ?教職員の無償勤務時間減少策の進捗状況について
  ?教職員50名未満の学校に対する産業医の配置及び健康管理対策の進捗状況について
  ?本庁及び出先機関の産業医の選任について
 (2) 2学期制の見直しに関する市長の考え方について
3 市民の交通対策について
 (1) 車イス利用者等の身体の不自由な市民に対する高速バス利用対策について
4 観光行政について
 (1) 「いす‐1GP九州大会in長崎街道大村宿」への本市の関与について
 (2) 「いす‐1GP九州大会in長崎街道大村宿」に対するアーケード商店主の声について
5 中小企業振興対策について
 (1) 中小建設業者の振興対策と若手技能者育成策について
  ?平成24年度から27年度まで実施された住宅リフォーム助成制度の復活について
62



山口弘宣
1 自動車事故予防策について
 (1) 高齢運転者による自動車事故の現況について
 (2) 高齢運転者の事故対策について
2 公共交通空白地対策について
 (1) 交通空白地等における乗合タクシー実証運行導入事業について
3 教育行政について
 (1) 不登校・いじめの現況について
 (2) 平成27年度決算成果報告における不登校の人数・いじめ件数について
 (3) 不登校・いじめに対する今後の対応策について
 (4) 就学援助費の支給時期の前倒しについて
4 福祉政策について
 (1) 市内保育園の保育士の充足状況について
 (2) 保育士確保策について
5 道路行政について
 (1) 国道34号(与崎〜本野間)の拡幅について
 (2) 県道(大村貝津線)の交通渋滞対策について
 (3) 農免道路(田久保〜溝陸間)の交通安全対策について
65


12月8日

中瀬昭隆
1 地籍調査について
 (1) 山林や原野などの地籍調査について
2 教育行政について
 (1) 歴史教育、後世に残る記念碑やモニュメントについて
 (2) 日本文化の再認識、教科書選定の重大さと責任について
 (3) 児童生徒に対する学校現場、教育委員会の関わり、行政の関わりと責任について
3 総務行政について
 (1) 不祥事の原因究明に関し、仕事量や職務の役割分担の見直し、人員配置、必要な人数やノー残業デーなどの創設など、機構改編を含めた根本的見直しについて
 (2) 町内会活動に関し、地域社会の絆は大事であり、特に災害などの非常時を考慮し、前向きな入会促進に取り組む必要性について
 (3) LED化された防犯灯、保安灯に関し、今後の維持や保守に対する市の対処について
 (4) ねんりんピックなどスポーツ競技会の経済的効果について
4 福祉行政について
 (1) 子育て支援、高齢者見守り、地域の絆の構築について
 (2) 元気で長生きを実践するために不可欠な地域社会における高齢者の居場所づくりについて
 (3) 子育て支援に関し、社会全体が関わる必要性について
 (4) 子供食堂を含め物理的貧困だけに目が行きすぎないような配慮と社会全体で子供の心に寄り添うことに留意しながら取り組むことについて
 (5) 民生委員について
79



井上潤一
1 消防・防災行政について
 (1) 消防団員の出動報酬について
 (2) 災害時における公用車の燃料確保について
 (3) 災害情報を把握するためにドローンを導入することについて
 (4) 災害発生時における本庁舎ほか市の関連施設に来庁された市民、お客様、市職員等の避難誘導訓練の状況及び安全確保対策について
2 交通安全対策について
 (1) 高齢者の交通事故防止対策と運転免許証の返納について
3 農林行政について
 (1) 分収林について
4 福祉行政について
 (1) 子ども医療について
 (2) 子育て支援について
5 税務行政について
 (1) 納期内の完納者への対応について
89



村崎浩史
1 都市整備行政について
 (1) 上諏訪町の変則6差路改良の進捗状況について
2 商工観光行政について
 (1) 産業支援センターの進捗状況について
3 教育行政について
 (1) 県立・大村市立一体型図書館(仮称)建設の進捗状況について
4 競艇事業について
 (1) 選手宿舎建て替えの進捗状況について
 (2) エクストリーム広場の運用について
5 市長の政治姿勢について
 (1) 市役所及び市民会館の建て替えについて
 (2) 妊活支援について
 (3) 障がい者雇用支援について
 (4) 地域連携カードについて
 (5) 地方創生の進捗状況と地方創生ジェネラルマネージャーの取り組みについて
 (6) 来年4月に実施される機構改革及び人事について
98



永尾高宣
1 福祉行政について
 (1) 看護師の人材不足について
  ?看護学生の奨学金支援制度の導入について
2 観光行政について
 (1) 大村は桜など四季折々の花で観光客をもてなしているが、新たに百日紅(サルスベリ)を取り入れることについて
3 都市整備行政について
 (1) 市内の公園に健康器具を導入することについて
4 企画行政について
 (1) 久原駅の新設に向けた進捗状況について
111


12月9日

小林史政
1 地方創生を強力に推進する地域おこし協力隊と日本版CCRCの取り組みについて
 (1) 「地域おこし協力隊」の制度内容と、本市の認識について
 (2) 県内の「地域おこし協力隊」の現状と、本市の取り組み実績について
 (3) 「地域おこし協力隊」に対する今後の本市の取り組みについて
 (4) 日本版CCRCに対する地方創生ジェネラルマネージャーの見解について
2 大村市営新工業団地整備事業について
 (1) 総事業費31億円に対する本市の実質負担額について
 (2) 事業費確保のための起債の規模と償還期間について
 (3) 誘致する企業数及び雇用者数の想定、誘致企業に対する県と市の支援制度の規模について
 (4) 市民税、固定資産税、法人市民税の市税収入の見積もりについて
 (5) 事業費負担額の税収入による回収期間の見込みについて
 (6) 今後の大村市営工業団地の整備に対する市長の考えについて
3 新幹線長崎ルートにおけるFGT(フリーゲージトレイン)の今後について
 (1) FGTの耐久走行試験が半年遅れることに対する市長の見解について
 (2) 技術的にFGTの導入が無理となったときの市長の見解について
 (3) 「新大村駅周辺整備事業」の進捗状況について
4 大村市役所の建て替えについて
 (1) 建設場所の候補地を絞り込むための基本的な方針と基準について
 (2) 建設に必要な面積について
 (3) 建設場所の決定方法と時期について
 (4) 建設場所に関し、市議会議員時代に一貫して「新幹線の新駅前」と発言している市長の現在の考えについて
5 市民会館の建設について
 (1) 市民会館の新たな建設に関するコンサルの最終報告の有無について
 (2) コンサルへの依頼には、新たに市民会館を「つくるかどうか」という内容が含まれているのかについて
 (3) 建設場所に関し、市議会議員時代に「市民会館は現市役所を移転させ、その跡地に建てるべし」と発言している市長の現在の考えについて
123


