議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 長崎県

平成11年  6月 定例会(第2回) 06月24日−目次




平成11年  6月 定例会(第2回) − 06月24日−目次









平成11年  6月 定例会(第2回)



   平成十一年第二回定例会会期日程表(結果)



月日

内容等
備考


六月二四日

本会議(開会、会期決定、議案上程、知事説明)
 


二五日

   (議案調査)
 


二六日

 
 


二七日

 
 


二八日

   (議案調査)
質問通告締切


二九日

   (議案調査)
請願受付締切


三〇日

本会議(一般質問)
 


七月一日

本会議(一般質問)
 


二日

本会議(追加k議案上程、知事説明、採決、一般質問、議案・請願委員会付託)
陳情受付締切


三日

 
 


四日

 
 


五日

   (議案調査)
 


六日

常任委員会(文教委員会、経済労働委員会、農林水産委員会)
 


七月七日

常任委員会(経済労働委員会)
 


八日

常任委員会(総務委員会、厚生委員会、土木委員会)
 


九日

常任委員会(総務委員会、厚生委員会)
会派提出決議案等締切


一〇日

 
 


一一日

 
 


一二日

議会運営委員会
 


一三日

   (議案整理)
 


一四日

本会議(委員長審査結果報告、質疑・討論、採決、発議第百三号上程、質疑・討論、採決、意見書等上程、質疑・討論、採決、閉会)
 





                    会期二一日間







平成十一年長崎県議会第二回定例会会議録目次

第一日(六月二十四日)本会議

 一、議事日程…………………………………………………………………………………1

 一、出席議員…………………………………………………………………………………2

 一、欠席議員…………………………………………………………………………………5

 一、説明のため出席した者…………………………………………………………………5

 一、開会………………………………………………………………………………………8

 一、議席の一部変更…………………………………………………………………………ハ

 一、警察本部の幹部職員紹介………………………………………………………………ハ

 一、会期決定…………………………………………………………………………………9

 一、会議録署名議員指名……………………………………………………………………9

 一、議長報一ロ………………………………………………………………………………9

 一、議案一括上程……………………………………………………………………………9

 一、知事議案説明…………………………………………………………………………10

 一、散会……………………………………………………………………………………13

第二日(六月二十五日)休会

第三日(六月二十六日)休会

第四日(六月二十七日)休会

第五日(六月二十八日)休会

第六日(六月二十九日)休会

第七日(六月三十日)本会議

 一、議事日程………………………………………………………………………………25

 一、出席議員………………………………………………………………………………26

 一、欠席議員………………………………………………………………………………29

 一、説明のため出席した者………………………………………………………………29

 一、開議……………………………………………………………………………………32

◯県政一般に対する質問

 一、八江利春議員質問……………………………………………………………………33

  ・市町村合併の推進について…………………………………………………………33

   (市町村合併を推進する上での知事の姿勢と具体的な施策)…………………33

   (市町村合併県民等意識調査の結果をどう受け止めているか)………………33

   (国においては、合併特例法の改正で合併前の交付税額の保証を十年間に延長したり、過疎債並みの合併特例債を新たに設けたりと、これまでにない思い切った財政支援制度を打ち出しているが、県としてはどのような支援策を検討しているのか)………34

  ・広域行政の推進について……………………………………………………………34

  ・ごみ処理の広域化……………………………………………………………………34

   (「長崎県ごみ処理広域化計画」の達成に向け、どのように取り組んでいくのか)…………………………………………………………………………………………………34

  ・しまの拠点的まちづくり事業………………………………………………………34

   (今後どのように見直しをなされるのか、ご所見を)…………………………35

  ・九州新幹線長崎ルートについて……………………………………………………35

   (環境影響評価と長崎駅駅部調査の現況と、完了の時期について)…………36

   (中央における長崎ルートの情勢判断について)………………………………36

  ・経済活性化について…………………………………………………………………37

  ・日蘭交流四〇〇周年記念事業と長崎県観光の活性化への取り組み……………37

   (日蘭交流四〇〇周年記念事業の効果を、県下全域に広げ、県全休の観光活性化を図っていくような取り組みも、ぜひ必要ではないか)…………………………………38

   (「ながさき阿蘭陀年」を西暦二〇〇〇年限りのイベントに終わらせることなく、これを長崎県観光の新たな出発点としてとらえ、積極的な観光振興策を展関していくべき)………………………………………………………………………………………………38

  ・緊急雇用対策…………………………………………………………………………38

   (国の「緊急雇用対策」の内容と、この対策についての県の取り組み)……39

   (現在の県内の失業情勢についての県の対応とその実績)……………………39

  ・福祉行政について……………………………………………………………………39

  ・介護保険制度施行に伴う取り組み…………………………………………………39

   (介護保険制度の実施時期)………………………………………………………40

   (本県介護保険の準備状況)………………………………………………………40

  ・少子化対策……………………………………………………………………………40

   (県のエンゼルプランの推進により、少子化対策に取り組まれているが、現在の状況は)…………………………………………………………………………………………41

   (今後、どのような事業等に力を入れていくのか)……………………………41

   (働く女性が安心して、出産・育児ができる職場環境づくり)………………41

  ・農林水産行政について………………………………………………………………41

  ・新農業基本法と新たな農政ビジョンの策定………………………………………41

   (今回策定する「新たな農政ビジョン」についての県の基本的な考え方は)…………………………………………………………………………………………………………42

   (中山間地域等直接払い制度について県の対応状況は)………………………42

  ・水産行政の今後のあり方……………………………………………………………42

   (今後の長崎県の水産行政のあり方)……………………………………………44

  ・諌早湾干拓事業の推進………………………………………………………………44

   (干拓地は、先進的農業生産と、都市住民にとっても魅力ある景観・施設が総合的なまとまりを持っている「総合農業公園」的な場であるべきとのご提言であり、県が「営農構想」をとりまとめるに当たっての知事の考えは)…………………………………45

    知事答弁……………………………………………………………………………45

    商工労働部長答弁…………………………………………………………………54

    福祉保健部長答弁…………………………………………………………………56

    農林部長答弁………………………………………………………………………58

    水産部長答弁………………………………………………………………………59

   八江利春議員質問……………………………………………………………………61

  ・市町村合併の問題……………………………………………………………………61

    知事答弁……………………………………………………………………………62

   八江利春議員質問……………………………………………………………………62

  ・新幹線長崎ルートの問題(フリーゲージトレイン)……………………………63

    知事答弁……………………………………………………………………………63

 一、萩原康雄議員質問……………………………………………………………………64

  ・新長期構想の策定について…………………………………………………………65

   (現行長期構想での人口目標は実績を下回っているが、長期構想をどのように総括するのか。新しい長期構想の策定にあたっては、どういったフレームでどのようなことを盛り込むのか)………………………………………………………………………………65

