議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 伊万里市

平成18年 3月 定例会(第1回) 03月02日−01号




平成18年 3月 定例会(第1回) − 03月02日−01号







平成18年 3月 定例会(第1回)


          平成18年伊万里市議会会議録(第1回定例会)

1 日 時  平成18年3月2日 午前10時00分開会
2 出席した議員
    1番  黒 川 通 信         15番  前 田 儀三郎
    2番  島 田 布 弘         16番  笠 原 義 久
    3番  山 ? 秀 明         17番  内 山 泰 宏
    4番  草 野   譲         18番  占 野 秀 男
    5番  山 田   悟         19番  盛   泰 子
    6番  樋 渡 雅 純         20番  岩 橋 紀 行
    7番  渡 邊 英 洋         21番  樋 渡 伊 助
    8番  前 田 久 年         22番  原 口   弘
    9番  貞 方 喜 延         23番  田 中 啓 三
    10番  川 内   学         24番  岩 本 盛 房
    11番  堀   良 夫         25番  満 江 洋 介
    12番  高 木 久 彦         26番  福 田 喜 一
    13番  前 田 教 一         27番  下 平 美 代
    14番  岡 口 重 文         28番  浜 野 義 則

3 欠席した議員
    な  し

4 出席した事務局職員
    局長 城     武

5 地方自治法第121条による出席者の職氏名
    市長                  塚 部 芳 和
    助役                  前 田 和 人
    収入役                 吉 富 常 彦
    総務部長                永 田   昇
    政策経営部長              友 廣 英 久
    市民部長(福祉事務所長)        永 峰 保 馬
    産業部長                田 中 健 志
    建設部長                副 島 秀 雄
    総務部副部長(総務課長)        江 頭 興 宣
    総務部副部長(税務課長)        片 岡 弘 道
    政策経営部副部長(財政課長)      山 平 邦 博
    企画政策課長              山 本 洋一郎
    市民部副部長(市民課長)        尾 形 洋一郎
    産業部副部長(農山漁村整備課長)    山 口 俊 昭
    産業部副部長(企業誘致推進課長)    中 島 善 博
    建設部副部長(地籍調査課長)      馬 場   繁
    理事(市民病院経営企画室長)      南   和 夫
    市民病院事務長             岩 崎   雅
    水道事業管理者職務代理者     
                        川 原 清 春
    水道部長             
    消防長                 松 永 彰 則
    教育長                 岩 永 憲一良
    教育部長                田 中 直 記

1 議事日程
    第1 開会
    第2 会議録署名議員の指名
    第3 会期の決定
    第4 市長提出議案の一括上程
    第5 市長提出議案の提案理由説明

