議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 伊万里市

平成18年 9月 定例会(第3回) 09月22日−07号




平成18年 9月 定例会(第3回) − 09月22日−07号







平成18年 9月 定例会(第3回)


          平成18年伊万里市議会会議録(第3回定例会)

1.日 時  平成18年9月22日 午前10時00分開会

2.出席した議員
    1番  黒 川 通 信         15番  前 田 儀三郎
    2番  島 田 布 弘         16番  笠 原 義 久
    3番  山 ? 秀 明         17番  内 山 泰 宏
    4番  草 野   譲         18番  占 野 秀 男
    5番  山 田   悟         20番  岩 橋 紀 行
    6番  樋 渡 雅 純         21番  樋 渡 伊 助
    7番  渡 邊 英 洋         22番  原 口   弘
    8番  前 田 久 年         23番  田 中 啓 三
    9番  貞 方 喜 延         24番  岩 本 盛 房
    11番  堀   良 夫         25番  満 江 洋 介
    12番  高 木 久 彦         26番  福 田 喜 一
    13番  前 田 教 一         27番  下 平 美 代
    14番  岡 口 重 文         28番  浜 野 義 則

3.欠席した議員
    10番  川 内   学         19番  盛   泰 子

4.出席した事務局職員
    局長  城     武

5.地方自治法第121条による出席者の職氏名
    市長                  塚 部 芳 和
    助役                  前 田 和 人
    総務部長                永 田   昇
    政策経営部長              友 廣 英 久
    市民部長(福祉事務所長)        山 平 邦 博
    産業部長                田 中 健 志
    建設部長                副 島 秀 雄
    総務部副部長(総務課長)        江 頭 興 宣
    総務部副部長(税務課長)        片 岡 弘 道
    企画政策課長(行財政改革推進室長)   山 本 洋一郎
    財政課長                光 田 和 夫
    市民部副部長(市民課長)        田 中 恒 範
    産業部副部長(農山漁村整備課長)    山 口 俊 昭
    産業部副部長(企業誘致推進課長)    中 島 善 博
    建設部副部長(都市開発課長)      馬 場   繁
    理事(経営企画室長)          南   和 夫
    市民病院事務長             岩 ?   雅
    水道事業管理者職務代理者
                        川 原 清 春
    水道部長
    水道部副部長(工業用水道開発室長)   尾 形 洋一郎
    消防長                 松 永 彰 則
    教育長                 岩 永 憲一良
    教育部長                田 中 直 記

1.議事日程
    第1 市長提出追加議案等の上程
    第2 市長提出追加議案等の提案理由説明
    第3 市長提出追加議案議等に対する質疑
    第4 決議案等の提案理由説明
    第5 決議案等に対する質疑
    第6 決議案の討論、採決
    第7 特別委員会委員の選任
    第8 議案の特別委員会付託
    第9 特別委員会正副委員長の互選
    第10 常任委員会報告
    第11 常任委員会報告に対する質疑
    第12 特別委員会中間報告
    第13 特別委員会中間報告に対する質疑
    第14 議案等の付議順序により討論、採決
    第15 閉会

1.本日の会議に付した事件
    日程第1 市長提出追加議案等の上程
     議案第110号 財産の処分について
     議案第111号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第4号)について
     議案第112号 平成17年度伊万里市一般会計決算認定について
     議案第113号 平成17年度伊万里市国民健康保険特別会計決算認定について
     議案第114号 平成17年度伊万里市介護保険特別会計決算認定について
     議案第115号 平成17年度伊万里市立花台地開発事業特別会計決算認定について
     議案第116号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計決算認定について
     議案第117号 平成17年度伊万里市農業集落排水事業特別会計決算認定について
     議案第118号 平成17年度伊万里市伊万里駅周辺土地区画整理事業特別会計決算
            認定について
     議案第119号 平成17年度伊万里市市営駐車場特別会計決算認定について
     議案第120号 平成17年度伊万里市老人保健特別会計決算認定について
     報告第9号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計継続費精算報告について
     決議案第2号 特別委員会設置に関する決議
     意見書案第3号 新しい地方分権改革の推進を求める意見書の提出について
     意見書案第4号 難病対策の確立を求める意見書の提出について
    日程第2 市長提出追加議案等の提案理由説明
    日程第3 市長提出追加議案議等に対する質疑
    日程第4 決議案等の提案理由説明
    日程第5 決議案等に対する質疑
    日程第6 決議案の討論、採決
    日程第7 特別委員会委員の選任
    日程第8 議案の特別委員会付託

              特別委員会付託表(追加1)
┌───────┬────────────────────────────────┐
│委員会名   │付託内容                            │
├───────┼────────────────────────────────┤
│       │議案第112号 平成17年度伊万里市一般会計決算認定について     │
│       │議案第113号 平成17年度伊万里市国民健康保険特別会計決算認定に  │
│       │      ついて                       │
│       │議案第114号 平成17年度伊万里市介護保険特別会計決算認定につい  │
│       │      て                         │
│       │議案第115号 平成17年度伊万里市立花台地開発事業特別会計決算認  │
│平成17年度  │      定について                     │
│伊万里市一般 │議案第116号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計決算認定  │
│会計及び特別 │      について                      │
│会計決算審査 │議案第117号 平成17年度伊万里市農業集落排水事業特別会計決算認  │
│特別委員会  │      定について                     │
│       │議案第118号 平成17年度伊万里市伊万里駅周辺土地区画整理事業特別 │
│       │会計決算認定について                      │
│       │議案第119号 平成17年度伊万里市市営駐車場特別会計決算認定につ  │
│       │      いて                        │
│       │議案第120号 平成17年度伊万里市老人保健特別会計決算認定につい  │
│       │      て                         │
└───────┴────────────────────────────────┘


