議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 伊万里市

平成18年 3月 定例会(第1回) 03月07日−03号




平成18年 3月 定例会(第1回) − 03月07日−03号







平成18年 3月 定例会(第1回)


          平成18年伊万里市議会会議録(第1回定例会)

1 日 時  平成18年3月7日 午前10時00分開会
2 出席した議員
    1番  黒 川 通 信         15番  前 田 儀三郎
    2番  島 田 布 弘         16番  笠 原 義 久
    3番  山 ? 秀 明         17番  内 山 泰 宏
    4番  草 野   譲         18番  占 野 秀 男
    5番  山 田   悟         19番  盛   泰 子
    6番  樋 渡 雅 純         20番  岩 橋 紀 行
    7番  渡 邊 英 洋         21番  樋 渡 伊 助
    8番  前 田 久 年         22番  原 口   弘
    9番  貞 方 喜 延         23番  田 中 啓 三
    10番  川 内   学         24番  岩 本 盛 房
    11番  堀   良 夫         25番  満 江 洋 介
    12番  高 木 久 彦         26番  福 田 喜 一
    13番  前 田 教 一         27番  下 平 美 代
    14番  岡 口 重 文         28番  浜 野 義 則

3 欠席した議員
    な  し

4 出席した事務局職員
    局長 城     武

5 地方自治法第121条による出席者の職氏名
    市長                  塚 部 芳 和
    助役                  前 田 和 人
    収入役                 吉 富 常 彦
    総務部長                永 田   昇
    政策経営部長              友 廣 英 久
    市民部長(福祉事務所長)        永 峰 保 馬
    産業部長                田 中 健 志
    建設部長                副 島 秀 雄
    総務部副部長(総務課長)        江 頭 興 宣
    政策経営部副部長(財政課長)      山 平 邦 博
    企画政策課長              山 本 洋一郎
    市民部副部長(市民課長)        尾 形 洋一郎
    長寿社会課長              池 田 一 義
    福祉課長                米 田 秀 次
    農業振興課長              原 口 源 嗣
    商工観光課長              光 田 和 夫
    建設部副部長(地籍調査課長)      馬 場   繁
    建設課長                浦 川 富美男
    理事(市民病院経営企画室長)      南   和 夫
    市民病院事務長             岩 崎   雅
    水道事業管理者職務代理者     
                        川 原 清 春
    水道部長             
    工務課長                川 原 正 信
    消防長                 松 永 彰 則
    教育長                 岩 永 憲一良
    教育部長                田 中 直 記
    教育委員会教育総務課長         山 口 正 信
    教育委員会体育保健課長         山 口 宇 作

1.議事日程
    第1 市長提出議案に対する質疑
    第2 議案の常任委員会付託

1 本日の会議に付した事件
    日程第1 市長提出議案に対する質疑
     議案第39号 平成18年度伊万里市一般会計予算について
     議案第40号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計予算について
     議案第41号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計予算について
     議案第42号 平成18年度伊万里市立花台地開発事業特別会計予算について
     議案第43号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計予算について
     議案第44号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計予算について
     議案第45号 平成18年度伊万里市市営駐車場特別会計予算について
     議案第46号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計予算について
     議案第47号 平成18年度伊万里市水道事業特別会計予算について
     議案第48号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計予算について
     議案第49号 平成18年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計予算について
    日程第2 議案の常任委員会付託

             常任委員会付託表     
┌───────┬───────────────────────────────┐
│委員会名   │     付託内容                      │
├───────┼───────────────────────────────┤
│       │議案第7号 伊万里市国民保護対策本部及び伊万里市緊急対処事態対│
│       │      策本部条例制定について              │
│       │                               │
│       │議案第8号 伊万里市国民保護協議会条例制定について      │
│       │                               │
│       │議案第9号 伊万里市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正す│
│       │      る条例制定について                │
│       │                               │
│       │議案第10号 伊万里市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例│
│総務委員会  │      制定について                   │
│       │                               │
│       │議案第11号 伊万里市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条│
│       │      例制定について                  │
│       │                               │
│       │議案第12号 伊万里市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例制│
│       │      定について                    │
│       │                               │
│       │議案第13号 伊万里市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例制│
│       │      定について                    │
└───────┴───────────────────────────────┘
┌───────┬───────────────────────────────┐
│委員会名   │     付託内容                      │
├───────┼───────────────────────────────┤
│       │議案第33号 平成17年度伊万里市一般会計補正予算(第8号)のうち│
│       │        第1条 歳入  全款             │
│       │            歳出  第2款 総 務 費      │
│       │            〃   第9款 消 防 費      │
│       │            〃   第12款 公 債 費      │
│       │        第2条 繰越明許費の補正           │
│       │        第3条 債務負担行為の補正          │
│       │        第4条 地方債の補正             │
│       │                               │
│       │議案第39号 平成18年度伊万里市一般会計予算のうち       │
│       │        第1条 歳入  全款             │
│       │            歳出  第1款 議 会 費      │
│総務委員会  │            〃   第2款 総 務 費      │
│       │                (第1項 総務管理費のうち  │
│       │                  第9目 地籍調査費を除く)│
│       │            〃   第9款 消 防 費      │
│       │                (第1項 消防費のうち    │
│       │                  第4目 水防費を除く)  │
│       │            〃   第12款 公 債 費      │
│       │            〃   第13款 諸支出金       │
│       │            〃   第14款 予 備 費      │
│       │        第2条 債務負担行為             │
│       │        第3条 地方債                │
│       │        第4条 一時借入金              │
│       │        第5条 歳出予算の流用            │
├───────┼───────────────────────────────┤
│       │議案第16号 伊万里市留守家庭児童クラブ条例の一部を改正する条例│
│       │      制定について                   │
│       │                               │
│       │議案第17号 伊万里市障害児発達支援センター条例の一部を改正する│
│       │      条例制定について                 │
│       │                               │
│       │議案第18号 伊万里市介護保険条例の一部を改正する条例制定につい│
│       │      て                        │
│       │                               │
│       │議案第33号 平成17年度伊万里市一般会計補正予算(第8号)のうち│
│       │        第1条 歳出  第3款 民 生 費      │
│文教厚生委員会│                               │
│       │            〃   第4款 衛 生 費      │
│       │            〃   第10款 教 育 費      │
│       │                               │
│       │議案第34号 平成17年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第│
│       │      3号)について                  │
│       │                               │
│       │議案第35号 平成17年度伊万里市介護保険特別会計補正予算(第3号)│
│       │      について                     │
│       │                               │
│       │議案第37号 平成17年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第2号)│
│       │      について                     │
└───────┴───────────────────────────────┘
┌───────┬───────────────────────────────┐
│委員会名   │     付託内容                      │
├───────┼───────────────────────────────┤
│       │議案第39号 平成18年度伊万里市一般会計予算のうち       │
│       │        第1条 歳出  第3款 民 生 費      │
│       │            〃   第4款 衛 生 費      │
│       │                (第1項 保健衛生費     │
│       │                  第4目 環境衛生費のうち │
│       │                   3 浄化槽設置整備事業を│
│       │                     除く)       │
│       │            〃   第10款 教 育 費      │
│文教厚生委員会│                               │
│       │議案第40号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計予算について│
│       │                               │
│       │議案第41号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計予算について  │
│       │                               │
│       │議案第46号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計予算について  │
│       │                               │
│       │議案第49号 平成18年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計予算│
│       │      について                     │
├───────┼───────────────────────────────┤
│       │議案第14号 資金の積立てに関する基金条例の一部を改正する条例制│
│       │      定について                    │
│       │                               │
│       │議案第19号 伊万里市農林漁業振興、共同化資金利子補給及び損失補│
│       │      償条例の一部を改正する条例制定について      │
│       │                               │
│       │議案第20号 伊万里市漁港管理条例の一部を改正する条例制定につい│
│       │      て                        │
│       │                               │
│       │議案第25号 指定管理者の指定について(伊万里市眉山ふるさと館)│
│       │                               │
│       │議案第33号 平成17年度伊万里市一般会計補正予算(第8号)のうち│
│産業経済委員会│                               │
│       │        第1条 歳出 第5款 労 働 費       │
│       │            〃  第6款 農林水産業費      │
│       │            〃  第7款 商 工 費       │
│       │            〃  第11款 災害復旧費       │
│       │                第2項 農林水産施設災害復旧費│
│       │                               │
│       │議案第39号 平成18年度伊万里市一般会計予算のうち       │
│       │        第1条 歳出 第5款 労 働 費       │
│       │            〃  第6款 農林水産業費      │
│       │            〃  第7款 商 工 費       │
│       │                               │
│       │議案第45号 平成18年度伊万里市市営駐車場特別会計予算について │
├───────┼───────────────────────────────┤
│       │議案第15号 伊万里市特別会計設置条例の一部を改正する条例制定に│
│       │      ついて                      │
│       │                               │
│       │議案第21号 伊万里市営住宅条例の一部を改正する条例制定について│
│建設委員会  │                               │
│       │議案第22号 伊万里市下水道条例の一部を改正する条例制定について│
│       │                               │
│       │議案第23号 伊万里市水道事業及び工業用水道事業の設置等に関する│
│       │      条例の一部を改正する条例制定について       │
└───────┴───────────────────────────────┘
┌───────┬───────────────────────────────┐
│委員会名   │     付託内容                      │
├───────┼───────────────────────────────┤
│       │議案第24号 伊万里都市計画事業伊万里駅周辺土地区画整理事業施行│
│       │      に関する条例を廃止する条例制定について      │
│       │                               │
│       │議案第26号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について │
│       │      (立岩・東分線)                 │
│       │                               │
│       │議案第27号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について │
│       │      (立川・東田代線)                │
│       │                               │
│       │議案第33号 平成17年度伊万里市一般会計補正予算(第8号)のうち│
│       │        第1条 歳出 第8款 土 木 費       │
│       │            〃  第11款 災害復旧費       │
│       │                第1項 公共土木施設災害復旧費│
│       │                               │
│       │議案第36号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算 │
│       │      (第5号)について                │
│       │                               │
│       │議案第38号 平成17年度伊万里市水道事業特別会計補正予算(第4号)│
│       │      について                     │
│       │                               │
│       │議案第39号 平成18年度伊万里市一般会計予算のうち       │
│       │        第1条 歳出 第2款 総 務 費       │
│       │                第1項 総務管理費      │
│建設委員会  │                 第9目 地籍調査費     │
│       │            〃  第4款 衛 生 費       │
│       │                第1項 保健衛生費      │
│       │                 第4目 環境衛生費     │
│       │                  3 浄化槽設置整備事業  │
│       │            〃  第8款 土 木 費       │
│       │            〃  第9款 消 防 費       │
│       │                第1項 消 防 費      │
│       │                 第4目 水 防 費     │
│       │            〃  第11款 災害復旧費       │
│       │                               │
│       │議案第42号 平成18年度伊万里市立花台地開発事業特別会計予算につ│
│       │      いて                       │
│       │                               │
│       │議案第43号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計予算につい│
│       │      て                        │
│       │                               │
│       │議案第44号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計予算につ│
│       │      いて                       │
│       │                               │
│       │議案第47号 平成18年度伊万里市水道事業特別会計予算について  │
│       │                               │
│       │議案第48号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計予算につい│
│       │      て                        │
└───────┴───────────────────────────────┘
1.会議の顛末
                (午前10時 開議)






△日程第1 市長提出議案に対する質疑



○議長(黒川通信)

 おはようございます。定刻定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。

 前日に引き続き、議案に対する質疑を行います。

 まず、議案第39号 平成18年度伊万里市一般会計予算について、別冊であります。区分して行います。

 まず、第1条 歳入歳出予算のうち歳入全款について、47ページから84ページまでであります。17番内山議員。



◆17番(内山泰宏)

 一部総務委員会の所管でございますが、ちょっと体制的、全体的な感じでお尋ねしたいと思います。

 47ページの市税、それから負担金の保育所入所者負担金というふうなことです。これはもう非常に不納欠損と収入未済額といいますかね、これが永遠のテーマでございます。18年度の終わりには、この辺もまた出てくるのじゃないかなというふうに思っているところでございます。

 そこで、大変今日までいろんな御努力はなされているというふうに思うところでございますが、18年のまた新たなこれについての対策といいますかね、もしよかったらお尋ねしたいというふうに思います。

 市税につきましては、今回は本年度51億円というふうなことになっております。それは市税の改正というふうなことで、前年度よりも1億円程度上がるというふうなことでございまして、それはそれといたしまして、やはり非常にこの不納欠損、収入未済額というのが多いんですよね、実際言って。そこで、今後の対策は日々全体的に、一部担当者だけではなくて、みんなで考えていかなければならない、そういうふうなものであろうというふうに思っているところでございます。

 そういうことで、その辺の対策について、18年度新たな総務部長のやっていきたいというふうな気持ちを出していただきたいと思います。

 それから、保護者の保育料の関係につきましても、大変不納欠損といいますか、収入未済額が多うございます。17年度の決算はまだわかりませんので、16年度を見ますと、不納欠損が 1,000万円、それから、収入未済額 2,800万円というようなことから、非常にこれも厳しい状況であるというふうなことでございます。

 そういうことで、これにつきましては後々のことではありますが、日々そういうふうな対策も必要であろうというふうに思っております。

 そういうことで、その辺のところをお尋ねしたいと思います。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 総務部長。◎総務部長(永田昇)

 まず、市税についてお答えいたします。

 御指摘のように、不納欠損、収入未済額が高い額を示しております。これについては、国の動きとして、いわゆる税源移譲、所得税を引き下げて住民税を上げるということが予定されておりまして、そうなりますと、ますますその市税の徴収すべき額というのが膨れてまいります。今のところ、税源移譲をされた場合、例えば、所得税の税率を下げて住民税の税率を上げるということが検討されておりますが、それが実施された場合には、大体概算の概算の見込みでございますけれども、4億円程度は市税に上乗せしてくるんじゃなかろうかという予測がなされております。

 そういうことで、今後とも徴収につきましては、市民の理解を得ながら努めていきたいと考えております。具体的には不納欠損でございますが、どうしてもやっぱり企業でいいますと、不良債権をいつまでも抱えているのは非常に不効率でございまして、原則として当年度課税する分はそれを一生懸命取るということで、これを過去の負債を取ろうとして、拘泥いたしますと、どうしても現年課税分が手薄になるということになります。そういうところで、今後とも厳しく判定いたしまして、不良債権に当たる収入未済額は不納欠損処理をしていきたい。

 それから、18年度新たな取り組みといたしまして、納税者が納めやすいようなやり方、17年度は軽自動車税をコンビニエンスストアで納めるようにできましたけれども、これを18年度取りかかりまして、19年度からは市税につきましても、コンビニエンスストアで納められるような手だてをやりたいと、今のところ考えております。

 それから、保育料に関して、後ほど市民部長も答弁なさるかもわかりませんが、これは現状といたしまして、公立の保育園と私立の保育園で明らかに収納額に差がございます。どうしても、その私立の保育園に関しては納めていただけない割合が大きい。これはやっぱり園長さんの自覚が必要でございまして、その辺求めていきながら、保育料は対処していきたいと。一面これも保育につきましては福祉という面もございまして、そう強制力を発揮するというわけにはまいらないところもありまして、非常に難しい点もございます。

 以上でございます。



○議長(黒川通信)

 ほかに。3番山?議員。



◆3番(山?秀明)

