議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 鳥栖市

平成 4年 6月 定例会(第3回) 06月05日−01号




平成 4年 6月 定例会(第3回) − 06月05日−01号







平成 4年 6月 定例会(第3回)


1 出席議員氏名及び議席番号    

  議  長   時 津  末 男      15 番   ? 渕  謹 次
   1 番   野 田  ヨシエ      16 番   篠 原    覚
   2 番   平 川  忠 邦      17 番   松 雪  幸 雄
   3 番   原    康 彦      18 番   伊 東  主 夫
   4 番   永 渕  一 郎      19 番   緒 方  勝 一
   5 番   黒 田    攻      21 番   平 塚    元
   6 番   佐 藤  正 剛      22 番   中 村  直 人
   7 番   宮 地  英 純      23 番   藤 井  良 雄
   8 番   山 本  亥津男      24 番   天 本  浅 雄
   9 番   今 村    清      25 番   小 田  一 男
   10 番   姉 川  清 之      26 番   松 隈  成 一
   11 番   牛 嶋  博 明      27 番   塚 本  善 人
   12 番   甲 木    應      29 番   宮 原    久
   13 番   園 田  泰 郎      30 番   本 村  松 次
   14 番   岡    恒 美

2 欠席議員氏名及び議席番号    

   28 番   久 保  不可二

3 地方自治法第 121条による説明員氏名    

  市    長  山 下  英 雄   民生部長    塚 本  昌 則
  助    役  中 野    啓    〃  次長  石 丸  眞 澄
  収入役     真 谷  信 一   経済部長    福 永  静 雄
  総務部長    天 本    晃    〃  次長  池 尻  有三郎
   〃  次長  樋 口  邦 雄   財政課長    野 田  忠 征
  建設部長    石 井  弘 明
   〃  次長  内 田    豊
  水道事業  
  管理者     松 尾  義 昭
  教育委員長   松 隈  之 夫   教育次長    西 依  五 夫
  教育長     柴 田  正 雄

4 議会事務局職員氏名   

  事務局長    小 林  成 臣   書    記  林    吉 治
  次    長
  兼庶務係長   高 尾  義 彰   書    記  熊 田  吉 孝
  議事係長    石 丸  賢 治

5 議事日程  

  日程第1  会期決定
  日程第2  会議録署名議員指名
  日程第3  諸報告 
  日程第4  議案乙第16号〜議案乙第18号
  日程第5  議案甲第32号〜議案甲第36号
                            〔提案理由説明〕


            開会

  午前10時24分

            開議





○議長(時津末男)

 これより平成4年6月定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第1 会 期 決 定





○議長(時津末男)

 日程第1.会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から6月22日までの18日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって今期定例会の会期は、本日から6月22日までの18日間と決定いたしました。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第2 会議録署名議員指名





○議長(時津末男)

 日程第2.会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において本村松次議員、?渕謹次議員を指名いたします。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第3 諸 報 告





○議長(時津末男)

 日程第3.諸報告につきましては、お手元に印刷物を配付いたしておりますので、説明を省略いたします。了承のほどよろしくお願いいたします。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第4 議案甲第32号 鳥栖市非常勤特別職の報酬及び費用弁償に関する条

              例の一部を改正する条例

      議案甲第33号 鳥栖市育英資金貸付基金条例の一部を改正する条例

      議案甲第34号 鳥栖市税条例の一部を改正する条例

      議案甲第35号 鳥栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例

      議案甲第36号 鳥栖市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関

              する条例の一部を改正する条例

      議案乙第16号 平成4年度鳥栖市一般会計補正予算(第1号)

      議案乙第17号 平成4年度鳥栖市下水道特別会計補正予算(第1号)

      議案乙第18号 平成4年度鳥栖市農業集落排水特別会計補正予算

              (第1号)





○議長(時津末男)

 日程第4.議案甲第32号から議案甲第36号まで、及び議案乙第16号から議案乙第18号まで、以上8議案を一括議題といたします。

 一括提案理由の説明を求めます。山下市長。

    〔山下市長登壇〕



◎市長(山下英雄)

 おはようございます。本日、ここに6月市議会を招集いたしまして、当面する諸案件について御審議をお願いすることといたしました。

 提案いたしました議案のうち、議案乙第16号 平成4年度鳥栖市一般会計補正予算(第1号)について、その概要を申し上げます。

 今回の補正予算の編成に当たりましては、公共事業のうち国・県の補助の内示に伴うもの及び緊急を要する事業などを主体に補正いたしました。

 補正予算の総額は、歳入歳出ともそれぞれ8億490万 7,000円でございまして、これを既決予算と合わせますと、本年度の予算総額は139億 7,408万 5,000円となります。