10
三浦正司
1 新幹線高架橋沿いの市道等の整備及び同高架橋下部の利活用について
 (1) 新幹線高架橋沿いに整備を計画されている市道等の状況と今後の展望について
 (2) 新幹線高架橋の下を何らかの施設等に利活用可能な広さがあるのかの調査・検討の有無、仮に利活用できる場合に考えられる用途や施設、及び本工事により発見された埋蔵文化財の保管・展示場所として検討の対象となる可能性について
2 防災・国民保護行政について
 (1) 熊本地震における大村市の人的支援の根拠とその状況、実績、評価、及び特に問題点と今後の活動に反映、助長すべき事項について
 (2) 災害時の各種協定について
 (3) 災害時の各種協定と国民保護上の協定と避難実施要領との関連性について
3 高齢者、認知症対策について
 (1) 高齢化、認知症等が原因と考えられる事故などの大村市での発生の現況と今後の課題と対策について
 (2) 自動車運転免許証の自主返納などにより移動手段を喪失したときの対応策、特に公共交通のあり方について
134


11
野島進吾
1 公共交通行政について
 (1) 乗合タクシー実証運行導入事業の実施日やエリアに関する考えについて
2 福祉支援行政について
 (1) 高齢者の自動車運転免許証自主返納と、交通事故防止への具体的な取り組みについて
3 観光行政について
 (1) 大村湾を囲むエリアを1つの経済的地域共同体とした地域経済圏の成立を目指す事業の現状について
 (2) 一日婦人議会で質問された梶山御殿の整備について
4 子育て支援行政について
 (1) 妊娠、出産、子育てに希望の持てる社会への取り組みについて
5 商工振興行政について
 (1) 中心市街地複合ビルのテナントミックスの現況と計画について
 (2) 立地適正化計画に伴う中心市街地活性化計画の必要性について
6 農業振興行政について
 (1) 農作物被害と有害鳥獣捕獲実績から見た今後の具体的な対策について
142


12
山北正久
1 市長の政治姿勢について
 (1) 「機構改革実施要領(案)」に関し、市長として新たな組織の行政効果を上げる戦略について
 (2) 海外の市場開拓に向けた海外戦略に関する今後の本市の取り組みについて
 (3) 国内国外の姉妹都市・友好都市との交流の現況と今後の方向性について
2 市長公室行政について
 (1) 防災無線に関し、市内全域に配備されたスピーカーの音が聞き取りにくいという声に対する今後の対策について
 (2) 防災ラジオの配布に係る市長のテレビコマーシャルを放映することとなった経緯と経費について
 (3) 高齢者ドライバーの交通事故に関し、本市の現況と対策、自動車運転免許証の返納実績と返納者へのケアについて
3 財政部行政ついて
 (1) 収納課による家宅捜索時に、納税者である市民が「公務執行妨害」の現行犯で逮捕、拘留となった経過と今後の対策について
4 福祉保健部行政について
 (1) 医療と介護を必要とする高齢者の急激な増加により社会問題化している看護師や介護ヘルパー等の人的不足に関し、本市の現況と関連人的バンクの設立について
 (2) 生活保護者や生活困窮者の就労支援として期待される「生活保護受給者等雇用開発コース」に関し、保護課と商工振興課の連携の必要性について
 (3) 本市における高齢者の雇用の実態と今後の取り組みについて
5 こども未来部行政について
 (1) 本市における保育士の充足率と潜在保育士の掘り起こしと人材バンクの設置について
 (2) 子育て世代が多い本市において、「妊娠・出産包括支援事業」に早急に取り組む必要性について
153


12月12日
13
朝長英美
1 危機管理行政について
 (1) 市民の避難場所について
 (2) 小中学校の避難場所設定及び非構造部材の耐震化率について
 (3) 公共施設の避難場所設定から耐震化について
2 モーターボート競走事業について
 (1) 入札を経ずに行われる看板などの発注について
 (2) 場内施設の利用について
 (3) 場外の免税店などについて
3 農林行政について
 (1) 大村産米などの地元農産物の市内施設での利用度について
 (2) 大都市へのトップセールス貢献度について
 (3) 鳥獣対策について
167


14
北村貴寿
1 国保けんこう行政について
 (1) 骨髄移植ドナー支援制度について
2 商工振興行政について
 (1) 大村市中小企業振興会議からの提言について
 (2) 「日本一幸せな従業員をつくる!」上映会の共催について
3 スポーツ振興行政について
 (1) 第2回多良の森トレイルランニングの共催について
 (2) ふるさと納税枠エントリーの導入について
 (3) 「共催」のあり方について
4 総務人事行政について
 (1) 障がい者の法定雇用率について
 (2) 行政による障がい者の雇用について
 (3) ICTによる業務効率化について
5 企画行政について
 (1) 中心市街地複合ビル(旧浜屋ビル)について
 (2) 市庁舎及び新文化会館の建設について
177


15
田中秀和
1 新庁舎の整備について
 (1) 建設時期について
  ?数カ所の候補地の発表とその後1カ所へ絞り込むまでのタイムスケジュールについて
  ?建設場所の決定に向けて、市民の意見を聞く必要性について
  ?基本構想、基本設計、実施設計、建設に要する期間について
 (2) 建設資金について
  ?起債、基金等の資金見込みについて
2 商工観光行政について
 (1) バスターミナルの今後について
  ?商工会議所移転後のバスターミナルビルの今後と本市の役割について
 (2) ふるさと納税の返礼品としての物産の活用について
  ?大村市物産のカタログについて
  ?結婚式の引き出物カタログへの活用について
3 上下水道行政について
 (1) 高度処理水の再利用について
 (2) 農集排処理場の今後と公共下水道との統合について
4 都市整備行政について
 (1) 都市計画道路の見直しの進め方について
 (2) 横断歩道のカラー化について
 (3) 諏訪の六角交差点の時差信号化について
5 教育委員会について
 (1) 教育委員会活動の広報について
  ?委員会活動を広く市民に広報することについて
6 企画行政について
 (1) 行政視察等の積極的な受け入れ戦略について
  ?本市の先進的な事業や施設、民間の取り組みなどの紹介PRパンフレットの作成と配布について
  ?店舗等の協力による飲食割引券や宿泊割引券について
188


