議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 伊万里市

平成19年 3月 定例会(第1回) 03月01日−01号




平成19年 3月 定例会(第1回) − 03月01日−01号







平成19年 3月 定例会(第1回)


          平成19年伊万里市議会会議録(第1回定例会)

1.日 時  平成19年3月1日 午前10時00分開会
2.出席した議員
    1番  黒 川 通 信         15番  前 田 儀三郎
    2番  島 田 布 弘         16番  笠 原 義 久
    3番  山 ? 秀 明         17番  内 山 泰 宏
    4番  草 野   譲         18番  占 野 秀 男
    5番  山 田   悟         19番  盛   泰 子
    6番  樋 渡 雅 純         20番  岩 橋 紀 行
    7番  渡 邊 英 洋         21番  樋 渡 伊 助
    8番  前 田 久 年         22番  原 口   弘
    9番  貞 方 喜 延         23番  田 中 啓 三
    11番  堀   良 夫         25番  満 江 洋 介
    12番  高 木 久 彦         26番  福 田 喜 一
    13番  前 田 教 一         27番  下 平 美 代
    14番  岡 口 重 文         28番  浜 野 義 則

3.欠席した議員
    10番  川 内   学    

4.出席した事務局職員
    局長  城     武

5.地方自治法第121条による出席者の職氏名
    市長                  塚 部 芳 和
    助役                  前 田 和 人
    総務部長                永 田   昇
    政策経営部長              友 廣 英 久
    市民部長(福祉事務所長)        山 平 邦 博
    産業部長                田 中 健 志
    建設部長                副 島 秀 雄
    総務部副部長(総務課長)        江 頭 興 宣
    総務部副部長(税務課長)        片 岡 弘 道
    企画政策課長              山 本 洋一郎
    財政課長                光 田 和 夫
    市民部副部長(市民課長)        田 中 恒 範
    産業部副部長(農山漁村整備課長)    山 口 俊 昭
    産業部副部長(企業誘致推進課長)    中 島 善 博
    建設部副部長(都市開発課長)      馬 場   繁
    理事(経営企画室長)          南   和 夫
    市民病院事務長             岩 ?   雅
    水道事業管理者職務代理者
                        川 原 清 春
    水道部長
    水道部副部長(工業用水道開発室長)   尾 形 洋一郎
    消防長                 松 永 彰 則
    教育長                 岩 永 憲一良
    教育部長                田 中 直 記
    教育副部長(体育保健課長)       山 口 宇 作

1.議事日程(第1号)
    第1 開会
    第2 会議録署名議員の指名
    第3 会期の決定

    第4 市長提出議案の一括上程
    第5 市長提出議案の提案理由説明

1.本日の会議に付した事件
    日程第1 開会
    日程第2 会議録署名議員の指名
    日程第3 会期の決定
┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐
│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│
├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │ │ │   │開   会                   │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │会議録署名議員の指名              │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │1│木│本会議│会期の決定                   │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │市長提出議案等42件………一括上程        │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │市長提出議案等の提案理由説明          │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │2│金│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │3│土│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │4│日│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │5│月│本会議│議案等に対する質疑               │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│3│ │ │   │議案等に対する質疑               │午前10時│
│ │6│火│本会議│                        │    │
│ │ │ │   │議案の常任委員会付託              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │7│水│休 会│特別委員会(交通網・港湾・企業誘致対策)    │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │8│木│休 会│特別委員会(地域医療整備対策)         │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │9│金│休 会│全   休(中学校卒業式)           │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │10│土│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │11│日│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │12│月│本会議│一般市政に対する質問              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │13│火│本会議│一般市政に対する質問              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │14│水│本会議│一般市政に対する質問              │    │
└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘
┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐
│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│
├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │15│木│休 会│常任委員会                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │16│金│休 会│常任委員会(小学校卒業式)           │午後1時│
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │17│土│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │18│日│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │19│月│休 会│常任委員会                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │20│火│休 会│正副委員長会                  │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │21│水│休 会│全   休(春分の日)             │    │
│3├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │22│木│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤午前10時│
│ │ │ │   │常任委員会報告                 │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │常任委員会報告に対する質疑           │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │特別委員会報告                 │    │
│ │23│金│本会議│                        │    │
│ │ │ │   │特別委員会報告に対する質疑           │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │議案の付議順序により討論、採決         │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │閉   会                   │    │
└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘

               変 更 会 期 日 程
┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐
│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│
├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │ │ │   │開   会                   │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │会議録署名議員の指名              │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │1│木│本会議│会期の決定                   │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │市長提出議案等42件………一括上程        │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │市長提出議案等の提案理由説明          │    │
│3├─┼─┼───┼────────────────────────┤午前10時│
│ │2│金│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │3│土│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │4│日│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │5│月│本会議│議案等に対する質疑               │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │ │ │   │議案等に対する質疑               │    │
│ │6│火│本会議│                        │    │
│ │ │ │   │議案の常任委員会付託              │    │
└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘
┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐
│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│
├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │7│水│休 会│特別委員会(交通網・港湾・企業誘致対策)    │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │8│木│休 会│特別委員会(地域医療整備対策)         │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │9│金│休 会│全   休(中学校卒業式)           │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │10│土│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │11│日│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │12│月│本会議│一般市政に対する質問              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │13│火│本会議│一般市政に対する質問              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │14│水│休 会│常任委員会                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │15│木│休 会│常任委員会                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │16│金│休 会│全   休(小学校卒業式)           │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │17│土│休 会│全   休                   │    │
│3├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │18│日│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │19│月│休 会│常任委員会                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │20│火│休 会│正副委員長会                  │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │21│水│休 会│全   休(春分の日)             │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │22│木│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │ │ │   │常任委員会報告                 │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │常任委員会報告に対する質疑           │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │特別委員会報告                 │    │
│ │23│金│本会議│                        │    │
│ │ │ │   │特別委員会報告に対する質疑           │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │議案の付議順序により討論、採決         │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │閉   会                   │    │
└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘
    日程第4 市長提出議案の一括上程
     議案第1号 伊万里市副市長定数条例制定について
     議案第2号 伊万里市長、副市長及び水道事業管理者並びに教育長の給料月額の
           特例に関する条例制定について
     議案第3号 伊万里市朝ごはん条例制定について
     議案第4号 伊万里市マイタウン定住促進条例制定について
     議案第5号 伊万里市こどもハートフルセンターひまわり園条例制定について
     議案第6号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関
           する条例制定について
     議案第7号 伊万里市職員の勤務時間及び休暇等に関する条例の一部を改正する
           条例制定について
     議案第8号 伊万里市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について
     議案第9号 資金の積立てに関する基金条例の一部を改正する条例制定について
     議案第10号 伊万里市留守家庭児童クラブ条例の一部を改正する条例制定につい
           て
     議案第11号 伊万里市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について
     議案第12号 伊万里市予防接種健康被害調査委員会設置条例の一部を改正する条
           例制定について
     議案第13号 伊万里市敬老祝金支給条例を廃止する条例制定について
     議案第14号 特定事業契約締結の変更について(伊万里市学校給食センター整備
           事業)
     議案第15号 指定管理者の指定について(伊万里市こどもハートフルセンターひ
           まわり園)
     議案第16号 佐賀県西部広域環境組合の設置について
     議案第17号 有田磁石場組合規約の変更について
     議案第18号 伊万里・有田地区特別養護老人ホーム組合規約の変更について
     議案第19号 伊万里・有田地区衛生組合規約の変更について
     議案第20号 伊万里・有田地区介護認定審査会の共同設置に関する規約の変更に
           ついて
     議案第21号 伊万里・有田地区障害程度区分認定審査会の共同設置に関する規約
           の変更について
     議案第22号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第9号)について
     議案第23号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)につ
           いて
     議案第24号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計補正予算(第3号)について
     議案第25号 平成18年度伊万里市立花台地開発事業特別会計補正予算(第2号)
           について
     議案第26号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)に
           ついて
     議案第27号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第6号)
           について
     議案第28号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第3号)について
     議案第29号 平成18年度伊万里市水道事業特別会計補正予算(第3号)について
     議案第30号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第6号)に
           ついて
     議案第31号 平成18年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計補正予算(第3
           号)について
     議案第32号 平成19年度伊万里市一般会計予算について
     議案第33号 平成19年度伊万里市国民健康保険特別会計予算について
     議案第34号 平成19年度伊万里市介護保険特別会計予算について
     議案第35号 平成19年度伊万里市立花台地開発事業特別会計予算について
     議案第36号 平成19年度伊万里市公共下水道事業特別会計予算について
     議案第37号 平成19年度伊万里市農業集落排水事業特別会計予算について
     議案第38号 平成19年度伊万里市市営駐車場特別会計予算について
     議案第39号 平成19年度伊万里市老人保健特別会計予算について
     議案第40号 平成19年度伊万里市水道事業特別会計予算について
     議案第41号 平成19年度伊万里市工業用水道事業特別会計予算について
     議案第42号 平成19年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計予算について
    日程第5 市長提出議案の提案理由説明

1.会議の顛末
                (午前10時 開会)






△日程第1 開会



○議長(黒川通信)

 おはようございます。定刻、定足数に達しておりますので、ただいまから本日をもって招集されました平成19年伊万里市議会第1回定例会を開会いたします。

 まず、会議に先立ちまして、去る1月10日に御逝去されました故岩本盛房議員の御冥福をお祈りして、黙とうを捧げたいと存じます。恐れ入りますが、全員御起立願います。黙とう。

    〔黙  とう〕

 直れ。お座りください。

 ここで、故岩本盛房議員に対し、追悼の言葉を申し上げたいと思います。浜野議員、よろしくお願いいたします。



◆28番(浜野義則) (登壇)

 追悼の言葉。

 お許しをいただきましたので、去る1月10日に逝去されました故岩本盛房議員の急逝を悼み、謹んで哀悼の意を表します。

 本日、ここに平成19年第1回定例会開催に当たり、最後列の24番議席に、あんなに元気であったあなたの豪快なる容姿を見ることができないことは、本当に寂しく悲しい思いであり、議員一同惜別の情を禁じ得ません。

 顧みますに、あなたは昭和17年6月26日伊万里市東山代町大久保の地に生を受けられ、東山代小・中学校を経て、昭和37年3月伊万里農林高等学校を卒業されました。その後、昭和40年8月伊万里市消防署に奉職され、平成5年9月までの28年間、市民の期待と信頼にこたえるべく日夜職務に精励され、その生命・財産を守るために、多岐にわたり多大な御尽力をいただきました。抜群の御功績は万人の認めるところであります。

 果敢で行動力に富むあなたは、平成5年10月地域住民の信望を担い、市議会議員に初当選されるや、今日まで4期連続当選。13年3カ月の長きにわたり、地方自治の進展と伊万里市の発展に尽くされ、市民福祉の向上に大きく貢献されました。幅広い交遊と政治手腕は、衆目の一致するところであり、議会においても総務委員会委員長、建設委員会副委員長、特別委員会委員長などなど多くの要職を歴任され、遺憾なくその手腕を発揮していただきました。

 また、議員間の信望も厚く、平成17年5月から議会選出の伊万里市監査委員に就任されるや、強固な責任感でその重責を立派に果たされ、真に民意を代表した議会人として縦横無尽の活躍をされました。

 今年2月6日に旭日単光章の叙勲を受けられましたことは、これら生前の顕著な御功労によるものであり、このような幾多の御功績は、必ずや後世にその名をとどめおかれるものと信じてやまないものであります。

