議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 佐世保市

平成28年  8月開催 議会運営委員会 08月26日−01号




平成28年  8月開催 議会運営委員会 − 08月26日−01号









平成28年  8月開催 議会運営委員会



           平成28年8月26日(金)

                     [会議時間]

                       自 9:59

                       至 11:14

《案件》

1.9月定例会付議事件について

2.9月定例会会期日程について

3.一般質問について

4.その他

 ・農業委員会等に関する法律の一部改正に伴う農業委員の選出方法の変更について

 ・平成29年度議会費予算について

 ・議会運営委員会の行政視察について

 ・九州市議会議長会に長崎県13市共同提出議案として提出する案件について

 ・近郊市町議会議長による地域課題の検討について

 ・西彼杵道路・長崎南北幹線道路建設促進期成会について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《出席委員》

 市岡博道議長、林健二副議長

 崎山信幸委員長、橋之口裕太委員、朝長満洋委員、萩原活委員、

 柴山賢一委員、古家勉委員、川内敏明委員、久池井一孝委員

《欠席委員》

 山口裕二副委員長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《理事者》

 川田洋副市長、松尾幸弘総務部長

 迎芳人農業員会会長、堤正英農業委員会事務局長 ほか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《事務局》

 久家節男議会事務局長、宮崎謙一郎議会事務局次長(議会運営課長)ほか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《傍聴者》

 なし









                    8月26日(金)(9:59 開議)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○崎山委員長 

 議会運営委員会を開催する。

 本日は、山口副委員長が身内の御不幸により、急遽欠席となっている。

 初めに、市岡議長からあいさつをお願いする。



◆市岡議長 

 今年は、厳しい暑さが続いており、農業用水にも影響が出始めている。それぞれ委員の皆さんが住んでいる場所でも、そのような声が出てきているのではないかと思うが、しっかりとした対応が必要であると思っている。

 さて本日は、9月定例会前の議会運営委員会である。本定例会に係る案件について、しっかりと議論をお願いしたい。

 あわせて、会の最後に、報告案件及び検討をしていただきたい案件を説明したいと思っているので、よろしくお願いする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○崎山委員長 

 これより本日の協議事項に沿って進めていく。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



1.9月定例会付議事件について



○崎山委員長 

 9月定例会付議事件について、当局の入室、説明を求める。

 [川田副市長ほか入室]



◎川田副市長 

 9月定例会に提案を予定している議案について、提出予定案件を中心に説明する。

 まず、企業会計決算等6件であるが、平成27年度の四つの企業会計(水道、下水道、交通、総合病院)の決算審査と、水道事業会計及び下水道事業会計の未処分利益剰余金の処分について、審議をお願いするものである。

 次に、補正予算3件であるが、一般会計と特別会計、水道事業会計の3件で、合わせて22億1,272万円の補正をお願いするものである。

 次に、条例3件であるが、主なものとして、第96号議案佐世保市地方卸売市場業務条例の一部改正の件は、市場の効率的な運営及び活性化を目的として、平成29年4月から、佐世保市地方卸売市場を指定管理者による管理に移行するものである。

 次に、一般議案10件であるが、主なものとして、第97号議案佐世保市総合計画基本構想改定の件は、次期総合計画において、関連する施策の動向を踏まえた策定を行うため、第6次佐世保市総合計画基本構想の適用を平成31年度まで2年間延長し、文言整理を行うものである。

 なお、本件は、延長を決定する手続として基本構想を改定するものだが、この基本構想に基づいて策定している基本計画については、今定例会で議決をいただいた後に改訂作業を行い、改めて、議会に報告する予定としている。

 第104号議案から第106号議案までは、地区公民館、支所及び公会堂の機能を集約する相浦地区コミュニティ供用施設新築工事に係る請負契約を締結するものである。

 次に、報告2件であるが、第14号報告平成28年度佐世保市一般会計補正予算(第5号)市長専決処分報告の件は、地方自治法第179条の規定により議会の承認を求めるもので、第15号報告建物明渡請求訴訟の提起及び損害賠償の額の決定に係る市長専決処分報告の件は、地方自治法第180条の規定によるもので、市営住宅の家賃滞納者に対する訴えの提起が1件、市営住宅の施設の管理瑕疵による損害賠償の額の決定が8件、中央公民館の施設の管理瑕疵による損害賠償の額の決定が1件、市道の管理瑕疵による損害賠償の額の決定が4件となっている。

