議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 伊万里市

平成18年 6月 定例会(第2回) 06月28日−07号




平成18年 6月 定例会(第2回) − 06月28日−07号







平成18年 6月 定例会(第2回)






          平成18年伊万里市議会会議録(第2回定例会)

1.日 時  平成18年6月28日 午前10時00分開会
2.出席した議員
    1番  黒 川 通 信         17番  内 山 泰 宏
    3番  山 ? 秀 明         18番  占 野 秀 男
    4番  草 野   譲         19番  盛   泰 子
    5番  山 田   悟         20番  岩 橋 紀 行
    6番  樋 渡 雅 純         21番  樋 渡 伊 助
    8番  前 田 久 年         22番  原 口   弘
    9番  貞 方 喜 延         23番  田 中 啓 三
    11番  堀   良 夫         24番  岩 本 盛 房
    12番  高 木 久 彦         25番  満 江 洋 介
    13番  前 田 教 一         26番  福 田 喜 一
    14番  岡 口 重 文         27番  下 平 美 代
    15番  前 田 儀三郎         28番  浜 野 義 則
    16番  笠 原 義 久

3.欠席した議員
    2番  島 田 布 弘         10番  川 内   学
    7番  渡 邊 英 洋

4.出席した事務局職員
    局長  城     武

5.地方自治法第121条による出席者の職氏名
    助役                  前 田 和 人
    総務部長                永 田   昇
    政策経営部長              友 廣 英 久
    市民部長(福祉事務所長)        山 平 邦 博
    産業部長                田 中 健 志
    建設部長                副 島 秀 雄
    総務部副部長(総務課長)        江 頭 興 宣
    総務部副部長(税務課長)        片 岡 弘 道
    財政課長                光 田 和 夫
    市民部副部長(市民課長)        田 中 恒 範
    産業部副部長(農山漁村整備課長)    山 口 俊 昭
    建設部副部長(都市開発課長)      馬 場   繁
    理事(経営企画室長)          南   和 夫
    市民病院事務長             岩 ?   雅
    水道事業管理者職務代理者        
    水道部長                川 原 清 春
    消防長                 松 永 彰 則
    教育長                 岩 永 憲一良
    教育部長                田 中 直 記

1.議事日程
    第1 議会議案等の一括上程
    第2 議会議案等の提案理由説明
    第3 議会議案等に対する質疑
    第4 常任委員会報告
    第5 常任委員会報告に対する質疑
    第6 議案の付議順序により討論、採決
    第7 特別委員会委員の選任
    第8 特別委員会正副委員長の互選
    第9 閉会

1.本日の会議に付した事件
    日程第1 議会議案等の一括上程
     議会議案第1号 伊万里市議会議員定数条例の一部を改正する条例制定について
     意見書案第2号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持を求める意見書の提出につ
             いて
    日程第2 議会議案等の提案理由説明
    日程第3 議会議案等に対する質疑
    日程第4 常任委員会報告
    日程第5 常任委員会報告に対する質疑
    日程第6 議案の付議順序により討論、採決
    日程第7 特別委員会委員の選任
    日程第8 特別委員会正副委員長の互選
    日程第9 閉会

1.会議の顛末
                (午前10時 開議)






○議長(黒川通信)

 おはようございます。定刻定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。

 なお、本日の会議につきましては、市長、副議長は緊急の公務により欠席しております。

 ここでしばらく休憩いたします。

               (午前10時1分 休憩)

               (午前10時5分 再開)



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 ここで原口議員より発言の申し出があっておりますので、許可いたします。原口議員。



◆22番(原口弘) (登壇)

 本会議の貴重な時間を拝借し、6月20日の一般質問に関して発言させていただきます。

 このたびは執行部の皆さん、議員の皆さん、また、市民の皆さんに御迷惑をおかけしたことに対し、心よりおわび申し上げます。

 特に、助役室において助役、建設部長と交わした会話として紹介した部分や、前財政課長の対応の部分については、私の思い込みから発した事実誤認の内容であり、深く反省しております。