 回復途上にあるとばかり思っていましたあなたの生涯が、こんなにも早く終えんを告げようとは神のみぞ知ることでありますが、御家族や御親族の献身的な看護の中で「もう一度元気になろう」と懸命に頑張っておられたお姿を思い浮かべますとき、その願いにこたえ得なかったあなたの気持ちは、さぞかし無念であっただろうと推察しております。

 「生者必滅・会者定離」は世の定めとは申しながら、あなたの御逝去は我々議員一同にとっても痛恨の極みであり、返す返すも残念でなりません。今後はあなたの意思を受け継ぎ、みんなで協力しながら、よりよい伊万里市を実現していくことが何よりの供養だと信じ、私たちも懸命に頑張ってまいります。

 市民に厚く信頼され、郷土をこよなく愛したあなたの余りにも短い64年の生涯に合掌し、御冥福をお祈りいたします。どうぞ安らかにお眠りください。

 ここに、故岩本盛房議員のありし日をしのびながら、御生前の御功績をたたえ、泉下の平安と御遺族並びに伊万里市の前途に、限りなき御加護を賜らんことをお願いいたしまして、追悼の言葉といたします。

                    平成19年3月1日

                        伊万里市議会議員  浜 野 義 則



△日程第2 会議録署名議員の指名



△日程第3 会期の決定



△日程第4 市長提出議案の一括上程



△日程第5 市長提出議案の提案理由説明



○議長(黒川通信)

 それでは、直ちに本日の会議を開きます。

 なお、本日は市長並びに伊万里ケーブルテレビジョンから取材の申し出があり、これを許可しておりますので、御了承ください。

 まず、会議規則第108条の規定により、会議録署名議員の指名を行います。

 21番樋渡伊助議員、22番原口議員に会議録の署名をお願いいたします。

 次に、会期の決定を議題といたします。

 去る2月22日に議会運営委員会を開催していただき、会期日程等について協議がなされ、今期定例会は本日から3月23日までの23日間と決定されております。

 そこでお諮りいたします。今期定例会の会期は、議会運営委員会の決定どおり、本日から3月23日までの23日間といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から3月23日までの23日間と決定いたしました。

 なお、地方自治法の規定により、議案説明のため、市長以下関係者の出席を求めておりますので、御了承ください。

 それでは、市長提出議案第1号から第42号までの42件を一括上程いたします。

 議案の朗読を省略して、直ちに提案理由の説明を求めます。塚部市長。



◎市長(塚部芳和) (登壇)

 皆さんおはようございます。平成19年第1回定例会の開会に当たり、市政運営について所信の一端を申し述べますとともに、今議会に提案いたしました平成19年度当初予算、並びにその他の議案について概要を御説明申し上げます。

 市政運営2期目のスタートの年となった昨年は、新たな企業の進出に加え、IC関連や造船など既存誘致企業の大規模な事業拡張が決定し、雇用の拡大と地域経済の浮揚に大きな期待が持てるようになりました。

 一方、関係機関や団体等が推進母体となった「食を活かしたまちづくり」や各町、各地区での「子ども見守り隊」など市民協働、市民主体の取り組みに加えて、小・中学生を初めとする市民の各方面にわたる全国レベルの活躍など明るい話題も多く、将来の飛躍への大きな手ごたえを感じました。

 このように、地域活性化の大きな原動力となる民間の経済活動を促進する取り組みに加えて、市民の積極的なまちづくり活動も着実に進展しており、私のマニフェストに掲げる元気な伊万里市づくりへ向けた確かな一歩を踏み出すことができました。

 そうした中、新たに取り組んだ第4工業用水道事業や市民ニーズに的確に対応するための中核的病院の整備、広域連携によるごみ処理施設の建設など、市勢発展の新たな土台となる大きなプロジェクトが動き出したところです。

 私は来る平成19年度を、足取りも確かな「前進の年」と位置づけ、引き続きこれらの重要プロジェクトを力強く推し進めながら、人も産業も活力にあふれる、元気な伊万里市づくりに向け、全力を傾注してまいる所存であります。

 さて、我が国は、少子化の進展と相まって高齢社会、人口減少社会の時代を迎えており、それに起因して、労働力人口の減少や社会保障費の増大などの経済的影響とともに、都市と地方の格差が一層進展することが予測されています。

 そうした中、昨年暮れに制定された地方分権改革推進法によって、地方分権の流れが加速され、これまで以上に地方の自立が求められることになります。

 今後、地方自治体にとっては保健、福祉、医療などの民生部門での行政需要が増大する反面、不安定な税収や地方交付税の減少などにより財源の確保が一層困難になることが予測されることから、これまでの地方行政のあり方自体を見直し、さらなる行財政改革に取り組む必要が生じています。

 伊万里市においても、これまで積極的に取り組んできたインフラ整備に伴う起債償還を初め、プロジェクトへの投資や多様な住民サービスなど幅広い財政需要にいかに対応するかが大きな課題となっており、昨年見直しを行った第4次行政改革大綱及び第2次財政健全化計画に沿って、これまで以上に行財政改革に取り組むとともに、創意工夫を凝らしながら堅実な財政運営に努めてまいります。

 一方、官製談合や汚職、不正経理、公務員の飲酒運転事故など行政の信頼を損なう不祥事が全国で相次ぐ中、市民の皆様の市政に対する理解と協力が得られるよう、私自身はもちろん、職員一同「さわやか市政」の意識を新たにして、市政運営に当たっていく覚悟であります。

 そういう中で、当面するプロジェクトへの対応ですが、未来志向型の伊万里市づくりというべき大きな視点から市政を見たとき、将来の発展に欠かすことのできない大型プロジェクトが今後何年かに集中しており、その実現に向けて積極的に取り組みます。

