議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 諫早市

平成17年第1回(4月)臨時会(第1日目)  本文




2005.04.27 : 平成17年第1回(4月)臨時会(第1日目)  本文


      午前10時11分 開会
◯総務部理事(廣田陽一郎君)[ 7頁]
 おはようございます。議会事務局より申し上げます。
 一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選出されるまで、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時議長の職務を行うことになっております。
 出席議員中、石場照喜議員が年長の議員でありますので、御紹介を申し上げます。
 石場照喜議員、議長席へ御着席願います。


◯臨時議長(石場照喜君)[ 7頁]
 皆さんおはようございます。ただいま紹介をいただきました石場照喜でございます。
 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。どうぞよろしくお願いいたします。
 これより平成17年第1回諫早市議会臨時会を開会いたします。
 議事の進行につきましては、諫早市議会会議規則がまだ公布されておりませんので、今議会に議員提出議案第1号で提案される諫早市議会会議規則案に準じまして進行したいと思います。これに御異議ございませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 7頁]
 異議なしと認めます。よって、これより議事の進行につきましては、諫早市議会会議規則案によって進めます。
 まず、議事進行上、仮議席を指定いたします。
 仮議席はただいま着席の議席を指定いたします。
 ここで、市長より市長就任あいさつの申し出があっておりますので、発言を求めます。


◯市長(吉次邦夫君)登壇[ 7頁]
 おはようございます。本日、ここに新・諫早市として初めての諫早市議会を招集いたしましたところ、議員皆様には晴れやかにはつらつとして御出席をいただき、厚くお礼を申し上げます。
 記念すべき諫早市の初めての市議会開催に当たりまして、お許しをいただきまして、初代の市長として一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。
 議員各位におかれましては、3月1日の新・諫早市誕生に伴う4月10日の選挙におきまして、未曾有の激戦を勝ち抜き、見事市民の皆様の御信任を得られ、諫早市初代の市議会議員として栄えある御当選を果たされましたことを心からお喜びを申し上げる次第でございます。
 私も議員皆様と同じように、4月3日の告示から広くなった本市の市域をくまなく回り、私への支持を訴えてまいりましたが、おかげさまで当選を果たし、4月12日に初代諫早市長の当選証書の付与を受けたところでございます。このことは、平成8年4月から3期9年間の旧諫早市での私の取り組みを理解され、また、これまでの合併協議会での代表として合併の実現に向けた努力を評価していただくとともに、これからの1市5町合併の総仕上げ、新・諫早市の土台づくりを行うための私の市政運営に対する取り組む姿勢が一定の評価をいただき、誕生したばかりの諫早市の「新たな国づくり」への期待につながったものと重く受けとめております。これも多くの市民の皆様方の御支援と御指導のおかげと心から感謝し、お礼を申し上げたいと存じます。
 これから「ひとが輝く創造都市・諫早」を都市像とする新市建設計画の具現化を図り、将来に夢のある諫早市の実現に努め、住民の皆さん一人ひとりが合併してよかったと思える輝くまちづくりを推進していかなければならないと考えております。
 まずは、旧1市5町をいかに融和させるかということが大事であり、旧市町それぞれの文化や歴史、伝統を尊重しながら、これまでの市民、町民といった垣根を取り払って、同じ諫早市民としての一体感を一日も早く持たせることが大切だと考えております。
 また、市民生活に直結した上下水道料金、給食費、福祉サービスなど、合併後に調整や協議を先送りした73項目も今後慎重に検討してまいります。
 合併特例債の活用につきましても、新市建設計画に基づき、具体的な計画案を早急に策定してまいりますが、その前に各地域が抱えるさまざまな問題点も整理する必要があるなど、数多くのやるべき仕事が山積しているのが現状でございます。
 さらに、これまでに取り組んでいる多くの事業のうち、諫早湾干拓事業、九州新幹線長崎ルートの建設、本明川ダム建設を含めた治水対策、広域道路網の整備などの基盤整備や給食センター建設、子どもたちが雨の日でも遊べる子どもの遊び場整備などの教育環境の整備、医療・福祉の充実、生活環境の整備、漁業・農業・商業・工業の「産業」を活性化させると同時に、「合併してよかった」「諫早市に住んでよかった」という諫早市のまちづくり活性化を考えていかなければならないと思っております。
 県内でも平成の大合併と言われる市町村合併が続き、来年3月末に南島原市の誕生が予定されており、これまでの79市町村が23市町村に激変するなど、地方自治を取り巻く環境は大きな変貌を遂げております。
 その中で、県下では3番目の都市として、九州では12番目の14万5,000人の都市として、県央地域の未来に羽ばたく諫早市として、名実ともに輝く都市に一日でも早く取り組んでいきたいと思っております。
 私たちの仕事も従来の市、町での慣例どおりにやっていくのではなく、本庁と支所の連携を大切にしながら、市民のためにサービスを向上させようという精神と行動を大切にして取り組んでまいります。
 今後とも市議会を初め、市民から寄せられた期待にこたえられるよう、常に「市民主役」「対話の市政」の初心を忘れず、教育、福祉の充実、農林水産業、商業の振興など、本市の土台づくりに粉骨砕身努力してまいりたいと存じます。
 市議会におかれましても、大所高所から御審議をいただき、「諫早市の新たな国づくり」への市政全般にわたる御指導と御協力を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。
 施政方針は、定例市議会で申し上げることといたしますが、今議会に提出しております議案につきまして、よろしく御審議をお願い申し上げ、議員皆様の御就任のお祝いとともに、今後の御活躍を祈念し、私の就任のごあいさつとさせていただきます。
 本当におめでとうございました。今後ともどうかよろしくお願い申し上げまして、私のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(降壇)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 8頁]
 これから全員協議会開催のため、しばらく休憩いたします。
      午前10時20分 休憩
      午前10時56分 再開


