議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 鳥栖市

平成21年 9月 定例会(第5回) 09月11日−05号




平成21年 9月 定例会(第5回) − 09月11日−05号







平成21年 9月 定例会(第5回)



1 出席議員氏名及び議席番号

    議 長   森 山    林      12 番   酒 井  靖 夫
    1 番   田 中  洋 子      13 番   内 川  ? 則
    2 番   国 松  敏 昭      14 番   簑 原    宏
    3 番   太 田  幸 一      15 番   中 村  直 人
    4 番   尼 寺  省 悟      16 番   野 田  ヨシエ
    5 番   中 村  圭 一      17 番   平 川  忠 邦
    6 番   古 賀  和 仁      18 番   三 栖  一 紘
    7 番   齊 藤  正 治      19 番   原    康 彦
    8 番   佐 藤  忠 克      22 番   光 安  一 磨
    10 番   松 隈  清 之      23 番   黒 田    攻
    11 番   小 石  弘 和

2 欠席議員氏名及び議席番号

    24 番   永 渕  一 郎

3 地方自治法第121条による説明員氏名

  市     長  橋 本  康 志   健康福祉部長   松 隈  俊 久
  総務部長     内 田  和 憲    〃   次長  権 藤  之 守
   〃   次長  野 下  政 信   環境経済部長
                      兼上下水道局長  峯    孝 樹
   〃   次長  八 坂  利 男   上下水道局次長  松 田  和 敏
  総合政策課長   石 橋  哲 文   商工振興課長   立 石  利 治
  市民生活部次長  大 塚    篤   建 設 部 長  大 石  哲 信
  税務課長     西 村  良 一    〃   次長  佐 藤  敏 嘉
  教育委員長    増 岡  靖 子   教育部長     西 山  八 郎
  教育長      楢 ?  光 政   教育部総務課長  尼 寺    学

4 議会事務局職員氏名

  事務局長     権 藤  敏 昭   議事係主査    横 尾  光 晴
  次長兼議事係長  林    吉 治   議事係主査    高 尾  守 人
  次長兼庶務係長  内 田  又 二   議事係主査    江 下    剛

5 議事日程

  日程第1  議案乙第26号 平成21年度鳥栖市一般会計補正予算(第4号)
  日程第2  議案乙第27号 平成21年度鳥栖市国民健康保険特別会計補正予算(第2
               号)
  日程第3  議案乙第28号 平成21年度鳥栖市老人保健特別会計補正予算(第2号)
  日程第4  議案乙第29号 平成21年度鳥栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1
               号)
  日程第5  議案乙第30号 平成21年度鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理特別会計補正予
               算(第1号)
  日程第6  議案乙第31号 平成21年度鳥栖市産業団地造成特別会計補正予算(第1
               号)
  日程第7  議案乙第32号 平成21年度鳥栖市下水道事業会計補正予算(第1号)
  日程第8  議案甲第18号 鳥栖市証明等手数料条例の一部を改正する条例
  日程第9  議案甲第19号 鳥栖市国民健康保険税条例の一部を改正する条例
  日程第10  議案甲第20号 鳥栖市条例を廃止する条例の一部を改正する条例
  日程第11  議案甲第21号 市道路線の廃止及び認定について
                               〔質疑、委員会付託〕
  日程第12  議案甲第23号 鳥栖市乳幼児及び児童の医療費の助成に関する条例の一部
               を改正する条例
                                  提案理由説明  
                               〔        〕 
                                質疑、委員会付託  
  日程第13  議案乙第33号 平成20年度鳥栖市水道事業会計決算認定について
        議案乙第34号 平成20年度鳥栖市下水道事業会計決算認定について
                               〔質疑、委員会付託〕 
  日程第14  議案乙第35号 平成20年度鳥栖市一般会計決算認定について
        議案乙第36号 平成20年度鳥栖市国民健康保険特別会計決算認定について
        議案乙第37号 平成20年度鳥栖市老人保健特別会計決算認定について
        議案乙第38号 平成20年度鳥栖市後期高齢者医療特別会計決算認定につい
               て
        議案乙第39号 平成20年度鳥栖市農業集落排水特別会計決算認定について
        議案乙第40号 平成20年度鳥栖市鳥栖駅東土地区画整理特別会計決算認定
               について
        議案乙第41号 平成20年度鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理特別会計決算認
               定について
        議案乙第42号 平成20年度鳥栖市産業団地造成特別会計決算認定について
                                  提案理由説明  
                               〔        〕 
                                質疑、委員会付託  

  午後1時9分開議










○議長(森山林)