1 本日の会議に付した事件
    日程第1 開会
    日程第2 会議録署名議員の指名
    日程第3 会期の決定
┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐
│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│
├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │ │ │   │開   会                   │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │会議録署名議員の指名              │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │2│木│本会議│会期の決定                   │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │市長提出議案43件………一括上程         │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │市長提出議案の提案理由説明           │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │3│金│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │4│土│休 会│全   休                   │午前10時│
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │5│日│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │6│月│本会議│議案に対する質疑                │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │ │ │   │議案に対する質疑                │    │
│ │7│火│本会議│                        │    │
│ │ │ │   │議案の常任委員会付託              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │8│水│休 会│特別委員会(交通網・港湾・企業誘致対策)    │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│3│9│木│休 会│特別委員会(地域医療整備対策)         │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │10│金│本会議│一般市政に対する質問      (中学校卒業式)│午後1時│
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │11│土│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │12│日│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │13│月│本会議│一般市政に対する質問              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤午前10時│
│ │14│火│本会議│一般市政に対する質問              │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │15│水│休 会│常任委員会                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │16│木│休 会│常任委員会                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │17│金│休 会│正副委員長会          (小学校卒業式)│午後1時│
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │18│土│休 会│全   休                   │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │19│日│休 会│全   休                   │午前10時│
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │20│月│休 会│全   休                   │    │
└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘
┌─┬─┬─┬───┬────────────────────────┬────┐
│月│日│曜│種 別│    内              容    │開議時刻│
├─┼─┼─┼───┼────────────────────────┼────┤
│ │21│火│休 会│全   休(春分の日)             │    │
│ ├─┼─┼───┼────────────────────────┤    │
│ │ │ │   │常任委員会報告                 │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │常任委員会報告に対する質疑           │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│3│ │ │   │特別委員会報告                 │午前10時│
│ │22│水│本会議│                        │    │
│ │ │ │   │特別委員会報告に対する質疑           │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │討論、採決                   │    │
│ │ │ │   │                        │    │
│ │ │ │   │閉   会                   │    │
└─┴─┴─┴───┴────────────────────────┴────┘
    日程第4 市長提出議案の一括上程
     議案第7号 伊万里市国民保護対策本部及び伊万里市緊急対処事態対策本部条例
           制定について
     議案第8号 伊万里市国民保護協議会条例制定について
     議案第9号 伊万里市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定
           について
     議案第10号 伊万里市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定につい
           て
     議案第11号 伊万里市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定につ
           いて
     議案第12号 伊万里市職員退職手当支給条例の一部を改正する条例制定について
     議案第13号 伊万里市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例制定について
     議案第14号 資金の積立てに関する基金条例の一部を改正する条例制定について
     議案第15号 伊万里市特別会計設置条例の一部を改正する条例制定について
     議案第16号 伊万里市留守家庭児童クラブ条例の一部を改正する条例制定につい
           て
     議案第17号 伊万里市障害児発達支援センター条例の一部を改正する条例制定に
           ついて
     議案第18号 伊万里市介護保険条例の一部を改正する条例制定について
     議案第19号 伊万里市農林漁業振興、共同化資金利子補給及び損失補償条例の一
           部を改正する条例制定について
     議案第20号 伊万里市漁港管理条例の一部を改正する条例制定について
     議案第21号 伊万里市営住宅条例の一部を改正する条例制定について
     議案第22号 伊万里市下水道条例の一部を改正する条例制定について
     議案第23号 伊万里市水道事業及び工業用水道事業の設置等に関する条例の一部
           を改正する条例制定について
     議案第24号 伊万里都市計画事業伊万里駅周辺土地区画整理事業施行に関する条
           例を廃止する条例制定について
     議案第25号 指定管理者の指定について(伊万里市眉山ふるさと館)
     議案第26号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について(立岩・東分
           線)
     議案第27号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について(立川・東田
           代線)
     議案第28号 伊万里市公平委員会委員の選任について
     議案第29号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について
     議案第30号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について
     議案第31号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について
     議案第32号 伊万里市固定資産評価審査委員会委員の選任について
     議案第33号 平成17年度伊万里市一般会計補正予算(第8号)について
     議案第34号 平成17年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)につ
           いて
     議案第35号 平成17年度伊万里市介護保険特別会計補正予算(第3号)について
     議案第36号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)に
           ついて
     議案第37号 平成17年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第2号)について
     議案第38号 平成17年度伊万里市水道事業特別会計補正予算(第4号)について
     議案第39号 平成18年度伊万里市一般会計予算について
     議案第40号 平成18年度伊万里市国民健康保険特別会計予算について
     議案第41号 平成18年度伊万里市介護保険特別会計予算について
     議案第42号 平成18年度伊万里市立花台地開発事業特別会計予算について
     議案第43号 平成18年度伊万里市公共下水道事業特別会計予算について
     議案第44号 平成18年度伊万里市農業集落排水事業特別会計予算について
     議案第45号 平成18年度伊万里市市営駐車場特別会計予算について
     議案第46号 平成18年度伊万里市老人保健特別会計予算について
     議案第47号 平成18年度伊万里市水道事業特別会計予算について
     議案第48号 平成18年度伊万里市工業用水道事業特別会計予算について
     議案第49号 平成18年度伊万里市国民健康保険病院事業特別会計予算について
    日程第5 市長提出議案の提案理由説明

1.会議の顛末
                (午前10時 開会)






△日程第1 開会



○議長(黒川通信)

 おはようございます。定刻定足数に達しておりますので、ただいまから本日をもって招集されました平成18年伊万里市議会第1回定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 なお、本日は市長並びに伊万里ケーブルテレビジョンから取材の申し出があり、これを許可しておりますので、御了承ください。