◯臨時議長(石場照喜君)[ 8頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 日程第1「議長の選挙について」を議題とします。
 これより議長選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。(「議事進行」と言う者あり)(議場閉鎖)


◯牟田 央君[ 8頁]
 今、議長候補が3名所信表明をされたわけですが、そのほかの候補というか、3人以外の方の名前が一番多かった場合には、その人が議長となるんですか。


◯臨時議長(石場照喜君)[ 8頁]
 もちろんそうでございます。
 ただいまの出席議員数は34名であります。
 投票用紙を配付させます。投票用紙配付どうぞ。
  (投票用紙配付)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 8頁]
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
  (「なし」と言う者あり)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 8頁]
 配付漏れはなしと認めます。
 投票箱を改めます。
  (投票箱点検)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 8頁]
 異常なしと認めます。
 これより投票に入りますが、投票は単記無記名であります。白票及び他事記載は無効といたします。
 点呼に応じて投票記載台で投票用紙に被選挙人の氏名を1名記載の上、順次投票をお願いいたします。
 点呼を命じます。


◯総務部理事(廣田陽一郎君)[ 8頁]
  (総務部理事の点呼に応じ投票)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 8頁]
 投票漏れはありませんか。
  (「なし」と言う者あり)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 8頁]
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  (議場開鎖)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 8頁]
 開票を行います。会議規則案第31条第2項の規定により、立会人に相浦喜代子議員及び北島守幸議員を指名いたします。
 両議員の立ち会いをお願いいたします。
  (開  票)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 9頁]
 それでは、選挙の結果を報告いたします。
 投票総数34票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
 有効投票              34票
 無効投票              0票
 有効投票中   宮 崎 博 通議員 15票
         古 川 利 光議員 17票
         木 村 和 俊議員 2票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は9票であります。よって、古川利光議員が議長に当選されました。
 古川利光議員が議場におられますので、本席から会議規則案第32条第2項の規定による告知をいたします。
 登壇の上、議長就任の承諾及びあいさつをお願いいたします。


◯議長(古川利光君)登壇[ 9頁]
 ありがとうございました。所信表明でも述べましたように、しっかりとそういうことをもって、皆さん方の意見を十分に反映して努力をしてまいります。どうぞよろしく御協力くださいますように、お願いいたします。本当に皆さんありがとうございました。(降壇)


◯臨時議長(石場照喜君)[ 9頁]
 以上で私の臨時議長の職務を終わらせていただきます。
 古川利光議長、議長席にお願いいたします。ありがとうございました。


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 全員協議会のため、しばらく休憩いたします。
      午前11時13分 休憩
      午前11時34分 再開


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 お諮りいたします。お手元に配付のとおり、議事日程第1号の2を日程追加し、議題といたします。これに御異議ございませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 御異議ありませんので、これを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
 日程第2「副議長の選挙について」を議題といたします。
 これより副議長選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
  (議場閉鎖)