    日程第9 特別委員会正副委員長の互選
    日程第10 常任委員会報告
    日程第11 常任委員会報告に対する質疑
    日程第12 特別委員会中間報告
    日程第13 特別委員会中間報告に対する質疑
    日程第14 議案等の付議順序により討論、採決
    日程第15 閉会

1.会議の顛末

                (午前10時 開議)






○議長(黒川通信)

 おはようございます。定刻定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

 ここで、本日新たに市長提出追加議案11件、報告1件並びに決議案1件、意見書案2件が提出されております。この取り扱いについて議会運営委員会を開催していただくため、しばらく休憩いたします。

               (午前10時1分 休憩)

               (午前10時8分 再開)



△日程第1 市長提出追加議案等の上程



△日程第2 市長提出追加議案等の提案理由説明



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 休憩中に議会運営委員会を開催していただき、市長提出追加議案11件、報告1件並びに決議案1件、意見書案2件の取り扱いについて協議されました結果、本日の日程に追加上程することに決定されております。

 そこで、お諮りいたします。市長提出追加議案11件、報告1件並びに決議案1件、意見書案2件の取り扱いについては、議会運営委員会の決定どおり、本日の日程に追加上程したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、市長提出追加議案11件、報告1件並びに決議案1件、意見書案2件を本日の日程に追加上程いたします。

 それでは、ただいま追加上程いたしました追加議案等のうち、まず市長提出追加議案第110号から第120号までの11件及び報告1件を議題といたします。

 議案等の朗読を省略して、直ちに提案理由の説明を求めます。塚部市長。



◎市長(塚部芳和) (登壇)

 皆さんおはようございます。

 初めに、去る9月16日から17日にかけて発生いたしました秋雨前線豪雨及び台風13号による災害につきましては、本市において近年にない甚大な被害をこうむり、特に黒川町及び南波多町におきましては、3名の方の尊い人命が失われ、亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、御遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。

 また、住宅、道路、農地及び収穫期を迎えました農作物等にも多大な被害を受け、被災された皆様にお見舞いを申し上げますとともに、現在、市におきましては、平穏な市民生活を一刻も早く取り戻すため、関係機関と連携をして復旧に向けて最善の努力をいたしておりますので、市民皆様の御理解と御協力を何とぞよろしくお願いを申し上げる次第でございます。

 それでは、本日提出いたしました追加議案について、その提案理由並びに概要を御説明申し上げます。

 議案第110号 財産の処分については、伊万里団地内の市有地を処分することについて、議会の議決を求めるものであります。

 処分の概要といたしましては、伊万里市山代町久原字平尾1番10外5筆、面積1万3,739平方メートルを1億9,234万6千円で、東京都港区芝浦一丁目2番1号、株式会社SUMCO取締役社長重松健二郎に売り払うものであります。

 議案第111号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第4号)については、ただいま御説明申し上げました伊万里団地内への工場の新設に伴い、隣接している旧市道等を工場用地として売り払うことにより、財産収入を追加するとともに、地方交付税を減額するものであります。

 次に、議案第112号から議案第120号までの平成17年度伊万里市一般会計及び特別会計の決算議案について御説明申し上げます。

 平成17年度伊万里市一般会計及び特別会計の決算につきましては、まず、一般会計決算において、歳入総額が201億3,329万1,287円、歳出総額が198億5,526万5,066円で、歳入歳出差し引き2億7,802万6,221円となり、翌年度へ繰り越すべき財源351万2,500円を差し引くと、2億7,451万3,721円の黒字決算となっております。これは歳出において、経費の節減等により不用額が生じた結果によるものであります。

 次に、特別会計の決算では、国民健康保険特別会計外7特別会計の歳入総額が192億1,774万1,031円、歳出総額が200億6,561万7,826円で、歳入歳出差し引き8億4,787万6,795円の赤字となり、さらに公共下水道事業特別会計において、翌年度へ繰り越すべき財源250万円を差し引くと、8億5,037万6,795円の赤字決算となっております。

 これを会計別に見てみますと、介護保険特別会計が5,975万6,896円の黒字決算となり、国民健康保険特別会計が9,305万9,194円、立花台地開発事業特別会計が5億9,363万2,039円、公共下水道事業特別会計が1億731万8,497円、農業集落排水事業特別会計が3,840万8,943円、市営駐車場特別会計が23万2,052円及び老人保健特別会計が7,498万2,966円の赤字決算となりました。また、伊万里駅周辺土地区画整理事業特別会計につきましては、歳入歳出同額の決算となりました。

 なお、決算内容の詳細につきましては、「歳入歳出決算事項別明細書」及び「主要な施策の成果の説明書」をあわせて提出いたしておりますので、説明を省略させていただきます。

 以上、本日提出いたしました追加議案について、その概要を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(黒川通信)

 市長の提案理由の説明が終わりましたので、ここでしばらく休憩いたします。

               (午前10時15分 休憩)

               (午前10時26分 再開)