 3点ほどお尋ねを申し上げます。

 48ページでございますが、市税のうちの固定資産税、中でも土地の分のことでお尋ねを申し上げたいと思います。

 16年度の後半から、各地区に財政健全化の説明をなされております。その折に、新地積による課税を18年度から実施しますよという説明をなされて、これは重大な問題だなというような関心も持ちながら説明を聞いて、最終的には、私どもの手元の資料では17年の2月ごろに財政健全化計画等の整合ということで、平成18年度は 6,700万円の増税が見込まれるよ、20年度までの3カ年では2億 7,000万円程度の税の増収を見込むということになっとったと思いますが、その折の資料の中でも、固定資産について特に新地積課税前後ということで数値まであらわしてなされとったわけですが、今回の中では8億 9,400万円、前年度比、評価がえもあって10%減ぐらいでという計上をなされておるわけですが、説明とは裏腹にマイナスの 600万円も出てきたということはちょっと解せないところもあるわけですが、その辺の分析をどのようにされているのかお尋ねをしたいと思います。

 それと、同じページで入湯税を前年並みということで 700万円の計上になっておりますが、これは 700万円でいいと思いますが、普通実績を踏まえての計上ということも十分考慮に入れなければいけないことだと思いますので、実績についてお知らせをいただきたいと思います。

 それと、80ページでございますが、雑入の中ほどに全期前納報奨金預金利子ということで1千円の費目存置があるわけですが、これは16年、17年、18年、それぞれ費目存置があって、16年度の決算、この分の決算の計上額はなかったわけですが、これが利子が発生するシステムについて、どういうことで利子が発生するんだということをお知らせいただきたいと思います。

 以上、3点でございます。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 地籍調査後の新たな地積で課税をしたいということで大分準備を進めてきておりました。18年度から課税しようかどうかということで、市長を入れて協議をいたしました。そこで、実際の地籍調査が完了した地域の割合が当時まだ50%ちょっと超えたぐらいだったと思います。そういう状況でまだ半分残したところで新たな地積で課税するのはいろいろ弊害が出てくる場合も考えられるということで、まず、地元の皆さんの理解を得ることが先決ではないかという市長の指示もございましたので、地元に回りまして説明をいたしました。全地区一巡いたしております。その後、区長さんに意見の取りまとめをお願いしまして、アンケートという形で出していただきました。それも大体集計は出そろっております。押しなべてみますと、大体御理解は得たんじゃないかという感覚は持っております。したがいまして、今後できるだけ早く正当な課税方法である新地積で課税するように努力してまいりたいと思います。当然、地元の理解は十分得ながらやりたいと思います。

 それから、土地の 600万円の減額で当初計上いたしております。これは端的に申しまして、評価がえの影響でございます。まだまだ大都会の中央部では土地の価格は下げどまったというふうなことを報道されておりますが、地方の方ではまだ下落が続いておるということで、どうしても低く、土地につきましては減額せざるを得なかったということでございます。

 それから、入湯税でございますが、17年度の決算見込みで 630万円ぐらいは見込めるのではないかと、今のところ考えております。



○議長(黒川通信)

 答弁漏れはありますか。御答弁お願いします。政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

 預金利子の1千円ですね、これが大体、何というんですか、全期前納報奨金というのが結構先行して納めていただくというようなこともあるわけでございますが、だんだん予算をオーバーして出されるといいましょうかね、というようなこともありまして、そういうことから、先食いをするといいましょうかね、予算を先食いしてということから、なかなかこの預金利子にはつながっていないというようなことがございます。そういうことから、当初としては費目存置で計上したということでございます。



○議長(黒川通信)

 3番山?議員。



◆3番(山?秀明)

 さきの2点については了解できましたが、80ページのその前納報奨金の預金が発生するシステムについてということでちょっとお尋ねしたんですが、もちろん先食いをして予算がなくなるということであれば、歳出の方の計上に再び補正でも組むということになっていくと思いますが、何で利子が発生するかというところはちょっと理解できんとですけど。



○議長(黒川通信)

 政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

 資金前渡を受けて、そして、確保してからするもんですから、なかなか預金利子という形では生まれてこない。したがって、そういうことから先食いをして、確保しとってから出すもんですから、利息としてはなかなか出ない。したがって、生じても少ない額ですから、費目存置の1千円ということでございます。



○議長(黒川通信)

 いいですか。ほかに。19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 2点お尋ねいたしたいと思いますが、その前にちょっと先ほどの私立保育園の保育料のことで、総務部長は園長の熱意というふうにおっしゃいましたよね。私はこれは大変遺憾に思います。これが会議録にそのまま残ってよいのかどうか、今御答弁は要りませんが、会期が終了したら取り消しとかなんとかそういうことは一切できませんので、ちょっと考えていただきたい問題として投げかけておきたいと思います。

 質問に入ります、70ページです。

 教育費補助金、県補助金の「オンリーワン」のさが体験活動支援事業補助金です。

 これは、この補助金が始まったときにも申し上げているところですけれども、学校現場ではとても好評とは言えない。どちらかというと、学校ではもっとほかの部分にお金が必要なんだというお話をよく聞く。これは先生方だけではなく、保護者からも出ている問題ではないかというふうに私は思っています。知事は大変これを自慢していらっしゃるんですけれども、今度お会いする機会があれば、現場の声をもっと聞いてくださいというふうに申し上げようと思っているんですが、お尋ねしたいのは、この補助金の年限が示されているのかどうか。

 それから、各学校のまとめについては、ホームページなどで拝見することができるわけですが、県内全体のまとめをどこかで閲覧することができるのかどうかですね、その点についてお尋ねしたいと思います。

 それから、2点目は80ページです。

 雑入ですが、実は、去年あってことしがないものについて、あえて御質問申し上げます。それは何かというと、職員駐車場利用料でございます。これについては、去年のちょうど今ごろここで大変議論になりましたし、最終日の討論、採決では賛成、反対、私も反対の意見を申し述べましたように、大変議論になった問題ですよね。私は決して取れという立場で申し上げるわけではありませんが、今回計上されていないこの現在の状況はどうなのかということは、もしかしたら総務委員会には説明があっているのかもしれませんが、私たちほかの議員はお聞きしておりませんので、確認をさせていただきたいと思います。

 以上2点です。



○議長(黒川通信)

 教育部長。



◎教育部長(田中直記)

 「オンリーワン」のさが体験活動支援事業の補助金の年限は示されているのかということでございますけれども、この事業は県の事業でございますが、平成16年度から実施をされております。実施期間につきましては、毎年実施要領を定めてありますけれども、平成17年度は平成17年4月1日から平成18年2月末日というふうになっております。ちなみに、これは知事の施策でございまして、平成18年度も実施予定でございます。

 それから、報告書はどこで閲覧できるかということでありますけれども、県に問い合わせをいたしました。その結果、県の教育委員会では県全体の報告書をまとめて閲覧することをやっていないということでございます。各学校のホームページで紹介することになっているということでございますけれども、ホームページの紹介率が小学校で44.4%、それから、中学校で39.1%の実施状況ということになっているようでございます。ちなみに、伊万里市では牧島小学校、黒川小学校、立花小学校、山代西小学校、伊万里中学校、南波多中学校、東陵中学校のホームページで紹介をいたしております。



○議長(黒川通信)

 政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

 2点目の職員駐車場、これは確かに平成17年度の予算の中で職員駐車場の利用料ということで、月1千円、450名程度ということで 540万円計上をいたしとったわけでございまして、財政健全化の中で市民とともに市も、あるいは職員も痛みを分かつという視点から健全化計画に盛り込んだわけでございます。

 そういうことから、この実行のためには職員側の理解を得るということです。その間も再三にわたって組合側との折衝等を行ってきたわけでございますけれども、現在までの結果として、まだ理解得られず収入措置を行っておりません。ただ、きのうも議論ありましたけれども、財政健全化の主な要素、大きな要素といいましょうか、いわゆる給与等の人件費等の抑制ということにつきましては、4年間で6億 5,000万円削減というものが7億 3,000万円という大幅に削減できることになったというようなこと等がありまして、年ベースで見ますと 2,000万円程度上乗せした削減ということになったわけですね。そういうこともありまして、加えまして、今回 4.8%の給与の削減というようなこと等からいたしまして、そのさらなる人件費の抑制ということになるもんですから、続けての職員の負担増は難しい状況というのが現状になっているところでございます。

 したがって、18年度の当初につきましてはこの分はまずは計上いたしていないところでございますけれども、ただ、今後の財政状況を勘案いたしますと、もっと厳しくなるという、いわゆる痛みを分かち合う幅がもっと広くなるというようなことが想定されますので、この点につきましても、段階を設けてでも理解が得られるように努力していきたいというのが現在の状況でございます。



○議長(黒川通信)

 園長云々の答弁ありますか。(「いや、それは今求めていません」と呼ぶ者あり)19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 まず、「オンリーワン」の方ですが、これはもう伊万里の教育委員会に申し上げても仕方ないなと思ってお聞きしていましたが、一般に補助金を出したらやっぱりその後それがどうだったかの検証というのは今するのが当たり前ですよね。ましてやホームページは開いていない学校もあれば、見れない環境の方もあるわけですから、これについてはまた別の場で県教委の方に申し上げていきたいと思います。

 職員駐車場の問題ですが、私は当初からこれはするべきではないのではないかという立場で発言してきたと思うんですけれども、そうであるとすれば、17年度のその減額補正は考えなかったんでしょうか。



○議長(黒川通信)

 政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

 今も後段申し上げましたように、財政健全化計画そのものは執行していきたいという考え方でございますし、努力を今も行っているところでございますので、今の段階では得られていないわけでございますが、得られることも想定して今回はその補正、減額補正を行っていないのが現状でございます。



○議長(黒川通信)

 19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 あとは総務委員会の議論を待ちたいと思いますが、やはり減額補正という形で出てこない限り、この場で議論することができない問題ではなかったかなというふうに思いますね。これは御指摘しておきたいと思います。

 以上で結構です。



○議長(黒川通信)

 市民部長。



◎市民部長(永峰保馬)

 保育料の件でございますが、さきの内山議員の御質問もあって、総務部長の方から答弁もあったようでございまして、今盛議員の方から言及がございましたので、ちょっと状況について御説明をして御理解をいただきたいと思っております。

 保育料につきましては、税務が徴収ということになっておりまして、現場の私ども福祉課といたしましても連携をしながらやっているところでございます。全体的な市税も含めまして、収納率の向上につきましては、総務部長がいろいろ方策を申し上げたところでございます。保育料に限って申し上げますと、滞納等もございます。特に、御案内ありましたように、私立の方が収納率が悪い状況にございます。そういうことから、毎月1回公私立含めた園長会を開催いたしております、これは定例でございますが。そういう折に、税務課と協議しながら、各園の未納入といいますかね、そういう状況等をお話し申し上げまして、各園長さんの方に協力をいただくという格好にしております。実務的になりますけど、園長につきましては、収納に関する権限は基本的にはございません。そういうことで、あくまでも協力をいただくというようなことで、例えば、A園にはこれこれの方の収納が思わしくないですよというお話をしたりということで協力をいただいております。そういう中で、園におきまして保護者の方にお話をしていただいておりますし、私どもも協力をいただいて、現場の園に出向きましていろいろ保護者の方とお話をしながら収納率の向上に努めている状況でございますので、そういう点で全体としてはそういうことで今後とも取り組んでいく予定にしておりますので、御理解いただきたいと思います。



○議長(黒川通信)

 ほかに。11番堀議員。



◆11番(堀良夫)

 1点だけお伺いをいたします。

 77ページの19款.諸収入です。5項の受託事業収入の中の一番下の段の5目.消防受託事業収入の金額 8,583万2千円です。説明欄の方に松浦市消防受託事業収入と書いてありますが、これは福島分署の運営経費というふうに受けとめておりますが、昨年までおおむね六千二、三百万円だったんじゃないかなと、さきの17年度補正予算で増額の補正も計上されておりましたが、この人件費等も含めて、大幅に 2,000万円以上増額になっておるように、その内容についてお伺いいたします。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 消防長。



◎消防長(松永彰則)

 消防受託事業収入につきましては、昨年度議員おっしゃったとおり、 6,300万円ほど計上いたしております。今年度 8,583万2千円お願いしておりますが、対前年比 2,219万3千円ほど増額いたしております。

 内容につきましては、御承知のように、福島町がことしの1月1日に松浦市と合併いたしております。この合併を機会に本来の福島町を分割するためには実際に費用負担がどのくらいかかるかということについて、合併前に松浦市の合併協議会と松浦地区の消防組合との協議を図ってまいりました。その結果、昨年まで福島町の受託するための人員として8名分の人件費をいただいていたところでございます。8名分と物件費で 6,300万円ほどいただいたわけですけど、今年の1月1日合併後に11名分をいただくようになりました。結果的に、人件費等の増額に伴いまして 2,200万円ほど増額しているところでございます。



○議長(黒川通信)

 11番堀議員。



◆11番(堀良夫)

 ただいまの御説明の中で、8名の人員を11名というふうにお答えいただきましたが、現場サイドから見て、この福島分署の方に新たに増員という意味なのか、本部と含めてのそういった人員の経費増という点になっているのか、もう一度その点についてお伺いします。



○議長(黒川通信)

 消防長。



◎消防長(松永彰則)

 福島町に配置している人員については、現在配置している人員と変わりません。これまで福島町の受託する段階において、当然勤務の8名定数の中で、交代制勤務をやっております。実際として、補充勤務等にしてかなりの数を配置していることや指令業務等についても応分の負担をいただくといったようなことから、これまで福島町から松浦市に移行する段階においての合併協議会、あるいは伊万里市消防本部との一番の協議の課題でなかなか煮詰まらなかった点がございます。そういった中で、実態に合わせた人員配置、あるいはその中で伊万里市の消防本部の充足率というのがございます。これを掛け合わせて最終的に負担を11名分いただくということになったものでございます。



○議長(黒川通信)

 ほかにございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次に進みます。

 同じく歳入歳出予算の歳出のうち、第1款.議会費、第2款.総務費、第3款.民生費、第4款.衛生費について、85ページから 206ページまでであります。3番山?議員。



◆3番(山?秀明)

 二、三点質問いたします。 90ページの人事管理事業の中の特別職報酬等審議会委員報酬が計上されておりますが、諮問の内容についてお尋ねを申し上げます。

 それと、 108ページ、NPO法人海洋温度差発電推進機構年会費10万円。これは昨年度、17年度に入会金10万円、年会費10万円ということで計上されておるんですが、ちょっと業務内容についてお知らせをいただきたいと思います。

 それと、 110ページ中ほどに広域行政事業のところで、環・伊万里湾核都市研究会負担金。これは昨年の暮れにも新聞報道等にもあって、大変期待をしておるところでございます。伊万里が将来を目指すのには、やはり伊万里湾を活用するという本当に地の利を利用した活用がもう一番の方向だというふうに私も思うところでございます。法令外負担金ということで、負担金まで出して各行政で進めようということでございますが、その団体、構成人員、そして、目的、この辺について明らかにしていただきたいと思います。

 それと、済みません幾らでもですが、 136ページの固定資産評価審査事業の中の報償費の委員退任記念品等ということで計上されておりますが、この委員に対する記念品ということで贈呈するということは、なかなかほかの事業の方では見られない。例えば、永年勤続等の表彰とかなんとかの附帯的な記念品ということはつくわけですが、そういう何かの委員に就任された折の記念品というのがつくのかなという感じがいたすところでございます。ちょっと私も失念いたしておりますが、ほかのところでもう1件あったような予算の中では感じがいたすところですが、これの記念品を出す根拠規定があるのかどうかということをちょっとお尋ね申し上げたいと思います。