 中でも、IC関連企業の大規模な事業拡張に伴う第4工業用水道事業については、雇用の拡大や地域経済活性化に大きな効果が期待できることから取り組んでいるところであり、佐賀県との連携により着実に推進いたします。

 また、事業費用については、その負担が将来にわたり市政運営の妨げとならないよう、佐賀県や国等に対して財政支援を強く要望してまいります。

 中核的病院の整備に関しましては、伊万里・有田地区の公的病院の統合に向けた準備室を設けたところであり、有田町との間で建設場所を含めた整備構想等について鋭意協議を進めます。

 伊万里湾開発における七ツ島工業団地のマイナス13メートル岸壁の整備、あるいは西九州自動車道を初め、国道202号線、国道204号線、国道498号大坪バイパス、県道伊万里山内線、県道黒川松島線バイパスなど市街地形成の骨格となる幹線道路網も着々と整備が進みつつあり、地域振興に大きな効果をもたらすこれらの事業の早期完成を目指し、国や佐賀県に対して、なお一層働きかけを強めてまいります。

 安全、安心の確保に向けては、昨年秋の集中豪雨被害では、想像をはるかに超えた自然災害の恐ろしさとともに、万一に備えた災害に強いまちづくりの重要性を痛感させられました。

 被災した施設の一刻も早い復旧と被災農業者の復興支援に取り組むとともに、7月9日を「市民防災の日」と定め、市民一人一人の防災意識の高揚を図りながら、防災パトロールの実施や災害情報の円滑な収集伝達など防災対策の充実に努めます。

 市民の皆様に利用していただく公共施設については、毎月の点検実施により十分な安全確保に努めるほか、交通事故の減少や火災事故の防止に向けた地道な取り組みを継続して進めてまいります。

 このところ、子どもたちをめぐる事件や犯罪が後を絶たないことに深い悲しみと激しい憤りを感じます。

 本市では、各地区において「子ども見守り隊」の活動や防犯パトロールなどが定着し、着実に効果を上げてきており、引き続き、子どもたちを危険から守る地域の取り組みを推進してまいります。

 「住みたいまち・行きたいまち」への思いでありますが、市民アンケート調査によると、市民が最も期待する「住みたいまち」は、働く場に恵まれ、産業経済活動が活発なまちであります。

 このため、企業の活発な設備投資や雇用拡大を促進するとともに、農業や商業を初めとした地場産業の活動が円滑に行われるよう支援を行い、だれもが安定した生活を送ることができるまちづくりに取り組んでまいります。

 また、外部の人にとっても魅力のある「行きたいまち」を目指し、長い歴史と伝統を誇る焼き物や古伊万里ゆかりの文化、豊かな自然から生み出される恵まれた食材や食文化など、地域固有の資源を活かしたまちづくりに取り組むとともに、今後は若年勤労者や団塊の世代などの市外からの転入による定住促進を積極的に進めます。

 このように、さまざまな分野において伊万里市の元気づくりに努めるとともに、市民との協働を基調として、行政の普遍の目標である「住みたいまち・行きたいまち」の実現に向け、たゆみない努力を惜しまない覚悟であります。

 主要な施策としまして、以上のような基本的な考えのもと、マニフェストに掲げた「5つの元気なまちづくり」の基本方針に基づいて取り組む主な施策について御説明申し上げます。

 一つ目は「歴史や伝統文化、特産品など地域の宝を生かした元気なまち」です。

 昨年、民間の研究所が行った地域ブランド調査において、食品以外の購入したい産品部門で伊万里焼が全国779市の中の1位に輝きました。

 このことからも、焼き物の魅力を最大に生かす取り組みが重要な課題と考えられるところであり、大川内山に建設が予定されている戸栗美術館の建設促進とともに、アジアネットワーク事業による伊万里焼を再び世界に広める取り組みや、市街地においては古伊万里文化の香りを醸し出す景観形成などに努めます。

 また、農産物などの特産品や伊万里ならではのイベントなど豊かな地域資源を活用して、福岡都市圏などからの観光客誘致に取り組みます。

 二つ目は「地域医療の充実と食のまちづくりによる日本一の健康長寿の元気なまち」です。

 将来にわたって市民が安心できる高度な医療体制を確立するため、西部保健医療圏全体を見据えながら、中核的病院の整備について有田町や関係機関と協議を重ねていくとともに、医師会の協力を得ながら、休日・夜間の救急医療にも対応を図ってまいります。

 また、朝ごはん運動を中心に食育の推進を初めとする食を活かしたまちづくりについて、一層の普及拡大に努めるとともに、「たっしゃか体操」や手軽に取り組める軽スポーツの実践などを通じて、市民が元気で豊かな人生を送ることのできる健康長寿のまちづくりに努めます。

 三つ目は「企業誘致と地場産業の育成による雇用の拡大と生き生きと働ける元気なまち」です。

 新たな企業の進出に加え、IC関連や造船など既存企業の大規模な事業拡張によって伊万里団地が90%、七ツ島工業団地では77%の分譲率となっており、残りの分譲地の完売を目指して、誘致企業の関連企業を中心に積極的に誘致活動を行っていくほか、設備投資に対する支援や中小企業への資金融資などを通じて、地場企業の活性化に努めてまいります。

 また、既存企業の事業拡張等に伴い、数年のうちに1,000人を超える新たな雇用が予定されており、新規学卒者の転出に歯どめがかかることが期待されるところであります。

 なお、市外からの通勤者も相当数見込まれることから転入を奨励することによる定住促進にも力を入れてまいります。

 四つ目は「教育・福祉の充実と子育て支援による安心して子どもを産み育てる元気なまち」です。

 全国的に子どもたちをめぐる犯罪や事故が多発し、いじめ問題が深刻化する中、子どもたちが命の大切さを感じながら、心身ともに健やかに成長していけるように家庭や学校、地域がともに力を合わせていかなければなりません。

