議事ロックス -地方議会議事録検索-


佐賀県 唐津市

平成24年  決算特別委員会 10月17日−03号




平成24年  決算特別委員会 − 10月17日−03号







平成24年  決算特別委員会





            決算特別委員会会議録その3

1 日 時 平成24年10月17日 午前10時00分開会 於唐津市議会本会議場

2 出席した委員
  (委員長)中 川 幸 次       (副委員長)酒 井 幸 盛
       前 田 一 ?             大 西 康 之
       山 中 真 二             井 上 常 憲
       馬 場 幸 年             楢 ? 三千夫
       正 田 孝 吉             青 木   茂
       古 藤 豊 志             中 村 健 一
       堤   武 彦             笹 山 茂 成
       石 ? 俊 治             山 下 正 雄
       井 本 敏 男             三 浦 重 ?
       志 佐 治 ?             吉 原 真由美
       浦 田 関 夫             田 中 秀 和
       水 上 勝 義             平 野 潤 二
       嶺 川 美 實             百 武 弘 之
       宮 崎   卓             宮 ? 千 鶴
       白 水 敬 一


3 執行部出席者の職氏名
          市       長      坂  井  俊  之
          副   市   長      世  戸  政  明
          教   育   長      大  塚     稔
          新 市 総 合 企画監      山  下  正  美
                        (企画経営部長兼務)
          産 業 企 画 監      小  路  恭  史
                        (商工観光部長兼務)
          総  務  部  長      竹  内  御 木 夫
          財  務  部  長      岡  本  憲  幸
          市 民 環 境 部 長      橋  川  英  彰
          保 健 福 祉 部 長      横  山  敬  司
          農 林 水 産 部 長      金 野 尾     素
          建  設  部  長      竹  内  克  志
          競 艇 事 業 部 長      今  村  繁  公
          水  道  部  長      宮  ?  吉  輝
          消   防   長      冨  田  壽  一
          教  育  部  長      坂  口  栄  一
          総 務 副 部 長      藤  田  秀  樹
                        (総務課長兼務)

4 出席した事務局職員
          議 会 事 務 局 長      吉  田  英  俊
          議 会 事務局副局長      脇  山  秀  明



          午前10時00分 開会



○委員長(中川幸次君) ただいまから、決算特別委員会を開会いたします。

 本特別委員会に付託になっておりました、議案第98号から議案第114号まで、以上17件につきましては、各分科会において審査をお願いしておりましたが、各分科会における審査報告がまとまりましたので、これより各分科会長の報告を求めます。

 まず、総務教育分科会長の報告をお願いします。山下分科会長。



◎総務教育分科会長(山下正雄君) 皆さん、おはようございます。それでは、総務教育分科会審査報告をさせていただきます。

 総務分科会審査報告書。

 決算特別委員会に付託になりました議案中、議案第98号 平成23年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、所管事項、議案第110号 平成23年度唐津市有線テレビ事業特別会計歳入歳出決算、以上2件について、10月11日、12日、15日の3日間分科会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等慎重に審査いたしました結果、本分科会に付託されました議案は、いずれも認定すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本分科会における決算審査の結果報告といたします。

 平成24年10月17日、総務教育分科会長、山下正雄。決算特別委員会委員長、中川幸次様。

 以上でございます。



○委員長(中川幸次君) 次に、産業経済分科会長の報告をお願いします。井本分科会長。



◎産業経済分科会長(井本敏男君) 産業経済分科会審査報告書。

 決算特別委員会に付託になりました議案中、議案第98号 平成23年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、所管事項、議案第108号 平成23年度唐津市競艇特別会計歳入歳出決算、議案第109号 平成23年度唐津市観光施設特別会計歳入歳出決算、以上3件について、10月11日、12日、15日の3日間分科会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等慎重に審査いたしました結果、本分科会に付託されました議案は、いずれも認定すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本分科会における決算審査の結果報告といたします。