 これより本日の会議を開きます。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第1 議案乙第26号 平成21年度鳥栖市一般会計補正予算(第4号)





○議長(森山林)

 日程第1.議案乙第26号 平成21年度鳥栖市一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 質疑を行います。古賀議員。



◆議員(古賀和仁) 〔登壇〕

 ただいま議題になっております議案乙第26号 平成21年度鳥栖市一般会計補正予算(第4号)中、ページ数でいきますと、41ページ、款の2.総務費、項2.徴税費、目2.賦課徴収費1億827万円のうち、市税還付金についてお尋ねをいたします。

 これは説明資料によると、冷凍冷蔵庫に対する過徴収金と企業決算に伴う法人市民税の還付金ということですが、その内訳はどうなのか。また、その過徴収金返還金の対象の企業は何社で、何年分を返還するのか。規定によると、5年間となっているが、今回の場合、実際の税額とその利息額、そのパーセントは幾らなのか。全国でこの問題については起きていると聞くが、今後どのような対応がなされるのかお尋ねをいたします。

 資産の償却年数の違いにより裁判がなされ、その後、高裁の判決も出され、その判断をもとに今回の決定と聞いていますが、この問題は行政の瑕疵だけではなく、企業にも何らかの原因があるのじゃないのかお尋ねをいたします。

 答弁のほうをよろしくお願いいたします。



○議長(森山林)

 西村税務課長。



◎税務課長(西村良一) 〔登壇〕

 税務課長の西村でございます。よろしくお願いいたします。

 ただいまの古賀議員の御質問にお答えいたします。

 一般会計補正予算、歳出、41ページの款.総務費、項.徴税費、目.賦課徴収費、節.償還金利子及び割引料1億806万3,000円のうち4,500万円につきましては、法人市民税の確定申告に伴います市税還付金でございます。

 議員御質問の冷凍倉庫の固定資産税等の過徴収返還金につきましては、6,306万3,000円となりますので、その内容について御説明したいと思います。

 まず、返還の対象企業につきましては4社でございます。それぞれ建築年が異なりますので、返還対象期間は11年から16年の間が対象となっているところでございます。

 この支払対象期間につきましては、鳥栖市固定資産税等に係る返還金支払要綱の規定に基づくもので、地方税法の規定による5年間の還付期間とあわせまして最長20年間としているところでございます。

 また、返還金額の内訳といたしましては、過誤納金相当額、すなわち本税分ですけれども、4,199万6,300円、利息相当額が2,106万6,300円となり、利息計算に伴う利率は要綱に基づきまして、5%となっております。

 今後の対応につきましては、問題が判明して以来、課税客体の的確な把握、固定資産評価基準の的確な運用、固定資産評価担当者の専門的知識の向上などの対策を講じ、再発防止に努めているところでございます。

 今回の過徴収の原因につきましては、本来、冷凍倉庫は一般用倉庫と比較いたしまして、低温で稼働し、損耗が激しいことから、減価償却率、いわゆる経年減点補正率を大きくし、評価額を低く決定しなければならないところを、評価額が高くなる一般用倉庫として経年減点補正率の適用を誤って適用し、評価を行っていたところでございます。

 このことは、固定資産税における建物の評価は、企業会計上の償却処理とは異なる特殊な算出方法に基づくものであることから、企業が建物の償却に関する経理処理をしていたとしても、それによって、本市が間違えた経年減点補正率を適用していることについては、知る余地もなく、企業には過失はないと判断されているところでございます。

 以上、お答えとし、御理解賜りますようお願いいたします。



○議長(森山林)

 ほかにありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第2 議案乙第27号 平成21年度鳥栖市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)





○議長(森山林)

 日程第2.議案乙第27号 平成21年度鳥栖市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第3 議案乙第28号 平成21年度鳥栖市老人保健特別会計補正予算(第2号)





○議長(森山林)

 日程第3.議案乙第28号 平成21年度鳥栖市老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第4 議案乙第29号 平成21年度鳥栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)





○議長(森山林)

 日程第4.議案乙第29号 平成21年度鳥栖市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第5 議案乙第30号 平成21年度鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理特別会計補正予算(第1号)





○議長(森山林)

 日程第5.議案乙第30号 平成21年度鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第6 議案乙第31号 平成21年度鳥栖市産業団地造成特別会計補正予算(第1号)





○議長(森山林)

 日程第6.議案乙第31号 平成21年度鳥栖市産業団地造成特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第7 議案乙第32号 平成21年度鳥栖市下水道事業会計補正予算(第1号)





○議長(森山林)

