議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 佐世保市

平成28年 12月開催 議会運営委員会 12月05日−01号




平成28年 12月開催 議会運営委員会 − 12月05日−01号









平成28年 12月開催 議会運営委員会



           平成28年12月5日(月)

                     [会議時間]

                       自 14:35

                       至 15:24

《案件》

1.選挙管理委員会委員長の退任挨拶について

2.地方財政の充実・強化を求める意見書(案)について

3.地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書(案)について

4.選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について

5.次期総合計画策定及び第6次総合計画改定に係る今後の進め方について

6.一般質問(代表・個人)、質疑のあり方について

7.本会議等への理事者出席のあり方について

8.ペーパーレス化について

9.佐世保市議会課題検討会について

10.その他

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《出席委員》

市岡博道議長、林健二副議長

崎山信幸委員長、山口裕二副委員長、橋之口裕太委員、朝長満洋委員、

萩原活委員、柴山賢一委員、古家勉委員、川内敏明委員、久池井一孝委員

《欠席委員》 なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《理事者》

川田洋副市長、松尾幸弘総務部長 ほか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《事務局》

久家節男議会事務局長、宮崎謙一郎議会事務局次長(議会運営課長) ほか

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

《傍聴者》 なし









                     12月5日(月)(14:35開議)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○崎山委員長 

 議会運営委員会を開催する。

 これより本日の協議事項に沿って進めていく。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



1.選挙管理委員会委員長の退任挨拶について



○崎山委員長 

 選挙管理委員会委員長の退任挨拶について、当局から説明の申し入れがあっているので、入室、説明を求める。

 [川田副市長ほか入室]



◎川田副市長 

 福田豊選挙管理委員会委員長が12月24日の任期満了をもって退任されることとなったため、本会議最終日に退任の挨拶をさせていただきたい。前回の議会運営委員会後に退任されることがわかったため、本日の依頼となったものである。

 また、私が、小佐々町のウエストテクノ佐世保で行われる株式会社九州テンの本社竣工式に出席するため、一般質問が行われる予定となっている12月9日(金)午後の本会議を欠席させていただきたい。



○崎山委員長 

 ただいまの当局の説明について、確認事項等があればお願いする。(「なし」の声あり)

 ないようなので、当局は退室していただいて結構である。

 [川田副市長ほか退室]

 当局から申し入れがあった選挙管理委員会委員長の退任挨拶について、本会議最終日に受けることとしてよいか。(「はい」の声あり)

 では、そのように決定する。

 次に、12月9日(金)の午後の本会議に川田副市長が欠席することについてもよろしいか。(「はい」の声あり)

 では、そのように決定する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



2.地方財政の充実・強化を求める意見書(案)について



○崎山委員長 

 先般の議運で、社会民主党の古家委員から、本定例会に「地方財政の充実・強化を求める」という趣旨での意見書(案)の提出を検討しているとの申し出を受けていたが、それがお手元に配付のとおり提出されている。

 では、取り扱う委員会の確認をしたい。この趣旨であれば通常は総務委員会だと思うが、委員の皆さんいかがか。総務委員会で取り扱うこととしよいか。(「はい」の声あり)

 では、そのように決定する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



3.地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書(案)について



○崎山委員長 

 先般の議運で、全国市議会議長会から依頼があっている「地方議会議員の厚生年金への加入を求める意見書(案)について、会派持ち帰りとなっていたので、各会派に意見を求めたい。



◆久池井委員 

 この意見書は、全国市議会議長会からの依頼なのか。



◎宮崎議会事務局次長[議会運営課長] 

 そうである。



◆久池井委員 

 内容等は、再度会派持ち帰りとさせていただきたい。



○崎山委員長 

 地方議会議員の厚生年金への加入を求めるという趣旨での意見書(案)を、議会運営委員会として提出することはこの場で決定できるか。(「はい」の声あり)

 では、意見書(案)の内容や提出先については、会派持ち帰りとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



4.選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について



○崎山委員長 

 本件について、事務局の説明を求める。



◎宮崎議会事務局次長[議会運営課長] 