 また、特定の企業に対して便宜を図ったと受けとられるような発言をし、行政の透明性に疑義があるかのような質問をしたことも重ねて反省をしております。

 すべては私の不徳のいたすところであり、今後はこのようなことがないように、議員として立場を十分にわきまえ、発言や行動をしていく所存です。

 皆様には心から反省とおわびを申し上げます。申しわけありませんでした。



○議長(黒川通信)

 ここで本日新たに議会議案1件、意見書案1件が提出されております。この取り扱いについて議会運営委員会を開催していただくため、しばらく休憩いたします。

               (午前10時8分 休憩)

               (午前10時33分 再開)



△日程第1 議会議案等の一括上程



△日程第2 議会議案等の提案理由説明



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 休憩中に議会運営委員会を開催していただき、議会議案1件、意見書案1件の取り扱いについて協議されました結果、本日の日程に追加上程することに決定されております。

 そこでお諮りいたします。議会議案1件、意見書案1件の取り扱いについては議会運営委員会の決定どおり、本日の日程に追加上程いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議会議案1件、意見書案1件を本日の日程に追加上程いたします。

 それでは、ただいま追加上程いたしました議会議案第1号の1件、意見書案第2号の1件を議題といたします。

 議会議案等の朗読を省略して、直ちに提案理由の説明を求めます。

 まず、議会議案第1号 伊万里市議会議員定数条例の一部を改正する条例制定について、20番岩橋議員。



◆20番(岩橋紀行) (登壇)




      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
議会議案第1号
       伊万里市議会議員定数条例の一部を改正する条例制定について
      ─────────────────────────────    
提案理由 地方分権の推進、三位一体改革等により地方自治が大きく変革しており、本市の
    厳しい財政状況を勘案し、市民の負託に応えるため、伊万里市議会議員の定数を削
    減したいので、この案を提出する。
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、意見書案第2号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持を求める意見書の提出について、11番堀議員。


◆11番(堀良夫) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見書案第2号
      「義務教育費国庫負担制度」の堅持を求める意見書の提出について
      ─────────────────────────────    
提案理由 義務教育費国庫負担制度の見直しは、地方財政に与える影響が大きく、地方分権
    確立よりも財政状況の差を学校教育に影響させてしまうことになりかねない。よっ
    て、この制度を堅持し、教育水準の維持向上を図られるよう、関係機関に対して意
    見書を提出したいので、この案を提出する。
                (323ページ本文掲載)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


△日程第3 議会議案等に対する質疑


△日程第4 常任委員会報告


○議長(黒川通信)
 議会議案等の提案理由の説明が終わりましたので、これに対する質疑を行います。
 まず、議会議案第1号 伊万里市議会議員定数条例の一部を改正する条例制定について。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
 質疑なしと認めます。よって、議会議案第1号に対する質疑を終結いたします。
 次、意見書案第2号 「義務教育費国庫負担制度」の堅持を求める意見書の提出について。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕
 質疑なしと認めます。よって、意見書案第2号に対する質疑を終結いたします。
 それでは、日程に従いまして、各常任委員会の報告を求めます。
 初めに、総務委員会、浜野委員長。


◎総務委員長(浜野義則) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 総務委員会報告書
 6月15日及び21日の本会議において付託されました、
議案第64号 伊万里市民が主役のまちづくり条例制定について
議案第65号 伊万里市長、助役、収入役及び水道事業管理者並びに教育長の給料月額の特例
      に関する条例制定について
議案第68号 伊万里市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について
議案第70号 伊万里市税条例の一部を改正する条例制定について
議案第76号 伊万里市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正す
      る条例制定について
議案第80号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第2号)のうち
        第1条 歳 入  全 款
            歳 出  第1款 議会費
             〃   第2款 総務費
             〃   第9款 消防費
             〃   第12款 公債費
             〃   第13款 諸支出金
        第2条 地方債の補正
議案第85号 伊万里市職員定数条例の一部を改正する条例制定について
 以上諸議案審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上報告いたします。
 平成18年6月28日
                              総務委員会     
                              委員長 浜 野 義 則
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、文教厚生委員会、堀委員長。


