議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 鳥栖市

平成21年 5月 臨時会(第2回) 05月29日−01号




平成21年 5月 臨時会(第2回) − 05月29日−01号







平成21年 5月 臨時会(第2回)



1 出席議員氏名及び議席番号

    議 長   森 山    林      12 番   酒 井  靖 夫
    1 番   田 中  洋 子      13 番   内 川  ? 則
    2 番   国 松  敏 昭      14 番   簑 原    宏
    3 番   太 田  幸 一      15 番   中 村  直 人
    4 番   尼 寺  省 悟      16 番   野 田  ヨシエ
    5 番   中 村  圭 一      17 番   平 川  忠 邦
    6 番   古 賀  和 仁      18 番   三 栖  一 紘
    7 番   齊 藤  正 治      19 番   原    康 彦
    8 番   佐 藤  忠 克      22 番   光 安  一 磨
    10 番   松 隈  清 之      23 番   黒 田    攻
    11 番   小 石  弘 和      24 番   永 渕  一 郎

2 欠席議員氏名及び議席番号

    な  し

3 地方自治法第121条による説明員氏名

  市     長  橋 本  康 志   健康福祉部長   松 隈  俊 久
  副  市  長  篠 原  正 孝     〃  次長  権 藤  之 守
  総 務 部 長  内 田  和 憲   環境経済部長
                      兼上下水道局長  峯    孝 樹
    〃  次長  野 下  政 信   上下水道局次長  松 田  和 敏
    〃  次長  八 坂  利 男   商工振興課長   立 石  利 治
  総合政策課長   石 橋  哲 文   建 設 部 長  大 石  哲 信
  市民生活部長   陣 内  誠 一     〃  次長  佐 藤  敏 嘉
    〃  次長  大 塚    篤

  教育委員長    増 岡  靖 子   教 育 部 長  西 山  八 郎
  教  育  長  楢 ?  光 政   教育部総務課長  尼 寺    学

4 議会事務局職員氏名

  事 務 局 長  権 藤  敏 昭   議事係主査    横 尾  光 晴
  次長兼議事係長  林    吉 治   議事係主査    高 尾  守 人
  次長兼庶務係長  内 田  又 二   議事係主査    江 下    剛

5 議事日程

  日程第1  会期決定
  日程第2  会議録署名議員指名
  日程第3  議案甲第9号〜議案甲第13号
        議案乙第21号〜議案乙第23号
                          ┌ 提案理由説明      ┐
                          │ 質疑、委員会付託    │
                          │ 関係常任委員長審査報告 │
                          └ 質疑、討論、採決    ┘

        開会
  午前10時
        開議










○議長(森山林)

 これより平成21年5月臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第1 会 期 決 定





○議長(森山林)

 日程第1.会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は本日1日間と決定いたしました。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第2 会議録署名議員指名





○議長(森山林)

 日程第2.会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において原康彦議員、中村圭一議員を指名いたします。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第3 議案甲第9号 鳥栖市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例

      議案甲第10号 鳥栖市長及び副市長の諸給与条例の一部を改正する条例

      議案甲第11号 鳥栖市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

      議案甲第12号 専決処分事項の承認について

      議案甲第13号 専決処分事項の承認について

      議案乙第21号 専決処分事項の承認について

      議案乙第22号 専決処分事項の承認について

      議案乙第23号 専決処分事項の承認について





○議長(森山林)

 日程第3.議案甲第9号から議案甲第13号まで及び議案乙第21号から議案乙第23号まで、以上8議案を一括議題といたします。

 一括提案理由の説明を求めます。橋本市長。



◎市長(橋本康志) 〔登壇〕

 おはようございます。本日、ここに5月市議会臨時会を招集いたしまして、市議会議員、市長及び副市長の期末手当並びに職員の期末手当及び勤勉手当の特例措置並びに専決処分事項の承認について御審議をお願いすることといたしました。