 以下、補正予算の主なものについて申し上げます。

 まず、民生費について申し上げます。

 高齢化社会が進展する中で、高齢者に対する福祉サービス、中でも特に在宅福祉の充実が重要な課題となっております。

 このため、在宅老人福祉対策事業としてデイ・サービス事業、ショートステイ事業、在宅介護支援センター事業など、真心の園の協力をいただき諸事業の充実に努めてまいりました。

 今回、さらに事業の充実を図るため、デイ・サービス事業を現在の通所型に訪問活動を加えたA型に変更し、実施することといたしました。

 このようなことからこの事業を委託しております真心の園では、施設改善を初め将来の利用者増に対応するため、ショートステイ専用施設を現在の4床から20床に増床し、また、将来の地域給食サービスのための厨房施設の改善、在宅介護支援センターの機能充実等のための施設整備を行うこととされておりますので、これに要する経費の一部として 6,125万円を社会福祉法人「寿恵会」に助成することといたしました。

 この施設の整備により、真心の園を本市の在宅老人福祉施設の拠点とし、また社会福祉協議会など諸団体との連携を密にしながら、今後とも高齢化社会の対応に努めてまいりたいと考えております。

 次に、農林水産業費について申し上げます。

 農業農村活性化農業構造改善事業につきましては、平成3年度に田代地区の地域指定を受け、現在、活性化推進事業に取り組んでいるところであります。

 この事業は、恵まれた自然環境を生かし、レジャー型農業を中心に観光的要素を取り入れた宿泊施設完備の滞在型農園施設を建設するもので、この施設の活用により都市住民と農家との交流を推進し、地域農業活性化を図るものであります。

 宿泊施設につきましては、平成5年度に建設することといたしておりますが、今回補助の内示もありましたので、本年度は宿泊施設の運営方法あるいは農園の管理等についての検討を行い、建設予定地の地質調査及び基本設計に要する経費を計上いたしました。

 次に、市民の森周辺では、現在、農業水利施設高度化利用事業及び森林利用高度化対策事業等の整備が行われ、市民の憩いの場として期待されているところであります。

 また、この一帯は本市有数の水源涵養地域であるとともに、年間を通して多くの野鳥が生息し、本市を通過する渡り鳥の休息地ともなっておりますので、自然の景観と水と緑を守ることが必要であると考えております。しかしながら、今日の山林形態を見ますと、人工林の割合は高く、今後人との共存共栄を図るには、広葉樹等の自然林の造成を進めることが重要であります。

 このようなことから、市民の森の拡充整備を図るため、隣接する用地を購入することとし、所要の額を計上いたしました。

 なお、今後計画的に広葉樹等の植えつけを行い、また、自然を維持しながら散策道、遊歩道並びに利便施設を設置し、間伐、整理伐も行ってまいりたいと考えております。

 次に、商工費について申し上げます。

 地域の活性化、さらには地域の特性を生かしたイメージづくり事業として、旧国鉄ヤード跡地を活用したイベント事業がこれまで2回開催されてまいりましたが、これらの実績と経験を踏まえ、本年度は人づくり、まちづくりを目指す起爆剤として日本たばこ産業株式会社鳥栖工場跡地を活用したイベント事業「ハートフルメッセ」が開催されますので、この経費の一部を助成することとし、 1,200万円を計上いたしました。

 次に、土木費について申し上げます。

 市道井川口〜天神松線につきましては、「橋と森のある道づくり」として整備計画を行い、最初の事業として昨年度東橋をシャワー橋としてかけかえを行いました。

 本年度は天神木橋を整備することとし、県のふるさと戦略事業として採択を受けましたので、橋梁かけかえ及び付随する道路の整備に要する経費として1億920万円を計上いたしました。

 また、秋光川ジョギングロード整備につきましては、本年度から3ヵ年の事業として道路舗装、ガードパイプ、休憩施設などを整備することで国の地域づくり推進事業の事業採択を要望いたしておりますが、今回この事業の実施のための測量設計委託料として 1,000万円を計上し、今後事業採択を受け次第、工事に着手することといたしております。

 河川事業につきましては、国の補助内示に伴う補正を行っておりますが、浦田川改修事業は本年度をもって終了することになりました。

 次に、都市計画事業につきましては、公園事業並びに街路ともに国の補助内示に伴い事業費を補正いたしましたが、街路事業の中で曽根崎〜高田線が本年度新規採択を受けましたので、商工団地と県道鳥栖停車場〜曽根崎線を結ぶ幹線道路として整備を図ることといたしました。

 次に、教育費について申し上げます。

 学校教育関係につきましては、本年9月から毎月第2土曜日を休業日とする学校週5日制が実施されることに伴い、休業日の子供の生活行動への対応等について、各種団体等への協力要請あるいは教育問題検討委員会で具体的方策の検討を進めておりますが、まずは小学校低学年で休業日に保護者が家庭にいない児童への対応として、学校等においてスポーツ、文化活動などを実施することが考えられるため、その指導員を配置することとし、所要の経費を計上いたしました。