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 ただいまの出席議員数は34人であります。投票用紙を配付させます。
  (投票用紙配付)


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めます。
  (投票箱点検)


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 異常なしと認めます。
 これより投票に入りますが、投票は単記無記名であります。白票及び他事記載は無効といたします。
 点呼に応じて投票記載台で投票用紙に被選挙人の氏名を1人記載の上、順次投票をお願いいたします。(「議長」と言う者あり)


◯牟田 央君[ 9頁]
 議長選挙のときもお尋ねしたんですが、今、表明をされた方以外の名前を書いて、その方の名前が有効なのかどうなのか確認します。


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 有効です。
 点呼を命じます。総務部理事。


◯総務部理事(廣田陽一郎君)[ 9頁]
  (総務部理事の点呼に応じ投票)


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 投票漏れはありませんか。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
  (議場開鎖)


◯議長(古川利光君)[ 9頁]
 開票を行います。
 会議規則案第31条第2項の規定により、立会人に相浦喜代子議員及び北島守幸議員を指名いたします。
 両議員の立ち会いをお願いいたします。
  (開  票)


◯議長(古川利光君)[10頁]
 それでは、選挙の結果を報告いたします。
 投票総数34票。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
 有効投票33票
 無効投票1票
 有効投票中   川 浪 昭 博議員 29票
         木 村 和 俊議員 2票
         並 川 和 則議員 1票
         牟 田   央議員 1票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は9票であります。よって川浪昭博議員が副議長に当選されました。
 川浪昭博議員が議場におられますので、本席から会議規則案第32条第2項の規定により告知をいたします。
 登壇の上、副議長就任の承諾及びあいさつをお願いいたします。


◯副議長(川浪昭博君)登壇[10頁]
 ただいまは私を支援していただき、本当に身に余る光栄に存じております。と同時にまた、身の引き締まるような思いもしております。新生諫早市議会の初代の副議長として、もとより私は浅学非才でありまして、賢明な議員の皆さん方の御指導、御協力を賜りながら、全力をもってこの副議長の職責を全うすることをお誓い申し上げまして、私の就任のあいさつとさせていただきます。(降壇)


◯議長(古川利光君)[10頁]
 全員協議会開催のため、しばらく休憩いたします。
      午前11時50分 休憩
      午後3時13分 再開


◯議長(古川利光君)[10頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、日程第3「議席の指定について」を議題といたします。
 議席は会議規則案第4条第1項の規定により、議長において指定をいたします。
 議席はただいま着席の議席を指定いたします。
 次に、日程第4「会議録署名議員の指名について」を議題といたします。
 会議規則案第80条により、会議録署名議員に1番野副秀幸議員及び2番北島守幸議員を指名いたします。
 次に、日程第5「会期決定の件」を議題といたします。
 今期臨時会の会期を4月27日1日間とし、会期中の日程につきましては、お手元に配付のとおりとすることに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[10頁]
 御異議ありませんので、会期は1日間と決定いたしました。
 次に、日程第6「議員提出議案第1号から議員提出議案第4号」までの議案、4議案を一括議題とし、提案理由について提出者の説明を求めます。
 なお、議員提出議案第1号から議員提出議案第4号につきましては、同一提出者でございますので、一括して説明を求めます。水田寿一議員。


