議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 多久市

平成18年 6月 定例会 06月14日−目次




平成18年 6月 定例会 − 06月14日−目次









平成18年 6月 定例会



●平成18年6月14日
 日程第1 会期決定の件 …………………………………………………………………… 34
 日程第2 会議録署名議員の指名 ………………………………………………………… 35
 日程第3 諸報告 …………………………………………………………………………… 35
 日程第4 議案の一括上程 ………………………………………………………………… 36
 日程第5 提案理由の説明 ………………………………………………………………… 36
 日程第6 議案甲第31号に対する質疑 …………………………………………………… 51
 日程第7 議案甲第31号の委員会付託 …………………………………………………… 52
 日程第8 討論、採決 ……………………………………………………………………… 52
 日程第9 閉会中継続審査事件の特別委員長報告 ……………………………………… 53

●平成18年6月19日
 日程第1 市政一般に対する質問 ………………………………………………………… 58

●平成18年6月20日
 日程第1 市政一般に対する質問 ………………………………………………………… 109

●平成18年6月21日
 日程第1 市政一般に対する質問 ………………………………………………………… 200

●平成18年6月22日
 日程第1 議事日程の一部変更 …………………………………………………………… 291
 日程第2 議案に対する質疑 ……………………………………………………………… 291
 日程第3 特別委員長報告に対する質疑 ………………………………………………… 350
 日程第4 議案の委員会付託 ……………………………………………………………… 350
 日程第5 欠席議員山口正信君に対する懲罰の件について …………………………… 351
 日程第6 質疑 ……………………………………………………………………………… 352
 日程第7 懲罰特別委員会付託 …………………………………………………………… 352

●平成18年6月29日
 日程第1 議事日程の一部変更 …………………………………………………………… 358
 日程第2 付託議案に対する委員長報告 ………………………………………………… 358
 日程第3 委員長報告に対する質疑 ……………………………………………………… 364
 日程第4 討論、採決 ……………………………………………………………………… 366
 日程第5 懲罰特別委員長の報告 ………………………………………………………… 369
 日程第6 委員長報告に対する質疑 ……………………………………………………… 370
 日程第7 討論、採決 ……………………………………………………………………… 371
 日程第8 意見書の上程 …………………………………………………………………… 372
 日程第9 討論、採決 ……………………………………………………………………… 373
 日程第10 議員の派遣の件 ………………………………………………………………… 374



        平成18年6月多久市議会定例会会期日程

1. 会  期          自 平成18年6月14日(水)   16日間       
                至 平成18年6月29日(木)            

2. 日  程
                                (開議時刻午前10時)
┌──┬────┬─┬─────────────────────────────┐
│日次│ 月 日 │曜│        摘           要        │
├──┼────┼─┼────┬────────────────────────┤
│  │    │ │    │開会、会期及び議事日程の決定、会議録署名議員の指│
│1 │6月14日│水│本会議 │名 、諸報告、議案の一括上程、提案理由の説明、議│
│  │    │ │    │案甲第31号に対する質疑、議案甲第31号の委員会付託│
│  │    │ │    │、討論・採決、閉会中継続審査事件の特別委員長報告│
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│2 │6月15日│木│休会  │議案研究                    │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│3 │6月16日│金│休会  │議案研究                    │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│4 │6月17日│土│休会  │                        │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│5 │6月18日│日│休会  │                        │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│6 │6月19日│月│本会議 │開議、市政一般に対する質問           │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│7 │6月20日│火│本会議 │開議、市政一般に対する質問           │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│8 │6月21日│水│本会議 │開議、市政一般に対する質問           │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│  │    │ │    │開議、議案に対する質疑、特別委員長報告に対する質│
│9 │6月22日│木│本会議 │                        │
│  │    │ │    │疑 、議案の委員会付託             │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│10 │6月23日│金│委員会 │委員会審査                   │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│11 │6月24日│土│休会  │                        │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│12 │6月25日│日│休会  │                        │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│13 │6月26日│月│委員会 │委員会審査                   │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│14 │6月27日│火│委員会 │委員会審査                   │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│15 │6月28日│水│委員会 │委員会審査                   │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│  │    │ │    │開議、付託議案に対する委員長報告、委員長報告に対│
│16 │6月29日│木│本会議 │                        │
│  │    │ │    │する質疑、討論・採決、閉会           │
└──┴────┴─┴────┴──────────────────――――――┘


