議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 長崎県

平成11年  9月 定例会(第3回) 09月14日−目次




平成11年  9月 定例会(第3回) − 09月14日−目次









平成11年  9月 定例会(第3回)



   平成十一年第三回定例会会期日程表(結果)



月日

内容等
備考


九月一四日

本会議(開会、会期決定、議案上程、知事説明)
 


一五日

   [敬老の日]
 


一六日

   (議案調査)
 


一七日

   (議案調査)
質問通告締切


一八日

 
 


一九日

 
 


二〇日

   (議案調査)
請願受付締切


二一日

本会議(一般質問)
 


二二日

本会議(一般質問)
 


二三日

   [秋分の日]
 


二四日

本会議(一般質問、議案・請願委員会付託)
陳情受付締切


二五日

 
 


二六日

 
 


九月二七日

   (議案調査)
 


ニ八日

常任委員会(文教委員会、経済労働委員会、農林水産委員会)
 


二九日

常任委員会(経済労働委員会)
 


三〇日

常任委員会(総務委員会、厚生委員会、土木委員会)
 


一〇月一日

常任委員会(総務委員会、厚生委員会)
会派提出決議案等締切


二日

 
 


三日

 
 


四日

議会運営委員会
 


五日

   (議案整理)
 


六日

本会議(追加議案上程、知事説明、採決、委員長審査結果報告、質疑・討論、採決、意見書等上程、質疑・討論、採決、閉会)
 





                    会期二三日間







平成十一年長崎県議会第三回定例会会議録目次

第一日(九月十四日)本会議

 一、議事日程…………………………………………………………………………………1

 一、出席議員…………………………………………………………………………………2

 一、説明のため出席した者…………………………………………………………………5

 一、開会………………………………………………………………………………………8

 一、新任の公安委員会委員、人事委員会委員及び幹部職員の紹介……………………8

 一、警察本部の新任の幹部職員紹介………………………………………………………9

 一、会期決定…………………………………………………………………………………9

 一、会議録署名議員指名……………………………………………………………………9

 一、議長報告…………………………………………………………………………………9

 一、議案一括上程…………………………………………………………………………10

 一、知事議案説明…………………………………………………………………………10

 一、散会……………………………………………………………………………………27

第二日(九月十五日)休会

第三日(九月十六日)休会

第四日(九月十七日)休会

第五日(九月十八日)休会

第六日(九月十九日)休会

第七日(九月二十日)休会

第八日(九月二十一日)本会議

 一、議事日程………………………………………………………………………………29

 一、出席議員………………………………………………………………………………30

 一、説明のため出席した者………………………………………………………………33

 一、開議……………………………………………………………………………………36

◯県政一般に対する質問

 一、池原 泉議員質問……………………………………………………………………36

  ・新長期構想について…………………………………………………………………36

   (今後、県政を運営するにあたって、どのような観点、どのような視点から取り組んでいこうとしているのか)………………………………………………………………38

  ・長期構想の内容………………………………………………………………………38

   (新しい長期構想の策定にあたって、どのような内容を盛り込もうとしているのか)………………………………………………………………………………………………38

  ・意見交換会の開催時期等……………………………………………………………38

   (構想策定にあたって、より多くの県民の参画を得るために、意見交換会の開催や、策定途中における構想案の公開が必要ではないか)…………………………………38

  ・雇用対策及び中小企業対策について………………………………………………39

  ・雇用情勢………………………………………………………………………………39

   (本県の雇用情勢について、失業者の実態も含めて)…………………………40

  ・国の「緊急雇用対策」についての県の対応………………………………………40

   (「緊急地域雇用特別交付金制度」を初めとする、国の「緊急雇用対策」に対する県の対応について))………………………………………………………………………40

  ・本県の雇用創出に向けた取り組みについて………………………………………40

   (厳しい雇用情勢を打開するための中長期的な県の雇用創出のための施策について)………………………………………………………………………………………………40

  ・制度資金対策…………………………………………………………………………40

   (年末にかけて「サポート資金」や「特別保証制度」の元金返済の時期にくることから、現在までの返済状況と、今後元金の返済か困難な企業に対する県の対応)…40

  ・少子化対策について…………………………………………………………………40

  ・少子化対策臨時特例交付金事業の取り組み………………………………………40

   (少子化対策臨時特例交付金の目的及び県下に交付される総額はどの程度か)………………………………………………………………………………………………………41

   (単年度の措置と聞いているが、市町村ではどのような事業に取り組んでいるのか。また、使い切ることができない場合はどうなるのか。一方、県での取り組みはどうなっているのか)…………………………………………………………………………………41

  ・乳幼児福祉医療費の充実……………………………………………………………42

   (乳幼児福祉医療費の対象年齢児の拡大について、今後どのように考えるのか)……………………………………………………………………………………………………43

  ・介護保険制度施行対策の現状と今後の取り組みについて………………………43

   (公平・公正かつ迅速な認定事務は確保できているのか、その準備状況について)…………………………………………………………………………………………………45

   (市町村間で大きな格差のない保険料設定について、県はどのように指導されるのか)……………………………………………………………………………………………45

  ・諌早湾干拓事業について……………………………………………………………45

   (議会開会日に平成十二年度での事業完了は困難との見解を示したことについて、今後具体的に農地が造成されるまでに、どれくらいの期間と事業費を要するのか、その見通しについてどうか)………………………………………………………………………46