 それと、幾らでも言って申しわけないんですが、実は昨年の17年度の新年度の折に、生ごみの資源化を調査するよということで実施されました。そして、先進地を視察して、その伊万里市の方向性を見出したいということで説明があった折に、当初から市民のメンバーも入れて検討をされたらどうですかということも言った覚えがあるわけでございますが、今回清掃総務費の中で、その予算の計上がないというような思いがいたすわけですが、そういった続けた事業を進めるための予算の計上はどこのところに入って、今のどこの段階まで行っているのかということもお聞きをいたしたいと思います。

 それと、済みませんけど、 178ページのところで保育園の生ごみ資源化処理業務委託料、これは学校給食センターの方でもあるわけでございますが、これの委託料の基準は何トン当たり幾らの支払いというふうになっておるのか。学校給食センターの方ではもう既に金額も出ておりますが、ここの中では幾らでも委託料があるので個々の分については出ておりませんが、その委託料の計算の基準についてお知らせをいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 まず、90ページの報酬等審議会委員報酬、この諮問の内容とおっしゃいましたけれども、17年度は1月半ばぐらいに答申をいただきました。その折、諮問する際には、全くの前提なしの諮問でございます。いわゆる白紙で議論をお願いした、検討をお願いしたという経過でございます。18年度の報酬の予算を計上いたしておりますけれども、必ず開くとはまだ決定いたしておりません。状況を見て、市長が判断いたしまして、来年度1月、12月そのあたりに開くべきだと判断されれば開くことになります。その際に、どういう内容で諮問するかはまだ今の状況ではわかりません。

 それから、 136ページの退任記念品の件で御質問がございましたけれども、例えば、駐在員さん、あるいは交通指導員さんあたりがおやめになるときには何らかの記念品を贈呈いたしております。これは大体内規で定めておりまして、勤続年数がこれぐらいに達したらこれぐらいの品物をという、そういう事務的内規で規定いたしております。

 以上でございます。



○議長(黒川通信)

 政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

  108ページのNPO法人海洋温度差発電推進機構の分でございますが、これはいわゆる海洋温度差発電、例のアイオスですね。そこを母体に、いわゆる海洋温度差発電の普及拡大を目的といいましょうか、というのが設立目的の大きな柱になっているわけでございますけれども、メンバー的には、国・県、それから機構、公団ですね、旧公団、それから市、それから民間等が入っておりまして、大学も入っておりますけれども。そういうことで、いわゆる会員と賛助会員が集まっていろいろ協議を行っていくわけでございますが、ここの機構としての具体的な活動としては、いろんな海洋温度差に関する研究受託事業だとか、専門家、あるいは一般も含めた広い講演会活動だとかセミナー、そういったものも手がけることになっておりまして、既に受託事業等は先行して実施をしていただいているところでございます。

 それから、 110ページの環・伊万里湾核都市研究会でございますけれども、昨年の11月11日にその当時の関係市町で集まって、この方向を決めていこうということにいたしたわけでございますが、その後、松浦市側が合併をいたしまして、結果的には2市になっております。その当時のお話によりますと、民間を含めた形でやるべきだというようなことございまして、例えば、そのときのお話ですと、会議所さんでありますとか、観光協会とか、漁協とか、できたら農協とか。そこら辺の人選は、今後の会議にゆだねるけれども、そういった民間を含めたいろんなこの地域の発展のあり方といいましょうか、そういったものを求めていこうという、そういったものを目的にやろうということになっているわけでございます。したがって、今議論されております道州制とか、そういったものもその研究の内容に加えながら、この地域のあり方というものを見出していこうということで、今後合併が済んだばかりでございますから、もうちょっと時間をかけて新年度には会議を開いていきたいということに今段取りとしてつけているところでございます。



○議長(黒川通信)

 市民部長。



◎市民部長(永峰保馬)

 私の方では2点ほどあったかと思いますので、お答えを申し上げたいと思います。

 まず、 178ページの保育所費でございますが、生ごみ資源化の処理業務委託料ということで計上をいたしておりますが、NPO法人のはちがめプランさんの方で保育所の生ごみを回収していただくという予定にしております。実施園につきましては、NPOさんの体制等もございまして、伊万里保育園、大坪保育園、南波多保育園の3園を予定しておりまして、キログラム当たり35円ということで処理をお願いするようにいたしております。

 それから、新年度予算で 202ページからになりますが、清掃総務費の中で生ごみ資源化のあれが当然18年度はないわけで、どうなっているかということでございます。議員御案内のとおり、今御説明がありましたように、17年度の予算で43万8千円の経費をつけまして、生ごみ資源化等の調査事業を17、18年かけていたしますよという御案内を申し上げておったところでございます。当然、有機廃棄物とか生ごみ、それから、家畜ふん尿、排せつ物、そういうあたりをシステム化しようということでの調査を予定しておりましたが、平成17年度で新エネルギービジョン策定業務を市が取り組むことになりまして、予算化をいたして、17年度取り組んでいる状況でございますが、その中で、この私どもが予定をいたしておりました資源生ごみ化等の調査についても、ある程度似通った部分があるのではないかということで、精査をいたしまして、そちらの方で取り組むというようなことで43万8千円を減額いたしております。

 そういうことで、新年度はございませんで新エネルギービジョンができた後いろんな動きがあろうかと思いますが、その中で取り組みが生じてくるのかなと、そういう考え方を持っております。

 以上でございます。



○議長(黒川通信)

 ほかに。27番下平議員。



◆27番(下平美代)

 予算書は 100ページでございますが、概要の9ページに総務費の市史編さん事業、記念式典事業費が組まれております。大変御苦労の多いお仕事であったろうと思います。今年度で完了ということで、大変御苦労さんだったと思います。ここの中の教育編、私購入して読んでおりますけれども、誤りがございましたので指摘をしておりました。ここはもう終了ということですので、訂正ができているかどうかお尋ねをしておきます。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 大変御迷惑かけました。おわび申し上げます。その後の対応について、先ほど確認いたしましたところ、原則として正誤表で対応したいということでございます。その中の一部、これは教育委員会にお願いして販売してもらう分があったそうで、その分についてはシールを張って対応したという報告を受けております。



○議長(黒川通信)

 27番下平議員。



◆27番(下平美代)

 じゃあ、その正誤表は既に購入した人にも配られたのでしょうか。



○議長(黒川通信)

 ちょっと待ってください。皆さん何かわかりますか、内容が。(「わからん」と呼ぶ者あり)27番下平議員。



◆27番(下平美代)

 わからないということですので、私から詳しくお話をしたいと思います。

 この「教育編」、私購入して読んでおります。学校名に誤りがございまして、ここは大事なところだから訂正してくださいということを前に申しておりました。で、この事業が完了しますので、この後では言う場所がございませんのでね、やっぱり訂正すべきところは訂正しておられるのかのお尋ね。この事業にかかわってですから、お尋ねをしているところです。

 そうしますと、正誤表で対応したという答弁でございます。正誤表は、これから買う人には正誤表がついているんだろうと思いますが、既に購入した人は正誤表がどのようになっているのか尋ねているところです。皆さんもおわかりになったことだと思いますが、回答いかがでしょう。



○議長(黒川通信)

 いまだにわかりませんが、具体的に正誤表をお願いします。(「間違いのあったけん訂正ばしたかて聞きよるだけのことじゃろうもん」と呼ぶ者あり)総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 実は私もこの議場に来まして、下平議員からお話を聞いて初めて知ったことでございまして、具体的にその学校の名前が間違っているということは議員おっしゃったとおりで、何という学校なのか、正しいのは何というふうに訂正しないといけないのか、いまだに私はまだ理解しておらんのです。だから、急遽とりあえず、どういうふうな訂正をしたのかということで電話で確認した状況でございます。そういうことで、正誤表で対応するということでした。

 既に販売したものについては、買っていただいた方の住所、それからお名前がわからないというのがほとんどでございまして、その分については対応できていないのが現状ではないかと今のところ考えております。



○議長(黒川通信)

 27番下平議員いいですか。(発言する者あり)27番下平議員。



◆27番(下平美代)

 これは編集員の方の責任もあろうかと思います。だけど、その学校の名前というのはやはり大事なことですので、その学校の名前に実は私は該当しているものですからね、こんな間違いしてもらったら困るという思いがあって指摘をしておったところです。ですから、何らかの方法でここはこういう誤りだというのは知らせてほしいとお願いをしておきます。

 以上。



○議長(黒川通信)

 ほかにございませんか。19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 3点ほどお尋ねいたします。

 まず、予算書の92ページ、秘書渉外事業の中の名誉市民特典であります。

 これは川本市長の時代からだったと思いますが、お一人25万円ずつ、温泉にでも行ってゆっくりしてくださいということで出されてきているところですけれども、そういうような話を聞いたことがありますが、今回骨格予算ということを考えますと、このことが提案されること自体どうだったのかなというふうに私は思うところです。4年前のこの議会でも骨格でこれを出していいのか、あるいは、これは出すべきではなかったのかというような議論を委員会の中でもした記憶がございますが、執行部の皆さんにとっても、私たち議員にとっても4年に1回しか回ってこない骨格予算ですので、なかなかその前のことがブラッシュアップしていかないというジレンマもあるんですけれどもね。この名誉市民の特典については骨格予算では上げるべきではなかったかなというふうに思うんですが、御見解をお伺いいたしたいと思います。

 それから、100ページです。

 一番上の一般旅券発給事業で7月から伊万里市役所でもパスポートの交付ができるようになるということで、大変それはうれしいんですけれども、新聞に載った記事でちょっと誤解を生むと困るなと思いながら、つまり、今回その権限移譲を受けるのは伊万里と鳥栖ですけれども、場合によっては県庁でも取得することができるというような書き方で、これ前から議論してきたように、権限移譲された場合に、それがどこまで可能なのかという部分はちょっと誤解を生んではいけない。これがスタートしてから、あれ、こんなはずではなかったというのが出てきてはいけないと思うので確認したいんですが、ただ、知事の会見の中で当初予算に対する会見の中で、希望されればどこでもいいですよとおっしゃっていたので、それでよしとするかと思ったんですけど、あえてお聞きします。

 伊万里で、申請はどなたでもできるわけですから、例えば、御家族が伊万里で御申請なさって、ただ、受け取りは本人でなければいけませんので、勤務の都合でやはり県庁のパスポートセンターで取りたいという方が想定できると思うんですね。そういう場合は可能ではないんじゃないかというふうに思うんですけれども、そこの確認をしていただきたいと思います。

 それから、3点目は 126ページの文化のまちづくり推進費の中で、黒澤明サテライトスタジオ維持管理事業がありますが、この中の修繕料ですね、51万6千円。これは、今年度17年度も79万7千円出てたかな、修繕費があったかなと思うんですが、今回何を予定されているのか、その3点お尋ねしたいと思います。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 名誉市民の特典でございますが、骨格に盛り込む、盛り込まないの前に、一番考えるべきことはその受け取られる方がどういう印象を持たれるかというのが非常に大事なことじゃないかと思います。したがいまして、こういうものは当初予算に計上しておくべきものだ、補正で後から出すというのはちょっとどうかなと思います。

 それから、基本的な考え方でございますが、骨格予算ということはすべて肉づけ、全く肉をつけちゃいかんというものではないというふうに考えております。例えば、首長さんの任期が9月に切れるという場合には、改選年度の予算というのはいわゆる骨格と呼びますけれども、2分の1ぐらいの肉づけはしていただかないと市民も困るわけですね。それで、具体的に市長の任期は4月26日までですので、しゃくし定規的に言えば12分の1ぐらいの肉づけは許されるんじゃなかろうか。これも非常に厳選いたしまして、任期内に事業が完了する、そういう事業であれば、それがいわゆる肉の部分であろうと、当初予算に計上することに何ら問題はないと私は考えております。



○議長(黒川通信)

 市民部長。



◎市民部長(永峰保馬)

  100ページの一般旅券の発給事業でございますけれども、御案内のとおり、今ありましたように、7月から伊万里市役所でも旅券の手続ができるわけでございまして、申請と交付が受けられることになります。そういうことで、先ほどの質問ですが、交付は申請地でしか受け取ることができません。例えば、伊万里市役所で申請をして、勤務の都合でちょっと県庁でいただきますよということはできないようでございます。逆に県庁で申請をして、伊万里市役所で交付を受けるということはできないようでございます。あくまで申請地での交付ということでございます。

 それから、基本的に伊万里市役所でできるようになりましたので、県庁では手続はできないというようなお話もございましたが、先ほど議員から紹介がありましたように、通勤・通学等で佐賀市を含めて、その周辺への通勤・通学でどうしても県庁が都合がいいという方は県がオーケーよということであれば、伊万里市民でも県庁で手続ができるという幅広いようになっているようでございます。

 以上でございます。



○議長(黒川通信)

 政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

  126ページの黒澤明サテライトスタジオ維持管理事業の中の修繕料でございますが、随分冷暖房装置が老朽化をいたしておりまして、冷暖房装置の部品の取りかえということを予定いたしているところでございます。



○議長(黒川通信)

 19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 まず、名誉市民の方ですが、これをじゃあ差し上げる時期はいつもいつごろになっているんでしょうか。それと、名誉市民条例の第4条の3、これは特典等について次のような特典を与えることができるという第4条の中ですが、例えば、?の市の公の式典への参加とか、これはもう別にどなたが市長であっても名誉市民を差し上げた以上は出ていただいて何も

私も問題にするつもりはないんですけれども、?はその他市長が必要と認めた特典、または待遇というふうにありますよね。ということは、ここで市長が必要と認めたという部分がやっぱりどう解釈するかということにかかわってくると思うんですよ。決して差し上げてはいけないという意味で私は言っているのではなくて、今度は無投票かなと言われていますけれども、やっぱり改選期にはこういう部分はほかの補助金なんかも今全部ほとんどが6月補正ということでされている中で、これはどうなのかなというふうに思うんですけれども、この名誉市民条例の第4条の解釈についてはどう考えられるのかお聞きしたいと思います。

 それから、黒澤のことはわかりました。

 パスポートは、これは要請しておきたいと思いますが、ぜひそこら辺のPRを丁寧にわかりやすくしていただきたいと思います。これも結構です。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 先ほど2分の1だ、12分の1だというふうなことを申し上げましたけれども、そういう理屈でいきますと、例えば、塚部市長が4月26日までは現市長でございますので、4月1日から4月26日の間までであれば、現職の市長として予算執行できるわけです。おわかりでしょうか。(発言する者あり)



○議長(黒川通信)

 19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 わかります、それは。日本語はわかるつもりですから。そしたら、毎年その時期に差し上げているということですね。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 市長が任期を1年、2年残したときには1年間を通じて適切な時期ということを考えればよろしいわけでございまして、何月何日に固定して、この日に差し上げるというふうなことは今までやっておりませんので、今回特殊にその改選時期だから私は理屈詰めで説明申し上げておるわけでございます。



○議長(黒川通信)

 ほかに。18番占野議員。



◆18番(占野秀男)

 何点か申し上げたいと思います。

 一つは、これは庁舎管理費になりますかね。先日、あるところに行きまして、お話をしながらいすに座っておりましたら、そのいすが壊れていまして、ちょっと背中になんかかった途端にひっくり返りまして、これはちょっと注意せんと職員は大けがするぞというふうに思ったんですが、金がないからということでずっと節約を続けられていると思いますが、そういう危険なやっぱり事務用品については点検をして、金はなかったっちゃやっぱり買いかえるべきではないかというふうに思いますが、そういうことについてはどのようにお考えでしょうか。