 以上が、9月定例会の初日に提案を予定している議案である。

 次に、最終日に提案を予定している議案について説明する。

 人事案件1件であるが、人権擁護委員の候補者推薦の件を予定している。

 なお、人事案件については、全員協議会の開催をお願いする。

 次に、最終日提案の一般会計等決算15件は、平成27年度の一般会計と特別会計の決算である。

 このうち、?は、今年3月末に解散した北松南部清掃一部事務組合の決算である。昨年9月定例会で議決をいただき改正した組合規約において、解散後の決算審査は佐世保市で行うことと定めていたので、今回、一般会計・特別会計の決算とあわせて審査をお願いするものである。

 次に、最終日提案の報告2件は、平成27年度の決算に関連する継続費の精算報告である。

 以上が9月定例会最終日に提案を予定している議案である。

 次に、北松中央病院の業務実績に関する評価結果の報告についてである。

 地方独立行政法人法に基づき、平成27事業年度における業務の実績について、評価委員会による評価結果を議会に報告させていただきたい。

 次に、平成26年度決算の附属書類の誤りについてであるが、昨年9月定例会において提出した「平成26年度佐世保市財産に関する調書」のうち山林の所有面積について誤りがあったため、議会に報告させていただきたい。

 資料は3ページである。上の表が訂正前、下の表が訂正後の内容で、該当部分に下線を引いている。表の「営林」の部分であるが、決算年度中増減高109万5,099平米が、正しくはマイナス455平米であり、決算年度末現在高1,083万6,457平米が、正しくは974万903平米である。申し訳ない。

 なお、この平成26年度佐世保市財産に関する調書については、決算認定の対象となるものではないが、地方自治法施行令に基づき決算の附属資料として提出し、認定の参考としていただいているものである。

 以上が、9月定例会に予定している案件である。



○崎山委員長 

 ただいまの当局の説明について、確認事項等があればお願いする。(「なし」の声あり)

 ないようなので、当局は退室していただいて結構である。

 [川田副市長ほか退室]

 次に、9月定例会付議事件について、事務局の説明を求める。



◎細井議会運営課長補佐[議事調査係長] 

 [協議事項に基づく説明]



○崎山委員長 

 ただいまの説明に対し、質問等はないか。(「なし」の声あり)説明のとおり決定する。

 また、川田副市長から申し入れがあった人事案件についての全員協議会の開催については、申し入れを受け全員協議会を開催することとしてよいか。(「異議なし」の声あり)

 次に、地方独立行政法人北松中央病院評価委員会の評価結果を議会に対し説明したい旨の申し出についてであるが、昨年同様、全員協議会において説明を受けることとしてよいか。(「異議なし」の声あり)

 次に、平成26年度決算の附属書類の誤りについて議会に対し説明したい旨の申し出についてであるが、同じく、全員協議会において説明を受けることとしてよいか。(「異議なし」の声あり)

 それでは、9月9日の全員協議会の開始時間を9時とし、最初に人事案件、次に地方独立行政法人北松中央病院評価委員会の評価結果、最後に平成26年度決算の附属書類の誤りについてという順番で行いたいと思うが、よろしいか。(「異議なし」の声あり)そのように決定する。



◆市岡議長 

 平成26年度決算の附属書類の誤りについて、先ほど副市長から説明があったように、附属書類ではあるが、決算認定の参考としている資料が誤っていたということである。今後のこともあるため、後日、会計管理室を所管する総務委員会で詳細なやりとりを行っていただきたいと考えている。したがって、全員協議会では報告を受けるのみで質疑を行わないとしてはどうかと考えているので、この点を協議していただきたい。



