議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 伊万里市

平成19年 5月 臨時会(第1回) 05月15日−02号




平成19年 5月 臨時会(第1回) − 05月15日−02号







平成19年 5月 臨時会(第1回)


          平成19年伊万里市議会会議録(第1回臨時会)

1.日 時  平成19年5月15日 午前10時00分開会
2.出席した議員
    1番  前 田 教 一         13番  高 木 久 彦
    2番  占 野 秀 男         14番  堀   良 夫
    3番  松 尾 雅 宏         15番  島 田 布 弘
    4番  多久島   繁         16番  内 山 泰 宏
    5番  松 永 孝 三         17番  笠 原 義 久
    6番  松 尾 博 幸         18番  前 田 儀三郎
    7番  船 津 賢 次         19番  岩 橋 紀 行
    8番  前 田 久 年         20番  田 中 啓 三
    9番  渡 邊 英 洋         21番  福 田 喜 一
    10番  草 野   譲         22番  盛   泰 子
    11番  山 ? 秀 明         23番  下 平 美 代
    12番  樋 渡 雅 純         24番  浜 野 義 則

3.欠席した議員
    な  し

4.出席した事務局職員
    局長  城     武

5.地方自治法第121条による出席者の職氏名
    市長                  塚 部 芳 和
    副市長                 前 田 和 人
    総務部長                永 田   昇
    政策経営部長              友 廣 英 久
    市民部長(福祉事務所長)        山 平 邦 博
    産業部長                田 中 健 志
    建設部長                馬 場   繁
    総務部副部長(税務課長)        片 岡 弘 道
    総務部副部長(総務課長)        力 武 幸 生
    企画政策課長              山 本 洋一郎
    財政課長                光 田 和 夫
    長寿社会課長              田 中 正 廣
    建設部副部長(都市開発課長)      浦 川 富美男
    建設課長                馬場崎 裕 之
    下水道課長               青 木 政 博
    市民病院事務局事務長          岩 ?   雅
    会計管理者               田 中 直 記
    水道部長(水道事業管理者職務代理者)  尾 形 洋一郎
    消防長                 松 永 彰 則
    教育長                 岩 永 憲一良
    教育部長                江 頭 興 宣

1.議事日程(第2号)
    第1 市長提出議案等の一括上程
    第2 議案等の提案理由説明
    第3 議案等に対する質疑
    第4 市長提出追加議案の上程
    第5 市長提出追加議案の提案理由説明
    第6 市長提出追加議案に対する質疑
    第7 議案の付議順序により討論、採決
    第8 閉会

1 本日の会議に付した事件
    日程第1 市長提出議案等の一括上程
     議案第43号 専決処分の承認を求めることについて(損害賠償の額を定めること
           について)
     議案第44号 専決処分の承認を求めることについて(伊万里市税条例の一部を改
           正する条例)
     議案第45号 専決処分の承認を求めることについて(伊万里市国民健康保険税条
           例の一部を改正する条例)
     議案第46号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度伊万里市一般会
           計補正予算(第10号))
     議案第47号 伊万里市教育委員会委員の任命について
     議案第48号 平成19年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につ
           いて
     議案第49号 平成19年度伊万里市立花台地開発事業特別会計補正予算(第1号)
           について
     議案第50号 平成19年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)に
           ついて
     議案第51号 平成19年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
           について
     議案第52号 平成19年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第1号)について
     報告第1号 専決処分の報告について(市営住宅の管理上必要な訴えの提起につ
           いて)
    日程第2 議案等の提案理由説明
    日程第3 議案等に対する質疑
    日程第4 市長提出追加議案の上程
     議案第53号 伊万里市監査委員の選任について
    日程第5 市長提出追加議案の提案理由説明
    日程第6 市長提出追加議案に対する質疑
    日程第7 議案の付議順序により討論、採決
    日程第8 閉会

1.会議の顛末
               (午前10時00分 開議)







△日程第1 市長提出議案等の一括上程



△日程第2 議案等の提案理由説明



○議長(前田教一)

 おはようございます。定刻、定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。

 なお、地方自治法の規定により、議案等の説明のため市長以下関係者の出席を求めておりますので、御了承ください。

 それでは、日程に従いまして、市長提出議案第43号から第52号までの10件及び報告第1号の1件を一括上程いたします。

 議案等の朗読を省略して、直ちに提案理由の説明を求めます。塚部市長。



◎市長(塚部芳和) (登壇)