 このため、子どもたちの安全を確保する「見守り隊」や思いやりの心を育てる「いじめなし運動」といった地域ぐるみの取り組みを提唱したところであり、関係機関や団体との連携を深めながら、引き続き積極的に推進してまいります。

 また、不妊治療や子どもの医療費に対する助成など、子育て世代の経済的な負担軽減を図るほか、幅広いニーズに応じた保育サービスなど、きめ細かな子育て支援策を講じることにより、安心感と喜びに満ちて子どもを産み育てることのできる環境づくりに努めます。

 五つ目は「活力ある農林水産業の育成と商業を中心とする中心市街地が輝く元気なまち」です。

 水田農業を中心とした農業政策の転換期にあって、関係機関や団体と連携しながら、認定農業者や集落営農組合など地域農業の担い手の育成確保に努めるとともに、園芸や畜産など伊万里ブランドの普及拡大を図ります。

 また、学校給食で「ふるさと食材伊万里の日」を制定するなど、地産地消の取り組みを拡大するとともに、消費者や都市住民との交流などを通じて農村の活性化に取り組みます。

 一方、中心市街地では商店街による各種イベントなどの取り組みについて、集客力向上につながるよう支援するとともに、昨年発足した観光ボランティアガイドの活動により、古伊万里積み出し港ゆかりのスポットをめぐる市街地観光が定着を見せておりますので、受け入れ態勢のさらなる充実を支援し、一層の観光客の増加を図るなど市街地活性化にも取り組んでまいります。

 以上、5つの元気づくり政策を展開していくに当たっては、市民協働の取り組みが根底にあることは言うまでもありません。

 そこで、「市民が主役のまちづくり条例」を初め、各種のまちづくり宣言を通じて、市民一人一人の実践、地域ぐるみの取り組みを促すとともに、タウンミーティングを継続して実施するなど、市民の目線に立った市政運営に努めます。

 また、既にその兆しが見られる市民や地域主導によるまちづくりの流れを、各町コミュニティ単位での特色を生かした自主的な取り組みへとつなげ、「地域にできることは地域の手で」という、いわば地域分権を目指した元気な地域づくりに向けた新たな仕組みを検討してまいります。

 市政運営の基本指針となる伊万里市総合計画については、現行の第4次計画が平成20年度までの計画となっていることから、第5次の総合計画の策定に取り組みます。

 これまで経験したことのない人口減少社会の中での地方自治の確立を図るため、「市民協働」「市民が主役」の視点を色濃くした内容になることを想定しているところであります。

 地方自治体を取り巻く環境は依然厳しいものがありますが、伊万里市の将来の発展を確実に見据えながら、今後とも市民の皆様と力を合わせて、あらゆる面において積極果敢な姿勢で市政運営に取り組む所存であります。

 予算編成方針と当初予算の主な内容でありますが、先ほど私のまちづくりに対する基本的な考え方を御説明申し上げましたが、国の「三位一体改革」により、地方交付税や国庫補助金が削減される中、平成19年度以降の国の「歳出歳入一体改革」においても地方交付税等のさらなる改革が進められる見通しであり、これまで以上に厳しい財政運営を強いられるのは必至の状況であります。

 そこで、平成19年度予算編成に当たっては、昨年の災害復旧に要する経費と今後の伊万里市づくりに必要な工業用水開発や中核的病院建設などへの先行投資を優先させつつ、限られた財源の中で、可能な限り住民福祉の向上を図る事業の充実や、将来の元気づくりにつながる事業へ重点的に予算配分を行うなど、効率的な予算編成に努めたところであります。

 その結果、平成19年度一般会計当初予算の総額は、197億8,300万円といたしております。

 以下、歳出予算の款ごとに取り組む事業の概要を御説明申し上げます。

 まず、総務費につきましては、「住みたいまち伊万里・行きたいまち伊万里」に向けた新たな展開として、勤労者や団塊の世代を対象に市外からの転入による定住を促進するため、奨励金制度を設けることとし、そのPRを行うほか、活況を呈している伊万里港の開港40周年及び中国大連市との友好交流20周年などを記念する各種事業を開催し、アジアとの交流拠点づくりに向けた情報発信を行います。

 また、食を活かしたまちづくりにおいて、食育推進基本計画の策定と合わせてシンポジウムを開催するなど、市や市民、生産者及び事業者の協働による取り組みを推進するほか、市民が意欲を持って主体的に取り組むまちづくり活動に対する支援に努めます。

 一方、自主財源の確保に向けて、市税の収納率向上を図るために集合税のコンビニ納付を新たに実施するとともに、固定資産税については適正課税を推進するため、地籍調査事業に基づく新地積課税を行うことにしております。

 民生費では、保護者の子育てと仕事の両立支援を図るため、留守家庭児童クラブを新たに大川内小学校に開設するなど市内小学校12校区で取り組むほか、私立保育園全17園に拡大して実施する延長保育に対して支援を行うなど、子育てサービスの充実に努めます。

 また、ノーマライゼーションの理念のもと、心身に障害を持つ方々の生活支援や社会参加を促進するための各種事業のほか、新築移転する「こどもハートフルセンターひまわり園」において、支援を必要とする障害児等に対し、訓練や指導に取り組んでまいります。

 高齢者の方々が健やかで生きがいを持って生活できる長寿社会を築くために、老人保護措置事業や緊急通報システム事業などを実施するほか、シルバー人材センターや老人クラブの活動を支援いたします。

 衛生費では、市民生活の安心の確保に向けて、休日・夜間の急患対策を講じるとともに、地域医療の担い手である看護師や准看護師の養成を通じて地域医療体制の充実を図るため、引き続き伊万里看護学校の運営に対し支援いたします。

