議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 多久市

平成15年12月 定例会 12月04日−01号




平成15年12月 定例会 − 12月04日−01号









平成15年12月 定例会



       平成15年12月4日
1.出席議員
   議 長  武 冨 健 一           10 番  中 原   鎭
   副議長  西 山 英 徳           11 番  田 中 英 行
   2 番  中 島 國 孝           12 番  山 口 正 信
   3 番  野 中 保 圀           13 番  角 田 一 彦
   4 番  中 島 慶 子           14 番  田 原   昇
   5 番  山 本 茂 雄           15 番  山 口 龍 樹
   6 番  飯 守 康 洋           16 番  真 島 信 幸
   7 番  興 梠 多津子           17 番  井 上   慧
   8 番  古 賀 和 夫           18 番  石 井 順二郎
   9 番  牛 島 和 廣           19 番  大 塚 正 直

2.欠席議員
    な   し

3.本会議に出席した事務局職員
   事 務 局 長  土 橋 哲 也
   次長兼議事係長  野 中 信 広
   書記       山 田 智 治

4.地方自治法第121条により出席した者
    市           長      横   尾   俊   彦
    助役                 古   賀   正   義
    収入役                田   中   勝   義
    教育長                尾   形   善 次 郎
    総務課長               藤   田   和   彦
    税務課長               森   山   真   塩
    財政課長               柴   田   藤   男
    市民課長               中   原   博   秋
    生活環境課長             木   島   武   彦
    農林課長               田   中       榮
    農業委員会事務局長          舩   山   正   秀
    建設課長               小   園   敏   則
    企画商工課長             牛   島   剛   勇
    都市計画課長             兼   行       進
    下水道課長              舩   津   忠   伸
    人権・同和対策課長          中   島   重   吉
    福祉健康課長             市   丸   正   文
    教育次長               松   下   伸   廣
    生涯学習課長             松   尾   紀 久 江
    会計課長               本   島   和   典
    水道課長               前   山       充
    市立病院事務長            渕   上   哲   也
    監査委員事務局長           樋   口   和   吉
    恵光園長               草   場   藤   夫

      ――――――――――――――――――――――――――――――
       議  事  日  程    12月4日(木)10時開議

       開会
 日程第1  会期決定の件
 日程第2  会議録署名議員の指名
 日程第3  諸報告
 日程第4  議案の一括上程            議案甲第36号〜議案甲第39号
                         〔             〕
                          議案乙第64号〜議案乙第71号
 日程第5  提案理由の説明
 日程第6  閉会中継続審査事件の特別委員長報告

      ――――――――――――――――――――――――――――――
                 午前10時 開会






○議長(武冨健一君)

 おはようございます。これより平成15年12月多久市議会定例会を開会いたします。

 ただいま出席議員数は定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。



△日程第1 会期決定の件



○議長(武冨健一君)

 日程第1.会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会における会期日程については、議会運営委員会において御協議いただきましたとおり、本日より12月19日までの16日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武冨健一君)

 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は16日間と決定いたしました。

 会期中の議事日程につきましては、お手元に配付しております日程表のとおりでありますので、御了承願います。



△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(武冨健一君)

 日程第2.会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、9番議員牛島和廣君、10番議員中原鎭君を指名いたします。



△日程第3 諸報告



○議長(武冨健一君)

 日程第3.諸報告を行います。

 去る11月21日、東京で開催された全国自治体病院経営都市議会協議会第60回理事会について報告いたします。

 会議は、会長のあいさつの後、地方独立行政法人について及び医療制度改革についての講演を拝聴いたしました。引き続き、事務報告の後、協議事項に入り、平成16年度政府予算に対する重点要望書について外4件について協議を行いました。

 次に、各常任委員会の視察研修について、各委員長からの報告を求めます。

 まず、総務委員長の報告を求めます。



◎総務委員長(古賀和夫君) (登壇)