 提案いたしました議案甲第9号 鳥栖市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、議案甲第10号 鳥栖市長及び副市長の諸給与条例の一部を改正する条例及び議案甲第11号 鳥栖市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきましては、国家公務員の給与改定に伴う関係法律の改正に準じ、平成21年6月に支給する市議会議員、市長及び副市長の期末手当並びに職員の期末手当及び勤勉手当の特例措置を設けることといたしました。

 次に、議案甲第12号及び第13号 専決処分事項の承認についてでありますが、平成21年3月31日に地方税法等の改正がなされましたので、これに伴い、鳥栖市税条例等の一部を改正する条例及び鳥栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例を専決処分したものでございます。

 次に、議案乙第21号 専決処分事項の承認についてであります。鳥栖中学校屋内運動場の天井はり接合部のボルトが落下したことに伴い、緊急に改修が必要となったため、平成21年度鳥栖市一般会計補正予算(第1号)を専決処分したものでございます。

 なお、歳入につきましては、国庫支出金のほか財政調整基金から繰り入れることといたしました。

 補正予算の総額は、歳入、歳出ともそれぞれ1,350万円でございまして、これを既決の予算と合わせますと、本年度の予算総額は201億3,634万3,000円となります。

 次に、議案乙第22号 専決処分事項の承認についてであります。今日の厳しい経済情勢に伴う所得の減により歳入の要となります国民健康保険税収入が減少したものの、後期高齢者医療制度の施行により平成20年度は単年度黒字となりました。

 しかし、これまでの累積赤字により平成20年度の鳥栖市国民健康保険特別会計において歳入不足が生じましたので、本年度歳入からこれに充てるため、平成21年度鳥栖市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を専決処分したものでございます。

 次に、議案乙第23号 専決処分事項の承認についてであります。平成20年度の鳥栖市老人保健特別会計において、国庫支出金の歳入不足が生じましたので、本年度歳入からこれに充てるため、平成21年度鳥栖市老人保健特別会計補正予算(第1号)を専決処分したものでございます。

 以上をもちまして、提案理由の説明を終わらせていただきますが、何とぞよろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(森山林)

 一括質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。

 お諮りいたします。以上8議案につきましては、委員会付託表のとおり付託することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、8議案については委員会付託表のとおり付託することに決しました。

 委員会開会のため休憩をいたします。



  午前10時5分休憩



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



  午後1時58分開議





○議長(森山林)

 再開いたします。

 休憩前に引き続き、議案甲第9号から議案甲第13号まで及び議案乙第21号から議案乙第23号までに対する議案審議を続行いたします。

 関係常任委員長の一括審査報告を求めます。

 まず、総務常任委員長の一括審査報告を求めます。酒井総務常任委員長。



◎総務常任委員長(酒井靖夫) 〔登壇〕

 ただいま議題となりました議案甲第9号、議案甲第10号、議案甲第11号、議案甲第12号、議案甲第13号、議案乙第21号、議案乙第22号及び議案乙第23号、以上8議案について、その審査の経過と結果について、その主なものを一括して御報告申し上げます。

 まず、議案甲第9号 鳥栖市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例、議案甲第10号 鳥栖市長及び副市長の諸給与条例の一部を改正する条例及び議案甲第11号 鳥栖市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、以上3議案について、あわせて申し上げます。

 これらの条例改正につきましては、国家公務員の給与改定に準じ、市議会議員、市長及び副市長の期末手当について、本年6月の期末手当の支給月数を0.15月分暫定的に引き下げる特例措置を設けるもの、また、職員の期末及び勤勉手当について、本年6月の期末手当の支給月数を0.15月分、勤勉手当の支給月数を0.05月分暫定的に引き下げる特例措置を設けるものであります。