   (七月二十三日の諌早市を中心とする豪雨での本事業による防災効果は具体的にどうであるか)…………………………………………………………………………………46

   (諌早湾干拓事業では具体的にどのような農業を展開させていこうとしているのか、「営農構想検討委員会」での現在の検討状況について)……………………………47

  ・池島炭鉱の存続について……………………………………………………………47

   (県としての今後の取り組む姿勢は)……………………………………………48

 一、議長発言(残時間表示器について)………………………………………………48

    知事答弁……………………………………………………………………………49

    商工労働部長答弁…………………………………………………………………55

    福祉保健部長答弁…………………………………………………………………58

   池原 泉議員質問……………………………………………………………………60

  ・少子・高齢化対策……………………………………………………………………60

    知事答弁……………………………………………………………………………61

   池原 泉議員質問……………………………………………………………………61

  ・少子化対策……………………………………………………………………………61

    福祉保健部長答弁…………………………………………………………………62

   池原 泉議員質問……………………………………………………………………63

  ・諌早湾干拓事業(付加価値の高い営農団地)……………………………………63

    知事答弁……………………………………………………………………………65

   池原 泉議員発言……………………………………………………………………65

 一、八江利春議員〔関連質問〕…………………………………………………………66

  ・諌早湾干拓事業(工期延長の問題、内部堤防の完成の問題、営農計画)……66

    農林部長答弁………………………………………………………………………68

 一、平山源司議員質問……………………………………………………………………69

  ・五島架橋の整備促進…………………………………………………………………69

   (離島や半島、辺地の人に夢を与えることについて、どう考えるのか)……70

  ・離島農業の振興策について…………………………………………………………72

  ・特定地域畑作振興緊急対策事業の復活……………………………………………73

   (五島の畑作振興を図るため、平成十年度で終了した特定地域畑作振興緊急対策事業を復活して、さらに継続を)……………………………………………………………73

  ・畜産振興について……………………………………………………………………74

   (五島で視察した低コスト牛舎の感想を)………………………………………75

   (今後とも低コスト肉用牛舎整備を実施すべきではないか。また、十頭〜二十頭規模の中規模牛舎整備に対しても支援をすべきではないか)……………………………76

  ・全国和牛共進会の誘致について……………………………………………………76

   (本県の肉用牛振興に弾みをつけるため「第九回全国和牛能力共進会」を長崎県に誘致すべきではないか)……………………………………………………………………76

  ・市道本山一二号線(ジェットコースター道路)の県道昇格と改良について…77

   (市道本山二一号線を県道に昇格して改良を行っていく考えはないか)……79

  ・福江・長崎航路への高速船の参入について………………………………………79

   (五島高速株式会社か福江〜長崎間に新規参入する動きかあるか、県に対し航路実現に向けての要請あるいは陳情等があっているか)……………………………………80

   (当該航路の開設について、事業認可の見通しはあるか)……………………80

    知事答弁……………………………………………………………………………80

    農林部長答弁………………………………………………………………………86

    上木部長答弁………………………………………………………………………87

    企画部長答弁………………………………………………………………………88

   平山源司議員質問……………………………………………………………………90

  ・県営担い手育成畑地帯総合整備事業について……………………………………90

   (福江地域における県営担い手育成畑地帯総合整備事業の内容、進捗状況、見通しは)……………………………………………………………………………………………91

    農林部長答弁………………………………………………………………………91

    平山源司議員発言…………………………………………………………………92

  ・畑総事業………………………………………………………………………………92

  ・全国和牛共進会………………………………………………………………………95

  ・五島架橋の整備促進…………………………………………………………………96

 一、橋本希俊議員〔関連質問〕…………………………………………………………98

  ・五島架橋の整備促進…………………………………………………………………98

    企画部長答弁………………………………………………………………………99

 一、杉 徹也議員〔関連質問〕………………………………………………………100

  ・海上運送法の一部改正(長崎・離島間)………………………………………100

    企画部長答弁……………………………………………………………………101

   杉 徹也議員質問…………………………………………………………………101

    企画部長答弁……………………………………………………………………102

 一、休憩…………………………………………………………………………………102

 一、再開…………………………………………………………………………………102

 一、大石 保議員質問…………………………………………………………………102

  ・市町村合併の促進策について……………………………………………………102

   (市町村合併検討モデル案はどのようにして策定するのか、また、それはどのようなものになるのか)………………………………………………………………………104

   (合併検討モデル案を策定後、県はどのように合併の促進を図っていくのか)……………………………………………………………………………………………………104

  ・観光行政推進について……………………………………………………………104

   (「異国情緒」など県の主要な観光イメージか、次第に失われつつあるという指摘があるか、このような現状について、どのように認識され、またどのような対策を考えておられるのか)……………………………………………………………………………105