 ここでしばらく休憩いたします。

               (午前10時1分 休憩)

               (午前10時5分 再開)



△日程第2 会議録署名議員の指名



△日程第3 会期の決定



△日程第4 市長提出議案の一括上程



△日程第5 市長提出議案の提案理由説明



○議長(黒川通信)

 会議を再開いたします。

 まず、会議規則第 108条の規定により、会議録署名議員の指名を行います。

 11番堀議員、12番高木議員に会議録の署名をお願いいたします。

 次に、会期の決定を議題といたします。

 去る2月23日に議会運営委員会を開催していただき、会期日程等について協議がなされ、今期定例会は本日から3月22日までの21日間と決定されております。

 なお、3月10日の開議時刻は、諸般の事情により午後1時となっておりますので、御承知おきください。

 そこでお諮りいたします。今期定例会の会期は、議会運営委員会の決定どおり、本日から3月22日までの21日間といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は本日から3月22日までの21日間と決定いたしました。

 なお、地方自治法の規定により、議案の説明のため市長以下関係者の出席を求めておりますので、御了承ください。

 それでは、市長提出議案第7号から第49号までの43件を一括上程いたします。

 議案の朗読を省略して直ちに提案理由の説明を求めます。塚部市長。



◎市長(塚部芳和) (登壇)

 皆さんおはようございます。初めに、平成18年第1回定例会の開会に当たり、市政運営について所信の一端を申し述べますとともに、今議会に提案いたしました平成18年度当初予算並びにその他の議案について概要を御説明申し上げます。

 私は平成14年4月に市長に就任して以来、市民の皆様の負託にこたえるため「さわやか市政」をモットーにして、伊万里市の活力と発展のために全力を注いでまいりました。

 常に顧客の満足度に配慮する民間経営感覚をいち早く定着させるため、市民サービスの向上に直結する業務の見直しに着手するとともに、固定観念や古い慣習にとらわれない柔軟で新しい発想を促すための組織機構の見直しや職員の意識改革を図る一方、各地域でのタウンミーティングや各種の会合、集会などにおいて市民の皆様と積極的に交流を重ねることによって、常に市民の目線に立った行政経営に努めてきたところであります。

 厳しい財政状況の中ではありますが、市民の活気に支えられ、市勢は着実に進展しているものと考えておりまして、議員各位や市民の皆様の御理解と御支援に対しまして、厚くお礼を申し上げます。

 私は、さまざまな施策を推進するに当たって、「安心」「活力」「発展」の三つの視点に基づき、他の自治体に追随しない独自の発想を持ちながら、地域の特性や資源を最大限に活用することを強く意識して取り組んでまいりました。

 その結果、質の高い農林水産物と豊かな食文化を広くアピールする、全国的にも珍しい「食のまちづくり宣言」や、伊万里梨などの特産物を海外輸出する伊万里・アジアネットワーク事業、海洋温度差発電の研究に関する規制緩和を目的とした構造改革特区の認定など、全国の注目を集める先端的な取り組みができたものと思います。

 また、長年の課題であった伊万里駅周辺の整備が完了したほか、市民の意見を取り入れて計画の見直しを図った伊万里ファミリーパークがこの春に一部オープンを迎えるなど、大型プロジェクトの推進に力を注ぐ一方で、市内を循環するコミュニティバスの運行やタクシーのバリアフリー化の促進など、市民生活の足元に至るきめ細かな配慮にも努めたところです。

 このほか、市民の積極的な参画を促して取り組んだ市制施行50周年の各種記念イベントや食のまちづくり、地域の意向を取り入れて人選する地区公民館長の公募制など、「市民と行政の協働」の仕組みが浸透しつつあり、従来の行政主導ではない新しいまちづくりの基礎を築くことができたことも大きな成果の一つととらえております。

 積極的な情報公開やパブリックコメント制度などによって、市民の皆様の市政に対する関心と協働のまちづくりの気運は高まりを見せており、真の地方自治を目指して、さらに「市民が主役」のまちづくりに発展し、定着することを期待しているところであります。