 平成24年10月17日、産業経済分科会長、井本敏男。決算特別委員会委員長、中川幸次様。



○委員長(中川幸次君) 次に、建設水道分科会長の報告をお願いします。平野分科会長。



◎建設水道分科会長(平野潤二君) 建設水道分科会審査報告書。

 決算特別委員会に付託になりました議案中、議案第98号 平成23年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、所管事項、議案第104号 平成23年度唐津市簡易水道特別会計歳入歳出決算、議案第105号 平成23年度唐津市下水道特別会計歳入歳出決算、議案第106号 平成23年度唐津市集落排水特別会計歳入歳出決算、議案第107号 平成23年度唐津市浄化槽整備特別会計歳入歳出決算、議案第111号 平成23年度唐津市北波多中央部開発事業特別会計歳入歳出決算、議案第112号 平成23年度唐津市水道事業会計決算、議案第113号 平成23年度唐津市工業用水道事業会計決算、以上8件について、10月11日、12日、15日の3日間分科会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等慎重に審査いたしました結果、本分科会に付託されました議案は、いずれも認定すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本分科会における決算審査の結果報告といたします。

 平成24年10月17日、建設水道分科会長、平野潤二。決算特別委員会委員長、中川幸次様。

 以上でございます。



○委員長(中川幸次君) 次に、市民厚生分科会長の報告をお願いします。青木分科会長。



◎市民厚生分科会長(青木茂君) 市民厚生分科会審査報告書。

 決算特別委員会に付託になりました議案中、議案第98号 平成23年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、所管事項、議案第99号 平成23年度唐津市国民健康保険特別会計歳入歳出決算、議案第100号 平成23年度唐津市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、議案第101号 平成23年度唐津市介護保険特別会計歳入歳出決算、議案第102号 平成23年度唐津市養護老人ホーム特別会計歳入歳出決算、議案第103号 平成23年度唐津市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算、議案第114号 平成23年度唐津市民病院きたはた事業会計決算、以上7件について、10月11日、12日、15日の3日間分科会を開催し、書類審査並びに現地調査を行う等慎重に審査いたしました結果、議案第98号 平成23年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、歳入の県支出金の県補助金中、民生費県補助金の同和対策に係る中小企業振興資金貸付事業費補助金、歳出の民生費の社会福祉費中、社会福祉総務費の同和対策に係る団体補助金、中小企業振興資金貸付事業事務補助金及び同和対策事業費、議案第99号 平成23年度唐津市国民健康保険特別会計歳入歳出決算、議案第100号 平成23年度唐津市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、議案第101号 平成23年度唐津市介護保険特別会計歳入歳出決算、以上4議案については、認定しがたいとの一部意見もありましたが、本分科会に付託されました議案は、いずれも認定すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本分科会における決算審査の結果報告といたします。

 平成24年10月17日、市民厚生分科会長、青木 茂。決算特別委員会委員長、中川幸次様。



○委員長(中川幸次君) 以上で、各分科会長の審査報告を終わります。

 これより、各分科会長の審査報告に対する質疑に入ります。

 まず、総務教育分科会長の報告に対し、ご質疑ございませんか。浦田委員。



◆委員(浦田関夫君) 山下分科会長にお尋ねをいたします。2点お尋ねします。

 原子力発電広報安全等対策補助金ですけれども、原子力発電に対する厳しい目が注がれておりますけども、どういう審議がされたのか1点。

 もう一点は、同和関係ですけれども、社会教育総務費の中で社会教育団体補助金のうち、団体関係補助金及び事業がどのように審議されたのか、同和事業についてもいつまで続けるのかという意見も出ておりますので、その辺の審議の中身を示していただきたいと思います。



○委員長(中川幸次君) 山下分科会長。



◎総務教育分科会長(山下正雄君) 浦田委員さんから質疑があるとは思いませんでした。浦田委員さんの質問にお答えをいたします。

 原子力発電広報安全対策費についてですが、3.11の事故以来、どのような変化があったかと、視察先ですとか、また、一般住民の視察について、どのような感想があったかというような質疑がありました。3.11は、もうそのときには予算が組まれておりましたんで、特別な変更はないというようなことでした。いつものとおりの原子力発電に関する知識の普及、また、住民の安全に関する、確保に関する調査というのを行われまして、参加者が自主防災組織の方、消防団、小学校の教諭、また、駐在員さん、市会議員、職員さん、そういった方々で、福島県の双葉郡、青森県の六ヶ所村、福島県のいわき市などに視察調査に行かれております。

