議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 伊万里市

平成18年 6月 定例会(第2回) 06月12日−01号




平成18年 6月 定例会(第2回) − 06月12日−01号







平成18年 6月 定例会(第2回)






          平成18年伊万里市議会会議録(第2回定例会)

1.日 時  平成18年6月12日 午前10時00分開会
2.出席した議員
    1番  黒 川 通 信         16番  笠 原 義 久
    2番  島 田 布 弘         17番  内 山 泰 宏
    3番  山 ? 秀 明         18番  占 野 秀 男
    4番  草 野   譲         19番  盛   泰 子
    5番  山 田   悟         20番  岩 橋 紀 行
    6番  樋 渡 雅 純         21番  樋 渡 伊 助
    7番  渡 邊 英 洋         22番  原 口   弘
    8番  前 田 久 年         23番  田 中 啓 三
    9番  貞 方 喜 延         24番  岩 本 盛 房
    11番  堀   良 夫         25番  満 江 洋 介
    12番  高 木 久 彦         26番  福 田 喜 一
    13番  前 田 教 一         27番  下 平 美 代
    14番  岡 口 重 文         28番  浜 野 義 則
    15番  前 田 儀三郎         

3.欠席した議員
    10番  川 内   学

4.出席した事務局職員
    局長 城     武

5.地方自治法第121条による出席者の職氏名
    市長                  塚 部 芳 和
    助役                  前 田 和 人
    収入役                 吉 富 常 彦
    総務部長                永 田   昇
    政策経営部長              友 廣 英 久
    市民部長(福祉事務所長)        山 平 邦 博
    産業部長                田 中 健 志
    建設部長                副 島 秀 雄
    総務部副部長(総務課長)        江 頭 興 宣
    総務部副部長(税務課長)        片 岡 弘 道
    企画政策課長              山 本 洋一郎
    財政課長                光 田 和 夫
    市民部副部長(市民課長)        田 中 恒 範
    産業部副部長(農山漁村整備課長)    山 口 俊 昭
    産業部副部長(企業誘致推進課長)    中 島 善 博
    建設部副部長(都市開発課長)      馬 場   繁
    理事(経営企画室長)          南   和 夫
    市民病院事務長             岩 ?   雅
    水道事業管理者職務代理者        
    水道部長                川 原 清 春
    水道部副部長              尾 形 洋一郎
    消防長                 松 永 彰 則
    教育長                 岩 永 憲一良
    教育部長                田 中 直 記
    教育副部長(体育保健課長)       山 口 宇 作

1.議事日程
    第1 開会
    第2 会議録署名議員の指名
    第3 会期の決定
    第4 市長提出議案等の一括上程
    第5 市長提出議案等の提案理由説明