   (宿泊観光客の増加のための対策について)…………………………………105

   (二十一世紀に向けた観光政策として、高齢化など新たな社会情勢の変化に対応した観光地づくりの具体的な取り組みについて)………………………………………106

   (新たな社会情勢に対応し、具体的にどのような取り組みをされるか)…106

  ・男女共同参画社会の形成について………………………………………………106

   (男女共同参画社会の形成に向け、どのような政策を考えているか)……107

   (女性の人材育成について)……………………………………………………107

   (県の審議会等への女性委員の登用について)………………………………107

  ・沿岸漁業振興について……………………………………………………………107

  ・水産試験場の研究開発……………………………………………………………108

   (これまでの成果を踏まえ、今後の水産試験場の研究開発の展望について)………………………………………………………………………………………………………109

  ・漁場づくり…………………………………………………………………………109

   (魚礁投入による漁場整備の促進について、どのような見解をもつか)…109

  ・赤潮の被害防止対策………………………………………………………………109

   (赤潮被害防止策について、どのように考えているか)……………………109

  ・品質、環境ISOの県の取り組みについて……………………………………110

  ・県内企業のIOS規格の認証取得促進…………………………………………110

   (全国及び本県におけるISO規格の認証取得状況はどのようになっているのか。また、県としてどのように取り組んでいるのか)……………………………………111

   (県内企業の認証取得に対する土木部の考え方)……………………………111

  ・教育問題……………………………………………………………………………111

  ・学級崩壊の現状とその対策………………………………………………………111

   (学級崩壊について、どう考えているか)……………………………………112

   (本県の現状について)…………………………………………………………112

   (報道で伝えられるような状況にならないために、どのような対策を考えているか)……………………………………………………………………………………………112

  ・読書教育の充実……………………………………………………………………112

   (読書の教育的意義をどのように考えているか)……………………………113

   (読書離れを防ぎ、読書教育の充実のための取り組みについて)…………113

  ・少年サポートセンターの活動について…………………………………………113

   (警察本部に設置されている「少年サポートセンター」の活動実績等について)…………………………………………………………………………………………………114

    知事答弁…………………………………………………………………………114

    水産部長答弁……………………………………………………………………118

    商工労働部長答弁………………………………………………………………121

    土木部長答弁……………………………………………………………………122

    教育長答弁………………………………………………………………………123

    警察本部長答弁…………………………………………………………………126

   大石 保議員質問…………………………………………………………………127

  ・市町村合併について………………………………………………………………127

    知事答弁…………………………………………………………………………127

   大石 保議員質問…………………………………………………………………128

  ・市町村合併(壱岐四町の合併協議会設置請求の住民発議の件)……………128

    知事答弁…………………………………………………………………………128

   大石 保議員質問…………………………………………………………………129

  ・男女共同参画社会の形成(審議会の女性委員の登用)………………………130

    知事答弁…………………………………………………………………………131

   大石 保議員質問…………………………………………………………………131

  ・IOS規格適合の認証取得………………………………………………………132

    土木部長答弁……………………………………………………………………133

 一、野本三雄識員〔関連質問〕………………………………………………………133

  ・大型観光キャンペーン事業………………………………………………………133

  ・コンベンション開催補助制度……………………………………………………134

    商工労働部長答弁………………………………………………………………135

 一、平田賢次郎議員〔関連質問〕……………………………………………………136

  ・市町村合併(交付税に絞って)…………………………………………………136

    総務部長答弁……………………………………………………………………138

 一、西川忠彦議員質問…………………………………………………………………139

  ・交通渋滞に伴う高架道路の建設及び交差点の立体化について………………139

   (全体的な高架道路の建設についての考え方はどうか)……………………143

   (交差点の立体化についての考え方はどうか)………………………………143

  ・浦上川線南々伸の開通時における一部交差点の渋滞解消策について………143

   (都市計画道路浦上川線(南々伸)の開通時における、大波止交差点付近の交通渋滞解消策について)………………………………………………………………………144

   (出島バイパスの開通による市民病院前付近の交通渋滞解消策について)…………………………………………………………………………………………………………144

  ・地域高規格道路「西彼杵道路」について………………………………………144

   (全体計画は、一般道路か、有料道路か)……………………………………145

   (長崎側からも着工して、早期完成を図る考えはないのか)………………145

  ・被爆地域の拡大是正について……………………………………………………145

   (合理的・科学的根拠の一つの方策として長崎市か行っているこの調査について、県はどのように受け止め、どのように活用しようと考えておられるのか)………147

   (県は六町に対して、同様の調査をするよう働きかける考えはないか)…147

  ・痴呆電話相談窓口の設置について………………………………………………148

   (痴呆を抱えた家族は、直接相談するには恥ずかしいと思う気持ちがある。そこで「痴呆電話相談」が有効と考えるが、県にその窓口を設置する考えはないか)…150

    知事答弁…………………………………………………………………………150

    土木部長答弁……………………………………………………………………153

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………154

   西川忠彦議員質問…………………………………………………………………155

  ・高架道路の建設についてプロジェクトチームをつくり研究してほしいと要請していたか…………………………………………………………………………………………156

    土木部長答弁……………………………………………………………………157

    知事答弁…………………………………………………………………………157

   西川忠彦議員発言…………………………………………………………………159

  ・道路問題(交差点の立体化)……………………………………………………159

  ・彼爆地域の拡大の問題(最後のお願いを)……………………………………164

  ・痴呆電話相談窓口(同じような経験を持つ者による相談窓口が、心のやすらぎ的なものを求める人達にとって必要と考えるがどうか)…………………………………166

 一、浅田五郎議員〔関連質問〕………………………………………………………168

  ・被爆地域の拡大について…………………………………………………………168

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………169

   浅田五郎議員発言…………………………………………………………………170

 一、散会…………………………………………………………………………………170

第九日(九月二十二日)本会議

 一、議事日程……………………………………………………………………………171

 一、出席議員……………………………………………………………………………172

 一、欠席議員……………………………………………………………………………175

 一、説明のため出席した者……………………………………………………………175

 一、開議…………………………………………………………………………………178

◯県政一般に対する質問

 一、杉 徹也議員質問…………………………………………………………………178

  ・県財政と行政改革…………………………………………………………………178

  ・新行政システム推進推進基本計画について……………………………………178

   (離島特別昇給制度の見直しにかかる年関節減額の七億円は実質何年度から確保されるか)……………………………………………………………………………………179

   (平成十三年度からの行政システム推進計画)………………………………179

  ・少子・高齢化対策…………………………………………………………………179

  ・チャイルドシート着用義務化と支援策について………………………………179

   (少子化対策臨時特例交付金を活用して、チャイルドシート義務化に伴う助成事業を全県下自治体で実施するよう指導していただけないか)…………………………179

  ・介護保険法の円滑な実施について………………………………………………179

   (来年四月の実施を前にして、国への要望を含め、県としての取り組み)…………………………………………………………………………………………………………180

  ・中小企業融資対策について………………………………………………………180

   (県の「中小企業緊急サポート資金」や国の貸し渋り対策としての「中小企業金融安定化特別保証制度」及び政府系金融機関による融資により、企業倒産等か減少しているが、これらの実績状況と今後の対策と姿勢)…………………………………………180

  ・長崎県観光立県と活性化…………………………………………………………180

  ・日蘭交流四〇〇周年記念事業について…………………………………………181

   (事業の成功のためには、集客目標二百四十万人の達成と積極的な財源の裏打ちか不可欠である。事業財源の内容を)……………………………………………………181

  ・長崎バイパス料金の値下げと解消について……………………………………181

   (長崎バイパスを県に引き取り、値下げをすべき)…………………………182

  ・交通環境対策………………………………………………………………………182

  ・斜面市街地再生事業について……………………………………………………182

   (斜面市街地の整備促進を図るため、新制度立法化に向けた全国会議開催を提案したいが、県の考えは)……………………………………………………………………183

  ・離島・本土間の航路と指定区間の指定について………………………………183

   (指定区間の指定は、離島住民並びに利用者にとって利益増大になるのか)………………………………………………………………………………………………………183

   (指定区間の指定がされた場合にあって、新規航路の参入は可能か)……183

  ・主要地方道野母崎宿線について…………………………………………………183

   (野母崎宿線の道路改良事業の進捗状況と完成見込みについて、特に、宮摺のトンネル計画も含めて)………………………………………………………………………183

   (茂木までの道路改良か、新しい道路建設計画は考えられないか)………183

  ・ミニバス運行について……………………………………………………………184

   (矢の平地区におけるミニバス運行の見通し)………………………………184

  ・バス路線の新設について…………………………………………………………184

   (式見の大見崎と畝刈(三重地区)間のバス路線新設に係る検討状況)…184

  ・県営バス運営について……………………………………………………………184

   (競争入札に付することによって、バス購入費の節減を図るべきと提言する)……………………………………………………………………………………………………184

  ・高架道路建設と渋滞解消…………………………………………………………185

   (高架道路の建設で渋滞解消はどうか)………………………………………185

  ・センターポール事業について……………………………………………………185

   (軌遠敷内に中央分離帯が新しく設置されていることはいかなる理由によるものか)……………………………………………………………………………………………185

  ・乳幼児福祉医療費の充実について………………………………………………186

   (公明党長崎県本部も去る七月二十二日にこの件に関しては緊急申し入れを行っている。特に乳幼児福祉医療費の三歳児までの無料化については、その後どのように進展しているのか)………………………………………………………………………………186