 皆さん、おはようございます。平成19年伊万里市議会第1回臨時会を招集し、当面する急施案件について御審議をお願いするに当たり、その提案理由並びに概要を御説明申し上げます。

 まず初めに、予算議案から御説明申し上げます。

 議案第48号「平成19年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について」、議案第49号「平成19年度伊万里市立花台地開発事業特別会計補正予算(第1号)について」、議案第50号「平成19年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について」、議案第51号「平成19年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について」及び議案第52号「平成19年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第1号)について」の5特別会計補正予算につきましては、平成18年度の決算見込みにおいて歳入不足が生じる見込みでありますので、平成19年度の歳入を繰り上げて充用するため、繰上充用金等を追加するものであります。

 次に、予算以外の議案について御説明申し上げます。

 議案第43号から議案第46号までの「専決処分の承認を求めることについて」の4議案につきましては、損害賠償の額を定めることを平成19年3月23日に、伊万里市税条例の一部を改正する条例、伊万里市国民健康保険税条例の一部を改正する条例及び平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第10号)を平成19年3月30日に、それぞれ地方自治法第179条第1項の規定により専決処分しましたので、議会の承認を求めるものであります。

 議案第43号の内容といたしましては、二里町の伊万里市国見台公園陸上競技場周囲トリムコース上で発生しました公園の管理瑕疵による事故で、大坪町乙165番地8 田中敦夫氏に損害を与えたことについて、損害賠償の額を定めたものであります。

 議案第44号及び議案第45号の内容といたしましては、地方税法の一部を改正する法律が本年3月30日に公布され、その一部について4月1日から施行されることに伴い、税条例において、高齢者、障害者等が居住する既存住宅のバリアフリー改修に係る固定資産税の減額措置の創設、上場株式等の配当・譲渡益に係る軽減税率の適用期限を延長するなどの改正を行うとともに、国民健康保険税条例において、国民健康保険税の賦課限度額の増額を行ったものであります。

 議案第46号の内容といたしましては、本年3月の第1回定例市議会終了後、平成18年度伊万里市一般会計予算において、各種公共事業費等の確定等により、歳入において市債等の増減を行い、歳出においては市債の変更に伴い関係する費目について財源組み替えを行うとともに、特別地方交付税の交付額等の増加分を減債基金に積み立てたものであります。

 議案第47号「伊万里市教育委員会委員の任命について」は、委員 馬場?満朗氏の任期が平成19年6月23日で満了することに伴い、同氏を再任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 以上、本日提出いたしました議案について、その提案理由並びに概要を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



△日程第3 議案等に対する質疑



○議長(前田教一)

 市長の提案理由の説明が終わりましたので、議案等に対する質疑を行います。

 まず、議案第43号 専決処分の承認を求めることについて(損害賠償の額を定めることについて)。22番盛議員。



◆22番(盛泰子)

 都市公園の管理瑕疵による公園利用者の負傷に対する専決処分ですけれども、これまでもこういう事故が起こった場合に、その善後策をどうするのかということを議論してきたことがあります。今回もそれに関連して3点ほどお尋ねしたいと思います。

 まず1点目は、この事故が起こった現場については事前に教えていただいて、管理棟からちょうど反対側のあたりだということでしたので、昨日8時ごろ現場の状況を確認に私自身行ってまいりました。

 以前から、国見台の外周はちょっと暗いのではないかというような御指摘もいただいておりましたんですが、今回の管理瑕疵の内容は、どのようにどの部分が瑕疵だったと認識されているかどうかをまず1点目です。

 それから2点目は、国見台の管理区分に関してですが、体育施設は教育委員会、それから、公園部分は建設部という二重の管理体制になっていると思いますが、これはこれまでも懸案事項ということでなっていたと思います。現在の考え方についてはいかがでしょうか。

 それから3点目は、この専決処分の日にちです。3月23日ということで、この日は3月議会の最終日であったと思います。自治法第179条第1項の規定では、専決をするに当たって四つの基準が示されており、これまでの議論では永田総務部長から専決は少なくあるのが望ましいというふうなこともいただいて、全くそのとおりだと思っています。

 今回、3月23日に専決になった経緯ですね、それについてお尋ねしたいと思います。

 以上です。



○議長(前田教一)

 建設部長。



◎建設部長(馬場繁)