  ・本県財政の現状と課題………………………………………………………………66

  ・財政の現状と来年度以降の見通し…………………………………………………69

   (財政の弾力性を確保するためには、既存の計画を見直すことも必要である。本県財政の現状と財政運営に対する知事の基本認識及び来年度以降の財政見通しはどうか)……………………………………………………………………………………………………69

  ・県債の管理について…………………………………………………………………69

   (起債制限比率は充分制限の範囲にとまっており、直ちに後年度の財政運営に支障を及ぼすことはないとしているが、県債の管理に対する基本的な考え方は)………70

  ・財源の確保について…………………………………………………………………70

   (行財政の自主性を確保するには自主財源の充実が必要だが、財源をどのように確保するつもりか)……………………………………………………………………………70

  ・観光の活性化策と雇用対策…………………………………………………………70

  ・観光の活性化策………………………………………………………………………70

   (長崎らしいリゾートの整備を推進してきた「ナガサキ・エキゾティック・リゾート構想」の整備状況と今後の展望)………………………………………………………71

   (「長崎県観光活性化推進本部」の設置について、観光振興に総合行政で取り組むと説明されているが具体的にどのようなことか)………………………………………71

  ・行動計画の基本的な考え方は………………………………………………………71

  ・雇用対策………………………………………………………………………………71

   (本県における失業者の実態について)…………………………………………72

   (雇用創出に対する基本的な取り組み)…………………………………………72

   (政府の自治体による採用などとした雇用対策の具体化)……………………72

  ・新農業基本法制定に対する対応策…………………………………………………73

  ・食料自給率の目標設定………………………………………………………………73

   (新農業基本法では、食料自給率の目標を設定することになっているが、県としてどのように対応していく考えか)…………………………………………………………73

  ・中山間地域への直接支払い…………………………………………………………73

   (中山間地域等への直接支払いについては、本県の実情を踏まえた実効性のあるものにすべきであるが、これに対する県の取り組み状況は)……………………………73

  ・食料の安全管理の対応について……………………………………………………74

   (消費者の合理的な選択に資するため、食品表示の適正化の見直しの内容及び県の対応は)………………………………………………………………………………………74

  ・土木行政について……………………………………………………………………74

  ・道路の掘り返しを規制する条例の制定……………………………………………74

   (「道路の掘り返しを防止する条例」を制定し、規制を強化する必要があるのでは)………………………………………………………………………………………………74

  ・公共工事の平準化……………………………………………………………………74

   (道路工事が、毎年度末に集中する問題について)……………………………75

  ・文化財行政について…………………………………………………………………75

  ・現状と今後の対策……………………………………………………………………75

   (埋蔵文化財行政の現状と今後の対策について)………………………………75

  ・埋蔵文化財センターの設置について………………………………………………76

  ・周辺事態安全確保法における自治休協力について………………………………76

   (周辺事態安全確保法第九条による要請に対する協力にあたっての基本的な考えは)………………………………………………………………………………………………76

    知事答弁……………………………………………………………………………76

    農林部長答弁………………………………………………………………………85

    土木部長答弁………………………………………………………………………86

    教育長答弁…………………………………………………………………………88

   萩原康雄議員質問……………………………………………………………………89

  ・埋蔵文化財の問題……………………………………………………………………89

  ・埋蔵文化財センターについて………………………………………………………90

    教育長答弁…………………………………………………………………………90

   萩原康雄議員質問……………………………………………………………………91

    教育長答弁…………………………………………………………………………91

   萩原康雄議員質問……………………………………………………………………91

  ・道路の掘り返し防止対策の問題……………………………………………………92

    土木部長答弁………………………………………………………………………94

   萩原康雄議員発言……………………………………………………………………94

 一、松尾 等議員(関連質問)…………………………………………………………95

  ・新農業基本法制定に向けた対応……………………………………………………95

    農林部長答弁………………………………………………………………………96

 一、松島世佳議員(関連質問)…………………………………………………………97

  ・財政問題………………………………………………………………………………97

    知事答弁……………………………………………………………………………98

 一、休憩……………………………………………………………………………………99

 一、再開……………………………………………………………………………………99

 一、川添 亨議員質問…………………………………………………………………100

  ・県勢活性化と長期構想……………………………………………………………101

  ・人口減少が続く本県の現状………………………………………………………101

   (基本認識、問題点等)…………………………………………………………103

   (本県においては人口減少が顕著であり、次期国勢調査では数・率ともに全国最下位になることが予測されるが、人口減少が続く本県の現状について、どのように認識しているのか)…………………………………………………………………………………103

   (人口減少対策・定住促進対策は、総花的に行うのではなく、広域的な観点からの重点的な施策が必要と思うが、新しい長期構想ではどういった取り組みを考えているか)………………………………………………………………………………………………103