12月13日
16
水上 享
1 企画行政について
 (1) 大村湾を生かしたまちづくりについて
  ?大村湾流域自治体ネットワークの取り組みについて
 (2) 大村湾架橋について
 (3) 地方創生について
  ?人口減少対策の取り組みとして、移住促進、Iターン・Uターンに係る施策を強化することについて
2 財政について
 (1) 公契約条例の制定について
3 環境行政について
 (1) 地球温暖化対策について
  ?本市のCO2削減の取り組みについて
4 モーターボート事業について
 (1) 経営状況について
 (2) 事業運営について
 (3) ナイターレースについて
5 病院事業について
 (1) 平成29年4月開院に向けた進捗状況について
 (2) 新市民病院の診療体制について
203


17
神近 寛
1 子育て支援について
 (1) 奨学金制度の見直しについて
  ?条例改正を含めた全面的な見直しについて
 (2) ガン対策について
  ?B型肝炎ワクチンの任意接種助成事業について
 (3) 子どもの交通事故の防止について
 (4) 預託貸付制度の創設に対する市長の見解について
2 高齢者支援について
 (1) 認知症徘徊への対策について
  ?GPS機能の活用について
 (2) 外出支援について
  ?ふれあいバス実証事業見直しの状況について
  ?多様な活用ができる制度設計について
3 動物愛護について
 (1) TNR(通称さくらねこ)への取り組み状況について
  ?対象の絞り込みの考え方について
  ?事業効果の検証方法について
 (2) 仮称「人と動物の共生に関する基本計画」の策定について
4 組織再編について
 (1) 組織再編の主眼について
  ?内部統制の方法について
  ?事務総括の配置について
212


18
城 幸太郎
1 商工観光行政について
 (1) 「2016B−1グランプリスペシャルin東京・臨海副都心」の結果及び検証について
2 福祉行政について
 (1) 「ねんりんピック長崎2016」開催による経済効果、及び健康で活力ある高齢化社会を生き抜く上での効果について
3 教育行政について
 (1) 大村藩お船蔵跡整備のその後について
 (2) 小学校給食における食育、及び台風・長雨・日照不足による野菜高騰に対する学校給食会の対応について
4 総務行政について
 (1) 入庁時に署名する宣誓書改定の進捗について
 (2) ストレスチェックの実施状況、結果及び結果の活用について
 (3) 職員の懲戒処分について
5 農林行政について
 (1) 大村市農業基本計画審議会の開催について
 (2) 平成29年度からの農林水産業務について
 (3) 大村市の農業政策について
223



◯出席議員は次のとおりである。

   1番  田中博文君        14番  三浦正司君

   2番  神近 寛君        15番  村崎浩史君

   3番  野島進吾君        16番  水上 享君

   4番  井上潤一君        17番  村上信行君

   5番  北村貴寿君        18番  中瀬昭隆君

   6番  岩永愼太郎君       19番  山口弘宣君

   7番  田中秀和君        20番  古閑森秀幸君

   8番  小林史政君        21番  山北正久君

   9番  宮田真美君        22番  永尾高宣君

   11番  城 幸太郎君       24番  廣瀬政和君

   12番  大崎敏明君        25番  村上秀明君

   13番  朝長英美君

◯欠席議員は次のとおりである。

   23番  伊川京子君

◯地方自治法第121条により出席した者は次のとおりである。

 市長        園田裕史君     商工観光部長    山下健一郎君

 副市長       吉野 哲君     都市整備部長    黒崎広美君

 市長公室長     大槻 隆君     教育長       溝江宏俊君

 市長公室理事(危機管理監)兼危機管理課長 教育政策監     遠藤雅己君

           田中博文君

 総務部長      長濱海介君     教育次長      上野真澄君

 財政部長      平本一彦君     上下水道事業管理者 朝長 定君

 財政部理事     小峰 武君     上下水道局次長   桑川 満君

 市民環境部長    高濱広司君     競艇事業管理者   小川完二君

 福祉保健部長    楠本勝典君     競艇企業局次長   馬場宏幸君

 こども未来部長   川下隆治君     総務課長兼行革推進室長

                               渡邉真一郎君

 農林水産部長    熊 菊徳君     農業委員会事務局長 久保和幸君

◯本会議の書記は次のとおりである。

 事務局長      朝長 悟君     書記        松山誠一君

 次長        高木義治君     書記        山下大輔君

 係長        中村宏昭君     書記        吉原周平君

 係長        福江都志君     書記        川添太介君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          第6回定例会議事日程 第1号

        平成28年12月5日(月曜)午前10時開議

第1 会期の決定について

第2 第85号議案 大村市工場立地法に基づく準則を定める条例

第3 第86号議案 機構改革に伴う関係条例の整理に関する条例

第4 第87号議案 大村市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例

第5 第88号議案 一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例

第6 第89号議案 大村市税条例等の一部を改正する条例

第7 第90号議案 大村市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例

第8 第91号議案 大村市工場設置奨励条例の一部を改正する条例

第9 第92号議案 大村市農業委員会の選挙による委員の定数及び選挙区に関する条例等の一部を改正する条例

第10 第93号議案 長崎県市町村総合事務組合の規約の変更について

第11 第94号議案 工事請負契約の締結について

第12 第95号議案 平成28年度大村市一般会計補正予算(第4号)

第13 第96号議案 平成28年度大村市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

第14 第97号議案 平成28年度大村市水道事業会計補正予算(第2号)

第15 報告第18号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更契約を締結することについて)

第16 報告第19号 専決処分の報告について(損害賠償の額を定め和解することについて)

第17 請願第3号 新たな体育館の建設及び武道館の建替えを求める請願の件

第18 請願第4号 若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める請願の件

第19 陳情第12号 宇宙船地球号を守る為の陳情・地球社会建設決議陳情の件

第20 陳情第13号 市道整備に関する陳情の件



△開会 午前10時



○議長(村上秀明君) 

 おはようございます。

 出席議員は定足数に達しております。

 ただいまから、平成28年第6回大村市議会定例会を開会します。

 議事日程第1号により、本日の会議を開きます。

 伊川京子議員から欠席の届けが出ております。

 議事に入ります前に、今定例会の開会に当たり、市長から、挨拶があります。



◎市長(園田裕史君) 

 皆さん、おはようございます。

 本日ここに平成28年12月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様には御健勝にて御出席を賜り厚くお礼を申し上げます。

 市政報告に先立ちまして、去る10月27日に御薨去されました三笠宮崇仁親王殿下に謹んで哀悼の意を表します。

 次に、11月24日に執行した本市発注の設計業務委託の入札におきまして、設計金額の積算に誤りがあり、落札決定を取り消し、再入札を実施する事案が発生し、関係者の皆様に御迷惑をおかけしました。関係者の皆様を初め、議員の皆様、並びに市民の皆様の信頼を損ねる結果となり、ここに深くおわびを申し上げます。まことに申しわけございませんでした。