 ついでだから言わせてもらいますが、議会の机も内またになったり外またになったりしている机が幾つもあるんですよね。それで、鉄骨ですから簡単にはこう崩れないとは思いますが、これも見た目も悪いし、そのままずっと使用されていますが、これもちょっと万が一を考えれば、チェックをするべきではないかというふうに思いますので、どういうふうにお考えなのかお伺いをいたします。

 次、2番目。

 情報公開と市民のプライバシーとの問題で、どこになりますかね、公文書の関係になるかと思いますが、御承知のように、自衛隊の情報が漏れたり、警察の情報が漏れたりしていますですね。なぜかというと、職員が職場で使うものを自宅に持って帰って自分のパソコンに入れて、それがウイルスに感染して情報が漏れたということになっていますが、プライバシーの問題でそういう個人情報の保護については、相当気を使われて管理運営はされていると思いますが、個人が自宅に持って帰って自分のとでされると、これはちょっとなかなか管理者といえども目の届かない部分も出てくるかと思いますが、そういう取り扱いについてはどのような指導をなされておりますのか、お伺いをいたします。

 次に、 112ページの黒澤明記念館との関係ですが、一つの考え方として、私は今の黒澤明記念館でいいんじゃないかなという感じを持っています。それをわざわざファミリーパークの黒川町につくらなくても今のところで十分対応できるのかなと、その前にあそこは親和銀行ですか、あれが合併して今空き家になっておりますが、あそこをそのシアターにしたり、研修室にしたり、改装をして使えば、前後して黒澤明記念館の一つのゾーンができるような気がいたします。ですから、黒川に新たな土地を確保されておりますが、建設をするとなると相当の金もかかるんではないかというふうに思いますが、もし、あそこが買収できれば利用の方法はいろいろあるんではないかな。それがもしそういうことになると、商店街の人通りにもつながる、活性化にもつながりはしないかなという思いもあって、一つの考え方として、黒澤明記念館はあそこら辺に集中してはどうかという案がちょっと私考えましたけれども、これをしなさいという意味ではありませんが、一つの考え方として検討してもらってもいいんじゃないかなという気がいたしましたので、提案をしてちょっと考え方がありますが、その対応についてお伺いをいたしたいと思います。

 次に、交通安全対策のところでお伺いをいたします。

 実は、伊万里商業の前に4車線の道路が開通をいたしまして、相当数の車両が通行をいたしております。ちょうど脇田との四差路のところですね、弁天町に上っていくところと、脇田の奥の方に入っていくところの四差路に横断歩道がありますけれども、実は街灯が片っぽだけにしかついていないんですね。片っぽの街灯がついていないところでちょいちょい接触事故があっているというふうに聞いておりますが、建設部長になりますか、交通安全になりますと総務部長になりますが。街灯を節約するのはいいけれども、やっぱり横断歩道のところには大体普通は街灯がつけてあるんですが、あそこはなくて事故がちょいちょいあっているという話ですけれども、その点について掌握をされておりますのかどうか。それから、やっぱり夜になりますと電気が大体消えますので、コンビニエンスストアがある方はいいんですよね、コンビニエンスストアは大体遅くまで電気がついていますけれども、その反対側、弁天町側の方がついていないんで、そこら辺については街灯をやっぱり設置すべきではないかなというふうに交通安全対策上思いますが、いかがお考えでしょうか。



○議長(黒川通信)

 占野議員、今のは何ページの。



◆18番(占野秀男) 続

 何ページと言われると、交通安全対策ですから 118ページぐらいですかね。



○議長(黒川通信)

 予算に関する質問ですかね。(「もちろん、もちろん」と呼ぶ者あり)関連に行かないようにですね。



◆18番(占野秀男) 続

 予算が上がっているから質問しよるわけで。

 次に 128ページに食を生かしたまちづくりというのが予算が上がっています。これも、畑の中のレストランというようなこともずっと取り組みがなされて定着をしてきたというふうに聞いておりますが、これをやられる当初に私ちょっと申し上げたと思いますが、将来はやっぱり呼子のイカづくりのようなやつが伊万里でもできるような目標で取り組みができないものかということで申し上げたと思いますが、もう何回も畑の中のレストランもやられていますが、何か将来伊万里市のこのグルメの一つとして、全国的といいますかね、そういうお客さんを呼び込めるような食というものが構築されていますのかどうなのか、何かそこら辺の取り組みがずっと今までなされていますけれども、期待されるものがあるのかどうかお伺いをいたします。

 それから、清掃費のところですね。ページは 202ページですが、うちの近所に、電化製品やいろんな家具とか古い家具を集めて、それを修繕して販売をされているんではないかと思いますが、これが商品になるだろうかというものもひっくるめて大層多く管理をされているところがございます。都会ではごみ屋敷などと言うて、もう本人にとってみれば財産でしょうけれども、周りの人から見るととても財産には思えない、ごみにしか見えないというようなものをせっせとため込んで問題になって報道をされていたことがありますが、それと同じと言ったらあの方に失礼ですからそんなふうには思いませんが、その管理をされている荷物が歩道にまで今はみ出てきているんですよね。これはやっぱり交通安全対策上か、もしくは衛生管理の面からか対応をすべきだというふうに思いますが、実情を御存じでしょうか。御存じであるならば、今までにそういう置き方に対して御指導なされたことがあるのかどうか。

 以上、何点かお伺いをいたします。



○議長(黒川通信)

 今の質問は予算に関係しとると思います。関連に行かないようにお願いいたします。

 しばらく休憩いたします。

               (午前11時6分 休憩)

               (午前11時16分 再開)



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

 庁舎管理費ということでおっしゃったいすの件でございますけれども、実は 106ページをお開きいただいて、下の方に物品管理事業というのがあると思いますけど、ここの中に備品購入費というのがございまして、事務用いす等ということで20万2千円で、この程度毎年つけているわけでございますが、そういうふぐあいのいす等がございますと、早急に財政の方に言っていただいて、その分で対応するということで、大体年間20脚ほど事前に用意をするようになっているわけでございますが、今回の場合なかなか連絡できなくて、その対応ができなかったという点がございますけれども、今後そういう点を徹底して、そういう事故等につながるようなことがないように、今後ともやっていきたいと思っているところでございますので、御理解をいただきたいと思います。

 それから、112ページでございます。

 黒澤明記念館の件でのお考えということで申されたわけでございますが、もう御承知のとおり、黒澤明記念館の建設計画につきましては、平成10年だったと思うんですけど、市と記念館側と財団と契約をいたしまして、そういう計画を財団がつくるというようなことになっておりまして、したがって主体が財団の計画であるという点でございますけれども、そういうことから、その進捗がなかなかまだ見られていないわけでございますけれども、好転的な要素も少しはあるようでございますが、そういう点を見守りながらこの記念館建設については少し時間は要するでしょうけれども、見守っていきたいということになっているわけでございますが、一方そのサテライトスタジオはそれまでの間の、いわゆるサテライトということで、町中の活性化につながるようにということにいたしておるわけでございまして、この分が仮に記念館建設の方向が動き出しますと、このサテライトのあり方というものが課題になってくるわけでございますが、やっぱり、そういう点では今申されたように、市街地の活性化のためにどうその分をかかわらせていくのかというのがその点は課題になっていくと思うんですけれども、あくまでも今申し上げましたように、財団事業でございますので、お考えはお考えとして受けとめたいと思いますけれども、そういう点は御理解をいただきたいと思うところでございます。

 それから、 128ページの食のまちづくりということで、呼子のイカみたいなグルメをということを希望するがというようなお話だったと思うんですけど、お話の中にもありました畑の中のレストランもこの関連事業ではございますが、16年度から暫時官民一体となって食のまちづくりの推進計画等をつくって、17年度は薬膳メニューといいましょうか、伊万里ならではの食材を生かしたメニューづくりということで、大体四季折々の 120種類ぐらいメニューができております。そういう中で、特色のあるグルメといいましょうか、例えば、農家レストランあたりでも販売できる、そういうものを目指そうではないかというようなことで今も頑張っていただいているわけでございますが、今日までは例えば、特色あるものということでは伊万里牛弁当はこういう形でどうかというものが試作をされたり、あるいは、古伊万里丼というのをことしだったんですけど、3種類の古伊万里丼と呼べる、こういったものは、伊万里焼の器でつくったものはどうだろうか。そういう試作段階が今でございまして、今申し上げました 120のメニューから少し打って出る、そういうメニューづくりということが今年度入っていくわけでございまして、そういったものが今回の特徴的な予算の中に生かされるように、その食を考える委員会というのがあるんですけど、そういったものの中で推進されていくことを期待いたしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 個人情報の保護の件で御質問ございましたけれども、現在庁内にパソコンが 500台近くございます。これは、すべてロックと申しますか、かぎをかけております。机から引っ張って持っていけないような鎖をつけております。そういうことで、パソコン本体自体を庁外に持ち出すということはまず不可能な状態でございます。もう一方、個人所有のパソコンを庁内に持ち込むということも禁止いたしておりまして、よそから入ってくることもない。ただ、意識的にデータを持っていこうと考えるけしからぬ人が出た場合は、いろんな方法がこれからも出てくると思います。そういうものも常に考慮しながら、今後ともその情報が外に漏れることがないように注意していきたいと考えております。



○議長(黒川通信)

 建設部長。



◎建設部長(副島秀雄)

 脇田町の交差点の件でございますけれども、街路灯でございますので、建設部の方から回答したいと思います。

 現地につきましては、県道黒川松島線と、それから都市計画街路の大坪木須線の交差点の部分かと思います。その分につきましては、改良をいたしましたときに土木事務所と、それから伊万里市と、それから警察と現地等でいろいろ協議をいたしまして、今ある街路灯につきましては、県の方で設置をいただいているところでございます。今議員からの報告がございましたけれども、事故等とか要望等につきましては、地域の皆さんとかそういうところからの情報は私のところでは今把握をしていないところでございます。今お話がありましたので、市といたしましても管理者として、現地の方の調査をやっていきたいというふうに思っております。



○議長(黒川通信)

 市民部長。



◎市民部長(永峰保馬)

 202ページの清掃総務費に関しての御質問でございました。

 古い家具等を自分の敷地内以外に、歩道あたりにということでお話がございましたけど、当然そういう状況がありましたならば、私どもといたしましても指導をしていくということになろうかと思っておりますが、近くにというお話でございましたけれども、その事実については申しわけございませんが把握をいたしておりません。



○議長(黒川通信)

 18番占野議員。



◆18番(占野秀男)

 古いいすはわかりました。

 それから、プライバシーの問題でパソコンの持ち出しとか、持ってくるとかということよりも、情報が漏れる原因は例えばCDとか、フロッピーとかを役所で使いよったのを自分の家に持って帰って、自分の家の持っているパソコンで使うというのが漏れたという原因になっているんじゃないかと思いますから、そっちの方の管理をきちっとすべきではないかという意味でお伺いをいたしましたので、そういうフロッピーやCDなどを持っていくときにはどうだとか、持っていってはならないとか、そういう管理の仕方をきちっとしていただきたいということでお伺いをいたしましたので、その点についてお答えをお願いします。

 それから、ファミリーパークの件はもうこれは私の私的な考えでございますから、そのとおりにしろじゃなくて、そういうのも一つのアイデアとして、やっぱり建設するためには相当の金がかかるでしょうから、黒澤財団としてもほいほいというわけにもいかないというのが今の実態だと思いますけれども、余り言うとこれは一般質問でやってくださいということになりますので、以上でとめておきます。協議をするときに、こういう話もありますよというぐらいの考えでひとつ取り組んでいただければと思います。

 次に、街灯の話はお聞きをしたいということでございますので、周辺に何軒かありますからちょっと聞いていただければ確認できると思いますので、お願いします。

 それから、畑の中のレストランですが、もう新たな食材といいますかね、伊万里名物の牛丼とかなんとかいろいろ具体的になってくるんではないかということでございますので、これはちょっと楽しみにしながら待ってみたいと思いますので、売り出して話題になるまでには幾らか時間はかかるかと思いますが、ぜひいっちょ伊万里名物をつくっていただければと思いますので、そのために今までいろいろ食のまちづくり宣言とか、いろんな取り組みがなされてきたわけですから、その結果をひとつ出していただきたいと思います。答えはいいです。

 それから、いわゆる相当古い品物を置いてある部分のあれですが、気づきませんて言うばってん、あそこは大体職員も結構通りよらすとやなかですかね。市民部にはおらっさんですかね、あそこんにきに住んでいる人は。通りゃすぐわかるんですよね。だから、まだ見ていなければ仕方がありませんけれども、ぜひ見ていただいて、迷惑にならないような管理をしてくださいということを指導していただきたい。自分の個人の土地にある分についてまではいろいろは言えないと思いますから、これはもうやむを得ないと思いますが、歩道に出てきている部分については──まだ首かしげよっですが、きのう見てきたばっかりで言いよりま

すから間違いありません。ぜひ見に行ってください。そして、対応をしていただきますように、これはお願いしておきます。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 いわゆる記録媒体の持ち出しにつきましては、前回の一般質問で原口議員の御質問に情報広報課長が詳しくお答えいたしましたけれども、一応当然のことながら、職員が情報を外に持ち出す、記録媒体を持って出るということは厳重に禁止いたしております。ただ、そういう禁止規定だけで十分防げるかといいますと、先ほど申し上げたように、悪意を持って持ち出そうとすれば、今まで考えられなかったような方法も出てくるんではなかろうか、そういうものも十分予想されます。したがいまして、具体的にマスコミを騒がせております、そういう事例を十分心にとめながら打てるべき手は打っていきたいと、そういうふうに考えております。



○議長(黒川通信)

 14番岡口議員。



◆14番(岡口重文)

 何点かお尋ねをいたしたいと思いますが、ページ 100ページでございますが、市史編さん事業で今回 126万3千円上がっております。その中で、記念式典をという形で48万4千円程度上がっておりますが、この事業の内容といいますか、計画はどのようになされるのか、まずお尋ねを申し上げます。

 それから、市史編さんが17年度をもって終了するためと言われてございましたけれども、事業の積み残しはないのかお尋ねをいたしたいと思います。

 それから次に 104ページでございますが、伊万里っ子ポスト運営事業ということで4千円上がっております。これにつきましては、何年前からか私も知りませんが、実態がどのような実態であるのかということと、それを踏まえたところで見直し等はされていないのかどうか、お尋ねをいたしたいと思います。

 それから次に 112ページでございますが、中核的病院整備推進事業の中で58万9千円上がっております。58万9千円の中で52万円、旅費が主でございますけれども、早急にされる予定といいますか、取り組まれる手順といいますか、計画をお示しいただきたいと思います。

 それから、 113ページでございますが、地籍調査費で2億 4,700万円ぐらい上がっておりますが、これが昨年度比からしますと、金額でしまして 1,230万6千円ほど増加をしております。この原因といいますか、特別何かございましたらお示しを願いたいと思います。

 それから、 144ページでございますが、監査委員費の中でお尋ねしたいと思いますが、監査委員さんは一応今常勤、伊万里は常勤監査委員さんがいらっしゃると思います。他市を調べますと、唐津なんかはもう常勤じゃなくて非常勤監査委員でやっていらっしゃるということでございますけれども、その辺について、市のお考えは何かございませんか。見直し等検討されていることがございましたら、お示しを願いたいと思います。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 まず、市史編さんの記念式典でございますが、これは全巻刊行いたしましたということをPRするとともに、執筆委員の皆様方のこれまでの御苦労を感謝申し上げるという内容でございます。大体 100名程度の関係者をお招きいたしまして、式典を予定いたしております。特別従来の式典から変わったというふうな思考は今のところ持っておりません。