◯水田寿一君 登壇[10頁]
 こんにちは。今、議長の方から御指名いただきました。私は年齢が一番上ということでございますので、決して私から望んでやっておるわけじゃございませんから、御意見お願いします。
 それでは、説明申し上げます。
 提出者を代表いたしまして、ただいま議題となりました議案第1号から第4号までの議案につきまして、提案理由を御説明いたします。
 これらの議案につきましては、過日、議員の全員協議会で協議いただきました結果をもとに制定しようとするものであります。
 まず、議案第1号「諫早市議会会議規則の制定について」であります。
 本件は、地方自治法第120条の規定に基づき、諫早市議会の会議の運営に関する手続及び議会内部の規律などを定めようとするものであります。
 次に、議案第2号「諫早市議会委員会条例の制定について」であります。
 本件は、地方自治法第109条、第109条の2、第110条及び111条の規定に基づきまして、諫早市議会における委員会の組織及び運営に関する事項を定めようとするものであります。
 次に、議案第3号「諫早市議会事務局設置条例の制定について」であります。
 地方自治法第138条の規定に基づきまして、議会の庶務的事務を処理するため、諫早市議会に事務局を設置しようとするものであります。
 次に、議案第4号「諫早市議会政務調査費の交付に関する条例の制定について」であります。
 本件は、地方自治法第100条第13項及び第14項の規定に基づき、諫早市議会議員の調査研究に資するため必要な経費の一部として、議会における会派に対し、政務調査費を交付することに関し、必要な事項を定めようとするものであります。
 以上、よろしく御審議いただきまして決定賜りますようお願いを申し上げます。
 なお、提出議員の氏名を申し上げます。
 私が水田寿一でございます。次に、賛同者宮崎博通、青木弘義、並川和則、山口喜久雄、早田隆一、木村和俊、城田拓治。
 以上の方々でございます。
 以上です。(降壇)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 これより議員提出議案第1号「諫早市議会会議規則の制定について」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 なければ、これをもって議員提出議案第1号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議員提出議案第2号「諫早市議会委員会条例の制定について」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 なければ、これをもって議員提出議案第2号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議員提出議案第3号「諫早市議会事務局設置条例の制定について」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 なければ、これをもって議員提出議案第3号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議員提出議案第4号「諫早市議会政務調査費の交付に関する条例の制定について」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 なければ、これをもって議員提出議案第4号に対する質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案第1号から議員提出議案第4号につきましては、会議規則案第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 御異議ありませんので、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これより順次、討論、採決に入ります。
 議員提出議案第1号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議員提出議案第1号につきましては、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 御異議ありませんので、議員提出議案第1号は原案のとおり可決されました。
 次に、議員提出議案第2号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議員提出議案第2号につきましては、原案どおり可決することに異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 御異議ありませんので、議員提出議案第2号は原案のとおり可決されました。
 次に、議員提出議案第3号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[11頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議員提出議案第3号につきましては、原案どおり可決することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[12頁]
 御異議ありませんので、議員提出議案第3号は原案どおり可決されました。
 次に、議員提出議案第4号に対する討論に入ります。(「議長」と言う者あり)


◯牟田 央君[12頁]
 これに別紙のとおり提出しますと書いてあるんですが、別紙ついています。第4号は別紙ついています。私のには、残念ながらないんですよ、これ。だから、全協でもらったのと、ここに提出し、4月27日に提出するのとは違うんですよね。(発言する者あり)


◯議長(古川利光君)[12頁]
 別紙がついておりましたが、従来と違ったつけ方をしておりましたので、今後は正常に戻します。
 ほかにございませんか。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[12頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議員提出議案第4号につきましては、原案どおり可決することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[12頁]
 御異議ありませんので、議員提出議案第4号は、原案どおり可決されました。
 次に、日程第7「常任委員会委員の選任について」を議題といたします。
 常任委員会の定数は、委員会条例第2条により、総務文教委員会及び厚生委員会は9人、産業経済委員会及び建設委員会は8人となっております。
 お諮りいたします。常任委員会の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により
総務文教委員会委員に
  相 浦 喜代子議員  土 井 信 幸議員
  藤 田 敏 夫議員  古 川 利 光議員
  赤 崎 光 善議員  村 川 喜 信議員
  岸     勇議員  野 副 秀 幸議員
  木 村 和 俊議員
厚生委員会委員に
  山 口 一 輝議員  室 内   武議員
  山 口 初 實議員  宇 戸 一 夫議員
  藤 山 徳 二議員  松 岡 眞 弓議員
  南 条   博議員  中 野 太 陽議員
  城 田 拓 治議員
産業経済委員会委員に
  松 尾 義 光議員  宮 崎 博 通議員
  北 島 守 幸議員  黒 田   茂議員
  青 木 弘 義議員  松 本 正 則議員
  水 田 寿 一議員  中 村 敏 治議員
建設委員会委員に
  牟 田   央議員  山 口 隆一郎議員
  笠 井 良 三議員  並 川 和 則議員
  石 場 照 喜議員  川 浪 昭 博議員
  山 口 喜久雄議員  早 田 隆 一議員
をそれぞれ指名いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[12頁]
 御異議なしと認めます。よって以上のとおり選任することに決定いたしました。
 なお、ただいま選任されました各常任委員会の委員長、副委員長互選の件で、直ちに常任委員会を招集いたします。
 総務文教委員会は特別会議室、厚生委員会は委員会室、産業経済委員会は議長応接室、建設委員会は第3会議室で開催いたします。
 常任委員会開催のため、しばらく休憩いたします。
      午後3時23分 休憩
      午後4時11分 再開