 また、高齢者の健康と長寿を願って、「たっしゃか体操」の普及や健康診査、健康教育、健康相談等を実施するとともに、子どもたちが健やかに生まれ育つための母子保健サービスについては、乳幼児健康診査や予防接種などに加えて、少子化に対応する不妊治療費の助成や育児支援を目的とした親子の交流事業などを継続して実施いたします。

 快適で住みやすいまちづくりは、環境への配慮なくしてはあり得ないことから、資源ごみリサイクルの取り組みや合併処理浄化槽の設置に対する支援のほか、一般廃棄物の処理については県西部ブロック4市5町の広域で取り組むこととし、一部事務組合を立ち上げ、高度な処理能力を持つ施設の建設に向けて積極的に取り組んでまいります。

 農林水産業費では、農産物の価格低迷とともに多様化する消費者ニーズへの対応が迫られる厳しい経営環境の中、農業経営の安定化に向けて、農地や農道、水路など農業生産基盤の整備を初め、生産性向上のための施設や機械の導入支援のほか、昨年9月に発生した農地や農業用施設災害のうち、補助事業に採択されない小規模な被災箇所についても復旧支援を行います。

 また、中山間地域における農業生産を維持し、多面的機能を確保することを目的とした事業のほか、新規就農希望者等を対象とした、農業のノウハウを学べるセミナーを新たに開催するなど、農業後継者の育成、確保に努めてまいります。

 販売流通面では、JAや生産組織などと連携しながら、牛肉やナシ、キュウリといった伊万里ブランドの普及拡大に努めるとともに、消費者との交流事業や地産地消の取り組みなどを通じて、農産物の販売促進を図ります。

 森林資源の育成と適正な保全管理が課題となっている林業については、森林施業計画策定や林道整備を実施するほか、伊万里の新たな魅力づくりとして期待されるツル越冬事業にも引き続き取り組んでまいります。

 商工費では、消費動向の変化や郊外への大型店出店などで客足が遠ざかっている中心商店街のにぎわいづくりに向けて、商店街等が行う販売促進や誘客イベントに対する支援を行うほか、伊万里を代表する伝統産業である窯業については、伝統技術の継承や観光客誘致による販売振興のための活動等を支援いたします。

 また、地場企業の経営安定を図るため、中小企業に対する資金の融資などのほか、工場等の新増設に対する奨励金の交付や企業への立地勧奨などにより、さらなる雇用の増大と工業の振興を図ってまいります。

 世界に誇る焼き物文化や全国ブランドの特産品などの地域資源を活かした魅力ある観光地を目指して、福岡都市圏を重点に県内外へ積極的に情報発信を行うなど誘客に努めるとともに、「どっちゃん祭り」や「いまり秋祭り」など市民参加による観光イベント等を支援いたします。

 さらに、市民の足として定着したコミュニティバスについては、常に利用者の声を反映した運行を目指すとともに、松浦鉄道の車両更新など施設改善に対する支援を行ってまいります。

 土木費では、焼き物の里としてのイメージアップを図るため、交通量の多い道路などに伊万里ならではのモニュメントを設置するほか、市街地の幹線道路である都市計画道路の整備や市道の改良、歩道のバリアフリー化に取り組み、交通アクセスの改善と市民生活の利便性向上に努めます。

 また、市民の憩いの場として好評を得ている伊万里ファミリーパークの整備を引き続き進めていくほか、白野川や煤屋川などの河川改修に取り組み、市民生活の安全と環境に配慮した潤いのある水辺環境の創出に努めるとともに、ハザードマップを作成し、洪水などの災害発生時の的確な対応を図ります。

 市営住宅については、入居の方々が安心して快適な生活を送ることができるよう、老朽化の度合いに応じた改修工事等を実施する一方、公共施設の耐震改修に伴う調査等にも取り組んでまいります。

 消防費では、日ごろの市民生活の安心、安全の確保を図るために、高度救急医療の役割を担う救急救命士の養成を初め、消防団に配置している小型動力ポンプ付積載車の更新など、消防体制強化のための資機材の整備に努めるとともに、防火水槽の新設に対する支援を行います。

 教育費では、子どもたちの心身ともに健やかな成長の場となる学校教育の環境整備として、いよいよ国見中学校の屋内運動場の建設に取り組むとともに、小中学校の耐震化を推進するための耐震診断事業を実施いたします。

 また、世界に誇る伊万里焼について学ぶ「こども伊万里学」指導資料の作成に取り組むとともに、それぞれの学校が創意工夫し、子どもの創造性や主体性を引き出す教育活動を推進してまいります。

 市民と行政の協働が定着していくためには、地域コミュニティの醸成が大切なことから、地区公民館の特色ある活動を推進するとともに、スポーツや文化活動を通じた児童と地域住民との交流活動に取り組むなど、青少年の健全育成に努めます。

 さらに、市民のだれもが気軽に楽しめるスポーツ、レクリエーションの普及定着を図るための各種大会、イベントを開催するほか、本年7月に迫った平成19年度全国高等学校総合体育大会ホッケー競技大会の開催に万全を期してまいります。

 災害復旧費につきましては、昨年9月の記録的な大雨により、市内各地で被災した土木施設や農地、農業用施設の復旧に全力で取り組み、市民生活の安定と農業生産基盤の機能回復を図ります。

 次に、特別会計について、予算の主な内容を御説明申し上げます。

 国民健康保険特別会計につきましては、予算の総額を64億7,896万6千円とし、保険給付費及び老人保健拠出金等を計上いたしております。

 介護保険特別会計につきましては、予算の総額を46億6,275万6千円とし、保険給付費等を計上いたしております。

 立花台地開発事業特別会計につきましては、予算の総額を1,393万5千円とし、街路樹等の管理委託料及び職員給与等を計上いたしております。

 公共下水道事業特別会計につきましては、予算の総額を21億5,928万6千円とし、浄化センター水処理施設増設工事に要する経費及び地方債償還金等を計上いたしております。