 審査の過程において各委員から、職員の業務量の増大と手当の削減について、一つ、国・県への具申について、一つ、首長の給与決定の責任について、一つ、8月人事院勧告までの実施の延伸と未実施の場合のペナルティーについて、一つ、国の景気発表の根拠について、一つ、減額した場合の手当の具体的な額について、一つ、減額される財源の使途について、一つ、減額の根拠とその説明責任について、一つ、市内企業のボーナス支給の状況について、一つ、人事院の調査内容の考え方について、一つ、職員組合との協議について、一つ、民間の景気と公務員の給与について、一つ、手当の削減と特別職報酬等審議会について、一つ、手当の削減が地域経済に与える影響についてなどの質疑があり、執行部からそれぞれの説明を受けたところであります。

 次に、議案甲第12号 専決処分事項の承認について申し上げます。

 この専決処分は、地方税法等の一部改正に伴い、鳥栖市税条例等の一部を改正するものであります。

 改正の主な内容につきましては、個人市民税関係では、長期譲渡所得の課税の特例の適用期限を延長するもの及び上場株式等の配当、譲渡益に関する特例措置を延長するものであります。

 また、固定資産税関係では、土地の税負担の調整措置の延長、社会医療法人が救急医療等確保事業の用に供する固定資産に係る非課税措置の創設、医療関係者の養成所において教育の用に供する固定資産に係る非課税措置の拡充及び長期優良住宅に係る固定資産税の減額措置などが講じられております。

 次に、議案甲第13号 専決処分事項の承認について申し上げます。

 この専決処分は、地方税法等の一部改正に伴い、鳥栖市国民健康保険条例の一部を改正するものであります。

 改正の主な内容につきましては、介護納付金の課税限度額が9万円から10万円に、また、2割軽減について、5割、7割軽減と同様に一律の軽減を行うため、2割軽減の条件つき軽減対象規定が削除されたものでございます。

 審査の過程において委員から、一つ、2割軽減認定方法の改正による増加見込み数について、一つ、介護納付金分課税限度額の引き上げ理由及び国保会計への影響についてなどの質疑があり、執行部からそれぞれ説明を受けたところであります。

 次に、議案乙第21号 専決処分事項の承認について申し上げます。

 この専決処分につきましては、鳥栖市中学校屋内運動場天井改修事業におきまして、一般財源として財政調整基金から916万7,000円の繰り入れが行われております。

 審査の過程において各委員から、一つ、体育館の大規模改修工事とボルト点検について、一つ、落下したボルトの性能についてなどの質疑があり、執行部からそれぞれ説明を受けたところであります。

 次に、議案乙第22号 専決処分事項の承認について申し上げます。

 この専決処分につきましては、平成20年度国民健康保険特別会計におきまして、9億3,006万5,000円の歳入不足となるため、平成21年度国民健康保険特別会計から繰上充用し、歳入補填を行うため専決処分されたものでございます。

 審査の過程において委員から、一つ、平成20年度単年度の黒字額とその要因及び今後の見込みについての質疑があり、執行部から説明を受けたところであります。

 次に、議案乙第23号 専決処分事項の承認について申し上げます。

 この専決処分につきましては、平成20年度老人保健特別会計におきまして、36万5,000円歳入不足となるため、平成21年度老人保健特別会計から繰上充用し、歳入補填を行うため専決処分されたものでございます。

 当総務常任委員会といたしましては、慎重審査の結果、議案甲第9号、議案甲第11号及び議案甲第13号につきましては、採決により原案のとおり可決及び承認すべきものとして決し、議案甲第10号、議案甲第12号、議案乙第21号、議案乙第22号及び議案乙第23号につきましては、原案のとおり可決及び承認すべきものとして決した次第であります。

 以上、御報告といたします。



○議長(森山林)

 次に、文教厚生常任委員長の審査報告を求めます。野田文教厚生常任委員長。



◎文教厚生常任委員長(野田ヨシエ) 〔登壇〕

 ただいま議題となりました議案乙第21号 専決処分事項の承認について、その審査の経過と結果について御報告申し上げます。

 まず、歳入について申し上げます。

 国庫補助金の中学校費国庫補助金433万3,000円については、鳥栖中学校屋内運動場天井改修工事に対する補助金であります。また、基金繰入金の財政調整基金繰入金916万7,000円については、同じく鳥栖中学校屋内運動場天井改修工事に充てるための繰入金として計上されております。

