議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 佐世保市

平成28年 12月開催 議会運営委員会 12月09日−02号




平成28年 12月開催 議会運営委員会 − 12月09日−02号









平成28年 12月開催 議会運営委員会



           平成28年12月9日(金)

                     [会議時間]

                       自 13:01

                       至 13:18

《案件》

1.教育長としての教育理念の説明について

2.その他

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《出席委員》

市岡博道議長、林健二副議長

崎山信幸委員長、山口裕二副委員長、橋之口裕太委員、朝長満洋委員、

萩原活委員、柴山賢一委員、古家勉委員、川内敏明委員、久池井一孝委員

《欠席委員》 なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《理事者》

山口智久副市長、松尾幸弘総務部長 ほか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《事務局》

久家節男議会事務局長、宮崎謙一郎議会事務局次長(議会運営課長) ほか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《傍聴者》 なし









                     12月9日(金)(13:01開議)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○崎山委員長 

 議会運営委員会を開催する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



1.教育長としての教育理念の説明について



○崎山委員長 

 教育長としての教育理念の説明について、当局の入室、説明を求める。

 [山口副市長ほか入室]



◎山口副市長 

 本日は、教育長としての教育理念について、議員の皆様に説明する機会を設けていただきく、申し入れを行うものである。

 昨年4月に地方教育行政の組織及び運営に関する法律が改正、施行されたことに伴い、本市でも昨年8月から教育長が教育委員会を代表し、事務を統括する体制となっている。

 教育委員会の制度が大きく変わった時期でもあり、現教育長が制度改正後に新しく就任してから約半年経過したことを踏まえ、ここで一度、教育長としての教育理念について説明させていただきたい。



○崎山委員長 

 ただいまの当局の説明について、確認事項等があればお願いする。(「なし」の声あり)

 ないようなので、当局は退室していただいて結構である。

 [山口副市長ほか退室]

 当局から申し入れがあった教育長としての教育理念の説明については、いかがするか。

 特段意見がないようだが、教育長から教育理念の説明を受けるということでいいか。(「はい」の声あり)

 では、そのように決定する。

 日時について、事務局に説明を求める。



◎細井議会運営課長補佐[議事調査係長] 

 今後の議会の日程だが、一般質問に引き続き常任委員会が開催され、またその後の事務整理日には、各特別委員会や課題検討会なども開催されることとなっている。それ以外の日となると、一般質問4日目の12月13日であれば、午後の質問者が1人で、予定では14時半前後くらいに終了するので、例えば同日の午後2時45分からはどうかと考えている。

 なお、同日は、本会議終了後に議会運営委員会を開催することとなっていたので、仮に同日に全員協議会を開催するとなれば、議会運営委員会は、全員協議会の終了後と変更することの確認もお願いする。



○崎山委員長 

 ただいま事務局から説明があったとおり、一般質問最終日である12月13日午後2時45分から全員協議会を開催し、その終了後に議会運営委員会を開催することとしてよいか。(「はい」の声あり)

 では、そのように決定する。



◎細井議会運営課長補佐[議事調査係長] 

 全員協議会において、質疑を行うかどうかの確認をお願いする。



○崎山委員長 

 ただいま、教育長としての教育理念の説明を全員協議会で受けると決定したが、その際に質疑を行うのかどうかについて、委員の皆さんの意見を伺いたい。



◆市岡議長 

 委員より先に意見を言うのは申しわけないが、参考までに私見を述べたい。

 佐世保市の教育方針というのは既に定まっており、それを受け、平成28年度からは新しく西本教育長が就任されている。今回は、市の方針に基づく西本教育長としての理念を吐露していただく場だと理解しているので、理念に対して質疑を行うというのは難しいのではないかと思う。教育方針に基づいて行政として進めていることに対し、それぞれの場面によって委員会等でのやりとりは大いにあってしかるべきだが、教育方針に基づいた本人の理念に対しては、質疑を行わないほうがいいと考えている。



◆橋之口委員 

 具体的な施策については、委員会や一般質問という場で、質疑を行うと思うが、理念については質疑を行うものではないと考える。

 ただ、整理していただきたいのは、今回は全員協議会での指摘があったため、このような場が設けられると思うが、今後、人事案件について、例えば、監査委員や人権擁護委員に同意する際、議会に対して今回のように説明の場が設けられるのだろうか。そういった整理は、当局と議会の間で必要ではないか。



◆市岡議長 

 大変申しわけないが、私もそこまでのこととしては考えが及ばなかった。今回の場合は、教育委員会という名称は同じでも、法改正により姿形が昨年度までとは違って運用をされている。市の教育方針としては揺るぎないものとしてしっかりあるので、それに対しどうこう言うものではないが、新しい制度のもとで市長が任命した教育長であるので、西本新教育長としての考え方、理念ということについては、議会としてもしっかり聞く必要性が大いにあったと思う。確かに、就任後はあらゆる媒体を通じて発信されてはいるが、議会に対しての場ではなかったということについては、議長の立場として、申しわけなかったと思っている。

 他方、例えば、監査委員や固定資産評価員の選任、人権擁護委員の候補者推薦などにあっても、議会として同意という形で承認をしているが、それぞれ法に基づいた立場の方であり、宣誓をしてもらうのが前提であるため、議会として云々というのは、無理があるのではないかと思っている。

 しかし、教育委員会については、行政の一つの柱であるため、議会とのかかわりということは大いにあってしかるべきで、他の部分については法的な存在ということであるがゆえにという整理はできると考える。



◆林副議長 

 先ほどの橋之口委員の意見は、私ももっともだと思う。

 議会の制度を考えると、理念というのは、当然、就任時に就任挨拶の中で述べるものなので、今後は、議場で挨拶をする際には、そこで理念を話すべきだと考える。今回、全員協議会の場で説明を受けることは一定理解をするが、今後は当局として理念をどのような形で発表するか、整理した方がいいと思う。



○崎山委員長 

 ただいまいろいろと出た意見については、会派に持ち帰り、検討していただきたい。この議会運営委員会において、改選期までにできるかどうかは別として、議会としてもきちんと整理をすることは必要であると考えるが、それでよいか。(「はい」の声あり)

 では、議会として同意する人事案件に関連し、どのような場合に当局から理念等の説明を受けるのか、受ける場合にはどのように行うのかについては、会派持ち帰りとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



2.その他



○崎山委員長 

 ほかに何か報告等はあるか。



◆市岡議長 

 委員の皆さんに了解をいただきたい件がある。

 12月14日は委員会審査の初日であるが、当日の午後から開催される自民党総務部会に、全国市議会議長会会長の立場として出席要請がきているため、上京をさせていただきたい。



○崎山委員長 

 14日だけか。



◆市岡議長 

 ただいま決定しているのは、14日の15時半からであるが、他の公務との調整をしているところなので、戻りの日はまだ決定していない。



○崎山委員長 

 ただいま説明があったとおり、14日、もしくは14日から15日にかけて、議長が公務のため佐世保を離れるとのことであるので、よろしくお願いする。

 ほかになければ、本日の議会運営委員会を終了する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            (13:18閉議)