議事ロックス -地方議会議事録検索-


長崎県 長崎県

平成11年  1月 臨時会 01月27日−01号




平成11年  1月 臨時会 − 01月27日−01号









平成11年  1月 臨時会



   平成十一年一月臨時会議事日程 第一日目(平一一・一・二七)

 一、開会

 二、開議

 三、会期決定

 四、会議録署名議員指名

 五、第一号議案乃至第三号議案一括上程

 六、知事議案説明

 七、上程議案委員会付託

 八、散会

平成十一年一月二十七日(水曜日)

   出席議員(五十一名)

        一番  松島世佳君

        二番  松元義隆君

        三番  大川美津男君

        四番  松尾 等君

        五番  萩原康雄君

        六番  杉 徹也君

        七番  橋本希俊君

        八番  松尾忠幸君

        九番  高倉洋一君

       一〇番  吉川 豊君

       一一番  橋村松太郎君

       一二番  野口健司君

       一三番  浜崎祐一郎君

       一四番  馬込 彰君

       一五番  中山 功君

       一六番  田中愛国君

       一七番  西川忠彦君

       一八番  野本三雄君

       二〇番  川村 力君

       二一番  森 信也君

       二二番  前田富雄君

       二三番  平田賢次郎君

       二四番  林田 悧君

       二五番  朝長則男君

       二六番  三好徳明君

       二七番  佐藤 了君

       二八番  西津 覚君

       二九番  奥村愼太郎君

       三〇番  八江利春君

       三一番  末永美喜君

       三二番  田口一信君

       三三番  大石 保君

       三四番  中田晋介君

       三五番  広川 豊君

       三六番  宮崎角治君

       三七番  本多繁希君

       三八番  園田圭介君

       三九番  松田正民君

       四〇番  田中廣太郎君

       四一番  北村誠吾君

       四二番  末吉光徳君

       四三番  谷川弥一君

       四四番  池原 泉君

       四五番  南条三四郎君

       四六番  吉永和男君

       四七番  石本順之助君

       四八番  林 義博君

       四九番  加藤寛治君

       五〇番  吉住重行君

       五一番  古藤恒彦君

       五二番  村山一正君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   欠席議員(一名)

       一九番  川越孝洋君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   説明のため出席した者

       知事       金子原二郎君

       副知事      清浦義廣君

       副知事      澤井英一君

       出納長      宮崎政宣君

       総務部長     森脇晴記君

       企画部長     溝添一紀君

       生活環境部長   田中敏寛君

       福祉保健部長   塩塚吉朗君

       商工労働部長   水谷 正君

       水産部長     木村道夫君

       農林部長     白浜重晴君

       土木部長     梶 太郎君

       交通局長     前田信行君

       雲仙岳災害

                川端一夫君

       復興担当理事

       長崎都心再開発

                勝本 豊君

       担当理事

       教育委員会

                桟 熊獅君

       委員長

       教育長      出口啓二郎君

       教育次長     山崎滋夫君

       監査委員     中川 忠君

       監査事務局長   浦川 勝君

       人事委員会

                栗原賢太郎君

       委員長

       人事委員会

                三浦正秀君

       事務局長

       公安委員会

                田中圭介君

       委員長

       警察本部長    田林 均君

       警務部長     岩田 彰君

       地方労働委員

                木下浩之君

       会事務局長

       選挙管理委員

                松藤 悟君

       会委員長

       選挙管理委員

                南里雅彦君

       会書記長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   事務局職員出席者

       局長       水上啓一君

       次長兼

                米倉元治君

       総務課長

       議事調査課長   吉田岩水君

       企画監      立花正文君

       議事調査課

                内田喜久君

       課長補佐

       議事調査課

                本田哲朗君

       係長

       主事       永野清士君

       主事       山下尚信君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           −−午前十時零分開会−−



○議長(村山一正君) おはようございます。

 ただいまから、平成十一年一月臨時会を開会いたします。

 これより、本日の会議を開きます。

 この際、知事より教育委員会委員を紹介したい旨の申し出があっておりますので、これを受けることにいたします−知事。



◎知事(金子原二郎君) さきの平成十年第四回定例県議会において、御同意をいただき任命いたしました特別職を御紹介いたします。

 教育委員会委員 松浦 潤君でございます。(拍手)