 さて、市政運営に対する考え方でございますが、これからの地方自治体経営における最も大きな課題の一つは人口減少問題であり、多方面でのさまざまな影響が考えられます。

 少子化と団塊の世代の引退に伴う生産年齢人口の減少は、この先の社会保障制度の存続や経済活動などに大きな影響を及ぼすとともに、特に地方においては税収不足に伴う財政状況の悪化が進み、各種公共サービスの低下につながる懸念もあることから、定住人口の確保や交流人口の拡大に加え、地域住民やNPO法人、民間企業などの多様な主体が行政と協働して公共サービスを担う新たな仕組みづくりが必要となってきております。

 また、これまで長い間、国が定める一定の行政サービスを確保するために、画一的に進められてきた地方自治から、住民に身近な市町村が主体的に、個性豊かなまちづくりを進めていこうという地方分権改革の動きの中で、地域間競争は一層激しさを増し、いろいろな面で、地方が自立していくために必要な地域の力が試されようとしております。

 一方、ここ数年、世界各地で続発する大規模な地震や気象災害などに加えて、複雑な社会の中で増加し、凶悪化する犯罪事件なども身近なところで起こっており、市民生活の「安心」「安全」の確保が強く求められています。

 このように、時代の潮流がうねりとなって押し寄せてきている今日、その波に飲み込まれずに、凜として輝き続ける伊万里市であるためには、地域が元気で活力に満ちていなければならないと思います。

 こうしたことから、山積する課題や多様化する住民ニーズに的確な対応を図る確かなリーダーシップを発揮するとともに、職員の力を最大限に活かし、伊万里を愛する市民の皆様と力を合わせることにより、誇りを持って次代に引き継げる元気な伊万里市、「住みたいまち伊万里、行きたいまち伊万里」に向けて全力を注いでまいる所存であります。

 次に、主要な施策についてでございますが、先ほど申し上げました市政運営の基本的な考え方に基づき、これからの地域づくりについて、「元気」をキーワードにした五つのまちづくりのテーマに沿って申し述べたいと思います。

 まず、一つ目は「歴史や伝統文化、特産品など地域の宝を生かした元気なまち」です。

 芸術性あふれる鍋島や古伊万里の積み出し港としての歴史など、焼物の里を広くアピールするため、戸栗美術館の建設促進や市街地における焼物のまちらしいイメージづくりに加え、食や環境など地域の特性を活かした産業観光の展開を通じて、観光客誘致による交流人口の拡大に努めます。

 また、郷土芸能や祭りといった地域固有の伝統文化をよりどころにした地域のコミュニティーを深める取り組み、あるいは農業体験イベントや特産品の直売などを通じた地域間交流など、地域の活性化に向けた取り組みを支援してまいりたいと思います。

 二つ目は「地域医療の充実と食のまちづくりによる日本一の健康長寿の元気なまち」です。

 健康で長生きすることは市民共通の願いであることから、地域の医療機関と連携しながら市民生活の「安心」の確保に努めることとし、市民の期待が大きい中核的病院の整備については、市民病院と社会保険病院を統合するプランを中心に、その実現に努力してまいります。

 また、高齢社会にあって、中高年齢者の健康づくり方策として「"つる・かめの里伊万里"たっしゃか体操」や手軽に楽しめる軽スポーツの普及、定着にも取り組むほか、食と健康の観点から「食のまちづくり」を推進することにより、生涯を通じた食育や安全で質の高い食材の地産地消を促進し、日本一の健康長寿のまちを目指します。

 三つ目は「企業誘致と地場産業の育成による雇用の拡大と生き生きと働ける元気なまち」です。

 造船やIC関連、木材加工など市内の主な製造業において設備投資が相次ぎ、自動車関連も含め、好況を見せていることは喜ばしい限りであり、引き続きこれらに続く優良企業の誘致とともに地場企業の振興に向けた支援に取り組み、若者やUIターン希望者のための雇用の拡大に努めたいと思います。

 また、伊万里港の利用を促進し、アジア諸国との貿易拡大に取り組むほか、佐賀大学の海洋エネルギー関連技術の集積による新しい産業の基盤づくりにも努めます。

 四つ目は「教育・福祉の充実と子育て支援による安心して子どもを産み育てる元気なまち」です。

 少子化が進む中、子どもを望む人が安心して子どもを産み育てられるよう、医療費助成や保育料軽減などの経済的な支援を行うとともに、留守家庭児童クラブの設置箇所の拡大などにより子育てと仕事の両立支援に努めます。