 また、鳥栖小学校屋内運動場は建設以来26年を経過し、老朽化が著しく、屋根、外壁及び床等を大規模改造事業により改修することとし、 5,700万円を計上いたしました。

 次に、社会教育費について申し上げます。

 基里公民館の建設につきましては、補助の採択に向け関係機関と協議を進めておりましたが、このほど採択の見通しが得られましたので、建設に要する経費として1億 6,992万 5,000円を計上いたしました。

 建設に当たりましては、旧基里中学校跡地に、鉄筋コンクリートづくり平家建て602.11平方メートルの建物を計画し、各種サークルあるいは文化活動の振興等地区住民の生涯学習の場として親しまれる公民館を建設してまいる所存であります。

 次に、鳥栖小学校に保管中のグランドピアノ「フッペル」は、当時婦人会を初め多くの方々から浄財が寄せられ、その資金で購入されたもので、永年児童の音楽教育、情操教育などに使用された歴史のあるもので、太平洋戦争末期、沖縄戦線に出撃する特攻隊員が人生最後の決別の曲にベートーベンのピアノソナタ「月光」を弾いたという、鳥栖市を舞台にした実話として新聞、ラジオで全国的に報道され、大きな感動を呼び、話題になりました。

 そこで、戦争の悲劇を次の世代に伝え、恒久平和を願うとともに、戦争と人間、平和のとうとさなど、このすばらしい実話を映画化しようとする話が持ち上がり、市民有志による映画「月光の夏」を支援する会も結成され、長編劇映画の制作に向け取り組みがなされております。

 市といたしましても、この映画を鳥栖市の歴史資料として、また平和教育の郷土資料とするとともに、地域文化振興と鳥栖の知名度を高める意味からも、この映画制作費の一部として 1,500万円を助成することといたしました。

 次に、少年、少女派遣事業として、鳥栖やまびこ研修団が10回目の記念事業として、東京、富士へ派遣研修を行うことになりましたので、本市の次代を担う青少年の健全育成を図るため、その経費の一部を助成することといたしました。

 あわせて、昨年本市の少年、少女が、本市と歴史的に関係の深い対馬に訪問研修を行いましたが、今年は対馬厳原町の少年、少女派遣研修団が都市間交流の一環として本市を訪問されますので、この交流に要する経費を計上いたしました。

 また、江戸時代に田代代官所の副代官であった賀島兵介公の善政に対する感謝の意味で、毎年4月に太田観世音寺境内で「賀島祭」が行われておりますが、対馬にある賀島公の墓地や流罪のため幽閉された場所など、ゆかりの地を表敬訪問することになた、これに要する経費を計上いたしました。

 なお、映画「月光の夏」制作補助、少年、少女派遣研修事業、賀島公ゆかりの地表敬訪問事業及びイベント事業「ハートフルメッセ」補助については、本年度の地域づくり推進事業(ふるさと創生事業)として取り組むものであります。

 次に、保健体育費につきましては、スポーツ、レクリエーション施設の整備充実の一環として、昨年度基里運動広場に夜間照明施設を設置いたしましたが、さらに本年度も引き続き防球ネット、バックネットを設置することとし、 2,300万円を計上いたしました。

 また、勤労者の福祉とスポーツの活動の場として、体育施設を兼ね備えた勤労者総合福祉センターを雇用促進事業団により、旧基里中学校跡地に平成4年度及び5年度の2ヵ年で建設することとし、その建設に伴う地質調査、基本設計等の委託料を計上いたしました。

 以上、補正予算の主なものについて申し上げましたが、歳入のうち市税につきましては、固定資産税の調定等に伴い見込み額を計上し、国・県支出金及び市債につきましては、事業に伴う補助金等を計上いたしました。

 歳入の主なものといたしましては、

   市    税   2億  300万円

   国・県支出金   2億 8,746万 1,000円

   繰越金      2億円

   市    債   1億 1,270万円

などを計上いたしました。

 次に、議案乙第17号 平成4年度鳥栖市下水道特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 今回、北部丘陵新都市区域内の整備を図るための住宅宅地関連公共施設整備促進事業として、国の内示がありましたので、地域振興整備公団からの負担金と合わせ追加補正し、ポンプ場及び圧送管の実施設計などを行うことといたしました。

 次に、議案乙第18号 平成4年度鳥栖市農業集落排水特別会計補正予算(第1号)について申し上げます。

 農業集落排水事業につきましては、飯田地区に続き本年度永吉地区が新規に国の事業採択を受けましたので、平成7年度までの4ヵ年で整備することといたしております。

 本年度は、基本設計及び実施設計を行うほか、一部工事にも着手する予定であります。

 なお、その他の議案につきましては、それぞれ提案理由を記述いたしておりますので、説明を省略させていただきます。

 以上をもちまして、提案理由の説明を終わらせていただきますが、何とぞよろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。

 終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





○議長(時津末男)

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。



  午前10時41分 散会