1 変更議事日程
                                (開議時刻午前10時)
┌──┬────┬─┬─────────────────────────────┐
│日次│ 月 日 │曜│        摘           要        │
├──┼────┼─┼────┬────────────────────────┤
│  │    │ │    │開議、議事日程の一部変更、議案に対する質疑、特別│
│  │    │ │    │委員長報告に対する質疑、議案の委員会付託、欠席議│
│9 │6月22日│木│本会議 │員山口正信君に対する懲罰の件について、質疑、懲罰│
│  │    │ │    │特別委 員会付託                │
├──┼────┼─┼────┼──────────────────――――――┤
│  │    │ │    │開議、議事日程の一部変更、付託議案に対する委員長│
│  │    │ │    │報告、委員長報告に対する質疑、討論・採決、懲罰特│
│16 │6月29日│木│本会議 │別委員長報告、懲罰特別委員長報告に対する質疑、討│
│  │    │ │    │ 論・採 決、意見書の上程、討論・採決、議員派遣│
│  │    │ │    │の件、閉会                   │
└──┴────┴─┴────┴──────────────────――――――┘


3. 付議事件
 (1) 市長提出議案(6月14日提出)
  議案甲第21号 多久市自家用有償バス条例の一部を改正する条例
  議案甲第22号 多久市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の
         一部を改正する条例
  議案甲第23号 多久市乳幼児医療費の助成に関する条例等の一部を改正する条例
  議案甲第24号 多久市立養護老人ホーム恵光園設置条例を廃止する条例
  議案甲第25号 多久市老人ホーム入所判定委員会設置条例及び多久市予防接種健康被害
         調査委員会設置条例の一部を改正する条例
  議案甲第26号 多久市中小企業融資金の貸付けに関する条例の一部を改正する条例
  議案甲第27号 多久市公共下水道区域外流入受益者分担金に関する条例
  議案甲第28号 多久市国民健康保険病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例
  議案甲第29号 多久市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改
         正する条例
  議案甲第30号 財産の無償譲渡について
  議案甲第31号 佐賀中部広域連合の処理する事故及び規約の変更について
  議案乙第22号 平成18年度多久市一般会計補正予算(第1号)
  議案乙第23号 平成18年度多久市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
  議案乙第24号 平成18年度多久市水道事業特別会計補正予算(第1号)
  報告第1号  平成17年度多久市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について
  報告第2号  平成17年度多久市土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報
         告について
  報告第3号  平成17年度多久市土地開発公社事業報告及び決算について
  報告第4号  平成18年度多久市土地開発公社事業計画及び予算について
  報告第5号  平成17年度財団法人「孔子の里」事業報告及び決算について
  報告第6号  平成18年度財団法人「孔子の里」事業計画及び予算について
  報告第7号  平成17年度財団法人「多久市体育協会」事業報告及び決算について
  報告第8号  平成18年度財団法人「多久市体育協会」事業計画及び予算について
  報告第9号  平成17年度財団法人「多久市学校給食振興会」事業報告及び決算につい
         て
  報告第10号  平成18年度財団法人「多久市学校給食振興会」事業計画及び予算につい
         て
 (2) 議員提出議案(6月29日提出)
  意見第2号  義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書
  意見第3号  ずさんな米国産牛肉の輸入に抗議し、BSEの万全な対策を求める意見
         書

4. 議案付託表
   1 委員会に付託する議案
   ┌────────┬─────────────────┬────┐
   │ 委員会名   │  議案番号           │ 件 数 │
   ├────────┼─────────────────┼────┤
   │総務委員会   │  議案甲第22号、議案甲第29号  │  2  │
   ├────────┼─────────────────┼────┤
   │建設経済委員会 │  議案甲第26号〜議案甲第27号  │  2  │
   ├────────┼─────────────────┼────┤
   │        │  議案甲第21号         │    │
   │文教厚生委員会 │  議案甲第23号〜議案甲第25号  │  6  │
   │        │  議案甲第28号、議案甲第30号  │    │
   ├────────┼─────────────────┼────┤
   │予算特別委員会 │  議案乙第22号〜議案乙第24号  │  3  │
   └────────┴─────────────────┴────┘