 また、市民の方の反応というのが、やはり非常に関心が高く、質問も多くあって、正しい知識を持っていないといけないかなと、そういった意見が多数あったそうでございます。

 また、同和関係の事業費補助金に関してですが、これに関しては、総務教育分科会では質疑はあっておりません。

 以上でございます。



○委員長(中川幸次君) 次に、産業経済分科会長の報告に対し、ご質疑ございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(中川幸次君) 次に、建設水道分科会長の報告に対し、ご質疑ございませんか。浦田委員。



◆委員(浦田関夫君) 平野分科会長に2点お尋ねをいたします。

 一つは、市営住宅の関係であります。いわゆる同和住宅については、公募されておりませんけれども、住宅について、どういう議論がされたのか、示しをしていただきたいと思います。

 もう一点は、好評を博しております住宅リフォームについて、どのような審議がされたのか、2点についてお尋ねいたします。



○委員長(中川幸次君) 平野分科会長。



◎建設水道分科会長(平野潤二君) 浦田議員さんの質問にお答えしたいと思います。

 同和向け住宅の一般公募について、どのような議論があったのかということであります。そのような質問がありまして、平成14年に同和対策事業特別措置法による特別対策から一般対策に移行した後も、同和問題がいまだ残っているとして、同様の措置をとってきました。それから、平成21年3月27日に同和対策事業の地区を持つ県内の市の副市長会と部落解放同盟佐賀県連合会の間で、隣保館で行う限定公募について同意を得たとのことです。唐津支部とも協議を重ね、平成22年1月から限定公募を行っているというような答弁がありました。

 次に、住宅リフォームについての質疑ですが、質疑の中で、住宅リフォームの件数と経済波及効果、それから工事の種類としてはどのようなものがあったのかという質疑がありまして、住宅リフォームの建設と経済波及効果についてでありますが、平成23年度の決算では499件の申請で、補助金交付額は1億576万円であった。1件当たりは21万6,000円であったということです。

 それから、リフォーム工事費用を見ると、工事費の7.6倍の効果で8億6,633万円の経済波及効果が見込まれておりますが、まだ、それ以外にカウントされないような経済波及効果もあったと答弁がありました。

 それから、工事の種類としては、給湯関係がエコキュート、エコジョーズが137件、トイレの改修が110件、風呂の改修が82件だったというような答弁がありました。

 以上です。



○委員長(中川幸次君) 次に、市民厚生分科会長の報告に対し、ご質疑ございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(中川幸次君) 以上で、分科会長の審査報告に対する質疑を終わります。

 次に、各分科会長報告の中で一部反対意見が表明されている議案以外の議案で、一部反対の意見がある方は、議案番号と件名をおっしゃってください。浦田委員。



◆委員(浦田関夫君) 日本共産党唐津市議団を代表しまして、議案第98号 平成23年度唐津市一般会計歳入歳出決算の中から、歳入について、土木使用料の同和対策に係る市営住宅の使用料、それから、県支出金で総務費の県補助金の原子力発電広報安全等対策補助金と、教育費の県補助金の同和関係補助金、歳出についてですが、総務費の総務費管理の中から一般管理費に原子力発電広報安全等対策費、土木費について、住宅管理費の同和対策に係る一般管理事務費、教育関係ですが、社会教育費の中で社会教育総務費の社会教育団体補助金のうち、同和関係補助金及び同和対策に係る事業について、反対を表明します。

 以上です。



○委員長(中川幸次君) お聞き及びのとおりであります。

 本日の審査日程は、討論、採決となっておりますが、討論については、12月の唐津市議会定例会において行うこととし、本特別委員会の採決は、審査報告書案をもって採決にかえさせていただきたいと思いますが、ご了解いただけますでしょうか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(中川幸次君) ご了解いただきましたので、このように取り計らいさせていただきます。

