議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 多久市

平成15年12月 定例会 12月12日−05号




平成15年12月 定例会 − 12月12日−05号









平成15年12月 定例会



       平成15年12月12日
1.出席議員
   議 長  武 冨 健 一           10 番  中 原   鎭
   副議長  西 山 英 徳           11 番  田 中 英 行
   2 番  中 島 國 孝           12 番  山 口 正 信
   3 番  野 中 保 圀           13 番  角 田 一 彦
   4 番  中 島 慶 子           14 番  田 原   昇
   5 番  山 本 茂 雄           15 番  山 口 龍 樹
   6 番  飯 守 康 洋           16 番  真 島 信 幸
   7 番  興 梠 多津子           17 番  井 上   慧
   8 番  古 賀 和 夫           19 番  大 塚 正 直
   9 番  牛 島 和 廣

2.欠席議員
   18 番  石 井 順二郎

3.本会議に出席した事務局職員
   事 務 局 長  土 橋 哲 也
   次長兼議事係長  野 中 信 広
   書記       山 田 智 治

4.地方自治法第121条により出席した者
    市           長      横   尾   俊   彦
    助役                 古   賀   正   義
    収入役                田   中   勝   義
    教育長                尾   形   善 次 郎
    総務課長               藤   田   和   彦
    税務課長               森   山   真   塩
    財政課長               柴   田   藤   男
    市民課長               中   原   博   秋
    生活環境課長             木   島   武   彦
    農林課長               田   中       榮
    農業委員会事務局長          舩   山   正   秀
    建設課長               小   園   敏   則
    企画商工課長             牛   島   剛   勇
    都市計画課長             兼   行       進
    下水道課長              舩   津   忠   伸
    人権・同和対策課長          中   島   重   吉
    福祉健康課長             市   丸   正   文
    教育次長               松   下   伸   廣
    生涯学習課長             松   尾   紀 久 江
    会計課長               本   島   和   典
    水道課長               前   山       充
    市立病院事務長            渕   上   哲   也
    監査委員事務局長           樋   口   和   吉
    恵光園副園長             堤       省   二

      ――――――――――――――――――――――――――――――
       議  事  日  程    12月12日(金)10時開議
 日程第1  市政一般に対する質問
      ――――――――――――――――――――――――――――――
          平成15年12月多久市議会定例会一般質問通告書

 ┌───┬──────────┬───────────────────────────┐
 │ 順番 │  議員名      │      質問要旨                  │
 ├───┼──────────┼───────────────────────────┤
 │   │          │ 1.安全性について賛否が分かれているフッ素洗口の小学 │
 │   │          │  校への導入について                 │
 │   │          │                           │
 │   │          │ 2.多久市行政改革を進めるにあたって、市民のくらしは │
 │ 15 │  興 梠 多津子  │  守られるのでしょうか                │
 │   │          │                           │
 │   │          │ 3.新たな米政策「改革」がされようとしている中、多久 │
 │   │          │  市の農家と農業をどのように応援しようとされているの │
 │   │          │  か                         │
 └───┴──────────┴───────────────────────────┘

 日程第2  議案に対する質疑
   議案甲第36号 多久市廃棄物の減量推進及び適正処理等に関する条例の一部を改正す
          る条例
   議案甲第37号 多久市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の
          縦覧等の手続きに関する条例
   議案甲第38号 多久市過疎地域自立促進計画の変更について
   議案甲第39号 市営住宅家賃滞納者に対する訴訟(和解を含む。 )について
   議案乙第64号 平成15年度多久市一般会計補正予算(第5号)
   議案乙第65号 平成15年度多久市立養護老人ホーム恵光園特別会計補正予算(第3号)
   議案乙第66号 平成15年度多久市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)
   議案乙第67号 平成15年度多久市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
   議案乙第68号 平成15年度多久市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
   議案乙第69号 平成15年度多久市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)
   議案乙第70号 平成15年度多久市水道事業会計補正予算(第4号)
   議案乙第71号 平成15年度多久市病院事業会計補正予算(第3号)
 日程第3  特別委員長報告に対する質疑
   議会等行財政改革特別委員長報告に対する質疑
 日程第4  議案の委員会付託
      ――――――――――――――――――――――――――――――
                議 案 付 託 表
    1 委員会に付託する議案