 それでは、9月定例会以降の市政に係る動きにつきまして報告をさせていただきます。

 10月1日からマイナンバーカードを使って、住民票や税証明などの証明書をコンビニエンスストアで取得できるサービスを開始しました。

 なお、本籍が大村にある市外在住の方が戸籍の証明をとることができるサービスは、県内で初めてとなります。

 次に、10月15日から17日まで、ねんりんピック長崎2016が開催され、本市では、卓球、ボウリング、ラグビーフットボールの3種目を開催しました。延べ約1万6,000人の皆様に御来場いただき、盛会に終えることができました。大会運営や郷土料理の振る舞いなどに多くの市民ボランティアの皆様や関係団体の皆様に御協力をいただき深く感謝を申し上げます。

 次に、11月6日から、防災行政無線の戸別受信機、いわゆる防災ラジオの全世帯配布を開始しました。今年度末までには、市内全地区での配布が完了する予定です。今後は、各種気象警報などの防災情報や、市からのお知らせなどの行政情報を市民の皆様へお伝えするため、防災ラジオを活用してまいります。

 次に、11月22日から27日まで6日間、大村ボートレース場において、SG(スペシャルグレード)「第19回チャレンジカップ競走」を開催いたしました。約86億円を売り上げ、盛況のうちに無事終了することができました。ファンの皆様、業界関係者の皆様並びに誘致に当たって御支援をいただきました議員各位に厚くお礼を申し上げます。

 次に、12月4日、大村市コミュニティセンターを主会場に、大村市総合防災訓練を実施しました。

 今回は、被災地での実体験に基づく講演や、地震体験、煙体験など、市民が参加できる内容の訓練を行いました。多くの市民の参加があり、防災意識の高揚を図ることができました。

 次に、本日、長崎県婚活サポートセンター県央支所が、こどもセンター内に開設されます。当センターの開設を契機に、本市における婚活支援を県と一体となり積極的に進めてまいります。

 次に、国道34号大村・諫早間4車線化につきましては、10月と11月に国への要望活動を行いました。12月1日から地域住民等に対する国の意見聴取が開始され、事業化に向け前進したところです。今後も、国道34号大村・諫早間整備促進期成会等と連携し、国や地元選出国会議員等へ要望を積極的に行ってまいります。

 それでは、12月定例会に提案いたします議案につきまして御説明申し上げます。

 条例議案は8件で、うち新規制定条例が1件、一部改正条例が7件です。このうち、新規制定条例である第85号議案大村市工場立地法に基づく準則を定める条例につきましては、工場の立地や企業の設備投資を促進するため、工場の敷地における緑地などの面積の割合を緩和するものです。

 また、第86号議案機構改革に伴う関係条例の整理に関する条例につきましては、第5次大村市総合計画の推進と喫緊の課題である地方創生の実現に向け、来年4月に機構改革を実施するものです。

 次に、第90号議案大村市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、市立大村市民病院の改築にあわせ、診療科目、病床数、特別病室の利用料金を改正するものです。

 一般議案は、新工業団地整備工事に係る工事請負契約の締結についてなどの2件です。

 予算議案は3件です。

 内訳としましては、一般会計のほか、特別会計1会計、企業会計1会計の計3会計の補正予算です。

 このうち、一般会計補正予算の主な内容としましては、ふるさとづくり寄附金の増加に伴う経費及び基金積立金として2億円、放課後児童クラブの施設整備に対する補助金として約2,400万円、放虎原小学校グラウンドの改修工事に要する経費として約6,900万円、新設する中学校給食センターの経費の一部として約6億7,000万円などを提案しております。

 報告は、専決処分の報告についての2件です。

 以上、総括的に申し述べましたが、議案の詳細につきましては、各担当部長から説明いたしますので、御審議いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(村上秀明君) 

 それでは、議事に入ります。

 日程第1、会期の決定についてを議題とします。

 お諮りします。第6回定例会の会期は、本日から12月21日までの17日間とすることに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありませんので、会期は17日間と決定しました。

 なお、会期中の日程につきましては、お手元に日程表を配付しておりますので、御了承願います。

 日程第2、第85号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎商工観光部長(山下健一郎君) 

 おはようございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第85号議案 大村市工場立地法に基づく準則を定める条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

についてでございます。

 議案集は1ページから2ページ、議案参考資料は1ページでございます。

 条例の提案理由及び概要について、議案参考資料で説明をいたします。

 議案参考資料の1ページをお願いいたします。

 1、条例制定の理由です。

 工場立地法では、工場の敷地面積に対する緑地面積率等について、国が示す準則にかえて適用すべき準則を条例で定めることができるとされております。

 緑地面積率等を緩和し、工場の立地及び企業の設備投資を促進するため、この条例案を提出するもので、新規の条例となります。

 なお、本市の自然的・社会的条件から判断することとしており、市内全域での適用ではなく、規則で地域を限定することとしており、準工業地域でありますオフィスパーク大村に適用したいと考えております。

 当地は、当初、研究機関、事務所機能の集積を目指しておりましたが、現在、製造業も進出しており、また、工業団地の特例で緑地面積率等の緩和が適用されている大村ハイテクパークに隣接しております。さらに、自然的にも、隣接する大村ハイテクパーク同様、緑に囲まれ、また、オフィスパーク大村の進出企業からも緩和の要望があっております。

 2番目の条例の概要のイメージ図では、準工業地域を想定しており、国準則は、工場敷地に対して緑地20%以上、緑地を含めた環境施設は25%以上が必要と示しております。

 本市が条例で準則を定め、工場敷地に対して緑地10%以上、緑地を含めた環境施設は15%以上とするものです。

 3に、届け出対象工場を記載しております。

 緩和できる対象といたしましては、(1)に示す製造業などで、(2)で示します敷地面積9,000平方メートル以上、または、建築面積3,000平方メートル以上の工場が対象となります。この要件に該当する市内の工場は16社ですが、オフィスパーク大村内では2社となります。

 議案集の1ページをお願いいたします。

 第1条は、条例の趣旨を規定しております。

 第3条では、区域と緑地及び環境施設の敷地面積に対する割合について、準工業地域、工業地域及び工業専用地域を区域とし、それぞれの割合を規定しております。また、区域がまたがった場合を想定をしております。

 第4条は、委任規定です。

 なお、この条例の施行は、公布の日から施行するものとしております。

 説明は以上でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。



◆2番(神近寛君) 