△日程第3 市長提出追加議案議等に対する質疑



△日程第4 決議案等の提案理由説明



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 質疑に入る前にお知らせいたします。

 議案第112号から議案第120号までの決算認定については、決算審査特別委員会を設置する予定であります。

 それでは、先ほど上程いたしました市長提出追加議案等に対する質疑を行います。

 まず、議案第110号 財産の処分について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第110号に対する質疑を終結いたします。

 議案第111号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第4号)について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第111号に対する質疑を終結いたします。

 議案第112号 平成17年度伊万里市一般会計決算認定について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。議案第112号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第113号 平成17年度伊万里市国民健康保険特別会計決算認定について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第113号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第114号 平成17年度伊万里市介護保険特別会計決算認定について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第114号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第115号 平成17年度伊万里市立花台地開発事業特別会計決算認定について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第115号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第116号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計決算認定について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第116号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第117号 平成17年度伊万里市農業集落排水事業特別会計決算認定について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第117号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第118号 平成17年度伊万里市伊万里駅周辺土地区画整理事業特別会計決算認定について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第118号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第119号 平成17年度伊万里市市営駐車場特別会計決算認定について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第119号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第120号 平成17年度伊万里市老人保健特別会計決算認定について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第120号に対する質疑を終結いたします。

 次、報告第9号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計継続費精算報告について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、報告第9号に対する質疑を終結いたします。

 次に、決議案第2号の1件及び意見書案第3号、第4号の2件を議題といたします。

 決議案等の朗読を省略して、直ちに提案理由の説明を求めます。

 決議案第2号 特別委員会設置に関する決議について、22番原口議員。



◆22番(原口弘) (登壇)




     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
決議案第2号
              特別委員会設置に関する決議
      ─────────────────────────────
提案理由 一般会計及び特別会計(企業会計を除く)決算について、特別委員会を設置して
    審査したいので、この案を提出する。
                (214ページ本文掲載)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、意見書案第3号 新しい地方分権改革の推進を求める意見書の提出について、28番浜野議員。


◆28番(浜野義則) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見書案第3号
        新しい地方分権改革の推進を求める意見書の提出について
      ─────────────────────────────
提案理由 「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」に「地方分権に向けた関係法
    令の一括した見直し」が明記され、地方分権改革は新たな段階を迎えた。しかしな
    がら、昨年までの三位一体改革においては、地方交付税は税源移譲額を上回る約5
    兆円が削減され、国庫補助負担金改革においても国庫負担率が引下げになるなど、
    地方分権の観点からは不十分な改革に終わった。
     よって、今後、地方分権推進法の制定をはじめ、新しい地方分権改革を進められ
    るよう、関係機関に対して意見書を提出したいので、この案を提出する。
               (215ページに本文掲載)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、意見書案第4号 難病対策の確立を求める意見書の提出について、11番堀議員。


◆11番(堀良夫) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見書案第4号
          難病対策の確立を求める意見書の提出について
      ─────────────────────────────
提案理由 我国の難病対策は、国が指定した疾患のみが対象であり、全ての患者を救う対策
    には至っていない。病気によっては、その治療法が未確立なものもあり、患者や家
    族の不安は大きい。よって、全ての難病患者が良質な医療を受け、安心して生活で
    きるように、総合的な難病対策が講じられるよう、関係機関に対して意見書を提出
    したいので、この案を提出する。
                (217ページ本文掲載)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






△日程第5 決議案等に対する質疑



○議長(黒川通信)

 決議案等の提案理由の説明が終わりましたので、これに対する質疑を行います。

 まず、決議案第2号 特別委員会設置に関する決議について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、決議案第2号に対する質疑を終結いたします。

 次、意見書案第3号 新しい地方分権改革の推進を求める意見書の提出について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、意見書案第3号に対する質疑を終結いたします。

 次、意見書案第4号 難病対策の確立を求める意見書の提出について。18番占野議員。



◆18番(占野秀男)

 ちょっと耳なれないといいますか、意見書が出てきていますが、意見書を出される背景となる難病の人が伊万里市にはどのくらいおられるのか、その実態はどうなのかお伺いをしたい。

 それから、全県的にはどれくらいのそういう対象になるというふうな人がおられるのか。

 もう一つは、今、10市になっていますが、他市のこれらの意見書の提出状況はどうなのか。

 以上、3点お伺いをいたします。



○議長(黒川通信)

 11番堀議員。



◆11番(堀良夫)

 ただいまの占野議員の質問にお答えをいたします。

 まず、伊万里市内に当患者の方はということですが、当伊万里市内にはこの患者の方がおいでということは伺っておりません。この病気の特徴として、全国市議会議長会等の資料等によりますと、全国的におおむね200万人に1人発生する病気というふうに言われております。ちなみにその中において県内においては、神埼市の方に2名、この患者がおいでということでございます。

 もう1点の最後の国内の状況ですが、先ほど言いましたように、おおむね200万人に1人発生しているということで、この意見書の採択状況については、まず、県内では、先ほど言いました神埼市が既に意見書を採択になっておりますが、佐賀県議会においては昨年の10月にこの意見書案についての採択がなされ、また、同じ資料を見ますと、岐阜県の方がさきの本年の6月の議会等で多治見市、高山市と複数の市が採択されていると、資料の中で出ております。

 以上です。



◆18番(占野秀男)

