議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 鳥栖市

平成20年 3月 定例会(第1回) 03月14日−06号




平成20年 3月 定例会(第1回) − 03月14日−06号







平成20年 3月 定例会(第1回)



1 出席議員氏名及び議席番号

    議 長   森 山    林      12 番   酒 井  靖 夫
    1 番   田 中  洋 子      13 番   内 川  ? 則
    2 番   国 松  敏 昭      14 番   簑 原    宏
    3 番   太 田  幸 一      15 番   中 村  直 人
    4 番   尼 寺  省 悟      16 番   野 田  ヨシエ
    5 番   中 村  圭 一      17 番   平 川  忠 邦
    6 番   古 賀  和 仁      18 番   三 栖  一 紘
    7 番   齊 藤  正 治      19 番   原    康 彦
    8 番   佐 藤  忠 克      22 番   光 安  一 磨
    10 番   松 隈  清 之      23 番   黒 田    攻
    11 番   小 石  弘 和      24 番   永 渕  一 郎

2 欠席議員氏名及び議席番号

    な  し

3 地方自治法第121条による説明員氏名

  市     長  橋 本  康 志   健康福祉部長   上 野  和 実
  副  市  長  篠 原  正 孝     〃  次長  松 田  俊 啓
  総 務 部 長  内 田  和 憲   環境経済部長
                      兼上下水道局長  近 藤  繁 美
    〃  次長  大 石  哲 信   環境経済部次長  高 田  静 夫
    〃  次長  八 坂  利 男   上下水道局次長  松 隈  俊 久
  会計管理者
  兼出納室長    矢ケ部  佐 月   建 設 部 長  峯    孝 樹
  市民生活部長   ? 尾  信 夫     〃  次長  石 丸  幸 一
  市民協働推進課長 園 木  一 博
  教育委員長    増 岡  靖 子   教 育 部 長  松 永  定 利
  教  育  長  中 尾  勇 二     〃  次長  陣 内  誠 一

4 議会事務局職員氏名

  事務局長     石 丸  賢 治   書     記  江 下    剛
  次長兼議事係長  権 藤  敏 昭   書     記  脇    弘 人
  次長兼庶務係長  内 田  又 二

5 議事日程

  日程第1  議案甲第1号 鳥栖市農業委員会の委員の定数条例の一部を改正する条例
  日程第2  議案甲第2号 鳥栖市証明等手数料条例の一部を改正する条例
  日程第3  議案甲第3号 鳥栖市特別会計条例の一部を改正する条例
  日程第4  議案甲第4号 鳥栖市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例等の一部を
               改正する条例
  日程第5  議案甲第5号 鳥栖市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正す
               る条例
  日程第6  議案甲第6号 鳥栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例
  日程第7  議案甲第7号 鳥栖市後期高齢者医療に関する条例
  日程第8  議案甲第8号 鳥栖市交通安全指導員設置条例の一部を改正する条例
  日程第9  議案甲第9号 鳥栖市中小企業小口資金融資条例の一部を改正する条例
  日程第10  議案甲第10号 鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理事業施行に関する条例
  日程第11  議案甲第11号 鳥栖市条例を廃止する条例の一部を改正する条例
  日程第12  議案甲第12号 佐賀県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増
               加及び規約の変更に関する協議について
  日程第13  議案甲第13号 鳥栖市土地開発公社定款の変更について
  日程第14  議案甲第14号 財産(土地)の取得について
                               〔質疑、委員会付託〕
  日程第15  請願第1号  市立保育所下野園について
                                    趣旨説明  
                               〔        〕 
                                質疑、委員会付託  

  午前10時開議










○議長(森山林)

 これより本日の会議を開きます。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第1 議案甲第1号 鳥栖市農業委員会の委員の定数条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第1.議案甲第1号 鳥栖市農業委員会の委員の定数条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第2 議案甲第2号 鳥栖市証明等手数料条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第2.議案甲第2号 鳥栖市証明等手数料条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第3 議案甲第3号 鳥栖市特別会計条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第3.議案甲第3号 鳥栖市特別会計条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第4 議案甲第4号 鳥栖市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例等の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第4.議案甲第4号 鳥栖市ひとり親家庭等医療費助成に関する条例等の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第5 議案甲第5号 鳥栖市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第5.議案甲第5号 鳥栖市乳幼児の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第6 議案甲第6号 鳥栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第6.議案甲第6号 鳥栖市国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第7 議案甲第7号 鳥栖市後期高齢者医療に関する条例