 それからもう一つ積み残しの部分はないかということでございますが、今後の課題といたしましては、今までたくさんの資料を収集していただいております、執筆委員さん方の皆様に。それを退蔵するということはまず残念な話でございますが、いかにこれを活用するか、そういう方策を考えていくのが今後の仕事だろうと、以上考えております。

 それから、伊万里っ子ポストでございますが、中身を見ておりますと、年々非常に建設的な提案をいただいております。当初は無記名の方々とかまじっておりましたけれども、最近はほとんど自分の住所、氏名を書かれて、意見を書いておられます。そういう内容につきましては、担当課が回答申し上げ、文書でお答えしている現状でございます。ただ、市が管轄する以外の部分の御提案もございまして、その辺はできるだけ、例えば、警察あたり関係ですと警察に聞き取りして、うちの方でその内容を伝えるというふうなこともやっております。今のところ見直していこうという考えはございませんが、今の状態でよろしいんじゃなかろうかと考えております。

 それから、非常勤の監査委員の件でございますが、やっぱり常勤の監査委員さんは非常に熱心に細かいところまで監査いただいておりまして、これを非常勤に変えるというのはちょっと難しい話じゃなかろうか。かえって常勤で毎日出てきていただいて、私どもの執行内容、予算の執行内容等をチェックしていただく方が、より公平公正な予算の執行ができるんじゃなかろうかと考えております。



○議長(黒川通信)

 政策経営部長。



◎政策経営部長(友廣英久)

  112ページの中核的病院整備推進事業、いわゆる今回は活動費を上げさせていただいているわけで、旅費については主に上京旅費ということでございますけれども、手順ということでございますけれども、せんだってコンサルの考え方の成果品が出まして、その概要ということで、全協の方で御説明をさせていただいたところでございますけれども、このコンサル案が一つの大きな課題になっております浦之崎病院との統合を想定いたした場合の 140床をどうやって確保するかが大きな課題になっておるわけで、その分の国への手続資料といいましょうか、そういったものにもなっているわけでございますけれども、そういうことで、いわゆる国の社会保険病院の改革のレールが敷かれる、五、六月とされておるわけでございますが、その前にこの分については別枠の取り扱いをしてほしいというお願いをしていかにゃいかんわけで、既に3月に入りまして、正式な協議ということで国の方にはお願いをしたところでございます。これが先ほど申し上げましたコンサル案が一つのたたき台ですよということで添付資料にいたしておるわけでございますが、国の方では今社会保険庁の改革法案というのがまだ上程されておりませんで、若干動きがその部分は遅くなっている感もあるようでございますが、4月に入りますと、その方向が大体示されてくるというようなことでございますので、4月ぐらいからは上京いたしまして、今協議をさせていただいております 140床というものをですね、こういうことだけれども何とかしてほしいという協議、そういったものに移っていくのではないかと思っているわけでございます。その暁、その方向が得られますと、あと具体的なそのコンサル案が出てきましたものをたたき台として、市としての本来の考え方、そういったものに移っていくということになっていくと思うんですけれども、その前座の活動費ということで御理解いただければと思うところでございます。



○議長(黒川通信)

 建設部長。



◎建設部長(副島秀雄)

 地籍調査事業につきまして御説明いたします。

 昨年度とことしの分でございますけれども、調査面積につきましてはほとんど変わりはございません。ただ、調査の地区によりまして、いろいろ状況が変わりまして、昨年調査した分につきましては1筆の筆数が 6,300筆ぐらい。ことし18年度実施する分につきましては、面積はそう変わらないんですけれども筆数が 9,800筆ぐらいございます。それで、一・五、六倍ぐらいの筆数が増加をいたしておりますので、この分につきまして測量をすべて行う必要がございますので、その分だけ経費が割高になっているという状況でございます。



○議長(黒川通信)

 14番岡口議員。



◆14番(岡口重文)

 市史編さん事業についてはわかりましたけれども、記念式典をもしされるのであれば時期はいつごろといいますか、考えていらっしゃるのかということだけまずお尋ねをしたいと思います。

 それから、伊万里っ子ポストについてでございますけれども、これにつきましてはここ3年ぐらいの実態といいますか、件数といいますか、わかりましたらお示しをいただければと思っています。その2点です。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 式典の時期についてはまだ決定いたしておりません。一番いい時期を見計らってやりたいと考えております。文化事業ですからやっぱり秋ぐらいでしょうかと今のところ考えております。

 それから、伊万里っ子ポストの件数でございますけれども、16年度が23件、17年度24件、大体それぐらいの割合でいただいております。



○議長(黒川通信)

 ほかにございませんか。16番笠原議員。



◆16番(笠原義久)

  183ページですね、生活保護費の扶助費についてちょっとお尋ねします。今資料があればお答えいただきたいんですが、扶助対象者のこれは年代別構成といいますかね、例えば、40代がどれぐらい、これパーセンテージでもいいんですがね、50代がどれくらい、あるいは60代がと、そういう数字がわかればお尋ねしたいと思います。それに、これ17年度で結構なんですが、新たに、今まで補助対象じゃなくて、新たにどの程度その補助対象がふえたのかどうか、これが2点目。

 次に、今まで扶助をいただいておったけれども、何らかの事情が好転して辞退する、要するに、もう対象から外れるということですね。そういう方たちがどの程度出てきたのか。 以上、まず3点お尋ねしたいと思います。

 今数字がわかればで結構ですから。



○議長(黒川通信)

 市民部長。



◎市民部長(永峰保馬)

 生活保護についてのお尋ねでございますが、年齢別階層といいますか、ちょっとその点は今つかんでおりませんので後ほどということにさせていただきたいと思いますが、生活保護の状況の推移でございますが、各年度中の平均ということで御理解いただきたいと思いますが、15年が12.4パーミリです。16年が11.9パーミリでございまして、17年が12月段階で11.2ということになっております。ちなみに、県は15年が 6.5、16年が 6.7という状況でございます。

 それから、扶助の対象外になられる件数とか理由ということでございますが、年金収入等が出てまいりまして対象外になるとか、それから、扶養義務者の方で引き取りが出て、生活保護から離れられていくとか、そういうケースがございますが、件数的にはちょっと今つかんでいない状況でございます。

 以上でございますけれども、ほかには何か。



○議長(黒川通信)

 16番笠原議員。



◆16番(笠原義久)

 私が求めた数字的には、後でわかればこれ知らせていただきたいんですがね。あえてこの問題を上げたというのは、いろいろ事情、詳しくは私どもわかりません、担当課あたりはどういう条件で、どういう生活条件で対象になるかということはある程度、プライベートの問題もあるかと思うんですがわかっていらっしゃると思うんですが、その中で、私はやっぱり65歳ぐらいまでは、これは対象者が何%ぐらいいらっしゃるかわかりませんが、仕事がないということで生活困窮ということも、対象者もいらっしゃるんじゃなかろうかなと、これ推測がつくわけですけどね。今やっぱり世の中若干景気が幾らか好転しております。そういう中で、やはり仕事を求める。外部機関にはハローワークとか、いろいろあるんですがね、はっきり言いましてハローワークなんて非常に事務的でいろんな問題もあるんですが、市民部の窓口だけではなくて、やはり産業部とか、庁内のいろんな担当課との横の連絡をとりながら、そういうその仕事を求めておるという対象者に対しては何らかの措置、あるいは手助け、そういうものもやっていかないと、やっていらっしゃると思うんですけどね。ただ、その対象になるかならないかだけじゃなくて、やっぱりそういうところが見えてくると、あわせてそういう指導、あるいは助力、やるということが必要じゃないかと思うんですが、どのように担当の方は考えていらっしゃるかお願いしたいと思いますけど。



○議長(黒川通信)

 市民部長。



◎市民部長(永峰保馬)

 再度の御質問でございますけれども、なかなか仕事が見つからないというようなことの状況でございますし、今議員の方から御案内がありましたように、景気は上向きということでございますが、なかなか地方にその影響が出てくるのはまだまだ先ではないかなという感じがいたしております。

 それともう一つ、役所の中でのいろんな連携ということでございますが、考え方としてはまさにそういうことも必要かなと思いますが、基本的に個人のプライバシー、きわめて私どもも結構神経を使って配慮をしながら仕事をやっております。そういう点で求職関係では基本的にはもうハローワーク中心ということになっておりまして、私どもも行くことがございます。だから、生活保護者の方に、例えば、市のどこでそういう職があるのかということを把握して、それをどういうふうに伝えるかということがないわけで、市役所でまとめて、市内含めまして事業所の方に求人はございませんかという仕事をやっておりませんので、基本的にはハローワークしかないわけでございまして、私どもも担当のケースワーカーあたりは当然ハローワークとかなんかに行って、いろいろ被保護者の方のサポートといいますか、そういうことをやっている状況でございますので、役所の中での連携というのは正直言って非常に厳しい状況ではないかと思っております。

 それから、先ほど廃止の理由といいますか、先ほど申し上げましたけど、社会保険等の増加が9件、それから、稼働収入の増加が11件、そういうふうなことになっております。これは昨年の4月からことしの2月までの状況でございます。



○議長(黒川通信)

 ほかにございませんか。21番樋渡伊助議員。



◆21番(樋渡伊助)

 先ほど岡口議員が質問しました監査委員の非常勤、常勤の問題。非常勤でいいんじゃないかという質問がなされました。今、県内旧7市のうちで佐賀市と伊万里市が常勤の監査委員でありました。それで、昨年総務部長とももうぼちぼち伊万里市も非常勤でいいんじゃないかというふうな雑談の中でもしたことあります。この常勤のそういった伊万里市の経過といいますと、やはり10数年前に社協の事件等がありまして、強化がされたのかなというふうに思っております。そういう意味で、やはり行財政改革を進めておりますけれども、やはり庁内の足元からそういったものを改善していくというのもいいんじゃないかと。一つは、市長がやはり職員を信頼すれば非常勤でもいいんじゃないかというふうな考えを持っております。再度お願いします。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 一番わかりやすいのが常勤の監査委員さんがどういう日ごろのお仕事をされておるのか見ていただくのが一番わかりやすいわけですが、並の御苦労じゃございません。伝票一枚一枚切って、それから決裁区分どおりに判がついているのか。それから、例えば、領収帳の訂正の仕方がちゃんとやっておるのか。そういうものを日ごろ監査していただいておるわけです。そしてまた、伊万里市は特に出先が多うございまして、そこにも定期的に巡回いただいて監査をしていただいておるということで、樋渡議員は行財政改革の面から御質問でしょうが、これはやっぱりコストをかけるところはかけていかないと行政体というのはどこかでミスが出てくるところがあるんではなかろうかというふうに思いますので、非常勤よりも常勤監査の方がよろしいんじゃないかと思っております。



○議長(黒川通信)

 21番樋渡伊助議員。



◆21番(樋渡伊助)

 国の政策機構じゃないですけれども、例えば、会計検査院がそれぞれ地方に回っても国の事業についても監査し指摘をします。しかし、伊万里市の場合はそういった大きなむだ遣いとかそういったものの指摘が今まであったのかどうか。

 市長の方に質問ですけれども、公団ですね。これ市長が職員を信頼すればやはり私は非常勤でもいいんじゃないかと。じゃあ、ほかの5市についてはそれで済んでおるわけですからね。そういった面で最終的に再度質問します。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 市長。



◎市長(塚部芳和)

 監査委員につきましては、いろいろな考え方があろうと思うわけでございますけど、常勤の監査委員、そしてまた、議会からの監査委員ということで伊万里市はそういう監査制度の中で運営をさせていただいておるわけでございますけど、職員を信頼すればいいじゃないかということでございますけど、職員は信頼をしております。やっぱり、しかし、何といいましても、この監査というのは第三者的な監査、これがやっぱり私は必要だろうと、このように思っております。したがいまして、客観的にやはり外部から監査をするんだというような視点で監査をしておくことが、特にこの行政執行については大変重要なことである。しかも、市民の血税を使っての執行であるわけでございますので、間違いがあってはならないというふうに思っておるわけです。そういう中で、よその市については常勤ではないところ等々も見受けられるわけでございますけれども、こういうふうな監査指摘があること自体が問題になるわけでございますので、私は常勤の監査がいらっしゃるというようなことが職員の正確な業務の執行につながっている。そういうふうな抑制効果もあると、このように思っておるところでございますので、行財政改革とはこれはちょっと別にいたしまして、現在の監査委員制度で考えておるところでございます。



○議長(黒川通信)

 ほかにございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 ここでしばらく休憩いたします。再開は午後1時であります。

               (午前11時50分 休憩)

               (午後1時   再開)



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 引き続き議案に対する質疑を行います。

 第5款.労働費、第6款.農林水産業費、第7款.商工費、第8款.土木費について、207ページから 266ページまでです。19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

  234ページです。毎年恒例の質問でございますが、佐賀空港振興支援事業ということで7万円、これは毎年毎年申し上げますように、佐賀空港の活性化推進協議会の負担金ということで、額は少ないとはいえ、やはり先ほど市長もおっしゃった血税の中から7万円支出するわけですから、佐賀空港をどのくらい利用しているかというのはちょっと気になるところです。そこで、今年度市長は何回御利用になったか、まずお尋ねしたいと思います。



○議長(黒川通信)

 市長。



◎市長(塚部芳和)

 佐賀空港の利用について、私は今年度ゼロ回でございます。



○議長(黒川通信)

 19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 昨年もたしかそういうことだったと思います。

 結局、これは言葉を選ばずに言えば、使いにくい状況にあるから、やはりそういうふうになるんだろうというふうに分析するわけですね。それで、例えば、今回早朝便で6時50分のができたよと知事はあちこちで言って回っていますが、伊万里から6時50分に乗ろうというとやっぱりなかなか困難なものがあると思いますし、また便数が少ないから、ひょっと欠航になった場合に後の行動ができなくなるという、そういう懸念もあるわけですね。問題はいろいろあるわけですが、もう一つ私が思うには時間、距離からすると、今長崎空港が一番近くて、どうかすると福岡が2番目で佐賀空港は3番目ではないかというふうに思うんですね。そうであっても利用する際に、もし佐賀空港を使っても可能であれば使えるような状況がないよりはあった方がいいと思うわけです。

 その中で旅費に関する条例ですね、例規集の 3,119ページの第7条、結局、旅費の計算をする場合に最も経済的な通常の経路ということがありますので、伊万里から使う場合には福岡空港が最も経済的だということになるわけです。試しに試算していただくと佐賀空港を利用した場合でも差額は何百円単位、千円までいかなかったと思います。そのぐらいの違いしかないんですけれども、この条例のためにと言ったら言い過ぎでしょうか、公務などで使う場合に佐賀空港が使えない状況にあるのではないかなというふうに思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 旅費に関する条例は議員御指摘のとおり、経済的な路線を選びなさいということをうたっております。

 そこで、先ほど経済的な路線の福岡空港との差額ですが、直近の旅費で計算いたしましたところ、往復 160円の差でございます。佐賀空港に行った方が 160円高くつくということです。こういう状況でございまして、ただ、職員が出張する際に、今この旅費規定があるために佐賀空港を使っていないというのはほとんどないと思います。先ほど議員もおっしゃいましたけど、使い勝手がどうも悪いということでどうしても福岡空港に行くということ。仮に余裕があって佐賀空港発着でも行けるよという場合がございましたら 160円の差でございますので、旅費に関する条例の運用で行けるのではないかと考えております。