 今のお話聞いていますと、県内には神埼に2人おられるということですから、神埼市が意見書を出すというのは、もうこれは理解できるわけですが、そのほかにおられないから、恐らく意見書もなかなか出てこなかったんじゃないかなというふうな気がしますが、出すことは決して悪いことじゃございませんので、それそのものはいいと思いますが、ただもう少し、せっかくの意見書として出すからには、ある程度足並みもそろえてみたいな形が効果的ではないかなというふうに思いますので、今後、この種の意見書をもし出される場合は、県内の10市の動き等も十分勘案をされた上で出していただければ、なおいいんではないかという感じがいたしましたので、これはお願いをしておきます。

 以上です。終わります。



△日程第6 決議案の討論、採決



○議長(黒川通信)

 答弁はいいですね。ほかに。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、意見書案第4号に対する質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。決議案第2号 特別委員会設置に関する決議については、平成17年度伊万里市一般会計及び特別会計の決算認定の審査にかかわるものであります。直ちに採決する必要がありますので、これより討論、採決を行いたいと思いますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。

 それでは、ただいまから討論、採決を行います。

 決議案第2号 特別委員会設置に関する決議について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、決議案第2号は原案のとおり可決されました。

 ただいま平成17年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会が設置されましたので、委員会条例第7条の規定により、特別委員の指名を行います。

 特別委員の氏名を事務局長から発表させます。議会事務局長。



◎議会事務局長(城武)

 それでは、発表いたします。

 山?議員、樋渡雅純議員、前田久年議員、貞方議員、岡口議員、占野議員、田中議員、浜野議員。

 以上であります。



△日程第7 特別委員会委員の選任



△日程第8 議案の特別委員会付託



○議長(黒川通信)

 以上、8名の方を特別委員に指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました8名を平成17年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会委員に選任することに決定いたしました。

 それでは、議案の委員会付託を行います。

 本日、追加提案されました市長提出追加議案第112号から議案第120号までの9件については、お手元に配付しております特別委員会付託表(追加1)のとおり、平成17年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会に付託したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議ありませんので、特別委員会付託表(追加1)のとおり付託することに決定いたしました。

 ここで、特別委員会の正副委員長を互選していただくため、しばらく休憩いたします。

               (午前10時41分 休憩)

               (午前11時   再開)



△日程第9 特別委員会正副委員長の互選



△日程第10 常任委員会報告



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 休憩中に特別委員会を開催していただき、正副委員長を互選していただきましたので、発表いたします。

 委員長占野議員、副委員長貞方議員、以上のとおり決定いたしました。

 それでは、日程に従いまして、各常任委員会の報告を求めます。

 初めに、総務委員会、浜野委員長。



◎総務委員長(浜野義則) (登壇)




      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 総務委員会報告書
 9月7日の本会議において付託されました、
 議案第87号 消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制
       定について
 議案第88号 伊万里市報酬及び費用弁償条例等の一部を改正する条例制定について
 議案第89号 伊万里市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部
       を改正する条例制定について
 議案第90号 伊万里市税条例の一部を改正する条例制定について
 議案第96号 伊万里・北松地域広域市町村圏組合規約の変更について
 議案第100号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第3号)のうち
          第1条 歳 入  全 款
              歳 出  第1款 議会費
               〃   第2款 総務費
               〃   第9款 消防費
               〃   第12款 公債費
          第2条 地方債の補正
 以上諸議案審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上報告いたします。
 平成18年9月22日
                              総務委員会
                              委員長 浜 野 義 則
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、文教厚生委員会、堀委員長。


◎文教厚生委員長(堀良夫) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                文教厚生委員会報告書
 9月7日の本会議において付託されました、
 議案第86号 健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例
       制定について
 議案第91号 伊万里市重度心身障害者の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制
       定について
 議案第92号 伊万里市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について
 議案第93号 伊万里市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について
 議案第100号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第3号)のうち
          第1条 歳 出  第3款 民生費
               〃   第10款 教育費
 議案第101号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について
 議案第102号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計補正予算(第1号)について
 議案第104号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第2号)について
 以上諸議案審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上報告いたします。
 平成18年9月22日
                              文教厚生委員会
                              委員長 堀   良 夫
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、産業経済委員会、高木委員長。


◎産業経済委員長(高木久彦) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                産業経済委員会報告書
 9月7日の本会議において付託されました、
 議案第94号 伊万里市中小企業振興資金貸付けに関する条例の一部を改正する条例制定について
 議案第100号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第3号)のうち
          第1条 歳 出  第6款 農林水産業費
               〃   第7款 商工費
               〃   第11款 災害復旧費
                    第2項 農林水産施設災害復旧費
 以上諸議案審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 なお、所管事項の現地調査を行ったところであるが、台風13号・秋雨前線大雨による農林地
及び農業用施設に多くの被害が発生しており、財源の確保と早期復旧を強く要望します。
 以上報告いたします。
 平成18年9月22日
                              産業経済委員会
                              委員長 高 木 久 彦
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、建設委員会、福田委員長。