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 開会
 日程第2 会議録署名議員の指名
 日程第3 会期の決定
┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐
│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│
├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │ │ │   │開   会                   │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │会議録署名議員の指名              │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │12│月│本会議│会期の決定                   │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │市長提出議案等28件………一括上程        │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │市長提出議案等の提案理由説明          │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │13│火│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │14│水│本会議│議案等に対する質疑               │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │ │ │   │議案等に対する質疑               │    │
│ │15│木│本会議│                        │    │
│ │ │ │   │議案の常任委員会付託              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│6│16│金│休 会│全   休                   │午前10時│
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │17│土│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │18│日│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │19│月│本会議│一般市政に対する質問              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │20│火│本会議│一般市政に対する質問              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │21│水│本会議│一般市政に対する質問              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │22│木│休 会│常任委員会                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │23│金│休 会│常任委員会                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │24│土│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │25│日│休 会│全   休                   │    │
└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘
┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐
│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│
├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │26│月│休 会│正副委員長会                  │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │27│火│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │ │ │   │常任委員会報告                 │    │
│6│ │ │   │                        │午前10時│
│ │ │ │   │常任委員会報告に対する質疑           │    │
│ │28│水│本会議│                        │    │
│ │ │ │   │議案の付議順序により討論、採決         │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │閉   会                   │    │
└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘
 日程第4 市長提出議案等の一括上程
  議案第64号 伊万里市民が主役のまちづくり条例制定について
  議案第65号 伊万里市長、助役、収入役及び水道事業管理者並びに教育長の給料月額の
        特例に関する条例制定について
  議案第66号 伊万里市環境基本条例制定について
  議案第67号 伊万里市学校給食センター条例制定について
  議案第68号 伊万里市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について
  議案第69号 資金の積立てに関する基金条例の一部を改正する条例制定について
  議案第70号 伊万里市税条例の一部を改正する条例制定について
  議案第71号 伊万里市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例制
        定について
  議案第72号 伊万里市老人ホーム入所判定委員会設置条例の一部を改正する条例制定に
        ついて
  議案第73号 伊万里市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定に
        ついて
  議案第74号 伊万里市重度心身障害者の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条
        例制定について
  議案第75号 伊万里市立市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定につ
        いて
  議案第76号 伊万里市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改
        正する条例制定について
  議案第77号 財産の取得について(磁器食器)
  議案第78号 伊万里・有田地区障害程度区分認定審査会の共同設置に関する規約の協議
        について
  議案第79号 専決処分の承認を求めることについて(平成18年度伊万里市工業用水道事
        業特別会計補正予算(第1号))
  議案第80号 平成18年度伊万里市一般会計補正予算(第2号)について
  議案第81号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について
  議案第82号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)につい
        て
  議案第83号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第2号)について
  議案第84号 平成18年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計補正予算(第1号)に
        ついて
  諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について
  報告第2号 平成17年度伊万里市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について
  報告第3号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告
        について
  報告第4号 平成17年度伊万里市水道事業特別会計予算繰越計算書の報告について
  報告第5号 平成17年度伊万里市工業用水道事業特別会計予算繰越計算書の報告につい
        て
  報告第6号 平成17年度伊万里市土地開発公社決算の報告について
  報告第7号 平成18年度伊万里市土地開発公社事業計画の報告について
 日程第5 市長提出議案等の提案理由説明

1.会議の顛末

                (午前10時 開会)






△日程第1 開会



○議長(黒川通信)

 おはようございます。定刻定足数に達しておりますので、ただいまから本日をもって招集されました平成18年伊万里市議会第2回定例会を開会いたします。

 ここで申し上げます。

 今、地球温暖化の防止のため、夏の軽装が推進されております。そこで、伊万里市議会におきましても、昨年同様、その一環として、9月定例議会までの本会議におきまして、背広等の上衣は着用しなくてもよいことにいたしております。

 まず、慣例に従いまして、会議に先立ち、表彰の伝達を行います。 去る5月24日、東京で開催されました第82回全国市議会議長会定期総会におきまして、議員在職15年の自治功労者として下平議員が表彰を受けられましたので、御報告いたします。

 それでは、ただいまから表彰状の伝達を行います。下平議員、どうぞ前の方へおいでください。

    〔表彰状伝達〕

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

                  表 彰 状

                         伊万里市 下 平 美 代 殿

 あなたは、市議会議員として15年市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第82回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします。

                          平成18年5月24日

                             全国市議会議長会

                              会長 国 松   誠

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

    〔拍手〕



△日程第2 会議録署名議員の指名



△日程第3 会期の決定



△日程第4 市長提出議案等の一括上程



△日程第5 市長提出議案等の提案理由説明



○議長(黒川通信)

 以上で表彰状の伝達を終わります。

 それでは、本日の会議を開きます。

 なお、本日は市長並びに伊万里ケーブルテレビジョンから取材の申し出があり、これを許可しておりますので、御了承ください。

 まず、会議規則第108条の規定により、会議録署名議員の指名を行います。

 15番前田儀三郎議員、16番笠原議員に会議録の署名をお願いいたします。

 次に、会期の決定を議題といたします。

 去る6月5日に議会運営委員会を開催していただき、会期日程等について審議がなされ、今期定例会は本日から6月28日までの17日間と決定されております。

 そこでお諮りいたします。今期定例会の会期は、議会運営委員会の決定どおり、本日から6月28日までの17日間としたいと思いますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は本日から6月28日までの17日間と決定いたしました。