  ・県立高等学校生徒の自殺について………………………………………………186

   (平成七年の県立高等学校生徒の自殺から四年が経過したか、今なお解決への前進か見られない。解決方法について教育長の考えは)…………………………………187

    知事答弁…………………………………………………………………………188

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………193

    商工労働部長答弁………………………………………………………………194

    企画部長答弁……………………………………………………………………195

    土木部長答弁……………………………………………………………………198

    教育長答弁………………………………………………………………………199

   杉 徹也議員質問…………………………………………………………………200

  ・新行政システムについて(現在まで離島勤務か終了した者についてはどうなるのか。これから離島勤務になる者は返還するとなれば、矛盾があるがどうか)………200

    総務部長答弁……………………………………………………………………201

   杉 徹也議員質問…………………………………………………………………201

    総務部長答弁……………………………………………………………………202

   杉 徹也議員質問…………………………………………………………………202

  ・日蘭交流四〇〇周年記念事業について…………………………………………202

   (記念事業が本県観光の起爆剤になりうるのであれば、旅博覧会の清算剰余金約三徳七千万円か基金として運用されていると聞いているが、これを取り崩し、日蘭事業に活用する考えはないのか)…………………………………………………………………202

    企画部長答弁……………………………………………………………………203

   杉 徹也議員質問…………………………………………………………………204

  ・長崎バイパスの問題………………………………………………………………204

    知事答弁…………………………………………………………………………205

   杉 徹也議員質問…………………………………………………………………206

  ・斜面都市の件………………………………………………………………………206

    知事答弁…………………………………………………………………………207

   杉 徹也議員質問…………………………………………………………………207

  ・平成七年の県立高等学校生徒の自殺から四年か経過したか、今なお解決への前進が見られない。解決方法について教育長の考えは………………………………………207

    教育長答弁………………………………………………………………………207

 一、織田 長議員〔関連質問〕………………………………………………………208

  ・乳幼児福祉医療費の充実…………………………………………………………208

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………209

   織田 長議員質問…………………………………………………………………209

    知事答弁…………………………………………………………………………210

   織田 長議員発言…………………………………………………………………211

  ・長崎バイパス低料金化……………………………………………………………211

 一、松尾忠幸議員〔関連質問〕………………………………………………………211

  ・ミニバス運行について(丸善団地)……………………………………………211

    交通局長答弁……………………………………………………………………212

   松尾忠幸議員質問…………………………………………………………………212

    企画部長答弁……………………………………………………………………213

   松尾忠幸議員発言…………………………………………………………………213

 一、馬込 彰議員質問…………………………………………………………………214

  ・離島振興対策について……………………………………………………………214

   (しまの振興に対する基本的姿勢・認識について)…………………………216

  ・産業の活性化対策について………………………………………………………217

   (本県産業の活性化策について、県の具体的な取り組みは)………………219

  ・中山間地域等における直接支払制度について…………………………………219

   (今回、国が示した制度において、県が強く要望してきた五法外の地域等についてどのように反映されているのか、また、本制度に取り組むことにより、本県の中山間地域等の農業や農村にどのような効果が期待されるのか)………………………………220