◎建設委員長(福田喜一) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 建設委員会報告書
 9月7日の本会議において付託されました、
 議案第95号 工事請負契約締結の変更について
       (平成17年度伊万里市公共下水道事業伊万里市浄化センター水処理施設機械
       設備工事)
 議案第97号 専決処分の承認を求めることについて
       (平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号))
 議案第98号 専決処分の承認を求めることについて
       (平成18年度伊万里市水道事業特別会計補正予算(第1号))
 議案第99号 専決処分の承認を求めることについて
       (平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第3号))
 議案第100号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第3号)のうち
          歳 出  第8款 土木費
           〃   第11款 災害復旧費
                第1項 公共土木施設災害復旧費
 議案第103号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について
 議案第105号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第4号)について
 議案第109号 工事請負契約の締結について
       (平成18年度伊万里市公共下水道事業伊万里市浄化センター中央監視制御設備
       工事)
 以上諸議案審査の結果、原案のとおり可決、承認すべきものと決定いたしました。
 以上報告いたします。
 平成18年9月22日
                              建設委員会
                              委員長 福 田 喜 一
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以上、報告します。






○議長(黒川通信)

 以上で各常任委員会の報告が終わりましたので、しばらく休憩いたします。

               (午前11時9分 休憩)

               (午前11時15分 再開)



△日程第11 常任委員会報告に対する質疑



△日程第12 特別委員会中間報告



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 それでは、各常任委員会の報告に対する質疑を行います。

 まず、総務委員会報告について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次、文教厚生委員会報告について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次、産業経済委員会報告について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次、建設委員会報告について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 以上で各常任委員会の報告に対する質疑を終結いたします。

 次に、特別委員会の中間報告を求めます。

 まず、交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会、前田教一委員長。



◎交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員長(前田教一) (登壇)




      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会中間報告書
 平成17年第2回定例会において設置されました本委員会は、平成18年第1回定例会におい
て報告を行ったところです。以後、9月8日に委員会を開催し、8月21日から3日間、宮崎県
日向市及び福岡県大牟田市の先進地視察を行いました。
 また、8月30日に産業経済委員会との連合審査会を行ったので、その結果について報告しま
す。
1.西九州自動車道の整備について
 (1) 唐津伊万里道路について
   唐津市域において、用地買収、北波多ICの工事、松浦川大橋の下部工と上部工及び養
  母田地区のトンネル工事が着手されている。
   伊万里市域においては、谷口IC周辺の設計協議が平成17年度にほぼ終了しているが、
  一部地元と協議中である。
   本年度中に、測量、地質調査及び設計協議を済ませ、幅杭設置を行いたいとの説明を受
  けた。
 (2) 伊万里道路、伊万里松浦道路について
   伊万里道路は、本年度に市、県の都市計画審議会を経て、都市計画道路決定を行い一部
  測量、地質調査を実施する計画である。
   伊万里松浦道路は、山代ICから長崎県境までの間について、予備設計、地質調査を実
  施し、設計協議、幅杭設置が計画されている。
 (3) 伊万里・平戸・松浦市議会西九州自動車道建設促進協議会について
   伊万里・平戸・松浦市議会西九州自動車道建設促進協議会において、本年8月28日に佐
  賀・長崎両県の知事、議会及び国道事務所に対して要望活動を行った。今後は、国土交通
  省九州地方整備局、国土交通省への要望活動と併せて佐賀・長崎両県選出の国会議員に対
  して要望するよう予定している。
2.港湾整備について
  七ツ島工業団地の水深13メートル岸壁については、平成17年度から事業着手されているが、
 コンテナ取扱量の増加により、現在の1バースから2バースにするよう計画がなされている。
 延長260メートルの岸壁が設置される予定である。
  現在、唐津港湾事務所や県の港湾課が窓口となり、協議が進められている。
3.企業誘致について
 (1) 企業訪問等による立地勧奨
   本年4月から8月までに、延べ18社(関東8、中京3、関西3、九州4)に対し、立地
  勧奨が行われている。
   半導体関係、自動車部品関係の企業に対して立地勧奨が行われているが、直接立地に結
  びつくような成果は上がっていないとの報告を受けた。
 (2) 進出企業の状況
   4月に進出協定を締結した清本鐵工?では、5月11日に起工式が行われ、予定工期内の
  完成に向け工事が進められている。
   ?SUMCOについても、7月から建設工事に着手され、今日順調に進捗しているよう
  である。また、この進出に伴い、ガス納入企業や貨物自動車運送業などの取引関連企業に
  も、団地内の区画を購入されるなど動きが出てきているとの説明を受けた。今後、1社で
  も多くの企業が立地に結びつくような活動が展開されるよう期待する。
 (3) 七ツ島港湾施設用地における油槽所問題について
   この問題については、8月30日に産業経済委員会と連合審査会を開催し、県の港湾課長
  を参考人として招致し、?神廣の七ツ島港湾施設用地における使用許可に係る経緯につい
  て説明を受け、今後の対応について考えを聞いたところである。
   県としては、今後も?神廣の社長に対し、施設の撤去と原状回復を要請していくとのこ
  とであるが、併せて何らかの手続きも視野に入れて検討していくとのことである。
   早期解決の認識はあるものの、法的問題もあって、慎重な対応を要するため、期限につ
  いては明言出来ないとの説明を受けた。
4.先進地視察について
 (1) 宮崎県日向市
   日向市においては、東九州自動車道と細島港の整備について説明を受けたところである。
   日向市域における東九州自動車道の進捗状況は、門川ICから日向IC間14?で、平成
  18年6月現在で、用地取得率85%、工事発注率35%となっている。また、日向ICから都
  農IC間19.7?については、西日本高速道路?と日向市及び地元沿線区長との設計協議確
  認書が本年3月に調印され、用地測量や用地買収が行われている。
   日向市では、行政と民間が協力し、早期完成に向けた運動を展開されている。特に商工
  会議所、建設業協会、道づくりを考える日向市女性の会などと建設促進組織を設立さ
  れ、建設促進決起大会を開催されている。
   さらに、青年会議所を中心として、100万人署名活動に取組まれ、190万人の署名を得た
  との報告を受けた。
   国土交通省の発表では、門川〜日向間を平成22年度に、日向〜都農間を平成26年度に完
  成予定としている。
   細島港は、古くから東九州の海上交易拠点として、また、日向延岡地区新産業都市の中
  核港として重要な役割を果たしてきた。
   平成5年に韓国・釜山港との間に外貿コンテナ定期航路が開設されて以来、コンテナ取
  扱量も順調に伸び続けてきている。
   また、平成12年には国際化に伴う貨物船の大型化等に対応するため、国及び県が整備を
  進めてきた多目的国際ターミナルが完成し、国際貨物輸送の中核として期待されている。
 (2) 福岡県大牟田市
   大牟田市においては、三池港の整備について説明を受けたところである。
   三池港は、福岡県南部の有明海に面した場所に位置し、三池炭鉱から産出される石炭を
  安定的に積み出すため、三池鉱山?の専用港として、明治41年に開港された。
   その後、昭和26年には、重要港湾に指定され昭和46年に福岡県が港湾管理者となってい
  る。
   平成11年11月に三池港港湾計画が策定され、公共埠頭整備や航路の浚渫など、三池港の
  新たな整備に着手されている。
   港湾振興策やポートセールスなど官民一体となった取組が行われている。
以上報告いたします。
平成18年9月22日
                     交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会
                     委 員 長  前 田 教 一
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、地域医療整備対策調査特別委員会、下平委員長。