 なお、地方自治法の規定により、議案等の説明のため市長以下関係者の出席を求めておりますので、御了承ください。

 それでは、市長提出議案第64号から第84号までの21件、諮問第1号の1件並びに報告第2号から第7号までの6件を一括上程いたします。

 議案等の朗読を省略して、直ちに提案理由の説明を求めます。塚部市長。



◎市長(塚部芳和) (登壇)

 皆さんおはようございます。平成18年第2回定例会の開会にあたり、市政運営について所信の一端を申し述べますとともに、今議会に提案いたしました平成18年度補正予算並びにその他の議案について概要を御説明申し上げます。

 私は、先の市長選挙におきまして、無投票当選という形で、引き続き2期目の市政運営の舵取りを任せていただきました。これは市民本位を基調とした「さわやか市政」の流れをこのまま続けて欲しいという市民の皆さまの熱い期待のあらわれと受け止めており、それ故に責任の重大さを痛感し、身が引き締まる思いがいたしております。いま一度初心に立ち返り、さらなる伊万里市の発展のために、全身全霊で取り組もうと決意を新たにいたしているところであります。

 さて、日本社会は人口減少時代へと転じ、一層の少子高齢化の進展が予測される中、2007年問題と言われる団塊の世代対策や、高齢者・女性の労働市場での受入れなど、総合的な社会経済制度の変革と出生減への対応など、国と地方、それぞれで実効性のある対策が求められております。

 殊に、国が進める三位一体の改革では、5カ年で5.1兆円の削減が進められた交付税について、さらなる削減が論議されており、今後の地方自治体の財政基盤はますます不安定になることが予測されるところです。このため、多くの自治体がそうでありますように、本市でも財政の健全化を最重要課題としてとらえ、一昨年に財政健全化計画を策定して、効率的な財政運営に努めてきたところですが、現状は予想以上に深刻な状況にあり、徹底した事務事業の見直しをはじめ、市民との協働による新たな公共サービスの仕組みの構築など、市民の目線に立ったさらなる改革を推進していく必要があります。

 一方、社会資本の整備では、この4年間、厳しい財政状況にはありましたが、長年の懸案であった駅周辺やファミリーパーク整備などの大型プロジェクトをはじめ、各町での地域に根ざした事業などについても、一定の進捗をみることができました。また、様々な分野での多種多様なまちづくり活動に、市民との協働、あるいは市民主体の取り組みが浸透し、定着を見せていることは大変心強いものがありますし、全国レベルでの情報発信となる明るい話題も多く、伊万里市の活力を内外に広めることができたところです。

 最近では、これまでのインフラ整備や企業誘致活動などの努力が実を結び、新たな企業の進出やIC関連企業の大規模な事業拡張が決定したほか、美術館の誘致も実現の運びとなるなど、市民の積極的なまちづくり活動に加えて、市勢発展の大きな原動力となる民間による経済活動を活用する取り組みも成果を得ようとしているところであります。

 私は、このような伊万里市の元気をさらに大きくしていくため、引き続き市民本位、市民との協働を基調にした「さわやか市政」を貫く考えでありますが、今回、市政を担わせていただくにあたり、2つの軸を市政の舵取りの指針にしたいと考えております。

 一つは、将来の伊万里市全体をどう発展させていくか、いわば未来志向型の伊万里市づくりとも言うべき大きな視点であり、もう一つは市内の各町、地域において、子どもからお年よりまで、市民のだれもが暮らしやすさを実感できるような、それぞれの地域でのキメ細かな配慮のある伊万里市づくりであります。

 また、今回の市長選挙でお示ししました政策実行計画、いわゆるマニフェストでは、「伊万里市の元気をつくる5つのエネルギッシュ政策」として具体的な80の元気施策を掲げているところであり、市民の皆さんが愛着と誇りを持つことのできる「住みたいまち」、さらには、訪れる人が魅力を感じる「行きたいまち」をめざして、職員一丸となって取り組んでまいりますので、議員各位の御理解、御支援をよろしくお願い申し上げます。