 日程第7.議案乙第32号 平成21年度鳥栖市下水道事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。

         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第8 議案甲第18号 鳥栖市証明等手数料条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第8.議案甲第18号 鳥栖市証明等手数料条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第9 議案甲第19号 鳥栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第9.議案甲第19号 鳥栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第10 議案甲第20号 鳥栖市条例を廃止する条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第10.議案甲第20号 鳥栖市条例を廃止する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。

         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第11 議案甲第21号 市道路線の廃止及び認定について





○議長(森山林)

 日程第11.議案甲第21号 市道路線の廃止及び認定についてを議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第12 議案甲第23号 鳥栖市乳幼児及び児童の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第12.議案甲第23号 鳥栖市乳幼児及び児童の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。平川議員。



◆議員(平川忠邦) 〔登壇〕

 日本共産党議員団の平川忠邦でございます。ただいま議題となりました議案甲第23号 鳥栖市乳幼児及び児童の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由の説明をいたします。

 この一部を改正する乳幼児の助成は、第3条第2項第2号中の満7歳に達した日以後の最初の3月31日までに改めるという条例改正です。

 中身を簡単に言いますと、小学校1年生まで乳幼児医療の無料化を1歳引き上げるという条例の中身であります。

 鳥栖市は、この乳幼児医療に関しましては、県内でも非常に進んだ自治体、こうした評価を受けておりまして、07年の4月からは就学前までの乳幼児がすべて医療無料と、これが牟田前市長の提案でスタートをいたしまして、そして、その後、市長選挙が行われたわけでありますけれども、新しく市長になられた橋本市長は、マニフェストの中で、小学校の3年生まで無料にするという公約を掲げて市長に当選をされました。その後、私どもも議会でこの公約をどのように実行されるのですかということを何度も一般質問等でお尋ねをいたしました。私自身も07年の6月議会の一般質問の中でこのことをただしたわけでありますけれども、市長のマニフェストでは、期限は2年以内というふうにたしかなっていたというふうに記憶をいたしております。しかし、そのときの一般質問の市長の答弁では、二、三年後の実施を目途に検討をしているというふうな答弁でございました。しかし、それからもう既に2年半が経過をいたしております。そして、昨年の4月からは入院については小学校の6年生までという助成が始まりました。しかし、肝心の通院まで含めた無料化については、全く進むような気配がないという状況が続いております。しかも、任期までもうあと1年半です。

 そうした意味で、私たちは少なくともこの市長のマニフェスト、公約を実現するためには、議会からこうした条例提案をして、一歩前に進めようじゃないかと、こういう趣旨から、今回対象年齢を小学校1年生まで引き上げようという条例案を出したわけであります。

 これを1歳引き上げると、財源的にどれぐらいのお金が必要なのかということも担当部署ともいろいろ意見交換とかもいたしまして、大体1,300万円前後の新たな財源が必要になるのではないかと。そういった意見交換もいたしてまいりました。じゃあ、その財源をどこから捻出するのかと、私たちは一般質問等でも言っておりましたけれども、鳥栖市は、黒字を出している水道企業会計に対して、毎年、一般会計から2,000万円もの繰出金をしている。これが昨年からやめられまして、昨年は、これは退職金という形で使われたようであります。この一部を使うだけでも、この財源的なものはできるんじゃないかというふうに考えておりますし、また、昨年の4月から市長が新たに提案された小学校6年生まで、入院についての無料化、この実績がどうなっているのかなということもいろいろと調査をいたしましたけれども、昨年度で約67件、金額にして約300万円ほどがこの制度を利用されているということで、入院になりますと、どうしても数は少なくなります。そうした点で今回は小学校1年生までは通院まで含めて無料にしたらどうかと、こういう条例を提案するものであります。

 以上で提案理由の説明を終わらせていただきます。



○議長(森山林)

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





○議長(森山林)

 お諮りいたします。議案乙第26号から議案乙第32号まで、並びに議案甲第18号から議案甲第21号まで、及び議案甲第23号、以上12議案については委員会付託表のとおり付託することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、以上12議案は委員会付託表のとおり付託することに決しました。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第13 議案乙第33号 平成20年度鳥栖市水道事業会計決算認定について

      議案乙第34号 平成20年度鳥栖市下水道事業会計決算認定について





○議長(森山林)

 日程第13.議案乙第33号及び議案乙第34号、以上2議案を一括議題といたします。

 一括質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第14 議案乙第35号 平成20年度鳥栖市一般会計決算認定について