○崎山委員長 

 ただいまの議長からの提案については、いかがか。(「異議なし」の声あり)では、全員協議会では報告を受けるのみで質疑を行わず、後日、会計管理室を所管する総務委員会で詳細なやりとりを行うことを確認した。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



2.9月定例会会期日程について



○崎山委員長 

 次に、9月定例会会期日程について、事務局の説明を求める。



◎細井議会運営課長補佐[議事調査係長] 

 [協議事項に基づく説明]



◆久池井委員 

 平成26年度決算の附属書類の誤りについて、全員協議会では質疑を行わず、詳細なやりとりは総務委員会でというやり方については、それでいいと思うが、地方独立行政法人北松中央病院評価委員会の評価結果については、質疑を行っていいのか。



○崎山委員長 

 本件に関しては、従前は質疑を行っており、本年も同様に進めるものである。



◆久池井委員 

 次年度からは、地方独立行政法人となった佐世保市総合医療センターに係る案件もふえると思うが、その報告を受ける場として、全員協議会で済ませるというのはいかがなものかと考えている。本件は、正式に委員会の場で報告を受けるという検討ができないのか。



◆市岡議長 

 地方独立行政法人に対する議会の役割、市のかかわりという事を考えると、一つの方法として、これまでは全員協議会で報告を受け、やりとりを行ってきたところである。しかし、次年度からは、地方独立行政法人に移行した佐世保市総合医療センターに関する報告がふえることもあって、複数の議員からも、次年度以降については、報告を受ける場を検討した方がいいのではないかといった申し出を受けているところでもある。したがって、本年度は、従来どおり全員協議会でやりとりを行うが、次年度以降についての方法論については、今後検討したいと思っている。



○崎山委員長 

 当初は委員会で行っていたが、全員協議会での報告というやり方に変更した経緯もある。



◆市岡議長 

 ただいまのやりとりについて補足すると、平成23年は委員会で報告を受けたが、全議員が本件にかかわるべきであるという議論のもとに、全員協議会での報告に見直した経緯がある。しかし、久池井委員が発言された背景には、時間的にも十分な議論ができるのかということも踏まえた上で、今後も全員協議会で行うことがどうなのかという前提に立った考え方ではないかと思う。しかし、一方では、地方独立行政法人に関する評価委員会の評価結果について、全議員がかかわるべきだという意見もあると思う。その場合、全員協議会でどこまでできるのかということもあるので、過去の経緯等を踏まえた上で、時間をいただき検討したいと思っている。



○崎山委員長 

 では、地方独立行政法人北松中央病院評価委員会の評価結果について、本年度までは全員協議会を開催することとし、次年度については、今後検討することとする。

 そのほか、会期日程について及び会議録署名議員については、ただいまの説明のとおりでよいか。(「異議なし」の声あり)そのように決定する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



3.一般質問について



○崎山委員長 

 一般質問について、事務局の説明を求める。



◎細井議会運営課長補佐[議事調査係長] 

 [協議事項に基づく説明]



○崎山委員長 

 一般質問通告締切日時等は、ただいまの説明のとおりである。なお、当日の午前中は防災訓練の実施日であるため、留意していただきたい。

 そのほかは、申し合わせ事項「一般質問の取り扱いについて」のとおりであるので、よろしくお願いする。(「はい」の声あり)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



4.その他

・農業委員会等に関する法律の一部改正に伴う農業委員の選出方法の変更について



○崎山委員長 

 農業委員会等に関する法律の一部改正に伴う農業委員の選出方法の変更について、当局の入室、説明を求める。

 [迎農業委員会会長ほか入室]



◎迎農業委員会会長 

 本年4月1日に施行された農業委員会等に関する法律の一部改正に伴い、農業委員の選出方法が変更されたところである。来年7月の次期農業委員の選考からは、農業団体等からの推薦や公募により委員を選出し、議会の同意を得た上で、市長が任命することとなる。なお、現在の農業委員については、法律の経過措置により現在の任期である平成29年7月19日、または、それ以前の日をもって任期終了となる。