 今回新たに条例を制定されるわけですが、これは、新工業団地には適用はされないということですか。



◎商工観光部長(山下健一郎君) 

 この条例につきましては、団地特例を適用されていないということから、新工業団地では、団地特例というのを考えております。

 以上でございます。



◆2番(神近寛君) 

 それと、今回緑地面積が大分緩和されるわけですが、これは、どこまで下げてもいいのか、それとも、この基準の範囲内というのがあるのかどうかをお知らせください。



◎商工観光部長(山下健一郎君) 

 国の示した下限、一番最低のところを5%というふうに考えております。



○議長(村上秀明君) 

 これで質疑を終結します。

 本案は、経済建設委員会に付託します。

 日程第3、第86号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎総務部長(長濱海介君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第86号議案 機構改革に伴う関係条例の整理に関する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 議案集は3ページから5ページ、議案参考資料は2ページから13ページでございます。

 提案理由でございますが、平成29年4月からの機構改革に伴い、大村市事務分掌条例と関係条例8件の条文整理を行うため、この条例案を提出するものでございます。

 内容につきましては、議案参考資料で御説明いたします。

 議案参考資料の2ページをお願いします。

 機構改革後の新たな組織・機構図でございます。

 変更する部署については、括弧書きで新設、改編等を示しております。

 3ページ、4ページに機構改革の内容として、新たに設置する部、課、室及び所属する部署が変更となる課等について記載しております。

 3ページの上の表では、現行の市長公室を改編し企画政策部とし、また、農林水産部と商工観光部を改編し産業振興部を新たに設置するものでございます。

 下の表は、新たに設置する課及び室の名称と内容を記載しております。

 4ページをお願いします。

 上の表は、部の所属を変更する課を、中段の表は名称を変更する課及び室を、下の表は、事務分掌が移管するものを記載しております。

 5ページ、6ページをお願いします。

 大村市事務分掌条例の新旧対照表でございます。

 第1条は、部及び課の設置を規定しているものでございます。

 第2条は、各部及び秘書課の分掌する事務を規定しているものでございます。

 7ページから13ページは、事務分掌条例以外のその他の関係条例の新旧対照表でございますが、部の名称及び所掌事務を所管する部署の変更に伴い条文整理を行うものでございます。

 この条例は、平成29年4月1日から施行するものでございます。

 以上、御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、総務委員会に付託します。

 日程第4、第87号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎総務部長(長濱海介君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第87号議案 大村市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 議案集は6ページから8ページ、議案参考資料は14ページから16ページでございます。

 提案理由でございますが、雇用保険法の改正に伴い、所要の条文整理を行うものでございます。

 改正の内容につきましては、議案参考資料の14ページから16ページの新旧対照表に記載のとおりでございますが、雇用保険法の改正により65歳以上の者への雇用保険の適用拡大や就労促進給付の拡充など、失業給付の給付内容等が変更されたことに伴い、失業者の退職手当について定めた当該条例の第10条を改正するものでございます。

 施行日は、平成29年1月1日です。

 説明は以上でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、総務委員会に付託します。

 日程第5、第88号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎総務部長(長濱海介君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第88号議案 一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 議案集は9ページから24ページ、議案参考資料は17ページから25ページでございます。

 提案理由でございます。

 国家公務員の給与に関する国の取り扱い状況に鑑み、一般職の職員及び市長、副市長等の給与に関する改定を行うため、この条例案を提出するものでございます。

 国家公務員につきましては、人事院勧告に基づいて一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律が、平成28年11月16日に成立し、同月の24日に公布されております。

 今回の条例の改正の内容につきましては、議案参考資料で御説明いたします。

 議案参考資料の17ページをお願いいたします。

 改正内容のうち、月例給、給料について、若年層−−これは30代前半ぐらいまでですけれども−−に重点を置いた改定で、平均改定率は0.2%の増となっております。

 期末勤勉手当について、年間支給月数を一般職及び特別職は0.1月ふえまして、再任用職員については0.05月それぞれ引き上げ、一般職は年間4.3月、特別職は3.25月に、再任用職員につきましては2.25月にするものでございます。

 なお、今年度は12月期での引き上げを行い、来年度以降は、6月期と12月期においてそれぞれ引き上げ分の2分の1の引き上げを行うものでございます。

 扶養手当につきましては経過措置がございますが、記載しておりますとおり、配偶者に係る手当額を、子以外の扶養親族と同額まで減額し、子に係る手当額を増額するものでございます。

 実施時期については、記載のとおりでございます。

 なお、今回の給与改定に伴う所要額は約3,700万円でございます。

 説明は以上でございます。よろしく御審議のほどお願いします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、総務委員会に付託します。

 日程第6、第89号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎財政部長(平本一彦君) 

 おはようございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第89号議案 大村市税条例等の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

についてでございます。

 議案集は25ページから38ページ、議案参考資料は26ぺージから55ページでございます。

 提案理由でございますけれども、地方税法等の改正により、所要の改正と条文整理を行うものでございます。

 改正の主な内容につきましては、議案参考資料で御説明をいたします。

 議案参考資料の26ページをお願いいたします。

 まず、1番目、わがまち特例(地域決定型地方税制特例措置)についてでございます。固定資産税及び都市計画税におきまして、平成24年度から地方税法で示される範囲内で自治体が条例で軽減割合を定めることができる、いわゆるわがまち特例が導入をされておりまして、今回の改正により、表に示した4項目を追加するものでございます。

 まず、(1)の津波対策の用に供する港湾施設等の償却資産に係る課税標準の特例措置でございます。対象となる資産は、平成28年4月1日から平成32年3月31日までに取得された償却資産で、課税標準の特例割合を国が示す参酌基準と同じ2分の1に定めるものでございます。なお、固定資産税を減額する期間は、当初課税後4年度分と定められております。

 次に、(2)及び(3)は、ともに再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例となりますけれども、発電方法により特例割合が異なりますので、分けて御説明をいたします。

 まず、(2)太陽光及び風力発電設備についてでございます。

 対象となる資産は、平成28年4月1日から平成30年3月31日の間に取得された償却資産で、課税標準の特例割合を国が示す参酌基準と同じ3分の2に定めるものでございます。なお、固定資産税を減額する期間は、当初課税後3年度分というふうに定められております。

 次に、(3)の水力・地熱及びバイオマス発電設備についてでございます。

 対象となる資産は、平成28年4月1日から平成30年3月31日の間に取得された償却資産で、課税標準の特例割合を国が示す参酌基準と同じ2分の1に定めるものでございます。なお、固定資産税を減額する期間は、当初課税後3年度分と定められております。