 おはようございます。総務委員会の研修報告をいたします。

 本委員会は、今回の研修テーマを行政改革とまちづくりを主体として、10月29日より10月31日までの3日間、群馬県の太田市と栃木県足利市において研修をいたしました。

 まず、29日早朝に多久を立ちまして、太田市に午後3時前に着き、早速3時より市役所にて研修に入りました。

 太田市は、皆様御存じのとおり、全国的に有名な清水聖義市長のもと、ISO9001・14001を認証取得され、発想は市民の目線で、行革はトップダウンでということで、あらゆる分野で行政改革とこれからの地方の時代への挑戦をされておられます。特に、ああ、これは参考になるなと思ったことは、市民の公平性ということで、行政サービスの源泉は税から得られることから、税金の滞納者への行政サービスの制限が打ち出され、結果として住民の納税への意識、自覚が芽生え、納税相談件数がふえ、税への意識が高まったとのことであります。

 また、職員採用は、まず受験者にテーマを与え、討論をしてもらい、その内容、人間性を見て、1割ぐらいの人に学科試験を受ける資格を与え、選考をしているということ、市職員としてのやる気、人間性をまず見た上で試験をやるという従来の逆の採用法をとっておられます。

 そのほか、市民債の発行、これはもう民間資金の活用ということで、その他いろんなこと、広告入りの窓口封筒とか、公用車への広告掲載、庁舎の清掃費の軽減、警備委託の見直し等、また英語の教育に力を入れられ、英語特区、あるいは芸術学校、スポーツ学校、IT学校等の開設、また、市が現金支給していた謝礼金、祝い金を金券で支給し、地域経済の活性化に努めておられます。ISO9001・ 14001は、今全庁へ拡大を進めているということでございます。

 行政もスピードとタイミングが命ということで、決めたことは即実行という行政のスピード化が進められております。

 午後5時で研修を終わる予定でございましたけれども、本委員会の委員さんたち各位からの質問が相次ぎまして、6時近くまで研修をして、今回の研修で残念なことは、時間が不足したことですよというふうな終わりのあいさつをしたところ、夕食会場でともに夕食をしながら研修しようとの御配慮をいただき、夕食会場で約2時間、太田市の種々の取り組みについてお互いに語り合う場をつくっていただきまして、有意義な研修ができたというふうに思っております。

 10月30日は、栃木県足利市で研修いたしました。

 足利市は、室町幕府を開いた足利氏の発祥の地として、また日本最古の学校「足利学校」、足利氏ゆかりの鑁阿寺で象徴されるように、文化と史跡のまちとして有名で、我が多久市とも孔子廟や東原庠舎等で関係の深いところという感じで研修をさせてもらいました。

 鑁阿寺、足利学校を中心としたこだわりのまちづくりを目指し、周辺一帯を石畳道路でつなぎ、また町並みの修景を守るため、補助金制度等を利用して、歴史と文化のまち、足利のまちづくりが進められており、「歴史から未来へ ときめきの都市 足利」をキャッチフレーズに、ニュー足利創造プランを制定し、にぎわいと交流の拠点づくり等の文化事業と創造、共生による産業の活力づくり、快適で安全でゆとりのある環境づくりに努力されておりました。

 31日に帰途につき、研修を終えましたけれども、今回の研修で気づいたことは、昨年まで職員の方が1名研修に同道されて、ともに研修をされた。しかし、今回予算の都合で削られたところでございますけれども、特に太田市の場合、職員さんから非常に活気あふれる説明をしていただきまして、ああ、これは職員研修の場としては非常にいいなと、職員さんがおられればいいなというふうな気がいたしておりましたので、職員研修の場として何とか予算化できないかなということを強く感じたところでございます。

 以上、研修報告といたします。

 平成15年12月4日、総務常任委員会委員長 古賀和夫、多久市議会議長 武冨健一様。



○議長(武冨健一君)