 以上、2期目の市政を担うに当たって基本的な考え方を申し述べましたが、次に、主要な施策を政策実行計画、マニフェストに掲げた5つのエネルギッシュ政策に沿って御説明申し上げます。

 まず、一つめは、「歴史や伝統文化、特産品など地域の宝を生かした元気なまち」です。

 世界に誇る焼物「鍋島」や古伊万里由来の歴史、文化など、地域固有の資源を活用して、観光客の誘致等による交流人口の拡大をめざします。そのため、秘窯の里大川内山の窯元群や国指定の史跡、建設に向け動き出している戸栗美術館などの一体的な活用方策の検討を行うとともに、古伊万里文化の漂うまちづくりとあわせて、江戸時代の大庄屋前田家など、歴史的な遺産の保存活用に努めながら、市街地への観光客の誘致を図ります。

 また、希少なカブトガニの繁殖地であることや、新たなツル越冬地を目指していることで全国の注目を集めており、環境教育や観光資源としての活用について、さらに取り組みを進めてまいります。

 生産活動の面で、伊万里の元気を支えている市内の企業活動に対する理解、関心を促すとともに、新たな観光資源としての可能性をさぐるために造船所等市内企業の見学会を実施するなど、既存の観光資源と組み合わせた産業観光の開発にも取り組んでまいります。

 二つめは、「地域医療の充実と食のまちづくりによる日本一の健康長寿の元気なまち」です。

 医療ニーズが多様化、高度化するなか、健康を願う市民の公的医療機関への期待は大きいものがあり、これに応えていかなければなりません。そこで、高度救急医療をはじめとする地域医療の充実を図る中核的病院の整備については、社会保険庁等国の動きを見きわめながら、その実現に向けた基本計画策定に取り組んでまいります。

 また、高齢者のみなさんが健康で安心して生活できるよう、一人暮らしや要介護の高齢者などに対する各種の事業を実施するほか、たっしゃか体操の普及などを通じて、高齢者が地域のなかで元気で生き生きと暮らしていくための健康づくりや生きがい対策も講じてまいります。

 一方、安全で安心な食生活につながる地産地消の取り組みや「ふるさと薬膳」メニューの普及など、「食のまちづくり」を通じて、市民の健康維持増進を図り、健康で長生きすることが喜ばれる地域社会をめざします。

 三つ目は、「企業誘致と地場産業の育成による雇用の拡大と生き生きと働ける元気なまち」です。 伊万里に働く場を求める新規学卒者やUターン、Iターン希望者にとって魅力のある雇用の場と環境づくりに努め、定住人口の拡大を図ってまいります。

 まず、IC関連企業の雇用を含めた空前の規模での事業拡張を受け、工業用水の確保が最優先すべき課題であることから、県との協調、連携により鋭意取り組んでまいります。

 また、企業の動きが活発な今の時期を逃すことなく、今後も積極的な誘致活動に取り組むとともに、地場の中小企業等に対しては、誘致企業との連携による新分野への取り組みや新商品開発の支援などを通じて、その育成を図ります。

 四つ目は、「教育・福祉の充実と子育て支援による安心して子どもを産み育てる元気なまち」です。

 将来を担っていく子どもたちを心身ともに健やかに育てあげることは、地域全体の努めであり、そのための環境づくりは緊急な行政課題の一つです。

 人口減少の大きな理由の一つとされる少子化に対応して、不妊治療に対する助成やこども医療費助成制度を新たに設け、経済的な負担の軽減を図るとともに、留守家庭児童クラブの拡充などにより、安心と喜びを感じながら子育てができる環境づくりに努めます。

 また、子育て支援について、市民や事業所など地域をあげた取り組みとして充実させるため、新たに基金制度を設け、今後幅広い活用を図ってまいります。

 五つ目は、「活力ある農林水産業の育成と商業を中心とする中心市街地が輝く元気なまち」です。

 国の農業政策が、規模の大きい経営体などの担い手農家への支援に移行する動きのなか、牛肉や梨、きゅうりなどの全国的な銘柄産地としての地位をさらに高め、地域農業の自立に努めていく必要があります。そのため、伊万里牛を中心に、一層のブランド力向上と販路拡大を図るとともに、優れた技術や経営能力を備えた若い農業者の就農を促進するなど、地域農業の担い手確保に努めます。

