議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 諫早市

平成21年第2回(4月)臨時会(第1日目)  本文




2009.04.24 : 平成21年第2回(4月)臨時会(第1日目)  本文


                午前10時 開会
◯議会事務局長(浦川謙司君)[ 7頁]
 おはようございます。議会事務局より申し上げます。
 一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選出されるまで、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時議長の職務を行うことになっております。出席議員中、早田隆一議員が年長の議員でありますので、御紹介申し上げます。
 早田隆一議員、議長席へ御着席願います。


◯臨時議長(早田隆一君)[ 7頁]
 皆さん、おはようございます。ただいま紹介をいただきました早田でございます。地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。どうぞよろしくお願いいたします。
 これより平成21年第2回諫早市議会臨時会を開会いたします。
 まず、議事進行上、仮議席を指定いたします。
 仮議席は、ただいま着席の議席を指定いたします。
 ここで、市長より市長就任あいさつの申し出があっておりますので、発言を求めます。


◯市長(宮本明雄君)登壇[ 7頁]
 おはようございます。本日ここに臨時市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様には晴れやかに、はつらつとして御出席いただき、厚く御礼を申し上げます。私にとりまして、本日の臨時市議会が市長就任後初めての議会となりますので、お許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 議員各位におかれましては、去る4月5日の選挙において、市民の皆様のご信任を得られ、諫早市第二期の市議会議員として、栄えある当選を果たされました。心からお祝いを申し上げ、御活躍を祈念する次第でございます。
 私も、昨年末に副市長を辞し、本年1月から市内をくまなく回り、多くの市民の方々にお会いし、さまざまな御意見をお伺いしたところでございます。
 私は、生活者起点の「生活密着宣言」を掲げ、「希望と安心のまち、ひとが輝く創造都市」の実現を市民の皆様に訴えてまいりました。おかげさまで、諫早市第二代市長として当選させていただきました。大変うれしく思うと同時に、責任の重大さと期待の大きさに、改めて身の引き締まる思いでございます。
 新・諫早市が誕生して4年、基本構想、基本計画、地域振興計画などに基づき各種施策が進み、ようやく土台づくりができつつあります。
 また、将来を展望したとき、平成26年には国民体育大会が開催され、約10年後には九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)が開通するなど、発展が期待されております。
 今後、スポーツ施設の整備やまちづくりなど、適切に対応してまいりたいと考えております。
 現在、世界的な経済危機の中で先行きが不透明な状況であり、本市の税収や地方交付税にも大きな影響が考えられます。厳しい時代を迎えておりますが、勇気を持ってこの状況に立ち向かい、職責を全うしたいと考えております。
 私は、常に市民の目線と感覚で物事を考える謙虚さが必要であると思っており、「生活者の視点で物事を考え、立案し、実行する」ことをすべての基礎、根底に据えて、市政運営に当たってまいりたいと考えております。議員各位におかれましても、御指導と御協力を賜りますようよろしくお願い申し上げる次第でございます。
 施政方針につきましては、6月定例市議会で申し上げることとし、私の就任のあいさつとさせていただきます。
 なお、諫早湾干拓事業について、去る15日、熊本市内において、九州農政局による「開門調査のための環境アセスメントに係る方法書骨子(素案)」についての説明会が開催され、熊本県、福岡県、佐賀県、長崎県の4県、有明海沿岸の21市の関係職員及び公募による市民など、約160名が出席いたしました。諫早市からは、干拓事業推進連絡本部代表、土地改良区や市民など50名と、諫早市関係課から3名が出席いたしました。
 アセスの方法につきましては、開門当初から全開する方法、段階的に開け、最終的に全開する方法、調整池の水位や流速を考慮した限定的な開門の3つのケースを想定し、水質、潮位、潮流に加え、漁業、養殖業、農業、防災などの調査項目を設定し、データ収集や現地調査をしながら、開門前後の環境変化、影響を予測し、評価するものであります。この方法書について、5月14日までに意見を述べることとなっております。
 諫早湾は安定しており、開門により海流が変わることや、塩害などによる農家への影響が懸念されます。また、既に防災機能も発揮しており、諫早市としては開門反対の立場で意見を申し述べる予定であります。
 以上でございます。(降壇)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 全員協議会開催のため、しばらく休憩いたします。
                午前10時8分 休憩
                午前10時30分 再開