 農業集落排水事業特別会計につきましては、予算の総額を1億3,086万3千円とし、処理場等の維持管理費及び地方債償還金等を計上いたしております。

 市営駐車場特別会計につきましては、予算の総額を1,624万円とし、管理運営に要する経費等を計上いたしております。

 老人保健特別会計につきましては、予算の総額を62億627万3千円とし、医療給付費等を計上いたしております。なお、平成20年4月の後期高齢者医療制度への移行に向けて、広域連合と連携して準備を進めます。

 次に、企業会計について申し上げます。

 水道事業特別会計につきましては、予算の総額を29億4,255万円とし、第9次拡張事業において簡易水道を統合するための配水管新設工事や水質問題解消と給水区域拡張に向けた波多津簡易水道再編推進事業に要する経費等を計上いたしております。

 工業用水道事業特別会計につきましては、予算の総額を91億6,834万4千円とし、営業費用のほか、第4工業用水道建設に伴う各種施設の工事に要する経費、企業債償還金等を計上いたしております。

 国民健康保険病院事業特別会計につきましては、予算の総額を13億5,357万7千円とし、医業費用及び企業債償還金等を計上いたしております。

 続きまして、予算以外の議案について御説明申し上げます。

 議案第1号につきましては、地方自治法の改正に伴い、助役制度が副市長制度へ改められ、その定数を定める必要があることから、条例を制定するものであります。

 議案第2号につきましては、市長、副市長等特別職の給料月額を引き続き減額したいので、条例を制定するものであります。

 議案第3号につきましては、伊万里市食のまちづくり宣言及び食育基本法に基づき、正しい食習慣の普及及び健康増進並びに関連産業の振興を目的に、食育推進についての基本方針を定め、総合的かつ計画的に食のまちづくりを推進するため、条例を制定するものであります。

 議案第4号につきましては、市外に居住していた者が、市内において住宅を取得することで本市に転入し、定住する場合に奨励金を交付することにより、定住の促進と人口の増加を図り、豊かで元気に満ちたふるさとづくりに寄与するため、条例を制定するものであります。

 議案第5号につきましては、障害児発達支援センターの新築、移転に伴い、本年4月から供用開始するため、条例を制定するものであります。

 議案第6号につきましては、地方自治法の改正による助役制度や監査委員制度の見直し等に伴い、関係する9条例の改正を行うものであります。

 議案第7号につきましては、国家公務員に準じて休息時間を廃止するため、改正を行うものであります。

 議案第8号につきましては、非常勤監査委員事務局員に報酬を支給するとともに、非常勤学校給食センター員の職域拡大と人事交流を幅広く行うため、改正を行うものであります。

 議案第9号につきましては、基金に属する現金を一般会計等の財源として繰り入れて運用することができるよう、改正を行うものであります。

 議案第10号につきましては、大川内児童クラブを本年4月から開設するため、留守家庭児童クラブに追加するものであります。

 議案第11号につきましては、高齢化等による医療費や介護給付金の増加により、非常に厳しい状況におかれている国保財政の健全化を図るため、税率及び税額について改定を行うものであります。

 議案第12号につきましては、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の改正に伴い、結核予防法が廃止されることから、条文の整理を行うものであります。

 議案第13号につきましては、長寿者に対する敬老祝金の支給を廃止するものであります。

 議案第14号につきましては、伊万里市学校給食センター整備事業の特定事業契約について、配送車両の見直し及び基準金利の変動に伴う割賦手数料の改定により、契約金額を変更するものであります。

 議案第15号につきましては、本年4月から供用開始する「伊万里市こどもハートフルセンターひまわり園」において、指定管理者の指定を行うものであります。

 議案第16号につきましては、佐賀県ごみ処理広域化計画に基づく西部ブロックにおけるごみ処理広域化計画に関する事務を共同処理する目的で、平成19年7月1日から伊万里市、武雄市、鹿島市、嬉野市、有田町、大町町、江北町、白石町及び太良町による「佐賀県西部広域環境組合」を設置することについて、関係地方公共団体で協議するため、議会の議決を求めるものであります。

 議案第17号から議案第21号までの5議案につきましては、地方自治法の改正に伴い、一部事務組合規約及び審査会の共同設置に関する規約をそれぞれ変更することについて、有田町と協議するため、議会の議決を求めるものであります。

 続きまして、平成18年度補正予算について御説明申し上げます。

 今回の一般会計補正予算及び特別会計の補正予算につきましては、平成18年度の最終予算であり、各種補助事業の確定に伴う事業費及び各科目において見込まれる主な不用額について歳入歳出全般にわたって補正を行うものであります。

 まず、一般会計につきましては、歳入歳出それぞれ7億8,789万4千円を減額し、総額を220億3,072万円とするものであります。

 以下、款ごとに補正の主な内容について御説明申し上げます。

 総務費では、平成20年度から実施される後期高齢者医療制度に向けたシステム改修に要する経費等を追加するものであります。

 また、黒川町 株式会社名村造船所様より、市民センターで実施した自主事業に対し協力金をいただきましたので、自主事業の財源に充当するとともに厚くお礼を申し上げます。

 民生費では、介護給付費の減額に伴い、介護保険特別会計への繰出金等を減額するとともに、障害児保育事業において利用者の増加により補助金等を追加するものであります。

 福祉基金に、鳥栖市 弘川司様、脇田町 生嶋宣子様、立花町 前田智惠子様、新天町 久富千榮子様、黒川町 吉田國夫様、黒川町 山下百合子様、波多津町 田中強様、二里町 古賀一也様、東山代町 岩本繁子様、山代町 田口ツルエ様より、子育て応援基金に、伊万里・有田焼伝統工芸士会様、東山代町 岩本繁子様より寄附をいただきましたので、積み立てるとともに厚くお礼を申し上げます。