      議案乙第36号 平成20年度鳥栖市国民健康保険特別会計決算認定について

      議案乙第37号 平成20年度鳥栖市老人保健特別会計決算認定について

      議案乙第38号 平成20年度鳥栖市後期高齢者医療特別会計決算認定について

      議案乙第39号 平成20年度鳥栖市農業集落排水特別会計決算認定について

      議案乙第40号 平成20年度鳥栖市鳥栖駅東土地区画整理特別会計決算認定について

      議案乙第41号 平成20年度鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理特別会計決算認定について

      議案乙第42号 平成20年度鳥栖市産業団地造成特別会計決算認定について





○議長(森山林)

 日程第14.議案乙第35号から議案乙第42号まで、以上8議案を一括議題といたします。

 一括提案理由の説明を求めます。橋本市長。



◎市長(橋本康志) 〔登壇〕

 本日、ここに追加提案をいたしました議案乙第35号 平成20年度鳥栖市一般会計決算認定について、議案乙第36号 平成20年度鳥栖市国民健康保険特別会計決算認定について、議案乙第37号 平成20年度鳥栖市老人保健特別会計決算認定について、議案乙第38号 平成20年度鳥栖市後期高齢者医療特別会計決算認定について、議案乙第39号 平成20年度鳥栖市農業集落排水特別会計決算認定について、議案乙第40号 平成20年度鳥栖市鳥栖駅東土地区画整理特別会計決算認定について、議案乙第41号 平成20年度鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理特別会計決算認定について、及び議案乙第42号 平成20年度鳥栖市産業団地造成特別会計決算認定について、その概要を申し上げます。

 平成20年度鳥栖市一般会計及び特別会計の決算につきましては、一般会計決算においては歳入総額220億6,796万9,989円、歳出総額214億6,378万374円、国民健康保険特別会計決算においては歳入総額64億9,126万6,979円、歳出総額74億617万4,430円、老人保健特別会計決算においては歳入総額5億7,367万6,203円、歳出総額5億7,404万900円、後期高齢者医療特別会計決算においては歳入総額5億6,591万5,858円、歳出総額5億6,483万5,308円、農業集落排水特別会計決算においては歳入総額2億3,186万3,342円、歳出総額2億3,186万3,342円、鳥栖駅東土地区画整理特別会計決算においては歳入総額1億5,969万6,976円、歳出総額1億5,969万6,976円、新鳥栖駅西土地区画整理特別会計決算においては歳入総額1億1,305万1,153円、歳出総額9,053万8,153円及び産業団地造成特別会計決算においては歳入総額1億6,684万6,105円、歳出総額1億6,676万1,105円となっております。

 なお、決算内容の詳細につきましては、歳入歳出決算事項別明細書、主要施策の成果の説明書等をあわせて提出しておりますので、説明を省略させていただきます。

 これをもちまして、提案理由の説明を終わらせていただきますが、何とぞよろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(森山林)

 一括質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



○議長(森山林)

 お諮りいたします。まず、議案乙第33号 平成20年度鳥栖市水道事業会計決算認定について、議案乙第34号 平成20年度鳥栖市下水道事業会計決算認定について及び議案乙第39号 平成20年度鳥栖市農業集落排水特別会計決算認定について、以上決算関係3議案は、7人の委員をもって構成する水道事業決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査に付することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、以上3議案は7人の委員をもって構成する水道事業決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査に付することに決しました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました水道事業決算特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第6条第1項の規定により、黒田攻議員、小石弘和議員、内川?則議員、尼寺省悟議員、古賀和仁議員、国松敏昭議員、中村圭一議員を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました7人の議員を水道事業決算特別委員会の委員に選任することに決しました。

 お諮りいたします。議案乙第35号 平成20年度鳥栖市一般会計決算認定について、議案乙第36号 平成20年度鳥栖市国民健康保険特別会計決算認定について、議案乙第37号 平成20年度鳥栖市老人保健特別会計決算認定について、議案乙第38号 平成20年度鳥栖市後期高齢者医療特別会計決算認定について、議案乙第40号 平成20年度鳥栖市鳥栖駅東土地区画整理特別会計決算認定について、議案乙第41号 平成20年度鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理特別会計決算認定について及び議案乙第42号 平成20年度鳥栖市産業団地造成特別会計決算認定について、以上決算関係7議案につきましては、8人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査に付することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、以上7議案につきましては、8人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査に付することに決しました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました決算特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第6条第1項の規定により、簑原宏議員、酒井靖夫議員、光安一磨議員、平川忠邦議員、佐藤忠克議員、野田ヨシエ議員、太田幸一議員、松隈清之議員を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました8人の議員を決算特別委員会の委員に選任することに決しました。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





○議長(森山林)

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日は、これをもって散会いたします。



  午後1時33分 散会