 次に、歳出について申し上げます。

 中学校費の工事請負費1,300万円については、鳥栖中学校屋内運動場の天井のはりの接合部に使用されていたボルトを取りかえるための改修工事費であります。

 なお、審査の過程で各委員から、ボルトの落下原因について、工事の発注方法等について、瑕疵担保責任について、工事の内容について、他の公共施設の安全性の確保についてなどの質疑があり、執行部から説明を受けたところであります。

 当文教厚生常任委員会に付託されました議案乙第21号 専決処分事項の承認については、慎重審査の結果、原案のとおり承認すべきものとして決した次第であります。



○議長(森山林)

 ただいまの関係常任委員長報告に対し、一括質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。

 これより討論を行います。

 議案甲第9号 鳥栖市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例及び議案甲第11号 鳥栖市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、野田ヨシエ議員から反対討論の通告があっておりますので、発言を許します。野田議員。



◆議員(野田ヨシエ) 〔登壇〕

 社民党議員団の野田でございます。ただいま議題になっております議案甲第9号 鳥栖市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例及び議案甲第11号 鳥栖市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、それぞれ関係しておりますので、一括して反対討論を行います。

 この2議案は、いずれも国家公務員の給与改定に伴う関係法律の改正に準じて、平成21年6月に支給する市議会議員並びに職員の期末手当の特例措置を実施するために提案された条例改正であります。

 まず、反対する第1の理由は、公務員の労働基本権の代償措置機関である人事院が臨時調査を行ったこと自体が、これまでにない異例であるという問題であります。まさに総選挙を目の前にして、政治の圧力で行われたものであるとしか言いようがありません。また、このことは、人事院勧告制度の根幹を大きく揺るがすものであります。しかも、この調査は極めて、いわゆる精密と正確、これを精確性、そういう意味でございますので。そういう精確性に欠けるものであり、この勧告を受け入れるわけにはいきません。

 8月に、より精密な通常の調査をもとにした人事院勧告がこれまで出されておりましたけれども、今回出されておりますこの暫定勧告そのものに意味はないのではないかと思うわけであります。

 これまで企業の一時金が出た段階の人勧が出されていましたけれども、今回はまだほとんどの企業が妥結をしていない、こういう時期にわざわざ臨時の調査でということは問題ではないかと、このように思うわけであります。さらに、国家公務員の期末手当に関連しての法案は衆議院は通過したものの、参議院では本日、国会審議で決まるというふうになっておりますが、このようにまだ終わっていないにもかかわらず、今回の執行部の提案は余りにも唐突、そして乱暴であり、納得するわけにはいきません。

 次の反対する第2点目ですが、現在、急速な景気悪化に伴って、大きく地域経済も冷え込んでおり、さらにこれに追い打ちをかけるようなこのような人事院勧告の措置によって、ますます消費者の財布のひもはかたくなり、目の前の夏のシーズン、購買力を当て込んでいる多くの市内の中小企業に与える影響は無視はできないと、このように思います。また、公務員に限らず、消費マインドを冷え込ませ、地域経済に大きな打撃を与えることになります。

 さらに、民間の春闘、賃金交渉の状況を見ると、まだまだ約8割がこの夏季一時金の妥結には至っておらないと聞いております。公務員に対する今回の措置は、これからという民間の労使交渉の時期だけに、マイナス要因として多大な影響を及ぼすことになりかねません。

 このように、賃金で生活している労働者には勧告という形で生活不安を与えながら、一方、麻生内閣は多くの国民の反対の声にも耳をかさず、景気回復と称し、皮肉にも落ち込んでいる支持率回復のために、定額給付金の交付など、金をばらまく景気回復、景気浮揚、このような施策とはまさに逆行するものであり、矛盾を感じるものであります。