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第1「議長の選挙について」を議題といたします。(「議事進行」と言う者あり)


◯牟田 央君[ 8頁]
 先ほど、全員協議会が開かれまして、議長候補者からそれぞれ所信表明をしていただきましたが、16日と、きのうときょうの会派代表者会議で、所信表明に対しては質疑を行わないことというぐあいに賛成多数で決まりましたが、私は議会改革及び議会活性化のために、どのようなことを議長がなさるのかというような質疑をしようと思っていました。
 それから、第1に政治倫理条例の運用についてはどうなのか。それから2番目に、議長を除く全議員が参加する予算委員会の設置についてはどういう考え方を持っているのか。3番目に、特別委員会として行財政改革特別委員会、そして先ほど所信表明にもありましたけれども、定数問題を含む議会改革特別委員会の設置についてどのような考え方を持っておられるのか。それから4番目に、市長の提案する人事案件に対して全員協議会を開き、質疑をすることについての考え方。5番目に、議会に市民参加の審議会を設置することについて。そのようなことを質疑をしようと思っていましたが、残念ながら質疑をする機会が与えられませんでした。残念であります。
 以上です。


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 これより議長選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
     (議場閉鎖)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 ただいまの出席議員数は34人であります。
 投票用紙を配付させます。
     (投票用紙配付)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
     (「なし」と言う者あり)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
     (投票箱点検)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 異状なしと認めます。
 これより投票に入りますが、投票は単記無記名であります。白票及び他事記載は無効といたします。
 点呼に応じて、投票記載台で投票用紙に被選挙人の氏名を1人記載の上、順次投票をお願いいたします。
 点呼を命じます。


◯議会事務局長(浦川謙司君)[ 8頁]
     (議会事務局長の点呼に応じ投票)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 投票漏れはありませんか。
     (「なし」と言う者あり)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
     (議場開鎖)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に木下政儀議員及び松永隆志議員を指名いたします。
 両議員の立ち会いをお願いいたします。
     (開票)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 8頁]
 それでは、選挙の結果を報告いたします。
 投票総数34票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
 有効投票              34票
 無効投票              0票
 有効投票中   並 川 和 則議員 17票
         青 木 弘 義議員 15票
         中 野 太 陽議員 2票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は9票であります。よって、並川和則議員が議長に当選されました。
 並川和則議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 登壇の上、議長就任の承諾及びあいさつをお願いいたします。


◯議長(並川和則君)登壇[ 9頁]
 どうも皆様方の御支持、ありがとうございました。議長として、私もこの2年間、職務を全うしたい、皆様方の御期待に沿えるよう一生懸命努力していきたい。しかし、私一人ではどうにもできない部分もありますので、皆様方の御理解、御協力、ぜひお願いしたい。目標はあくまでも市民あっての我々でございますので、所信表明の中でも言いましたが、市民の目線に立って、今後、活動をしていきたいと思っております。
 どうか今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました。(降壇)


◯臨時議長(早田隆一君)[ 9頁]
 以上で私の臨時議長の職務を終わらせていただきます。
 並川和則議長、議長席にお願いいたします。ありがとうございました。どうもふなれで済みませんでした。
     (臨時議長退席、議長着席)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 全員協議会開催のため、しばらく休憩いたします。
                午前10時50分 休憩
                午前11時4分 再開


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 お諮りいたします。お手元に配付のとおり、議事日程第1号の2を日程追加とし、議題といたします。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 異議ありませんので、これを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
 日程第2「副議長の選挙について」を議題といたします。
 これより副議長選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
     (議場閉鎖)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 ただいまの出席議員数は34人であります。
 投票用紙を配付させます。
     (投票用紙配付)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
     (「なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
     (投票箱点検)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 異状なしと認めます。
 これより投票に入りますが、投票は単記無記名であります。白票及び他事記載は無効といたします。
 点呼に応じて、投票記載台で投票用紙に被選挙人の氏名を1人記載の上、順次投票をお願いいたします。
 点呼を命じます。


◯議会事務局長(浦川謙司君)[ 9頁]
     (議会事務局長の点呼に応じ投票)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 投票漏れはありませんか。
     (「なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
     (議場開鎖)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に田川伸隆議員及び福田美子議員を指名いたします。
 両議員の立ち会いをお願いいたします。
     (開票)


