議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 長崎県

平成11年  5月 臨時会(5月17日) 05月17日−01号




平成11年  5月 臨時会(5月17日) − 05月17日−01号









平成11年  5月 臨時会(5月17日)



平成十一年五月臨時会議事日程 (平一一・五・一七)

 一、開会

 二、会期決定

 三、会議録署名議員指名

 四、意見書案上程、質疑・討論、採決

 五、閉会

 平成十一年五月十七日(月曜日)

  出席議員(四十九名)

    一番 西村貴恵子君

    二番 冨岡 勉君

    三番 青崎 寛君

    四番 織田 長君

    五番 石丸五男君

    六番 柘植大二郎君

    七番 吉村庄二君

    八番 松島世佳君

    九番 大川美津男君

   一〇番 松尾 等君

   一一番 萩原康雄君

   一二番 坂本智徳君

   一三番 川添 亨君

   一四番 吉川 豊君

   一五番 橋村松太郎君

   一六番 野口健司君

   一七番 浜崎祐一郎君

   一八番 馬込 彰君

   一九番 中田晋介君

   二〇番 杉 徹也君

   二一番 橋本希俊君

   二二番 松尾忠幸君

   二三番 川越孝洋君

   二五番 田中愛国君

   二六番 西川忠彦君

   二七番 野本三雄君

   二八番 平田賢次郎君

   二九番 朝長則男君

   三〇番 三好徳明君

   三一番 奥村愼太郎君

   三二番 八江利春君

   三三番 末永美喜君

   三四番 宮内雪夫君

   三五番 松田正民君

   三六番 平山源司君

   三七番 森 信也君

   三八番 前田富雄君

   三九番 園田圭介君

   四一番 田中廣太郎君

   四二番 北村誠吾君

   四三番 末吉光徳君

   四五番 池原 泉君

   四六番 南条三四郎君

   四七番 林 義博君

   四八番 加藤寛治君

   四九番 浅田五郎君

   五○番 村山一正君

   五一番 古藤恒彦君

   五二番 田口一信君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  欠席議員(三名)

   二四番 川村 力君

   四○番 大石 保君

   四四番 谷川弥一君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  説明のため出席した者

   知事            金子原二郎君

   副知事           宮崎政宣君

   副知事           澤井英一君

   出納長           出口啓二郎君

   総務部長          溝添一紀君

   企画部長          川端一夫君

   県民生活環境部長      澤本正弘君

   福祉保健部長        永石征彦君

   商工労働部長        古川 康君

   水産部長          徳島 惇君

   農林部長          白浜重晴君

   土木部長          佐竹芳郎君

   交通局長          古賀喜久義君

   教育委員会委員長      桟 熊獅君

   教育次長          西 敏男君

   監査委員          中川 忠君

   監査事務局長        小嶺勝彦君

   人事委員会委員       高平米雄君

   人事委員会事務局長     豊里義明君

   公安委員会委員長      田中圭介君

   警察本部長         森  喬君

   警務部長          岩田 彰君

   地方労働委員会事務局長   鈴木強一君

   選挙管理委員会委員長    松藤 悟君

   選挙管理委員会書記長    村上公幸君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  事務局職員出席者

   局長            水上啓一君

   総務課長          青木季男君

   議事調査課長        立花正文君

   議事調査課企画監      奥川義孝君

   議事調査課課長補佐     松本洋一君

   議事調査課係長       本田哲朗君

   主事            山下尚信君

   主事            福田義道君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     −− 午後一時二分開会 −−



○議長(林義博君) ただいまから、平成十一年五月臨時会を開会いたします。

 これより、本日の会議を開きます。

 まず、会期の決定をいたします。

 本臨時会の会期は、本日一日間とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林義博君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は本日一日間と決定されました。

 次に、本臨時会の会議録署名議員につきましては、青崎 寛議員及び川添 亨議員を指名いたします。

 知事より招集のあいさつがあります|知事。



◎知事(金子原二郎君) 〔登壇〕昨日、地方自治法第百一条第一項の規定に基づく議会招集の請求がなされましたので、本日、ここに臨時県議会を招集いたしましたところ、議員皆様方には、御多忙のところ、御出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。

 本日、付議すべき事件は、臨時会招集請求書による暴力絶滅に関する意見書決議についてであります。

 去る五月十四日の夜、谷川弥一議員が何者かによって襲われ、負傷されるという事件が発生いたしました。暴力行為の排除については、これまで数次にわたり県議会においても決議がされているところであり、それにもかかわらず、今回のこのような傷害事件が発生したことは、まことに遺憾であります。