 今回の事故についての原因の認識でございますが、公園の管理につきましては、やはり市民の皆さんが事故のないように安全を期して管理を行っております。ただ、今回事故をされたのが、ちょうど桜の木の張り出した枝が左目に当たったということでございまして、これまで高さについては十分配慮をしておりました。大体1メートル80以上の枝を切るということで今まで努めております。今回当たられた方は背が高くあられますので、その分が当たっております。とにかく事故が起きたということで、その対応としては2メーターをあけるという取り組みをまずしております。もう一つは、やはり施設内を利用される方に十分注意をしていただくような啓発も行っていきたいと考えております。

 それと、2点目の管理区分でございます。

 確かに議員申されるように、公園については都市開発課、運動施設については教育委員会という管理を行っております。ただ、これは市民の皆さんがやはりわかりにくい状況にございますので、それにつきましては両部署が協議を行って、どちらかが一元化でやりたいという考えを持っております。ただ、施設の利用としましては、やはり運動施設利用者が多くいらっしゃいますので、今の考えとしては教育委員会で一元化の管理ができればと思っております。

 それと、3点目の専決日の日付でございます。

 この事故が発生してから田中氏と数回にわたって面談を行いまして、話し合いをしたわけでございます。都合10回話し合いをしております。その中で、1月26日に完全にけがが治癒されております。その後に保険の手続を行いまして、確かに23日が最終日でございます。ただ、閉会後に田中氏と面談した中で最終の示談をいただきましたので、その日を専決処分の日として決めております。



○議長(前田教一)

 ほかにございませんか。24番。



◆24番(浜野義則)

 今の管理瑕疵についての質問があって答弁があったわけですが、例えば、公共施設とか公共用地ですね、やっぱり市内各地にあると思うんですが、例えば、今回の場合もジョギングされていて枝が目に当たって負傷されて、その管理瑕疵を問われるということになりますと、そこら辺は、例えば公園なんかで木があって、遊んでいる途中で木が目に入ってとか、ほかの公園もありますよね、そういうものまで管理瑕疵という形でずっと問われるのか、もちろん市民の皆さんに迷惑をかけないというのが行政は前提でなければいけないわけですが、そこまで問われるもんかなという判断もするわけですが、法的にはどういうふうになっているんですか。



○議長(前田教一)

 建設部長。



◎建設部長(馬場繁)

 管理瑕疵の判断でございますが、まず事故があった場合に当然私たちに報告が参ります。まず現地を確認しております。その中において、管理上やむを得ないという判断のもとにやっております。ただ、やはり利用される方にはそれなりに自分でもそういう危険を予知して利用していただくような、今後いろいろな取り組みを利用者の方にもしていきたいと思います。

 ただ、今議員申されますように、事故があるたびに対応するかというと、それは状況に応じて判断をしてまいりたいと考えております。



○議長(前田教一)

 24番。



◆24番(浜野義則)

 ちょっと聞いているのは、今後ずっとこういうことというのは、いろいろ各地で考えられるわけでしょう。そうしたときに、結局これが法的に果たして管理瑕疵という状況に当たるのかなという感じが一つにはするわけですが、そこら辺の判断はどうされているんですか。



○議長(前田教一)

 建設部長。



◎建設部長(馬場繁)

 市としてこういう公の施設におきましては、全国市長会市民総合賠償補償保険に加入をしております。まずそこに事故報告を行っております。その状況を保険会社の方で判断されて、管理瑕疵という判断がある場合、それで対応したいと考えております。その状況については、ある程度保険会社もその内容を十分把握されますので、その結果においての市の対応を考えております。



○議長(前田教一)

 24番浜野議員。



◆24番(浜野義則)

 そしたら、もう一つ確認なんですが、例えば保険会社の保険が支払われる対象にならない場合は管理瑕疵に当たらないという判断でいいわけですか。



○議長(前田教一)

 建設部長。



◎建設部長(馬場繁)

 まず、第一には保険会社の判断を仰ぎたいと思っております。

 次においては、やはり相手方との話し合いを進めていきまして、市としてないという、施設利用者の過失によるものと判断した場合には、その辺を十分説明して、了解をいただきたいと考えております。



○議長(前田教一)

 市長。



◎市長(塚部芳和)