◯議長(並川和則君)[ 9頁]
 それでは、選挙の結果を報告いたします。
 投票総数34票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
 有効投票              34票
 無効投票              0票
 有効投票中   宮 崎 博 通議員 20票
         宇 戸 一 夫議員 12票
         中 野 太 陽議員 2票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は9票であります。よって、宮崎博通議員が副議長に当選されました。
 宮崎博通議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 登壇の上、副議長就任の承諾及びあいさつをお願いいたします。


◯副議長(宮崎博通君)登壇[10頁]
 改めまして宮崎博通でございます。議員各位の温かい御支援に感謝を申し上げます。ありがたく副議長の命を承りたいと思っております。これからは、私が申しました所信表明と、そして新議長が申されました所信表明の実現に向けて、力いっぱい努力をしてまいる所存でございます。
 今後とも皆様の温かい御指導と御支援のほどをお願い申し上げ、簡単でございますけども、就任のごあいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございました。(降壇)


◯議長(並川和則君)[10頁]
 全員協議会開催のため、しばらく休憩いたします。
                午前11時20分 休憩
                午後1時34分 再開


◯議長(並川和則君)[10頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、日程第3「議席の指定について」を議題といたします。
 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。
 議席は、ただいま着席の議席を指定いたします。
 次に、日程第4「会議録署名議員の指名について」を議題といたします。
 会議規則第80条により、会議録署名議員に福田美子議員及び木下政儀議員を指名いたします。
 なお、会議録署名議員が会議に欠席した際の予備署名議員には、林田敏隆議員及び田添政継議員を指名いたします。
 次に、日程第5「会期決定の件」を議題といたします。
 今期臨時会の会期は4月24日の1日とし、会期中の日程につきましては、お手元に配付のとおりとすることに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[10頁]
 異議ありませんので、会期は1日と決定いたしました。
 次に、日程第6「常任委員会委員の選任について」を議題といたします。
 常任委員会の定数は、委員会条例第2条により、総務文教委員会及び厚生委員会は9人、産業経済委員会及び建設委員会は8人となっております。
 お諮りいたします。常任委員会の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により
総務文教委員会委員に
  吉 田 修 治議員  松 岡 眞 弓議員
  牟 田   央議員  赤 崎 光 善議員
  田 川 伸 隆議員  宇 戸 一 夫議員
  北 島 守 幸議員  宮 崎 博 通議員
  並 川 和 則議員
厚生委員会委員に
  福 田 美 子議員  田 添 政 継議員
  西 田 京 子議員  村 川 喜 信議員
  山 口 一 輝議員  笠 井 良 三議員
  藤 田 敏 夫議員  土 井 信 幸議員
  山 口 喜久雄議員
産業経済委員会委員に
  林 田 敏 隆議員  松 永 隆 志議員
  西 口 雪 夫議員  藤 山 徳 二議員
  黒 田   茂議員  青 木 弘 義議員
  野 副 秀 幸議員  早 田 隆 一議員
建設委員会委員に
  木 下 政 儀議員  林 田   保議員
  南 条   博議員  山 口 隆一郎議員
  松 尾 義 光議員  松 本 正 則議員
  室 内   武議員  中 野 太 陽議員
をそれぞれ指名したいと思います。
 これに御異議ございませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[10頁]
 異議なしと認めます。よって、以上のとおり選任することに決定いたしました。
 なお、ただいま選任されました各常任委員会の委員長、副委員長互選の件で、直ちに常任委員会を招集いたします。
 総務文教委員会は議長応接室、厚生委員会は委員会室、産業経済委員会は第3会議室、建設委員会は正副議長室で開催いたします。
 常任委員会開催のため、しばらく休憩いたします。
                午後1時38分 休憩
                午後2時30分 再開