○議長(森山林)

 日程第7.議案甲第7号 鳥栖市後期高齢者医療に関する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第8 議案甲第8号 鳥栖市交通安全指導員設置条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第8.議案甲第8号 鳥栖市交通安全指導員設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第9 議案甲第9号 鳥栖市中小企業小口資金融資条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第9.議案甲第9号 鳥栖市中小企業小口資金融資条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第10 議案甲第10号 鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理事業施行に関する条例





○議長(森山林)

 日程第10.議案甲第10号 鳥栖市新鳥栖駅西土地区画整理事業施行に関する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第11 議案甲第11号 鳥栖市条例を廃止する条例の一部を改正する条例





○議長(森山林)

 日程第11.議案甲第11号 鳥栖市条例を廃止する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第12 議案甲第12号 佐賀県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更に関する協議について





○議長(森山林)

 日程第12.議案甲第12号 佐賀県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第13 議案甲第13号 鳥栖市土地開発公社定款の変更について





○議長(森山林)

 日程第13.議案甲第13号 鳥栖市土地開発公社定款の変更についてを議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第14 議案甲第14号 財産(土地)の取得について





○議長(森山林)

 日程第14.議案甲第14号 財産(土地)の取得についてを議題といたします。

 質疑を行います。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





△日程第15 請願第1号 市立保育所下野園について





○議長(森山林)

 日程第15.請願第1号 市立保育所下野園についてを議題といたします。

 紹介議員の趣旨説明を求めます。光安議員。



◆議員(光安一磨) 〔登壇〕

 政友会の光安でございます。皆様方に議長より請願文書が配付されていると思いますが、下野園に関する願意内容について御紹介をさせていただきます。

 鳥栖市立下野園については、平成20年1月27日、市から別紙「下野園の改築について」の文書配布があり、引き続きそれに基づく市長の説明を受けたところであります。

 同文書ないし市長説明は、改築を謳いながら、結論を廃園とするために、建物個体と地方自治法第10章 公の施設を意図的に混同し、老朽化したから廃園にするとしています。老朽化したら改築するか新築するかすればいいわけで、議会の議決を要する廃園(公の施設の廃止)とは何の関係もありません。

 また、現状分析においても、下野園の持つ、かけがえのない立地環境や下野区との密接な交流など、下野園の優れた部分については一切触れておりません。

 そもそも五十数年前、下野園は下野区の発意により、下野区によって設立され、公立になるに当たっても、下野区が敷地の借り上げについて働き、相応の費用負担までして発足したもので、他の園とは異なった設立経緯を持っています。

 さらに、市の説明について続ければ、官民保育所の比較において、議会の関与がなくなることには一言も触れず、官でも民でも大して変わるところがないかのような説明をしています。

 つきましては、地方自治法第124条の規定に基づき次のとおり請願いたしますので、よろしく採択のほどお願い申し上げます。

 初めに結論(民設)ありきではなく、現計画を白紙撤回の上、丁寧かつ真摯にあらゆる可能性を再検討し、下野園にふさわしい計画をもって、下野区ほか関係者及び市民の理解を得ること。

 1 老朽化については経過年数だけでなく科学的に検証をすること。

 2 下野園の現地存続を図るため、現地建て替えについて十分な検討を行うこと。

 3 上記のような下野園のユニークな設置経緯、鎮守の森にあるなどの立地環境、下野園と下野区との数多い交流、結びつき等を尊重した立案とすること。

 4 今回のような市長の強引な進め方を防止するため及び画一化、効率化に走るあまり、せっかく手にした小さな至宝まで壊さないよう、議会の関与を強め、市長と議会との緊張関係のもとでの立案とすること。

 以上が請願内容であります。この願意をお酌み取りいただいて、よろしくお願いを申す次第であります。

 御紹介をさせていただきました。



○議長(森山林)