◯議長(古川利光君)[12頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 休憩中に開かれました各常任委員会における委員長、副委員長互選の結果を報告いたします。
 総務文教委員長、藤田敏夫議員、副委員長、野副秀幸議員。
 厚生委員会委員長、山口初實議員、副委員長、宇戸一夫議員。
 産業経済委員会委員長、松本正則議員、副委員長、松尾義光議員。
 建設委員会委員長、並川和則議員、副委員長、山口喜久雄議員。
 以上のとおりであります。
 次に、日程第8「議会運営委員会委員の選任について」を議題といたします。
 お諮りいたします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により
  土 井 信 幸議員  藤 田 敏 夫議員
  牟 田   央議員  赤 崎 光 善議員
  笠 井 良 三議員  石 場 照 喜議員
  松 本 正 則議員  野 副 秀 幸議員
  中 村 敏 治議員  木 村 和 俊議員
 以上10人を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[13頁]
 御異議なしと認めます。よって以上のとおり選任することに決定いたしました。
 なお、ただいま選任されました議会運営委員会の委員長、副委員長互選の件で直ちに委員会室で議会運営委員会を招集いたします。
 委員会開催のため、しばらく休憩いたします。
      午後4時13分 休憩
      午後4時44分 再開


◯議長(古川利光君)[13頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 休憩中に開かれました議会運営委員会における委員長、副委員長の互選の結果を報告いたします。
 議会運営委員会委員長、牟田央議員、副委員長、木村和俊議員。
 以上のとおりであります。
 次に、日程第9「議会報発行特別委員会の設置及び委員の選任について」を議題といたします。
 お諮りいたします。議会の活動状況及び議会に関する諸事項を広く市民に周知することを目的に、委員7人をもって構成する議会報発行特別委員会を設置したいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[13頁]
 御異議ありませんので、議会報発行特別委員会を設置することに決定いたしました。
 ただいま設置されました議会報発行特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により
  松 尾 義 光議員  黒 田   茂議員
  室 内   武議員  藤 山 徳 二議員
  松 岡 眞 弓議員  南 条   博議員
  中 野 太 陽議員
 以上7人を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[13頁]
 御異議なしと認めます。よって以上のとおり選任することに決定いたしました。
 なお、ただいま選任されました議会報発行特別委員会の委員長、副委員長互選の件で、直ちに議会報発行特別委員会を招集いたします。
 委員会開催のため、しばらく休憩いたします。
      午後4時46分 休憩
      午後5時3分 再開


◯議長(古川利光君)[13頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 休憩中に開かれました議会報発行特別委員会における委員長、副委員長の互選の結果を報告いたします。
 議会報発行特別委員会委員長、松岡眞弓議員、副委員長、中野太陽議員。
 以上のとおりであります。
 次に、日程第10「議案第1号から議案第8号」の8議案を一括議題とし、提案理由につき市当局の説明を求めます。
 なお、議案第1号から議案第8号につきましては、同一説明者ですので、一括して説明を求めます。