 と申しますのが、同じく第7条でただし書きがございまして、天災その他やむ得ない事情があれば必ずしも経済的な路線じゃなくても構いませんよということがございますので、県を挙げて佐賀空港を応援している状況ですからこの場合は、もし佐賀空港発着で行けるという職員がおりましたら、これを運用して佐賀空港の旅費を支給するということは問題ないんじゃなかろうかと考えております。



○議長(黒川通信)

 19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 運用でということで、おおむねその方向で悪くはないとは思うんですが、これは職員だけではなくて私たち議員の場合にも関係してくるわけですね。例えば、運用ではなくて、ここに佐賀空港の場合は除くとか、ちょっと文言はあれですけれども、明記するようなことは不可能でしょうか。



○議長(黒川通信)

 総務部長。



◎総務部長(永田昇)

 あんまり文言で明記いたしますと、例えば、佐賀空港へのバス運賃がごとっと安くなった場合に、例えば、福岡の方が高かったというときには、もう佐賀空港しか使えませんよということになってしまいます。そうしますと、結局困るのは出張される方々ですので、この場合は明記するよりも運用の方でいった方がより柔軟に対応できるんじゃないかと考えております。



○議長(黒川通信)

 ほかに。17番内山議員。



◆17番(内山泰宏)

 223ページの林業費です。それから、265の土木費ですね。

 その中の林業費ですが、予算が本年度 2,900万円というふうなことになっております。この 2,900万円を産業部長はどのように見ておられるのか、まずその辺からお尋ねしたいというふうに思っております。

 それから、土木費の 265ページ、地域住宅交付金事業というのがありますが、この辺の内容といいますか、目的といいますか、その辺のところをお尋ねいたします。



○議長(黒川通信)

 産業部長。



◎産業部長(田中健志)

 林業費全体でのお話というふうに思います。

 この中では骨格ということで肉づけをしていない部分も組まれておりますので、そういった部分で額的に大きく減っているというふうな格好になっていると思います。



○議長(黒川通信)

 建設部長。



◎建設部長(副島秀雄)

 2点目は 266ページの住宅建設費の事業の内容でございますでしょうか。

 地域住宅交付金事業でございますけれども、この分につきましては、伊万里市は9団地 713戸の市営住宅の今管理を行っております。以前までは住宅の補助事業という形の事業で行っておりましたけれども、17年度から地域住宅交付金事業というものの国の制度を利用する形の交付金事業で整備をやるように行っておりますので、従来行ってきておりました9団地の整備、修繕、そういうふうなものにつきまして事業を行うというところでございます。



○議長(黒川通信)

 17番内山議員。



◆17番(内山泰宏)

 では、林業関係です。ちょっと私の思いを話します。

 実は 2,900万円となっております。前年度が 7,200万円というふうなことで、いろいろそれは特別な事情があって、今先ほど申しましたように、骨格の費用であるというふうなことであります。今回 175億円というふうなことでございますので、18年度の財政健全化計画で見た場合には大体18年度 190億円ぐらいになるんじゃないかというふうに考えておりますが、そうなりますと政策予算といいますか、ある程度10億円ぐらいの政策予算というふうに考えているところでございます。その中で林業費の予算というのが非常に他の事業に比べてちょっと少ない予算じゃないかなというふうに感じておるところでございます。この林業予算を見ますとね、林業総務一般とか見てみますと余りソフト事業をされる状況じゃないんです。この辺のところは今後やはりある程度、1次産業というふうなことでいろいろな支援をしていかなければならない、こういうふうな林業でありますのでね、もう少しこのようなところは今後のためにひとつ予算をやはり計上し、そして、林業関係を支援していくというふうな方向がいいのじゃないかなというふうに私は考えているところでございますので、その辺をお尋ねいたします。

 それから、土木の方は私はこの交付金事業、市営住宅の関係というふうなことで今話ございました。私は民間に対してのいろんなそういうふうな相談事とかなんとか、そういうふうな事業でもないかなというふうに思いましたもんで、お尋ねしたところでございまして、それは結構でございます。

 以上でございます。



○議長(黒川通信)

 産業部長。



◎産業部長(田中健志)

 前年度に比べまして約 5,000万円程度ということでございますが、その一つの大きな要因といたしましては、西九州木材関連の事業がトンネルということで今年度は計上されていないと、それが一つと、それから5番目の森林を守る交付金事業、これも後で肉づけという格好になろうかと思います。それともう一つ、林道整備事業、これも事務費的なものも計上いたしておりますので、こういったもので、昨年度並みとまではいかないにしてもある程度の額的な確保はできるものと思っております。



○議長(黒川通信)

 17番内山議員。



◆17番(内山泰宏)

 よくわかります。今から補正予算がついていくものというふうに思いますが、全般的にですよ、林業費の予算というのが非常に少ないんじゃないかというふうに思っているところでございますので、この辺も今後やはり検討していく、まあ一つの課題じゃないかなというふうに思って、申し添えておきます。

 以上です。結構です。



○議長(黒川通信)

 ほかに。18番占野議員。



◆18番(占野秀男)

 一つは 228ページ、都川内森林公園管理事業のところでお伺いをいたします。

 ここは一時期グラウンドゴルフ場にも活用するような広場として整備をしたいというふうに言われておりましたが、先日ちょっとある球技の練習をしましたが、やっぱり現状ではもうだめですね。はっきり申し上げまして、だめです。子どもが缶けりに使う広っぱならあれでいいでしょうけども、何か多目的にスポーツを親しむというような形のグラウンドとしては、もうああいう施設ではだめですから、思い切ってやっぱりせめて平面になるように工夫をしていただきたいと思いますね。そうしないと、せっかく多目的な広場として活用しようとしていることが全く生きてこないんじゃないかというふうに思いますので、せっかくあれだけ整備をしたならば、本当にいろんなところにいろんな種目に使えるような整備をあわせて計画すべきではないかというふうに思いますが、その点についてお伺いをいたします。

 それからもう一つは、 262ページの都市公園の関係でちょっとお伺いをしたいと思いますが、これまた自分のところの話で申しわけありませんが、実はうちの児童公園にあずまやみたいなやつがつくってあります。あずまやも近代的なあずまやで30センチか40センチぐらいの高さで、厚さが3センチぐらいの厚さで、それを縦にしてぐるっと巻いちゃるわけですね。こう輪っかでずうっと巻いてある。これが10段か11段かぐらいずうっと巻いてある。それだけなんですね。日よけにもならないし、雨よけにもならないし、見た目は非常にモダンで格好いいんですけれども、実用的に非常にこの使い勝手が悪いんですよ。

 これまた近くの話で申しわけないんですが、東円の公園がありますけれども、あそこではフジ棚みたいな形でつくってありますが、そこも板を縦に並べてすき間をつくって日よけか雨よけか何か知りませんが、そういう形で設置をされています。あそこをよく利用される方はちょっとにわか雨とか、夏場の太陽が強いときとか休むのに、なかなか日陰とか雨よけの役割を果たしてくれないんですね。何とか上に板を張って洋式あずまやみたいな形のあずまやにできないかということを相談しましたが、なかなかいいアイデアといいますか、知恵が出てこないようですが、見かけは見かけで大事ですけれども、実際に使う側からすると使い勝手のある便利な、そういう施設にしてもらいたいという要望が出ておりますが、もちろん、つくったときにはそれである程度の用は果たすということで設置をされたと思いますが、どうもいま一つ効果的ではないような気がしますが、どのようにお考えになっているでしょうか。例えば、屋根板を張るみたいな形で検討できないものかどうか、いかがでしょうか。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 産業部長。



◎産業部長(田中健志)

 都川内森林公園の件でございます。確かに、いろんなスポーツが行われる広場というふうにうたっておりますので、議員御指摘のとおり、思い切ってあそこを平面にすればいろんな使い勝手も上がるということは理解をいたしております。それで、一応毎年、あそこ根本的に平面ということではございませんが、整地をするために機械あたりも借りて行ってはおるわけでございますが、今後、そういった御指摘の思い切って平面にということも含めまして、産業部の中でもう一回いかにして安い費用でそういったことが実現可能かということを再度検討させていただきたいと思います。



○議長(黒川通信)

 建設部長。



◎建設部長(副島秀雄)

 公園内の休憩施設の中であずまやの設置をいたしております。今御紹介いただきましたように、あずまやと、それから場所によってはフジ棚等の緑地の中で日陰をとるような形でしておりますが、なかなかああいう形の中で整備をやってきておりますけれども、今おっしゃったような形の雨と風、それぐらいの状況の中では、真っすぐ降るような雨ですとそれで対応できるんですけれども、なかなかそういうものもございますので、いろいろと検討はしておるんですが、管理上からもいろいろ考えまして、何が一番いいものかまだ見出していないところが現状でございます。もう少し時間をかけさせていただきながら、また利用される皆さんの御意見等も聞きながら検討させていただきたいというふうに思っております。



○議長(黒川通信)

 ほかにありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次に進みます。

 第9款.消防費、第10款.教育費、第11款.災害復旧費、第12款.公債費、第13款.諸支出金、第14款.予備費について、267ページから 332ページまで。6番樋渡雅純議員。



◆6番(樋渡雅純)

 2点についてお尋ねします。

  314ページの図書館費の資料収集・提供・保存事業ということで、今の財政上の厳しさというのは大変厳しいということは私も理解しておりますけれども、今回 1,360万円ということで、もともとは 3,000万円でずうっと来ていたんですけれども、平成16年、去年ですね、2,600万円、ことし、平成17年度が2,250万円ということで、幾ら財政が厳しいとはいえ大幅な減になっております。まず、この理由について、一つ。

 それから、3番のブックスタート事業ですけれども、これも昨年の3分の1ぐらいになっていますけれども、大体 500人近い対象者がいらっしゃるんじゃないかと思いますけれども、この金額でカバーできるのか、その2点について伺います。



○議長(黒川通信)

 教育部長。



◎教育部長(田中直記)

 まず、資料収集・提供・保存事業でございますけれども、1,361万3千円につきましては、一応地方交付税の算入額で現在計上をいたしておりますけれども、骨格予算でございますので、6月にまた補正をお願いしたいというふうに思っております。

 それから、ブックスタート事業でございますけれども、これにつきましても6月の補正予算で再度、これでスタートしといてお願いをするように考えております。



○議長(黒川通信)

 ほかに。5番山田議員。



◆5番(山田悟)

 予算書の 320ページの19年度全国高校総体開催準備事業ということで国見台の改修工事が上がっておりますけど、この期間は大体いつからいつごろまでかかるものか、お願いします。



○議長(黒川通信)

 教育部長。



◎教育部長(田中直記)

 5月から大会の直前までということで考えております。



○議長(黒川通信)

 5番山田議員。



◆5番(山田悟)

 そしたら、今まで恒例になっております、例えば、市民体育大会とか、そういう事業あたりの開催はどういうふうになっているのか、その間は。



○議長(黒川通信)

 教育部長。



◎教育部長(田中直記)

 来年度は一応中止ということで考えております。



○議長(黒川通信)

 5番山田議員。



◆5番(山田悟)

 5月から大会直前までということで、そしたら外周とか、陸上のトラックとか、周りの歩道というですかね、ジョギングコースあたり、ああいう使用はその間はどうなっているのか、お伺いします。



○議長(黒川通信)

 教育部長。



◎教育部長(田中直記)

 周辺のジョギングコースにつきましては、これはもちろん使えるわけでございますが、

グラウンドの方の外周につきましても使えるような方法を考えたいというふうに思っております。



○議長(黒川通信)

 ほかに。18番占野議員。



◆18番(占野秀男)

 まず、288ページのフッ素洗口の事業についてお伺いをいたします。

 去年と去年おととしの予算審議のときの議事録をもう一遍読み返しまして、フッ素洗口について、あんときは教育長がお答えいただいた。そのときの見解ではそれなりの効果があっているということで、まあそうかということでお聞きをしておりましたが、私はフッ素洗口をする薬品が非常に劇薬であること。それから、フッ素洗口をしてもしなくても効果としてはそんなに具体的にあらわれるものではない。それよりも歯磨きをきちっと励行させた方がいいんではないかという趣旨の質問をしたというふうに思いますが、また、ことしも同じようにフッ素洗口の事業費として予算が出てきておりますが、以前の答弁で十分成果がありましたというふうに教育長がお答えをいただいておりますが、その根拠をひとつできれば示していただきたい。具体的な数字でわかりやすく、例えば、1年生のときには虫歯の子どもが30人おったけれども、その後フッ素洗口をずうっと続けることによって10人になったとか、どういうふうな集計の仕方をなさっておりますかわかりませんが、その辺、効果があったという根拠の数字についてお示し願えればありがたいと思います。

 それから、次は 302ページのカブトガニの問題ですが、これも事業予算として補正でというふうに言われるかもわかりませんが、これも何回か、もっと天然記念物として、また、自然環境を守るという観点からも市自体が力を入れてやるべきではないかという質問をしたような気がいたしますが、今回も上がっているのは委託料として4万4千円だけしか上がってきていませんが、この点についてはどのようにお考えになっておりますのか、改めてお伺いをいたします。

 次に、310ページの公民館運営費についてお伺いをいたします。

 昨年、一般の方の公募もひっくるめて地域の公民館の館長さんの選任が行われました。そのときにお伺いをしますと、面接とか作文とか──作文といいますかね、論文というふうに

言うかもしれませんが、そういうものを審査して、それぞれの地域の公民館長さんにお仕事についていただかれたそうですが、そのとき私はもう1年で公民館長をやめざるを得ないというような部分が出てくることについては、ちょっと問題ではないかという趣旨の質問をいたしましたが、その後、今回もあるところの公民館長さんが継続をされて、もう1年勤められたらどうですかという意見にもかかわらず、ちょっとどうも心外だということで手続をなさらなかったという話を聞いております。聞きますと1年しかたっていないのに、また新人を募集するかのような面接と論文を再び出してくださいということだそうでございますが、公民館長さんを嘱託として委託するに当たっては、もう少しその人の人格なり経験なりというのは尊重をしていただいて、1年でまた一般の1年生と同じような面接と論文で審査をした上でということも、してはならないとは言いませんが、少なくとも1年間公民館長として仕事をされてきた方ですからそれなりの評価をしていただいて、せめて3年に1回にするとか、4年に1回にするとか、そういう程度でも十分公民館長の仕事に支障が出るとは思われませんが、毎回毎回そういった面接と論文を出さなければ公民館長としては採用しないというやり方について私はいささか疑問に思うんですが、何でそういうふうになっておるのか、また、そういうことで辞退者が出たということについてはどのように受けとめておられるのか、これは教育部長よりも教育長にちょっとお伺いしたいと思います。

 以上、2点です。



○議長(黒川通信)

 教育部長。



◎教育部長(田中直記)

 お尋ねのまず、第1点のフッ素洗口についてでございますけれども、昨年の10月に調査を行いました。小学校6年生から中学校1年生まででございますけれども、伊万里市全体のことではありますが、児童・生徒1人当たりの平均虫歯の本数でございますが、平成14年からフッ素洗口が始まっておりまして、14年度には 2.1本ございました。15年度が1.61本、それから16年度が1.55本、17年度が1.24本ということで減少を示しているところでございます。

 それから、2点目のカブトガニの事業でございますけれども、これも骨格でございますので、6月に補助金のお願いをしたいというふうに思っております。



○議長(黒川通信)

 教育長。



◎教育長(岩永憲一良)