  ・広域的観点での重点施策…………………………………………………………103

   (長期構想での取り組み)………………………………………………………103

  ・新たな産業振興……………………………………………………………………104

  ・二十一世紀の国の産業振興策と本県の取り組み………………………………105

   (国の「緊急雇用対策及び産業競争力強化対策」などに呼応して、今後、県としてはどのような産業振興を図っていくのか)……………………………………………105

   (産業の振興を図るうえで、地域別の振興方向を示す必要があると思うが、どうか)……………………………………………………………………………………………105

  ・新農業基本法の問題………………………………………………………………106

  ・農業農村の多面的機能……………………………………………………………106

   (中山間地域への直接払い)……………………………………………………106

   (都市と農村の交流、共生、優良田園住宅の建設)…………………………108

   (優良田園住宅の建設について、国においてはどのような施策が出されているのか、また、このような動きに対する県の考え方について)……………………………108

  ・介護保険の問題……………………………………………………………………109

  ・家族介護、身内介護………………………………………………………………109

   (介護保険の対象に)……………………………………………………………109

   (家族介護について)……………………………………………………………109

  ・石炭政策(池島炭鉱の問題)……………………………………………………110

  ・池島炭鉱の意義、役割……………………………………………………………110

   (池島炭鉱の維持存続の意義、役割について県はどのように認識しているか)……………………………………………………………………………………………………111

  ・今後の県の対応・財政負担も含め………………………………………………111

   (今後出される石鉱審の答申を受けて、県としては、財政負担も含めてどのように取り組むのか)……………………………………………………………………………111

  ・大村湾環境対策……………………………………………………………………111

  ・大村湾の浄化、特に津水湾………………………………………………………111

   (土砂の堆積など水質悪化が著しい津水湾について、自然生態系の活用など抜本的な環境対策が必要ではないか)…………………………………………………………111

   (地域振興の観点をも踏まえ、抜本的対策を)………………………………112

    知事答弁…………………………………………………………………………112

    商工労働部長答弁………………………………………………………………115

    農林部長答弁……………………………………………………………………117

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………118

   川添 亨議員質問…………………………………………………………………120

  ・大村湾対策(津水湾の問題)……………………………………………………120

    企画部長答弁……………………………………………………………………121

   川添 亨議員質問…………………………………………………………………122

  ・新たな産業振興……………………………………………………………………123

    商工労働部長答弁………………………………………………………………124

   川添 亨議員質問…………………………………………………………………125

  ・新農業基本法の問題(都市と農村の共生)……………………………………125

    農林部長答弁……………………………………………………………………127

   川添 亨議員発言…………………………………………………………………127

  ・介護の問題(家庭介護の問題)…………………………………………………127

 一、野口健司議員(関連質問)………………………………………………………130

  ・大村湾環境対策(科学技術振興ビジョン)……………………………………130

    企画部長答弁……………………………………………………………………131

   野口健司議員発言…………………………………………………………………131

 一、南条三四郎議員(関連質問)……………………………………………………132

  ・津水湾対策(久山港線の道路計画)……………………………………………132

    土木部長答弁……………………………………………………………………133

   南条三四郎議員質問………………………………………………………………133

    土木部長答弁……………………………………………………………………134

 一、浜崎祐一郎議員質問………………………………………………………………134

  ・地方分権の推進と市町村合併について…………………………………………134

   (住民に身近な行政をめざす地方分権が進められる中で、市町村合併は、住民と行政との距離が遠くなり、行政サービスの低下や合併市町村間の格差が生じるのではないか)……………………………………………………………………………………………136

  ・長崎県の観光行政について………………………………………………………137

  ・知事のトップセールスについて…………………………………………………137

   (国際交流や観光の振興を図るためには、知事のトップセールスが重要である。特に来年の西暦二〇〇〇年には、日蘭交流四〇〇周年記念事業も控えており、知事によるトップセールスを積極的に実施する必要があるのではないか)………………………138

  ・長崎県の高度情報化について……………………………………………………138

  ・高度情報化の基本的な考え方について…………………………………………138

   (県は、高度情報化に対し、どのような考え方を持って、取り組みを進めているのか)…………………………………………………………………………………………139

  ・長崎県の福祉行政について………………………………………………………139

  ・福祉のまちづくり構想について…………………………………………………139

   (福祉のまちづくりをどのように進めていこうとしているのか)…………140

  ・介護保険制度に対する取り組み…………………………………………………140

   (制度の周知、広報)……………………………………………………………141

  ・農林水産業の振興について………………………………………………………141

  ・合併の推進について………………………………………………………………141

   (新農協合併構想に基づく広域合併の進捗状況は)…………………………141

   (漁協合併の推進について)……………………………………………………141

  ・島原半島の農業基盤の整備について……………………………………………142

   (島原半島における基盤整備をどのように進めていくのか)………………142

  ・有明海における栽培漁業の推進について………………………………………142

   (関係四県による共同放流事業の経過と今後の取り組み)…………………142

  ・文化・スポーツの振興について…………………………………………………143

  ・施設整備と人材育成について……………………………………………………143

   (文化・スポーツ施設の整備状況と今後の考え方)…………………………143

   (専門家の採用と育成についての基本的な任用方針について)……………144

    知事答弁…………………………………………………………………………145

    企画部長答弁……………………………………………………………………149

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………150

    農林部長答弁……………………………………………………………………151

    水産部長答弁……………………………………………………………………153

    教育長答弁………………………………………………………………………155

   浜崎祐一郎議員質問………………………………………………………………156

  ・地方分権の推進(市町村合併)…………………………………………………156

  ・高度情報化(メディアセンター)………………………………………………157

    知事答弁…………………………………………………………………………158

    企画部長答弁……………………………………………………………………161

   浜崎祐一郎議員質問………………………………………………………………161

  ・人材の登用(学芸員等)…………………………………………………………164

    教育長答弁………………………………………………………………………164

   浜崎祐一郎議員発言………………………………………………………………165

 一、野ロ健司議員(関連質問)………………………………………………………166

  ・福祉のまちづくり構想(既存の公民館のバリアフリー化の改修補助)……167

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………168

 一、散会…………………………………………………………………………………169

第八日(七月一日)本会議

 一、議事日程……………………………………………………………………………171

 一、出席議員……………………………………………………………………………172

 一、欠席議員……………………………………………………………………………175

 一、説明のため出席した者……………………………………………………………175

 一、開議…………………………………………………………………………………178

◯県政一般に対する質問

 一、橋本希俊議員質問…………………………………………………………………178

  ・行財政改革と見える県政の推進について………………………………………179

  ・事業評価と今後の展開……………………………………………………………180

   (試行した事務事業評価システムの問題点と今後の展開をどのように考えているのか)…………………………………………………………………………………………180

   (さらに、自己評価にはおのずから限界があると思われるが、どのように改善するのか)………………………………………………………………………………………180

  ・横割り総合行政の推進……………………………………………………………180

   (道路工事の重複の回避など、横割り総合行政による効果が期待される分野があるが、今後どのように進めていくのか)…………………………………………………181

  ・見える県政の推進…………………………………………………………………181

   (推進中の事業であっても、常に情報を開示し、進捗について県民に判断を求める勇気も必要であると思うがどうか。また、現行の新行政システム推進基本計画について、時代の変化に対応したもっと大胆な理念による見直しが必要なのではないか)…181

  ・広域行政の推進について…………………………………………………………181

  ・各種広域化計画……………………………………………………………………181

  ・市町村合併の推進…………………………………………………………………182

   (市町村間の広域的な取り組みと市町村合併との関係について)…………182

  ・環境行政の推進について…………………………………………………………182

  ・環境アセスメント制度の見直し…………………………………………………182

   (制度の条例化を進めるとのことであるが、今後のスケジュールはどうなっているのか)………………………………………………………………………………………184

   (見直しを進めるにあたっての基本姿勢はどうなっているのか)…………184

  ・ごみ処理広域化計画………………………………………………………………184

   (ごみ処理の広域化の課題に対処するため、各地域の特性に応じた効率的な処理システムや住民の理解が必要と考えるが、県は、今後どのように対応していくのか)………………………………………………………………………………………………………184