◎文教厚生委員長(堀良夫) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                文教厚生委員会報告書
 6月15日の本会議において付託されました、
議案第66号 伊万里市環境基本条例制定について
議案第67号 伊万里市学校給食センター条例制定について
議案第69号 資金の積立てに関する基金条例の一部を改正する条例制定について
議案第71号 伊万里市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例制定に
      ついて
議案第72号 伊万里市老人ホーム入所判定委員会設置条例の一部を改正する条例制定につい
      て
議案第73号 伊万里市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定につい
      て
議案第74号 伊万里市重度心身障害者の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制
      定について
議案第75号 伊万里市立市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定について
議案第77号 財産の取得について(磁器食器)
議案第78号 伊万里・有田地区障害程度区分認定審査会の共同設置に関する規約の協議につ
      いて
議案第80号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第2号)のうち
        第1条 歳 出  第3款 民生費
             〃   第4款 衛生費
                 (第1項 保健衛生費
                   第4目 環境衛生費
                      3 浄化槽設置整備事業を除く)
             〃   第10款 教育費
議案第84号 平成18年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計補正予算(第1号)につい
      て
 以上諸議案審査の結果、次の要望を付し、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 AED整備については、評価するところであるが、緊急時に即座に利用できる状態で配備さ
れることが望ましい。小中学校への配備についても早急な対応を検討されたい。
 以上報告いたします。
 平成18年6月28日
                              文教厚生委員会   
                              委員長 堀   良 夫
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、産業経済委員会、高木委員長。


◎産業経済委員長(高木久彦) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                産業経済委員会報告書
 6月15日の本会議において付託されました、
議案第80号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第2号)のうち
        第1条 歳 出  第5款 労働費
             〃   第6款 農林水産業費
             〃   第7款 商工費
             〃   第11款 災害復旧費
                  第2項 農林水産施設災害復旧費
 以上議案審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上報告いたします。
 平成18年6月28日
                              産業経済委員会   
                              委員長 高 木 久 彦
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○議長(黒川通信)
 次、建設委員会、福田委員長。


◎建設委員長(福田喜一) (登壇)
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 建設委員会報告書
 6月15日の本会議において付託されました、
議案第79号 専決処分の承認を求めることについて
      (平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第1号))
議案第80号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第2号)のうち
        第1条 歳 出  第4款 衛生費
                  第1項 保健衛生費
                   第4目 環境衛生費
                      3 浄化槽設置整備事業
             〃   第8款 土木費
             〃   第11款 災害復旧費
                  第1項 公共土木施設災害復旧費
議案第81号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について
議案第82号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について
議案第83号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第2号)について
 以上諸議案審査の結果、次の要望を付し、原案のとおり可決、承認すべきものと決定いたし
ました。
 農業集落排水事業については、水洗化率の向上を図るため、地元推進団体と連携し、整備促
進が積極的に進められるよう強く要望する。
 以上報告いたします。
 平成18年6月28日
                              建設委員会     
                              委員長 福 田 喜 一
伊万里市議会
議 長  黒 川 通 信 様
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






○議長(黒川通信)

 以上で各常任委員会の報告が終わりましたので、しばらく休憩いたします。

               (午前10時47分 休憩)

               (午前10時55分 再開)



△日程第5 常任委員会報告に対する質疑



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 それでは、各常任委員会の報告に対する質疑を行います。

 まず、総務委員会報告について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。

 次、文教厚生委員会報告について、20番岩橋議員。



◆20番(岩橋紀行)

 お尋ねをいたします。

 まず、きょうの報告書によりますと、意見要望がついておるようですけれども、このことについてお尋ねをいたします。

 このことにつきましては、議案質疑の中で小学校にはどうなんだということを私申し上げたと思いますが、報告書を見ますと、「小中学校への配備についても早急な」というふうな意見要望がついているようでございますけれども、このあたりについてどういうふうな審議がなされてこういう結果になったのか、お尋ねをまず1点。

 それから二つ目に、県内の状況はどういうふうになっているのか、審議されていたらお尋ねをいたします。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 堀文教厚生委員長。



◎文教厚生委員長(堀良夫)