◎地域医療整備対策調査特別委員長(下平美代) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           地域医療整備対策調査特別委員会中間報告書
 平成17年第2回定例会において設置されました本委員会は、平成18年第1回定例会において
報告を行ったところです。以後、6月9日及び9月11日に委員会を開催し、また、7月25日か
ら3日間、熊本県熊本市、荒尾市及び宮崎県小林市の先進地視察を行ったので、その結果につ
いて報告します。
1.新病院整備における協議等の経過について
  市民病院と社会保険浦之崎病院の統合における協議等の経過について説明を受けた。
  病院統合については、2月に社会保険庁へ譲渡協議依頼書を提出した後、6月には同庁へ
 の訪問がなされ、病院譲渡についての意思確認が行われている。また、その後も佐賀社会保
 険事務局を通じて、病院譲渡の条件等に関する情報収集と意見交換がなされてきている。
  先のスケジュールにおいては、本年夏季頃には整理合理化計画が策定され、経営自立の可
 否やその地域における重要性を判断基準として3形態に分類され、その後売却を含めて新し
 い経営形態へ移行することになっていた。しかし、通常国会で社会保険庁改革関連法案が継
 続審議となったことなどにより、これと関連して、浦之崎病院の本格的な譲渡協議も秋以降
 に先送りとなる見込みとなっている。
  当委員会としては、今後の譲渡協議の経過を見守ることとなるが、国の地元自治体への売
 却という理由づけをはじめ、あくまで時価による売却となること、又、病院譲渡後は現在の
 浦之崎病院における医療機能をできる限り保持し続けることといった条件など、実際の譲渡
 契約にあたっての課題は大きい。今後の国との交渉・契約においては、時期を失することの
 ないよう留意するとともに、その判断においては慎重な検討を重ねられることを望む。
2.中核的病院整備基本計画について
  中核的病院整備における基本計画策定にあたっては、佐賀大学医学部、医師会、その他各
 種団体からの代表をメンバーとした策定委員会を主体に進められることになっている。また、
 この計画策定の支援を行うコンサルタントとして、医療コンサルタント5社を指名
 し、プロポーザル方式(企画提案方式)により委託業者の決定がなされている。この基本計
 画は、目指すべき新病院の具体的計画を示し、そのシミュレーションにおいても先の新病院
 可能性調査の精度をより高めたものとして、今後の病院譲渡協議においても有効な交渉材料
 となるものである。新病院整備においては、人件費の抑制や診療科目の設定、医師確保、競
 合する他の中核病院との機能のすみ分けなど、乗り越えなければならない厳しい課題は多い。
 基本計画策定にあたっては、市民の意見、現場の声をよく把握し、策定委員会の中での議論
 を十分に重ねて、伊万里市の中核的病院として進むべき方向性を明確にしていくよう努めら
 れたい。また、策定委員会での協議状況については、当委員会への定期的な報告を望む。
3.先進地視察について
 (1) 熊本県熊本市(熊本中央病院)
   医療過密地域といわれる熊本市では、病院間での競合が激しく、各病院が生き残りをか
  けて、特色ある病院経営を目指している。中でも病床数361を有する熊本中央病院では、
  開業医から紹介を受けた患者のみを受け入れるという形で、かかりつけ医との病診連携を
  重視しており、これにより外来患者を制限するとともに、入院患者を外来で再来させない
  という方針を徹底させている。良い医師を集め、地域に密着した病院をまず育てることが
  必要であり、開業医が強く求めない限り市が地域支援病院をつくっても意味がないといっ
  た見解や、医師会立という方法もあるといったアドバイスを受けたところである。地域医
  療全体の流れが、大病院・フリーアクセス志向から、病床数を減らし、機能分化(すみ分
  け)を重視する方向へと向かう中、今後の公的病院整備においては、かかりつけ医を中心
  に考えた医療提供体制の構築を念頭に置く必要があることを認識したところである。
 (2) 熊本県荒尾市(荒尾市立市民病院)
   有明地域における中核的病院として病診連携に力を入れている、病床数377の病院である。
  診療報酬マイナス改定、患者負担割合の増などにより、医業収益そのものが落ち込み、ま
  た、小児科医を始めとし、複数の診療科における常勤医の引き揚げが経営を圧迫している。
  このような中で、診療に特徴を出さなければ生き残れないという考えのもと、「体に負担
  をかけない腹腔鏡手術」における症例、実績を重ね、専門性の高い医療の提供を行ってい
  る。また、これまでほとんど利用のなかった開放型病床を、医師会か
  らの強い要望により復活させ、かかりつけ医と公的病院医師との相互連携を目指している。
  医師確保の重要性とその難しさを痛感するとともに、これからの公的病院においては、特
  色ある医療の提供とかかりつけ医との連携が必要であることを認識した。
 (3) 宮崎県小林市(小林市立市民病院)
   西諸医療圏において、高度医療・救急医療を担う唯一の中核的後方支援病院として重要
  な位置づけにある病床数138の病院である。築33年となる現在の建物は著しく老朽化が進ん
  でおり、建て替えが計画され、本年3月には改築基本計画が策定されたところである。こ
  の改築基本計画においては、新たに循環器科を設置するなど診療科目の見直しもなされて
  いるが、既に休診となっている小児科を含めて、医師確保は大きな課題となっている。ま
  た、起債を含めた財源確保は、特に自治体病院に対しては厳しくなってきているようであ
  り、病院建設の難しさを改めて認識したところである。
以上報告いたします。
平成18年9月22日
                           地域医療整備対策調査特別委員会
                          委 員 長  下 平 美 代
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