 また、伊万里市独自の都市農村交流イベントとして話題を集め、好評を博している「畑の中のレストラン」の第2弾として、「畑の中のホテル」とも呼ぶべき農家民泊の取り組みなども視野に入れたグリーンツーリズム事業を推進し、農業農村の活性化に力を入れてまいります。

 中心市街地については、観光ボランティアガイドの皆さまの精力的な活動で注目されている古伊万里文化をテーマにした街なか散策を中心に、観光客の誘致を図るとともに、商店街活性化に向けた各種の取り組みを支援することにより、賑わいのある商店街の形成に努めます。

 以上、5つの元気なまちづくりについて申し上げましたが、複雑で多様化する市民ニーズへの対応には財政的にも人的にも制約がありますので、行政と市民の役割を見直しながら、これからの新たな行政サービスについて、そのあり方をさぐり、築いていかなければなりません。そうした考えに立ち、各町単位でのタウンミーティングに加えて、地域づくり団体の関係者をはじめ、各界各層の幅広い市民の皆さまとの対話交流集会により、まちづくりに関する意見交換や情報提供を行うとともに、今回提案しております「市民が主役のまちづくり条例」などを通じて、市民の皆さまのまちづくりへの積極的な参画をうながし、協働のまちづくりを推進してまいります。

 また、従来は県の事務であったパスポートの発給事務やNPO法人の認証事務等を市で行うなど、市民サービス充実に向けた様々な改革、改善にも積極的に取り組んでいく所存であります。

 今回の補正予算では、交付税の減額など歳入の見通しが厳しいなか、当初予算では最小限にとどめていた政策的な経費を中心に計上するにあたり、緊急度や重要度を考慮して事業を厳選するとともに、交付金等新しい国の制度事業の活用などにより、財源の効率的な活用に努めました。その結果、一般会計におきましては、歳入歳出それぞれ19億1,356万円を追加し、予算の総額を195億326万円とするものであります。

 特別会計につきましては、歳入歳出それぞれ3億4,502万円を追加し、予算の総額を198億6,926万円とするものであります。

 企業会計につきましては、歳入において3億2,044万円を、歳出において3億6,506万円を追加し、予算の総額を49億635万円とするものであります。不足する額については、過年度分損益勘定留保資金等で補てんすることにいたしております。

 以下、今回提案いたしました補正予算の主な内容について、一般会計の歳出から各款ごとに、できるだけ重複を避けながら御説明申し上げます。

 まず、総務費につきましては、戸栗美術館の建設予定地から大川内山の窯元へつなぐ歩行橋の建設にかかる調査、設計費をはじめ、伊万里・アジアネットワーク事業による中国での伊万里の特産品の本格的な販売に向けた市場調査等に要する経費、広域圏組合による電算業務の共同処理に廃止に伴う市単独の新システムへの移行に必要な経費、犯罪防止を図るために各行政区が行う防犯灯設置への支援に要する経費等を計上いたしております。

 民生費につきましては、街なかなどの公共施設にある障害者用トイレの案内看板設置に要する経費をはじめ、心身に障害を持つ方々の生活支援や社会参加を促進するために要する経費、老人福祉センターの改修に向けた設計費や老人クラブの活動を支援するための経費、さらには母子家庭の自立支援に要する経費等を計上いたしております。

 また、大坪町山口良子様より寄附をいただきましたので子育て応援基金に、伊万里市老人クラブ連合会様、佐賀県遺族会様、伊万里市農業協同組合様、新天町山口トシエ様、松浦町永峰保馬様、山代町井田榮子様より寄附をいただきましたので、福祉基金にそれぞれ積み立てるとともに、厚くお礼を申し上げます。

 衛生費につきましては、西部保健医療圏における小児医療体制の充実のための経費をはじめ、心疾患による突然死を防ぐため、一般の人でも講習を受ければ取り扱える自動体外式除細動器を公共施設に配置するための経費のほか、稼動以来25年目を迎えている環境センター施設の老朽化による機能低下防止と延命化を図るため、施設の改修に要する経費等を計上いたしております。