 ただいまの御質問にお答えをいたします。

 1点目は、意見書の付議要望に対する理由はということでございますが、委員会の中においても、小・中学校に対する配備について議論を行ったところでもあります。そういった中での執行部の答弁の中に、滝野小・中学校への配備は、公民館からの距離もあるので対応するというふうなお答えをいただいたところでございますが、同じような考えでいきますと、山代の西、波多津、東等も同様な課題も出てまいります。

 ちなみに、AED導入の共同購入等に関するパンフレットが佐賀県から出ておりますが、この中で、提案理由にも書いておりますように、時間が勝負というふうにパンフレットにも書いてあります。心臓発作による突然の死亡は年間4万から5万人にも達すると。そういった状況の中で、心室細動が発生してからの対応の時間は1分毎に救命率が10%ずつ低下すると。この資料によりますと、1分以内で救命率がおおむね90%台ですが、3分経過すると70%弱に救命率が落ちる。さらには5分経過いたしますと、46%程度に救命率が低下するという県の資料も出されているところです。そういった意味で、提案理由にも書いておりますように、今回のAEDの整備については、緊急時に即座に利用できる状況で配備するのが望ましいと、そういった意味で小・中学校への配備についても早急な対応をと要望したところでございます。

 2点目の、県内の状況はということでございますが、まず、佐賀県内の状況の中で、佐賀県が対応する設置数が131台、設置施設については運動施設、2番目に学校というふうに上がっております。佐賀県が設置する箇所ですね。公立の高校です。さらに、パンフレットによりますと、私立の高校にも助成金を対応したいということもパンフで上げておられますし、さらには福祉、保健、また、3,000人以上の施設に131台を共同購入で県は導入すると。

 さらに、県内の他の市の状況ですが、佐賀市については、施設箇所としては小・中学校の希望が今出ておるが、9月補正の予定で現在検討しておるということです。

 鳥栖市は6月補正で小・中学校に配備という決定がされております。これも県の共同購入です。

 多久の方が同じ6月補正で16台導入で、スポーツ広場施設、さらに小・中学校のすべて導入が決定されております。これはリースです。

 唐津の方は平成17年から導入が実施されておりまして、さらに18年度当初の予算で39台導入ということで、これは学校はまだ配置されておりませんが、今後検討をしていくということです。

 それから、鹿島は14台導入、6月補正で陸上競技場、小・中学校もすべて導入が決定されております。

 それから、小城市ですね、これも6月補正で4台導入で、中学校のみというふうになっております。

 嬉野市も6月補正で17台導入で、社会体育施設と小・中学校すべて導入というふうになっております。

 神埼市は学校の導入が出ておりません。これも6月補正で3台導入ということです。

 以上、県内の他の市の状況を報告して、以上で終わります。



○議長(黒川通信)

 ほかに。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次に進みます。産業経済委員会報告について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次、建設委員会報告について。19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 駅前線のペデストリアンデッキ下の横断を抑止するためのガードコーンの予算について、お尋ねいたします。

 これは議案質疑の折にも、その間隔が1メートルだという御説明を受けまして、確かにないよりはあった方がいいのだろうとは思いつつ、その後、同じようなものがどこにあるだろうかというふうに私も意識しながら、いろんなところを見たわけですが、例えば、新田橋交差点のところにも似たようなものがあると思いますけれども、やはり車の進入を防ぐためのものだというイメージが私には強く思われたところです。この件に関しては、一昨日の正副委員長会で建設委員長の方からお話もあっておりますが、やはり記録に残る正式な会議の場ではございませんので、やっぱり100万円かけてして、例えば、市民の方からこれは幾らかかったのですかと聞かれたときに、100万円でどのくらい皆さんの抑止になるのか、ぜひ費用に対して効果がたくさん上がるようなことであってほしいと私は思うんですね。ですから、建設委員会での議論についてお尋ねをしたいと思います。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 福田建設委員長。



◎建設委員長(福田喜一)