 また、伊万里看護学校学生会様より、災害救助事業の財源に寄附をいただきましたので、充当するとともに厚くお礼を申し上げます。

 衛生費では、医療給付費等の増額に伴い、老人保健特別会計への繰出金等を追加するとともに、伊万里・有田地区衛生組合の事業費の確定に伴い、負担金等を減額するものであります。

 労働費では、労働者福祉基金協会出えん金を追加するものであります。

 農林水産業費では、事業費の確定に伴い、魅力あるさが園芸農業確立対策事業費補助金等を減額するとともに、昨年9月に発生した農林水産施設災害が激甚災害の指定を受けたことにより、国庫補助事業の要件を満たしたため、林地崩壊防止事業に要する経費等を追加するものであります。

 商工費では、中小企業の資金需要に円滑に対応するための中小企業振興資金貸付信用保証料補填金並びに不採算バス路線周辺住民の交通手段を確保するため、バス路線運行事業費補助金を追加するものであります。

 土木費では、事業費の確定に伴い、土地取得に要する経費等を減額するものであります。

 消防費では、消火栓の新設に要する経費並びに防火水槽の防護さく等の修繕に対する補助金を追加するものであります。

 教育費では、全国中学校体育大会を初め、各種スポーツの全国大会、九州大会への出場費補助金並びに自治公民館建築費補助金等を追加するものであります。

 また、教育振興奨励基金に、黒川町 吉田金吾様より寄附をいただきましたので、積み立てるとともに、厚くお礼を申し上げます。

 災害復旧費では、公共土木施設、農林水産施設について、事業費の確定に伴い減額するものであります。

 公債費では、長期債償還利子の確定に伴い、追加するものであります。

 諸支出金では、公営企業の経営の健全化を促進し、その経営基盤を強化するため、工業用水道事業及び市民病院事業の2企業会計に対する貸付金並びに出資金を追加するものであります。

 なお、歳入につきましては、ただいま御説明申し上げました事務事業に要する経費の財源として、使用料及び手数料、財産収入、寄附金、諸収入を追加し、分担金及び負担金、国庫支出金、県支出金、繰入金、市債を減額するものであります。

 繰越明許費につきましては、総務費、農林水産業費、土木費、災害復旧費並びに諸支出金において、年度内完了が見込めない14事業について、それぞれ平成19年度に繰り越すものであります。

 次に、特別会計補正予算の主な内容について御説明申し上げます。

 国民健康保険特別会計につきましては、658万3千円を減額し、歳入歳出予算総額を62億2,080万5千円とするもので、一般被保険者療養給付事業に要する経費を減額するとともに、退職被保険者等療養給付事業に要する経費並びに平成20年度から実施される後期高齢者医療制度に向けたシステム改修に要する経費等を追加するものであります。

 また、繰越明許費につきましては、年度内完了が見込めないため、平成19年度に繰り越すものであります。

 介護保険特別会計につきましては、1億297万6千円を減額し、歳入歳出予算総額を45億1,266万8千円とするもので、居宅介護サービス給付事業に要する経費等を減額するとともに、介護予防サービス給付事業に要する経費並びに平成20年度から実施される後期高齢者医療制度に向けたシステム改修に要する経費等を追加するものであります。

 また、繰越明許費につきましては、年度内完了が見込めないため、平成19年度に繰り越すものであります。

 立花台地開発事業特別会計につきましては、歳出の組み替えを行うものであります。

 公共下水道事業特別会計につきましては、421万5千円を減額し、歳入歳出予算総額を25億5,960万8千円とするもので、事業計画変更認可業務委託料等の確定に伴い減額するとともに、繰越明許費につきましては、年度内完了が見込めないため、平成19年度に繰り越すものであります。

 農業集落排水事業特別会計につきましては、25万3千円を減額し、歳入歳出予算の総額を1億6,978万5千円とするもので、人件費について減額するものであります。

 老人保健特別会計につきましては、4億2,315万8千円を追加し、歳入歳出予算総額を65億9,000万円とするもので、老人保健医療給付事業に要する経費を追加するものであります。

 水道事業特別会計につきましては、資本的収入を1,539万8千円減額し、資本的収入の総額を8億2,319万2千円とするもので、第9次拡張事業簡易水道統合整備事業及び波多津簡易水道再編推進事業の確定に伴い、国庫補助金を増額し、企業債を減額するものであります。

 工業用水道事業特別会計につきましては、資本的収入に3,006万円を追加し、資本的収入の総額を7億1,617万2千円に、資本的支出を10万円減額し、資本的支出の総額を8億3,021万4千円とするもので、第4工業用水道建設事業に対する一般会計からの繰入金や企業債の減額に伴う歳入の組み替え等を行うものであります。

 国民健康保険病院事業特別会計につきましては、収益的収入支出で469万円をそれぞれ減額し、収益的収入支出の総額を10億7,840万5千円とするもので、県西部地域の小児科医師確保に係る経費等を減額するものであります。

 また、資本的収入に2,158万9千円を追加し、資本的収入の総額を1億4,303万6千円に、資本的支出に2,264万7千円を追加し、資本的支出の総額を1億4,415万4千円とするもので、医療用機器購入費等を減額するとともに、新たに退職給与金を計上するものであります。

 以上、今回の議会に提案いたしました予算議案並びにその他の議案について概要を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

 終わりに、地域に元気があふれ、子どもから高齢の方に至るすべての市民の皆様が誇りと愛着を持ち続けることのできる「住みたいまち伊万里・行きたいまち伊万里」に向けて精いっぱい努力をしてまいりますので、議員各位の御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。



○議長(黒川通信)

 市長の提案理由の説明が終わりましたので、本日はこれをもちまして散会いたします。

               (午前10時56分 散会)