◯総務部長(早田征史君)[13頁]
 それではまず、議案第1号から議案第3号までの固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて、提案理由を御説明申し上げます。
 この3議案は、固定資産評価審査委員会委員を選任することにつきまして、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めようとするものでございます。
 候補者につきましては、各議案の別紙に略歴なども掲載しておりますが、議案第1号で提案しております候補者は井上計氏でございます。同氏は1級建築士でございまして、旧諫早市の固定資産評価審査委員会委員でもございました。
 議案第2号で提案しております候補者は冨岡正徳氏でございます。同氏は農業を営んでおられますが、旧飯盛町において町議会の議長、代表監査委員を歴任されておられました。
 議案第3号で提案しております候補者は久保泰正氏でございます。同氏は司法書士でございまして、旧諫早市の固定資産評価審査委員会委員でもございました。
 以上、3名につきまして固定資産評価審査委員会委員として適任と存じ、御提案申し上げる次第でございます。
 続きまして、議案第4号から議案第8号までの教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて、提案理由を御説明申し上げます。
 この5議案は、教育委員会委員の任命につきまして、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めようとするものでございます。
 候補者につきましては、各議案の別紙に略歴なども記載しておりますが、議案第4号で提案しております候補者は峰松終止氏でございます。同氏は小学校校長、長崎教育事務所長等などを歴任後、平成16年10月から諫早市の教育長でございます。
 議案第5号で提案しております候補者は助村房子氏でございます。同氏は眼科医でございまして、平成13年10月から旧諫早市の教育委員会委員でもございました。
 議案第6号で提案しております候補者は福井真知子氏でございます。同氏は昭和46年から平成12年まで長年にわたり小学校や中学校で養護教員として勤務されておられました。
 議案第7号で提案しております候補者は嵩浩彰氏でございます。同氏は僧侶で保育園長でもありまして、小学校の育友会会長や主任児童委員なども務めてきておられまして、旧諫早市の教育委員会委員でもございました。
 議案第8号で提案しております候補者は田中利久氏でございます。同氏は自営業でございますが、小学校のPTA会長や主任児童委員なども務めてきておられ、旧森山町の教育委員会委員でもございました。
 以上5名につきまして、教育委員会委員として適任と存じ、御提案を申し上げる次第でございます。どうかよろしく御賛同賜りますようお願いいたします。
 以上でございます。


◯議長(古川利光君)[14頁]
 これより各議案ごとに質疑に入ります。
 まず、議案第1号「固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[14頁]
 なければ、これをもって議案第1号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議案第2号「固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[14頁]
 なければ、これをもって議案第2号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議案第3号「固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[14頁]
 なければ、これをもって議案第3号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議案第4号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[14頁]
 なければ、これをもって議案第4号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議案第5号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[14頁]
 なければ、これをもって議案第5号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議案第6号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[14頁]
 なければ、これをもって議案第6号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議案第7号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 なければ、これをもって議案第7号に対する質疑を終結いたします。
 次に、議案第8号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」に対する質疑に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 なければ、これをもって議案第8号に対する質疑を終結いたします。
 ただいま議題となっております議案第1号から議案第8号につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 御異議ありませんので、8議案につきましては、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 これより各議案ごとに順次、討論、採決に入ります。
 まず、議案第1号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議案第1号は井上計君の選任に同意することに御異議ございませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 御異議ありませんので、議案第1号は井上計君の選任に同意することに決定いたしました。
 次に、議案第2号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議案第2号は冨岡正徳君の選任に同意することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 御異議ありませんので、議案第2号は冨岡正徳君の選任に同意することに決定いたしました。
 次に、議案第3号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議案第3号は久保泰正君の選任に同意することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 御異議ありませんので、議案第3号は久保泰正君の選任に同意することに決定いたしました。
 次に、議案第4号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議案第4号は峰松終止君の任命に同意することに御異議ありませんか。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 御異議ありませんので、議案第4号は峰松終止君の任命に同意することに決定いたしました。
 次に、議案第5号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議案第5号は助村房子君の任命に同意することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 御異議ありませんので、議案第5号は助村房子君の任命に同意することに決定いたしました。
 次に、議案第6号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[15頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議案第6号は福井真知子君の任命に同意することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[16頁]
 御異議ありませんので、議案第6号は福井真知子君の任命に同意することに決定いたしました。
 次に、議案第7号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[16頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議案第7号は嵩浩彰君の任命に同意することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[16頁]
 御異議ありませんので、議案第7号は嵩浩彰君の任命に同意することに決定いたしました。
 次に、議案第8号に対する討論に入ります。
  (「なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[16頁]
 なければ、これをもって討論を終結し、採決いたします。
 議案第8号は田中利久君の任命に同意することに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[16頁]
 御異議ありませんので、議案第8号は田中利久君の任命に同意することに決定いたしました。
 しばらく休憩いたします。
      午後5時13分 休憩
      午後8時21分 再開