 管理瑕疵の認識でございますけど、基本的に私は管理瑕疵というのは、事故が想定されることを管理者として放置をしていたときに問われるものが管理瑕疵、そしてもう一つは、いわゆる予測ができていない、不測の状態のときにも管理瑕疵が問われることでございまして、今回は不測の状態の場合の管理瑕疵という形での損害賠償の請求であると。私も現場を見てきて、トリムコースも回っておりますけど、やはり木の枝が風雨とか、あるいは木の成長によって思わぬ予測できない状態で事故が発生したというような状況だととらえております。管理瑕疵の考え方については、そういうことで認識をしているところでございます。



○議長(前田教一)

 ほかにございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第43号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第44号 専決処分の承認を求めることについて(伊万里市税条例の一部を改正する条例)。7番船津議員。



◆7番(船津賢次)

 この上場株式等の配当・譲渡益に係る軽減税率の適用期限を延長するということで、その減税の見込み額、それから件数、これをお知らせいただきたいと思います。



○議長(前田教一)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 伊万里市では非常に少ない件数だということは認識いたしておりますけれども、具体的に何件で現在の効果が幾らというところまでは申しわけございませんが、把握いたしておりません。



○議長(前田教一)

 7番船津議員。



◆7番(船津賢次)

 それは調べればわかると思いますので、後で調べてお知らせいただきたいというふうに思います。



○議長(前田教一)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 後ほど調べて御報告いたします。



○議長(前田教一)

 ほかにございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第44号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第45号 専決処分の承認を求めることについて(伊万里市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について)。7番船津議員。



◆7番(船津賢次)

 今と同じような質問ですけども、限度額の引き上げによって増税額が幾らになるのか、見込み額が幾らになるのか、お尋ねしたいと思います。



○議長(前田教一)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 これは調べております。53万円が限度額、それが56万円になります。3万円引き上げることによって対象者が52人減ります。減りますけども、税額としては約1,000万円増額となります。



○議長(前田教一)

 ほかにございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第45号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第46号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第10号))について。16番内山議員。



◆16番(内山泰宏)

 市債の関係でお尋ねをいたします。

 19年度、これ見ますと209億ぐらいが見込み額と、年度末見込み額となっております。

 それで、第2次の財政健全化計画もあるものと思っておるわけでございますが、これは計画ですので、計画でありますよと言ってしまえばそれまでの話でございますが、大体順調にいっているのか、その差がどのくらいあるのか、その辺のところをお尋ねしたいと思っております。



○議長(前田教一)

 政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

 差というか、ここのところの、単年度で申し上げますと、昨年、予期せぬ災害がありましたので、その分等が上乗せになっているなという感じは受けているわけでございまして、明確な差というものは、まだ把握を出しているという状況ではございませんが、そういう状況だなという認識でおるわけでございます。



○議長(前田教一)

 内山議員。



◆16番(内山泰宏)

 私のあれでは10億ぐらい市債がアップするのではないかというふうに思っております。

 財政健全化計画を見ますと、22年度までに20億ぐらい減をしなければならないというような、それはあくまでも計画ですので、それは結構なんですが、そうなりますと、この財政健全化計画の範囲といいますか、これが順調にいくのかどうかですね、その辺のところをお尋ねしたいと思っております。



○議長(前田教一)

 政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

 第1次から第2次にこの間変わったわけでございますが、やっぱり交付税、国からの交付分、歳入ですね、この分がなかなか見通しが立たない状況がございます。したがって、毎年ローリング的にやってきているわけでございまして、その考え方で一つはやっていかないかんなというのも、19年度、20年度にわたるとき、そういった点でローリングを改めてしながら歳入の再チェックを行って歳出を定めていくと、こういうことでローリングは基本的にやっているわけでございますが、おおむね43億の効果といいましょうか、第2次分、この分は若干プラス面で作用している点がございます。したがって、おおむね20年度の、まだ今からそのあたりももう少し試算をせにゃいかんわけでございますが、おおむね2カ年程度は第2次計画分はもつのではないかといいましょうか、何とか予想内に入っているのではないかという認識でおるところでございます。



○議長(前田教一)

 ほかに質疑はございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第46号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第47号 伊万里市教育委員会委員の任命について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第47号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第48号 平成19年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について。7番船津議員。



◆7番(船津賢次)

 9ページの繰上充用金ですけど、3月議会、3月補正後に7,148万4千円の歳入不足額が生じたということですけど、その内訳をお知らせいただきたいと思います。



○議長(前田教一)

 市民部長。



◎市民部長(山平邦博)