 公民館長の選考の件でございますが、昨年度公募をいたしまして、一応1年ということで公募をしておりましたんで、その要綱に従って再度公募いたしました。やはり初めてのことでございましたので、いろいろと課題は出てまいりました。地区で選考をしてもらったわけですけれども、非常に地区で選んでもらうことについて地区でのしがらみといいましょうか、よく知った方であるし、地区でまた作文を読み、また面接をして決めるというのは非常にやりにくいというふうなことがありましたので、今回は各地区の代表は1人ずつ出ていただきまして面接にはタッチしていただきましたけれども、作文においてはこちらの方でさせていただくというふうなことでいたしました。1年についてもですね、最初どうだろうかということもありましたけれども、初めての試みだからまず1年でやってみるということで、その反省に立ちまして今回は2年はしてもらうということで、そして、手を挙げることは可能だということで、現職の館長さんにも努めて手を挙げていただくようにということでお願いをしておったわけですが、中には今おっしゃったようなことで手を挙げられなかった方があるかと思います。

 面接のときも若干の配慮といたしましては、現職の館長さんあたりには一人一人の面接じゃなくてということでグループで、そして内容もいわゆる初めての方と違った内容で質問をいたしました。いわゆる実績を、実際やられたことをとらえるというふうなことでございます。だから、今後はまた今のやり方でいいかどうか、館長さんの実績評価というのをもとにして今後、いわゆる面接にかえることができないかどうか、これは検討が必要だと思いますけれども、反省を踏まえながらやっていきたいと考えております。



○議長(黒川通信)

 18番占野議員。



◆18番(占野秀男)

 フッ素洗口のことはわかりました。また別な機会にお伺いをしたいと思います。

 カブトガニですが、補助金を何か事業予算では予定しているということですが、これはカブトガニを守る会に5万7千円また出されるということでしょうか。しかし、それでいいんですかというのを実は今までずうっと私は言い続けてきたつもりです。岡山県の笠岡みたいな形をいきなりつくれと言っても、これは簡単にいきませんけれども、少なくとも鶴亀体操とか言って、ツルとカメは伊万里の目玉の一つですよね。市長もそういう意識を持ってされているんだと思いますけど、それならそれに見合うやつはやっぱり少し具体的にできる範囲からまずスタートをさせていくと。みんな伊万里高校の生物部と守る会にお任せしっきりでは市として主体性が全く感じられないじゃないですか。ぜひこれは事業予算を補正するときにプラスをして何らかの市としてのカブトガニ保存、またカブトガニのPR、また観光に利用する、いろんなことを検討していただいて市独自のカブトガニに対する予算化をぜひこれはお願いしておきます。

 それから、3番目の公民館長の件ですがね、1年ですから、特に私が言っている方は初めてそういう仕事につかれたわけですから、決して皆さんから見て満足いくような館長でなかったかもしれません。しかし、本人さんはやっぱり初めてのそういう仕事ですから非常に熱心で、頭を痛めながらも苦労をされておりました。

 それから、これはここで言うべきかどうかわかりませんが、公民館長さんは地域の行事にやっぱり案内をいただくわけですよね。そういうときの寸志といいますかね、志は公民館の方の会計で見られる部分と自費で見られる部分と両方あるんですよ。その自費の分も結構いろんなところに案内を受けていくのに本人負担になっているんですよ。そういういろんなことを考えて1年間経過をした中で、大きな問題がなければ引き続きぜひお願いしたいということで普通はなるのかなと。もしどうしても問題があるとすれば、どこにでも副館長さんという方がおられるわけですから、その方と協議をしながらどこに問題があるのかないのか、そういうのは把握をしようと思えばできるわけですね、教育委員会として。そういうのが十分になされないままね、何か一律に1年たったらまた1年前と同じようなことで、せっかく今まで一生懸命になって地域のお世話をできるならばということでやられた人の気持ちからするとどうもやっぱり納得いかないというのが、その方の気持ちのようでした。これはうちだけの話だけではないと思いますし、よそでも今後起こらないとも限らない問題ですから言っているわけですけれども、そういう選考のやり方はやっぱり改めるべきは改めて、館長さんの苦労は苦労として受けとめながら、不十分な点があれば、こういうところには少し力を入れていただきたいというようなことで連絡をとりながらよりうまく運営ができるように、スムーズな地域の、コミュニティーの中心ですからね、公民館というところは。そういうように考えていただいてやられるべきではなかったのかなというふうに思って仕方がなりません。そういう意味では本当に残念です。せめてつかれたからには2年か3年はね、ちょっと頑張ってくださいというような気持ちで御指導といいますか、話をしていただきたかったということで残念に思っております。いかがですか。



○議長(黒川通信)

 教育長。



◎教育長(岩永憲一良)

 先ほど申し上げましたように、選考公募をしたときの条件で1年ということで募集をいたしましたので、やはりそれは1年で守らなきゃならないと思います。しかし、その結果、やはりいろんな課題が出てきたときには十分考えていかにゃいかんということで、先ほどこの1年はやはり問題だということで今度採用される方は2年に延ばしたということでございます。

 今後の課題といたしましては、やはり面接が同じにしなきゃいかんかどうかということが残りますので、今考えておりますのは実績をきちんと評価をするという方向を十分検討していかにゃいかんのじゃないかなというふうに考えております。



○議長(黒川通信)

 市長。



◎市長(塚部芳和)

 カブトガニの生態のいわゆる常時伊万里市で見られるようなところについては、さきの12月の満江議員の一般質問の中でも回答をさせていただいたわけでございますけど、先ほど占野議員言われるように、伊万里の伊万里にしかない、いわゆる地域の固有の特産といいますか、地域固有のそういう生物でございますので、私も常時見られるようなそういうふうな展示施設、先ほど言われますように、笠岡のそういうふうなところまでには至らなくてもいろんな方法があると私自身も今考えておるところでございまして、3月19日には牧島の方でカブトガニと蛍を育成しようという会も発足をなされて、今後そういうふうに仮に常時見られる施設あたりができた場合に向けてのいろんな地域の動きも最近にわかに見られるようになったところでございまして、今回は骨格でございますので、仮に次の市長におかれましては、この施設については伊万里でしかできない施設だろうと、このように思うわけでございますので、そんなに金はかけなくてもできる方法が、私自身もいろんなアイデアを今考えておるところでございますので、教育委員会については、私の市長部局からの予算をやはり手当てしなければできないわけでございますので、市長部局としてもこれは検討すべきことだろうと私自身は思っておるところでございます。

 そしてまた、先ほどの公民館長の公募の問題でございますけど、これについては私の政策の一つでもあったわけでございますけど、初めて公募をされる方というようなことでは面接、論文はそれなりにしなければならないと思うわけでございますけど、1年実績として経過された方を同じ並びで面接、公募をしたというふうなことで私も後で報告を受けまして、そこまでする必要はなかったんじゃないかということで教育委員会の方には私の方からも指導をいたしまして、そのときは既に事後の祭りだったわけでございまして、それは教育委員会といたしましても、規定にのっとりまじめにやったというふうなことであったわけでございますけど、やはり実績として1年されている方については、今後、例えば、来年なら来年やるかどうかの手を挙げていただくだけで私はいいんじゃないかと、このように判断をしていたわけでございますけど、先ほど来言われるように、ちょっとまじめにやり過ぎましたというふうなことで、本当にちょっとせっかくやる気があって公民館長になられていた方を1年で、あるいはまたこのような事例はほかの公民館でもあっております。これは先ほど教育長が言われますように、反省は反省として改めて、そして、やはり今後に生かしながらですね、せっかくのいい人材を公募しているわけでございますので、そういう失礼がなく、そしてまた、やる気を持って公民館長として当たっていただくようなことで市側としても配慮をしていきたいと、このように思っております。



○議長(黒川通信)

 ほかにございませんか。19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 所管事項でありますが、委員会には市長が見えませんので、ちょっと申し上げておきたいと思います。

 ページ 320ページの体育施設管理事業に関連いたしまして、先日、伊万里湾大橋球技場がオープンいたしまして、本当にすばらしい施設ができたと大変喜んでいるところです。私たちは事前に図面などもお示しいただいて、そのときにもっと早く気づくべきだったと今自分への反省も込めて思っているんですけれども、あそこのトイレのことがちょっと気になりました。一般的に言う仮設のトイレの状況が男性、女性それぞれあって、それから多機能トイレですね、ベビーチェアとかベビーシートを備えた車いすの方でも御利用いただけるトイレはあるわけですが、まず、ちょっと仮設のような状況というのは、最初私これは仮設かなと思ったんだけど、いやそういうことはないだろうということで、土地の関係かなとは思うんですけれども、現状についてちょっと御説明をいただきたいと思います。



○議長(黒川通信)

 教育部長。



◎教育部長(田中直記)

 トイレについてでございますけれども、まず、仮設の状態ということでございますが、御承知のとおり、先ほど議員もおっしゃいましたように、地盤が非常に軟弱でございまして、このために事務所の方もプレハブでつくっているところでございます。

 それから、トイレの数でございますけれども、一応これにつきましては基準がございまして、総面積2万 7,000平方メートルございますので、この基準からいきますと女子の大便器が3個、男子の大便器が1個、男子の小便器が3個というのが一応基準になっているところでございます。もちろん、大会当日は女性がたくさん集まっていらっしゃいますので、そのときは多分トイレが不足することになるだろうと思いますので、現在の男子のトイレにつきましても女子専用ということで対応させていただきたいと。男子につきましては、仮設トイレを設置したいと、このように思っているところでございます。



○議長(黒川通信)

 19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 市民の方からお尋ねがあれば地盤の状況からして仕方ないんだということは御説明できるかなと思うんですが、やはり数の問題は今部長がおっしゃった、面積に対する基準というのは、こういうスポーツ施設の集まる人数とか、そういうことは関係なく広さだけで決まるものなんでしょうか。例えば、ソフトボールでは2面、それからグラウンドゴルフでは最大限6面とれるというお話を伺えば、ちょっと現在の状況ではトイレが足らないんじゃないかという話が早晩出てきて、また議会の場でも取り上げられるんじゃないかというふうに危惧いたしますので、数はやはりもう少し考えるべきではないかと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(黒川通信)

 教育部長。



◎教育部長(田中直記)

 先ほどの基準でありますけれども、一応、分類の中では総合公園の普通型ということで分類がなされております。それでいきますと1ヘクタール当たり 0.4棟ということになっておりまして、2万 7,000平方メートル、 2.7ヘクタールでありますと先ほど申し上げたような数になるということでございまして、今回のようなたくさんの方が集まる場合につきましては、仮設トイレ等を設置して、そして対応していく。通常の場合は現在あるトイレの数で間に合うんじゃないかと、このように思っているところでございますが、そのようなときには仮設トイレで対応していきたいと、このように思っております。



○議長(黒川通信)

 19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

 しばらく状況を見ていただきたいとは思うんですが、仮設トイレを何か一回一回というかな、大きな行事があるときに置いたり、それからそれをまた撤去したりという、その部分の費用と、それからやはりむしろそういう状況がいつでもたくさんの方が利用していただいている姿があるのが望ましいわけですから、それとどっちがいいのかという部分はしっかり見きわめていただきたいというふうに思います。あとは委員会で。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 ほかに。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次に進みます。

 第2条 債務負担行為について、13ページと 343ページから 346ページまで。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次に進みます。

 第3条 地方債について、14ページと 347ページ。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次に進みます。

 第4条 一時借入金について、8ページです。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 次に進みます。

 第5条 歳出予算の流用について、

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第39号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第40号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計予算について、16ページと352ページから 382ページまで。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第40号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第41号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計予算について、20ページと 384ページから 425ページまで。6番樋渡雅純議員。



◆6番(樋渡雅純)

 それでは、ページは 405ページの地域支援事業費と 411ページの包括的支援事業等費について、3点ほど伺いたいと思います。

 介護保険が改正されてようやく4月から新しい制度が始まってサービスが開始されるわけですけれども、なかなか準備期間の短さとか、やっぱり予算とか、今度新しく始まります地域支援センター、そのスタッフの確保など非常に課題も多かったろうかと思っております。それで、この前いただきました資料の概要の中に改正のポイントというのが幾つか、三、四点ありますけれども、施設給付の見直し、それから新たなサービス体系の確立、サービスの質の確保の向上、負担のあり方等があります。その中の一番最初に掲げてありますけれども、予防重視型システムへの転換ということで、一つは要支援、要介護1の軽度の介護者を対象に行う新予防給付ということと、要支援、要介護状態となるのを防ぎ、自立した生活を後押しするという意味で地域支援事業が新しく始まります。また、新しいサービスをする上ではいろんな筋力向上とか、栄養改善とか、口腔機能の向上あたりを導入してということも書いてありますし、介護予防の重視ということで全国的に取り組まれている状況であります。これまで以上に市町村間でサービスの結果に格差が出るんじゃないかというふうにも言われていますし、まして市町村の力量とか、創意とか工夫、これが今試されているんじゃないかというふうに指摘もあっております。

 そこで、資料にもありましたけれども、これまで予防給付サービスということがありまして、それをそのまま改正後は新予防給付ということで、予防という名前がついて行われるようになっております。また、地域支援事業においても、これまで民生費の中で行われていました高齢者の福祉あたりの事業が横滑りでこの制度の中に入ってきております。そういった予防給付サービスとか、地域支援事業のサービスの中身がどうなっているのかというのがまだわかりませんので、この中身に関してどういうふうに変わったのか、また変わらないでなされようとするのか、その点を1点聞きたいと思います。

 2点目は、地域支援事業の予算について伺いますけれども、全高齢者を対象にした事業というのが、今回8ほどありまして、また介護福祉として6事業ほど上がっております。この中には先ほど言いましたように、一般会計の民生費のうち、高齢者福祉、あるいは保健衛生総務費の方から移ってきた事業ですけれども、今回保険料も改定されて負担が大きくなったわけですけれども、それは介護者の増加による給付増に対してしっかり対応していくというのは当然のことですけれども、もう一つ、要支援介護の人たちの急増を減らすという意味からも予防重視の施策の充実ということが上げられるんじゃないかと思っております。

 財源も今までは一般会計からの財源でしたけれども、今回は介護保険制度、この方から支出することになっております。今新しく地域支援事業の予算を見てみますと、昨年の当初と比べてほとんど減少しているという状況にあります。予防重視の方向を示したこの制度の趣旨を考えるとちょっと疑問に感じているところですので、この点について説明をお願いしたいと思います。

 3番目、最後ですけれども、この中に地域包括支援センターを設置するようになっていますけれども、具体的な中身としては介護予防の事業、それから高齢者家族への相談窓口の支援、それから高齢者の権利擁護事業、またケアマネジャーへの支援というのが書いてあります。この支援センターの設置の目安として、1支援センター、専門スタッフ3人ということが言われていますけれども、人口を二、三万人に1カ所、伊万里は6万人弱ですね。2番目に1号保険者は3,000人から6,000人が対象ということですけれども、伊万里は今1万 4,000人弱、3番目に介護予防の対象者として特定高齢者という形で言われていますけれども、この人たちが 150人から 300人、伊万里は 700人弱いらっしゃいます。きのうの答弁にも部長の方から大体専門スタッフ入れて6人ほどという人数も言われたかと思いますけれども、この設置の目安から言えば大体二つの支援センター、それの人員というか、配置をしてもいいぐらいの伊万里の規模でもあります。そこで、きのう言われました大体6人ぐらいのスタッフ──スタッフというか、職員配置で伊万里の地域支援がしっかり対応できるのかどうか。