  ・介護保険の円滑な導入について…………………………………………………185

  ・保険料とサービス料金の見通し…………………………………………………185

  ・サービス基盤の整備状況について………………………………………………186

  ・介護保険導入による経済への波及効果について………………………………186

  ・コンピュータ二〇〇〇年問題への対応について………………………………187

  ・危機管理対策………………………………………………………………………188

   (重要システムといわれる県の電算システムの危機管理対策はどうか)…188

  ・市町村の対応状況…………………………………………………………………188

   (県内市町村の対応状況は)……………………………………………………188

  ・重要システムヘの対応状況………………………………………………………188

   (消防・防災ネットワークの対応状況は)……………………………………188

   (医療の対応状況は)……………………………………………………………188

   (金融機関の対応状況は)………………………………………………………188

    知事答弁…………………………………………………………………………188

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………193

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………195

    総務部長答弁……………………………………………………………………197

   橋本希俊議員質問…………………………………………………………………199

  ・コンピューター二〇〇〇年問題…………………………………………………199

    総務部長答弁……………………………………………………………………200

   橋本希俊議員質問…………………………………………………………………201

  ・介護保険の導入に関わる経済効果………………………………………………201

    知事答弁…………………………………………………………………………202

   橋本希俊議員質問…………………………………………………………………203

  ・ごみ処理の問題……………………………………………………………………203

  ・介護保険の広域化計画……………………………………………………………204

  ・しまの拠点的まちづくりの見直し………………………………………………205

  ・サンセットマリーナの問題………………………………………………………206

    知事答弁…………………………………………………………………………207

 一、松尾忠幸議員〔関連質問〕………………………………………………………208

  ・介護保険制度の周知徹底…………………………………………………………208

  ・介護保険の被爆者の方への対応…………………………………………………208

  ・要介護のボランティア……………………………………………………………209

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………209

 一、大川美津男議員〔関連質問〕……………………………………………………211

  ・サンセットマリーナの問題………………………………………………………211

    知事答弁…………………………………………………………………………211

   大川美津男議員発言………………………………………………………………212

 一、野本三雄議員質問…………………………………………………………………213

  ・ナガサキ・アーバン・ルネッサンス二〇〇一構想問題について……………213

  ・推進会議報告書への取り組みと対応について…………………………………213

   (推進会議報告書の提言についての感想と、今後の県としての取り組みは)………………………………………………………………………………………………………214

   (三千席の大ホールと七百〜千席の中規模専門ホールを併せ持つ芸術劇場の早期着工を)………………………………………………………………………………………214

  ・長崎駅周辺地区再開発と県庁舎移転問題について……………………………214

   (県庁舎建設について基本構想等を早く打ち出す考えはないか)…………214

  ・道路交通行政について……………………………………………………………215

  ・国道四九九号対策と今後の取り組みについて…………………………………215

   (国道四九九号を補完するため、磯道より毛井首までを湾岸道路として整備することについて)………………………………………………………………………………216

  ・浦上川線南々伸道路問題について………………………………………………216

   (都市計画道路浦上川線(南々伸)を地域高規格道路として計画決定することに伴う地元意見への対応)……………………………………………………………………216

  ・路面電車の延伸構想について……………………………………………………216

   (路面電車の赤迫から六地蔵間六百メートル延伸の経過と今後の取り組み)………………………………………………………………………………………………………216

  ・水産業の振興について……………………………………………………………217

  ・新日中漁業協定の早期発効)……………………………………………………217

   (新日中漁業協定の早期発効に向けた今後の県の対応)……………………218

  ・長崎魚市場の活性化について……………………………………………………218

   (魚価を高める対策、消費需要の喚起対策及び国の捕鯨船団の寄港誘致の件がどのようになっているのか)…………………………………………………………………218

  ・栽培漁業の推進について…………………………………………………………219

   (栽培漁業の推進について、これからどう取り組んでいくのか)…………220

  ・農林業の振興について……………………………………………………………220

  ・新たな農政ビジョンヘの取り組み………………………………………………220

   (担い手公社を中心とする新規就農対策により、具体的にどのような新規就農者が誕生しているのか)………………………………………………………………………221

   (国の農政改革の動向に対応して、県においても新たな農政ビジョンを策定することとしているが、担い手の確保・育成については、今後どのように展開していくのか)…………………………………………………………………………………………………222

  ・ウルグアイ・ラウンド農業合意関連対策について……………………………222

   (本県における、これまでの取り組み状況とその成果はどうか)…………223

  ・商工労働行政について……………………………………………………………223

  ・観光対策について…………………………………………………………………223

   (コンベンションの開催に対する県の補助制度を創出し、先頭に立って誘致促進をすべきと考えるか、知事のコンベンションについての考えと、これまでの検討状況は)…………………………………………………………………………………………………224

  ・企業誘致対策について……………………………………………………………225

   (雇用対策の上で、企業誘致は重要であるが、その場合のネックとなっている問題は何か。土地の分譲価格かネックとなっているのではないか)……………………225

   (企業誘致を促進し、雇用の場を創出するため、未分譲の工場団地(未利用の県有地)の分譲価格はさらに低減(ただ同然に)してでも、早期売却すべきではないか)……………………………………………………………………………………………………225

    知事答弁…………………………………………………………………………225

    土木部長答弁……………………………………………………………………229

    水産部長答弁……………………………………………………………………231

    農林部長答弁……………………………………………………………………234

    商工労働部長答弁………………………………………………………………237

   野本三雄議員質問…………………………………………………………………238

  ・県庁舎問題…………………………………………………………………………238

    知事答弁…………………………………………………………………………240

   野本三雄議員質問…………………………………………………………………240

  ・浦上川線南々仲の問題……………………………………………………………241

    土木部長答弁……………………………………………………………………242

   野本三雄議員質問…………………………………………………………………242

    知事答弁…………………………………………………………………………243

   野本三雄議員発言…………………………………………………………………243

  ・国道四九九号の事故発生(構造上の問題)……………………………………243

  ・コンベンションに対する助成の問題……………………………………………244

  ・長崎県産品の一会場での開催を(農林、水産、商工部門等)………………244

 一、西川忠彦議員〔関連質問〕………………………………………………………245

  ・浦上川線南々伸の問題……………………………………………………………245

    土木部長答弁……………………………………………………………………246

 一、休憩…………………………………………………………………………………246

 一、再開…………………………………………………………………………………246

 一、田ロ一信議員質間…………………………………………………………………247

  ・長崎新幹線について………………………………………………………………247

  ・財源問題……………………………………………………………………………247

   (スーパー特急による本県の方針と、それに必要な建設費用は幾らかということを強くアピールすることが必要では)……………………………………………………248

   (財源についての考え方をはっきりさせて、公共事業で負担して早期に開業させて、経済効果を税収に反映させ、回収するという考え方で進むべきではないか)…249

  ・並行在来線…………………………………………………………………………250

   (並行在来線の経営分離は、分離区間の経営主体をJRの一〇〇%出資の子会社にすればどうか。子会社として分離し、地元自治体に協力してもらいつつ、路線はJRの路線として取り扱うという地元住民に対する説明が必要ではないか)………………251