 谷川弥一議員に対しましては、心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い御回復を祈念いたします。

 暴力行為は、いかなる理由があろうとも断じて許されるものではなく、私も暴力行為に対しては、断固たる態度で臨みたいと決意を新たにした次第であります。

 よろしく御審議の上、適正なる御決議を賜りますようにお願い申し上げます。



○議長(林義博君) この際、今回の県議会議員への傷害事件について、警察本部長の報告を求めます−−警察本部長。



◎警察本部長(森喬君) 県議会議員谷川弥一氏に対する傷害事件の発生につきまして、事件概要等を説明いたします。

 五月十四日、金曜日の午後十時ころ、長崎市西山台所在谷川議員方玄関先におきまして、同議員が帰宅したところ、何者かが議員の後方から鉄棒様のもので殴りつけ、右手打撲、頭部挫裂創の傷害を負わせ、逃走するという事件が発生いたしました。

 警察は、時間発生の届け出を受け、直ちに県下全域に緊急配備を発令して捜査を開始し、現在も引き続き鋭意捜査中であります。

 警察は、本事件を公人としての県議会議員に対する悪質な事件ととらえ、浦上警察署に刑事部長を本部長とする捜査本部を設置し、必検の決意で捜査を推進中であります。

 以上で、説明を終わらせていただきます。



○議長(林義博君) この際、しばらく休憩いたします。

     −− 午後一時五分休憩 −−

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     −− 午後一時四十六分再開 −−



○議長(林義博君) 会議を再開いたします。

 北村誠吾議員外十名より「暴力絶滅に関する意見書案」がお手元に配付いたしておりますとおり提出されておりますので、直ちに議題といたします。

 提出者を代表して、北村誠吾議員が朗読いたします|四十二番。



◆四十二番(北村誠吾君) 〔登壇〕提出者を代表して、意見書案の朗読をさせていただきます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     動議

 暴力絶滅に関する意見書(案)を別紙のとおり提出する。

  平成十一年五月十七日

                      議員   北村誠吾

                      議員   浅田五郎

                      議員   加藤寛治

                      議員   松田正民

                      議員   八江利春

                      議員   三好徳明

                      議員   野本三雄

                      議員   杉 徹也

                      議員   萩原康雄

                      議員   大川美津男

                      議員   野口健司

  長崎県議会議長   林 義博様

          暴力絶滅に関する意見書(案)

 今般の本県議会議員に対する傷害事件は、すべての人の胸に理不尽な暴力に対する憤怒の念を抱かせた。

 われわれは、自由な言論の府の選良たる本県議会議員にまでその活動を封じるかの如く暴力の手が伸びたことを民主主義への挑戦と受け止め、黙視することはできない。

 昭和四十四年の議長刺殺事件以降、本県議会は、自らも自粛自戒、襟を正しつつ暴力の根源を絶滅するため、数次にわたり暴力排除等に関する決議を行ってきた。

 しかしながら、発砲事件など昨今の状況は、むしろ悪化の度を強めており、犯罪発生率の低さにおいて全国に誇るべき実績を有する本県においても、憂慮される事態である。

 われわれは、事件の徹底糾明を要望するとともに、これを契機として暴力追放の世論を更に盛り上げ、断固として立ち上がらなければならない。

 よって、本県議会は、全ての県民の理解と協力の下に、暴力行為を排除するため、いかなる暴力行為も許さない社会環境の醸成に努め、県民が安心して生活できる社会の実現を目指すことを誓う。

 なお、県当局においても暴力の温床を徹底的に断ち切るため、民間・警察一体となり県民総ぐるみの暴力根絶県民運動に邁進されたい。また、学校教育、社会教育の分野においても広くその運動の展開が強く望まれる所である。

  右、地方自治法第九十九条第二項の規定により意見書を提出する。

      平成十一年五月十七日

                              長崎県議会

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(林義博君) お諮りいたします。

 本意見書案は、質疑討論を省略し、直ちに採決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林義博君) 御異議なしと認めます。

 よって、直ちに採決いたします。

 本意見書案は、可決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(林義博君) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案は、可決されました。

 以上をもちまして、本臨時会に付議されました意見書の審議は、終了いたしました。

 これをもちまして、本臨時会を閉会いたします。

     −− 午後一時五十一分閉会 −−

     議長    林 義博

     副議長   末吉光徳

     署名議員  青崎 寛

     署名議員  川添 亨

     (速記者)

      主査  天雨千代子