 また、家庭や学校、地域が一体となって、子どもたちを事故や犯罪から守り、子どもたちが将来に夢と希望を持って健やかに育つことができる環境づくりに努めてまいります。

 五つ目は「活力ある農林水産業の育成と商業を中心とする市街地が輝く元気なまち」です。

 伊万里牛を初め、ナシや小ネギ、キュウリなど全国有数の産地として、一層のブランド力の向上と普及を図るとともに、担い手農家の支援に重点を置く国の農政に対応して、認定農業者や集落営農組織の育成、確保に力を入れるなど、地域農業の自立に向けた取り組みを推進してまいります。

 一方、中心市街地に賑わいをつくり出すためには、買い物客や観光客といった人の流れを呼び込むことが何よりの課題であることから、商店街などとの連携による各種イベントの充実や焼物のまちのイメージづくりなどにより、魅力ある中心市街地の形成を進めていく考えであります。

 以上、私のまちづくりの基本的な考え方を申し述べましたが、御承知のとおり、三位一体改革の推進により、国と地方の財政は極めて厳しい状況にあり、本市における財政制約もかつてない厳しさにあります。

 このため、「さわやか市政」をさらに推進することとし、現在進めている財政健全化計画を着実に実行するとともに、新たな行政改革のための大綱・実施計画を策定し、職員定数の削減や人事制度の改革などに取り組み、簡素で効率的な行財政構造に転換を図りながら、元気な伊万里市づくりを力強く進めてまいる所存でございます。

 それでは、当初予算の主な内容について御説明申し上げます。

 ことしは市長改選の年に当たりますので、平成18年度当初予算につきましては、政策的な経費を必要最小限にとどめ、義務的経費や経常的な経費を主に計上いたしております。

 その結果、平成18年度一般会計当初予算の総額は 175億 8,200万円といたしております。

 まず、総務費につきましては、市長選挙に要する経費や佐賀県からの権限移譲で7月から開始するパスポート発給事務に伴う備品購入費のほか、地籍調査事業や食を活かしたまちづくり事業に引き続き取り組むための経費等を計上いたしております。

 民生費につきましては、障害児発達支援センター「ひまわり園」の整備事業のほか、障害のある方の生活支援や社会参加を促進するための各種事業に要する経費、留守家庭児童クラブの管理運営に要する経費等を計上いたしております。

 衛生費につきましては、休日・夜間急患医療センター運営事業を初め、各種の健康診査や予防接種事業など、救急医療体制の確保と市民の健康維持を図るための経費に加え、塵芥処理に伴う環境センターの管理運営に要する経費等を計上いたしております。

 農林水産業費につきましては、水田や園芸作物において春先に必要な農業機械の導入等に対する補助金や国営伊万里土地改良事業費負担金、林業研修センターなど施設の管理に必要な経費等を計上いたしております。

 商工費につきましては、中小企業振興資金預託金のほか、企業誘致のための活動費やコミュニティバス運行事業に要する経費、伝統産業会館などの施設管理運営に要する経費等を計上いたしております。

 土木費につきましては、緊急を要する生活道路の拡幅改良や市内全域の道路維持に要する経費のほか、伊万里ファミリーパークを初めとする都市公園の管理に要する経費、市営住宅の維持補修などに必要な経費等を計上いたしております。

 消防費につきましては、消防力充実強化のための資器材の整備に要する経費のほか、武力攻撃事態などの有事に備える伊万里市国民保護計画策定に要する経費等を計上いたしております。

 教育費につきましては、小・中学校の空調設備の整備やPFI手法による学校給食センター建設と運営に要する経費、平成19年度全国高校総体開催に向けた準備に要する経費等を計上いたしております。