   2 委員会付託を省略する議案
   ┌──────────────────────────┬────┐
   │    議案番号                  │ 件 数 │
   ├──────────────────────────┼────┤
   │  議案甲第31号                  │    │
   │  報告第1号〜報告第10号             │  13  │
   │  意見第2号〜意見第3号             │    │
   └──────────────────────────┴────┘


5. 平成18年6月市議会定例会一般質問通告書一覧
┌──┬─────┬─────────────────────┬─────┬────┐
│通告│     │                     │答弁を求 │掲載  │
│  │通 告 者│  質問の事件及び要旨          │     │    │
│順序│     │                     │める者  │ページ │
├──┴─────┴─────────────────────┴─────┴────┤
│          6月19日(月)                        │
├──┬─────┬─────────────────────┬─────┬────┤
│  │     │1.県道宮の浦バイパスの進捗状況について │市長   │    │
│  │     │  地元自治体として、どのように取り組んで│     │    │
│  │     │ おられますか              │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│1 │山本 茂雄│2.下水道事業について          │市長   │ 58  │
│  │     │  3月6日通水式後の加入者状況について │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │3.企業誘致について           │市長   │    │
│  │     │  新に第2、第3の工場団地の計画を今後ど│     │    │
│  │     │ のように考えておられますか       │     │    │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │1.第7次多久市行政改革大綱について   │市長   │    │
│  │     │  厳しい財政状況の中で、限りある「財産」│     │    │
│  │     │ 「施設」「職員」などの資源を最大限に活用│     │    │
│  │     │ し、市民の満足度の向上を目指し、5つの視│     │    │
│2 │飯守 康洋│ 点から行政改革を進めて行きますとあります│     │ 80  │
│  │     │  その一つに、『市民満足度の向上』とあり│     │    │
│  │     │ ますが、具体的にはどのような施策、取組み│     │    │
│  │     │ をされるのか              │     │    │
│  │     │                     │     │    │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │1.筑後川下流土地改良事業の水利事業の推進│市長   │    │
│  │     │ について                │     │    │
│  │     │  土地改良事業の市内対象圃場は完了し、残│     │    │
│  │     │ された水利事業が本格的に始動時期となり、│     │    │
│  │     │ 多久市においても別府川から道灌堤までの延│     │    │
│  │     │ 長を将来の農業に対する安定した水利確保の│     │    │
│  │     │ ため同意した。             │     │    │
│  │     │  平成23年嘉瀬川ダム完成と同時に供用開始│     │    │
│  │     │ となります。              │     │    │
│  │     │  維持管理についての農家負担問題で、地区│     │    │
│  │     │ 説明会ではきびしい状況にある農政の今後を│     │    │
│  │     │ 展望して、市としてどのように対処されるの│     │    │
│3 │石井順二郎│ か                   │     │ 89  │
│  │     │2.保養施設の閉鎖について        │     │    │
│  │     │  市の観光の中心的存在である保養施設が、│市長   │    │
│  │     │ 8月末を以って閉鎖するとのニュースが流れ│     │    │
│  │     │ た。私企業ではあるが市政観光行政に与える│     │    │
│  │     │ 影響ははかり知れないものがある。    │     │    │
│  │     │  市としてこの問題にどう対処されるのか │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │3.卒業証書授与式においての国歌斉唱その他│     │    │
│  │     │ について                │教育長  │    │
│  │     │ (1) 中央中の卒業証書授与式に参列したが、│     │    │
│  │     │  国歌斉唱で生徒は全く歌っていない、どう│     │    │
│  │     │  指導されたのか            │     │    │
└──┴─────┴─────────────────────┴─────┴────┘