 次に、(4)の都市再生特別措置法に規定する認定誘導事業者が取得した公共施設等についてでございます。

 対象となる資産は、認定誘導事業者により平成28年4月1日から平成30年3月31日の間に取得された家屋及び償却資産で、課税標準の特例割合を国が示す参酌基準と同じ5分の4と定めるものでございます。なお、固定資産税を減額する期間は、当初課税後5年度分と定められております。

 わがまち特例の固定資産税等に係るこれらの改正は、公布の日から施行し、平成29年度課税分から適用するものでございますけれども、現在のところ、全項目について該当する施設はございません。

 次に、2のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)についてでございます。

 セルフメディケーションとは、WHO、これは世界保健機関でございますけれども、ここにおきまして、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な体の不調は自分で手当てすることというふうに定義をされております。国においては、このセルフメディケーションを推進していくことは、国民の自発的な健康管理や疾病予防の取り組みを促進することはもちろんのこと、医療費の適正化にもつながるものとして本税制を取り入れることになったものでございます。

 その内容は、健康の維持増進及び疾病の予防への取り組みとして、一定の取り組みを行う個人が、医療用から転用され、医師の処方箋なしに調剤薬局やドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品や要指導医薬品、いわゆるスイッチOTC医薬品と申しますけれども、これを購入をした場合において、その年の1月1日から12月31日までの期間に購入した金額が1万2,000円を超えるときは、その超える部分の金額を総所得金額から控除することができるというものでございます。

 ただし、この上限が8万8,000円で、現行の医療費控除とは併用ができないことというふうになっております。

 この改正は、平成30年1月1日から施行し、平成30年度から平成34年度までの個人市民税に適用するものでございます。

 議案参考資料の27ページをお願いいたします。

 次に、3の軽自動車におけるグリーン化特例(軽課)の延長についてでございます。

 平成27年度に導入し、今年度末で期限切れとなる軽自動車の環境性能に応じたグリーン化特例(軽課)の期間を1年間延長するものでございます。なお、対象となる車両の基準、軽減率等は記載のとおりでございます。

 この改正は、平成29年4月1日から施行し、平成29年度分に係る軽自動車税を軽減するものでございます。

 次に、4、特例適用利子等及び特例適用配当等に係る個人市民税課税の特例についてでございます。

 制度の概要でございますけれども、(1)のほうに記載をしておりますとおり、台湾と正式な国交がないため、所得に対する二重課税を回避する等の措置がこれまでございませんでした。しかしながら、このたび、日台民間租税取決めが締結されたことに伴いまして、法律が一部改正をされましたので、個人市民税に係る所要の条文を新たに規定するものでございます。

 具体的には、(2)に記載をしておりますとおり、日本に居住をしている者が、台湾の金融機関等で支払われる利子等及び配当等を受けた際に、所得に対し、申告分離課税により3%の所得割を課すものでございます。

 この改正は、平成29年1月1日から施行し、平成30年度分の課税から適用するものでございます。

 なお、この分離課税された利子等の額につきましては、国民健康保険税の所得割額の算定及び軽減判定に用いる総所得額に含めることとされておりますので、大村市国民健康保険条例の改正もあわせて行います。

 施行日は、個人市民税と同様でございます。

 最後に、5のオフィスパーク大村における固定資産税の課税の特例期間の延長についてでございます。オフィスパーク大村に産業業務施設を設置した場合における固定資産税の課税の特例期間が、今年度末で期限切れとなるため、これを3年間延長し、平成32年3月31日までとすることで、オフィスパーク大村への企業誘致を推進するものでございます。

 この改正は、公布の日から施行するものでございます。

 その他、今回の地方税法等の改正に伴いまして、所要の条文整理等を行っております。

 説明は以上でございます。御審議のほどよろしくお願いをいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。



◆21番(山北正久君) 

 このわがまち特例は非常に有利な減税ということでいいんですが、今、部長がおっしゃった、1番、わがまち特例のこの分は市内に該当はないって言いましたね。該当企業はない、該当物件はない、これ確認ですけど。



◎財政部長(平本一彦君) 

 これまでもこれ以外にわがまち特例ということにつきましては、導入という形で、もう当市のほうでもやってまいりましたけれども、その部分につきましては、1施設あるというようなことで、今回のこの4項目については、今のところは該当はしないというような状況でございます。



○議長(村上秀明君) 

 これで質疑を終結します。

 本案は、総務委員会に付託します。

 日程第7、第90号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎福祉保健部長(楠本勝典君) 

 おはようございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第90号議案 大村市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 議案集39ページ、議案参考資料は、56ページ、57ページをお願いいたします。

 提案理由でございますが、市立大村市民病院の改築工事にあわせて、市立大村市民病院の診療科目、病床数、特別病室の利用料金を改正するものでございます。

 議案参考資料56ページで改正の概要を説明いたします。

 まず、診療科目でございますが、現在、新病院の改築工事を進めておりますが、新病院で予定をしております診療内容にあわせまして、診療科目を見直すものでございます。内科につきましては、記載しておりますとおり、細分化し、診療科目を設置するもので、現在も同様の区分で内科の中にグループを設け診療を行っておるものでございます。そのほか、診療科目の整理統合や表記の変更をあわせて行うものでございます。

 次に、病床数でございますが、280床から212床へ改めます。

 特別病室の利用料金につきましては、県内の公立病院等の料金を参考に、新病院に合った料金に見直すものでございます。

 附則の施行日ですが、公布の日から起算して5カ月を超えない範囲内において規則で定める日から施行としております。

 御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、厚生文教委員会に付託します。

 日程第8、第91号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎商工観光部長(山下健一郎君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第91号議案 大村市工場設置奨励条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 議案集は40ページ、議案参考資料は58ページでございます。

 議案参考資料の58ページをお願いいたします。

 改正する条文は、附則第2項中、平成29年3月31日を平成34年3月31日に変更するもので、これまでは、2年間あるいは3年間の延長を行ってきましたが、新しい工業団地を整備し、平成31年度から分譲を開始するに当たり、分譲開始の時点においても、3年間の奨励期間があることをセールスポイントの1つとして、営業活動を進めるために5年間の延長としたものでございます。

 先ほど言いました、平成29年3月31日で期間満了となるために、この条例案を提出するということでございます。

 なお、この条例の施行は、公布の日から施行するものとしております。

 説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、経済建設委員会に付託します。

 日程第9、第92号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎農業委員会事務局長(久保和幸君) 

 おはようございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第92号議案 大村市農業委員会の選挙による委員の定数及び選挙区に関する条例等の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議案書41ページから43ページ、議案参考資料は59ページから64ページでございます。

 まず、提案理由でございますが、農業委員会等に関する法律の改正に伴い、農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数等を定めるとともに、所要の条文整理を行うため、この条例案を提出するものでございます。

 議案参考資料で御説明をさせていただきます。59ページをお願いいたします。

 まず、法改正の概要でございます。

 農業委員会等に関する法律の改正により、農業委員会制度の見直しが行われ、さらなる農地等の利用の最適化を推進することにより、農地等の利用の効率化及び高度化の促進を行うこととされました。

 主な内容の表をごらんください。

 現行制度では、農業委員は選挙制、選任制により選出され、委員会での意思決定及び現場活動を行っております。

 新制度では、農業委員は、議会の同意を要件とする推薦・公募による市長の任命制となり、委員会での意思決定、農地等の利用の最適化を推進することとなります。また、新たに推薦・公募による農業委員会が委嘱する農地利用最適化推進委員が設置されることとなり、担当区域における現場活動、農地利用の最適化を推進することとなります。

 次に、条例改正の概要でございますが、議案書の提案理由にも示しておりますが、農業委員会の委員及び農地利用最適化推進委員の定数及びその報酬額等を定めるとともに、所要の条文整理を行うものでございます。

 主な内容の表をごらんください。

 現在の農業委員の定数、公選22人、選任7人の計29人から19人とし、新たに農地利用最適化推進委員の定数を19人とするものでございます。

 なお、報酬につきましては、農業委員会会長、委員は、現在の月額報酬と同額を月額基本給とし、農地利用の最適化に係る活動及び成果・実積に応じて加算額を支給することとしております。

 また、農地利用最適化推進委員につきましても、月額基本給、加算額は農業委員と同額でございます。

 最後に、施行日につきましては、公布の日としております。

 以上、御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、経済建設委員会に付託します。

 日程第10、第93号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎総務部長(長濱海介君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第93号議案 長崎県市町村総合事務組合の規約の変更について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 議案集は44ページから46ページ、議案参考資料は64ページから66ページでございます。

 長崎県市町村総合事務組合規約の一部を変更したいので、地方自治法の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 変更理由でございますが、平成29年2月1日から長崎県後期高齢者医療広域連合の退職手当に関する事務を長崎県市町村総合事務組合で共同処理するため、長崎県市町村総合事務組合規約の一部を改正する必要が生じたものでございます。

 変更箇所は、議案参考資料の64ぺージの網かけ部分の長崎県後期高齢者医療広域連合を、第3条第1号に該当する事務であります退職手当に関する事務を共同処理する団体として新たに加えるものでございます。

 この規約の施行日は、平成29年2月1日でございます。

 説明は以上でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、総務委員会に付託します。

 日程第11、第94号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎商工観光部長(山下健一郎君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第94号議案 工事請負契約の締結について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 議案集の47ページをお願いいたします。

 提案理由は、大村市新工業団地整備工事に伴う入札案件における請負契約の本契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定による大村市条例の議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条に基づき、今議会に議案を上程するものです。

 契約の相手方と請負額及び工事期間は、議案に記載しているとおりでございます。

 入札参加資格につきましては、自主的に結成された代表構成員と市内に本社を有するその他構成員2者の全3者の建設工事共同企業体とし、条件つき一般競争入札の電子入札で実施しております。入札は、6建設工事共同企業体の参加、入札結果は、議案参考資料69ぺージのとおりでございます。

 入札執行調書による入札結果及び事後審査による参加資格の提出資料においても不備はなく、議案に記載しております建設工事共同企業体を落札予定者と決定したものです。落札予定者の出資比率につきましては、代表構成員50%、その他構成員1、30%、その他構成員2、20%で協定書が提出されております。

 工事場所につきましては、議案参考資料67ページをごらんください。

 雄ケ原町及び東大村二丁目の一部になります。

 また、議案参考資料68ページは、造成計画平面図となります。

 なお、工事の完了を平成30年度末、分譲開始を平成31年4月に予定しておりますが、企業誘致活動につきましては、現在も関係機関と連携し、鋭意進めているところでございます。

 説明は以上となります。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、経済建設委員会に付託します。

 日程第12、第95号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎財政部長(平本一彦君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第95号議案 平成28年度大村市一般会計補正予算(第4号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ26億8,931万6,000円を追加するもので、補正後の予算総額419億6,459万7,000円を前年度同期と比較いたしますと11.5%の増というふうになっております。

 2ページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正でございます。

 主なものを御説明いたします。

 まず、歳入でございますけれども、15款国庫支出金は、新幹線新大村駅(仮称)周辺整備事業に対する土木費国庫補助金や中学校給食センター建設事業に対する教育費国庫補助金が主なものでございます。16款県支出金は、障害児通所給付費などに対する民生費県負担金、それと、過年災害復旧事業補助金が主なものでございます。18款寄附金は、ふるさとづくり寄附金、20款繰越金は前年度繰越金、21款諸収入は競艇事業収入、22款市債は、新幹線整備事業債や学校給食施設債が主なものでございます。

 3ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 2款総務費は、財政調整基金等積立金、ふるさとづくり寄附推進事業が主なものでございます。3款民生費は、障害児支援事業やこども夢基金積立金が主なものでございます。8款土木費は、よし川都市基盤河川改修事業、10款教育費は、小学校校舎等整備事業や中学校給食センター建設事業が主なものとなります。

 5ページをお願いいたします。

 繰越明許費の設定でございます。新幹線新大村駅(仮称)周辺整備事業など17件でございます。

 6ぺージをお願いいたします。

 債務負担行為の補正でございます。官民連携型国際交流事業業務委託や大村市中学校給食センター建設事業など5件でございます。

 7ページをお願いいたします。

 地方債の補正でございます。社会福祉施設整備事業費など、記載のとおり補正するものでございます。

 以下は附属資料でございます。御審議のほどよろしくお願いをいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。



◆2番(神近寛君) 

 小学校校舎等整備事業の放虎原小学校のグラウンド改修工事ですが、ちょっと私の認識では、これまで小中学校のグラウンド改修工事は3,000万円前後じゃなかったかと思うんですけども、これは特殊な工事か何かが入るんでしょうか。



◎教育次長(上野真澄君) 

 運動場の改修事業につきまして、これまで平成22年度約2,300万、平成24年度約2,500万ということで整備をしております。このときは、22年度が面積が約4,000平米、24年度が約5,400平米でございます。今回整備する予定の面積につきましては、約8,950平米を予定しております。したがいまして、面積が多くなったということでの事業費の増でございます。