     ┌─────────┬──────────────────┬─────┐
     │  委員会名    │   議案番号            │ 件 数 │
     ├─────────┼──────────────────┼─────┤
     │ 総務委員会    │   議案甲第38号          │   1  │
     ├─────────┼──────────────────┼─────┤
     │ 建設経済委員会  │   議案甲第39号          │   1  │
     ├─────────┼──────────────────┼─────┤
     │ 文教厚生委員会  │   議案甲第36号〜議案甲第37号   │   2  │
     ├─────────┼──────────────────┼─────┤
     │ 予算特別委員会  │   議案乙第64号〜議案乙第71号   │   8  │
     └─────────┴──────────────────┴─────┘

      ――――――――――――――――――――――――――――――
                 午前10時 開議






○議長(武冨健一君)

 おはようございます。ただいま出席議員数は定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。



△日程第1 市政一般に対する質問



○議長(武冨健一君)

 日程第1.市政一般に対する質問をきのうに引き続き行います。

 まず、興梠多津子君。



◆7番(興梠多津子君) (登壇)

 おはようございます。7番議員日本共産党の興梠多津子でございます。通告に従いまして、三つの項目で質問させていただきます。

 安全性について賛否が分かれているフッ素洗口の小学校への導入について質問いたします。

 9月議会でも私質問させていただきましたが、その後の進め方においても強引に導入されようとしていることが感じられるため、再度質問させていただきます。

 一つは、フッ素洗口について私たち議員への説明と保護者、学校の先生への説明が違っていることです。9月議会での文教委員会の会議のときに、虫歯予防のためにフッ素洗口を導入すること、必要性や安全性を保護者に説明して理解してもらいたいとお話をされた後に、劇薬だから安全性に気をつけて使用しますとも言われました。そのとき、私お話が矛盾していませんかとお聞きしましたら、いろいろ説明をされました。そしてもう一つ、たとえ保護者がフッ素洗口を希望していたとしても、小学校高学年ともなれば子供の意思を尊重しますとのお話でした。その後、小学校の先生とお話をする機会がありまして、この二つのことをお聞きしました。学校で教育委員会の方が説明をされたときには必要性や安全性は言われても、劇薬だから云々とかお話は一言もありませんでしたと、心配しなくてもいいですよくらいだったそうです。そして、子供の意思を尊重しますというお話は聞いたこともありませんとのことでした。どうしてこう食い違っているのか、お尋ねします。

 二つ目は、福岡歯科大学の境先生のお話です。

 教育委員会の方から薦められまして、この先生の学習会に参加いたしました。この先生はフッ素洗口の推進の立場の方です。お話は、フッ素洗口は危険だからと反対しておられる会やグループを敵視したような偏ったお話で、聞いていてこの方は公平な立場でお話をされる方ではないと感じました。自分たちの主張が正しいのだと何度も言われていました。フッ素洗口をしなくて虫歯になったらだれが責任をとるんですかと言われたり、反対する人たちは最初から反対することが目的なのですと言われたのには驚きました。同時にあきれました。反対するのは無責任とも言われました。どちらが無責任かと思いました。

 それにもう一つ驚いたのが、フッ素洗口の推進のためにこの先生たちが研究をされている団体に年間20,000千円国の予算がついており、ことしで4年目ということでした。それはおかしな話ではと意見させていただきました。反対の方たちにはもちろんお金はついていません。反対されている先生の話、安全性に疑問があると言われるお話も聞くべきではないでしょうか。

 三つ目は、アンケートのとり方です。

 アンケートをとられる前にパンフを配られていますね。このパンフレットです。これにはフッ素洗口は虫歯予防に効果があることは書いてありますが、危険性については何も書かれていません。これを見てアンケートに記入することになります。アンケートの文章も何か誘導するような書き方をされています。フッ素洗口については賛成、反対と意見が分かれているものです。これは言い方を変えれば、安全とする意見と安全性に疑問があるという意見に分かれているということです。片方の安全という意見だけ保護者に説明されるなら、保護