  ・新日中漁業協定について…………………………………………………………221

   (新日中漁業協定の交渉の現状と今後の対応)………………………………222

  ・介護保険について…………………………………………………………………222

   (苦情処理について、介護保険審査会が受けるようになっているか、もっと身近な市町村の窓口で受けられるよ.うにならないのか)…………………………………226

   (介護保険料徴収問題についてどのような考えを待っているのか)………226

   (ケアマネージャーやホームヘルパーの人材確保の見通し)………………226

    知事答弁…………………………………………………………………………226

    商工労働部長答弁………………………………………………………………229

    水産部長答弁……………………………………………………………………230

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………231

   馬込 彰議員質問…………………………………………………………………232

  ・中山間地域等における直接支払制度について…………………………………232

  ・新日中漁業協定について…………………………………………………………233

    知事答弁…………………………………………………………………………234

   馬込 彰議員質問…………………………………………………………………236

  ・離島振興対策(交通政策について、国にもっと負担させるなどして地元に余り負担させないようにしてほしい)……………………………………………………………236

    企画部長答弁……………………………………………………………………239

   馬込 彰議員質問…………………………………………………………………240

  ・産業の活性化対策(新企業創出事業)…………………………………………241

    商工労働部長答弁………………………………………………………………241

   馬込 彰議員質問…………………………………………………………………242

  ・介護保険について…………………………………………………………………242

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………243

   馬込 彰議員質問…………………………………………………………………243

  ・介護保険料の徴収率を高めるため、どのように市町村を指導していくのか…………………………………………………………………………………………………………243

    総務部長答弁……………………………………………………………………244

 一、村山一正識員〔関連質問〕………………………………………………………245

  ・中山間地域等における直接支払制度について…………………………………245

    農林部長答弁……………………………………………………………………247

 一、末永美喜議員〔関連質問〕………………………………………………………247

  ・離島振興対策(離島の高校の充実を、漁港区域に養殖場を、長期構想の中に離島の委員か少ないのでは)……………………………………………………………………247

    知事答弁…………………………………………………………………………249

 一、休憩…………………………………………………………………………………250

 一、田中愛国識員質問…………………………………………………………………250

  ・佐世保市の懸案事項について……………………………………………………250

  ・基地対策について…………………………………………………………………250

   (前畑弾薬庫の移転先の決定と地元へのお願いは、国の責任においてなされると思うが、県への対応はどうなるのか)……………………………………………………251

   (佐世保港のすみ分けについて、防衛庁長官から来年度の調査費を予算化したい旨の発言があったが、県の見解は)………………………………………………………251

   (すみ分けに向けての今後の取り組みはどうなるのか。また、事業費財源についてはどうなるのか)…………………………………………………………………………252

  ・石木ダムについて…………………………………………………………………252

   (現状の進捗状況について)……………………………………………………252

   (石木ダムの年次計画と平成二十年の供用開始の実現性について)………252

   (下の原ダムの嵩上げについての水利権の認可と水道事業の変更認可の整合性について、また、下の原ダム嵩上げの年次計画と実現性について)……………………252

  ・県立大学について…………………………………………………………………252

   (県立長崎シーボルト大学の開学までに要した経費、今後の所要経費及び平成十四年度までの収支状況)……………………………………………………………………252

   (長崎県立大学の総合大学化構想)……………………………………………253

  ・道路交通網について………………………………………………………………253

   (西九州自動車道の干尽町−矢岳町間の進捗状況はどうか)………………253

   (平面街路平瀬町干尽町線の潮見踏切方面への右折車線の延長)…………253

   (平瀬橋手前の右折帯の改良、信号の延長等について)……………………253

   (西九州自動車道路と平面街路は、平面街路事業を先行してやることはできないのか)…………………………………………………………………………………………254

   (針尾バイパスは最終的にはどうずるのか)…………………………………254

   (東彼杵高規格道路の一日も早い計画路線への格上げと、事業の進展を図るべきと思うがどうか)……………………………………………………………………………254

  ・佐世保市東南部、早岐及び周辺地域について…………………………………254

  ・早岐駅について……………………………………………………………………254

   (JR早岐駅の動向、将来計画)………………………………………………255

  ・再生計画について…………………………………………………………………255

   (早岐地区の再生計画を見直し、土地区画整理事業での対応は可能なのか)………………………………………………………………………………………………………255

  ・早岐瀬戸水道について……………………………………………………………256

   (早岐瀬戸水道を浚渫し、大村湾の浄化に寄与できないか)………………256

   (観棚橋より八ウステンボス架橋間における、歩道としても活用できる護岸の新設について)…………………………………………………………………………………256

   (観棚橋付近の水路を拡幅してはどうか)……………………………………256

  ・架橋建設について…………………………………………………………………256

   (早岐瀬戸の架橋建設について)………………………………………………257

   (観棚橋を四車線の拡幅及び二、三メートル程度上げることかできないか)………………………………………………………………………………………………………257

  ・観光行政について…………………………………………………………………258

  ・日蘭交流四〇〇周年記念事業……………………………………………………258

   (日蘭交流四〇〇周年記念事業の概要、予算規模について)………………258

   (長崎県としての訪問使節団の計画はないのか、また、県下の市町村単位の姉妹都市構想はないのか。是非、実現させてほしい)………………………………………258

   (わか国では、長崎県の事業が最大と聞いているし、今後の八ウステンボス観光との関連もあり、頑張ってほしいと思うがどうか)……………………………………258

  ・八ウステンボスについて…………………………………………………………258

   (県として、長崎観光における八ウステンボスの位置付けをどう認識しているか)………………………………………………………………………………………………259

   (八ウステンボス所有の空き地の有効利用として県立都市公園を設置したらどうか)……………………………………………………………………………………………259

    知事答弁…………………………………………………………………………259

    土木部長答弁……………………………………………………………………265

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………272

    総務部長答弁……………………………………………………………………272

   田中愛国議員質問…………………………………………………………………273

  ・基地対策(前畑弾薬庫の移転返還と佐世保港のすみ分け)…………………273

  ・石木ダムについて(ダム背後地の森を水源の森的な構想で買い取って整備することはできないのか。平成十七年目標の下の原ダムのかさ上げは)……………………274

  ・県立大学について(将来構想の概要の件、シーボルト大学の収支予測)…275

  ・道路交通網について(平面街路事業、針尾バイパス、東彼杵道路)………276

    総務部長答弁……………………………………………………………………277

   田中愛国議員質問…………………………………………………………………278

  ・県立大学の収支状況………………………………………………………………278

    総務部長答弁……………………………………………………………………280

   田中愛国議員質問…………………………………………………………………280

    知事答弁…………………………………………………………………………281

 一、松尾 等議員質問…………………………………………………………………283

  ・県長期構想等について……………………………………………………………284

  ・現行長期構想の実施状況と課題…………………………………………………284

   (新しい長期構想の策定にあたっては、現行長期構想の検証か必要と考えるが、これまでの事業の実施状況と今後の課題は何か)………………………………………284

  ・新長期構想の視点と進捗状況……………………………………………………285

   (新しい長期構想は、どのような特色を持たせようとしているのか)……285

   (どの程度の進捗状況なのか)…………………………………………………285

   (中期計画はどうするのか)……………………………………………………285

  ・諏訪の森構想について……………………………………………………………285

   (諏訪の森構想について、長崎奉行所の復元は、魅力ある観光拠点になりうるのか、今後どう進めようとしておられるのか)……………………………………………285

  ・高度情報化社会に向けた取り組み………………………………………………285

  ・地域情報化構想の具体化について………………………………………………286

   (県は、構想の具体化に向けて、今後どのような取り組みをしようとしているのか)……………………………………………………………………………………………286

  ・県民生活向上、産業活性化のための取り組み…………………………………286

   (しま、過疎地を含め、県民全体の生活向上のための取り組みについて)…………………………………………………………………………………………………………287

   (今後の人材育成や情報関連産業の育成などについて、どのように取り組んでいこうとしているのか)………………………………………………………………………287

  ・西暦二〇〇〇年問題について……………………………………………………287

   (庁内の機器整備、チェックの状況について)………………………………287

   (関係団体との連絡調整について)……………………………………………287

   (一月一日の県の具体的な対応について)……………………………………287

  ・人権教育のための国連十年、長崎県行動計画の展開…………………………287

   (他県では、人権対策の窓口を一本化しているところがあるが、本県の推進体制はどのようにするのか)……………………………………………………………………289

   (今後の進行管理はどうなっているのか)……………………………………289

   (推進にあたっての財源はどうなっているのか)……………………………290

  ・原爆被爆者行政……………………………………………………………………290