 3つ目ですが、今月8日、5月8日に総務省自治行政局公務員部長の名前で、各都道府県、それから各指定都市市長、各人事委員会委員長などにあてた「人事院勧告の取り扱いについて」という、この写しを私は持っておりますが、この中で、特に地方公務員についても、地域の実情を踏まえつつ、国の取り扱いを基本として対応していただくようというふうなことで書かれております。

 このような、いわゆる地域の実情を踏まえつつという文言に大変意味があると思いますが、佐賀県の人事委員会では、今月、5月13日付で出されました「職員の期末手当及び勤勉手当に関する報告」というこの文書の中で、今回の夏季一時金に関する臨時調査の結果が、県内民間企業の夏季一時金の全体状況を──先ほど言いましたように、正確、精密ですね──精確に反映したものとまでは判断できないというふうにして、今回は勧告はせずに報告だけにとどめていることも大きな特徴です。

 同じく近隣を見てみますと、みやき町、そして上峰町も実施を凍結しているという状況であります。また、きのう開催をされたと聞いておりますが、基山町でも大変賛否両論、けんけんがくがくの議論が出たというふうに聞いております。さらには、九州各県の状況を見てみますと、お隣の福岡県、そして鹿児島県、沖縄県と、九州の約半数に当たる県では今回の勧告は行わないというふうに聞いています。

 先ほど紹介いたしましたけれども、総務省の通知にもあるように、地域の実情を踏まえることを考慮すると、佐賀県の賃金は全国でも最低のランクにあるという低賃金の実態、さらには鳥栖市は福岡県との県境に位置をしておりますし、私たちの生活圏、経済圏は福岡県にあるという地域事情を考えますときに、今回のこのような措置は到底受け入れられるものではない。そしてまた、地方分権が非常に叫ばれる今日、国はもっともっと地方自治体の地域実情をやっぱり尊重すべきであるというふうに思います。このように、目先の政局に振り回されることなく、働く者の士気が損なわれるような施策はとるべきではないと、このように私は思います。

 最後に、労使との十分な協議がなされているとは思われないというふうなことを申し上げまして、以上、幾つかの点について反対理由を述べました。今回、提案されました2議案については賛成することができないということを明らかにして、私の反対討論といたします。



○議長(森山林)

 討論を終わります。

 これより採決を行います。

 まず、議案甲第9号 鳥栖市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例及び議案甲第11号 鳥栖市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、起立により採決を行います。

 2議案に対する委員長報告は可決であります。2議案は委員長報告のとおり決するに賛成の方の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって、議案甲第9号 鳥栖市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例及び議案甲第11号 鳥栖市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、委員長報告のとおり可決することに決しました。

 次に、議案甲第13号 専決処分事項の承認については、討論を省略して、直ちに採決を行います。

 本案に対する委員長報告は承認であります。本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

    〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕

 御異議がありますので、起立により採決を行います。

 本案は委員長報告のとおり決するに賛成の方の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕

 起立多数であります。よって、議案甲第13号 専決処分事項の承認については、委員長報告のとおり承認することに決しました。

 次に、議案甲第10号、議案甲第12号及び議案乙第21号から議案乙第23号まで、以上5議案は討論を省略して、直ちに採決を行います。

 5議案に対する関係常任委員長報告は可決及び承認であります。5議案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案甲第10号 鳥栖市長及び副市長の諸給与条例の一部を改正する条例、議案甲第12号 専決処分事項の承認について、議案乙第21号 専決処分事項の承認について、議案乙第22号 専決処分事項の承認について及び議案乙第23号 専決処分事項の承認については、委員長報告のとおり可決及び承認することに決しました。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





○議長(森山林)

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 これにて平成21年5月臨時会を閉会いたします。



  午後2時23分閉会



地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



         鳥栖市議会議長   森  山     林





           〃 議 員   原     康  彦





           〃 議 員   中  村  圭  一