 詳細は、農業委員会事務局長に説明させる。



◎堤農業委員会事務局長 

 [詳細説明]



○崎山委員長 

 ただいまの当局の説明について、確認事項等があればお願いする。(「なし」の声あり)

 ないようなので、当局は退室していただいて結構である。

 [迎農業委員会会長ほか退室]

 ただいま説明があったように、農業委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例は本年12月議会に上程予定であるが、これまでは、農業委員として議会から4名、うち議員は2名を推薦していたものである。これが、法改正に伴って、今期委員の任期満了後となる平成29年7月からは、議会からの推薦はなくなるとのことである。

 また、従来は、5月に行っている議員の役職等の改選前までを任期とし、4月に当該農業委員からの辞職届を受理し、新たに5月に新農業委員を選考していたところである。しかし今回からは、議会からの選出を行わないということであるため、現在農業委員となっている2名の議員の任期を、従来どおり改選前までとするのか、今回のみ現在の任期である7月19日までとするのかという二通りの考え方がある。この任期の考えは、改選時に選考する他の役職人事にも関係してくるものであり、現在の2名の委員の意向も踏まえることになると思うが、この点について、各会派で検討しておいていただきたい。

 なお、農業委員及び農地利用最適化推進委員の定数に関する条例は本年12月議会に上程予定であり、議員の役職等の改選は5月であるため、3月定例会に関する議運の際までに検討をお願いしたい。

 何か質問や意見はあるか。(「なし」の声あり)

 では、現委員の任期に関する考え方については、今後会派で検討をお願いする。

・平成29年度議会費予算について



○崎山委員長 

 平成29年度議会費予算について、事務局の説明を求める。



◎嶋田議会運営課長補佐[総務係長] 

 各会派において、平成29年度議会費予算に対する要望等がある場合は、9月定例会最終日である9月26日までに事務局に連絡してもらいたい。



○崎山委員長 

 なお、今回説明があったのは、各会派としての要望であって、現在、議会改革について議論がなされている件について、仮に予算要求が必要となった場合の要望は別であることを補足しておく。

 また、例年、締め切り日を過ぎての要望があっていると聞いているため、この日時については守っていただくようお願いする。



◎久家議会事務局長 

 予算要求の締め切り期日があるため、その期日を過ぎると追加しての要求が困難となる。したがって、平成29年度議会費予算に対する各会派の要望がある場合は、9月定例会最終日である9月26日までに事務局に連絡していただきたい。



○崎山委員長 

 では、そのようにお願いする。

・議会運営委員会の行政視察について



○崎山委員長 

 議会運営委員会の行政視察について、配付している新聞記事をごらんいただきたい。大阪府泉南市では、議会改革として新聞記事に掲載されているように、政務活動費の全廃等、議会費削減に向けた取り組みを実施されており、当委員会として、直接伺っていろいろとご教示いただきたいところである。なお、先方市では近く選挙が予定されており、当市議会の本会議終了後すぐであれば、現体制の中での説明ができるとのことであったので、できればその日程で調整したい。

 また、議会運営委員会の視察として泉南市を検討しているが、議会課題検討会が立ち上がっており、このテーマについても議論をされている。検討会の委員には、議会運営委員会委員を多くかかわっており、議会運営委員会以外の委員は、副議長を初めとしてほかに3名の議員であることから考えて、できれば一緒に視察ができないかと考えている。

 日程等について、事務局の説明を求める。



◎細井議会運営課長補佐[議事調査係長] 

 先ほど委員長から説明があったとおり、先方市の選挙の日程を考慮し、9月28日(水)から29日(木)までの間の1泊2日の日程で調整したいと考えているが、そのうちのどこにするか決定していただけたら、現段階での行程案を委員会終了後に配付したい。



○崎山委員長 

 では、まず視察を行うということでよいか。(「はい」の声あり)

 次に、日程であるが、9月28日(水)から29日(木)とし、あわせて、議会課題検討会のメンバーにも声かけをし、参加をお願いしたい。(「はい」の声あり)