 災害復旧費につきましては、平成17年度に発生した土木施設災害復旧事業及び急傾斜地崩壊対策事業にかかる経費を計上いたしております。

 次に、特別会計について御説明申し上げます。

 国民健康保険特別会計につきましては、予算の総額を57億 8,129万円とし、保険給付費及び老人保健拠出金等を計上いたしております。

 介護保険特別会計につきましては、予算の総額を45億 6,466万円とし、保険給付費等を計上いたしております。

 立花台地開発事業特別会計につきましては、予算の総額を 1,379万円とし、街路樹等の管理委託料及び職員給与等を計上いたしております。

 公共下水道事業特別会計につきましては、予算の総額を20億 1,905万円とし、浄化センター水処理施設増設に要する経費及び地方債償還金等を計上いたしております。

 農業集落排水事業特別会計につきましては、予算の総額を1億 2,671万円とし、処理場の維持管理費及び地方債償還金等を計上いたしております。

 市営駐車場特別会計につきましては、予算の総額を 1,677万円とし、管理運営に要する経費等を計上いたしております。

 老人保健特別会計につきましては、予算の総額を60億 8,432万円とし、医療給付費等を計上いたしております。

 次に、企業会計について御説明申し上げます。

 水道事業特別会計につきましては、予算の総額を26億 3,053万円とし、第9次拡張事業において簡易水道を統合するための配水管新設工事や水質問題解消と給水区域拡張に向けた波多津簡易水道再編推進事業に要する経費等を計上いたしております。

 工業用水道事業特別会計につきましては、予算の総額を6億 9,017万円とし、営業費用のほか、国道 204号改良工事により必要となる配水管移設工事に要する経費、企業債償還金等を計上いたしております。

 国民健康保険病院事業特別会計につきましては、予算の総額を11億 8,305万円とし、医業費用及び企業債償還金等を計上いたしております。

 次に、予算以外の議案について御説明申し上げます。

 議案第7号につきましては、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律の施行に伴い、武力攻撃事態等が発生した場合において、市町村が内閣総理大臣の指定に基づき設置する国民保護対策本部または緊急対処事態対策本部の組織と運営について、条例を制定するものであります。

 議案第8号につきましては、本市の区域に係る国民の保護のための措置に関し、広く市民の意見を求め、施策を総合的に推進するために設置する国民保護協議会の組織と運営について、条例を制定するものであります。

 議案第9号につきましては、国家公務員退職手当法の改正に伴い、退職手当の計算に係る勤続期間から除算する育児休業期間を1歳に達する期間に限り、現行2分の1から3分の1とするなど、改正を行うものであります。

 議案第10号につきましては、人事院勧告に準じて、本年4月1日から給料表を平均 4.8%引き下げるとともに、給料表の現行9級制を7級制とし、これらの措置に伴い、職員の期末勤勉手当の縮減 2.5%を 1.5%とするなど、改正を行うものであります。

 議案第11号につきましては、給料表の7級制導入に伴い、行政職及び医療職の宿泊料等の支給区分について、改正を行うものであります。

 議案第12号につきましては、国家公務員退職手当法の改正に伴い、退職手当の額について、退職前の一定期間の職務の内容に応じて加算する調整額制度を創設するとともに、勤続年数や退職理由により定められている退職手当の支給率等について、改正を行うものであります。

 議案第13号につきましては、平成18年度から新たに設置する国民保護協議会の委員・専門委員・幹事、非常勤学校用務員、非常勤地域包括支援センター員及び非常勤公園管理業務員に報酬を支給するため、改正を行うものであります。

 議案第14号につきましては、特定農山村総合支援事業が平成17年度をもって終了することに伴い、伊万里市中山間地域振興基金を廃止するものであります。

 議案第15号につきましては、伊万里駅周辺土地区画整理事業が平成17年度をもって完了することに伴い、同特別会計を廃止するものであります。

 議案第16号につきましては、黒川児童クラブ及び波多津東児童クラブを本年4月から開設するため、留守家庭児童クラブに追加するものであります。

 議案第17号につきましては、障害児発達支援センター条例について、障害者自立支援法の施行に伴い、条文の整理を行うものであります。

 議案第18号につきましては、介護保険事業計画に基づき、介護保険給付の円滑な実施を維持するため、平成18年度から平成20年度までの3年間における65歳以上の第1号被保険者の保険料の額を改定するとともに、介護保険法施行令の改正に伴い、保険料段階を細分化するなど、所要の改正を行うものであります。