 総務委員長の報告は終わりました。

 次に、建設経済委員長の報告を求めます。



◎建設経済委員長(野中保圀君) (登壇)

 おはようございます。建設経済委員会の行政視察報告を行います。

 本委員会は、10月29日より10月31日の3日間、愛知、静岡両県内の3市において行政視察を行いました。

 まず、愛知県新城市を視察いたしました。同市は、人口約3万 6,000名の市であります。

 本年9月より市と商工会が連携して、市内共通お買い物券「いーじゃん」をスタートしております。その目的は、お買い物券を媒体として、市民に対して地元消費を積極的に呼びかけ、また事業者は独自サービスの展開に努め、市内消費の拡大と地域経済の活性化、さらには市民との連帯感と、まちづくりの意識を高めるということであります。登録店の募集、券及び消耗品等の印刷、発券から回収、管理とすべて商工会が運営、管理されております。

 市民の反応は、地元の商店を利用しようという気持ちを持たせるということで、とてもよい発想だと好評であるということでした。

 問題点としては、贈答用だけでなく、日常の消費にも活用してもらいたいが、割引等のメリットはないので、「いーじゃん」に関連するイベントや、使うお客様への特別サービス等も考えている。また、JAは参加していないということでありました。

 次に、静岡県浜北市を訪問いたしました。同市は、現在人口8万 6,000名、浜松市と合併予定の市であります。

 駅前地区市街地再開発が平成12年度に完成しております。その目的は、魅力ある中心市街地の形成と商業の活性化、防災機能の強化を目的として、駅前地区を総合的に整備するというもので、駅前広場及び都市計画道路等の公共施設にあわせ、商店、住宅、公益施設、駐車場を主用途とする複合施設建築物を整備されております。

 公益施設は、図書館約 4,000平米、市民サービスセンター、市民プラザ、生涯学習センター、また大会議室 200名、なゆたホール 450名となっております。

 4階から7階の住宅のうち、地権者の入居2戸を除いた29戸は、県住宅供給公社に処分されております。管理運営は、第3セクターの株式会社なゆた・浜北が行っております。再開発された場所と周辺地域を合わせた中心市街の活性化が今後の課題のようでございました。

 最後に視察した愛知県安城市は、人口15万人、平成9年より安城産業文化公園デンパークを運営されております。

 農村と都市の共存、農・工・商調和のとれた産業振興を目的としておられます。敷地面積13万 1,000平米の中に、 3,250種類の花木、28万株が配置されております。総合案内所のデンパーク館、 3,600平米の大温室、 3,500平方メートルの市民農園ほか、体験、買い物、飲食用の複数の施設を有しています。管理運営は、財団法人安城都市農業振興協会が行っています。

 また、園外施設として、道の駅デンパーク安城があり、愛知中央農協により運営されております。年間入園者数は50万人から60万人でありますが、他のテーマパーク等との競争の影響もあり、減少傾向であります。

 今後の課題は、新しい魅力を開発し、入園者数を維持することだということでございました。

 以上、報告いたします。建設経済委員長 野中保圀。



○議長(武冨健一君)

 建設経済委員長の報告は終わりました。

 次に、文教厚生委員長の報告を求めます。



◎文教厚生委員長(大塚正直君) (登壇)

 おはようございます。文教厚生委員会では、去る11月19日より21日まで徳島県小松島市、香川県善通寺市及び坂出市へ、現在あるいは今後多久市が抱えるであろう課題を選んで研修に行ってまいりました。

 主な研修テーマは、小松島市は「養護老人ホームの民間への移管について」、善通寺市は「中学校の入学選択制」について、坂出市は、市立病院を訪問し、院長先生より「市立病院の経営の健全化」について勉強させてもらいました。順を追って報告いたします。