○議長(黒川通信)

 以上で特別委員会の中間報告が終わりましたので、しばらく休憩いたします。

               (午前11時35分 休憩)

               (午前11時36分 再開)



△日程第13 特別委員会中間報告に対する質疑



△日程第14 議案等の付議順序により討論、採決



△日程第15 閉会



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 それでは、特別委員会中間報告に対する質疑を行います。

 まず、交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会中間報告について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次、地域医療整備対策調査特別委員会中間報告について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 以上で特別委員会の中間報告に対する質疑を終結いたします。

 それでは、議案の付議順序に従いまして、これより討論、採決を行います。

 まず、議案第86号 健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第86号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第87号 消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第87号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第88号 伊万里市報酬及び費用弁償条例等の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第88号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第89号 伊万里市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第89号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第90号 伊万里市税条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第90号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第91号 伊万里市重度心身障害者の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第91号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第92号 伊万里市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第92号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第93号 伊万里市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第93号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第94号 伊万里市中小企業振興資金貸付けに関する条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第94号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第95号 工事請負契約締結の変更について(平成17年度伊万里市公共下水道事業伊万里市浄化センター水処理施設機械設備工事)。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第95号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第96号 伊万里・北松地域広域市町村圏組合規約の変更について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第96号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第97号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号))。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第97号については原案のとおり承認されました。

 次、議案第98号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度伊万里市水道事業特別会計補正予算(第1号))。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第98号については原案のとおり承認されました。

 次、議案第99号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第3号))。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第99号については原案のとおり承認されました。

 次、議案第100号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第3号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第100号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第101号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なし認めます。よって、議案第101号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第102号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第102号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第103号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第103号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第104号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第2号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第104号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第105号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第4号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第105号については原案のとおり可決されました。

 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦については、討論を省略して、原案のとおり異議ない旨答申することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、諮問第2号については原案のとおり異議ない旨答申することに決定いたしました。

 次、議案第109号 工事請負契約の締結について(平成18年度伊万里市公共下水道事業伊万里市浄化センター中央監視制御設備工事)。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第109号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第110号 財産の処分について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第110号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第111号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第4号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第111号については原案のとおり可決されました。 次に、決算認定議案であります。

 議案第106号 平成17年度伊万里市水道事業特別会計決算認定について、議案第107号 平成17年度伊万里市工業用水道事業特別会計決算認定について、議案第108号 平成17年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計決算認定について、議案第112号 平成17年度伊万里市一般会計決算認定について、議案第113号 平成17年度伊万里市国民健康保険特別会計決算認定について、議案第114号 平成17年度伊万里市介護保険特別会計決算認定について、議案第115号 平成17年度伊万里市立花台地開発事業特別会計決算認定について、議案第116号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計決算認定について、議案第117号 平成17年度伊万里市農業集落排水事業特別会計決算認定について、議案第118号 平成17年度伊万里市伊万里駅周辺土地区画整理事業特別会計決算認定について、議案第119号 平成17年度伊万里市市営駐車場特別会計決算認定について、議案第120号 平成17年度伊万里市老人保健特別会計決算認定について、以上12件については、平成17年度伊万里市企業会計決算審査特別委員会並びに平成17年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第106号から議案第108号までの3件及び議案第112号から議案第120号までの9件については継続審査とすることに決定いたしました。