   (来年四月からの介護保険制度の実施を控え、高齢化・少数化する被爆者に対する援護について、県としては今後どのように取り組もうとしておられるのか)……291

  ・被爆地域の拡大・是正について…………………………………………………291

   (現在、長崎市においては被爆地域指定の拡大・是正の実現のため、証言調査を実施しているが、県はどのようにして拡大・是正を実現していくのか)……………292

  ・県有地の管理並びに運用について…292

   (県の所有する未利用地の適正な処分や有効活用を積極的に検討すべき)…………………………………………………………………………………………………………292

   (非営利組織・団体に対して、安い使用料で貸し付けることはできないのか)……………………………………………………………………………………………………292

    知事答弁…………………………………………………………………………293

    企画部長答弁……………………………………………………………………298

    商工労働部長答弁………………………………………………………………300

    総務部長答弁……………………………………………………………………301

   松尾 等議員質問…………………………………………………………………303

 ・被爆地域の是正・拡大について……………………………………………………303

    知事答弁…………………………………………………………………………305

   松尾 等議員質問…………………………………………………………………306

  ・長期構想……………………………………………………………………………306

  ・高度情報化社会の問題……………………………………………………………307

  ・西暦二〇〇〇年問題………………………………………………………………308

  ・被爆者行政の問題…………………………………………………………………309

    知事答弁…………………………………………………………………………309

 一、大川美津男議員〔関連質問〕……………………………………………………310

  ・廃道敷の現状はどうなっているのか。当局としてどういう認識を持っているか……………………………………………………………………………………………………310

    上木部長答弁……………………………………………………………………311

   大川美津男議員発言………………………………………………………………311

  ・廃道敷の解消に向けて一層の体制を強化すべきである………………………312

 一、萩原康雄議員〔関連質問〕………………………………………………………312

  ・諏訪の森構想について……………………………………………………………312

    知事答弁…………………………………………………………………………314

   萩原康雄議員発言…………………………………………………………………314

 一、散会…………………………………………………………………………………315

第十一日(九月二十四日)本会議

 一、議事日程……………………………………………………………………………317

 一、出席議員……………………………………………………………………………318

 一、説明のため出席した者……………………………………………………………321

 一、開議…………………………………………………………………………………324

◯県政一般に対する質問

一、議長報告・後刻、会議録精査の上、適切な措置を………………………………324

一、吉川 豊議員質問……………………………………………………………………324

  ・企業誘致の促進及び県内企業の育成・支援について…………………………325

  ・本県の企業誘致の現状と今後の取り組みについて……………………………325

  ・新事業の創出等の支援の取り組みについて……………………………………326

  ・高齢者福祉対策と少子化対策について…………………………………………326

   (介護保険で適用にならない福祉施策を、現在の高齢者福祉対策を低下させることなく進めることが重要である。長崎県老人保健福祉計画と介護保険の関係はどのようになるのか)……………………………………………………………………………………327

  ・少子化対策と子育て支援について………………………………………………327

  ・保育料の保護者負担の軽減について……………………………………………327

   (第三子以降が同時入所の場合の保育料の無料化に対して、県か助成する考えかないのか)……………………………………………………………………………………328

  ・小学校を核としたコミュニティの形成について………………………………328

   (小学校の施設を活用したコミュニティづくりの取り組みについて)……329

  ・産業廃棄物対策について…………………………………………………………329

  ・産業廃棄物は排出者で処理するようになっているが、排出事業者や処理業者に対して、どのように指導されているのか……………………………………………………330

  ・不法投棄の監視等、不法投棄の防止対策についてどのように対応しているのか……………………………………………………………………………………………………331

  ・民間の廃棄物処理施設の確保について、どのように指導していくのか……331

  ・本年の異常気象による農・漁業の被害状況について…………………………332

  ・本年の異常気象による被害の発生状況は………………………………………332

   (これから懸念される農作物被害に対し、どのような対策をしようとしているのか)……………………………………………………………………………………………332

   (漁業の被害実態はどうなっているのか)……………………………………332

   (漁業の被害に対して、どのように対応しているのか)……………………332

  ・密航の現状と対策について………………………………………………………332

  ・近年の密航の現状とその対策について…………………………………………333

    知事答弁…………………………………………………………………………333

    教育長答弁………………………………………………………………………337

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………338

    農林部長答弁……………………………………………………………………341

    水産部長答弁……………………………………………………………………342

    警察本部長答弁…………………………………………………………………343

   吉川 豊議員質問…………………………………………………………………344

  ・誘致対象企業に対する情報収集及び誘致活動について………………………344

    商工労働部長答弁………………………………………………………………344

   吉川 豊議員質問…………………………………………………………………346

  ・産業廃棄物対策(廃棄物排出業者への処理、指導は)………………………346

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………346

   吉川 豊議員質問…………………………………………………………………347

  ・産業廃棄物施設の設置について…………………………………………………347

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………347

   吉川 豊議員質問…………………………………………………………………348

  ・農作物に対する被害について(低利の特別融資等について、今後どのような取り組みをしていくのか)………………………………………………………………………348

    農林部長答弁……………………………………………………………………348

   吉川 豊議員質問…………………………………………………………………348

  ・小学校を核としたコミュニティづくり(地域と学校との融合化事業)……348

    教育長答弁………………………………………………………………………349

 一、吉村庄二議員質問…………………………………………………………………350

  ・公的介護保険導入における県の対応について…………………………………350

  ・いわゆる認定もれ者対策について………………………………………………351

   (現在、施設入所サービスを受けている方で、自立と判定された者の受け皿について県は、どのような対策を講ずるつもりか)…………………………………………351

  (施設からの退所者の受け皿施設として、民間が設置する「高齢者向け優良賃貸住宅制度」を活用する考えはないか)………………………………………………………351

  ・ホームヘルパー、ケアマネージャー等の確保について………………………352

  ・介護保険と福祉施策との関係について…………………………………………352

   (四十歳以上六十五歳未満の障害者への在宅介護サービスや認定漏れの場合など介護保険で対応できない場合、県としてどのように市町村を指導するのか)………352

  ・人権擁護対策の具体化は…………………………………………………………353

   (自らの意思表示が困難な高齢者の権利擁護の施策をどう考えているのか)………………………………………………………………………………………………………353

  ・認定から保険給付、サービス提供までを通しての公的チェック体制について………………………………………………………………………………………………………353

   (公平、公正なサービスを確保するためには、公的なチェックが必要である)……………………………………………………………………………………………………353

  ・地方分権について…………………………………………………………………354

  ・地方分権一括法成立を受けての県としての評価は……………………………354

  ・県の位置づけをどうみるのか……………………………………………………354

   (県と市町村の関係をどう考えるのか)………………………………………355

  ・権限委譲と財政措置について……………………………………………………355

  ・子育て支援策について……………………………………………………………356

  ・子育て支援センターについて……………………………………………………356

   (知事選挙時の公約である「子育て支援センター」の設置については、どう検討されているか)………………………………………………………………………………356

   (佐世保市が設置運営する「子ども発達センター」に対し、県としてどのような支援を検討しているのか)…………………………………………………………………357

   (療育部門の県の全体的な配置についてどのように考えているのか)……357

  ・保育所・幼稚園の拡充について…………………………………………………357

   (保育所待機児童の解消について県はどのような指導をしているのか)…357

   (公立幼稚園における三年保育の実施について、市町村教育委員会にどう指導し、その成果はどうか)………………………………………………………………………357

   (経費、財政問題重視の幼稚園の統廃合は子育てという意味で問題か多いのではないか)………………………………………………………………………………………358

  ・幼・保一元化について……………………………………………………………358

   (幼・保一元化に対する県の評価、県内の状況について)…………………358

  ・県立の大学運営をめぐる問題について…………………………………………359

  ・シーボルト大学における不祥事について………………………………………359

   (県立シーボルト大学での不祥事が、なぜ起こったのか。また、設置者としての責任はどうか)………………………………………………………………………………359

  ・長崎県立大学の将来構想について………………………………………………359

  ・米軍佐世保基地をめぐる諸問題について………………………………………361

  ・前畑弾薬庫地区返還・移転問題、LCAC駐機場移転問題への県の対応について…………………………………………………………………………………………………361

   (前畑弾薬庫、LCAC駐機場問題については、関係漁協、地区住民が反対表明をしている。このような中で、市長、町長は最終決断を迫られることとなるが、知事はどう対処されるか)……………………………………………………………………………361