   (運輸省をはじめ政府部内の情報収集を効果的に行うため、県職員を運輸省に派遣してはどうか)……………………………………………………………………………251

  ・農政について………………………………………………………………………251

  ・農政ビジョン………………………………………………………………………251

   (県の農政ビジョンを策定するに当たっては、競争力のある強い農業を打ち立てていくという基本的考え方で臨んでいただきたい)……………………………………252

  ・広域農道……………………………………………………………………………252

   (大村・束彼広域農道の着工の見通しなど、計画の現在の進捗状況はどのようになっているのか)……………………………………………………………………………252

  ・福祉関連産業の育成について……………………………………………………253

   (福祉関連の機器などに関する情報の提供を十分にしていくことについての考え方に関して)…………………………………………………………………………………254

   (福祉関連産業の育成発展に力を入れていくべきと思うが、県の考え方はどうか)………………………………………………………………………………………………254

  ・学校給食における陶磁器食器の導入促進について……………………………254

   (陶磁器導入の趣旨は、県内の産業を育成するという趣旨もあるので、県内の市町村に徹底することへの取り組み)………………………………………………………255

  ・教職員定数について………………………………………………………………255

   (四十人の一クラスを二十人のニクラスにする学級編制の弾力化ができないか、できない場合、四十人のクラスには、担任を二人配置することについて)…………255

   (都市部における少人数学級を適正規模にするために、校区を越えた学級編制などの弾力化)…………………………………………………………………………………256

  ・観光行政について…………………………………………………………………256

   (おくんちの案内や外国入観光客のための表示、JRの時刻表の例を見ると、必ずしも観光客の利便を考えたシステムとなっていない。「もてなしの心」が観光客を迎える基本。長崎県の観光行政を再点検したらどうか)……………………………………257

  ・障害者芸術祭について……………………………………………………………257

   (障害者芸術祭の内容は)………………………………………………………257

    知事答弁…………………………………………………………………………259

    農林部長答弁……………………………………………………………………262

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………263

    商工労働部長答弁………………………………………………………………264

    教育長答弁………………………………………………………………………266

   田ロ一信議員質問…………………………………………………………………269

  ・並行在来線問題……………………………………………………………………269

    知事答弁…………………………………………………………………………271

   田ロ一信議員質問…………………………………………………………………273

  ・福祉関連産業の育成………………………………………………………………273

    企画部長答弁……………………………………………………………………273

   田ロ一信議員質問…………………………………………………………………274

  ・福祉行政と土木行政、産業行政の横の連携を…………………………………274

    知事答弁…………………………………………………………………………276

   田ロ一信議員質問…………………………………………………………………276

  ・校区の統廃合………………………………………………………………………276

    教育長答弁………………………………………………………………………277

 一、柘植大二郎議員質問………………………………………………………………277

  ・佐世保港の再開発について………………………………………………………278

   (軍港、商業、港・海を活用する産業・企業の「すみ分け」について)…281

   (米海軍基地、海上自衛隊等の機能、港・海を活用する産業・企業としての機能に、合理的かつ効率的に「すみ分け」るべき)…………………………………………281

  ・基地問題に取り組む知事の姿勢と今後の活動について………………………282

  ・基地問題を解消するための県・市の連携について……………………………283

   (県市一体となって、国、米側及び「佐世保基地問題を考える議員懇談会」に働きかけなければ、基地問題は前進しないのでは)………………………………………283

  ・三ドック・ジョスコー線・PCB汚染土除去等問題について経過把握と対応策について…………………………………………………………………………………………283

   (第三ドッグ返還使用協定の改定問題について、現在どのように捉え、どう打開していこうと考えているのか)……………………………………………………………283

   (ジョスコー線の返還問題についての現状と打開策は)……………………283

   (PCB汚染土除去工事について「全ての浚渫工事は、合衆国政府に責任はなく、費用は負担させないものとし」の文書回答を求めることは筋違いであると考えるが、県の見解は)……………………………………………………………………………………284