 小松島市は、徳島県の東部に位置し、紀伊水道に面した小松島港を中心に発展している、人口約4万 3,000人のまちです。

 市営で運営されてきた養護老人ホーム「松寿園」は定員50名、昭和47年建築で老朽化して、入所者が激減し、毎年50,000千円の繰入金を投入して運営されておりました。改築を控えて、市の施設として新築をするのか、民間移管を検討し、最終的に民間移管が方針決定されたものでした。

 経過を報告しますと、民間で組織された懇話会より、平成9年4月に「養護老人ホームの業務を含めた一元的運営や役割について見直すべき」の意見書が出されて、市内部で本格検討を開始されました。

 公立、私立で運営する場合のメリット、デメリットを検討する中で、公立運営の最大メリットは、採算面をある程度度外視して、先導的、先進的役割を追求できるところにあるんですが、これが民間施設の方が役割を担っておって、公立運営のメリットが薄らいでいるのではないかという指摘があった反面、デメリットとして、財政面、職員の研修の困難さ、あるいは活性化のための内部的な異動の困難さが指摘されたそうです。

 また、民間で運営される場合のサービスの低下を危惧する声がありましたが、多くの民間施設が全国で健全に運営されていることから、措置費による運営を基本としても、サービスの低下はないということで、民間公募に決定したそうです。

 公募に際しては、居室の個室化を図るが、2人部屋、夫婦部屋も考慮すること、地域交流スペース、自然環境・交通の利便も条件に入れて応募してきた医療法人、社会福祉法人を含めた5法人、途中で1法人が辞退をされたそうですので、4法人が提出された事業計画書等を精査して、福祉関係者、知識経験者、議会行政関係者で構成する選考委員会で社会福祉法人「すだち会」というところに決定されております。オープンは平成14年4月1日、定員50名で、入所者は継続的に入所してまいった26名、在宅より新規に19名、別の系列法人より5名が入られ、入所者は定数50名に満たっているということでした。

 なお、民間に移管する前の直前の職員さんは、園長以下9名で、移管後は配置転換をされております。

 臨時職員さんは、寮母・調理3名、栄養士1名、宿直員2名、嘱託医1名でありましたが、希望を聞いて寮母1名がそのまま養護老人ホームへ残り、後は退職を含め、市営の保育所及び給食センター等への配置がえを希望したそうであります。

 次に、善通寺市の中学校の入学選択制について報告します。

 善通寺市は、市の水道事業の民営化を全国で初めて打ち出し、近隣からも行革のまちとして注目されています。

 香川県の西北部に位置し、江戸時代に四国巡礼が盛んになって、門前町として発展したところであります。現在は、陸上自衛隊が設置されて、現在の都市形態の基礎が確立するために国立大学や大学の誘致が進んでいる人口約3万 4,000人のまちです。

 今回、説明をいただいた勝田教育長は、国会議員秘書、会社役員を前歴とする民間出身の方で、昭和63年4月に市長さんより要請されて、現職につかれたそうです。以来16年が経過して、教職員、保護者等を含めて、学校現場の事情に精通されていました。

 善通寺市の市制施行が昭和29年3月31日ということで、市内に8小学校、2中学校があります。中学校間の距離は直線で 500メートル余り。ある小学校においては、校区について市制施行以来問題があり、昭和34年には創立した中学校へ進学するために、約30%が他市へ集団転校したこともあったそうです。その後も、市内の2中学校以外の学校への就学希望者が毎年20%近くあり、市内中心部にある中央小学校の校区が、東西の二つの中学校に分かれて入学していたことから、改善策を検討する中で中学校選択制が浮上したそうです。

 手続として、まず14年の6月議会で市長が方針を説明し、7月には学校選択制を考える懇談会を立ち上げて検討し、教育委員会で最終的に選択制を決定されておりました。

 議会で方針を説明した後、市内に動揺があったそうですが、教師集団、保護者等へ熱心に説明をした結果、10月ごろには沈静化をし、平成15年1月、ことしですけど、中学校入学予定者への入学通知書の送付後変更を申し出た保護者・生徒は、東中より西中へ7名、その逆が2名で、心配された二つの中学校間の生徒数格差はなかったけど、他校へは現在60名が通学中だそうです。