 以上でございます。



◆17番(村上信行君) 

 繰越明許費の都市計画費、総合運動公園整備事業費が1億1,500万余繰り越しされていますが、これは、従来から懸案事項であったある施設の用地買収が進んで工事が翌年度になるということでしょうか。



◎都市整備部長(黒崎広美君) 

 総合運動公園事業の繰り越しということですけれども、一応テニスコートを現在予定をして事業をやっておりますけれども、その分の遺跡調査を本年度して、その工事が遺跡調査の後ということになりますので、その分が繰り越しということになります。

 以上です。



○議長(村上秀明君) 

 これで質疑を終結します。

 本案は、各常任委員会に付託します。なお、各常任委員会の付託内容は、配付しております分割付託表によって御承知願います。

 日程第13、第96号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎福祉保健部長(楠本勝典君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第96号議案 平成28年度大村市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 第1条第1項は、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ209万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ66億916万6,000円とするものでございます。

 第2項は、介護サービス事業勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ106万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,220万3,000円とするものでございます。今回の補正は、給与改定や人事異動等による給与費の補正と、それに伴う財源の補正でございます。

 説明は以上でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、厚生文教委員会に付託します。

 日程第14、第97号議案を議題とします。

 提案理由について、理事者の説明を求めます。



◎上下水道局次長(桑川満君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△第97号議案 平成28年度大村市水道事業会計補正予算(第2号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 第1条は省略させていただきます。

 第2条でございます。給与改定に伴いまして、収益的支出の予定額を、記載のとおり増額するものでございます。

 第3条でございます。同じく給与改定等に伴いまして、資本的支出の予定額を記載のとおり増額し、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額及び当年度分損益勘定留保資金を記載のとおり変更するものでございます。

 第4条でございます。職員給与費に係る経費を、記載のとおり変更するものでございます。

 以下、補足資料でございますので、説明を省略させていただきます。

 御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 本案は、経済建設委員会に付託します。

 日程第15、報告第18号を議題とします。

 理事者の報告を求めます。



◎市民環境部長(高濱広司君) 

 おはようございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第18号 専決処分の報告について(工事請負契約の変更契約を締結することについて)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 議案集の48ページをお願いいたします。

 議会の議決を経て締結した工事請負契約の変更契約を締結することについて、地方自治法の規定により、右の専決第15号、専決処分書のとおり専決処分したので、議会に報告するものでございます。

 議案書49ページの専決処分書でございます。

 一般廃棄物最終処分場建設工事につきまして、記載のとおり、契約金額を875万4,480円減額するものです。

 議案参考資料の70ぺージをお願いいたします。

 工事名、契約の相手方及び竣工期限は、記載のとおりでございます。

 主な変更理由でございます。擁壁等流出防止工事における掘削残土の処理方法の見直しを行い、掘削土を処分せずに、現在の最終処分場の覆土盛土材として再利用したことにより、掘削残土の処理費用が不要となったためでございます。

 報告は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 以上で、本報告を終わります。

 お諮りします。

 会議を続行することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 それでは、続行します。

 日程第16、報告第19号を議題とします。

 理事者の報告を求めます。



◎都市整備部長(黒崎広美君) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第19号 専決処分の報告について(損害賠償の額を定め和解することについて)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

でございます。

 議案集50ページから51ページ、議案参考資料71ページから72ページをお願いいたします。

 市道上の自動車破損事故による被害者に対する損害賠償の額を定め和解することについて、地方自治法第180条第1項並びに市長の専決処分事項に関する条例本則第3号及び第4号の規定により、別紙のとおり専決処分をしましたので、議会に報告いたします。

 議案集51ページをお願いします。

 専決第16号でございます。損害賠償の額及び相手方につきましては、記載のとおりでございます。

 事故の経緯等を説明いたします。

 議案参考資料71、72ページをお願いいたします。

 事故発生場所につきましては、荒瀬町の市道坂口皆同線、高速長崎自動車道との立体交差付近でございます。

 事故の概要でございますが、平成28年10月26日水曜日午前7時30分ごろ、鬼橋町方面から荒瀬町広域農道方面へ走行中の軽自動車が道路左端の破損箇所に気づかず、通過した際、左前輪タイヤを損傷したものでございます。事故の原因は、車の往来、経年劣化等により発生した道路の破損箇所の発見がおくれ、危険箇所の表示等安全策を講じていなかったためであります。事故発生後、直ちに破損箇所の補修工事を実施しました。今年度、道路パトロールを強化していたところですが、今回の事故は、道路舗装の端の部分で発生いたしました。道路を通行する際には、舗装、端部の壊れなどを見逃さないように、道路状況の把握に努め、早急な対応をとっていきたいと考えております。

 なお、市の過失割合は5割となっていますので、相手方に対し、修理費の5割、4,535円を損害賠償金として支払うものでございます。なお、全額保険対応となっております。

 説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

 以上で、本報告を終わります。

 日程第17、請願第3号を議題とします。

 紹介議員の説明を求めます。



◆11番(城幸太郎君) 登壇

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第3号 新たな体育館の建設及び武道館の建替えを求める請願の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 請願者は、大村市玖島1の25、大村市体育協会会長島信行。紹介議員は、私、城幸太郎と朝長英美議員であります。

 内容は、お手元の請願陳情文書表のとおりでありますので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

          〔紹介議員降壇〕

 本請願は、総務委員会に付託します。

 日程第18、請願第4号を議題とします。

 紹介議員の説明を求めます。



◆16番(水上享君) 登壇

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第4号 若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める請願の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 請願者は、大村市西三城町14番地7、全日本年金者組合大村支部支部長中添賢治。紹介議員は、私、水上享であります。

 内容は、お手元の請願陳情文書表のとおりでありますので、よろしくお願いをいたします。

 以上でございます。



○議長(村上秀明君) 

 これより質疑を行います。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 これで質疑を終結します。

          〔紹介議員降壇〕

 本請願は、総務委員会に付託します。

 日程第19、陳情第12号及び日程第20号、陳情第13号の2件を一括議題とします。

 陳情第12号宇宙船地球号を守る為の陳情・地球社会建設決議陳情の件、陳情第13号市道整備に関する陳情の件、以上、陳情者及び内容については、請願陳情文書表のとおりでありますので、陳情として処理します。

 以上で、本日の日程は全て終了しました。

 本日は、これで散会します。



△散会 午前11時05分

 上記会議録を調製し署名する。

    議長    村上秀明

    署名議員  神近 寛

    署名議員  水上 享