 各会派から推薦をいただいたところであるが、選挙管理委員会委員及び同補充員ともにどちらも4名ずつであったので、まず、その4名で内定してよいか確認をお願いする。



○崎山委員長 

 選挙管理委員会委員及び同補充員の推薦者が4名だったとの説明を受けたが、この4名とすることでよいか。(「はい」の声あり)



◎宮崎議会事務局次長[議会運営課長] 

 選挙管理委員会補充員については、補充の順序を決定する必要がある。先般の議会運営委員会で決定したとおり、推薦した会派の議会運営委員において、補充員の順位を決めるくじ引きを行っていただきたい。



○崎山委員長 

 これよりくじ引きを行う。

 まず、くじを引くための順番決めのくじ引きをするか、それをせず、例えば大会派からくじ引きをするか、いかがか。(「大会派から引いていいのではないか」、「任せる」の声あり)

 委員長として、大会派から本抽選のくじを引くことに決定する。

 [緑政クラブ、自民党市民会議、市政クラブ、市民クラブの順でくじ引き]

 発表する。順位の1番は市政クラブ推薦の松本世生さん、2番は市民クラブ推薦の江口茂広さん、3番は自民党市民会議推薦の大平慎一さん、4番は緑政クラブ推薦の片平研一さんに決定する。



◎宮崎議会事務局次長[議会運営課長] 

 ただいま、それぞれ委員と補充員を内定し、さらに補充員の順位を決定していただいたところである。最終的には、12月21日(本会議最終日)に指名推薦で決定をしていただくようお願いする。



○崎山委員長 

 今の説明のとおりでよいか。(「はい」の声あり)

 では、そのように決定する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



5.次期総合計画策定及び第6次総合計画改定に係る今後の進め方について



○崎山委員長 

 本件については、本日の本会議で総務委員長から委員長報告があったが、それを受けて、議長から説明があるのでよろしくお願いする。



◆市岡議長 

 次期総合計画策定及び第6次総合計画改定に係る今後の進め方について、議会としてどのように対応するかということである。

 第97号議案佐世保市総合計画基本構想改定の件については、本年6月定例会で提案され、継続審査となっていた。そして、先ほど委員長から説明があったとおり、本日、本会議で議決を行ったものである。

 それを受けて、議会として、この件についてどのように対応していくのかであるが、私は、市政全般にわたることなので、新たに特別委員会を設置して対応してはどうかと考えている。なお、現在は第6次総合計画が進行中であるが、それが策定される際にも、議会として特別委員会を設置し、当局と議論をして進めた経緯がある。

 そのようなこともあるので、今回、平成29年度末までの第6次総合計画を2年延長し、平成31年度末までとすることと、次期総合計画の策定に関することもあるので、議会としては特別委員会を設置し対応することがよいと考え、提案するものである。

 タイミングとしては、委員長報告にもあったように、現在動いている案件であるので、この12月定例会の最終日に、特別委員会の設置についての議決をいただければと思う。



○崎山委員長 

 ただいま議長より提案があった件について、委員の皆さんいかがか。特別委員会を設置するということを、この場で決定できるか。(「はい」の声あり)では、議長から提案があった件について、特別委員会を設置するということでよいか。(「はい」の声あり)

 では、そのように決定する。

 特別委員会の設置に当たっては、委員会の設置目的、委員会の名称、委員会の構成として委員の数、調査期限、設置する時期について決定する必要があるので、今後会派で検討していただきたい。



◆市岡議長 

 今後会派で検討していただく際の参考にしていただくよう、委員会の設置目的等について、私案を申し上げたい。ただいまの経緯を踏まえて、例えば、設置目的を総合計画に関する調査研究、委員会名を総合計画調査特別委員会、調査期限を調査終了まで、設置する時期を、既に動いている案件なので最終本会議というものである。これを参考に議論していただければと思う。また、前回特別委員会を設置した際の委員の定数については、現在とは会派の人数も違うので参考になるかどうかわからないが、第6次総合計画策定時であった平成19年当時は、緑政クラブ、自民党市民会議、市政クラブ、民主市民クラブ−−現在の市民クラブ及び公明党会派からは各2名、社会民主党及び日本共産党会派からは各1名、合計12名であった。なお、委員長を出した会派からの補充はしないことと決定していたので、参考としていただきたい。