 保護者・生徒の選択意思を最大限尊重するため、学校ごとの定員制、抽選式はとらず、教育方針、特色ある学校運営、高校への進学状況等の情報開示を積極的に行うことによって今年度をスタートしたんですが、教師や生徒に緊張感が生まれ、学校によい意味の競争意識が醸成されているとのことでした。

 なお、事前に通知していた不登校の状態及び学校評価制度についての説明も受け、香川県が独自に実施する教職員による校長の評価制度についても見解をお聞きしてまいりました。

 次に、坂出市立病院の経営の健全化について報告します。

 坂出市は香川県中央部に位置し、かつては塩田の町として栄えた。現在は、番の州工業地帯を中心として、工業、港湾都市として発展し、瀬戸大橋や高速道路の開通により、四国の玄関都市となった人口約6万 3,000人のまちです。

 坂出市立病院は、1947年に開設され、病床数 216床、8診療科、3病棟から構成され、常勤医師22名、常勤看護師86名を初めとして、合計 222名から構成されています。

 説明いただいた塩谷泰一先生が、香川医科大学より院長として就任したのが1991年の9月でした。このときの状態は、病院の会計は12年連続の赤字が続いており、累積不良債務額は約25億円になっていたそうです。不良債務比率は 100%を超えて、全国自治体病院の中でワースト1位になっていたそうです。

 自治省からは、単に市立病院だけにとどまらず、坂出市全体の問題と認識することとし、健全化を進め、病院の収縮、あるいは廃止を含めて検討することの厳しい指導が入っており、こんな事情がわかったのは、院長として初めて出勤した日だったそうです。

 まず、就任して最初に感じたことが、病院が低迷の現況と考えられるもので、医師を初めとして職員が日常性に埋没し、後で判明したことですが、アンケートにより病院の基本理念、達成可能な組織目標、品質管理システム、医療と経営の一体感、責任転嫁ばかりで自己の責任などだったそうです。

 まずやったこと、現状をすべて否定することから始めたそうです。新たな日常性を構築する気持ち、「変わらなきゃ」こそが病院改革であり、健全化の道と考え、暗闇を歩き始めたと説明が始まりました。

 以降、詳細については時間の関係もありますので、実践された項目だけを紹介したいと思います。

 実践1、率先垂範し、鬼に徹したこと。

 実践2、医師の総入れかえを行ったこと。

 実践3、病院の基本理念の設定をしたこと。

 実践4、職員の意識覚醒を行ったこと。

 新たな日常性の構築、「変わらなきゃ」をモットーに、全員参加の病院経営を推進した結果、医業収支は93年度から5年連続の黒字を維持している。院長就任前の90年度と97年度を比較すると、医業収支 318,000千円の赤字が 230,000千円の黒字、医業収支比率84.5%が 108%、人件費比率77.8%が52.3%。

 医業収支比率の 108%は、全国でも屈指のいい数字だそうです。この間に医療機器の整備とか病院改築とか職員の増員を図ったわけでなく、意識の改革のみで黒字に転換したと言っても過言ではないとおっしゃっていました。

 終わりになりますけど、数多くの横文字と、私には聞きなれず新鮮に感じた漢字をたくさん引用して、パソコンを巧みに使って説明された塩谷院長先生、最初の出だしは事務的で、訪問した私たちの反応をうかがっているようなそっけなさを感じました。説明後、私たちの質問と回答をやりとりするうちに、先生にも熱が入ってきたと思え、当初の予定時間をかなりオーバーしてしまいましたが、丁重に対応していただき感謝しております。これまでの12年間で、研修目的の来訪者は私たちが 425番目ということでした。学者肌と感じ取れる説明には実績があり、一つ一つに少しのすきも感じさせない自信にあふれたものでした。