 盛議員の質問にお答えいたします。

 このペデストリアンデッキ下の、今のガードコーンの設置でございますけれども、34本設置するわけでございますが、今も申し上げましたように、間隔は1メーターごとに立てていくというふうなことでございますが、このことについても確かに安全であるかというふうな議論はございました、委員会の中でも。ですから、もっとしっかりとしたガードレールか、あるいは三角帽子のような、コーンにポールを架けて置くかの方法をした方がいいんじゃないかというようなことも出てきましたけれども、以前もちょっとそういうふうな話があったわけでございますけれども、かえって、それを飛び越えて渡りよってけがをしたりなんたりするというふうな事故も起こりやすいんじゃなかろうかというふうなことで、今の市の方のできる範囲内は現在のぐらいしかできないだろうというふうなことで、いろいろ伊万里警察署の交通課の方とも協議がなされております。ですけれども、その中でも、やはりあそこに通行禁止区分帯としてはっきりと明記を、公安委員会の規定がない限りは市としてはできないというふうなことでございますが、ここで参考のために申し上げますと、平成17年の11月17日に横断禁止現地検討会で伊万里の警察署交通課、それから市の総務課、都市開発課で話し合いがなされておりますけれども、警察の指導としては、まずは横断防止策として中央にガードコーンを設置すると、これにより立哨指導等もやりやすいと。段階的に進めていきたい。効果を見て、場合によっては今後の措置を考えると。ガードコーンを設置しても横断はできるが、抑制・防止は十分ある。実績もあるし、特に交通弱者に効果大であるのではないかと。このような経緯を踏まえて、今後ガードコーン設置に当てた次第でありますというふうなことでございました。

 それで、私ども確かに安全性が一番大事と思いますけれども、今の警察の方での回答としては、今の限界が警察の方での限界ですというふうなことでございましたので、御了承のほどお願いいたします。



○議長(黒川通信)

 19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 おおむね理解をいたしましたが、今委員長の方から御紹介がありました現地検討会の話の中で、まずはガードコーンを置いてみて、その状況を見ながらということで、場合によってはということは、やはりそれでもなかなか横断の方が多かったり、あるいは大きな事故が起こったり、そういうようなことの場合は次なる策があるというふうに理解していいんでしょうか。それから、実績もあるしというお話でしたけれども、具体的な例として何か委員会の方に説明があったかどうか、ちょっとそこはお聞きしたいと思います。その2点お願いします。



○議長(黒川通信)

 建設委員長。



◎建設委員長(福田喜一)

 まず、実績についてですけれども、私どもも実績が何かあったとですかと問い合わせですけれども、あそこ、事故が起きたか何かの実績を私ども把握はしておりません。



○議長(黒川通信)

 19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 実績というのは、事故の実績という意味ではなかったんじゃないかなと思うんですが、つまり、ガードコーンを置いたことによって、伊万里と同じような状況がどこかほかにもあったけれども、ガードコーンによって横断する方が減りましたよという実績があったという御説明のように私は聞こえたんですけれども、特に具体的に示されていないようであれば、それは結構ですが、もう1点申し上げたのは、まず今回置いてみて、それによって横断を控えてもらう、多分効果があるだろうというふうに考えているわけですね。これは市だけのことでできるわけじゃなくて、公安委員会の判断というのがあるので、ちょっと信号機の問題と一緒で、市だけで解決できる問題じゃないなというふうに思うんですが、さっきおっしゃった場合によってというのは、そういうふうな状況をつくってみても、なおかつ危険かなと思われる事例が多かったりした場合には、次なるものを考える余地があるというか、そういうふうに理解してよろしいんでしょうか。



○議長(黒川通信)

 建設委員長。



◎建設委員長(福田喜一)

 確かにこういうふうな施設をしてでも、また再度そういうふうな横断が多かったり、あるいは危険性が多かったならば、次の段階を考えるというふうなことだったですけれども、その次の段階がどういうふうな状況でされるかは私どもは説明は聞いておりません。



△日程第6 議案の付議順序により討論、採決



△日程第7 特別委員会委員の選任



○議長(黒川通信)

 ほかに。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 以上で各常任委員会の報告に対する質疑を終結いたします。