○崎山委員長 

 ここで、副議長から中国訪問についての報告をいただきたい。



◆林副議長 

 議長代理として、友好姉妹都市である中国瀋陽市に、姉妹都市締結5周年を記念事業として、友好団に参加をしたものである。友好団は総勢47名で、8月21日から24日の4日間で訪問をし、萩原議員も同行している。瀋陽市長との面談や、友好協会への訪問を行ったところだが、7月には瀋陽市からのクルーズ船3隻に乗船して約三千名の方が佐世保市に来訪されていたこともあり、そのお礼も述べてきたところである。最終日には、瀋陽市に進出している日本企業−−ブリジストンと三菱自動車の工場訪問や、瀋陽市が目指しているスマートシティの都市づくりとして、ソフトウェアの施設等も視察をしたところである。

 瀋陽市の市長からは、今後の5年間の計画を至急作成し、今後とも佐世保市との友好関係をより深いものにしていくよう、幹部への指示も出されたと聞いており、非常に実のある視察であったことを報告しておく。



○崎山委員長 

 次に、議長から報告等があると伺っているので、説明をお願いする。



◆市岡議長 

・九州市議会議長会に長崎県13市共同提出議案として提出する案件について

 ただいま配付してある報告案件資料集をごらんいただきたい。8月18日に平戸市で開催された長崎県下の議長会において、九州市議会議長会に長崎県13市共同提出議案として提出する案件について、整理を行ったところである。これは、さきの4月11日に島原市で行われた長崎県下の議長会において、JR佐世保線・大村線の整備改良についても、県下全域力を合わせてお願いをするという内容の決議案を提案し、全会一致で可決したことは、以前当議会運営委員会で報告を行ったとおりであるが、それを受け、8月18日の県下議長会でも、「西九州地域の交通網の整備促進について」の要望内容に、下線部のとおり文言及び項目を追加したもので、了解をいただいたことを報告しておくものである。

・近郊市町議会議長による地域課題の検討について

 7月1日に開催された西九州北部地域振興協議会の折に、近郊市町議会議長による地域課題の検討を行うため、伊万里市議会、有田町議会、平戸市議会、松浦市議会、佐々町議会へ呼びかけており、8月30日に第1回目の会合を行う予定である。

 佐世保市は、本年4月1日から中核市となったこともあり、地域連携としてその中心都市を担うという課題がある。それで、一つの自治体としてだけではなく、複数の自治体あるいは地域で議論を進めた方がいい課題については、既に行政側は県を交え協議を進めていると理解しているが、議会の立場としても、同じように協議をするべきではないかという考えのもと、投げかけをしたものである。

 会の第1回目では、一つ目には、地域の課題の抽出をし、二つ目には、地域が連携して取り組んでいる事業の再確認をしたい。例えば、広域消防や松浦鉄道といった事業があるため、伊万里市と有田町においては、病院を共同で設置していることは、地域連携の事業であると認識している。三つめには、それを踏まえて、議会の立場として議論をした方がいいという案件について、整理をしていきたいと考えている。

 なお、本年末か年明けには第2回目を開催したいと考えているが、開催後には、当議会運営委員会にも、その結果を報告していきたい。

・西彼杵道路・長崎南北幹線道路建設促進期成会について

 本件については、各会派で検討をしていただきたい事項である。再度、報告案件資料集をごらんいただきたい。

 8月3日に開催された長崎県離島振興市町村議会議長会の折、代理で出席した林副議長に、西海市議会議長から、西彼杵道路・長崎南北幹線道路建設促進期成会への佐世保市議会の加入について打診を受けたのだが、その後、8月18日に開催された県下市議会議長会の折、あらためて私にも同じように申し出があったところである。