  ・基地対策の組織的機能強化について……………………………………………284

   (県北振興局に基地対策担当を配置するつもりはないか)…………………285

  ・県としての調査団派遣について…………………………………………………285

   (現地に調査団を派遣し、広く、実態調査を行うべきでは)………………285

  ・県発注工事の県内企業への優先発注について…………………………………285

  ・長崎県立野崎養護学校を佐世保市中心部へ移転並びに高等部教育の実施…286

   (県立野崎養護学校の佐世保市中心部への移転と高等部の設置について)…………………………………………………………………………………………………………286

    知事答弁…………………………………………………………………………286

    企画部長答弁……………………………………………………………………289

   柘植大二郎議員質問………………………………………………………………292

  ・県立野崎養護学校の佐世保市中心部への移転と高等部の設置………………292

    教育長答弁………………………………………………………………………293

   柘植大二郎議員質問………………………………………………………………294

  ・ジョスコー線の問題………………………………………………………………295

    企画部長答弁……………………………………………………………………295

   柘植大二郎議員質問………………………………………………………………296

    企画部長答弁……………………………………………………………………296

   柘植大二郎議員質問………………………………………………………………296

  ・米海軍佐世保基地を取り巻く情勢………………………………………………296

    知事答弁…………………………………………………………………………299

   柘植大二郎議員発言………………………………………………………………299

 一、森 信也議員〔関連質問〕………………………………………………………300

  ・佐世保港のすみ分けについて……………………………………………………300

    知事答弁…………………………………………………………………………302

 一、川村 力議員〔関連質問〕………………………………………………………302

  ・県内企業への優先発注問題………………………………………………………302

    土木部長答弁……………………………………………………………………303

   川村 力議員質問…………………………………………………………………303

  ・野崎養護学校の高等部の設置及び市中心部への移転問題……………………303

    教育長答弁………………………………………………………………………304

 一、散会…………………………………………………………………………………305

第九日(七月二日)本会議

 一、議事日程……………………………………………………………………………307

 一、出席議員……………………………………………………………………………308

 一、欠席議員……………………………………………………………………………311

 一、説明のため出席した者……………………………………………………………311

 一、開議…………………………………………………………………………………314

 一、第七十号議案及び第七十一号議案・追加議案上程……………………………314

 一、知事追加議案説明…………………………………………………………………314

 一、右、第七十号議案・原案同意……………………………………………………315

 一、右、第七十一号議案・原案同意…………………………………………………316

◯県政一般に対する質問

 一、浅田五郎議員質問…………………………………………………………………316

  ・県営バスの民営化…………………………………………………………………316

  ・料金はなぜ高いのか………………………………………………………………319

  ・なぜ、公営でないといけないのか………………………………………………320

   (交通事業会計の収支状況、公的資金の役人等の情報を広く県民、市民に公開の上、公営バスの今後のあり方について、当事者でなく、公正な立場で議論を行う「地方交通対策協議会」等を設置すべき)…………………………………………………………320

   (県営バスの役割は六十五年の歴史の中で十分果たした。民間移管の英断を期待している、知事の所見は)…………………………………………………………………321

  ・道路行政……………………………………………………………………………321

  ・長崎外環状線推進について………………………………………………………321

   (長崎外環状線の整備促進のため有料事業や民間活力の導入は考えられないか、また、整備方針はどうか)…………………………………………………………………322

  ・日本道路公団路線(川平線)と一般道路の連結について……………………322

   (利用促進のため女の都インターチェンジの構造改良を)…………………322

  ・長崎港の活性化について…………………………………………………………323

  ・長崎港の特徴は……………………………………………………………………323

   (二十一世紀を見据えて、長崎港をどのような港としたいか)……………324

  ・平成の出島建設について…………………………………………………………324

   (常盤、出島地区の緑地を平成の出島として整備し、その場所に国際交流館を)…………………………………………………………………………………………………324

   (常盤、出島の売却予定地に県立劇場を)……………………………………325

  ・お宮日の振興について……………………………………………………………325

   (「おくんち」は長崎の重要な観光資源となっており、観光振興のためには一層の活用を図っていく必要がある。そこで、「おくんち」が地域経済に及ぼす効果をどのように認識しておられるか)…………………………………………………………………325

   (長崎港周辺のお旅所やおくんち広場周辺に「だしもの」など「おくんち」関係の資料を展示する施設を整備する考えはないか)………………………………………325

  ・教育行政について…………………………………………………………………325

  ・埋蔵文化財課の新設について……………………………………………………325

   (埋蔵文化財課を新設する考えはないか)……………………………………325

  ・学校五日制について………………………………………………………………327

   (学校週五日制の意義をどのように認識しているか、様々な問題がある中で、一旦、立ち止まって考えてみてはどうかと国に言ってみる考えはないか)……………328

   (今日の教育の現状と、来るべき完全学校週五日制の実施について)……328

  ・中小企業、零細企業対策…………………………………………………………328

  ・貸し渋りについて…………………………………………………………………328

   (サポート資金は、当初の融資枠設定後、二度も補正しており、中小企業、零細企業の経営実態に対する県の認識が甘い、また、現在の貸し渋りに対する対策について)…………………………………………………………………………………………………328

    知事答弁…………………………………………………………………………329

    教育委員会委員長答弁…………………………………………………………335

    教育長答弁………………………………………………………………………337

    商工労働部長答弁………………………………………………………………340

   浅田五郎議員質問…………………………………………………………………341

  ・県営バスについて…………………………………………………………………341

  ・長崎港の活性化……………………………………………………………………342

  ・おくんちについて(見せる場所)………………………………………………343

  ・貸し渋りについて…………………………………………………………………344

  ・学校週五日制について……………………………………………………………344

    教育委員会委員長答弁…………………………………………………………346

 一、村山一正議員〔関連質問〕………………………………………………………347

  ・学校週五日制について……………………………………………………………347

    教育委員会委員長答弁…………………………………………………………347

   村山一正議員質問…………………………………………………………………347

    教育長答弁………………………………………………………………………348

   村山一正議員発言…………………………………………………………………349

 一、平田賢次郎議員質問………………………………………………………………349

  ・壱岐地方の災害について…………………………………………………………350

   (今後の対策)……………………………………………………………………351

   (土木部、農林郎等一本化した適切な対策を)………………………………351

  ・公共性の確保(起債事業等含めて)……………………………………………351

  ・最近の事案の中で公共及びこれに準じる機関に関するものが多いので県の指導監督下にある主な機関について検証をする必要かあるのでは……………………………351

   (起債の許可にあたって、内容の吟味を十分行っているか)………………353

   (許可後の施設管理など適正に運用されているかを把握しているか)……353

   (商工会組織に対する県の指導監督及び補助金の適正な運用について)…353

   (農協に対して、具体的にどのような指導・監督を行っているのか)……353

   (漁業協同組合に対する県の指導監督について)……………………………353

  ・離島(主として壱岐)の問題点…………………………………………………353

  ・離島航路、航空路…………………………………………………………………354

   (「長崎県離島航空路線存続協議会」の審議結果報告を受けた今後の具体的対応)………………………………………………………………………………………………355

   (地元市町村の協力)……………………………………………………………355

   (運航主体となる長崎航空の体質改善)………………………………………356

   (壱岐国際航空について)………………………………………………………356

   (需給調整規制が廃止され新規参入が原則自由となり、離島航路は一般とは異なった取り扱いをすることとされているが、どのような仕組みになるのか)…………356

  ・しまの拠点的まちづくりの見直し………………………………………………357

   (しまの拠点的まちづくり事業にかかる壱岐地域についての考え方は)…357

  ・海砂の採取にかかる問題…………………………………………………………358

   (海砂採取がケンサキイカの資源に与える影響)……………………………358

   (採取量の把握とそのチェックはどのようになされているのか。また、違反業者に対しては、厳正に対処する必要があると思うが、その考えはあるか)……………359

   (県外搬出についての実態及び今後どのように対応するか)………………359

   (唐津海上保安部が違法採取した本県四業者を書類送検したとあるが、県はこのような実態を把握しているのか。また、これに対する県の処分はどうだったのか、甘すぎることはないか)……………………………………………………………………………359