○崎山委員長 

 何か質問はあるか。

 ないようなので、では、ただいまの件は会派持ち帰りとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



6.一般質問(代表・個人)、質疑のあり方について

7.本会議等への理事者出席のあり方について

8.ペーパーレス化について



○崎山委員長 

 佐世保市議会課題検討会から報告があった3件について、会派持ち帰りとなっていたので、各会派に意見を求めたい。



◆古家委員 

 社会民主党としては、いずれも結論が出ていない。



◆柴山委員 

 上程議案に係る質問も可能とすることについては、とりあえず3月定例会で行ってみてはどうかとの意見である。

 次に、タブレット端末の導入については、課題検討会を残し、その中で導入する方向で検討を進めるという意見である。

 本会議等への理事者出席のあり方については、課題検討会からの報告のとおりで結構である。



○崎山委員長 

 3項目ともに、課題検討会からの報告のとおり進めていくという意見ということか。



◆柴山委員 

 そうである。



◆萩原委員 

 一般質問(代表・個人)、質疑のあり方については、まだ自民党市民会議としての意見はまとまってはいない。

 次に、タブレット端末の導入については、導入することはいいが、搭載するソフトなどを慎重に検討する必要があるとの意見である。

 本会議等への理事者出席のあり方については、まだ話ができていないので、会派持ち帰りとさせていただきたい。



○崎山委員長 

 補足をする。

 基本的には課題検討会からの報告のとおり進めていくという意見で、詳細な中身は今後決めていくという意味である。



◆朝長委員 

 緑政クラブとしても、3項目とも課題検討会からの報告のとおり進めてよいという意見である。



◆橋之口委員 

 市政クラブとしても、3項目とも課題検討会からの報告に従いながら進めていくという意見である。

 一般質問(代表・個人)、質疑のあり方については、上程議案に係る質問も可能とすることを3月定例会から実施できるよう、議会運営員会の申し合わせ事項の確認を行うという意見である。報告書の中には、「検証を行った上で継続するかどうかを試行を交えて判断されたい」と記載してあったが、検証をいつするのかということが決まっていなかったので、その点も申し合わせ事項に明記し、議会運営委員会で決定してはどうかという意見である。

 そもそも、課題検討会のメンバーは、議会運営委員会を構成する会派からの議員である。最終的な確認は議会運営委員会だとは思うが、課題検討会の内容を常に会派で議論されていることだと思うので、いつまでも結論を延ばすのではなく、決定できることは決定していくようお願いする。



◆川内委員 

 公明党としては、3項目とも課題検討会からの報告にのっとって進めていくべきであるという結論である。



○崎山委員長 

 ただいま各会派からそれぞれ意見をいただいたところ、概ね、課題検討会からの報告のとおり進めていくというものであった。社会民主党においては、まだ結論が出ていないとのことであったが、委員の皆さんいかがか。



◆古家委員 

 社会民主党としては、細かい点まで決まってはいないが、課題検討会に当会派からもメンバーとして参加しているので、方向性としては、課題検討会からの報告のとおり進めていくというものである。



○崎山委員長 

 それでは、課題検討会からの報告のとおり進めることに決定する。

 また、一般質問の取り扱いに係る申し合わせ事項の修正のため、事務方と文言整理が必要になると思うが、その作業を議会運営委員会もしくは課題検討会のいずれかで行っていくことについて、何か意見はあるか。



◆久池井委員 

 課題検討委員会という組織があるので、そこで整理していいのではないか。議会運営委員会で行ったとしても、何度も会派持ち帰りとなると意味がないと思う。課題検討会で整え、その後議会運営委員会で承認すればいいのではないか。



◆橋之口委員 

 課題検討会はこれまで10回程度検討してきており、一定のところまでの報告をしている。先ほども言ったが、課題検討会のメンバーは、議会運営委員会を構成する会派からの議員である。そして、そもそも会派で議論をし尽くした上で、課題検討会において意見を言っているという前提である。その課題検討会としての報告を、議会運営委員会に対して行っているのだから、仮に、課題検討会を活用するというのであれば、その会からの報告に重きを置いていただきたい。何度も会を開催して導いた結論に対し、議会運営委員会では会派持ち帰りとなると、検討委員会のメンバーの1人として疑問が生じる。その点を整理していただきたい。