 この件については、佐世保市議会として加入するかどうか、議員の皆さんの意見を伺いたいので、9月定例会初日までに、各会派で検討をお願いしたい。

 なお、資料集には、規約と道路の概要図、市の立場で現在加入している期成会一覧を添付しているので、参考にしていただきたい。

 ちなみに、佐世保市に対しても、西海市から同じ申し出を受けており、加入する方向でと調整していると聞き及んでいる。



○崎山委員長 

 ただいま、報告が2件と、検討する事項1件の説明があったが、何か質問はあるか。



◆橋之口委員 

 西彼杵道路・長崎南北幹線道路建設促進期成会について、平成8年に期成会が立ち上がっているようだが、これまでに加入の打診はなかったのか。



◆市岡議長 

 今日まで、市議会に対しての打診はないが、市に対しては、平成二十三、四年頃、口頭での打診があったようである。当時は、東彼杵道路等の全体の状況を勘案して、加入には至らなかったようである。



◆橋之口委員 

 私は長崎市に行くためによく利用している道路であるのだが、加入していなかった理由が何かあるのか。そして、なぜこのタイミングで打診があったのか。



◆市岡議長 

 西彼杵道路というのは、佐世保市の立場で考えると、ある程度供用開始をしている道路である。そして、期成会の加入について、西海市議会議長から具体的な理由の説明はなかったので憶測でしか申し上げることはできないのだが、現在の工事は、西海市側からではなく、時津町側からの施工ということで、西海市としては、西海市側からの作業にも力を入れてほしいという考えのもと、佐世保市議会に申し出があったのではないかと考えている。



◆久池井委員 

 会の会長市はどこか。



◆市岡議長 

 持ち回りと聞いており、現在は西海市長である。



◆久池井委員 

 経済団体への呼びかけはなされていないと考えていいのか。



◆市岡議長 

 会員をふやすための議論については、詳しく聞いていないのでわからないが、少なくとも、会長である西海市長が佐世保市長へ打診し、会員である西海市議会議長が佐世保市議会へ打診しているという状況である。加入に向けて一定の方向性が出れば、正式に会から依頼状を出すと聞いている。

 なお、佐世保市の経済界として、例えば商工会議所から、「打診を受けているが市議会はどうか」といった意向確認の問い合わせはあっていない。

 また、補足しておくと、会派で議論する際、「東彼杵道路の建設促進について、期成会に加入し取り組みを行っているので、国等から整備の優先性について問い合わせがあったらどうするのか」といった議論が出るのではないかと思っている。どちらも優先という考えではあろうが、そもそも二つの道路は佐世保市の立場からすると、目的が異なっていることが挙げられると思う。例えば、西彼杵道路は、佐世保市と長崎市との連携を強化する道路であり、一方、東彼杵道路は、県北地区と県央、空港と県南地区との連携を強化するための道路である。このように役割が違う道路であるので、それぞれに要望をする必要があると考えている。

 また、西彼杵道路は、国の補助を受けて県事業として進んでいる道路であり、東彼杵道路は、国直轄事業を想定し要望をしている道路ということで、予算の競合はないのではないかということも踏まえて、検討をお願いする。



○崎山委員長 

 ほかに、質問等はあるか。



◆川内委員 

 先ほど議長から報告があった、近郊市町議会議長による地域課題の検討を行う会の件だが、小値賀町議会は入らないのか。



◆市岡議長 

 それぞれに呼び掛けている段階で、まだ正式に会が発足したわけではないが、集まっていただいたあと、最初に、この会の位置づけを整理することになると考えている。その中で、既に地域連携を行っている事業の再確認をしたい。その後、課題の整理が必要となるが、課題となった事項によっては、加わっていただきたい議会も出てくる可能性はあると思う。例えば、今話があった小値賀町や川棚町、波佐見町、唐津市や多久市などといった声が上がるかもしれない。それは、どのようなことを課題として選考するかによって、加わっていただきたい議会の範囲が異なってくると考えている。したがって、私は、今の段階で、先ほど述べた議会だけという考えを持っているわけではない。



○崎山委員長 

 それでは、議長から投げかけがあった西彼杵道路・長崎南北幹線道路建設促進期成会については、9月定例会初日までに整理をするということでよいか。(「はい」の声あり)

 それでは、9月2日(金)12時45分から、議会運営委員会を開催する。

 ほかになければ、本日の議会運営委員会を終了する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                           (11:14 閉議)