◯議長(古川利光君)[16頁]
 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、日程第11「県央地域広域市町村圏組合議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本件は、常備消防及び救急業務等について、諫早市ほか1市5町で共同処理するため組織されております地方公共団体の組合で、同組合の規約に基づいて6人の選挙を行うものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[16頁]
 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 同組合議会の議員に
  野 副 秀 幸議員  北 島 守 幸議員
  土 井 信 幸議員  松 尾 義 光議員
  石 場 照 喜議員  南 条   博議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました各議員を県央地域広域市町村圏組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[16頁]
 御異議なしと認め、以上の議員が当選されました。
 会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。
 次に、日程第12「長崎県広域競艇組合議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本件は、モーターボート競走の施行を諫早市ほか4市5町で共同処理するために組織されております地方公共団体の組合で、同組合の規約に基づいて1人の選挙を行うものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[16頁]
 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 同組合議会の議員に
  宇 戸 一 夫議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました宇戸一夫議員を長崎県広域競艇組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[16頁]
 御異議なしと認め、宇戸一夫議員が当選されました。
 会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。
 次に、日程第13「県央県南広域環境組合議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本件は、ごみ処理施設の設置・管理及び運営等に係る事務について、諫早市ほか1市10町で共同処理するために組織されております地方公共団体の組合で、同組合の規約に基づいて6人の選挙を行うものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[17頁]
 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 同組合議会の議員に
  赤 崎 光 善議員  木 村 和 俊議員
  山 口 一 輝議員  青 木 弘 義議員
  水 田 寿 一議員及び古 川 利 光議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました各議員を県央県南広域環境組合議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[17頁]
 御異議なしと認め、以上の議員が当選されました。
 会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。
 次に、日程第14「県央広域圏西部地区塵芥処理一部事務組合議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本件は、ごみ処理施設の解体及び廃止にかかわる事務について、諫早市ほか3町で共同処理するために組織されております地方公共団体の組合で、同組合の規約に基づいて1人の選挙を行うものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[17頁]
 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 同組合議会の議員に
  笠 井 良 三議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました笠井良三議員を県央広域圏西部地区塵芥処理一部事務組合の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[17頁]
 御異議なしと認め、笠井良三議員が当選されました。
 会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。
 次に、日程第15「長崎県南部広域水道企業団議会の議員の選挙について」を議題といたします。
 本件は、水道用水供給事業の経営に関する事務を共同処理するため、諫早市ほか1市3町で組織された地方公共団体の組合で、同企業団の規約に基づいて4人の選挙を行うものであります。
 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、議長の指名推選によりたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[17頁]
 御異議なしと認めます。よって選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。
 同企業団議会の議員に
  早 田 隆 一議員  藤 山 徳 二議員
  岸     勇議員及び古 川 利 光議員
を指名いたします。
 お諮りいたします。ただいま指名いたしました各議員を長崎県南部広域水道企業団議会の議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[17頁]
 御異議なしと認め、以上の議員が当選されました。
 会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。
 お諮りいたします。お手元に配付のとおり議事日程第1号の3を日程追加し、議題といたします。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[17頁]
 御異議ありませんので、これを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
 次に、日程第16「常任委員会の閉会中の継続調査の件について」を議題といたします。
 これは各常任委員会の所管事項の調査や行政視察については、各常任委員会に閉会中の調査終了まで継続して調査を付託することとしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[18頁]
 御異議ありませんので、そのように決定いたします。
 次に、日程第17「議会運営委員会の閉会中の継続調査の件について」を議題といたします。
 議会運営及び議長の諮問事項等については、議会運営委員会に閉会中の調査終了まで継続して調査を付託することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[18頁]
 御異議ありませんので、そのように決定いたします。
 次に、日程第18「議会報発行特別委員会の閉会中の継続調査の件について」を議題といたします。
 議会広報の充実を図るため、議会報の発行及び調査研究については、議会報発行特別委員会に閉会中の調査終了まで継続して調査を付託することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[18頁]
 御異議ありませんので、そのように決定をいたします。
 お諮りいたします。今期臨時会において議決されました案件につきましては、その条項、字句、数字、その他整理を要するものがありました場合、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。
  (「異議なし」と言う者あり)


◯議長(古川利光君)[18頁]
 御異議ありませんので、これらの整理を要するものにつきましては、議長に委任することに決定いたしました。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 これをもちまして平成17年第1回諫早市議会臨時会を閉会いたします。お疲れさまでございました。
      午後8時30分 閉会

 上記、会議録を調製し署名する。

     諫早市議会議長   古 川 利 光

     会議録署名議員   野 副 秀 幸

     会議録署名議員   北 島 守 幸