 ただいまの御質問では、不足額が生じた内訳をということでございますけれども、今、手元に明確なところまでの資料を持ち合わせておりませんので、後ほどお答えさせていただいてよろしゅうございますか。



○議長(前田教一)

 よろしいですか。

 ほか質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第48号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第49号 平成19年度伊万里市立花台地開発事業特別会計補正予算(第1号)について。16番内山議員。



◆16番(内山泰宏)

 お尋ねいたします。

 19年度の予算案内で、これは1,300万円ぐらいというようなことで予算がありましたけれども、あれは恐らく計画されてきておるわけでございますが、もういろいろと具体的に、まだそれ以上の収入とかなんとか、具体的な話があっているでしょうか。その辺をお尋ねいたします。



○議長(前田教一)

 建設部長。



◎建設部長(馬場繁)

 立花台地につきましては、分譲計画を立てて、今事業を進めております。当初予算におきまして、大体年間としては、計画では5区画の分譲を予定しております。ただ、今のところについては、その申し込みがあっておりません。



○議長(前田教一)

 16番内山議員。



◆16番(内山泰宏)

 繰上充用金ですね、19年度から18年度にお金を処理されているというようなことです。大体ずっと見てみますと、繰上充用金もずっと減ってはきているようでございます。16年度が8億とか、17年度が6億6千とか、ずっと減ってはきておるようです。

 それで、今後の見通しですか、今、何区画残っていて、大体の見通し完了がどのくらいになるのか、その辺の予想はなかなかつきにくいでしょうけども、あと5億ぐらいの繰上充用金になっておるわけでございますが、その辺のところがわかれば教えていただきたいと思います。



○議長(前田教一)

 建設部長。



◎建設部長(馬場繁)

 ただいまの分譲の状況でございます。

 全体としましては、148区画の分譲を計画しております。18年度までに分譲できた分が52区画ございます。あと96区画がまだ未分譲でございます。

 これにつきましては、先ほど申し上げましたように年間5区画の分譲をするということで、長くなりますが、平成40年度で一応この特別会計を締めるという計画を立てております。結果的に今の状態でいきまして、最終的には黒字決算ができるという見込みでおります。



○議長(前田教一)

 ほかございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第49号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第50号 平成19年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第50号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第51号 平成19年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第51号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第52号 平成19年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第52号に対する質疑を終結いたします。

 次、報告第1号 専決処分の報告について、市営住宅の管理上必要な訴えの提起について、議案集の14、15ページです。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、報告第1号に対する質疑を終結いたします。

 ここでしばらく休憩いたします。

               (午前10時30分 休憩)

               (午前10時44分 再開)



○議長(前田教一)

 会議を再開いたします。

 ここで総務部長、市民部長より発言の申し入れがあっておりますので、これを許可いたします。総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 先ほどの船津議員の御質問にお答えできなかった分について、調査いたしましたので、お答えいたします。

 株式譲渡益について課税した件数43件、課税した税額144万4千円でございます。これは平成19年度でございます。

 以上です。



○議長(前田教一)

 市民部長。



◎市民部長(山平邦博)

 続きまして、議案第48号の平成19年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、船津議員の方から御質問がございました。先ほどお答えできませんでしたので、調査した結果を報告いたします。

 まず、歳入部門でございますけれども、国民健康保険税におきまして、これは18年度の予算に比較してということで御理解いただきたいと思いますが、3億2,200万円の減ということが一つでございます。

 それから、国庫支出金につきましては、9,200万円程度の減ということでございます。

 それから、療養給付費の交付金でございますけども、これにつきましては1億3,900万円の増という形です。

 それから、共同事業交付金、これにつきましては約5,000万円の減ということでございます。

 歳入の合計で申し上げますと、予算に比して3億6,800万円程度の歳入不足が発生しております。

 それから、歳出でございますけれども、保険給付費で約1億円の増という形になっております。

 そして、老人保健拠出金でございますけれども、これでは1億3,000万円の減という形でございます。

 共同事業拠出金、これで3億4,700万円程度の増という形になっております。

 これらを合計して18年度の予算に比べますと、2億9,600万円の歳出減ということになりまして、先ほど申し上げました歳入の合計の減額分3億6,800万円と2億9,600万円を比較しますと、今回お願いしております繰上充用金7,148万4千円という見込みをはじいたところでございます。

 以上でございます。



△日程第4 市長提出追加議案の上程



○議長(前田教一)