┌──┬─────┬─────────────────────┬─────┬────┐
│通告│     │                     │答弁を求 │掲載  │
│  │通 告 者│  質問の事件及び要旨          │     │    │
│順序│     │                     │める者  │ページ │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │ (2) 式の途中生徒会主催に変更し、2時間を│     │    │
│3 │石井順二郎│  越えた式典となり、体調異変で退席した生│     │ 89  │
│  │     │  徒もいた。学校行事に口出しは越権と思う│     │    │
│  │     │  が簡素に厳粛に出来ないか       │     │    │
├──┴─────┴─────────────────────┴─────┴────┤
│          6月20日(火)                        │
├──┬─────┬─────────────────────┬─────┬────┤
│  │     │1.北多久町における中山間事業について  │市長   │    │
│  │     │ (1) 現在までの取り組みについて     │     │    │
│  │     │ (2) 各地区への意向調査の結果について  │     │    │
│  │     │ (3) 市としての今後の取り組み(予算等) │     │    │
│4 │田中 英行│                     │     │ 109  │
│  │     │2.清掃センター問題について       │市長   │    │
│  │     │ (1) 1年契約が終わり新たな契約がなされた│     │    │
│  │     │  が、その内容について         │     │    │
│  │     │ (2) 収集方法について          │     │    │
│  │     │ (3) 缶類の選別機導入について      │     │    │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │1.筑後川下流土地改良事業について    │市長   │    │
│  │     │ (1) 直接受益者と濃縮受益者の負担割合の問│     │    │
│  │     │  題点を整理しなければ、受益者の同意と土│     │    │
│  │     │  地改良区への加入の承認は得られないと思│     │    │
│  │     │  いますが、どの様にまとめられるものか │     │    │
│  │     │ (2) 土地改良区の筑水経費及び負担金の算出│     │    │
│  │     │  に問題があると思うが、市としてどう思う│     │    │
│  │     │  か                  │     │    │
│  │     │ (3) 圃場整備と筑水事業の定義付けは決まっ│     │    │
│  │     │  ていたのか、また、導水による岸川ダムの│     │    │
│  │     │  運用に問題はないものか        │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │2.入札制度について           │市長   │    │
│5 │牛島 和廣│ (1) 今回、実施された公募型指名入札のメリ│     │ 129  │
│  │     │  ットとデメリットについての説明と今後も│     │    │
│  │     │  この方法で入札を続けられる予定か   │     │    │
│  │     │ (2) 三部門に分けた入札制度のメリット、デ│     │    │
│  │     │  メリットについて           │     │    │
│  │     │ (3) 最低価格制度を取り入れる考えはないも│     │    │
│  │     │  のか                 │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │3.市内観光施設の再開発推進について   │市長   │    │
│  │     │  大型温泉施設の転売、または閉鎖の予告に│     │    │
│  │     │ 対して、観光施設の再開発推進として、カジ│     │    │
│  │     │ ノ、エンターティメント導入を検討してはど│     │    │
│  │     │ うか                  │     │    │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │1.市長の市民ボランティアに対する姿勢につ│市長   │    │
│  │     │ いて                  │     │    │
│  │     │ (1) 市民ボランティアへどの程度の協力を考│     │    │
│6 │井上  慧│  えておられるのか           │     │ 147  │
│  │     │ (2) 中多久の市営住宅集会所のあり方をどの│     │    │
│  │     │  ように考えておられるか        │     │    │
│  │     │ (3) 市営住宅住民の自治権について    │     │    │
└──┴─────┴─────────────────────┴─────┴────┘