 「病院会計より坂出市の一般会計に繰入金を出したい」、この夢は実現するのではと感じました。

 研修終了後、病院を後にした坂出市差し回しのバスの中で、議会事務局の人から「研修に見えても相手によっては5分で終了もありました」には、無心にうなずくことができました。「今回の研修のように、院長先生が熱心に対応したのは珍しい。皆さんの研修意欲が相手に伝わったからですよ」の一言に大変満足して、文教厚生委員会の研修を終えることができました。研修させていただいたことに感謝申し上げます。

 平成15年12月、多久市議会文教厚生委員会委員長 大塚正直。



○議長(武冨健一君)

 文教厚生委員長の報告は終わりました。

 以上で、諸報告を終わります。

 なお、関係資料につきましては、議会事務局にありますので、ごらんいただきたいと思います。



△日程第4 議案の一括上程



○議長(武冨健一君)

 日程第4.議案の一括上程を行います。

 議案甲第36号から議案甲第39号まで及び議案乙第64号から議案乙第71号までの12件を一括上程いたします。



△日程第5 提案理由の説明



○議長(武冨健一君)

 日程第5.提案理由の説明を行います。

 提案者の提案理由の説明を求めます。市長。



◎市長(横尾俊彦君) (登壇)

 おはようございます。では早速、提案理由説明をさせていただきます。

 まず、議案甲第36号 多久市廃棄物の減量推進及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例について。

 今回の条例の改正は、一般家庭等から排出されます廃土、レンガ、ブロック、コンクリート破片及び石材の処分を行っております西の原廃土処分場の持ち込み処理手数料を新設することに伴い、条例第19条中の別表を改正するものであります。

 現在、一般家庭等から排出される廃土、レンガ、ブロック、コンクリート破片及び石材の処分につきましては、処分場所を確保してほしいという市民ニーズに対応するため、多久町西の原地区内に関係地区や水利組合と搬入物の種類の指定や定期的な水質検査の実施等の内容を盛り込んだ公害防止協定を締結して、平成4年度に3万 9,250立方メートルの容量を持つ廃土処分場を設置し、対応しているところでございます。

 また、この処分場への持ち込み処理手数料につきましては、設置当初から無料としており、清掃センターへの持ち込み処理は有料としている点と比較をいたしますと、一般廃棄物の処理費用負担の点でバランスを欠いたものとなっておりました。

 このことから、一般廃棄物の公平な処理費用の負担や維持管理に関しての相応の受益者負担等を総合的に考慮いたしますと、西の原廃土処分場につきましても、持ち込み処理手数料を設定し、利用していただくことが適切であると考え、清掃センターへの持ち込み処理手数料と同様の単位、金額を設定するものであります。

 なお、今議会に提案しております事項につきましては、「多久市廃棄物の減量推進及び適正処理等に関する条例」第11条の規定に基づき、多久市廃棄物処理審議会に諮問を行い、諮問案のとおり改定することは妥当であるとの答申をいただいているところでもございます。

 次に、議案甲第37号 多久市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続きに関する条例について。

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第9条の3の規定に基づき、一般廃棄物処理施設の変更に係る届け出に際しては、周辺地域の生活環境に及ぼす影響についての調査結果を縦覧し、生活環境の保全上の見地から、利害関係を有する者に意見書提出の機会を付与することが定められております。

 その縦覧の方法等については条例で定めることとなっておりますので、今回の清掃センター改修に伴い、「一般廃棄物処理施設に係る生活環境調査結果の縦覧等の手続きに関する条例」の制定をするものであります。

 次に、議案甲第38号 多久市過疎地域自立促進計画の変更について。

 本議案は、平成12年度から平成16年度の多久市過疎地域自立促進計画の前期計画について変更いたしたく、過疎地域自立促進特別措置法第6条第6項の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 今回の変更は、大きく分けて二つの事業について新たに重点事業として取り組む必要があり、本計画の追加変更を提案するものであります。