  ・日米新ガイドライン関連法成立に伴う自治体としての国からの協力要請について…………………………………………………………………………………………………361

   (周辺事態の際の国の要請を自治体として拒否できないというのが原則的取り扱いのように受け止められる中、知事は、県民生活との関係を重視されるべきと思うかどうか)……………………………………………………………………………………………362

   (政府見解では、協力要請に対する議会の否定的意見は、協力拒否の正当理由にあたらないとのことであるが知事の考えは)……………………………………………362

  ・県道改良と米軍基地返還について………………………………………………362

   (佐世保市の県道俵ケ浦日野線の道路改良について、このルートの中での、米軍基地返還に伴う部分はどうなっているのか)……………………………………………362

  ・佐世保港「すみ分け」問題について……………………………………………362

   (「すみ分け」問題協議のなかで米軍や海上自衛隊の意見が優先され、基地優先、機能強化及び固定化が行われることに危惧を持っているが、知事の見解は)……363

    知事答弁…………………………………………………………………………363

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………371

    教育長答弁………………………………………………………………………378

   吉村庄二議員質問…………………………………………………………………379

  ・一般県道俵ヶ浦日野線について…………………………………………………379

    土木部長答弁……………………………………………………………………379

   吉村庄二議員質問…………………………………………………………………380

  ・基地問題(調整の問題、固定化等とすみ分けの関係、ジュリエットベースンの埋め立て問題)…………………………………………………………………………………380

    知事答弁…………………………………………………………………………382

 一、森 信也議員〔関連質問〕………………………………………………………382

  ・基地問題について…………………………………………………………………382

    知事答弁…………………………………………………………………………383

   森 信也議員質問…………………………………………………………………384

    知事答弁…………………………………………………………………………384

   森 信也議員発言…………………………………………………………………385

 一、柘植大二郎議員〔関連質問〕……………………………………………………386

  ・佐世保港のすみ分けについて……………………………………………………386

    知事答弁…………………………………………………………………………387

 一、休憩…………………………………………………………………………………388

 一、再開…………………………………………………………………………………388

 一、野口健司議員質問…………………………………………………………………388

  ・行革について………………………………………………………………………388

  ・ラスパイレス指数と給与の適正化………………………………………………388

   (本県のラスパイレス指数は、現在一〇三・九ポイント、全国順位は九位。九州では給与カット前の福岡県と並んで一位と高い水準を示しているが、この状況をどう考えるのか)………………………………………………………………………………………389

   (「新行政システム推進基本計画」の実施期間も残りニカ年となるが、給与の適正化については、今後どのような方針か)………………………………………………389

   (離島特別昇給制度について離島赴任が終了すれば、当然、昇給分は、その時点で解消すべきではないか)…………………………………………………………………389

  ・第三セクターについて……………………………………………………………390

   (三セクの経営状況の点検評価や運営の改善、役職員の数や給与の見直し、組織機構のスリム化や統廃合、支援のあり方など見直しの検討をはじめる用意があるのか)……………………………………………………………………………………………………390

   (出資比率か五〇%未満の法人であっても必要に応じて定期的に議会にその経営状況を説明すべきだと考えるがどうか)…………………………………………………391

   (監査や外部監査制度を活用し、三セク事務の執行に対する監査体制を強化すべきと考えるがどうか)………………………………………………………………………391

  ・バランスシートの導入について…………………………………………………391

   (政策、コスト、成果等の最適な実現を図り、情報公開の面からもバランスシートの作成は時代の要請であると考えるが、本県の取組状況はどうか)………………391

  ・環境問題について…………………………………………………………………391

  ・環境影響評価について……………………………………………………………391

   (これまでの指導要綱と比べて、手続き面では、主にどのような点で見直しがなされたのか)…………………………………………………………………………………392

  ・太陽光発電の普及について………………………………………………………392

   (環境対策として、学校や公共施設に積極的に導入していくべきではないか。今後、どう取り組んでいくのか)……………………………………………………………393

  ・グリーン購入について……………………………………………………………393

   (グリーン購入の、本県での、今後の取り組みについて)…………………393

  ・韓国との貿易について……………………………………………………………394

   (日本製品輸入禁止措置の撤廃が、本県に与える影響について)…………394

   (日韓自由貿易構想について)…………………………………………………395

  ・核廃絶に向けての知事の政治姿勢について……………………………………395

   (知事は、核廃絶を求める被爆地の声を世界に向けて積極的に発するべきではないか)…………………………………………………………………………………………396

   (長崎市長が、平和宣言で提唱している、NGOの国際平和会議を共催していく考えはないか)………………………………………………………………………………396

  ・NPOへの支援策について………………………………………………………396

   (法人の認証申請が低調である現況をどのように考えているか)…………396

   (NPO支援条例の制定を求めるが、取り組みはどうか)…………………396

   (NPO活動支援センターの設置を求めるがどう考えているか)…………396

  ・低用量ピル解禁と青少年…………………………………………………………397

   (ピル解禁が青少年に及ぼす影響をどう考えているか、何らかの青少年に対する姿勢を考えているか)………………………………………………………………………398

  ・オウム真理教についての諸問題について………………………………………398

   (教団の本県での活動状況はどうか、拠点施設はあるのか)………………399

   (情報収集や指名手配犯に対する捜査などについて)………………………399

  ・鳥獣被害対策について……………………………………………………………399

   (鳥獣被害対策としての県・狩猟研修センター(仮称)の建設について)…………………………………………………………………………………………………………399

    知事答弁…………………………………………………………………………400

    総務部長答弁……………………………………………………………………407

    監査委員答弁……………………………………………………………………408

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………409

    教育長答弁………………………………………………………………………41ニ

    警察本部長答弁…………………………………………………………………413

   野口健司議員質問…………………………………………………………………414

  ・離島特昇の問題(給与の適正化)………………………………………………414

    総務部長答弁……………………………………………………………………415

   野口健司議員質問…………………………………………………………………416

  ・給与の適正化について……………………………………………………………416

  ・第三セクターについて……………………………………………………………416

    総務部長答弁……………………………………………………………………417

   野口健司議員発言…………………………………………………………………417

  ・第三セクターについて……………………………………………………………417

  ・太陽光発電とグリーン購入………………………………………………………419

  ・日韓自由貿易構想…………………………………………………………………419

  ・NPOの支援について……………………………………………………………420

  ・低用量ピルについて………………………………………………………………420

 一、浅田五郎議員〔関連質問〕………………………………………………………41ニ

  ・オウム事件と人権問題について…………………………………………………41ニ

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………423

   浅田五郎議員発言…………………………………………………………………423

 一、冨岡 勉議員質問…………………………………………………………………424

  ・医療・福祉にもっと力を…………………………………………………………424

   (ホームヘルパー支援制度と在宅看護・在宅介護について)………………424

   (ホームヘルパーの養成に当たって、離島や僻地に住んでおられる方で昼間に仕事を持たれている入への支援の方法はどうなるのか、また、これらの地域での需要に対する養成が足りるのか、その実態について)………………………………………………425