 質疑を行います。永渕議員。



◆議員(永渕一郎) 〔登壇〕

 提案者の方に御質問申し上げます。

 今回、私の聞くところによりますと、この提案理由の説明後、これが終わった後は私の所属する文教厚生常任委員会にこの件は回ってくるというふうなことを聞き及んでおります。したがいまして、文教厚生常任委員会の中で質問しようかなと思っておりましたが、今の提案理由をお聞きいたしますと、あくまでもそれは紹介されているわけで、請願の内容ではないと思います。

 したがいまして、提案者の方にお尋ねをいたしますが、今回のこの請願書、紹介議員の方、実は18名いらっしゃるわけですね。紹介議員でない私も含めてですが、議長以下、私とあと2人の方が紹介議員になっていないというふうなことです。

 私のところも実は区長さんなり保護者の方なり、いろんなことで御相談に参りました。趣旨にはある程度賛同を実はしているわけでございますが、その賛同の中で、これからこの議会でいろいろ議論があるのかなと思っておりましたら請願書が出てきた。しかも、18名の方々が紹介議員になっていらっしゃると。それはそれで結構かと思うわけでございますが、いずれにしろ、この請願書なるものは──実は私も過去、長く議会にはお世話になっております。ところが、私の記憶では、請願書採択とか、請願書が出たこと自体が余り記憶がなかったと。そういうことで、事務局に行きましてね、請願書は過去10年間に大体どのくらい出たろうかというふうなことでお尋ねをいたしてみました。

 実は請願書なるものですね、私は平成元年からですが、平成7年度から過去14年間に13件請願書が提案されております。その中で採択されたことは平成9年でしたか、平成9年に採択された案件があります。それが1件だけですね。あとは取り下げですね。請願書は出されましたが、請願を論議する前に取り下げが4件、それから不採択、いわゆる請願は議論しましたが不採択というのが8件ですね。わずかこの14年で1件だけしかなっていないわけですね。それだけ実はこの請願というのは重みがあるんです。それはもちろん議員の皆さん御承知だと思います。

 したがいまして、提案者にお尋ねですが、それだけ請願書となるものは非常に重いことでございます。したがいまして、先ほど文面は読まれました。それは読めばわかることですので。ただし、その紹介議員、提案者の方、請願の認識といいましょうか、この請願をどのような認識で今趣旨説明になったのか、大変恐縮ですが、その点、まずお尋ねをしておきたいと思います。いわゆる請願書の認識なるものいかがなものかというようなことをお尋ねしておきたいと思います。(発言する者あり)森山 林議長

 光安議員。



◆議員(光安一磨) 〔登壇〕

 永渕議員のお話でございますけれども、私、この請願の内容のほうをですね、請願の願意のことの説明をいたしました。あくまでもこれは請願ですから、やっぱり皆さんの権利でありますので、住民の方の、極端に言えば国民の方の権利でもありますので、私もこの請願書を家に持ってこられました。ほかの人たち、同意されておられる議員の方はどういうふうな経緯かわかりませんけれども、この案文を私も一晩ずうっと読ませてもらいました。そしたら、これはあくまでも願意は願意として受けとめてやらざるを得ないなというようなことで、私は紹介議員になりました。

 この中のどの辺が永渕議員は自分は賛同できないかなというような指摘があるのかなと、こう思いましたけれども、大方、私の趣旨については賛成というようなことでございますので、どうかよろしくお願いをいたします。



○議長(森山林)

 永渕議員。



◆議員(永渕一郎) 〔登壇〕

 ここで請願に対するいろんなことはもう言いませんが、いずれにしろ、内容等々については、紹介議員の方々におかれてもこの内容、いわゆる請願の内容等々については、実は詳しく文教厚生常任委員会でまた議論をしていこうとは私は思っております。

 したがいまして、若干、この内容等々についてもお尋ねする部分は文教厚生常任委員会であるとして、いずれにしろ、請願というふうな、この重要な重み、そのことは当然、我々議員として公正公平な立場でこの請願書のこと、議論をしていってみたいと思います。

 一言この場で言っときますが、実は議会に対してまだ、一般質問ではこの下野園、いろんな形で、いろんな角度でそれぞれの議員さんが一般質問ではされました。ところが、議会としてまだ正式に執行部からこういうことだ、ああいうことだと資料ももらっていないし、何も議論はしていないわけですね。