◯議長(並川和則君)[11頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 休憩中に開かれました各常任委員会における委員長、副委員長互選の結果を報告いたします。
 総務文教委員会委員長、赤崎光善議員、副委員長、北島守幸議員。
 厚生委員会委員長、土井信幸議員、副委員長、山口喜久雄議員。
 産業経済委員会委員長、野副秀幸議員、副委員長、藤山徳二議員。
 建設委員会委員長、南条博議員、副委員長、松尾義光議員。
 以上のとおりであります。
 次に、日程第7「議会運営委員会委員の選任について」を議題といたします。
 お諮りいたします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により
  林 田   保議員  村 川 喜 信議員
  笠 井 良 三議員  藤 田 敏 夫議員
  山 口 隆一郎議員  中 野 太 陽議員
  宇 戸 一 夫議員  山 口 喜久雄議員
  室 内   武議員  北 島 守 幸議員
 以上10人を指名したいと思います。
 これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[11頁]
 異議なしと認めます。よって以上のとおり選任することに決定いたしました。
 なお、ただいま選任されました議会運営委員会の委員長、副委員長互選の件で、直ちに議会運営委員会を招集いたします。
 委員会開催のため、しばらく休憩いたします。
                午後2時33分 休憩
                午後3時   再開


◯議長(並川和則君)[11頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 休憩中に開かれました議会運営委員会における委員長、副委員長互選の結果を報告いたします。
 議会運営委員会委員長、山口隆一郎議員、副委員長、藤田敏夫議員。
 以上のとおりであります。
 次に、日程第8「議会報発行特別委員会の設置及び委員の選任について」を議題といたします。
 お諮りいたします。議会の活動状況及び議会に関する諸事項を広く市民に周知することを目的に、委員8人をもって構成する議会報発行特別委員会を設置いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[11頁]
 異議ありませんので、議会報発行特別委員会を設置することに決定いたしました。
 ただいま設置されました議会報発行特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により
  福 田 美 子議員  木 下 政 儀議員
  松 永 隆 志議員  吉 田 修 治議員
  西 田 京 子議員  西 口 雪 夫議員
  松 岡 眞 弓議員  松 本 正 則議員
 以上8名を指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[11頁]
 異議なしと認めます。よって、以上のとおり選任することに決定いたしました。
 なお、ただいま選任されました議会報発行特別委員会の委員長、副委員長互選の件で、直ちに議会報発行特別委員会を招集いたします。
 委員会開催のため、しばらく休憩いたします。
                午後3時3分 休憩
                午後5時25分 再開


◯議長(並川和則君)[11頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 休憩中に開かれました議会報発行特別委員会における委員長、副委員長互選の結果を報告いたします。
 議会報発行特別委員会委員長、松岡眞弓議員、副委員長、松本正則議員。
 以上のとおりであります。
 次に、日程第9「議案第31号」を議題といたします。
 本案につきましては、地方自治法第117条の規定により、除斥の必要がありますので、黒田茂議員の退場を求めます。
     (黒田 茂議員退場)


◯議長(並川和則君)[12頁]
 提案理由につき、市当局の説明を求めます。


◯総務部次長(谷口 啓君)[12頁]
 議案第31号「監査委員(議員のうちから選任する委員)の選任につき同意を求めることについて」の提案理由を御説明申し上げます。
 本市監査委員宮崎博通氏の任期が、地方自治法第197条の規定により、平成21年4月9日をもって満了したことに伴い、別紙候補者、黒田茂氏を選任することについて、同法第196条第1項の規定により議会の同意を必要とするため、この議案を提出するものでございます。
 以上で、議案第31号の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議いただき、御同意賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(並川和則君)[12頁]
 議案第31号「監査委員(議員のうちから選任する委員)の選任につき同意を求めることについて」に対する質疑に入ります。
     (「なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[12頁]
 なければ、これをもって議案第31号に対する質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。議案第31号につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[12頁]
 異議ありませんので、議案第31号につきましては委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
     (「なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[12頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。議案第31号は、黒田茂議員の選任に同意することに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[12頁]
 異議ありませんので、議案第31号は黒田茂議員の選任に同意することに決定いたしました。
 黒田茂議員の入場を求めます。
     (黒田 茂議員入場)