┌──┬─────┬─────────────────────┬─────┬────┐
│通告│     │                     │答弁を求 │掲載  │
│  │通 告 者│  質問の事件及び要旨          │     │    │
│順序│     │                     │める者  │ページ │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │2.少子化対策について          │市長   │    │
│6 │井上  慧│  現在、市として行っている少子化対策とそ│     │ 147  │
│  │     │ の成果について             │     │    │
│  │     │                     │     │    │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │1.子育て支援について          │市長   │    │
│  │     │ (1) ファミリーサポートセンター設置に向け│     │    │
│  │     │  た対応は進んでいますか。       │     │    │
│  │     │ (2) WEB子育てサイトの新規開設について│     │    │
│  │     │ (3) 子育て応援企業(サポート企業)の拡充│     │    │
│  │     │  と企業名の公表について        │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │2.不納欠損処理について         │市長   │    │
│7 │大塚 正直│  18年6月2日付でH17年度多久市財政状況│     │ 169  │
│  │     │ をWEBサイトに公表されています。それに│     │    │
│  │     │ よると、市税の収納額は、対予算費98.6% │     │    │
│  │     │ (17億3千9百万円)となっています。  │     │    │
│  │     │  徴収権時効等による不納欠損処理額はどの│     │    │
│  │     │ 程度見込まれますか。詳細にお答えください│     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │3.フッ素洗口事業について        │     │    │
│  │     │  事業導入後、初めて行われた今年度実施の│教育長  │    │
│  │     │ 実態調査の結果について         │     │    │
├──┴─────┴─────────────────────┴─────┴────┤
│          6月21日(水)                        │
├──┬─────┬─────────────────────┬─────┬────┤
│  │     │1.やさしい思いやりの環境づくりについて │市長   │    │
│  │     │  内部障害・疾患者の啓発マーク「ハート・│     │    │
│  │     │ プラス」や、妊産婦の「マタニティマーク」│     │    │
│  │     │ の啓発推進で内部障害者・弱者への理解と支│     │    │
│  │     │ 援を図って欲しい。           │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │2.食を通して健康で元気に。活性化への「ま│市長   │    │
│  │     │ ちづくり」を願って           │     │    │
│  │     │  国が昨年7月「食育基本法」を施行。  │     │    │
│  │     │  食育への関心が一段と高まる中、県も「食│     │    │
│  │     │ 育推進基本計画」を策定しました。    │     │    │
│  │     │ (1) わが市の「食育推進」は、どのように展│     │    │
│8 │中島 慶子│  開されますか。            │     │ 200  │
│  │     │ (2) 食の大切さを再認識し、関心を持つ人の│     │    │
│  │     │  拡大が必要なのではと考えますが    │     │    │
│  │     │ (3) 子どもには、「早寝・早起き・朝ごは │教育長  │    │
│  │     │  ん」のリズム、習慣づくりが望ましいので│     │    │
│  │     │  すが、朝食の欠食率は         │     │    │
│  │     │ (4) 食育の「生きた教材」として重要な学校│教育長  │    │
│  │     │  給食への地元農産物の使用割合は、又、何│     │    │
│  │     │  品目位ですか             │     │    │
│  │     │ (5) 基幹産業の「農」の大切さを伝える場と│市長   │    │
│  │     │  して、又、地域活性化の足がかりとして、│     │    │
│  │     │  地元農産物・特産品を料理する店、もてな│     │    │
│  │     │  しの場、「食」と「農」がふれあう「農村│     │    │
│  │     │  レストラン」づくりを一考できないか  │     │    │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │1.障害者自立支援法について       │市長   │    │
│  │     │  障害者のサービス利用に、原則一割の応益│     │    │
│  │     │ 負担を課す障害者自立支援法で、利用者に不│     │    │
│  │     │ 安が広がっています           │     │    │
│  │     │ (1) 多久市における障害者の現状は、どのよ│     │    │
│  │     │  うになっていますか          │     │    │
│  │     │  ?障害者の実態数           │     │    │
│  │     │  ?障害の程度             │     │    │
│  │     │  ?受けられているサービス       │     │    │
│  │     │ (2) H18年10月適用の障害程度区分の認定に│     │    │
│  │     │  ついて                │     │    │
│  │     │ (3) 地域生活支援事業について      │     │    │
│  │     │ (4) 公費負担医療制度について      │     │    │
│  │     │ (5) 障害のある人が必要なサービスを今まで│     │    │
│  │     │  どおり受けられるような施策の充実・市独│     │    │
│  │     │  自のとりくみについて         │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │2.多久市における農業政策について    │市長   │    │
│  │     │ (1) 農政改革による地域農業の行方    │     │    │
│  │     │  ?「品目横断的経営安定対策」という新た│     │    │
│9 │興梠多津子│   な政策をすすめるため、今各地で受け皿│     │ 221  │
│  │     │  づくりが進められています。      │     │    │
│  │     │   現在の状況をどのようにとらえられてい│     │    │
│  │     │  ますか                │     │    │
│  │     │  ?全国には農業を続けたい人、やりたい人│     │    │
│  │     │   を大事な担い手として育てようと後継者│     │    │
│  │     │  づくりに力を入れる自治体があるが、多久│     │    │
│  │     │  市において後継者育成については、どのよ│     │    │
│  │     │  うなとりくみを考えておられるか    │     │    │
│  │     │ (2)筑後川下流土地改良事業について    │     │    │
│  │     │  ?建設費の農家負担がどのくらいになるの│     │    │
│  │     │   か明らかにしてください       │     │    │
│  │     │  ?管理費については、管理組合への加入状│     │    │
│  │     │   況で変化すると考えられますが、多くの│     │    │
│  │     │   農家が管理組合への加入を見合わせた場│     │    │
│  │     │   合、その負担はどのようになるか   │     │    │
│  │     │  ?多久市として農家負担の軽減を計った場│     │    │
│  │     │   合、市民負担となると考えられますが、│     │    │
│  │     │   市民への説明はどのように行なうのか │     │    │
│  │     │  ?「市町村特別申請事業」のすすめ方に農│     │    │
│  │     │   家から不満の声が多く出ています問題意│     │    │
│  │     │   識は                │     │    │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │1.介護予防               │市長   │    │
│  │     │  介護予防公園について         │     │    │
│  │     │  公園の遊具といえば、ぶらんこや滑り台な│     │    │
│  │     │ ど子ども向けが中心だが、少子高齢化社会を│     │    │
│  │     │ 反映し、子どもの利用も減少しています。一│     │    │
│10 │田原  昇│ 方では、介護予防用の健康遊具を公園に設置│     │ 242  │
│  │     │ する自治体が増加していますが、我市にも設│     │    │
│  │     │ 置できないか              │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │2.人口増                │市長   │    │
│  │     │  新婚世帯に対する家賃補助       │     │    │
└──┴─────┴─────────────────────┴─────┴────┘