 以上3点について伺います。



○議長(黒川通信)

 市民部長。



◎市民部長(永峰保馬)

 介護保険について、大まかに3点ほどお尋ねがございまして、ちょっと中身が複雑でございましたけど、予防給付事業のあり方ですかね、それが1点、それと地域支援事業の予算あたりが今回一般会計、特別会計ふくそうしている中で予算が少なくなっているのではないかなということ、それから地域型介護支援センターが今度創設されますけど、スタッフあたり大丈夫なのかというふうなことではなかったかと思っております。

 まず、以前資料としても差し上げておりましたけど、今回の介護保険制度の主な改正ポイントとして今議員の方から御紹介がありました、新予防給付の創設、介護予防事業、いわゆる地域支援事業の創設、それから地域密着型サービスの創設、あわせて地域包括支援センターが改めて設けられたわけでございまして、予算的に申し上げますと、今御紹介がありました新年度予算書の 405ページから地域支援事業費、これは全体として1億 100万円ほど予算を計上いたしているところでございます。ごらんになりますと前年度ゼロでございます。今回新たに創設されたわけでございますが、 408ページあたりになりますと、従来保健衛生費で組んでおりました事業が特別会計の方に移行している分もございます。

 そういう中でお話し申し上げたいと思っておりますが、新予防給付については介護予防マネジメントの現在のサービスを見直して、先ほどございましたように、軽度の方の特性に合った自立を高めるサービスへ移行していくと、そういうことが大事ではないかなと言われているところでございまして、ことしが初めての大きな見直し改定の中でございまして、また十分予算編成等、タイムスケジュールの中で見えない部分がありました。そういう中で十分な検証ができていないということも一つはございますけれども、いずれにいたしましても、そのような視点でできるだけの努力はしてきたところでございます。

 そういう中で、地域支援事業の方でも事業費が少なくなっているのじゃないかなという御指摘ではございました。これもいずれにいたしましても、保険料等で賄うわけでございまして、当然国の交付金で賄うわけでございます。そういう中で第3期介護保険事業計画の介護給付総額の何%はそういう仕事をしてくださいという、いわゆる財源的な視点から、交付金の運用上から上限をちょっとしているというふうなことでございまして、18年度はその総給付費用の2%以内と、19年度は 2.3%以内で、20年度3年目が 3.0%以内のそういう地域支援事業をそれぞれ任意事業も含めてやってくださいというような話になっております。そういうことで、私どももちょっと試算をいたしましたら、今年度、18年度保険給付費の総額が 399ページをごらんになるとわかりますけれども、43億 3,700万円の総給付を見込んでいるところでございます。それに、先ほど申し上げました国の基準からいきますと2%以内ということになりますが、実質的には地域支援事業全体で 8,300万円ほど予算を計上いたしておりまして、2%にちょっと届きませんが、1.91%ということで予算をしておるところでございます。そういう中で対前年度の比較でございますが、先ほど申し上げました1億 1,000万円、これは特別会計でございますが、一般会計の方でも65歳以下の分については残しておりますので、それが 370万円ほどございまして、1億 500万円が一般会計、特別会計合わせてのいわゆる地域支援事業と申しますか、事業になっておりまして、17年度はこれが 6,400万円ほどでございますので、計数的には 4,000万円ほどふえておりますが、介護予防支援サービスを除きましても 2,000万円ほど、対17年度、両会計を合わせましてふえているのではないかなと、そういう認識は持っているところでございます。途中申し上げましたけれども、初年度でありましたこと等も含めまして、その2%という枠もございます。そういう中でこの1年検証をしながら19年度 2.3、20年度 3.0%まで新しい事業も盛り込んでいかなければなりませんので、そういう点について今後努力をしていきたいと考えているところでございます。

 それから、3点目の地域包括支援センターでございますが、先ほど質問の中でもございまして、一応事務職も含めまして6人程度を考えております。いわゆる技術職といいますか、専門職、いわゆる3職種と言っておりますが、保健師、社会福祉士、それから主任介護支援専門員──ケアマネの3職種につきましては、今回5人の予定をいたしております。したがって、先ほど伊万里市におきますと基準からすれば2カ所のセンターが設けられるんじゃないかというお話でございましたが、実質的にはそういうことになりますけど、基本的に国の基準としては3職種1名ずつセンターにいなければならないということでございますので、そういう点では効率化という現実的なこともございまして、複数の配置をして、それに見合うだけの対応はしていきたいということで、これでやっていけるのではないかなということで考えておるところでございまして、今後も状況を見ながら、また、先ほど議案質疑でもございましたけれども、民間からの派遣、そういうことも含めまして充実したスタッフでやっていきたいと考えておるところでございます。



○議長(黒川通信)

 ほかに。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第41号に対する質疑を終結いたします。

 ここでしばらく休憩いたします。

               (午後2時   休憩)

               (午後2時11分 再開)



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 引き続き議案に対する質疑を行います。

 次、議案第42号 平成18年度伊万里市立花台地開発事業特別会計予算について、24ページと 426ページから 440ページまで。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第42号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第43号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計予算について、28ページと442ページから 469ページまで。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第43号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第44号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計予算について、32ページと 470ページから 487ページまで。22番原口議員。



◆22番(原口弘)

 総務管理費の中の13節の委託料について質問いたします。

 今回 1,260万3千円というふうに組み込まれています。御存じのとおり、井手野地区と宿地区が該当するわけですが、平成12年の4月から井手野が開始をされて、宿地区が14年の4月と2年おくれで開始をされています。委託料については、市内の2業者が管理をされておると思いますけれども、管理の方法についてちょっとお伺いします。

 今回も議員の方から宝の水について質問がありますが、私も12月議会で質問をちょっとしたところですが、そのことについてなんですが、今、有用微生物を使って非常に良質の処理水をつくっていらっしゃいます。ここに来てですね、もともと下水道法では塩素で処理をしなさいというふうになっておりますが、塩素を使えば大腸菌はほとんど死滅しますけれども、においが非常に残るという難点があります。今現在、農家の方たちがその処理水を非常に有効に利用されて、においがしない処理水を使っていらっしゃるわけですが、今後ともそのような処理の方法をされるのか、または塩素を使った処理方法をされるのか、その辺をちょっとお伺いします。



○議長(黒川通信)

 建設部長。



◎建設部長(副島秀雄)

 今、御案内のとおり、農業集落排水事業につきましては、市内で2カ所供用開始をいたしております。その中で今有用性微生物のお話がございましたけれども、当初の目的であります農業集落排水事業の処理につきましては、有用性微生物は別にいたしまして水の浄化をする機能が本来の目的でございます。そういう形の中で合併浄化処理法に基づいた処理を行っておりますので、当然、今後につきましても塩素滅菌を行う処理を行わなければいけないというふうに思っております。



○議長(黒川通信)

 22番原口議員。



◆22番(原口弘)

 塩素の処理はもちろん法的にもそういうふうになっておりますけれども、塩素を使用するということは大腸菌を死滅させることが、まず第一の観念だろうと思います。

 今現在、集落排水事業につきましては、本年度から下水道課に一元化をされていますけれども、その前は産業部の方でされておりました。そこの中では平成14年の8月ぐらいから宿地区において、有用微生物によって処理をする方法がとられてきて、現在もちょっと12月ぐらいまではその方法で推移がされたと思います。14年度に職員提案として産業部の係全員で削減に向けた方向性ということで提案がされています。その後、平成17年の4月に職員からの職員提案ということで、その微生物を使った処理方法について提案がされていると思います。それは職員提案ですので、市長の方も十分理解をされていたんじゃないかなというふうに思いますが、そういった有効に処理水を使う、いわゆる農業振興に役立つそういったものをどうして市が推薦をしていかないのかなということがありますので、もう一度どちらの方向でされるのか、お願いします。



○議長(黒川通信)

 建設部長。



◎建設部長(副島秀雄)

 先ほどお話をいたしましたとおり、浄化槽の本来の目的は浄化でございますので、そういう形でいきたいと思っています。

 ただ、議員が今御紹介ありましたのは、有用性微生物を投入することによって、いろんな形の中で効用的なものがあるという形で、宿地区につきましては14年の8月からその投入をされて運転をされているところでございます。ただ、ことしの4月から建設部に移ったわけでございますけれども、その運転のいろんな形の中で問題というのか、不都合がございまして、その分につきましては、浄化槽法に基づく法律に違反をするというふうな御指導もございましたので、今そういうふうな我々も考え方をいたしているところでございますので、必ず有用性微生物につきましてどうこうということで、効果は我々もわかっております。ただ、農業者の方たちの御利用については非常にいい効果だと思っていますけれども、ただ、運転する側については、まだいろいろ研究する必要があろうかというふうに思っておりますので、必ず今段階でその部分を下水道法で云々ということじゃまだ決定はいたしておりません。

 ただ、ほかの市町村等の事例を聞きますと、そういう処理場での有用性微生物の運用につきましては、非常に厳しいところがございますので、その他の施設で処理場の汚泥等を使って有用性微生物を活用した有効な水を農家の人たちに提供をすると。それが今議員のお話の中で宝の水というお話だと思いますけれども、そういうふうな利用はされております。ただ、処理場の施設の中ではまだ幾らか問題があるというふうに思っておりますので、もう少し研究をさせていただきたいというふうに思っております。



○議長(黒川通信)

 ほかにございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第44号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第45号 平成18年度伊万里市市営駐車場特別会計予算について、36ページと 488ページから 495ページまで。19番盛議員。



◆19番(盛泰子)

  494ページです。今回、中央駐車場トイレの段差解消等工事ということを予定されて68万9千円の予算が上がっておりますが、今回の工事の内容についてお聞きしておきたいと思います。

 重ねてこれは市長にお伺いしたいんですが、全庁的な問題ですのでね。今ユニバーサルデザインということが言われておりますが、伊万里でもいわゆる障害のある方、あるいはお年寄り、子ども、妊婦の方、それから赤ちゃん連れの方でも利用しやすい施設というのが少しずつではあるけれども、できてきているかなというふうに、よい方向になっている。例えば、駅ビルの男性トイレにはチャイルドシートも備えつけられておりますし、そういう方向が見えてきているとは思うんですけれども、やはりこれから施設をつくるとか、あるいは大規模な改修をするというときにこの考え方というのは必要だと思うわけですね。

 佐賀市がつくったユニバーサルデザインの指針が今全国的にも佐賀市モデルとして、非常に尊重されている中で県もそういう方針をおくれて出してきておりますし、実は最近聞いた話では佐賀市モデルは今またバージョンアップを図りつつあるというふうなお話でした。ぜひ伊万里市でもこういうようなことに取り組んでいただきたいと思うわけですが、お考えをお聞きしておきたいと思います。

 以上です。



○議長(黒川通信)

 産業部長。



◎産業部長(田中健志)

 今回のトイレの段差解消でございますが、本町バイパスにあります中央公衆トイレでございます。このトイレは身障者用トイレも備わったトイレで駐車場利用者も含めまして多くの方々に利用をされております。このトイレと駐車場を結ぶ通路がございますが、この通路が現在階段になっておりまして、車いす等を使用されている方はこの通路じゃなくて駐車場の玄関といいますか、車どめの方の合い中を通って歩道を利用してトイレの利用をされているということで不便をおかけいたしております。近々、中央駐車場前には身障者用トイレという案内看板も設置される予定でございますので、ここの階段をスロープにすることによりまして利用に供したいというふうに考えているところでございます。この設計につきましては、実際車いすを利用されている方々と、それから福祉課の方も立ち会っていただきまして設計をいたしているところでございます。

 それともう一つ、一般の方も含めましてでございますが、このトイレを利用されるときに車で来られて道路に車を駐車されたまま利用されるということで、車の交通に障害を来しているという話も聞いております。こういったことも含めまして、トイレを利用するために一時的に車をとめるのであれば中央駐車場の方を利用していただいて、そのかわり10分程度は無料にできるようにできないかというような検討も現在行っているところでございます。

 最後に、ちょっと盛議員のお話にもありましたように、この階段については、私ども建設するに当たりましてユニバーサルデザインといいますか、そういった配慮に欠けておったということは認識をいたしておりますけれども、今後中央駐車場も含めまして、トイレも利用しやすく工事を行うということで御理解をいただきたいというふうに思います。



○議長(黒川通信)

 市長。



◎市長(塚部芳和)

 高齢者の皆さんとか、あるいはまた障害のある人などを含めただれでもが利用しやすいような、そういうふうな施設に配慮を行うという考え方、いわゆるユニバーサルデザインについて、佐賀市の方の指針については、たまたま1週間ほど前に市長と福祉団体のそれぞれの皆さんとの意見交換会をした折に、ある方の方より佐賀市のその指針を直接見せていただきまして、こういうふうなものを伊万里市としてもつくる気持ちはないかというような御質問を受けたところでございまして、これについては私も早速検討をさせていただきたいということで、その方にお伝えをしたところでございます。そのときは福田議員もいらっしゃったとは思いますけれども、そういうふうなことで、今までの施設がすべて高齢者の皆さんとか、障害のある方に道路だとか、あるいは先ほどのトイレの段差等々を含めまして、そういうふうなものの配慮に欠けているといいますか、すべてがそういうふうな対策がなされていないというのも事実でございまして、今からつくる施設については、当然そういうふうな基準を持ってつくるのが当たり前のことである。そしてまた、最近では駅周辺開発の駅ビル等々の設計等につきましては、最初からそういう身障者の皆さんあたりの御意見あたりを入れながら設計をしたわけでございますけど、いかんせんそれ以前のものは確かにまだ町中あたりの歩道の段差あたりかなりたくさんのものがございます。私も障害者の皆さんと一緒にまちの中を歩いてみますけれども、本当にそういう人たちの立場に立てば大変だなというふうなことで、今そういうふうなところのピックアップをしておりまして、最近では前田病院の横から木寺呉服店さんのところの歩道の段差の平たん化をしているというふうな状況もあるわけでございまして、順次、こういうふうな施設等のバリアフリー化についてはしていかなきゃならないと、このように思っておりまして、私はだから建設とか都市計画の技術屋さんも一緒にそういうふうな福祉の皆さんとまちを歩こうというような会には出席をするようにということで指示をしておりまして、やはり設計あたりをする人もそういうふうなもののユニバーサルデザインの意識、考え方、こういうふうなものを浸透させて配慮を心がけさせるように指示をしているところでございます。

 いずれにいたしましても、伊万里市といたしましても、佐賀市のユニバーサルデザインの指針を参考に伊万里市としてもそれをつくって、そしてまた、そういうふうなものに基づいて公共施設等のバリアフリー化に努めてまいりたいと思っております。



△日程第2 議案の常任委員会付託



○議長(黒川通信)

 ほかに。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第45号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第46号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計予算について、40ページと 496ページから 506ページまで。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第46号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第47号 平成18年度伊万里市水道事業特別会計予算について、別冊です。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第47号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第48号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計予算について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第48号に対する質疑を終結いたします。

 次、議案第49号 平成18年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計予算について。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。よって、議案第49号に対する質疑を終結いたします。

 以上で全議案に対する質疑を終結いたします。

 それでは、議案の委員会付託を行います。

 本定例会に提案されました議案のうち、人事案件であります議案第28号から第32号までの5件は慣例により委員会付託を省略し、他の議案については、お手元に配付しております付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、別紙付託表のとおり、各常任委員会に付託することに決定いたしました。

 以上で本日の日程をすべて終了いたしましたので、これをもちまして散会いたします。

               (午後2時28分 散会)