◯議長(並川和則君)[12頁]
 お諮りいたします。お手元に配付のとおり、議事日程第1号の3を日程追加とし、議題といたします。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[12頁]
 異議ありませんので、これを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
 次に、日程第10「県央地域広域市町村圏組合議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本組合は、常備消防及び救急業務等について、諫早市ほか2市で共同処理するため組織された地方公共団体の組合で、同組合の規約に基づいて6人の選挙を行うものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[12頁]
 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 同組合議会の議員に
  林 田 敏 隆議員  林 田   保議員
  田 川 伸 隆議員  青 木 弘 義議員
  藤 田 敏 夫議員及び藤 山 徳 二議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました各議員を県央地域広域市町村圏組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[12頁]
 異議なしと認め、以上の議員が当選されました。会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。
 次に、日程第11「県央県南広域環境組合議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本組合は、ごみ処理施設の設置・管理及び運営等に係る事務について、諫早市ほか3市で共同処理するために組織された地方公共団体の組合で、同組合の規約に基づいて6人の選挙を行うものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[13頁]
 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 同組合議会の議員に
  牟 田   央議員  松 永 隆 志議員
  西 口 雪 夫議員  松 本 正 則議員
  西 田 京 子議員及び並 川 和 則議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました各議員を県央県南広域環境組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[13頁]
 異議なしと認め、以上の議員が当選されました。会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 次に、日程第12「県央広域圏西部地区塵芥処理一部事務組合議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本組合は、ごみ処理施設の解体及び廃止にかかわる事務について、諫早市及び雲仙市で共同処理するために組織された地方公共団体の組合で、同組合の規約に基づいて1人の選挙を行うものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[13頁]
 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 同組合議会の議員に
  木 下 政 儀議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました木下政儀議員を県央広域西部地区塵芥処理一部事務組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[13頁]
 異議なしと認め、木下政儀議員が当選されました。会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 次に、日程第13「長崎県南部広域水道企業団議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本組合は、水道用水供給事業の経営に関する事務を共同処理するため、諫早市ほか1市2町で組織された地方公共団体の組合で、同企業団の規約に基づいて4人の選挙を行うものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[13頁]
 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 同企業団議会の議員に
  早 田 隆 一議員  山 口 一 輝議員
  松 尾 義 光議員及び並 川 和 則議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました各議員を長崎県南部広域水道企業団議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[13頁]
 異議なしと認め、以上の議員が当選されました。会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 次に、日程第14「長崎県後期高齢者医療広域連合議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本広域連合は、高齢者の医療の確保に関する法律に規定する後期高齢者医療制度に関する事務を共同処理するため、諫早市を含む長崎県の全市町で組織された地方公共団体であり、同広域連合規約に基づき2人の選挙を行います。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[14頁]
 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 長崎県後期高齢者医療広域連合議会議員に
  村 川 喜 信議員及び中 野 太 陽議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました2議員を長崎県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[14頁]
 異議ありませんので、以上の議員が当選されました。会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。
 お諮りいたします。お手元に配付のとおり、議事日程第1号の3を日程追加し、議題といたします。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[14頁]
 異議ありませんので、これを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
 次に、日程第15「常任委員会の閉会中の継続調査の件について」を議題といたします。
 これは、各常任委員会の所管事項の調査や行政視察については、各常任委員会に閉会中の調査終了まで継続して調査を付託することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[14頁]
 異議ありませんので、そのように決定いたしました。
 次に、日程第16「議会運営委員会の閉会中の継続調査の件について」を議題といたします。
 議会運営及び議長の諮問事項等については、議会運営委員会に閉会中の調査終了まで継続して調査を付託することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[14頁]
 異議ありませんので、そのように決定いたしました。
 次に、日程第17「議会報発行特別委員会の閉会中の継続調査の件について」を議題といたします。
 議会広報の充実を図るため、議会報の発行及び調査研究については、議会報発行特別委員会に閉会中の調査終了まで継続して調査を付託することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[14頁]
 異議ありませんので、そのように決定いたしました。
 お諮りいたします。今期臨時会において議決されました案件につきましては、その条項、字句、数字、その他整理を要するものがありました場合、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(並川和則君)[14頁]
 異議ありませんので、これらの整理を要するものにつきましては議長に委任することに決定いたしました。
 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 これをもちまして、平成21年第2回諫早市議会臨時会を閉会いたします。
                午後5時39分 閉会

 上記、会議録を調製し署名する。

     諫早市議会議長   並 川 和 則

     会議録署名議員   福 田 美 子

     会議録署名議員   木 下 政 儀