 よろしいですか。

 ここで新たに市長提出追加議案1件が提出されております。この取り扱いについては議会運営委員会を開催していただき、協議の結果、本日の日程に追加上程することに決定されております。

 そこで、お諮りをいたします。市長提出追加議案1件の取り扱いについては議会運営委員会の決定どおり、本日の日程に追加上程いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、市長提出追加議案1件を本日の日程に追加上程いたします。

 ただいま上程いたしました市長提出追加議案第53号を議題といたします。

 それでは、議案の朗読を省略して直ちに提案理由の説明を求めます。塚部市長。



△日程第5 市長提出追加議案の提案理由説明



◎市長(塚部芳和) (登壇)

 本日提出いたしました追加議案について、その提案理由を御説明申し上げます。

 議案第53号「伊万里市監査委員の選任について」は、議会選出の監査委員 樋渡伊助氏の任期が平成19年4月29日をもって満了したことに伴い、新たに田中啓三氏を選任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 以上、本日提出いたしました追加議案について、その提案理由を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



△日程第6 市長提出追加議案に対する質疑



△日程第7 議案の付議順序により討論、採決



○議長(前田教一)

 市長提出追加議案の提案理由の説明が終わりましたので、議案に対する質疑を行います。

 議案第53号 伊万里市監査委員の選任について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第53号に対する質疑を終結いたします。

 それでは、議案の付議順序に従いまして、これより討論、採決を行います。

 まず、議案第43号 専決処分の承認を求めることについて(損害賠償の額を定めることについて)。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第43号については原案のとおり承認されました。

 次、議案第44号 専決処分の承認を求めることについて(伊万里市税条例の一部を改正する条例)。7番船津議員。



◆7番(船津賢次) (登壇)

 この議案に反対する立場から討論をしたいと思います。

 上場株式等の配当譲渡益は、本則税率20%のところを平成15年から軽減税率10%にされています。今回期限が到来し、これを1年延長することとなりましたけれども、こうした優遇税制は、実際には一握りの富裕層に減税の恩恵が集中する金持ち減税となっておりますので、直ちに撤廃すべきだと考えますので、反対をいたします。

 以上です。



○議長(前田教一)

 反対の討論がありましたが。(発言する者あり)

 ここで討論を終結いたします。

 反対の討論がありましたので、採決をいたします。

 原案に賛成の方の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって、議案第44号については原案のとおり承認されました。

 次、議案第45号 専決処分の承認を求めることについて(伊万里市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)。7番船津議員。



◆7番(船津賢次) (登壇)

 国保税の限度額は、限度額超過世帯数が全世帯の5%を超えないように見直しがされてきているところでありますけれども、07年度の限度額超過世帯割合は、厚生労働省の試算によりますと、現行のままでは5.4%になると、ですから、5%を下回るには3万円の引き上げが必要であると、こういうふうになっております。

 これは、公的年金控除の縮小や老年者控除の廃止などにより、収入額が変わらないのに所得額が上昇した影響があるわけであります。

 現在、国保税は住民の負担能力を超えるような水準にもなっており、支払い能力に見合ったものに改めていかなければいけないと考えますので、この案に反対いたします。

 以上です。



△日程第8 閉会



○議長(前田教一)

 ただいま反対の討論がありましたが、賛成の討論ありますか。(発言する者あり)

 ここで討論を終結いたします。

 原案に賛成の方の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって、議案第45号については原案のとおり承認されました。

 次、議案第46号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第10号))について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第46号については原案のとおり承認されました。

 次、議案第47号 伊万里市教育委員会委員の任命について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第47号については原案のとおり同意されました。

 次、議案第48号 平成19年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第48号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第49号 平成19年度伊万里市立花台地開発事業特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第49号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第50号 平成19年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第50号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第51号 平成19年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第51号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第52号 平成19年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第52号については原案のとおり可決されました。

    〔田中啓三議員除斥により退場〕

 次、議案第53号 伊万里市監査委員の選任について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第53号については原案のとおり同意されました。

    〔田中啓三議員入場〕

 以上をもちまして、今期臨時会の日程をすべて終了いたしました。

 平成19年伊万里市議会第1回臨時会を閉会いたします。

               (午前10時57分 閉会)



 上記のとおり会議の次第を記録し、これを証するために署名する。

  平成  年  月  日

             伊万里市議会

                 議  長  前 田 教 一



                 臨時議長  下 平 美 代



                 議  員  松 尾 雅 宏



                 議  員  多久島   繁