 2月の18日に文教厚生常任委員会で委員長が心配されて、正副委員長で文教厚生常任委員会集まってくださいと。それについては御承知のとおり、新聞報道で、いわゆる反対運動もあっているんだと。その経緯経過を実はお尋ねしただけでございます。それから全員協議会。全員協議会もそういう中で、いわゆる下野の方たちがあんな朝早く寒い中で反対行動をされていることに対して、どういう説明をしたのかというふうな経緯経過を聞いただけでございます。実はこれからこの議会で執行部の言い分等々を聞かれるのかなというふうに思っておりましたら、いきなり請願が出てきましたので、あえてこの場でお尋ねをさせていただいたわけでございます。どうぞよろしくお願いをしたいと思います。

 終わります。



○議長(森山林)

 ほかにありませんか。佐藤議員。



◆議員(佐藤忠克) 〔登壇〕

 佐藤でございます。ただいま議題となっている請願の取り扱いについて、数点お尋ねします。

 まず第1点目は、この請願書の中に地方自治法第10章の項がうたわれております。確かに下野保育園は公の施設でございます。地方自治法第244条の2の第2項、これに「普通地方公共団体は、条例で定める重要な公の施設のうち条例で定める特に重要なものについて、これを廃止し、又は条例で定める長期かつ独占的な利用をさせようとするときは、議会において出席議員の3分の2以上の者の同意を得なければならない。」と明記してあります。この中の「特に重要なもの」についてどのように定義付けをなされておるのか、お尋ねしておきます。

 それから2点目でございますけれども、私も今、永渕議員申されましたように、この請願書というのは大変重い住民の意思表示であるというふうに思います。

 その重い書類に請願署名の途中だったのかどうかわかりませんけれども、加筆がなされている、このことは認められるのかどうなのか。

 それと3点目としましては、下野の方が私のほうにも御相談にというよりも説明にお見えになりました。私の手元に渡された請願内容と議長に提出された請願内容が異なるわけですね。そこをちょっと御指摘しますと、先ほど光安議員が読み上げられました中で、「初めに結論(民営)ありきではなく、現計画を白紙撤回の上」というふうに申されました。

 それと、2点目に「下野園の現地存続を図るため」ということも申されました。私がいただいた請願書にはそのことが触れられていないんですよね。これが私のもとに見えたときの説明では、既に11名の議員さんの理解を得ておりますと。今からあと8名の議員さんのところを回らなくてはなりませんと、そういうふうなお話もございました。であるとすると、私に渡された請願書を11名の方は読まれたんじゃないかなと。手元に持ってあるかどうかわかりませんけどですね。そういうふうに変更された請願書の有効性について私は疑問に思うわけですね。本件の有効性についてどのように判断をされておるのか。

 それからまた、4点目としては、紹介議員への請願書の内容文面と議長あての請願書の文面について検証をされたのかどうか。

 以上、お尋ねします。



○議長(森山林)

 光安議員。



◆議員(光安一磨) 〔登壇〕

 今、佐藤議員からお話がありましたけれども、私の手元に入ったのがこの請願内容でありますので、その点のいきさつがちょっとこちらのほうではわかりません。今言われたように、整合性とかなんとかというようなそういう検討はいたしておりません。済みませんけどですね。



○議長(森山林)

 佐藤議員。



◆議員(佐藤忠克) 〔登壇〕

 突然お尋ねしたので、光安議員も答えようがなかったんじゃないかなと思いますけど、このことは常任委員会の中で十分私は審議を尽くしてもらいたいというふうに思います。

 そこでもう1点だけ、先ほど永渕議員も申されました。紹介議員が18名、名を連ねておられるということでございますけれども、法的には判例によると紹介議員は1名でもいいと。提出されて、それを常任委員会なり特別委員会なり、あるいは本会議で審議をして、そして同意を得られればそれで済むことじゃないかと、私もそういうふうに思うわけですね。その辺をどういうふうに認識されておるのかですね。



○議長(森山林)

 松隈議員。



◆議員(松隈清之) 〔登壇〕

 1人でも当然紹介議員として提案ができるわけでございます。ただ、18人というのはあくまで結果の数字でございまして、それに御賛同いただく議員の数が結果として18人いたと。これが別に当然1人であってもいいし、結果の18人であっても何ら問題ないし、それを紹介議員に1人でもいいのに何で18人になったのかと言われても、それぞれの議員の意思でございますので、それはあくまで結果論だと思います。