 その内容を申し上げますと、初めに「交通通信体系の整備、情報化及び地域間交流の推進」にかかわるもので、過疎事業として適用を受けるために、地域イントラネット基盤施設整備事業、情報通信システム整備促進事業を追加いたします。

 事業費につきましては、地域イントラネット基盤施設整備事業1億円、情報通信システム整備促進事業 8,000千円、計 108,000千円であります。

 次に、「教育の振興」にかかわるもので、施設の老朽化のため実施いたします南多久公民館改築事業でありますが、この事業につきましても、過疎事業として適用を受けるため追加するものであります。事業費につきましては、 204,000千円であります。

 以上の事業につきまして、本計画への追加変更を御提案申し上げます。

 次に、議案甲第39号 市営住宅家賃滞納者に対する(和解を含む。)訴訟について。

 市営住宅の家賃につきましては、長引く不況や失業等により滞納者が増加しております。このような滞納者に対しましては、毎月の督促や訪問による徴収、また長期滞納者に対しましては滞納理由の聴取を行い、分割納入等の指導を実施しているところであります。

 今回は、分割納入等を約束をしても守らない滞納者2名に対して、市営住宅の明け渡しと滞納家賃の支払いについての訴え及び和解の申し立てを提起したいと考えておりますので、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 次に、議案乙第64号 平成15年度多久市一般会計補正予算(第5号)について。

 今回の補正予算は、国庫支出金、繰入金、市債等を財源として補正を行うものであります。

 歳入の主なものは、市税12,497千円の減、国庫支出金50,232千円、繰入金73,673千円、市債66,700千円であります。

 次に、歳出の主なものといたしましては、総務費 2,482千円、このうち主なものは、企画調整に要する経費 2,200千円、これはコミュニティ助成事業助成金で、両子地区の太鼓浮立用具整備でございます。

 また、電算処理に要する経費 4,500千円、これは納税組合廃止に伴いますプログラムシステム開発改修でございます。

 次に、民生費33,368千円の減、このうち主なものは、児童保護に要する経費36,788千円の減、これは保育所運営委託料等の減であります。

 次に、衛生費 9,975千円、このうち主なものは、環境保全に要する経費 6,165千円、これは合併処理浄化槽設置費補助金でございます。

 次に、農林業費 5,518千円、このうち主なものは、県単独事業のさが農業農村振興整備事業に要する経費 8,000千円、これは瓦川地区圃場整備の追加工事であります。

 次に、教育費 172,145千円、このうち主なものは、西渓中学校校舎改築に要する経費183,835千円であります。

 公債費10,000千円であります。

 次に、歳出を性質別に申し上げますと、投資的経費が 174,688千円、消費的経費26,371千円の減、その他の経費 7,439千円となっております。

 以上、歳入歳出の主なものについて申し上げましたが、今回の補正額は、既定の歳入歳出の総額に 155,756千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ10,597,510千円とするものでございます。

 次に、議案乙第65号 平成15年度多久市立養護老人ホーム恵光園特別会計補正予算(第3号)について。

 今回の補正につきましては、給食調理員の退職に伴います臨時職員の賃金を補正いたすものであります。

 歳入につきましては、一般会計繰入金 1,246千円、歳出につきましては、総務費 1,246千円で、今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ 1,246千円を増額し、歳入歳出予算の総額を 178,879千円とするものであります。

 次に、議案乙第66号 平成15年度多久市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について。

 今回の補正につきましては、事業費の変更に伴う補正をするものであります。

 歳入につきましては、一般会計繰入金 3,807千円の減、歳出につきましては、総務費50千円の減、事業費 3,757千円の減であります。

 今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額から 3,807千円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ 279,980千円とするものであります。