 それでは、議案の付議順序に従いまして、これより討論、採決を行います。

 まず、議案第64号 伊万里市民が主役のまちづくり条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第64号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第65号 伊万里市長、助役、収入役及び水道事業管理者並びに教育長の給料月額の特例に関する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第65号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第66号 伊万里市環境基本条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第66号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第67号 伊万里市学校給食センター条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第67号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第68号 伊万里市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第68号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第69号 資金の積立てに関する基金条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第69号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第70号 伊万里市税条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第70号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第71号 伊万里市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第71号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第72号 伊万里市老人ホーム入所判定委員会設置条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第72号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第73号 伊万里市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第73号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第74号 伊万里市重度心身障害者の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第74号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第75号 伊万里市立市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第75号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第76号 伊万里市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第76号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第77号 財産の取得について(磁器食器)。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第77号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第78号 伊万里・有田地区障害程度区分認定審査会の共同設置に関する規約の協議について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第78号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第79号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第1号))。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第79号については原案のとおり承認されました。

 次、議案第80号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第2号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第80号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第81号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第81号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第82号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第82号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第83号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第2号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第83号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第84号 平成18年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計補正予算(第1号)について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第84号については原案のとおり可決されました。

 次、議案第85号 伊万里市職員定数条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第85号については原案のとおり可決されました。

 次の諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦については討論を省略して、原案のとおり異議がない旨、答申することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、諮問第1号については原案のとおり異議ない旨、答申することに決定いたしました。

 続きまして、本日提案されました議会議案について討論、採決を行います。

 議会議案第1号 伊万里市議会議員定数条例の一部を改正する条例制定について。

    〔「異議なし」「反対」と呼ぶ者あり〕

 ただいま反対の意見がございましたので、討論をいたします。討論ありますか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありますので、起立により採決を行います。

 議会議案第1号 伊万里市議会議員定数条例の一部を改正する条例制定について、賛成の方の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

 賛成多数であります。よって、議会議案第1号については原案のとおり可決されました。

 次に、意見書案について討論、採決を行います。

 意見書案第2号 義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書の提出について。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、意見書案第2号については原案のとおり可決されました。

 なお、ただいま可決されました意見書については、関係機関に送付することにいたします。

 ここで交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会及び地域医療整備対策調査特別委員会の委員の選任を行います。

 それでは、伊万里市議会委員会条例第7条の規定により、委員の指名を行います。

 委員の指名を事務局長に発表させます。事務局長。



◎議会事務局長(城武)

 それでは、発表いたします。

 交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会。

 山?議員、山田議員、前田教一議員、岡口議員、内山議員、樋渡伊助議員、岩本議員、満江議員、福田議員。

 次に、地域医療整備対策調査特別委員会。

 樋渡雅純議員、前田久年議員、川内議員、堀議員、高木議員、笠原議員、田中議員、下平議員、浜野議員。

 以上であります。



△日程第8 特別委員会正副委員長の互選



○議長(黒川通信)

 ただいまの事務局長の発表のとおり選任し、指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議ありませんので、以上のとおり決定いたします。

 ここでそれぞれ正副委員長の互選をしていただくため、しばらく休憩いたします。

               (午前11時18分 休憩)

               (午前11時44分 再開)



△日程第9 閉会



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 休憩中にそれぞれ特別委員会を開催していただき、正副委員長が互選されましたので、その結果を報告いたします。

 交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会委員長、前田教一議員、副委員長、山田議員。

 地域医療整備対策調査特別委員会委員長、下平議員、副委員長、前田久年議員。

 以上のとおり決定いたしました。

 ここで、お手元に配付しておりますとおり、各常任委員会並びに交通網・港湾・企業誘致対策調査特別委員会、地域医療整備対策調査特別委員会から会議規則第65条の規定により、継続審査の申し出がなされております。そこでお諮りいたします。

 各委員会からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、各委員会からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

 以上をもちまして、今期定例会の日程をすべて終了いたしましたので、平成18年伊万里市議会第2回定例会を閉会いたします。

               (午前11時45分 閉会)



 上記のとおり会議の次第を記録し、これを証するために署名する。

  平成  年  月  日

             伊万里市議会

                 議 長  黒 川 通 信



                 議 員  前 田 儀三郎



                 議 員  笠 原 義 久