○崎山委員長 

 ただいまの意見はもっともである。

 皆さんはいかがか。課題検討会の座長をしている林副議長は、いかがか。



◆林副議長 

 課題検討会には、各会派からメンバーを出されているので、それぞれ会派内においてしっかり議論をしていただければ、課題検討会の意味も深まると思う。

 私としては、一般質問(代表・個人)、質疑のあり方については、申し合わせ事項の整理を事務局と行い、案を示せるようしたいと思う。

 次に、本会議等への理事者出席のあり方についてだが、議長への各機関からの代理出席届の様式の精査等について、これも事務局と調整を行い案を示したい。

 最後に、ペーパーレス化については、前回の議会運営委員会でも話があっていたように、若手を中心としてチームをつくり、早期に見積りの徴収など予算要求のために中身を検討したい。

 これらの詳細についての各会派からの意見は、今後課題検討会の議員を通じて示していただきたいと思う。



○崎山委員長 

 ただいまの意見のとおりでいいか。(「はい」の声あり)

 では、そのように進めることとし、議会運営委員会で最終的に決定することとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



9.佐世保市議会課題検討会について



○崎山委員長 

 佐世保市議会課題検討会について、市岡議長から、先般の議運で、平成29年度は議会役職人事の改選が予定されているが、課題検討会を改選後も引き続き存続してほしい旨の提案があっていた件を会派持ち帰りとしていたので、各会派に意見を求めたい。



◆古家委員 

 社会民主党としては、課題検討会を継続していいという意見である。



◆柴山委員 

 市民クラブとしては、メンバーの入れかわりがあるかもしれないが、会を残す方向でお願いしたい。



◆萩原委員 

 自民党市民会議としても、メンバーの入れかわりはやむを得ないが、会は続けていくという意見である。



◆朝長委員 

 以前、災害発生時の議会の行動マニュアル作成について検討する会を作って検討したように、今後も議会として検討する事項が出てくると思う。したがって、緑政クラブとしても、課題検討会を残すべきであるという意見である。



◆川内委員 

 公明党としても、残すという意見である。



◆橋之口委員 

 市政クラブとしても、議長の提案のとおり課題検討会を残すという意見である。



○崎山委員長 

 どの会派も、課題検討会を残すという意見であったが、議長から何か申し出はあるか。



◆市岡議長 

 現在、林副議長を座長として課題検討会が進められている。議会運営に関することを議会運営委員会が決定していくのは当然であるが、前段の整理ついては、引き続き課題検討会を存続して意見を出し合っていただきたい。



○崎山委員長 

 今の件は、申し合わせ事項に追加するのか。



◎宮崎議会事務局次長[議会運営課長] 

 先ほど、課題検討会の座長である林副議長が提案されたとおり、申し合わせをどうしていくのか、例えば、一般質問に係る取り扱いを変えると最終的に決定した時に申し合わせ事項の修正を行うのかといったことを、相談していきたい。



○崎山委員長 

 「課題検討会を残す」ということを申し合わせ事項に載せるのかを尋ねている。



◎宮崎議会事務局次長[議会運営課長] 

 決定された内容については、申し合わせ事項に記載していきたい。



○崎山委員長 

 それでは、平成29年度は議会役職人事の改選を予定しているが、メンバーの変更は想定されるものの、課題検討会は改選後も引き続き存続させることに決定するものとしてよいか。(「はい」の声あり)

 では、そのように決定する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



10.その他



○崎山委員長 

 本日予定されていた協議事項は終了したが、ほかに何かあるか。



◆市岡議長 

 1点了解をいただきたい事案がある。

 現在、国は予算編成の過渡期に入っているため、財務省に対し行政と議会で面談を行うよう調整している。相手方とのスケジュール調整が確定すれば、本会議中ではあるが、休会日である明日12月6日の午前中に要望活動を行いたい。

 まだ調整が終わっていない段階で了解をいただくのは申し訳ないが、仮に調整が整った場合、議会運営委員会での了解をいただく場面がないため、この場で話をさせていただいたものである。よろしくお願いする。



○崎山委員長 

 ただいまの件に対し、質問等はあるか。

 ないようなので、本件を了解することとする。

 ほかになければ、本日の議会運営委員会を終了する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            (15:24閉議)