  ・原の辻遺跡について………………………………………………………………360

   (原の辻遺跡の保存整備を進める上での現状と課題)………………………360

   (今後の県の発掘調査に対する取り組み)……………………………………361

    知事答弁…………………………………………………………………………361

    土木部長答弁……………………………………………………………………365

    総務部長答弁……………………………………………………………………368

    商工労働部長答弁………………………………………………………………369

    農林部長答弁……………………………………………………………………370

    水産部長答弁……………………………………………………………………371

    企画部長答弁……………………………………………………………………373

    教育長答弁………………………………………………………………………374

   平田賢次郎議員質問………………………………………………………………376

  ・公共性の確保(談合の問題)……………………………………………………376

  ・公共性の確保(三セク)…………………………………………………………377

  ・航空路の問題………………………………………………………………………377

    企画部長答弁……………………………………………………………………378

   平田賢次郎議員質問………………………………………………………………378

  ・しまの拠点的まちづくり(見直し及び住民参加)……………………………378

  ・海砂の問題(罰則の強化)………………………………………………………379

    土木部長答弁……………………………………………………………………380

   平田賢次郎議員発言………………………………………………………………380

 一、休憩…………………………………………………………………………………381

 一、再開…………………………………………………………………………………381

 一、青崎 寛議員質問…………………………………………………………………3ハ二

  ・知事の基本的な政治姿勢…………………………………………………………382

   (公的権力を利用した選挙運動についての知事の所見は)…………………384

  ・知事、理事者の裁量権行使の範囲について……………………………………384

   (県立長崎シーボルト大学事務用備品の入札で、提訴された内容)………385

   (入札事務処理において、庁内統一基準を制定すべきではないか)………386

  ・毎日新聞・西海評論における「平戸の敵を日蘭で」(四月三十日)を読んだ感想「報復指名について」………………………………………………………………………386

   (報復指名の問題について)……………………………………………………386

  ・地方分権と町村合併………………………………………………………………387

   (地方分権を確立するためには、市町村の体質強化を図ることにより、国や県の行政機構を大幅に縮小し、行政のスリム化とコスト削減を図る必要がある。そのための市町村合併であると考えるがどうか)………………………………………………………388

  ・交通網の整備と環境問題…………………………………………………………388

  ・県内二時間交通圏構想の達成状況………………………………………………388

   (二時間交通圏の達成状況はどのようになっているか。また、その早期実現は最重要課題と考えるが知事としての決意は)………………………………………………389

  ・西九州自動車道建設における佐世保市民からの見直し要望と「佐世保道路連絡調整会議」での検討経過………389

   (佐世保道路連絡調整会議の検討過程と現在の状況は)……………………389

  ・二十一世紀にふさわしい都市交通のあり方……………………………………389

   (都市部の郊外に駐車場を整備し、JRなど公共交通機関を利用したパークアンドライドが必要と思うがどうか。また、マイカー自粛などのソフト対策を講じることこそが、二十一世紀にふさわしい行政のあり方ではないか)………………………………390

  ・水産行政、密漁・違反操業取り締まりについて………………………………390

  ・密漁・違反操業の効果的な取り締まりの方法…………………………………391

    知事答弁…………………………………………………………………………392

    出納長答弁………………………………………………………………………394

    土木部長答弁……………………………………………………………………395

    企画部長答弁……………………………………………………………………396

    水産部長答弁……………………………………………………………………397

   青崎 寛議員質問…………………………………………………………………398

  ・選挙について………………………………………………………………………398

  ・知事、理事者の裁量権(マニュアルづくり)…………………………………398

    出納長答弁………………………………………………………………………399

   青崎 寛議員質問…………………………………………………………………400

  ・マニュアルづくり…………………………………………………………………400

    出納長答弁………………………………………………………………………401

   青崎 寛議員質問…………………………………………………………………402

  ・知事の裁量権………………………………………………………………………402

    知事答弁…………………………………………………………………………403

   青崎 寛議員質問…………………………………………………………………403

    知事答弁…………………………………………………………………………403

   青崎 寛議員質問…………………………………………………………………404

  ・指名権について……………………………………………………………………405

    土木部長答弁……………………………………………………………………406

   青崎 寛議員質問…………………………………………………………………406

    知事答弁…………………………………………………………………………406

   青崎 寛議員質問…………………………………………………………………407

  ・地方分権(町村合併)……………………………………………………………408

    知事答弁…………………………………………………………………………409

   青崎 寛議員質問…………………………………………………………………410

  ・地方分権(合併の最終目的・都道府県と市町村のあり方)…………………410

    総務部長答弁……………………………………………………………………411

   青崎 寛議員質問…………………………………………………………………411

  ・地方分権(アンケート調査)……………………………………………………411

    知事答弁…………………………………………………………………………412

   青崎 寛議員発言…………………………………………………………………412

  ・県内二時間交通圏構想……………………………………………………………413

 一、冨岡 勉議員〔関連質問〕………………………………………………………414

  ・県内二時間交通圏構想……………………………………………………………414

  ・西彼杵道路…………………………………………………………………………414

    土木部長答弁……………………………………………………………………415

   冨岡 勉議員質問…………………………………………………………………415

    土木部長答弁……………………………………………………………………416

   冨岡 勉議員発言…………………………………………………………………416

 一、松田正民議員〔関連質問〕………………………………………………………417

  ・知事、理事者の裁量権、報復指名………………………………………………417

    知事答弁…………………………………………………………………………418

   松田正民議員発言…………………………………………………………………419

 一、西村貴恵子議員質問………………………………………………………………420

  ・少子化対策等について……………………………………………………………420

  ・乳幼児医療費助成の年齢拡大と現物支給の実施………………………………420

  ・学童保育の充実について…………………………………………………………421

   (学童保育の家賃や人件費について、県単で補助金の加算を行うべきではないか。また、学校敷地内や学校近隣の公有地を利用した施設整備についての県単独での補助を行うべきではないか)………………………………………………………………………422

