議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 長崎市

長崎市:平成18年文教経済委員会 本文




2006.09.15 : 長崎市:平成18年文教経済委員会 本文


          =開会 午前10時0分=
森 幸雄委員長 出席委員は半数以上であります。ただいまから文教経済委員会を開会いたします。
 本日は、「道の駅夕陽が丘そとめについて」の調査を行います。
 お手元に本日のタイムスケジュール及び追加資料を配付しております。
 追加資料について、理事者の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

池田地産地消推進課長 説明資料1ページの「道の駅夕陽が丘そとめの概要」につきまして、簡単にご説明させていただきます。
 道の駅につきましては、全国で現在845駅を超えまして、九州で97駅、長崎県内で8駅となっております。この「夕陽が丘そとめ」は県内で6番目の登録になっています。
 ご承知のように、この道の駅は本年の4月1日に供用開始した施設でございまして、指定管理者制度を適用し、長崎西彼農業協同組合が指定管理者となっております。
 指定管理者の主な業務といたしましては、物産販売所やレストランの運営業務、外海地区の観光情報などを提供する業務及び施設の維持管理となっております。
 指定管理料は、平成18年度で1,922万7,000円となっております。
 次に、施設の概要でございますが、この施設は、城の浦地域総合整備事業により平成13年度から事業着手いたしまして、5カ年計画で整備したものでございます。本市の総事業費は約4億円となっており、産炭基金を活用いたしております。
 施設の配置図につきましては、資料の3ページの図面をご参照いただきたいと思います。
 向かって右側、ブルーの部分が県の整備区域でございます。上の方に休憩所がございます。24時間、年中無休で利用できる施設になっております。駐車場は大型バスが3台、身体障害者用2台を含め合計23台でございます。
 それから、左側のグリーンの分でございますが、これは市が整備した区域であり、赤線で囲った部分が物産館でございます。館内は物産販売所、レストラン、事務室などが入っております。
 この物産館は、鉄筋コンクリート造、一部2階建て、建築面積が約340平方メートルでございまして、外海地区で生産された農水産物や「ド・ロ様そうめん」「かんころ餅」などの地域特産の加工品を販売する物産販売所がございます。これは面積が130平方メートルとなっております。その地域の食材を使った家庭料理をバイキング形式で提供するレストランが88平米、客席数34席となっております。駐車場につきましては、隣の遠藤周作文学館の下に第2駐車場もございまして、計53台分となっておりまして、全体では76台となっております。
 次に、道の駅の売り上げの実績につきましては、資料2ページをご参照いただきたいと思いますが、4月から8月まで5カ月分の実績を記載いたしております。
 物産販売所におきましては、来客数が9万1,986人、売上額は約9,500万円、1回当たりの購入金額は大体1,034円となっております。レストランにつきましては、来客数1万9,543人、売上額は1,950万円となっております。合計で来客数11万1,529人、売上額は1億1,460万円となっておりまして、若干6月、特に7月が落ちておりますが、これは4月のオープン効果が一定落ちついたということと、特に台風接近、天候が例年より不順だったということが影響いたしております。8月を見ていただきますとおり、現在は回復傾向が見られます。
 当初の計画では、年間で来客数、物産、レストラン合わせまして15万人、売上額を約1億円と見込んでおりましたので、予想を大きく上回る実績となっております。
 最後に、近隣施設への相乗効果でありますが、この表に、ごらんのとおり各施設におきまして入館数、売上額とも増加現象が見られ、道の駅効果が出ているものと考えております。我々としても順調な滑り出しができたものと考えておりますが、今後におきましても外海独特の資源を生かしまして、地域活性化の拠点施設として、しっかり運営してまいりたいというふうに考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

森 幸雄委員長 ただいまの説明に対しまして何かご質問等ございませんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

井原東洋一委員 その好調な売り上げによって、委託料に変更は将来的には出てくるんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

池田地産地消推進課長 基本協定の中の第33条で、客観的に見た場合、利益がかなり過大であると認められるときは、その指定管理者と協議をいたしまして、適切な対応を図るものといたしております。今後の協議になろうかと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

森 幸雄委員長 ほかにありませんか。
 なければ質疑を終わりますが、農林部より皆さんにお知らせがあります。

-------------------------------------------------------------------------------

池田地産地消推進課長 あしたの16日、17日に開催を予定しておりました、「ながさき出島ワーフ新鮮市」、台風の接近に伴いまして荒天が予想されますので、中止ということにさせていただきます。
 それから、17日に外海地区で「かかしコンテスト」、あるいは「フォトコンテスト」を予定しておりました。これは延期とさせていただきたいと思いますので、御報告だけさせていただきます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

森 幸雄委員長 それでは、現地に向かいますので、マイクロバスに移動してください。

〔夕陽が丘そとめの現地調査を行った。〕


-------------------------------------------------------------------------------

森 幸雄委員長 以上で、本委員会の審査はすべて終了いたしました。
 これをもちまして、文教経済委員会を閉会いたします。
          =閉会 午後0時40分=


 上記のとおり委員会会議録を調製し署名する。

 平成18年11月16日
 文教経済委員長    森  幸雄