 次に、お諮りいたします。

 本特別委員会の審査報告書案の作成は、いかがいたしましょうか。

          (「委員長一任、副委員長も一緒」と呼ぶ者あり)



○委員長(中川幸次君) 正副委員長一任という意見がありますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(中川幸次君) ご異議ございませんので、正副委員長において報告書案を作成することにいたします。

 報告書案作成のため、暫時休憩いたします。

                   〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

                     午前10時20分  休憩

                     午前10時25分  再開

                   〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



○委員長(中川幸次君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 報告書案がまとまりましたので、副委員長に朗読させます。



◎副委員長(酒井幸盛君) 決算特別委員会審査報告書(案)。

 本年9月25日の市議会定例会において本特別委員会に付託になりました、議案第98号 平成23年度唐津市一般会計歳入歳出決算、議案第99号 平成23年度唐津市国民健康保険特別会計歳入歳出決算、議案第100号 平成23年度唐津市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、議案第101号 平成23年度唐津市介護保険特別会計歳入歳出決算、議案第102号 平成23年度唐津市養護老人ホーム特別会計歳入歳出決算、議案第103号 平成23年度唐津市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算、議案第104号 平成23年度唐津市簡易水道特別会計歳入歳出決算、議案第105号 平成23年度唐津市下水道特別会計歳入歳出決算、議案第106号 平成23年度唐津市集落排水特別会計歳入歳出決算、議案第107号 平成23年度唐津市浄化槽整備特別会計歳入歳出決算、議案第108号 平成23年度唐津市競艇特別会計歳入歳出決算、議案第109号 平成23年度唐津市観光施設特別会計歳入歳出決算、議案第110号 平成23年度唐津市有線テレビ事業特別会計歳入歳出決算、議案第111号 平成23年度唐津市北波多中央部開発事業特別会計歳入歳出決算、議案第112号 平成23年度唐津市水道事業会計決算、議案第113号 平成23年度唐津市工業用水道事業会計決算、議案第114号 平成23年度唐津市民病院きたはた事業会計決算、以上17件について、10月9日から12日まで及び同月15日、17日の6日間委員会を開催し、まず10月9日、10日に総括質疑を、11日、12日及び15日までの3日間は常任委員会ごとの分科会を設けて書類審査並びに現地調査を、17日には各分科会長報告並びにこれに対する質疑を行う等慎重に審査いたしました結果、議案第98号 平成23年度唐津市一般会計歳入歳出決算中、歳入の使用料及び手数料の使用料中、土木使用料の同和対策に係る市営住宅使用料、県支出金の県補助金中、総務費県補助金の原子力発電広報安全等対策補助金、民生費県補助金の同和対策に係る中小企業振興資金貸付事業費補助金、教育費県補助金の同和関係補助金、歳出の総務費の総務管理費中、一般管理費の原子力発電広報安全等対策費、民生費の社会福祉費中、社会福祉総務費の同和対策に係る団体補助金、中小企業振興資金貸付事業事務補助金及び同和対策事業費、土木費の住宅費中、住宅管理費の同和対策に係る一般管理事務費、教育費の社会教育費中、社会教育総務費の社会教育団体補助金のうち同和関係補助金及び同和対策に係る事業費、議案第99号 平成23年度唐津市国民健康保険特別会計歳入歳出決算、議案第100号 平成23年度唐津市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、議案第101号 平成23年度唐津市介護保険特別会計歳入歳出決算、以上4議案については、認定しがたいとの一部意見もありましたが、本特別委員会に付託されました議案は、いずれも認定すべきものと決しました。

 以上、簡単でありますが、本特別委員会における決算審査の結果報告といたします。

 平成24年12月、決算特別委員会委員長、中川幸次。

 唐津市議会議長、進藤健介様。



○委員長(中川幸次君) ただいま朗読いたしましたとおり報告することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○委員長(中川幸次君) ご異議ございませんので、ただいま朗読しましたように報告することに決しました。

 以上をもちまして、決算特別委員会を閉会いたします。

 長時間、慎重にご審議いただきありがとうございました。

          午前10時33分 閉会













        本会議録の正当なることを認め署名する。



            平成24年10月17日







    唐津市議会決算特別委員長