 よろしくお願いいたします。



○議長(村山一正君) 次に、会期の決定をいたします。

 本臨時会の会期は、お手元に配付いたしております会期日程表のとおり、本日より一月二十八日までの二日間とすることに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(村山一正君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は二日間と決定されました。

 次に、会議録署名議員の指名をいたします。

 本臨時会の会議録署名議員につきましては、宮崎角治議員及び北村誠吾議員を指名いたします。

 次に、知事より、第一号議案ないし第三号議案の送付がありましたので、これを一括上程いたします。

 ただいま上程いたしました議案について、知事の説明を求めます−知事。



◎知事(金子原二郎君) 〔登壇〕本日、ここに臨時県議会を招集いたしましたところ、議員の皆様には、御多用中にもかかわりませず御出席を賜り、衷心より厚く御礼申し上げます。

 本臨時県議会において御審議をお願いいたします議案は、第一号議案「平成十年度長崎県一般会計補正予算(第五号)」ほか予算議案二件であります。

 今回の補正予算については、国の緊急経済対策に適切に対処するとともに、県内経済の活性化に向けた施策を早急に実施する必要があることから、特に臨時県議会において御審議を賜ることとした次第であります。

 最近の我が国経済の動向は、個人消費が全体として低調であり、住宅建設では低水準が続いております。設備投資は大幅に減少しており、生産面においても在庫率が依然高水準であり、雇用情勢は完全失業率がこれまでの最高水準で推移するなど、景気は低迷状態が長引き、極めて厳しい状況であります。

 このような中、国は、昨年十一月十六日、総事業規模にして過去最大の十七兆円を超え、恒久的な減税まで含めれば二十兆円を大きく上回る規模の緊急経済対策を決定し、「不況の環」を断ち切り、九九年度には我が国経済をはっきりとしたプラス成長に転換させ、二年度までに経済再生を図ることとしております。

 また、これらを具体化するため社会資本整備をはじめ金融特別対策、地域振興券発行経費などを主な内容とする総額五兆六千七百六十九億円の国の第三次補正予算が、去る十二月十一日に成立したところであり、公共事業の追加補正は、事業費ベースで四兆五千億円となっております。

 一方、最近の本県経済の動向は、公共投資の増加傾向が明確化してきているほか、小売売上げもこのところ一部ながら持ち直しの動きが見られますが、住宅投資が低迷の度を強め、企業の設備投資も中小企業を中心に減少傾向にあり、企業倒産も前年を上回るなど、県内経済は、引き続き厳しい状況にあります。

 このような中、本県では、昨年四月の国の総合経済対策に呼応し、経済活性化推進本部会議を開催するとともに、昨年の第二回定例県議会をはじめとする各定例会を通して、公共投資の積極的な確保、中小企業の経営安定化対策、雇用の確保、消費需要の拡大対策など、総合的な経済施策の展開に努めてまいりました。今回さらに、国の第三次補正予算に早急に対応するとともに、本県経済の回復を図るため、一般会計四百三十七億二千五百五十五万八千円、特別会計七億七千二百三万九千円の補正予算を編成することといたしました。

 このうち公共事業の追加補正は、一般公共事業で四百一億四千二百三十三万三千円、国直轄事業負担金で二十四億九千九百六万四千円を計上いたしました。

 このほか、中小建設業の受注機会の拡大を図るため、小規模な県単独事業について前倒し発注が可能となるよう五億円の債務負担行為を計上するとともに、市町村が発行主体となる地域振興券交付事務を円滑に推進するための指導事務費を計上するなど、本県の経済活性化について、さらに全力を尽くしてまいる所存であります。

 以上をもちまして、本日提出いたしました議案の説明を終わります。

 何とぞ、慎重に御審議の上、適正なる御決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(村山一正君) ただいま説明がありました第一号議案ないし第三号議案につきましては、お手元の議案付託表のとおり、それぞれの委員会に付託いたします。

 各委員会は、お手元の日程表のとおり、本日の午後から、それぞれ開催されますようお願いいたします。

 本日の会議は、これにて終了いたします。

 一月二十八日は、午後三時より本会議を開きます。

 本日は、これをもって散会いたします。

           −−午前十時八分散会−−