  ・チャイルドシート対策について…………………………………………………422

   (市町村においてチャイルドシート無料貸し出し事業を実施した場合、件が補助を行えないか)………………………………………………………………………………423

  ・学校における男女混合名簿の実施について……………………………………423

   (国内外の男女共同参画社会の推進や本県の実情を踏まえた上で、学校における男女混合名簿の実施に対する基本的な考え)……………………………………………423

  ・市町村の国保事業に県の助成を…………………………………………………424

  ・県民が安心して利用できる介護保険の改善について…………………………424

  ・実情にあった公平・公正な介護認定を…………………………………………425

  ・安心して介護が受けられる基盤整備の促進を…………………………………426

  ・市町村独自の福祉施策の尊重を…………………………………………………426

   (香焼町独自の施策として行っている老人医療費の自己負担金免除に対し、県は是正の行政指導を行っているが、どのような考えで行っているのか)………………426

  ・ガイドライン関連法に対する対応について……………………………………426

  ・県民生活優先を貫くこと…………………………………………………………427

   (周辺事態の際の空港、港湾等の利用については知事として県民生活優先の姿勢を貫くべきである。これに対する基本的な考え方は)…………………………………427

  ・西海町横瀬へのLCAC駐機場の移転について………………………………428

   (LCAC駐機場については、知事は県民の立場にたって移転に反対していくべきである。これに対する基本的な考え方は)……………………………………………428

    知事答弁…………………………………………………………………………428

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………433

    教育長答弁………………………………………………………………………434

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………435

   西村貴恵子議員質問………………………………………………………………436

  ・乳幼児の医療費助成の年齢拡大…………………………………………………438

    知事答弁…………………………………………………………………………439

   西村貴恵子議員質問………………………………………………………………439

  ・学童保育所(施設の使用料、運営費)…………………………………………439

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………440

   西村貴恵子議員質問………………………………………………………………441

  ・学童保育所(余裕教室の利用・福祉保健郎と教育委員会は連携を)………441

    福祉保健部長答弁………………………………………………………………442

   西村貴恵子議員質問………………………………………………………………442

  ・学校の男女混合名簿(男女共同参画の視点から)……………………………442

    県民生活環境部長答弁…………………………………………………………443

   西村貴恵子議員質問………………………………………………………………443

    教育長答弁………………………………………………………………………444

   西村貴恵子議員質問………………………………………………………………444

    教育長答弁………………………………………………………………………445

   西村貴恵子議員質問………………………………………………………………445

    知事答弁…………………………………………………………………………446

   西村貴恵子議員質問………………………………………………………………446

  ・介護保険制度の改善(高島町の六十五歳以上の医療費無料化)……………446

    知事答弁…………………………………………………………………………448

 一、中田晋介議員〔関連質問〕………………………………………………………448

  ・乳幼児医療費助成の対象年齢の拡大と現物給付の実施………………………448

    知事答弁…………………………………………………………………………449

   中田晋介議員質問…………………………………………………………………449

    知事答弁…………………………………………………………………………450

   中田晋介議員質問…………………………………………………………………450

  ・長崎空港建設時、軍事利用のおそれがある場合は、知事は県民の先頭に立って反対するという覚書について…………………………………………………………………450

    知事答弁…………………………………………………………………………451

   中田晋介議員発言…………………………………………………………………451

 一、議案・請願委員会付託……………………………………………………………451

 一、散会…………………………………………………………………………………452

第十日(七月三日)休会

第十一日(七月四日)休会

第十二日(七月五日)休会

第十三日(七月六日)委員会

第十四日(七月七日)委員会

第十五日(七月八日)委員会

第十六日(七月九日)委員会

第十七日(七月十日)休会

第十八日(七月十一日)休会

第十九日(七月十二日)休会

第二十日(七月十三日)休会

第二十一日(七月十四日)本会議

 一、議事日程……………………………………………………………………………453

 一、出席議員……………………………………………………………………………454

 一、欠席議員……………………………………………………………………………457

 一、説明のため出席した者……………………………………………………………457

 一、開議…………………………………………………………………………………460

◯委員長報告

 一、文教委員長報告……………………………………………………………………460

 一、厚生委員長報告……………………………………………………………………464

 一、各議案・原案可決・承認…………………………………………………………469

 一、経済労働委員長報告………………………………………………………………469

 一、各議案・原案可決・承認…………………………………………………………473

 一、農林水産委員長報告………………………………………………………………473

 一、議案・原案可決・承認、請願・採択……………………………………………477

 一、土木委員長報告……………………………………………………………………477

 一、各議案・原案可決・承認…………………………………………………………482

 一、総務委員長報告……………………………………………………………………482

 一、第二号請願「国旗・国歌の速やかな法制化とその尊重規定を求める請願」・少数意見留保報告・森 信也議員………………………………………………………………486

 一、議長発言……………………………………………………………………………489

 一、報告第十四号「長崎県税条例の一部を改正する条例」・承認………………490

 一、第二号請願・採択…………………………………………………………………490

 一、各議案・原案可決・承認、請願・採択…………………………………………490

 一、発議第百三号「長崎県議会会議規則の一部を改正する規則」・提出………490

 一、右、発議第百三号・原案可決……………………………………………………493

 一、委員会から政府・国会あて意見書等提出の動議・提出………………………493

 一、右、動議・「国旗国歌の早期法制化と尊重規定について」・可決…………494

 一、右、各動議・可決…………………………………………………………………494

 一、園田圭介議員外十六名より『「周辺事態法」に関する意見書案』、並びに園田圭介議員外十三名より『「国旗・国歌法」の慎重審議を求めるを意見(要望)書案』及び「通信傍受法案を桂とする組織犯罪対策三法案の慎重審議を求める意見(要望)書案」が、また、中田晋介議員外一名より、「国旗・国歌についての国民的討論を求める意見書案」、「新ガイドライン関違法に関する意見書案」、「プライバシーを侵害する盗聴法案の廃案を求める意見書案」・提出………………………………………………………………495

 一、右、動議・提案理由の説明・萩原康雄議員……………………………………507

 一、右、動議・提案理由の説明・中田晋介議員……………………………………510

 一、右、動議・反対討論・田ロ一信議員……………………………………………512

 一、右、動議・『「周辺事態法」に関する意見書案』・否決……………………515

 一、右、動議・『「国旗・国歌法」の慎重審議を求める意見(要望)書案』・否決……………………………………………………………………………………………………516

 一、右、動議・「通信傍受法案を柱とする組織犯罪対策三法案の慎重審議を求める意見(要望)書案」・否決……………………………………………………………………516

 一、右、動議・「国旗・国歌についての国民的討論を求める意見書案」・否決

 一、右、動議・「新ガイドライン関連法に関する意見書案」・否決……………517

 一、右、動議・「プライバシーを侵害する盗聴法案の廃案を求める意見書案」・否決…………………………………………………………………………………………………517

 一、議会閉会中の付託事件・決定……………………………………………………517

 一、知事あいさつ………………………………………………………………………518

 一、議長あいさつ………………………………………………………………………519

 一、閉会…………………………………………………………………………………520