┌──┬─────┬─────────────────────┬─────┬────┐
│通告│     │                     │答弁を求 │掲載  │
│  │通 告 者│  質問の事件及び要旨          │     │    │
│順序│     │                     │める者  │ページ │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │  我市の人口減は当局の努力にもかかわらず│     │    │
│  │     │ 顕著なものです。その一因として民間賃貸住│     │    │
│10 │田原  昇│ 宅の賃貸料が考えられます。       │     │ 242  │
│  │     │  若年層の市外流出や少子化対策として、市│     │    │
│  │     │ 内民間賃貸住宅に居住する新婚世帯を対象に│     │    │
│  │     │ 、家賃の一部を補助することはできないか │     │    │
├──┼─────┼─────────────────────┼─────┼────┤
│  │     │1.愛郷心の醸成による多久市発展への打開に│市長   │    │
│  │     │ ついて                 │     │    │
│  │     │ (1) 県道多久・武雄線の宮の浦バイパス建設│     │    │
│  │     │  につき、未解決地権者に、安全と発展のた│     │    │
│  │     │  め、愛郷心を期待した説得行動が市に出来│     │    │
│  │     │  ないか                │     │    │
│  │     │ (2) 納税及び市営住宅家賃、給食費、保育料│     │    │
│  │     │  等の未納者に公民としての責任のほか、愛│     │    │
│  │     │  郷心を期待した完納指導が出来ないか  │     │    │
│  │     │ (3) 公共下水道、農業用導水路等すべから │     │    │
│  │     │  く、郷土意識、愛郷心が成否をかけると思│     │    │
│11 │西山 英徳│  われるが、その醸成は十分か      │     │ 259  │
│  │     │ (4) 文化・体育活動において、個人の素養向│     │    │
│  │     │  上のほか、市の活性化をかけた愛郷心の醸│     │    │
│  │     │  成が望まれないか           │     │    │
│  │     │                     │     │    │
│  │     │2.地方交付税及び補助金について     │市長   │    │
│  │     │ (1) 地方交付税の配分は、算定式によるもの│     │    │
│  │     │  の、文書又は口頭による事情説明が、どの│     │    │
│  │     │  程度勘案されるとみているか      │     │    │
│  │     │ (2) 補助事業について、効果と負担を勘案し│     │    │
│  │     │  て、申請に踏み切るかねあいをどう考えて│     │    │
│  │     │  いるか                │     │    │
└──┴─────┴─────────────────────┴─────┴────┘