 農林水産業費につきましては、米や園芸作物の生産振興に必要な機械、施設導入への支援に要する経費をはじめ、中山間地域等直接支払制度や小規模土地改良事業に要する経費、森林資源の健全な育成と適正な維持管理を図るための林道整備や地域での森林施業を促進する森林(もり)を守る交付金事業に要する経費などのほか、漁業経営の安定化を図るための養殖施設の改修やみなと祭り開催の支援に要する経費等を計上いたしております。

 商工費につきましては、集客増加による商店街の賑わいづくりのためのイベント開催や商店街の活動支援に要する経費をはじめ、企業が行う設備投資への支援に要する経費や企業立地勧奨に必要な経費、ふるさと企業ガイドブック作成への支援に要する経費などのほか、松浦鉄道が行う老朽化した車両の更新や施設整備への支援に要する経費等を計上いたしております。

 土木費につきましては、市街地の環状線となる大坪木須線や市街地北部の幹線道路である陣内白野線などの都市計画道路の整備に要する経費をはじめ、市道の改良や舗装などに要する経費、煤屋川などの河川改修に要する経費などのほか、ファミリーパークの整備に要する経費、老朽化した市営住宅5団地の改修工事や伊万里を感じる街なみの修景整備に向けた計画策定に要する経費等を計上いたしております。

 消防費につきましては、消防体制の整備を充実するため、大川町立川地区の防火水槽新設への支援に要する経費とともに、小型動力ポンプ付積載車を更新するための経費等を計上いたしております。

 教育費につきましては、国見中学校の校舎改築に伴う基本設計等に要する経費をはじめ、学校や公民館がそれぞれの地域の特性を活かした教育活動、地域づくりを推進するための経費、図書館利用者の利便性の向上を図るコンピュータシステムの更新に要する経費などのほか、市民の健康づくりと広く伊万里をPRする健康ウオークを開催するための経費、自治公民館新築を支援するための経費等を計上いたしております。

 また、図書館フレンズいまり様、脇田町田内法子様、脇田町円田滋様、大坪町西原希美様、大坪町川原裕之様、立花町井手シゲ子様、大川町古藤貞様、山代町川本明様より寄附をいただきましたので教育振興奨励基金に、伊万里美術協会様より寄附をいただきましたので文化振興基金にそれぞれ積み立てるとともに、厚くお礼を申し上げます。

 災害復旧事業につきましては、4月初旬の大雨で被災した土木施設や農地、農業用施設など19箇所の復旧に要する経費を計上いたしております。

 次に、特別会計について御説明申し上げます。

 公共下水道事業特別会計につきましては、浄化センター中央監視制御設備の更新や汚水管埋設に要する経費等を計上いたしております。

 農業集落排水事業特別会計につきましては、宿地区での水洗化の普及促進を図るため、排水設備工事への支援に要する経費を計上いたしております。

 企業会計について御説明申し上げます。

 工業用水道事業特別会計につきましては、伊万里団地等への給水を目的とした第4工業用水道建設に伴う調査、設計に要する経費等を計上いたしております。

 国民健康保険病院事業特別会計につきましては、県事業活用による小児医療体制整備に要する経費のほか、医療器械備品の購入に要する経費等を計上いたしております。

 次に、予算以外の議案について御説明申し上げます。

 議案第64号「伊万里市民が主役のまちづくり条例制定について」は、市民が等しく市政に参画する権利を保障するための基本的な事項を定め、市民の自主的な地域活動を促進し、市民と市の協働によるまちづくりを推進するため、条例を制定するものであります。

 議案第65号「伊万里市長、助役、収入役及び水道事業管理者並びに教育長の給料月額の特例に関する条例制定について」は、社会経済情勢及び本市財政状況を勘案して、市長、助役、収入役及び水道事業管理者並びに教育長の給料月額を減額したいので、条例を制定するものであります。