   (家族介護に対する県の独自の対応や支援策について)……………………425

  ・介護保険料・利用料について……………………………………………………425

   (県独自の保険料の減免制度、また利用料への助成制度を設けることについて)…………………………………………………………………………………………………426

   (保険料滞納者に対する制裁措置について)…………………………………426

  ・乳幼児医療費に就学前までの手厚い助成を……………………………………426

   (乳幼児福祉医療費の対象年齢の拡大を実施すべきである、また、面倒な償還払い方式よりも現物支給方式での助成を行うべきではないか)…………………………427

  ・総合的な小児療育・医療センターの設置について……………………………427

   (障害児の総合的な療育施設、離島・僻地の支援を行える施設の必要性についてどういう認識をされているか)……………………………………………………………428

 ・薬物中毒患者対策について…………………………………………………………428

   (精神障害地域活動助成事業等による支援策を更に拡大・拡充を図る考えはないか)……………………………………………………………………………………………429

  ・福祉連携の住宅政策について……………………………………………………429

   (少子・高齢社会に対応した福祉連携型の住宅政策を推進すべきと考えるが、民間への助成も含めた県の対応策はどうか)………………………………………………429

  ・経済活性化対策について…………………………………………………………430

  ・長崎国際マリン都市建設推進のため、西海区水産研究所の三重地区誘致とシーゲノム計画の立ち上げを………………………………………………………………………430

   (ゲノム研究に関する水産長崎県としての基本的な考え方について)……431

   (国際マリン都市建設推進のため、西海区水産研究所に海のバイオテクノロジー部門の拡充を含めた形での誘致を推進すべきではないか)……………………………431

  ・教育問題について…………………………………………………………………431

  ・学校を福祉施設として共用できないのか………………………………………431

   (学校施設の一般への開放状況と将来の展望について)……………………432

  ・外国人留学生のボランティア活動への支援について…………………………432

   (外国人留学生に、福祉施設のボランティア活動や、教育現場での語学指導やホームルーム活動へ参加させるなどの場の提供かできないものかどうか)……………432

  ・財政問題について…………………………………………………………………433

  ・財政改革へのスケジュールは……………………………………………………433

  ・行政改革推進のための職員削減について………………………………………433

   (定員適正化計画の進捗状況と、平成十三年度以降の計画について)……433

    知事答弁…………………………………………………………………………434

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………437

    土木部長答弁……………………………………………………………………440

    教育長答弁………………………………………………………………………441

    企画部長答弁……………………………………………………………………442

   冨岡 勉議員質問…………………………………………………………………444

  ・ホームヘルパーの支援制度について……………………………………………444

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………445

   冨岡 勉議員質問…………………………………………………………………446

  ・乳幼児医療費に就学前までの手厚い助成を……………………………………446

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………447

   冨岡 勉議員質問…………………………………………………………………447

    知事答弁…………………………………………………………………………449

   冨岡 勉議員質問…………………………………………………………………449

  ・総合的な小児療育・医療センターの設置について……………………………450

    知事答弁…………………………………………………………………………451

   冨岡 勉議員発言…………………………………………………………………452

  ・シーゲノムについて………………………………………………………………452

 一、松田正民議員〔関連質問〕………………………………………………………454

  ・ホームヘルパーの支援制度と在宅看護・在宅介護について…………………454

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………455

   松田正民議員質問…………………………………………………………………455

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………456

   松田正民議員質問…………………………………………………………………456

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………457

 一、青崎 寛議員〔関連質問〕………………………………………………………457

  ・道路のバリアフリーについて……………………………………………………457

    上木部長答弁……………………………………………………………………459

 一、議案・請願委員会付託……………………………………………………………460

 一、散会…………………………………………………………………………………460

第十二日(九月二十五日)休会

第十三日(九月二十六日)休会

第十四日(九月二十七日)休会

第十五日(九月二十八日)委員会

第十六日(九月二十九日)委員会

第十七日(九月三十日)委員会

第十八日(十月一日)委員会

第十九日(十月二日)休会

第二十日(十月三日)休会

第二十一日(十月四日)休会

第二十二日(十月五日)休会

第二十二日(十月六日)本会議

 一、議事日程……………………………………………………………………………461

 一、出席議員……………………………………………………………………………462

 一、説明のため出席した者……………………………………………………………465

 一、開議…………………………………………………………………………………468

 一、議長報告・後刻、会議録精査の上、適切な措置を……………………………468

 一、第九十七号議案・追加議案上程…………………………………………………468

 一、知事追加議案説明…………………………………………………………………469

 一、右、第九十七号議案・原案同意…………………………………………………470

◯委員長報告

 一、文教委員長報告……………………………………………………………………470

 一、第七十八号議案・原案可決………………………………………………………474

 一、議案・原案可決、請願・採択……………………………………………………475

 一、厚生委員長報告……………………………………………………………………475

 一、第六号請願・不採択………………………………………………………………480

 一、各議案・原案可決・認定…………………………………………………………481

 一、経済労働委員長報告………………………………………………………………481

 一、第八十九号議案・原案可決………………………………………………………485

 一、各議案・原案可決・認定…………………………………………………………486

 一、農林水産委員長報告………………………………………………………………486

 一、各議案・原案可決…………………………………………………………………490

 一、土木委員長報告……………………………………………………………………490

 一、各議案・原案可決・認定…………………………………………………………494

 一、総務委員長報告……………………………………………………………………495

 一、第八十四号議案・原案同意………………………………………………………499

 一、各議案・原案可決・承認…………………………………………………………499

 一、委員会から政府・国会あて意見書等提出の動議・提出………………………499

 一、右、動議・「国営諌早湾干拓事業の促進について」・可決…………………500

 一、右、各動議・可決…………………………………………………………………500

 一、北村誠吾議員外十二名より「米国臨界前核実験の中止を求める決議案」並びに「原子力行政に安全規制対策の徹底と積極的情報公開による信頼構築を求める決議案」・提出………………………………………………………………………………………………501

 一、右、各動議・可決…………………………………………………………………507

 一、議会閉会中の付託事件・決定……………………………………………………507

 一、知事あいさつ………………………………………………………………………507

 一、議長あいさつ………………………………………………………………………509

 一、閉会…………………………………………………………………………………510