 議案第19号につきましては、農林漁業振興、共同化資金利子補給及び損失補償条例について、農業近代化資金助成法の名称が改正されたことに伴い、条文の整理等を行うものであります。

 議案第20号につきましては、漁港管理条例について、漁港法の名称が改正されたことに伴い、条文の整理等を行うものであります。

 議案第21号につきましては、公営住宅法施行令等の改正に伴い、公募によらず市営住宅への入居が可能となる事由を追加するとともに、高齢者等の居住の安定を図るため、単身で入居することができる市営住宅の面積要件等を緩和するなど、所要の改正を行うものであります。

 議案第22号につきましては、下水道条例について、下水道法の改正に伴い、条文の整理等を行うものであります。

 議案第23号につきましては、山代町福川内地区を上水道の給水区域に追加するとともに、福川内簡易水道を廃止するものであります。

 議案第24号につきましては、伊万里駅周辺土地区画整理事業が平成17年度をもって完了することに伴い、同事業施行に関する条例を廃止するものであります。

 議案第25号につきましては、本年4月1日から供用開始する伊万里市眉山ふるさと館について、指定管理者の指定を行うものであります。

 議案第26号につきましては、山代町東分地内において、平成18年度から平成22年度までの5年間で市道立岩・東分線を辺地対策事業として整備するため、総合整備計画を定めるものであります。

 議案第27号につきましては、大川町東田代地内において、平成15年度から平成18年度までの4年間の事業期間を予定しておりました市道立川・東田代線の辺地対策事業が、平成17年度をもって完了するため、事業期間を短縮するものであります。

 議案第28号につきましては、伊万里市公平委員会委員小池和榮氏の任期が本年5月4日で満了することに伴い、同氏を再任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 議案第29号から議案第32号までの4議案につきましては、伊万里市固定資産評価審査委員会委員岩永孝雄氏、山口次男氏、河原文美子氏及び橋口年春氏の任期がそれぞれ本年3月31日で満了することに伴い、委員岩永孝雄氏を再任するとともに、新たに川原重敏氏、吉永勝重氏及び藤田孝碩氏を選任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 続きまして、平成17年度補正予算について御説明申し上げます。

 今回の一般会計補正予算及び特別会計の補正予算につきましては、平成17年度の最終予算であり、各種補助事業の認証確定に伴う事業費及び各科目において見込まれる主な不用額について、歳入歳出全般にわたって補正を行うものであります。

 議案第33号 平成17年度伊万里市一般会計補正予算(第8号) については、歳入歳出それぞれ 3,647万2千円を追加し、総額で 199億 8,349万9千円とするものであります。

 初めに、一般会計の歳出から款ごとに補正の主なものについて御説明申し上げます。

 総務費では、九州電力株式会社様より地域振興協力金をいただくことになりましたので、公共施設整備基金に積み立てるとともに、厚くお礼を申し上げます。

 民生費では、障害児保育推進事業において利用者の増加により補助金を追加するとともに、生活保護費の適正化推進事業の成果等により医療扶助費等を減額するものであります。

 また、伊万里信用金庫様、軍恩連盟大坪支部様、甲斐博光リサイタル実行委員会様、黒川町吉田國夫様より寄附をいただきましたので、福祉基金に積み立てるとともに、厚くお礼を申し上げます。

 衛生費では、医療給付費の増額に伴い、老人保健特別会計への繰出金を追加するとともに、伊万里・有田地区衛生組合の補正予算に伴い負担金を減額するものであります。

 また、東山代町泉建一様より寄附をいただきましたので、保健事業推進基金に積み立てるとともに、厚くお礼を申し上げます。

 労働費では、佐賀県労働者福祉基金協会出えん金を追加するものであります。

 農林水産業費では、協定農地面積の確定に伴い、中山間地域等直接支払交付金を減額するとともに、事業費の確定に伴い、有害鳥獣対策事業費補助金を追加するものであります。

 商工費では、不採算バス路線周辺住民の交通手段を確保するため、バス路線運行事業費補助金並びに中小企業の資金需要に円滑に対応するための中小企業振興資金貸付信用保証料補てん金を追加するものであります。