 議案第66号「伊万里市環境基本条例制定について」は、地域や地球規模での環境問題に対処するため、環境の保全、再生及び創造について基本理念を定め、施策を総合的かつ計画的に推進するため、条例を制定するものであります。

 議案第67号「伊万里市学校給食センター条例制定について」は、現在の4つの学校給食センターを統合する新たな学校給食センターが本年8月1日に完成することに伴い、食育の推進を目的として施設を開放するとともに、9月から学校給食を提供するため、条例を制定するものであります。

 議案第68号「伊万里市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について」は、本年7月1日から新たに設置する障害程度区分認定審査会委員及び環境審議会委員に報酬を支給するため、改正を行うものであります。

 議案第69号「資金の積立てに関する基金条例の一部を改正する条例制定について」は、少子化や核家族化が急速に進行するなか、市民や事業所など地域ぐるみで子育てを支援するため、新たに伊万里市子育て応援基金を設置するものであります。

 議案第70号「伊万里市税条例の一部を改正する条例制定について」は、地方税法の改正に伴い、本年7月1日からたばこ税の税率を改定するものであります。

 議案第71号「伊万里市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例の一部を改正する条例制定について」は、佐賀県ひとり親家庭等医療費助成事業費補助金交付要綱の改正に伴い、本年8月受診分から入院時食事療養費を助成の対象外とするため、改正を行うものであります。

 議案第72号「伊万里市老人ホーム入所判定委員会設置条例の一部を改正する条例制定について」は、佐賀県の機構改革により、伊万里保健所と西部福祉事務所が統合されたことに伴い、老人ホーム入所判定委員会を組織する委員の名称について改正を行うものであります。

 議案第73号「伊万里市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について」は、佐賀県乳幼児医療助成事業補助金交付要綱の改正に伴い、本年8月受診分から入院時食事療養費を助成の対象外とするため、改正を行うものであります。

 議案第74号「伊万里市重度心身障害者の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定について」は、佐賀県重度心身障害者医療助成費補助金交付要綱の改正に伴い、本年8月受診分から入院時食事療養費を助成の対象外とするとともに、市外の施設に入所し、障害者自立支援法に基づき、介護給付等の支給決定を受けた者を医療費助成の対象者とするなど、改正を行うものであります。

 議案第75号「伊万里市立市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定について」は、診療報酬の算定方法等が告示され、本年4月1日以後の診療分から適用されることから、改正を行うものであります。

 議案第76号「伊万里市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例制定について」は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の改正に伴い、消防団員の退職報償金の額を改定するものであります。

 議案第77号「財産の取得について」は、伊万里焼の特色を活かした食器を導入し、魅力ある学校給食を提供するため、4種類の磁器食器2万9,200点を伊万里陶磁器工業協同組合理事長徳永直也から取得するもので、取得価格は2,543万3,200円であります。

 議案第78号「伊万里・有田地区障害程度区分認定審査会の共同設置に関する規約の協議について」は、伊万里市及び有田町で、本年7月1日から設置する伊万里・有田地区障害程度区分認定審査会の共同設置に関する規約を定めることについて、有田町と協議するため、議会の議決を求めるものであります。

 議案第79号「専決処分の承認を求めることについて」は、本年5月の第2回臨時市議会終了後において、早急に予算の補正をする必要が生じたため、平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計補正予算(第1号)を平成18年5月22日に地方自治法第179条第1項の規定により専決処分しましたので、議会の承認を求めるものであります。

 その内容といたしましては、平成21年7月から株式会社SUMCO九州事業所の新工場等へ給水を開始するため、本年度中に暫定水利権の許可を受け、平成19年4月から第4工業用水道建設に着手する必要があるため、水利権許可申請書作成業務委託等に要する経費を追加したものであります。

 諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、委員田代藤夫氏の辞任に伴い、新たに井之一行氏を推薦したいので、議会の意見を求めるものであります。

 以上、今回の議会に提案いたしました予算議案並びにその他の議案について、その提案理由と概要を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。



○議長(黒川通信)

 市長の提案理由の説明が終わりましたので、本日はこれをもちまして散会いたします。

               (午前10時35分 散会)