 つけ加えて先ほどの問題、途中で案文が変わっているということでございましたが、確かにおっしゃるとおり、私の手元に持ってこられた案文は今の案文ではありませんでした。恐らくほかの議員さんもそうではないかというふうに思います。

 ただ、今回私が紹介議員になったのは、初めの案文については、私自身はちょっと紹介議員にはなれないと正直に申し上げました。これまでの下野園についての執行部と地元の経過について、いろんな御意見がそれぞれの議員さんにあろうかと思います。

 ただ、私が思うのは、余りにもその話し合いの経過について、まだまだ不十分ではないかと。地元のほうにしてみれば、一方的な話だというような思いが強くあるみたいでございましたので、一旦このことを白紙に戻して、そこから議論をすることについては、私は十分同意することができるという旨を紹介議員になってくれと回ってこられた方には申し上げました。

 そのことで案文が変わっているかもしれませんけれども、それはそれぞれ、それ以前にその前の内容で紹介議員になると言われた方もいらっしゃれば、私のように内容を見て、こういう内容であれば紹介議員になれると言われた議員さんもいらっしゃるのではないかと思います。そのことにおいて、最終的に今のような請願の内容で皆さんが紹介議員になられると決めたことであるならば、提出されたときにはその請願内容でございますので、それで何ら問題はないと思っております。



○議長(森山林)

 佐藤議員。



◆議員(佐藤忠克) 〔登壇〕

 今、松隈議員のおっしゃったことは私もわかるんです。私が申したかったのは、個人として請願に署名される分は差し支えないんじゃないかと、そこを申したかったところでございます。

 それと文言の違い、変更、これについて私は法的な根拠をお尋ねしたものでございますので、常任委員会の中でこの辺、十分皆さん論議していただいて回答を出していただきたいなという思いがございますので、よろしくお願いしておきます。



○議長(森山林)

 黒田議員。



◆議員(黒田攻) 〔登壇〕

 ちょっと一言だけ。先ほどから請願の件についていろいろ問われております。しかし、今、佐藤議員が言われましたように、一人一人の集まりが、やはりこの思いが18人になったとまず御理解をいただきたいと思います。

 それともう1つ大事なことは、やはりこの請願というのは確かに言われたとおり重みがあります。しかし、我々は市民の代表として選ばれ、その声が三千数百名、そして旭地区の区長会全員の声をやはり形としてあらわすには陳情書なり請願書しかないわけです。それは御理解いただけると思います。

 そういう声を先般の佐藤議員の質問ときょうの話はちょっと若干ニュアンスが違うなとは思っておりますが、それは別として、請願に関しては確かに永渕議員が言われるように過去少なかった。それは乱発はいけません。少ないということがいいか悪いか、これはまた別だと思います。やはり市民の権利として出された請願なり陳情、これに対する請願の紹介議員がぜひと言われれば、その内容によって、ただ単に今回の紹介議員になったわけでありませんから、やはり民主主義ですし、議員の声をぜひ、請願という形が悪いとかいいとかということはここで議論するわけじゃないですけれども、今回におきましては、やはり唯一、こういう市民の皆さんから何年かぶりで出ました。そしてまた、全員協議会の中でも説明がされましたように、それぞれの思い、疑問、問題点、常任委員会でこれから審議されるわけですが、それにはやはり請願という形でなかったなら、多分この議論はなされないかもしれないという危惧もされたわけです。

 そういう意味におきましても、ぜひ議員の皆さんにおきましても、今後こういう形でいろんな形で請願が出てくるかもしれませんけど、決して軽はずみでそういうことをやっているわけでもないですし、十分慎重な上に一人一人の思いがこの請願に入っているということを含めまして、ぜひ請願の重みと、また請願に対する市民の期待にこたえるよう十分審議されるように、私はそうお願いしておきたいと思います。

 以上です。



○議長(森山林)

 ほかにありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑を終わります。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





○議長(森山林)

 お諮りいたします。議案甲第1号から議案甲第14号までの14議案及び請願1件については、委員会付託表のとおり付託することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、以上14議案及び請願1件については委員会付託表のとおり付託することに決しました。



         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽





○議長(森山林)

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。



  午前10時31分散会