 次に、意見書案について討論、採決を行います。

 意見書案第3号 新しい地方分権改革の推進を求める意見書の提出について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、意見書案第3号については原案のとおり可決されました。 意見書案第4号 難病対策の確立を求める意見書の提出について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、意見書案第4号については原案のとおり可決されました。 なお、ただいま可決されました意見書については、それぞれの関係機関に送付することにいたします。

 次に、お手元に配付しておりますとおり、各常任委員会並びに交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会、地域医療整備対策調査特別委員会から会議規則第65条の規定により、継続審査の申し出がなされております。

 そこで、お諮りいたします。

 各委員会からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、各委員会からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

 以上をもちまして、今期定例会の日程をすべて終了いたしましたので、平成18年伊万里市議会第3回定例会を閉会いたします。

               (午前11時45分 閉会)



 上記のとおり会議の次第を記録し、これを証するために署名する。

  平成  年  月  日

             伊万里市議会

                 議 長  黒 川 通 信



                 議 員  内 山 泰 宏



                 議 員  占 野 秀 男









           特別委員会設置に関する決議
                 
 平成17年度伊万里市水道事業、工業用水道事業及び国民健康保険病院事業特別
会計決算審査のため、地方自治法第110条及び伊万里市議会委員会条例第6条の
規定により、下記のとおり特別委員会を設置するものとする。

                記
                
1.名  称  平成17年度伊万里市企業会計決算審査特別委員会

2.委 員 数  8名

3.期  間  設置の日から審査終了の日まで


           特別委員会設置に関する決議
                 
 平成17年度伊万里市一般会計及び特別会計(企業会計を除く)決算審査のため、
地方自治法第110条及び伊万里市議会委員会条例第6条の規定により、下記のとお
り特別委員会を設置するものとする。

                記
                
1.名 称  平成17年度伊万里市一般会計及び特別会計決算審査特別委員会

2.委員数  8名

3.期 間  設置の日から審査終了の日まで


新しい地方分権改革の推進を求める意見書

 「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」が閣議決定され、「地方
分権に向けて、関係法令の一括した見直し等により、国と地方の役割分担の見
直しを進める」こととなり、地方分権改革は新たな段階を迎えた。
 昨年までの三位一体改革においては、3兆円の税源移譲が実現したものの、
地方交付税は約5兆円削減され、国庫補助負担金改革については国庫負担率が
引下げになるなど、必ずしも地方の自由度は拡大せず、地方分権の観点からは
不十分な改革となった。
 地方分権改革は、国は国にしかできないことに重点を置き、地域の行政は地
方自治体が責任をもって担うことで、地域の行政需要に的確に応えるとともに、
地域に活力を与え、日本を活性化させる改革である。
 よって、国においては、下記事項に留意しつつ、新しい地方分権改革を進め
ることを強く要請する。 
                  記

1.早期に地方分権推進法を制定し、地方分権を国会・国民の理解のもと強力
 に推進することで、地方交付税を地方共有税に変更し、税源移譲や国の関与
 の見直しを進め、地方の自由度を高めること。
  さらに、「地方行財政会議」を設置し、政府の政策立案等に地方の意見を反
 映させること。

2.平成19年度予算編成において、地方公共団体の安定的な財政運営や住民
 サービスの提供に支障が生じることのないよう、地方交付税等必要な一般財
 源の総額を確保すること。
  また、地方税制の見直しや遅れている地方の道路整備等の充実などの「都
 市」と「地方」の地域間格差の解消を図ること。
 
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


  平成18年9月22日
                    
                           伊万里市議会

衆議院議長  様
参議院議長  様
内閣総理大臣  様
内閣官房長官  様
経済財政政策担当大臣  様
総務大臣  様
財務大臣  様

          難病対策の確立を求める意見書

 わが国の難病対策は、特定疾患治療研究事業や小児慢性特定疾患治療研究事
業を中心として取り組まれ、当治療研究事業の実施は、患者や家族の医療費の
負担軽減を図るとともに、病態の把握や治療法の研究に大きな役割を果たして
きており、難病患者・家族の支えとなってきたところである。
 しかしながら、難病は国が指定した疾患だけが全てではなく、いまだに効果
的な治療方法もなく対症療法に頼るだけの疾病も多い。
 また、国が指定する疾患においても依然として、難病患者・家族は、数少な
い専門医療機関、治療法の未確立等の現状のもと、大きな不安の中で、肉体的・
精神的苦痛に加え、経済的な負担も大きく、日々厳しい生活を強いられている
現状がある。
 よって、国会及び政府におかれては、すべての難病患者・家族が良質な医療
を受け、安心して生活できるよう、医療、福祉、教育、就労等に関する総合的
な難病対策を確立するとともに、次の事項について特段の配慮がなされるよう
強く要望する。
                 記
1.進行性化骨筋炎(FOP)、HTLV−1関連脊髄症(HAM)等、特定疾
 患治療研究事業の指定を待つ疾患を早期に当該研究事業の対象とすること。

2.小児慢性特定疾患治療研究事業については、昨年11月の児童福祉法改正
 に当たっての衆参両議院厚生労働委員会附帯決議の趣旨に基づき、安心して
 継続した治療が受けられるよう成人の難病対策との連携を図り、年齢制限の
 ない制度として整備すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成18年9月22日

                         伊万里市議会

 衆議院議長  様
 参議院議長  様
 内閣総理大臣  様
 厚生労働大臣  様