 土木費では、市道栄町・永山線において、年度内の対応が困難となった用地買収及び物件移転補償に要する経費について減額するものであります。

 消防費では、消火栓の新設や移設に要する費用を追加するとともに、消防団員の退職者が当初見込み人数より少なくなったため退職報償金を減額するものであります。

 教育費では、自治公民館建築費補助金及び中学校体育大会を初め各種スポーツの全国大会、九州大会への出場費補助金を追加するものであります。

 また、脇田町城武様、大川町毛利東様、二里町井手淑子様、東山代町泉建一様より寄附をいただきましたので、教育振興奨励基金へ積み立てるとともに、厚くお礼を申し上げます。

 災害復旧費では、急傾斜地崩壊対策事業に対する県営事業負担金を追加するものであります。

 公債費では、平成14年度に借り入れた特定資金公共投資事業債の繰り上げ償還に要する経費を追加するものであります。

 なお、歳入につきましては、ただいま御説明申し上げました事務事業に要する経費の財源として、県支出金、寄附金、諸収入、市債等を追加し、分担金及び負担金、国庫支出金、繰入金等を減額するものであります。

 繰越明許費につきましては、土木費において年度内完了が見込めないため、3事業について、それぞれ18年度に繰り越すものであります。

 次に、特別会計補正予算の内容について御説明申し上げます。

 議案第34号 平成17年度伊万里市国民健康保険特別会計補正予算(第3号) については、1,121万1千円を追加し、歳入歳出予算総額を58億6,921万7千円とするもので、財政調整交付金の確定等に伴い財源組替を行うとともに国民健康保険病院事業特別会計に対する繰出金を追加するものであります。

 議案第35号 平成17年度伊万里市介護保険特別会計補正予算(第3号) については、 559万5千円を追加し、歳入歳出予算総額を42億 4,037万3千円にするもので、施設介護サービス等の給付費に不足が生じましたので保険給付費を追加するとともに、特定入所者介護サービス給付費に不足が生じましたので追加するものであります。

 議案第36号 平成17年度伊万里市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号) については、1,094万7千円を減額し、歳入歳出予算総額を27億1,417万9千円にするもので、借り入れ時期の変更に伴い利子を減額するとともに、繰越明許費につきましては、年度内完了が見込めないため18年度に繰り越すものであります。

 議案第37号 平成17年度伊万里市老人保健特別会計補正予算(第2号)については、2億7,075万7千円を追加し、歳入歳出予算総額を66億1,499万5千円にするもので、医療給付費に不足が生じましたので、追加するものでございます。

 議案第38号 平成17年度伊万里市水道事業特別会計補正予算(第4号) については、資本的収入を 750万円、資本的支出を 350万円それぞれ減額し、資本的収入の総額を5億 5,188万1千円、資本的支出の総額を9億 9,572万6千円とするもので、第9次拡張事業簡易水道統合整備事業、滝川内簡易水道配水管改良工事及び松浦簡易水道配水管改良工事の事業費の確定に伴い、企業債及び建設改良費を減額するものであります。

 以上、今回の議会に提案いたしました予算議案並びにその他の議案について概要を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。

 結びに、本定例会は今任期最後の議会に当たりますが、この4年間自分なりの信念を持って精いっぱいの力を尽くしてきたところであります。

 先ほど申し上げました元気な伊万里市づくりは、市民の皆様にさまざまな分野で力を発揮していただくことで可能になりますし、これからも伊万里に関する明るい話題が内外に数多く発信されることを望んでおります。

 折しも、3月23日から始まる第78回選抜高等学校野球大会においては、伊万里商業高等学校野球部が市民の悲願であった甲子園出場を勝ち取り、大会での健闘が期待されるところであります。選手や関係者の皆様の御努力に深く敬意を表するとともに、この快挙をなし遂げた選手たちの若い力、その元気にあやかりながら、活力に満ちた豊かな伊万里市づくりを進めていく必要があると考えております。

 最後になりましたが、この4年間の市政運営に対する議会や市民の皆様の御支援、御協力並びに御提言にお礼を申し上げ、提案理由の御説明といたします。



○議長(黒川通信)

 市長の提案理由の説明が終わりましたので、本日はこれをもちまして散会いたします。

               (午前10時42分 散会)