 次に、議案乙第67号 平成15年度多久市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について。

 今回の補正につきましては、補助対応事業費にかかわる工事費において、処理場に要する事業費が確定し、入札減等の対応を図るため、管渠工事において予算の執行を図るものであります。これに伴います処理場工事費の減額及び管渠工事費の増額を行うものであります。

 歳出につきましては、下水道建設事業に要する経費11,000千円、処理場建設事業に要する経費11,000千円の減であります。

 今回の補正は、既定の歳入歳出の予算額を変更せず、歳出予算を組み替えるものとなっております。

 次に、議案乙第68号 平成15年度多久市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について。

 今回の補正で、歳入につきましては、受託工事収益の増額であります。

 歳出につきましては、池の平送水ポンプ場電動弁設置工事及び受託工事の増額の補正であります。

 歳入では、受託工事収益 2,000千円、歳出では、原水及び浄水費 2,940千円、受託工事費 2,000千円、予備費 2,940千円の減で、補正後の歳入歳出の総額を 258,529千円とするものであります。

 次に、議案乙第69号 平成15年度多久市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について。

 今回の補正は、国民健康保険の診療報酬にかかわる保険給付費等の補正を行うものであります。

 歳入につきましては、国民健康保険税10,205千円の減、国庫支出金17,713千円、療養給付費交付金17,108千円。

 次に、歳出につきましては、総務費 4,500千円、保険給付費43,152千円、基金積立金30,000千円の減、予備費 6,964千円であります。

 以上、今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額を24,616千円を増額して、歳入歳出予算の総額をそれぞれ 2,399,706千円とするものであります。

 次に、議案乙第70号 平成15年度多久市水道事業会計補正予算(第4号)について。

 今回の補正は、収益的収入及び支出の受託工事に伴う増額であります。

 歳入は、受託工事収益 7,500千円、歳出は、受託工事費 7,500千円で、既定の歳入歳出予算の総額をそれぞれ 583,460千円とするものであります。

 次に、議案乙第71号 平成15年度多久市病院事業会計補正予算(第3号)について。

 今回の補正は、入院患者数の増及び手術数の増に伴う材料費の補正を行うものであります。

 第3条予算収益的収入及び支出は、既定の予算額に収入・支出それぞれ90,000千円を補正し、収入・支出の総額をそれぞれ 1,500,237千円といたすものであります。

 収入の主なものは、入院収益90,000千円。支出の主なものは、材料費1億円、内訳は、薬品費15,000千円、診療材料費85,000千円、予備費10,000千円の減でございます。

 以上、御審議の上、御承認賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(武冨健一君)

 提案理由の説明は終わりました。



△日程第6 閉会中継続審査事件の委員長報告



○議長(武冨健一君)

 日程第6.閉会中継続審査事件の審査報告を行います。

 議会等行財政改革特別委員長の報告を求めます。



◎議会等行財政改革特別委員長(山口正信君) (登壇)

      ――――――――――――――――――――――――――――――

           議会等行財政改革特別委員会審査報告書

 本委員会に付託になっております、議会等行財政改革について11月25日に委員会を開催し、9月定例議会において報告いたしましたとおり、議員定数の削減は、多久市の財政状況を踏まえ、必要であります。

 定数条例の提出については、3月定例議会で議員提案することに決定いたしました。

 なお、行財政改革の対策については、今後共引き続き慎重に協議することを申し合わせました。

 以上のとおり報告します。

 平成15年12月4日

   議会等行財政改革特別委員会

   委員長 山 口 正 信

                            多久市議会

                            議 長 武 冨 健 一 様

      ――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(武冨健一君)

 議会等行財政改革特別委員長の報告は終わりました。

 以上で閉会中継続審査事件の審査報告は終わりました。

 以上で本日の議事日程は全部終了いたしましたので、本日はこれにて散会いたします。

               午前10時46分 散会